前島平和祈念巡礼 満月の祈り8月20日21日(1泊2日) [ お知らせ ]

2005.07.30.16:48

前島平和祈念巡礼 満月の祈り8月20日21日(1泊2日) [ お知らせ ]
場所:沖縄県慶良間諸島の前島(無人島)
http://map.yahoo.co.jp/pl?nl=26.12.32.031&el=127.26.54.400&la=1&fi=1&prem=0&
pref=%b2%ad%c6%ec&skey=%c1%b0%c5%e7&sc=7


【主旨】

 今年は太平洋戦争終結から60年、沖縄では6月23日(むすび祭りの翌々日)
 60年目の慰霊の日が行われました。
 もうすぐヒロシマ・ナガサキの日、そして終戦の日が巡ってきます。

 60年と言えば、人間で言えば還暦、また新しいサイクルに入る時期です。
 この時を迎え、「終戦の日」が本当に「終戦」の日となるよう、皆さんで
 平和を祈りたいと思います。

 今回の巡礼の舞台は、沖縄は慶良間(けらま)諸島の中にある前島。

 沖縄の地上戦前夜、慶良間諸島の沖合に米軍の太平洋艦隊が現われたとき、
 慶良間の島々では悲惨な状況にありました。
「集団自決」。

 人口の少ない小さな島では、軍国化、皇民化教育が徹底され、敵の辱めを
 受ける前に自決することが正しいことだと強制されました。
 実際に座間味(ざまみ)、渡嘉敷(とかしき)などの島では多くの島民が
 自ら、あるいは近親の者の手によって命を絶ちました。

 そんな中で、前島の住民だけが、小学生が一人、米軍の艦砲射撃を受けて
 亡くなったほかは全員生き残ったのです。

 彼らは、後に「ヌチスクイガマ」(命を救う洞窟)と呼ばれたガマに籠り、
 敵の艦砲射撃を逃れ、ガマの中に一つだけある鍾乳石から垂れる、
 ほんの少しずつの水滴を一升瓶に集めて、それを皆で大事にまわしながら
 飢えと乾きを耐え忍んだそうです。

 このヌチスクイガマに入り、お祈りをします。

 戦争の悲惨さ、愚かさ。その対極にある命の尊さ。

 そして、教育の、真実を伝えて行く事の重要性を
 皆さんと分かち合いたいと思います。

 終戦の日を過ぎて最初の満月に、亡くなられた御霊の鎮魂を。

 と同時に未来のヴィジョンをこの手につかみ、実現していく為ともに祈りましょう!

 ●但し今回の巡礼はコーディネーターの比嘉良丸さん喪中につき参加することができません。
  「私は行けませんが、行ける方で行っていただきたいです。」
  との事ですので、予めご了承の上、参加いただけますと幸いです。
  皆で祈りを合わせましょう。

 ●人数が10人に満たない場合は日帰りになることもあります。

【定員】
 20名(チャーター船の都合上)

【集合】
 8月20日(土) AM6:00頃那覇ヨットハーバー出発
          AM9:00前島着予定

【解散】
 8月21日(日) 夕方頃那覇ヨットハーバー

【参加費】
 お一人様 15,000円 那覇=前島間船チャーター費、食費を含みます。

【宿泊】
 野宿です。ブルーシートを敷いて寝ます。
 少なくともご自身分のタオルケットはご持参ください。
 寝袋だと暑いかもしれないとのことです。

【その他の宿泊】
 ※20日の集合時間が早いので沖縄県外からご参加の方は
  19日、21日の宿泊をご自身で手配いただく必要がございます。
  比嘉さん宅は喪中につき宿泊できません。
  中川さんのマザーシップ事務所(那覇市国際通り沿い)で雑魚寝ですが、
  1500円というお値段で宿泊できるそうです。
  詳しくは中川さんまでお問い合わせください。

 お問い合わせ:沖縄の方:井上gariさん garikun@agate.plala.or.jp
        本土の方:中川角司さん info@mothership2012.org
【お申し込み】
 井上gariさん garikun@agate.plala.or.jp

 参加者氏名・連絡先(できれば携帯)・メールアドレス・住所
 を記入の上、8月15日までメールにてご連絡の上同日までに
 下記口座に参加費をお振り込みください。

 郵便振替:10550-16947621
      井上 聖

【その他】
 もし日帰りになった場合も参加費の減額はございません。(ほとんどが船のチャーター費の為)
 予めご了承ください。



最終更新日 2005年07月30日 13時10分11秒


Ads by Google



楽天でネットショップ出店 www.rakuten.co.jp/ec/

売れるネットショップ運営のコツ!楽天市場の成功ノウハウをご案内




8月20日21日(1泊2日) [ お知らせ ]
場所:沖縄県慶良間諸島の前島(無人島)
http://map.yahoo.co.jp/pl?nl=26.12.32.031&el=127.26.54.400&la=1&fi=1&prem=0&
pref=%b2%ad%c6%ec&skey=%c1%b0%c5%e7&sc=7


【主旨】

 今年は太平洋戦争終結から60年、沖縄では6月23日(むすび祭りの翌々日)
 60年目の慰霊の日が行われました。
 もうすぐヒロシマ・ナガサキの日、そして終戦の日が巡ってきます。

 60年と言えば、人間で言えば還暦、また新しいサイクルに入る時期です。
 この時を迎え、「終戦の日」が本当に「終戦」の日となるよう、皆さんで
 平和を祈りたいと思います。

 今回の巡礼の舞台は、沖縄は慶良間(けらま)諸島の中にある前島。

 沖縄の地上戦前夜、慶良間諸島の沖合に米軍の太平洋艦隊が現われたとき、
 慶良間の島々では悲惨な状況にありました。
「集団自決」。

 人口の少ない小さな島では、軍国化、皇民化教育が徹底され、敵の辱めを
 受ける前に自決することが正しいことだと強制されました。
 実際に座間味(ざまみ)、渡嘉敷(とかしき)などの島では多くの島民が
 自ら、あるいは近親の者の手によって命を絶ちました。

 そんな中で、前島の住民だけが、小学生が一人、米軍の艦砲射撃を受けて
 亡くなったほかは全員生き残ったのです。

 彼らは、後に「ヌチスクイガマ」(命を救う洞窟)と呼ばれたガマに籠り、
 敵の艦砲射撃を逃れ、ガマの中に一つだけある鍾乳石から垂れる、
 ほんの少しずつの水滴を一升瓶に集めて、それを皆で大事にまわしながら
 飢えと乾きを耐え忍んだそうです。

 このヌチスクイガマに入り、お祈りをします。

 戦争の悲惨さ、愚かさ。その対極にある命の尊さ。

 そして、教育の、真実を伝えて行く事の重要性を
 皆さんと分かち合いたいと思います。

 終戦の日を過ぎて最初の満月に、亡くなられた御霊の鎮魂を。

 と同時に未来のヴィジョンをこの手につかみ、実現していく為ともに祈りましょう!

 
最終更新日 2005年07月30日 13時10分11秒


情報サイトリンク

◆地震情報《気象庁》
◆火山情報《気象庁》
◆台風情報《気象庁》
◆警報・注意報《気象庁》
◆海外の地震情報《JIS》
◆マーケット情報《ロイター》

イベントのお知らせ
最近の記事
関連サイト
検索フォーム
年別アーカイブ
携帯用QRコード
QR