4月12日フィロソフィアでの講演第2部での主旨

2009.04.15.11:55

4月12日フィロソフィアでの講演第2部での主旨

4月12日に地球公共霊性セミナー「沖縄、平和、精神世界」の中で、第一部「母の代から現在において、私自身が神事を見て体感し感じてきた精神世界と平和と未来」と題し、先に書きました「2015年及びそれ以降のビジョンと御神事」と「アメリカの神事に向けて」に類似した内容をお話致しました。

第二部「精神世界の向上のために~スピリチュアルな世界の健全な発展を願う会」は以下のようなことに類似してお話させて頂きました。

******

昨年、2005年に参加しました「スピリチュアルと平和のシンポジウム」という講演の内容を映像や書籍にして良いかというご連絡を受け、そのシンポジウムの主催者の先生と久しぶりにお会いしました。

そして、2005年に時間がなくて語れなかった事を色々お話をさせていただき、アメリカへ発ちました。

それまで、私は、2001年から2015年までのビジョン、戦争への流れの回避をする御神事をしてきましたが、大きな地震などの自然災害、人災の大難を行ってきた御神事にて小難無難に変えてきたと思っています。

****

妻と正式にお付き合いをするということが決まりました際に、それまで、私の隠された、見えない部分が表に出てきました。
そのような過去があったにも関わらす、妻は、私の元を去ることなく、今日まで私の体調気遣い、私の看病をし今では神ごともパートナーとし共に夫婦で御神事をおこなっています。

しかし、妻と正式に結婚した後も、私が見ている未来のビジョンが、このままでは現実に起こってしまうという不安が心にはあり、どうにかして変えたいと、お会いする方々には、遠まわしに私が行ってきたことをお伝えし、自分自身の行っている御神事を何らかの形で変化させたい、そして、御神事で見ているビジョン、未来を変えたいと思っておりました。

昨年、7月の日本列島を1周回った御神事の際に、本来私自身が行うべきである御神事があるにも関わらず、自分に見せられているビジョンや啓示の内容から、私自身の感情が入り込み、その内容を冷静に受け止めることができず、祈りの主旨が変化し始めていました。
しかし、その後の富士山での御神事を行うあたりから、自分で自分が今祈っている内容がおかしいことに気付き始め、経済危機を境目に自分自身が御神事を行ってきたにも関わらず、2001年から2008年まで見せらていた悪い流れとしてのビジョンが現実に起こっていることに改めて気付き、大変なショックを受けました。

その頃から、私は何が足りなくて、何が間違いなのか常に考え、自分自身を見つめる機会が多くなり、12月のホピにあった、戦争が起こると描かれていた予言の丘を見て、私は決心をしてきました。

アメリカから戻ると、旅発つ前にお会いした主催者の先生に、直接、私から連絡を取り、私が実際に見てきたことを多くの方々に、語りたいと申し出ました。

そして、そこには、私自身が行ってきた御神事の内容を自分で語りたい、出来るだけ隠し事なく真実を語りたい、その行動は、戦争を回避する為の御神事に必要であるという強い思いがあったからでした。

私自身が、これまで行ってきた神ごとの中で、自分自身が力に自惚れ、実際に力の御神事を行っていたこと、そして、御神事の中に男性的な欲が絡んだ御神事を行ったこと、神ごとの中で陥りやすい間違いを実際に起こし、そこに陥った事実を伝えなければならない。

また、私は神ごとに対しての啓示として、人の死を伝えられることも幾度となくありました。

そして、伝えられた人が実際に死を迎えるということも、現実で起きたこもあり、その、経験が自分自身の感情や御神事に大きな影響を与え、啓示の内容によっては、とにかくその内容を回避したいと、直近の災いを防ぐためとして、その方の死を回避したい為、理解されにくい行動をとったこともあります。

内容によっては、本人に伝えてしまうと、脅し、脅迫と受け取られたり、本人に与える影響が大きい為に、私自身の判断で行ってきたことがあります。

自分自身は御神事として行った事も、他人から見れば理解出来ず、世間的には過ちと判断されるということもあり、そのような事も自分自身でしっかり認め、その体験から精神世界の怖さというものを世間にきちんを公表してゆく。

それは、新たな御神事を行わなければ、今後私が願い描き望んでいる2015年以降の善き世の中の流れに行くことが出来ないが、しかしいくら見たビジョンや祈りの和ということを伝えていても、自らが陥った間違いを告白しなければそれらはすべて詭弁になってしまい、意味のないものになり、未来を変えることが出来ないという結論に至ったためでした。

そこで、企画して下さいました先生に、お願いしセミナーの場を設けていただきました。

その結論を得て、今後は私が子供の頃から神ごとをしている家に生まれ育ってきた中での経験や、外から見てきた神ごと、現実に神ごとを行ってきた経験、そこで見てきた本当の神ごとの怖さ、陥りやすい色々な罠、今まで出会ってきた御神事を行う方々の姿、また精神世界の良さを私自らの体験の中から多くの方々に伝えて行き、そうすることにて、2015年までのビジョンが良い方向へ行くように願い善い流れを実現させたいと考えました。
 
これからの御神事の流れとして、日本各地を御神事にて回ります際に、少人数でも、このようなお話をさせていただけます場を設けて下さいます方々がいらっしゃいましたら、お願いしたいと思います。

*****

今までも、私は、見たビジョンや降りた啓示を書き込みし、皆様に平穏、平和、地震の分割分散、人災、戦争の回避という祈りの呼びかけをし、真心のお力をお借りして参りました。

このようなことを書き込みますのは、多くの方のお力をお借りしたいという思いがあってのことです。

また、それに伴い、世の中に多くおられます精神世界に生きる方や、見えない存在と直接やり取りする方々の目にも触れることとなります。
しかし、そのような精神世界の方や、見えない存在とやり取りする方が、皆、同じ価値観を持って行動をされているわけではなく、一枚岩というものではありません。

大きな災害や噴火、地殻変動、世界大戦を地球の大浄化として、宇宙の神に使われている者として、それらが起きるように望み祈られる方がおられるのも事実です。私の周りにも、そのように考える方々がいらっしゃいます。

私がビジョンや啓示を書き込むことによって、その内容は一つの目安となっていることは確かであり、書き込んだ内容を見て、地震のお祈りをする方、同じように日本や海外へ現地まで足を運び祈る方がおりますのも現実であります。

前述しましたように、私自身も降りてきた啓示を、自分自身の感情によって、災害が起きるという啓示がそのまま起こるよう現実になるよう願ったことがあるもの事実です

しかし、私が見たビジョンは、色々な方々がさまざまな祈りをすることによって、見た通りに起こらないということや、御神事を行うことで進むであろう方向性へ進まないといったこともあり、状況は蛇行しながら進んでいます。

蛇行する中、なんとか、善き方向へ変えたいと、私は自分でも気付かぬうちに、力に頼り、力まかせな御神事を行っていました。

しかし、力の御神事では、本来行くべき方向へは行くことが出来ない、そのような対応では違っていると私自身気付くことが出来ました。

今までの私自身の行い、過ちを今一度振り返り、霊的能力の有無、強さではなく、一人一人の人間の現実的行いによって、未来は変化してゆく、そのように実感したのです。

そして、昨年より夫婦にての御神事も変化が起き、私自身は、ビジョンを見て、様々な神々に問いかけ、御神事を組み立て、妻がその御神事先にて祈りをし、そして、神からの言葉を受け取るという新らたな形の御神事が始まりました。 

アメリカの神事に向けて

2009.04.15.11:53

アメリカの神事に向けて

4月7日から、今日まで書き込みなどをせずに祈りに集中したいとお伝えしま
したのには、理由があります。
まず、北朝鮮のミサイル問題、世界の政治経済の問題、そして日本国内の原子力発電所の危機の回避とこれらのことに集中する為でした。


これは、去年行きました、ホピの村にある予言の丘の内容を踏まえての御神事になります。

去年、私は、予言の丘にて、そこに描かれてる内容の一つとして第1次、第2次、第3次世界大戦のことが描かれていると確認しました。
その中の第3次世界大戦のことについて、その予言の丘を代々司るシャーマンの方に、描かれている第3次世界大戦は、予言的な、起こる可能性があるというようなものなのか、人類の行いによっては回避できるというものなのか、または、起こるものであるということなのかを確認しました。

するとそのシャーマンは、躊躇なく「必ず、近い将来起こる、その前兆として中東の戦争が起こっている」と言い切りました。

これを聞き私は、日本へ戻ってから、そのまま冬至の祈りの為に北海道、旭岳へ向かい、東京を経て沖縄へ戻りました。

その後、昨年一年間行いました御神事、1月の台湾や3月のドン・アレハンドロ氏との御神事、その祈りの為に合わせた日本列島を4周回る御神事など、内容や行った結果どのような流れの動きが生じたのか、などを一つ一つ振り返り、改めて御宮の神へ神結びし、これから起きようとする、地震、噴火、政治経済の混乱などの災いなすものを清める祈りを、1月から2月6日まで(2月6日は大国みろく大社での節目の行事をしている日です:節分祭)行って参りました。

2月7日から3月本州へあがる時までは、これからの世の中で起こる色々な流れをさまざまな神に確認し、これからの方向性を伺い、私が、2000年に第3次世界大戦の啓示を受け、回避する為に計画した2015年までの御神事とを照らし合わせ今後の御神事をどうのように行うかということを話合っていました。

今回、日本列島においての御神事の為3月から本州へ入り、北海道、本州、九州、四国をそれぞれ大きなポイントを回り、4月15日から28日はアメリカへ御神事に参加、5月2日に帰国しますが、その足で、5月20日頃まで、その後の繋ぎゆく御神事を致します。結果、2ヶ月以上かかる御神事の旅となります。

*****

そこで、啓示として伝えられてきた中で、皆さんに伝えたいことがあります。
今回の北朝鮮のミサイルの発射についてですが、1993年、95年、98年と日本海に向けミサイルが発射され、日本国内にかなりの緊張が走りました。

<http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/world/north_korean_missiles/ YAHOOニュース北朝鮮過去のミサイル発射情報>

その後、自衛隊法や平和憲法が見直し、変更の動きが始まり、実際に改正や一部改定などの動きがありました。

2006年の発射の折には、大臣が「我国(日本)も核を保有する議論をして良いのではないか」という発言も出ましたし、一部の自衛隊幹部の発言として「日本の一番の脅威は中国であり、それを踏まえて沖縄の下地空港を空軍基地にすべきだ」という発言も出ました。(下地空港:伊良部島にあるANA、JALのパイロット訓練空港)

私が見ていたビジョンの中には、2005年の新暦の8月8日から旧暦8月8日(新暦9月11日)国会解散後の投票日に、一保守政党が圧勝するということが起き、その為、アメリカの軍事戦略的な事に、日本が大きく関わるような内容が国会の中で次々と圧倒的多数において一方的に決議されてゆくと見せられてきました。

その中には、横須賀や佐世保のアメリカ海軍の空母の母港化、日米安保理のガイドラインの一方的な決議がありました。
(ガイドラインというものは、日本が国外から攻撃を受けるような危機的状況に陥った時、北海道から沖縄の果てまで、すべての空港や港、都道府県が管理する施設、運動場や体育館などが、アメリカ軍の基地として使用されても構わないという法律で、これは実際に行われた場合、日本全体がアメリカの軍事基地となることを示唆しています)

その後の選挙で、ガイドラインは施行を一時的に免れているとは思いますが、ここで皆さんに知って頂きたいことがあります。

今回の北朝鮮のミサイル発射について、神が前もって伝えてきたことがあります。
神は、「もし、北朝鮮が本気で核をミサイルに積み、日本ないし韓国やアメリカに向け発射する計画を立てていたならば、日米韓の3ヶ国は事前にそれをキャッチし、事前に、北朝鮮のミサイルを攻撃する。その為、実際に核を積んだミサイルが直接飛んでくることはない。今の軍備施設(沖縄嘉手納空軍基地にある世界最新の戦闘爆撃機を始めとする、日本国内の米の陸海空軍事施設及び、韓国の軍事施設)で充分阻止できることである。それでもなおミサイルが日本に着弾するならば、それは、アメリカがとる戦略の一つである」と伝えてきました。

過去に、第2次世界大戦の日本とアメリカの太平洋戦争の開戦のきっかけとなった真珠湾攻撃や、アメリカが南ベトナムを支援する為に北ベトナムに軍事介入のきっかけとなったネコン川でのアメリカ海軍への北ベトナムからの攻撃、そして 2002年のアフガン、2003年のイラクのきっかけとなった9.11のテロ。

それらは、事前に情報を知っていながら、誘発的な行動を取り、相手に攻撃をさせ、戦争の正義の口実を確実に作る手法になり、そのように、戦争を起こすことによって、自国の経済を保ち、潤すことへつなげて行く。

では、なぜアメリカや日本は過敏に反応するのか。

神々は「本当に注意するのは、ミサイルが発射されたことよりも、その後のアメリカや日本、韓国の動き、特に、日本とアメリカに注意しなさい」と言ってきました。

この神からの啓示の内容と現実の動きを照らし合わせると、かなり重なっていることがあります。

「今回のミサイルが発射された後、国連でアメリカ、日本は北朝鮮に対して、決議違反からの処置を求めるのに対し、ロシア、中国は反対の動きをしている。それには、深い意味がある。

もし、国連決議案で採決され北朝鮮のミサイル発射が違反的な行為であると認められた場合、次にミサイルを発射する動きがでた際には、先に書きました、日米のガイドラインに則り、北海道の空港や港、東北、北陸、能登半島や西日本の日本海側の空港や港、九州福岡の空港や港、沖縄や伊良部島の下地空港、八重山諸島の空港が米軍基地としてアメリカに使用され、大きな港は、アメリカ海軍の空母の母港として利用されてしまう。

更に、佐世保や横須賀が事前に空母の母港となってしまったことで、日本の非核3原則は破られているのと同然であり(アメリカの空母や戦闘機には核弾頭が積まれていますので)それが、完全に北朝鮮のミサイルへの恐怖に対して、配置されてしまった場合は、その矛先は北朝鮮ではなく、実際には、ロシアや中国へアメリカが攻めることに対しての基礎固めとなり、下準備である。

北朝鮮からのミサイルを攻撃出来るように設置した、アメリカ軍の設備は、北朝鮮の奥に位置するロシアや中国へも、その攻撃の設備を向けていることと同じことになる。

そして、日本自体がいくら核を保有していないと言っても、このガイドラインによって設置されたアメリカ軍の空母、イージス艦、潜水艦や戦闘機には、核弾頭が積んであり、その軍備は、ロシアや中国から来るミサイルを打ち落とす技術があり、ロシアや中国にアメリカの核を使った攻撃ができるということになる。

それは、今、日本が北朝鮮に対し核の脅威を感じているのと同じように、ロシアや中国も日本に設置されるアメリカの核を備えた軍事設備に、自国を攻撃される脅威を感じている

このような、日本のアメリカ軍基地化によって、ロシアや中国は、日本を核の保有国と同等であると位置づけ、極東における自国へ攻撃態勢を向ける脅威の敵国という存在と扱う。

いくら北朝鮮の為の防衛であると言っても、ロシアや中国は、自分の国を攻める為の足固めとして日本の基地化を認識し、これは、アメリカ、日本、ロシア、中国の政治、軍事の駆け引き、そして、経済の駆け引きが入り乱れてことである」

複雑な物事が絡み合い、真実が見えにくくなっていますが、どうか、情報にまどわされることなく、奥底の真相を知っていただきたいと思います。

*****

このような流れに対して、善き未来へ流れるようにと集中して祈りをしておりましたことと、今年上半期に事故の起こる可能性があるので注意するようにと啓示がありました、東日本の福島第一、泊原発、柏崎刈羽原発、西日本の志賀原発、川内原発、伊方原発、浜岡原発と直接現地にて祈りをして参りましたが改めて、日本の原子力施設の安全と無難、そして、政治と経済の安定、平和、平穏を集中して祈りしておりました。

本来は、もっと伝え語るべき2002、2003年の戦争の更なる深い意味、各国の駆け引き、それに関しての啓示を書き込みますとかなりの量となりますので、今回は控えさせていただきます。

******

このような思いを持って、4月15日から渡米しアメリカネイティブの聖地を10日間、100人を超える方々と共にセレモニーを行うことは、本当の平和を望むセレモニーとなることと思っております。

アメリカ大陸、北、中央、南のネイティブの方々の予言と言い伝えから、アメリカはアトランティス、日本はムー大陸のカルマを背負った国として、このカルマを解消しなければならないという思いを持った方も、今回の儀式には多いと思います。

これらを踏まえて、皆さんには4月18日から28日までの期間に合わせ日本で開催されるセレモニーに参加されたり、ご自身の祈りたい場所でも構いませんので、お心をお寄せ下さい。

私達も、日本時間の昼12時に合わせ現地にて祈りをしたいと思いますので、どうかよろしお願い致します。

最後に、どうか「こころのかけはし 祈りの和」を広げていただきますと共に、共に祈られますようメルマガ登録をよろしくお願い致します。

2015年及びそれ以降のビジョンと御神事

2009.04.15.11:51

2015年及びそれ以降のビジョンと御神事


私が過去にあらかじめ見せられていたビジョンについて簡潔に書き出します。
2001年に起きました9.11の流れから、2002年、2003年のアフガン、イラク戦争勃発、2005年に日本の行く末が大きく変わるという事(これは、一党が勝ち、その後、強行採決で重要法案が次々と決まってしまったこと指していました)、
2008年サブプライムローンに代表される政治経済の危機、
またそれ以降の政治経済の混乱と行方。
2010年、2011年の世界的な食料危機、感染症の流行。
それらがすべて現実に起きてしまうと、2013年以降、第3次世界大戦へ行くという啓示を受けてまいりました。

自然災害、人災、政治経済の悪化という悪いものがかみ合った時に第3次大戦が勃発するとビジョンを見せられており、今日これまで日本列島を縦断し、自然界、神界、霊界の祈りをおこなうと共に、それに伴う、二次災害の小難無難を祈り、より大きな鎮魂のためには海外へまでも足をのばさせていただいております。

現在の私の行っております御神事の流れは、1999年から2000年にかけての年越しから年明けに、先に書きました9.11からの流れを見せられ、最終的には、2013年以降に起こる第3次世界大戦の勃発を見せられたことに端を発します。

私たちの大国みろく大社の神は、このビジョンを見せ私にどう行動を起こすかということを問いかけてきました。
私は、回避できるのならば回避したいということを伝えました。
すると神は、どういった流れで戦争までに行き着くのかということ、そして、そうならない為には、どうしたら良いのかを、自然界、神界、霊界の神々に問いかけ、それを元に、自分でどのような御神事をしたら良いのか計画を立てなさいと返してきました。

それを受け、私は、神々とのやり取りの中、2015年までの計画を立て御神事を行っています。

伝えられている啓示では、2015年までに第3次大戦の勃発や、戦争を回避することが出来ない最終的な状態に陥ることがなければ、2016年以降、半世紀から一世紀の間は、地球を破滅に追い込むような戦争は起こらないとも伝えてきました。

戦争が先延ばしされた2016年以降は、人間が2015年までに経験してきたことから学びを得て、宗教や民族、政治経済、言葉の壁を乗り越えて地球が一つにまとまるような流れを、心の深いところから気付いた者から創ってゆく。

それが、2世代3世代を経て、新しい秩序の世の中が出来あがる、と伝えてき
ています。

そして、もう一つの自然界の動きの啓示として、2015年までに大きな自然災害が起こると、その災害は政治経済の混乱を招く要因となり、戦争への道に拍車をかける。
しかし、その流れになることなく過ぎ、2045年から2060年までの15年の間に、緩やかに幾度かの回数を重ねて自然災害が起これば、その災害は、善き未来へ向かう拍車をかけるものとなる、と伝えてきています。

*****

ここで述べておきたいのは、なぜ、大国みろく大社の神様が、ビジョンや啓示を伝えてきた時に、私に色々な神々へ問いかけること、そして、そこから考え、行動を起こすように決断させるのかということです。

そこには、霊的能力の有無や霊的力の強さということではなく、人間、人という意味合いが大きく関わってきます

天地陰陽大神様は、「私(神)の言うことだけを聞け、その通りにしたら災難か
ら救ってやる」ということは言いません。

神は、「戦争を起こすのも、地球という惑星の寿命を短くするのも、神ではなく人間の行動や行いである」と言います。
「本当に、自分達人間の未来を、平凡であっても、幸せで日々営み、次に命を繋ぎ、地球と共存してゆくというのなら、自ら考え、そして、そうなるように行動へ移せ」

そうすれば、神々も人間を新たなる地球の一員と認め、その者達に、守護、出会い、気付きという神の導き、後押しをしてくださり、その者の、思いをかなえることが出来ると伝えています。

地球を救うのは、遠くにいる神ではなく、人間の考え、決断、行動であります。
霊的能力や一人の力で地球を救うということは、実際には不可能といっても良いと思います。

なぜなら、今まで地球を救うと多くの能力者達が出てきているのです、一人の力で救えるのなら、今のような状況ではないはずです。

****

私達は、啓示によって伝えられた、災いや自然災害、悪き方向へゆく流れ、目の前の災いを出来るだけ、回避、先延ばし、小難となるように活動しています。時に大きな災いの際には、皆様に真心のお力で支えていただきながら御神事、儀式を行っています。

御神事、儀式を行った上で、よき未来を願うものが多いこと、平和を願う者が多いこと、その心を汲み取っていただき、善き未来を創ってゆけるように後押しをしていただけるよう、様々な神々に伝え、訴えています。

それは、善き未来へ流れてゆくように下準備をしているようなものです。
神々からの支え、導き、後押しがあることで、その先に築いてゆけるものが、揺るぎなく安定してくるのです。

そして、祈りの呼びかけとし、皆様の真心からの平和を願うお力を頂くことは、実際に善き未来を願う方が多くいらっしゃることを神々へ伝えることができ、その願い祈りは善き未来への方向を創ります。

しかしそれは、とても小さな動きであり、元の流れの中に戻らないよう、現実化させてゆくには、共に願い祈り下さいました方々が、日々の生活の中で、何か一つでも、たとえ小さな些細なことでも行動し続けてゆくことで、神々が、その心を汲み取り、その方を後押しし、出会いを通して気付きや智恵、決断力や実行力を与えて下います。
御神事や儀式は、伝えられた災いの先延ばし、小難、無難化、そして回避です。

祈りや願いは、善き未来の流れを創り、善き方向性を創ることです。

善き未来を現実化させるのは、人々が、アクションが小さくても行う行動であり、その行いを日々続けることであり、その行動によって未来は少しずつ変化し形作られて行きます。
******

以前は、私が、ビジョンを見、啓示を受け行程を組み数人や1対1の個人で御神事や儀式をしておりましたが、現在は、夫婦で私がビジョンを見、啓示を受け、神々に確認し、夫婦にて、御神事、儀式を行い、皆様の後押しのお力添えを頂きながら、妻が人々の真心を訴えた後、それについていただいた言葉を、ホームページやメルマガにてお伝えしております。

****

私達は、2015年まで、御神事を通し戦争を回避する為に、もう一度自分自身の行いを見つめ直し、これまで以上に、祈り、御神事を行って参ります。

それには、どうしても皆様のお力添えが、欠かせないことです。

そこで、昨年より「こころのかけはし 祈りの和」としブログやメルマガ登録の呼びかけ、多くの方々に祈りのお力添えを頂き、そのお力添えが広がるようにと伝えております。

これまで同様、祈りと皆様の真心のお力添えと、現実的なご支援の程をよろしくお願い申し上げます。
そして、私達の行動に末永く、お力添え、ご支援をお願い致します。

私達も、自分達の足元を固める為に、行動を起こしてまります。

また、戦争が回避でき、2016年以降、私達の行動も今ほど、移動を行うことは少なくなると思います。その頃は、皆様から頂いていたご支援にて、今度は、世の中を創ってゆく方々の育成や集いの場を創って行きたいと考えております。

The Return of the Ancestors Gathering

2009.04.15.10:44

招待された The Return of the Ancestors Gathering に行ってまいります。
期間中、日本でも現地のイベントに合わせた催しがあるそうですので、お時間のゆるす方は出かけてみて下さい。
下記は主催者側からのお知らせです。

──────────────────────────────
“The Return of the Ancestors Gathering”開催
2009年4月18日~28日  北アリゾナにて
──────────────────────────────
公式ホームページ:http://earthworksforhumanity.web.fc2.com/
──────────────────────────────
非営利団体ICA(Institute for Cultural Awareness)が主催する「Return of the Ancestors」の集いには、世界各国から100名近い長老やシャーマンが集まり、上記日程にてそれぞれの文化や伝統、叡知、祈りが分かち合われます。

この集いは、ICAのリーダー、アダム・イエローバードと、マヤ族の13代目最高神官アレハンドロ長老がリードしております。また、「フラワー・オブ・ライフ」の著者ドランヴァロ・メルキゼデクもこのイベントをサポートしており、集いの全行程に参加されます。
また、日本の北・中央・南の先住民族の長老であり太古からの祈りを今もって続けておられる祈り人たちに働きかけ、今回日本からこの集いに参加していただけることとなりました。

─【全体スケジュール】───────────────────
http://earthworksforhumanity.web.fc2.com/Schedule_Fees.htm
※詳細内容はこちらから↓
http://earthworksforhumanity.web.fc2.com/Schedule.htm
──────────────────────────────
※こちらからアダム・イエローバードの挨拶をご覧ください。↓
http://earthworksforhumanity.web.fc2.com/Guest_Member.htm

また、同じ主旨で同時期に開催される集いをHPにてご紹介しています。開催を予定されている、またこれから予定を立てられる方は、下記4 Directions org.まで、ご連絡いただけますようお願い申し上げます。

──【同時開催の国内イベント情報】─────────────
●"Return Of The Ancestors in AWA Japan"開催●
・日程:4月25日(土)・26日(日)
・場所:千葉県・ 安房 「大山不動尊“高蔵神社にて」
・お問合せ先:一戸佳子 mail:crystaljourney155@yahoo.co.jp

●喜楽童Toshi&七海ヒーリングコンサート
           「地球の子守唄~Gaia's Lullaby~」●
http://www2.odn.ne.jp/~aab66220/ftp.odn.ne.jp/
・日程:4月18日(土) 18時開場/18時半開演
・場所:ベルフォーレ津山
・内容:イベント開催中にBGMとして流れるCD「地球の子守唄」を
制作された喜楽童Toshi&七海 が出演するコンサートです。
4月18日午後6時半から、ROTAに合わせて「地球平和の祈り」
をします。
・料金/前売:一般2000円 学生1500円
    当日:一般2500円 学生2000円
・主催・お問合せ/津山文化振興財団(0868-24-0201)
・チケット/津山文化振興財団、津山市内各所
      喜楽童(0867-28-3757)
──────────────────────────────

◇◆ご寄付のご協力案内について◆◇
皆さんの参加登録費用の一部が、長老たちの渡航費、宿泊費、食事代になります。また、世界各国から一人の長老(祈り人)がこの集いに参加するためには、約5000ドルの費用がかかります。この祈りを成功させるためにも、皆様にご寄付を呼びかけています。賛同していただけたらとても嬉しく思います。ご寄付をいただける方は、以下ページよりお申込ください。
 http://earthworksforhumanity.web.fc2.com/donation.htm


------**-- お問合せ先 --**------------------------------
4 Directions org.は、祖先から受け継いだネィティブの伝統や叡智を東西南北へと届けることを主旨としています。 日本や他国の人々との間の虹の架け橋として、ネイティブの儀式や巡礼の参加、長老集会への参列などの情報を提供したり、 ネィティブの長老などが日本または他国へ訪問される際の窓口として活動しています。

○メール:info@4directionsorg.net (日本語) 
【米国窓口】アイル・グラハム
     ○住所: P.O.BOX 895 - SEDONA,AZ 86339 U.S.A.
     ○電話:携帯+1-928-254-9492 / オフィス+1-928-284-1492
【日本窓口】鈴穂/Suzujo
     ○住所: 〒227-0062
          神奈川県横浜市青葉区青葉台1-32-22-2F
     ○携帯:090-9827-1924(海外通話可)/070-6666-0031
(アメリカ国内携帯:408-391-3805)

5月9日、10日 お話をさせて頂く機会を頂きました。(追記有)(修正有)

2009.04.11.12:40

下記のイベントにてお話をさせて頂きます。
お話をさせて頂くのは、10日(日)の12時30分~13時30分12時~13時12時30分~13時30分で、入場料は3,000円だそうです。(<<追記4/13)
私どもがご神業に至るまでの経緯や、祈りの必要性、平和や幸福などについて私どもなりの感じ方をお話させていただこうと考えております。お時間のご都合をつけてぜひいらしてください。

第7回 セイクレッドプラネット 癒しの春祭り~シャンバラの躍動~
日 時 2009年5月9日(土)10:30~19:00
       10日(日)10:30~18:00
入場料 1500円(前売1000円)
会 場 横浜ワールドポーターズ6Fイベントホール(横浜・みなとみらい)
ホームページ http://www.sacredplanet.biz/

上記のような大がかりなイベントではなくとも、お話をさせて頂く機会がありましたらお伺いします。お話会などを主催して頂ける方がおりましたら、ご連絡ください。

ありがとうございます

2009.04.10.01:16

私達の御神事で神具として祈りに使っておりますものを作って頂きました方々をご紹介します。
平成21年4月18日~28日のアメリカ北アリゾナ州での御神事で使います神具も作って頂きました。

土偶
青森県の柴谷浩二さん

  青森でご両親と温泉宿をしておられます。この温泉は、夢野温泉という名前なのですが、名前の通り夢で見た温泉だそうです。お母様が、夢で何度も土地に温泉が湧く夢を見たそうです。あまりに夢を見るので、掘ってみようと専門家に相談したところ、とっても硬い岩盤だから出ないと断られたそうです。専門家に言われて諦めたのですが、それでも、温泉が湧く夢を見るので、駄目もとで掘ったところ、温泉が湧いたそうで、名前を夢野温泉(夢の温泉)と付けたということです。透明なお湯ですが、とってもすべすべになり、飲んでも身体に良いお湯です。
柴谷様は、中学生の頃から、土偶に興味を持ち、見よう見真似で写真などの資料を元に独学で作っておられます。その出来栄えは、精密に出来ているので学校の教材にも使われているそうです。すべてがお一人での作業で、型をとり、模様などの細部は手作業で入れ、焼いています。80年代の後半にある方が、各国にこの土偶が渡ることで世の中が大きく変わると言い、その方の書かれた地球と宇宙の関係をまとめた本と柴谷さんの土偶を世界の首脳へ送られたそうです。その半年後、ベルリンの壁の崩壊が起こったとのことです。
平和への願いを土偶に託して作っておられます。今回も御神事に使って頂きたいということで作って下さっています。
(写真は焼入れ前のものです。出来上がりは黒っぽくなります。)

夢野温泉:青森県五所川原市大字持子沢字隠川686 TEL:0173-29-3153 FAX:0173-29-3036



かんざしとペンダント
花城勤子(はなしろ いそこ)様
沖縄県竹富町小浜島生まれ石垣島に在住。
素材は沖縄の銘木、八重山黒檀。その八重山黒檀に夜光貝を張り合わせた螺鈿細工です。
木の宝石と言われる八重山黒檀に海の宝石と言われる夜光貝。漆黒の黒檀に彩なす色合いの美しい夜光貝の組み合わせです。
こちらも、すべて手作業で、原材料の木は、英名でエボニーという木です。
ただし、三線に使った余材や古い民家を修復時に出る古材を主に使用しておられ、こだわりは再生。古材に新たな生命の息吹きを与え、伝えたいという思いをお持ちです。螺鈿細工は、貝殻の内側の部分を切って削る手の込んだ作業です。
・かんざし 愛と平和
愛と平和のシンボルは、白い鳩。鳩の羽根を優しい愛のイメージのする柔らかい曲線で表現したかんざしです。
・ペンダンド 愛と平和の花
私たちは全て青い水の星、地球という名の住人です。この星がいつまでも愛と平和でありますように願いを込めて、愛と平和の花を世界中に咲かせましょう。

マーメイド:沖縄県石垣市大川38-4 TEL:090-8294-0777 E-mail: mermaid@chic.ocn.ne.jp
天然の素材を使用した人に優しい、地球に優しいせっけんの他、八重山黒檀などを使ったアクセサリーに癒しの願いを込めた詩を添え、販売しています。

祈り合わせの呼びかけ:追記あり

2009.04.09.15:29

お問い合わせ下さいました方、ありがとうございます。
以下のような時間で行いたいと思います
どうぞよろしくお願い致します。

<浜岡原発付近での祈り合わせ>
浜岡原発付近、150号線沿い、カインズホーム向かいのコンビニ「サンクス」に朝9時集合、祈りは10時から行いたいと思います。

<富士川河口にての祈り合わせ>
国道1号線沿い、道の駅「富士」にて14時30分頃待ち合わせ。そこから河口まで移動し祈りを行いたいと思います。

また、現地にお越しになれずとも、その時間にいらっします場所から、平和、平穏、安定の世の中を共に願い祈りくださいますようお願い致します。


*** 追記 **

4月11日(土)

明治神宮内にあります、清正の井戸にて祈り合わせの呼びかけを致します。
午後14時に清正の井戸付近にて集合したいと思います。
(井戸の回りがあまり広い場所ではない為、お越しになりました方かた順に井戸には手を合わせておいて下さい。皆さんでの祈り合わせは、他の方のご迷惑ならぬよう別の場所で行います)

真心をお寄せいただけます方は、どうか、お力添えをよろしくお願い致します。
また、お越しになれずともその時間いらっしゃいます場所から、平和、平穏、安定の願いを共に祈り下さいますようお願い致します。


満月の祈り

2009.04.09.00:00

満月は、満たす、生まれる、与えるという作用があります。

新月から始めたことが実るということや、達成されるという時期にもなります。

旧暦の1日と15日は、沖縄では、神日として仏壇や神棚、沖縄の方はヒヌカンに御供え物などをしたりし、神と先祖に、日々の感謝をする日となっています。日々の祈りの中でも感謝をしておりますが、本日は改めて感謝を祈られますのに良い日となります

一人一人が善きことへの願いを叶えてゆくことが、善き世へ動いてゆく大きな一つ一つの種となります。


共に、よき道未来、平和が満たされてゆくよう願いくださいますようお願い致します。

白石の鼻にての祈り

2009.04.06.17:00

昨日の白石の鼻での妻が祈りました際の祈り言葉と出ました言葉を載せます

******

この地においての守り神様、皆々様に事明けて申し上げます。
一人一つずつ、持ちしもの、海よりからの徳、天からの授かりしもの、豊かなる土地からの恵み

その 一粒一粒が生きとし生けるもの、すべてを創り、この地に住まわせていただいております。

皆が一つ一つ大切に持ちしものを 気付き暖めそして次の世へ伝えゆく

今それが、一人一人薄れゆき伝ゆるもの、かき消され消えうせ、繋がりたたれようとしております

気付きしものより、その方向性を変えよとし、自らの行い言葉行動により、 少しずつ変えてゆこうとしておりますが、生きとし生けるもの数多く、その方々へすべて言伝され、その実、実らしゆくのは 小さき者たちにとって難しきことでございます。

この地めぐりし海の水
すべての土地を巡り、そして、またここへ帰ってこられます。

どうかこの時、共に真心を寄せ、善き道善き未来へ、生きとし生けるものと共に、自然と共に、またこの星と共に、歩みゆき、そして命繋げ行かせることを願いし者達のこの思い、この風と共に潮と共に思い転写され、流れ、そして、多くの方々の元へと届きますよう導きください。

人々の流れ、変わりし時に、生きとし生けるものすべてと共存しゆくことできましょう。

小さきもの、更に、少しずつ大きなり、善き道善き未来へ歩み行きましょう。
命限りなく、続きゆくよう、この星と共に生きとし生けるものすべてと共に善き道善き未来を共に歩み行くことが出来ますようお導き御守り下さい。

*+***

たてたる いたのように 

かけられし みず
かけられし おもい

けっして はねかえしては ならん

そのおもいのなかに
みずから 
いやすものありし
そこからまた 
ふかきばしょへ 
しみこみしものもありし

ひとつひとつが めぐりゆき
じゅんかんしており

いのちもまたしかり
おもいもまたしかり

ひとびとが てをとり たすけあいながら 
よきみち よきみらいへ あゆみ いざなわれ ゆくのは 
いつのひのことか

よく かんがえ おもい えがいてみるがよい

ともにゆくものとともに あいすべきしもの たいせつなものとともに
そのてを はなさぬように 

ひらけゆくみち かならずや よきみち よきみらいへとねがい
そこから さらに いくたの くなん のりこへて ゆくがよい

みち たいらけきしは なにも のこらん

おもい かぎりなき ふかきしもの
そこにまた ひろいあつめ もとめ きづきしものありしが なかなかそうは ゆかぬもの

いくたの くなん やまあり たにあり
そこから さらに あゆみゆきしことにより
いくたのもとを ひろいあつめることが できようか

ひろいあつめし たから

たいせつにいたせよ

ひとりひとり そのたから ちがいし
あたえられしおもい
あたえられし ことば

しぐさや こうどうなど
いくたのものが あろう


ひとり ひとり ちがいしものである

たいせつなもの ひとり ひとり ちがうのである
 
てをとり たすけあいしも
きょうせいすることは ならぬ

みな よきみちを すすんでおるのであるならば
その さき しょうてん いってん しっかりと のちののちに 
さらにのちやもしれぬが あゆみくることができよう
しっかりと すすまれ ゆかれよ

あらたなるほうこうせい
また ひかり かがやきしもの
みち みうしなうことなく
ひとつ ひとつ すすみゆかれよ

******

こころのかけはし 祈りの和が広がりますように

比嘉良丸、りか

今後の予定、祈り合わせのお願い

2009.04.06.15:37

4月10日の9時に浜岡原発付近で祈ります。
同日14時には富士川河口でお祈りします。

皆様のいる場所からで構いませんので、同時刻に平和、平穏、安定を共に願い祈りください。

**********
お祈りに集中しますので、ブログ、メルマガを10日までひかえます。
11日からはまた載せて行きますので、宜しくお願いします。
11日は、東京の明治神宮でお祈り合わせします。
時間は、また連絡しますです。

**********
真心のお力添えありがとうございます
こころのかけはし 祈りの和が広がりますように

比嘉良丸、りか

大阪城にての祈り

2009.04.06.15:32

祈りの内容、及び頂いた言葉をご紹介します。

善き世 平和、平穏、安定の心やすく、
心豊なる世へ導き下さいますように。

いかなる災いも、小難無難となり、
生きとし生けるものお救いくださいますように。

世の安定にて、人々の心も平安豊かとなりましょう。
真心寄せ、善き道へ歩む為行動をおこしゆる方々多くおられます。
どうか、皆様の真心お汲み取りいただき、
お力添えお導きをお願い致します。


*************************
まちがいは
たださねばならん

みちは
つづかねばならん

たみ
なくしてはならん

ぼうをふったら
わかるのか
きづくのか

ならば
ならん

なにをするにも
みてみぬようでは
ならんのだ

だいじなのは
かんしんをよせよ

ふかくほりさげよ

きづけよ
わがこらよ

きづけよ
ほこさき

*************************
真心のお力添えありがとうございます
こころのかけはし 祈りの和が広がりますように

比嘉良丸、りか

朝の祈り

2009.04.06.06:30

4月6日(旧暦3月11日 巳)

昨日は、祈り合わせありがとうございました。
また、現地、白石の鼻にお越しいただきました方々、ありがとうございました。

本日は、大阪城にて祈りを致します。
西の政治、経済の重要な場所となります大阪にて、政治経済の安定、そして、世の安定、平穏をお祈りいたします。
お城は、重要なポイントであり、また、聖地でもあります。

どうか、本日も皆様の真心のお力添えをどうぞお願い致します。
※14時に大阪城敷地内にあります、豊国神社の前にて待ち合わせとしたいと思います。

~朝の祈り~

本日も朝を迎えることができ、ありがとうございます

どうか、本日も善き道への一粒が足されますように
善き道への一粒がうまれますように

心安く、健やかに、平和で安定した日を過ごすことが出来ますように。

祈り願う時に訪れる、穏やかなる心の状態が、この空気を漂い広くがり、
大切に一日を過ごすことが出来ますように


本日の祈り合わせのお力添え、よろしくお願いします
こころのかけはし 祈りの和が広がりますように。

比嘉良丸、りか

桜島にて出た言葉

2009.04.05.17:00

白石の鼻にての祈り合わせありがとうございました。
これより、淡路を通り、関西へ参ります。

一昨日、桜島にて祈りました際に、妻に出ました言葉を載せます。
****
一つ一つの命の繋ぎ、この大地と共にあります。
生きとし生けるもの、大地と密接に関係し生きゆいております。
今まで同様、これからも大地を御守り下さい。
生きゆきしものを御守り下さい。
いかなる災いも、小難無難と守り、命の循環、繋ぎ繋がれながきに渡り続きますよう御守り下さい。

いきゆくもの
だいち なくてはならん
うみ なくてはならん
かけては ならん
わすれるな
いきゆくもの わすれてはならんぞ


こころのかけはし 祈りの和が広がりますように

比嘉良丸、りか

白石の鼻にて、祈り合わせ致します

2009.04.05.10:00

本日、白石の鼻にて祈りあわせを致します。

海にての命の循環が崩れることがなきように、それは、水の循環でもあり、しいては命の循環への影響となります。
そして、海は大きな清めの場所となります。
この地の清めの力にて、いかなる災いも、小難無難となり、この地を御守り下さいますよう願い祈りいたします

現地にて共に祈りいただけますと幸いです。
また、祈りあわせの時間にいらっしゃいます場所からで結構ですので、平和、安定、平穏へのお心をお寄せいただけますようお願い致します。

朝の祈り

2009.04.05.06:33

4月5日(旧暦3月10日 辰)

おはようございます。

昨日は、阿蘇山での祈りお力添え、本当にありがとうございました。

本日は、伊方原発付近、白石の鼻にて祈りを致します。
伊方原発では、お伝えしますように、自然災害、人災の事故などが起きぬよう、二次災害が起きぬようと願い、人や生きとしけるものへの影響がこれ以上酷くならぬようにと願い祈ります。

どうか、本日も真心のお力添えをよろしくお願い致します。

~朝の祈り~

本日も朝を迎えることができ、ありがとうございます。

呼吸や食べること、生きていることが出来るのも、今ある自然が空気を作り食物を実らし幸を与えてくれるからです。
本当にありがとうございます。

当たり前のことになり、人々は、鈍感になっている方もおりますが、この恵みに感謝し、そして、生きていることを感謝している方々も多くおられます。
生きる為に、自然を破壊してきた私達人間ですが、今、生きる為に自然を大切にすることに気付き始めています。
小さな一歩でしょう。小さな歩みでしょう。
出来ることから、少しずつという小さなものですが、確実に歩んでおります。
どうか、見守られていること、支えられていることに気付き、善き道へ一歩一歩歩み進むことができますように

一人一人の歩みが、大きな善き未来への歩みを創りますように

心の平穏、平安、安定、平和と世の中の平穏、平安、安定、平和になりますように、願い祈りいたします。


本日の祈り合わせのお力添え、よろしくお願いします
こころのかけはし 祈りの和が広がりますように。

比嘉良丸、りか

昨日の濃霧で見えない阿蘇山

阿蘇での祈り

2009.04.04.15:59

阿蘇山での祈り、皆様の真心のお力添えありがとうございました。
本日は、濃霧の為に火口へは行けませんでしたので、ロープウェイ乗り場横にあります、お寺の奥院にてお祈りいたしました。

この悪天候の中、お越し下さいました方本当にありがとうございました。

本日は、これより、大分へ向かい、そこからフェリーに乗り、伊方原発へ向かいます。伊方原発では、自然災害や人災にての影響がなきように、もし影響があるようなことがあっても、小難無難となるように、命の循環が壊れることがなきよう祈りいたします。

その後は、白石の鼻へ向かい、海にての命の循環が崩れることがなきように、それは、水の循環でもあり、しいては命の循環への影響となります。

明日も、また、日々の祈りのお力添えをよろしくお願い致します

昨日の祈りにて

2009.04.04.11:30

昨日、川内原発付近にて祈りをした際に妻に出ました言葉を載せます。

****

たえまなく ながれいずる
ふところより ながりくる
おもいたいせつに いたせよ

あいすべきこと
いのち かんがえること たいせつなまでに


****
(上の文章とは違う存在が語りかけてきました)

いくたの くなんをのりこへ ここまできました
よきみちへ みらいに つなげゆくのも
くなんのみちのりです

しかし
つみあげてきたからには
あらたなるきずきあげもできるはずです

そのための くなんのまなびなのではなかったのですか

あらたなる ひをめざし
いまあることに まなび
いのちつづいてゆきなさい


こころのかけはし 祈りの和が広がりますように

比嘉良丸、りか

桜島 桜島2
川内原発 川内原発付近の海


朝の祈り

2009.04.04.06:30

4月4日(旧暦3月9日卯)

本日は、14時に阿蘇山にて祈りを致します。
現地にての呼びかけをしておりますが、お越しになれずとも、いらっしゃいます場所から、共に、平和、平穏、安定の願い祈りをお願い致します。

~朝の祈り~
本日も、朝を迎えることができ、ありがとうございます。
一日一日、過ごし行くなか、これからも、この星、この地が自然に恵まれてゆきますように。
四季折々、その季節季節が、その季節らしくあり、その中で育まれてゆく命が生まれ続けてゆきますよう御守り下さい。

自然と共にあることにて、命が繋がりゆきます。
今そのことに気付き、多くの方々が歩みゆく道を変えています。
一つ一つは小さな変化かもしれませんが、その小さな変化が、広がりゆきましょう。
まず先に気付き、そして、勇気をもって道を創ってゆかれます方々を後押し、お導き下さい。
そして、気付き習い行く方々をお導き、お守り、そして、どうかお支え下さいますようお願い致します。

こころのかけはし 祈りの和がひろがりますように


比嘉良丸、りか

夜の祈り

2009.04.03.22:31

本日も、真心のお力添えありがとうございます。

本日は、朝の天草から、鹿児島、川内原発、港より桜島、そして現在阿蘇に向かっております。
この噴煙のおかげで富士が落ち着き、そして、この大地が繋がっているということを知ると、ただただ、感謝するほかありません(西火山帯にて富士と関係している為です)
どうか、これ以上の大きな被害とはならぬように、そして、これからも、この地を御守りくださいますようお願い致します。

~夜の祈り~

宇宙の仕組み、自然の仕組み、命の循環の仕組みが狂う事無く

私たち、人間が、日々の暮らし生活の中に足元に
愛、幸せ、喜び、豊かさ、平和が有る事に気付き
人として、人間として、遣るべきこと、成しえることに気付き
人、人間としての覚醒することを導き下さりますよう、
お願い申し上げます。

人々が、眠りの床に付いた時、
その日に、憑いた、如何なる、因果、因縁を清め、改め、洗い流し

また、心と身体の疲労を取り除き、下さいまして
翌朝、目覚めたとき、生きる喜び、生きる力に満ち溢れた心持ちで
朝を、迎へ入れることが出来ますよう
見守り、導き下さりますこと願い祈り申し上げます。

人々の心が、平穏、平安、安定、平和、
この世の中が、平穏、平安、安定、平和でありますように


~本日の祈りにて出ました言葉です~

もろびとの なか
ひなたと ひかげ あり
どちらも おなじ どだいにある
みえぬかえ たいせつなもの あるぞ
くらく こわくとも
みつけ とることできるのは
おのれの め だけである
ひとは きづけても
ひらうことは できないのだよ

こころのかけはし 祈りの和が広がりますように

比嘉 良丸、りか

明日阿蘇山にて(祈り合わせのお誘いに訂正有)

2009.04.03.13:21

本日も、真心のお力添えありがとうございます。

先ほど、川内原発を終えました。
この後、桜島などを回り、明日阿蘇山へ参り、大分へ向かい、四国の伊方原発へ祈りに参ります。

明日の阿蘇山にて祈り合わせを行いたいとます。
お越しになれます方は、明日(4月4日:土)午後1時頃に、阿蘇山火口にありますロープーウェイの駅付近まで、お越し下さいませ。

翌日は、愛媛の松山城にて祈り合わせを致したいと思います。
時間ですが、祈りと移動の為、現時点でお伝えすることが難しいので、明日にはお伝えしたいと思います。

※松山城とお伝えしましたが、下記の場所に変更いたします。
日付:4月5日(日)
場所:愛媛 白石の鼻(愛媛県松山市高浜町6丁目)
時間:14時
どうぞよろしくお願い致します
 
月曜日は下記のように予定しています。
平日ですが、お時間のゆるす方はいらしてください。
日付:4月6日(月)
場所:大阪城
時間:14時


どうか、皆様の真心のお力添えよろしくお願い致します。

朝の祈り

2009.04.03.07:51

4月3日(旧暦3月8日寅)

おはようございます。
本日は、天草から本土へ入り鹿児島、川内原発へ参ります。
今、色々な、原子力に変わるエネルギーが開発されていますが、なかなかそのエネルギーへの移行にはなりません。

そこに関わる経済や政治などによる為でもあることでしょう。
しかし、広島、長崎と原子力というものの怖さを知っているからこそ、それに頼らないものを利用する方向に動くことが必要なのではないでしょうか。
もちろん、そこに関わる方々の生活もあります。
新しいものへゆっくりと移行してゆけたらと願い、祈ってもおります。

~朝の祈り~
今日と言いう日が、皆様1人1人にとって
良き一日でありますように

今日一日、家や出先・学校・職場など如何なる場所に置いて
事故や事件・災害などの災い巻き込まれる事なく
また、人と人の心に不調和が生まれ
対立や争い・いじめ・虐待などが起き巻き込まれることなく

今日一日、無難で、人と人の心に調和のとれた日でありますように

日々の、暮らし生活の中で、心身に病に見舞われえることなく
如何なる、心身の病を自ら克復し、心清らかに豊かに
幸せ中で喜びに満ち溢れ、生きる喜び・生きる力にとなり
その力が、世の中を変え・未来を変え

良き世の中・良き未来を創ることができますように

私たち、1人1人が人として人間として生きる意味に気付いて
私たち、1人1人の暮らしの中に、日々の生活の中に
愛・幸せ・喜び・豊かさ・平和があること知り感じることで日々の生活暮らしをあゆむなか 

1人1人が、神の心を知る、自然のありがたみを心で感じ
祖先の思いを心で受け止め、人の心の大事さを知り

1人1人が良き世の中、良き未来つくりてとして
次の世代への導きてとなるよう、心より願い祈りいたします

心の平穏、平安、安定、平和と世の中の平穏、平安、安定、平和になりますように、願い祈りいたします。

本日の祈り合わせのお力添え、よろしくお願いします
こころのかけはし 祈りの和が広がりますように。

比嘉良丸、りか

夜の祈り

2009.04.02.21:12

本日も、真心のお力添えありがとうございます。
長崎から天草諸島を移動しております。

こちらから本土へ移動しますフェリーの最終便が出てしまったので、本日は、こちらで過ごします。
島を結んでゆく為に明日のフェリーを待ち、鹿児島、川内へ移動いたします。

~22時の祈り~

宇宙の仕組み、自然の仕組み、命の循環の仕組みが狂う事無く

私たち、人間が、日々の暮らし生活の中に足元に
愛、幸せ、喜び、豊かさ、平和が有る事に気付き
人として、人間として、遣るべきこと、成しえることに気付き
人、人間としての覚醒することを導き下さりますよう、
お願い申し上げます。

人々が、眠りの床に付いた時、
その日に、憑いた、如何なる、因果、因縁を清め、改め、洗い流し

また、心と身体の疲労を取り除き、下さいまして
翌朝、目覚めたとき、生きる喜び、生きる力に満ち溢れた心持ちで
朝を、迎へ入れることが出来ますよう
見守り、導き下さりますこと願い祈り申し上げます。

人々の心が、平穏、平安、安定、平和、
この世の中が、平穏、平安、安定、平和でありますように

こころのかけはし 祈りの和が広がりますように。

比嘉 良丸、りか

本日の祈り

2009.04.02.16:28

日々暮らしゆけますことを感謝いたします。
この地にてあった出来事を二度とおこすことが無きように、一人一人が平和という時を大切にしていきゆきます。
道それぬよう、見失わぬよう、同じことが繰り返されぬようどうか見守りお支え下さい。

****
ひとりひとりのこころが

へいわで
おだやかであれば
すこしは
かわるだろう

わきいずる
いずみは

おのれの
なかに
あり

なみうつ
みなもに
しては
ならん


長崎を経て、天草諸島をフェリーで渡り、鹿児島、川内原発へ参ります。

こころのかけはし 祈りの和が広がりますように

長崎 その1 長崎 その2 長崎 その4

壇ノ浦での祈りと言葉

2009.04.02.12:30

壇ノ浦での祈り

一人一人が平和への願いを込め祈り、そして、少しずつでも自らの行いをもって明日という日の未来や、瞬間というすぐの未来を勇気をもって善き方向へ変えようとしております。
その勇気、行動、心をどうかお支え、お導き下さい。

生きとし生けるものと共に歩み行けるように、この星と共にあるように、真心より願い祈り、そして、繋げられてきた命、伝えられてきた心、大切にし続けゆく方々数多くおられ、平和を築く為にも次へ繋げてゆかれます。
どうか、ゆっくりでも一つ一つ着実に築き上げられてゆくことが出来ますよう御守りお導き下さい。

****

とおい かこでもない
すぐちかくに あったできごと
うすれてしまう

たいせつなもの
うすれゆく

たいせつなもの
こわれゆく

どうしたら
きづく
どうしたら
つたえる

おこなうだけでよい
にちじょうの
ささいなこと

ささいなこと
これこそ
こわれやすし

たいせつに
なされよ

朝の祈り

2009.04.02.08:50

4月2日(旧暦3月7日丑)

おはようございます

昨夜、11時に長崎の平和記念公園へ祈りの為移動していましたが、夫が運転中に足の痛みと偏頭痛を伝えてきました。
休憩を取り足のマッサージなどをしていましたところ、この痛みは、長崎の前に壇ノ浦にて祈りをするようにとのお知らせと解り、壇ノ浦にてお祈りを致しました。

古の争いの因果因縁に対しても、平和への願い祈りをするようにとの教えでした。
本日も、真心のお力添えお願い致します。

~朝の祈り~

本日も、朝を迎えることができありがとうございます。

平和、平穏、安定への道を歩めるように、お支え御守りお導き下さい。
道迷いし時には、一人一人が気付けるような形にて、お知らせ下さい。
勇気の一歩が必要な折には、どうか、お支え下さい。

自らの足で、自らの行動にて創りあげてゆくことを、決して忘れず、小さな歩みでも、ゆっくりと進む私達を、どうか、見守り、お導き、お支え下さい。

大切なことを忘れそうな時には、わかる形にてお伝え下さい。
一つ一つ、歩みゆきます。
本日も、どうか、見守り下さい


こころのかけはし 祈りの和が広がりますように

比嘉良丸、りか

(お言葉は、もう一つへとのことですのでメルマガ配信へ送らせていただきます)

本日の祈り

2009.04.01.15:08

本日、急な祈り合わせの呼びかけにもかかわらす、共に願い祈り心お寄せ下さりありがとうございました。
これより、また九州へ向かいますが、行き先を長崎の平和記念公園へと変更し移動いたします。

先ほどの、平和記念公園での妻の祈りと頂いたお言葉を載せます。

****

世の平和、心の平和を願い祈り、心寄せて下さる方々が数多くおられます。
小さなことからでも、平和を願い祈り日々の行いをされている方々が数多くおられます。

一人一人に、更なる心の平和が訪れますように、そして、それを続けてゆくことが出来るよう一人一人を支え下さい。
一人一人が、常に意識し、二度とこの地で起こった出来事を繰り返すことが無きように。
心の平和を保てるよう挫けることがなきよう、お支え下さい。
善き世への道しるべどうか照らし下さいますようお願い致します。

*****

つながっているのは、よのなかばかりではありません

ひとのこころも
つなかっているのですよ

ひとりひとりのおこないによって

みらいのよは
できあがっていきます

おこないのなかには
こころがはいります

おこないがつたわるというのは
おもいもいっしょにつたわるということです

よいこころもちになるのも
よいおこないをするのも
どちらがさきでもかまいませんが

こころとおこないがそうように


真心のお力添えありがとうございました。
こころのかけはし 祈りの和が広がりますように
<こころのかけはし メルマガ登録>


比嘉良丸、りか

平和記念公園 その1 平和記念公園 その2

平和への祈り

2009.04.01.11:58

昨日、お伝えしましたが、本日は、平和というものを今一度改めて考え、願い、そして、何か小さなことでも平和へ繋がる一つを行動することができるように願い祈りたいと思います。

現在、広島県に入っており、これから広島平和記念公園に参ります

13時に、平和への願い、調和、安定の願い祈りを皆様がいらっしゃいます場所からで構いませんので共に願い祈りいただけますようお願い致します。

朝の祈り

2009.04.01.09:19

おはようございます。
現在、九州へ向け移動をしております。

本日の朝の祈りですが、昨日、メルマガ登録者へということで配信しました言葉を、皆様にも読んで頂きたいと思い、今日はブログにも掲載いたします。

よくみちを みてごらんなさい

そのみちが ただしいか どうかなど
わからないでしょう

ただしいか どうかは
そのものが ひとすじの
しんをもちながらも

おのれを ふりかえることができ
そして 
あらためることが できるか

その くりかえしにて できた
あたらしいみちが

ただしき ほうこうへ
ゆくだけです

つくられて ゆくのですよ

そして
たいせつなものは もってゆくのですよ
じぶんで

はなさぬように しっかりと

***
本日も、真心のお力添えをお願い致します。

こころのかけはし 祈りの和が広がりますように

比嘉良丸、りか
情報サイトリンク

◆地震情報《気象庁》
◆火山情報《気象庁》
◆台風情報《気象庁》
◆警報・注意報《気象庁》
◆海外の地震情報《JIS》
◆マーケット情報《ロイター》

イベントのお知らせ
最近の記事
関連サイト
検索フォーム
年別アーカイブ
携帯用QRコード
QR