冬至のご神事

2007.11.21.10:46

]
冬至の神事

12月22日(土)国頭村奥間を中心にし、北部近辺をご神事します。


私は国頭の辺戸岬を地球の北極軸とし、南の荒崎岬を南極軸として、十二方位をご神事し平穏・平安・平和を願い、2003年まで祈りをしておりました。

来年、ねずみ年は、年周りの始まりになりますので、沖縄での十二支方位のご神事を行いながら、北海道、本州、四国、九州その他に結んで行きます。

国頭は字の如く、国道58号線を辺戸岬へ北上すると手前にあるアスムイという山々の形が、男性が仰向けに寝た横顔に見えます。
このアスムイは、与論島から見ると、弥勒菩薩の寝姿に見えます。


昨年の夏至は、南の荒崎岬にてご神事を行いました。
南を、夏・日(太陽)・火・昼・としての意味合いを持って、天地の父母、自然界、神界、霊界(先祖)人間界に平穏、平安、平和を願いご神事をいたしました。

今年の冬至は、国頭の辺戸岬、辺戸大川、アスムイの辺戸ウタキ(父)、伊平屋岳の母神で北を
冬・月・水・深夜・としての意味合いを持って、天地の父母、自然界、神界、霊界(先祖)人間界に平穏、平安、平和を願いご神事をいたします。

当日はそれぞれの、思い願いを自然界、神界、霊界(先祖)人間界に思いを込めて祈りのお力をお貸しいただきたいと思います。

::::::::::::

私どもはみろく大社のご神事として、冬至の12月22日に世の中の平穏、平安、平和を祈り、旧暦11月15日(今年12月24日)に、みろく大社にて海山祭りとして自然界に感謝の祈り、新暦の2月6日を節分祭りとして1年総ての因果因縁を洗い、世も身も心も清め洗い、翌日から新たな年を迎える祈りを致しております。

来年の新暦2月6日は旧暦で大晦日になります。

節分祭りとして1年の総ての因果因縁を洗い、世も身も心も清め洗い、翌日から新たな年を迎えるとともに、来年はねずみ年という十二支の始まり、亥年までの12年間の始まりにもなります。

1年の締めと亥年である年周り12年の締めのご神事として、冬至から海山祭り、節分祭り、旧正月の新年の祈りは、12年間の洗い清めとともに、これから始まるねずみ年から亥年の12年間が平穏、平安、平和に過ごすためにも、今年の冬至の祈りは、特に大切な意味合いをもつご神事になります。

共感しお力添えいただける方は、現地へのご参加、及び、お越しになれずとも、祈りの時間合わせをしていただけますとありがたいです。

:::::::::::

当日22日は予定として、早朝より、ウサバマ、辺戸岬、辺戸大川、辺戸天孫、アスムイ(父、母)、火、水風、をご神事と考えておりますが、その日に時間と一部場所の変更があることもあります。

22日ご神事の後、神事を共にしております仲間の「みろくや 奥間の里」という、自然食の店の建屋が完成しました。この「みろくや 奥間の里」は、大国みろく大社の北の拠点となります。
琉球王朝歴史上でも、奥間という場所は、大きな役割を果たした場所であり、聖地でもあります。
そのような大切な場所でありますので、OPEN前ではありますが、ご神事の後に食事会を行い、参加者皆様との親睦を深めたいと思います。(3000円の会費制です)


::::::::


★費用に関しましては、交通費、宿泊費等(辺戸ウタキ:アスムイへは、民間の観光施設の中にある為、入場料が発生します)は、参加者ご自身での負担となります。


★22日のご神事の場所が、沖縄本島最北端であり、時間が早朝を考えますと、沖縄の方は日帰りが可能でも、本土から参加の方は国頭村に前日の21日よりの宿泊されていた方が良いかと思います。

それに伴い宿泊の件に関しまして、ただいま国頭村の公共宿泊施設を検討しております。1棟10名までの可能ものを。2棟予約してあります。村民の方にお願いしましたので、1棟5000円ぐらいを宿泊される方の人数で割るかたちになると思います(バンガローの為、寝具の料金が多少換算されます)
希望が多い場合は、予約棟を増やすことも検討しております。

ご家族や、友人同士で宿泊されたい方は下記に直接お問い合わせ下さい。村外の方は使用料金が変わりますのでHPをご確認下さい。


           国頭森林公園内バンガロー 
         http://www.vill.kunigami.okinawa.jp/play/camp.html
    問い合わせ:国頭村観光物産センターTEL 0980-41-5555


★★ご神事の参加人数、及び、宿泊される方の人数を把握いたしますので下記担当まで、
  ご連絡下さいませ。

窓口担当:上原  rwjmm974@ybb.ne.jp
         090-3794-4156

ご連絡の際に、1:御神事のみの参加 2:御神事及び食事会の参加 3:食事会のみの参加
          ※※宿泊希望の有無 も一緒にお伝え下さい。




食事会の場所となります「みろくや 奥間の里」が、道の駅「ゆいゆい国頭」から車でおよそ5分の場所にあります。
道の駅が、カーナビ、地図での目安になると思います。

その周辺に、宿泊施設があります。

上記以外の、宿泊をされる方は、民間の宿泊施設を各自にてご予約お願い致します。

<参考>

 *民宿 やんばるくいな荘 0980-41-5506 国頭村字辺土1278-6
     http://www11.ocn.ne.jp/~yanbaru/topfin11.JPG
 
 *国頭ホテル  0980412115 国頭村辺土名139-1F
 
 *みやしろホテル Tel: 0980-41-2337 Fax:0980-41-5865 
          http://www.miyashiro.jp/

 *民宿いづみ屋   0980-41-2972, 沖縄県国頭郡国頭村字辺土名192,
 
 *ゆたかや 旅館 0980-41-2117 国頭村字辺土名102    






最終更新日 2007年11月21日 00時03分05秒


艮金神まつり

2007.11.14.23:48


1952年(昭和27年)11月15日に神開き 神結び 天地結び の神事がはじまった。

この記念の日にみろく大社にて「艮金神まつり」が行われます。

日々 この世の平和をねがい行脚している「祈り」の結びの日でもあります。



人ひとりの想いがこの世の存続と人の命がうまれる循環の輪を繋いでいきます。


祈りは選ばれたものだけがするものではなく、人の生を繋ぎし方々の権利です。


人と自然の和合を願って祈り歩いている神事の結びの日でもありますこの日に

「人の世の平和と 自然界との和合」の祈りを下記の時間に執り行いますので、お知らせいたします。

人ひとりの想いは細いですが、多くの方の真心が集まる事で太い柱が出来、この世を繋いで行く祈りになりますので、みなさまの祈りのお力添えをお願い致します。



  平成19年11月15日  「艮金神まつり」


  ・ 午後3時から「みろく大社」裏の聖地 「天岩戸」にて神事


  ・ 午後6時から本殿にて神事         



このよき日に人と人が繋がり行く神事が出来ます事に感謝いたします。






最終更新日 2007年11月14日 23時46分47秒


祈りの力添えを御願いします

2007.11.06.10:50


今日と明日で、今回の御神事を終えて明日昼2時半の飛行機で帰ります。

今回、
ハワイ島
八丈島長野県諏訪湖
青森県下北半島恐山 東通原発 六ヶ所村最終処理施設
秋田県 八郎潟男鹿半島
岩手県平泉 宮城県女川原発
福島県 第一 第二 原発
茨城県東海村 第二原発 原子力施設と 祈り

今日と明日にかけ
愛知県渥美半島伊良湖
静岡県浜名湖 天竜川 浜岡原発富士川河口
富士宝永山は日が明けての祈りに成る予定で祈ります。

どうか皆様の真心を祈りの力添えをお願いします。




最終更新日 2007年11月06日 09時33分33秒

今日までの流れ

2007.11.05.10:51


10月13日に私たちの挙式を行った。
17日に御神事でハワイ島に行く間 いろいろと忙しい日々が続いた。
挙式の翌日だが、大事なお話をするために人と会ったり、 挙式後の片付けなど。
今回、御神事に出かけると11月7日まで家を留守するにためいろいろと用事を済ませたり 。
いつもながら出発前に関連する御神事になり、それは、出発の日の夜中2時過ぎまでかかり 夜をてっしての旅したくとなった
特に妻は 御神事と私の健康管理やいろいろとやることが多く常に睡眠不足なうえに今回も睡眠を取らず那覇 成田ホノルル ハワイ島へ移動となった
いつも感謝気持ちでいっぱいだが 私が常に神事で意識がいっぱいで気を使わず申し訳ない
これからは 自分自身の事で出来ることはやらないと……やりたいなーと思った。




最終更新日 2007年11月05日 13時54分21秒
情報サイトリンク

◆地震情報《気象庁》
◆火山情報《気象庁》
◆台風情報《気象庁》
◆警報・注意報《気象庁》
◆海外の地震情報《JIS》
◆マーケット情報《ロイター》

イベントのお知らせ
最近の記事
関連サイト
検索フォーム
年別アーカイブ
携帯用QRコード
QR