明治神宮,皇居での祈り [ 祈り ]

2006.10.31.09:29

】 明治神宮,皇居での祈り [ 祈り ]
比嘉良丸さんが東京に来ます。

11月11日

 12:30 明治神宮(御苑内 清正井)
 15:00 皇居(東御苑二の丸庭園内 古井戸)

この2箇所でお祈りをします。
みなさんに呼びかけて集まっていただくのは久しぶりです。
時間の都合がつけられるかたは、是非お集まりください。
12:00に明治神宮南参道の鳥居にてお待ちしております。


日本人と天皇陛下

「天皇」という言葉から右翼とか軍国主義という言葉を連想されてしまう方も
いらっしゃるかもしれません。
どうして自然に祈りを奉げる人たちが・・・?
そういう風に思われる方もいらっしゃると思います。
良丸さんが明治神宮、皇居でお祈りをする趣旨を少し説明させていただきます。

私たち日本人は自然の中に神を見出して生活してきました。
自然の恵みをいただいていること。
それを特に意識することなく、感謝して暮らしてきたのです。
「お祭り」も神への感謝のためのものです。

天皇家は神への感謝を奉げる祭祀を司ってきた神官の家系です。
日本という国を代表して神への感謝を奉げてこられた場所である皇居
神への祈りを奉げるにあたり、やはり皇居は日本の中心であると言えるのです。

【神国日本】【天皇陛下万歳】
この言葉は誤った軍国主義が利用した言葉です。
先の戦争の過ちを繰り返してはなりません。

新しい『みろく世』を願うお祈りをする時にお願いしていることがあります。
常に自分を見つめ直してください。
『新月』と『満月』の祈りがそれにあたるのです。
揺るぎない心で正しいものを見定め、素晴らしい未来を共に築きましょう!

明治神宮では明治天皇をお祀りしています。
明治天皇は徳川幕府という武家(力)による支配から近代日本の建て直しを
図られた方です。

『五箇條の御誓文』『教育勅語』

戦前の帝国主義を連想されてしまうかもしれませんが、
今、私たちに必要なことなのかもしれないとも思えます。

http://www.meijijingu.or.jp/japanese/gosai/educate/index.html





最終更新日 2006年10月31日 09時43分15秒


】 新月の祈り [ 祈り ]

2006.10.21.13:34

新月の祈り [ 祈り ]
大国みろく大社の比嘉良丸さんからのメッセージをお伝えします。
10月22日(日)に、良丸さんは沖縄本島で午前8時、12時、午後6時と3回、地震鎮静と、人災が起こらぬように、また世が乱れないように一人で祈りますが、皆様の祈りをそれにあわせてくださいとのことです。

皆さんご存知の通りですが15日未明にハワイでマグニチュード6.6の地震が起きましたね。震源に近いハワイ島では停電、がけ崩れ、道路や建物のダメージが報告されました。また、オアフ島でも停電が起きました。

実は、このハワイでの地震が、良丸さんの啓示やビジョンにとって重要な意味があるとのことです。良丸さんはこれまで、全国の皆さんに呼びかけ、沖縄及び本土にて、巡礼や御神事の際に、地震沈静、災害の無難を祈って来られました。
これは、良丸さんがかねてより啓示(神界より見せられる未来のビジョン)にて知らされたわが日本にとって(世界や地球にとっても)最悪の事態が起こらないようにするために行って来たものです。
良丸さんは、長い間そのビジョンを一般に公開するのを避けてきました。それは、いたずらに混乱を招いたり、コミットして祈りを合わせて下さった祈り人たちが得のない誹謗中傷を受けることを憂慮してのことです。良丸さん自身も、過去に限りない攻撃(口撃)にさらされてきているからです。

しかし、今の世の動向を見かねて(北朝鮮の核実験強行や、中東での政情不安、アメリカの帝国主義的な国際社会へのあり方、日本の政局の不透明さ等)、今こそ多くの人々に啓示の内容を伝え、真心からの祈り(そして行動)を集めて、より良い未来を作る意識を高めるべきと判断されたとのことです。
啓示では、良いビジョンも暗いビジョンも示されますが、今は暗いビジョンが現実化に向かっていること、事態が逼迫している様を強く感じておられるので、暗い啓示であれ、受け取ったままを伝えることに決めたのです。

その啓示では、おおまかに記しますと小笠原諸島から噴火や地震が連続して起こり、富士の大規模噴火によって関東大震災、東南海地震が起きる、というものでした。そして、地震により原子力発電所から放射能が漏れ、甚大な被害が出るという図に続きます。その被害によって都市機能が麻痺すると政治的にも混乱します。日本の混乱はアジア経済を危機的状況に追いやり、中東やヨーロッパに飛び火し、やがては第三次世界大戦の引き金になります。核が使用されると、地球そのものの存亡にかかわって来ます。文字通り、地球が死ぬのです。

良丸さんはこのビジョンが現実化しないように、祈りを続けてこられました。今も続けています。今年は、八丈島にも渡り、一人で山中で祈りました。富士や大島でも、大勢の協力者たちと共に祈りを合わせ、神事を行ってきました。能登半島、白山や筑波山、それらの祈りによって、富士の小規模な噴火(啓示では富士は2度噴火することになっているそうです)は、これまでの皆様との祈りの輪により、免れたとのことです。

しかし、啓示では、ハワイで何かが起こると、それが小笠原諸島、伊豆七島に連鎖し、関東への壊滅的被害へと繋がってくると示されているとのことです。

つまり、今回ハワイで地震が起きたことによって、その危険度が増しているというわけです。ちなみにこれは、理屈や科学的予知ではなく、良丸さんのかみんちゅとしての感覚によるものです。

危機感を今こそ広く伝え、ぜひ皆さんに祈りを合わせていただきたい、とのお願いです。

良丸さんは常に語ってきました。
自然災害といっても、地震や洪水、火山の噴火は、地球が生きているからこそ起こる自然現象です。母なるガイアとしての営みです。本来はそれにより、新しい環境が生まれ、生命の再生が行われ、地球が生まれ変わっていくことになります。つまり破壊がもたらされても、生まれ変わることができるわけです。だから本来なら、地震や噴火を止めるような祈りをすることは地球の生命活動にとってはよくないことなのかも知れません。
そういう意見もあります。
しかし良丸さんは言います。今の時代、場合によっては自然災害だけでは済まない、と。
人間は、決して生命を再生できない状態にするだけの破壊装置を手にしてしまった、と。
それは核兵器使用や原発の事故のことです。自然災害だけなら「破壊と再生」という陰陽のバランスで生命の営みが続くが、「破壊と死」となり、地球が死の星と化してしまう。陰陽のバランスが成り立たなくなりかねない、とのことです。

良丸さんは、大国みろく大社を興された神人(かみんちゅ)だった母・ハツさんと共に、天地陰陽大神をお祀りし、大地の母神様を迎えるための神業を親子2代に渡って続けてこられた方です。地球そのものの陰陽のバランス、天地の恵み、父母の愛、生命を育む母なる地球の声を聞いて、神の仕組みを世に伝え、真摯に祈りに人生を捧げてこられた方です。
その立場を深く察するならば、彼の啓示に対する信念、日本や世界、地球に対する思い、そして彼のかみんちゅとしての姿勢や、皆様への呼びかけの真意を理解して頂けるものと思います。

大国みろく大社の御祭神は天地陰陽大神です。その名の通り、陰と陽の要素を兼ね備えています。その一方のみを見るならば、たとえば「陰」のみを見るならば、彼の啓示や神事は、忌むべき、または恐ろしい、あるいは狂信的なダークなものに映るかもしれません。
しかし、それは本質の反面しか見ていないことになります。
今、あえて彼は、暗いビジョンについて語り、そのための祈りを呼びかけています。
それは、今はそれが必要だ、との強い信念と判断、覚悟があるからです。
良丸さんは、決して、明るい未来がやって来ることを否定していません。むしろそれを望んでいます。歌あり踊りありのいわゆる陽気なお祭りも大好きな方です。
日本各地で開催されるイベントやお祭りにも参加されています。愛や調和を祝うセレモニーで、光にあふれたイベントを喜んでいます。それらは「陽」の神事と呼ぶことができるでしょう。
良丸さんは語ります。「自然現象が破壊という「陰」と再生という「陽」の要素を持っていて、それが合わさることで調和が取れ、生命の輪が回っていく。同じように神事にも「陰」と「陽」があるんだよ。陰も陽も両方必要。私は今、「陰」のほうを引き受けているんですよ」と。

いかがでしょうか?
かみんちゅとして良丸さんが皆様に祈りを呼びかけるときの趣旨を、多少なりともご理解頂けたでしょうか?
「神業は、世間一般の常識を超えたところで行われる。理屈は通じない。それはよく分かっている。しかし私は神業を信念を持って行っている。よく知らない一般的な人たちから、変人と思われても仕方がないな」これは良丸さんがよくもらす言葉です。

長くなって申し訳ありませんでした。

最後に、祈りを合わせて頂きたい時間を再度記しておきます。

10月22日(日)
午前8時 12時 午後6時
祈る場所はご自宅でも、近所の神社や山川海野でも構いません。
祈り方や祈る時間も自由でよいそうです。
小笠原諸島、伊豆七島、富士、関東・東南海地震が大きな被害をもたらさないよう、また、原発が事故を起こさないよう、政治的打撃が致命的にならないように、そして、自然・世の中に乱れなく調和がもたらされるように、祈りを合わせてください。良丸さんは、午前8時には沖縄本島の南部、12時には中央にある大国みろく大社、そして午後6時には北部にて祈られるそうです。沖縄は日本のひながた(縮図)、日本は世界のひながたと良丸さんは語ります。沖縄の南部から北部にかけて祈るということは、日本の九州から北海道までその祈りが波状的に伝わるということです。それにあわせて私たちが本土で祈れば、さらに世界へ波状的に祈りが伝わるでしょう。




最終更新日 2006年10月21日 08時58分15秒


天父神の祈り [ 祈り ]

2006.10.07.08:36

】天父神の祈り [ 祈り ]
良丸さんからの伝言です。

【10/6 23:30】天父神の祈り
沖縄北部のヤンバル地方の山から天父神に祈りを奉げます。

ホームページにもありますが、大国ミロク大社は
良丸さんのお母さん、比嘉ハツさんが啓示により開いたお宮です。

その祈りは、三神(天父神・結び神・母神)の働きをもって
「神開き・神結び・神調和・天地結び・天地和合」を致して世を救う。

というものでした。

 ハツさんが母神のお役目
 結び神のお役目をする女性
 天父神のお役目をする男性

申(さる)年生まれの女性と、戌(いぬ)年生まれの男性を探せという
教えを受けて探し出すまで10年かかったそうです。

そして今日、旧暦の八月十五日
十五夜の日は天父神のお役目をその男性が授かった日。

http://musubi.jp/taikokumiroku/miroku/miroku.html

社会が不安定になったり、争いが起こったりすること。
それは男性性がしっかりと定まっていないことに起因する。
そういう風に教えを受けているそうです。

女性がしっかりと男性を立てて、男が立たねば世は治まらない。
そういう教えがここの所の御神事で出ていました。

そこで女性の方にお願いいたします。
世の男性が本当の男性性に気づき、真の父性に目覚めるように祈ってください。
そして女性は。。。(^^)

男性の方は、自分のなすべきことを。

以上、良丸さんからの伝言でした。よろしくお願いいたします。




最終更新日 2006年10月07日 09時09分21秒


十五夜の祈り(満月の祈り) [ 祈り ]

2006.10.05.13:38

10/6 20:00】 十五夜の祈り(満月の祈り) [ 祈り ]
10月6日 明日は中秋の名月(十五夜お月さま)ですね。
旧暦の八月十五日
月が地球に一番接近する日、月が一番大きく見える日です。
日没の少し前から月が上り、夜明け前まで月が出ていますが、
明日は全国的に雨の予報です。
雨上がりの空、雲の切れ間から見える満月は虹のリングをまとっている
ことがあります。見えるといいですね。

満月は10月7日の12時13分なのですが、
旧暦の八月十五日にあたる明日、10月6日の20時に満月の祈りを
お願いいたします。

良丸さんが二日の夜から今日の午前中まで関東に来て
単身、各地でお祈りをして回りました。
【みろく世】の実現のための動きが加速しているようです。

良丸さんから…

 みなさんに意識していただきたいこと。
 それは、『大切なことは何?』ということです。
 自分のすべきこと。それは本来、自分のしたいこと。
 これから色々なことが動いてゆきます。
 さまざまなことが起こるでしょう。
 良いことばかりではなく、苦しいこと、悲しいこと。。。
 その時に、忘れないで欲しいことがあります。

 ☆『大切なことは何?』☆

 誰かに教えてもらった『大切なこと』ではなく、
 自分で得た『大切なこと』
 【揺るぎない心】 それを祈りに込めましょう。

            以上、良丸さんからの伝言でした。

★祈り★

まず、みなさん個人そして愛する方々の健康を祈ってください。
事故や事件などの災難から身を守ってくださるように祈りましょう。
そして衣食住の満足をお願いして、
日々の暮らし、生活が笑いと喜びに満ちた暮らしになるように祈りましょう。
今を幸せに暮らしている人は感謝の祈りを。。。
私たちは地球の一部です。
私たちはどうあるべきなのか。本当は知っているはずです。
それを思い出しましょう。

祈りによって見えてくること。。。 たくさんあると思います。
それを私たちひとりひとりがしっかりと受け止めて、行動してゆくことが
大切なのだと思います。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

新月・満月の日は大事な日です。
私たち人間は体内の70パーセントが水といわれ、
潮の満ち引きをもたらす月の引力に左右されるのです。
体だけでなく感情も左右されています。
満月のときには感情のバランスが崩れやすく、
事件・事故が多く起こるといわれますが、
実は事件・事故だけでなく、良いこともたくさん起こっています。

月の動きによって起こる引き潮・満ち潮によって
一日に4回(満潮時2回、干潮時2回)づつ大切な時間があります。
新しい命を生み出すのは満ち潮、命を閉じるのは引き潮です。

【満月の祈り】
満月には、自分のなりたい未来や、やりたい仕事についての願いが満たされる
ことを強い意思を持って祈ります。
そして新月から進めてきたことが達成されるときです。
それは個人的なことでもありますが、それぞれの人間が個人的な願いを
実現していくことが世の中を動かしていく大きな力となるのです。
満月に願いをかけたことが達成される。その時、また自分を見つめ直します。
自らの内に捨てるべき不要なものを探すのです。
そして新月から、また新しいテーマのための循環が始まります。

新月・満月のエネルギーは良いことも悪いことも引き出す力がありますが、
意識して良いことを考え、その実現を願うということは必ず大きな力になります。
新月の引き潮のときに自分の心の中を悔い改めて、祈る。
そして満ち潮のときには自分がこうなりたい、進みたいという意識を持って祈る。
満月の満ち潮のときに自分の本当にやりたいこと、
それをきちんと生かすんだという強い意思を持って祈る。
新月の引き潮で清め、
満月の満ち潮のときに決断する祈りをすることが大きな力になります。




最終更新日 2006年10月05日 14時31分28秒


情報サイトリンク

◆地震情報《気象庁》
◆火山情報《気象庁》
◆台風情報《気象庁》
◆警報・注意報《気象庁》
◆海外の地震情報《JIS》
◆マーケット情報《ロイター》

イベントのお知らせ
最近の記事
関連サイト
検索フォーム
年別アーカイブ
携帯用QRコード
QR