お知らせ

*2017年 オーストラリア・ニュージーランド・中国(西安)・韓国(釜山)・日本一周 御神事企画御守りブレスレット 鳳凰水晶入り*
*テーマ*
南と中央の結び繋ぎ
大地、足元と自分の繋ぎ
中心、軸の確立

オーストラリア、シドニーから出発してニュージーランドを反時計周りに外洋を一周します。 その後、一度帰国し、4月中ごろから
中国西安に行ってまいります。当初中国長白山の予定でしたが、
時期的にまだ雪が深いという事もあり、急遽西安へと変更となりました。
そして、4月22日からは韓国釜山でお祈りをしたのち、日本の本州、四国、
九州を太平洋側、日本海側と一周してまいります。
御神事としての内容は、自然界、大地のバランス調整という意味合いが
ありますが、 御守りに込めます祈祷の内容としましては、持ち主の自然、
地球との繋がり、そして、自分自身の足元、
それは、周りの環境もありますが、本来の自分、
あるべき姿の確立、再確認、再繋がり。
改めて確認し、そして、善き状態へと進めるように、
また、その道へ進む事において人との調和、協力、支え合い、
助け合いの出会い、縁があり、目的、目標を達成することが出来るようにと
願い祈り致します。
詳しくはこちらから↓↓
Webショップ「ミロク結び」をぜひご覧ください。下記ボタンをクリック!
20160820shopicon20baner5-2.png 

**********************************



祝詞集 第3版(2015・1月発行・最新版)
祝詞集(2015年1月16日版)をダウンロード(クリックして下さい)

★3時の日々の祈り・こころのかけはし祈りの和の動画 ←クリック

活動スケジュールカレンダー更新しました
今年下半期の行動日程の計画を立てました。祈り合わせにご賛同いただけます方は、どうか共に願い祈りいただけますようお願いいたします。
【活動カレンダーにはこちらをクリック★】
小冊子第一弾「社会情勢編(臨時号)」
直下のバナーをクリックして記事をご覧くださいませ
syousai.jpg

上記内容の詳細は、下記のボタンをクリック、更新情報をご参照くださいませ
icon-home

本日からの御神事について

2017.04.22.09:00

新暦4月22日(旧暦3月26日 つちのと 卯 仏滅)

*仏滅(ぶつめつ)とは
仏も滅する凶日の意。何事も遠慮する日。六曜の中で最も凶の日。
*己(つちのと)とは
土(五行)柔らかい土を意味。絡まった糸を解す、秀でた物が更に伸びて行く状態。(十干の意味)

*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*

おはようございます。
いつも真心のお力添えありがとうございます。大国ミロク大社の比嘉良丸、比嘉りかです。
20日妻のりかが中国西安の御神事から戻り、私、良丸は4月6日から始めました日本列島を巡る御神事を21日、関東で一旦終え21日19時に成田で妻と合流しました。
22日今日から横浜港から本州一周の御神事に向かい、横浜~長崎港~韓国釜山~新潟港~青森港~宮城仙台港~横浜港と巡ります。この流れの中での祈りは下記の内容にて各地で行います。

横浜港出発後、東京湾、東京湾入口にて三浦半島先端の剣崎、千葉県房総半島の洲埼へ向けて東京湾入口を守る祈りを行います。相模トラフ、伊豆大島へ向けて、伊豆七、小笠原海溝、火山帯への祈り、富士火山帯、伊豆半島の石廊崎、駿河トラフ、糸魚川静岡構造線、富士川河口、御前崎、浜岡原発へ意識を向けて、東海地震に対して、フォッサマグナに対して、富士山の噴火に対しての小難無難、伊豆七島の大島に対しては、関東と小笠原への連鎖連動の小難無難を祈ります。
伊勢湾入口、渥美半島伊良湖、三重県鳥羽、愛知県知多半島、知多湾、渥美湾、伊勢湾と全体を意識しながら、伊勢湾入口の神島を中心に、東南海地震に対しての祈りを外洋から行います。
紀伊半島の先端、潮岬、伊勢湾入口で同じく東南海地震に対しての祈りを行います。
四国室戸岬、足摺岬、豊後水道入口、大分県佐伯にて南海地震に対しての小難無難、宮崎県日向、南海トラフと琉球海溝の連鎖連動に対しての小難無難の祈り、鹿児島佐多岬、薩摩半島開聞岳に向けて霧島火山帯、熊本県天草諸島沖にて南海トラフに対しての祈り、長崎県では、平和記念公園へ向け、平和の祈りを行います。
普賢岳を含めて白山火山帯の祈り。韓国釜山にては近隣諸国の平和の祈り。新潟へ向け、日本海側では、近隣諸国からの軍事的脅威の回避の祈り、玄海原発、島根原発、高浜、大飯、美浜、もんじゅ、敦賀、志賀、柏崎刈羽の各原発へ向けての無難無事故の祈り。
神から伝えられているサハリンから朝鮮半島、中国、上海へ通って伝えられている構造線への祈り。日本海近海での自然災害に対する小難無難の祈り。日本海側を北上し、富山湾、白山火山帯、糸魚川静岡構造線、柏崎千葉構造線、フォッサマグナに対する小難無難の祈り。秋田県男鹿半島入道崎、青森竜飛岬、北海道松前の白神岬に向けて、鳥海火山帯に対しての小難無難の祈り。津軽海峡を太平洋側に抜けながら、青森県陸奥湾の入り口と北海道函館、函館山へ向けての祈り。大間岬、北海道の恵山へ向けて那須火山帯への小難無難の祈り。
太平洋側へ抜け、青森県東通、六ヶ所村再処理施設、宮城県女川原発、日本海溝に向け、小難無難の祈り。福島第一、第二原発、茨城の東海第二原発、房総半島野島岬、千葉県銚子沖、柏崎千葉構造線に対しての祈り、フィリピンプレート、駿河トラフ、相模トラフ、日本海溝、伊豆七島海溝、太平洋プレート、北米プレート、ユーラシアアムールプレートの繋ぎの祈り、大きな地殻変動の動きが起きないようにという祈りを行います。東海第二原発や大洗辺りでは、中央構造線の祈りを行います。
日本一周外洋を周りながら、感染病、伝染病に対しての祈り、外洋の外から他国からの政治的、経済的な混乱を招く脅威の回避、軍事的な脅威、戦争の脅威を取り除く祈り。日本列島全体の自然災害の小難無難の祈りを行います。

釜山や外洋の時以外は、午後3時の祈りを現地より行います。
その時間、いる場所からで構いませんので、共に、平和、平穏、平安、安定の願い祈りを行っていただけますと幸いです。

この御神事は4月30日に横浜に戻ります。5月1日に一旦沖縄に戻りまして、4日までは沖縄にて全体の打ち合わせがあります。2日は私自身の持病の糖尿病と肺の検査を行います。この時期に検査をしないとその後も御神事が続きますので、御神事に集中する為にも今、この痛みや心配を取り除いておかなければなりません。5日に本州に戻り、修理の為に本州の移動で使用している車を預けます。7日から改めて横浜港から日本海溝を進み、北海道、カムチャッカと立ち寄り、アリューシャン列島を横切り、カナダバンクーバーへの御神事になります。戻りは飛行機にてカナダから戻ります。これが、5月7日から21日までの御神事となります。その後23日から中国側から登り、長白山(白頭山、ペクト山)へと夫婦で参ります。海外御神事の帰国やその間に日本列島内陸部の御神事を行います。

それでは、下記は、妻が中国西安の乾陵にて伝えられました言葉です。

*4月19日 中国西安、乾陵にて伝えられた御言葉

人 個人 個というもの
これが余りにも主張され その主張が 全体を見るべきものを超えた時 人々は崩壊へと 崩れゆく
何を大切にするのか
個ばかりの 小さな視野では 全体を見ることが出来ず
全体がどのようになっているかも 分かることが出来ない
そして何よりも 個ばかり見続けゆけば それは 次第に視野が狭まり 物事も狭まり 
そして全体を見た時には 途轍もない崩壊へと進んでいることに はたと気が付くものである
全体を見ること
それを忘れてはいけない
個の利益ではなく 全体の利益を
全体をしっかりと見定めることにより それは どの道へと進むことが最善であるのかを 知ることも出来よう
個の理由 個の行動 想い 
それらを しっかりと進みゆく そればかりでは 全体が見失われ 見ることも出来なくなりゆく
個が主張し過ぎてはいけない
全体を見ることにより バランスと調和がとれゆくのである
だからといって 争うことが有益であるとは伝えない
争うこともまた 個の優先により 進められることが多いからである
個ではなく 全を見ること
今 不可欠なのは その視野の広さ 
考えの深さ
全体を見つめる 意識の深さ
人々に足らぬのは そのことでもあろう


*以上*

今回もこのように御神事が出来ますのも、ご支援くださいます方様のお蔭でございます。伝えられております内容を回避するよう、御神事を精一杯努めてゆきます。本当にいつも心から感謝申し上げます。今後ともどうぞお力添えいただけます様お願い致します。

比嘉良丸
比嘉りか

*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*

ウェブショップからのお知らせ

ニュージーランド、中国西安、日本一周の御神事に対しての企画御守り受付中!!

南は自らの足元。西安は人との調和や関係性の良好。日本一周は、それらのエネルギーを纏め、持ち主としっかりと繋ぎ、善き状態へと進めるようにという願い祈りが込められます。
もちろん、御一人ずつのへの神様からの御言葉もお伝えいただけます。

個数限定の御守りとなっております。是非この機会にお手元にお納めください

webshop ミロク結び 
こちらからご予約ください

サンプル画像 20160820shopicon20baner5-2_201612081101504b1.png サンプル画像

啓示と御神事について

2017.04.21.08:00

新暦4月21日(旧暦3月25日 つちのえ 寅 先負)

*先負(せんぶ)とは
「先んずれば負け」の意味で、勝負事や急用は避けるほうがよいとされる。
午前中は凶、午後は吉。万事に平静であることが良いとされ、勝負事や急用は避けるべきとされる。
*戊(つちのえ)とは
土(五行)大きな山・硬い土を意味。成長した後に変化・退化して行く状態。(十干の意味)


*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*

いつも真心のお力添えありがとうございます。
大国ミロク大社の比嘉良丸、比嘉りかです。
本日は、4月11日に網走にての御神事の際に放送致しました動画より、書き起こしに加筆しました内容をお届け致します。後半は、啓示について、そして見せられている未来についても少しお話ししており、大切な事をお伝えしておりましたのでお届け致します。
どうぞご一読いただけますと幸いです。

また、昨晩妻が中国西安の御神事より戻りました。
私自身も、無事に何とか妻と合流出来るよう進んでおります。
これもひとえにご支援くださいます方様のお蔭でございます。本当にありがとうございます。
積み重ね、結びながら、一つ一つの御神事を全うしてゆきます。
深く感謝申し上げます。ありがとうございます。


比嘉良丸
比嘉りか

*2017年4月11日 網走の御神事の際に配信した動画より

(良丸氏)
網走地域で数十年周期で起きる地震の事について、地震を波に例えてお話しさせていただきます。
私自身、外洋で途轍もない怖い思いをしたことがありますが、もし波が2mという予測が立ちますと、大体2mの波が押し寄せます。しかし数回に1回、波が2mではなく、3mや大きいものでは4mクラスが押し寄せてくるといった、数回に1回位に今迄来ていた波を大きく上回る波が押し寄せます。常に波の高さは一定ではないという事です。それを何度も繰り返していると、3m、4mと高い波が今度は更に大きくなって5mクラスの波が押し寄せて来るという状況になります。波に例えて地震の説明をするのはおかしな話かもしれませんが、地震の発生時期にも似たようなことがあります。
数十年とか数百年の周期で繰り返している地震は、大体同じ規模、同じ周期の繰り返しで起き予測が立ちます。火山の爆発も、同様に周期的にありますので、大体同じ規模の火山の噴火というものが起きます。例えば40年に1回の周期だった場合、それが400年とか800年、1200年位の長い年月繰り返してくると、起きる地震の規模がこれまでの予測とは違う事が起こります。今までマグニチュード7クラスでしたら年月を重ねてゆくとマグニチュード8、9クラスと次第に大きな地震が起きるということになります。周期的に見ていればこういう事が起きると予測は立ちます。
南海トラフで例えますと、南海・東南海・東海地震というものは周期的に起きており、大体三連動で起きております。三連動と同時に単独でも起きますが、大きな被害が及ぶ大きな地震の発生は大体、南海・東南海・東海地震の三連動です。そして今回怖いのが関東という動きです。関東の動きは富士火山帯を動かすということになり、フィリピンプレート、太平洋プレート側での地震の、伊豆七・小笠原での地震を誘発します。それが小笠原・八丈辺りでの大きな火山の噴火、特に八丈での大きな火山の噴火を誘発すると、確実に富士山も噴火します。東南海地震が起きても、確実に富士山の噴火が起きます。これらの動きが重なって火山、富士山の噴火が起きると途轍もない、これまでに例を見ない大噴火、壊滅的な噴火になります。
八丈島付近での太平洋プレートが震源地として大きな地震が発生すると、その影響を受け関東でも大きな地震が発生します。そして、その影響は東南海地震を誘発し富士山が噴火します。これは1回目の爆発となります。更に、八丈島での火山噴火は、富士山の噴火の2度目誘発し、これは、壊滅的な富士山の大噴火に繋がります。この富士の噴火が今度は八丈島を誘発する事になり、八丈と富士、関東と互いに影響を受け、交互にその溜まった途轍もないエネルギーが放出され続け、噴火と地震の動きが長期的に続きます。
これは確実に日本列島へも同様の動きを影響させることになり、北から南へと確実に影響を広げる事になります。西日本に至っては東から西へと逆流してゆき、東日本では、北海道まで流れていったエネルギーがそこでまたとてつもない地震を誘発する事になり、エネルギーが倍・倍と膨れあがるといったとてつもない大きなエネルギーが今起きよう、動こうとしております。

それでは、今、なぜ網走なのかといいますと、網走も40年周期で地震が起きています。このエネルギーは、先程の流れを受け先に起きることにより今迄のマグニチュード6、7クラスが、8、9と影響を受け大きくなり、千島火山帯、千島海溝、オホーツク海にある全て活断層や火山帯を突き動かすぐらいの力になります。そしてそれは確実に那須火山帯・鳥海火山帯・旭岳・十勝の火山の噴火を促し、日本海溝・千島海溝との連鎖を含めて、火山の大きなエネルギー放出となり有珠山では30年周期の火山の動きが、昭和新山を造ったぐらい、いやその倍以上のエネルギーが放出されることになり、他の樽前、恵山、羊蹄山といった全ての火山、火山帯を突き動かす可能性があります。
ここ網走の周期的な火山というのは、安心してはいけない火山、地震です。今回大地殻変動の時期に起きるという可能性は、途轍もないエネルギーを放つ可能性があるということで警戒し、御神事を毎年行っている重要な場所でございます。今回、神々様より改めて、これが今年から来年の初めに起きる可能性があると強い警告が伝えられました。このような動きにならない為にもここでの地震は、どんなに起きても震度5弱、震度4クラスで抑えないといけない。絶対震度6、5強、震度6クラスは起こしてはいけないのです。
震度とマグニチュードですが、マグニチュードというのは地震自体の大きなエネルギー、震度というのは震源地で起きた、揺れたエネルギー。マグニチュードの方が全体的に大きなエネルギーを指します。マグニチュード6が震度にすると震度5ぐらいになりますが、それは全域のエネルギーであって、同じマグニチュードでも場所によって、震源の深さによって震度4もあれば、震度5、6という大きな揺れになる事もあります。
ここでは震度で話をさせていただきます。震度5強クラスが起きると、マグニチュードは8、9。最初の地震はマグニチュード5クラスで震度もそう大きくないかもしれませんが、それは前震であります。次に本格的な地震、震度8、9クラスでマグニチュードも8、9クラスの地震が発生し、北海道全域が突き動かされ、那須火山帯・鳥海火山帯・海溝までずれ動かします。そして、これは、先程の南から北への繋がるエネルギーの逆バージョンになります。
この網走で起きることが、一気に北海道から本州・関東、フォッサマグナまでプレートもそして火山帯も突き動かし、そこまで突き動かすと富士の噴火を突き動かすことになります。南海トラフからの動きの逆の流れで日本全土に繋がる大きく揺れる地震が、今、起きる時期に来ているという事を昨日(4月10日)警戒しながら御神事をしててもそう伝えられてきました。今日(4月11日)から来年春にかけて起きる可能性がある。絶対震度5強クラスにはならないように。出来たら震度4で抑えるように。起きるとしても分散をするように。出来る限り網走ではなく根室・知床、もう少し内陸部で分散をするようにと、昨日(10日)はビジョンを見せられ強く警告を受けました。そのために今ここ網走で動けない状況にあります。この後改めて御神事に戻りますが、どう分散し、どういう風にするかはこれからまたきちんと確認します。
火山や様々な事柄に詳しく様々な情報を流してる方が沢山いますが、私は自信持ってこれらの事が起きるということを言い切ります。言い切りますが、しかし、私は予言者ではありません。伝えられてくる内容は回避できるからこそ伝えられます。予言者ではないからこそ、飛び回り、御神事を行ってそれらを回避する為に動いてます。起きるという事を沢山の人が言っていると言われようが、私は絶対それを起こさないつもりで信念をもって動いております。私は今、体調崩しながらも御神事をしています。可哀想と思うかもしれません。現地から動画配信している中で「私に御神事をさせて下さい」「どうか私を信じて、私を信じて下さるならば、共感して下さる、賛同して下さるならば、私に御神事をさせて下さい」とも言います。私はこれまで御神事を行って、確かに一時的には凄い苦しい思いもありました。20年間は、生きてるのが辛いと思ったこともあります。今57歳になり、今はやってて良かった。苦しいというよりも、幸福感の方が強いです。ただ苦しいのは、自分の思いが全て完璧にならない、世の中に反映出来ないという事です。

私ははっきり言って御神事は私一人でも出来るという強い自負があります。しかし神様は皆で協力をしなさいと伝えてきます。確かにその通りなのです。一人一人が持ってる役割・使命・天命があるからです。そこには能力がある・ないは関係ないです。まず神事に向き合う姿勢があるか。自分の使命天命を理解出来たならば、それを達成する信念があるか。しかし、私みたいに全てを神事にという事は、私も求めませんし神様も求めません。日々の生活は出来るようにします。信念というのは、その時の御神事をするための下準備や知識をきちんと行い、この御神事を成功させるという強い意志と信念があるか。神事に常にきちんと向き合っているか。能力は関係ないです。各々の意識がきちんと噛み合えば、世の中は良くなります。今の世の中の狂った状況、戦争へ向かう状況は、私は確実に防ぐという気持ちで行っております。確実に防いでみせます。それらを引き起こす厄災・震災、全て最悪の事態を防ぎます。
今回もシリアでの毒ガス、ミサイルの発射があり、確かに最悪の状況に向かっているように見えますが、私が見せられているビジョンと比べるとかなり最悪の事態を除けた状況になってます。実際には完全回避なのですから、それを言っても言い訳にしかなりません。そういう事は起きないのが一番の目的であり、イギリスやヨーロッパでのテロ、ロシアでのテロや他の国々で起きたテロといった様々な状況を本当は全て回避していくことにより、人々の不安要素を取り除く事が出来ます。不安要素を取り除けば、今回の出来事も冷静に判断し、そこまで陥るようなことはございません。完全に回避出来る筈です。
私は今自分自身に腹が立っております。私の人に対する甘さが生み出した結果であって、結局これは私の責任に於いて世の中が混乱に陥った。しかしどんな事があろうとも、これから先に進む道は絶対回避します。どんな事があっても回避してみせます。今年9月から来年の3月に戦の軍事衝突を伝えられておりますが、確実に回避します。国内外の御神事が増える事にもなりますが、それでも努めてゆきます。
ずっと遅れている御神事に沖縄での船の御神事があります。沖縄近海、島々を含めて左回り・右回り、この全てをやることにより世界の雛型として、日本の雛型として琉球という所で七段階・七大陸、全ての火山・海嶺・プレート・海流・大気・気流、それらを纏めることが出来る。毎年日本列島を周っており、北は、北海道やサハリンまで、南は、琉球、台湾まで周っております。これら3ヶ所を周り、小笠原も行ってますが、そこに沖縄の島々を左回り・右回りをすることによって、更に確実に循環の流れを変えることが出来る。私は今年中には改めて船を準備し、きちんとした形で御神事をします。自分の計画では8月頃から完全にそれを行うという段取りで進みます。
当初求められた海外、国内、そして自分の生まれ故郷である敢えて琉球という言葉を使わせていただきますが琉球の御神事を確実に行ってまいります。そして全ての厄災・震災・人災・戦、それらを全て回避します。私が73歳まではこのように飛び回る御神事は続けないといけないと思いますが、体調を整えながら確実に73までにはそれをやり遂げます。15年後、2022年、そこにまた24年足して2046年。そこに4年足す。そうなるともう妖怪と一緒です。97に4年足すんだから101歳。でも自分は自分で啓示で世の中の新しい再生を見せられてるのが2066年。110何歳まで生きて自分の目で世の中を確かめてあの世に行きたいと思っています。かなりヨボヨボになっても、真剣にそういう風に思い、そこに向けて御神事をやっているつもりです。私の母が死ぬ寸前まで御神事を行っていたように、私は御神事しながらあの世に行くつもりでございます。何事があっても自分の母を超えて、90、100までは生き抜いて、自分が生きてる間に自分に与えられた使命を、天命を果たすつもりであります。

話がどんどんずれてしまいましたが、この網走はとても重要な地域です。ここで大きな地震が起きると、これは日本列島に大きく連鎖・連動する地域です。もう一つは関西・大阪にもあります。九州、四国にも、各地域にあります。そして一番エネルギーを抜く、全体のバランスを抜く場所が、北海道は泊原発がある泊。青森は、大間・東通・六ヶ所村の地域は大きなエネルギーの分散する場所。女川は、三陸沖の地震を収めるために重要な場所に原発を造り、福島第一も、第二、東海第二も同様です。東海第二は柏崎構造線のその近くにあり、それを抑えるための重要な分散、フォッサマグナを抑える重要なエネルギーを抜く場所です。浜岡原発は、糸魚川構造線、フォッサマグナの構造線の先端にあり、エネルギーを抜く場所です。伊方原発は、中央構造線・瀬戸内火山帯の力を抜く場所。川内原発は、沖縄トラフの霧島火山帯の力を抜く場所。玄海原発も、島根も。福井、高浜・大飯・美浜・もんじゅ・敦賀、石川の志賀、柏崎、全て大事な力をバランス調整する大事な場所の真上に原子力施設を造っています。これは確かにアメリカの意図だと思います。
本当に重要な場所にそういう危険な物を造る。このままでは日本は沈みます。大地殻変動が進み、全ての9割の命が絶滅します。しかし、実際にそういう事が起きなくてもきちんと地殻変動を緩やかに穏やかにすることが出来ます。全ての命を守りきれないと言っても、多くの種の命、絶滅種を無くし、その種の命を未来に繋ぐことが出来る。それを確実にやり遂げるのです。
今、全国でいる人達にもたくさん使命・天命を持ってる人達がいる。本来きちんと行えば、自分が行った証が自分に返ってきます。正しい事を行い、世の中を善くするということが目的ですから、行えば自分に返って来るのは至福、幸福です。神事は恐いことではありません。神事を一緒にやりましょうとは言いませんが、もし使命・天命を感じるならば一緒に祈り合わせに参加して下さい。何度も私の方から呼びかけします、段取りしますと言いながら中々できませんが、近い将来、誰か責任者を置いて改めて呼びかけをし、皆さんの祈り合わせがしっかり行っていただけるようにメーリングリストを作り、そこで皆さんで協力しながら世の中を一緒に創っていきたいと本当に思ってます。今は準備段階ですぐ入れませんが、皆さんの祈り合わせの力が必要なのです。是非共に祈っていただきたいと思っております。
内容が全然違う方向に進んでしまいましたが、私もこの後改めてここ網走で御神事を行いました後、宗谷岬、ノサップと進みます。当初の予定から2日半ぐらいずれてしまいましたが、日本列島を21日までにはきちっと回って妻と合流し、日本の外洋の御神事に出向きます。

今、写真や動画配信を行いながら御神事を進んでおります。私的には毎日行いたいのですが、2,3日はそれらも出来ないぐらい集中しなければなりませんので、少し落ち着くまで写真や動画配信は一時ストップさせていただきます。
この網走で時間割いたことにより3日近く予定が遅れました。それを取り戻すためには宿をとらずに3, 4日は車で移動しながら数年前のように車で1, 2時間仮眠をとりながら夜中も御神事しながら進まなければ、この3日間の遅れを取り戻せなくなります。遅れが取り戻せないと当初予定してたものが全て変更にもなりますので、大変申し訳ございません、御神事を優先させていただきます。遅れた時間を取り戻して元に戻りましたら、改めて動画配信や写真にてどのあたりを周っているのか、どういう事をお祈りしましたという事を報告するように致します。今日から納沙布までは何とか放送できると思いますが、多分、函館から本州に渡り、秋田・山形・新潟・富山・石川辺りでは夜中も常に移動しながらの御神事になると思います。石川ぐらいまで一気に徹夜状態で行えば、当初の予定通りに戻るかと思いますので、その後は毎日は出来なくても2日おきには動画を配信するとかは出来るかと思います。
どうか、共に意識を合わせていただき、御神事に祈り合わせという形に力をいただけますようにお願い致します。私は車で移動の為時間が読めません。毎日月曜日から金曜日まで妻が3時に祈り合わせをしてます。それに意識を合わせて共に御神事のお力添え、真心の祈りのお力添えをいただきたいと思います。もし可能ならば、今後行います沖縄の外洋を周ります海の御神事、海外御神事、日本列島を駆け巡る御神事にお力添えいただけますように、どうかご支援の程も賜ること叶います様心から本当にお願い祈り申し上げます。
一昨日は弱音も吐きました。自分の信念、意志を伴って確実に今後の御神事も行っていきます。どうか私の体力がもつように、回復するように。体力だけはどうか見守っていただけますように神様お願い申し上げます。今回も途中から殆ど徹夜状態の御神事になるかと思いますが、私が居眠り運転し事故を起こせば人を巻き込むかもしれません。本当に人を巻き込んで大怪我、間違って事故で人の命を奪うような事があれば、もう御神事してる場合ではございません。やる資格がなくなります。どうか私が事故を起こさないように、体力を奪われないように御守りください。現在、あまり食べずに行っておりますので、低血糖気味になっております。緊急用の飲み物を飲みながら進んでおりますが、それでもかなり低血糖になってると思います。どうか神様、運転中に低血糖を起こし意識をなくすようなことがないように。居眠りしないように。どうか私の体力が、これ以上悪化し先に進めなくなることがないように。どうかお守り導き下さい。
今回は、今もほんとはかなり胸が苦しく、痰が絡みますが、今日の朝は、痰も胸の苦しさも咳もお蔭様でだいぶ治まりました。でも沖縄から成田に入る前日、余りにも血痰が酷いため診察を受けようと思って病院まで行ったのですが、入院と言われるのが恐くて受付だけで、受診せずに来てしまいました。そして、そのまま御神事に行きましたが。どうかこれ以上、状況が悪化せずに回復出来るよう導いて下さい。この症状が神事から世の中のことを持ってるならば、確実に一つ一つこなすことによって体力を戻していただきたい。どうか私に御神事が続けられるように体力を与えて下さい。そして皆様、どうか私に御神事が出来るようにお力添えいただけますよう、よろしくお願い致します。
私が御神事を行うことで、戦争や様々な厄災を回避させて下さい。自負ではありませんが、やり遂げることが出来ると、私は信念を持って行っております。信じていただけるならば、どうかお力添えいただけますようお願い申し上げます。今、ご支援をいただいておりますが、一人の方には本当に全ての御神事が行えるだけのお力添えをいただいております。どのような言葉を使っても、その感謝は言い足りないですし、表現も足りないです。しかし本当に心から感謝しております。ありがとうございます。私に御神事をさせていただき、本当に心から感謝しております。
私は人生を賭けて自分のやるべき事をやり遂げます。やり遂げるには、現実のところ資金、経費というのが必要になってきます。もし可能であるならば、賛同して下さる方、どうか力添えいただければ幸いです。こういう所でそういうお願いをするのは、おかしいと思われる方もいるかもしれません。しかし、先程言った様々な経費、外国も国内も、沖縄での船の御神事、海の御神事、全てをやり遂げるにはどうしても資金が必要になってきます。とにかく素直に今御神事させていただいていることに感謝申し上げます。
長時間の配信を行いましたが、本当にありがとうございました。これで放送を終了させていただきます。ありがとうございました。

*以上*

*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*

ウェブショップからのお知らせ

ニュージーランド、中国西安、日本一周の御神事に対しての企画御守り受付中!!

南は自らの足元。西安は人との調和や関係性の良好。日本一周は、それらのエネルギーを纏め、持ち主としっかりと繋ぎ、善き状態へと進めるようにという願い祈りが込められます。
もちろん、御一人ずつのへの神様からの御言葉もお伝えいただけます。

個数限定の御守りとなっております。是非この機会にお手元にお納めください

webshop ミロク結び 
こちらからご予約ください

サンプル画像 20160820shopicon20baner5-2_201612081101504b1.png サンプル画像

現在の状況と兵馬俑にて伝えられた御言葉

2017.04.19.09:30

新暦4月19日(旧暦3月23日 ひのえ 子 先勝)

*丙(ひのえ)とは
火(五行) 
燃え上がる炎・太陽を意味。万物が明らかになる状態。(十干の意味)
*先勝(せんしょう)とは
先んずれば即ち勝つ」の意。万事に急ぐことが良いとされ、午前中は吉、午後2時より午後6時までが凶。


*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*

いつも真心のお力添えありがとうございます。
比嘉りかです。

夫より連絡があり、下記の動きで動いているという連絡がきました。

昨日18日、九州福岡の志賀海に行き、そこから、関門海峡を越え山口へ行き、途中から島根に行き、鳥取、そして、兵庫から徳島に渡り、徳島から徳島港よりフェリーで和歌山港へ渡り、本日そのまま北上して行きます。
明日の目安としては、千葉県野島岬で朝日に合わせて祈りをするよう動いておりますが、時間的にはかなり厳しい状況です。午前中には行けるのではないかと思っております。
着きましたら、着きました時間で動画配信を行おうと思っております。
野島岬を終えましたら関東の内陸へ移動して御神事を行います。こちらの場所については、現在お伝えすることは控えさせていただきます。

と夫より連絡がありました。

また、現在中国におります私と神子2名ですが、昨日は、兵馬俑と半坂遺跡へと行きまして、平和への祈り、調和の祈りを行いました。本日は、西安から車で1時間半程移動します則天武后のお墓、西安市内の大雁塔という場所に行きまして、同様に戦争が起きる事無きように、近隣諸国との調和、平和の願い祈りを行います。

善き流れになるよう、夫婦共々連絡を取り合いながら協力し御神事を進めてまいります。
こういった御神事が出来ますのも、ひとえにご支援くださいます方様のお蔭でございます。深く感謝申し上げます。ありがとうございます。
夫の御神事の内容につきましても、私の帰国後改めてご報告させていただきます。
夫婦共々御神事を精一杯努めさせていただきます。
本当にありがとうございます。

比嘉良丸
比嘉りか

*これまでの行程図*
4月19日までの行程

4月19日 兵馬俑にての祈りの際に伝えられた御言葉

人々よ そして人の子らよ
善き世の中とは どのような状態をゆうのであろうか
調和と 平和と
長きに亘り 戦 争いがなかったとゆうことは 大きな力を持つ者が存在していたとゆうことでもある
けれども そなた達が言うのは それを求めている訳ではないとゆうことであろう
違うか
どのように変えてゆくのか
人が 調和を持ちゆくのは 心から変わりゆくことしかならない
心から変わりゆくことが出来れば 人は互いへを尊重し そして 守り
皆 共に生きゆく者達として 協力し 支え合いゆくことが出来るであろう
人は 人と人として 関わり合いゆくことにより 
その互いへの尊重 互いへの理解を深めゆくことにより 強い絆を持ちゆくことが出来る
国とゆう 政治とゆう 経済とゆう 絡み合うものが複雑になればなるほど
その心は混沌としゆき 裏 表が出てくる
どうか その見てくれによって 姿形により 国により 差別をしないでほしいのである
そうすることにより 人は人として 互いに関わり合いゆき 理解を深めることが出来る筈である
どの国にも 嫌な者はおり 
しかしどの国にも 善なる者 善き心 真心を持つ者は必ずいる
全ての者が悪人ではなく 
しかし もちろん 全ての者が善人でもない
だがそれは どの国も皆 同じではないのか
どの国の者だからと 嫌煙するのではなく その人を 理解することを 深めてほしいのである
その人 その国の その文化を 理解を深めることにより 人の言動 行動もまた 深められてゆくこと 理解が出来ることもあろう
もちろん 深く理解は出来ずとも それでも 理解を深めようとすることや
そうなのであろう そうなのであると それ以上 善悪を付けるのでなく それがその国の文化と そおっとしておくことも 一つでもあろう
もちろん 悪しき文化 いや 傷付く文化 苦しみゆく文化 風習 
それは 考え 直しゆかなければならないものでもある
人が どこまで 対する者に対し 思いを 心を砕くことも出来るか
国とゆう枠を超え 人種とゆう枠を超え 共に協力し 支え合い 調和を持ってゆくならば
人は 国とゆう判断や 見てくれによって 様々なる判断を してはいけないのではないか
人が 人として生きゆくために
大切なるこの星を守るために
今 人が 変わりゆかなければならない
調和を持ち 歩みゆくことが出来るように
調和は 一人ひとりの内側から 発生しゆくものである
生まれて来るものなのである
それを 忘れてはならない
まず 自らの内の調和を
そして 周りの者達との調和を
そしてそこから 広げゆく調和を
関わり合う者との調和を
大切に その時を刻みゆけば 緩やかなる流れへと 落ち着きゆくことも出来る筈である
争うことなく 調和を持ちゆくには 一人ひとりが変わりゆかなければならない
大切なる道を見付けゆくには 一人ひとりが出来ることを 進まなければならない
真実を見抜く 人を見抜く 
人をきちんと 見つめゆくことも 真の目の一つである
しっかりと判断し 善き世の中へと進むことが出来るよう
一人ひとりが 努めゆかれよ
重ねて 伝えゆく
全ての者が善人でもなく また 全ての者が悪人でもない
しっかりと その一人ひとりを見極めてゆくことは 大切なことである


*以上*

*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*

ウェブショップからのお知らせ

ニュージーランド、中国西安、日本一周の御神事に対しての企画御守り受付中!!

南は自らの足元。西安は人との調和や関係性の良好。日本一周は、それらのエネルギーを纏め、持ち主としっかりと繋ぎ、善き状態へと進めるようにという願い祈りが込められます。
もちろん、御一人ずつのへの神様からの御言葉もお伝えいただけます。

個数限定の御守りとなっております。是非この機会にお手元にお納めください

webshop ミロク結び 
こちらからご予約ください

サンプル画像 20160820shopicon20baner5-2_201612081101504b1.png サンプル画像

現在の状況と祈り合わせにて伝えられた御言葉

2017.04.18.08:52

新暦4月18日(旧3月22日 きのと 亥 赤口)

*乙(きのと)とは
木(五行) 
草木花を意味。擦れ合いながら抜け出す状態(十干の意味)
*赤口(しゃっこう)とは
火の元、刃物に気をつける日。午の刻(午前11時ごろから午後1時ごろまで)のみ吉、それ以外は凶。


*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*

おはようございます。
大国ミロク大社の比嘉良丸です。
4月15日に北海道・函館からフェリーで青森港に15日朝着きました。そこから青森、秋田、山形、新潟、富山、石川、福井、京都舞鶴まで車で移動しながら御神事を行ってまいりました。数カ所の場所では神々様とのやり取りもありましたが、15日中舞鶴に着く事ができました。その為、その間の動画配信は控えさせて頂きました。
そして、急遽神様より伝えられまして、御神事を変更して16日京都舞鶴から大阪湾に移動し御神事を行う事になりました。
舞鶴から大阪湾へ、そして、兵庫県淡路島を経て四国を横断しながら愛媛県伊方原発、三崎港から大分佐賀関港に17日渡り、中央構造線と瀬戸内火山帯の御神事を行いました。大分県佐賀関港から鹿児島県桜島に移動しました。桜島に到着しました際に動画配信を行なってから御神事を行いまして、その後、熊本県阿蘇に移動し、阿蘇にて御神事を行いました。北海道から阿蘇まで日本列島で政治経済の清めを風で自然災害を雨で抑えること、神々様にお力をお貸しまして、その為、現在浄めの寒波と低気圧が発生しております。
今日から関西までは日本海側を東に北上し、関西からは太平洋側を北上しながら20日には千葉県房総半島先端の野島岬と神奈川県三浦半島先端での御神事を行わなければならない為、移動致します。移動の間も御神事を行いながらの為、動画配信は行うのが難しいですが、野島岬では、動画配信を行いたいと思っております。
それでは、これから一気に関東へ向かいます。
また、昨日の北海道の網走の動画配信の残りを構成してお届けしなければなりませんでしたが、現在、妻も中国西安の御神事に行っておりまして、現地にて御神事に集中しなければならないこととなり、残りをすぐに掲載できない状況でございます。大変申し訳ございません。構成次第すぐに掲載致します。
また、西安からの動画配信が出来そうでしたら試みてみたいと言っておりました。
夫婦それぞれ日本と中国との御神事でございますが、調和をもって進めてまいります。

国内外を御神事出来ておりますのも、ご支援くださる方様がいてくださいますお蔭でございます。本当にありがとうございます。
善き流れとなるよう精一杯努めてまいります。
どうぞ宜しくお願い致します。

比嘉良丸
比嘉りか

*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*

*4月14日の3時の祈り合わせにて伝えられた御言葉*

広い世の中 多種多様な者達がおり 様々な生活があり 生き様があり 人がいゆく
しかしながら その生活
安心して 暮らしゆくことの出来る生活は 争うことがないためのもの
戦 争い 無くなりゆけば 穏やかなる日々の暮らし 
人々が共に協力し 助け合いゆかなければならない生活

一人ひとりが出来ゆくことも 多種多様に 様々にある
何を どうしたらいいのか
何を 出来るのか
何を どう出来るのか
一人ひとり 行えることが違えば 環境も違い 考えることも違う
自分を振り返り 自分を見詰め直し 自分の周りを考え 自分の周りを見詰め
何が出来る事があるのか そして 何よりも 何が続けられるのか
行動 動く者は 動きゆくであろう
伝える者は 様々なる方法にて 伝えるであろう
動かせる者がいる者は 動かせる者を動かす
自分が動くことにて変わりゆくならば 自分が動きゆく
まずは自ら己を 振り返ることは先決である
そうでなければ 何が出来て 何が出来ないのか 分からないからである
自分を知る 自分を見詰め直すことは 大切でもある
そして 自信がないからと 諦めることは ならない
自信は 積み重ねてゆくことにより その後から築き上げられてくるものであるからだ
最初から出来ると 自信を持ちゆくことは 後に その自信が 折られることもありゆく
くじけながらも たくましく 目的に向かい しっかりと進んでいるからこそ
少々のことでは 折れることのない自信が しっかりと付くのである
最初から誰も 上手くゆく者はいない
だからと言って いつまでたっても 同じ所で足踏みをするのは それは 進歩がないとゆうことである

しかしながら 振り返りながら 見詰めながら 進み続け 自らによって 自らを修正しゆくことが
いや それが 最大限に必要なものであり 
誰であろう 自分自身の意志により 意識により 修正してゆかなければ いけないのである
誰かが 直し 修正 するのも 幼き頃のみ
それでも それが 楽しいと思えば 怒られても 続ける者は続けるのである
結局のところ 本人の意識により それは 大きく 変わってくる
人が 何が出来るのか
いや 何をしないようにし 何をするようにすることが出来るのか
争うことなきように 調和と 平和であるようにすることは
自らの心 精神を 穏やかにするためにも 大切である


*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*

ウェブショップからのお知らせ

ニュージーランド、中国西安、日本一周の御神事に対しての企画御守り受付中!!

南は自らの足元。西安は人との調和や関係性の良好。日本一周は、それらのエネルギーを纏め、持ち主としっかりと繋ぎ、善き状態へと進めるようにという願い祈りが込められます。
もちろん、御一人ずつのへの神様からの御言葉もお伝えいただけます。

個数限定の御守りとなっております。是非この機会にお手元にお納めください

webshop ミロク結び 
こちらからご予約ください

サンプル画像 20160820shopicon20baner5-2_201612081101504b1.png サンプル画像

現在の状況と4月11日の網走での動画配信より

2017.04.17.09:30

新暦4月17日(旧暦3月21日 大安 きのえ 戌)

*大安(たいあん)とは
大いに安しの意。何事においても吉、大吉日。終日吉
*甲(きのえ)とは
木(五行) 
大木を意味。押さえ込まれ芽が出ない状態(十干の意味)


*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*


いつも真心のお力添えありがとうございます。
大国ミロク大社の比嘉良丸、比嘉りかです。
本日は、4月11日に網走にての御神事の際に配信しました動画からの記事になります。

動画をもとにしておりますことから、ところどころわかりにくい部分もあるかと思いますが、何卒ご了承くださいませ。
そして、長文となっておりますことから、本日、そして明日と分けまして配信させていただきます。

また、本日、私は九州へ向かっておりまして、妻は、中国西安に向かいます。
夫婦にて中国と日本との御神事となります。

このように御神事が出来ますのも、ご支援くださいます方様のお蔭でございます。意識を一つにし、調和が取れますように夫婦共々努めてまいります。
本当に、本当にありがとうございます。心から感謝申し上げます。

比嘉良丸
比嘉りか

*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*


*4月11日 網走からの動画配信より*

(良丸氏)
大国ミロク大社の比嘉良丸です。
今、北海道の網走の方に来ております。実は、昨日4月10日の内で、北海道の最北端・宗谷岬、納沙布岬まで足を運ぶ予定でしたが、昨日、移動中に網走に寄って神子とのskypeを少し行いまして、宗谷岬の方へ向かおうとしましたら、神様から緊急な状況を伝えられまして、今、この網走より動けない状況にあります。
昨日は夜10時頃まで、網走で御神事というよりも神々様とのやりとりが続きました。今日11日は、朝、早めに御神事を済まそうと思ったのですが、やはり連日の外での御神事がかなり体に響きまして、特に昨日の根室半島の納沙布岬では、台風並みの風と言ったら大げさかもしれませんが、かなり激しい厳しい風の中、体感温度がマイナスを超える中でちょっと無理をして、外での御神事を行ったことで、かなり厳しい状態ですが、網走での御神事がまだ続いております。
昨日10日は、神々様とのやり取りで様々なビジョンや啓示を見せ伝えられ、今後の御神事の流れについてこのように行います、このようにします、これを回避しますという報告を朝で行わなければなりませんでしたが、昨日、今日も寝坊をしてしまいました。余りの体調のきつさに宿を取ったのですが、暖かい環境の中で寝てしまうと中々起ききれない状況となってしまいました。実際には、明け方4時位まで咳こんでしまい中々咳も止まらず眠れない状態の中、気づいたら寝ておりまして、妻からの連絡で目が覚めたら朝の7時でした。朝日の御神事を行いに出かけなければなりませんでしたが、正直なところ体力的に動けなかったというのが実情でした。今後の御神事の事を考えますと、これまでは御神事は外で、動画配信は車の中でという形にさせていただいておりましたが、体力的にも限界にきておりますので、外に出ての御神事は少し控えさせていただきまして、神々様には大変失礼な事ではございますが、御神事の方も車の中からという形にさせていただきます。
今日(11日)朝8時から関係者とskypeを行いまして10時30分頃終わりました。午前中は殆どskypeという形になり午前中は御神事が殆ど出来ない状況ですので、この放送が終わってから改めて場所を移動して御神事を行います。

今回、神様からこの網走で足止めをさせられたというのは、やはり大きな理由があります。
その内容について少し前から、神様にも理解出来ているという事をお知らせする為にも少し前の状況からお話しさせていただきます。

現在の神子と初めて御神事として行ったのが2015年だったと思います。頭がぼーっとしておりきちんと思い出せなくてお恥ずかしいのですが、自分の記憶が確かでしたら、2015年2月15日に今の人たちも含めて集まった人で御神事が始まりました。
その時は南海トラフの動くエネルギーを大きく分散しないといけないということで、一つは東日本の伊豆七島、小笠原海溝、その火山帯を含めてそのエネルギーを抜くという意識、八丈島、青ヶ島を含めたその区間の火山のエネルギーを小笠原諸島の西之島の近くの福徳岡野場島の周辺で、大きな火山のエネルギーと地震のエネルギーを抜くというのが、まず大きな目的として行いました。それは当初の思惑通り、実際にはこれは完璧ではなかったにしても想定していた震度4クラスで地震は何とか抑える事が出来ました。しかし、どうしても南海トラフからの動きの、南海・東南海・東海・関東という連動に対してそのエネルギーを全部抜こうとしても、どうしても途中、東南海の方でエネルギーが止まるという状況がありました。どうしてもエネルギーを分散しないといけないので、紀伊半島でピンポイントで定め力を抜く事になりました。ここは本当に凄い注意しないといけない場所でした。少しずれることによって中央構造線や南海トラフを誘発しかねない地域でございますので、ピンポイントで力を抜くというのは凄く重要なことでございました。これに対しても数か月先に的を絞り御神事を行いまして、その時は約3ヶ月後という想定の中で御神事をきちんと上手くいくように定期的に祈りをするという事を行いました結果、本当に想定内のぎりぎりのところで起き力抜きの地震が起き、震度4ぐらいで収めることが出来ました。
ただ、先程言いました伊豆七島、小笠原諸島の海域での地震もかなり厳しい地域でもありまして、地図で説明出来れば一番分かりやすいのですが、海溝に沿って、フィリピンプレートの方へ太平洋プレートが沈み込んでいる形になっております。その為フィリピンプレートの方が震源地の地震と、太平洋プレート側が震源地の地震とでは大きな差があるということを神子さん達にきちんと説明をしました。実際にその事を時系列できちんと覚えていたら、記憶の中に皆さん残って下さっているとは思いますが、これは重要なことで、済んだことではないのです。御神事は継続しているということを自覚していれば覚えて下さっているとは思うのですが、実際の地震を元にフィリピンプレートの方が震源地で起きたらこうなる、太平洋プレートの方が震源地で起きたらどうなるということを事前に説明をしておりました。そして実際に震度1と3クラスが1回起きました。フィリピンプレートの方で起きた地震は震度3クラスが起きても震源地周辺だけの揺れで済みました。
しかし、太平洋側が震源地で起きると、その揺れは、一つは関東、東京を中心に神奈川・千葉と一都六県だけではなくその影響が大きく広がります。震源地付近の小笠原は震度1に対し東京は大きくゆれ震度4でした。東京で震度4、関東地域は震度3から2、そして東北・北海道から九州・沖縄まで、東日本・西日本全土にそれが広がって起きたという状況がありました。そして、事前にそういった事がおきますと説明した後に実際に2度ほど起きた事によって、現実にこうなるということを、皆さんは自覚してもらった筈です。ですから、とても重要な御神事だということは理解していたと思います。そして様子を見ながら2月15日から約3ヶ月間ぐらい御神事を行っておりまして、中々上手くいってました。

この南海トラフのエネルギーを関東から伊豆、小笠原諸島へ抜けるエネルギーと、もう一つ、どうしても関東・東北・北海道へと繋がるエネルギーがあります。その為、西日本だけでエネルギーの分散を行っていてもその繋がりが関東・東北に繋がってしまう。3.11の逆バージョンで関東から東北、そして北海道から千島海溝に繋がってしまうという状況があり、そこもエネルギーの分散もしなければならず、その方法を打合せし、そして北海道から千島の方へ抜け、千島から実際にずれるのが、国後・択捉。そこを経てロシア領土、択捉の後のウルップ島の周辺での火山の噴火のエネルギーと、地震のエネルギーの分散ということを予測し、分散のエネルギーを抜いてもらうという御神事を行いました。これも千島列島のどこでもいいという訳ではなく、ピンポイントがありまして、そこに当てて御神事を行いました。西日本は何とかなりましたが、心配だったのは四国の方で、ちょっとした意識の違いというものが御神事の失敗を招く事になりますので、すぐ私の方で対応し西日本、四国は何とかなったのですが、東日本の方は余りにもミスが多すぎて、本当はかなり心配していた状況でございました。
何故かと申しますと、この御神事を行う際、初めて参加する人達が何名かおりまして、分担で御神事の役割を決めました。そうしましたら勝手に自分なりの御神事を行った方や勘違いをしている方が数名おりまして、東日本はかなり厳しい状況となり、本当に厳しい状況が起きました。
そして4月の沖縄での御神事でも本人達はちょっとの意識の違いと思っているかもしれませんが、意識の統一が出来ないまま最終の御神事まで続いたことにより、その意識のずれ、違いが4月のネパールの地震に繋がったという経緯もありました。でも、その発端、一番大きい原因はやはり2月の東日本側での意識の違い、勝手な御神事を行った方達がいたという事が、大きく全体の御神事の流れを変えてしまったという事実がありました。関東から東北の境目を担当して御神事してもらう、エネルギーを持ってもらうのに、かなり緊密に説明し打合せをしてきました。御神事を行う直前まで行ってまいりましたが、やはりいざ本番となると自分のやりたい、自分の思う御神事を勝手にやる人がありまして、かなり厳しい状況になりました。
その為、改めて5月に本当にこのままでは途轍もない状況に陥るということで、緊迫した中5月28日当宮の大祭の日だったのですが、大祭よりも、至急御神事を行わないといけないという状況になりました。神子の方々に説明するのにお宮では出来ず、本来、大祭を放置するということは出来ませんが、この場合には緊急性が伴っておりましたので、一度事務所に戻り改めてエネルギーの分散の御神事をすることを決めました。
その内容として、最初に言いました小笠原での御神事の際に、八丈島の先、小笠原の近くにある西之島の近くの福徳岡野場なのですが、そこでエネルギーを抜くということ2月の段階ではしておりましたが、5月になった段階では、もし上手くいかなければ、間違ったら太平洋プレート側の震源地で地震が起きる。そして大きな火山が八丈島で起きるようなことがあれば、富士の噴火に繋がる。日本全国に太平洋プレート・フィリピンプレートのその境目で太平洋プレート側が震源地でマグニチュード6、7クラスが起きてしまうと、関東ではマグニチュード8クラス、下手すれば9クラスの地震が起きる。そしてこれは日本全国に広がり、活断層や中央構造線、構造線やフォッサマグナに伴った構造線、火山の誘発、それと同時にフィリピンプレート・太平洋プレートの境目となる大きな南海トラフ、日本海溝といったそれらのプレートの動きも誘発してしまうという状況がありまして、5月28日、エネルギーの分散の御神事となりました。そして小笠原近海ではなく、小笠原の一番奥にある硫黄鳥島とサイパンとの間辺りで地震、火山のエネルギーを抜くことが、全体のバランスを調整出来るという事から、そちらに意識を向けて御神事を行う事になりました。また、ウルップ島の近海での地震、火山の噴火というものを改めてやらないといけないということで御神事を行い、いつまでにそれをこのように分散するという流れをくみました。

しかしながら、この年の7月、私達は初めて小笠原に行くことになりました。その資金を支援して下さった方がいるのですが、やはり自分なりの御神事を信念を持って行っていらっしゃる方でして、先にお話ししていた2月の御神事でも御自分の思いで御神事を行った方でもあります。こちらの御神事の内容や意味、意向を伝えても、自分なりの考え方を曲げる人ではなかったので、取り敢えず次の御神事の参加を控えてもらおうと思っておりました。しかしこの小笠原の御神事を行った際に、その方は同時期にグァムに飛んで御自分なりの御神事を行われておりました。つい数か月前に一緒に御神事を行った方が、そのように御自分の思いで動かれる。その行為は、私達にも影響が及ぶ事になり、その結果、神々様よりかなり厳しい状況、連鎖連動が確実に起きる、そのエネルギーを抜かないといけないということを伝えられ、私は小笠原から戻り次第、すぐに東北、青森竜飛岬から日本海側を福井まで、一気に徹夜状態で、皆様にはお力添えをお願いしますということを言い続けながら御神事を行ったことがあります。
そして、前述しました、硫黄鳥島付近とサイパンとの間での力の分散という計画が、7月にグァムで御神事をした方の行為、この同時期に異なるバランス調整の御神事を行ったため仕組みが狂ってしまい、本当に危ない状況、青ヶ島、八丈辺りで火山の噴火が起き、その地域の太平洋側で大きな地震が起きると伝えられ、一気にその流れを変えるための御神事を行いました。
それから、1ヶ月の間に日本列島を何度も行き来しました。エネルギーの力抜きが、実際に小笠原周辺で海底火山が噴火し、その噴火の溶岩がずっとエネルギーを抜くように出続けるということを意図として御神事を行い、その結果何とか形となりました。当初は、サイパン・小笠原の間でそれを行うつもりが、そこに的を当てて行うと、逆にマリアナ諸島を大きく揺るがす結果となり、最終的には日本、太平洋プレートを突き動かし、日本全体を突き動かす形になるということで、その地域を諦めて小笠原と八丈の間という所で的を絞って御神事を私は行いました。それは単独の御神事になりました。
そして、北海道では、千島を越えたロシア領内でのピンポイントで地震のバランス調整が無理となり、それを急遽、根室半島でのバランス調整という形で内容を変えて、それも何とか震度4という形で収まりましたが、そこもちょっとずれると大変なことになる場所でもありました。

5月、7月とこの件についての御神事も行い続け、3ヶ月、また3ヶ月と先延ばし先延ばしし続け、最終的には10月に小笠原・西之島での1年以上の海底噴火、溶岩の流出。そしてカムチャッカ及び根室半島、知床半島での地震という形で何とか難は逃れました。これは2015年の話ですが、この件についてはまだ継続的に起きている為、私達はあれから小笠原には、毎年何らかの形で御神事に出向いております。
国後・択捉、そして知床、ロシア・サハリンに立ち寄るクルージング船で、北海道1周する御神事。日本、本州の外洋を回るクルージング船にて御神事しながら、何とか南海トラフ、日本海溝、千島海溝、オホーツク海という海の御神事、韓国釜山を経由する事から近隣諸国との調和の御神事、そして、サハリンから上海までを走っている構造線に対しての御神事も毎年行う事が出来ております。
そして、本州から沖縄、台湾へと向かうクルージングでは、南海トラフ、琉球海溝、沖縄トラフ、霧島火山帯に対しての御神事も毎年行うようになっております。
今年も今月22日から本州外洋を回る御神事に出ます。一つは南海トラフ、そしてもう一つは日本海溝に対しての意味合いがあります。そしてもう一つ、これから行くことが決定しているのが、愛知県名古屋から出発し、そこから伊豆七島を経て小笠原、硫黄島まで周り、帰りに西之島を回ってくるルートのクルージング船で御神事を行います。そしてもう一つは横浜から南海トラフ、そして琉球海溝を経て、台湾・香港・ベトナムを周るクルージング船にて御神事を行ってまいります。ここには霧島火山帯、沖縄トラフに対しての御神事も含まれます。これらの御神事の中で、全体のバランス調整の御神事と共にロシア・韓国・台湾・中国といった政治的、経済的、軍事的な衝突というのを回避するための御神事、軍事的なものとして、台湾・中国・香港・ベトナムという状況の政治的、軍事的な衝突を回避するための御神事にもなります。
この航路の中で一つはロシアのサハリン、もう一つは韓国・釜山と寄港します。韓国・ベトナム・中国・ロシア。そして国後・択捉・サハリンによる御神事の中で日本とロシアとの問題、政治的な絡み、将来的に軍事的衝突がないようにという御神事も絡めて、この数年間、ずっと行っております。
前置きが長いですが、2015年の御神事の中で、一番注意しないといけなかったものが、知床という所の神様にお力添え戴き、そこで大きく分散して下さるとおっしゃっていただきました。北海道だけでなく、ロシア・カムチャッカ辺りまでのエネルギーの分散。そして北海道から本州にわたるエネルギーを他の神々様と力を合わせて、バランス良く分散して下さるという約束をこぎつけて、それがエネルギーの分散として現在も上手くいっております。
そのことを忘れているわけではないので、神様に意思表示をする為にも時系列でお伝えさえていただきました。今回、納沙布岬から羅臼までは行けなかったのです。斜里という地域を通る中で羅臼、知床半島の所で御神事を行い、祈りを行いました。そして、大変長い前置きになってしまいましたが、一番の問題がここ網走になります。北海道には周期的に噴火する火山が幾つかあります。有珠山が代表的ですが、私の記憶では40年周期か50年周期で、この網走地域では大きな地震、マグニチュード6から大きい時には7クラスが起きている地域です。

今回そこが動く可能性が高いという事で、ここに留まらされて御神事となりました。

この続きがありますが、また改めてお伝えさせていただきます。

比嘉良丸
比嘉りか

※長文になりました為、3時の祈り合わせにて伝えられた御言葉はメルマガのみの配信とさせていただきました。
何卒ご了承くださいませ。

*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*

201704 良丸 御神事
*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*

ウェブショップからのお知らせ

ニュージーランド、中国西安、日本一周の御神事に対しての企画御守り受付中!!

南は自らの足元。西安は人との調和や関係性の良好。日本一周は、それらのエネルギーを纏め、持ち主としっかりと繋ぎ、善き状態へと進めるようにという願い祈りが込められます。
もちろん、御一人ずつのへの神様からの御言葉もお伝えいただけます。

個数限定の御守りとなっております。是非この機会にお手元にお納めください

webshop ミロク結び 
こちらからご予約ください

サンプル画像 20160820shopicon20baner5-2_201612081101504b1.png サンプル画像

現在の御神事の状況について

2017.04.15.08:00

新暦4月15日(旧暦3月19日 みずのえ 申 先負)

*壬(みずのえ)とは
水(五行) 
海や泉や大河を意味。芽が出ようとして膨らんでいる状態(十干の意味)
*先負(せんぶ)とは
「先んずれば負け」の意味で、勝負事や急用は避けるほうがよいとされる。
午前中は凶、午後は吉。万事に平静であることが良いとされ、勝負事や急用は避けるべきとされる。

*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*

いつも真心のお力添えありがとうござます。
大国ミロク大社の比嘉りかです。

本日は夫から連絡がありました内容をお伝えさえていただきます。

夫は、ノシャップ岬から積丹、カムイ岬に向けて出発致しました。
遅れを取り戻す為に、その後はそのまま函館に向かい、函館から青森に夜中のフェリー便にて15日の明け方には到着し青森に入る予定で進んでいます。
青森につきましたら日本海側を御神事しながら一気に17日のお昼頃に九州桜島に到着するよう向かいます。
九州から、四国を横断し紀伊半島を経て、20日までに関東に着くように動いてゆきます。
かなりのハードスケジュールで御神事をしながらですので、動画配信は出来る時には行えますが、今のような掲載は難しいとの事でした。
17日のお昼の桜島か18日の伊方原発付近のどちらかで動画配信を試みたいと思っているとの事でしたが、時間を考えると動画配信は難しいので、17日か18日の動画配信のどちらかが今回の御神事においての動画配信の最後になるとの事でした。
この移動では、2~3時間の仮眠を取りながらの移動となります。一気に九州から関東まで進んでゆきたいと思っているとのこと。その為、各地での写真も撮る余裕が無いためこちらも今までのようには難しいとの事でした。

また、先日、北海道ノシャップでのやり取りの事をお伝えしましたが、夫が人を雇うとか船を購入するといいましたが、その決断をしたのは、以前より神々様より打診があった事も一つあります。しかし、それよりも、今回神々様からの報告で言われ続けていた自然界の中に生きる物たちが人間を自分たちの救世主と認めるのではなく、生きとし生けるもの全てのもの達、地球、母体すら破壊しかねない、邪の者、魔の者と判断し人間を排除する動きに動く準備段階に入ったと今回神々様から言われ、更にそのビジョンを見せられ、本当に起こり得ると判断したからになります。
今迄も御神事の中において、伝染病や感染病についての事柄も御神事の中に組み込み祈りってまいりました。今回伝えられた事で、戦争回避と同等な程、真っ先に回避しなければならない内容になったと言っておりました。
改めまして今年の国内外の御神事予定をご報告いたしますが、今回7月の末にロシアのバイカル湖への御神事の指示があり、急遽連絡がありました14日の内にバイカル湖をシベリア鉄道にてロシアへゆく予約をいたしました。これは感染病、伝染病に対しての祈りの御神事になります。
そして、5月からは夫は国内の河川や沼地、湖、汽水域を御神事で継続的に御神事をする事なりました。今までは、春先や雪解けの時期にその地域を訪れ、感染病や伝染病の小難無難の祈りをいてきましたが、前述した内容を伝えられました事から、戦争回避と同様全面的に行う御神事の内容となりました。
その為、もしよろしければ、月曜から金曜まで行っております3時の祈り合わせに、小難無難と共に平穏、平安、安定、平和を共に願いいただけますようお願い致しますとの事でした。

そして、このように御神事が出来ておりますのも、ご支援くださいます方様のお蔭でございます。厳しい状況を伝えられておりますが、伝えられているという事は何とか回避が出来る事だからこそ伝えてきているという事と信じ、一つ一つ滞りなく御神事を邁進してゆきます。
ご支援本当にありがとうございます。

比嘉良丸
比嘉りか

*4月15日以降の行程図と14日の現地からの夕日
※画像をクリックすると少し大きくなります
14日 北海道より夕日 15日以降の良丸移動行程

*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*

ウェブショップからのお知らせ

ニュージーランド、中国西安、日本一周の御神事に対しての企画御守り受付中!!

南は自らの足元。西安は人との調和や関係性の良好。日本一周は、それらのエネルギーを纏め、持ち主としっかりと繋ぎ、善き状態へと進めるようにという願い祈りが込められます。
もちろん、御一人ずつのへの神様からの御言葉もお伝えいただけます。

個数限定の御守りとなっております。是非この機会にお手元にお納めください

webshop ミロク結び 
こちらからご予約ください

サンプル画像 20160820shopicon20baner5-2_201612081101504b1.png サンプル画像

現在の状況と御神事について

2017.04.14.09:00

新暦4月14日(旧暦3月18日 かのと 未 友引)

*友引(ともびき)とは
「凶事に友を引く」の意。朝は吉、昼は凶、夕は大吉。可もなく不可もなくの日。
現在あることが継続・停滞することを表し、良き事象なら継続を、悪き事象なら対処することとし、「状況を推し量り行動する日」。
*辛(かのと)とは
金(五行) 
加工された金属・貴金属を意味。成長を極めて変革する状態。(十干の意味)


*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*

いつも真心のお力添えありがとうございます。
大国ミロク大社の比嘉良丸です。

現在、北海道の北で御神事をしております。昨日、ノシャップ岬から朝日と共に神々様とやり取りがありまして、そのあとに重要な内容、来年のセレモニーに関して神々様の思いが伝えられそのやり取りとなりました。少し皆様にもその内容をお伝え致します。
まず、来年の夏至のセレモニーに対して、北海道の知床の神様が中心に神々様をお呼びになりまして、次の様に伝えられました。

夏至ではなく、春分か秋分に変更するのが望ましい。その聖なる杖の継承者を呼んでのセレモニーの意図としてはその時期が御神事の意味としてかみ合う。本来、秋分の日に、昼と夜、 光と闇の調和、統合、人間一人一人心の中には闇と光があり、それを統合することにより 使命天命、本来の気づき眼ざめとなり、これから新しい世のはじまり、世づくり、国づくり 、未来づくりが始まるスタートの儀式である。
それが行う者の意識の足りなさによって、儀式(セレモニー)の変更となったが、とりあえず今年の秋分は、民族の調和統合という儀式(セレモニー)に変えなさい。一部の神々の思いで火と水の儀式を重要視し太陽の一番強い夏至の日を伝えられていたが、火の力で全ていらないものを焼き尽くし、水の儀式でそれを洗い流し、パイプのセレモニーで大地と結ぶ。そして、種の儀式で新たな、命、仕組みを生み出すという内容に変えたが、それは、一つ間違えば、環太平洋の現状から大地が揺らぎ、火が噴出し、水の浄めで洗い尽くされ、大混乱となる。それはあまりにも強すぎる為、逆に怒りのエネルギーになりかねない。まずは、当初の目的に御神事を行うべきである。
心の闇と光の調和統合から使命天命の気づき目覚めを先に行う事が、本来の仕組みの流れとして今後の御神事や世の中に対して良い形に流れる。本来は、来年の3月春分が望ましい。3月の春分に行い、次夏至に行う事が世の中へ一番良い影響を与える流れではあるが、今それを儀式として行う者達が、まだ、祈り人としての意識が到底及ばない。その為、そなたを通してかなり厳しく、一から祈り人としての意識を教え直す。教えながらでは3月には間に合わない為、確実に行えるなら秋分にしても構わない。

今、新しくそなたを支える為の男性2人が加わったが、それでも祈り人を養成するには足りず、祈り人を管理、指導する者を一人。そして、そなたはあまりにも祈り人(神子)に御神事への意識を奪われ、うまくかみ合わないことが多々ある。そなたと管理者や祈り人の間に立って、そなたの意思、神の意思をきちんと伝え、間に立てる者、管理者に意思を伝え神子をきちんと動かす事が出来るように置かなければいけない。ウェブショップもやめるか 続けるか。これもそなたの意識を奪う事の一つ。だから、辞めるならば、誰かに責任代行をさせなさい。そなたは、月に一度沖縄に戻り、確実に船の御神事を今年中からきちんと指導させなさい。そして、沖縄にてきちんと祈り人及び世間へ御神事の意味と内容を教え伝える為の勉強会を遅くとも今年6月からは始めなさい。それは毎月のあなたに課する義務とする。

と伝えられ、まだノシャップにおります。

その知床の神々様が、全国の神々様に号令をかけ、今、日本列島龍体の龍頭をまず寒波を使い 大浄めを行い、清めが入った後に話し合いの結果、上記の事が神々様の会議の中できちんと決まりました。来年、秋分の日に行う事は決まりましたが、私が今神々に強く願い出ていることがあります。それは、当初伝えられていた、琉球、関西、富士の麓、関東とこの4か所で儀式(セレモニー)を行う事です。
これら各場所で長老たち全員を連れて、全ての場所で儀式を行い周ると全体の経費が800万から1000万かかります。それでは、今の状況では半分以上赤字になりかねません。当初はそれも覚悟しておりましたが、一度だけではなく、今後も毎年続けて行くならば、大きな経費の損失になります。収益を求めたとしても、半分以上の経費をまかなうことが出来ないという事で、沖縄と関西だけを来年行う計画をしておりました。
しかし、神々様からは、琉球、関西、富士の麓、関東という当初の場所に戻すだけではなく、北海道を含めよと言ってきました。
そこで今、私の方で、そこまで行うととんでもない経費を準備しなければなりませんので、琉球と関西だけでおさめる事で、勘弁していただきたいという打診をしましたが、神々様からは、

そなたは、御神事を何と心得ている。これからの未来、本当にそなたは誰よりも一番、知っているはずである。
それは、そなたが幼少の頃からずっと見せ伝えられてきた。それらが御神事をきちんと行わなければ、現実になるという事も体感で理解しているはずである。今、金が大事なのか、世の中、そして未来が大事なのか、理解出来るはずである。と強く叱られました。しかし、今後、以前より言われている内容で船の儀式を沖縄で行うならば、その準備として沖縄に5月早めに戻り、船の購入資金を銀行から借りたり、その準備も5月で行う事になりますし、様々な儀式、御神事も行いながら、新しい人をそこに加える事になれば、人間社会では何事をするにもきれいごとだけでは出来ず、実際には、資金が必要になります。人を二人増やすには、その人の生活を保障しなければなりません。それに加えネットショップも誰かを雇う事になると3人分の給与が発生します。私自身、神様から言われてきた事を出来る限り現実に努力してそれをきちんと行ってまいりました。儀式についても(セレモニー)一回限りではなく、継続して行くならば、来年の儀式 (セレモニー)を琉球、関西、富士の麓、関東、北海道ではなく、琉球とどこか一か所での儀式(セレモニー)にさせていただきたいという事を伝え、昨日は夜の7時までノシャップにてやり取りが続きました。そして、来年の儀式の行う個所に関しては、神々が納得する内容、仕組みの案を、きちんと未来に繋がる 事柄を出しなさい。その結果でどうするか決めよう。現在の所、開催する場所については 決定せず、保留している。

という内容となりました

本日これから、積丹、カムイに向かいます。皆様、祈りの力添えを妻の3時の祈り合わせの際には宜しくお願い致します。

このように御神事が出来ておりますのも、ひとえにご支援くださいます方様のお蔭でございます。本当にありがとうございます。
神々様より伝えられている内容を今後もきちんと行い続け、善き世となるよう邁進してまいります。
本当に御心ありがとうございます。

比嘉良丸
比嘉りか

*行程図とノシャップ岬での朝日
※画像をクリックすると少し大きくなります
4月14日 御神事 行程 北海道北ノシャップ 4月 ノシャップ岬


*4月12日の3時の祈り合わせにて伝えられた御言葉*

いかなる行動も その結果が伴いゆく
どんなに 進みゆこうとも その結果が 後から その証拠となり 表に現われゆく
大切なる世の中 守りゆこうとするならば 
戦 争いを 起こさぬように 進みゆくならば 
それは その結果がきちんと出てくる筈である

何が出来るのか
争うことなきように進むことは出来る筈である
争わないと 主張する者 伝えている者を 選んだり 
代表として 選ぶとゆうこと
反対しゆくこと

争う分野ではなく 協力することにより 争うことが出来なくなるようにするのも 一つの方法であろう
人の心を溶かすのは 人である
誠心誠意をもって 向き合うことにより その痛手 苦しみ 悲しみは 徐々に癒されてゆくものである
無論 それを 私利私欲により 手放すことが出来ない者達もおる
それには それなりの報いが 返ってくるものでもある
誠心誠意努めるとは 全て相手の言いなりになるとゆうことでもない
自分が 今 最大限に出来ることを行うこと
それが 誠心誠意でもある
向き合っている姿勢が分かれば それ その心に 意識に
人は 人々は しっかりと 受け止めることが出来るものでもある
人の心を失うことなく 優しさと 慈しみと また 強さを
強さとは 力 暴力とゆう意味ではない
権力や 戦力とゆう意味でもない
信念を貫くとゆう 真意を持ち続けるとゆう その くじけないとゆう強さである
それを持ち続けゆくことにより 人々は しっかりとした足下を 歩みゆき
次なる段階へと進みゆくことが出来る筈である


*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*

ウェブショップからのお知らせ

ニュージーランド、中国西安、日本一周の御神事に対しての企画御守り受付中!!

南は自らの足元。西安は人との調和や関係性の良好。日本一周は、それらのエネルギーを纏め、持ち主としっかりと繋ぎ、善き状態へと進めるようにという願い祈りが込められます。
もちろん、御一人ずつのへの神様からの御言葉もお伝えいただけます。

個数限定の御守りとなっております。是非この機会にお手元にお納めください

webshop ミロク結び 
こちらからご予約ください

サンプル画像 20160820shopicon20baner5-2_201612081101504b1.png サンプル画像

現在の状況と御神事について:動画より2

2017.04.13.08:00

新暦4月13日(旧暦3月17日 かのえ 午 先勝)

*先勝(せんしょう)とは
先んずれば即ち勝つ」の意。万事に急ぐことが良いとされ、午前中は吉、午後2時より午後6時までが凶。
*庚(かのえ)とは
金(五行) 
剛金を意味。変更・改まる状態(十干の意味)


*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*

いつも真心のお力添えありがとうございます。
大国ミロク大社の比嘉良丸、比嘉りかです。

本日は、先日4月10日に北海道の東、根室半島納沙布岬にて配信しました動画を書き起こししていただきまして、その内容に加筆しました文章の後半分を掲載致します。
どうかご一読いただけます様お願い致します。

比嘉良丸
比嘉りか

*2017年4月10日 納沙布岬にて配信された動画をもとに現在の御神事、状況をお伝え致します*
※4月10日に放送しました内容に加筆しての文章となっております事から、日付の部分に関しては放送時の10日から見て昨日や明日となっております。その為カッコ内に日付を書いております。何卒ご了承くださいませ。

*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*

今、この日本列島で起きようとしてる自然の動きや日本という国がこのアジア全体で大きく戦争への流れに突き進もうとしてる動き、そして世の中、世界中で、中東、アフリカ、ヨーロッパと大きく戦争へ流れようとする動きがあり、中米・南米でもこれから同様の動きへと流れ、このままでしたら世界が戦争へと突き進みます。まずは今年の9月から来年の3月までに、啓示で言われている北朝鮮との軍事衝突があります。軍事攻撃を間違うと中国・ロシアを巻き込み、その流れが中国との戦争への流れを生み出す可能性が高い。今のところは悪き方向に行きながらも、最悪の事態は何とか避けているつもりです。
でも実際に今回のアメリカのミサイル、そして昨日(9日)は毒ガス、先だっての金一族の長男の暗殺と様々な状況が最悪の事態に突き進んでおりますが、それらの裏に潜み一気に突き進むものを私なりには何とか抑え込んでるつもりでございます。本来はもっとしっかりとした抑え込みが出来る筈ですが、何度も仕切り直しをしながらも、何とか抑え込みは効いてる形ですが、これから流れを変える御神事を更にしっかりと行ってゆかなければいけません。その事を行う為にも私自身これまで以上に御神事の内容を深くする為、今回の北海道でのやりとりを含めて今月21日までの御神事の中で新たな仕組み作りの流れ、日本列島での流れをやりとりしながらつくり、22日、本州外洋を周るクルージングで祈りをしながら、南海トラフ、東シナ海、長崎、釜山、日本海を北上し、新潟、津軽海峡を経て青森、陸奥湾、そこから、太平洋側に出て、日本海溝、宮城県仙台、横浜に戻ります。この御神事の中で抑え込みするのと、その御神事が終わった後、日本列島の御神事は新たな仕組み作りとしての動きとなります。
皆様には、私の妻が月曜日から金曜日まで毎日昼の3時に祈り合わせを行っております。どうかそちらの祈り合わせで皆様の真心の力添えをいただけますと幸いです。それと本当に私が御神事を行えるのも、皆さんの支援があってのことです。感謝しております。どうかこれまで、またこれからも私が御神事を出来るように、どうかご支援いただけますと幸いです。このような私でも、私に御神事をさせていただけますよう、どうかお力添えいただけますことを願い祈り申し上げます。

それでは次の目的地であります日本列島の最北端・宗谷岬に向かい出発したいと思います。多分明日(11日)になると思いますが、放送させていただきます。本当にいい訳ではございませんが、痰が中々切れないというよりも、胸がかなりきつく、背中を差し込むような、一番きついのはその咳・痰以上に、熱が中々下がらない事があります。昨日の朝は38度8分あって凄い震えもありまして、運転するのもかなりきつかったのですが今日は少し市販薬が効いたのか38度1分ぐらいまで熱は下がっておりますが、やはりかなりきついのは変わりません。
これも御神事の一環、御神事の一つだということでここ北海道にて御神事を行っておりますが、やはり私も人間です。あまり体調が優れなければ休みたいとか、ずっと寝ていたいという気持ちに襲われるのも確かでございます。しかし、今は今年の9月から来年の春先までに起こるという啓示を確実に止めなければなりません。それが出来るのが今年の9月のセレモニーで、聖なる杖の継承者を日本に呼ぶという御神事でしたが、こちらの準備というよりも意識の足らなさから変更し、世界のひな形である日本列島の日本の民族の調和として、世界の民族の調和に反映させるという御神事に変更させていただきました。
しかし、当初考えてたセレモニーが変更になったということは、やはり大きなその衝突に向かう要因を抑え込む事が本当に厳しくなったというのも事実です。当初の計画がセレモニーの内容が変更となった事で流れが厳しくなったのは事実です。しかし9月に沖縄でアイヌのアシリレラさんをお招きし、日本の民族の調和・和合、アイヌ・琉球・大和民族という言い方をしておりますが、セレモニーを行います。日本列島には今、世界中の人達が暮らし、そして日本人と外国人とが国際結婚し、そこから双方の血を受け継いだ人達、世界中の民族の血を受けついた人達が、日本にも多くおります。日本民族の調和は、いわば世界民族の調和になります。それも含めての御神事で、まず戦争を何とか抑えてゆく流れにしていかなければいけない。その事からも9月のセレモニーを中止ではなく変更にさせていただきまして、御神事を行っていく所存でございます。どうか9月16、17、18と沖縄での御神事のセレモニー、皆さんどうか力を貸していただき成功へ導いていただけますよう、お力添えの程よろしくお願い致します。

では、これから日本列島最北端、宗谷岬に出発しますので、これで放送を終了させていただきます。ありがとうございました。失礼致します。

*以上*

その後ですが、網走にての御神事が長引き2日間足止めとなり、昨日12日の昼までかかりました。
現在、宗谷岬、ノシャップ岬にて御神事を行いましたが、ノシャップでも13日の朝御神事を行う事になり、それを終えてから、次の積丹半島へと向かいます。
このように御神事が出来ておりますのも、ご支援くださり、支えくださいます方様のお蔭でございます。
本当にありがとうございます。

今回のこの北海道、本州の御神事をしっかりと終える事が出来るように、精一杯努めてまいります。
本当にありがとうございます。

比嘉良丸
比嘉りか
4月10日 知床連山3
知床連山
※画像をクリックすると少し大きくなります

*下記は4月10日の3時の祈り合わせにて伝えられた御言葉です*

調和を心に 信念を持ち
争うのではなく 武力や 力ではない方法に於いて
叶えゆく未来を 創りゆくことが出来れば
その人々は 
今だけではなく 未来に続きゆく道を 新たに切り開き
調和
自然と 人と
命と 人と
星と 人と
宇宙と 人の調和を持って
新しき人生へ 新しき未来へと 進むことが出来よう
新たなる道を進みゆくには 過去と同じ方法では 解決することは出来ず
もう 武力や 戦闘 力 争い
それにて解決する その思考を 切り替えなければいけない
その方法では 何も 良い結果は生まれない
何も 生まれない状態にも陥る

何も 変わらない 同じ所で いつまで停滞し続けるのか
地球人として 進みゆくためにも 新たなる道を 過去から学び
同じ過ちを 二度と繰り返さない 違う方法に於いて
争いでも 戦でも 人殺しでもない 方法に於いて
世の調和と 平和を 創りゆかれよ
今いる者達は それが出来るからこそ この時代に生まれており
その今の世代である

地球人として 誇りを持って 意識 精神を持って
未来を 争いではない解決方法にて 切り開きゆかれよ


*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*

ウェブショップからのお知らせ

ニュージーランド、中国西安、日本一周の御神事に対しての企画御守り受付中!!

南は自らの足元。西安は人との調和や関係性の良好。日本一周は、それらのエネルギーを纏め、持ち主としっかりと繋ぎ、善き状態へと進めるようにという願い祈りが込められます。
もちろん、御一人ずつのへの神様からの御言葉もお伝えいただけます。

個数限定の御守りとなっております。是非この機会にお手元にお納めください

webshop ミロク結び 
こちらからご予約ください

サンプル画像 20160820shopicon20baner5-2_201612081101504b1.png サンプル画像
情報サイトリンク

◆地震情報《気象庁》
◆火山情報《気象庁》
◆台風情報《気象庁》
◆警報・注意報《気象庁》
◆海外の地震情報《JIS》
◆マーケット情報《ロイター》

イベントのお知らせ
最近の記事
関連サイト
検索フォーム
年別アーカイブ
携帯用QRコード
QR