5/28陰陽祭りと祈りのお願い

2007.05.28.11:58

]
みろく大社の比嘉良丸です。
今日5月28日は、1953年に私の母・比嘉初に啓示が降りて、沖縄市八重島にある大国みろく大社のご神体を、お宮のある光明山の麓の地下1メートルから掘り出した記念すべき日です。
ご神体は水晶の陰陽石で、それはすべての調和・和合を意味します。
そのため神事として、神開き、神調和、神結びを行い、それにより和合をもたらす、という活動を続けています。それがみろく大社の本来のご神事となります。
お宮が宇宙の陰陽、そして裏にある鍾乳洞が、地球の陰陽を表しています。
天に陰陽・父母の仕組みがあり、また大地や、海、地の底、そこにも陰陽・父母の仕組みがあり、それはすべて命の循環の仕組みを担っています。そして世の中の仕組み、そして平和の仕組みを守り、その仕組みが崩れれば、組み直すご神事を行うのです。
それは単に天変地異、自然災害の鎮魂の祈りではなく、自然災害にともなう人災、そして経済の混乱、政治の混乱、それにともなう戦争、すべて含みます。すべてがひとつの仕組み(陰陽の仕組み)の中に当てはまり、ご神事はすべての事象に当てはまります。

そして、私たちはご神事を通して、この世の中を構成する人間たちが、神の写し鏡を頂いた神の子として、神の使い人として、自覚を持ち、私生活の中でできることに気づき、自らが未来の作り手として働くことこそを願っています。そうしてこそ本当のみろくの世を作ることができるのです。

又、そこに、大国みろく大社の<みろく>名の由来があります。
一方<大国(たいこく)>とは、大いなる国、それは地球のことを表しています。

「みろく世」はすべての仕組みが和合された世の中を意味しています。
それを実現するのは神ごとによってのみではなく、本来の私生活の中で、ひとりひとりが当たり前にやるべきことを自覚し、行動することによって、叶います。
それによって理想の未来を作ることができるのです。

とはいえ、決して現実社会(目に見える世界での働き)だけでも世の中を変えることはできず、神ごとと(目に見えない世界での働き)とが噛み合って、本来の善き世が創られるのです。

ここに述べました内容は、私がこれから行うご神事のために私自身が受けた啓示によるものです。母の時代とは変わってきています。少しづつ内容が進化しています。未来に向けての、新しいご神事がまた始まろうとしています。

話は変わりますが、5月10日から、25日まで、浜名湖浜岡原発から始まって、最後が北海道の泊原発までご神事を行ってきました。(今はみろく大社の陰陽祭りのため、沖縄に戻っています。)改めて30日から6月の20日あたりまで、北海道から南下して、できたら日本全国の原子力発電所を回る予定です。ご神事の内容は自然災害や人災、政治経済の混乱が起こらないように、との祈りです。

また今日から明日、あさってに渡り、お宮で地震や噴火による自然災害のための祈りをいたしますが、この3日間(28,29,30日)の祈りは、雨乞い(天の雨、地の恵み)の祈りを中心にいたします。それは、日本だけでなく、世界規模での異常気象による食物の不作が起これば、世界的に食糧危機に見舞われる恐れがあるからです。オセアニア、アメリカあたりの不作が、今年、来年と続けば日本に大きな影響を及ぼしかねない現状を踏まえての祈りです。
そこで、皆様に祈りへのご協力をお願いしたく思います。

本日28日は、お宮で陰陽祭りがありますので、祭りの始まる夕方6時に皆様の祈りを合わせて頂ければありがたいです。

明日29日、明後日30日は朝9時、夜の6時に、祈れる場所でできる形で構いません。心の中で願うだけでも結構です。

よろしくお願いいたします。





最終更新日 2007年05月28日 12時25分07秒


NPO法人設立の呼びかけなど

2007.05.28.11:56

NPO法人設立の呼びかけなど [ カテゴリ未分類 ]
今、NPO法人の発足を構想しています。
まず、前置きとして、私自身、神ごとだけで世の中が変わるわけでなく、現実に人々が動くことで世の中が変わると思っております。
これまで行ってきたご神事のなかで、考えが甘かったと思うところがあります。これまで、ご神事を行うことで人の意識も変わると思っていました。
それに対してこんなことがありました。昨年の9月、白山での祈りの折、年明けて能登半島に地震が起こり、5メートルから10メートルの津波が起こり、富山湾と若狭湾に押し寄せる、そして、一番の重要な被害としては志賀原発が臨界事故を起こす、という啓示が降りました。
それを受けて、1月15日から石川、能登半島から富山湾、若狭湾を巡って、志賀原発をはじめとして災害沈静の祈りをして回っていました。そしてそのとき、1月に志賀原発の資料が2箱紛失するという事件が起きて、社会問題になりました。そして3月の初めに8年前の臨界事故が発覚し、人々に知られ、これも大きな社会問題になりました。その2週間余り後、能登半島で地震が発生しました。そこで一番大きな地殻変動が起きたのが、志賀原発のある志賀町でした。海寄りに25センチくらい地割れを起こして、6センチくらい隆起しました。そこまでの地震が現実に、地震の少ない能登半島で起こったということを踏まえて、これまで今年に入っての志賀原発の不祥事も重なって国民的な議論が起こり、そして国にもメディアにも取りざたされて、国家レベルの問題になると私は思っていました。

それは、ご神事の祈りの中に、災害が小難に抑えられ、それを受けて世の中の混乱の中で大きな仕組みが働き、大きな国家レベルの議論に発展するとのビジョンがありまして、ご神事を行うことにより、結果として社会に反映されるという、それが大きな期待でもありました。
しかし、結果は、あれだけのことがあったのにもかかわらず、国家レベルで議題にも上がりませんでした。私の祈りは、災害を無くすものではありません。自然の動きを止めることはできません。いつまでも自然の仕組みに対していつまでも変動を先延ばしするにも限界があります。現状、いつ何が起こってもおかしくありません。

以上が、実社会に働きかけるNPO法人を立ち上げようと思うきっかけでした。祈りだけでは限界があるということです。

私はことが起こったときのことを前提に、これからの未来を創る意識を持った人たちに呼びかけ、新しいNPO法人を立ち上げ、環境・政治・経済・食文化・教育・精神世界、すべての面で偏りなくよいものを取り入れた、新しい未来を創っていく技術と意識を生み育てるコミュニティを作りたいのです。未来を託せる人材をできるだけ多く増やしたいのです。

例えば未来の環境変化に対応できる、自然環境をバランスできる技術を、人材を、育てたいと思っています。
さらに、新しいエネルギーの技術も必要です。
また、教育については、子供たちに託する未来は、今の子育てにかかわっているといえます。
現実を踏まえ先を見据えたうえで未来をどう作るか、その教育をする場を作りたいのです。

私自身は、無学で、祈りの世界で飛び回っている中で、それらの実現を願っているだけですが、同じ願いをもって、実現に向けて現実に動ける人たちに呼びかけて募り、いろいろな意見をとり合わせて吟味し来年あたりからできることを少しづつ始めていきたいのです。

今回のご神事が終わったら、一時入院して体調を整えます。その後に、本格的に呼びかけて、NPO法人の発足準備委員会を作りたいと思います。そこで、協力できる方はぜひ準備委員会に参加して頂きたいのです。
7月にもう一度、連絡先などお知らせしますので、よろしくお願いします。

また、退院後、7月か8月に、以前計画していながら一度あきらめていた中朝国境の長白山への祈りの旅を、実現すべく再度検討しています。これは重要なご神事になります。
NPO法人化だけでなく、長白山での神事に参加できる方も募ります。どちらも、詳しい日時が現時点でははっきりいえませんが、またお知らせいたしますので、重ねてよろしくお願いいたします。



最終更新日 2007年05月28日 13時44分05秒




大雪山にて [ 比嘉良丸さんより ]

2007.05.21.23:00

大雪山にて [ 比嘉良丸さんより ]
本日、大雪山地方に向け車で移動し旭岳を目指し御神事を予定していましたが、急に啓示が降り、黒岳に行け!
となり、一路黒岳目指して移動、そこで御神事となりました。

そこには数千年に及ぶ長い時に渡り、女性の神様が封印されていたのです。
今回は、この封印をとく為の、神起こしの御神事となりました。御神事を終えた瞬間、大地からは光の柱が湧き上
がり、大雪山脈すべてを覆うようにしてあたり一面光に満たされました。

その時に巫女の口からこういう言葉が降ろされたのです。

        
           天岩戸が開き
 
          天の岩戸の船に乗り

          久しく神の声を聞く

            何とうれしや

            うれし泣き。。。


そして気が付くと私達の頭上には、非常に大きなUFOが雲に隠れるように浮かんでいるのを皆で目撃しました。


この意味を皆様方はどう受け止めるでしょうか?

これは正に皆様方が祈りを合せていただいた賜物だと皆で感じております。

ありがとうございます。引き続き光と愛を乗せ、皆様方の祈りとともに進んで参りたいと思います。




最終更新日 2007年05月21日 23時47分49秒


北海道より [ 比嘉良丸さんより ]

2007.05.20.12:02

北海道より [ 比嘉良丸さんより ]
昨日19日、然別湖で北海道の吉岡氏の御神事に参加させて頂いた後、然別湖から襟裳崎まで移動して今日の0時から5時まで御神事と言うよりも 神様との対話となりました。

今月11日に東京に入り御殿場で車を借り、夜10時から浜名湖方面へ向かい、浜名湖 天竜川浜岡原発と祈らせて頂き、
二日目は御前崎から大瀬崎・堂ヶ島・石廊崎・弓ヶ浜 、
三日目は江の島・城ヶ島・東京湾のうみほたる・東海第二原発と廻りました。
四日目は再び神奈川に戻り江の島で祈りを捧げた後、羽田空港で仲間と合流して宮城に移動しました。
五日目は金華山・網島・女川原発と終え、青森に向かいました。
六日目は十三湖周辺から津軽半島
七日目は五所河原周辺から十和田湖 フェリーにて北海道に渡りました。

八日目は北海道の吉岡氏の案内で、小樽周辺のストンサークルと呼ばれている場所で祈り九日目は0時から二人で地球崎に向いましたが、途中断念して支笏湖で祈る事になったのです。
十日目は然別湖で吉岡さんの御神事に参加したのですが、途中で別行動を取り、単身私は襟裳崎に向かい、その地においてで神様からこれまでの御神事並びに今後6月15日まで御神事についての意味、そしてこれから世の中で起こって来る出来事を教わりました。

今は詳しい内容は語ることは出来ませんが、これから本当に人々の意識が未来に大きく関わり、その事が現実的に 世の中を創る時が来たのです。 一部の人々に国や世創りや未来をまかすのではなく、すべて人々が世創りに、更にこれからの未来を創造していく為に実際に行動を起こす時が参りました。

1990年代から2000年に架けて、日本を初め世界で起きた出来事をすべてが21世紀への教訓でございます。
今一度20世紀に起きた出来事を見詰め直し、自ら出来事を踏まえ考える時なのです。
未来はみなさん一人一人にかかっていると言っても過言ではないでしょう。

まだまだ先は続きますが、今日まで御神事が無事出来た事は多くの方々の絶大成る真心と御支援頂いたからこそ出来ました。私一人の力ではけして出来る事ではありません。心から感謝申し上げます。真心の力添えを頂いた方々、
ラッキープリィツさんには行く先々に先行して光を立て頂き又、江藤さんやトムさん小渡さんなど、多くの方々の真心の力添えが何れだけ支えになっているか計り知れません。
本来ならこれまでに力添え頂いたすべての方々のお名前を挙げて御礼すべきですが、枚挙に暇がありません。私の御神事を支え頂いて心から感謝申し上げます。ありがとうございます。これからも御力添えを賜ります事を心よりお願いする次第です。

今回の御神事では、東海、 関東 東北地方と巡らせて頂き 現在北海道まで辿り着きました。
東北地方は宮城と青森と御神事をさせて頂きましたが、東北は私にとって初めての場所でした。これまでの本州の御神事とは違い、神界と自然界の神々との対峙となったのです。

北海道はより強烈に、土地神、自然界 神界の神々との関りを感じ、又先住民の深い想い
と情念を改めて強く感じ取り、やはり北海道は日本の頭、男性で父あり、沖縄が尻にあたり、女性で母だと改めて納得する事が出来ました。
北と南で本州を挟むことにより、本当の意味での日本が立脚する事が出来るのです。どちらが欠けても成り立たないのです。
その為、北海道は本当に大切な地で在る事を再確認し、北海道のすべての生きとし生ける物その大自然の一つ一つに、山に川に湖に森に、半島や崎に湾に、光が増すことにより、
元々の土地の神々を自然神を癒して、北と南の調和が新たに始まる事により
新しい何かが起こってくる予感がします。私共は、明日午後1時に旭岳にて祈りを捧げます。どうか多くの方々の真心の光を愛を北海道の地に大自然に注いで頂ける様お願いしたいのです。特に北海道の方々は常に自分の生まれた大地を意識して光をそそぎ続けて頂き、
他府県の方は6月1日までここに光が注ぐようお祈りを捧げて頂きたいと思います。

私はあの石川県の能登地震が起こった折に、 あの地震災害で 国民全体で今一度、原子力発電所の存続が国の命題に上がり、国民全体で議論が始まるものと信じておりました。
今年1月に原発の資料が段ボール箱ごと二つ紛失した不手際、3月の初めには8年前の臨海事故各誌を筆頭に数々の書類捏造が発覚しました。その後すぐにこれまで大きい地震は無い思われていた場所であの災害が続きました。
志賀原発がある志賀町は、地が裂ける程の地殻変化が起ったにも関わらず、何の議論どころか議題にも上がらずじまいでした。
私達が生きている場所 暮らしている場所 日本は、 日本列島は誰でも知っている 四つ
プレートが重なる上に位置し、火山帯の真上にあり、 いつ何処で地震が発生し、火山の噴火や 津波が起こる事 をどこかで知っているはずなのです。現在自然が狂っている事、
いつ何時、世界的な異常気象が起こり、食糧不足が現実としてに目の前に差し迫っている事を 私たち日本人は知っているはずなのです。

原発が自然災害を遥かに凌駕した恐ろしい結末を導き出す事は、これまで繰り返しお伝えさせて頂いたとおりです。臨海事故で汚染された放射能は数十万年の間、半減し自然に返る事はありません。一旦臨海事故が起きると、狭い範囲ではなく、数100キロ規模で汚染される事知っていて尚、原子力電所を全国に50ヶ所以上建設され続けている現実に、不安や恐怖を覚えないのでしょうか。
私たちの祈りにも限界があります。 いつまでも自然界の神に、自然災害の鎮魂を願い祈るのにも限界があるのです。
人間は神の映し鏡です。本当の平和、豊かさ 幸せは、人間一人一人が創るもの
すべての宝は足元にあります。 すべての人々が世の創り主・未来の創り主であり
子供は世の宝であり未来の宝 なのです。

もうそろそろ現実に焦点を当てて、未来を作り出しませんか? 共に力を合せなければならない時が近づいております。
すでに多くの方々が実際に行動を起こしており、手遅れにならないためにも 皆様の意識が変わり、これらの方々を始め私共と共に歩んでいけますことを心から御願いする次第です。

北海道の大地より

比嘉良丸




最終更新日 2007年05月20日 23時40分17秒


5月10日からの御神事 [ 比嘉 良丸 ]

2007.05.06.21:04

5月10日からの御神事

4月の御神事での茨城の東海第二原発の祈りの時、あるエネルギ-を体と心で感じた後に{かなり苦しかった}啓示が降りました。

『貴方は、浜岡原発を中心に警戒をし本州で御神事を行っているが本当に怖いのは、
自然災害では東海第二原発、人災では島根原発が今警戒する時』と教えでした。

島根原発はまだ、行っていない為緊迫感は湧かないが
行けば、何かを感じると思う。
しかし、東海原発は違う。本当に恐ろしいと思った。
その場から、逃げたかった。怖かった。
石川の志賀原発のときは臨海事故を防ぐ思いが強く緊張と緊迫感での祈りでしたが、東海第二原発は只その場から逃げたい恐ろしい気持ちで、本当に苦しかった。

改めて5月に、南海、東海、関東、宮城沖地震の祈りの神事を行わなければいけないと強く思った。


6月に啓示があった、白頭山の御神事を行い、自然災害と政治経済不安の混乱を軽減する教えがあり、皆さんに御神事のツアーを募りましたが、その直後色々な方々が神の使いとして連絡やお越しになりハワイや諸外国での御神事の啓示を伝えに来られました。

私としては、一度、外国へ足を入れると、そこから、外国への御神事に移行する気がしました。
そうなると、お恥かながら現状の経済状態と私自身の体力ですともたない事、そして、日本列島での御神事が最優先と判断し、白頭山への御神事は断念しました。

勝手ながら、ご参加希望の連絡を下さった方々には大変申し訳ございません。


そして、神に約束した事ですが、外国への神事の変更願いをしたところ、その返事として、『白頭山の啓示は大きな意味だという事は解っているはずだ。それに変わる御神事をこの日本で行うならば、日本全国にある核施設を全て祈り、その海岸沿いの重要な聖地で神事をいたした後、本州の火山を3箇所御神事いたせ』との事でした。

その3つの山とは、岩木山、富士山、御嶽山(おんたけ)になります。

私としては、当初予定していた5月10日から、四国から北上し北海道までの神事の予定を変更し、静岡の浜岡から始まりとして、日本全国にある核施設を6月15日まで行います。
(その間、5月25日~30日には、28日に行う、みろく大社の大神の誕生祭に一旦帰郷しますが出来るだけ全ての核施設を廻るよう頑張るつもりでございます)

6月18日より持病の治療とし入院し体調を整え、改めて、もし、残りがあるようでしたら核施設をまわり、その、火山の3山を出来るならば自分の足で上がり御神事をしようと思います。

私にきている啓示で、皆さんの不安を煽るつもりではありませんが、かなりの危機感をもっての御神事であり、謂わば、未来に繋ぐ為の御神事でもあります。

出来るならば、多くの方々の真心からの祈りのお力とご支援をお願い致します。





最終更新日 2007年05月06日 21時04分14秒


Ads

之までの御神事の内容

2007.05.02.21:06

之までの御神事の内容
1月の石川県・新潟県・富山県・福井県及び岡山県~広島県
の御神事
昨年、9月の白山虹の祭りに祈りで参加した後
石川県~新潟県の神事の時に来年初めの頃
石川県能登半島にて地震が起こると啓示ある
石川県能登の御神事及び北朝鮮の白頭山・ハワイの御神事を応接駆る
1月に石川県能登半島・九十九湾・禄剛岬・輪島・志賀原発
新潟県・柏崎原発・糸井川
富山県・富山湾海岸沿い
石川・白山姫神社
福井県・高浜原発・大飯原発・美浜原発・もんじゅ・敦賀原発
の御祈り・御神事のさい
志賀原発は凄い緊張及び緊迫感に包まれた祈りでした
そのまま地震が来たら志賀原発は臨海事故が起こる
津波災害5~10メートル波が押し寄せる啓示
出来るだけ自然界・神界に詫び・感謝・願う祈る
岡山県~広島県の御神事に入る
岡山県の初日に宮古・石垣・先島諸島の津波
石川県の地震・津波・臨海事故の啓示があり
3月5日に沖縄本島・能登半島・三浦半島で同時刻での御神事
20日を迎えるが
私なりに、大難が子難になったと
本音のところ心は苦しい
3月本州の御神事
本来、愛知の知多半島・渥美半島・浜名湖・浜岡原発入る予定
でしたが
時間の余裕がなく浜岡原発の御神事を仲間内の女性に
三重県の鳥羽・神島・愛知県・渥美半島・静岡県・御前崎
浜岡原発をお願いする
私は、東京に入り千葉県の犬吠崎・茨城県の東海第二原発
東海村周辺核施設・宮城県の女川原発・
福島県の第一・第二原発
千葉県洲崎・東京湾のうみほたる・神奈川県三浦半島城ヶ島
相模湖・静岡県・熱海・伊豆半島石廊岬・恋人岬・
富士川河口・富士山の麓・富士五湖・東京・明治神宮・千葉・成田山茨城・霞浦湖・筑波山神社・長野県・浅間山・群馬県の上野村と御神事を行ったさいに啓示があった



最終更新日 2007年05月02日 21時00分09秒


有り難うございました

2007.05.02.16:07


有り難うございました。
3月から、呼びかけていました
宮古島及び八重山島の津波の祈りに
多くの方々が真心のお力とご支援頂きまして
誠に有り難うございました
私たちは、3月より宮古島の本島から始め
伊良部島・下地・池間島・大神島・栗間島・ヤエビシ「リーフ」
八重山諸島・石垣島・波照間島・その後西表島と奄美島に別れ
私は、西表島・渡名喜島・与那国島・小浜島
仲間の、3人の女性が奄美島と祈りました
その後、本土の神事の後
改めて、宮古島・下地島・多良間島
残念でしたが、波が荒く水納島にはいけませんでした
宮古島の最終日の4月20日に宮古の東平安名崎で祈り最中に地震があり50センチの津波が起こりましたが
これが大難が小難なったと安心できず
4月21日沖縄本島西にあるチービシ「リーフ」
25日は、0時~5時30分まで沖縄本島南の先端で祈りしま
したが
25日の祈りは、神様からの私の問いかけにいっさい
返事がなく
私は、只詫び・感謝・願いをするだけ
本当に5月を無事に迎えたことが出来事を心から感謝いたします
多くの、方々の真心のお力とご支援に感謝いたします
誠に、有り難うございます











最終更新日 2007年05月02日 16時40分17秒

情報サイトリンク

◆地震情報《気象庁》
◆火山情報《気象庁》
◆台風情報《気象庁》
◆警報・注意報《気象庁》
◆海外の地震情報《JIS》
◆マーケット情報《ロイター》

イベントのお知らせ
最近の記事
関連サイト
検索フォーム
年別アーカイブ
携帯用QRコード
QR