3/30祈りを合わせてください [ 祈り ]

2007.03.28.12:19


良丸さんから祈りのお願いです。
現在、良丸さんは、西表島でご神事をされているとのこと。これから、与那国までご神事の旅は続くようです。
また、別動隊が奄美に向かっています。沖縄本当を中央として、北と南を結んでのご神事となります。

先日、石川・能登で大規模な地震がありましたが、その地域では、水晶を埋めるなど、これまで活発なご神事を
続けてきた場所です。災害沈静のためのご神事でした。現実に地震は起こり、被害はでました。
しかし、啓示で示されていたような津波による被害(大規模な被害がビジョンとして示されていた)はなく、
その点では大難が小難に収まったといえるでしょう。

さて、良丸さんが今朝西表島で祈っていたところ、厳しい啓示が下ったそうです。

旧暦の3月9日にあたる、4月25日に、大津波が発生するというものです。
それは明和の大津波に匹敵するものだそうです。
明和の大津波は1771年4月24日(旧3/10)に発生し、宮古で50メートルを観測、実際には100メートル級の
大津波だったとの声もあります。
それと同じ規模の津波が、沖縄の島々及び、本島、日本列島、そして中国大陸まで押し寄せる、という啓示
だそうです。また、一方でこの津波を回避するビジョンもあったそうです。
そのためには人類の意識変革が必要だそうです。しかし、良丸さんの啓示だと、2013年には地球規模の変動が
起こるようで、母なる大地の変動は避けられないものがあるようです。地上に生きるものとして、起こることを
どう受け入れるか、どう対処し、どう生きていくか、考え方を改める必要があるようです。

さて、啓示で示された大津波は、4/25日。その前後一週間は警戒が必要とのことです。
災害が小難に収まるよう、皆で真心を合わせて頂きたいとの切なるお願いです。

☆祈りの日時 3/30 正午

どこからでも構いません。来る4/25日に大津波が発生しないよう、
災害沈静のために、皆さんの真心を合わせてください。

また、30日以降、一日5分でも構いませんから、できる方は、祈りを続けてください。

よろしくお願いいたします。

4/3、良丸さんたちが本島に戻ってから、新たなメッセージをお送りする予定です。





最終更新日 2007年03月28日 12時44分24秒






本日能登半島での地震 [ 比嘉良丸さんより ]

2007.03.26.12:21

本日能登半島での地震 [ 比嘉良丸さんより ]
本日、石垣島の宿で今朝の能登半島での地震を知りました。

昨年からこの地域にエネルギーの高まりを感じ、この地方を中心に佐渡まで渡らせて頂き、今年一月十六日から能登半島の九十九湾から禄剛岬を中心に、滋賀原発、新潟の柏崎原発、富山湾の海岸沿い並びに糸魚川、福井県の高浜原発、大飯原発、美浜原発、もんじゅ、敦賀原発等を多くの方々の支えを賜り、巡礼させて頂きました。
この地方を中心に地震発生の啓示が降りた為、御神事の旅へと出たのです。

啓示のビジョンとしては、地震および津波の被害で原子力発電所での事故、10-15Mに及ぶ津波の被害でした。新暦の三月四日に沖縄の聖地と能登半島の岬、三浦半島の先端にある聖なる石の御前で祈りを捧げさせて頂きました。

今回の地震について、起きた時刻の10分前に啓示が降りました。
その事は私自信のの捕らえ方としては、大きな災害である原発事故と津波の被害は最小限にして頂き、内にある溜まったエネルギーを開放させて頂いたと捕らえております。

現時点では詳しい被害の状況は確認出来ておりませんが、私の想いの中での事で誠に僭越ではありますが、神は出来る限り、“大難を小難”に変えて頂いたと感謝の想いに堪えません。

また、西で起きたことは東で起きることへの引き金となることは、多くの方々が気が付いていることですが、関東、東京を中心とした次の地震等の被害については常に心に留めておく必要があるでしょう。
どうか縁ある皆様方にも引き続き東に意識を置いて、折に触れ祈りを捧げて頂きたいのです。

今回、宮古から石垣そして与那国、波照間まで御神事の旅を執り行う予定でしたが、急遽二手に分かれて女性陣三名は北琉球弧の島々である奄美諸島方面、喜界島まで回らせて頂きたいと思います。

では又後ほど御報告させて頂きます。



最終更新日 2007年03月25日 12時43分23秒


お願いします ]

2007.03.15.23:22

お願いします ]
ひがよしまると申します。来る、3月20日から宮古島ー石垣島
西表島願わくば与那国島まで御神事を行います。宮古島は3・20~22日ー23日に石垣島に渡り26日まで27日に西表島に渡り30日までが予定してます。31日に沖縄本島に帰るか、与那国島に行くかは御神事の流れで決めます。御神事の主旨は、世の中の平穏・平和・安定の祈りです。出来ましたら、私たち石垣島は初めてです。石垣島の聖地やウタキなど詳しい方でお力添え頂ける方いらっしゃりましたら。どうかおねがいします。



最終更新日 2007年03月15日 23時39分54秒

2007 3/4】 満月の祈り [ 祈り ]

2007.03.03.06:24

2007 3/4】 満月の祈り [ 祈り ]
良丸さんから3/4の、満月の祈りのお願いです。
4日は旧暦では1月15日、旧・小正月にあたります。
この満月の日に、平和の成就など、それぞれの思う形で構いませんので、
祈りをささげてください、とのことです。

********************

新月・満月のエネルギーは良いことも悪いことも引き出す力がありますが、
意識して良いことを考え、その実現を願うということは必ず大きい力になります。
満月の満ち潮のときに自分の本当にやりたいこと、
それをきちんと生かすんだという強い意思を持って祈る。
新月の引き潮で清め、
満月の満ち潮のときに決断する祈りをすることが大きな力になります。

********************


なお、この日は、良丸さんの知人の方々により太平洋側と日本海側で、対極を和する神事が行われます。
太平洋側・三浦半島の城ヶ島と、日本海側・能登半島の禄剛岬で、玉を納めます。
この玉は、宮古島の竜宮から頂いた大変貴重なものだそうです。
鍾乳石でできておりますが、自然の造詣で美しい球形なのだそうです。
祈りを込めたこの玉を納めることにより、災害の沈静や、世の調和を祈ります。

皆様もご自身の感覚で構いませんので、満月の祈りにご協力頂ければ幸いです。
よろしくお願いします。



最終更新日 2007年03月03日 05時43分02秒


情報サイトリンク

◆地震情報《気象庁》
◆火山情報《気象庁》
◆台風情報《気象庁》
◆警報・注意報《気象庁》
◆海外の地震情報《JIS》
◆マーケット情報《ロイター》

イベントのお知らせ
最近の記事
関連サイト
検索フォーム
年別アーカイブ
携帯用QRコード
QR