【11/25 14:00】 平島・長島の祈り [ 祈り ]

2006.11.24.00:13

【11/25 14:00】 平島・長島の祈り [ 祈り ]
北海道の竜巻、地震に続き、18日午後1時には沖縄の名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブで竜巻が発生し、米軍人3名が怪我(うちひとり病院に搬送)、車4台が横転、20台に被害が出るというニュースがありましたね。

実はこの地は、良丸さんが25日に祈りの場と定めている、平島長島のすぐそばなのだそうです。

この平島長島には、「ここで音が聞こえたら、翌日はいかなる嵐も収まる」という伝説があるところで、特に今回の場の要であり、祈りの最大のポイントとして定めていたのだそうです。

その場所で、竜巻による事故が発生したことにより、良丸さんはかなり警戒感を強めています。

竜巻後、啓示があり、強い口調で「ことが起きてからは遅いぞ」と聞こえたそうです。

良丸さんの感覚によると、12月1日あたりに、東京を中心とする関東圏に、強いエネルギーの高まりがあり、一気に放出される気配があるそうです。これは12月1日にかならず何か災害が起こるというような予言ではありません。しかし、そこにどうしても強く感じてしまうのだそうです。

ですので、以前書き込みしましたが、25日の午後2時に祈りをあわせて頂く時には、これまで以上に真剣にお願いしたいとのことです。

良丸さんはその時間、「ここで音が聞こえたらいかなる嵐も収まる」との伝説のある平島長島で祈ります。

ぜひ、皆様も祈りを合わせてくださいませ。

☆☆☆皆様の受け取り方、感じ方は様々だとは思います。
良丸さんもそれは良くわかっていて、どう伝えたらやわらかく無理なく伝わるか悩んでおられました☆☆☆

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

数日前に良丸さんから伺ったことを少し追加で書き込ませていただきます。

八百万(やおよろず)の神々 多くの神々がいらっしゃって、
個々の意見を持たれているように感じられるそうです。
その神々が話し合いを持たれているようなのですが・・・

神々は今、人間に気づきを与えようとしているそうです。

北海道佐呂間町に竜巻が起こって千島列島に地震が起きました。
良丸さんの書き込みを見た人は、それを自分の実感として感じたはずです。
「それを感じたものの心構えを示せ」そういう啓示をうけたそうです。
それが「ことが起きてからは遅いぞ」という言葉とつながります。

神々の意見も様々だそうで、

 大きな気づきを与えないと人間はわからない派の神々
 その前にサイン(竜巻など)を送り気づきのチャンスを与える派の神々

  ・・・色々みたいです。

良丸さんは
「地震を止めるような祈りをしてはならない」
          という教え(啓示)も受けています。

地震は地球の生命活動 ・・・ 止めることはできません。

私たちが祈るべきこと。
それは地震に恐れを抱き、力ずくで押さえ込むような祈りではなく、
私たちは地球と共にあること、生かされている自分に気づき感謝する。
私たちそのものである地球の為に自分が何をしてゆくのか。
そういう祈りをお願いいたします。
そして、もし大きな地震が起こりそうであるならば、
その大きなエネルギーを分散、小出しにしてください。
地震が起こったとしても、大きな被害が出ないようにしてください。
そういう気持ちでのお祈りをお願いいたします。

以上、良丸さんとの会話からの抜粋でした。




最終更新日 2006年11月24日 00時13分36秒


Ads by Google



楽天でネットショップ出店 www.rakuten.co.jp/ec/

売れるネットショップ運営のコツ!楽天市場の成功ノウハウをご案内



無添加の白髪染め www.sastty.com


北海道の竜巻、地震に続き、18日午後1時には沖縄の名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブで竜巻が発生し、米軍人3名が怪我(うちひとり病院に搬送)、車4台が横転、20台に被害が出るというニュースがありましたね。

実はこの地は、良丸さんが25日に祈りの場と定めている、平島長島のすぐそばなのだそうです。

この平島長島には、「ここで音が聞こえたら、翌日はいかなる嵐も収まる」という伝説があるところで、特に今回の場の要であり、祈りの最大のポイントとして定めていたのだそうです。

その場所で、竜巻による事故が発生したことにより、良丸さんはかなり警戒感を強めています。

竜巻後、啓示があり、強い口調で「ことが起きてからは遅いぞ」と聞こえたそうです。

良丸さんの感覚によると、12月1日あたりに、東京を中心とする関東圏に、強いエネルギーの高まりがあり、一気に放出される気配があるそうです。これは12月1日にかならず何か災害が起こるというような予言ではありません。しかし、そこにどうしても強く感じてしまうのだそうです。

ですので、以前書き込みしましたが、25日の午後2時に祈りをあわせて頂く時には、これまで以上に真剣にお願いしたいとのことです。

良丸さんはその時間、「ここで音が聞こえたらいかなる嵐も収まる」との伝説のある平島長島で祈ります。

ぜひ、皆様も祈りを合わせてくださいませ。

☆☆☆皆様の受け取り方、感じ方は様々だとは思います。
良丸さんもそれは良くわかっていて、どう伝えたらやわらかく無理なく伝わるか悩んでおられました☆☆☆

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

数日前に良丸さんから伺ったことを少し追加で書き込ませていただきます。

八百万(やおよろず)の神々 多くの神々がいらっしゃって、
個々の意見を持たれているように感じられるそうです。
その神々が話し合いを持たれているようなのですが・・・

神々は今、人間に気づきを与えようとしているそうです。

北海道佐呂間町に竜巻が起こって千島列島に地震が起きました。
良丸さんの書き込みを見た人は、それを自分の実感として感じたはずです。
「それを感じたものの心構えを示せ」そういう啓示をうけたそうです。
それが「ことが起きてからは遅いぞ」という言葉とつながります。

神々の意見も様々だそうで、

 大きな気づきを与えないと人間はわからない派の神々
 その前にサイン(竜巻など)を送り気づきのチャンスを与える派の神々

  ・・・色々みたいです。

良丸さんは
「地震を止めるような祈りをしてはならない」
          という教え(啓示)も受けています。

地震は地球の生命活動 ・・・ 止めることはできません。

私たちが祈るべきこと。
それは地震に恐れを抱き、力ずくで押さえ込むような祈りではなく、
私たちは地球と共にあること、生かされている自分に気づき感謝する。
私たちそのものである地球の為に自分が何をしてゆくのか。
そういう祈りをお願いいたします。
そして、もし大きな地震が起こりそうであるならば、
その大きなエネルギーを分散、小出しにしてください。
地震が起こったとしても、大きな被害が出ないようにしてください。
そういう気持ちでのお祈りをお願いいたします。

以上、良丸さんとの会話からの抜粋でした。




最終更新日 2006年11月24日 00時13分36秒


千島列島 地震 [ 祈り ]

2006.11.15.22:19

千島列島 地震 [ 祈り ]
良丸さんからの緊急の連絡です。

千島列島でM8.1の巨大地震が発生しました。
良丸さんはこの地震が先日の北海道佐呂間町での竜巻に関連があると
感じているそうです。
台風、竜巻は神様からのサインであると位置づけているからです。

千島列島での被害の状況はまだわかりません。
北海道では地震による被害はほとんどないようです。
津波が押し寄せてきていますが、大きなものではないようです。

この地震が北海道ではなく千島列島で起きたこと。
その神ごと的な意味を良丸さんはまだ量りかねています。
天仁屋崎でお祈りができなかったためです。
今回の皇居でのお祈りの時も何か胸騒ぎというか、
大きなことが起こるサインを感じてはいるのですが、
それを教えていただけなくて、ものすごく焦っていました。
今回のこともハッキリと教えが得られないそうです。

北海道で大きな被害が出ていないことは喜ばしいことですが、
千島列島ではどのような被害が出ているのかまったくわかりません。
とても大きな規模での地震ですので、大きな被害が心配されます。

千島列島にはロシアの軍事施設もあります。
そういった軍事施設が地震、津波によるダメージを受けて
放射能や化学兵器による汚染などの二次被害が発生しませんように。

みなさん。祈っていただけないでしょうか。




最終更新日 2006年11月15日 22時32分17秒

]
良丸さんからの緊急の連絡です。

千島列島でM8.1の巨大地震が発生しました。
良丸さんはこの地震が先日の北海道佐呂間町での竜巻に関連があると
感じているそうです。
台風、竜巻は神様からのサインであると位置づけているからです。

千島列島での被害の状況はまだわかりません。
北海道では地震による被害はほとんどないようです。
津波が押し寄せてきていますが、大きなものではないようです。

この地震が北海道ではなく千島列島で起きたこと。
その神ごと的な意味を良丸さんはまだ量りかねています。
天仁屋崎でお祈りができなかったためです。
今回の皇居でのお祈りの時も何か胸騒ぎというか、
大きなことが起こるサインを感じてはいるのですが、
それを教えていただけなくて、ものすごく焦っていました。
今回のこともハッキリと教えが得られないそうです。

北海道で大きな被害が出ていないことは喜ばしいことですが、
千島列島ではどのような被害が出ているのかまったくわかりません。
とても大きな規模での地震ですので、大きな被害が心配されます。

千島列島にはロシアの軍事施設もあります。
そういった軍事施設が地震、津波によるダメージを受けて
放射能や化学兵器による汚染などの二次被害が発生しませんように。

みなさん。祈っていただけないでしょうか。




最終更新日 2006年11月15日 22時32分17秒

艮(うしとら)まつり [ 祈り ]

2006.11.14.13:20

11/15 18:00】 艮(うしとら)まつり [ 祈り ]
このところ祈りの呼びかけが多くなってきました…。
さて、新たに良丸さんから、11月15日の午後6時に、祈りをあわせてくださいとのお願いです。
世界の平和・平安を祈っていただければ結構です。

この日は、大国みろく大社のお祭りの日です。
昭和28年の11月15日に、かねてから神示で告げられていた「天岩戸」が見つかり、神開きを行った日です。
「天岩戸」は、大国みろく大社境内の開明山にある大規模な鍾乳洞で、奥に、大地の母神様がいらっしゃいます。大きな一枚岩を開くと、そこから地下に伸びる洞窟があったのです。

以来、「艮(うしとら)まつり」と呼ばれ、毎年11月15日はお宮でお祭りが続けられてきました。

大地の母神の願いは、平和な世界、みろくの世をつくる、ということです。

どうぞこの日に祈りを合わせて下さいとのことです。
よろしくお願いします。




最終更新日 2006年11月14日 08時27分32秒

「お役目」の補足です [ 比嘉良丸さんより ]

2006.11.10.10:23

「お役目」の補足です [ 比嘉良丸さんより ]
昨日の比嘉良丸さんの書き込みですが
時間がなかったため途中になってしまいました
改めて補足の内容を書き込みさせて頂きます

*************

良丸さんによると、竜巻そのものの発生を止める祈りはしないのだそうです。その竜巻によって、「人身被害が起こらないように」祈るのだそうです。なぜなら竜巻や台風、大雨などは、今後の世の中の動向に対する「祓い清め」の意味があるからだそうです(禊のようなものともいえましょうか)。大事が起こらないように、(表現が難しいですが)自然が起こす働きととらえてください、とのことです。

またつまり、竜巻や台風、嵐は、それ以後に何かが起こることも示しています。何かが起こる前の「祓い清め」だからです。

つまり、これから、が大事なのです。

皆さんに祈りのお願いをするのは、「これから」大事(世の乱れ国の乱れ、災害。北朝鮮を中心にした国際的な危機)が起こらないように、という意味があり、とても重要な意味があるとのことです。

良丸さんはいいます。「私のように役目を持たされた者の力だけでは、もうどうにもならない。だからたくさんの方々の真心からの祈りをお願いしたいんです」と。

彼は「祈りの質」や「祈る人の霊的レベル」などについては一切発言しません。人の真心を信じているからです。

ですから、良丸さんの言わんとすることに反応できた方は、祈りを合わせて頂きたいと思います。




最終更新日 2006年11月10日 10時46分11秒

お役目 [ 比嘉 良丸 ]

2006.11.09.11:25


7日の日は、 改めて神事する者の役目を痛感する。又 自分自身の信念と実行を怠った事に強い後悔する日となった。7日の朝掲示が降りる、 天仁屋崎にゆき神に祈り此れからの世の中の動きを聞きなさい。 又、起こる災難を無難にする祈りをしなさいと言いう啓示ある。{名護市に天仁屋 安部 辺野古と言いう地域がある 聖地であり一つの言い伝えがある 天仁屋 天仁屋崎から音が聞こえたら翌日は大風が吹く 安部 アボール島から音が聞こえたら翌日は大雨が降る 辺野古 平島 長島から音が聞こえたら翌日は如何なる嵐も収まると言いう言い伝え}今日の予定であった巡礼者の17時の向い入れの約束を21時に変更してもらい神事に向かう準備にはいるが、 神事を行う事を怠ってしまった。
実は5日と6日はほとんど睡眠をとっていない状態で肉体が限界、神事を行う気持ちはあるがどうしても体力と気力が湧かず午前中ぼけっと過ごす。12時すぎに友人いや尊敬する人から、うれしい食事の誘いがあり久しぶりの再開なので本当に楽しみにランチをとるが、突然自分自身を強く責める気持ち 悲しい 空しい 気持ちが湧き上がり気がついたら友人に弱音を吐いていた。友人は私を瞑想に誘ってくれて一緒に15分ほど瞑想をしおかげでだいぶ楽になり帰宅するが、家に入るや否な体全体に激震が走り次の様な言葉いや体全体で感じた。神事の意味 貴方の役目を忘れたか 役目 神事のいみを知り役目を怠った罪を知れ、全身から力が抜け役一時間程心身共に辛い時が流れたあとテレビつけると北海道の竜巻のニュースが飛び込んできた。
 
          




最終更新日 2006年11月09日 11時48分18秒

祈りのお願い [ 祈り ]

2006.11.08.23:26

祈りのお願い [ 祈り ]
大国みろく大社の比嘉良丸さんから、祈りをあわせて頂きたい日程のご連絡を受けましたので記します。

☆11月11日 午後1時より
☆11月12日 午後1時より

良丸さんによると上記の2日に祈ることは特に重要だとのことです。これからの国の安定・発展・正しい方向への進展にかかわるようです。
良丸さんは数日前に啓示を受け、それによって神業を行う予定でしたが、忙しさと体調がよくなたったため、それを行わずに過ごしたところ、にわかに体調が悪くなり「先に示した神業は一個人のためのものか世のためのものか。どう心得ているのか」と強いお叱りを受けたそうです。それだけ、今が大事な時期のようです。


ちなみに良丸さんは
☆11日は11日は明治神宮と皇居にて、
☆12日は、諏訪湖にて祈られるそうです(別働隊が富士で同時に祈ります)。

それから

☆11月21日 午後1時より
この日は良丸さんは、宮古島で祈られるそうです。

☆11月25日 午後2時より
この日は良丸さんは、普天間基地移転予定地にある、平島、長島にて祈られるそうです。
この平島、長島はいかなる災いおさめる場所だそうです。

☆12月4日 午後1時より
この日は良丸さんは、福岡・志賀島(しかのしま)で
祈られるそうです。

☆12月9日 午後1時より
この日は良丸さんは、長崎・平和記念公園で祈られるそうです。ただし、変更の可能性もあります。変更の際は改めてお知らせします、とのことです。

祈りの主旨は、「これから世の乱れ、国のみだれが起こることなく、よい方向へ導かれますように」とのことです。
その中に、自然災害、人災の沈静も含まれるとのこと。

そういえば、北海道で竜巻がおきましたね。これも、ひとつのサインだそうです。竜巻や台風、嵐は自然現象で起こること自体は仕方がないので、人身への被害が出ないように祈るのだとのことです。台風・竜巻・大雨は浄化の意味があり、それが通ったあとに何が起こるかを見極めることが大切のようです。
最近は、、台風が北朝鮮、ロシア、中国のほうへ抜けていくことが多いようで、それらの地で起こることへのひとつのサインでもあるようです。
受け取り方は人それぞれでしょうが、参考までにこのことを踏まえて一人一人考えてみてはいかがでしょうか?


それぞれの場で、それぞれの祈り方で構いませんので、お時間ある方、ピンと来た方、無理のない範囲でぜひ祈りを合わせてくださいませ。




最終更新日 2006年11月08日 23時26分13秒

大地へ感謝の祈り [ 祈り ]

2006.11.02.13:27


【11/3,4,5 21:30】大地へ感謝の祈り

比嘉良丸さんからのお願いです。
11月3日、4日、5日(旧暦の9月13日、14日、15日)
満月に向かい高まりゆくエネルギーをいただきながら、
大地に感謝の祈りをお願いいたします。

 満月の時間は11月5日の21:58です。
 月の南中も21時30分~23時前後となりますので、
 【11月3,4,5日の21:30】に祈りを合わせてください。
 
 良丸さんは沖縄で祈りに入ります。
 できましたら、朝と昼にも祈りを合わせていただけるとありがたいです。
 (朝は8:00 昼は12:00)

先日の22日から30日までのお祈り
みなさん、心を合わせていただき本当にありがとうございました。

ハワイから小笠原諸島、伊豆諸島、伊豆半島、富士山へとつながる
『大地の火』の力が強まっています。
昨夜(11/1)より
伊豆諸島の神津島、新島、三宅島周辺で地震が続いています。
この地震が火山性の地震となり、伊豆半島から富士に向かってくると
それは富士の噴火につながる流れとなります。
昨夜、良丸さんは大地を支える柱の何本かが倒れるビジョンを見たそうです。
大地が不安定な状態にあるという神からの教えだと思います。

地震は地球が生きている証です。
地震が起こるのは何億年も繰り返されてきた当たり前の現象だとも言えます。
地震そのものを忌み嫌い、恐れないでください。
私たちは地球の一部なのですから。

地震や噴火を抑え込むようなイメージではなく、
たまった大地のエネルギーが緩やかに放出されるように、
穏やかな調和のイメージをしてください。
春のやわらかい日ざしの中、雪解け水が小鳥のさえずりと共にいつもより
大きめな音を立てて力強く流れてゆく。そんなイメージはどうでしょう。

恐怖に捉われ、祈りの強い力をもって大地の力を抑え込むと、
その時は治まったように見えます。
しかし、大地の力はエネルギーを失ったわけではなく、
それはやがて大きな力を一度に放出することにつながるかもしれません。

穏やかな心で。。。
人間を含めた地球上のすべての生物が調和を持って生きられるよう、
感謝と共に緩やかなエネルギーの放出を祈りましょう。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 私たちは
 自然と調和して生きていきます。
 壊してしまったものを再生していきます。
 自然の恵みに感謝の心をもって生きていきます。

 大自然に蓄積された大きなエネルギーを
  一度に開放されることなく
    少しずつ開放されるように。。。
 
 大難を小難に。小難を無難に。

            お願い申し上げます。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


こんな風に感じてる方も多いようです。みなさんはどうですか。(^^)

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

自然災害(地震など)と人の心はシンクロしているように思います。
 ひとりひとりが真の平和の心でいる事が
 地球を癒す事にもつながるのだと感じているこの頃です。
 内なる父と母、自分自身の和合、幸せを祈って下さい。





最終更新日 2006年11月02日 16時34分59秒



情報サイトリンク

◆地震情報《気象庁》
◆火山情報《気象庁》
◆台風情報《気象庁》
◆警報・注意報《気象庁》
◆海外の地震情報《JIS》
◆マーケット情報《ロイター》

イベントのお知らせ
最近の記事
関連サイト
検索フォーム
年別アーカイブ
携帯用QRコード
QR