お知らせ

2018年 祈祷お守りのご案内
2018年は戌年。
昨年中の酉年は、自らの内外において不要な事柄を
清め改める年と伝えられています。
その酉年の次なる戌年は、清め改められたところに、
良き流れ、本来の道筋の為の目標の立て直しや改めての
見直しをするといった意味合いの年となります。
この意味を持ちながら、更に持ち主を支えるように、
自らの進むべき道に歩み、願い叶いますようにと、
願いを込め神前にて祈祷いたしました御守りになります。
今年一年の支えにぜひお手元にお持ちください。

新年お守り2018
※新年お守りは2018年2月15日まで※※
※※ご注文を承ります※


岡野弘幹さん、小嶋さちほさん、桑名晴子さんの合作
「神歌」も10月24日より発売開始です!!
神歌CD神歌

祝詞集 第3版(2015・1月発行・最新版)
祝詞集(2015年1月16日版)をダウンロード(クリックして下さい)

★3時の日々の祈り・こころのかけはし祈りの和の動画 ←クリック

活動スケジュールカレンダー更新しました
今年下半期の行動日程の計画を立てました。祈り合わせにご賛同いただけます方は、どうか共に願い祈りいただけますようお願いいたします。
【活動カレンダーにはこちらをクリック★】
小冊子第一弾「社会情勢編(臨時号)」
直下のバナーをクリックして記事をご覧くださいませ
syousai.jpg

上記内容の詳細は、下記のボタンをクリック、更新情報をご参照くださいませ
icon-home

2018年 祈祷お守りのご案内

北海道以降の行程図と日々の祈りの際に伝えられました御言葉

2017.10.22.09:15

新暦10月22日(旧暦9月3日 大安 みずのえ 午)

*大安(たいあん)とは
大いに安しの意。何事においても吉、大吉日。終日吉
*壬(みづのえ)とは
水(五行) 
海や泉や大河を意味。芽が出ようとして膨らんでいる状態(十干の意味)


********************************

いつも真心のお力添えありがとうございます。
大国ミロク大社の比嘉りかです。

昨日は昼、夕刻と御神事に祈り合わせいただきまして、誠にありがとうございました。
本日も引き続き台風が行います清め改めに対して祈りを行います。
祈りの和TVにてご視聴いただけます。

さて、本日は本州にて御神事を続けております夫から行ってきた行程の地図が届きましたので掲載いたします。夫は本州にて台風の清め改めについて御神事を行い続けております。
地図の後には、日々の祈りの際に伝えられました御言葉をお伝えさせていただきます。

沖縄は殆ど影響がなく、現在も多少の風が強い程度の状況でございます。本州におかれましては、台風が刻々と近づいておりますが、どうか、皆様お気をつけくださいますようお願いいたします。

本日も、皆様の真心のお力添えのほどをどうぞ宜しくお願い致します。

比嘉りか

*比嘉良丸の行程図*
北海道以降の御神事行程

*10月18日の日々の祈りの際に伝えられました御言葉*

命の循環 命達の循環 生命の循環
この星の自然環境があり それらの循環は回り続けている
星 星々との関わりもあり 様々なる 引力 エネルギー 目に見えぬものの働きに於いて
この星の命の循環 生命の循環は 保たれ 繋ぎ続けられている
星の命 星の生き様である
止めてはならず 穢してもならず
この地 この場所に この星に
人々もまた 生かされていること 住まわせてもらっていることを 忘れることなき
心 意識 精神を しっかりと持ち 歩むこと
命達の楽園 命達 人々もまた命である
しかしながら 人々の楽園ではなく 他の命達をも 共に住んでいる場所であることを 忘れないように
人が 命達のことを考え 歩むことが出来る その道筋を しっかりと見詰め 歩みゆけ
心に響く声 人が語りゆく その奥深くを知ること
私利私欲ではなく 人々のために 人々のことを考え 働きゆこうとしている者
しっかりと 見抜きゆかれよ
未来を 託せる者なのかどうか
社会を 国を 託すことが出来る者なのかどうか
しっかりと見極め 歩みゆかれよ

本日21日13時より緊急祈り合わせの呼びかけ

2017.10.21.12:12

皆様の心からのお力添えに感謝申し上げます。

本日10月21日13時より、比嘉りかの祈りに合わせて皆様の心からの祈りの後押しをお願いいたします。

中継はこちらから
http://inorinowa.org/tv/

どうぞよろしくお願い申し上げます。

事務局

関東にての御神事

2017.10.21.08:45

新暦10月21日(旧暦9月2日 かのと 巳 仏滅)

*辛(かのと)とは
金(五行) 
加工された金属・貴金属を意味。成長を極めて変革する状態。(十干の意味)
*仏滅(ぶつめつ)とは
仏も滅する凶日の意。何事も遠慮する日。六曜の中で最も凶の日。


*******************************

いつも真心のお力添えありがとうございます。
大国ミロク大社の比嘉りかです。
本日夫は沖縄に戻る予定にしておりましたが、予定しておりました飛行機が台風の影響により欠航となりました。その事からこのまま関東にとどまり、引き続き関東で御神事を行うという連絡がありました。今回の台風について被害が出ないようにという事、また、選挙を控えてもおりますことから、良き流れとなるようにという内容の御神事を行います。
今回の台風は、今後の世の中の情勢や政治に対して、清めの台風であると伝えられております。その清めの動きが大きいことから台風の被害も大きくなることが予想されます。
暴風、防雨、土砂崩れなどの被害等が出ないようにということを引き続き御神事をおこないます。
ここ数年大きな台風や低気圧、雨の影響で大地はかなりの水を含んだ状態になっております。そして、小規模でも毎日のように 地震が起きております。水を含んだ大地、地盤の緩んだ所に、今回の台風の影響から土砂崩れなどの被害が出る可能性もあります。また、どや崩れで流された流木などが橋にかかり、川の流れをせき止め自然のダムとなり川の氾濫も予想されます。また、かなりの防雨により川の水位が高くなっているときに、台風の高波と重なり高波の被害が出るといったことなども予想されます。
このような台風による被害が最小限になるよう、出来るならば完全に無難になるようにという内容の御神事を関東にて行います。
本日、日々の祈りの12時お18時の際に今回の台風に対しての小難無難の為の祈りも行います。この時、夫がいる場所の通信状態が良ければ沖縄の御宮とskypeで繋ぎましてお祈りをしたいと思っております。

それでは、本日も良き流れとなるよう御神事に邁進してまいります。
皆様の真心のお力添えをどうぞ宜しくお願い致します。

比嘉りか

*10月17日18時の祈りの際に伝えられた御言葉*

人は皆 繋がり続けている
様々なる 人びととの掛け合いにより 今の人々が 生きている
多くの人々と共に 知恵を出し合い 協力し 支え合い 進むことにより 新たなる未来は 生まれてこよう
そこには人々が 自分だけの想いを 通過させようとか 自分だけの想いを 成し遂げようとか 自分の想いが正しいとか
そのように自分だけを 捨てきれずに 自分だけを 押し続けていっては 纏まるものも 纏まることは出来ない
相手の話に耳も傾け 自分の話も分かり易く語り 互いに歩み寄り 互いに支え合い 協力することにより 生み出されて来る 新たなる道である
人が今 何を求めているのか
争うことにより 戦を起こすことにより それの 力の 破壊の 暴力の解決では 何にも 生み出すものはない
新たなる道へと 進みゆくならば 今までとは違う方向で 協力し合い 支え合いなければいけない
今までとは 違う方法で 人々は 残しゆく未来のために 残しゆく命達のために
大切なる星を 善き状態にし 健やかに生きてゆけるように
繋ぎ続けなければならない
この後も 多くの命が この星にて 生きてゆくのである
苦しむことのないようにするためにも この星を 善き状態に 健やかなる状態に
替えておかなければならない
人が行うべきことは 山ほどある
自然の 水の流れ 山の役割 川の役割 海の役割 雲の役割
様々なる自然の循環 自然の働きを知ることによって
自分達 己が出来ることが 数多くあることを 知れ

現在の状況と日々の祈りの際に伝えられた御言葉

2017.10.20.08:00

新暦10月20日(旧暦9月1日 かのえ 辰 先負)

*庚(かのえ)とは
金(五行) 
剛金を意味。変更・改まる状態(十干の意味)
*先負(せんぶ)とは
「先んずれば負け」の意味で、勝負事や急用は避けるほうがよいとされる。
午前中は凶、午後は吉。万事に平静であることが良いとされ、勝負事や急用は避けるべきとされる。


**********************

いつも真心のお力添えありがとうございます。
大国ミロク大社の比嘉りかです。
夫は、現在北海道から本州へと進み移動途中との事です。
移動中の為、あまり詳しい話せませんでしたが、お伝え出来る状況になりましたたら改めてお伝えさえていただきます。

無事に御神事が出来ておりますのも、皆様のおかげでございます。ありがとうございます。
どうか、今後も神様のお伝え通りの御神事が滞りなく行え、進みゆけますように、ご支援いただけますよう、心からお願い申し上げます。

比嘉りか

*この後の行程*
※画像をクリックすると少し大きくなります
10月20日 連絡のあった行程

*10月17日 昼の祈りより伝えられた御言葉*

地球に生きゆく人々よ
地球の命は 他の誰でもない 地球の 分け御霊達であり 
人々もまた 確かに 地球の 分け御霊である
けれども だからといって 地球を 己の欲望のまま 己の思うまま むさぼり続けてはならない
何故ならば この星自体は 命達の宝であり 人だけのものではない
そして この広き宇宙の中に於いても 貴重な存在 大切なる宝であり 
人々が この星に 生きている 存在しているとゆうことは
この貴重な星を 大切に 守りゆくための 貴重な 尊い 役目役割を担っているとゆうこと
それを 忘れずにいてほしい
この星だけの 宝ではなく 
宇宙全ての 宇宙全体の 大切なる 貴重な 宝である
これを 失わせる 損なってはならない
この星に 生まれたからには この星を守る この星を支える この星に生きゆく 生きとし生ける命達が
大切な その命達が 健やかに 生きゆくための 手当て 支え 補助 ケアをしてゆかなければならない
それが 人間の 本来持ちし役目である
人は社会に於いて 人間のその生活に 翻弄され 
そして その忙しさのあまり 全ての事柄を 忘れ続けてきている
しかし今こそ 思い出さなければならない
何故ならばそれは この星自体が 窮地に瀕しているからである
薄々 皆 分かっている筈である
乗り越えてゆけるか ゆけないかは 人間の意識ひとつになりゆく
争うことなく 平和な 調和の道を 
それこそがまさに 命溢れる星を任された 人とゆう種の 誇り高き その役目役割でもあり
それを担い 果たし しっかりと やり遂げることこそが
この星に生まれた魂の 満たされゆく 充足感 満たされゆく その 万遍なる 喜びに溢れ出でる その目的を達成することになるのである
間違ってはいけない
争うことこそが 解決の道ではない
歩みより 調和をもたらすことこそが この星にある本来の エネルギー 力を 十分に発揮させることに繋がるのである

旭岳の写真と日々の祈りの際に伝えられました御言葉

2017.10.19.08:30

新暦10月19日(旧暦8月30日 つちのと 卯 先勝)

*己(つちのと)とは
土(五行)柔らかい土を意味。絡まった糸を解す、秀でた物が更に伸びて行く状態。(十干の意味)
*先勝(せんしょう)とは
先んずれば即ち勝つ」の意。万事に急ぐことが良いとされ、午前中は吉、午後2時より午後6時までが凶。

*******************

いつも真心のお力添えありがとうございます。
大国ミロク大社の比嘉りかです。
本日、北海道旭岳で御神事をしました夫から写真が届きました。
既に雪が降っておりました。
かなり、厳しい状況での御神事だったとのことです。
また、改めて内容につきましてはお伝えできればと思います。

御神事が出来ますのも、ご支援くださいます方のおかげにて行えております。
本当にありがとうございます。深く感謝申し上げます。

比嘉りか

*旭岳の様子
※画像をクリックすると少し大きくなります
旭岳の様子1 旭岳の様子2
旭岳の様子3 旭岳の様子4 旭岳の様子5

*10月16日 夕方18時の日々の祈りの際に伝えれた御言葉*

命の子らよ
善き未来へと進みゆく道は 見えなくなりそうになったとしても 
人の心を忘れさえしなければ 人の理性を忘れさえしなければ
人として 地球人としての歩みを 忘れさえしなければ
改めてまた その目の前に 道 歩み その道標 出でて来ることとなろう
人の子らよ
命達は皆 人の子らにその命を 未来を 命の流れを 子々孫々の命までをも 託しているのである
託されていることを 忘れずに
同じこの星の生命として 命として 共に この地球上に生きゆく 命として 
歩み続けられるよう 未来を 人の子のためだけではない未来を
しっかりと 共存するための未来を 創りゆかなければならない
命達が そなた達 人間に 命を託していることを 忘れてはならない
命を 託される人間となれるように
託したことを 命達が 自らの未来を 人間に託したことを 後悔させることがなきように
人は 生き 社会を 世界を 未来を創り 地球を守りゆかなければならない
託されたことを 託したことを
命達を 悲しませることなきように
今を 未来を 創りゆけ

日々の祈りの際に伝えられた御言葉

2017.10.18.13:40

新暦10月18日(旧暦8月29日 つちのえ 寅 赤口)

いつも真心のお力添えありがとうございます。
大国ミロク大社の比嘉りかです。

本日は、日々の祈りの言葉をお伝え致します。

比嘉りか

*10月16日日々の祈りの際に伝えられた御言葉*

命は 何のために あるのか
人々が食し 体内に取り込み続けている 食物
野菜も 肉も 水も 全てが 命の欠片から出来ており
人々はその命の欠片により 生かされ続けている
この星を この大地を 穢し 汚しゆくということは
めぐりめぐり 自らの命を穢し 汚しているということ
命達が 健やかに生きゆくこと叶えば 人々の命もまた 健康もまた 健やかなる流れへと 変わりゆけよう
人は今 歩みを止め 考えなければならない
命達と共に 健やかに歩みゆく道を選ぶのか
はたまた 人間の私利私欲により いがみ合い 
戦 争いへの道を進み この土地 大地 地球を穢し続けゆき 
そして 自らの命 身体 御霊もまた 穢し続けてゆくのか
人が今 気付かなければならないこと
頭を 最大限に活かし 考え 出さなければならない答えは 争わない道を いかように作り出し 選択し 続けてゆくかであろう
弱きものを助け 弱きものを支え 共に手を取り 助け合い 歩みゆかなければならない この星
この地球は 人だけのものではない
その身体に生きゆく 多くの命達の 支えがあり 人は生き
そして この星は 多くの命達の ためのものである
この星を これ以上 穢し続けることなきように
人が歩む未来は 生きとし生けるものとの共存の未来を 歩まねばならない
今 変わりゆく時
人だけの社会 人だけの世界ではなく
命達と共に歩む未来を 見い出し 見つけ 創り続けて欲しい
しいてはそれが 繋ぎ続けゆく命達の 楽園と変わりゆき
子々孫々も 命 心安く 
笑顔で 安心して 生きゆく世界を 渡し続けゆくことにも繋がる


*この時の祈りの動画*
※現在12時と18時に日々の祈りを行っております。
10月16日 日々の祈りの動画

現在の状況と日々の祈りにて伝えられた御言葉

2017.10.17.09:00

新暦10月17日(旧暦8月28日 大安 ひのと 丑)

*大安(たいあん)とは
大いに安しの意。何事においても吉、大吉日。終日吉
*丁(ひのと)とは
火(五行) 
蝋燭の様な弱い火・ともし火を意味。成長後に勢いが止まった状態。(十干の意味)


**************************

いつも真心のお力添えありがとうございます。
大国ミロク大社の比嘉りかです。

夫より連絡が入り、18日の夜中2時前後のフェリーにて青森から北海道に移動し、朝6時頃に函館に到着し、すぐに旭岳に向かうと連絡がありました。フェリーの中で3時間ぐらいの仮眠がとれるので、このまま進めば、予定通りに旭岳に到着できそうだという連絡が入りました。
ここまで滞りなく、無事故で進めておりますのも、皆様のおかげでございます。ありがとうございます。
今後も神様のお伝え通りの御神事が滞りなく行え、進みゆけますように、ご支援いただけますよう、心からお願い申し上げます。

比嘉りか

*10月14日に大阪分社にて祈りました際に伝えられた御言葉*


人の子らよ
善き道 善き未来とは 自らの手により 創り 創られてゆくもの
人の手 他者の手ではなく 自らの行動 言葉 心がけ 意識 働きかけ 行いにより変わりゆき 未来は創られ続けゆく
その心 反省に満ち そして 反省を繰り返し ただ同じ過ちを繰り返すばかりではなく
反省しながら 自らの意識 言葉 行動を 修正し続け
そして 善き方向へと 善き道へと 自らを変え続けゆくことこそが 善き未来への道標
また 善き未来への糸口 入口を 創ることになりゆく
人は今も尚 同じ過ちを繰り返し続けており 言葉巧みに惑わされ その言葉に載せられ
深層 本当の奥底を見失い 見抜くこと出来ず 見ることなく
言葉に移ろい 言葉に酔い そしてその酔いに目を覚ますことなく 歩み間違い続けている
この世に必要なこと 己が一人ひとりの 覚ましゆく目である
それは 今開いている肉体の眼(まなこ)ではなく 心の眼 深層 深意
本当にその発している 言葉紡いでいる者が 何を意図し言葉を紡いでいるのか
奥底にある目的は何であるのか 
紡ぎ出されている言葉に 一体それが現実の元となった時には 何が そのこの世に生まれて来るのか
きちんとそれらを見抜き 考えてゆかなければならない
考えることを放棄してはならない
ただ闇雲に進むだけでは 何も解決には向かない
考えることこそが 人の特権でもあり 理性を持ち続け 深く考えること 自らを見返る
またしっかりと 自らを改めて見直すことも 人に 人に 持たされている 大切なる意識でもある
素直に見詰めることこそ 人の好さが出ゆくもの
見ようとしない 見ないことにすることも 人それぞれであるが 果たして それにより 後に出て来る布石は 負は どれ程 幾ばくか大きくなるかは 計り知れない
後に返すことも出来れば 後に取り返しのつかない状況にもなりゆく
今 改められることは今改め 自らを見返り しっかりと奥底まで内観し 自らの道を正しく修正し 歩みゆくことこそが 人に課せられている 過ちを正す行動
これを行えるか否かにより これから先の未来は 大きく一人ひとり変わりゆき
社会もまた変わりゆく

現在の状況と日々の祈りの際に伝えられた御言葉

2017.10.16.09:00

新暦10月16日(旧暦8月27日 ひのえ 子 仏滅)

*丙(ひのえ)とは
火(五行) 
燃え上がる炎・太陽を意味。万物が明らかになる状態。(十干の意味)
*仏滅(ぶつめつ)とは
仏も滅する凶日の意。何事も遠慮する日。六曜の中で最も凶の日。


*****************

いつも真心のお力添えありがとうございます。
大国ミロク大社の比嘉りかです。
昨日私は沖縄に一足先に戻りました。夫は、愛知県から中央高速、東北自動車道を通って青森に向かい、青森から北海道旭岳へ18日までに着くように御神事を行いながら移動しております。
その為、現在の状況についてはお伝えする事が出来ませんが、北海道に到着次第連絡が入ると思います。
またその折には、状況ややり取りなどをお伝えしたいと思います。

本日も、御神事を行えておりますことに深く感謝申し上げます。
皆様からご支援いただきますことで、御神事が行えております。
どうか今後とも私達が御神事を行えますよう、お力添えいただけますことを心から願い申し上げます。
ご支援いただきました方々には、本当に心から感謝申し上げております。
ありがとうざいます。

比嘉りか

*日々の祈りの際に伝えられた御言葉*
良き流れになるためにも
今 よく聞き
そして 信頼できるのか
二言はないのか
裏切らないのか
それは 心に聞くこと
行う事によって
何が 生じるのか
どのような結果になるのか
そこまで 考える事 検討する事は
大切になる
思慮深くなる そして 調和の為に
何が必要なのか
よくよく 見る事である
言葉や勢い 美辞麗句ではなく
その本質を見抜けるように
争う事のない選択を
戦争にならないための選択を
未来を 命達を 星をまもるための選択を

情報サイトリンク

◆地震情報《気象庁》
◆火山情報《気象庁》
◆台風情報《気象庁》
◆警報・注意報《気象庁》
◆海外の地震情報《JIS》
◆マーケット情報《ロイター》

イベントのお知らせ
最近の記事
関連サイト
検索フォーム
年別アーカイブ
携帯用QRコード
QR