祈り合わせのお願い

2011.08.30.17:41

こころのかけはし祈りの和へのご賛同ありがとうございます。

急ではありますが、この後18時から現在おります富士山山頂からの祈り合わせを行いたいと思います。

INORINOWA-TV(http://inorinowa.org/tv/)にてライブも行えたらと思います。
インターネットに接続する環境にない方も、時間を合わせてお祈りのご協力お願いいたします。


===================
こころのかけはし学びの和開催のお知らせ
===================
●9月3日 土曜日 福岡
(受付等ボランティアスタッフ募集中です。)
 福岡ファッションビル 1階 3号ホール(福岡市博多区博多駅前 2-10-19)
 12時30分開場、13時開演、終了17時30分
 参加費 2000円+ラブオファー(支援金)
 各地で行っている祈りの言葉及びその祈りに対する各聖地を司る存在からの言葉を収録した小冊子が付きます。

 ゲスト 山根 尚子 さん ~クレイ セラピー・クレイ(粘土)を利用した自然療法~
 ゲスト イオン・アルゲイン 氏 ~放射線の人体への影響~(「聖書の暗号は読まれるのを待っている」シリーズ著者)

参加連絡 http://inorinowa.org/osirase/20110810.html

●9月4日 日曜日 熊本
 パレアくまもと県民交流館 9F 会議室2 (熊本市手取本町 8-9)
 13時30分開場、14時開演、 13時10分開場、13時30分開演、終了16時30分
 参加費 2000円+ラブオファー(支援金)
 各地で行っている祈りの言葉及びその祈りに対する各聖地を司る存在からの言葉を収録した小冊子が付きます。

 ゲスト 山根 尚子 さん ~クレイ セラピー・クレイ(粘土)を利用した自然療法~
 ゲスト イオン・アルゲイン 氏 ~放射線の人体への影響~(「聖書の暗号は読まれるのを待っている」シリーズ著者)

参加連絡 http://inorinowa.org/osirase/20110810.html

これからの活動へのご協力のお願い

2011.08.30.09:00

8月30日 火曜日(旧暦8月2日 丁巳)

今、政治経済を含めた世の中の流れは、地震と同じぐらいに警戒していることです。その中にも忘れてはいけないのは、感染病についてであり、これは、常に警戒しておかなければならないものです。

伝えられてきている啓示に、動的活動を9月から始めなければ、遅い、間に合わない、ということを強く言われ、今回の福島へのクレイの補助や放射線の土壌の検査、土壌の改良、今後の予知防災を広める活動を実際に行動へ移すことにいたしました。

現実問題として、9月に始めるには、本当のところ資金不足です。

ですが、これらの活動を開始させることによって、経済と政治の崩壊を回避し、世の中の仕組み、新しい仕組みの雛形を出発させることができる。これを行うことによって、世の中の仕組みが動き出すということを強く言いつけられ、なんとか9月から始める計画を立て、この度、賛助会員を募集いたしました。

妊婦さんや子供達を守るだけでなく、雇用や環境をも含めその形は新しい経済、政治の雛形つくりという強い啓示に基づいて行っております。

度々お伝えしておりますが、自然災害が起きるとそれに関連しての政治経済の混乱、崩壊は連動しております。ブログやメルマガをご覧いただけましたらご理解いただけるかと思いますが、私自身、日本中を飛び回り、また、今度10月にも外国への御神事を言い渡されております。

今月17日、18日の北海道の十勝での御神事、19日に岩手から吾妻山、磐梯山での御神事、20日のいわき、筑波山から犬吠崎での御神事、21日の千葉での勉強会と移動し、翌日夕方5時に阿蘇山に着きました。この移動しながらの御神事も、啓示で行うようにと伝えられていたものであり、これを行うことで、なんとかギリギリ災いを留めることが出来ると強く伝えられていました。阿蘇になんとか到着した時には、少し安堵しました。

しかし、安心は出来ません。すべてが回避できたのではなく、続けざまに起きる出来事の一つを回避できただけなのです。気を抜くことなく、気を張ったままの状態がつづいております。十勝付近で地震がおこれば、それが福島の内陸部での大きな地震を誘発する。この内陸での地震が起きてしまうと北海道、九州に伝達されてしまい、日本はとんでもないことになってしまう、とにかく、この地震をおさえよと伝えられておりました。

また、十勝沖で地震が起き、福島の内陸部で大きな地震が起きるという啓示や、逆に福島沖、茨木沖で地震が起き、十勝や内陸部に誘発、伝達されるということも言われており、とにかく、十勝や東北近郊の地域は気の抜けない場所であり、私自身、緊迫した気持ちで、千葉の勉強会後、夜通し運転しておりました。

昨年11月頃、旭岳、十勝を含む大雪山、そこは東火山帯、環太平洋火山帯のエネルギーのつながりとして、そこが火山爆発をするとアメリカ大陸にあります、イエローストーンへと繋がる、東日本から日本列島に連鎖伝達するということをお伝えしたことがあります。九州桜島、普賢岳が動くことは、中国に連鎖伝達してアムールプレートに伝達活動を促してしまうということもお伝えしました。

今回も、十勝は、本当に危機を感じており、日本列島の対極で地震が起こったり、様々な形で自然界が動いております。しかし、自然界が動くということは、地球全体のバランスを取るということと同時に、世の中のバランスを取るという意味が時としてあります。先日、ニューヨークワシントンDCで地震がありましたが、十勝の地震と関連があります。この地震は、自然界だけでなく、政治経済の流れの関連も含めた地震であったといえます。

そして、日本では9月15日に何も無ければよいのですが、この日辺りは一番警戒しております。一つは、九州から沖縄まで、琉球列島、台湾までです。この琉球列島の西側、海底火山の噴火による、火山性地震。そして、その海底火山に連鎖伝達して、太平洋側のフィリピンプレートによるプレート型の地震とその際に、琉球海溝に海底の土砂が落ち、その勢いで津波が発生するという啓示が伝えられております。

もうひとつは関東から東海、東南海、南海にかけて、改めてかなりの要注意という啓示を受け小難無難の祈りをさせていただいております。

更に、琵琶湖から福井にかけての地震が伝えられております。長野から群馬辺りまでの幅広い範囲で伝えられてきておりますが、九州から琉球列島に関しての地震はかなりの危機感を持っております。

それは沖縄の建物にあります。沖縄に夜中から明け方4時や5時頃に地震が起きたなら、日本で一番の最悪の事態を起こすことにつながります。沖縄の建物は、ブロックを積んだ家やコンクリートのRC構造が殆どです。また、その殆どが耐震構造されていない家ですし、古い民家も多いです。その為、夜中建物が崩れるような地震が起きれば、殆どの家屋が倒壊することになり、就寝中、重量物に押しつぶされるということになります。このようなことが起きれば、三陸を越える大悲劇になりかねません。

沖縄は、決して地震が起きない場所ではありません。実際には、いつ起きてもおかしくない海底火山の上に乗っている島なのです。今まで、大きな地震が無かったということが奇跡のような場所なのです。それを考えると日本列島どこに逃げても、逃れることは出来ず、いずれは、自然災害と向き合うことになります。どこにいても、自然の動きと向き合わなければなりません。

他に伝えられている場所も、油断できない状況であり、常にいつ起きてもおかしくないということで警戒しております。

今回の9月15日は、2007年の正月に、石川と新潟で大きな地震が起きるということで、3泊4日の徹夜の行程で、石川県から新潟県、福井県までの全ての原子力発電所の無難無事故を祈り飛び回った後、2月から4月にかけて明和の大津波の再来が来るという啓示が伝えられ、沖縄の離島を飛び回った時と似ております。実際には、当時3月に能登半島で地震、そして7月に新潟の柏崎刈羽原発近郊での地震、4月には、先島諸島での地震が発生し、丁度、明和の大津波の再来の回避ということで、御神事していた最終日、沖縄の宮古島の東平安名岬にてお祈りが終わると同時に地震、津波が発生するということがあり、その時と伝えられていることが似ております。

もちろん、どれが先にきても連鎖的に起きる可能性があるために、油断は出来ないことには変わりません。この時期にこのような地震が発生することになれば、今の政治は本当に崩壊に繋がってしまうことになります。それと同時に経済も崩壊へと繋がることにもなり、私自身も危機迫った思いで御神事をしております。

経済においても、常には私は、警戒を呼びかけてきました。

今年、6月から9月、12月から来年1月そして来年4月の危機を回避、政治経済の問題を回避しないとならない御神事が続きます。その小難無難の御神事も含めて、9月3、4、5日と妻に沖縄本島の海域を船にて祈り周ってもらいます。その週、私は、福岡の勉強会、熊本の勉強会となりますが、妻の祈り合わせを会場、全国への中継と繋げたいと思います。

この御神事、及び、祈り合わせは大切なものとなりますので、皆様の真心のお力添えを宜しくお願い致します。

私は、その後、九州から祈りながら北上し、関西、関東と移動してゆきます。9月11日に関東で勉強会。北上しながら、18日福島での勉強会、23日秋分の日は、北海道にて御神事、24日は、北海道で勉強会と御神事しながら移動してゆきます。

途中沖縄では、9月12日にお宮の大祭になります十五夜祭の祈りを致します。この十五夜の祈りが、最終的な15日の災いの回避の御神事となります。

前回の東京、大阪での勉強会を急遽、開催しましたのも、関東と西日本の災いが起きると伝えられておりました為であり、。関西の日本海側、大飯、高浜原発の事故が起きるといことを伝えられおりました。そして、そこに地震が重なれば、福島の原発以上の大惨事、大災害となるということ言われておりました。あの時も、私は、内心緊迫して御神事をしておりました。実際には、人的ミスや突然の停止は事実起きております。

昨年6月の福島原発の状況と同じような流れが、他の原発にもあるということです。北海道泊原発、九州玄海原発も同じように油断の出来ない状況下にある原発であります。国、道、県、政治家、産業界、地域の方々の決断がどれほど大きく未来を変えるか気付いて欲しいのです。


6月からのスタッフの研修期間も9月に終わります。そのことから、今ある計画、業務、全てを再度見直してゆくことを考えております。

雛形としての畑や海の御神事の為の船も含め、様々なことを見直しの対象とし、検討しなければならないものに関しては、その計画、業務の中止や変更をおこない、そこにかかっていた費用を、活動の意図をしっかりと汲み取り動いてくださる方への活動資金へ当てるということも検討したいと思っております。

9月からの放射線対策や予知防災、その後のプロジェクトは始めると途中で活動をやめるということは出来ませんので、今後の予算作りも検討しております。私共の行います勉強会での物販、お守りや書籍、個人祈祷、沖縄巡礼、ウェブショップの商品の売り上げから、プロジェクトの活動資金、御神事費用、スタッフの費用へとあてられてゆきます。

詳しい説明をしますのも、募集したり支援金のお願いをしますとお金儲けに走ったということを言われます。ですが、頂きました資金は、上記の活動や御神事、また、現実的活動は、今後も様々に伝えられているものがありますのでそちらの活動費になってまいります。

そして、勉強会の参加費についてですが、先月の大阪の勉強会から参加費2000円とご支援金(ラブオファー)とさせていただいております。

いつも勉強会に講師としてお話くださいます、イオン・アルゲインさんですが、大阪、北海道などの勉強会にも自費にてお越しくださり、お話してくださっておりました。私達の御神事、そして、活動内容を理解してくださり、少しでもその足しにという思いからでございました。

ですが、関東から、大阪、そして、北海道などの交通費、宿泊費を今後も自費で続けてご参加いただくということは大変難しいものであります。

今後も、イオンさんをはじめ活動の一つであります予知防災についてや、その後も様々な方々に御越しいただき、一箇所だけではなく、何箇所かにてお話をしていただくことを続けてゆくにあたり、講師の方々の交通費を勉強会の中から算出してゆきたいと思い、参加費の変更をさせていただきました。

東京の勉強会にお越しくださいます伊香賀さんは沖縄の離島、宮古島から。瀬田先生は、熊本から東京の勉強会へとお話に来てくださいます。講演料もお支払いできればよいのですが、そこまでの費用を算出することがまだ出来ません為、せめてもの交通費のお支払となります。

参加費の変更につき勉強会にご参加くださいます皆様には、御神事の際に伝えられた言葉や活動内容をまとめました冊子をお渡しさせていただくことといたしました。また、支援金(ラブオファー)でいただきましたお金は、外国への御神事の際の費用とさせていただいております。

これからも、皆様のお力添えがあってこその、御神事や現実的活動となります。今後とも、皆様のお力添えをどうかお願い致します。ご賛同くださいます方は、共に活動いただけますようお願い致します。子供だけでなく、全ての命を未来に繋げることが出来るようにお力添えの程をお願い致します。

祈り合わせの際の、共に時間を合わせてのお力添えや、ご支援金のお力添え、お知恵や情報、技術、労力といった活動のお力添えと多種にわたり未来を作る活動はございます。

出来ることでのお力添えをいただけますと幸いでございます。

新月 祈り合わせのお願い

2011.08.29.09:00

8月29日 月曜日(旧暦8月1日 丙辰)

おはようございます。
こころのかけはし祈りの和へのご賛同ありがとうございます。


本日は旧暦一日となり新月です。

新月には清め改めるという意味合いがあります。心の中にある要らないものなどを洗い流し清め、心新たに旧暦でのひと月を始めましょう。

今日から三日間程度、干潮の時間に合わせて心身の浄化、因果因縁などの清め改めを願い、満潮の時 間に合わせて、願いごとやご家族などの健 康幸福を祈ると良いです。

干潮、満潮の時間は地域によって異なります。新聞などに載っているので確認してみてください。

干潮の時刻の一時間前から干潮まで、満潮の時刻の一時間前から満潮までが祈りに良い時間となります。

お時間のある方は海辺へ行かれて、実際に潮の満ち引きを感じながら祈ることをお勧めします。

世界が平和、平穏、安定へ進むことができるよう合わせてお祈りください。

よろしくお願いいたします。

============
★ 祈り合わせのお願い
============
本日14時30分から琵琶湖にてお祈りをいたします。
インターネットを利用したライブ中継も予定しています。
インターネットに接続する環境がない方も時間を合わせて祈り合わせのほどよろしくお願い致します。

ライブ中継 http://inorinowa.org/tv/

============
★ お知らせ
============
★広河隆一 ~平和を願う~ 写真展【沖縄】
09月03日(土)~ 11日(日)
healing shop “願い叶う”NiraiKanai
沖縄市八重島 1-3-10
10時~18時 入場無料
http://inorinowa.org/osirase/20110903/

★こころのかけはし学びの和(勉強会)
9月3日(土) 福岡
9月4日(日) 熊本
http://inorinowa.org/osirase/20110810.html

9月11日(日) 東京
http://inorinowa.org/osirase/20110911.html

9月18日(日) 郡山
http://inorinowa.org/osirase/20110918.html

★広河隆一 写真展 郡山
9月16日(金)~18日(日)
10時から18時30分(最終日のみ17時終了)
郡山駅前 ビッグアイ6階 郡山市民ふれあいプラザ
チェルノブイリ原発事故から25年。報道写真家広河隆一氏が撮り続けた写真の展示をします。そ こから私たちが学べるものは。。。ぜひご来 場ください。

こころのかけはし祈りの和

2011.08.28.09:00

8月28日 日曜日 (旧暦7月29日 乙卯)

こころのかけはし祈りの和へのご賛同ありがとうございます。

本日は大阪での こころのかけはし学びの和(勉強会) 開催日です。
お近くの方は是非お越しください。

コベント ガーデン (大阪市西区北堀江 2-5-10)
13時30分開場、14時開演、終了16時30分
参加費 2000円+ラブオファー(支援金)
各地で行っている祈りの言葉及びその祈りに対する各聖地を司る存在からの言葉を収録した小 冊子が付きます。

ゲスト 山根 尚子 さん ~クレイ セラピー・クレイ(粘土)を利用した自然療法~ ゲスト イオン・アルゲイン 氏 ~放射線の人体への影響~ (「聖書の暗号は読まれるのを待っている」シリーズ著者)

ライブ中継 http://inorinowa.org/tv/


先日のお昼の祈りにて伝えられた言葉を記します。

ひとりひとりの心の中において その輝きを 失わずに進みゆくか 失ってしまうかは そのものひとりひとりの志に掛かってこよう 人の子は皆同じように 内なる鏡を持ち そして その輝きは皆 同じように光り輝きゆくものなのである だがそれもまた 日々の歩みにより 志により 曇り 見えなくなり 光らなくなり 迷い そして 天を仰ぎゆくことになろう だがその闇に 決して恐 れてはならない 天を仰ぎ見るだけでなく 再び光とは 内なる 内側からの 自らが持っている 内側の心の鏡を しっかりと また光り輝かせゆける その大切な闇なのである 闇はまた光を伴い そして自らの歩みゆく道筋を 照らしゆくこととなりゆこう しっかりと歩みゆかれよ 外にではない 内に 自らの内に その足元を照らす光が宿っているのである 決して忘れてはならない しっかりと 日々の志とともに 日々の歩みとともに ひとつひとつの道筋を歩みゆくがよい

こころのかけはし祈りの和

2011.08.27.09:00

8月27日 土曜日(旧暦7月28日 甲寅)

こころのかけはし祈りの和へのご賛同ありがとうございます。

本日は名古屋市での こころのかけはし学びの和(勉強会)です。
お時間、ご都合のつく方はぜひいらしてください。
インターネットを利用したLive中継も行いますが、ぜひ実際に会場まで足を運んでいただき、中継では知りえない生の情報に触れてみてください。


●こころのかけはし学びの和 名古屋市

8月27日 土曜日
今池ガスビル 7F B会議室 (名古屋市千種区今池1-8-8)
13時10分開場、13時30分開演、終了16時30分
参加費 2000円+ラブオファー(支援金)
各地で行っている祈りの言葉及びその祈りに対する各聖地を司る存在からの言葉を収録した小冊子が付きます。

ゲスト 原 経厳 氏 ~予知防災・宏観現象について~
ゲスト イオン・アルゲイン 氏 ~放射線の人体への影響~
(「聖書の暗号は読まれるのを待っている」シリーズ著者)

Live中継 http://inorinowa.org/tv/
========================

明日28日(日)は大阪での開催になります。
こちらもぜひよろしくお願いいたします。

●こころのかけはし学びの和 大阪市

8月28日 日曜日
コベント ガーデン(大阪市西区北堀江 2-5-10)
13時30分開場、14時開演、終了16時30分
参加費 2000円+ラブオファー(支援金)
各地で行っている祈りの言葉及びその祈りに対する各聖地を司る存在からの言葉を収録した小冊子が付きます。

ゲスト 山根 尚子 さん ~クレイ セラピー・クレイ(粘土)を利用した自然療法~
ゲスト イオン・アルゲイン 氏 ~放射線の人体への影響~
(「聖書の暗号は読まれるのを待っている」シリーズ著者)

Live中継 http://inorinowa.org/tv/
========================

昨日の祈り合わせで伝えられた言葉を記しておきます。

祈り合わせ 伊良湖岬にて

新暦、8月26日。こと明けて申し上げます。

 気の流れによって、導きし道、繋がりしもの、続けゆく流れ、進みゆく道、繋がり続きゆくものとなりゆく。丁寧な歩み、さらなる道筋、作りゆくこととなろう。一つ一つ進みゆくことによって、大切なる命宿りしもの、大切なる自らの足元、支えゆくこととなりゆこう。繋がりはまた、続きゆく大切な流れ、歩みゆくその志一つにて全てのものが変わりゆくのである。年々と、永遠と名乗り続けゆくように、一つ一つの道筋、束ね、編みゆき、彩なし進みゆかれよ。この星をまた彩ゆくことが出来るように。命の証、生きていく証、絶え間なくこの鼓動続けゆくことが出来るよう、真心と共に命を感じ、一つ一つ成しゆくがよい。

 生きとし生けるものと共にこの星と共に歩み続けゆくことが出来ますよう。
うむいかながなと くゆいむすばりてぃ ちむじゅらくはなん さかちたぼり
(想い愛々と 今宵結ばりてぃ 肝美らく花ん 咲かちたぼり)
よき未来への道筋の一つをこの祈りに対し、結び続けゆき、よき未来を叶え続けゆくことが出来ますよう守り導き支えくださりますよう願い祈りいたします。

-------------
お知らせ
-------------

★広河隆一 ~平和を願う~ 写真展【沖縄】
 09月03日(土)~ 11日(日)
 healing shop “願い叶う”NiraiKanai
  沖縄市八重島 1-3-10
 10時~18時 入場無料
 http://inorinowa.org/osirase/20110903/

祈り合わせのお願い お知らせ

2011.08.26.12:33

平成23年8月26日
(旧暦7月27日 癸丑)

こころのかけはし祈りの和へのご賛同ありがとうございます。

本日13時30分から愛知県渥美半島の伊良湖岬から祈り合わせを行います。
INORINOWA-TV( http://inorinowa.org/tv/ )にてライブ中継を行う予定です。
インターネットに接続できる環境にない方も、お時間を合わせて、皆様の真心からの祈り合わせお願いいたします。

また、伊良湖岬での祈りの後、紀伊半島の串本の方へ向かいます。日があるうちに現地に到着出来たら、こちらでの祈りもライブ中継を行います。よろしくお願いいたします。

先日お昼の祈りで伝えられた言葉を記しておきます。

 命の囁きは、その鼓動であり、波打つ波であり、うごめゆく風でもある。自然からくる音という音は躍動し、この星の命と、生きとし生けるものの命の鼓動を伝えている。人の古来を、決してその音を忘れてはならない。そして今まさに、人々が作り、人々が起こしていることもまた、人々が生きているという証の音であり、それもまたある意味、命の躍動の音であろう。多ければ多いほど、その音は大きくなり、多くなり、聞こえぬものもまた、増えてくることとなるであろう。だが、決してその音の中に、埋没しているのではない。命は今も直、音を発し続け、ここにあるという存在の意味を伝えている。その命と共に歩みゆくがよい。どの音もまた、その命を伝え、生きている証を伝えている。忘れてはならない。命の音、思い出してみるがよい。様々なる音、生きとし生けるものがこの星にあり、音があり、この星が生きている。全てが亡くなった時には、この星が音すらも出すことが無いであろう。心と共に、命と共に、そして人々と共に。この星とともに。生きとし生けるものと共に歩みゆくがよい。奏で行く命の音、この星と共に紡ぎだし、紡ぎ続け、伝え続けゆくがよい。

====================
今週末、27日(土)、28日(日)、名古屋市、大阪市でこころのかけはし学びの和(勉強会)を開催します。

より良い未来を創っていくために私たちが日々心得て、行わなければならないことなどを、比嘉良丸の啓示情報及びゲストに来ていただいた方の専門的な視点からの情報などを元に、一緒に考える機会になればと思います。是非ご足労願います。

両日とも人数把握の為に事前に参加連絡をいただいております。下記URLからお願いいたします。(もちろんご都合により直前まで予定が組めない方は、連絡なしで来て頂いても歓迎いたします。)

参加連絡 http://inorinowa.org/osirase/20110810.html

【8月27日 土曜日 名古屋市】
今池ガスビル 7F B会議室 (名古屋市千種区今池1-8-8)
13時10分開場、13時30分開演、終了16時30分

参加費 2000円+ラブオファー(支援金)
各地で行っている祈りの言葉及びその祈りに対する各聖地を司る存在からの言葉を収録した小冊子が付きます。

 ゲスト 原 経厳 氏 ~予知防災・宏観現象について~
 ゲスト イオン・アルゲイン 氏 ~放射線の人体への影響~
 (「聖書の暗号は読まれるのを待っている」シリーズ著者)

【8月28日 日曜日 大阪市】
コベント ガーデン(大阪市西区北堀江 2-5-10)
13時30分開場、14時開演、終了16時30分

参加費 2000円+ラブオファー(支援金)
各地で行っている祈りの言葉及びその祈りに対する各聖地を司る存在からの言葉を収録した小冊子が付きます。

 ゲスト 山根 尚子 さん ~クレイ セラピー・クレイ(粘土)を利用した自然療法~
 ゲスト イオン・アルゲイン 氏 ~放射線の人体への影響~
 (「聖書の暗号は読まれるのを待っている」シリーズ著者)



905622_1.jpg大国ミロク大社WebShop では、企画祈祷のお守りや、大国ミロク大社お宮や沖縄の各聖地(パワースポット)通常祈祷するお守り等、随時受付中です。

祈り合わせのお知らせ

2011.08.22.14:38

祈り合わせのお知らせ

本日17時からの熊本県阿蘇での祈り合わせですが、阿蘇の天候が悪い状態ですので、車中での映像になるかと思います。現場の携帯電話の電波状況が良ければ INORINOWA-TV にて Live中継をご覧いただけます。時間になっても中継が始まらないようでしたら、電波状況が悪くLive配信はしないと判断してください。その場合、中継はごらんになれませんが、いらっしゃる場所からの祈り合わせよろしくお願いいたします。

御神事の流れ

2011.08.21.11:04

新暦8月21日(旧暦7月22日 申)

皆様のご支援の賜物があり、これまで、日本列島をまわり、外国への御神事を行うことが出来ました。本当に、ありがとうございます。皆様のご支援があり、これまでの御神事が行えましたこと心より感謝致します。
さて、今の御神事の流れをお伝えさせていただきます。

北海道、旭岳の祈りの際に十勝岳、黒岳と祈るように伝えられた為、祈りに周り、その後は、地球岬から苫小牧へ移動、そこから八戸へとフェリーで本州へ渡りました。
太平洋側を祈りながら南下したかったのですが、啓示にて言われました、岩手山、吾妻山の麓にて祈りをし、猪苗代湖から磐梯山の麓をお祈りし、その夜は、いわきをお祈りしながら夜を明かし、東海第二原発付近をお祈りして、祈り合わせの場所、筑波山へと向かいました。

北海道では、かなり啓示を伝えられました。
北海道初日は、私自身が啓示的な意味から、血便が出て、トイレから離れられない状態が続きました。また、妻も同様に吐き気をもよおすという状態になり、このような時は大切な内容を伝えられることが多く、やはり十勝でもそのような内容になりました。その為に、急遽、御神事の内容、流れも変わることになりました。
その北海道で伝えられました言葉をお伝えします。あくまでも私の啓示ですので、理解し難い部分もあるかと思いますがご了承くださいませ。

十勝では、内陸部にて火山性地震が起きそうだが、出来る限り押さえる方向で頑張っているが、それもギリギリの段階にきている。
地下の中にエネルギーが溜まっているというよりも、本州の犬吠崎、山形、新潟に抜けている地震を引き起こす構造線があり(これは、力を伝える場所があるという言い方でした。柏崎千葉構造線と言われているものが実際にあります)
柏崎構造線から中央構造線、那須火山帯、白山火山帯、鳥海火山帯、千島火山帯、といっきに突き動かしかねない火山性地震が今、起きる可能性がある。福島磐梯山、猪苗代湖で火山噴火が起きる可能性を警戒せよ、と強く言われました。
ここが動くと、日本列島を南北に伝達連鎖する可能性があり、それが起きてしまえば日本列島での主な火山が20箇所以上の場所で噴火するということへ繋がる。
北海道から関東まで太平洋プレートがまだくすぶっているが、いつ千葉沖、茨木沖、北海道沖が、三陸の流れで起きる可能があるとも言われました。
9月に琉球列島の海底火山の噴火による地震が起きるとフィリピンプレートのプレート型の地震が連鎖的に起きるということを改めて伝えられました。
この内容は、以前から伝えられており、先日の沖縄の勉強会の際に伝えようとしておりました。しかし、この時、急の御神事の為に北海道からの中継となったのですが、途中で音声が切れてしまい沖縄へ伝えることが出来なかった内容でした。
そしてこれらは、阻止せよ。と強く伝えられました(普段は回避せよという言葉がおおいのですが、このときは阻止せよと強く言われました)
そして、奥尻島から積丹半島、カムイ岬、泊原発あたりまでの地震の警戒は強く言われました。
これは、今年3月に石狩川河口にて祈りをさせて頂きましたが、今回改めて忠告、警告に近い状況であると言われました。

北海道後の、流れとしては、苫小牧から八戸へのフェリーの航海中に太平洋の祈りをするように伝えられ、八戸へと到着したら、岩手山、吾妻山の麓で祈り、磐梯山、いわき、東海第二を祈れといわれました。
その後、筑波山から、犬吠崎を祈り、ここ犬吠崎で、関東、東北、北海道での祈りを改め言われました。余震から大きな地震へと繋がる可能が今もある現状であると強く伝えられました、その地震は、東海、東南海、南海に連鎖する流れとなるということを伝えられております。そのこともあり犬吠崎にて祈りをいたしました。
上記のことから、犬吠崎、野島、城ヶ島、石廊崎、御前崎、渥美半島、伊良湖、串本(紀伊半島)は常に、足を運ぶように伝えられ、祈りをしている場所です。

今後の状況として、本日の勉強会終了後、その足で、明日22日の午後5時の祈り合わせに向けて九州阿蘇へ移動いたします。
阿蘇にて祈りをした後、福岡の志賀海へと向い祈り、23日に、沖縄に福岡から戻ります。
沖縄にて、沖縄の地震の回避の為のいのりをし、26日に中部国際へと沖縄から入り、レンタカーを借りて27日愛知名古屋での勉強会、28日大阪。大阪から富士へと移動し、30日富士山頂上へあがり、31日にご来光と共に祈りを致します。
その日のうちに下山し、9月1日にレンタカーを返し、中部国際空港から福岡へ、妻はそこから沖縄へと戻ります。
私は、福岡に預けていた車を受け取り、3日福岡の勉強会、4日熊本での勉強会(ここでは沖縄へと中継も行います)九州、本州を祈りながら、北上し、11日東京にて勉強会となります。12日の朝、出来れば翌日の為に沖縄に戻り、御宮の大祭となります十五夜祭りを沖縄で行います。13日に、再び、東京へ入り、北上しながら、18日の福島の勉強会となります。
再び、北上して、23日の秋分の日には、北海道にて御神事を行います。場所は、移動行程の中にて、伝えられてくるかと思っております。
24日、北海道にて勉強会。この際には、途中妻が北海道に入り、25日には北海道にて個人祈祷となります。
その後、北海道での御神事を夫婦にて行い。9月28日に沖縄に戻るか、本州の日本海側、青森、秋田、新潟と関西方面へと共に向かうかは、北海道での御神事にて決めたいと思います。
このような流れの御神事を、指定されてきております。

さて、北海道の泊原発3号機の運転の決断は、私自身の思いとしては、恐ろしい決断であり、ただただ何事も無きように、無難無事故を祈るばかりです。
常に警戒し、助言を下さるのは、自然界の精霊達でありますが、実際に行動に起こすのは、人間であり、人間の判断で善き未来が決まります。この判断がどのような結果が生まれるのかは分かりません。
私には祈ることしか出来ず、解決するのは、神は、祈り人ではなく、そこに住んでいる方々、北海道の政治家や産業界、住民の方々の決断で未来が変わります。
災いを回避するのは、神ではなく、人間の行いです。
未来をよくするのは、神や祈り人ではなく、一人一人の意識と決断と行動になります。
将来を見据えたうえで、北海道の為になるかならないかは、国、道、知事、政治家、産業界、地域の皆さんでしか判断出来ません。
私に出来ますのは、災いが回避されるように、人為的な被害、災害にならないように、テロ的な災害が起きないように、無難無事故を祈るしかありません。

現在の政治経済の流れは、常に自然界と平行して、様々なことがおきています。
今の円高などの政治の状況は、数年前から伝えられていたことであり、2008年ごろから情報提供してきた方にはお伝えしていたことであります。
その危機も何とか回避し、善き流れに向かうように、私の御神事の中には政治経済の祈りも組み込まれており、自然界の祈りと同時に祈り続けております。
政治経済のことは、今回の一連の勉強会のどこかで、お話させていただくつもりでおります。

皆様の祈りのお力添え、ご支援の程を宜しくお願いいたします

本日の千葉の勉強会は、下記にて中継いたします。午後1時頃から始めます、宜しくお願い致します。
<<勉強会中継場所 inorinowaーTV>>

比嘉良丸、りか

お知らせ

2011.08.20.13:13

こころのかけはし祈りの和へのご賛同ありがとうございます。

お知らせ1/3

本日午前中賛助会員募集のページで一時的に月学10,000円コースしか選択できない状況があったと報告を受けました。この時間にもしその他のコースでのお申し込みをなさろうとしていた方がいらしたらご迷惑をおかけしたことをお詫びいたします。

原因は不明ですが、現在テストした感じでは通常通り機能しているようです。
また、同じような現象に遭遇した方がいらしたら、備考欄にてご希望のコースをご連絡ください。

よろしくお願いいたします。

お知らせ2/3

本日15時30分からの筑波山での祈り合わせですが、現場の携帯電話の電波状況が良ければ INORINOWA-TV にて Live中継をご覧いただけます。時間になっても中継が始まらないようでしたら、電波状況が悪くLive配信はしないと判断してください。その場合、中継はごらんになれませんが、いらっしゃる場所からの祈り合わせよろしくお願いいたします。

お知らせ3/3

明日千葉市でこころのかけはし学びの和が開催されます。
ゲストに宏観現象に詳しい地震予知研究家の原経厳氏をお招きしてお話を伺います。
INORINOWA-TV にてLive中継も行いますが、ぜひ現地へお越しいただき、Liveでは伝えられない情報のシェアをお受けください。

2011年8月21日 日曜日
 千葉市ハーモニープラザ 2F 研修室A1
 (千葉市中央区千葉寺町 1208-2)
 13時30分開場、14時開演、終了16時30分
 参加費 2000円+ラブオファー(*)
 各地で行っている祈りの言葉及びその祈りに対する各聖地を司る存在からの言葉を収録した小冊子が付きます。

昼の祈りと本日の祈り合わせの時間変更のお知らせ

2011.08.20.10:30

新暦8月20日(旧暦7月21日 未)
いつも真心のお力添えありがとうございます。
北海道から、本州へと戻り南下しております。
本日の筑波山での祈り合わせですが、15時30分に時間を変更させていただきます。その時間いらっしゃいます場所から出結構でございます。平和な未来への願い祈りのお力添えをお願いいたします。
本日、日々の祈りの際に伝えられました言葉をお伝えします

多くの者よ
重ねた実りは 何を生むか
重ねた思いの 結果を生もう
その実り あきらめてはならない
伝え 繋ぎ続けよ


昼の祈り

我々人間が、日々の暮らしの中で
神・自然・祖先・人に対して
罪穢れ、身の過ち、行いの過ち、言葉の過ちを
お許し下さい。

神、自然、祖先、人に対して
命、恵、愛、支え、導きを
頂きまして感謝申し上げます。

私自身や、私の、愛する人、大事な人々、
世の中の、人々一人一人が
また、その方の、愛する人、大事な方の
心や身体が病にみまわれる事無く
身体内外、心をお守り健康を与えて下さい。

もしも、心、身体が病にみまわれたとしても
神、自然、祖先、人、自分自身の力、光、意志で
病を克復し完治出来るよう
力を与え導き下さい。

如何なる、自然災害、人災にみまわれることなく
もし、みまわれたとしても大難が小難、無難にして下さり
ますよう、お願い申し上げます。

この世の中の、政治、経済が乱れ
人々が混乱を起こし、国々乱れ、戦争へと向かう事無く
見守り下さりますよう、お願い申しあげます。

私達人間が、この地球、宇宙の命の循環の中で命を
与えられて、自然界の中で、生きている事に気付き
人として生る意味、人、個人個人が、人として人間として
この世で、遣るべきこと、果たす役目に気付き
日々の暮らし生活の中で出来ることを行い、
実行行動にうつし、人と神、人と自然、人と祖先、
人と人、すべての生きとし生けるものと調和し、
少しずつであっても、善き世の中、未来において、
この地球、宇宙、すべての調和和合を成しえて、
みろくの世を創り上げることができますよう、
祈り願い申し上げます。
人々の心が、平穏、平安、安定、平和、
この世の中が、平穏、平安、安定、平和でありますように
こころのかけはし 祈りの和が、広がりますように。

比嘉 良丸、りか
※※メルマガ配信をしております。是非ご登録下さい
<こころのかけはし メルマガ登録>

本日、メルマガを配信しております。
登録してもメルマガが届かない方は、ご登録時のアドレスが違っているか、もしくは、inorinowa.orgにて届くメールが迷惑メールとしてブロックされている可能性がございます。
お手数ではございますが、アドレスを改めてご登録いただくか、inorinowa.orgにて届くメールを許可するように、パソコン、携帯を設定していただけますようお願いいたします。

賛助会員募集について

2011.08.18.19:09

大国ミロク大社/こころのかけはし祈りの和 賛助会員募集の趣旨についてお知らせいたします。長文となりますが、ご理解いただき、ぜひご賛助のご検討をして下さい。




私比嘉良丸、妻のりかは、私(良丸)に伝えられてきます未来の啓示やビジョンに基づいて、平和、平穏、平安の未来となるように、御神事をおこなっております
私が見せられていますビジョンや伝えられております啓示は、このままの世の中の流れでは突き進むであろう世界戦争への道を、2016年までに回避する為の啓示、そしてビジョンとなっています。回避する為のビジョンといっても、実際には、その戦争にいたるまでの様々な要因を常に見せられ、それらを回避するようにということを受け動く御神事となっております。地震、噴火、津波、台風などの自然災害や異常気象、自然災害からの原子力発電所施設や化学工場、コンビナートの事故、破損による惨事、原子力発電所における大惨事、異常気象による食糧危機、そして、経済危機や崩壊、政治危機や崩壊、感染症などといったものが原因となってくると伝えられます。私に見せ、伝えられるビジョンは、常にその現場にいる感覚で見せられます。地震、津波、噴火にしても、大地が大きく揺れる感覚、物に押しつぶされる感覚、濁流にのまれてゆく感覚に襲われます。
そして、世の中と自然の仕組みが崩れることによって、状況の打開策、安易な解決策として戦争の道へと突き進むことになるといったことも伝えられております。

これら、戦争への要因として伝えられている様々な内容は、いつなんどき起きてもおかしくないものばかりであり、そして、どの要因がきっかけとなってしまうかわからない油断出来ない状況が続く中、私共は、常に回避する、小難無難にする御神事を行って参りました。
しかし、今年の3月に三陸沖地震を始め、福島第一原発の事故が起こりました。この原子炉の事故原因についても、前年の6月の期間整備中から、大きな事故が起こることを啓示によって伝えられており、そのことを強く訴えてきました。今年の3月8日には、やはり事故の可能性を強く啓示にて伝えられてきておりましたので、発電所近くにて、小難無難の祈りを必死で行いましたが、力不足により、災害という言葉を越える大惨事に発展する事態となってしまいました。

あのような出来事があり、今後の未来において、自然の動きや今の経済、政治も含め、一瞬の油断も出来ない状況が続いているのが正直なところです。啓示も、三陸沖の地震が引き金となり、太平洋側での太平洋プレート、フィリピンプレートとの係わりから、北は北海道から、南は九州、沖縄までに及ぶ、連鎖による地震の恐れを伝え続けてきております。
特に、関東、東海、東南海、南海地震はこれまでに、何度も連鎖的な地震を引き起こしており、歴史から見てもこの繋がりは事実であり、更には、富士の噴火も伴うことも歴史上明らかになっております。
今、啓示で回避、小難無難を強く伝えられておりますのは、関東、東海、東南海、南海地震。栃木から関西に至るまで、栃木から福島磐梯山、新潟、秋田に至る内陸部の地震。また、関西大阪から、日本海側の福井、石川辺りまでの地震。九州近辺の地震も伝えられてきており、これ以上の大きな災害に繋がらないようにする為に、私自身、沖縄に帰ることが出来ずに、北海道から本州、九州、四国と飛び回っております。
毎月、様々な形でいつ連鎖的な地震が起きるのか、そして、どの地震をどの様に小難無難回避とするか、被害が大きくならないように願い祈りながら、妻と共に、ほぼ毎月日本中を駆け回り、時には、海外へも訪れ、繋がっている大地の連鎖、連動が大きな被害とならないように、小難無難となるように、人々の善き未来を願う力が、動き、善き未来へと繋がるように願い祈っております。また、自然災害と共に災害後の連鎖として、啓示で強く伝えられてきます、政治経済の混乱、感染病の広がりがありますことから、被害の拡大とならないように、小難無難の願い祈りを、日本国内外へと祈りまわっております。

そして、皆様にも、お力添えいただきたいことから祈りの呼びかけをさせていただいており、最近では、祈る現地から中継を行うようにし、皆様との意識を高めることが出来るようにしております
自然災害だけでなく、感染病の広がりや、政治経済の混乱といった内容も、自然災害同様、一瞬の油断も出来ない状況にあり、先の未来ではなく、常に目先にいつでも起こりうる状況であると啓示で伝えられてきており、気を抜いて休みを取ることが出来ない程、実際には、緊迫した状況のなかでの御神事となっております。

さて、今回皆様へ会員制の呼びかけをさせていただきました。
これは、今後の御神事の活動資金は従来通りの支援の形式とさせていただくのですが、現実的活動の場として、こころのかけはし 祈りの和とし行動してゆき、こちらの活動資金を会員の方にて支えていただきたいと考え、呼びかけをさせていただきました。

今回、常に警戒してきました自然災害による被害や被害と同時に、原子力発電所の臨海事故による、土壌、大気、水への被害、植物、動物への被害や体内外の被曝汚染といったことが起こってしまいました。
これは福島、東北という一部の地域だけの問題ではなく、日本や世界という大きな地域での問題であり、この状況に対して、私たちは、どのように向き合い、そして、どのように対応して行かなければならないのか考え、現実に活動してゆきたいと考えました。
そしてそれは、3月11日以降、私に見せられ、伝えられるビジョン、啓示として、子供達が鼻血を出して倒れるビジョンや、急に元気がなくなり倒れるといった情景、日本全国で、奇形児が多く生まれるというビジョンや、経済が崩壊して路頭に迷う人が多くなっている町並み、政治、経済が混乱し戦争へと突入する緊迫している世情、中学生からお年寄りに至るまで、兵隊にかりだされてゆく日本の最悪の状況を見せられていることもあります。
見せられる最悪のビジョンは戦争ですが、今、直視しないとならないのは、原子力の事故であり、東北地方に関連する復興が急がれるものであります。
農場だけでなく、大地、地上全般におけることや、水、大気の改善も今後大切なこととなってまいります。
まず、一つとして、福島で起きました臨界事故による被曝汚染、放射能汚染がどの程度まで広がっているのかということをしっかりと把握することが大切であることから、調査、データー収集を専門家のお力を借り、全国での放射能の広がりの検査実施をしてゆきます
今年9月頃から10日間ほど、3月11日以降の風、原子炉の状況データーと照らし合わせながら、まず、北海道から行おうと考えております。様々なデーターと地形などから、ポイントとなる北海道の場所を特定し、現地へと実際に赴、調査実施いたします。この調査しましたデーターは、9月25日の北海道の勉強会にて報告させていただきます。これも出来れば、全国へと中継したいと考えております。
このように現実をしっかりと把握した上で、各地域に対して、対処方法を提案してゆきたいと考えております。この活動も、啓示で今後の展開において、行わなければならない活動として伝えられている内容であり、早急に対処して行かなければなりません。
実際、私達自身、地震当初、現地の皆様に現場からの退避を伝えました。しかしながら、その場所から出て行くということは出来るわけではなく、現場にて向き合い、生きて行かなければなりません。そして何より、長年住んでいる、慣れ親しんだ場所に帰りたい、住んでいたいという思いは、被災した方々がお持ちの感情です。
その為にも、土壌や大気、水の現状を知り、その改善をして行くことが大切であります。
土壌に関し、具体的に行おうと思っていおりますことは、麻炭にEM菌もしくは、その他の微生物を培養し、土壌散布することで、微生物の働きによっての放射能の除洗、農薬化学肥料の除洗、津波による塩害の改善といったことを、実際に研究されております専門家の知識をお借りして、土壌の改善を目指すことを行うことといたしました。
これには、微生物研究をされている方々から、微生物によって、放射能の除去、中和が行われるといったことを伝えられており、農地に関しては、畑、田んぼ、牧草といったものにも、微生物を培養したものを土壌に混ぜることで、原発の事故前の環境よりも土壌内の環境をよくすることが出来るということも伝えられております。
まずはテストとして、沖縄で私達が借りました畑と福島、もしくはその近郊にて畑をなさっている方の土地をお借りして行ってゆきます。汚染地域ではない土地と汚染された土地で、同じように麻炭とEM菌の培養したもので栽培し、実際に収穫したものの放射能の状況をデーターとして観察してゆき、結果が得られるようであるなら、実際に、自治体、市町村、都道府県、国へと推薦し、次期農業の推進として、助成金の申請や、収穫に対しても新しい農業としての道が開けると考えており、まずは、放射能除去ということから始めてゆきたいと考えております。
また、牛、豚、鶏の餌となる草を通して、畜産における被曝被害の改善にも効果を表すことが出来ると考えております。
放射能の除去、中和というものから、それまでに蓄積されてきた、農薬、化学物質といったものに対しても、原発事故前よりも、土壌がよい状態になるということも考えられ、微生物だけでなく、様々な方法から対応してゆきたいと考えております。
このような活動は、実際の現地の状況を調査し、把握しての対処対応となってゆきます。 
汚染地域を明らかにすることは、現状を受け止め早い対応を取り、取り返しのつかない状態にならないようにするという意味合いがあり、福島だけでなく、北海道から南は、九州沖縄まで、環境、気候に適応した一番よい対応策を模索し改善を図りたいと考えております。

また、放射能の体内外の被曝に関してですが、最近、牛、乳牛にセシウムの問題が伝えられておりますが、これは、人間にも同様であります。見えない放射性物質が大気の中に浮遊している状態ですので、牛だけでなく、人間も同じように、呼吸によって体内に吸い込んでいます。
体内に取り込んだものを解毒、中和する、体外へと排出する食事や食材の提供や、皮膚を守るもの、皮膚に付着したものを除去するものの提供や、体内の被曝の軽減によいとされる食材を使った料理教室なども考えております。
これはまた、体内の放射能だけでなく、蓄積されていた体内の化学物質も除去することも考えられ、やはり原発事故前よりも、改善されてゆくということが伺えます。
原発の事故後、子供達が鼻血を出して倒れるビジョンや、急に元気がなくなり倒れるといったビジョンを見せられています。
日本全国で、奇形児が多く生まれるというビジョンも見せられております。
なによりも、子供から妊婦、出産前の女性の体が危険に晒されており、急を要するものとなります。
子供達に関しては、放射能の濃度が高い地域はでは、子供だけでも、放射能が中和されるまで、環境の良い場所で生活させたいと考えております。発育段階の子供達にとって、放射能の影響は大人よりも強く、未来を担う子供達の命を守らねばなりませんし、教育に対しての活動も行いたいと考えております。

また、予知防災と家庭における防災を考えております。
これまで、地震の後に情報としていただいておりますのが、地震発生前にあった地震雲や地震の前兆としての光、そして、昆虫の大量発生や動物の異常行動、植物の狂い咲きなど、地震の前兆として起きるポルターガイスト現象といった様々な現象といった情報とGPSや色々な計測によるデーターをも収拾、そして、この情報と、私共に伝えられてくる啓示による情報とを照らし合わせながら、事前に予知し、情報提供をすることで防災を促すことができるように試みてゆきたいと考えております。また、実際に地域で起きた場合の想定による避難場所や予測される地震の最低備蓄の呼びかけも考えております。この活動に関しましては、多くの方々の情報提供のご協力が必要となってまいります。お力添えの程を宜しくお願い致します。

世の中、様々な方々がおられ、様々な考え方があります。
私達の祈り、御神事に対し、母なるガイアの仕組みを邪魔するなということや、地震、津波、政治、経済の崩壊を止めるようなことはするな。また、すべては、宇宙の法則であり多くの命が失われても母なる大地の思いであるといった、多くの命が失われても良いという方や起きる出来事は罪償いだという方々がおり、メールや電話などが送られてきます。考え方は人それぞれです。それもご本人自身の心であります。
それぞれが自分の出来る行いを、自信を持ってご自身の名において世間に訴え、御神事として行ってゆけばよいことであり、私は、このような災害が二度と起きないように、大惨事、大災害を経験することないように、また、人々の心が地球、自然というものに対して改めて気付くように御神事を行って参ります。そして、これは、現状を見つめ、未来に対して人間が様々なことに気付くことによって、新たな進化を迎えることができる、全てを無からやり直さずとも人間の意識次第で未来を迎えることが出来るということを啓示にて伝えられているからであり、私が見ていますビジョンは、回避するべきビジョンであり、また回避するようにということを伝えられており、回避することで、善き未来、平和の方向へと変化するということも伝えられております。その為にも、未来に向けて努力して参ります。

多くの方々が様々な活動を行っておられますが、大国みろく大社、こころのかけはし 祈りの和、命の和を通して、本格的な現実の活動を行ってゆきます。
今年のアラスカ、ニュージーランドの外国への御神事にゆき、3月11日で伝えられていたこと、また、私自身疑問に思っていたことを私なりに、確信できる内容を伝えられてきました。
そして、それらを踏まえて、改めて、北米と中米の御神事を行ってゆき、そこから、どのようにして未来を創ってゆくかが大きな課題となりました。
自然は世界に繋がっていることであり、今後、国外に出ての御神事ということが多くなると伝えられておりますが、やるべきことを一つ一つ行って参ります。
私自身が見ました津波、原子力発電所の事故のビジョンは現実に起こりました。
そして、これから起こる出来事のビジョンとして見せられ伝えられている内容は、多くの方々が直面するであろう出来事となる可能性が高くなってしまいました。
祈りを多くの精霊達に伝え、精霊達の善き未来へのヒントとなる情報を皆様に伝え、現実の社会で未来を創るように、崩壊や破壊ではなく、建てかえ建て直しではなく、今あるものを進化させて、善き方向へと未来を創り直すことが出来るということを精霊達や神々の真意に基づき、皆様へと祈り合わせ、力を合わせて未来を創るということに専念し、上記のような、現実的活動を行いゆきます。そして、これ以上被害が広がらないように、また伝えられている地震が起こり第二の震災が起きることがないように努力して参ります。
今、動かなければ、世界は大変な状況となるということを伝えられていることも事実です。
多くの方々に呼びかけ、集ってゆくことから始め、上記に記載しました内容から活動し始めてゆきたいと思っており、賛助の募集を皆様へと呼びかけさせていただきました。
もちろん、資金面もさることながら、人力、行動力も必要となります。ご助力につきましてもお力添えいただけますと大変嬉しく思います。

比嘉良丸 りか



------------------------
賛助会員お申込みについて
------------------------
今回募集を始めました賛助会員は「一般・個人」の方向けと「企業・団体」向けで分けて募集させて頂いております。

一般・個人の方は下記URLをご参照ください。
http://inorinowa.org/supporting_members/index2.html

企業・団体の方は下記URLをご参照ください。
http://inorinowa.org/supporting_members/index3.html


more...

こころのかけはし学びの和 開催のお知らせ

2011.08.18.19:01

今週末 8月21日(日曜日)千葉市にて“こころのかけはし学びの和”が開催されます。

比嘉良丸が啓示で見せられている最悪のビジョンへの道筋の分かれ道となるとても緊迫して大事な時節となっております。ぜひお時間を作っていらしてください。お待ちしております。

2011年8月21日 日曜日 千葉市
千葉市ハーモニープラザ 2F 研修室A1
(千葉市中央区千葉寺町 1208-2)
13時30分開場、14時開演、終了16時30分
参加費 2000円+ラブオファー(支援金)
各地で行っている祈りの言葉及びその祈りに対する各聖地を司る存在からの言葉を収録した小冊子が付きます。

ゲストに 原 経厳 氏をお招きして、宏観現象、予知防災についてお話しして頂きます。


よろしくお願いいたします。

祈り合わせ 十勝岳から

2011.08.16.19:08

本日15時30分からの祈り合わせありがとうございました。

当初の予定からは変更となり、北海道十勝岳麓からの祈り合わせとなりました。

祈りの言葉、返された言葉を記しておきます。
(祈り合わせの様子は INORINOWA-TV で録画をご覧いただけます。更新したばかりなので、キーボードの F5 キーを押してページの再読み込みを行ってみてください。)

祈り合わせ 十勝岳にて

新暦、8月16日。こと明けて申し上げます。

いかなる災いも降り注ぐことなく。手に手を取り助け合いながら、共に歩みゆくことが出来ますよう、いかなる災いも少難無難と変わりゆき、人々がこの星と共に、自然と共に歩みゆくことが出来ますよう、どうか守り導き支えくださりますよう願い祈りいたします。幾久しく、人々は、この自然の中にあり、この自然に生かされ、そしてこの星と共に歩んでいるということを忘れ、意識遠く、自らの力でまた、自らの歩みだけ、歩んでいる、進んでいるという思いを持ち、この星と共にいることを意識薄く、また、忘れてきておりました。しかしながら、改めて人々がこの星と共に歩んでいるということを知り、気づき、再び思い出し、この星と共に歩みゆくことが出来ますよう、どうかその真心、その、この星と共に歩みゆきたいという意思、命を大切にする思いを、再びどうかその真心汲み取りいただき、よき道よき未来へと歩みゆくことが出来ますよう、どうか守り導き支えくださりますよう願い祈りいたします。


伝えられてきた言葉

一粒の種は、実をならし、広がりゆく。人々の行いもまた同じである。元、一つの行いからその次、その先へと広がりゆくのである。元は善きもの、そして悪しきものであったとしても、その広がりは同じなのである。元、最初の一歩を大切にしゆくがよい。その一歩によって広がりゆく行いは思わぬ所へと広がりゆくことにもなりゆこう。そして、決してその、そなたたち一人一人の内側にある思い、真心、よき未来を願う素直な心を決して忘れてはならない。発せられゆく思いから行動が動き、そしてそこから次へと広がりゆくのである。善きもので満たしゆくことが出来るように、焦ることなく、そして着実なまでの一つ一つの歩みを行いゆくがよい。大切な道のりはまだ続きゆく。決して諦めることなく歩みゆくがよい。


終わりの祈り

よき道よき未来への道筋、決して見失われることなく、一つ一つ歩み続けゆき、さらなる未来進みゆくことが出来ますよう、ここ日の本において水の清め、水の改め、火と水の調和、起こりゆき、和合されしこと、ここからの力、ここからの願い、祈りのエネルギー、しっかりと飛び立ちゆき、この星と共に未来歩み続けゆくことが出来ますよう、守り導き支えくださりますよう願い祈りいたします。


昼の祈り

2011.08.16.10:45

新暦8月16日(旧暦7月17日 卯)
いつも真心のお力添えありがとうございます。
本日、12時30分に祈り合わせとご連絡しておりましたが、時間を変更させていただきます。
15時30分に祈り合わせとしたいと思います。皆様のその時間いらっしゃいます場所からで結構です、大切な方々と共に生きている、数年先の未来を思い描きくださいませ。
平和、平穏、平安の中にて暮らしていることを思い描き、安心して、笑顔で暮らしている多くの方々を思い描き、願い祈り下さいますようお願いいたします。

それでは、本日日々の祈りの際に伝えられました言葉をお伝えします。

人間達よ
共にゆく暮らし
人間と共に 多くの命があることを
改めて気付いて欲しい
そして その身体には
多くの命の 結晶が存在することを
深く理解して欲しい

本日も真心のお力添えをどうぞ、宜しくお願い致します。

~昼の祈り~

我々人間が、日々の暮らしの中で
神・自然・祖先・人に対して
罪穢れ、身の過ち、行いの過ち、言葉の過ちを
お許し下さい。

神、自然、祖先、人に対して
命、恵、愛、支え、導きを
頂きまして感謝申し上げます。

私自身や、私の、愛する人、大事な人々、
世の中の、人々一人一人が
また、その方の、愛する人、大事な方の
心や身体が病にみまわれる事無く
身体内外、心をお守り健康を与えて下さい。

もしも、心、身体が病にみまわれたとしても
神、自然、祖先、人、自分自身の力、光、意志で
病を克復し完治出来るよう
力を与え導き下さい。

如何なる、自然災害、人災にみまわれることなく
もし、みまわれたとしても大難が小難、無難にして下さり
ますよう、お願い申し上げます。

この世の中の、政治、経済が乱れ
人々が混乱を起こし、国々乱れ、戦争へと向かう事無く
見守り下さりますよう、お願い申しあげます。

私達人間が、この地球、宇宙の命の循環の中で命を
与えられて、自然界の中で、生きている事に気付き
人として生る意味、人、個人個人が、人として人間として
この世で、遣るべきこと、果たす役目に気付き
日々の暮らし生活の中で出来ることを行い、
実行行動にうつし、人と神、人と自然、人と祖先、
人と人、すべての生きとし生けるものと調和し、
少しずつであっても、善き世の中、未来において、
この地球、宇宙、すべての調和和合を成しえて、
みろくの世を創り上げることができますよう、
祈り願い申し上げます。

人々の心が、平穏、平安、安定、平和、
この世の中が、平穏、平安、安定、平和でありますように
こころのかけはし 祈りの和が、広がりますように。

比嘉 良丸、りか
※※メルマガ配信をしております。是非ご登録下さい
<こころのかけはし メルマガ登録>

本日、メルマガを配信しております。
登録してもメルマガが届かない方は、ご登録時のアドレスが違っているか、もしくは、inorinowa.orgにて届くメールが迷惑メールとしてブロックされている可能性がございます。
お手数ではございますが、アドレスを改めてご登録いただくか、inorinowa.orgにて届くメールを許可するように、パソコン、携帯を設定していただけますようお願いいたします。

祈り合わせのお知らせ

2011.08.15.15:55

いつも真心のお力添えありがとうございます。
今後の祈り合わせの日程のお知らせをさせていただきます。また、先日より、お知らせをさせていただいております、賛助会員募集につきましての主旨も旭岳の祈りの後に書き込み致します。

さて、現在、私達は、北海道へと向かうフェリーの中におります。
日本列島を世界、地球のひな形として、日本列島を2周まわります。各周の結びとして富士の頂上と5合目と、祈りをいたします。
皆様へお力添え頂きたいのは、下記となります。
まず、8月16日に旭岳にて祈り合わせ、これは12時30分に行いたいと思います。
北海道を数か所祈りをしたのち、18日に、フェリーにて、苫小牧から八戸へと移動いたし祈りながら南下してゆきます。
次の祈り合わせは、20日に筑波山、祈り合わせを12時30分ごろ行いたいと思います、
21日は、千葉にての勉強会になり、その日の夜、九州へと向かいます。
ここ九州は、24日の午後3時、阿蘇にての祈りを予定しております。

その後は、大分から四国へと移動し27日の愛知の勉強会へと向かいます。
28日は、大阪にて勉強会となり、その後は、富士へと向かい、31日にご来光を拝み、祈りをいたします。ここ富士では、ご来光と火口での祈りの際に祈り合わせとしたいと考えております。
(おおよそ、朝5時頃と7時頃に祈り合わせとしたいと考えております)

その後、9月3日の福岡、4日熊本での勉強会となります。
この時も、霧島近郊か、桜島、または阿蘇にての祈りを検討しております。
そのあと、再び四国へと移動し、11日の東京の勉強会へと向かいます。
18日の福島にて勉強会を行い、そのまま、北上し、秋分の日に北海道にての御神事となります。
この後の北海道から本州へ移動し南下するルートは、この北海道にて決めます。
太平洋側を南下の場合は、関東へ、日本海側の場合は関西へと移動してまいります。
最終的には、10月にグァテマラへ飛び、ドンアレハンドロ氏と祈りを行う予定としております。これは今まで、南北を祈り繋いで参りましたが、今度は、アラスカ、ニュージーランドを結んだ御神事の一環として東西を結ぶ為に、アメリカから中米へと向かい御神事をして参ります。これらは、啓示にて伝えられている9月の災いを清め改めて、新たなる道、未来を創る為の御神事となります。
改めて、整理しますと。
※8月16日の旭岳の12時30分※20日の筑波山12時30分頃 ※24日の阿蘇山15時頃 ※31日の富士山でのご来光の祈り合わせ朝5時頃と火口での朝7時頃の祈り合わせのお力添えをお願いいたします。この時間、皆様のいらっしゃいます場所からで結構でございます。未来への願い祈りを込めお力添え下さいませ。
上記以後の祈り合わせの予定は、改めてご連絡いたします。なにぶん自動車での移動ですので、予定していた時間に間に合わないことあります。遅れます際にはメルマガ等で改めてご連絡させていただきます。ご了承下さいませ。
また、これらの祈り合わせは、中継も検討しております。

もう一つ、勉強会にもどうかご参加くださいますようお願いいたします。
21日:千葉県。27日:愛知。28日:大阪(沖縄、同時中継)9月3日:福岡。4日:熊本。11日:東京(沖縄にて同時中継)17日:料理教室(埼玉か東京を検討中)18日:福島(北海道札幌にて同時中継)
となっております。ゲストを向かえ現状の状況や改善策のお話をしていただくことも検討しております。
どうぞ、ご参加くださいませ。
啓示では、一瞬の油断もならないと伝えられてきており、世の中は緊迫している状態であります。御神事もハードになりますが、今が正念場と私の出来る限りのことを行って参ります。
1人の力では、出来ないことです。皆様の真心のお力添えとご支援の程を宜しくお願い致します。

日々の祈りの際に妻に伝えられました言葉をお伝えします。

人々よ
動かされているのではない
自らによって どのような動きであろうとも
動いているのである
選びしこと そなた自身
決めておるのである
それは 今も そして未来も
同様である


今後も真心のお力添えをどうぞ宜しくお願い致します。

比嘉 良丸、りか

※※メルマガ配信をしております。是非ご登録下さい
<こころのかけはし メルマガ登録>

本日、メルマガを配信しております。
登録してもメルマガが届かない方は、ご登録時のアドレスが違っているか、もしくは、inorinowa.orgにて届くメールが迷惑メールとしてブロックされている可能性がございます。
お手数ではございますが、アドレスを改めてご登録いただくか、inorinowa.orgにて届くメールを許可するように、パソコン、携帯を設定していただけますようお願いいたします。

御神事について

2011.08.14.17:48

朝の祈り合わせのお力添え、皆様の真心、ありがとうございました、

今日は、沖縄では旧盆の最終日ウークイの日(送り日)にあたります
お盆で帰ってきた、一族や先祖の御魂をウンケーという日に迎え入れ、家族、一族が集まり皆で先祖や一族の御魂をもてなし偲びます。
沖縄の中部では、伝統のエイサーが旧盆の3日間町中を練り歩き、太鼓でこの世に来ている御魂を喜ばせます。
本当なら沖縄の先祖を大切にする習慣から、沖縄に戻りウークイで先祖の御魂を天に送り出すこの一つの儀式に参加したいところでしたが、啓示と亡き母から、年周り、月周りの仕組みで(物事が起きる際に周期があるということ)旧暦の7月15日前後(新暦では、8月13、14日頃)はかなり気をつけるようにと伝えられて御神事となりました。
関東で地震が起きても連鎖伝達し、大きくなる。内陸部で起きても日本の東西に広がる連鎖伝達となると伝えられました。
これらは、かなり前から言われておりましたが、きちんと善き方向になる為の仕組み作りをしっかりとしないとならないという啓示に基づき、沖縄に帰ることなく、今日まで房総半島の中心にて、小難無難の祈りをさせていただきました。

これから、北上しまして福島、青森そして、北海道へと赴く予定でおります。

さて、今回の啓示はかなり厳しいものでありました。
実際には数年前から三陸沖の地震を伝えられ続け、東北、女川原発、福島第一、第二原発、北関東東海原発と警戒し何度も足を運び、無難無事故の祈りを捧げて来ました。
福島に至りましては、昨年の6月からかなり警戒し、無難無事故の御神事を行って参り、3月8日には、夜を徹して祈り、三陸沖の地震のことも合わせて小難無難と祈りを行いました。
そして、確かに私には、事故、災害は回避できたという言葉を聞き、次の場所へと移動し御神事を続けたのです。
それもに関らず、地震と災害、事故が重なったのですが、このことに対してアラスカ、富士、ニュージーランドで見つかると思っておりました。
当初、人口破壊兵器によるものであるということを言う方々が多くおりましが、私の結論としては、人口破壊兵器の影響以上に違った要素で起きたという結論に至りました。これについては、勉強会などにて詳しくお話して行くことが出来ればと考えております。

ニュージーランドでは、出国前に結びました北海道、九州、富士山の御神事を行い、北半球と南半球、中心。南北の結びの御神事を行いましたし、帰国してからも、短期間で北海道と九州、富士山を結び、先日、富士山は、更なる結びになります。
富士山にあがる時には、私は全てのものに対して覚悟を決めてあがります。
私の持病、そして過去の術後の合併症を踏まえてあがるのですが、かなり高山病で苦しむことになります。今回も、前日まで殆ど徹夜でありましたが、昨年の富士山よりは体的には楽でした。
しかし、今回の富士山は、上がる前から、もう一度強く申し付けることがあるということを言われておりました。

頂上につくと、やはり高山病でかなり立ちくらみと吐き気に襲われ、まずは仮眠をとることにしました。
この日は、本当に晴天で、太陽の日差しにも恵まれ、青空が綺麗な空でした、仮眠に入ろうとした直後にこの晴天の中、突然、大きな爆音が響き、その後に、ゴロゴロという雷の音が響きました。
一緒にあがった方が、外におり、そのうちの女性の方は、大きな音が突然鳴り、光ったということ、そして、こめかみに強い衝撃が走ったということを言っており、もう1人の男性の方は、眼鏡に衝撃が走ったということを言っておりました。
これは、私にとって、今回の御神事の合図であり、この現象の直後、啓示が伝えられてきました。
それは、これまでに行ってきた御神事は、全体の8割にも満たないということ。もう一度、8月中に出直してこいというものでした。
そして、旧暦の7月15日までは、関東で富士山の動きへと繋がったり、伝達するような地震や他の火山の噴火が起きないように、房総半島にてしっかりと仕組みを祈りるように。
本州の仕組みをもう一度見つめなおし、意味を解き、旧暦7月15日から北関東を経て、北海道へあがり、北海道旭岳へ向かえ。その後は、九州へと向かい、九州阿蘇にて祈るように、そして、四国を経て富士
の頂上へといま一度来るように、それは、新暦の8月中に結ぶようにと伝えられ、それは、この8月中に北海道、関東、九州、四国を結び、富士へと結ぶということになり、とても強く伝えられました。

前回もかなりハードな行程の御神事でしたが、今回はそれ以上、ハードな行程の御神事となります。

今年1月から、3月、6月、9月、12月から来年1月にかけて、そして4月と本当に大きな出来事が日本で起きてしまうと啓示で伝えられてきておりました。実際に3月に震災がおきました。
6月は、政治経済に関しての出来事、そして、そこに再び自然災害や原子炉、大型の施設の事故が重ならないように、伝えられている9月を迎える前に、8月中に一度全ての仕組みを改めて組み、大払いの祈りを行い、全ての過去の悪い仕組みを清め改めるという仕組みを組むようにということを仰ってきました。

時として、私の思い、行動、実行力を試されているような思いに駆られてしまいます。

今年3月の福島から北海道までの御神事も、大寒波の中行った御神事であり、3月8日の夜は、夜通し福島第一の無難無事故の祈りを行いました。そのまま、9日の夜中まで、移動しながら東北の小難無難を祈り続け、そのまま、10日にかけては、石狩川の河口にて、猛吹雪のマイナスの気温の中、外で夜通しの祈りを行い、私なりに、本当に精一杯頑張り、出来る事を行ってきたのですが、3月11日となってしまったことに、本当に悔やんでも悔やみきれません。
今回の組みなおしの御神事は、失敗は許されることなく、今回、行う意味、結ぶ意味、繋ぎ、解き、結びなおす仕組み作り、これらを今まで以上にしっかりと行って参ります。
母から繋いできました数十年に渡る御神事の繋ぎと共に、何度も外国に行っては繋ぎ、結び、仕組みつくりの一つの仕組みをしっかりと結んだ上、一度これを解き、未来に更に善きものを作る為の御神事となります。

結びの場所として大切な場所であるからこそ、御殿場に移動に使う車を置いていただき、富士の麓から日本全国、そして、外国へと結び、富士の麓へ戻り、沖縄の御宮にて結ぶということを何度も行って参りました。

今回、これから北海道へと移動し、旭岳にて祈り、東北を下りながら、8月21日まで移動し、21日千葉にての勉強会を行います。ここでは、予知防災と日本の未来についてお話を考えております。
その後、九州へ向かい、阿蘇にて祈り、四国へと移動し、関西、愛知と移動し、8月27日の愛知勉強会、28日の大阪勉強会を行い、そのまま、富士に再びあがります。
下山後は、改めて、9月に福岡、4日に熊本と勉強会を行い、四国を経て、11日に東京、18日に福島にて勉強会となります。
そして、旧暦の8月15日(十五夜)では、私は本州にて祈り、妻が沖縄で祈りを行い結び、秋分の日でも、私は、北海道、そして、沖縄にて妻が祈り、祈りの結びを行います。

伝えられている啓示の内容は、いつなんどき何が起こるかわからない状況を伝えられております。
自然界、神界、幽界、人間界、これら全ての仕組みがしっかりと噛み合い、結び、和合することによって、平和、平穏、平安へと繋がります。
どうか、皆様の真心のお力添え、御神事に対します活動支援の程をお願いいたします

比嘉 良丸、りか

祈り合わせの呼びかけと夜の祈り

2011.08.13.22:27

新暦8月13日(旧暦7月14日 子)

夜分遅くのメール失礼致します。
関東、関西にかけての災害の警戒を啓示にて伝えられ、現在、特に関東を警戒するようにという啓示から房総半島にて祈りを続けております。

皆様におかれましては、明日、朝8時、その時間にいらっしゃいます場所から共に、災いの小難無難を願い祈りくださいますようお願い致します。
今後も何事もなきように、平和、平穏、平安であり、安心して暮らして行けるように願い祈りくださいますようお願いいたします。
日々の祈りの際に伝えられました言葉をお伝えいたします

人々よ
思う心も原動力 動かす力となろう
善き心にて 善き考えにて
善き未来への思い
しっかりと持ち続けゆけ

真心のお力添えを宜しくお願い致します。

また、先日富士山から10日に降りてきたということを記載しておりましたが、正しくは9日でした。8日に上がり、9日のご来光を見まして、9日に御神事を行い、その日に降りて参りました。
皆様の平和への願い祈りのお力添え、いつもありがとうございます。

<夜の祈り>

宇宙の仕組み、自然の仕組み、命の循環の仕組みが狂う事無く
私たち、人間が、日々の暮らし生活の中に足元に
愛、幸せ、喜び、豊かさ、平和が有る事に気付き
人として、人間として、遣るべきこと、成しえることに気付き
人、人間としての覚醒することを導き下さりますよう、
お願い申し上げます。

人々が、眠りの床に付いた時、
その日に、憑いた、如何なる、因果、因縁を清め、改め、洗い流し
また、心と身体の疲労を取り除き、下さいまして
翌朝、目覚めたとき、生きる喜び、生きる力に満ち溢れた心持ちで
朝を、迎へ入れることが出来ますよう
見守り、導き下さりますこと願い祈り申し上げます。


人々の心が、平穏、平安、安定、平和、
この世の中が、平穏、平安、安定、平和でありますように

こころのかけはし 祈りの和が広がりますように。

比嘉 良丸 、りか

※※メルマガ配信をしております。是非ご登録下さい
<こころのかけはし メルマガ登録>

本日、メルマガを配信しております。
登録してもメルマガが届かない方は、ご登録時のアドレスが違っているか、もしくは、inorinowa.orgにて届くメールが迷惑メールとしてブロックされている可能性がございます。
お手数ではございますが、アドレスを改めてご登録いただくか、inorinowa.orgにて届くメールを許可するように、パソコン、携帯を設定していただけますようお願いいたします。

朝の祈り

2011.08.12.09:03

新暦8月12日(旧暦7月13日 亥)
いつも真心のお力添えありがとうございます。
先日富士山頂上での御神事を終え、10日に下山いたしました。
9日の頂上では、晴天なのに雷がなったり、雨が降るといった状態でありましたが、ご来光を見ながら祈

ることができました。ありがとうございました。
現在、お盆時期となりますが、命を繋いでくださいました先祖の皆様に感謝しますと共に、震災で亡くな

られました方々におきましては、ご冥福を深くお祈りしたいと思います。
また、現在、現実活動を本格的に行おうと様々な計画を立てております。計画の内容や根本にある私共の

意識を改めて皆様にお伝えさせていただきますが、活動に際しまして、皆様からのご協力いただけますと

大変心強く、また、嬉しく有難く思います。どうぞ、宜しくお願い致します。

本日、日々の祈りの際に伝えられました言葉をお伝え致します。

人々よ
一つ一つの行動が 実を成らすもとね
そのもとね 続けゆくことにて
更なる実をならしゆく
よき心にて育てられよ
その実が やがて善き未来を繋げよう


*~朝の祈り~*

今日と言いう日が、皆様1人1人にとって
良き一日でありますように
今日一日、家や出先・学校・職場など如何なる場所に置いて
事故や事件・災害などの災い巻き込まれる事なく
また、人と人の心に不調和が生まれ
対立や争い・いじめ・虐待などが起き巻き込まれることなく

今日一日、無難で、人と人の心に調和のとれた日でありますように

日々の、暮らし生活の中で、心身に病に見舞われえることなく
如何なる、心身の病を自ら克復し、心清らかに豊かに
幸せ中で喜びに満ち溢れ、生きる喜び・生きる力にとなり
その力が、世の中を変え・未来を変え

良き世の中・良き未来を創ることができますように

私たち、1人1人が人として人間として生きる意味に気付いて
私たち、1人1人の暮らしの中に、日々の生活の中に
愛・幸せ・喜び・豊かさ・平和があること知り感じることで日々の生活暮らしをあゆむなか 

1人1人が、神の心を知る、自然のありがたみを心で感じ
祖先の思いを心で受け止め、人の心の大事さを知り

1人1人が良き世の中、良き未来つくりてとして
次の世代への導きてとなるよう、心より願い祈りいたします

心の平穏、平安、安定、平和と世の中の平穏、平安、安定、平和になりますように、願い祈りいたします。

本日も祈り合わせのお力添え、よろしくお願いします
こころのかけはし 祈りの和が広がりますように。

比嘉良丸、りか

※※メルマガ配信をしております。是非ご登録下さい
<こころのかけはし メルマガ登録>

本日、メルマガを配信しております。
登録してもメルマガが届かない方は、ご登録時のアドレスが違っているか、もしくは、inorinowa.orgにて届くメールが迷惑メールとしてブロックされている可能性がございます。
お手数ではございますが、アドレスを改めてご登録いただくか、inorinowa.orgにて届くメールを許可するように、パソコン、携帯を設定していただけますようお願いいたします。

8月9日 富士山 山頂での祈り合わせのご報告

2011.08.11.17:21

遅くなりました。8月9日、富士山山頂での祈り合わせでの祈りの言葉及び返された言葉をご報告します。


(祈りの言葉)

新暦8月9日、ここ、富士の火口にてこと明けて申し上げます。富士山 山頂

 本日真心とともに、よき道よき未来を願い祈りさせていただきます。また共に真心寄せ、この場所にて祈りくださいます方々と共に、また日々の暮らしの中、真心より平和、平穏、平安の世の中を願い祈る方々と共に、願い祈りさせていただきます。

 幾久しく世の中は混乱の中に陥り、そして今まさに道、由々しない、歩みゆく道を選ぼうとしております。どうかよき道よき未来をと、平和、平穏、平安の世の中へと、歩みゆくことが出来ますよう、どうか守り導き支えくださりますよう願い祈りいたします。
 また、命の循環決して狂うことなく、この大地、大自然の仕組みも狂うことなく、人々が犯してきた自然への罪、そして行いを、今、生きし方々が気づき、そして人々が、人間が起こした罪として改善し、改良し、直し、よき未来へと、平和とともに、自然と共に、人々が歩みゆく道筋を繋ぎとめることが出来ますよう、どうか守り導き支えくださりますよう、願い祈りいたします。
 幾久しく人々、共に自然と共にありますように。私たち、この星とともに自然があり命があり、多くの人間が住みゆくことが出来ますよう、どうか守り導き支えくださりますよう願い祈りいたします。


(伝えられてきた言葉)

 繋ぎ目はいかな行いと思うか。人々は目を閉じようとしているのではないか。目を閉じてはならない。まことの目、閉じてはならないのである。しっかりと眼を開き、今の世の中、何が起きようとしているのかということを見つめゆくことこそが、次の時代、次の代へと繋ぎとめゆく大切な鍵となりゆく。しっかりとそれを認識しておかねばならない。この地上においてよき道よき未来へと歩みゆくには、ことのほかその力が必要となってくるのである。しっかりとその眼を開いてゆかねばならない。開きゆかねば次を見ることも出来ぬ。そして、その次と今とを繋ぎくる線、点を見つめることも出来ないのである。しっかりとよき道よき未来へと進みゆくならば、必ずや今、この現状を見つめるべきことなのである。しっかりと見つめられよ。そしてよき道よき未来へと歩みゆく道筋の、線と線を繋ぎゆき、未来を叶えさせてほしい。

 続きゆく流れの中に、混沌と共にあってはならない。しっかりとその未来を見つめゆかねばならぬものである。皆が目を見開き、しっかりと見つめゆくことにより、混沌の中にある光を認めることが出来るであろう。そして、その光のもとへとしっかり歩みゆく道筋を一つ一つ進みゆくことが出来るであろう。常に常に道ゆかねばならない。しっかりと見てゆかねばならないのである。一つ一つの歩み、決してそれを止めてはならない。たとえ苦しかろうとも、辛かろうとも、大きな一歩を遂げられなくとも、小さな一歩を進みゆくならば、必ずや皆出来るはずなのである。そう、たとえ本当に一歩進んでいなかったとしても、ほんの少し、そして、一つの動作だけでも行うだけで、その道へと進みゆくことは出来るのである。繋ぎとめられよ。一つ一つの道を今ここにある命と共に、星とともに歩みゆくことをしっかりと結び続けられよ。

 祈りの中に続きくる、まことの心を見つめるがよい。祈りとはまことの心、己の心を知るためのもの。再び目を開けしときに、この世の中をまことの目にて見るとき、行いである。しっかりと見つめゆかれよ。そして行いゆかれよ。心と体、そして行動がしっかりと一つになり、歩みしときに物事が一つ変わりゆくのである。

 命繋がりゆくこと、決して切れることなく、人々の命もまた、循環の輪の流れの中に、人々と共に、自然ありゆきしこと、決して叶わぬ夢ではなく、共存し、共に歩みゆくことを真心添えて、共に歩みゆき、叶いゆきこと、未来、共に進みゆくことによって花となりゆく。


動画は下記URLからご覧いただけます。
http://inorinowa.org/tv/index.html#library

【お知らせ】
8月、9月の「こころのかけはし学びの和(勉強会)」の日程
8月21日 日曜日 千葉市
8月27日 土曜日 名古屋市
8月28日 日曜日 大阪市
9月 3日 土曜日 福岡市
9月 4日 日曜日 熊本市

9月11日 日曜日 東京
9月18日 日曜日 郡山市

9月11日の東京での学びの和はLive中継をし、沖縄では昼食会を兼ねての視聴&懇親会を行います。
9月18日の郡山市での学びの和は札幌でも視聴会場を設け、札幌から直前まで北海道の各地の放射線量を測定して来た方の報告をインターネット中継したいと考えています。

千葉市以外の各開催会場でのボランティアスタッフも募集中です。お手伝い頂ける方はこちらからご連絡下さい。


伝えられた言葉

2011.08.07.12:47

先日の壇ノ浦での祈り合わせの際に頂いた言葉を記しておきます。
祈りの様子はVTRでご覧いただけます。>>こちら

2011年 8月4日 祈り合わせ 壇ノ浦から

祈りに対して伝えられた言葉

次の行動は何であるのか。次に繋ぎゆくためには、何が必要か。今問題となっているものは何であるか。気づいてゆかねばならない。考えてゆかねばならない。

おのれが、ひとりひとりが考えるものなのである。考えるための頭脳であり、考えたことを伝え、そして、行動に起こし、この現実となすための身体、手足である。

すべてが何の意味もなく与えられているのではない。その知恵も知識も、頭も腕も足も。様々なる状況が、様々なる意味を持って与えられている。考えよ。そして、しっかりとその眼で見つめよ。考えよ。そして、よく聞かれよ。

今ここに、今この現在において何が必要なのか。何が足らぬのか。何を変えゆくべきか。どこに進んではいけないのか。

けっして皆、今この現実を見えないわけではない。感じないわけではない。分からぬわけではなかろう。

恐れずに見つめよ。恐れずに知るがよい。見つめることによって、今の現状を知ることによって、どのような改革、どのような道へと進みゆかねばならぬのか、知ることができよう。

恐れによって目を塞ぎ、耳を塞ぎ、心を閉ざせば、見えなければならぬものも、見えなくなるのである。超えてゆかねばならない。恐れゆく心を超えゆかねばならない。

今目の前にあるこの美しきものを、清らかなるものを残し、共に歩みゆきたいと願うのであるならば、向かい合うために目を見開き、知恵を絞り、頭を捻り、考え、そして進みゆかねばならない。心を開きゆかねばならない。

星と共に歩みゆくということは、今を見つめ、未来を見つめ、ひとつひとつを結びゆき、その結びが未来へと、この星の未来へと繋ぐ種となるのである。



★ 学びの和(勉強会)、現地集合での祈り合わせ等のお知らせはこちらからご確認できます。

祈り合わせのお願い

2011.08.04.13:05

こころのかけはし祈りの和へのご賛同ありがとうございます。

本日8月4日は壇ノ浦からの中継を下記アドレスにて午後3時頃から開始します。
中継をご覧になり、一緒に祈り合わせをお願いいたします。
中継をご覧になれない方も午後3時過ぎを目安にできる形で良いので祈り合わせをお願いいたします。

中継 http://inorinowa.org/tv/


昨日、桜島からの祈り合わせでの祈りに対して返された言葉を記しておきます。

=====2011年8月3日 桜島にて=====

幾久しく、混乱の中、混沌の中、迷うばかりにおいて、出口が見えず、気づきし時には、今、この場、現状であったと改めて気づくのであろう。

今まさに、その思い、その感覚を味わっているのではないだろうか。

人間は今、どのような道筋へと進みゆかねばならぬのか、試されていることに気づかねばならない。

この自然の中にあるのである。自然があり、人間がある。人間があり、自然があるのではない。

果てなく遠き太古の昔より、自然は命の循環を狂うことなく刻み続きゆき、そして今、循環の流れを整え、多くの命を育んできた。この自然とともに歩みゆくには、如何にすればよいのか。この自然があるには、何をすればよいのか。

人間たちは自らの発展、成長のみ考え、行いゆくことにより、その結果何が生まれ、どのような形にて自らが住んでいる場所に反映されてゆくのかということを、深く見ることがなかった。

今改めて問う。何をせねばならぬのか、何をしゆかねばならぬのか。改めて考えゆかねばならぬ。自然とともに歩みゆくのであるならば、行いゆくことがどのような形にて住みゆく場所、そう、この星において、どのような形に反映されゆくのかを、知りゆかねばならない。そこからまず、知ることなのである。

数多くのことを知らねばならぬであろう。それは皆同じである。殆ど多くの者が、そう、同じ立場であろう。少しばかりかじり、知る者もおれば、そうでないものもおろう。だがそれはわれらにとってみれば、大差ない知識、知恵なのである。

良く知るがよい。見つめゆくがよい。はたしてこののち、どのような環境の中へと住みゆくのか、いや、住みたいのか。その思い、願いにより、未来は変わりゆくはずなのである。変わりゆくために、その手、足があり、行動を起こし、知恵、知識、考えがあり、伝達しゆく言葉があろう。

道を、行きゆく道をしっかりと見つめゆかれよ。それにより、その道筋は大きなものへと変換されてゆくこととなろう。



★ 学びの和(勉強会)、現地集合での祈り合わせ等のお知らせはこちらからご確認できます。

本日の祈り合わせ

2011.08.03.17:24

メルマガにてお知らせしていました祈り合わせですが、このあと17時半から、桜島から行わせていただきます。
祈り合わせの模様は、こちら(http://inorinowa.org/tv/)から配信いたします。

現地に到着するのが遅れましたため、本来お知らせしていた時間から大幅に遅れましたこと、お詫びいたします。
皆さまの真心のお力添えをよろしくお願いいたします。

現在の状況

2011.08.02.12:29

昨日北海道から戻り、東京の方へ入りました。
北海道では、パソコンの不具合等でドタバタしきちんとしたした上映ができず、申し訳ございませんでした。今後、上手く流すことが出来るような中継の体制ができるようスタッフも頑張っているところですので、温かく見守って下さいますようお願い致します。

5月にアラスカに行く前に北海道に上がって御神事しましたのは、千島火山帯に合わせての小難無難の祈りであり、それは、函館まで南下していきました。

今回改めて、旭岳から宗谷岬、ノシャップ岬から西海岸を南下して積丹半島から泊原発の御神事をさせていただきました。宗谷岬の北の果てから、青森の岩木山を経て、秋田、山形から南下して、栃木から九州に流れていく那須火山帯を祈り行きます。また、泊原発の近くの奥尻島を経て、青森の恐山に流れていく火山帯、鳥海火山帯を祈り、勉強会が終わってからは、洞爺湖、有珠山、そして地球岬をお祈りをしてきました。
これらは、北海道に入る前、火山を警戒しての書き込みを致しましたが、この災いが中難、無難になる為にお祈りをさせていただきました。
昨日、東京に戻り、夜8時頃、御殿場で車を受けとり、九州に向かって走らせておりましたら、突然、啓示があり、関東での地震の流れが、神津島、新島を経て、東海の方へ流れると伝えられ、これは、東海大震災を促すというよりも、内陸側の地震を促す流れになるという内容を伝えられました。

そして、啓示で警戒しないといけないと伝えられたのが、伊豆半島が本州にぶつかったライン(箱根、三島、愛鷹辺りが山を形成する際にぶつかって出来たライン)を刺激する可能性があると伝えられました。

そこで九州に向かっていましたが、急遽、取りやめて、富士山河口の公園内で夜を徹して祈りをし、夜3時頃から富士山のふもとで祈りをし、その後愛鷹のパーキングでお祈りをしました。

現在は、御前崎の方でお祈りをして、渥美半島から知多半島に渡ります。その後の九州に内陸部、京都などを回り移動するか、兵庫、四国を回って移動してゆくかは、知多半島に渡ってから決定する予定です。
昨日夜11時過ぎあたりに、静岡で地震がありましたが、これより怖いのが、内陸、三島や箱根辺りで大きな地震が起きることでして、それは、富士の噴火よりも怖く、箱根辺りに溜まっているマグマを刺激することに繋がるのではないかと、なんとか回避するよう祈る為に、再び芦ノ湖辺りに移動しようとしましたが、これに際し、啓示は、ここ(箱根付近)は大丈夫ということを伝えられましたので、愛鷹にて祈り、そのまま九州に移動することに致しました。

三陸沖の地震も、大きなものに繋がるのか不安でしたが、これも大丈夫ということを啓示で伝えられました。しかし、念には念をと思い、渥美半島か御前崎に差し掛かる、どちらかの時間帯で祈りあわせのお力添えをお願いしたいと思います。

本日、午後2時から3時頃に祈り合わせの時間をとろうと思っています。中継出来れば中継も考えております。どうか祈り合わせのお力添え宜しくお願い致します。
今回、急遽、啓示でありましたが、これらは、常に警戒して御神事している中の一環です。
悪い大きな災害にならないように、皆さまのお力添えをお願い致します。

今年12月~来年一月にかけて、経済の崩壊が起きる可能性が高くなっています。経済の崩壊が起こると、戦争への道へと進むことになります。今、気をつけなければいけない状況となっています。北海道での勉強会では、そこまでお話することが出来ませんでしたので、今後、書き込みしたいと思っています。


比嘉 良丸、りか

夜の祈り

2011.08.01.19:30

新暦8月1日(旧暦7月2日 子)
いつも真心のお力添えありがとうございます。
昨日、沖縄の勉強会にお越しくださいました方々ありがとうございました。
現地でのパソコンの不具合により、ネット環境でご覧いただきました方々につきましては、ご不便をおかけしまして真に申し訳ございませんでした。
前日まで、順調に動いており、設定等も行え、当日も、音声、画像も開始前に試していた時には大丈夫だったので、不具合について不思議に思っております。今後、スムーズにゆくように色々と変えながら配信してゆきたいと考えております。

本日、日々の祈りの際に伝えられました言葉をお伝えします。

人の子らよ
善き道の先の未来とは
どのように描くか
見えぬものに
動かされていると
思わされてはならない
現実はつくるもの
創れるものであろう


本日も真心のお力添えありがとうございました。
<夜の祈り>

宇宙の仕組み、自然の仕組み、命の循環の仕組みが狂う事無く
私たち、人間が、日々の暮らし生活の中に足元に
愛、幸せ、喜び、豊かさ、平和が有る事に気付き
人として、人間として、遣るべきこと、成しえることに気付き
人、人間としての覚醒することを導き下さりますよう、
お願い申し上げます。

人々が、眠りの床に付いた時、
その日に、憑いた、如何なる、因果、因縁を清め、改め、洗い流し
また、心と身体の疲労を取り除き、下さいまして
翌朝、目覚めたとき、生きる喜び、生きる力に満ち溢れた心持ちで
朝を、迎へ入れることが出来ますよう
見守り、導き下さりますこと願い祈り申し上げます。


人々の心が、平穏、平安、安定、平和、
この世の中が、平穏、平安、安定、平和でありますように

こころのかけはし 祈りの和が広がりますように。

比嘉 良丸 、りか

※※メルマガ配信をしております。是非ご登録下さい
<こころのかけはし メルマガ登録>

本日、メルマガを配信しております。
登録してもメルマガが届かない方は、ご登録時のアドレスが違っているか、もしくは、inorinowa.orgにて届くメールが迷惑メールとしてブロックされている可能性がございます。
お手数ではございますが、アドレスを改めてご登録いただくか、inorinowa.orgにて届くメールを許可するように、パソコン、携帯を設定していただけますようお願いいたします。
情報サイトリンク

◆地震情報《気象庁》
◆火山情報《気象庁》
◆台風情報《気象庁》
◆警報・注意報《気象庁》
◆海外の地震情報《JIS》
◆マーケット情報《ロイター》

イベントのお知らせ
最近の記事
関連サイト
検索フォーム
年別アーカイブ
携帯用QRコード
QR