祈り合わせの呼びかけ

2010.02.26.15:54

2月26日(旧暦1月13日 未)

いつも真心のお力添えありがとうございます。

明日、2月27日に皆様の真心のお力添えをお願い致します。
(現地にて共にお祈り出来ます方は、ホームページ問い合わせまでご連絡下さいませ)
時間は、午後2時に平和、平穏、安定、戦争への要因となるもの、自然災害や政治経済の混乱など総てが小難無難となるように共に願いくださいますようお願い致します。

この度の祈りは、ブログなどでも呼びかけておりますが、沖縄の北にあります辺戸岬の辺戸御嶽にて、沖縄を地球にたとえてお祈り致します。
私達の御神事の中では、東西南北は、地球の自転(東西)地軸(南北)を意味しております。東西を祈ることにより、物事の動き(物事の流れ、循環)を促し、南北を祈ることにより物事の中心軸を作るという意味合いがあります。
動きや流れは、物事だけでなく、自然の流れや循環、世の中の流れや循環も意味します。

その流れも中心がしっかりと定まることによって、揺らぐことなくしっかりと立ち、流れが狂うことなく動くことが出来るという意味があります。
今年2010年という寅年を迎え、一つの大きな節目の年になります。
夫に伝えられている啓示の内容も、世界の切迫した状況が伝えられてきております。

今、改めて命を支えてくれている地球という星のことを考え、平和ということを考え、善き未来へ向かうために一人一人が出来る行動を行ってゆくということは、大変大切な状況となってきております。
そして、世の中を流れる様々な情報に惑わされること無く、その裏、その奥には、その情報が一体どのような道へ誘おうとしているのかをしっかりと判断し、善い未来となる道を選び取ってゆく時期になっております。

今回の御神事は、沖縄にて3月いっぱい東西南北のお祈りを致します。ご参加出来ます方は是非お力添えをお願い致します。

また、お知り合いの方々へも、祈りの和の呼びかけ、メルマガを広げていただけますようお願い致します。

今後の東西南の御神事については、以下の予定になっております。また、以下の日程の祈り合わせの時刻は、近くなりましたら、メルマガ、ブログにて掲載いたします。

☆平成22年3月7日(日)船上からの御神事を予定しておりましたが、船の故障の為、船にてではなく、陸移動にて東海岸をお祈り致します。

☆平成22年3月13日(土) 沖縄本島南部
☆平成22年3月14日(日) 沖縄本島西海岸
☆平成22年3月21日(日) 春分の日 大国みろく大社

************

☆こころのかけはし 学びの会
平成22年3月6日(土)大国みろく大社

詳細は、ブログ内「お知らせ」に掲載されております。是非ともご参加下さいませ。

<こころのかけはし メルマガ登録>

朝の祈り

2010.02.25.05:19

2月25日(旧暦1月12日 午)

いつも真心のお力添えありがとうございます。
巡礼も最終日を迎えました。ご参加下さいました方々の中に、聖地からの善き導きがありますよう祈り願っております。
昨日の祈りの際に伝えられました言葉をお伝えします。

導きに気づくかきづかないかも
その者次第となります

それには その者自身の心の奥底を知らなければなりません
奥底の思いを知らなければ
導きに気づくことが難しいでしょう
多くの人間達は 自分自身の都合において考えます
素直に心に気づくことも
導きに気づくことができる
一つの方法です

本日も、善き道未来への願い祈りをよろしくお願い致します。

~朝の祈り~

今日と言いう日が、皆様1人1人にとって
良き一日でありますように
今日一日、家や出先・学校・職場など如何なる場所に置いて
事故や事件・災害などの災い巻き込まれる事なく
また、人と人の心に不調和が生まれ
対立や争い・いじめ・虐待などが起き巻き込まれることなく

今日一日、無難で、人と人の心に調和のとれた日でありますように

日々の、暮らし生活の中で、心身に病に見舞われえることなく
如何なる、心身の病を自ら克復し、心清らかに豊かに
幸せ中で喜びに満ち溢れ、生きる喜び・生きる力にとなり
その力が、世の中を変え・未来を変え

良き世の中・良き未来を創ることができますように

私たち、1人1人が人として人間として生きる意味に気付いて
私たち、1人1人の暮らしの中に、日々の生活の中に
愛・幸せ・喜び・豊かさ・平和があること知り感じることで日々の生活暮らしをあゆむなか 

1人1人が、神の心を知る、自然のありがたみを心で感じ
祖先の思いを心で受け止め、人の心の大事さを知り

1人1人が良き世の中、良き未来つくりてとして
次の世代への導きてとなるよう、心より願い祈りいたします

心の平穏、平安、安定、平和と世の中の平穏、平安、安定、平和になりますように、願い祈りいたします。


本日も祈り合わせのお力添え、よろしくお願いします
こころのかけはし 祈りの和が広がりますように。

比嘉良丸、りか

※※もう一つの言葉として伝えられました朝の祈りとは違った内容を配信しています。是非ご登録下さい
<こころのかけはし メルマガ登録>

朝の祈り

2010.02.23.05:54

2月23日(旧暦1月10日 辰)

いつも真心のお力添えありがとうございます。
昨日の祈りの際に伝えられました言葉をお伝えします。

もろびとよ
交差する時の中で何を学んだのだろうか
善きも悪きも 様々なものがあろう

忘れてはならない 学んだことを
活かしてゆかねばならない 同じことを繰り返さない為にも

命の時間を使い学んだことを無駄にしてはいけない

本日も、善き道未来への願い祈りをよろしくお願い致します。

~朝の祈り~

今日と言いう日が、皆様1人1人にとって
良き一日でありますように
今日一日、家や出先・学校・職場など如何なる場所に置いて
事故や事件・災害などの災い巻き込まれる事なく
また、人と人の心に不調和が生まれ
対立や争い・いじめ・虐待などが起き巻き込まれることなく

今日一日、無難で、人と人の心に調和のとれた日でありますように

日々の、暮らし生活の中で、心身に病に見舞われえることなく
如何なる、心身の病を自ら克復し、心清らかに豊かに
幸せ中で喜びに満ち溢れ、生きる喜び・生きる力にとなり
その力が、世の中を変え・未来を変え

良き世の中・良き未来を創ることができますように

私たち、1人1人が人として人間として生きる意味に気付いて
私たち、1人1人の暮らしの中に、日々の生活の中に
愛・幸せ・喜び・豊かさ・平和があること知り感じることで日々の生活暮らしをあゆむなか 

1人1人が、神の心を知る、自然のありがたみを心で感じ
祖先の思いを心で受け止め、人の心の大事さを知り

1人1人が良き世の中、良き未来つくりてとして
次の世代への導きてとなるよう、心より願い祈りいたします

心の平穏、平安、安定、平和と世の中の平穏、平安、安定、平和になりますように、願い祈りいたします。


本日も祈り合わせのお力添え、よろしくお願いします
こころのかけはし 祈りの和が広がりますように。

比嘉良丸、りか

※※もう一つの言葉として伝えられました朝の祈りとは違った内容を配信しています。是非ご登録下さい
<こころのかけはし メルマガ登録>

祈り合わせの呼びかけ

2010.02.23.00:54

この度、2月27日:沖縄本島の北、3月6日:初めての勉強会、7日:東、13日:南、 14日:西、21日:春分の日に八重島と各日付に祈りの呼びかけを致します。

先日の書き込みにも記載いたしましたが、昨年からの啓示、そして、新年明けて体調までに伝えられてくる自然災害の教え。
旧正月の際に、旧暦の1月15日以降から、旧暦の2月15日までに大きな自然災害が起きる。特に注意しないといけないのは、旧暦1月15日(新暦2月28日)からの3日間、そして、旧暦2月1日の前後が一番おきる可能性が強いと伝えられました。
それから、私は、自分の中でどう回避することが出来るのか状況を判断しておりました。

先日、18日に急遽来た啓示の中で、まずいち早く旧暦の1月15日までに沖縄本島でよいので、東西南北の御神事を行いなさい。そして、改めて、旧暦の1月15日までに多くの人々の祈りと、そして、御神事をおこないなさい。旧暦の2月1日(新暦3月16日)までに、改めて東西南北にて御神事するようにとの御神事の啓示がありました。
そして、強く言われているのは、新暦の3月いっぱいは油断してはならないと特に強く伝えてきました。

私は、先日19日の夜中から沖縄本島の北、辺戸岬に行き、夜11時30分頃からお祈りしました。その後、宇佐浜という海岸に降り、そこで、夜12時少し前まえから海に入りそのまま海につかりながら。夜中の3時までお祈りしました。
そして、祈りの際に、朝日を拝みながら南の荒岬で祈りなさいという教えがきました。

しかし、海から上がる時には、身体が冷え切ってしまい、なんとか車で南へと向かいましたが、車で暖房をかけても身体は、温まることが出来ず、一度自宅に立ち寄り、シャワーにあたり、朝7時頃に自宅を出発し8時頃に南の荒岬の指定の場所にて、当初自分の思っていた時間とはずれてしまいましたが祈りをいたしました。

その後、自宅へ戻り、その日は妻が巡礼者を聖地に案内しておりましたので、お昼を皆さんと合流し、また、単独で東、西と周りました。

2月27日に行います祈り合わせの呼びかけは、先程啓示にて伝えられました、多くの方々との祈りというものであり、 旧暦の2月1日(新暦3月16日)までの東西南北の御神事の一端となります。その後、東、南、西、そして、春分の日の御宮という流れにて祈り合わせを行います。

ここで皆様にお願いしたいのは、世の中の平穏、平安、平和。いかなる自然災害が起ころうとも、無難になるように。国難が起こること無く、世の難が起こること無く、本当に平安な世の中でありますようにという願いを共に現地で祈っていただくと共に、現地へ来れなくともその場から祈りのお力添えをいただけますようお願い致します。

そしてここで強く意識しないといけないことがあります。
常に、関東、東北、北海道という地域で自然災害が起こる、その地域が無難となるようにと意識してきました。
今年1月、関東で自然災害が起こる、無難となるようにと意識しておりましたが、日本以外の国や地域にて起こることがありました。
今回の祈りは、日本列島に限らず、日本以外の場所であっても、災害が起こることが無い様にと祈りを致したいと思います。

私が見せられているビジョンが実際に起こりますと、被害だけでなく、国、世の中の混乱がおこり、これは最終的に、戦争への要因になりかねないという警告でもあります。
皆様の真心のお力添えがどうしても必要となっておりますので、どうぞ、お力添えをお願い致します。

今年2010年は、御神事として新たなる段階に入っております。そのことにつきましては、次の書き込みにて書きたいと思います。

それでは、どうか皆様の祈りのお力添えと沖縄から始めます勉強会「こころのかけはし 学びの会」へのご参加をどうぞよろしくお願い致します。

**************************


いつも真心のお力添えありがとうございます。
2月27日(土)沖縄の北、辺戸岬にて世の中の平和へのお祈りを致します。

旧暦も寅年を迎えての、最初の子の方向(北方角)にての祈りとなります。
南北の方角(縦軸)にて祈ることにより、世の中の平和や平穏の世がぶれない、倒れないという意味合いがあります。今回は、その北の方角をお祈り致します。

この日、現地にてお祈り出来ます方は、どうぞ、ご参加下さいませ。

日付:2010年2月27日(土)※雨天決行
集合場所:沖縄市八重島 大国みろく大社
集合時間:朝9時
持ち物:軍手、雨具、虫除け、水につかってもよい服と靴(場合によって海につかることがあります)
タオル、着替え、帽子、運動靴(山に登ることもあります)


参加費の設定はありませんが、当日のガソリン代の折半をお願い致します。
また、ご自身のお昼代や聖地にてかかります入園料などは、個人負担でお願い致します。

参加出来ます方は、人数の確認の為にも事前に26日までに下記へご連絡下さいませ。
お宮の集合となっておりますが、現地が近い方は現地にて集合でも結構です。その旨、事前連絡の際にお伝え下さい。

連絡先:090-5683-9580
Eメール連絡先:問い合わせ

当日、世の中のお祈り後に個人祈祷も致します。ご希望の方は、事前連絡の際にその旨お伝え下さいませ。(こちらは、別途費用を戴きますのでご了承下さいませ)
個人のお祈りの意味としましては、南北の祈りにて自分人としての軸がぶれないように。信念に基づいてしっかりと行動を進めてゆくといった意味があります。

当日、世の中のお祈りの後、ご希望の方には、お持ちの御守りにお祈りを致します。事前連絡の際にその旨お伝え下さい(こちらは別途費用をいただきます)

朝の祈り

2010.02.21.05:55

2月21日(旧暦1月8日 寅)

いつも真心のお力添えありがとうございます。

昨日は急な祈り合わせの呼びかけにも関わらず、皆様の祈りのお力添えありがとうございました。
引き続き、夫は、沖縄の各方位を祈りまわるとのこと、私自身は昨日より始まりました沖縄巡礼にて巡礼者の方の善き未来を祈りますと共に、各聖地にて平和平穏の祈りを添えて行きます。

昨日の祈りの際に伝えられました言葉をお伝えします。

人間達よ
皆が同じものを難しい訳ではないのだよ

皆、それぞれ異なったことが難しいのだよ
それは皆の力を合わせれば、難しいことは無くなるということに繋がるのだよ

本日も、善き道未来への願い祈りをよろしくお願い致します。

~朝の祈り~

今日と言いう日が、皆様1人1人にとって
良き一日でありますように
今日一日、家や出先・学校・職場など如何なる場所に置いて
事故や事件・災害などの災い巻き込まれる事なく
また、人と人の心に不調和が生まれ
対立や争い・いじめ・虐待などが起き巻き込まれることなく

今日一日、無難で、人と人の心に調和のとれた日でありますように

日々の、暮らし生活の中で、心身に病に見舞われえることなく
如何なる、心身の病を自ら克復し、心清らかに豊かに
幸せ中で喜びに満ち溢れ、生きる喜び・生きる力にとなり
その力が、世の中を変え・未来を変え

良き世の中・良き未来を創ることができますように

私たち、1人1人が人として人間として生きる意味に気付いて
私たち、1人1人の暮らしの中に、日々の生活の中に
愛・幸せ・喜び・豊かさ・平和があること知り感じることで日々の生活暮らしをあゆむなか 

1人1人が、神の心を知る、自然のありがたみを心で感じ
祖先の思いを心で受け止め、人の心の大事さを知り

1人1人が良き世の中、良き未来つくりてとして
次の世代への導きてとなるよう、心より願い祈りいたします

心の平穏、平安、安定、平和と世の中の平穏、平安、安定、平和になりますように、願い祈りいたします。


本日も祈り合わせのお力添え、よろしくお願いします
こころのかけはし 祈りの和が広がりますように。

比嘉良丸、りか

※※もう一つの言葉として伝えられました朝の祈りとは違った内容を配信しています。是非ご登録下さい
<こころのかけはし メルマガ登録>

朝の祈りと祈り合わせのお願い

2010.02.20.06:49

2月20日(旧暦1月7日 丑)

いつも真心のお力添えありがとうございます。

昨晩より、夫良丸が聖地に篭り祈りをしております。
沖縄の空軍基地に別の基地より戦闘機が飛来しているというニュースも流れており、公には訓練と言われておりますが、公にはされない何かの動きがあるのではないかと感じております。
中国に対する何かの動きではないかということも考えられます。

本日は、改めまして平和、平穏、安定の願い祈りを共にお願いしたいと思います。
お忙しいとは思いますが、朝8時に共に祈り合わせをお願い致します。
皆様の真心のお力添えをどうぞ、よろしくお願い致します。

さて、日々の祈りの際に伝えられました言葉をお伝えします。

ひとびとよ
この世は関連している 関係の中に身をおいている
様々な流れの中に 身をおいている

周りは 流れているであろう
しかし 他の者からみれば その者もまた流れているのである

他人のことでは ない
自らのことと捉えることも行いなさい

自らのこととして 捉えることにより
新たなる智恵が生れるのである

傍観しては ならない
しっかりと気付きなさい

本日も、善き道未来への願い祈りをよろしくお願い致します。

~朝の祈り~

今日と言いう日が、皆様1人1人にとって
良き一日でありますように
今日一日、家や出先・学校・職場など如何なる場所に置いて
事故や事件・災害などの災い巻き込まれる事なく
また、人と人の心に不調和が生まれ
対立や争い・いじめ・虐待などが起き巻き込まれることなく

今日一日、無難で、人と人の心に調和のとれた日でありますように

日々の、暮らし生活の中で、心身に病に見舞われえることなく
如何なる、心身の病を自ら克復し、心清らかに豊かに
幸せ中で喜びに満ち溢れ、生きる喜び・生きる力にとなり
その力が、世の中を変え・未来を変え

良き世の中・良き未来を創ることができますように

私たち、1人1人が人として人間として生きる意味に気付いて
私たち、1人1人の暮らしの中に、日々の生活の中に
愛・幸せ・喜び・豊かさ・平和があること知り感じることで日々の生活暮らしをあゆむなか 

1人1人が、神の心を知る、自然のありがたみを心で感じ
祖先の思いを心で受け止め、人の心の大事さを知り

1人1人が良き世の中、良き未来つくりてとして
次の世代への導きてとなるよう、心より願い祈りいたします

心の平穏、平安、安定、平和と世の中の平穏、平安、安定、平和になりますように、願い祈りいたします。


本日も祈り合わせのお力添え、よろしくお願いします
こころのかけはし 祈りの和が広がりますように。

比嘉良丸、りか

※※もう一つの言葉として伝えられました朝の祈りとは違った内容を配信しています。是非ご登録下さい
<こころのかけはし メルマガ登録>

朝の祈り

2010.02.17.05:29

2月17日(旧暦1月4日 戌)

いつも真心のお力添えありがとうございます。
先日、新暦旧暦共に寅年を迎え、昨日より初拝みということで、母比嘉ハツと共に長きに渡り御神事をしてきた神子の方々と共に、沖縄本島を祈りしております。

平和、平穏、安定の祈りを皆様と共に祈り、善き未来の種を植え、育てて行く事が出来るよう御神事を続けております。

日々の祈りの際に伝えられました言葉をお伝えします。

人間達よ
今 真実を見抜くことは難しい
目の前にあるもの 目に見えるものに慣れ 
みえにくくなっているからである

心の感覚も難しい
楽に慣れ 楽しさに慣れ 忙しさに慣れ
感じにくくなっているからである

人間達よ 心は どのように育てるのか
感じる心は どのように育てるのか
もう忘れてしまったのだろうか

真実は常に美しいものではない
心は常に楽しいものでもない

人間達よ どこを見ているのか


本日も、善き道未来への願い祈りをよろしくお願い致します。

~朝の祈り~

今日と言いう日が、皆様1人1人にとって
良き一日でありますように
今日一日、家や出先・学校・職場など如何なる場所に置いて
事故や事件・災害などの災い巻き込まれる事なく
また、人と人の心に不調和が生まれ
対立や争い・いじめ・虐待などが起き巻き込まれることなく

今日一日、無難で、人と人の心に調和のとれた日でありますように

日々の、暮らし生活の中で、心身に病に見舞われえることなく
如何なる、心身の病を自ら克復し、心清らかに豊かに
幸せ中で喜びに満ち溢れ、生きる喜び・生きる力にとなり
その力が、世の中を変え・未来を変え

良き世の中・良き未来を創ることができますように

私たち、1人1人が人として人間として生きる意味に気付いて
私たち、1人1人の暮らしの中に、日々の生活の中に
愛・幸せ・喜び・豊かさ・平和があること知り感じることで日々の生活暮らしをあゆむなか 

1人1人が、神の心を知る、自然のありがたみを心で感じ
祖先の思いを心で受け止め、人の心の大事さを知り

1人1人が良き世の中、良き未来つくりてとして
次の世代への導きてとなるよう、心より願い祈りいたします

心の平穏、平安、安定、平和と世の中の平穏、平安、安定、平和になりますように、願い祈りいたします。


本日も祈り合わせのお力添え、よろしくお願いします
こころのかけはし 祈りの和が広がりますように。

比嘉良丸、りか

※※もう一つの言葉として伝えられました朝の祈りとは違った内容を配信しています。是非ご登録下さい
<こころのかけはし メルマガ登録>

祈り合わせありがとうございました

2010.02.15.10:00

2月15日(旧暦1月2日 申)

いつも真心のお力添えありがとうございます。
先日は、お祈りのお力添えありがとうございます。

14日の朝に祈り合わせをしました時に、お言葉は頂きましたのでこれをお伝えします。

ひとびとよ
恐怖や不安は その者自身で取り除かねばならない

ひとりひとりは大勢の中にあり
大勢はひとりひとりでできている

ひとりひとりの不安や恐怖は
ひとりひとりが取り除かねばならぬし
大勢の不安や恐怖は大勢で取り除かねばならない
わかるか

今一度言う

それは、我らが取り除くものではない

人間には人間にしか出来ないものがあり
これもまた その一つである

人間達よ 何が望みか

不安を取り除くには良き心で穏やかに考えた行いで取り除き続けてゆかねばなら
ない

夜の祈りの際には、何も伝えられませんでしたが、今回は、夜と朝の祈りとで一組であったようです。
この度は、皆様のお力添え本当にありがとうございました。

今年1年も皆様のお心添えをどうぞ、よろしくお願い致します。

比嘉りか

今年の祈りについて

2010.02.13.15:37

2010年を迎えました。
私は、ずっと、昨年のことも書きたく思っておりましたが、殆ど、書き込みが出来ない状態となっておりました。
昨年のロシアでの御神事後から、2010年に向けての流れや行うべき御神事などを新年を挟み、今まで、神とやり取りをしており、その為、通常の行う様々な事柄を後回しにして御神事を優先に行ってきました。
神とのやり取りに入りますと、私は、殆ど動けない状態になります。また、やり取りの合間合間に、夫婦にての御神事を行っており、御神事優先の中において日常生活や様々な負担は妻にゆきます。
妻の行うべき通常の作業(お礼文や御守りのお祈り、巡礼、個人祈祷の御宮での祈りなど)も、御神事優先の生活において、遅くなっております。その為に、皆様にもご迷惑をおかけしておりますことを、心苦しく、大変申し訳なく思っております。

***************

昨年は、啓示にあわせて、世界や日本を御神事してきました。
暮れの12月16日には、伊豆半島に大きな地震がくる、翌17日に内陸部にて関東大震災規模の地震がくる、しかしこれは、関東大震災や東海地震とは異なったものであるという啓示を受け、小難無難の祈りの為に、15日に海ほたるから祈りをし、伊豆半島から静岡、山梨、長野、群馬、栃木、茨城、千葉、東京の江戸川河口と祈りまわりました。
21日からは、冬至に向けて北海道旭岳へ車を走らせました。それは、25日以降に千島列島での地震、それに伴う、羅臼や旭岳での噴火の啓示を受けたことからであり、その後は、南下しながら関連する東火山帯の祈りとして、東北、関東、富士の麓と地震と噴火の小難の祈りをして参りました。

沖縄に戻りましてから、御宮の神前にこれらを報告致しました。

その後、私達の通った後と同じように、関東付近にて地震がおこり、北海道でも地震がおきました。
しかし、これらの地震によって伝えられていた災いがはずれたという感覚が、私にはありませんでした。

12月31日から新年の1日にかけての年越しの祈りの中で、「年明けて1月の大きな自然災害と新暦の2月から3月にかけて、2回にわけて、大きな災害が起こる。5月~6月にかけてアジア地域にて大きな自然災害、6月から世界的な経済危機、政治不安、異常気象がおこる」という啓示を改めて受けました。
毎年年越しの祈りの際には、以下のような啓示を受け取ってきました。

2001年の9・11
2002年未知なる病原菌
2002年2003年の戦争についての啓示
2004年の5月富士の噴火、関東の地震の啓示、それに伴う臨界事故。12月の地震津波の啓示
2005年8月~9月に掛けての国の方向性の変化の啓示、富士山の噴火の啓示、それに伴う臨界事故
2007年 年はじめに石川から能登半島での地震とそれに伴う、臨界事故
その後に、新潟の柏崎での地震と臨界事故、八重山の大津波、
2008年5月新型の感染病の上陸、7月東北での大地震、九州での火山の噴火、9月、世界の経済の崩壊的危機、世界の政治経済の変革の流れが起きる
2009年、世界的の政治の流れの変化、
2009年の年末に関東東海の大地震、
過去このような啓示を年越しの祈りの中で啓示として受け、これらを小難無難となるように、御神事をしてきました。

そして、今年2010年は、年明けてすぐ北海道から東北、関東にかけての地震、6月~8月にかけての経済危機、そして、異常気象により、その後3年ほど不作が続き、食料危機が訪れる、軍事的な緊張が崩れるビジョンなど様々な流れの啓示を受けていました。

私は、その啓示を受けた直後、胸が押し付けたられるような感覚と咳が止まらなくなり、血痰などが出る状況となりました。
新暦元旦1日、2日は、咳と血痰が続く状態になっておりましたが、その状態にあっても回避について、また小難無難とする為の御神事について、その後の流れなど神とのやり取りは続き、その間は、妻に看病してもらっていました

3日には咳がおさまり、5日には御宮に出向くことができ、その後、小難無難、回避の為の御神事をおこなっておりました。

3日からは、「自然災害が近い」という啓示がきており、気持ち的には、すぐにでも富士の麓から御神事に向かいたいという気持ちでおりました。本来なら、1月9日から12日に富士の周辺を含め、関東周辺のでの小難無難の御神事を行うようにと啓示で伝えられていましたが、引越し、体調の不良と、資金が困難の為に、沖縄を離れることが出来ませんでした(この突然の引越しも、色々と伝えられた啓示の中の一つであり「年の初めは御宮近くからの出発をすること」ということを受け、突然ではりましたが、丁度良く御宮の近くに移り先が見つかり、今までの住まいから御宮近くへと引越しをしました。)

自分自身、日に日に高まる自然災害を予感させる自然界の気の高まり感じ、危機を打開する為に、自分が出来ることとして、咳が収まった3日から毎日、夜何度も水浴びをして身体を冷やし大地を冷やすという願掛けの祈りしか出来ませんでした。

しかし、願掛けを行っていましたが、本当に避けられないと思い覚悟していた関東と北海道の流れは、ハイチの地震として表に出てきました。この時の感覚は、過去におきたスマトラやパキスタン、四川省の地震の時と同じものを感じました。

今、現在、自分の中にもう一つ2月か3月に自然災害の不安があり、それにかんしましては、大難とならないように、無難になるようにとみなさまへの呼びかけを通して祈りをしたいと思っております。
その折にはどうぞ、皆様のお力添えをお願い致します。

**************

さて、昨年啓示によって、宮古島、沖縄本島、九州、四国、本州、北海道を御神事してきましたが、今年の5月もカナダでの御神事の祈りをするようにと啓示で受けておりました。
昨年9月にいったカナダで、もう一度、5月に神結びをするように、そのためには、年の始めに宮古、節分祭、2月15日までに沖縄本島の東西南北をお祈りして、3月にメキシコ、5月にカナダという啓示を受けており、その間、日本を回ること5月のカナダの帰りには、アメリカで御神事をして日本へ戻ってくる、そして、日本を回り、沖縄へ戻るという啓示を受けております。

実際には2月6日までに宮古島での御神事、2月6日の節分祭の際には、宮古での御神事の祈りの繋ぎを行いました。

これらは、啓示によって伝えられてきた、自然災害や6月の経済危機、そして、今後起ころうとしている穀物の不作を含め、それらを回避し小難無難となるように、政治経済の流れを善き方向への変化となるようにという御神事に基づいてとなります。

***********

ここからは、少し御神事の話になります。
私の母は、沖縄本島、離島を含めて、50年以上神開き神結び神調和の御神事をしてきました。
私の代になり、沖縄本島と本州の結びとなり、そこから世界への結びと広がっております。
なぜ、海外までも御神事に行くようになったかといいますと、今、地球規模での変動期を向かえていることが一つあります。
一つの星の変動期は、沖縄や日本といった一つの陸地、国という枠だけではどうにも出来ない状態になります。大地は海の底では繋がっており、海は海流という流れによって、大気は気流という流れに乗ってこの地球を流れ取り囲んでいます。
一つの地震や、一つの噴火が別の場所の地震や噴火を促す要素となります。
関連している流れの中で、沖縄や日本だけでは治まりきらない時期にきていることも事実になります。

また、もう一つに、古来の地球の過去にあったであろう、ムー大陸とアトランティスの結び調和をするようにという啓示を伝えられていることがあります。
ムー大陸は海を基本とし、アトランティスは大地を基本とする。ムー大陸が沈み、残った部分が日本や沖縄、太平洋の島々、アトランティスが沈んだ時に残った部分が中央アメリカの部分であり、その反動で浮き上がったのが、北米大陸。
海は生命を産み出す、陸は生命を育むという意味合いに繋がり、海と陸が調和されることにより、命の循環、自然の仕組みが更に整い、しいては、様々な流れ循環の仕組みが整い、狂い無く働くということを啓示によって伝えられています。

これから地球が変動期を迎えるということもあり、今の流れや仕組み、そして変動期後の流れや仕組みの為に、沖縄本島や、離島、また、本州を御神事し回るということと、北米、中米、南米大陸へ行く御神事を行うようになってきています。

************

私自身、2010年は一つの大きな流れの政治や経済のスタートの年となり、大切な時期、年と受け取っており、これは、2001年を越える大切な年となると感じております。
私の御神事のサイクルとして、約6年周期で一つの区切りが訪れます。1998年から約6年ごとに私の御神事にはある変化がきますが、2010年はその年にあたり、新たなるスタートとして、私共はそれに備えるかのように、色々な流れが身に起こっております。
母が亡くなりました1998年~2004年の6年間は、私自身の神事に対しての自覚を促される時期であり、2004年~2010年までは、私自身の御神事の基礎作りの時期でありました。
2010年は、これから次の区切りを迎える6年間のなかで、地球の本当の運命を決める大切な年となり、私達は、本来の御神事をしっかりとこなして行かなければならない大切な年であると感じております。

しかし、前述しましたが、新暦の年越しから年明けに日本での災害を啓示によって受け沖縄での御神事や祈りを行っておりましたが、伝えられていた日本での災害は、1月12日のハイチでの地震となり、私自身が、皆様への呼びかけや、御神事の為の移動、そして、なにより資金不足にて私自身が行動を躊躇してしまったことで、本来であれば、小難や回避することが出来たであろう災害が、起こってしまったではないかと感じております。

先程書きました、ムーとアトランティスの御神事の関係で、昨年の4月にお会いした方から、今年3月のメキシコでの御神事の招待を受けました。
その際に伝えられてきた啓示では、マヤの遺跡で祈り、そして、その後は、北米大陸の中心となる場所でのセレモニーに参加するということ、そして、自分自身の御神事として祈りをいたすようにと啓示によって伝えられています。
カナダで招待を受けている場所は、北米大陸の中心の場所であり、啓示で伝えられている御神事を行うことが出来るように促されています。

伝えられている御神事をきちんと行ってゆくことが出来るように、自分達での資金造りによって行動したいと思っておりますが、個人での資金作りは限度もあり、ご賛同下さいますかたのご支援のほどもどうぞよろしくお願いいたします。

2010.02.12.13:00

2月12日(旧暦12月29日 )

いつも真心のお力添えありがとうございます。
皆様には、いつも日々のお祈りのお力添えありがとうございます。

明日は、旧暦での大晦日、明後日は、旧暦での正月となり、新暦、旧暦共に寅年となります。
夫の啓示から2010年という年は、節目の年の一つであり、善き方向へ向かう為にも大切な年になります。

本格的な寅年を迎えるにあたり、皆様へ日々のお祈りの中に、明日13日(土)と明後日14日(日)は特に意識して思いを込めていただきたいことがございます。

祈りとしては、以下のような内容になります。

「善き未来を創りあげてゆく為にも、この世の中が混乱することなく、天災人災、如何なる災いも大難になることなく、小難無難となりますように。災いが清め改められますように。

一人一人がこの今の世界を、そして未来の世界を創っていることを心に深く留め、善き未来を創り上げてゆくことも、一人一人の行いであることを感じ、次の子等へそしてその次の子らへと命と未来を繋げて行く為に、決して戦争への道とはなりませんよう、お導き、お護り、お支え下さい。

この星の上に人間だけでなく、多くの命が息づき、循環する、命の惑星であるように。
多くの命に支えられ、そして多くの命を支え、共に共存してゆく命の星であることができるように、その為の行いを一人一人が気付き、行動することができるように導かれてゆくことをお祈り致します」


決して戦争への選択をすることがないように、人間だけでなく多くの命と共に存在し、生きてゆく場所であるようにという願いを、皆様の日々の祈りの中に。新しい年を迎えるにあたり改めてお心を込めていただけますようお願い致します。

今回の旧暦では、皆様と祈り合わせを致したいと思います。
時間ですが、
13日(土)この旧暦の大晦日の日の夜10時にお心を合わせていただけますようお願いいたします。
14日(日)旧暦の元旦の日の朝7時にも同じようにお心を合わせていただけますようお願い致します。


節目の大切な年として、天災人災共に、小難無難となり、未来を繋げて行く事ができるよう皆様の真心のお力添えをお願い致します。

比嘉りか

朝の祈り

2010.02.09.06:28

2月9日(旧暦12月26日 寅)

いつも真心のお力添えありがとうございます。
先日、案内と御神事にて宮古島へ参りました。
ご案内しました方にも喜んでいただくことができましたし、御神事も無事に行うことができました。
ありがたいことです。

また、先日の節分祭にお越しくださいました方々、急な呼びかけにも関わらずお越し下しまして、本当にありがとうございました。

さて、日々の祈りにて伝えられました言葉をお伝えします。

人間達よ
生き行く道は、そなた達人間の目の前にある
その一歩は小さくとも、多くの者が歩むことによって
道は広くもなろう
真心と善き心を持ち進めよ


本日も、善き道未来への願い祈りをよろしくお願い致します。

~朝の祈り~

今日と言いう日が、皆様1人1人にとって
良き一日でありますように
今日一日、家や出先・学校・職場など如何なる場所に置いて
事故や事件・災害などの災い巻き込まれる事なく
また、人と人の心に不調和が生まれ
対立や争い・いじめ・虐待などが起き巻き込まれることなく

今日一日、無難で、人と人の心に調和のとれた日でありますように

日々の、暮らし生活の中で、心身に病に見舞われえることなく
如何なる、心身の病を自ら克復し、心清らかに豊かに
幸せ中で喜びに満ち溢れ、生きる喜び・生きる力にとなり
その力が、世の中を変え・未来を変え

良き世の中・良き未来を創ることができますように

私たち、1人1人が人として人間として生きる意味に気付いて
私たち、1人1人の暮らしの中に、日々の生活の中に
愛・幸せ・喜び・豊かさ・平和があること知り感じることで日々の生活暮らしをあゆむなか 

1人1人が、神の心を知る、自然のありがたみを心で感じ
祖先の思いを心で受け止め、人の心の大事さを知り

1人1人が良き世の中、良き未来つくりてとして
次の世代への導きてとなるよう、心より願い祈りいたします

心の平穏、平安、安定、平和と世の中の平穏、平安、安定、平和になりますように、願い祈りいたします。


本日も祈り合わせのお力添え、よろしくお願いします
こころのかけはし 祈りの和が広がりますように。

比嘉良丸、りか

※※もう一つの言葉として伝えられました朝の祈りとは違った内容を配信しています。是非ご登録下さい
<こころのかけはし メルマガ登録>

朝の祈り

2010.02.06.06:04

2月6日(旧暦12月23日 亥)

いつも真心のお力添えありがとうございます。
本日、大国みろく大社では「節分祭」としてお祈り日としております。
戦時中に、母比嘉ハツが広島にて工場の人の為に食事を作っていました。
その時、食事をめぐんで欲しいをいう人が台所に入ってきました。
母は、おにぎりを作ってその人に渡し、またすぐに食事の支度に戻りましたが、受け取った人は、すぐにはたちさりませんでした。
母は気になり改めてその人を見ると、ボロボロの服を着ていたその人は、大国様の格好に変わっていたと言います。
そして、母とその場にいた小さい長女におにぎりのお礼にきびだんごを渡したといいます。
母が神様を見た日として、この日を節分祭としお祈り日としています。
お祈りは夕方6時頃から始めます。
お越しになれます方は、大国みろく大社までお越し下さいませ。

日々の祈りの中で、伝えられました言葉をお伝えします。

人々よ
一つの中に伝えられていることがある
一つの中に秘められたことがある
一つでは解らずに多くのことを集めて解ることもある

凝り固まるのではなく
集中と広く見ることと一つ一つ段階をえてゆくことにある
人々よ 焦るな 人の子の道は長い

本日も、善き道未来への願い祈りをよろしくお願い致します。

~朝の祈り~

今日と言いう日が、皆様1人1人にとって
良き一日でありますように
今日一日、家や出先・学校・職場など如何なる場所に置いて
事故や事件・災害などの災い巻き込まれる事なく
また、人と人の心に不調和が生まれ
対立や争い・いじめ・虐待などが起き巻き込まれることなく

今日一日、無難で、人と人の心に調和のとれた日でありますように

日々の、暮らし生活の中で、心身に病に見舞われえることなく
如何なる、心身の病を自ら克復し、心清らかに豊かに
幸せ中で喜びに満ち溢れ、生きる喜び・生きる力にとなり
その力が、世の中を変え・未来を変え

良き世の中・良き未来を創ることができますように

私たち、1人1人が人として人間として生きる意味に気付いて
私たち、1人1人の暮らしの中に、日々の生活の中に
愛・幸せ・喜び・豊かさ・平和があること知り感じることで日々の生活暮らしをあゆむなか 

1人1人が、神の心を知る、自然のありがたみを心で感じ
祖先の思いを心で受け止め、人の心の大事さを知り

1人1人が良き世の中、良き未来つくりてとして
次の世代への導きてとなるよう、心より願い祈りいたします

心の平穏、平安、安定、平和と世の中の平穏、平安、安定、平和になりますように、願い祈りいたします。


本日も祈り合わせのお力添え、よろしくお願いします
こころのかけはし 祈りの和が広がりますように。

比嘉良丸、りか

※※もう一つの言葉として伝えられました朝の祈りとは違った内容を配信しています。是非ご登録下さい
<こころのかけはし メルマガ登録>
情報サイトリンク

◆地震情報《気象庁》
◆火山情報《気象庁》
◆台風情報《気象庁》
◆警報・注意報《気象庁》
◆海外の地震情報《JIS》
◆マーケット情報《ロイター》

イベントのお知らせ
最近の記事
関連サイト
検索フォーム
年別アーカイブ
携帯用QRコード
QR