祈り合わせありがとうございます

2008.08.31.21:26


20時の祈り合わせありがとうございました。

新月から満月に向けて、日々の生活が、平穏、平安、安定でありますように、世の中が善き未来へと進みますようにと、願いを込めて祈りました。

妻に、降りてきました言葉を載せます。

「人々よ 清めるのは 身だけでは ありません

今こそ一人一人 心を 清めるのです

振り返る 反省する 侘びる

清めて その先を どうするかです 

どうするのか です

つぎに なにを するのかです

清めても 以前と同じでは 清まっていないのです 

何度も 濾過し 清めて 少しづつ澄んでいきなさい」


日々の生活を、一歩一歩進んで行きたいと思います。

皆様、真心のお力添えありがとうございます。

こころのかけはし 祈りの和が広がりますように。




最終更新日 2008年08月31日 21時40分09秒

皆様ありがとうございます

2008.08.31.18:46


本日も、あがとうございます。

パソコンの電源を取る機器が手元になかったため、書き込みが出来ませんでしたが、本日機器が手に入りましたので、また、書き込みいたします。


静岡へ一旦戻り、レンタカーを検討していたところ、浅川嘉富氏より、お車を貸してくださるとのお話をいただきました。
浅川氏には、いつも、お世話になり大変恐縮であったのですが、お言葉に甘えさせていただくことにいたしました。

29日30日と浅川氏のご自宅にて、今回のご神事の内容や、今後の話などをお話いたしました。

本日、東北道を北上し、青森へと向かっており、明日には、北海道へ入る予定としております。

本日、20時の祈り合わせどうぞよろしくお願い致します。

皆さまの真心のお力添え、本当に感謝いたしております。
ありがとうございます。





最終更新日 2008年08月31日 17時15分29秒


本日は、新月となっております

2008.08.31.18:00

本日は、新月となっております(本日の明け方5時頃が丁度その時であり、現在は満ち初めています)

私達は、新月から満月に向かい、新たに生まれ満ちてゆく、ことが成熟してゆくという意味合いと捉えています。

その1日の中でも、太陽と月の働きにより、潮の干満がありますが、干潮は、引く力によってこれから起こるすべての災いなすもの、因果因縁を清め改め、洗い流すという働き。
満潮は、満たす、与える、完成するというような働きがあると捉えています。

そして、生命には干潮は命を閉じる時に、満潮は命の誕生するときに大きく作用しています。

本日の20時の祈りの際には、新月ということから、自身の洗い清めともに、世の中が1日1日平穏、平安、安定の中で人々が、暮らし 未来が明るい世の中でありますようにと祈りを致します。

皆様も、ご自身の心の願いを祈って下さい。ご自身の因果因縁などを洗い清めるとともに、ご自身やご家族の幸せ、健康、家内安全、ご自身の願いを祈っていただきたいと思います。





最終更新日 2008年08月31日 17時01分25秒

ありがとうございます

2008.08.28.16:35


ありがとうございます 
12時の祈り合わせありがとうございました。

日々、足元の大切さ、支えられていることの大きさに感謝するばかりです。

妻に降りました、言葉を載せます

「ひとりひとりが めぐるわのなかにはいり すすんでいます

すすむからこそ わが つくられてゆきます

わが できるからこそ つながってゆきます

つながっているからこそ わが できるのです

らせんを えがくわが かいだんをのぼるように

ぐるぐるとめぐるわは はてしなく つづくように

いのちを つむいでいってください」


20時の祈りも、大切な方々を思い、真心の願い、祈りお願い致します。





最終更新日 2008年08月28日 16時35分40秒

ありがとうございます

2008.08.27.22:14


20時の祈り合わせありがとうございました。

高速の栃木上河内SAでの20時の祈り合わせとなりました

私自身も、足元である家族、友人の日々の生活が平安、平和、安定であり、当たり前の日々の生活ができるようにと願い、私自身の、侘び、感謝、願いの祈りも致しました。

それとともに、世の中が、平和、平安、安定であるようにとも祈り致しました。

皆様の真心のお力添え、ありがとうござます。




最終更新日 2008年08月27日 22時14分22秒

20時の祈り合わせ

2008.08.27.18:48


20時の祈り合わせお願い致します。

東北の東海岸沿い、下北半島までの自然界の天変地異への祈りを、今回、出来る限り行いました。

しかし、自然の力は、想像をはるかに超えるときがあります。
常に、ご自分の家族、ご自身の幸せを自らの足元の幸せを見つめて願い祈って下さい。


この度、改めて富士の麓から、祈りながら北上し、北海道を祈りしてまいります。

また、皆様のお力添え、ご支援のほどをよろしくお願い致します。

御神事の色々な意味や流れなどは、これからきちんと整理しあらためて書きこんでゆきます。

出来る限りの祈りは私もしてゆきますが、常にご自身の足元となる、ご家族、ご自身、大切な人への意識は高めていただきますと共に、真心のお力添えをお願い致します。




最終更新日 2008年08月27日 18時43分25秒


いつもありがとうございます

2008.08.27.10:13


このたび、一度車を返し、北海道に出直しは、本来予定してました、ご神事をより深くする為のことになります。

福島の修理の方の好意にて車をお借りし福島から北上しましたが、この後の北海道のご神事、そこから南下し青森に戻ってと、かなりの日数がかかると想定されます。
これ以上ご迷惑はかけられませんので、このような形をとりました。

このご神事は、日本列島を地球にたとえ、北海道を北極に、九州を南極にし、日本列島を回ることにより自然界(海流、気流、火山、マグマなどの)の仕組みの祈り、日本列島に直接関係する、フィリピンプレート、太平洋プレート、ユーラシアプレート、東火山帯、西火山帯の祈り。
そして、日本だけでなく、世界の政治経済、平和(平安、平穏、安定)の祈りとなります

それらを、組み立てておこなってきましたが、今回、新たに加わったご神事(神事:かみごと)があります。
日本列島という島を、二つの意味合いで捉えたご神事の仕組みになり、一つは、北海道を頭、九州を尻尾とした龍体、もう一つは、九州を頭、北海道を尻尾とした龍体。

この仕組みの中に、青森県の下北半島、津軽半島、夏泊崎を胴体の首の部分とし、北海道の恵山岬、函館湾、白神岬を頭の部分とし、頭と胴体を結ぶ、繋ぐ、はめ込む。今後、詳しく意味を解きながらですが、脊髄を通って骨髄液などの体液が入り、心臓や肝臓が動き、体内を流れる血液をきれいにするなどの一つの龍体を作るための祈りが加わってきました。

この、ご神事は、来年以降行っていこうと計画していたものですが、今回現在進行中のご神事に同時に重なってきました

これは、一気にものごとが、加速したという意味になり、私自身が思っているご神事の流れより、かなり加速しています

今回の、私のご神事に色々な方がご自身のご神事の流れを組んできました、それによって流れが加速変化したこともありますが、そのことも、流れの一部だったのでしょう。

しかし、神に「急がばまわれと」言われ、自分自身行う御神事に入ってくるビジョンや、啓示の内容から現状に遅れを感じて焦りや感情も湧いてきますが、一つ一つ確実にご神事を組み立ておこなってゆく為に、今一度、腹を据えてゆっくり一つ一つを解きながら、あせることなく組み立ててゆきます。




最終更新日 2008年08月27日 10時12分40秒







ありがとうございます

2008.08.26.21:47


20時の祈り合わせありがとうございました。

祈り合わせの際にでました、妻の啓示を載せます。

「みんな みているものが ちがいます

そのしてんのさきには なにがあるのか

みてみることによって ひとが みえてきます

ちがってきます 」  


「よくみてみなさい

めを さらのようにして

よく なかみをみるのです うらがわも みてみるのです

なかみです みてゆけば わかる きづいてゆきます すこしづつ」

本日も、皆様の真心のお力添え本当にありがとうございました。

こころのかけはし 祈りの和がひろがりますように。





最終更新日 2008年08月26日 21時47分30秒

ありがとうございます

2008.08.26.16:48


12時の祈り合わせありがとうございました。
以前、私達が乗ってました車が故障し、福島の方のご好意にて今までお車をお借りしておりました。
ですが、このまま、北海道へ行きますと日数がかかってしまう為、一旦、福島へ戻り車をお返しし、そこから、静岡へ故障しました車の修理に戻ることといたしました。

車をお借りできましたことで、御神事的にも、肉体的精神的にも大変助かりました。

本当にありがとうございました。

北海道のご神事ですが、これは、九州の、桜島、普賢岳、阿蘇山、静岡富士山山頂、群馬浅間山と御神事してきました流れで、北海道の旭岳、黒岳は御神事しなければなりませんし、また、世界の雛形として九州を南極とみたてご神事しました対として、北海道を北極に見立ててのご神事はしなければなりません。

一旦静岡へ戻りますが、遅くとも30日に北海道に向けてスタートしたいと思います。

この、青森までの御神事に、色々な方々のご支援をいただきました。

ありがとうございます。心から感謝致します。

これからも、12時20時の祈り合わせはいたしてまいります。

皆様の真心のお力添えよろしくお願い致します。

啓示や私の御神事の主旨などは、ブログ、メルマガなどに載せてゆきますので、ご覧くださいませ。

 







最終更新日 2008年08月26日 16時48分02秒

本日の祈り合わせ

2008.08.26.10:23


本日も祈り合わせよろしくお願い致します。

朝の祈りの際に、妻に降りてきました啓示を書き込みます。

「ひとりひとりの おくそこのみちを たどり ほりおこすは むずかしきこと

しかし そこから まなびは あり みちはひらけてゆく

ゆくみちは おのれにしか きめられぬ

きめることは おのれにしかできぬ

おのれを しる よしのこと

どうにか たどりついたものには くつうであろう

しかし それでも こえてゆかねばならぬ

なぜなら それすらも みちはこんなんをきわめてさえも

みちは みずからが きめゆかねばならぬからである

みちは みずからしか きめてはゆけぬのである

こころして それを たいせつにと ととらえ ゆくがよい」


現在、循環と流れについての書き込みを書いていますが、8月8日の富士山での祈りの後から、ご神事の流れ、神とのやり取りに変化が出てきており、それらを、降りてきている啓示と整理しながらの作成の為、時間を要しております。今しばらく、時間がかかりますが、出来ましたら掲載いたしますので、ご覧下さいませ。



最終更新日 2008年08月26日 10時15分27秒

追記です

2008.08.25.23:26


妻に降りました啓示の一部を書きこみいたします。

「しまい(終わりという意味)はどこじゃ しまいは どこじゃ

しりは しっかりと しめてゆけねばならぬぞよ

しりをしぼらねば つぎがうまれん

つぎから つぎへと つぎたすのではなく
ひとつひとつ くぎりを つけてゆけ

くぎりのなかから つながるものがある それはつなげてゆけ

つなげてゆくとは そうゆうものじゃ」


「かよわく ほそく それは いのりのものさし

それは ふとくなく しっかりしなくてよいもの

それは かぼそくてよいもの

ものさしは かぼそくてよい めは おおまかでよい

かぼそくて じゅうなんでよいのです

みるべきものは ほかにあるのですから」

真心の祈り合わせありがとうございました。

こころのかけはし 祈りの和がひろがりますように





最終更新日 2008年08月25日 23時21分43秒

ありがとうございました

2008.08.25.21:30


20時の祈り合わせありがとうございました。

本日も皆様の真心のお力添えがあり、祈りまわることができました。

皆様に感謝致します。本当にありがとうございます。





最終更新日 2008年08月25日 21時48分43秒

本日の祈り

2008.08.25.19:39


おはようございます。

本日は、昨日行けなかった、十和田湖へ向かいます。

十和田湖は、平安時代に大きな噴火を起こしてできましたカルデラ湖です。

この噴火は、日本で過去最大級の噴火であったとのことです。

1000年以上の昔の噴火であるので、克明に残っていないようですが、太陽が隠れるくらいの状態であったとの記録はあるようです。

十和田湖と時期を近くして、中国と北朝鮮の国境にあります長白山(白頭山)が同じ様に東アジアで最大級の噴火をしています

この長白山には、去年の8月に十和田湖と長白山の関係のご神事をしに行きました。

長白山は、周期的に噴火を起こしている活火山であり、1300年周期に噴火をおこしているそうです。

2006年現在、ロシア非常事態省は、長白山(白頭山)に噴火の兆候があると発表しており(中国、韓国は確認していない)現状は不明ですが、十和田湖となんらかの関係性があっても不思議ではないと思います。

もし、十和田湖にも周期があるのであれば、噴火とならないように本日は祈りを致します。

本日も、皆様の真心のお力添えよろしくお願い致します。

こころのかけはし 祈りの和がひろがりますように。



最終更新日 2008年08月25日 07時39分03秒

ありがとうございました

2008.08.25.16:35


12時の祈り合わせ ありがとうございました。

現在祈りながら、北上しています。六ヶ所村、東通原発、大間岬、北海岬、へと移動しております。

20時の祈り合わせは、大間岬を予定しており、私達は、下北半島を一周する予定としております。

大間岬はまぐろの漁で知られていますが、私達のご神事的な見方からは、北海道という頭と本州という胴体を繋ぐ、首(頚椎:津軽海峡は、脳と心臓を流れる動脈静脈の役割があります)と捉えます。

今、そこに新たなる原子力発電所が建設されようとしており、そのような場所にての祈りとなります。

また、啓示版にも、書き込みましたが、4月にこちらをご神事にて周りました際に、妻に、六ヶ所村最終処理処分場にて降りました啓示があります。

この啓示は、こちらにも掲載させていただきたいと思います。

「め くらんでおる

いかようにしたら まもれるのか
人々は 迷ってきておる

まもらねばならぬのはわしらではない

こらじゃ

こらを まもらねば どうにもなるまい

ひとは しりすぎた しかし しらなすぎている

しらなきことは こまる  こまることを しらぬ

ちにかえすことはなきよう」

皆様の真心のお力添え、本当に ありがとうございます。

こころのかけはし 祈りの和がひろがりますように



最終更新日 2008年08月25日 16時32分47秒



ありがとうございました

2008.08.24.22:41


本日の祈り合わせありがとうございました。

知人に案内していただいた、ピラミッドとキリストの墓という場所にて祈りをいたしました。

案内板のなかでは、エジプトよりも古いピラミッドと記載がありました。

キリストの墓の案内板には、十字架にかけられたのは、弟であったということや、墓はキリスト兄弟の墓であるとあり、興味深いものでした。

本日行く予定でありました、十和田湖は改めて行くことにしております。


本日も、皆様の真心ありがとうございました



最終更新日 2008年08月24日 22時29分56秒

本日の祈り合わせ

2008.08.24.09:30


本日も、12時、20時の祈り合わせよろしくお願い致します。

本日は、青森に行きます。

十和田湖にて12時の祈り合わせをしたいと思います

皆様のまごころのお力添えをよろしくお願い致します。




最終更新日 2008年08月24日 09時38分47秒

ありがとうございます

2008.08.23.21:36


20時の祈り合わせありがとうございました。

岩手県久慈川河口にて、祈りを終えました。

本日も、妻に降りてきました言葉がありましたので載せさせていただきます

「善きみち 未来は、つくってゆくものである

あせってはならぬ 丁寧につくってゆくこと

たいせつなこらのためじゃからの しっかりとつくってゆきなさい」

皆様の真心のお力添えにて、支えられております。

本日も本当にありがとうございます

こころのかけはし 祈りの和がひろがりますように




最終更新日 2008年08月23日 21時36分26秒

20時の祈り合わせ

2008.08.23.18:49


20時の祈り合わせ、よろしくお願い致します。

現在、岩手県の久慈川河口へきております。

皆様の、真心の善き未来を願う力はとても大切です。

どうか、真心の祈りのお力添えをよろしくお願い致します。




最終更新日 2008年08月23日 18時45分38秒

ありがとうございます

2008.08.23.14:30


12時の祈り合わせありがとうございました。

岩手県の岩手山と姫神山を見ながらのお祈りとなりました

祈りの際に、妻に降りました、啓示を書き込みます

「山を開拓し 道をつくるように

人の生きるさまも 一人一人が自らの為に開拓しながらつくってゆくものである

同じはない 似通っていても、つくる人が違えば つくる人なりの道となる

少しずつ つくってゆきなさい 自らのみちを」

もう一つが

「円を描き波紋は広がる ぶつかっても 反発することなく

相手をとりこみ、ひろがってゆく 和とはそうゆうものなり」

一つは、岩手山から、一つは姫神山からの啓示となりました。

海岸、河口へは、これからの移動となります。

また、20時の祈り合わせよろしくお願い致します。




最終更新日 2008年08月23日 14時20分49秒

本日の祈り合わせ

2008.08.23.10:03


12時の祈り合わせお願い致します。

現在、岩手に向かっております。

本日は、岩手県の海岸、河口にての祈りになることと思います。

皆様の真心の力添えよろしくお願い致します。



最終更新日 2008年08月23日 10時08分49秒

祈り合わせについて と お礼

2008.08.22.22:21


20時の祈り合わせありがとうございました。

宮城県の山間、鬼首(おにこうべ)という場所にて祈りをいたしました。

今回、福島、宮城での祈りは、色々な意味がありましたが、福島、女川では、関東から青森までの東海岸沿いに、エネルギーが溜まっているのか、地震や津波が祈りの際に感じられましたので、実際に起こる起こらないは、神の意志となりますが、大きな災害にはならぬように願う祈りを致しました。

自然の動きをまったく無くすということは出来ませんので、どのようなことが起ころうとも人的被害が小難になるように、原子力施設の被害が小難になるようにと祈り致しました。

どうか、世の中の祈りも大切なのですが、このような時こそ、改めて、ご自身、家族への健康、幸せを強く願っていただけますよう願います。



※※※

前後するのですが、本日20時の祈り合わせをし、上記の書き込みを作成中に知人より地震の報告をうけました。 
実際のところ、昨日、福島第二原発を祈り、福島第一原発へ移動しようとしたおり、啓示により猪苗代湖にくるようにと降り、移動致しました。
その際、関東から東北まで地震がくると啓示がありました。
猪苗代湖にての祈りの際に、福島に住んでおられる知人の方にお願いし地震に対する祈りをいたしました。

今回の茨城沖で、すべてのエネルギーが治まったわけではなく安心できない状況とは思います。

私は宮城県沖が気になり、妻は、女川での祈りの際に津波のビジョンをみています

上記にも書きましたが、気を緩ませることなく、ご自身の足元、大切なものを祈って欲しいと思います。


最後に、このような状況から、祈りに集中したい為、循環と流れについての書き込みは控えさせていただきます。
12時と20時の祈りの呼びかけだけとなりますが、どうぞ、よろしくお願い致します。




最終更新日 2008年08月22日 22時21分54秒


祈り合わせ ありがとうございます

2008.08.22.13:06


12時の祈り合わせありがとうございました。

女川原発付近にて、平安、平穏、安定の祈りをさせていただきました。

皆様ご自身、家族という身近なことを祈りいただけますでしょうか。
小さな和から、小さな平和からその波紋が広がってゆきます。
ご自身の為に。家族の為に祈りくださいませ。

これから、私達は、内陸へ向かいます。

20時の祈りは、そちらでの祈りとなると思います。

真心のお力添え、よろしくお願い致します。
こころのかけはし 祈りの和 が広がりますよう願います。

※私達の、携帯にご連絡下さいます方がいらっしゃるのですが、御神事をしながらの移動になり、移動中も神とのやり取りを行っている時もございます。折り返しのお返事がなかなかできませんが、何卒ご理解いただけますようお願い致します。




最終更新日 2008年08月22日 13時29分02秒

本日の祈り合わせ

2008.08.22.08:55


おはようございます。

12時の祈り合わせは、女川原発付近での祈りとなると思います。

本日も、どうぞ、真心のお力添え、よろしくお願い致します。


また、皆様との祈り合わせの際にでました啓示は、私達も含め、一人一人が考え、そこから、導きだされることがあるものと思い、この場に載せています。

御神事の際に出ました啓示は、少しこれとは伝えられている意味が異なってきます。
その為、ブログ内の啓示版に、わけて掲載いたしております。
よろしくお願いいたします




最終更新日 2008年08月22日 08時55分29秒

祈り合わせありがとうございました

2008.08.21.20:41


20時の祈り合わせありがとうございました

自分自身や周りの調和、幸せが、少しずつ 和となり、繋がり、広がってゆきます

私達は、数日、福島、茨城の間を出る事が出来ませんでしたが、泉崎、福島第2原発で祈ったおりに 猪苗代湖へ戻るように20時の祈りは猪苗代湖にて行いました。

福島第1原発は 今回行けませんでしたが、猪苗代湖に引き戻されましたのは、やはりそれなりの意味がありました。

現在は宮城県の女川原発へ向かっております

それから 掲載しようとしております循環とながれのないようは 長文のため 時間ががかかっております。ご了承くださいませ。

皆様の真心の祈り本当にありがとうございます。





最終更新日 2008年08月21日 22時41分05秒

20時の祈り合わせ

2008.08.21.19:18


猪苗代湖から、祈り合わせいたします

20時の祈り合わせですが、どうか、ご自身の足元の家庭、家族、ご自身のため、心身ともに健康であり、いかなる災いも降りかかることがなきよう、幸福であることができるよう祈り合わせていだたけますよう、お願い致します。

また、本日できましたら、循環と流れに対しましての書き込みを載せたいと思っております。





最終更新日 2008年08月21日 19時33分54秒

祈り合わせありがとうございます

2008.08.21.13:20



12時の祈り合わせありがとうございました。

今回も、妻に降りましたものが ありましたので書き込みしたいと思います。


一人 一人が、善き道を作るために学んでおり、経験しておる

一人一人が丁寧に一つ一つこなして行けば、道は広くなってくる

進みなさい 少しずつでも 進みなさい 

進まないことは 停滞になる 濁り 道が腐ってゆく

道はつくらなければならない つくってゆかねば 次が続かぬ

続けて欲しい 続けて欲しい 次のあたらな世のためにも



それぞれに、捉え方の違いがあると思いますが、一人一人で考えてみてください。

そこに、一人一人の為の気づきもあると思います。

私自身に、響いてきたものは、また、改めて記載したいと思います。

いつも、ありがとうございます。



最終更新日 2008年08月21日 13時07分35秒

本日もありがとうございました

2008.08.20.21:23


20時の祈り合わせありがとうございました。

本日も、祈り合わせの際に妻にでました言葉がありますので、書き込みいたします。

「鏡みておもう そなたがた みなのものは どのようなものか

本質をみているか みて うわべに酔うてはいないか

いかなるものも かわ(皮)があり さらに なか(内側)がある

よくみよ よくみよ まなこをさらにし よくみるがよい

皆が 繋がっている

一本一本は細くとも、繋がっている

常に束になるように 大きな綱となるように

思いの架け橋を繋げ

細くとも強くしなやかに

いくたのおもいを 乗り越えてゆけ」

私なりの解釈ですが、皆誰でも、表だけをみてしまいがちですが、きちんと見ることができていますか。目を伏せてしまいがちなことも本質、真実をみてゆきなさい。
そして一人一人の思い願いは、バラバラではなく、か細くとも、繋がっており、それを大きなものとしてゆき、善きものを築き上げてゆきなさいということではないかととらえます。


本日も、皆様の真心の祈り本当にありがとうございました。




最終更新日 2008年08月20日 21時46分16秒

昨日の書き込みの続き

2008.08.20.19:33


昨晩、掲載しました文章に対して、少し、付け加えたいと思います。

自然災害というものは、地球の中で定期的に起こっているものと、季節の中でおこる台風のようなものありますが、常に、いかなる時も、起きるということを<想定>ではなく <実際におこる>という事を心に留めておいてほしいと思います。

人災も同様で、人間が完璧ではない以上、常に<想定>ではなく<起こる>ということを心にとめておいて欲しいのです。

過去に私は、プラント施設の仕事にかかわったことがあります。

その中で自分が見てきたものは、このような施設は、本当に事故や安全に対して、大変、厳しく取り組んでいるということでした。

しかし、このような大きな施設(プラント施設という分類に入ると思います)の捉え方として、作った施設は、最初から完璧な完成された施設だと考えられてはいないのでは、ないかということです。

それは、施設が稼動して行くうちに設計当初では計算外の思いもよらなかった不具合や、腐食、金属疲労、故障などが起こり、定期点検という形で、補修、整備を重ねて、定期的に行う期間整備にて新しく改良、改善を行い続け、設は維持されてゆき、その点検や整備の中から出たデーターを次の新しい施設に生かして、より良い物を造ってゆくという考え方であるからです。

施設は、いわば一つの実験材料とも捉えることが出来ると思います。

民間企業の施設や第2、第3セクターの施設(国、役所、民間)にそれぞれによっても、全体の管理体制においての内部の意識差はあるとは思いますが、それでも、稼動中の事故や故障は どれだけ安全面に注意を払っても起きてしまいます。

そこに「想定外の事が起こった」という言葉がでてくるのだとは思います。

このような施設は、稼動していて利益を生み、稼動が停止すると1日1日と私達の認識を超えた莫大な損失(お金)やそれに対しての責任が生じてきます。

その為、故障や事故が起こっても、ある程度の内容は出来るだけ施設内や現場内での処理がなされていくのが現状だと思います。

施設内で処理することにより、施設の一時停止によっての莫大な損失を防ぐこと、その、責任を逃れるということは実際に行われていることと思います。

そして業者や国、県が絡み、これまでの事故や故障を公にせず、後から知られ公にし問題となってくるのです。

このような体制は、今の経済の仕組みでは改善されるのは難しいと思いますので、未だに変わらない状態であると思います。

私達には、目にみえない部分、知らない部分で色々な事故が隠されているのではないでしょうか。

どんなに、近代化された施設でも、そこで働く人々、生身の人間であるがゆえ その日の心の感情や肉体の疲労、精神面で、常に、高い意識にて管理してゆくというのは難しく、そのような時に、組織というものの重圧(ノルマ、利益、時間など)や自然環境など、なんらかのきっかけで、重大な事故に発展してしまうのは、ありえることです

これは、遊戯施設や交通施設などの色々な形にもあてはまり、過去に実際起こってきています。

そしてこのような体制の中では、なんらかの事故がおこった場合、組織自体の体制の問題にならず、携わっている一人一人の個人の問題として取り上げられてしまっているのが主です。

現実には考えられない事故が起きてしまう、そのような事は、起こりうるということで認識して欲しいと思います。

過去にあった東海原発における事故の事もあります。今のままの組織体制の中では、チェルノブイリのような状態が起こってもおかしくはないと思います。
 
このような状態から考えますと、自然災害や人災だけではなく 経済や政治に絡み、起こったことが国を揺るがす出来事に発展しかねない、「起きていないから これからも起こらない」というのではなく ぎりぎりのところで免れているということなのです。

ですが、施設の中にも真剣に新しいエネルギー技術開発として、その組織の中に携わっている方々がいるのも事実ですし、その施設が出来たことにより雇用ということで働いている方々がおり、その中に人や物、お金の流れがあり、多くの方々の生活が養われているということも事実です。

ですので、すべてが悪いからといい、すぐに無くすのではなく、このようなことを含めて幅広い目で未来を考え、現状に変わる新しい形を造り移行してゆくことを考ることが必要な時期にきています

少しずつでも変えて行かなければ、現状で何かが起こってからの対処では、遅いのです。

恐怖を煽るわけではありませんが、近い将来、現実に富士の大噴火や関東、東海、中部南海、南海、そして宮城沖の地震は、歴史が物語っているように一定の周期によって起こっており、いすれ確実にきます
そして、今年の岩手のような突発的な 大型地震はこれからも多く起こるでしょう。

だからこそ、これらを認識して、物事を考えなおして欲しいのです。

大きな意味で、どうゆう世の中を作ってゆくのかということを、多くの方々が、少しずつでもよりよい未来をつくるという意識にて動けば、5年10年先には、何らかの形にて変化が訪れてくると思うのです。






最終更新日 2008年08月20日 19時45分06秒

ありがとうございます

2008.08.20.13:25


12時の祈り合わせありがとうございました。

12時の祈りの際に、このような祈りをさせていただきました。

「皆様の、真心により、善き道、未来に進む道筋が、一つ一つと束ねられていっております。

行く末、歩む道、しっかりと皆が勇気を持って、その一歩一歩を進んでゆくことが、できますように。
その足場を固めてゆくことができますように。
また、気づき行くことが出来ますようにお導き下さい。
皆の真心が、大きなものとなり 玉となり 転がし、道をつけ行くことができますよう、お守りお導きください」

今後とも、善き未来が築きあげられてゆくように、真心のお力添えをよろしくお願い致します。

いつも、ありがとうございます。



最終更新日 2008年08月20日 13時47分42秒

祈り合わせ

2008.08.19.20:30


本日も、20時の祈り合わせ、どうぞよろしくお願い致します。

私達は、昨日ブレーキに異常を感じて友人の紹介の方に車をみてもらいました。
最初は大丈夫な感覚だったのですが、やはりどうしても気になり、本日、引き返し再度詳しく見てもらったところ、すぐには修理が出来ない状態とのことでした。

今年になって日本を3周半している車ですので、とても無理をさせてしまいました。
貸していただいておりますことを考えますと、大変申し訳ないことです。

一旦車をお借りしてます静岡に戻り出直ししようかと考えたのですが、修理をして下さった方が、祈りの友人の紹介でもあったことから、私達の行動の内容を知り、車を貸してくださいました。
大変、ありがたいことでした。

本日も私達は福島から移動はできていないのですが、明日から、改めて福島を祈り出発いたします。

色々な方々の真心にさせられております。本当に感謝しております。ありがとうございます。





最終更新日 2008年08月19日 19時19分08秒


情報サイトリンク

◆地震情報《気象庁》
◆火山情報《気象庁》
◆台風情報《気象庁》
◆警報・注意報《気象庁》
◆海外の地震情報《JIS》
◆マーケット情報《ロイター》

イベントのお知らせ
最近の記事
関連サイト
検索フォーム
年別アーカイブ
携帯用QRコード
QR