富士いのりのセレモニー便り 第九号 (最終号)

2012.06.28.08:00

,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
        こころのかけはしメルマガ増刊 
・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*

富士いのりのセレモニー便り-第九号(平成24年6月28日)

  最終号 ※2013年セレモニー便りまでしばしのお別れ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,

・・・目次・・・・・・


1.富士いのりのセレモニー2012を終えて

2.とっておきの1枚  巡礼チームスタッフより

3.こころのかけはし‘いのちの和’のご案内
 
  編集後記

∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
1.富士いのりのセレモニー2012を終えて
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

先週の土曜日の東京講演会持ちまして、いのりのセレモニー2012全日程が無事終了いたしました。
期間中に延べ1000人を超える参加者にお集まりいただき、長老を初めとした祈り人と共に、素敵な未来への想いを、天地へ大きな声として届けられたことと思います。
日本各地、海外から駆けつけて下さいました皆さま。そして、セレモニーの願う想いにご賛同いただいた多くの皆さま、この場を借りましてこころより御礼申し上げます。

本当にありがとうございました。

このセレモニーは音響・照明スタッフ、交通・宿泊紹介業務、警備の一部を除き、実行委員は勿論、全てがボランティアスタッフにより運営されました。
それぞれのスタッフが自分に出来る事を持ち寄り助け合うという姿勢により和を成し。また、こころからの笑顔をもってご参加の方をお迎えすると云う行動により創り上げられました。

ご参加の皆さまも出演者もスタッフも、全てがセレモニーを創り上げる為に欠かすことの出来ない存在です。会場に集った全ての方々の想いがひとつになり富士いのりのセレモニー2012が出来上がりました。

ひとつの目的に向い、関わる全ての方が、自ら出来る事を行う。
これこそが、善き未来を創る方法なのではないでしょうか。

富士いのりのセレモニーはこの想いを千年の後に繋ぐ祭りです。

今年は、山中湖の方々との絆が生まれました。
そして、MGC社さんという法人様との絆も繋がれました。

来年はこの和を一層強い物にすると同時に、世界へと拡げてゆく事になると思います。

ドン・アレハンドロさんがくり返しくり返し、熱く語った言葉を同じ思いとして、来年も富士いのりのセレモニーは開催されます。

いつの日にか山中湖をいのりの行灯が埋め尽くし、その想いが世界を優しく包み込みますように。


2012.6.27日 

富士いのりのセレモニー2013in山中湖

実行委員 高橋 潔

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

2.とっておきの1枚  巡礼チームスタッフより

  本文:町田 光  編集:高橋 潔

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

東京講演会を終えた6月24日に巡礼チームスタッフから、いのちの和メーリングリストにセレモニーの感想と共に1枚の写真が投稿されました。

東京講演会の壇上に於いてドン・アレハンドロさんか今回が最後の訪日となると仰られていました。
この写真を見ると、なぜだかその言葉が浮かび、そして、素晴らしい国となった日本に、今度はゆっくりと遊びに来て欲しい。そんな想いがわき上がるのです。


・・・以下、町田光さんからの便り・・・・・・


皆様、こんにちは。そしてお疲れさまでした。
記録係として、6月6日の沖縄巡礼から昨日の東京講演会まで、長老&比嘉夫妻に同行しました町田です。

これまで数々の超常現象を体験し、フタッフ数名の方には知られていますが、フィリピンでは「自分の目玉をサイキック治療師にとりはずしてもらう」という体験までしている私ですが(失笑)、今回の旅は、それに勝るとも劣らない、サプライズの連続でした。

ひとつ目のサプライズは、これだけ多くの人がボランティアで参加した、ということ。
加えて、18日の早朝、セレモニー会場に出かけましたが、ファイアーセレモニー会場&きららにおいて、ゴミひとつ拾えなかった(つまり完璧な片づけがなされていた)こと。
そして道中、やはり完璧なまでに「天の采配に守られた」ということです。
まだまだ他にもたくさんありますが、省略します。

サプライズの象徴はやはり、17日のファイアーセレモニーだったと思います。

降雨確率80%をものともせずに、途中、セレモニーのクライマックスでは、富士山頂がくっきりと顔を出し、わたしたちみんなに挨拶をしてくれましたね。
私はこの一瞬を逃すまいと、あつかましいジャーナリスト魂を炸裂させ、セレモニー中のアレハンドロを強引にお願いし、この写真を撮りました。

皆さんとシェアしたいと思います。


donlow.jpg

撮影:町田光
※写真の転用を禁止します。

メルマガには添付できませんので、ご覧になりたい方は、こころのかけはしブログにてご覧下さい。

●こころのかけはしブログアドレス
http://mirokumusubi.blog115.fc2.com/


アレハンドロが一本指を掲げています。
私には、「皆さんも富士山も、イチバン!」と叫んでいるように聞こえます。

そして昨日の東京講演会は、動員・進行のすべてにおいて、
完璧なまでにフィナーレを飾れたイベントになったと、感慨の深いものがありました。

本日のお昼に長老&比嘉夫妻は、MSさんと私がバトンタッチしたTMさんと共に、キルギスへと向かいました。
キルギスではさまざまな部族の長老会議ならびに、山を登ってのセレモニーがあると聞いております。

道中の神戸にて、83歳の誕生日を迎えたアレハンドロは、
マヤ高位神官の名に恥じぬ男気の持ち主です。
道中、山あり谷ありでしたが、「疲れていませんか?」と聞いても、「普段はもっと歩く」とか、「こんなのはなんでもない」と一蹴するばかりでした。

しかし東京公演の前日の22日、たった一度だけ、予定していたインタビューをキャンセルしました。
微熱がありました。
きっと、最後の東京講演会で発散するエネルギーを保持したかったのでしょう。

今回の講演会では、「おそらくこれが最後の来日になるだろう」と、アレハンドロはほのめかしています。
この言葉は、強気発言連続のアレハンドロが、唯一吐露した、弱音であり、同時に正直な心の声です。

「皆さん、自分の国の文化、言葉を大切にしましょう。
民族、肌の色、宗教・国の違いを超えて、ひとつになりましょう。
私がこの肉体を去ったとしても、このメッセージが皆さんの心に刻まれるであろうことを願います」
と、アレハンドロは言いました。

この言葉をしっかりと受け止めて、生きたいと思っています。

皆さんと共に、ご一緒できたことを心より誇りに思います。
本当にありがとうございました。


∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

3.こころのかけはし ‘いのちの和メーリングリスト’のご案内
  
  第五回 食の和の集いのお知らせ。

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

こころのかけはしでは、素敵な未来を創るために実際の行動として歩む人々の集い‘いのちの和’のメンバーを募集しております。

いのちの和の活動として、現在は、富士いのりのセレモニーの企画・運営や比嘉氏の勉強会のサポートや祈り合わせへの参加をはじめ、日常の食生活から健康を考える‘食の和’などを通して、善き未来への歩みを進めております。今後も、音楽や伝統工芸、それぞれの方がお持ちの特技をシェアする事など、たくさんの和をつくり善き未来への礎としていく考えです。

いのちの和は特定の組織を持つものでは無く、メーリングリストという連絡網を通じ、その時々にアナウンスした活動に賛同いただいた場合に自由に活動に加わっていただく集いの様なものです。

入会金や会費は一切必要ありません。

メーリングリスト登録希望の方は下記へ

1.お名前(フルネーム)。
2.ふりがな。
3.メーリングリストを受信するためのメールアドレス。
4.メールの件名にメーリングリスト登録希望と明記。

上記、4点をml@santanokuni.netへお送り下さい。

後日、メーリングリストへ登録いたします。

※お問い合わせも上記アドレスへお寄せ下さい。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・

上記にてお知らせいたしました、食の和の集いが開催されます。
昨日のブログにてお知らせ済みですが、是非、多くの皆さまのご参加をお待ちしております。


日  時:    7月7日(土)11:00~14:00

場  所:    駒込地域文化創造館
         東京都豊島区駒込2-2-2
http://www.toshima-mirai.jp/center/e_komagome/

アクセス:    JR 山手線 駒込駅徒歩2分

持ち物:    エプロン 三角巾

講習会費:    1000円
             
お申し込み&お問い合わせ先:げんき畑 TEL048-967-2888 担当:山下

 Mail:genkibatake@minos.ocn.ne.jp
   
  ※@を半角に書き換えて送信先に入力下さい。


*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*
: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:
 ***編集後記******

今の気持ちとして正直なところ。
何とか走りきった・・・
でも、自分ひとりで走ったわけではない、多くの人達が昨年からのマラソンに加わり、共にあったからこその完走なのだと強く感じる。

このマラソンは不思議な事がよく起こる。
こんな事をやりたい、そうイメージすると必要な人や状況が整うのである。これは、走ってみない限り決してわかる事は無いだろう。

次のスタートラインを踏む日は間もなく。
しばしの放心状態を楽しみ、次のゴールを目指そう。

担当:そらのさん太
:____________________________:
*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴**∴

富士いのりのセレモニー2012in山中湖無事終了しました!
たくさんの応援、ご支援、ご協力、ご参加本当にありがとうございました。次回も皆さまとお目に掛かることを楽しみにしております。

*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*

富士いのりのセレモニー公式サイト
http://inorinowa.org/ceremony/

富士いのりのセレモニー便り発行:いのりのセレモニー実行委員会 
編集:高橋 潔
*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*

第5回「食の和のつどい」のご案内

2012.06.26.09:00

第5回「食の和のつどい」をご案内いたします

今回は伊藤先生を御招きして、心のパワーみなぎる食の原点、玄米食を基本にした「主食会」を開催いたします。心も体も健康に導く「食」を、楽しく学びましょう。
また、今から50年前、戦後の広島で、先生ご自身が食べていた、「広島お好み焼き」を再現していただきます。「焼け野原に新芽が出たという広島で育ち、復興していく町を思い出すこのお好み焼きは、私自身の食の喜びの原体験です」との事です。

「みえない命とみえる命に守られ、支えられている事を思い起こし、いのちのつながりを喜びつつ、世の荒波に流されないように在りたい」そんな思いをつたえるべく、現在、料理教室をいろいろな地域で開催されています。

日  時:    7月7日(土)11:00~14:00

場  所:    駒込地域文化創造館
         東京都豊島区駒込2-2-2
http://www.toshima-mirai.jp/center/e_komagome/

アクセス:    JR 山手線 駒込駅徒歩2分

持ち物:    エプロン 三角巾

講習会費:    1000円
             
お申し込み&お問い合わせ先:   げんき畑 TEL048-967-2888 担当:山下
 Mail:genkibatake@minos.ocn.ne.jp

またはメーリングリストにて受け付けます。

講師☆伊藤直美先生のプロフィール☆
広島県安田女子短大保育科卒業。越谷市在住。
幼児たちに学び、子育てで自分を知り、そして日常の「食」を通して育てられた事、気づかされた事が大きかった、と語る伊藤先生。「お台所から、感謝の味付けで、世界は変わる!」をモットーに、砂糖や動物性のものを使わず、素材の味を活かしたお料理と玄米食を実践中!

製造部だより

2012.06.25.09:00

         製造部だより

賛助会の皆様にはいつも真心からのお力添えをいただきまして、まことに感謝申し上げます。
ありがとうございます。
沖縄では、東京講演会が開催されました、6月23日に梅雨明けとなり、日差しの強さもまして、蝉も朝からこれからとばかりに鳴いております。
6月7日より沖縄でのお祈りから始まりました、グアテマラの大長老 ドン・アレハンドロ氏、エリザベス・アラウホ女史、ニュージーランド、ワイタハ族のテ・ポロハウ氏を迎えての日本列島縦断のお祈りのご神事も全国3ヶ所の講演会(神戸講演会はワイタハ事務局主催です。)、山中湖でのセレモニーを、開催しながら、6月23日の東京講演会を
終えて、日本での行程もひと段落となりました。
その間、ご協力、お世話になりました各地の関係者の皆様、ご出演いただいた皆様には、本当に感謝申し上げます。
ありがとうございました。
私個人も16日、17日の山中湖のセレモニーに、現地でのスタッフとして参加させていただきまして、得がたい体験をさせていただきました。
ボランティアスタッフのみなさまにおかれましては、担当業務毎の役割を責任を持ちこなしつつ、夫々の連携も上手くとれて、準備期間から、当日までの過酷なスケジュールの中、素晴らしい場と時間をお作りいただきまして、本当にありがとうございました。
ご参加くださいました方々、様々な形でご支援くださいました皆様
本当に感謝申し上げます。
この開催が、なされましたのもお力添えをいただきました皆様のご理解、ご協力があってのことでございます。
今回、開催されました、札幌講演会、富士いのりのセレモニー、東京講演会につきまして、こちらの不行き届きにて、参加受付にて、ご参加のかたに、ご心配、ご迷惑をおかけいたしましたことを、深くお詫び申し上げます。
大変申し訳ございませんでした。

昨日、比嘉 良丸、りか夫妻は、長老の方々とともに、次のご神事の地となりますキルギスタンへと出発いたしました。

製造部のたよりといたしましては、以前お伝えいたしました、福島県被災地支援となります、焼き塩 100g 1、000個 の製造をしている最中であります。
前回のマスクフィルター、500個の配布と合わせ、詳細が届きましたら、賛助会のみなさまへ製造部だよりとしてお伝えいたします。

昨年8月よりはじまりました、「プロジェクト つなぐ未来 賛助会」も来月を迎え、1年となります。 今後の管理も含め、自動払込の準備も進めています。
これからも、「プロジェクト つなぐ未来 賛助会」にみなさまのご理解、ご協力をどうぞ宜しくお願い致します。

ありがとうございました。

平成24年6月25日
こころのかけはし祈りの和
伊豆 修

富士いのりのセレモニー便り 第八号

2012.06.22.08:12


,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
        こころのかけはしメルマガ増刊 
・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*

富士いのりのセレモニー便り-第八号(平成24年6月22日)

    マヤ・ワイタハ長老&グランマ東京講演会のご案内

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,

・・・目次・・・・・・


1.富士いのりのセレモニー2012in山中湖無事終了いたしました。

2.マヤ・ワイタハ長老&グランマ講演会のお知らせ

3.巡礼チーム ご神事のひとこま♪

  いのちの和スタッフ Oさんからの便り

 編集後記

∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
1.富士いのりのセレモニー2012in山中湖無事終了いたしました。
  ご参加、ご支援頂きましてありがとうございました。
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

6月16、17日の二日間にわたり開催されました、富士いのりのセレ
モニー2012in山中湖は無事終了いたしました。
初日は、昨年同様小雨の降る中での開演となりましたが、途中から雲が
切れ、富士山が顔を出す中で、プログラムは滞りなく進みました。
終演が近づくにつれて風が強くなり、屋外で予定されていましたいのり
の行灯奉納は、湖畔に立てるのではなく、セレモニーにお越し頂いた皆
さまお一人お一人の手にお持ち頂き、きらら客席にて点灯させて頂きま
した。

岡野さん、桑名さんの歌や演奏に合わせて、行灯が客席にて揺らぐ風景
は、また違った趣を見せてくれました。

翌日のファイアーセレモニーではドン・アレハンドロさんの手により、
行灯のお焚上げがあり。皆さまの感謝のメッセージはしっかりと天地に
届けられることとなりました。

ファイアーセレモニー当日早朝の、嵐の様な風もファイアーセレモニー
開始迄には収まり、初めは小雨がぱらつく空も、セレモニーの進行と共
に雲が切れ、強い日差しが降り注ぐ素晴らしい変化を見せて下さいまし
た。

お伝えしたいことは山ほどあるのですが。
そのお話しは、またいずれ。

会場にお越しいただいた方は勿論、富士いのりのセレモニー2012in
山中湖を応援して下さったたくさんの皆さまに、感謝を申し上げます。

本当にありがとうございました。


∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

2.マヤ・ワイタハ長老&グランマ講演会のお知らせ

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

今週末の6月23日には富士いのりのセレモニー2012の関連催事で

あります。長老とグランマの東京講演会が開催されます。
このセレモニー最後の催しです。長老やグランマの貴重な話しが聞ける
チャンスです。今回の最終公演となります。どうぞ、会場に足をお運び
下さい。

ドン・アレハンドロ氏、テ・ポロハウ長老、エリザベスグランドマザー
の各氏は六月の初旬に来日され、自然信仰家の比嘉ご夫妻と共に、地球
の素晴らしい未来のために日本全国を祈り巡ります。
その祈り巡りの中、各地にて平和のメッセージや来たるべく未来を創造
するために私達に必要な事、各氏の想い、それを講演会という形で皆さ
まにご紹介させて頂きます。

これらの長老がそろい、講演会をもたれる機会は貴重です。
このまたとない機会に是非お越し頂き長老やグランドマザーのお話に触
れてみては如何でしょうか。

・・・講演会各地の日程・・・・・・


●東京講演会 6月23日(土)
 http://inorinowa.org/osirase/don20120623.html

「講演会プログラム」

14:00 開場

14:30 開演 (開演宣言)

・比嘉りか氏祈りあわせ、
・良丸良丸氏講演

15:10~
・アレハンドロ氏講演

15:50~
・休憩(25分)

16:15~
エリザベス氏講演

16:55~
テ・ポロハウ氏講演

17:30~
・休憩(25分)

17:55~
・ご来場のお客様より頂いたご質問にへのお答え
・講演者代表のメッセージ

18:30 終了予定

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

3.巡礼チーム ご神事のひとこま♪

  いのちの和スタッフ Oさんからの便り

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

本日は、長老ご一行の旭岳での祈りの儀式参加者からの便りをお届けい
たします。
旭岳はまだ銀世界、その中でもテ・ポロハウ長老は半袖姿で元気いっぱ
いだったらしいです。超人ですね~(^^)
では、Oさんから届いたメールをご紹介いたします。




お疲れ様です


無事 旭岳祈りの儀式 終了しました


悪天候と雪の中
ポロハウ長老の半袖にはビックリでした


ドンの祈りから始まり…
ポロハウ長老が一人の持つ龍を見てくださり、水で清めをしてくだ
さりました。
エリザベスの祈り
そして比嘉りかさんの言葉

どれも素晴らしい体験でした。

写真でしかお伝えできませんが…
少しだけ 儀式のお裾分けです

旭岳 ご神事でのスナップ


※届いた写真には一面の銀世界、寒そうな中、たくさんの方が
 善き未来をお祈りして下さったようです。


 http://mirokumusubi.blog115.fc2.com/

*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*
: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:
 ***編集後記******

明日で、私達セレモニー実行委員の仕事は一段落します。
巡礼チームの活動は続きますが、実行委員の仕事は山場を超えます。
今回の催しを総括し、そのひとつひとつを次回へ繋ぎ、この催しが
千年の後へと続きますように。

担当:そらのさん太
:____________________________:
*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴**∴

命を未来へと繋ぐいのりのセレモニー運営に是非協賛お願いいたします。
詳しくは下記の公式サイトから

*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*

富士いのりのセレモニー公式サイト
http://inorinowa.org/ceremony/

富士いのりのセレモニー便り発行:いのりのセレモニー実行委員会 
編集:高橋 潔
*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*

札幌、東京講演会受付について

2012.06.20.13:44

いつも真心のお力添えありがとうございます。

本日、札幌講演会、そして23日は、東京の講演会となっておりますが、受付対応業務が間に合っていない状況であり、皆様にはご心配ご迷惑をおかけしており、誠に申し訳ございません。
順次対応させていただいておりますが、当日ご来場までに、当方からの受付番号のメールが着信しなかった場合、下記の対応をさせていただきます。
ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解ご協力をのほどを、よろしくお願い申し上げます。

◆事前に講演会料をお振込み下さいました方におかれましては、お振込み時のお客様控えなど、お振込みの記録を会場受付へとお持ち下さいますようお願い申し上げます。

◆お申し込みのみで、お振込みがまだの方は、当方からの返信メールがある場合には、そのメールをプリントアウトして会場受付へとお持ちくださいますようお願い申し上げます。

◆申込をしたけれども、当方からの返信が来ていない方は、お手数をおかけしますが、次のメールアドレスにご連絡くださいますようお願い申し上げます。ceremony.inorinowa@gmail.com

皆様には、多大なるご迷惑をおかけしており、誠に申し訳ございません。
お手数をおかけいたしますが、何卒、よろしくお願い申し上げます。

こころのかけはし 祈りの和
比嘉りか

本日、祈り合わせを行います

2012.06.16.15:15

いつも真心のお力添えありがとうございます。

本日、富士いのりのセレモニー2012 in 山中湖、無事開催の運びとなりました。
ひとえに皆様のお力添えあってのことでございます。ありがとうございます。
本日、セレモニーの最後に祈り合わせを行ないます。
夕方18時頃から会場にて、撮影状況がよければ、中継をしながらの祈り合わせを行う予定です。皆様もその時間居る場所から、富士を想い、未来を想い、平和を想い、共に真心から祈りいただけますようお願い申しあげます。
配信アドレス http://inorinowa.org/tv/

比嘉りか

日々の祈りとご神事について

2012.06.15.00:19

新暦6月14日(旧暦4月28日 未)

いつも真心のお力添えありがとうございます。
昨日、長老達と本州へ入りました。富士の麓や本州を祈り回っております。
皆様、それぞれに精霊達とお話しされ、また、感じられており、平和と命の繋がりを願い祈られております。
さて、本日は、沖縄で日の出と共に御神事しました際に伝えられました言葉をお伝えさせていただきます

****
2012年6月7日 ウンジングシク

命の流れ
神話の中にて 間違われゆく
その流れ
正しき道には どこへ行くか
今ひとたび 確かめ合いゆこう
その流れ どこへ行くのか
見定めてゆこう
全ての道が 整われゆく
この道は 今
新たに変わりゆく
さすれば それは
どこへ進むのかの 選択の時
どこへ行くのかを 決められる時
善き未来へと 生き行こうぞ
命はまた 輝き続ける
その道は今 やがて始まりを迎える
真実の扉は 開かれようとしている
しっかりと目を見開き
見つめゆくがよい
その流れは今 どこへ行くのかも
分からず進むものではない
今しっかりと 見つめ続け
歩みゆかれよ

2
今 開(あ)きゆく
開(あ)かない扉が
開けられゆく
今 開きゆく
たくさんの命を連れて
次の扉に進みゆけ
開かないのではない
開けないのだ
それが今 開きゆく
今 行け
生きて 命と共に
今 歩みゆけ


****

本日も、真心のお力添えのほどをよろしくお願い申し上げます。

※写真は九州ご神事にて訪れた場所です。
九州1 九州2 九州阿蘇 3

※※東京・札幌講演会
先日の神戸講演会に続き、東京、札幌と開催されます。
神戸公演の際には、長老皆様が、それぞれに深いお話しをしてくださいました。
東京、札幌ではそれぞれにおいて、その土地土地で感じた中から、必要なお話をしてくださることと思います。
今年2012年、実際に、マヤの予言、暦とはどのようなものか。暦をつかさどっている方から、真実のお話を伺うことができる機会です。南米だけではない、日本だけでもない、世界の未来についての内容になります。また、エリザベス女史には、女性の方の役割の大切さや、マヤの暦についてもお話していただけます。テ・ポロハウ氏は、自らの役割、水に関するお話をしていただけます。
お三方が同時に集まるということは、なかなかありません。この機会に、ぜひご参加くださいませ。
お席に限りがございますので、お早目のお申し込みをお願いいたします。

下記の写真を↓クリックしてください。申込みサイトへ変わります。

khoenkai_20120509131355.gif


※※
外国ご神事が決まりました。キルギスタンへとお招きを受け行ってまいります。
このご神事に合わせて、お守りを用意しました。ご依頼の方、一人一人の為に、作り、また、現地にてお祈りしてまいります。ぜひ、お持ちください。↓下の画面をクリックすると詳細に移ります
キルギス

日々の祈りとご神事について

2012.06.14.11:39

新暦6月14日(旧暦4月25日 午)

いつも真心のお力添えありがとうございます。
先日は、全てのサイトが一時見れなくなる状態がおこり、皆様にはご心配および、ご不便をおかけしましたこと心よりお詫び申し上げます。
改めまして復旧改善しました。今後は、この様なことがなきよう努めてまいります。どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

さて、今回の16、17日のセレモニーに対し、当方が公式サイトにて組んでおりますバスや公式サイトからのお申込み以外に、独自のサイトにてツアーを組まれたり、募集をされておられる方々があるようです。
当方へ正式申込みされておられます方を優先的にご案内させていただきますため、当方へのお申し込みが無い場合、ご入場できない事が発生いたします。
また、当方の正式公式サイトからの申込み以外に対するお問い合わせ、ご質問、金銭に関するトラブルなどは、御対応いたしかねます。それぞれにおとりまとめされている代表者様へとお問い合わせくださいますよう、お願い申し上げます。

*****
さて、現在、長老の皆様と沖縄、神戸、九州と回り、本州へとはいりました。
沖縄の聖地を周り、長老それぞれが、龍や大地の母、自然界の精霊を感じ、様々なメッセージを受け取ったことと思われます。
また、神戸においては、淡路島を望む場所から、ファイヤーセレモニーを行うこともでき、深い祈りをささげることが出来ました。

本日、日々の祈りの際に伝えられました言葉をお伝えさせていただきます。

日々の中にて
多くの事を学びゆく
多くの事を知り
流れの中にて 探し行く
多くの事は はたされゆくが
その道は 今 正されゆく


先日の神戸講演には、多くの方々がお越しくださりまして、本当にありがとうございました。
長老それぞれが、伝えてくださるお話は本当に大切なものであると感じました。

そして、深い部分でそれぞれが未来の為に繋がっている事を感じます。
一人でも多くの方にお話を聞いていただけたらと感じております。
まだ、お席に余裕がございますので、是非お越しいただけたらと思います。

明石の海岸にてファイヤーセレモニー1  明石の海岸にてファイヤーセレモニー1

※※東京・札幌講演会
6月20日(水)札幌、6月23日(土)東京と来日されています、アレハンドロ氏、エリザベス女史、テ・ポロハウ氏の講演会があります。
今年2012年、実際に、マヤの予言、暦とはどのようなものか。暦をつかさどっている方から、真実のお話を伺うことができる機会です。南米だけではない、

日本だけでもない、世界の未来についての内容になります。また、エリザベス女史には、女性の方の役割の大切さや、マヤの暦についてもお話していただけます。テ・ポロハウ氏は、自らの役割、水に関するお話をしていただけます。
お三方が同時に集まるということは、なかなかありません。この機会に、ぜひご参加くださいませ。
お席に限りがございますので、お早目のお申し込みをお願いいたします。

下記の写真を↓クリックしてください。申込みサイトへ変わります。

khoenkai_20120509131355.gif


※※
外国ご神事が決まりました。キルギスタンへとお招きを受け行ってまいります。
このご神事に合わせて、お守りを用意しました。ご依頼の方、一人一人の為に、作り、また、現地にてお祈りしてまいります。ぜひ、お持ちください。↓下の画面をクリックすると詳細に移ります
キルギス

富士いのりのセレモニー便り 第七号

2012.06.12.08:01

,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
        こころのかけはしメルマガ増刊 
・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*

富士いのりのセレモニー便り-第七号(平成24年6月12日)

        
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,

・・・目次・・・・・・

1.セレモニーへの想い・・・

 奉納舞台 出演者 国際文化交流舞踊集団「曼珠沙華」

 代表 ママ・ローザ様

2.マヤ・ワイタハ長老&グランマ講演会のお知らせ

3..いのりの巡礼リポート(沖縄編)

  本文 文責:町田 光

4.フラワーセレモニーに各地の清水をお持ち下さい。


 編集後記

∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

1.セレモニーへの想い・・・

奉納舞台 出演者 国際文化交流舞踊集団「曼珠沙華」

代表 ママ・ローザ様

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

本日は、16日開催のいのりのセレモニー奉納舞台の最終を飾ります、国際文化交流舞踊集団「曼珠沙華」の代表、ママ・ローザ様より頂きましたメッセージをご紹介いたします。

放射能汚染地区ベラルーシ共和国で、「百万本のバラの曲で」バラの花のモチーフの打掛けを着たことから、子供達がママローザと名前をつけてくれ、世界の子供達からは「ママローザ」と愛称で呼ばれるようになりました。

昨年の奉納舞台では、妖艶で荘厳な舞台を繰り広げ、ステージ前の皆を魅了した舞踊が今年もお楽しみ頂けます。今年は、どのような愛と祈りの舞踊を見せて頂けるのか・・・お楽しみに。


・・・ママローザさまからの、想いのメッセージ・・・・・・


「こころのかけはし祈りのセレモニー2012in山中湖」第二回目に
なり再度参加させて頂きご招待に感謝申し上げます。

私達の人生は決して一人だけの問題ではありません。
天変地異、原発の恐ろしさは日常生活の心のあり方、
思いやり、人と人との争いごと自分自身の一細胞意識に関わっています。

自分とは何であるか国家も社会も一人の人間の生き方によって
原発、天変地異を左右します。

言葉にすることもできない状況下の毎日です。
心の苦しみを浄化し、カルマを引きずった世界中の人々が
心の病に S O S と波動にはずれたバイブレーションを
解決しようと懸命に生きています。

もっともっと御心に帰り、神、仏の慈悲を灯さねばなりません。
人間の煩悩では原発は解決せず、草木万物、核兵器の問題は感謝念を大きく育てることから始まり、原発と世界経済は
一心同体、肉体の清め、幽体の清め、魂の食物を供養する事から始まり…

まずは、日出づる国のシンボルである、霊峰富士山より
祈り、祈り、平和、平和と、私達は光の輪を育て
祭りは地のチャクラを洗う大事な儀式
一人の小さな声でも世界に希望を灯す祈りと思っております。

地のチャクラの痛みは人の怒り、心の痛み、
皆様の運命の好転を祈りつつ、人類の永遠の平和
遥かいにしえより眠る魂達への祈り、安らかに生きる事、
強く正しく老いる事、先祖に従い病を受け入れ、
傷の痛みと共に、死をも越え自然であれ、広く大きく
慈悲の心を込めて、魂の声を永遠に守る約束を
今ここに、そのような心を持って参加させて頂きたく思います。


曼珠沙華様公式サイト
ttp://www.manjushaka.net/


∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

2.マヤ・ワイタハ長老&グランマ講演会のお知らせ
  
  まだ、お席ございます。是非お越し下さい。

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

ドン・アレハンドロ氏、テ・ポロハウ長老、エリザベスグランドマザーの各氏は六月の初旬に来日され、自然信仰家の比嘉ご夫妻と共に、地球の素晴らしい未来のために日本全国を祈り巡ります。
その祈り巡りの中、各地にて平和のメッセージや来たるべく未来を創造するために私達に必要な事、各氏の想い、それを講演会という形で皆さまにご紹介させて頂きます。

これらの長老がそろい、講演会をもたれる機会は貴重です。
このまたとない機会に是非お越し頂き長老やグランドマザーのお話に触れてみては如何でしょうか。

・・・講演会各地の日程・・・・・・


●東京講演会 6月23日(土)
 http://inorinowa.org/osirase/don20120623.html

●札幌講演会 6月20日(水)
 http://inorinowa.org/osirase/don20120620.html

●神戸講演会 6月10日(日) ※無事終了いたしました。



「お申し込みは」
上記の詳細ページよりお申し込み下さい。

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

3.いのりの和日本巡礼リポート(リポート:町田光、編集:高橋潔)

 そして、長老と、グランドマザーから皆さんへのメッセージ♪

 ※2012年6月9日のリポートより抜粋。

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

富士いのりのセレモニー2012in山中湖の主宰者、比嘉ご夫妻は、神戸、札幌、東京都と講演会を開催し、同行の長老達と共に日本各地を回り祈りの巡礼を行っています。
それぞれの祈り人は、言葉は違えど素敵な未来を祈るこころは同じです。

少しばかりのアクシデントがあり、訪日が送れたドン・アレハンドロさんも加わり、祈り巡りが続けられております。
今日は、巡礼の模様を少しだけお伝えいたします。

・・・以上、そらのさん太・・・・・・

こんにちは。

「2012いのりの和巡礼チーム」記録担当、町田です。

沖縄巡礼を終え、チームは今、神戸にいます。
もっと早くに「巡礼便りメール」をお送りしたかったのですが、諸事情によりタタの来日が遅れることとなりました。

しかし、昨晩、やっとタタがチームに合流しました!

これで本日神戸にて行われる「ファイアーセレモニー」&明日の「講演会」の役者は、勢揃いいたしました。

ここで沖縄巡礼を簡単にご報告します。

6月6日、チームは沖縄でワイタハ長老テ・ポロハウさんと合流しま した。7日は、良丸さんのお母さんが開いた拝所(ウガンジョ)で 朝日に祈りを捧げ、その後聖なる洞窟へと入り、祈りを捧げました。
8日もミロク大社の裏手にある「竜神岩」や「陰陽柱・岩(天地創造の象徴)」を拝する聖なる洞窟の数々で祈りを捧げました。

この沖縄での数日間を振り返ると、タタの来日の遅延は「あるべくして起こった」と、チームの誰もが思っています。というのも、洞窟はところどころ身を挺してくぐるような難所もあり、高齢のタタにはかなり身体的な負担がかかったと思われるからです。

チームのあるメンバーは「きっとタタの守護霊が、お前は神戸からの参加で良い、と暗に手配したのだろう」などと推測しています。

ともあれ、沖縄巡礼を終え、チームは本日より2日間、神戸でのイベントを行います。


ゲスト各位より、皆さんにメッセージがあります。

●ワイタハ長老テ・ポロハウさん

「コミュニティのみなさん、サポートしてくださりありがとうございま す。皆さんと富士山でお会いできることを楽しみにしています。アイシテイマス」

●エリザベスさん マヤ・エルダー(グランマ)

「ご招待くださってありがとう。みなさんとマヤの知恵をシェアーできることをうれしく思っています」

●タタ(ドン・アレハンドロ)

「遅れてしまって、みんなに心配をかけてごめんなさい^^; 祈りの場を作ってくださり、サポートしてくださる皆さんに心より感謝します」


  町田

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

4.フラワーセレモニーに各地の清水をお持ち下さい。

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

6/16日いのりのセレモニーにて14時15分から執りおこなわれますフラワーセレモニーにでは、エリザベスさんがメッセージと共に、淡い香りをつけた清水と花びらをご来場の皆さまへふりかけ祝福いたします。

いのりのセレモニー実行委員会では、その際に使用する清水を募っております。
皆さまのお住まいの近くの神社仏閣、或いは自然の湧き水など、清き水を350ccペットボトルに入れてお持ち下さい。

セレモニーの会場で初めてあった方を・・・そして、多くの方と共に祝福を分かち合いたい、そんなあなたの思いをこめた清水を使い感謝と喜びのひとときを創りましょう。
そのひとときは、未来の世界の顕現です。
環境や物質的な部分で今すぐに未来を創ることは出来ないかも知れません。

その場に集った人々が、自分を含めて他の方全てを慈しむ想いを持ち、それを表現する事によりその場所を未来の空間とすることはきっと出来るはずです。

あなたが描く素晴らしい未来の中で、あなたはどのような心持ちで過ごしているでしょうか?
その未来のこころで、このひとときを過ごして下さい。


「清水募集のお願い」

●清水の受付は、6/16日いのりのセレモニー会場へ直接お持ち込み頂ける方に限らせていただきます。事前の申し込みは不要です。

●お持ちいただいた清水をお持ちの上、座席に着席しお待ち下さい。
開演前に、スタッフが場内放送にて清水お持ちの方へのご案内をさせていただき受領いたします。

●誠に申し訳ありませんが、郵送による受付はお断りいたしますのでご了承下さい。
 
●お持ち込み頂ける清水は、飲用可能な各地の神社仏閣、或いは湧き水などの清水とさせていただきます。
わざわざ遠方へ出かけ採水するのではなく、皆さまの身近な清き水をお持ちいただけますようお願いいたします。

●清水は少量で構いません。小さなペットボトルなどに入れて100cc位まででお願いいたします。

よろしくお願いいたします。

*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*
: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:
 ***編集後記******

とうとう、今週末はセレモニー本番の日がやって来ます。
長いようで短かった。色々な事で、失敗をしてたくさんの人にご迷惑をお掛けした。その度に、たくさんの方から助けていただき、励ましの言葉も頂いた。
いま、本当に人の言葉や慈しみがありがたく思う。そして、人の言葉は時により、刃物のように鋭いことも知った。

催しは、始まってしまうとあっという間に終わってしう。今年もきっとそうなのだろう。そしてまた来年のセレモニーづくりが始まる。

頑張れ、人の子らよ

担当:そらのさん太
:____________________________:
*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴**∴

命を未来へと繋ぐいのりのセレモニー運営に是非協賛お願いいたします。
詳しくは下記の公式サイトから

*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*

富士いのりのセレモニー公式サイト
http://inorinowa.org/ceremony/

富士いのりのセレモニー便り発行:いのりのセレモニー実行委員会 
編集:高橋 潔
*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*

日々の祈り

2012.06.05.16:17

新暦6月5日(旧暦4月16日 酉)
いつも真心のお力添えありがとうございます。
本日、5月30日に朝日にむけ、夫は、青森の八甲田山にて、そして、私は、沖

縄の北東の方向になります、高江という場所にて祈り合わせをしました。
その際に伝えられた言葉をお伝えさせていただきます。

****
2012年5月30日 沖縄の高江 朝の祈り合わせ

お伝え頂いた言葉

共に歩みゆく道筋
何が大切なことなのかを
忘れなければ
そなた達は
皆共に歩みゆくことができよう
儚くもそれは
今という現実を知り
変えゆくという努力と
変えゆくという根気と
変えようという行動が
伴いゆくことによって
変化が生まれ
未来が生まれてくる
それを忘れてはならない
これは確かなものであり
動かざるものは
生みゆくことすら難しきものである
大切なことは
まず
何がしかの行動を起こしゆくこと
たとえ小さかろうとも
それが行う、行わないでは
大きな差となってくるのである
決してその小さな行動を
侮ってはならない

明けゆく日に
大切なことを伝えてゆこう
善き未来へと向いゆくために
そなた達は
何を思い
何を描くか
大切なことは何であるのか
忘れてはならない
大切なことは
皆と共にあり
この星と共にあり
多くの命達と共にありゆく
支え、支えられていることを
忘れてはならない
たった一人で生きているという思いを持たず
皆と共に生きているということを
忘れてはならない
支えられていること
そして
そなた達一人一人もまた
支えていることを忘れてはならない
大切な道筋
見えてこようぞ
道は今
開けようとしている
大切な道
忘れてはならない


安心して
暮らしてゆける世の中へと
進みゆくには
そなた達
一人一人の
心と
そして
行いが必要であることを
忘れてはならない
それが無くば
全ての物事が
大惨事へと
展開しゆくこととなりゆこう
それを忘れぬように
そなた達
一つ一つの行動と
行いが
全ての物事が
大切なものと知ることがよい
それにより
変化しゆき
転換されゆき
進化しゆく
大切なことは
物事をどう捉えるか
そして
それを
どう受け止め
どう発展させゆくか
どう守りゆくか
それがまた
大切な鍵となってくるのである


真実は
今も尚
語り継がれています
それを信じるか
信じないかは
そなた達自身です
そして
どのようにしゆくかもまた
そなた達自身です
どのようにしゆくか
未来を描き
忘れぬように
せっかくの
持ちし御霊
磨きゆき
星に生まれた意味
忘れぬように
しっかりと進み行きなさい
それが
この星に生まれた
証であり
御霊を持った意味であり
大切な事柄を
伝えゆく
一つの
行動となりゆくのです


****

本日も、皆様の真心のお力添えのほどをよろしくお願い申し上げます。

比嘉良丸、りか


※※
外国ご神事が決まりました。キルギスタンへとお招きを受け行ってまいります。
このご神事に合わせて、お守りを用意しました。ご依頼の方、一人一人の為に、作り、また、現地にてのお祈りと祈りの際に伝えられました言葉をお届けいたします。↓下の画面をクリックすると詳細に移ります
キルギス

富士いのりのセレモニー便り 第六号

2012.06.04.09:22

,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
        こころのかけはしメルマガ増刊 
・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*

富士いのりのセレモニー便り-第六号(平成24年6月4日)

        ドン・アレハンドロ氏&マヤ特集

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,

・・・目次・・・・・・


1.富士いのりのセレモニー実行委員会からのお知らせ

6/17日ファイアーセレモニー単体での参加申し込みは締め切ります。
   

2.マヤ・ワイタハ長老&グランマ講演会のお知らせ

3.いのりのセレモニーバスツアーに関してのお知らせ

 ※第六号2/2に掲載


4.ドン・アレハンドロ氏&マヤ特集

 知っておきたいマヤ関連用語・エピソード

  本文 文責:町田 光

 編集後記

∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
1.富士いのりのセレモニー実行委員会よりお知らせ

 ファイアーセレモニー単体での参加申し込みは終了しました
  ありがとうございました。

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

富士いのりのセレモニー関連催事、ドン・アレハンドロさんによるファイアーセレモニーへは多数の参加申し込みを頂いております。
今後に関しては、16日に開催のいのりのセレモニー及び17日開催のトークショーへご参加いただける方の参加枠を確保するために、ファイアーセレモニー単体での参加申し込みは終了させていただきます。
予めご了承ください。

尚、16日いのりのセレモニー及び17日のトークショーに関しては100席程度の申し込み枠がございます。参加ご希望の方は、下記の公式サイトよりお申し込み下さい。

富士いのりのセレモニー公式サイト
http://inorinowa.org/ceremony/

参加申し込みページはこちら
http://inorinowa.org/ceremony/info/form-sanka/


∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

2.マヤ・ワイタハ長老&グランマ講演会のお知らせ

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

ドン・アレハンドロ氏、テ・ポロハウ長老、エリザベスグランドマザーの各氏は六月の初旬に来日され、自然信仰家の比嘉ご夫妻と共に、地球の素晴らしい未来のために日本全国を祈り巡ります。
その祈り巡りの中、各地にて平和のメッセージや来たるべく未来を創造するために私達に必要な事、各氏の想い、それを講演会という形で皆さまにご紹介させて頂きます。

これらの長老がそろい、講演会をもたれる機会は貴重です。
このまたとない機会に是非お越し頂き長老やグランドマザーのお話に触れてみては如何でしょうか。

・・・講演会各地の日程・・・・・・


●東京講演会 6月23日(土)
 http://inorinowa.org/osirase/don20120623.html

●札幌講演会 6月20日(水)
 http://inorinowa.org/osirase/don20120620.html

●神戸講演会 6月10日(日)

 http://inorinowa.blogspot.jp/p/blog-page.html


「お申し込みは」
上記の詳細ページよりお申し込み下さい。



∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

3.いのりのセレモニーバスツアーに関してのお知らせ

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

富士いのりのセレモニー実行委員会では、セレモニー会場への交通手段を充実させるために、株式会社MGC社様と協力して、バス便や宿泊のご紹介を申し上げております。

その他、一部の有志の方が独自にツアーを組まれて同様の企画を運営されているようですが、これは実行委員会の運営する企画ではありません。
それぞれのツアー内容に関しましては、富士いのりのセレモニー実行委員会、また(株)MGC社様にお問い合わせ頂きましても、お答えする事は出来ませんので、それぞれの企画主催者さまへお問い合わせ頂きますようお願いいたします。

くり返しになりますが、富士いのりのセレモニー実行委員としてご協力頂いております、交通・宿泊は下記の(株)MGC社様のみとなっております。


∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥

  富士いのりのセレモニー「便利に行く」なら!!

☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆

 会場直行便!セレモニー参加に便利なバスツアーあります!

  三島駅~セレモニー会場直行便
  新宿駅~セレモニー会場直行便  募集中!!
  
  「新バス便」
  ●セレモニー会場から御殿場駅への帰路便あります。
  
  ※詳細は次号にてご案内いたします。
  

   
     ・・・片道利用も出来ます・・・

   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ | セレモニー参加に便利な 
  | MGC号    | バスツアー宿泊なら             
  └◎────◎┘ ~~楽~~便利~~安心~~~~~~
    
 セレモニーオフィシャルサポーターの(株)MGCへ
   http://www.mgc-m.com/maya/top

  お電話でのお問合せは、”03-5947-6661”

☆。.:*.。─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─.*:゜。☆


∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
4.ドン・アレハンドロ氏&マヤ特集 (町田 光)

 知っておきたいマヤ関連用語・エピソード
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

本日は、お待たせのドン・アレハンドロさんの話題をお届けいたします。
町田光さんの本文によると、ドン・アレハンドロさんは、彼のニックネームが‘ワカテル・ウチュウ’と云う発音が日本語の分かってる・宇宙!と云う事を知り、かなり喜ばれた様ですね♪
セレモニー会場で、参加者から‘ワカッテル・ウチュウ’!そんな暖かな声援が飛ぶのでしょうか?
さて、お待ちかねの本文ですが、かなりのボリュームですが、これをご一読頂ければ、セレモニーでのお三方のお話しが理解し易くなると思います。ご参加の方は是非ご一読下さい。

以上、そらのさん太。






<知っておきたいマヤ関連用語・エピソード>

・・・以下文責:町田 光・・・・・・

◎ドン・アレハンドロ プロフィール
本名:
ドン・アレハンドロ・シリロ・ペレス・オシュラ(Don Alejandro Cirilo Perez Oxlaj)
マヤンネーム:
ワカテル・ウチュウ(Wondering Wolf /さすらう狼)
※2008年の来日時に多くの日本人から、日本語の「わかってる・宇宙」と発音が近いことを指摘され、本人もそのことを喜んでいました。

1928年生まれ。グアテマラのマヤ民族長老評議会(マヤの伝統的文化を正しく継承する275人の男性長老と175人の女性長老から構成される)の代表であり、マヤ暦のデイ・キーパー(Day Keeper: マヤ暦とその預言の保持者)であり、キチェ・マヤ族(グアテマラ中南部のマヤ民族)の13代目の高位神官。また、2000年以上前から先祖代々によって保持されているマヤ秘宝の「杖」の継承者。

◎ドンの関係する政治関連事項
ドンを筆頭に、グアテマラのマヤ族の人たちは、以下に挙げる二人の大統領の誕生を「新時代の夜明け」と考えています。つまり、マヤ暦の「長期暦」が終わりに近づき、新しい時代が始まりつつあることの「予兆」と考えたのです。その意味で重要な項目です。ドンは二人の大統領を当選させるため、伝統の「杖」を使って選挙応援をしています。

●2005年、隣国ボリビアで史上初の先住民大統領が当選
フアン・エボ・モラレス・アイマ(Juan Evo Morales Aima, 1959年10月26日 - )は、ボリビアの政治家であり、社会主義運動党 (Movimiento al Socialismo : MAS) を率いる。2005年12月18日の選挙で大統領に当選した(任期は2006年1月22日より)。ボリビア史上初めての先住民出身の大統領。2012年6月現在も現職。
じつは選挙前にドン長老は「杖」をアイマ大統領に託していたのです。というのも、南北アメリカ大陸の先住民たちは定期的に会合を開き、さまざまな問題点を話し合っています。その際の会場となるホスト国の先住民の代表に、長老は「杖」を託すことで再会を約束していたのです。そしてアイマ大統領は「杖」を伴うことで選挙を勝ち抜き、見事先住民としてのハンディを克服し当選を果たしました。
 ところが当選後も、その「杖」を長老に返そうとはしませんでした。その「杖」のパワーに魅了されてしまったのです。
 しかし多くの先住民たちの働きかけによって、2007年6月21日、ついに「杖」がドン長老へと返還されました。長老がこの時期にどうしても「杖」を取り戻したかったのには理由がありました。それはボリビア大統領選挙が近づいていたからです。

●2008年、グアテマラ大統領選挙でドンの弟子が当選
2008年1月14日、グアテマラ新大統領に選出されたのは、アルバロ・コロン・カバジェロス氏でした。先住民出身ではありませんが、マヤ族の文化や伝統に理解がとても深い人物で、ドン長老は氏の当選を待望し、「杖」で陰から応援した一人でした。そして大統領就任式の日に、長老はスピーチを述べる栄誉を授与されました。そのスピーチの席上、長老は多くのメッセージを発信しましたが、ここではほんの一部をご紹介しておきましょう。
「世界中の人間の振る舞いが変化しなければなりません。惑星地球の生命を守ることは、すべての者の責任です。そして、それが先住民からの要請がすべての人々に届けられる理由なのです。それは、健全な未来を新しい世代に継承することによって、人間の生命を救うためであり、この惑星を救うためなのです。この理由のために、私たちはすべての人々に、先住民にも非先住民にも、お互いに理解しあい、お互いに尊敬しあうように要請いたします」(2008年1月14日、グアテマラ新大統領就任式におけるスピーチより抜粋)。
※現在のグアテマラ大統領は、2012年5月末の選挙の結果、元将軍で右派の愛国党のオットー・ペレス・モリーナ氏(60)が当選。

◎ドンがよく使うマヤ関連用語
●マヤ暦とは?
マヤ暦は複雑な暦法ですが、基本的には太陽を中心とした「太陽暦」です。代表的なマヤ暦に以下の三つの暦があります。

1)ツォルキン 13日×20サイクル=260日周期の暦
 このツォルキンは、生活暦ともいわれ、農耕において種を蒔くタイミングを知らせたり、宗教関係行事の日程を決めたりするマヤ民族にとって最も重要な暦。すべての毎日にはそれぞれ、例えば「ジャガーの8」のように、日本の六曜のように名前が持たされており、それに従った行動をします。

2)ハアブ:太陽暦 20日×18ヶ月+5日の「ワイエブ月」で構成される暦
1年(1トゥン)を360日(20日の18ヶ月)とし、その年の最後に5日の「ワイエブ月」を追加することで365日とします。
「ワイエブ月」とは、マヤ&アステカ文明において考えられた「暗黒の5日間」です。年変わりのこの5日間は、新たな年を迎える準備を行いますが、基本的には「不吉な5日」と考え、祈りを捧げたりすることに当てられていました。
この「ワイエブ月」は、長期暦の最後にも現れます。長老が、長期暦の終りを示すサインが「数日間の暗闇」と語るのは、この考え方によるものです。

3)長期暦:約5125年周期の暦
長期暦は太陽系の宇宙における長い旅路を示す暦であり、日々の生活暦ではありません。従って長期暦とは、一般市民が使う暦というよりも、マヤの宇宙観・宇宙科学を示した「宇宙哲学体系図」と考える方が適切でしょう。

●「マヤ暦」はどこから来たのか?
以下はドンによるマヤ暦の由来です。
「太古の昔、我々の祖先でもあるプレアデス星から4人の使者がやって来ました。その4人は長い間、マヤ族と暮らし子孫を残していきました。彼らは賢者であり預言者でした。マヤ暦は、その彼らが残したものであり、神からのギフトであり、人類全体への神聖な経典であると私たちは考えています」。

●「マヤ長期暦」(英: Long Count Calendar,西: La Cuenta Larga)
マヤ暦にはいくつも暦があるが、「長期暦」は約5125年周期のカレンダーです。この長期暦の終の日をめぐって「世界の終末論争」に発展しました。
長期暦の目的は、考古学者たちがさまざまな解釈をしていますが、ドンの発言では「長期暦は太陽の暦であり、約5200年という周期で地球は新しい太陽を迎えるということを示す暦である、と私たちには言い伝えられています」ということになります。
その他に研究者の解釈として有名になったものとして、スウェーデン人研究者カール・コルマン博士の「長期暦とは、エジプト文明以降から現代に至るまでの、文明勃興の歴史が予言された地球文明の青写真である」というものがあります。

●「13バクトゥン13アハウの時」
「13バクトゥン13アハウの時」とは、長期暦の最終日を指します。

●「13バクトゥン13アハウの時」=2012年世界滅亡説 をめぐる騒動 
長期暦の終わり(13バクトゥン13アハウの時)を2012年12月21日としたのは、マヤ族ではなく、3名の西洋人考古学研究者たちが開発した「GMT対照法」(GMT Correlation。GMTは、グッドマン・マルティネス・トンプソンの略)によるものです。
そしてこのことを著書『マヤンファクター』で公表したのが、ホゼ・アグエイアス氏(Jose Arguelles故人、「13の月の暦」考案者)です。
この本が欧米でベストセラーになり、「マヤ暦が2012年12月に終わる=世界が終わる」と、間違った認識と噂が著者の意図とも異なった形で世界中に広まってしまいました。
2008年よりマヤ族を代表してドンが世界各地を歴訪し「マヤ族の正しい見解」(2012年世界滅亡説はマヤの預言ではないということ)を伝える活動を開始しています。

以下の文章に、この件に関するドンの釈明が出ています。

長期暦が終わるということが、多くの誤解につながりました。この最後の日が「2012年12月21日」であり、暦が終わることを「世界終末説」とつなげて「2012年12月21日に世界が滅びる」とする噂が後を絶たなくなったのです。これに対し長老は、ここ数年間、変わらないメッセージを世界に発信し続けています。

「13バクトゥンと13アハウの時を私たちはイヤー・ゼロもしくはゼロ・ポイントと呼びますが、これがいつ来るかなど、マヤ族には預言などできませんし、これまでもその日付を特定させてマヤ族が公表したことなどありません。
 マヤ族に伝わる数々の預言の中にも、世界の終りを暗示するものなどはありません。
 なぜ長期暦の終わりに関して日付が特定できないかというと、第一に、マヤを侵略したスペイン人によってマヤの貴重な資料はすべて失われました。ですから、マヤ暦が一体いつからスタートしたものなのか、もはや私たちにもわかりません。
加えて世界で一般的に使われているグレゴリオ暦もこれまでの歴史の中で何度も改訂されており、正しい年月日を記してはいないのです。
こうした理由により、マヤ暦の日付とグレゴリオ暦とを正しく重ねることなどは、さまざまな要因から不可能だからです。

●ホゼ・アグエイアス氏と「13の月の暦」に関して
「13の月の暦」とは、マヤの暦法にヒントを得て、ホゼ・アグエイアス氏が創作した暦法です。1990年代初頭より、日本をはじめ世界で「13の月の暦」を広めようと、アグエイアス氏が啓蒙活動を行ないました。
 この普及活動の際に、「13の月の暦」=「マヤ暦そのもの」という、間違った認識が多くの人たちの間に広まったようです。この点に関してドンをはじめとするキチェ・マヤ族の人々は、「『13の月の暦』はマヤが認めた暦ではない」との正式表明をしています。

◎長期暦が終わることを知らせる合図:数日間の暗闇
では「13バクトゥン13アハウの時」(長期暦の終わり)の合図とはどのようなものなのか? マヤ族に伝わる伝承に、以下のものがあります。ドンの語りです。

 ただひとつ言えることは、その時「13バクトゥン13アハウの時」は近づいていると私たちは感じているということです。いつそのときが来てもおかしくないし、5年後、10年後であってもおかしくない、ということです。
 そして世界が終わるわけではなく、新たな時代のスタートであり、同時に、長期暦が新たなサイクルをスタートさせる時期だということです。
 終りを知らせるのは、「太陽が昇らなくなる数日間の暗闇」です。
 この暗闇が3日なのか、5日なのか、それは誰にもわかりません。地球を含めた太陽系はこの時、銀河中心のポケットの中に入り込みます。そして暗闇の後、新たな地球と共に、新時代が幕開けします。
 この生まれ変わり作業を、地球は約5200年に1回のサイクルで行なっていると、マヤには言い伝えられているのです。
 暗闇が来ることを恐れることはありません。これは自然のサイクルです。
 ただし、この暗闇の到来を、皆さんにも信じて欲しいとは思っていません。これはあくまでマヤ族に伝わる伝承であり、私たちが信じていることです。

前述のように、マヤには「ワイエブ月」という概念があります。従って、長期暦の終わりにも「ワイエブ=数日の暗黒」が訪れるわけです。

●キリスト教預言の「暗黒の三日間」との対比
ちなみにキリスト教には、「暗黒の三日」というマリア預言があり、マヤの「暗闇の数日間」は、これと対比されることもあります。キリスト教の「暗黒の三日」は、人間が堕落した際、天が怒りによって天変地異をはじめとする現象を起こし、人類をふるいにかけるという警告的な天罰現象です。暗黒の訪れを「宇宙サイクルの中の自然現象」とするマヤとは、この点が違います。共通しているのは、この暗闇後に「新時代が幕開けする」という点です。

◎新たな時代「イヤーゼロ」とはどんな時代なのか?

 長期暦が終わり、新たな時代を迎えると、「誰もが愛し合う時代になる。国境等はもはやなく、パスポートを持たずに世界中に人々は交流するでしょう。精神と物質のバランスが統合された時代で、人と人、人と自然、人とあらゆる生命が共存共栄する世界が広がる時代が続くでしょう」とドン長老は語っています。

◎ドンがよく使うマヤ族に伝承される言葉・預言

●ドンが講演会などで使う言葉は、以下の書物から取られることが多いようです。
1)『ポップ・ヴフ(Pop-Wuj)』:
キチェ族に伝わるマヤ神話と言葉。別名、「チチカステナンゴ文書」という。チチカステナンゴとは、メキシコの言語であるナワトル語で「チチカステ(イグサの)ナンゴ(土地)」という意味。

2)『チラム・バラムの書』:
『チラム・バラムの書』は、マヤ族歴代の最高神官であり預言者だった「バラム」の言葉を書き留めたものとされています。『チラム』は神の代弁者という意味でマヤの最高神官を表し、『バラム』は名前。ただし、この名前は継承制だったようで、予言は複数によるものと推定されています。また、発見されたのは1冊ではなく、ユカタン半島の複数の村に保存されていた文書を、一括して『チラム・バラムの書』と呼んでいます。

●『13バクトゥン13アハウの時は、先祖の叡智へと回帰する時である。』

言葉の意味:
新しい時代がやって来ると、もはや「物質偏重文明」は終わりを告げ、太古の昔の人々のように、自然との調和や、精神や心を重視した文明が、再び花開くということ。

●『神秘の鳥ケツァールをもつ中心部の者たちは、北のイーグルを南のコンドルと結びつける。我らは出会う。なぜなら、我らは手の平にある指のように一つの存在であるからだ。』

言葉の意味:
 「神秘の鳥ケツァールをもつ中心部の者たち」とはマヤ文明・中米民族、「北のイーグル」とはメキシコ・北米・アステカ文明民族、「南のコンドル」とはインカ文明・南米民族をそれぞれ象徴しています。
 これら3つの鳥たちは、ある時には戦いや支配の歴史を持つ過去もありましたが、やがては「ひとつ」になることを意味しています。
 特に「北のイーグル」には、現代文明(合理主義文明)の象徴であるアメリカ合衆国も含まれており、「科学・物質・合理主義」と先住民族たちが重視する「信仰・精神・自然主義」の調和の時代が来るという点が重要な部分です。

※1 ケツァールは、中米の高地に棲息する鳥。グァテマラの国鳥になっており、グァテマラ国旗にも描かれている。手塚治虫の「火の鳥」のモデルになった鳥と云われている。
※2 イーグルは、アステカ民族の象徴。メキシコの国鳥で、メキシコ国旗にも描かれている。北アメリカを表している。
※3 コンドルは、インカ民族の象徴で、ボリビア国旗に描かれている。


●『立ち上がれ、すべての人よ、立ち上がるのだ。一つ、二つのグループも取り残されるな。』
言葉の意味:
 この預言はすべての人に関わっています。富者も貧者も、黒人も白人も、男も女も、先住民も非先住民も、私たちはみな平等なのです。私たちはみな尊厳をもっているのです。私たちはみな尊敬に値するのです。私たちはみな幸福に値するのです。私たちはみな、この国を成長させ、異なった文化の中で尊敬しあって生きていくことができる国を造るために、有益な存在であり、必要とされている存在なのです。

その他の言葉

「わが大きなメロディを奏でさせよ、わが小さなメロディを奏でさせよ。わが踊り手たちを解放せよ、わが囚人たちを自由にせよ。これらはわが谷であり、これらはわが山である」

「朝を到来せしめよ。人々が平和になり幸福になるために、黎明を到来せしめよ。我らはともに我らの山々を見るであろう。我らはともに我らの町々を見るであろう。我らはともに我らの海川を見るであろう。」(ポップ・ヴフの言葉)

◎マヤ暦最新ニュース

今年5月、マヤ文明の考古学調査によって、新たな発見があったことが世界的なニュースとなりました。それがグアテマラ・シュルトゥン遺跡での壁画の発見です。
 この件に関して、ドン長老がどんなコメントを発信してくれるのか、とても楽しみです。

●マヤ最古のカレンダーを発見、王の壁画も 2012年滅亡説は誤りか
2012.05.11 Fri posted at: 12:55 JST
(CNN) 中米グアテマラの熱帯雨林にある古代マヤ文明のシュルトゥン遺跡から、これまで発見されたものの中では最古とみられる9世紀初期のマヤ暦のカレンダーと壁画が見つかった。発掘調査を行った米ボストン大学などの研究者が記者会見で発表した。

マヤの暦の解釈をめぐっては、今年12月に暦が終わり、それが世界の滅亡を意味するとの説も出回っている。しかし今回見つかったカレンダーには、滅亡へのカウントダウンに当たるような内容は見当たらなかったという。

滅亡説の根拠となっているのは、マヤの長期歴が今年12月21日で終わるという解釈。しかし研究チームによれば、マヤの研究者の間ではこの解釈が誤りであることは以前から知られており、この日を境に新たな歴が始まる節目の日にすぎないという。壁画の文字の解読にかかわったテキサス大学の考古学者デービッド・スチュアート氏は「マヤの暦はこれから先、何十億年にも何兆年にもわたって続く」と強調した。

壁画はシュルトゥン遺跡を調べていたボストン大学の研究者が2010年に発見した。一帯は30年ほど前に荒らされた跡があったが、さらに発掘を進めたところ、極めて良好な状態で保存されたマヤの王の肖像画が見つかったという。

壁画は9世紀初期の家屋のような構造物の天井と3面の壁に描かれていた。家屋はマヤの書記官の仕事場だったとみられ、アーチ型の天井が付いていた。カレンダーとみられる壁画は、点と線を使って月の動きが6カ月の周期で記録されていたという。

研究者によると、シュルトゥン遺跡のほとんどが未発掘のままで、今回の発見はごく一部にすぎないという。調査団は今後も発掘調査を続ける予定。今回の調査結果は11日の科学誌サイエンスに発表される。



*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*
: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:
 ***編集後記******

セレモニー本番を目前にして、実行委員それぞれは多忙の日々を過ごしています。
少しでも、多くの方に、この貴重な機会を体験して頂きたい。
少しでも、お越しいただく方に気持ちよく時間を過ごして頂きたい。

それに向け、奮闘しております。
セレモニー当日は参加する全ての方で、善き未来のひとときとして会場を包み込みたい。

あと一息です

担当:そらのさん太
:____________________________:
*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴**∴

命を未来へと繋ぐいのりのセレモニー運営に是非協賛お願いいたします。
詳しくは下記の公式サイトから

*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*

富士いのりのセレモニー公式サイト
http://inorinowa.org/ceremony/

富士いのりのセレモニー便り発行:いのりのセレモニー実行委員会 
編集:高橋 潔
*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*

日々の祈りとご神事の言葉

2012.06.03.19:00

新暦6月3日(旧暦4月14日 未)
いつも真心のお力添えありがとうございます。
本日、5月19日神鍋にて伝えられました言葉をお伝えさせていただきます。

時の流れは 今 戸惑いを見せる
人の子等は どこへ行くのか
この星は どこへ行くのかではない
それは そなた達が
どこへゆくのかという問題である
人の子等よ
どこへゆくのかは
そなた達の選択ぞ
それを 間違ってはならない


本日、夫から、映像配信か書き込みという事をお伝えさえていただいておりましたが、事情により、配信することが出来なくなったということを連絡受けました。
慌ただしい流れの中、しっかりと方向性を見つめ、歩むということは、なかなかに難しいことかもしれませんが、それでも、歩み、未来を創ってゆくことによって、繋げられてきた様々なもの、そして、ここに生まれた意味というものを伝えてゆくことが出来るのではないかと思います。
叡智の中には、今の私達への伝言があり、また、託す者からのアドバイスがあります。
どうか、皆で乗り越え、平和の流れを作り、生み出しましょう。

比嘉良丸、りか

※※
外国ご神事が決まりました。キルギスタンへとお招きを受け行ってまいります。
このご神事に合わせて、お守りを用意しました。ご依頼の方、一人一人の為に、作り、また、現地にてお祈りしてまいります。ぜひ、お持ちください。↓下の画面をクリックすると詳細に移ります
キルギス

日々の祈り

2012.06.02.15:12

新暦6月2日(旧暦4月13日 午)
いつも真心のお力添えありがとうございます。
本日、日々の祈りの際に伝えられました言葉をお伝えさせていただきます。

見えなくなるも 道
見え続けるも 道
見えなくなった時に
がむしゃらになるか
冷静に判断できるか
瀬戸際である
しっかりと 地についていること
それを 忘れなければ
おのずと 道すじが
確認出来よう


本日も、真心のお力添えよろしくお願い申し上げます。

今月、賛助会員の方々の真心により、被災地へニライカナイの焼き塩100gを1000個お送りすることが出来そうです。
身体の細胞には、育ってきた環境として地元の水というものは良いものではありますが、3・11以降どうしても、水道水は飲みにくいものがあります。
ですが、ペットボトルのお水は、保存がきくようにろ過されていますが、ろ過によって、ミネラル分は少ないものとなってしまいます。
純水というと、混じりけのない、よさそうなお水というイメージがありますが、純水は英語でハングリーウォーターといい、逆に、栄養分を吸収してしまう水へと変化してしまうそうです。それは、身体の中の栄養も、取りいれた水分によって、身体から外へと出されてしまうことを意味します。
今回お送りするニライカナイの焼き塩は、塩分87%、ミネラル分は17%と通常の塩よりもミネラルが高くなっています。
お水に混ぜていただくことによって、ミネラルを含んだ水が体内を巡り、身体の中に栄養を運ぶことになります。
日常生活に欠かせないお水です。ミネラル不足に陥らないように、調理でも、水分補給でもお使いになっていただければと思い、知人を介して、被災地へと送ります。
このようなことができますのも、賛助会員の皆様のお蔭です、本当にありがとうございます。
また、明日、夫が5月から見てきたビジョンを書き込みか、もしくは、映像にてお伝えする予定でいるようです。
未来をビジョンのようにしない為に、今出来る事を一緒に考えることが出来たらと思っております。
皆様の真心のお力添えをどうぞ、よろしくお願い申し上げます。

<<賛助会主旨>>
https://sv312.xserver.jp/~inorinowa/inorinowa.org/mirai/shusi20110817.html
<<賛助会申し込み先>>
https://sv312.xserver.jp/~inorinowa/inorinowa.org/mirai/

***********

※※神戸・東京・札幌講演会
6月10日(日)神戸、6月20日(水)札幌、6月23日(土)東京と来日されています、アレハンドロ氏、エリザベス女史、テ・ポロハウ氏の講演会があります。

今年2012年、実際に、マヤの予言、暦とはどのようなものか。暦をつかさどっている方から、真実のお話を伺うことができる機会です。南米だけではない、日本だけでもない、世界の未来についての内容になります。また、エリザベス女史には、女性の方の役割の大切さをお話していただけます。テ・ポロハウ氏は、自らの役割、水に関するお話をしていただけます。
お三方が同時に集まるということは、なかなかありません。この機会に、ぜひご参加くださいませ。
お席に限りがございますので、お早目のお申し込みをお願いいたします。

下記の写真を↓クリックしてください。申込みサイトへ変わります。

khoenkai_20120509131355.gif

日々の祈り

2012.06.01.20:49

新暦6月1日(旧暦4月12日 巳)

いつも真心のお力添えありがとうございます。
本日、日々の祈りの際に伝えられました言葉をお伝えさせていただきます。

日々の繋がり
命の繋がり
日々の暮らし
祈りの暮らし
願い祈る流れの中に
未来を見つけ
歩めよう
その光に惑うことなく
地と共に
歩み行かれよ


早くも6月を迎え、アレハンドロ氏、エリザベス女史、そしてテ・ポロハウ氏を迎える日が迫ってまいりました。
ただ、善き日となるように努めてゆくだけでございます。
様々な流れをこなしながらも、迎える準備を整えて参りたいと思います。皆様のお力を借りながら、形になっております。
私達二人では、到底出来なかったことが、多くの方々のお力をお借りしながら出来てゆきます。本当に、皆様の真心のお力添えありがとうございます。
どうぞ、これからも、お力添え、そして、どうかしっかりと成功するように、ご支援ご協力をよろしくお願い申し上げます。

比嘉良丸、りか

※※神戸・東京・札幌講演会
6月10日(日)神戸、6月20日(水)札幌、6月23日(土)東京と来日されています、アレハンドロ氏、エリザベス女史、テ・ポロハウ氏の講演会があります。
今回、アレハンドロ氏のお話を通常ですとスペイン語~英語~日本語と訳すものを、スペイン語~日本語と訳し、出来るだけ内容を変化させずにお伝えすることとなっております。
今年2012年、マヤの予言や言い伝えにおいていったいどのような内容なのか、実際に、暦をつかさどっている方から、真実のお話を伺うことができる機会です。南米だけではない、日本だけでもない、世界の未来についての内容になります。また、エリザベス女史には、女性の方の役割の大切さをお話していただけます。テ・ポロハウ氏は、自らの役割、水に関するお話をしていただけます。
お三方が同時に集まるということは、なかなかありません。この機会に、ぜひご参加くださいませ。
お席に限りがございますので、お早目のお申し込みをお願いいたします。

下記の写真を↓クリックしてください。申込みサイトへ変わります。
khoenkai_20120509131355.gif
情報サイトリンク

◆地震情報《気象庁》
◆火山情報《気象庁》
◆台風情報《気象庁》
◆警報・注意報《気象庁》
◆海外の地震情報《JIS》
◆マーケット情報《ロイター》

イベントのお知らせ
最近の記事
関連サイト
検索フォーム
年別アーカイブ
携帯用QRコード
QR