日々の祈りとご神事について

2012.05.31.20:02

新暦5月31日(旧暦4月11日 辰)

いつも真心のお力添え、ありがとうございます。
本日は、先日の御神事の際、5月16日 松江にて祈り合わせで伝えられた言葉をお伝えさせていただきます

お伝え頂いた言葉

皆が
同じことをし
同じことを進むものではない
目指しゆく場所に
自らができることを
自らができる形にて
叶え続けゆく
目指す道程 描く道程違えども
結果 その中において
しっかりと未来、描くものが
結ばれ続けてゆけばよい
己の立場により
でき得ること違い
己の立場によって
行えること違い
だが しかし
繋ぎ続けゆくことはできよう
未来は今 大切なる道筋へと
進みゆこうとしている
一歩一歩 進みゆけ
大切なる道筋 歩みゆけ
目指しゆく流れ 見失うことなく
そなた達の道筋
真心より平和を願うならば
平和とは何であるかを改めて考え
叶えることができるように
進みゆくがよい
叶えることができるように
行動をおこすがよい
叶えることができるように
行い続けゆくがよい
そえれが未来をか叶えるということ
現実のものに成すということである


****
本日も、夫から、御神事の内容が届きましたのでお伝えさせていただきます。
***

昨日から今日にかけて、岩手山での祈りに時間がかかり、神室山には行くことが出来ませんでしたが、月山、湯殿山、羽黒山と祈りました。 明日は、那須から日光と向かう予定でいます。
今回の啓示で、伝えられてきた内容は次になります。
まず、「長白山と十和田湖が一千年の眠りから覚めようとしておる。今の時、決して眼を覚まさせてはならぬ」とすごく強い伝えられかたという言うよりも、言いつけるような命令口調で伝えられました。
そして、カムチャツカから旭岳をへて十和田湖、そこから、中央の内陸部の火山と火山帯活断層の流れや動きといった、様々様子見せられました。
今回のマヤの大長老を招いてのご神事とその後のキルギスのご神事、長白山、グアテマラで改めてのご神事、そして、 ハワイへの御神事といろいろ伝えられました。
実際にやり遂げなければならないですが、今、まず出来ることをやり遂げなければならないという事を伝え、神々とやり取りを行っているところです。
※祈りの集中し、その場所の写真を撮ることを忘れてしまい、途中、ガソリンスタンドで燃料を入れた時に気づき、改めて撮りました。

CA3I0376_R.jpg CA3I0377_R.jpg CA3I0380_R.jpg CA3I0390_R.jpg

日々の祈りとご神事について

2012.05.30.12:41

新暦5月30日(旧暦4月10日 卯)

いつも真心のお力添えありがとうございます。
本日は、朝の祈り合わせにお力添えいただきまして本当にありがとうございました。
夫は青森から、私は、沖縄の高江という場所から日の出に向かいお祈りをさせていただきました。
ありがとうございました。
その時に伝えられました言葉は、改めて掲載させていただきます。
本日は、5月17日鳥取の大山の祈りの際に伝えられました言葉をお伝えさせていただきます。

遠き日には 何を思うか
安心と安定と心安さ
その思いは 後の世の
深き思い出となろう
今 作りしは 未来
今 作りしは 過去
今 考え 行動せよ 
瞬間が 時を作りゆくのだから


本日、夫から連絡がありました。下記に記載致します。

***

5月30日の夜中2時頃から八甲田山にて祈りを始めて、明け方5時過ぎ頃まで行い、その後、十和田湖に向かい祈りを致しました。
今回の啓示ですが、以前2006年に白山で御神事を行った際に、「来年(当時2007年)に年が明けたら、能登半島で大地震が起きる。その時、志賀原発に大事故が起きる。志賀原発は過去に臨海事故を起こしてもおる。その後に、新潟県の柏崎刈羽原発で地震が起こり、刈羽柏崎原発もまた、志賀原発と同様にその地震により臨海事故を起こす。年明け(2007年)とともに、新潟県から石川県、福井県まで祈りを致せ」と言われ急遽ご神事を行ったことがあります。また、その後に、「沖縄県の宮古島から八重山に、明和の大津波の再来くる。これら災いを小難を無難に致すご神事を行え」と言われ、「青森県の十和田湖、八甲田山のご神事を行ったあと、大陸の長白山で祈りをおこなえ」と伝えられご神事を行ったことがありました。
今回も、長白山へご神事の準備を行い、9月までにご神事を行いなさいと伝えられました。
長白山と十和田湖は、過去に同時期、互いに連鎖伝達しており、約1000年周期で活動をしている火山になります。十和田湖は、長白山の噴火の際に連動した火口に水が溜まったものになります。
現在、エネルギーが蓄えられており、噴火しないように祈りしている状態になります。
東北の内陸部の山々、岩手山から神室山、月山などを周りながら南下し東京へと移動してまいります。

本日も、真心のお力添えよろしくお願い申し上げます。

比嘉良丸、りか

※写真は、八甲田山と十和田湖になります
八甲田山:1 八甲田山:2 十和田湖:1 十和田湖:2 CA3I0360_R.jpg

日々の祈りとご神事について

2012.05.29.11:19

新暦5月29日(旧暦4月9日 寅)

いつも真心のお力添えいただき、ありがとうございます。
また、この度は、皆様にご心配をおかけしまして、皆様からの温かいお言葉本当にあ

りがとうございました。

本日、日々の祈りの際に伝えられました言葉をお伝えさせていただきます。

一人ずつ一人ずつ変化が生まれ
一人ずつ一人ずつ変化してゆく
変化は少しずつ だけれども激変して
早急に変化してゆけ 未来へ向かい
安心 平和を見失わず
未来へと向かい 進みゆかれよ

****
夫より、お伝えしたいことがあるということで、下記に記載いたしました。ご覧くださいませ。

いつも真心のお力添えありがとうございます。
昨日、御宮御神体が、陰陽大神の御神体を母の啓示によって表に出た日である、陰陽祭という大祭でした。
皆様には、私達の体調不良から、ブログ、メルマガ等にて事前にご連絡が出来ずに大変申し訳ございませんでした。なんとか、体調も戻り、大祭を執り行う事ができました。ありがとうございました。
私は、お昼ごろに沖縄を出て、14時頃沖縄に到着しました。丁度その頃、妻は、大祭の習わしであります、大国ミロク大社の各聖地一つ一つに、ご参加下さった方々と共に大祭の挨拶と祈りを行いろうそくを灯しに回っていました。私は、夕方からの本宮での祈りから加わりました。

皆様と祈りをしていると、神から「そなたの妻を通して伝えた事をなぜ実行しないのか」と言われましたが、私には、解らずにおりました。
妻に、問いただすと、妻が、体調を崩している中、伝えられていた啓示に中に、八甲田山へゆけという啓示があった。私もそれを一緒に聞いていたというのですが、私は、別な存在とのやり取りで聞いていませんでした。
妻には、八甲田山についてこう伝えられていたといいます。
「八甲田山は、プレートとプレートがぶつかって出来た山々、峰々である。互いにおしやりその力から押しやり高くなった。ロシアの半島の一部であり、かつ中国の一部でもあるプレートが、日本の太平洋側のプレートにぶつかり山となった。その押しやる力が、北西側から日本の反対側へと働いている」(改めまして伝えられた言葉は掲載いたします)

改めまして、確認したところ、やはりその場所八甲田山へ行くこととなりました。
当初、5月28日の大祭後、翌29日の昼頃に、九州へ移動し、レンタカーにて玄海原発、川内原発の無事故無難を祈り、普賢岳、桜島、阿蘇と小難無難の祈りを行い、大分へ移動しそこから、フェリーにて対岸の愛媛県伊方原発へと移動し、無難無事故の祈りを行い、四国から、瀬戸内大橋を渡り、岡山、広島、山口、九州へと移動し、6月3日東京へ戻りアレハンドロ氏を迎える予定でおりました。
しかし、昨日の啓示により、その流れは変わり、本日朝7時の便にて東京へ移動、その後、車にて青森まで移動いたします。
八甲田山の周辺にて到着した時間から、明日の朝の朝日まで祈りを行います。
妻には、沖縄本島にあります高江という場所にて、私共宮から約3時間かかります場所になります、そこから太平洋へ向かい朝日と共に祈ってもらいます。その為、本日夜中に出発してもらいます。
本州の東北と沖縄の北東の位置にて、結びの御神事を行います。
本州と沖縄とでは、朝日の昇る時間が異なっている為、朝6時30分まで祈りを行います。

可能であるならば、皆様も、その時間、日の出と共にですので、居る場所から朝5時30分~6時30分の時間の中のいつでも結構ですので、祈り合わせのお力添えを頂けますようお願いいたします。
どうか、皆様の真心の祈りとご支援をよろしくお願いいたします。

比嘉良丸、りか


※※神戸・東京・札幌講演会
6月10日(日)神戸、6月20日(水)札幌、6月23日(土)東京と来日されています、アレハンドロ氏、エリザベス女史、テ・ポロハウ氏の講演会があります。

今年2012年、実際に、マヤの予言、暦とはどのようなものか。暦をつかさどっている方から、真実のお話を伺うことができる機会です。南米だけではない、日本だけでもない、世界の未来についての内容になります。また、エリザベス女史には、女性の方の役割の大切さをお話していただけます。テ・ポロハウ氏は、自らの役割、水に関するお話をしていただけます。
お三方が同時に集まるということは、なかなかありません。この機会に、ぜひご参加くださいませ。
お席に限りがございますので、お早目のお申し込みをお願いいたします。

下記の写真を↓クリックしてください。詳細および申込みサイトへ変わります。

khoenkai_20120509131355.gif

富士いのりのセレモニー便り 第五号

2012.05.28.15:24

,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
        こころのかけはしメルマガ増刊 
・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*

富士いのりのセレモニー便り-第五号(平成24年5月28日)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,

・・・目次・・・・・・

1.フラワーセレモニーのご紹介

 ・・・6月16日午後12時15分頃から(きららスワンステージ)


2.奉納舞台出演者紹介と出演者からのメッセージ

   岡野 弘 幹 さん Hiroki Okano /音楽家
   國友 悠一朗 さん Yuichiro Kunitomo/ 舞人

3.比嘉良丸氏の祈りの言葉・・・

  平成24年5月26日 葛西臨海公園祈り合わせより

4.ボランティアスタッフご協力のお願い

 編集後記

∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥


・・・富士いのりのセレモニー実行委員会よりお知らせ・・・

       参加申し込みをお急ぎ下さい。

富士いのりのセレモニーへのご参加をご希望の方で、参加申し込みをさ
れていない方がいらっしゃるようです。
各催し共、事前申し込みを基本とさせていただいておりますので、参加
申し込みがお済みでない方は、早めに下記の公式サイトより申し込み手
続きをしていただきますようにお願いいたします。

申し込み手続きをされていない場合は、当日のお席を準備出来ない場合
がございますので、ご協力の程よろしくお願いいたします。

富士いのりのセレモニー公式サイト
http://inorinowa.org/ceremony/


∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥

  富士いのりのセレモニー「便利に行く」なら!!

☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆

 会場直行便!セレモニー参加に便利なバスツアーあります!

  三島駅~セレモニー会場直行便
  新宿駅~セレモニー会場直行便  募集中!!

   ・・・片道利用も出来ます・・・

   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ | セレモニー参加に便利な 
 | MGC号   | バスツアー宿泊なら             
 └◎────◎┘ ~~楽~~便利~~安心~~~~~~
    
 セレモニーオフィシャルサポーターの(株)MGCへ
   http://www.mgc-m.com/maya/top

  お電話でのお問合せは、”03-5947-6661”

☆。.:*.。─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─.*:゜。☆


∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
1.フラワーセレモニーのご紹介

 ・・・6月16日午後12時15分頃から(きららスワンステージ)
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

本日はいのりのセレモニー奉納舞台の開会式に続き、開催されるエリザ
ベス・アラウホさんのフラワーセレモニーを簡単にご紹介します。

来るべき平和な社会は、母系社会になるといわれています。エリザベス
さんは、マヤの叡智を受け継ぎ、なおかつ人類の未来を見据えて、母や
働く女性達を導くグランドマザーとして、世界から招聘され、講演やセ
レモニーを行ってきました。今回の来日では、これからの私たちの生き
方、新しい社会づくりについて講演いたします。特に、未来の担い手と
なる子供たちや若い女性へのメッセージを携えて参ります。

これは、6月10日(神戸)20日(札幌)23日(東京)講演会の紹
介文からの一節です。

母系社会とはどのような社会なのでしょうか?それは、本当の意味での
女性性が開花しその精神が世に充ち満ちる社会と云う事なのかも知れま
せん。それは、女性が優位に立つとか、男性が寡黙になるとかそう言う
事では無いのでしょう。男性性女性性のバランスがとれ、森羅万象全が
互いを包み込むような、慈しみあふれる世となる事なのかも知れません。

フラワーセレモニーでは、エリザベスさんの祝福のメッセージから始ま
り、ほのかな香りをつけた各地の清水に色とりどりの花びらを浮かべ、
それをひとひらひとひら皆さまへと振りまき、祝福の想いをお届けいた
します。

会場にて、エリザベスさんのメッセージと祝福に触れて下さい。


「開催」

 平成24年6月16日 午後12時15分頃から
 山中湖 交流プラザきらら スワンステージにて

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
2.奉納舞台出演者紹介と出演者からのメッセージ

    岡野弘幹さん國友 悠一朗 さん
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

岡野弘幹さん、國友 悠一朗さん、ご存じの方、たくさんいらっしゃい
ますね。本日は、お二人から頂きましたセレモニーへのメッセージをご
紹介いたします。
さて、頂いたメッセージがステージでどのような音となり流れ渡るので
しょうか。当日が楽しみですね。




岡野弘幹 Hiroki Okano /音楽家

http://www.tenkoo.com/okanohiroki/

自然界の生命を音楽に表現する。 1987 年よりソロ音楽活動を開始。19
90 年にドイツの IC DIGITレコードと専属契約を結び、アルバムを全世
界発売。 現在まで国内外で 16のソロアルバムをリリース。ソーラー発
電によるコンサートを呼び掛けた国内での草分け的存在として、数多く
の環境イベント、フェスティバルのオーガナイズにも関わる。

「911」後のニューヨークでの慰霊コンサート、また空爆直後のアフガ
ニスタンでは平和コンサートをカブールのストリートチルドレンと共に
行った。'09 年、地中海マルタ島で特別な許可を得て 5600 年前の遺
跡・ハイポジウム地下神殿で演奏・録音、CDとしてリリースされている。
'10 年、国連大学にて皇太子御出席のもと行われたアフリカデイシンポ
ジウムでの演奏、高松サンポートホールでの「古事記」をテーマにした
公演、また 2012 年京都南座での「日本の祈り」公演では出演のみなら
ず、音楽・映像・舞踊をコラボレーションさせた演出も行っている。

「地球共鳴」をテーマとした世界の聖地、自然遺産、全国の著名社寺な
どでの演奏を音楽活動の柱として、現在も幅広く活動中。

・・・メッセージ・・・・・・

2010年にも京都でドンアレハンドラ長老の関わられたセレモニーで
演奏させて頂きました。その時、芸術家は地球の声を謙虚に受け止めそ
れを表現する義務があると感じました。この度の富士でのセレモニー、
とても意味のある大切な場であると感じています。皆様とともに祈りを
合わせ森羅万象の命の響きを奏でたいと願います。



國友 悠一朗 Yuichiro Kunitomo/ 舞人

http://ameblo.jp/kunitomoyuichiro/

全国のよさこい祭、踊りムーヴメントをリードしてきたSUGA
IZANAI代表。前代表國友須賀の長男(昨年6月に他界)。国内外問わず
150種類以上の祭に関わり年間100以上の出演を11年間続けている。ダン
ス、脚本、演出、振り付け、講演、役者、歌手、様々なフィールドで活
躍中。
『無気力、無感動、無関心。これを踊りによって変えていこう!!!』
を信念に近年では様々なジャンルのアーティストとのコラボを始め、神
社、仏閣、聖地での奉納を続ける。

・・・メッセージ・・・・・・

こうして祈りの奉納をさせて頂ける事にとても深い感謝の想いを抱いて
います。世界中からいらっしゃる多くの方々の祈りを重ね、ひとつにし、
地球規模の調和へとエネルギーをいざなっていければと願っています。

いつもこころに太陽を!!!



「登場は」

 平成24年6月16日 午後14時35分頃から

 山中湖 交流プラザきらら スワンステージにて


∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
3..比嘉良丸氏の祈りの言葉・・・

  平成24年5月26日 葛西臨海公園祈り合わせより
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

セレモニー便りでは、見えない存在の方々からのメッセージをお届けし
ております。時には、比嘉ご夫妻のいのりの言葉を合わせてお伝えして
いるわけですが。この便りでは一昨日に葛西臨海公園で行われた、祈り
合わせでの比嘉良丸さんのいのりの言葉をお伝えします。

この日は、お言葉の伝え手である比嘉りかさんは沖縄にて祭事準備のた
め祈り合わせには参加されませんでした。
今日は、良丸さんの祈りの言葉のみですが。この祈りの言葉を見つめる
と、未来へと成すべきこと、今できることをくみ取ることが出来ます。
これは、セレモニーにこめられた想いであり、未来への道しるべでもあ
ります。
言葉の形だけでなく、その言葉を捉えた皆さまのこころからの想いを見
つめられては如何でしょうか。

・・・以下、比嘉良丸さん祈りの言葉・・・・・・


今日の善き日にことあけて申し上げます

新暦五月二十六日 旧暦四月五日

天父なる大神様 大地母なる大上様の
御祖の光から 愛から生まれました我々人間

天地の狭間に住む我々
天地人の仕組みを以て
全ての命 生命の循環 仕組みを護り
新たな星の息吹と共に 新たな星を
地上に 全ての命が栄えるよう
我々人間の知恵と愛と行動をもって
次に全ての命を繋ぐ 本来の人間の役目
その天命に気付き 

人としてそして 自然の子として 神の子として
やり遂げる事が出来ますように
どうか見守り 導き 
そしておつかい下さいますようお願い申し上げます

ひとりひとりが本来の 日々の暮らしの中から
本当の意味の 活きる意味
そして命というものを きちんと見つめ
そこから新たな気付きの中 ひとりひとりの役目に気付き
どうか 行いを果たすことが出来ますよう
どうか お力をお与え下さいますよう 知恵をお与え下さいますよう
そして 導き下さいますよう 
そして きちんと ひとりひとり お使い下さいますよう
お願い申し上げます

文責:いのちの和 高橋 潔

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
3.いのりのセレモニーボランティアスタッフご協力のお願い
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

富士いのりのセレモニー実行委員会では、セレモニーにてお手伝い頂け
るボランティアスタッフを募集しております。
会場の設営から、受付、舞台管理など沢山の方のお力添えが必要です。
このセレモニーの想いに賛同頂き、何かをやってみたい!そうお考えの
方。是非、お力添えをお願いいたします。
いま、本当に助けて下さる仲間が必要です。

↓詳しくは、公式サイトスタッフ募集ページをご覧下さい。
http://inorinowa.org/ceremony/staff/


・・・『セレモニーでの警備・誘導スタッフを大募集』・・・・・・

セレモニー当日、会場間の移動や、場内の案内、警備などのお手伝いを
して下さる方を募っております。
ご協力いただける方は、上記募集ページよりお知らせ下さい。
よろしくお願いいたします。

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽



*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*
: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:
 ***編集後記******

20日後にはいのりのセレモニーが開催され、山中湖に立つことになる。
実行委員としては今が最大の山場、あれやこれや、あれもそれも、どれ
もこれも。なにがなんやらの大忙しなのです。
セレモニーが始まってしまえば、時はあっという間に過ぎ、終演が来る。

もう今年でお終いにしよう・・・

そう思ってもきっと来年も同じ事をしているのだろう。
一年のご苦労を少しだけ仲間と喜び、そうしたらまたはじめるのか?
富士いのりのセレモニー2013in山中湖 目標は山中湖がひとつとな
り人の和が繋がり祭りを創りはじめること、その第一歩の年としたい。

ちらっと、来年のこと、ここだけの話し・・・

担当:そらのさん太
:____________________________:
*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴**∴

命を未来へと繋ぐいのりのセレモニー運営に是非協賛お願いいたします。
詳しくは下記の公式サイトから

*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*

富士いのりのセレモニー公式サイト
http://inorinowa.org/ceremony/

富士いのりのセレモニー便り発行:いのりのセレモニー実行委員会 
編集:高橋 潔
*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*

「緊急」葛西臨海公園祈り合わせご参加のお願い

2012.05.25.20:08

こころのかけはし、いのちの和ボランティアスタッフの高橋と申します。
本日は、比嘉良丸さん、りかさん、お二人が体調不良のためブログ、メルマガの更新を依頼されましたので、緊急にご連絡を致します。
緊急に作成しましたので、失礼な表現や誤字がありましたら、お許し下さい。



明日、午前10時頃から葛西臨海公園海辺にて、祈り合わせを開催いたします。急なご案内となりますが、是非現地にお越し頂き祈り合わせにご参加いただけますようお願い申し上げます。


・・・以下比嘉良丸さんからの伝言・・・・・・

今日、沖縄に帰る妻のりかを羽田空港に送った後、神奈川県の三浦半島剣崎に向かい祈り、その後は、観音崎、東京湾海ほたる、千葉県房総半島洲崎、明日朝、江戸川河口で祈ります。
昨日までに行うつもりでおりましたが、体調不良のために動けずじまいで 腎臓の痛みは未だきついですが、尿の出良くなって 当初より良くなりました。

今回の祈りは東京湾の大変重要な祈りになります。時間を合わすのが難しく、出来ましたら明日朝10時に祈り合わせの祈りをお願いいたします。

     比嘉良丸 りか

・・・・・・・・・


「葛西臨海公園祈り合わせ集合場所・時間」

JR京葉線、葛西臨海公園駅前

平成24年5月26日 午前10時集合
(集合後直ぐに移動しますので遅れないようにお願いします)

その後祈り合わせ場所へ移動して祈り合わせを実施します。

※お手数ですが、人数把握のためにご参加の方は下記にお名前をお知らせ下さい。

524@santanokuni.net

※上記アドレスは個人対応ですので、お問い合わせを頂いても作業的に回答が追いつかない場合がございます。
 予めご了承下さい。

「いのちの和スタッフより」

現在、比嘉りかさんは明日の聖地巡礼を見送るほどの状況との事をお聞きしております。
5/22に御殿場に到着され、翌23日には富士いのりのセレモニー運営会議参加いただけましたが。その時のお二人は、今までに見たことのない程に具合が悪そうでした。

お二人は、事が起こる前にはこの様に体調不良を体験するようですが、今回に関しましては今までに見た事の無いような体調の悪さで、お二人とも歩くのが精一杯といったような状況でした。
ご本人の話の通り、難の訪れに合わせるように体調が悪化するとのこと。今回は311の際よりも状況は緊迫している様子です。
これが意味するところは皆様ご理解頂けると思います。

あえてこのようなお話をするのは、恐れの気持ちを煽るとは真逆の意味をこめてのお知らせです。

こういう時だからこそ、善き未来をしっかりと心に描き、たった今からこの場所が善き未来なのだとして、そのように生き、生活する事が大切なのだと感じます。
善き未来の皆様はどのように暮らしているのでしょうか、素晴らしい環境は思い描いても、自分自身がどのような心持ちであるのか余り考えないかも知れませんね。

人に対して悪態をつきますか、それともにこやかに微笑みをもち接しますか。
困る人がいればあなたは手助けをしますか、見て見ぬ振りをしますか。
人と競い合い生きますか、それとも差し出す手をお持ちでしょうか。
そういった、自分自身の未来像を思い描くことが大切なのでは無いでしょうか。
そして、その通り、今歩み出すこと。

描く未来に生きた時のご自分を、今すぐに表現する事は未来を創る事と同じです。そういった人が徐々に増え、少し少しそして段たんと力強く変化の速度を上げて、善き未来への道を進んでいくのだと思います。

以前に伝えられた見えない存在の方々のお言葉で、

人が見えない存在を突き動かす・・・

そのような言葉がありましたが、今、善き未来を生きる事。それも、見えない存在を突き動かす大きな力であるはずです。

比嘉さんは、このセレモニーを成功させるために、破産を覚悟で取り組んでいます。そして、あの体調を慮るとまさに命がけで未来へと取り組んでいる事に嘘のかけらも見えません。

私たちは、私たちとして出来る事を、小さくても、今出来る事をすぐに始める必要があるように感じます。
私たちは、いのちの和のひとつ、ひとりひとりがいのちの和をなし、いのちの和を繋いで参りましょう。

初めから大きな和でなくとも、身近な方との和を創りそれを繋大きな和として育て始めるのは一人一人が始まりです。

今、本当に人ごとではなく、一人一人がそれを真剣に行う時のように感じます。

日々を善き未来と捉え今を生きる事、始めませんか。

それと、多くの人がひとつになり取り組める事、いのりのセレモニー、こちらも是非ご協力下さい。
この祭りが千年続きますように。

文責/いのちの和 高橋 潔

富士いのりのセレモニー便り 第四号

2012.05.25.15:00


,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
        こころのかけはしメルマガ増刊 
・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*

富士いのりのセレモニー便り-第四号 (平成24年5月25日)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,

・・・目次・・・・・・

 第四号1/2に掲載

1.セレモニーバスツアー参加へのお願い・・・実行委員会より

2.セレモニーへの想い・・比嘉良丸、りかを通じて見えない存在から
  平成24年5月20日 学びの和大阪より
  
  (1)天の父神さまより・・・
  (2)大地の母神さまより・・・


3.ボランティアスタッフご協力のお願い

 編集後記

∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥

・・・富士いのりのセレモニー実行委員会よりお知らせ・・・

       参加申し込みをお急ぎ下さい。

富士いのりのセレモニーへのご参加をご希望の方で、参加申し込みをされていない方がいらっしゃるようです。
各催し共、事前申し込みを基本とさせていただいておりますので、参加申し込みがお済みでない方は、早めに下記の公式サイトより申し込み手続きをしていただきますようにお願いいたします。

申し込み手続きをされていない場合は、当日のお席を準備出来ない場合がございますので、ご協力の程よろしくお願いいたします。

富士いのりのセレモニー公式サイト
http://inorinowa.org/ceremony/

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
1.セレモニーバスツアー参加へのお願い・・・実行委員会より
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

自動車台数抑制のためにも、セレモニーバスツアーをご利用下さい。


前回のセレモニー便りでは、バスツアーのご案内をさせていただきました。今回はバスツアーを出来るだけ多くの方にご利用頂きたく、再度のご案内をさせていただきます。

富士いのりのセレモニーが開催されます、山中湖交流プラザ‘きらら’には専用駐車場が完備されています。
駐車場は2箇所あり、両駐車場合わせて約200台の車両を収容できますが、今回のセレモニーには多くの方からお問い合わせ頂いております。そのため、場合により駐車場収容台数以上の自動車が集まる事が考えられます。

従いまして、新宿発、或いは三島発の専用バス便利用可能な方は、是非ご利用頂きけますようお願いいたします。
また、自家用車でお越し頂く場合は、出来るだけお仲間にて乗り合い頂き、台数を少しでも減らして頂きますよう、皆さまにおかれまして工夫して頂けますよう、ご協力お願い申し上げます。


富士いのりのセレモニーでは。これを千年続く祭りとし育て、素敵な未来を創り、命を繋ぐという願いを未来へ託す事を大切に考えております。
その為にも、山中湖村の方々との和は無くてはならないものです。
会場近隣の方々にご迷惑をお掛けしないためにも、ご参加の皆さまにおかれましてのご協力よろしくお願いいたします。

下記にご案内します、バスツアーは、富士いのりのセレモニー実行委員会の正式なパートナーとして計画段階からご協力頂いております(株)MGC社様の企画によるツアーです。
バスツアーの他に会場近辺の宿泊施設や団体様への専用バスの手配など、様々な要望にお応え頂けますので、専用バス利用可能な方は是非ご利用頂けますようお願い申し上げます。

  富士いのりのセレモニー実行委員長  高橋 潔

☆。.:*.。─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─.*:゜。☆

 バスツアー・宿泊のお申込み・お問い合わせは!

富士いのりのセレモニーオフィシャルサポーター(株)MGCへ
お気軽にお問い合わせ下さい。

ここ→ www.mgc-m.com/maya/top
●お電話でのお問合せは、(株)MGCへ
 

03-5947-6661(受付時間10:00?18:00/定休日:土・日・祝日)


∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
2.セレモニーへの想い・・比嘉良丸、りかを通じて見えない存在から
  
  平成24年5月20日 学びの和大阪より 文責:そらのさん太
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

本日は、セレモニーへの想いを見えない存在の方々よりのお言葉としてお伝えいたします。
続いて、ご紹介するのが比嘉ご夫妻が行ういのりの言葉です。
祈り合わせにて、いのりを行うのは、比嘉りかさんが多いのですが、先の学びの和東京と大阪に関しては、比嘉良丸さんがいのりの言葉を唱えました。今回はその言葉も見えない存在の方のお言葉と合わせてご覧頂きたいと思います。

セレモニーへの想いやメッセージと云う事よりも、もっと大きな、根本的なメッセージなのですが。このお言葉を書き起こしている際に。
これは、富士いのりのセレモニーを含めた、多くの方への伝言と感じましたので、急ぎセレモニー便りにてお届けさせていただきます。

いつもながら語られる言葉に難解な語句は出て来ません。

言葉の中には、しっかりと、将来を描き、見据え、それに向かい歩むこと。常に伝えられる事ですが。今回も言葉をかえ、その様な事を伝えられています。

自分の行動や考えがどのようなものに基づいているのか、それを見つめるためにも、お読みいただければと思います。




平成24年5月20日 学びの和大阪 

・・・父神さまより・・・・・・

 比嘉良丸から比嘉りかを通じ届いたお言葉



地に着け足につけ
その力強さ みなぎりゆくは 
この大地からのものであろう

その地上 大地において 
なにを生き なにを成し遂げ なにを産みゆくかは
そなた達ひとりひとりの歩み次第である

それがまた 次を産み 繋ぎゆくか 
しっかりと考えゆかねばならぬ

そう 今までは 
今 というものしか観ておらず また見えておらず

そこから先に いかに続けゆくかという事を
発展したものの考え方はしてこなかったことが多かったであろう

だがしかし それではいけないのである

それは 次を生み出すことが難しく 
また 今 だけのことであり 
それは衰退し 破壊され そして朽ちてゆけば
それは次に繋げゆくことが難しいものなのである

今 伝えているは 全てのものに当てはまりゆくであろう

それは 

ひとつ 建物でもあり
ひとつ 生きゆく事でもあり
ひとつ 世の中の事でもあり
ひとつ この星の事でもある

大切なのは 

どこへ進みゆきたいのか
どこをどう成し遂げてゆきたいのか

しっかりとそれを 自らに聴き
そして 世の中に聴き

めざしゆくところに 進みゆかねばならない

聴きゆけ と云うものは

流されゆけ 全てのものを聞き入れろ
そういう事では無し

我ばかり強く 自らだけ進みゆけば
それは勝手気ままなものとなるであろう

だが それがひとたび 自らの強き想いと
そしてまた世の中との 調和 バランスと
兼ね合いそして重なり合う事によって
それはまた善き未来へと 繋ぎゆくもの となるであろう

勿論それは その者の心髄(しんずい)奥深くに

平和というもの
調和というもの
未来というもの
安心して暮らしてゆけるという事を
しっかりと根底に据え置いていればの話しである

だからこそ このように伝えてきているのである

根底をしっかりと持ちゆく事
大地としっかりと見つめ合う事
この世としっかりと見つめ合う事

それによりこの世の中は
しっかりとした者達が多くなりゆくであろう

だがそれは決して早きスピードではない
少しずつ少しずつ生まれくるものなのである

だからこそ 根底を今 
見失うことなくしっかりと見つめて行って欲しいのである
そうして そうする事によって
これらはまた次を産み 
そしてまた次へと 繋ぎ続けられゆくものとなろう

それは 明らかに
なにを繋ぎゆかねばならぬのかと云う事をしっかりと明確にしているからであり

だからこそ 世の中を善き未来へと・・ 
という想いが生まれ出るのである




・・・母神より・・・・・・ 

比嘉良丸から比嘉りかを通じ届いたお言葉



気にする事は無い と言う言葉は
全てのものを 流しゆけ と云う事では無い

そこに留まり
そこにうずくまり 
そしてそこにずっとまわり
想いをそこに留めゆき 次への一歩を踏み出せない

その様な状態になるのではないと伝えているのである

しっかりとした歩みとは 
間違った事 くじけた事 拘ることなく
そこから学び そこから知り
そして 次へと活かしゆく

未来とはいつか来るものでは無し
未来とは 直ぐ 明日 いや 直ぐ 次の一秒 二秒 三秒と
それこそが今築き上げている未来なのである

よく考えてみるがよい
なにを繋ぎゆかねばならぬのか
今ただ漠然とそしてぼんやりと うっすらと 
いや なにも見えていない者が数多くおるのかも知れん

だが決して それだからと云って 
くじける事も無し そして 悩む事も無し 

であれば 道を切り開く者がいれば 霧が晴れてこよう
歩み続けゆくものがあれば 後を追う者があろう

次の者達が 気づきし者達が 繋ぎ続け来るであろう

しっかりと 善き道 善き未来を見失わぬように
そして 決して そこに蹲り留まる事が無いよう

足を踏み出す事
明日へ歩む事
次の時へと向かう事

それが しっかりと未来を創ると云う事である

繋ぎ続けてゆくがよい

ただただ 時を 流しゆくだけではなく
ただただ 時を 重ねゆくだけではなく

次の瞬間が未来であると
次がまた 新たなる時であると

そして 自らが歩み 行動を起し なしえてきたものが過去であり
そしてそれが 次の命達が 目印になってくるものであると 
しっかりと認識をしゆくがよい


・・・比嘉良丸 いのりの言葉・・・・・・


天なる父 大地なる母
天地の御祖(みおや)から我々人間ひとりひとりがこの世に生を受け
神の子として 自然の子として 人の子として

そして 天地人の仕組みをもって
我々が これから 未来 新たな地球に生まれ変わると共に
全ての生命 命を きちんと繋ぎ
そして未来に 全ての命と共に 共存し 繁栄してゆく事が出来る事に
我々人間に 教え伝え 
その役目として その使命を与え下さいました

本来 我々人間がそこに気づき
ひとりひとりが本当の天命に
そして人としての役割に気付けば
これからの先 まこと神ではなく 精霊ではなく
ましては よその星の人々ではなく

この地球に住む我々人間が 

そこに 地上に住む全ての生命と共に
未来に歩みゆく事が出来るよう それを導くため それを繋ぐ為に
この世に生を受けた事を
どうか 気付き その役目を果たすための 
行動を 行いを 実行する事が出来ますよう
神の子として 自然の子として 人の子として どうか気付き 
そしてそこに 神の遣い人として 自然の遣い人として 人の遣い人として
ひとりひとりが自分の役目を果たす事が出来ますよう
導き 見守り お使い下さいますようお願い申し上げます

そして今 福島で原発事故が起こり たくさんの人々が放射能の被爆被害を受けております
そこを 国や自治体そしてメディアまでもが本当の事を伝えず
これから多くの子供達の生命 命 全て生命の命に関わる事が現実化として
一日一日深刻な状況に陥ろうとしている状況の中で 

人々が真実から目を背けることなく 耳を背けることなく 
真実に目を向け耳を向け 口を開き 自らの行うべき事をきちんと行えるよう
どうか気付きそして行動に移す事が出来ますよう 

自らの行いをもって 多くの子供達を若者達を未来に 命を繋ぐ事が出来ますよう 
どうかお力を与え 知恵を与え そして役割を果たす様 
お使い下さりますようお願い申し上げます 

どうかこれからも未来に 
我々人間がきちんとした 天命を果たす事が出来ますよう
どうか役割をきちんと与えそしてそれが果たす事が出来る様 
見守り導きお使い下さいますようお願い申し上げます


・・・てぃんさぐぬはな、祝詞などが入る・・・・・・

どうか今日の善き日の 全ての人々の心の中に
本来の幸せ 平和 愛 豊かさ 
平和は全ては自らの足元にあり遠くにあらずと
本来自分の足元をしっかりと見つめ 見回し
自分を支え 愛し そして導いて下さっている方を きちんともう一度理解し 
それを踏まえて 自分が愛し 守り 導く方は誰かと きちんともう一度見つめ直し

自分の足元から全ての幸せ 愛 そして豊かさ 平和があり 
そこから世の中が始まる事を どうか 気付く事が出来ますよう

どうか 天地 天の大神様 大地 母なる大神様
深い愛と光をもって 我々人間に本当の意味での慈愛と深い本来の命を慈しむこころ
そして全ての未来を創り上げる善きこころ 信念と共に 創造の中から新しい未来を創る礎を与え下さいますよう どうかお願いいのり申し上げます

柏手 三打ちにて終了・・・
 


∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
3.いのりのセレモニーボランティアスタッフご協力のお願い
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

富士いのりのセレモニー実行委員会では、セレモニーにてお手伝い頂けるボランティアスタッフを募集しております。
会場の設営から、受付、舞台管理など沢山の方のお力添えが必要です。
このセレモニーの想いに賛同頂き、何かをやってみたい!そうお考えの方。是非、お力添えをお願いいたします。
いま、本当に助けて下さる仲間が必要です。

↓詳しくは、公式サイトスタッフ募集ページをご覧下さい。
http://inorinowa.org/ceremony/staff/

・・・『セレモニーでの物販スタッフを募集開始』・・・・・・

公式サイトの申し込みフォームには掲載がありませんが、セレモニーの両日、会場にてセレモニー出演者のCDや比嘉さんの関連グッズの販売を担当して下さる方を募集しております。

募集人員4~5名
原則、6月16日・17日の二日間お手伝いして下さる方。

応募先方法
buppan@santanokuni.net へ下記項目を明記の上メール応募下さい


住所
氏名(ふりがな)
年齢
電話番号
緊急連絡先
希望担当(メールの件名に物販担当希望‘と明記下さい)
その他何かあればご記入下さい。

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽



*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*
: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:
 ***編集後記******

セレモニーを創り上げること。
それ自体も、素敵な未来を創ることのヒントが山ほどつまっていると感じる。
今回の記事として見えない存在からのメッセージをセレモニーへのメッセージとして、紹介した。そこには、日々の中にこそ素敵な未来へのヒントがあるのだと伝えているように僕は感じる。

自分が出来る事をする。誰かが出来る事をする。他の人も出来る事をする。それが、たくさん集まっていのりのセレモニーは出来上がる。

未来を創ることもきっとそれと同じなんだと僕は感じる。
皆が少しずつ持ち寄り、創り上げること。自分にも出来る事がある事を知れば、人のする事をうらやむこともあるまい。

だから、自分の出来る事が出来ない人を、見下すことがばかげている事と知る事が出来るのかも知れない。

さあ、まだまだ、準備ややる事が一杯です。頑張るぞ!

担当:そらのさん太
:____________________________:
*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴**∴

命を未来へと繋ぐいのりのセレモニー運営に是非協賛お願いいたします。
詳しくは下記の公式サイトから

*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*

富士いのりのセレモニー公式サイト
http://inorinowa.org/ceremony/
富士いのりのセレモニー便り発行:いのりのセレモニー実行委員会 
編集:高橋 潔
*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*

★NEW★日々の祈りとご神事について

2012.05.24.21:37

新暦5月24日(旧暦4月4日 酉)

いつも真心のお力添えありがとうございます。
本日は、16日に島根原発付近にて祈りしました際に伝えられました言葉をお伝えさせていただきます。

確かなる手は 少しずつ集まる
手は少しずつ集まり
そして 救う手となる
伸ばせ その手を
閉じ込めることなく
伸ばせ
人としてのこと忘れずに
そして 未来に向けて
支え合い 行ゆけ

本日もお力添えありがとうございます。

皆様には、御心配をおかけしております。
本当に突然でした。御殿場から、移動しようとした際に、まるで出てはいけないといわれるかのように、二人とも体調を崩し、動けなくなりました。
夫はそのまま、見えない方々とのやり取りに入ってしまい、かなりうなされておりました。
御殿場のこともそうですが、夫がいうには、もう一つあると言っています。
それは、5月のはじめに夫が北海道に入ろうとした際に、突然、青森から岩手、宮城女川から回れと言われたということを伝えられ、急遽、無事故無難の祈りをしにゆきました。この急な変更の件は、書き込みでもお伝えさせていただきました。
しかし、この時の難が、再び来るということを夫は伝えられ、その再びの災いをそなたの妻が背負うということを言われたといいます。
それが、昨日の東北での地震、六ヶ所、女川、そして、今年最初に強く警告されていた北海道泊原発をことだったと言います。

危機的な事があると、身体に反応が出る。これは、夫の母もそうだったといいます。
小難無難にするために、自分の体にて見えないものではありますが、その難をいくらかでも受け持ち、警告されている災いのエネルギーを体調の変化によって多少でも小難無難にする。
ですので、病院に行っても、実際には、何の異常も見つからないという状態にいつもなります。
もちろん、疑う方もいるでしょう。
ですが、母の周りの方々も、そして夫も本当にそのような状態なのです。

動けるようになりましたら、伝えられてくる場所を祈りまいります。
どうか、皆様の真心のお力添えをよろしくお願い申し上げます。
皆様の真心からの平和への、安全への願い祈りが大きな支えとなります。どうぞ、よろしくお願いいたします。

比嘉良丸。りか

※※神戸・東京・札幌講演会
6月10日(日)神戸、6月20日(水)札幌、6月23日(土)東京と来日されています、アレハンドロ氏、エリザベス女史、テ・ポロハウ氏の講演会があります。
今回、アレハンドロ氏のお話を通常ですとスペイン語~英語~日本語と訳すものを、スペイン語~日本語と訳し、出来るだけ内容を変化させずにお伝えすることとなっております。
今年2012年、マヤの予言や言い伝えにおいていったいどのような内容なのか、実際に、暦をつかさどっている方から、真実のお話を伺うことができる機会です。南米だけではない、日本だけでもない、世界の未来についての内容になります。また、エリザベス女史には、女性の方の役割の大切さをお話していただけます。テ・ポロハウ氏は、自らの役割、水に関するお話をしていただけます。
お三方が同時に集まるということは、なかなかありません。この機会に、ぜひご参加くださいませ。
お席に限りがございますので、お早目のお申し込みをお願いいたします。

下記の写真を↓クリックしてください。申込みサイトへ変わります。

khoenkai_20120509131355.gif

日々の祈りとご神事について

2012.05.23.16:35

新暦5月23日(旧暦4月3日 申)
いつも真心のお力添えありがとうございます。
本日は、15日に大飯原発にて伝えられた言葉をお伝えします。

いつの時代も 短きもの
だが それにて諦め失うか
そうではなく
意味見つけ 生きゆくか
諦めることなく
命の炎 見つめゆけ
その時代は 皆が見つめる
皆が 見定める
その未来を開けゆけ


5月12日以降、実際には14日から中央高速を回って、西日本を回っております。
13日江戸川河口、14日福島、那須高原、妙義、赤城と群馬を周り祈りながら、諏訪湖、八ヶ岳、琵琶湖、敦賀、もんじゅ、美浜、大飯、高浜原発を回りました。
島根の宍道湖、松山、島根原発、出雲大社、日御崎、そこから鳥取に戻り、大山、兵庫の神鍋と回り、若狭湾、大飯、高浜、琵琶湖ともう一度周り、綾部、福知山とところどころお祈りしながら回り、20日の大阪勉強会を行いました。

全体的な流れとしては、自然災害から、政治経済の混乱へと進み戦争へと向かう一連のビジョンを見せられ、防ぐようにと伝えられておりました。
特に、関西では、琵琶湖、若狭湾、大阪で起きる直下型地震が伝えられており、そこで、 本当に今、大飯原発の問題は、大変深刻な問題であると啓示で強く伝えられております。
福島の事故とは、比べものにならない事故につながるということを、伝えられており、小難無難となるよう祈り回っております。
これに反応するように、20日の大阪へ向かいながら、私自身、止まっていた出血が再び出てきました。
低血糖の症状もでてきましたことから、おなかの調子は悪いのですが、食事をとるようにしました。
常にお伝えしておりますが、大きな災害や、大きな世の中の変動がある時には、警告として出血します。
小難無難となるように祈り続けておりますが、それでも、状況が改善されない方向へ進むと、更に警告として、血痰から、血を吐くという症状へとつながります(この状態で病院にいって検査を受けても、全くの異常がないという診断を受けております)

大阪の20日に向けて移動してゆくと、実際には、出血と少しのどが絡むと、血痰が出るということが続いておりました。

19日から、皆既日食が終わる翌日まで、私は、関西で本当に大きな災害がおきるという事を伝えられており、関西を中心に警戒して無難小難の祈りをしてきました。
また、今年いっぱいこの地域は心配の場所となり、これは関東も同様になります。

関東も12日に東京での勉強会をおこなったのは、やはり千葉・埼玉、内陸側の直下型地震と東にあたる太平洋側のプレート型の地震の小難無難を願い祈っての開催でした。
常に、そのような時期に当てて行う事で、その後、小さな地震となり起こってきます。しかし、私に伝えらられている啓示では、本当にそのようなことでは収まらないような深刻な状況となる災害の啓示を受けて動いております

さて、話がもどりますが、関西では、20日の勉強会の後、まず、大きな難が逸れたという啓示が勉強会の時にありました。
ただ、そのような時には、外国にて大きな災害が起きる事が常であり、実際には、イタリアで大きな地震が起きたという事を啓示にて知りました。
私の啓示は、外国で起きる災害を日本で起きると騒いでいるといわれますが、私自身は、逆であると捉えています。

その後の御神事の予定として、24日に神奈川県三浦半島の観音崎、千葉県房総半島の洲崎、海ほたる、江戸川河口を24日に祈り、当初の予定では、25日に私は北海道へ泊原発へ、妻は、沖縄へ5月28日の大祭へ向けて移動します。

そして、私は、成田から札幌へゆき、レンタカーを借り、泊原発や北海道をお祈りしたあと、27日に沖縄に戻り、28日大祭の祈りをして、29日に福岡に入り、レンタカーを借り、玄海原発、川内原発、普賢岳、桜島などを祈り、大分から、愛媛にフェリーで渡り、伊方原発を祈り、北上して四国を祈り、石鎚山を祈り、瀬戸大橋から岡山に入り、祈りをしまわりながら、福岡に戻りレンタカーを返し、成田へ移動し、6月3日に成田に置いておいた車を取り、御殿場へ預け、6月5日にアレハンドロ氏とエリザベス女史を迎えるという行程を組み、妻は、25日に沖縄に戻り、28日の大祭が終わった後、沖縄の各聖地を周り、6月3日か4日に合流する予定でおりました。
しかし、20日の勉強会が終わり、各地を周り浜岡原発などをお祈りした後、御殿場に車のタイヤと荷台を変えるために立ち寄りました際に、かなり状況が変わりました。
現在、私は再度、血痰と出血となり、妻もいきなりかなり体調を崩しています。
それは、富士が危ないというお知らせ、啓示でこの様な状態になっています。

私自身、腎臓のあたりが痛く歩行もきついぐらいとなっており、妻も歩くことがきつくなっています。
ですが、小難無難とするために、23日に東京の打ち合わせを終え、もう一度、江戸川から埼玉へ上がり、出来たら、栃木の那須、日光、群馬の赤城、妙義、浅間山から、一旦山中湖へと入ります。
山中湖から、箱根へと移動し、三島、熱海と祈りを行おうと考えています。
しかし、今回、その流れをしようとすると、私が神事をしてから、欠かすことがなかった大祭の祈りを妻だけになることになり、どのようにしたらよいかということを、現在、神々とやり取りをしています。
今年は、泊原発は、何度か行っているので、最悪でも、伊方原発と玄海、川内原発は祈っておきたいという思いがあります。長老たちが来る前に、日本各地を回って、前ご神事をしておくことで、6月のセレモニーは更に、願い、祈りの深いものとなります。

今、少し流れが変わってきており、富士周辺を祈りしないとならないということを伝えられております。
富士五湖も祈り回るようになり、どのような流れになるのかということで、御神事の組み直しをしているところです。

皆様には、大変申し訳ないのですが、祈り合わせのお力添えと共に御神事の活動支援のお力添えを頂けますと大変幸いでございます。
<<ご支援先>>

比嘉良丸、りか

★NEW★ 日々の祈りと御神事の状況

2012.05.22.14:50

新暦5月22日(旧暦4月1日 未)

いつも真心のお力添え、ありがとうございます。
ここ数日間、御神事にて回った場所場所でいただきました言葉を書き込ませていただいております。
昨日に引き続き、本日も、15日に回りました場所にて伝えられました言葉をお伝えさせていただきます。
(昨日の琵琶湖での言葉は、5月15日に伝えられた言葉になります)

15日 敦賀、もんじゅにて祈り、美浜にて伝えられた言葉

今 見つめなければならぬこと
見直さねばならぬこと
どこで 何をするか
それは 一人一人が決めること
何ができて 何ができないか
行わなければ わからぬこと
いつまでも 不安を抱え
なにもせぬのは 人の子
だが 不安を解消できるのも
また 人の子の力なり


本日は、静岡にきました。天竜川河口、浜岡原発、富士川河口をお祈りし、御殿場に移動して参ります。
6月に向けての前御神事は、この後、北海道、九州、四国も呼ばれております。
各場所の見えない方々にも、セレモニーへお力添えいただけるように、回ってまいります。

本日も、真心のお力添え宜しくお願い申し上げます。

比嘉

※※5月28日に大国ミロク大社の大祭になります陰陽祭があります。この度、この陰陽祭に合わせお守りを企画いたしました。
自らの内の調和とバランスを願い祈り、個から全へと広がるように願い作りました。
数に限りがございますが、ぜひお持ちいただき、一人一人の内側の調和から広げられることを願い祈りいたまます。↓下の絵をクリックするとお守りのサイトへ移動します
inyang_b_20120424142457.jpg

日々の祈りと御神事の状況

2012.05.21.17:47

新暦5月21日(旧暦4月1日 午)

いつも真心のお力添えありがとうございます。
本日、琵琶湖にて祈りました際に伝えられた言葉をお伝えします。

いつ起きても
おかしくないことが
この地にあり
人々は 抱え生きている
地上は今 混乱しており
その願いは 人間が握る
生きることに大切なことを
人として大切なことを
忘れてはならない

昨日は、大阪勉強会でした。
お忙しい中、会場にお集まりいただきまして、ありがとうございました。
また、ボランティアの方、そして、会場をお貸しくださいましたコベントガーデン様本当にありがとうございました。

夫の啓示の話を中心にお話させていただきました。
見せられているビジョンがあるということは、改善してゆけば、繋がる未来があるということであります。
つなげゆく未来を忘れずに、一つ一つ繋げて頂けますと幸いです。
本日は、皆既日食でしたが、夫にそのことについて啓示が降りたのですが、他のこととも関連性がありますことから、改めてまとめましてから掲載させていただきます。

大阪を後にし、愛知、静岡と移動しながら、いのっております。

浜名湖

*********

※※神戸・東京・札幌講演会
6月10日(日)神戸、6月20日(水)札幌、6月23日(土)東京と来日されています、アレハンドロ氏、エリザベス女史、テ・ポロハウ氏の講演会があります。
今年2012年、マヤの予言や言い伝えにおいていったいどのような内容なのか、実際に、暦をつかさどっている方から、暦というものの真実のお話を伺うことができる機会です。また、エリザベス女史には、女性の方の役割の大切さをお話していただけます。テ・ポロハウ氏は、自らの役割、水に関するお話をしていただけます。
お三方が同時に集まるということは、なかなかありません。この機会に、ぜひご参加くださいませ。
お席に限りがございますので、事前のお申し込をお願いいたします。

下記の写真を↓クリックしてください。申込みサイトへ変わります。

khoenkai_20120509131355.gif

富士いのりのセレモニー通信

2012.05.21.08:00

本日、いのりのセレモニー便り第三号を発行いたしました。
セレモニー便りはセレモニー公式サイトやブログなどのお知らせでは伝えられない、様々なセレモニーの最新情報をお伝えしております。

本日の特集では、セレモニーのバスツアーに日帰り便が設定されました。その他、宿泊や、団体参加などに関する情報も掲載しております。
是非是非、観てみてくださいませ。


,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
        こころのかけはしメルマガ増刊 
・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*

富士いのりのセレモニー便り-第三号1/2(平成24年5月21日)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,

・・・目次・・・・・・

 第三号1/2に掲載

1.比嘉良丸・比嘉りか ご夫婦に思う・・・そらのさん太
2.いのりのセレモニー奉納舞台出演者からの便り (うしゅま様)

 第三号2/2に掲載

3.セレモニー情報(交通宿泊案内 特集)
4.編集後記

∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
1.比嘉良丸・比嘉りか ご夫婦に思う・・・

    Netbook‘人の子らよ’編纂者 そらのさん太
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
今日は、富士いのりのセレモニーin山中湖の発起人であり、自然信仰家の比嘉ご夫妻に関しての話題をお届けいたします。
普段なかなか知る事のないお二人の素顔の一面を、Netbook‘人の子らよ’編纂者 そらのさん太さんよりお話し頂きたいと思います。

寄稿:そらのさん太

皆さんは、比嘉良丸・比嘉りかご夫婦をどのような存在として受け止められているのでしょうか?
メールマガジンやブログを通じてのお二人の姿からは、特別な人!そんな感覚をお持ちの方が多いのではないでしょうか?
勿論、未来の可能性の一つとしてのビジョンを受け取ったり、その道を歩まないための様々なメッセージを受け取る事が出来る部分だけをみればそれはそういえることも出来ます。

ただし、それはあくまでもその部分に関してのみいえる事であり。また、善き未来へ命を繋ぐ為の活動への率直で、実直な行動力。その二つ以外はごく当たり前の人間です。

僕はお二人を旧知の友として知るところではありませんが。
ここ数年の短いお付き合いの中で、その活動に欠ける情熱と真っ直ぐな部分に頭が下がる想いを禁じ得ません。

お二人は、二人で一つの役割を担っています。夫である良丸氏は未来の可能性を体験し、妻のりか氏がその道のりを善き未来へと導くための様々なアドバイスを見えない存在から受け取ります。
その二つを受け止め、多くの人にそれを伝え、人が望む素敵な未来をそれぞれの方に考えて頂き、それに向かい日々を過ごして頂く、それだけのためにお二人は日々を過ごして云っても過言ではありません。

これは、この文章を読まれただけの方にはとうてい理解出来ない事だと思います。

良丸氏は未来の最悪のビジョンとを見せられます。それは、映画の様に目に見える映像ではありません。映画のそのぼ画面の中に意識を放り込まれて、戦禍や災害を実体験させられると云います。りか氏に於いては
そういったビジョンを経験することが無いかわり、見えない存在からたくさんの言葉を想いとして受け取ります。まだ四十前の女性ですから、色々とやりたいこともありましょう。それを脇に置き、夫の良丸氏とと
もに、一台のワゴンで年に何周も日本を回り祈り巡り、世界を巡り過酷な日常を過ごされています。

ある時、ご支援をして下さる方からお叱りを受けたそうです。
学びの和などの催しの後、活動に協力したボランティアスタッフとの交流の為、食事をする機会があります。
それは、高級な食事をするわけではないのです、出来るだけ安い店を探
し、参加する全員が割り勘で集い食事を共にして色々な活動の話しや打
合せをする交流会です。

お叱りを受けたことは、その交流会をする事に対しての事でした。

それを聞いて、わかり合う事の難しさを感じました。

比嘉さんご夫妻はそんな少しばかりの人間的な時間を過ごしても人から責められなければいけないのだろうか・・・
ましてや、それは、人の和を繋ぐ為の事であり、争いや個人的な利益の為に行われているものではないのです。

比嘉さんご夫妻は、お二人が託された役割以外に関しては、ごく普通の人間です。人に責められれ苦しんだり、人からだまされれば悲しみます。
感情的に高ぶり、自分の心をコントロールする事も得意ではありません。
嬉しい時に笑い、憤りを感じては怒る、ごく普通の人間です。

そんなお二人を知ると、二人を特別な人ではなく、同じ目的を持つ友として僕は感じます。

師として観られたり、頼られたり、そればかりでは辛いですよね。

多くの人が、比嘉ご夫妻の活動に感じ賛同されていると思います。
活動に賛同するならばこそ、お二人を特別な人として観、接するのではなく、ひとりの人間として、友として、助けあう。そういった方が増えることを願いやみません。

その中にこそ、人の和の意味があり、素敵な未来への道筋が見えてくる様に感じるのです。


ご覧になった方も多いかとは思いますが、昨年の10月に比嘉ご夫妻が参加されたグアテマラでのファイアーセレモニーの動画が公開されています。その際にりかさんが受けたお言葉を書き起こしておきます。

また、動画へのリンクも張っておきますので、ご存じでない方は是非ご覧下さい。6月17日のファイアーセレモニーのイメージがつかめるかも知れません。



2011年10月9日 海外神事 
グアテマラ ティカル遺跡 での祈りにて伝えられた言葉


・・・ひとつ目の言葉・・・・・・

月夜の晩に 狂うことなく 進む道あり
陽と月の流れにより
その道筋は ただされゆくものとなりゆく
続き行く未来は その道の上にあり

その道は今 ここを通ろうとしている

狂うことなく 続く未来が
次の世への 光放つ
内にある光 目覚め行く者
外を光でなく 内の太陽を観よ
その光が今どこへ差しているか
今道を見極め 進み行くがよい


・・・二つ目の言葉・・・・・・

ひとつの流れ
交互に重なる
その道は今 内側と外側にあり
交互に組み 動かすことにより
流れ正され 後続く者
その道を 追うこととなろう

こころひとつの繋がり
その繋がりを今 正さねばならない

交互に 訪れる道を 乗り越えてゆけ





どうぞ、未来への善き友として富士いのりのセレモニーにお越し下さい。

富士いのりのセレモニー2012in山中湖 実行委員一同



●グアテマラいのり動画
http://www.youtube.com/watch?v=hxKVYUa8Yos&feature=youtu.be

●グアテマラ セレモニー動画
http://www.youtube.com/watch?v=BxZ4uYAe0Do&feature=youtu.be


●セレモニーの詳細は↓公式サイトへ
http://inorinowa.org/ceremony/


●比嘉りかさんが日々受けた、伝えられた言葉をネットbookにまとめました。
↓‘人の子らよ
http://p.booklog.jp/book/47442’



∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
2.いのりのセレモニー奉納舞台出演者からの便り(うしゅまりあ様)
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

本日は、うしゅまりあさんから頂いたセレモニーへの想いをご紹介いたします。

豊岳道子(うしゅまりあ)さんは、ご自身のWEBサイトで次のように語っています。


生命の尊さに目覚め、生命の循環のしくみや宇宙の法則を学びあい、ひとりひとりが自分の浄化や癒しから、自分の覚醒から、身の回りのお掃除からでもいい、自分のできる小さなことから始めよう、とアース・パラダイスは提案します。

世界を変えたいと思うなら、まず自分の意識の変容から始める、そして地球にやって来た時よりも少しでも美しい何かを貢献して帰ることを目指して、「 来た時よりも美しく。」これが、アース・パラダイスのモットーです。

※以上、うしゅま&アースパラダイス公式サイトより抜粋



うしゅま りあさんのメッセージはこの後すぐ・・・♪

 

☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆

 会場直行便!セレモニー参加に便利なバスツアーあります!

  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| セレモニー参加に便利な 
  | MGC号   | バスツアー宿泊なら             
  └◎────◎┘ ~~楽~~便利~~安心~~~~~~
    
 セレモニーオフィシャルサポーターの(株)MGCへ
   http://www.mgc-m.com/maya/top

  お電話でのお問合せは、”03-5947-6661”

☆。.:*.。─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─.*:゜。☆



・・・皆さまへ・・・

  豊岳道子 (うしゅま りあ)

昨年に引き続き、富士山祈りのセレモニーに奉納演奏させていただくというこの上ない光栄に預かり感謝いたしております。

このセレモニーを10年間継続し、私達の意識によって良き未来をビジョンし、地球の蘇生のために祈りを捧げようという比嘉さんの熱いスピリットに共鳴します。

私達には、人類の無意識で地球を傷つけてしまった共同責任があります。私にとって祈りとは、母なる地球やいのちに対する愛と感謝と 小さなご恩返しです。精一杯のありがとうを捧げたいと思います。



↓うしゅま・アースパラダイス様 公式サイト
http://www.earthparadise.net/menu.html


,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
        こころのかけはしメルマガ増刊 
・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*

富士いのりのセレモニー便り-第三号2/2(平成24年5月21日)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,

・・・目次・・・・・・

 第三号1/2に掲載

1.比嘉良丸・比嘉りか ご夫婦に思う・・・そらのさん太
2.いのりのセレモニー奉納舞台出演者からの便り (うしゅま様)

 第三号2/2に掲載

3.セレモニー情報(交通宿泊案内 特集)
4.編集後記

∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
3..特集!!セレモニー情報・・・交通・宿泊案内・・・・・・
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

本日は、いのりのセレモニー参加に便利な交通・宿泊に関してのご案内です。


セレモニー会場『山中湖きらら』は吹き抜けのステージの向こうに、雄大な富士山、手前に広がる芝生広場。心和む空間で、セレモニーには最高の場所です。
そこで繰り広げられる、様々な奉納舞台や世界の先住民族長老達のメッセージにふれていただき、この星の素敵な未来を考えて頂きたいのです。

さて、セレモニー会場へどうやって行けばいいの・・・?

会場へ自家用車などでお越し頂く場合は。専用駐車場もあり、また、東名高速や中央高速を経由して比較的アクセスには恵まれています。

↓山中湖交流プラザきららアクセス情報(きらら公式サイト)
http://www.kirarayamanakako.jp/contents/access/

公共交通機関を利用する場合。各地からの高速バスなどが運行されていますが、運行時間や乗り継ぎの問題など、若干不便なところがあります。

昨年、交通の便に不安がありセレモニー参加を諦めた方がいたという話を聞き、何とかたくさんの方にお越し頂くために方法は無いかと検討したところ。

(株)MGC社さんにご協力を頂きバスツアーを企画しました!!

また、いのりのセレモニー開催にご協力頂いております、山中湖の宿泊施設への一泊ツアーも準備しております。
富士いのりのセレモニーは6月16日・17日の二日間開催です。
いのりのセレモニーとファイアーセレモニーのふたつにご参加頂く場合は是非、こちらの宿泊プランをご利用下さい。

バスツアーに関しては、最小催行人数が設定されています。
セレモニーに参加ご検討の方は、バスツアー成立の為にも是非ご利用頂けますと幸いです。


・・・バスツアーに関して・・・・・・

『関東方面からは』
 
 6月16日(土曜日)午前8時発 新宿西口・東京モード学園前集合

『関西方面からは』

 6月16日(土曜日) 午前8時発 JR三島駅・東急イン横集合
 

※復路は、セレモニー終了19時頃、山中湖を出発し終点到着を22時予定として運行します。

※料金は、新宿出発、三島出発共に6,500円(往復バス代・保険料)に
 なります

※最少催行人員10人以上

『片道の利用も可能です』

せっかく山中湖へ行くのだから、旅行がてら帰りは寄り道をして帰りたい。帰りだけバスの便を利用したい。そんな方のご要望にお応えするために、片道利用も受け付けています。

 ※片道のみご利用の方は、お一人様、3,250円です。
 
 ※公式サイトの申し込みフォーム備考欄に、片道のみと明記してください。

『団体プラン』

団体にてご参加を検討されている方へは、バス一台貸し切りにて対応もさせていただきます。ご指定の出発場所から会場の交流プラザきららまで、気の合う皆さま同士での楽しいひとときをお過ごし下さい。


・・・宿泊に関して・・・・・・

『宿泊案内』

17日のファイヤーセレモニー・トークショー参加の方には、宿泊のご案内もできます。
宿泊は、相部屋形式のリーズナブルなプラン、個室利用のファミリー向けのプランなど、皆さまのご要望により、セレモニーオフィシャルサポーターの(株)MGC社様が丁寧にコーディネートいたします。


☆。.:*.。─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─.*:゜。☆

 バスツアー・宿泊のお申込み・お問い合わせは!

富士いのりのセレモニーオフィシャルサポーター(株)Mgcへ
お気軽にお問い合わせ下さい。

ここ→ www.mgc-m.com/maya/top

●お電話でのお問合せは、(株)MGCへ
 

03-5947-6661(受付時間10:00?18:00/定休日:土・日・祝日)


∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

5.いのりのセレモニーボランティアスタッフご協力のお願い

富士いのりのセレモニー実行委員会では、セレモニーにてお手伝い頂けるボランティアスタッフを募集しております。
会場の設営から、受付、舞台管理など沢山の方のお力添えが必要です。
このセレモニーの想いに賛同頂き、何かをやってみたい!そうお考えの方。是非、お力添えをお願いいたします。

いま、本当に助けて下さる仲間が必要です。

↓詳しくは、公式サイトスタッフ募集ページをご覧下さい。
http://inorinowa.org/ceremony/staff/


・・・『セレモニーでの物販スタッフを募集開始』・・・・・・

公式サイトの申し込みフォームには掲載がありませんが、セレモニーの両日、会場にてセレモニー出演者のCDや比嘉さんの関連グッズの販売を担当して下さる方を募集しております。

募集人員4~5名
原則、6月16日・17日の二日間お手伝いして下さる方。

応募先方法
otayori@santanokuni.net へ下記項目を明記の上メール応募下さい


住所
氏名(ふりがな)
年齢
電話番号
緊急連絡先
希望担当(メールの件名に物販担当希望‘と明記下さい)
その他何かあればご記入下さい。
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽



*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*
: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:
 ***編集後記******

言葉や文章で、想いを伝えることはとても難しいですね。
最近つくづく感じます。
このセレモニーも、この星の良き未来を思えばこそ、私達の多くが人間だけでなく、この星と共に暮らす多くの命を考え、それに沿った行き方をする必要があるのではないかと考え開催されるのです。

その想いを、このメルマガをお読みの方へ言葉だけで伝える事は難しいです。セレモニー実行委員会内部だけをみても、意思の疎通は難しいのですから、メルマガだけで繋がっている皆さまに、セレモニーの本当の主旨や想いを伝えることは至難の業です。

しかし!セレモニー開催まで既に1ヶ月を切っています。
それまで、僅かの期間ではありますが、こうしてメルマガを発信することにより、皆さまのご参加を精一杯お願いしていこうと思っております。

このメルマガが配信される時はちょうど、金環食の真っ最中でしょうか。
真夏でも、太陽が欠けると肌寒くなってきます。この時期は太陽が最大にかけた時点ではかなり涼しく感じるかも知れませんね。
その5分間こそ、太陽のありがたみが再認識出来るのでしょうか。

担当:夢野三太

:____________________________:
*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴**∴

命を未来へと繋ぐいのりのセレモニー運営に是非協賛お願いいたします。
詳しくは下記の公式サイトから

*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*

富士いのりのセレモニー公式サイト
http://inorinowa.org/ceremony/

富士いのりのセレモニー便り発行:いのりのセレモニー実行委員会 
編集:高橋 潔
*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*

tag : 富士いのりのせれもにー通信

日々の祈りとご神事の内容

2012.05.19.20:00

新暦5月19日(旧暦閏3月29日 辰)

いつも真心のお力添えありがとうございます。
本日は、八ヶ岳にて祈りました際に伝えらえた言葉をお伝えさせていただきます。

八ヶ岳にて伝えられた言葉

一つ一つ繋ぎゆくからこそ
その道は 確かなものとなり
歩めるようになる
それが 土台になり
支えになり 足元になる


昨日は、兵庫県神鍋へとゆき、その後、大阪へと移動してきました。
あちらこちらと呼ばれることや、また、伝えられてくる内容が大きな内容なのかあまり話してはきません。
また、皆様へとどのようにお伝えすることが出来るだろうか、誤解なく伝えるにはどうしたら良いかと考えてもいるようです。
夫は、伝えられている啓示のことは私には、殆どしゃべりません。
ですから、学びの和のイオンさんとのお話しや学びの和の席にて私自身初めて聞く内容も沢山あります。
話しているとどうしても、話しながら、見えない存在が、あれも伝えろ、これも伝えてくれと色々と話してくるので、まとまりが無くなると本人は困っています。
まだまだ、移動の日々が続きますが、6月を迎え、皆様をお迎えしセレモニーを行うまでは、何とか頑張りたいと思います。

本日も、真心のお力添えありがとうございます。

比嘉良丸、りか



※※神戸・東京・札幌講演会
6月10日(日)神戸、6月20日(水)札幌、6月23日(土)東京と来日されています、アレハンドロ氏、エリザベス女史、テ・ポロハウ氏の講演会があります。
今年2012年、実際に、マヤの予言、暦とはどのようなものか。暦をつかさどっている方から、真実のお話を伺うことができる機会です。南米だけではない、日本だけでもない、世界の未来についての内容になります。また、エリザベス女史には、女性の方の役割の大切さをお話していただけます。テ・ポロハウ氏は、自らの役割、水に関するお話をしていただけます。
お三方が同時に集まるということは、なかなかありません。この機会に、ぜひご参加くださいませ。
お席に限りがございますので、お早目のお申し込みをお願いいたします。

下記の写真を↓クリックしてください。申込みサイトへ変わります。

khoenkai_20120509131355.gif

製造部だより

2012.05.19.09:00

賛助会の皆様にはいつも真心からのお力添えをいただきましてまことにありがとうございます。

先週末5月13日(日)、明日5月20日(日)に開催されます、学びの和:大阪の会場となります大阪市西区北堀江にありますルに、ビルオーナー様のご依頼により、地下タンクにトルマリンを投入させていただきました。

沖縄では、断水が多かった昔の名残で、各家に貯水タンクがございます。
トルマリンを推奨している糸数は、沖縄の家にもトルマリンを入れており、その経験から、水だけでなく配管にも、トルマリン水が大きな影響を与えることを伝えており、また、投入された方から嬉しい声も届いております。
この話を聞き、ご自身のビルの貯水タンクに、「テナントさんへよい水を」ということから、トルマリンの投入を先日行われました。

松枝ビル地下タンク6トントルマリン 30Kg 投入

先日、その投入に携わった、糸数 青正より報告ありましたので、掲載します。

「ビルオーナーの依頼によりビルに地下6トン貯水タンクにトルマリン30Kgを投入。この場所は、ビルの中で神聖な場所らしく、トルマリンが入ることによってマイナスイオンが発生し、より安らぎの場所になると思われます。」

これから、この投入後の経過を皆様にご報告させていただきます。

比嘉 良丸、りか夫妻は現在、6月のセレモニー、講演会が近づく緊迫したなか日本列島をお祈りのご神事で、駆け回っております。

各地のボランティアスタッフの方がたも同様なんとか成功させたいとがんばって下さっております。皆様の真心本当に、ありがとうございます。

さて、明日開催されます 学びの和 大阪ではその報告も聞かれることだとおもいます。まだまだ席のほう余裕がありますので、お近くのかたは、皆様おさそい合わせの上、ご参加くださいますようお願い致します。

こころのかけはし祈りの和 このような活動ができますのも、支えてくださる方々、賛助会の皆様のお力添えあってのことであります。

これからもご理解、ご協力のほどどうぞ宜しくお願い致します。

ありがとうございました。

平成24年5月19日(土)
こころのかけはし祈りの和
製造部 伊豆 修

◆大阪会場:5月20日(日)コベントガーデン<<5月勉強会:東京・大阪共通申込み先>>

sanjo

日々の祈りとご神事の状況

2012.05.18.12:17

新暦5月18日(旧暦閏3月28日 卯)

いつも真心のお力添えありがとうございます。
先日諏訪湖にての祈りの際に伝えられました言葉をお伝えさせていただきます。

そのままでは 繋がる流れがある
断ち切るも 断ち切らぬも
今を生きるものの選択
何もせぬもまた 選択
何か起こすもまた 選択
結果を未来を見るか 
今と今の思いだけを見るか
どちらを取るかも
また 選択


昨日、島根宍道湖から移動し、兵庫の神鍋に参りました。
そこで、数時間祈り、20日の大阪勉強会に向けて大阪方面へと移動をいたしております。
各場所にて祈りながら感じることは、今、本当に人間に選択が求められているということです。
自然や見えない存在達は、注意深く人間の行動を見ているように感じます。
それだけ、人間の行動というものは大きな影響を与えるものであり、調和や共存といた部分を見失わないように未来を創らなければならないのだと感じています。
20日の大阪学びの和にて、夫は、伝えられている啓示の内容と関西について伝えられている啓示の部分とをお話しする予定でおります。

本日も真心のお力添えをよろしくお願いいたします。

◆大阪会場:5月20日(日)コベントガーデン<<5月勉強会:東京・大阪共通申込み先>>

※※5月28日に大国ミロク大社の大祭になります陰陽祭があります。この度、この陰陽祭に合わせお守りを企画いたしました。
自らの内の調和とバランスを願い祈り、個から全へと広がるように願い作りました。
数に限りがございますが、ぜひお持ちいただき、一人一人の内側の調和から広げられることを願い祈りいたまます。↓下の絵をクリックするとお守りのサイトへ移動します
inyang_b_20120424142457.jpg

日々の祈りと御神事の状況

2012.05.17.13:29

新暦5月17日(旧暦閏3月27日 寅)

いつも真心のお力添えありがとうございます。
本日、各場所の祈りの際に伝えられました言葉をお伝えさせていただきます。

5月13日江戸川河口にて伝えられた言葉

未来へ繋ぐ 今
清きものであるか
恥ずかしくないものか
繋がれたものが
困るようなものではないか
安心も繋ぎゆけ
その土台から
未来が広がる


5月14日栃木県那須高原にて伝えられた言葉

乗り越えるは 真心の手
繋ぎゆくは 未来への手
多くの手により
作られゆく未来
大切な事を 繋げ
大切なものを 繋げ
未来へ そして命へ


昨日、島根から祈り合わせをさせていただきました。
真心のお力そえありがとうございました。
その後、宍道湖付近にて祈り、出雲へゆき、宍道湖付近にて祈り、夫の啓示によりその周辺にて篭りました。
本日は、鳥取の大山へと向い移動をしております。
皆様の真心のお力添えどうぞ、よろしくお願い申し上げます。

比嘉良丸、りか

遠いですが・・・松江城 鳥取 大山(ダイセン)

※※5月20日(日)大阪にて学びの和を開催いたします。お話の内容は「自然環境と富士の噴火について」という内容で、お話します。イオン・アルゲイン氏との対談形式にして、今回のサハリンでのご神事の関連も踏まえてお話させていただきます。
参加申し込みの方は、下記までご連絡くださいませ。

◆大阪会場:5月20日(日)コベントガーデン
<<5月勉強会:大阪共通申込み先>>

※※神戸・東京・札幌講演会
6月10日(日)神戸、6月20日(水)札幌、6月23日(土)東京と来日されています、アレハンドロ氏、エリザベス女史、テ・ポロハウ氏の講演会があります。
今回、アレハンドロ氏のお話を通常ですとスペイン語~英語~日本語と訳すものを、スペイン語~日本語と訳し、出来るだけ内容を変化させずにお伝えすることとなっております。
今年2012年、マヤの予言や言い伝えにおいていったいどのような内容なのか、実際に、暦をつかさどっている方から、真実のお話を伺うことができる機会です。南米だけではない、日本だけでもない、世界の未来についての内容になります。また、エリザベス女史には、女性の方の役割の大切さをお話していただけます。テ・ポロハウ氏は、自らの役割、水に関するお話をしていただけます。
お三方が同時に集まるということは、なかなかありません。この機会に、ぜひご参加くださいませ。
お席に限りがございますので、お早目のお申し込みをお願いいたします。

下記の写真を↓クリックしてください。申込みサイトへ変わります。

khoenkai_20120509131355.gif

本日:日々の祈りとご神事についての内容訂正

2012.05.16.15:01

お詫び:本日、書き込みをいたしました中に、誤解を招く部分がございましたので、ここにお詫びと共に訂正させていただきます。

文中>
私自身が、述べている自然災害や政治経済の混乱、戦争の内容は、今の世の中の状況が進んだ未来を啓示にて見せられていることをお話していることであり、この内容が、マヤの予言の人類滅亡が起きるということを示唆しているわけではありません

上記のマヤの予言の人類滅亡が起きるということを示唆しているわけではありませんという部分が、誤解を招く部分となってしまいました。ここにお詫びと訂正をさせていただきます。
私自身は、マヤの予言というものが人類滅亡であるということは一切思っておりません。また、今回の書き込みの中にもその旨はお伝えしております。
ですが、私が啓示で見せられるビジョンは、私自身がマヤの予言をそう捉えているからであると勘違いをする方がおられます。
あくまでも私が伝え、見せられるビジョンは、現状のまま進行した未来の形であり、予言とは別物であるということをお伝えしたかった次第です。
言葉足らずで誤解を招く形となりましたこと、深くお詫び申し上げます。誠に、申し訳ございませんでした。

比嘉良丸、りか

日々の祈りと御神事の状況

2012.05.16.10:17

新暦5月16日(旧暦閏3月26日 丑)

いつも、真心のお力添えありがとうございます。
本日、日々の祈りの際に伝えられた言葉をお伝えさせていただきます。

一つ 一つの流れ 見極め進めゆけ
一瞬 一瞬 戸惑いあろう
見極めも難しかろう
もし 過ちと思ったならば 改めて変えゆけ
もし 正しきと思ったならば
信念持ち 歩みゆけ
目は 開け 心 開け 歩み確かに 進め未来へ


本日、夫より、お伝えしますことがございましたので、下記に記します。

*****

東京勉強会を12日に終えた後、本来は、中央高速から中央構造線の祈りをして、福井に上がり福井から原子力発電所を祈り、鳥取、山口へ向かう予定でしたが、どうしても、来月のセレモニーの協力依頼の為、打ち合わせを行わなければならず、13日もう一度江戸川河口にてお祈りをし、6月のセレモニーや講演会の打ち合わせにて東京へと戻り、空港から横浜へと移動して夜中までの打ち合せとなりました。
翌日、福島で打ち合わせの為に夜中から移動を開始しました。途中仮眠を取り、福島にて朝の祈りを行いました。
午後からの打ち合わせでしたが先方から体調不良の連絡が入りましたので、そのまま中央構造線の小難無難の祈りに向かいました。那須高原にて祈り、そこから、栃木、群馬と高速道路を乗り継ぎ中央高速へとはいりました。
途中、所々祈りながら、諏訪湖にて落ち着いて祈りました。
そのまま福井へ向かうつもりでしたが、八ヶ岳へ呼ばれそちらへ向うとビジョンを見せられ、そのまま朝までのやり取りとなりました。

そこでは、様々な啓示がおりましたが、その中で、今後の自然災害やその自然災害からの政治経済の混乱、そしてそこから続く世の中の流れ情勢で起こる状況を見せられました。

そこでは、災害というよりも戦争で駆り出される若者や高校生、その戦争での犠牲者や現状のままでは起こり得るビジョンを見せられました。泣き崩れる母親やその家族、戦場の状態をその場にいるような状態のビジョンを見せられ、その場にて私も泣き崩れるビジョンを体感しながら、朝までやり取りしていました。

また、自然災害の中で八ヶ岳が大きな地震と噴火を起こすビジョンも見せられました。
八ヶ岳は、地震と火山の巣であり、日本の地震や火山の中継地点であるということを伝えられました。
精神世界を語る方は、日本で何かが起きた時には、八ヶ岳にゆけば、沈没から逃れられるということをいうかたもいますが、今回の啓示では、大きな災害が起きるというビジョンを伝えられました。

昨日15日に改て平和平安平穏のお祈りをし、福井に入り、敦賀原発、もんじゅとお祈りをし、美浜原発、大飯高浜原発へと移動しながら無難無事故のお祈りをしてまいりました。

京都から、兵庫、鳥取、島根と入り、島根原発へと移動してゆきます。
今、書き込みは、移動途中に妻が、助手席で私の話を聞き取りながら、書き込みをしています。

現在、前にも書きましたが、世の中で、大きく何かが起きる時動く時に、私自身に血便、血痰という現象、大きな貧血が起きたりしますが、今回も、そのような現象が続いております。
一旦、止まったのですが、再び再発しています。それはやはり何か大きな出来事を示唆しているのだと感じています。ですが、小難無難となるように全力で祈りをして参ります。

5月4日から殆ど食事が摂れない状況であり、そのまま断食という状態になってのご神事となっておりますが、持病の糖尿から食事を摂らないと低血糖になり、今、低血糖がひどくなってきています。その為、一食、食事をとれるか、受け付けるか試してみたいと思います。

さて、御神事の内容が自然災害から戦争への発展を見せられているのですが、これまで見せられていたビジョンが、ビジョン通りに現実化したもの、また、ビジョンとは変化し現実に起こったものとがあります。私自身は体感で感じたり、現実のメディアなどで見る事によって、自分なりに私自身に見せられているものは、何らかの形にて起こるという確信があります。

ですが、何度もお伝えしていますが、私が、見せられているビジョンは、変化するために見せられているものであります。ですから何らかの変化があっての現実化や全く起きないということが望ましいことになります。

見せられたビジョンは、確実に未来をよくする為のヒントとして見せられており、その為に私自身は、人生と自分の肉体をかけ、また、同様に妻も人生と肉体をかけて、私に見せられるビジョンを回避するために、共に動いています。

ですから、その場にて出来る祈り、出来ることを行うように、後に残さないように行動しており、時には、死も垣間見せられ、また、人の死も垣間見せられるといった、様々な場面にも立ち会ってきました。
そのために、今できることを行う。
後悔しないためにも、今伝えること、今話せることを伝えるということを努めております。


マヤの予言は、マヤの予言としてあるものですが、それは人類の滅亡を示唆しているものではありません。そして、マヤの暦は、周期であり、一旦終わったとしても、改めて新しい暦がスタートするということで、2012年12月の滅亡説をうたったものは、真実とは違い偽りのものです。
近年に至、マヤの暦2012年、暦を語る、マヤの神官といった内容で、精神世界の方や雑誌、メディアなどが偽りを流すこともあります。

マヤのことを書いている人の中には、かつてはアレハンドロ氏の弟子の過去があり、師から教わったことを自分の事のように書いたり、様々な情報をメディアへも流している方がいるという現実もあります。
真実は、一つであり、それを知るには、アレハンドロ氏の話を聞くことが一番であると思っています。
私は、アレハンドロ氏と2008年にお会いし、そのことを感じ受け取り、通訳を通して聞いた内容以上に感じ取ったものがあり、その後、過激な報道は偽りであるということを言い続けてもきました。
今回のアレハンドロ氏を日本に迎えるということは、今の偽りの内容をきちんと日本の方々に理解していただくことが出来るという機会でもあり、また、御神事的にも、約束の一つであります。

私自身が、述べている自然災害や政治経済の混乱、戦争の内容は、今の世の中の状況が進んだ未来を啓示にて見せられていることをお話しておりります。
事実、日本という国は、火山列島と言われる島国であり、ここには、4つのプレートが重なり、大きく2つの火山帯が日本列島を流れ、多くの構造線や活断層が流れている地域であります。
そして、北海道から沖縄まで、活火山が存在しています。沖縄にも、火山があります。

このような地の条件から、はっきりと申し上げますと関東大震災、直下型およびプレート型の地震は、いずれ、確実におきます。
東海、東南海、南海地震のプレート型地震も確実におきます。
富士の噴火も確実に噴火致します。
日付や時期を問われましても、いつ起きてもおかしくないということしか伝えられません。
それは、国に問いただしても同じようなことを伝えてくるでしょう。
しかし、いずれ確実に起こります。
地球は生きており、活動しています。そして、その大地の上に、人間が住み、生活の場をもち、様々な施設を作っています。
原子力発電所もそこに運転し活動していれば、福島第一原発同様、事故が起きる可能性が高いと言えるででしょう。
建物は老朽化してゆきます。年月が経てば経つほど、危険性が高くなります。

施設が活動していれば、100%安全ということは、ありえません。
地球は生きて、活動しているということ、前提に考えて行かなけれればなりません。

被害想定は、完璧ではなく、これまで常に、想定を上回る出来事が起きてきています。その都度、想定外のことが起きたということしか言いません。
そして、確実に放射能汚染の被害は確実にあり、個人差はあれども、被爆の体への影響は確実にあります。

政治も、経済も、常に、永久的な安定があるとは、限りません。
昨年、3月11日にあれだけの大災害が起き、原子力発電所が臨海事故を起こしレベル7の大被害、災害となり、世の中は復興へと動く兆しがあります。
いっけん落ち着いていると外見はみえますが、多くの方々が家族を失った苦しみ悲しみ、これからの生活の不安をかかえ、隠しそこで生活をしています。
見た目は、平穏にみえますが、もし今の段階で関東に大地震がおき関東大震災が、現実におきたとするならば、放射能汚染の人体への影響が確実に出てきたならば、そこに、経済の混乱が重なると、国の治安、国としての体制が崩壊してゆくということが続き、国民のいかりが爆発すると、国の維持も難しくなり、そのような状況になれば、第二次世界大戦前の国の状況になるということは考えられるものです。

何をお伝えしたいか、自然災害は確実に起きるものであり、放射能の人体影響も確実に起きてくることでしょう

今、 伝えたいのは、よい気持ちでいれば、なにごとも起きないということではなく。自然は自然で生きているということを受け止め、生きている証として、噴火、地震は確実に起きるということを受け止める。そして、そこに原子力発電所が存在すれば、自然の活動や施設の老朽化などのきっかけで臨界事故はが起きる、そして、政治も経済も混乱、崩壊することもあるということであり、歴史の中で信実であり、だからこそ、自然災害は、おきるということを認識し、心構えをして、自分の身、命、大切な人の命、人生、未来を守り次に繋ぐ。平和ということを忘れずに、冷静な判断を持ち、行動する。
そして、いかなることがあっても、それを、耐え、支え、未来をつくるという強い意思と信念と認識と行動が大切であるということをお伝えしたいのです。

アレンハンドロ氏、エリザベス女史、テ・ポロハウ氏。各自の持っている知識、叡智を聞き、自分の心の中に受け止め、自分の中にて解釈し、これからの人生に活かすもののヒント、教えを身につけていただければと思います。

一人一人がつちかってきた啓示と、世の中を見てきた叡智、善き未来へと変えてゆく叡智は なにものにも代えがたい宝であり、素晴らしい叡智であります。
私も含め、なぜ、外国へも廻り、祈り、そして、伝えるか。
それは、そこに、守るべき命があり、未来があり、未来につなぐ 命があり、生命があり多くの人生と、世の中、平穏と平安と平和を望むからであり。
ただただ、命をまもり、繋ぐという意思と信念であります。

さて、本日、2時に祈り合わせを行います。電波状況がよければ、島根原発付近にて中継を流したいと思っております。
平和、平穏、平安の願い祈りのお力添えをどうぞ、よろしくお願い申し上げます。

比嘉良丸、りか

◆大阪会場:5月20日(日)コベントガーデン
<<5月勉強会:大阪共通申込み先>>

皆様からのお力添えが、未来を繋ぐ支えとなります。
<<賛助会主旨>>
https://sv312.xserver.jp/~inorinowa/inorinowa.org/mirai/shusi20110817.html
<<賛助会申し込み先>>
https://sv312.xserver.jp/~inorinowa/inorinowa.org/mirai/

製造部だより

2012.05.15.09:00

賛助会の皆様には、いつも真心からのお力添えをいただきまして
まことにありがとうございます。
本日、5月15日は沖縄復帰記念日となります。40年を迎えた今も
さまざまな問題を抱えながら現在に至っております。
以前、誌面にてお伝えしました被災地へのマスクフィルター配布の件が
具体的に進みましたので、皆様にご報告させていただきます。
今回の件を通じて、賛助会のかたの真心が、手から手へ、人から人へ
と繋がっていくのを感じます。
このことが、「プロジェクト つなぐ未来 賛助会」として発足しました、この会
の比嘉 良丸 以下 こころのかけはし祈りの和 の当初の意向であります。
これまでの賛助会の皆様のご理解とご協力がなければ、ここまで至るにおよび
ませんでした。あらためまして感謝の意をお伝えします。
ありがとうございました。
マスクフィルター詰め作業 マスク&マスクフィルター お宮にてお祈り

先週末、ZEOマスクフィルター 1枚とマスク 2枚をセットにしたものを500セットを
伊香賀氏を通じて福島県のご有志のかたへ送ることができました。
これもひとえにこれまで被災地支援としてEMS麻炭などの配布、支援活動を地道
に続けてこられた伊香賀氏からのご縁によるものです。
EMS麻炭パウダー EMS麻炭パウダーラベル
  
伊香賀 正直氏(mu dream union 代表)よりメッセージをいただきましたので掲載いたします。
**********
感謝の意 
こころのかけはし祈りの和 賛助会員の皆様、関係者の皆様へ
 
豊かな未来の命を紡ぐ浄財を承り誠に有難うございます。
今回は、EMS麻炭などの配布をご協力頂いているNPO・町役場・ボランティア団体の中より、
福島郡山の元学校の先生を通して多くの方のご協力の元、直接手渡して頂く予定です。 
5月15日の郡山での集会にて配分する運びとなります。 
 
EMS麻炭や魂のマスクを通して 一人でも多くの方の身体や心が深呼吸でき、悦びに包まれる事を
お祈り申し上げます。
 
                              mu dream union  伊香賀正直
**********
当地にてのマスクフィルターの配布の状況等、詳細わかり次第、皆様にはご報告させていただき
ます。
今後とも、賛助会へのご理解、ご協力のほど、どうぞ宜しくお願い致します。
 
平成24年5月15日
こころのかけはし祈りの和
製造部 伊豆 修

more...

いのりのセレモニー通信発行のご案内

2012.05.14.09:38

本日より毎週月曜日、富士いのりのセレモニー便りをお届けいたします。
この便りでは、通常のこころのかけはしメルマガ・ブログでは伝え切れない
富士いのりのセレモニーの詳しい情報をお伝えして参ります。
いのりのセレモニー出演者からのメッセージ、実行委員からの裏話♪
比嘉ご夫妻からのセレモニー開催に籠められた想い。
そして、交通や宿泊、申し込みなどセレモニーに関する様々な情報をお伝えして参ります。
どうか、セレモニー開催直前の最終号まで、おつきあいよろしくお願いいたします。

・・・目次・・・・・・
1.いのりのセレモニーへの想いと伝えられた言葉(1)
2.伝えられた言葉(2)
3.セレモニー情報(いのりの行灯のご案内)
4.編集後記

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

1.いのりのセレモニーへの想いと伝えられた言葉

富士いのりのセレモニー2012実行委員長 高橋 潔

皆様いつもありがとうございます。
私はご不思議なご縁からこのいのりのセレモニーの実行委員長を務めさせていただく事となりました。
いのりのセレモニーとはどんなものなのか、その辺りが少し分かりにくいと思いますので、本日はそのご説明をさせていただきます。
いのりのセレモニーは手短に表現しますと次のようにご説明することができます。

・・・素敵な未来を創り、全てのいのちを未来へと繋ぐ・・・・・・

そのために開催される催しであると云う事が出来ます。

それを大きなテーマとして、そのテーマをどのような行動で表現するのかが次の三つのポイントです。

1.素敵な未来を祈り願うこと
2.人の和を繋ぎ拡げること
3.平和平安へのみちのりを、語り継ぐこと

要約した三つのポイントは次のように解釈されます。

現実世界に生きる人間にとって、いりとは、単に膝を折り願い、手を合わせ念ずることだけではありません。
念ずるだけで済のなら、物質の世界に命を持つ必要は無いからです。

この現実の世界のありさまをどう望むのか・・・

争いや競争に明け暮れる世界に暮らしたいのか?
全ての命が安らかに過ごす世界にしたいのか?

どのような未来を望むのか、それをしっかり心に描き、それに向けてのみちのりを自らが歩むこと。その意識に心をのせること、それが祈りであると啓示は告げます。

つまり、望む未来にとって不必要と思われることを少しずつ修正しながら現状を変えていく。
それは、それぞれの人がそれぞれの立場で日常を通して実現できる事でもあります。

買い物へ行った時に、疲れたレジの方へ明るい笑顔で、感謝の言葉を伝える事。
仕事のプロジェクトがたくさんの生命を尊重したものとする事。
子供への教えが自立に繋がることを大切にする事。

そういった日々の時にこそ未来を変える好機があると感じます。

多くの人が、経済や競争に勝つ優位さによりがんじがらめにされ理想では生きられないと考えます。だから望まない事でもしなければならない。
そう、そう仕向ける必要がある人も少数ながらいるのでしょう・・・

でもそれで良いのか?
大多数の人は、疑問に思っているはずです。

それが大多数の人であると思うのです。
この世界の物やサービス、金融や広告、それらの仕組みを作ったのは人間です。
作った人の思いが形となりそれらが生まれ営まれています。
使う人の為の物なのか、作る人の為のものなのか、それはその思い次第す。
ものに込められる想いが変われば、その形も別物に変わります。
人を傷つける物にも、癒すものにも変わります。
人が本当に未来を夢見て自らを変えれば、それだけでこの世界は変わります。
人が変わらなければ、未来は今の道程の先にしか辿り着くことはありません。
単純な話ですね。

だから、セレモニーでは素敵な未来を心に描いて頂く事を表現します。
そこに向い、自ら歩む姿勢を実行委員それぞれが強く持ちます。
催しのそれぞれにそれぞれが責任と意識を持ち協力し助け合います。

絵を画く人、歌を作る人、祈る人、踊る人、歌う人、舞台を整える人、火の番をする人、食事を提供する人、人々の質問に答える人、それを楽しみに来る人、全てが在り初めてセレモニーが成り立ちます。

セレモニーを創る事と未来を創る事は同じです。

その規模が大きくなるだけ、手を繋ぎそれぞれの利害を乗り越えて助け合うという基本的なやり方は同じです。

そう考えて、不思議な流れでご縁を頂いた山中湖にて私たちはいのりのセレモニーにていのりを表現します。
今は手弁当で駆けつけますが、いずれ、村の人がおにぎりを差し入れてくれるで
しょう。行灯を共に灯し山中湖を灯籠が埋め尽くす時が来るでしょう。
その時には、訪れた人が、村の人やスタッフと共に笑顔の和を咲かせます。
その心は想いのエネルギーとしてきっと山中湖から拡がるはずです。
笑い声は富士を越えて、見えない世界へと届き、その時にこそ、奇蹟の手助けが来るのかも知れません。

私たちは、ひとりでは小さな力、一から十まで出来る人(一十)になる間の存在。
でも、手を合わせれば大きな力になるのです。
その姿は、人の理解を超えた心に届くと思うのです。
ただ待つのではなく、素敵な未来へと道を歩む事。
それが、富士いのりのセレモニーin山中湖の根底に流れる理念です。

千年の後の世界から見た今の世の中はきっと困難な社会と写るでしょう。
その流れの中から、未来を夢見て手を繋いだ人々の想い・・・

千年の後にその想いが繋がるように、いま千年の祭りを創めます。

さて、5月23日に学びの和東京が両国にて開催されました。
その会場での祈り合わせの際に、見えない存在の方々から伝えられた言葉は次のようなものでした。
いのりのセレモニーに籠められた想いを改めて聞かされたように感じます。
※言葉の後には中継しました動画も掲載してございます。

・・・以下、5/12日学びの和東京にて伝えれた言葉・・・

積み重ねられなくなった時には
また一からやり直すであろう
それがまた 重なり続けゆくことによって
再びそれが 一となることがあろう
だが 目に見えているものが全て崩れたとしても
積み上げ、重ねてきたものは
心の中にしっかりと
一段、二段、三段、四段と 重ねられ続けてゆくものである

その段を重ねてゆくことによって
年月が心を豊かにし 知恵を生み
そして次へと繋いでゆくのである
段こそは違えども
その目線、視点 そして思考から
別々の様々なもの達が そまざまなるものを寄せ合い
そしてまた一つのものを 作り上げてゆくのである
これが世の中である
善き未来とはどのようなものなのか その観点からみるもの
どのようにしなければ ならぬのか そのような観点からみるもの
どのように作り上げゆかねばならぬのか そのような観点でみゆくもの
更には
そこから更にどのように繋げゆかねばならぬのか
そう思い 続けゆくもの
その同じ思い
明日へ向かい、未来へ向かい 土台を作り
そしてまたそれを次の命達へと託し続けゆく
それをしっかりと思い 作りあげ続けゆくもの達だからこそ
その思いがしっかりと一つになり
そして次の者たちへと 託しゆくのである
純粋なものを、綺麗なものを残し
そして
次に繋ぎ続けゆく為に 大切なものを残し
そして更にそれを使い続けゆく知恵を残し
しっかりと進みゆく者達だからこそ
その知恵を豊かなるものと 開かせゆき
また次の者たちへと開花さ せゆくように
また託しゆくのである
しっかりと繋ぎゆかれよ
大地に根付いたものならば
この地に何故生まれついたのか
この母なる星に何故いるのか
この地上は ただただ 命を生み出してゆくのではない
この地上にいる者達は皆 しっかりと意味を持って生き続けゆくのである
だからこそ
この時 この地上に生まれてきているのである
繋げ続けゆくことができるからこそ
そなた達はこの星に生を受け そして生きている
またそれぞれの年代だからこそ
その者達がまた次の知恵を生み 次の知恵を使い 知識を使い
そしてまた次の者達へと繋ぎ続けゆくのである
善き道 善き未来 平和 平穏 平安とは
心の底にあるしっかりとしたもの
ビジョンを見つめ未来を 見つめ進み歩みゆくがよい

これが この星に生まれた、生を受けた者の役目である
繋ぎ続けゆくものをしっかりと託し
そして更なる者達
更なる命達が更に心豊かに
そして安心して暮らして行ける世の中を 作り続けゆくがよい

これが 次の者達へと託しゆくものである
そして 密かに古の者達から
今まで託されてきたものなのである
命をしっかりと託し
しっかりとまた意思を託し
星と共に行きゆけ
そしてまた次の未来へと繋ぎ続けゆくがよい


3.伝えられた言葉(2)

今、何をしているのか
今、大地は眠り、命も眠りゆく
命の目覚めは、心の目覚め
命の動きは、心の動き
心の動きは、大地の目覚め
共の行動は、大地を守りゆく
地平線より、遥か彼方から
飛んでくるものでは無し
この地上にて
一人一人が生きていることにより
守りゆかねばならぬもの、多々ある
大切なことは
この地上にあり 地下にあり 天では無し
守りゆくは 道であり 大地であり 天である
導きゆくは  人であり、命であり この星である
見守りゆくは  天であり そして支えゆく この星 海である
生きとし生けるものと共に歩みゆけ
その歩みは共にゆかねばならぬものである
大切なるものは
全てこの地にあり、この星にあり、
天では無し
大事なものは、懐にあり
そして奥深くにある
目覚めよ
今 心の扉をしっかりと開け
眼を、心の眼をしっかりと磨きゆけ
目は口ほどに物を言う
誰が言うた言葉かは判らぬが
それがしっかりとものを言うものであるように
しっかりと目を、心を開きゆけ
覚醒とは
能力  見えぬものを聞く 動かすものはない 超能力とはまた違う
星が一体何なのであるか
自然環境とは一体何なのであるか
この地上にいる、自らが一体何なのであるか
この星と共にある 命とは何なのであるか
ここにいる、一つの命として
何ができゆくのか 気づくことが覚醒である
大事なことを忘れてはならない
命をこの星に下したもの達は全て
見守りゆくのである
手を出してはならぬ、全て のもの達をしっかりと
見守りゆくこと
導き手は一人一人にある
守り手もまた一人一人にある
見守りゆくもの、手を出してはならん
大地は全てを見守りゆく、そして支え
命を繋げゆくものである
大地と共に、星と共に歩みゆけ
決して見失ってはならぬ
この星は共にありゆくもの
命は へその尾をこの星にしっかりと繋がっているのである
母と共に 大地と共に この星と共に
歩め 子らよ
生きゆけ
この星と共に進みゆくがよい
母なる大地と共に歩みゆくには
何ができるのか
命の子らとして
この母なる地球に
何ができ得るのか
己の心をしっかりと見つめ、そして磨き、
進みゆくがよい
大切なる道、忘れてはならぬ
大切なる命、見失ってはならぬ
大 切なるこの星、失ってはならぬ


****
比嘉りか氏の解説

今、大切なこと、ものを知らせようと見えない方々が伝えてきています。
それは、今気づくことによって未来を大きく変える事が出来るからかもしれません。
そしてまた、忘れたまま進んでしまっては、作りたい未来も作れないという事を伝えてきているのではないかと感じます。


命の和のボランティアの方が日々の祈りをまとめてくれましたネットブックです。

ネットブック『人の子らよ 其の一』 ¥500
ご購入はこちらから

∽∽∽∽∽

3.セレモニー情報
いのりの行灯のご案内

本日は、いのりのセレモニーの関連催事のいのりの行灯に関しての情報です。
いのりの行灯とは、年々にテーマを決め多くの方々からの想いを集め、行灯にしたため、山中湖の湖畔にて灯し、その人びとの想いを天地に奉納する事を目的に開催されます。
今回は、いのりの行灯の運営を担当するチームからのお話をご紹介いたします。

本日は私達、行灯運営担当から、いのりのセレモニーの夜、山中湖畔にて、人びとの想いを大地と空へ奉納する行灯をご案内させて頂きます。

平成24年5月7日
富士いのりのセレモニー2012実行委員会 
いのりの行灯運営チーム一同

私達いのりの行灯運営チームは、行灯の製作を担当しております。
メンバーのほとんどが、この様な製作作業に関しては素人であり、作業を進めるに当たっては戸惑いの連続ですが。少しでもセレモニー開催や善き未来への力になれればと、学びの和にてご縁を頂いたチームの皆さまと一丸になり作業を進めております。

日頃、このメルマガやミロク大社webサイトをご覧頂いている皆様も、中々学びの和への参加、セレモニーへの参加が難しい方も多い事と思います。
けれど皆様の、平安な世の中、素敵な未来を望むお気持ちは、皆同じと思います。
そこで、皆様のお気持ちを、メッセージと言う形にし、行灯にしたため、奉納させて頂きます。

いのりの行灯とは・・

善き未来を願う人にセレモニーに直接参加出来なくとも、何らかの形で参加して頂きたく、その道を検討した結果、行灯の奉納と云う形が出来ました。

セレモニーを千年の祭りとするために、多くの人が容易に参加でき、尚かつ それが目に見える形で実行される方法を行灯としました。
もともと山中湖では灯籠流しが古くから実施されていた様で、行灯奉納という形で復活すると言う事に、意義を感じます。
(今回のセレモニーに当たり、地元の皆様に大変ご協力頂いています)
行灯の奉納が村全体の行事として行われる事が村全体の和、村と訪れる人の和、人と自然の織りなす和、そういったものに拡がってくれれば、善き未来への歩み となると考えます。

行灯についての詳しい説明は、下記に有ります。

是非、ご閲覧頂ければ幸いです。

http://inorinowa.org/ceremony/andon

ご自分のお気持ちを、メッセージにしたためる作業の中、ご自身の望み、希望、祈りをしっかり見詰める機会としても、良いものかと思います。

いのりの行灯  1,000円/1基

・・・行灯の受付・・・・・・

通常はサイトで申し込みのうえ、振込ですが、今回セレモニーまでの学びの和東京 学びの和 大阪では、会場で直接申し込み受付させて頂きます。

会場では実際に行灯の見本を見て、選んで頂くことが可能です。メッセージ入力は、灯担当が行いますが、当日は会場に行灯の用紙やペンを用意しておりますので、ご自身のこころをこめた想いを自筆にて書き込んで頂く事が可能です。
お気軽にお申し出下さい。

メッセージは当日お預かりしたいのですが、後日公式サイトからメッセージを添えてお申し込み頂く事も可能です。

※その場合備考欄 に勉強会受付済みの旨明記願います。

お振込み等の手間も省けますので、学びの和参加の折は、是非ご検討下さい。
ご家族で1基、ご夫婦で1基、お一人お一人で1基など、複数申し込みいただく事も可能です。色とりどりの行灯が山中湖湖畔に灯り、善き未来を願うこのセレモニーに彩りを添えるため、皆さまの応援を行灯担当一同お待ちしております。

お金の掛かる事で申し訳有りませんが、皆様ぜひ、ご検討頂ければ幸いです。
有り難うございます。

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

4.いのりのセレモニーボランティアスタッフご協力のお願い

富士いのりのセレモニー実行委員会では、セレモニーにてお手伝い頂けます、
ボランティアスタッフを募集しております。
会場の設営から、受付、舞台管理など沢山の方のお力添えが必要です。
このセレモニーの想いに賛同頂き、何かをやってみたい!そうお考えの方、是非、お力添えをお願いいたします。

↓詳しくは、公式サイトスタッフ募集ページをご覧下さい。
http://inorinowa.org/ceremony/staff/

*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*
: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:
 ***編集後記******

今この星が大きな変化の時を迎えている、感覚的にそれは分かる。
でもその変化が急激であると一番弱い部分に力が集中する。
古より人間は知能も体力も大きく進化を遂げたと思う。
でも、ひとつ肝心なものが変わっていない。
それは心というもの、文字通り肝は心でした。
人の心がこの星を包み込む程に大きくなれば、この変化の時も穏やかに進むのだと感じる。
だから、沢山の方とともに、このセレモニーを創りたい。
それが今の気持ちですね。このメルマガの発行も同じ気持ちで取り組ん
でます。とにかく、セレモニーまで頑張ろう♪

担当:そらのさん太
____________________________:
*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*

富士いのりのセレモニー公式サイト
http://inorinowa.org/ceremony/

富士いのりのセレモニー便り

発行:いのりのセレモニー実行委員会 
編集:高橋 潔

昨日はありがとうございました&日々の祈り

2012.05.13.11:36

新暦5月13日(旧暦閏3月23日 戌)

いつも真心のお力添えありがとうございます。
日々の祈りの際に伝えられました言葉をお伝えさせていただきます。

大切な何かを 忘れてはいまいか
ありがたみを 感じてはいないのか
この星は 永遠のものではない
だが 人の子と同じように
大切な手当てをすれば
共に生き行くものである
それには 何が必要か
それには 何をするべきか
忘れては ならない
共に 生きている事
命というものと 共に
生きているという事を
忘れてはならない


昨日は、東京勉強会にお越しいただきまして本当にありがとうございました。
祈り合わせは、当初予定しておりました時間よりも遅れてしまいましたが、中継させていただきました。真心を寄せてくださいました方々本当にありがとうございます。

日々、様々な事が起きておりますが、それでも、今ここにいることは、この世の中を変化させることが出来るからこそいるのかもしれません。
日々の時の中に埋没してしまい、忘れてしまっていたことを再び思いだし、安心して暮らしてゆける世の中へと過ごすことが出来ますよう共の歩みをお願い申し上げます。

※※5月28日に大国ミロク大社の大祭になります陰陽祭があります。
この度、この陰陽祭に合わせお守りを企画いたしました。
自らの内の調和とバランスを願い祈り、個から全へと広がるように願い作りました。数に限りがございますが、ぜひお持ちいただき、一人一人の内側の調和から広げられることを願い祈りいたまます。
↓お申し込みは下記の画像をクリックしてください↓
inyang_b_20120424142457.jpg

日々の祈り

2012.05.12.08:00

新暦5月12日(旧暦閏3月22日 酉)
いつも真心のお力添えありがとうございます。
本日、日々の祈りの際に伝えられた言葉をお伝えいたします。

多くの流れに 巻かれようとも
足元 土台がしっかりとしていれば
見失うことなく 進みゆけよう
信じる心が伴えば また
確かなものとなろう


本日、東京学びの和となります。夫とイオン・アルゲインさんとの対話となります。
イオンさんの聖書の暗号からの観点と夫の啓示的な観点との合致、また相違、そして

深く理解することができる場となります。まだ若干のお席が残っておりますので、ど

うぞ、ご参加くださいませ。

◆東京会場:5月12日(土)KFCホール
◆大阪会場:5月20日(日)コベントガーデン
<<5月勉強会:東京・大阪共通申込み先>>

※※神戸・東京・札幌講演会
6月10日(日)神戸、6月20日(水)札幌、6月23日(土)東京と来日されています、アレハンドロ氏、エリザベス女史、テ・ポロハウ氏の講演会があります。
今回、アレハンドロ氏のお話を通常ですとスペイン語~英語~日本語と訳すものを、スペイン語~日本語と訳し、出来るだけ内容を変化させずにお伝えすることとなっております。
今年2012年、マヤの予言や言い伝えにおいていったいどのような内容なのか、実際に、暦をつかさどっている方から、真実のお話を伺うことができる機会です。南米だけではない、日本だけでもない、世界の未来についての内容になります。また、エリザベス女史には、女性の方の役割の大切さをお話していただけます。テ・ポロハウ氏は、自らの役割、水に関するお話をしていただけます。
お三方が同時に集まるということは、なかなかありません。この機会に、ぜひご参加くださいませ。
お席に限りがございますので、お早目のお申し込みをお願いいたします。

下記の写真を↓クリックしてください。申込みサイトへ変わります。

khoenkai_20120509131355.gif

日々の祈りとご神事について

2012.05.11.19:57

新暦5月11日(旧暦閏3月21日 申)
いつも真心のお力添えありがとうございます。
日々の祈りの際に伝えられました言葉をお伝えさせていただきます。

残し行くもの 正し行くもの
変化させゆくもの 磨き行くもの
更なるものへと繋げ行く道
更なる道へと進みゆく勇気
持ちゆけ 兼ね備え行け
育てゆけ 歩みゆけ
それは 未来をつくるもと
繋ぐ未来を 作りゆけ


夫からお伝えすることがありまして、下記に記載させていただきます。

***
4月30日から始まりましたご神事ですが、北海道を除く東日本側を昨日東京都、江戸川河口で軸結びの御神事の祈りを行いました。
4月30日に、羽田空港で妻を沖縄に送り、その後、東京湾、海ほたるで、東京湾全体、神奈川県・東京都・埼玉県・千葉県・その奥の内陸側の祈りを行い、次に湾内から外海に向かい祈りを行いました。
その時に祈りました内容は次のようになります。
1・内陸側で起きる可能性がある直下型地震の小難無難
2・放射能汚染から山々・土・森木々・湖・川・海・魚貝類・哺乳類・爬虫類・昆虫類・鳥類・
・その他・人類といったすべての命と生態系を守り未来へ結ぶ繋ぐ祈り
3・感染病・伝染病から土・動植物・人類を守り未来へ結ぶ繋ぐ祈り
4・梅雨の酸性雨から・山、土、森、湖・川、その他、自然環境被害から守り未来へ結ぶ繋ぐ祈り
5・政治経済の混乱等から紛争・戦争等に移行しないように祈りました
まずこの様に、全体的な今まで受けた啓示に合わせて、色々な内容を祈ります。
本来は先に啓示やビジョンを受け、その受けた内容を確認し、どのような事がこれから起こるのかを確認し、その小難無難、平和への道のりのお祈りをいたします。

まず海ほたるにて、祈った後に移動し、石川県能登半島へ向かいました。
途中、高坂PAにて、啓示・ビジョンが降りて、改めて今後起こり得る状況を伝えられてきました。
その啓示で改めて私が祈り行わないといけないことをしっかりと知るために、今度は、そこでまず地球の内側、息吹きを感じようと意識をします。
そうすることによって東京湾の房総半島沖の太平洋フィリピンプレートの重なり目、そしてそのプレートトラフの動き、溜まっているエネルギーの動きを感じ、それが動いた時に、どのような状況になるのかを強く意識しました。

そのときに、様々な状況を改めて多くの存在から伝えられてきます。

例えば、プレート型地震が起きたときに、どこからどこまでの範囲でどのような揺れが起き、そして、津波の範囲、また、高さがどこまでの範囲で発生するのか、どこまでの範囲まで被害を及ぼすかという情報を伝えられてきます。
今回の東京湾で例をいうならば、東京湾の入口にて、両方のトラフのずれが起きた時は、一つは、北へ東日本太平洋に沿ってずれ、再び大きなプレート型地震が起きる可能性がある。
そして、三浦半島から、伊豆半島周辺にておきる東海地震と言われているものがありますが、上記の動きによって、まず、余震一回の大きな地震が起きます。 これは、南海トラフに連鎖伝達すると共に、いっきに日本列島の東、太平洋側のプレートへも連鎖伝達し、かなりの大きな範囲へのプレート型地震と津波を誘発するおそれがあると伝えられてきました。更には、その大きな地震は本格的な東海地震ではないということも伝えられました。

そして、改めて東京周辺と東京湾を見ると、このプレートの地震で関東の広い範囲で長時間の地震の揺れが起きる。それは、10分から15分というかなりの長い横揺れが起きる可能性があると伝えられました。
しかし、そこで怖いのは、そのプレートのずれにより東京湾には、その海底地下から江戸川に沿って埼玉を経て群馬へと繋がっている活断層があり、それが刺激され直下型の地震が動く、日本列島の中央を走っている中央構造線を刺激し火山活動が那須から西日本へと活発になると伝えられてきました。

この動きが起こると東京は、長時間横揺れに晒された建物が、次に直下型の縦揺れにさらされることになり、建物の崩壊へとつながる。
そしてこの時、東京湾内では、プレート型の地震で湾内へ入ってきた津波が、5回に渡って出入を繰り返す。
その津波は、まず神奈川・横須賀・千葉・富津市といった岬半島にぶつかり、そこで津波が大きく横須賀あたりの方へ進路を変え、引き波に新たしい波が、ぶつかり三角波が発生し、東京湾に複雑な津波の進路を作り出す。
富津にぶつかり、横須賀にぶつかり、それぞれにぶつかった波が東京湾内に様々な波を作り出す。
このような複雑な波が、東京湾では発生するが、東京湾の怖さはプレート型が起きたあとの約3時間から4時間後となる。
東京湾から繋がっている活断層がズレたことによって起きた津波の被害と、直下型の揺れで誘発され発生した津波とで、東京湾の中はゆりかごのような状態になり、長時間の複雑な津波を発生しながら、想定以上の考えれれない範囲に津波被害をおよぼす事になる。
プレートと、直下との揺れにより地盤沈下も起き、津波の被害と建物の崩壊といったかなりの被害がもたらされる可能性があると伝えられてきました。

相模湾でも、同様の津波と揺れの被害がおきたあと、この揺れは、熱海や今回啓示で伝えれている真鶴などの周辺から富士山へ上がっている活断層を刺激し。箱根や富士の奥深くに寝ているマグマ溜まりを刺激し、富士山の原型が一気に無くなるほどの噴火を誘発し土砂崩れが発生する。そうなると、御殿場・三島・富士川・富士市・富士宮といったかなりの範囲で土砂崩れの被害が起きると伝えらえてきました。

海から津波、山から土砂崩れにはさまれるというビジョンを見せられています。

ただ誤解しないでいただきたいのですが、これは、一番最悪の自然災害の連鎖伝達のビジョンの一部であり、東京・相模湾・富士山に焦点をあててみた場合の一部であり、これらとは異なる動きが他にもあり様々なパターンで、自然が動く状態を見せられています。

私は、一番良い形で、どのような自然の流れにするかということを願い祈る御神事を行っています。
多くの場所で様々な分散分割し、流れを善き方向にする為に様々なパターンを考えて仕組み創りをします。
それが全国を御神事して回る意味合いがあります
一か所ですべての溜まっている力を吐き出させるのではなく、繋がっている様々な場所にて分散分割することによって、大難が小難、無難へとつながりゆきます。

その為、日本全国にある地震・火山を組み合わせ、出来る限り最善の未来への良い流れにすることが出来ないか行うことも御神事の流れの一つであります。
それは、自然災害に関してでありますが、これはと別に、地震が起きた時の連鎖として、今回の福島の様に原発・化学工場の事故を伴うこともあり、それに対するかなりの状況を見せられており、これもまた未然に防ぐような状況を作ることが出来るよう祈り回ります。

世の中もこのような状況が起きる時には、目に見えない波動で世の中政治や経済も影響され、そのような不安定な時に上記のような事が起きると、一気に政治経済が崩壊し、その動向は紛争や戦争への流れが出来、止めることが出来ずに進むことととなります。

最悪の時には、最悪の連鎖が起きますが、その流れをどのように変化させるか、良くする方向への御神事はどこで祈ることが良いのかということを判断し、御神事や祈りの内容を決断してゆきます。

色々なパターンの回避改善を行う為の情報が、入交って入ってきますので、その優先順位を決断し判断しながら、それぞれの場所、各地の特性や環境地域性に合わせて御神事を行ないます。

戦争や政治経済に関しては、過去に起こった歴史、そして、現在の状況と照らし合わせながら、同じような乱れが起きないように祈りゆきます。
そして逆に、過去に良い回避方法が行われたならば、それを促進し善き流れになるように祈りをし、その地域の神社へと祈り仏閣を祈るという事を行います。
すべての起こりうる要因を想定して、様々な仕組みづくりしてゆくのが、御神事の大きな意味合いになります。
今回明日の勉強会では、東日本を祈り回って出てきた啓示、これから起こり得る内容を回避する為にはどの要したらよいかという内容をお伝えしたいと思っております。

比嘉良丸、りか

※※5月12日(土)東京。5月20日(日)大阪にて学びの和を開催いたします。お話の内容は「自然環境と富士の噴火について」という内容で、お話します。イオン・アルゲイン氏との対談形式にして、今回のサハリンでのご神事の関連も踏まえてお話させていただきます。
参加申し込みの方は、下記までご連絡くださいませ。

◆東京会場:5月12日(土)KFCホール
◆大阪会場:5月20日(日)コベントガーデン
<<5月勉強会:東京・大阪共通申込み先>>

※※神戸・東京・札幌講演会
6月10日(日)神戸、6月20日(水)札幌、6月23日(土)東京と来日されています、アレハンドロ氏、エリザベス女史、テ・ポロハウ氏の講演会があります。
今回、アレハンドロ氏のお話を通常ですとスペイン語~英語~日本語と訳すものを、スペイン語~日本語と訳し、出来るだけ内容を変化させずにお伝えすることとなっております。
今年2012年、マヤの予言や言い伝えにおいていったいどのような内容なのか、実際に、暦をつかさどっている方から、真実のお話を伺うことができる機会です。南米だけではない、日本だけでもない、世界の未来についての内容になります。また、エリザベス女史には、女性の方の役割の大切さをお話していただけます。テ・ポロハウ氏は、自らの役割、水に関するお話をしていただけます。
お三方が同時に集まるということは、なかなかありません。この機会に、ぜひご参加くださいませ。
お席に限りがございますので、お早目のお申し込みをお願いいたします。

下記の写真を↓クリックしてください。申込みサイトへ変わります。

khoenkai_20120509131355.gif

日々の祈り

2012.05.10.10:42

新暦5月10日(旧暦閏3月20日 未)

いつも真心のお力添えありがとうございます。
本日、日々の祈りの際に伝えられました言葉をお伝えさせていただきます。

見よ 目の前を
見よ もっと先を
大切なもの知りたくば
その身近なるものから
大切にせよ
それは 自身を支えるもの
まずは 立つ位置からの出発
支えは 大切なるものなり

本日、夫と合流します。まずは海ほたるへとまいります。
それは、東京湾から陸を見て、外からの災いが入り込むことがなきようにと願い祈り、また、陸地にて災い小難無難となるように、幸、平和 広がりゆくこととなるようにと願い祈る為でございます。
経済、政治の中心となっている場所でありますことから、やはり平和への未来の為には、大切な場所となります。

本日も、真心のお力添えのほどをよろしくお願いいたします。

比嘉良丸、りか

※※5月12日(土)東京。5月20日(日)大阪にて学びの和を開催いたします。お話の内容は「自然環境と富士の噴火について」という内容で、お話します。イオン・アルゲイン氏との対談形式にして、今回のサハリンでのご神事の関連も踏まえてお話させていただきます。
参加申し込みの方は、下記までご連絡くださいませ。

◆東京会場:5月12日(土)KFCホール
◆大阪会場:5月20日(日)コベントガーデン
<<5月勉強会:東京・大阪共通申込み先>>

※※神戸・東京・札幌講演会
6月10日(日)神戸、6月20日(水)札幌、6月23日(土)東京と来日されています、アレハンドロ氏、エリザベス女史、テ・ポロハウ氏の講演会があります。
今回、アレハンドロ氏のお話を通常ですとスペイン語~英語~日本語と訳すものを、スペイン語~日本語と訳し、出来るだけ内容を変化させずにお伝えすることとなっております。
今年2012年、マヤの予言や言い伝えにおいていったいどのような内容なのか、実際に、暦をつかさどっている方から、真実のお話を伺うことができる機会です。南米だけではない、日本だけでもない、世界の未来についての内容になります。また、エリザベス女史には、女性の方の役割の大切さをお話していただけます。テ・ポロハウ氏は、自らの役割、水に関するお話をしていただけます。
お三方が同時に集まるということは、なかなかありません。この機会に、ぜひご参加くださいませ。
お席に限りがございますので、お早目のお申し込みをお願いいたします。

下記の写真を↓クリックしてください。申込みサイトへ変わります。

khoenkai_20120509131355.gif

日々の祈りとご神事の状況

2012.05.09.10:02

新暦5月9日(旧暦閏3月19日 午)

いつも真心のお力添えありがとうございます
本日日々の祈りの際に伝えられました言葉をお伝えさせていただきます。

今 大切なもの 明日 大切なもの
未来において 大切なもの
何を残さねばならぬのか
何を繋がねばならぬのか
有形無形 繋ぐものあり
今 繋ぎ 残せよ

本日、夫より伝えられましたことを記載します。

**夫とより現在の状況**

お早うございます。
7時15分:先程、朝の祈り終わりました。
今日、16時30にお宮から、中継にて妻からの祈り合わせ行います。ユーストリームでの動画配信を行いますので、皆様もどうぞご一緒にお祈りくださいませ。

昨日、千葉県・犬吠埼・房総半島先端・野島崎・洲崎・海ほたる・神奈川県三浦半島先端の島・城ヶ島・静岡県・熱海錦ヶ浦を周り、現在・伊藤市・道の駅伊藤マリンタウンで仮眠取り、その後、そこか海に向かって祈りを致したました。
これから、伊豆半島の先端近くの弓ヶ浜・奥石廊崎まで行き、一旦、再度仮眠を取ったあと祈りを致します。
その後は、富士川河口・水が塚・神奈川県・芦ノ湖・東京都・江戸川河口まで移動しながら祈りを行います。
今回の、御神事内容は、一旦東京まで終えたあと勉強会でお話しさせていただきまして、その後書き込みでお知らせすることも予定しております。

伊豆の道の駅にて 伊豆の道の駅にて 伊豆の道の駅にて2

※※神戸・東京・札幌講演会
6月10日(日)神戸、6月20日(水)札幌、6月23日(土)東京と来日されています、アレハンドロ氏、エリザベス女史、テ・ポロハウ氏の講演会があります。
今回、アレハンドロ氏のお話を通常ですとスペイン語~英語~日本語と訳すものを、スペイン語~日本語と訳し、出来るだけ内容を変化させずにお伝えすることとなっております。
今年2012年、マヤの予言や言い伝えにおいていったいどのような内容なのか、実際に、暦をつかさどっている方から、真実のお話を伺うことができる機会です。南米だけではない、日本だけでもない、世界の未来についての内容になります。また、エリザベス女史には、女性の方の役割の大切さをお話していただけます。テ・ポロハウ氏は、自らの役割、水に関するお話をしていただけます。
お三方が同時に集まるということは、なかなかありません。この機会に、ぜひご参加くださいませ。
お席に限りがございますので、お早目のお申し込みをお願いいたします。

下記の写真を↓クリックしてください。申込みサイトへ変わります。

khoenkai_20120509131355.gif

製造部だより

2012.05.09.09:00

いつも真心のお力添えまことにありがとうございます。

沖縄では、4月下旬に梅雨入りしましたが、5月に入りうりずん(若夏)のさわやかな天気が続きました。
今回の報告といたしましては、麻炭、EM菌培養にご指導いただきました、
伊香賀 正直 氏 (mu dream union 宮古島産業用HEMP促進プロジェクト代表)
が進めております被災地支援(現在、こころのかけはし祈りの和 プロジェクトつなぐ未来 賛助会として毎月、賛助会の皆様からの真心を、麻炭として被災地の方に無料配布しておられます。)の協力を得て、今回は、自社で作ったマスクフィルターと「Enjoy Hemp Life ! 麻福」様よりご提供いただきましたマスクを2枚セットにしましたものを500個、被災地にかたへの提供を進めているところであります。賛助会のかたの気持ちが形となりましたあかつきには、あらためまして皆様にご報告いたします

以前、ブログの誌面にてお伝えいたしましたが、工場裏の土地に家主さんの理解を得て、沖縄の島大豆をテストで植えています。1つの畝には、麻炭を入れました。
今の結果といたしましては、伸び方にだいぶ差がでています。

これから、引き続き製造部だより、みろくファームだよりとして皆様には、ご報告させていただきますので、これからもご理解、ご協力のほど宜しくお願いいたします。

平成24年5月吉日
こころのかけはし祈りの和
製造部  伊豆 修

学びの和と6月のセレモニー

2012.05.08.20:28

本日、お昼頃、夫からの書き込みをいたしましたが、この度の東京勉強会、そして、大阪勉強会は、夫も伝えておりますように6月のセレモニーへ向けての大きな意味合いがある学びの和となります。
学びの和を行うことも、また、セレモニーを行う事も、未来へ繋ぐ行動の一つになります。
私達がお伝えできますのは、夫に見せられている現状のままであれば、迎えるであろう未来をどう回避することが出来るかということに他なりません。
お伝えすることによって、皆様の意識が善き未来へと向ける事が出来るように、そして、その希望を失わず、叶える為に行動を起こすことが出来るようにと願いお伝えさせていただいております。

今、「今」を見つめなければなりません。そして、未来につなげる道を多くの方々で見つけなければなりません。
今回の勉強会は、イオン・アルゲインさんとの質問形式になります。
また、皆さんからの質問も答えらえれる内容であればお話ししたいと考えています。
聖書の暗号は、古の方々が残してくれた、後押しだと思います。善き未来への想いを込めて、残されたものであり、そこには智恵が詰まっています。
マヤの長老を迎えるこの年に、改めて多くの方々の意識が平和の未来へと向けられることを願い祈りいたします。

※※5月12日(土)東京。5月20日(日)大阪にて学びの和を開催いたします。イオン・アルゲイン氏との対談形式にして、今回のサハリンでのご神事の関連も踏まえてお話させていただきます。見えない世界からの現状をお伝えしたいとも思っております。ぜひご参加くださいませ。
参加申し込みの方は、下記までご連絡くださいませ。

◆5月12日(土)東京会場:KFCホール
◆5月20日(日)大阪会場:コベントガーデン
<<5月勉強会:東京・大阪共通申込み先>> 

                         沖縄夕日     

日々の祈りとご神事の状況について

2012.05.08.12:15

新暦5月8日(旧暦閏3月18 巳)

いつも真心のお力添えありがとうございます。
本日日々の祈りの際に伝えられた言葉をお伝えさせていただきます。

乗り越えてゆくもの
一段一段遠くとも
一段一段越えてゆけ
更なる道は その先に
繋がる道は その先に

本日も、夫より連絡がありましたので、下記に記載いたします。

**夫からの連絡**

先程、本日8日朝6時22分に犬吠埼の祈りを終えました。
5日宮城県女川原発を18時30分ごろに祈りを終え、福島県猪苗代湖に向い6日の深夜1時過ぎに着き、5時まで祈りました。2時間ほど仮眠を取りその後、栃木県日光・二荒山神社に向い、途中、那須岳によりたかったのですが、体力的にも難しかった為、あきらめて高速の那須高原サービスエリアで祈り二荒山入り改めて時間をかけ祈りました。
最初は外で祈りましたが、さすがに、あの悪天候で長時間、外での祈りは今の私の体力では無理な為、途中から車の中で祈らせていただきました。本来、茨城県筑波山を祈る予定でしたが二荒山で長時間かかり、また、啓示により変更がありましたので東海第二原発へ行きそこから千葉県犬吠埼参りました
今回、北海道を予定変更するように啓示があり、東北・北関東・その後は千葉半島先端から神奈川県三浦半島・静岡県石廊崎・芦ノ湖・東京湾を祈り回っております。
10日の午前中までに祈り、その日の午後、妻を羽田空港で迎える予定です
今回、アレハンドロ氏・エリザベス女史を迎えるための御神事と、更にこの日本の状況を伝えられ、自然災害をはじめ、これから起きる可能性ある色々な出来事を良き悪きを見極めながら御神事を精神集中して行わなければならず、気を引き締めていかなければと思っております。
私自身、出血がやっと止まりましたが、未だに下腹部の具合がイマイチで、5日の午後からあまり食事が取れずにいるためペース配分を考えなら行なっています。
不思議なことですが、世の中で何らかの出来事がおきる時や災いが起きる前兆として、私は、お尻から出血やたんに血が混ざったりします。今回もこような現象です。
地震が起きる前や世の中が混乱の前触れとして、洪水や暴風・竜巻といった現象も起きたりします。
啓示内容をイオン・アルゲインさんに一部伝えて聖書の暗号と照らし合わせていただいておりますので
今回の、東京勉強会の内容はイオンさんの聖書の暗号に基づいてイオンさんに質問に答えていく形をとります
また、みなさんの質問にも答えることの出来る内容にはお答えしていくようにします。
多くの方々にこれかの日本の状況を知っていただきたく思っております。
どうか、多くのご参加くださると幸いです。
最後に、大変恐縮ですがどうか、今後の御神事の力添えとご支援の程どうかお願い申し上げます。

比嘉良丸、りか
犬吠埼にて1 犬吠埼にて2 犬吠埼にて5 犬吠埼にて3 犬吠埼にて4
※※5月12日(土)東京。5月20日(日)大阪にて学びの和を開催いたします。イオン・アルゲイン氏との対談形式にして、今回のサハリンでのご神事の関連も踏まえてお話させていただきます。見えない世界からの現状をお伝えしたいとも思っております。ぜひご参加くださいませ。
参加申し込みの方は、下記までご連絡くださいませ。

◆5月12日(土)東京会場:KFCホール
◆5月20日(日)大阪会場:コベントガーデン
<<5月勉強会:東京大阪申込み先>>

日々の祈りと6月のセレモニーについて

2012.05.07.09:37

新暦5月7日(旧暦閏3月17日 辰)
いつも真心のお力添えありがとうございます。
本日、日々の祈りの際に伝えられました言葉をお伝えさせていただきます。

命を続ける為に この地があり
共存している 大地に上にて 
多くの命と そして この地球と
共にいる事を 忘れてはならない
繋がりを 忘れてはならない


****
夫より、6月のセレモニーについての内容が伝えられましたので、下記に記します。

**夫よりの連絡**

マヤ族の最高長老ドン・アレハンドロ氏は元グァテマラ政府先住民代表大使として、また神官及び長老として世界中を周りマヤの予言・マヤの暦に関する事の真実を語り伝えると同時に、少数民族や土着民族等あやゆる民族・国の調和と共に宗教の調和もたらす平和活動を行なっておられます。
エリザベス女史は、叡智を伝えるグランドマザーとして、世界中でこれから女性が世界に、世の中に、未来に果たす役割、意味を伝えると共に平和活動や自国の子供達への義援活動を行なっております

ニュージーランドからワイタハ族長老テ・ポロハウ氏に関しては、私自身今回初めてお会いしお話をする機会を頂けた事、大変嬉しく楽しみにしております

ワイタハ族長老テ・ポロハウ氏ですが、以前からアレハンドロ氏との会談と親睦をはかりたいと要望去れておられるということで、テ・ポロハウ氏と交流のある中谷順子さんの計らいで、今回急遽来日が決まり、この度の、ご神事に参加されることになりました。

今回の御神事は以前にもお伝え致しましたが、いにしえからの決まりごと、この星地球が生まれ変わり新しく時を刻もうとするとき、東からマヤの神の使いが訪れるだろう。
人種・宗教の調和・命の仕組み循環{宇宙・自然・生命}人類との調和と和合。古からの叡智を新しく生まれ変わる星地球・新しい叡智との調和和合の第一歩が始まる。と啓示にて伝えられてのが今回の御神事です
*2008年3月10日沖縄で浅川義冨氏のお力添えで初めてアレハンドロ氏とエリザベス女史とのご神事を行う事ができました。また昨年の10月にはグアテマラでのセレモニーに参加させていただき、その流れから今回の御神事となります。
2008年・2011年の際も御神事を行う前、事前に日本列島を縦断しながら祈り、御神事後も同じく日本列島を周り繋ぐ御神事を行いました。
その際、アレハンドロ氏との御神事の前には、まず本州を八の字描くように、右回りに移動ながら迎える御神事を行い、後は、結びの御神事として左回りおこない、縦断しながら祈り移動してゆきました。
北海道・九州はその逆で、先に右回り後に左回りでお迎えと結びの祈りを廻りました
今回も、同じように行っております。
この日本で繋ぎ結びのしっかりとした御神事を行うことが出来る為にも、アレハンドロ氏、エリザベス女史、テ・ポロハウ氏をお迎えする前に行なっております。もちろん、御神事の後にも、それからの繋ぎの御神事を回ることになります。

皆様も御存じのように、日本は、世界の雛形と言われます。今日本で抱えている問題、自然災害・環境・政治・経済・教育・福祉・人権・宗教・その他あらゆる問題がうごめいており、それらを回避・改善・進化させていく事が今後の世界の未来を良きものにすると伝えられております。

10月にグアテマラで予定されております、セレモニーの際も同じく前後に祈りの縦断をおないます。
御神事の前には、各聖地へお迎えのご連絡と共に、その御神事、祈りが次の未来へと善き繋ぎが出来るように、神々へ精霊達へと協力を願い祈っております。
御神事後に日本を回りますのは、御神事に際しご協力いただいた事の感謝、また、御神事についての報告も兼ねております。そして、次に繋いでゆく為に、またご協力を頂きたいという事を繋ぎゆくことによって、各聖地との結びが強くなり、その協力も大きなものとなってゆきます。更には、御神事が行われたことによる未来の変化も伝えられることもあり、やはり、外国の方をお迎えしての御神事には、大きなエネルギーが動くことと考えております。
それは、外国から戻ってから日本を回り結ぶ御神事も同様であり、世界は繋がっているということをひしひしと感じることでもあります。

さて、各地でお祈りをしてますといろんな情報をいただきます。自然災害・事故災害・経済については、以前から今年6月~9月に円高74~72円台、最悪の場合70円台を切り68円台まで上がると言われてきました、ですが、実際に円が高騰する可能性が高いようです。
原因は不明です。ですが、これにつられて株もあがるようです。日本の株があがり、円高が進むということを伝えられています。しかし、この状態は実際におきてはならない状態であるとも伝えられています。
この状態が起きてしまうと、その先は、それ以上の恐ろしいことが起きるという事、その為にも、この状態は回避すべき出来事であるということを強く伝えてきています。

他には、感染病の要因やなどを伝えられ、それについての回避・改善策を教えていただいておりますが、昨日、女川原発に向かう途中未だに残る地震・津波の痛々しい後みると苦しい思いが込み上げてきます。
また、地震での地盤沈下の状況が昨日よくわかりました。昨日、満潮時間近い時間帯を見ると深刻さがはっきりとわかり現地の方々の心境は、計り知れないものであるという思いに立たされます。
被災に合われ心の傷を背負いながら、現在の生活環境、放射能汚染問題などと抱えながらの生活。一年過ぎても未だに深刻さは変わらないと震災後に来るたびに私は感じます。
当初、昨年3月11日は女川原発近くの漁港裏手の海で祈る予定が、北海道での祈りに変わり。その日は、北海道から青森に渡るフエりーのなかで地震にあいました。
これにつていは、私自身も未だに色々な思いがありますが、今、私ができることをやり続けるしかできません。
できる限りやり続けてまいります。
大変恐縮ですがどうか、今後ご神事へも皆様からのお力添えと御支援いただけますようお願い申し上げます。
女川原発1 被災地1 被災地2 被災地3
※※5月12日(土)東京。5月20日(日)大阪にて学びの和を開催いたします。お話の内容は「自然環境と富士の噴火について」という内容で、お話します。イオン・アルゲイン氏との対談形式にして、今回のサハリンでのご神事の関連も踏まえてお話させていただきます。
参加申し込みの方は、下記までご連絡くださいませ。

◆東京会場:5月12日(土)KFCホール
◆大阪会場:5月20日(日)コベントガーデン
<<5月勉強会:東京・大阪共通申込み先>>

日々の祈りとご神事の状況

2012.05.06.12:44

新暦5月6日(旧暦閏3月16日 卯)

いつも真心のお力添えありがとうございます。
本日も日々の祈りの際に、伝えられました言葉をお伝えさせていただきます。

日々の流れを見つめると
次への道筋見えてこよう
それが どこへと続くかは
見つめ見えたら 動き出せ
歩みは 強くたくましく
それが 反映 
未来へ繋がる


本日も、本州にてご神事の移動中の夫より連絡が入りましたので、お伝えさせていただきます。

*** 夫からの連絡 ***
昨日、満月に合わせてのご神事でしたが、祈りに集中したかったのでしたが、あまりにいろんな情報が入交り、しっかりと理解し整理することが出来なかったので今日も引き続きご神事に集中します。(↓女川原発付近からの写真)

女川原発付近1 女川原発付近2

※※5月12日(土)東京。5月20日(日)大阪にて学びの和を開催いたします。お話の内容は「自然環境と富士の噴火について」という内容で、お話します。イオン・アルゲイン氏との対談形式にして、今回のサハリンでのご神事の関連も踏まえてお話させていただきます。
参加申し込みの方は、下記までご連絡くださいませ。

◆東京会場:KFCホール
◆大阪会場:コベントガーデン
<<5月勉強会:東京大阪申込み先>>

※※5月に大国ミロク大社の大祭になります陰陽祭があります。
この度、この陰陽祭に合わせお守りを企画いたしました。
自らの内の調和とバランスを願い祈り、個から全へと広がるように願い作りました。数に限りがございますが、ぜひお持ちいただき、一人一人の内側の調和から広げられることを願い祈りいたまます。
inyang_b_20120424142457.jpg


日々の祈りとご神事の状況

2012.05.05.12:42

新暦5月5日(旧暦閏3月15日 寅)

いつも真心のお力添えありがとうございます。
本日、日々の祈りの際につたえられました言葉をお伝えさせていただきます。

繋がる未来絶え間なく
その思いを 持ちゆかれよ
大切なのは 答えをまず見つける事ではない
答えは 応えてくれるもの
行動ありきにて
未来は作られゆく


本日も、本州にて御神事の移動中の夫より連絡が来ました。
下記に記載させていただきます。

**夫よりの連絡**

昨日書き込みで一部まちがいがありました。昨日「十和田湖を祈った」という部分がございましたが、十和田湖に向かう途中でが正しい順路です。
昨日、十和田湖を祈った後 十三湖、竜飛岬、大間崎に向かう途中で啓示により岩木山の麓で祈りました
内容は鳥海山火山帯、白山火山帯に対しての祈りでした。その後、大間崎、東通原発、六ヶ所村、小川湖とその周辺、途中、恐山で祈り予定でしたが行けず、 今日朝方、岩手山で祈り女川原発に向かっております。その後は、場所は伝えられないですが、啓示で来るようにと言われてきた場所があり、そこで時間をかけてじっくりとやり取りをし内容を確認しながら今後ご神事を決めて行っていきます。
まだ、出血が止まら無いため、貧血がひどくなってきており、少し時間配分を考え休んでから動き始めようと思っております。
皆様お力添えありがとうございます。

      大間岬

※※メルマガ配信をしております。是非ご登録下さい
<こころのかけはし メルマガ登録>
本日、メルマガを配信しております。
登録しているのにメルマガが届かない方は、ご登録時のアドレスが違っているか、もしくは、inorinowa.orgにて届くメールが迷惑メールとしてブロックされている可能性がございます。
お手数ではございますが、アドレスを改めてご登録いただくか、inorinowa.orgにて届くメールを許可するように、パソコン、携帯を設定していただけますようお願いいたします。
      ceremony2012.jpg
セレモニー、および、長老の皆様が行います講演会参加申込みはこちらの画像をクリックしてください↑
情報サイトリンク

◆地震情報《気象庁》
◆火山情報《気象庁》
◆台風情報《気象庁》
◆警報・注意報《気象庁》
◆海外の地震情報《JIS》
◆マーケット情報《ロイター》

イベントのお知らせ
最近の記事
関連サイト
検索フォーム
年別アーカイブ
携帯用QRコード
QR