沖縄聖地祈りの巡礼参加のお誘い

2009.09.29.19:27

最近は以前のように柔軟な対応で日程を組めないこと申し訳なく思います。
巡礼への参加をご希望の方は、下記の通りご案内できる日時を空けておりますので、是非ご検討下さい。

 ◎10月5日 ~ 一週間ほどの間にスタートする巡礼。
 ◎11月20日 ~ 一週間ほどの間にスタートする巡礼。


巡礼コースは1日、2日間、3日間、4日間、一週間の各コースがあります。詳しくは こちらをご参照下さい。

  >>問合せ申込み


また、11月15日は大国みろく大社裏手の山にあります天の岩戸(鍾乳洞)が神開きされた日として、それを祝い艮祭を毎年催しております。今年は、皆様から頂いた未来への手紙及び各地から送って頂いたお水を使っての御神事を行います。ご都合がつく方は、是非いらしてください。

  >>問合せ

本日の祈り合わせ

2009.09.27.08:38

昨日、15時に高浜原発での祈り合わせとしていたのですが、各所の祈りの時間が長くなり、15時に祈る事ができず、21時に祈りを致しました。

終わり次第、東京へ向かい、途中、夜中にはなりますが、浜岡原発付近にて祈りを致しました。

本日は、13時明治神宮にて祈り合わせを致します。現地までお越しになれますか方は、ご参加下さいませ。現地に来れずとも、その時間にいらっしゃいます場所から、平和、平穏、安定を共に願っていただけますようお願い致します。

今回は、なかなか書き込みが出来ず皆様には、ご心配をおかけしております。パソコンの通信機器が壊れてしまい書き込みが思うように出来ない状態でございました。
明日以降からは、また書き込みをさせていただきますので、どうぞ、宜しくお願い致します。

祈り合せのお願いと現在の移動状況

2009.09.25.14:30

いつも、真心のお力添えありがとうございます。

祈り合せのお願いと現在の移動状況など、お知らせしたく書き込みいたしました。

日頃からご支援いただいている方々への御祈りを9月23日の夜中に御祈りさせて頂きました。
秋分の日には岩戸ダムの遺跡で御祈りさせて頂きました。(岩戸ダムの遺跡は古代の天文観測所になります)

今現在は富山県から石川県に入り、志賀原発におります。今日はこの後、福井県の敦賀原発・高速増殖炉もんじゅ・美浜原発で祈ります。

明日(26日)は午前中に大飯原発で祈り、15時に高浜原発でお祈りをいたします。

その15時の高浜原発での祈りの際に祈り合せのお力添えを宜しくお願い致します。

また、27日には東京に戻り、13時頃に明治神宮内にあります清正の井戸付近にてお祈りをします。お越しになれる方は、ぜひ現地にいらして一緒にお心合わせをお願いします。現地に来れなくともその時間にいらっしゃる場所から祈り合わせて頂けますことをお願いします。


(現地でのお祈りにご参加頂けた方で、ご希望の方には有料にて個人的なお祈り、またその方をサポートする存在からの言葉をお伝えしたいと思います。お代は今後のご神事等の活動費や御宮の修繕費に充てさせて頂きます。伝えられた言葉は、その場で録音したものを基に、後日紙に起こし、郵送いたします。ぜひご検討下さい。お一人:1万円)

帰国後と今の移動状況

2009.09.18.12:57

いつも真心のお力添えありがとうございます。

カナダから、帰国致しました。皆様にカナダの報告をいたそうと思っていたのですが、カナダから帰国するなり啓示が降り、その啓示にそって現在御神事をしております。

カナダの報告は、改めて書き込みをさせて頂きます。

今行っております御神事は、東海と関東から東北にかけての東海岸沿いを祈りながら北上しております。

7月のグリーンランドの帰国直後に、新潟柏崎刈羽原発が危険であるとの啓示と、東海、南海、中部南海の地震が危険であるとの啓示が強く入り祈りをいたしました。その後は、関東での地震の啓示があったため祈りしておりました。

今回のカナダからの帰国直後は、関東での地震が強く啓示でまいりました。
この啓示は、以前からあるもので、皆様にも12時の祈り合わせとして祈りをお願いしております。

カナダの御神事へ行きます前に書き込みましたが、私達は、当初、御神事に行く前に、関東、東北を祈り、そしてカナダの御神事へ行く予定でした。
しかし、沖縄の旧盆が重なったこともあり、本州へは、3日に入り日本を出発します6日までの間に出来る限りを回り(東京湾海ほたるから神奈川、東京を海から祈り、移動して千葉、洲崎、犬吠埼)4日の朝までに終えることが出来ました。また、事前に台風の浄化が入ったこともあり、心配していた4日の地震は想像してたよりも小さくすむことができました。

ですが、カナダ帰国後には、やはり再度強く同じ啓示が伝えられました。

この啓示は、とても強く危険を伝えてきており、そして、まだ、回避できたということを伝えられておりません。
帰国後、時差ボケもあり15日は啓示を受け取ることに集中しました。

そして、夫婦でまわるようにということから、再度海ほたるから始め、茨城の東海原発、福島第一、第二原発、宮城の女川原発と、東海岸沿いの各原子力発電所の無難を祈り北上、青森へ向かっております。

それと共に、現在、台風が太平洋側を移動しておりますが、この台風が上陸しないようにということも、常に祈っております。
幾度か啓示についての書き込みでふれましたが、食糧難の啓示もきております。
収穫の時期にあたる今、台風の上陸は食糧難の状況を早めてしまいます。

ですが、台風はこれから起こる災いの前もっての浄化の意味もあります。
関東、東北地方の地震の危険が高いほど、その台風の大きさも比例してきます。
ただ、今の時期の上陸は地震の浄化をしてくれたとしても、先に書きました食糧難を伴います。
兎に角、上陸することなく、そして、本来の浄化の役目も果たしていただきたいという願いも神事の祈りに含め、北上しております。
幸いなことに、台風は、東側の海上を移動しております。
海を掻き混ぜ、プレートの浄化をしていただいていると感じております。

簡単ではありますが、無事の帰国と現在の移動状況をご報告させていただきました。
また、改めて書き込みを致します。

先に書き込みました、19日、20日の祈り合わせも、平和、平穏、安定を願い、どうかお力添えをお願いいたします。

皆さまに祈り合わせのお力添えお願い致します

2009.09.18.11:16

皆さまに祈り合わせのお力添えお願い致します。

9月19日(土) 朝8時   十和田湖
9月20日(日) 午後3時 井の頭公園

今日、青森県に入りまして、東通原発、六ヶ所村にてお祈りしました後、明日は、朝、十和田湖で8時からお祈り致します。

この朝の8時の祈りに皆さまのお力添えをお願い致します。

そして、9月20日の昼1時に井の頭公園到着を、目指し祈りながら南下致します。

皆さまには、昼間3時頃に祈り合わせのお力添えをお願い致します。

9月20日、 井の頭公園に3時に雨天にかかわらず、私達は、祈り合わせを致します。
台風の影響で天候が心配されますが、天気も良く、現地にてお力添え頂けます方はご参加下さいませ。
また、現地にお越しになれずともその時間いらっしゃいます場所からで構いませんので、祈り合わせのお力添えをお願い致します。

もし、台風の影響で私達自身も井の頭公園に着けない場合も考えられます。
その場合は、祈り合わせの時間に居ります場所から祈りを致します。

どうぞ、宜しくお願い致します。

カナダに向かう前に

2009.09.06.13:00

いつも、有難うございます。

8月16日に書き込みました毎日12時の祈り合せ及び台風への祈りにお力添え頂きまして有難うございます

私は、関東から東北にかけての太平洋側、関東の内陸側の範囲の自然災害、地震や噴火を特に懸念していました。今の所は小難で治まりましたが、農作物にたいしての被害は大きいです。今年の農作物被害の影響は、来年に大きく関わってきます。心配なのは、来年です。世界的な食量不足が起きると怖い事だと危惧しています。

今回の選挙に関して神が私に伝えて来たことがあります。

「政治の流れが大きく変わりこれからが本当に大事になる。
目先でなく、政治の裏表を深く見据え、先を見る事、国内外の現在状況、問題を知り、先の情勢を予測することでその先の未来が見えてくる。その結果、国の内情・国政の問題点を知り福祉・外交・和平、そして、経済の本質を知り経済を良くすることが出来る。一人一人が政治経済をよく見て、よく考えて答えをだすと自然に何らかの行動を行うようになろう。一人一人自ら国創り・世創り・未来の創り人となり、それは、地球規模を意味することとなる。」

と伝えてきました。

*****

私は、9月1日に上京し関東か青森までの太平洋側を祈る予定でしたが、実は、3日に東京入りしました。本来は、先月8月26日から上京して御神事を行う予定でしたが、行く数時間前に変更を行うことになり、9月1日は、空港でのチックイン直前での変更となりました。
これは、上京しようとする度、妻が腹痛や身体のいたる所に痛みを訴えてきた為でした。9月1日も夜中腹痛を訴え一旦治まり、朝、空港に向かいチックイン間近になり足の痛みを訴えてきました。そこで、空港のカウンターで出発日の変更を行うとピタリと痛みが治まりました。その理由は、私にあります。

沖縄では、その時期は旧盆ということで、祖先を迎えて感謝するという先祖に対しての大きな意味がある時期でした。それを、9月4日に関東で地震がくるという啓示が強くありましたので、先祖よりもその地震の小難の祈りを優先して行動を起こそうとしました。このことが、神仏一体という意味合いから、足止めをされたのも事実です。

しかし、9月4日は本当に大きな地震の啓示がきていたので、旧盆の最初の日は参加し、最後の9月3日に本州へ渡りましたが、9月3日中に全てを回り祈ることが難しかったので東京湾海ほたるから神奈川、東京を海から祈り、移動して千葉、洲崎、犬吠埼を祈り回り4日の朝までに終えることが出来ました。
本来は東海第二原発まで向かう予定であったのですが、そこまでは向かうことが出来ませんでした。

神々は、後押しとして台風で先に気がかりな地域を清めてくださったと確信しております。現在、発生している台風は、また、本格的な浄化となりますので、どのような流れを進むか、大きな意味をなします。その意味とは、地震、政治、経済、食料不足に対しての浄化なので、台風の進路によってそれを伺い知ることができます。

また、もう一つ理由があります。
カナダへ向かわなければならないと書きましたが、実際には、秋口にロシア、千島列島からカムチャッカ半島、または、サハリンからウラジオストック、バイカル湖のご神事を行うようにと神から強く言われていました。これは、カナダとロシアとの祈りが完全に違う流れでもあるためです。

カナダは、これまでに私達が繋げてきたご神事の流れでありますので、断ち切ることは出来ません。一方、ロシアは感染病に対しての啓示として行くようにと強く伝えられてきました。

ロシアの永久凍土が溶けてそこから発生したウィルスが動物を媒介して、ロシア、中国、朝鮮もしくは、ロシアから直接日本へ入ってきた場合には、今の新型ウィルスと融合し新たなウィルスとなって人間に広がってゆくという啓示です。
それは、今年の秋口から始まり、来年の春に本格的に流行するということを啓示にて受けております。それを回避するために、カナダに行き、北上して北海道または東北からロシアに渡り、日本一周をしなさいという啓示が実際には伝えられています。

しかし、カナダの時に書き込みましたが、気力、体力はなんとかしても、恥ずかしい話ですが、到底費用が追いつかない状態です。私も神に、こちらの状況を訴え続け打診してきました。

カナダにも、ロシアにも、日本一周にも相当な費用がかかります。今回、皆様からのご支援とお守りの売り上げ費用でカナダと日本一周は有難いことにお陰様で行える状態になりました。本当にありがとうございます。

しかし、神にロシアまでは到底無理であること、しかしながら、来年の春までには行けるように何とかするということや、日本一周することでウィルスの流行などを先延ばしすることは出来ないかと打診しました。
しかし、神から日々見せ伝えられる、感染症が広まった時のビジョンはあまりにも深刻な問題となってきており、これが現実となってしまうことを考えると精神的にも苛立つ日々が続いております。

以前にもお伝えしましたが、私が見るビジョンは、回避できるものであるということをご理解いただきたいと思います。科学的な観点などではなく、啓示に基づいておりますので、科学的な根拠はないのですが、今までの経験上、見せられたビジョンについて何らかの対処をとらないと起こってしまうのは事実です。

見せられているビジョンは、なにもしなければ100%起こるという思いと、御神事を行い、また、人々が気付き、行動を起こすことで100%回避できるものであると確信しています。

私達はロシアの行程を調べ、10月始めにサハリンスクを祈り戻ってくるということをカナダに向かいます今日決断しました。

******

神は私に今回のカナダでの御神事の意味は、昨年からの御神事の流れを繋ぎ結び、形にする意味を持っており、それは、世の中の流れを創る・未来の流れを創るという意味があると言います。

自然界の神々も大きく分けると、これ以上地球の状況が悪化しないようにする為には、元凶となる人間という種を排除しようとする神々と、我々人間に早く自然と共に地球という星で生きる意味を思い出して、人間は自然の子であり神の子であり、神々の使い人として自らの行いで多くの命を次の時代に、未来に繋ぐ役目を果たすことを望んでいる2通りが存在します。(これは、あくまでも、私達に伝えられてきていることです。)

前者は、地球とその上に住む、人間以外の命を護る、後者は、現在の悪化している全ての物事を人間が克復、解決し、善き地球を創るという方向性です。

そして、今地球は生まれ変わろう、再生しようとしており、生きてゆく営みとしての地震や噴火などの自然の動きが行われています。現在、人々の本来の地球上での役割、自然、地球と共に暮らし、そして、次へ命の繋ぎを行うということを人間が思い出し、善き方向を創るよう促している神々が、私達に啓示として善き方向への道を伝えてきてくださっています。

昨年3月のマヤの最高神官ドン・アレハンドロ氏は、世界で間違って伝えられているマヤの予言を訂正しに来られました。12月のセドナでは、ホピの予言の丘に書かれている内容を知り、私達のやるべきことを確認しました。

4月のアリゾナでの祈りは、世界中のシャーマンが集まり、今ある叡智を分かち合い、未来へ繋ぎ、繋がってゆくように祈り、儀式を行い、7月のグリーンランドでは、今の地球の現状を知り、そして、現状を受け入れ、尚且つ、共に生きてゆく方法を探すという祈りとなりました。これらは、次のカナダの御神事への繋ぎ結びとなっており、カナダでは、次の世代の若者や子供に、叡智を受け継ぐという意味の祈りとなります。

これらの根底にあるものは、次の世代への橋渡しであり、未来を創ることです。人々の気付きの種が蒔かれ、人々が自らの行いによって善き未来の流れを創っていきます。

そして、その祈りの時々で、日本を回っているということは、その祈り儀式をしてきたエネルギーを日本中へ、日本の人々へ繋いでいるという意味があります。

しかし、その一方で、人間が気付かずに、あまりに地球の現状を無視した行いや、他の生命を無視した行いが続くようであれば、地球そのものの存在や地球上の生命が失われてしまいます。そうならいない為にも、その原因となる人間という種を排除しよう。それは、現在流行している、ウィルスであり、これは警告であると伝えられました。

このままの現状が続くようであれば、その後に発生するウィルスは、新たなるものとなり、これは、本当に脅威となるもであろうと伝えてきています。

地球は今、再生しようと、新しく生まれ変わろうとしています。それが、地殻変動であり、地震や噴火という形になります。その動きの中で、地球の再生の後に人間が地球と共に命の循環を繋ぎ新たな未来を築けるか、人間の行いで地球が再生する前に命の循環を壊してしまい、結果この星を死滅させてしまうかという選択に迫られています。

前述しましたような、食料危機やウィルスなどのネガティブなビジョンや啓示を伝えられていますが、これは、このままの状況を続けてゆくと迎える未来の警告であり、神からの助言でもあります。この助言から、これらを回避する為に自分達が行動を起こすことにより、善き未来を生み出し迎えることができます。

********

今後も引き続き、お昼の祈りのお力添えをお願い致します。
(多少、時間がずれても構いませんので、お力添え下さいませ)

カナダから戻りましたら、旧暦の1日、15日、新月、満月の祈りを書き込んでゆきますので、その時も、どうか、願い祈りのお力添えをお願い致します。

春分、夏至、秋分、冬至の際にも、祈りの呼びかけを致しますので、お力添えをお願い致します。

今回の御神事の締め括りで行います、火と水の儀式は、今後も御神事の締め括り毎に行ってまいりますので、今後も、未来への願いのお手紙とお水のお力添えをお願い致します。

**************

【お守り、巡礼、個人祈祷、お話会、そして、これまで公表せずに祈っておりました支援金をいただきました方々への住所連絡依頼について】
☆☆
現在、行っております個人祈祷は、善き人生を歩めるように、見え隠れしている問題点、克服することなどを守護する存在から伝えて頂き、その方に、常に守護する存在から見守られ導かれていることを伝え、自らが気付くように願いお祈りさせていただいております。

☆☆
お守りは、守護する存在や聖地の神々、自然の神々からも常に護られ導かれ、自分自身にしっかりと芯をもって善き道を歩めるようにと祈りをさせていただいております。

お守りを持つ方が、これから先の人生において、どんな困難が訪れたとしても、自分自身で乗り越え生きる力、生きる素晴らしさ、喜びに満ちた人生を歩まれますように、見守って頂けるよう祈りを込めております。

☆☆
巡礼は、直接、聖地で自ら祈ることにより、守護神や聖地の神々から見え隠れする問題や克服に対して助言を頂くことであり、自ら気付き、歩む未来に対して、守護する存在と共に聖地の神々からもその歩む為の力(霊的能力ではなく、人との縁、忍耐、行動力、知恵など)を頂くことになります。

※特に巡礼は、直接、ご自身が聖地に行き祈るということから、本人が、人生に天命を求め、それは大きな変化を求めているということになります。ご自身がしっかりとした信念と意志を持ち参加されれば、その後、色々な変化が起こってもその変化を正しく理解し強い意志と信念で善き未来へゆくようにと後押しする為に、神々が動き、導かれて行きます。しかし、興味本位や意志があいまいな状態などで参加されますと、その場合、神々はその方の本来の道へ導くように気付く為の変化や促しを起し動きますが、ご自身の意志が伴っていない、理解出来ていない分、その後は翻弄されるような状態になりますので、参加される場合は、ご注意下さい。

☆☆
祈りの呼びかけに関しましては、一人一人の願いを神々に伝える、訴えるという意味があります。自分達の願いを叶える為に、力を貸して下さい、導いて下さいということであり、叶えて下さいというものとは違ってきます。日々の生活の中や、行動の中から自らの願いを実現させてゆくことが主旨となります。

☆☆
支援金を頂きました方々は、肉体は共に行動できずとも常に魂と心は共にご神事に参加し、未来を創る為の行動を行っていると私達は受け取っております。神々には、その旨を伝えて、この方々を、未来の創り手として導き、支え、後押ししてくださるように願い祈っております。


このような主旨で祈りを行っております。以前、「世の中のことに対して寄付したので、自分のことを祈ってもらうのは申し訳ないので結構です」ということを伝えられたことがありますが、ご自身の幸せなどを祈り願うことは決して利得信仰ではありません。

一人一人が、幸福であり心豊かで平穏、平和であることは、世の中も平穏、平和であるということに繋がります。それが基本となりますので、お祈りをさせていただけますようお願い致します。

☆☆
啓示や、参加した祈りの儀式で見聞きしたことを直接お話してゆくことが大切だと感じ、お話会をさせていただいております。また、その場所の提供を呼びかけております。ご協力下さいます方は、お問い合わせまでお願い致します。


私達は、私達と関わります方々が大小なりとも御神事に参加しているという意味を持ち、善き国、世の中、未来の創り手として、きちんと神が見守り、お使い下さるという神からの教えに基づいて、今年、個人祈祷やお守り、巡礼、祈り合わせの呼びかけに力を入れるように致しました。

お一人お一人が、未来の創り手であるという気付き、自覚、強い意志と行動を行える為に、金額の設定をさせて頂きました。

頂きました売り上げ金は、全て御神事に使わさせて頂いております。
心から感謝しております。ありがとうございます。

これからも、どうぞよろしくお願い致します。

9月23日秋分の日に感謝の意を込めて・・・

2009.09.01.23:34

9月23日秋分の日に感謝の意を込めて・・・
私共夫婦が、この数年日本列島はじめ外国まで御神事の御勤めが出来ますのも、皆様のお力添えとご支援が、あったからこその賜物だと、私共夫婦は、誠心から感謝申し上げております。

先日の書き込みにも書かせて頂きましたが、9月23日秋分の日の御神事の際に、今までご支援のお振込みをして頂いた方々へ感謝の意を込め、御一人御一人改めてお祈りをさせていただき、お礼の手紙もお送りしたいと思っております。

時期は問いませんので、今までにご支援金のお振込みをして頂いたことのある方は、お名前・生まれ干支・ご住所・ご家族のお名前を問い合わせまでご連絡下さい。

ご本人とご家族の健康や幸福を願うということは、決して利得信仰ではございません。
ご本人とご家族の日々の生活が幸福であるということは、世の中が平穏、平和の中で暮らしているという意味を持ちます。それは、世の基本であり大きな意味を持ちます。
ぜひとも、ご本人様含めご家族様の御祈りをさせて頂きたいと思っております。

9月6日から、カナダやその他外国をはじめ日本列島と沖縄周辺離島の御神事を終えたたあと最後に私共大国みろく殿の神殿及び天岩戸・天の岩屋で祈り火と水の儀式を行います。
皆様に改めてお願いします。
私共の御神事に参加して頂けたすようお願いします
各一人一人の祈りを心の願いを文にしてお送り下さいませ。
(文の内容は、個人の思いで結構です、個人の幸せ・家族の幸せ・未来の世の中・平和への思い・その他・どんな内容でも結構です)
また、お近くにある聖なる水、または神社仏閣の水を私共へ送って下さいませ。
お送り頂きました、皆様の文章と御水は、御神事に使わせて頂きます。

まず、私達夫婦が、外国や日本列島巡り神事や祈りの内容を大国みろく大社神殿と聖地でご報告した後に、結びの祈りをします。次に、皆様から頂いた、祈りの文を読み上げ、神に思いと願いを報告しながら焚き上げをし、その起こした火で、頂いた水を沸かし火と水の結びの御神事をします。
その時、天に上がる煙と湯けむりは父神へ、灰と水は母神へ皆様の祈り願いを届け、皆様の日々の暮らし生活を営み歩む中での行いを、父母神様が常に見守り導き、世の中と未来の創り手としての皆様一人一人の願いを叶えて下さるよう御祈りを致します。

送り先:大国みろく大社・比嘉良丸・りか
沖縄県沖縄市八重島2丁目7番地45号
10月26日までに、郵便物として封筒で(水は50ml)こちらに送って頂きましたら
郵便局で預かって頂けます。
(前回、御手紙の送付を書き込みました際に頂きました御手紙と9月3日までに届きましたものは、カナダだけではなく、啓示により、その後の日本一周と沖縄の御神事を終えてからの焚き上げとなりました

10月26日以降の吉日を予定してます。近くなりまして日時がはっきりいたしましたらご報告致します。
情報サイトリンク

◆地震情報《気象庁》
◆火山情報《気象庁》
◆台風情報《気象庁》
◆警報・注意報《気象庁》
◆海外の地震情報《JIS》
◆マーケット情報《ロイター》

イベントのお知らせ
最近の記事
関連サイト
検索フォーム
年別アーカイブ
携帯用QRコード
QR