祈り合わせのお知らせ

2012.09.30.18:00

いつも真心のお力添えありがとうございます。
本日、午後の祈りを夕方6時(少し時間がおすと思います)から、祈りを始めます。
お時間の許す方は、どうか、お力添えの程を宜しくお願い申し上げます。

比嘉

中継のお知らせ

2012.09.30.13:59

いつも真心のお力添えありがとうございます。
本日、午後2時頃より、祈り合わせを行うことを呼び掛けておりました。
沖縄の大国ミロク大社より中継にて配信することができますので、お時間を合わせてともに、平和の願い祈りのお力添えを宜しくお願い申し上げます。
また、本日、夕方も予定しております。お力添えの程を宜しくお願いもうあげます。

中継先>祈りの和TV
http://inorinowa.org/tv/

祈り合わせの「中止情報」と祈りの言葉

2012.09.30.12:10

皆様、こんにちは。

本日の祈り合わせに関しまして、主催者より中止の決定が下された会場は下記のとおりです。

会場でのご参加をご予定されていた皆様、残念ですがご自宅での祈り合わせにて、
ご参加くだされば幸いでございます。

その他、中止・変更が決まった場合には、このページにて随時、更新情報をアップしてまいります。

<中止になった祈り合わせ会場>

1)奈良会場
での祈り合わせは中止になりました。


●場所

氷室神社(予定)
奈良県奈良市春日野町1-4
http://www.himurojinja.jp/index.html


<会場の変更のご案内>

1)大阪会場 ※歓心寺での開催には変更はございません。
雨天の場合、本堂をお借りしての「祈り合わせ」となりますので、よろしくお願いいたします。


●場所

歓心寺
南河内郡 河内長野市寺元 475
http://www.kanshinji.com/

●交通

南海高野線及び近鉄長野線「河内長野駅」から南海バス小深線「金剛山ロープウェイ前行」「石見川行」か、小吹台団地線「小吹台行」に乗車、 バス停留所「観心寺」下車

●集合

午後1時50分 歓心寺 本堂前
茶色の帽子、紫色のスカーフ着用の龍見さん(女性)がお待ちです。



祈り合わせでの祈りの言葉

※祈り合わせでは、みなさんが自由に祈りを行ってくださいませ。もし、どのように祈ったらいいかわからないと、お迷いの際には、下記の「1日の祈り」をご参考にしてください。



 「一日の祈り」

私たち、一人ひとりが人としての生きる意味に気付き、
日々の生活の中に
「愛・幸せ・喜び・豊かさ・平和」があることを知り、
一人ひとりが、神の心を知り、自然のありがたみを心で感じ、
祖先の思いを心で受け止め、また人の心の大切さを知り、
一人ひとりが良き世の中、良き未来の作り手として、
次の世代への導き手となれるよう、心より願い祈りいたします 。

神・自然・祖先・人に対する、
「罪穢(けが)れ、身の過(あやま)ち、行いの過ち、言葉の過ち」をお許し下さい。
そして神、自然、祖先、人に対する、
「命、恵(めぐみ)、愛、支え、導き」を頂きまして感謝申し上げます。

「宇宙の仕組み、自然の仕組み、命の循環の仕組み」
これらが狂うことなく、
私たち人間が、日々の暮らしの足元に、
「愛、幸せ、喜び、豊かさ、平和」が有ることに気づき、
人として遣(や)るべきこと、成しえることに気づき、
「人として覚醒すること」を導き下さりますよう、
お願い申し上げます。

人々が眠りについた時、
その日に憑(つ)いた、いかなる、因果、因縁も清め、改め、洗い流し、
心と身体の疲労を取り除き下さいまして、
翌朝、目覚めたときには、「生きる喜び、生きる力」に満ち溢れた心持ちで、
新たな朝を迎へ入れることが出来ますよう、
見守り、導き下さりますことを願い祈り申し上げます。

人々の心が、平穏、平安、安定、平和に。
そして、この世の中が、平穏、平安、安定、平和でありますように。

9/30合同祈り合わせの「最終ご案内」

2012.09.29.18:27

こころの架け橋 祈り合わせ開催のご案内

・・・9月30日(日)祈り合わせ開催のお知らせ・・・・・・

こころの架け橋 祈りの和9月30日、祈り合わせのご案内を致します。

今回は、下記6会場に於いて祈り合わせを開催いたします。
是非、各会場にお越し頂き、同じ想いをお持ちの皆様と祈り合わせにご参加下さい。

尚、台風の接近により各地にてお清めの風雨が予想されますので、くれぐれもお怪我、事故の無いようご注意下さい。
また、ご都合がつかない方は、同時刻にいらっしゃる場所から未来への祈りを奏上いただけますと幸です。

祈りとは、手を合わせ想いを言葉にするだけではなく。
未来への夢をこころに描き、それを言葉として宣言し、それに向かい自らが歩む事。
日本人が古来よりこころに持ち続けている大切なこころ。
全てに生命が宿り、全てに神聖を感じ感謝を捧げていたこころ。
忘れかけていたその想いこそ、今、何よりも尊い宝物といえるのではないでしょうか。

「今回の祈り合わせのテーマ」

今回の祈り合わせは

 -未来の平和を創る-

このテーマにより祈り合わせを開催いたします。
皆さまそれぞれが、平和な未来をこころからイメージし、描き、その為に今考えねばならぬ事を想い。そして、現在の混乱した世界情勢にのまれることなく、平穏、平安な心持ちで日々を過ごす事を願い、祈り合わせを行ってください。

また、いらっしゃる場所から祈り合わせに参加する方も、同様のテーマにて祈り願い頂けますよう、お願いいたします。

「全会場共通 祈りの言葉」

比嘉夫妻により日々奏上される、朝・昼・晩の祈りの言葉をひとつにまとめ、一日の祈りの言葉と致しました。各会場共に祈り合わせの始めに下記の言葉を奏上してください。

・・・一日の祈りの言葉・・・

私たち、一人ひとりが人としての生きる意味に気付き、
日々の生活の中に
「愛・幸せ・喜び・豊かさ・平和」があることを知り、
一人ひとりが、神の心を知り、自然のありがたみを心で感じ、
祖先の思いを心で受け止め、また人の心の大切さを知り、
一人ひとりが良き世の中、良き未来の作り手として、
次の世代への導き手となれるよう、心より願い祈りいたします 。

神・自然・祖先・人に対する、
「罪穢(けが)れ、身の過(あやま)ち、行いの過ち、言葉の過ち」を
お許し下さい。
そして神、自然、祖先、人に対する、
「命、恵(めぐみ)、愛、支え、導き」を頂きまして感謝申し上げます。

宇宙の仕組み、自然の仕組み、命の循環の仕組みが狂うことなく、
私たち人間が、日々の暮らしの足元に、
「愛、幸せ、喜び、豊かさ、平和」が有ることに気づき、
人として遣(や)るべきこと、成しえることに気づき、
「人として覚醒すること」を導き下さりますよう、
お願い申し上げます。

人々が眠りについた時、
その日に憑(つ)いた、いかなる、因果、因縁も清め、改め、洗い流し、
心と身体の疲労を取り除き下さいまして、
翌朝、目覚めたときには、「生きる喜び、生きる力」に満ち溢れた心持ちで
新たな朝を迎へ入れることが出来ますよう、
見守り、導き下さりますことを願い祈り申し上げます。

人々の心が、平穏、平安、安定、平和に。
そして、この世の中が、平穏、平安、安定、平和でありますように。

「参加者各自の祈りの奏上」

各会場共通の祈りの言葉に続きまして、出来ましたら、ご参加の方それぞれが祈りの言葉を声に出し奏上してください。
大切な方への、大切な未来への、未来の平和を創ること、様々な願いをイメージしてこころから感じる想いを自由にお話しください。
言葉がつかえたり、上手くまとまらないとかを気になさらずに、作法礼儀に囚われることなく、こころからの想いを奏上してください。

「ご参加の皆さまにて親睦を深めて下さい」

祈り合わせ終了後、是非、その場にいらした皆さまで、懇親のひとときをお過ごし下さい。同じ想いを持ち集ったご縁を大切にして頂ければと願います。


・・・9月30日祈り合わせ開催会場のご案内・・・・・・


「日 時」 

平成24年9月30日(日)
午後2時から ※各会場共通です。

「内 容」

●地域の祈り合わせ発起人が全会場共通の祈りの言葉を奏上いたします。
 それに合わせて、こころからの祈りを捧げて下さい。

●その後、ご参加下さいました皆さま独自の祈りを、声にして下さい。

●祈り合わせ終了後、ご都合がよろしければご参加の皆さま同士、親睦を深めて下さい。

●参加ご希望の方は下記会場へ直接お越し下さい。

●各開催地の諸施設と祈り合わせは関係ありません。
 各施設への道順以外のお問い合わせはお控え下さい。


「実施会場」  


・・・1.東京会場・・・

●場所

瀧泉寺(目黒不動尊)
東京都目黒区下目黒3-20-26
http://park6.wakwak.com/~megurofudou/top.htm

●交通 

渋谷駅からバス、東急目黒線 不動前駅から徒歩10分位

●集合

午後1時50分
竜泉寺仁王門を入り正面左手にある独鈷の滝前にて
黄色い旗を持った福島さん(男性)がお待ちです。


・・・2.静岡会場・・・

●場所

富士市岩本山公園
静岡県富士市岩本字花木立 1605
雨天の場合は、正面駐車場にて開催

http://www.hellonavi.jp/fuji/shisetsu/119.html

●交通

新富士駅から車で約25分。JR富士駅から車で約20分。
富士IC から車で約20分。

●集合

午後1時50分
富士市岩本山公園山頂高台(鉄塔前)
雨天の場合は、正面駐車場に集合

いのちの和と描いたのぼり(紙製)を持った金刺さん(かねざし/男性)がお待ちです。

・・・3.名古屋会場・・・

●場所  

熱田神宮
http://atsutajingu.or.jp/jingu/

●交通 

名鉄本線神宮前駅下車 徒歩で10分くらい
地下鉄名城線神宮西駅または伝馬町駅下車 徒歩で15分くらい
自家用車の場合は、東門、西門、南門にそれぞれ駐車場があります。

●集合

午後1時50分
熱田神宮内楠さん前(本殿と南門の中間で、蛇が住んでいる楠で有名です)
楠さんの前で紺色の帽子を被った青山さん(男性)がお待ちしています。

●備考

10月7日(日)と8日(月)の両日とも、熱田神宮で行う予定です。

・・・4.奈良会場・・・

●場所

氷室神社(予定)
奈良県奈良市春日野町1-4
http://www.himurojinja.jp/index.html

●交通

JR奈良駅・近鉄奈良駅から奈良交通の市内循環バス約5~10分、氷室神社・国立博物館前にて下車すぐ。徒歩の場合、近鉄奈良駅から約15分


●集合

午後1時50分
氷室神社入口附近(奈良県庁近く、奈良国立博物館向かい)
「心の架け橋いのりの和」と書いたボードをお持ちの永間(ながま/女性)さんがお待ちしています。

●備考

台風上陸(接近)の場合は中止とし、自宅より祈り合わせに参加させて頂きます。

・・・5.大阪会場・・・

●場所

歓心寺
南河内郡 河内長野市寺元 475
http://www.kanshinji.com/

●交通

南海高野線及び近鉄長野線「河内長野駅」から南海バス小深線「金剛山ロープウェイ前行」「石見川行」か、小吹台団地線「小吹台行」に乗車、 バス停留所「観心寺」下車

●集合

午後1時50分 歓心寺 本堂前
茶色の帽子、紫色のスカーフ着用の龍見さん(女性)がお待ちです。

・・・6.富山会場・・・

●場所

櫛田神社
富山県射水市串田6841
http://kankou.city.imizu.toyama.jp/www/view/detail.jsp?id=36

●交通

電車&バス:JR越中大門駅→射水市コミュニティバス⑩櫛田・大門経由小杉駅線(コミュニティセントー行き)「JR越中大門駅」から乗車→「松原公民館前」下車→すぐ

●集合

午後1時30分までに櫛田神社駐車場に
車の窓に「いのりの和」と記載の紙をはり野坂さんご夫妻がお待ちしています。


●備考

雨天の場合でも決行(傘をお持ち下さい)



・・・地域での開催者を募っております・・・・・・

今回は、急な呼びかけにも拘わらず、6会場にて祈り合わせを開催出来る事となりました。

今回ご案内した地域以外で祈り合わせを実施して下さる方を募っております。
開催に難しい事はありません。共通の祈りの言葉を読み上げていただく事と、ご自身の願いを言葉としていただくだけです。
そして、お集まりの皆さまとの心の架け橋を繋ぎ、その地域での和を結んでいただければ幸です。

●北九州 宗像大社にての祈り合わせを、どなたか取りまとめていただけませんか?
その場所にての祈り合わせにご参加を希望する方がいらっしゃる様子です。

名乗り出て下さる方がいらっしゃいましたら、是非、集合場所などを決めて下記にお知らせ下さい。その情報をメルマガ、ブログなどでお知らせさせていただきます。


(地域の祈り合わせ開催希望は)

a@santanokuni.net までメールにてご連絡下さい。

対応はごく少数の有志にて行っております。そのためお返事が遅れる場合がありますので予めご了承下さい。
また、携帯メールでのお問い合わせの場合は、santanokuni.netからのメールが着信できるようにドメイン解除などの設定をお願いいたします。

26日の中継書き起こし文章

2012.09.29.10:05

いつも真心のお力添え、ありがとうございます。
沖縄は、台風にて、外は、雨風が狂ったように吹き荒れております。

さて、先日の中継第二部に入る前に、付けたしでお伝えしたいことがございます。

前回の文で申し上げましたが、戦争になれば、原子力発電所が、攻撃の的だと申し上げましたが、少し、考えてみていただければ 解ると思います。
イラクや北朝鮮、イランなどが、原子力発電所を建築すると、それは、核兵器の燃料採出工場であり、核兵器工場だとアメリカを中心に世界の国々が、阻止しようとやっきになっておりました。
イラクに対しては、過去アメリカが、国連軍を含めて、総攻撃をかけ戦争、破壊攻撃をいまだにかけております。
そして、イランに対しては、イスラエルが攻撃しようと伺っている状態であります。
北朝鮮に関しては、中国の絡みから、6か国で中止させようとやっきになっている状況であります。
そこで、私達日本という国には、原子力発電所という施設が17施設あり、燃料再処理工場というものは、核兵器の燃料採出工場になりかねない施設でもあります。
私達日本人は、平和憲法第9条により、そして、非核三原則を掲げた国家であり、教育を受けてきました国民にとって、原子力発電所が、核兵器燃料採出や核兵器の核弾頭を日本で製造するという概念も意識も、持たない人たちがほとんどだと思います。
しかし、外国からすれば、特に近隣諸国、韓国、北朝鮮、中国にいたっては、歴史教育の中で、第二次世界大戦から、それ以前の日本の国が侵略行為を行った、虐殺を行ったというような教育をしております。
国民に対して、日本という国を脅威になる国であるという教育を一部行っていることは、事実であります。
これまでの歴史観に関して、確かに、日本が行った行為に関しては、過ちも犯したのも事実ですが、すべてがその教育が正しいとは言えないと思います。
過剰に作り上げられた歴史も、一部あるかと思われます。
それは、両国の自分の国を愛する感情から、違いがあっても当たり前だと思いますが、しかし、近年に至っては、にほんというくにに対する 歴史の教育が、かなり偏った教育を隣国では行われているように感じています。
この様な教育を受けた人達が、日本にある原子力発電所が、大変な脅威に思われているのは確かだと思います。
ですから、日本側の国民が思っている以上に、実際に争いが起これば 近隣諸国の人達は、日本が持っている原子力発電所が核施設だという情報操作がなされ、本当に恐怖から、そういった施設を真っ先に攻撃される確率が高い、まず、攻撃されるだろうと啓示では伝えられております。
私達は、やはり自分の国、目先だけではなく、隣国の事も真剣にどのよな意識を持って見ているのかという事を含めて、考える時期にあります。
冷静に対応対処する意識が無ければ、集団意識の中で本当に最悪の状態になるという事を改めて伝えたいと思います。

そして、今回の台風についてもお話しさせていただきます。
今回、中国ではなく、日本を縦断してゆくということは、日本の政治的な事に対する大きな清めと考えてよいと思っております。
風は、世の中の改めの意味があり、政局の改め政治経済の改めであると思っております。また、雨は、地震噴火の改めとなり、そのことから、水、雨が多く降った所がどこになっているのかという事を見てもらえば、おおよそ次に来る地震の予測が立つのではないかと考えております。
しつこいように申し上げて、申し訳ないのですが、政局も経済も、そして自然災害も、今、一気に重なりあって、大きく動こうとしています。これらが本当にどこに流れてゆくのかということは、人間の行動、想念によってきます。
その為にも、どうか、祈り合わせにお力添えいただけますよう、また、呼びかけていただけますと幸いでございます。

***第二部中継 書き起こし内容***
※※中継をそのままに書き起こし、解りにくい部分の加筆をいたしております。書き起こしということから話言葉のままにしております。ご了承くださいませ)


すみません、また 改めて お話にお付き合いください

今後私としましては、10月2日に神戸空港へ行き、そこから車で移動しながら、五日あたりに関東へと入ろうかと思っております。
実際には、神戸から神鍋を通り日本海へ渡り、そこから北上し福井、石川県の志賀、新潟柏崎刈羽原発まで祈りをして福島の方から関東へ戻る予定でございます。
本音申し上げますと以前でしたら、3日間徹夜で移動するのは、これまででしたら可能でしたが、実際に体力が落ちておりまして、前回九州から東京へ上がるにしても、以前でしたらノンストップでトイレ休憩でぐらいで、一気に東京にはいることが可能だったのですが、前回は、東京に入るまで2日間かかりました。
年々、体力がついてゆかないという事は現実でございます。でも、どうしても御神事的にも日本海側から回り祈りをしてまいりたいと思っております。
最悪の場合は、7日ギリギリに千葉の勉強会に入る状況になりかねないと思いますが、日本海をまわってゆくつもりでございます。
現在は、先程の言いましたが妻が、このパソコンやホームページなど様々なものを手繰りでいま一生懸命、改善しておりますが 今後、10月からは、私に伝えられてくる啓示の中を整理したうえで、きちんとした情報を流してゆきたいと考えております。

今後の予定としましては、月初めに私と妻の祈り合わせの映像から始まり、妻の毎日の言葉は、申し訳ありませんが、月曜日から金曜日とさせていただき、土日は、御神事という形を取らせていただこう思います。
そして、月の始め頃は、私共の活動の賛助活動として、被災地へ当方で作っておりますミネラル塩を送らせていただいております。
実際には、12月まで1000袋の塩を被災地へ送ろという活動現在もしております(※塩・ミネラルの必要性は、祈りの和TV内にあります、動画や当方のウェブショップをご参考くださいませ)

その製作にあたり、配布されました先のお声や活動の状況を記したものを制作部便りとして、10月の頭から出来ましたら、毎月最初の月曜日あたりにもしくは、曜日ではなく、日付を決めて流してゆきたいと思っております。
2週目は、勉強会にてそういった情報を流しお伝するよう行いたいと思っております。
そして、3週目に御神事、4週目に、ウェブマガジンというのか、もともと小冊子を紙ベースで配布しようと思っていた経緯がありましたが、それをウェブマガジンという形にして、ネット経由ではありますが、情報を文字ベースで伝えたいと思っております
その活動の中で、私どもの個人祈祷や沖縄巡礼等を行ってゆきたいと思っております。
そして、海外の御神事と含めて組み合わせながら、毎月きちんとした情報を流してゆきたいと思っております

さて、賛助会に関しましては、改めて文章でもう一度伝えてゆきたいと思いますが、これまで行ってきた賛助会会員の仕組みを改めて皆さんに呼びかけたいと思っております。
ミロク会も呼びかけをするとずっと言っておりますが、本来であれば、10月の頭には、形にして流さなければならないのですが、やそこに関わってくださっているスタッフの人達と、しっかりと決めて行動に移さなければなりません。
もう、いつまでも先延ばし出来ないので、そうゆう事できちんとした形で 10月の2日、本州へ上がる前までには、なんとかその情報を ブログ メルマガ いろんな形で お伝えしたいと思っております。
新しく組み直します、賛助会、並びにミロク会につきましては、改めてお伝えしたいと思います。

今後、私どものブログにトップページがありますが(日々の祈りのブログとは別に、関連サイトが一覧で掲載されております場所がございます(http://inorinowa.org)) そのトップページにありますカレンダーに10月までに、今年、そして、来年の3月から6月までの予定を書き入れて、それに合わせての御神事を行いたいと思っております。

いつも私の場合は、ギリギリで情報を発信しておりますが、事前に上記のカレンダーなどにて情報を発信し、そこから、変更があるならば その都度改めた形で伝えてまいります。
御神事の流れとして参加して下さる方、祈り合わせとして同じように集まってくださる方の呼びかけも改めてまた行うと思いますが、その際には、よろしくお願いします。 
今後、私自身、個人祈祷や沖縄巡礼も勉強会同様、御神事の一環として改めて組み入れてまいります。

参加される方自身が、今、その方の中に抱えている問題だけでなく、内に秘めたものを自分自身できちんと知り、自分の役割を果たす事が出来るように導き、また、共に導かれたいと思っております。
ですので、沖縄巡礼という形で、聖地の中で、本当にいろんなエネルギーを感じていただき、自分で繋がっていただき、そして、感じた事や気づいたこと、新たに決意したことなどを、自分の役割として行う。その為に私に出来る事のお手伝いは、強くさていただきたいと思っております。
これに伴うものとして、四神獣の北の玄武・青龍・朱雀・白虎や、龍の玉などといったものをご参加される方にはお渡しし、一人一人、見えない存在達に守られ、導かれながた、また、自分自身でも身を守りながら、自分自身の役割を果たすようにお渡ししたいと考えております。
目に見えない存在の中にも、足をひっぱろうとする存在もいますので、そうゆう物からきちんと守られ、ご自身の役目を果たす事が出来るように、私も精いっぱい努力させていただきます。
そういった意味で 個人祈祷、沖縄巡礼を改めて再開しようと考えております。
従来の沖縄巡礼と個人祈祷も行ってゆきます。改めて、この呼びかけもさせていただきたいと思っております。
(※以前、私共は、見えない存在を感じたり、聞こえたりされる方がおこしになられた場合、見えない世界へ興味を持つのではなく、普通の生活をされることを促しておりました。それは、そのような事で来られる方の殆どが、お子さんが産まれたばかり、もしくは、まだ、母親を必要とする小さいお子さんをお持ちのお母さんや、見える聞こえるという事から人生を投げている方が多かったからです。その為、親御さんであれば、お子さんが手が離れるまで、見えない世界との深いかかわりは、待っていただく事も可能であることをお伝えし、お子さんを育てる事も御神事、次への命を繋ぐ、育てるという御神事であるとお伝えしてきました。

未婚の方には、出来るだけ伴侶や共に生きる方と生き、人と人との深いかかわりが、見えない存在とのかかわりにおいても大切であるという事をお伝えしてまいりました。しかしながら、その方々の行方を聞くと結果どこか別なところでも相談され、見えない世界へ邁進しているということも伝えられてきました。また、現状、世の中の情勢も難しくなってきていることもあり。出来るだけご本人のやるべき事が出来るようにお手伝いしてゆく方向へと変えてゆくこととなりました。「従来の」というのは、現実の生活から少し離れ、聖地という場所のエネルギーを感じていただき、再び、世の中を渡ってゆく、自分の進む方向を力強く歩む力を頂くように行ってきました巡礼、個人祈祷の事をさしております)

そういう事を私が申し上げますと、宗教活動をし始めたとかいう方も実際現れると思いますが、私は、未来を創る為の神事を本気でやる方々と力を合わせてゆきたいと思っております。

自分の出来るきる事をきちんとした形で行ってゆきたいと思っております。いろんなことを言われようが、自分は 自分の思いや信念を自信を持って御神事を今後も続けてまいります。
そして、沖縄含め日本全国、海外も含めて御神事を行ってまいります。
その都度、多くの方々に呼びかけて祈りあせのお力添え、支援の願いを行ってまいります。
本当に今後、人の顔色を見て御神事をしていると手遅れになる。こういった事を行っておりますと、内外関係なく、色々な事が耳に入ります。気にしていないつもりでも、気になってしまうこともあります。しかし、本当に、今やらなければいけないことが沢山あります。そして、今、それらの行動、行いをこれまで以上にきちんと行ってゆかねばなりません。
それは、何十年という歳月をかけて一つ一つ結んでは組み直し、仕組みを作っては、壊され、また、改めて作りなおし、新たな変化に合わせ御神事してゆく。
常に未来は変化してゆきますから、一度結んだ御神事も、それに合わすように、結び直しをし、新たなものに沿った仕組みをつくってゆき、それに対して、そうなっては困る存在に壊されれば、また、仕組みを作り直す。永遠とそれを繰り返し、繰り返しばかりではありませんが、本当に未来を善くする為に、続けてまいります。
私の啓示では、最悪の出来事が起こるとして実際2015年とう言われていたのが、現在は、2016、17年と年月が先送りされております。
それだけ戦争の回避が、戦争が起こることが遅れた、今の状況としては、危うい状況ではありますが、その分、世の中の人が気づき、善き未来への行動を起こす時間が増えたということであり、戦争を回避することが、一層可能になったと理解しております。

私もあと5年、2016年から17年まで、この身体、体力が続く限り2017年以降も、自分の御神事を行ってゆくつもりでございますので、どうか、お力添えの程お宜しくお願いいたします。

これまで何度か申し上げてきましたが、一つ一つの御神事が一回で完結ではなく、また、一仕組みの御神事で完結ではなく、一つの御神事が次に繋ぐご神事であり、それは常に繰り返ししてゆくものです。
ですから、今回の23日・30日・10月7日・8日という形で、常に御神事を繰り返しながら、未来を創る・繋ぐ仕組み作り命を創る、循環を創る。
色々な御神事の流れやその中で、出来るだけ自然災害を分散分割し小難無難になるよう、政治経済の流れやいろんな流れをすべて組み合わせながら、何一つ無視することなく、見落とすことなく、しっかりと創ってゆかなければなりません。
その為に、いろんな意識・いろんな視野で物事を見、考え、感じ、そこの中で、伝えられた事をきちんと自分の頭、心の中で考え、そこから行動してゆく形になりますので、どうか皆さん、お一人一人の力添えというものは、どうしても、大きな支えとなり後押しとなり、未来を創る原動力となります。
そして、一人一人がそこに参加する事で、確実なものになってゆきますので、どうかお力添えの程をよろしくお願いいたします。
本来なら、9月の初めか、10月には、以前2007年に行ったペクト山、長白山に中国側から入り、一旦戻り、韓国へと入るという御神事を行う予定であったのを、実際には行けない状態でございました。

その前には、日本全国を船、大海をフェリーで渡り、最終的にはフェリー回りで福井から韓国のプサン港へ入り御神事を行い、戻り、長崎へと入り、また日本列島を一周周る予定でおりましたが、実際には、出来ませんでした。
体力の面もありましたが、お恥ずかしながら、資金の面にて色々な事を含め出来ませんでした。
今回、正直な所、10月8日が終われば、もう一度中国は入れるならば入り、韓国へも入れるならば入ろうかと考えております。

出来るならば、ウラジヲストックから入りたいと考えております。それは、前回にウラジヲストックに行った際に、ガイドの方が安全に北朝鮮に入ることが出来るという事を言っており、その方によれば、日本に伝えられている情報は、嘘の情報を掴まされているという事を言っておりました。また、実際に、北朝鮮は、生活面は安定しているという事も、このロシアの方が言っておりましたし、日本の方もガイド案内をしているということを言っておりました。
そういったこともあり、出来ましたらウラジヲストックから北朝鮮へと入り 祈りが出来たらと思っております。
また、ウラジヲストックから北朝鮮、そして韓国と両方へ入ることが実現できないかと考えております。
そこには時間と実際の予算と、政治的な情勢を見ながら決断しようと思っておりますが、できたらやはり啓示的な事や、情勢からの今後を考えると10月15日以降に行けたらと思っております。

ですが、11月の末から12月初めは、グアテマラに行く予定でおります。そこにもゆくことが出来るのかという事を含めて、考えなければなりません。今回グアテマラ御神事をツアーとさせていただいておりますが、ツアーを組むにしても、自分たちの費用は、殆ど自費です。蓄えた費用でおこなっております。 
それは 御神事は自分のやるべき行いでございます。そのような気持ちで行っております事から、グアテマラも自費で予算を作りゆこうと考えております。
そこに韓国・北朝鮮・中国に行くと、グアテマラに行けるのかという事を真剣に考えなければなりません。
生放送でいう事ではありませんが、このような現実の状況の中で、実際には行かなければならないと啓示では強く言われているのが実情です。
10月何とか計画を立てて行きたいと思っておりますが、お金の問題ではなく、安全の問題、現在の国際情勢の中で行って安全なのかという事を考えなければいけません。10月頭には、決断しないとなりません。

その後にグアテマラ御神事は、東南アジアと関係ないのではなく、地球規模の未来に関する御神事であり、地球の再誕生、地殻変動に対しての御神事であり、そして、人類の文明を含め、ムーやアトランティス、そして宇宙にかかわりのある中で、これからの未来の中で大きくかかわりのある場所として、強く伝えられている場所であります。
だからこそ、昨年グアテマラに行き、6月には、アレハンドロ長老、エリザベスグランドマザーを招いての御神事を行い、そして、ポロハウ長老が加わり、御神事を行いました。
今回、改めてグアテマラに行き御神事し、日本に戻り2012年12月21日に冬至でしょうか、その日に、日本の地で改めて御神事をして、未来に新しいスタートを切る為の大事な御神事となっております
だからこそ、呼びかけではツアーと呼びかけてはおりますが、実際には、大変大事な御神事で、多くの方に参加していただき、そこでファイヤーセレモニーだけではなく、マヤ文明・文化のピラミッドを通し、そこで宇宙と調和しアトランティスと調和し、帰国してきてからは、日本にてムーと大地の母とを結び、本来のムーとアトランティス時代の大きなの大宇宙時代に向かう御神事であります。
そういったことからも、多くの方に参加していただきたいと思っております。多くの方が賛同していただき、そこで、本当にこの御神事の中から、自分自身の今後の歩みと役割とを感じ、考えていただきたいと思いますと共に、地球の新たなスタートを切る為の御神事にどうか一人でも多くの方に参加していただければ幸いです。

やはり、私の中では、一つ一つが全て御神事の流れとしての大事な動きであり、結びであり、仕組み作りであり、未来作りであり、世の中の行く末を決める行いであるとして行動しております。

だからこそ、一つ一つの出来事は、無視できることではなく、一つ一つきちんと組合わせて仕組みを作ってゆかなければならない
ものであります。神ごとと言っておりますが、多くの方が様々な形で今の世の中を背負っております。一人の行いではなく、みんなが力を合わせて善き未来への一つの仕組みを作り、循環を築き、より良い未来を創ることが本来の神ごとと伝えられております。
私達の御神事的な話で言わせてもらえば、天地陰陽結びという意味合いから、陰陽の神開き・神結び・神調和・たかみ結びという言い方をしてまいりました。
それはすべての役割と持つ人たちが、力を合わせないと成し遂げることができない事業でございます。

どうか そこを理解していただき一人一人のお力添お貸しくださいますようお願いし致します。
能力のあるなしではなく、一人一人の真心が、世の中をつくる原動力となり、形として現実化するということをご理解していただきたいと思います。

改めて30日の祈り合わせ、自分の好きな聖地といいましたが、それは、どこでもいいです。
何かを感じる聞こえるという方なら、自分の聖地を感じていると思いますが、そういったことはなくわからない方は、ご自身の好きな神社仏閣でも構いません。または、山の山頂や岬の先端・湖・川・自然の場所でも構いません。
自分が心地よい、ここで祈ると落ち着く、さわやかな気持ちになるそういった場所で構いません。
自分の好きな場所で構いません。聖地というのは、自分の感じる所、好きな場所で構わないので、そこでお祈りして下されば幸いです。 

今日は、色々な事をお話しさせていただきましたが、伝えたい事は、本当に日本という国が、どこに進むのか。アジア全体を含めて、世界を含めて、世界の情勢も含めて本当に真剣に考えなければ、アジアから第三次世界大戦が発展する恐れがあるということを知って欲しい。このままでは、日本も平和国家である続けるという事が難しいという事を知って欲しいということです。
今、日本という在り方に真剣に向き合って欲しいという事をお伝えしたかったのです。

そして、祈りを通して、まずは祈りを通して、願い祈り気付き、そこから行動し、未来を創ってゆくという事、その行いが、自分の天命を全うする行いになり、導きになり。多くの出会いを通して自分の人生の中で、天命を知り行動に移す。そして未来を本当に良くするという事が、出来るという事伝えたかったのです。

出来るだけ多くの人達に祈り合わせにご参加していただき、お力添えいただきたいという事を訴えさせていただきました。
本当にお恥ずかしながら、活動する為に、祈り合わせ並びに、ご支援もお願いしますというお願いでもありました。
また、改めて、環境を含めて真剣に物事を考える為にも、勉強会にご参加くださいませという呼びかけもさせていただきました。
今後の私達の活動をどのように情報を発信してゆくかという事も、大まかにですがお伝えさせていただきました。そこから確実に、一つ一つ行動を通しながら皆さんに情報を発信してゆきながら、祈りやいろんな形で現実の行いの行動の中で、力添えを頂きながら未来を創って行きたいという呼びかけでもありました。

いろんなことを申し上げておりますが、今、本当に一人一人が出来る事を形として行いたい。皆が協力して未来を創る為に行動してゆかなければならないというところを何度も呼びかけておりますが、どうかそこのところをご理解いただきお力添えいただきますようお願い申し上げます。

そして最後に、日本には、今、本当にいろんな方々がたくさんおります。
いろんな情報を流す方がおり、でも情報をきちんと色々な情報の中で正しい情報を自分で知り、その情報に振り回されることなく
パニックを起こすことなく、冷静に物事を図っていただきたいという事も何度もお伝えしてきました。それも改めて、文章やメルマガでも含め勉強会でも伝えてまいりたいと思います。

ただ、本当に地球は生きている以上、大地震も来ます、大津波もまた改めてきます。富士の噴火も含めて、いたる所での噴火も来ます。それは避けようがない、実際に過去歴史から何度も起きていることは、地球の営みでもありますし、それを大きくするか小さくするか、分割するかということは、私は、それは出来ると思っております。
それでも 起きる地震は かなりの大きな地震になると思います その時に福島のような臨界事故が起きるのか、それを回避するのか、しないのか、地震が起きた時に多くの命を守るのか、守らないのか、守れるのかという事は、やはり一人一人の意識があってこその事であり、パニックに陥ることなく一人一人の行動が、正しい行動であれば、多くの命を救えます。
また、福島のような事故はなくなるし、いろんな意味で対応対策が取れると思っておりますので、そこも踏まえて伝えてゆきたいと思っております。

最後に 沢山の人が中東問題に対して聞いてきます。
イラン、イスラエルの核戦争、そこにアメリカのちょっかいが入り、ヨーロッパも行っておりますが、イスラエルとイランがもし戦争をおこなったとして、そこから第三次世界大戦に流れるようなことは啓示的には、大丈夫だという事を伝えられております。
それが、100%大丈夫だという事はあり得ないと思いますが、第五次中東戦争に発展する。そこに核が使われたとしても 、国々が確実に冷静な対応をし、そこに一気に混乱を招くような、一時のパニックは起きるとしても、冷静な対応、対策でそこから第三次世界大戦につながるようなことは起きないだろうと伝えられております。

しかし、来年3月に本当に心配なのは、パキスタンあたりの核弾頭ミサイルが発射されるのではなく、核弾頭が、テロリストの手に渡り、アメリカやイギリス、ヨーロッパ辺りでテロが起きる。アメリカ本国ではなくとも、アメリカに関わる所で大きなテロが起き
ることになれば戦争以上に全世界の人々に恐怖をあおる。それは目に見えない敵との戦いですから、そこからの恐怖というのは世界をパニックに陥れる、冷静さを無くす。そこから、宗教的な弾圧や国民的な人種的な弾圧が起こる。
そういったところから来る憎しみ、根の深い争いから、最終的にはテロを通しての混乱から、第三次世界大戦以上の恐ろしい流れになってゆくという事を伝えられており、それだけは、回避しないとならないと強く伝えられております。

日本では、先に言いましたように、中国・韓国・ロシア・台湾・フィリピン・タイ・インドネシア・ベトナム・カンボジア・ラオスを含め、インドも含め、そこでの国益私利私欲の争いから起こるのは、第三次世界大戦への流れとなるというところで大変注意を言われております。

ですから私は、今年、来年から再来年2012年、13年、14年、15年までは本当に何があっても、最悪の事態を避ける為の御神事を行いたいと思っております。
それには自然災害も自然環境も、そして、天災も含め日照りや雨いろんなものを含めて、自然に関わる災い、更には、経済や政治、病・感染病・伝染病を含めて、かなりの大きな視野で物事を見ながら御神事をしてゆかなければいけません。
ですが、これらに関する御神事を行うにあたって、自分自身一人で飛び回る、妻と飛び回るだけでは、もう限界にきています。
多くの仲間、多くの志を一つにする人達と力を合わせて未来を創る為に、祈りを通し、現実的な行動、それは、目に見えない世界だけでなく、現実的な食や農業や林業漁業も含め、食という問題も含めて、食べる食、そして、生活する為の職 仕事ですね。それも含めてきちんとした形で、経済も含め政治も含めて、いろんな形で何をしてゆくべきかを現実的な問題と、目に見えない世界をきちんと分かち合いながら、協力しながら、理解しながら、そして学びながら、未来をどうすべきかを共に考え、行動をし創ってゆきたい、その活動を本格的に行わなければいけないと思っております。

どうか 一人でも賛同して下さる方がいれば どうか力添えいただけますよう どうかお願い申し上げます。
長いお時間お付き合い下さいましてありがとうございました。
明日明後日は、私用をすませ、30日の御神事の準備をいたしたいと思います。
そして、10月には一歩一歩確実に未来を創る為の行動として、神事を行ってゆこうと思っておりますので、どうか、今後とも皆様のお力添えの程をよろしくお願い申し上げます。

そして、どうか祈り合わせに参加していただけますよう、どうか、お願い申し上げます。
それと、本当に勝手なお願いではございますが、中国、韓国、北朝鮮に御神事にゆけるようご支援いただけますと幸いです。
今後の御神事が出来ますようどうか、お力添えの程をよろしくお願い申し上げます。

本当に勝手な願いと勝手な言葉だけ申し上げて、申し訳ございませんが、私の中では、常に政治も経済も今回の台風も含めて、すべていろんな形にて、伝えられております。
台風の流れも、皆さんよく見てみてください。本当に大きな流れがある時に、その問題があるところにその台風がゆきます。
台風の通り道、通った後それも含めて、見てみてください。台風は、私の中では、世の中の大きな清め改めであり、よく大雨が降ったら地震が来るといいますが、私は、その大雨で地震がきたと啓示では伝えられません。大地震が来るからそれを大雨で大難を中難にしたと小難にしたと伝えられます。その火の動き、大地震、大噴火が大きいと大きいだけ水の動きも大きくなり、それが大きな災害となると伝えられます。だから、地震、津波、噴火は、予測、余地が本当に人間にとって難しい。しかし、台風は、来る日も、風も雨も含めて事前に予知ではなく、事前にわかります。
それを知ったうえで、自分の行動で、難を逃れ、命を守る最低限の財産を守るという行動が前もってできます。
どうか改めて、これからも大きな台風がきますし、突発的な直下型地震もくるかもしれませんし、プレート型も来るかもしれません。このような言い方をして申し訳ございません、実際には、いつ起きてもおかしくなく、常に地震や噴火やそれに伴う津波というものを、すごい危惧をしながら政治経済をなんとか善き方向にならないかと、私自身が、危機感をもっております。
だからこそ、様々な情報、啓示がきます。
ですから、沢山の方に、沢山の情報が来ているはずです。
そして、沢山の情報が飛び交っているはずですから、そこでどうかパニックになることなく、実際に起きたとしても、なんとか対応対策を取って、自分の命、自分の家族、大切な人、財産を守る為にその意識を持っていただきたい、対応をしていただきたいと思っております。
そして、パニックを起こし集団的な意識の中から、間違っても一気に戦争への道へいかないように冷静に対応できるよう、心構えて欲しいと思います。

それでは、また、改めまして、10月のはじめ、9月30日の祈りが終わりました翌日にお伝えしたいと思います。
そして、配信しました映像は、出来るだけ早く文章としてお伝えしたいと考えております。なぜなら、私の情報というものは、タイミングがあります。
そのタイミングを1日逃すだけでも、世の中反映する形が狂ってしまいます。
どうしても、載せたいタイミングがあります。訴えたいタイミングがあります。ですから出来るだけ、早く映像を流す、出来るだけ早く文章を伝える、情報を流すといった形でおこないたいと思います。
そういったことから、私と妻だけではどうしてもできません。
私は、パソコンが殆どできませんので、負担が妻にゆき、一緒に行動している時には、助手席で、私に伝えられた啓示や私が伝えたい事などをパソコンに打っています。
そして、御神事をし、また、私達の活動の仕事をしております。私達2人は、殆ど365日休みなく、意識は、常に御神事の中におりますので、心から休むということがありません。ですから、今、色々な方にご協力を得て何とか分散して力をお借りしながら、正しい情報を早く出来る限り流してゆきたいと思っておりますが、仕事持ちながら私達の活動を手伝うということは大変なことです。
しかし、仕事として行っていただこうと思ったら、給料も発生してきます。
そうなると今の私達では、きちんとした生活保障も出来ない状態ではありますし、どうしてもボランティアが中心になります。
ですから、出来る限り私達も自分の所から発信してまいりますし、お手伝いできる方がおられましたら、どうか、ご協力いただけますと幸いです。
本当にいろんな形でご協力いただけますと幸いです。
また、10月1日 午後3時頃からまたお伝えさせていただきたいと思います。
長時間本当に、ありがとうございました。

※長文をお読みいただき、誠にありがとうございました。

比嘉良丸
比嘉りか

★*★*祈りの和information*★*★
下記にバナーがございますので、ご自身のブログやSNSなどにこころのかけはしのブログやメルマガのご紹介をしていただけますと幸いです。

URL
http://inorinowa.org

<11月末開催グアテマラ・ツアー>
2012年・マヤを知る旅
「セレモニーと文化・遺跡探訪(8日間)」のご案内 第1弾 

多くのマヤ族の聖地が存在するグアテマラにて、ご神事を兼ねたツアーを行います。
ぜひ、ご参加ください!

icon1-9.jpg


10月7日、8日の両日、千葉&東京で「勉強会(特別編)」を開催いたします!
<日時・会場のご案内>

●10月7日(日)「千葉勉強会」
会場:千葉市生涯学習センター内「メディアエッグ」
住所:千葉市中央区弁天3-7-7
時間:開場13:15  開演:13:30 終演予定:17:30
地図:http://chiba-gakushu.jp/know/know_04.html

千葉申込みサイト下記をクリック
icon1-10.jpg

●10月8日(月・祭日)「東京勉強会」
会場:KFCホール「106号室」(両国)
住所:東京都墨田区横網(よこあみ)一丁目6番1号
時間:開場13:15 開演13:30 終演:16:30(予定)
地図:http://www.tokyo-kfc.co.jp/accessmap.html

東京申込みサイト下記をクリック
icon1-11.jpg

●ご参加費:2000円+ラブオファー
お支払い方法:当日、会場にてお支払いくださいませ。

●ご参加方法
当日、会場への直接参加も可能ですが、50名定員ですので、予めのご予約をオススメいたします。

スタッフ一同、多くの皆様のご参加を心よりお待ちしております!

26日中継の内容

2012.09.28.10:28

いつも真心のお力添えありがとうございます。
26日、中継配信いたしました内容を文章化いたしました。
中中では、伝わりずらい部分等少し意味を足しておりますが、本人がお話ししましたままの言葉を掲載しております。

比嘉良丸、比嘉りか

**9月26日 中継より 前半分**

十五夜祭りとういう大祭、旧暦の8月15日にむけて今準備しております。
それに加え、今私の妻がブログなどに情報を流すために色々と苦戦しながらブログなどを編集しております。
本当は妻と沖縄本島のご神事に向かいたいのですが、どうしても今それらを優先しなければならず行っている状況にあります。
その間私は、自宅の神棚から、神々と様々なやり取りをしながら、今後本州にあがって10月からのご神事をいかのようにするか、今やり取りをしながらご神事の行程を決めている状態です。

本音を言いますともうご神事に集中し、ご神事を全身全霊をかけて行いたいところです。
しかしならがやはり、様々な情報を流したり、また、他の作業ある状況では、やはりすべてご神事に傾けることができず、ちょっと今本音を言いまして私自身は少しあせっております。
実際には少しどころではなく、かなりあせっております。
なにごとも起こる前に行動をおこし、何とかすべての災いを回避することができるよう本来動きたいところですが、なかなか物事が先に進まず、かなりあせっているところでございます。
とりあえずこれから話すことは明日私どものブログ、ホームページの中にあります祈りの和TVというところから録画配信するようにいたします。
前回の映像もそこで配信しており、今、パソコンの本を見ながら妻が何とか情報を発信できるようにがんばっておりますので、今後も祈りの和TVのほうへ見れるようになんとかできました。
それと今日はすべての作業をやめて私の映像とお話しします言葉を文章化し、明日にはその映像と別に文章でも流せたらと思っております。
これまでも妻が、私と共に全国を回るときに、助手席で私が神々とやり取りしている言葉をそばで移動中にパソコンに打ち込みながら、書き込みをしておりました。かなり大変な作業ですが、そういう作業を行いながら、できるだけみなさんに情報を流せたらと思っておりますが、やはり車の移動中や様々な作業をしながら、私の啓示をまた文章化するというのは大変な作業でございます。
常にできるだけ情報を発信したいところではございますが、ちょっと思うように情報を流せないところもありますのでそのへんはご勘弁ください。
それとこの中継やその前の中継の動画も祈りの和TVというところから録画放送が見れるように何とかしたいと思います。
それはブログやHPにいけば祈りの和TVをクリックしていただければいけると思います。
※祈りの和TVにて、今回、および22日の配信の動画を視聴することが可能です。ご覧ください

前々回もお話させていただきましたが、私自身のご神事は数ヶ月前とか一年前という期間の流れでやっているのではなく、母の時代から、また引き継ぎながら私の代になり、何十年という歳月をかけご神事をおこなっております。
実際にはうちの母がかみごとをし始めて沖縄で宮を構えてから来年で60年を迎えます。
それは、母が本格的なかみごとをして60年を迎えることになります。その間どういうかみごとしてたかと申しますと、神開き・神結び・神調和・たかみむすびというご神事を行ってまいりました。それは前回おはなしをさせていただきました。
それを行うことでミロクの世をつくるご神事。全ては仕組みとして陰と陽に分かれており、陰陽それぞれの神界・幽界・自然界・人間界がきちんと噛み合いながら、循環することによって陰と陽の和合調和から、永遠のミロクの世ができるという仕組みづくりの御神事であります。
この調和和合が成されるように御神事を常に行うことで、いかなる災いも大難、中難、小難、無難にし、すべての生きとし生けるものの生命と共に未来へ托されゆく命の循環、命をつなぐという意味となる御神事でもあります。
そしてそれは平和を、常に平和の世の中としてあり続けるということを目指したご神事でございます。
それも前に説明させていただきましたが、改めて説明させていただきました。

母の代からのご神事を行いながら啓示に基づき行ってまいりました。来年60年を迎えますが先ほども申しましたようにすべての命の循環、命・生命の循環、自然の循環を未来へつなぐ、命をつなぐ、そして平和としてありつづける平和をつくるという意味合いのご神事を母の代から行ってまいりました。
そこのなかで様々な啓示があり、その啓示に基づいて色んな海外や国内のご神事を行ってまいりました。 
この流れとして今年6月から7月にかけての、グアテマラのマヤ族の大長老を招いてのご神事とファイヤーセレモニー、そしてニュージーランドのワイタハ族の長老を交えてのご神事をさせていただきました。
その後改めて、国内のご神事をしながら何とか世の中の流れが良い方向へ進むことを、進むようにとご神事を行ってまいりました。

しかしながら今私に来る啓示の流れとしては、本当に戦、戦争に流れが傾く方向性へ行き、へたをすれば来年・再来年あたりから中国及び、近隣諸国と日本との些細な衝突に米国が絡み、本格的な戦争へ流れてくるという啓示が現実化するようなかたちで啓示が伝えられております。
それは長年ずっと伝え警鐘してきた事柄です。 
私の啓示の中で、2000年に伝えられていた本格的に起こってはならない啓示の一つとして、今期21世紀の流れの中で第3次世界大戦へと進んでゆく状況を見せられてまいりました。 
これも何度か伝えておりますから、また同じ話かと思う方も多くおられると思いますが、伝えられている啓示では、2001年の9・11から始まり、色んな時期、その時期の目安となる出来事が1~9段階あり、1~7段階までならなんとか方向性を変える事ができると言われていました。
8、9段階として伝えている出来事が起こりうることになれば8割以上それを回避することは難しいと伝えられていた出来事の中で、今年一番注意しないといけない状況が、韓国の現役の大統領が竹島に入る。
そして中国、尖閣列島問題、それは中国や台湾も含めてです。 それとロシア千島列島等、様々な隣国との国境がからむ政治的な対立が、将来的に衝突へと向かういう啓示でございました。
この大きなポイントとして、韓国の現役の大統領が竹島に入るということが大きなポイントの目安でございました。
実際、中国の尖閣問題をずっと伝えておりましたが、大きなポイントの目安としては竹島に大統領が上陸するということでございました。
それが、現実化になったことで私は現在かなり危機感を持っております。
ですから本来なら日本全国だけでなく、沖縄の先島諸島、与那国から八重山諸島、宮古とそして久米島あたり沖縄の離島を含め、かなりのご神事を行わなければいけない状況にあります。
本来は9月10月と行わなければいけない状況にありますが、どうしても私たちの活動をやっていくためには、その為の作業が必要となってもおり、ご神事だけ集中したいのですが、どうしても、そこに集中できず、色々この遅れのご神事をどのようにとりもどし、流れを良い方向へつくっていけるか、今、毎日やりとりしている状態です。

本当に、変な話をしていると思われる方もいるかもしれませんが、本当に私の中では10月からどのようなご神事をやらなければいけないか、常に、やり取りしてる状況でございます。
実際のところ、今の日本を含む隣国との国際情勢が、どこまで深刻な状態に流れが行くか、日本の国内政治がどのように変わっていくか。
日本の防衛という意識、国防という意識、自衛という意識がどのように変わっていくか、本当に今ひとりひとり真剣に向き合わなければ、本当に、今こそ平和というものに意識をむけて真剣に物事を考えなければ、どのような国の方向性が作られていくのかっというところを、一人一人が真剣に考えなければなりません。
…すみません私の話を理解できますでしょうか? 本当にそこのところを考えてほしいと思います。
何度もそこのところ伝えてまいりました。今日もそれを本来ならブログに何度も書き込みをして伝えたかったのですが、どうしても書き込みをしようとすると、本来やるべき妻の仕事もすべてストップさせ、かなりの仕事を負担かけるかたちになり、それが悪循環となってご神事できない状態が今続いております。 
本来なら録画をし、多くの人たちに見てもらい、そこで感じてもらいたいというところではございましたが、実際にうまく映像が撮れず、其れを見ている方々が、どこで中継や録画が放送されているのかもわからないという状況で、うまく伝わっていないのが現実であります。
ですから今、本来8月から伝えたかったことが、ほとんどブログやメルマガで伝えられず、かなり情報を先に伝えることが遅れてるのが事実です。
ですから今回、何度も映像を流して申し訳ありませんが妻に文章にしてもらい、できるだけ早く文章を流すようなかたちで、今日明日がんばっていただき流せるようにいたします。

ごめんなさい、話がちょっととんでおります。
今私は、頭の中で整理しながら話をするのが、本当、かなり厳しい状況で、おかしな話ではあるのですが、いろんな精霊やいろんな存在が、今、多く語りかけてきており、それをきちんと整理して自分の伝えたいことを伝えられるように考えながら話している状況であり、お恥ずかしながら、その多さに整理しながら、皆様にお伝えするということが、かなりきびしい状況にあります。  
ですが、そこの中でもう一度強く伝えたいのは、今の日本の国内情勢というものは国内・国外の政治をきちんと見据えて無ければ、本当に戦世、戦争の流れがいっきにすすむというのを理解していただきたいと思います。
私は、長年、自衛隊が防衛庁が防衛省になり防衛軍になると、そして徴兵制が復活すると色々言ってきましたが、現在の流れでいきますと確実にそういう方向性にいきます。 それをいろんな誘導や隣国の圧力やそして隣国の日本に対しての行いが、日本の人々を集団意識に追い込み、集団意識の中から、おかしなことにも異を唱えることができない状況から、人々みずから戦争への道に突き進む流れとなる状況が、今、目先にあるということを理解していただきたい。 
そんなことが本当に起こるのかと疑問視する人もいれば、今の状況で黙って見ておけというのかという憤慨されている人もおり、中国にそこまでナメられていいのかという戦闘的な人もいるでしょう。
しかし、このまま戦争に繋がってしまった場合、これまで過去に行ってきた戦争とは大きく異なることを理解していただきたい。
第二次世界大戦の時に広島、長崎に落ちた核弾頭、それをはるかに超える核兵器が実際に中国には何百発、何千発とあるということです。
それと通常の爆弾での攻撃、其れが日本列島にある17施設の原子力発電所へ攻撃されるようなことがあれば福島の第一原発臨界事故とは話にならない事故も起こりえるということです。
それも踏まえると共に、実際にいざ戦争になると、勝っても負けても莫大な被害ではなく、日本列島で日本の国民が住めない大地になりかねないということを理解していただきたい。
日本列島、北海道から九州・沖縄までどこに逃げても住めない状況に陥る。 放射能汚染される地域、放射能に汚染された食材や水を摂取しなければいけないという状況が、戦争が終わっても同じ状況が地上では何十年もあり続けるということを想像してみていただきたいとおもいます。

実際に戦争が起きれば2.3年長くて4.5年の戦になるとおもいますが、そのあとの日本という国が、勝っても負けてもどういう状況になるのか想像してみてください。 後悔や後悔などという言葉を発するような状況にならないということです。
本当に末恐ろしい状況がおこりえるということです。 未来に本当に命をつなぐことができる、正しい命、正常な命。本当の意味でDNAの遺伝子レベルで正常な生命を、未来に繋ぐことが出来ない状況になる得るということを理解していただきたいと思います。

 北海道から九州まで、日本列島には北海道に泊原発、青森に東通原発、六ヶ所村使用済み核燃料再処理処分場ですね。そして宮城県女川原発・福島第一原発、大事故を起こしました。福島第二原発。茨城に東海第二原発、そして静岡の浜岡原発、愛媛県の伊方
原発、鹿児島の川内原発、佐賀県の玄海原発、島根県の島根原発、そして福井県高浜原発、大飯原発、美浜原発、そして、もんじゅ、敦賀原発、石川県の志賀原発、新潟県の柏崎刈羽原発、これだけの原子力発電所と原子力施設があります。
大きい物でそれだけの施設があります。
それを戦争になった時に、攻撃されるようなことがあれば、どういうことになるか、考えてみて下さい。
地震だけではないです。集中的にミサイルを攻撃されたらどうなるか。本当の戦争になれば、すべてそういう施設を攻めてきます。人道的な、ということは考えられないです。実際にそういう施設を攻撃してきます。単に皆さんの不安を煽るつもりではないです。ですが、実際に現実に戦争という場になれば、そういう状況になるっていうことをまず考えて頂きたいです。

 今、中国での暴動が、中国政府によって引き起こされた、誘導された暴動だという噂もありますし、韓国も手を組んだと伝えられています。
台湾、香港、そして東南アジア、南沙諸島にも中国は圧力をかけておりますから、フィリピン、ベトナムとの緊張もこれから大きくなって来るでしょう。そして中国での暴動は、実際には日本の国民の死者が出てもおかしくないです。実際には出てるかもしれません。日本政府が隠してるかもしれません。前にも伝えましたが、今回漁船が尖閣列島に多く押し寄せて、日本の巡視艇、警戒艇が、このいざこざから、衝突事故が起こり死者が出るような事になれば、もっと深刻な状況になります。
そういうことに流れ行くと、お互いの国の感情から、中国、台湾、香港、韓国に対しての怒りが集団意識の中で、戦争ありき、武装ありき、先制攻撃も最大の防御だと、防衛だとそういう方向性に流れる可能性が凄くあるということです。そして、啓示ではそういう風に警告され伝えられております。
このような内容を大阪、名古屋、九州や東京、福島、北海道の勉強会やブログでも、何度か伝えてきました。本当に今、真剣に考えなければ、大変なことになる状況が目先にある。
せめて多くの人達の意識の中に、本当に平和というものを考えるならば、国民がどういう意識を持ってどうあるべきなのかを、まず一人一人が考えるべきです。一人一人の価値観というのはやはり異なります。やられたらやり返せという考え方もあるでしょうし、それでも平和を作るべきだという考え方もあるでしょう。今、多くの人が、真剣に政治、外交に意識を向けるべきです。前にも伝えましたが、第一次大戦、日露戦争、満州事変、日清戦争、そこから第二次世界大戦(大東亜戦争)への流れが過去歴史の中にありましたが、その一連の流れにも、大きく戦争を回避し、外交で解決する道筋も実際にはあった。そういう流れも総て拒否し、最終的な戦争にと向かったというのが過去の例です。今回もそのまま行けば、第二次世界大戦と同じような流れになってしまい、かねない状況が目先にあるということを、理解して頂きたいと思います。

本当に今年、来年、再来年が、大きな流れとなります。もう一度よく考えて頂きたい。
そこで何回もお願い申しましたが、目に見えない祈り、目に見えない形ですが、祈りを通して、世の中を方向性、流れを変えていく仕組みを作っていくっていう事に対し、祈りという行為は、未来の形作り仕組み作りに、現実的に確実になります。祈りっていう行為は確実に、本人にやるべき事を気付かせ、何を護り、何を未来へ残し、未来に何を繋ぎ、そのためには何を行動に移さなければならないかということを確実に、未来を創る行いとして、形として、そして確実に現実化することができるのが祈りという行為です。

さっきも申しましたが、本当に祈りという行為は凄く大事な行為です。自分に気付きを与え、やるべきことを行動に移す。
最終的には本来の自分の天命を気づき、行うというところまで辿り着きます。そこで前回23日の祈り合わせも含めて、今回30日(旧暦8月十五夜)に沖縄近辺にいる方、本島にいる方、どうか、午後1時から、私共の聖地を祈り周り、その後、18時からの祈りと、共に祈りをして頂ける方がいればどうか参加して頂きたい。本当に本当に平和を作るための祈りとして、真心をお借りしたいと思います。

そして日本全国、北海道、青森、宮城、岩手、そして福島、茨城、日本海側は秋田、山形、新潟、そして富山、石川県、福井、京都、内陸側が長野、栃木、埼玉、群馬、山梨、千葉、東京、神奈川、静岡、愛知、岐阜、滋賀、大阪、兵庫、奈良、三重、和歌山、岡山、広島、島根、山口県、四国は香川、愛媛、高知、徳島、九州が福岡、佐賀、長崎、大分、熊本、宮崎、鹿児島、沖縄県、47都道府県、その地域でも、どうか、その地域で、行ける方は聖地で、都合で動けない方はいる場所から、家からでもいいです、職場でもいいです、出先でもいいです。そして日本全国、自分が中心となって呼びかけをしてもいいって人はどうか手を挙げて頂きたい。本当にみんなで今、みんなで祈りを共有し平和を願う人々が力を合わせる時期に来ております。
どうかお願いですから、自分が中心となって呼びかけをし地域で、まとめ役として動いてもいいって方はどうか名乗りを挙げて頂きたいと思います。そして本当にみんなが一人に負担をかけるのではなく、みんなが力を合わせて各地、日本全国で本当の意味での平和というものを願い、祈り、誓い、平和を作るための実行を共に行いたいと思います。
どうか、どうか、まず9月30日、2時、私共は私共の聖地にて、天の岩戸か天の岩屋か、もし映像の電波が悪ければお宮にて2時から祈りをさせて頂きます。祈り合わせとして生放送を流させて頂きます。どうか2時、一緒に祈りを共に共有し、祈り合わせに参加して下さる方、どうか力をお貸し下さい。もしそこに名乗りを挙げて下さる方は、どうか明日私の妻にメールアドレスをブログ、メルマガ、ツイッター、フェースブック、ミクシィ、すべてに流しますので、どうか返事は書けないと思いますが、力を共に、祈って下さる方、みんなで協力し、その地域で共に祈って下さる方は、連絡頂ければ幸いです。

 23日にも、祈り合わせの呼びかけをさせていただきました。その時は、愛知県で有志の方が中心になり、熱田神宮で祈りをし、なさったそうです。30日も熱田神宮で祈りをする
ことにしているそうです。できましたら静岡、今回30日は静岡の有志の方が、プレートのぶつかりの場所。そこは、伊豆半島がぶつかって未だに成長している場所にて祈りをして下さるそうです。そして東京では改めて目黒での祈りをして頂けるということです。どうかそこに参加できる方は参加して頂き、沖縄に参加して下さる方は参加して頂き、全国で自分の思う聖地に呼びかけをして参加し、祈りを共に共有できればと思っております。どうか本当の意味での祈りの和を広げ、共に平和を作るため、まず祈るという行為から行動に移していただければと思います。どうか力を貸して頂きたい。どうか力添えを頂ければと思っております。どうか9月30日、そして10月7日、8日、千葉勉強会、東京勉強会でも祈り合わせとして30分程祈りをさせて頂きます。そこでも共有して頂ければ有り難いと思います。どうか皆さんの力添えを頂ければ、本当に目に見えない力は基礎を作り、そこから大きな流れを作り、そして一人一人の行いが本当に奇跡を起こし、本当の意味での平和を作ることができます。どうか力をお貸し下さい。お願い致します。

 そして10月7日、8日の勉強会も、アマゾンの森を守るということで何十年もそこで生活をして行き来をし、今、日本に戻り大分で生活をしながらアマゾンとの関わりを持っている家族の方々にお話をして頂こうと思っております。その人達のお話というものがどれだけ大事か、それも理解して頂きたいと思います。

先日、グリーンランドの氷が溶けたとか、一瞬にしてすべてが溶けたとかいろんな情報が飛び交いました。実際に氷が総て90%も溶けるようなことがあれば、地球上は大混乱を起こしている筈ですが、どのような情報も、正しい情報をきちんと確認し、冷静に物事を判断しなければいけない中で、今、いろんな情報が飛び交い、そこの中では情報操作もあればデマも飛び交い、本当に何を信じていいか計り知れないほどの情報が飛び交っておりますが、ただ言えるのは、北極南極の氷が溶けるのは、地球内部の熱もそうで
すが、地球の変化、太陽を含め大気、海流すべての関わりの中でアマゾンの森、密林ですね、インドネシア、アジア、本当に大切な森が、地球の冷却装置であり、地球の酸素工場であり、地球の生命の循環の源であるその大密林が、1年に日本列島の
広さの密林、森がなくなるっていうことが現実に起きてるということを知っていただきたい。
それをそのまま放置すると、地球の環境はとんでもない状況になる。そこに住む人間だけではなく、すべての多くの命の絶滅の拍車をかけるっていうことをわかっているようで、皆さん、私も含め理解してない。戦争も本当に目先にありますが、自然環境破壊も本当に今、対応しなければとんでもない状況が、目先にあることをやはり理解して頂きたいと思いまして、今回の勉強会を行う事となりました。
実際に私自身は、グリーンランドで氷河が溶けて崩れていくのを目にしてまいりました。戦争も含め環境破壊も、いろんな分野で政治も経済も平和も環境も、そこに自然災害もすべてを同時進行で目を向け、それに対応し、対処し、冷静に混乱することなく、パニックを起こすことなく対応していかなければいけないところでありますが、今現実に、一人一人に、地球の未来が、この地上に住む生命の未来がかかっていると言っても過言ではない状況にあります。

だからこそ本来ならば、地球の救世主は、人間一人一人が救世主となって、未来を創る、命を繋ぐ、役目として働く、動かなればいけない。それを義務として、天命としてやらなければいけないことだと、私自身、神々からは伝えられております。それも含めてお願いします。9月30日の祈り合わせ、7日、8日の祈り合わせも含め、そして出来ることならば千葉、東京に直接アマゾンの現状を聞いて頂き、まず一人一人が何を行わなければいけないかを知って頂き、行動に移して頂きたい。改めてお願いします。
7日、8日の勉強会に出来るだけ多くの方が参加して頂き、現状を知って頂きたいと思います。それを宣伝として捉える方もいるかもしれませんが、私自身は毎日が真剣に何をしなければいけないのか、今できることは何なのかと、そこの中で些細な事でございますが、出来ることを確実にしていきたいと思っております。勉強会も祈りもご神事も、そして私に伝えられる情報も啓示を伝えることも、情報を流すことも、今、私に出来ることは総てやっていきたいと思っております。どうか改めてお願い申し上げます。

 9月30日、私共のみろく大社、沖縄県沖縄市八重島という場所です。八つ重なる島と書きまして八重島、沖縄市民会館の裏手にあります。
そこで私自身は日本全国、天の岩戸と言われる場所がたくさんありますが、やはり自分は自分の義務として、私共にある聖地、天の岩戸こそ、地上母なる大地の母神が住まわれる聖地であります。
そして、その母神様を護るために、すべての龍神、龍王、司るすべての龍体が、この母なる星、すべての自然の仕組み、宇宙の仕組みを守護として護り、仕え、龍神として世界中を飛び回っている。また、この母神の守護として艮の金神様が守護神として龍神を、龍体をお遣いなさっているという自負のもと、ここを中心に常に祈りをしております。
大地なる母と結ぶ時は、その天の岩戸奥深く祈り、それは日本、外国、ご神事をしてきた後はその天の岩戸で祈りをし、みろく大社のある宮で宇宙、天地と結ぶという神事を常に行っております。それが今回、9月30日十五夜祀りにその天の岩戸と沖縄の聖地、私共の宮の主への聖地と、そして宮で祈りをし、天地和合というご神事を行います。午後2時、大地なる母との祈り、そして18時に天父との祈り、そして天地和合という祈りになります。そこにどうか沖縄に滞在する方々、共に祈りに参加して下さる方がおりましたら、午後1時に宮の方へ来て頂ければ幸いです。そして日本全国、自分の思う素晴らしい聖地で、呼びかけをし祈りをして頂ければ本当に幸いです。そして仕事や家庭の事情、用事などでそこへ向かうことができずとも、家や出先、職場、そこからその時間帯に、2時と18時です。どうか心の中で、祈り合わせの中で参加して頂ければ幸いです。7日、8日は1時半から2時の間、祈り合わせをさせて頂きます。どうかそこにも参加して頂ければ幸いです。どうかお力添え頂けますようお願い申し上げます。

一旦休憩> 

二部へ続く




こころの架け橋 祈り合わせ開催のご案内

2012.09.28.08:30

・・・9月30日(日)祈り合わせ開催のお知らせ・・・・・・

先日のブログにてご案内いたしましたが、来る9月30日下記の通り、沖縄をはじめ、各地にて祈り合わせを開催いたします。
皆さま、是非、会場にお越し頂き良き未来への祈り合わせにご参加下さい。
また、ご都合がつかない方は、同時刻にいらっしゃる場所から未来への祈りを奏上いただけますと幸です。

祈りとは、手を合わせ想いを言葉にするだけではなく。
未来への夢をこころに描き、それを言葉として宣言し、それに向かい自らが歩む事。

日本人が古来よりこころに持ち続けている大切なこころ。
全てに生命が宿り、全てに神聖を感じ感謝を捧げていたこころ。
忘れかけていたその想いこそ、今、何よりも尊い宝物といえるのではないでしょうか。


・・・9月30日祈り合わせ開催内容・・・・・・


「日 時」 

平成24年9月30日(日)
午後2時から ※各会場共通です。

「内 容」

●地域の祈り合わせ発起人が全会場共通の祈りの言葉を奏上いたします。
 それに合わせて、こころからの祈りを捧げて下さい。

●その後、ご参加下さいました皆さま独自の祈りを、声にして下さい。

●祈り合わせ終了後、ご都合がよろしければご参加の皆さま同士、親睦を深めて下さい。

●参加ご希望の方は下記会場へ直接お越し下さい。

●各開催地の諸施設と祈り合わせは関係ありません。
 各施設への道順以外のお問い合わせはお控え下さい。


「実施会場」  


・・・東京会場・・・

●場所

瀧泉寺(目黒不動尊)
東京都目黒区下目黒3-20-26
http://park6.wakwak.com/~megurofudou/top.htm

●交通 

渋谷駅からバス、東急目黒線 不動前駅から徒歩10分位

●集合

午後1時50分
竜泉寺仁王門を入り正面左手にある独鈷の滝前にて
黄色い旗を持った福島さん(男性)がお待ちです。


・・・静岡会場・・・

●場所

富士市岩本山公園
静岡県富士市岩本字花木立 1605
雨天の場合は、正面駐車場にて開催

http://www.hellonavi.jp/fuji/shisetsu/119.html

●交通

新富士駅から車で約25分。JR富士駅から車で約20分。
富士IC から車で約20分。

●集合

午後1時50分
富士市岩本山公園山頂高台(鉄塔前)
雨天の場合は、正面駐車場に集合

いのちの和と描いたのぼり(紙製)を持った金刺さん(かねざし/男性)がお待ちです。

・・・名古屋会場・・・

●場所  

熱田神宮
http://atsutajingu.or.jp/jingu/

●交通 

名鉄本線神宮前駅下車 徒歩で10分くらい
地下鉄名城線神宮西駅または伝馬町駅下車 徒歩で15分くらい
自家用車の場合は、東門、西門、南門にそれぞれ駐車場があります。

「集合」

午後1時50分
熱田神宮内楠さん前(本殿と南門の中間で、蛇が住んでいる楠で有名です)
楠さんの前で紺色の帽子を被った青山さん(男性)がお待ちしています。

●備考

10月7日(日)と8日(月)の両日とも、熱田神宮で行う予定です。


・・・地域での開催者を募っております・・・・・・

ご案内する地域以外で祈り合わせを実施して下さる有志を差がしております。
開催に難しい事はありません。共通の祈りの言葉を読み上げていただく事と、ご自身の願いを言葉としていただくだけです。
そして、お集まりの皆さまとの心の架け橋を繋ぎ、その地域での和を結んでいただければ幸です。

●北九州 宗像大社にての祈り合わせを、どなたか取りまとめていただけませんか?
 その場所にての祈り合わせにご参加を希望する方がいらっしゃる様子です。

名乗り出て下さる方がいらっしゃいましたら、是非、集合場所などを決めて下記にお知らせ下さい。その情報をメルマガ、ブログなどでお知らせさせていただきます。


(地域の祈り合わせ開催希望は)

a@santanokuni.net までメールにてご連絡下さい。

対応はごく少数の有志にて行っております。そのためお返事が遅れる場合がありますので予めご了承下さい。
また、携帯メールでのお問い合わせの場合は、santanokuni.netからのメールが着信できるようにドメイン解除などの設定をお願いいたします。

中継のお知らせ

2012.09.26.17:15

いつもお力添えいただきましてありがとうございます。
本日、急ではありますが、この後午後5時30分頃から、比嘉良丸より中継にてお伝えしたいことをお話しさせていただきます。
お時間の許されます方は、どうかご覧いただけますようお願い申し上げます。

配信サイト>祈りの和TV
配信サイトURL
http://inorinowa.org/tv/

日々の祈りと祈り合わせのお知らせ

2012.09.26.10:17

新暦9月26日(旧暦8月11日 寅)

いつも真心のお力添えありがとうございます。
本日日々の祈りの際に伝えられました言葉をお伝えさせていただきます。

いつも一人のように
感じることはない
多くのものが
同じ思いを持ち
歩んでいる
しかしそれが
平和であろうが
戦であろうが
いるのである
どのようにしたらよいのか
この大地も
星も命も
すべてのものが
傷つかぬようにするには
どうしたらよいのか
もう答えはでよう


本日の言葉は、優しく語りかけられましたが、諭されるような感じが含まれておりました。
あまり比喩や難しい言い回しがなく、伝えられてくる感覚と含まれている意味。そして、伝えている言葉とはほぼ同じ内容と感じています。私自身は、本日はこの言葉のままの意味を受け取っていいのではないかと感じています。
皆様は、どのようにお感じになられましたでしょうか。


比嘉良丸
比嘉りか

・・・祈り合わせご参加と地域での祈り合わせ開催のお願い・・・・・・


いま、私たちに出来ることのひとつに、祈ることがあります。
祈りとは、手を合わせ想いを言葉にするだけではなく。
未来への夢をこころに描き、それを言葉として宣言し、それに向かい自らが歩む
事。

いま、多くの方の想いが必要です。

ひとりひとりの思い祈りが集まり、この星へと、そして様々な存在のこころと繋
がり、共鳴して大きな力を生み出します。

この星の未来が平穏で平和で、全ての命の慶びにあふれたものであって欲しい。
身近な人の幸せ、遠く離れた身も知らぬ人の幸せ、ご自身の幸せ・・・
そんな願いを言葉として下さい。

こころの架け橋では各地で開催される祈り合わせへの参加者を募っておりす。
近々の予定としては、下記日程にて祈り合わせを開催いたします。
開催場所などの詳細は後日発表いたしますので皆さま、是非お越し下さい。

また、こころの架け橋が行う祈り合わせと時を合わせ、各地にて、集い、祈り合
わせを開催していただける、取りまとめ役の方を募ります。

「日程及び予定会場」


(開催日程)

●平成24年 9月30日(日) 午後2時~
●平成24年10月 7日(土) 午後1時30分~
●平成24年10月 8日(日) 午後1時30分~

(開催予定地)

●東京会場(品川区)
●愛知会場(名古屋)
●静岡会場(未 定)

(内 容)

各会場共通の祈りの言葉を奏上します。
その後、お集まりの皆さまの思いを奏上下さい。
祈り合わせは30分程度の時間を予定しております。
祈り合わせ終了後、お集まりの方々の親睦会も予定しております。


(地域での開催者を募ります)

ご案内する地域以外で祈り合わせを実施して下さる有志を募ります。
開催に難しい事はありません。
共通の祈りの言葉を読み上げていただく事と、ご自身の願いを言葉としていただ
くだけです。そして、お集まりの皆さまとの心の架け橋を繋ぎ、その地域での和
を結んでいただければ幸です。

(問い合わせ及び参加申し込みは)
a@santanokuni.net
rennrakusaki
までメールにてご連絡下さい。

※対応はごく少数の有志にて行っております。そのため
 お返事が遅れる場合がありますので予めご了承下さい。
 また、携帯メールでのお問い合わせの場合は、santanokuni.netからの
 メールが着信できるようにドメイン解除などの設定をお願いいたします。

★*★*祈りの和information*★*★
<11月末開催グアテマラ・ツアー>
2012年・マヤを知る旅
「セレモニーと文化・遺跡探訪(8日間)」のご案内 第1弾 

多くのマヤ族の聖地が存在するグアテマラにて、ご神事を兼ねたツアーを行います。
ぜひ、ご参加ください!

icon1-9.jpg


10月7日、8日の両日、千葉&東京で「勉強会(特別編)」を開催いたします!
<日時・会場のご案内>

●10月7日(日)「千葉勉強会」
会場:千葉市生涯学習センター内「メディアエッグ」
住所:千葉市中央区弁天3-7-7
時間:開場13:15  開演:13:30 終演予定:17:30
地図:http://chiba-gakushu.jp/know/know_04.html

千葉申込みサイト下記をクリック
icon1-10.jpg

●10月8日(月・祭日)「東京勉強会」
会場:KFCホール「106号室」(両国)
住所:東京都墨田区横網(よこあみ)一丁目6番1号
時間:開場13:15 開演13:30 終演:16:30(予定)
地図:http://www.tokyo-kfc.co.jp/accessmap.html

東京申込みサイト下記をクリック
icon1-11.jpg

●ご参加費:2000円+ラブオファー
お支払い方法:当日、会場にてお支払いくださいませ。

●ご参加方法
当日、会場への直接参加も可能ですが、50名定員ですので、予めのご予約をオススメいたします。

スタッフ一同、多くの皆様のご参加を心よりお待ちしております!

下記にバナーがございますので、ご自身のブログやSNSなどにこころのかけはしのブログやメルマガのご紹介をしていただけますと幸いです。

URL
http://inorinowa.org

日々の祈り

2012.09.25.15:30

新暦9月25日(旧暦8月10日 丑)

いつも真心のお力添え、ありがとうございます。
本日、日々の祈りの際に伝えられました言葉をお伝えさせていただきます。

一人一人が 解っていて進むならば
道は しっかりと 見えてくるであろう
しかしながら それが 解らずに進みゆけば 
彷徨う事になりゆく
見えているのか いないのかは 
自分の心でしっかりと 見る聞くことである
よいか 良く未来を見つめるべきである
善き未来へと進めるように
どのようにしたら進みゆくことが出来るか
しこりを残さず
苦しみではなく
苦悩ではなく
乗り越えてゆく
忍耐と共に
争いではなく
しっかりと 平和への道 安心の道
進みゆくがよい


本日の言葉ですが、今、どのような方向の未来へと進んでいるのかということを改めて見つめ、考えおくようにという事を伝えられていると考えます。そして、良い未来へ進みゆくには、どのような判断や行動を取ったらよいのかという事を伝えられていると思います。
途中、「苦しみではなく。苦悩ではなく」という言葉がありますが、これは楽にとか、何もせずにという解釈ではなく、そのような事が後々の時にしこりとなってしまうことになるから、そうならないような選択をして行きなさいという事を伝えてられていると考えます。
忍耐と共に乗り越えてゆくという言葉もありますように、争いではない選択をしてゆくことによって、それに伴う、苦悩、苦難があるかもしれませんが、その先にある未来の道を見失わないように選択して進みゆきなさいという事を伝えられていると感じております。

皆様はどのようにお感じになられましたでしょうか。
私の解釈は、一つの参考として受け止めていただけますと幸いです。

比嘉良丸
比嘉りか

★*★*祈りの和information*★*★
下記にバナーがございますので、ご自身のブログやSNSなどにこころのかけはしのブログやメルマガのご紹介をしていただけますと幸いです。

URL
http://inorinowa.org

<11月末開催グアテマラ・ツアー>
2012年・マヤを知る旅
「セレモニーと文化・遺跡探訪(8日間)」のご案内 第1弾 

多くのマヤ族の聖地が存在するグアテマラにて、ご神事を兼ねたツアーを行います。
ぜひ、ご参加ください!

icon1-9.jpg


10月7日、8日の両日、千葉&東京で「勉強会(特別編)」を開催いたします!
<日時・会場のご案内>

●10月7日(日)「千葉勉強会」
会場:千葉市生涯学習センター内「メディアエッグ」
住所:千葉市中央区弁天3-7-7
時間:開場13:15  開演:13:30 終演予定:17:30
地図:http://chiba-gakushu.jp/know/know_04.html

千葉申込みサイト下記をクリック
icon1-10.jpg

●10月8日(月・祭日)「東京勉強会」
会場:KFCホール「106号室」(両国)
住所:東京都墨田区横網(よこあみ)一丁目6番1号
時間:開場13:15 開演13:30 終演:16:30(予定)
地図:http://www.tokyo-kfc.co.jp/accessmap.html

東京申込みサイト下記をクリック
icon1-11.jpg

●ご参加費:2000円+ラブオファー
お支払い方法:当日、会場にてお支払いくださいませ。

●ご参加方法
当日、会場への直接参加も可能ですが、50名定員ですので、予めのご予約をオススメいたします。

スタッフ一同、多くの皆様のご参加を心よりお待ちしております!

食の和便り

2012.09.24.14:17

,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
顔の見えるメルマガ
・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*

食の和便り 第二号 (平成24年9月24日発行)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵
・・・目次・・・・・・

1.比嘉良丸さんからのメッセージ
2.第6回 食の和 レポート
3.これまでの食の和開催の思いと今後について
※ 編集後記

∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

1.比嘉良丸さんからのメッセージ

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
先日、9/12こころのかけはしメルマガにてお伝えしました様に、「こころのかけはし 命の和」の活動として食の和の活動を今月の開催で、一旦、全体的な見直しをす
ることとなりました。
改てめましては、今年の末から年始迄には新たな形にて食の和を再スタートしたいと考えております。

「こころのかけはし命の和」の中で、食の和という位置づけは、大変重要な活動の一環でありますことから、改めて活動の主旨を理解したうえで新しい取り組みに発展させてゆきたいと考えでおります。
啓示にて大きな範囲での命の源という事を言われ、その為にも大きな視野を持って考えてゆくということが、食の和の実際の運営主旨であります。

今後、それも踏まえてきちんした主旨を持って、様々な企画や情報を得る場所として発展させてゆきたいと考えております。
その為にも、食の和は大変重要な活動の一環であり、やめるという事はありません。
もっとしっかりとした方向性を築いて、知識を持った方々が集まり、食という部分の大きな視野で力を合わせて発展させてゆく、そのような基礎造りから今後動いてゆきます。

知識 情報、技術を持っている方々に 一緒に参加していただければと考えております。



その時には宜しくお願い致します。

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

2.第6回 食の和 レポート

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

去る9月8日(土)、豊島区駒込地域文化創造館にて「食の和つどい」を開催しました。



集った人数は講師の齋藤先生含め14名でした。

齋藤先生は芸術家としてアートを通じた教育活動や、オーガニック農業支援を推進する活動をされておられ、食につきましては「料理は愛のアート」という信条でUniversal Diet(ユニバーサル・ダイエット)」料理
を広められています。

さらに詳しく、齋藤先生は持っておられる絵画や歌等、様々なツールの中の一つとして料理があり、料理作りが目的でなく、料理を通じて持続可能な地球未来のために頑張っておられると言うことで、これは正に”食の和”の考え方と同じであるととても共感しました。

実際、料理を作られる前に、ご自分の感性や食に対しての考え方や体験、および食物の流通事情、食環境など幅広く多く語られ、開催者の山下さんも料理作る時間が無くなってしまうのではないかと心配されるくらい語られました。

その一部ですが・・・
・100%菜食であると体内環境が良くなると思われます。
・デモ等、原発反対運動を多くの方がされておられますが、エネルギーと料理は繋がっていると考えられますので、反対運動をされる中で食物の生い立ちも考える事大切でありましょう。
・ふつう自然牛は20年くらい生きますが、乳牛では抗生物質及びホルモン剤等投与により4年ぐらいの生命になっています。
・先進国ほど多くの病気が蔓延しており、それは食べられている物をみても分かることでしょう。
・自然のもの食べることで自然環境も良くなり、ハンガーピープルも減っていくことでありましょう。

等、様々多く語られ、
その中で、”一杯のお水から宇宙を感じられたことや”、”料理を食べてなぜおいしいと感じるか?⇒実は食べる前に満足が自分の中にあるからだと、”と言うお話が特に印象的でありました。

お水から宇宙の営みといのちを感じられ、食べておいしから満足したではなく、もともと自分の中にあったものだから満足する。哲学的でありちょっと難しいですが、これは食に限らず様々なシチュエーションについてもあてはまるのではないかと思われます。

皆さまもこれらから、様々なことを感じ取られるのではないでしょうか?とても勉強になりましたね。

そして肝心な料理の方は "かおちゃん野菜だけのイタリアンシャンティクッキング”と”チョコムースデザート”でした。(料理タイトルは先生の茶目っ気です!)

料理とクッキングの様子は添付の写真と参加者からの感想で感じ取られて下さい。

=参加者の感想=

・お料理は全く動物性の食材を使っていないのにとても美味しかったです。お肉の代用がソイ(大豆)ミートでしたから。
ソイミートは大豆なので、チョッと工夫が必要でしたね。先ず茹でて大豆臭さを取る。こんにゃくを、フードプロセッサーで細かくし、茹でてソイに混ぜる。これで歯ごたえが出来る。
昆布だしを使い、グレープシールドオイルやオリーブオイルなどをたしこくと旨みを出す。ソイにはハッキリとした味付けが合うと思いました。
その後、家で鳥そぼろ風に使ってみました。麻婆豆腐や、かぼちゃの煮物に合わせても中々美味しく、誰も気が付きませんでした。(結構味おんちなのかも)
兎に角、先生は素材に対してものすごく丁寧に愛情込めて接している姿が印象的でした。丁寧に生きてる。って感じ! 素敵なひと時でした!(A.K)

・遅れての参加でしたが、皆さま温かく迎えて頂きとても楽しかったです。ビーガン100%のお料理でお腹も全然もたれす、おいしかったです。
食の和つどい終わった後のお茶会も楽しかったです。 また皆さんとお友達になれたら嬉しいです。( H.N)

・ソイミートは存在は知っていたものの、初体験でした。食感はお肉のミンチそのものでしたね。
チョコムースはお豆腐と、ココアとてんさい糖?だったかな、あとココナッツオイルを入れてミキサーにかけ、冷やしてできあがり!でした。
甘いもの好きな私はしっかりインプットさせていただきました。(M.O)

・ デザートのチョコムース素材はなんと豆腐で驚き!食感も豆腐ではありませんでした。(H.F)


等、以上でした。

レポート:フクシマ ヒトシ


※ 齋藤先生につきましては、先生が主催されている「Art ofShanrti」のフェイスブックのページを開いて頂きますとと、その料理の美しさ(美味しさ)や※1UDCC(国際共通食協力センター)の活動をサポートされている様子がわかりますので、是非ご覧ください。http://www.facebook.com/ArtOfShanti


∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

3.これまでの食の和開催の思いと今後について

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

第6回これまで「食の和つどい」を開催させて頂きました山下 隆豊と言います。

現在、個人経営しております(有)ウレシバモシリの正念場がずっと続いており、今後は店の経営に専念させて頂きたく、不本意ながら次回からの食の和企画運営は降ろさせて頂きたいと思います。
申し訳ございません。今後は、食の和の一人として参加しながらお手伝いさせて頂きたいと思います。

これまで講師をしていただいた先生、出席していただいた方々、いろいろと手助けしていただいた皆様、本当に有難うございました。皆様のお力で第6回まで続けられましたこと深く感謝いたします。

「食の和」への思いは、私たちが自分自身の中から明日を変えていくための実践の場所であって、私たちの生命のつなぎ目である「食」を通して「喜び」につながり、私から家庭、社会へと同心円で「喜び」が広がっていく活動でありました。

その「食の和」の活動がこれまで以上に実りあるものになるためには、今まで以上に一人でも多くの方々の積極的な参加が必要であると思います。

今後におかれましては、いのちの和にてチームを組まれ企画運営されると良いと思われます。

この実践は「喜び」という心の根っこを育てながら、健康という真理、買物かごという経済、食卓という生命教育、文化、社会矛盾への問いかけ等、様々な現実的な変化を社会へと導きだされることでしょう。

「食の和」今後とも益々のご進展をこころからお祈り申し上げます。

ありがとうございました。
山下 隆豊

*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*

・・・食の和便り・・・・・・

発行:こころのかけはし 食の和 福島仁志

編集:山下さんの げんきの市場 http://げんきのいちば.jp/

***編集後記******

山下さん、これまで「食の和つどい」開催ご苦労様でした。
お一人で企画運営されていたと言うこと、本当に大変だったと思います。
今後は、経営されてるお店に専念されると言うことでありますが、お店は無農薬のお米や自然な食材を扱っておられるとのことでありますので、この食の和でも紹介できれば良いですね。
と言うことで比嘉さんからのメッセージにて、山下さんが降りられるからこの食の和、仕切り直しと言うことでありましょう。
更なる進展へ今後に期待しましょう!

また、今回講師で来られた齋藤かおるさんには沢山のことを教えて頂き、参加者の感性も引き上げて下さいました。ご本人完全なベジタリアンで独自の瞑想もされておられるそうです。
機会を改めて、食の和の集いにまたお招きして、齋藤先生の考える、食や心についてもっとお話しして頂ければよいですね。
その時には是非、皆さん多くの方参加を!
ありがとうございました。

文: じぇ~むす・じん (食の和つどい参加者)

*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*
第6回 食の和 参加者_R1 第6回 食の和_R1

日々の祈り

2012.09.24.11:40

新暦9月24日(旧暦8月9日 子)

いつも真心のお力添えありがとうございます。
昨日は、皆様に祈り合わせの呼びかけをさせていただきました。
それぞれ、その時間に居る場所からお祈りされる方、また、今回は、各地にて、お集まりいただきまして、祈り合わせしてくださってもおりました。
私共は、沖縄の東の海へと船にて沖合に出て、外海を見ながらお祈りをさせていただきました。
本日は、その時に祈りの際に伝えられました言葉をお伝えさせていただきます。
***
昨日の海での祈りの際に伝えられました言葉

**伝えられてきた言葉**

時は 今 どこへ進もうとしてゆくのか
大切な流れが 眼の前にあり 道 見失いそうになり 見間違えそうになっている時にこそ 
その道筋は いかな道へと 進みゆくのかという事を しっかりと 見てゆかねばならない
見つめ行くことによって どのような方向性が善きことなのかを知ることが出来よう
しっかりと 歩み進みゆくがよい
この世において 生を受けたものであるならば この世にて しっかりと行き 次へと繋ぎ行かねばならない
次へ繋ぎ行くのは 全ての命である
それらすべてを救いゆかねばならない
全てと共に歩みゆけ
全ての命と共に時代を作りゆけ
この星と共に歩み行け
大切な道筋は どこへ行く
何処へ行くかをわからぬかもしれぬが 今 良き 平和 平穏 平安の道を 歩み進みゆくがよい
大切なのは その流れである
ようく見つめ行くこと ようく知りゆく事
そして ようく考え行くこと 決して 見失うとなく 進みゆくがよい

***

昨日は、多くの方々が共に願いくださっているということもあり、広く遠くから伝えられてくるように感じました。
常に伝えられております、次の時代のこと、次の時代に生きる存在の事を考えて行動するようにということ伝えてきていました。
今を見よということは、今とうい現実をしっかりとみること。そこから次の時代をつくるにあたり、どのような事が必要であり、変えなければならないかを見つけ、変えてゆくことを常に伝えられてきていると感じています。
具体的にどのようにという事を伝えて来ないのは、人への気づきの促しをしているということも考えられますし、また、人ぞれぞれに行えることが違うからでもあると思います。
様々な方向から、善き未来への行動を続けることによって、少しずつ変化を遂げてゆくのではないかと考えています。

皆様はどのようにお感じのなられましたでしょうか。
私の解釈は、一つの参考として受け止めていただけますと幸いです。

比嘉良丸
比嘉りか
TS3Y0003_R1_20120924112919.jpg
沖合に出てゆきます。
TS3Y0004_R1.jpg
この船でいきました。
CA3I0481_R1.jpg
朝は雨が降りましたが、お祈りの際には、日差しが強かったです。島を背にして沖合に向かい祈りをしました。外国との災いが起きないようにという意味合いを込めています。

★*★*祈りの和information*★*★
下記にバナーがございますので、ご自身のブログやSNSなどにこころのかけはしのブログやメルマガのご紹介をしていただけますと幸いです。

URL
http://inorinowa.org

<11月末開催グアテマラ・ツアー>
2012年・マヤを知る旅
「セレモニーと文化・遺跡探訪(8日間)」のご案内 第1弾 

多くのマヤ族の聖地が存在するグアテマラにて、ご神事を兼ねたツアーを行います。
ぜひ、ご参加ください!

icon1-9.jpg


10月7日、8日の両日、千葉&東京で「勉強会(特別編)」を開催いたします!
<日時・会場のご案内>

●10月7日(日)「千葉勉強会」
会場:千葉市生涯学習センター内「メディアエッグ」
住所:千葉市中央区弁天3-7-7
時間:開場13:15  開演:13:30 終演予定:17:30
地図:http://chiba-gakushu.jp/know/know_04.html

千葉申込みサイト下記をクリック
icon1-10.jpg

●10月8日(月・祭日)「東京勉強会」
会場:KFCホール「106号室」(両国)
住所:東京都墨田区横網(よこあみ)一丁目6番1号
時間:開場13:15 開演13:30 終演:16:30(予定)
地図:http://www.tokyo-kfc.co.jp/accessmap.html

東京申込みサイト下記をクリック
icon1-11.jpg

●ご参加費:2000円+ラブオファー
お支払い方法:当日、会場にてお支払いくださいませ。

●ご参加方法
当日、会場への直接参加も可能ですが、50名定員ですので、予めのご予約をオススメいたします。

スタッフ一同、多くの皆様のご参加を心よりお待ちしております!

本日(9/22)午後3時より“比嘉良丸今お話ししたいこと”放送します

2012.09.22.13:22

「比嘉良丸の今お話ししたいこと。放送のご案内」

本日15時頃から比嘉良丸さんのメッセージが放送されます。
可能な方はユーストリーム中継を見て下さい。


本日は、祈りの意味とその効果に関して話をする予定です。

こころの架け橋では、9月末から10月初めにかけて数回の祈り合わせを呼びかけています。
今回の放送では、その祈り合わせの狙いをお話しします。

祈りとは、自分の願う未来を心の中で形作り、それを宣言する事により自らがそれに向けて行動を起こす。
それを自らの心に強く焼き付けるために、自らの行動を宣言すると云う事なのです。
つまり、祈るという事は自らの行動を後押しする為にあるのです。
そして真摯な行動を続けた結果として、必ずその行動を後押しする様々な状況に出会います。
それは、自分の天命を知ると云う事にも繋がります。

自分の天命は何なのか?
自分が生まれて来た意味は何なのか?
人はそれを知りたがります。

それは本来、他人に聞くべき事ではありません。
他人にはそれは分からないからです。
もし、自分の天命や生まれて来た意味を知りたいのであれば、
自分の願う未来を描き、それを宣言し行動に移した時の現実そのものから
初めて理解できます。

本日の放送ではそのような内容でメッセージを流す予定です。
是非、ご覧下さい。

「祈り合わせのお誘い」

明日、平成24年9月23日、12時より沖縄にて祈り合わせが行われます。
それに合わせて、東京・名古屋にて同時にいのりの集いを開催いたしますので、可能な方は会場にてご一緒下さい。

(いのちの和東京 祈り合わせ)

開催地
   目黒不動尊
交通 
   渋谷駅からバス、東急目黒線 不動前駅から徒歩10分位
   ※申し訳ありませんが、詳細の場所は上記を便りに各自調べて下さい。
集合
   平成24年9月23日 午前11時50分
    目黒不動尊前 独鈷の滝
参加方法
   会場へ直接お越し下さい。
備考 
   本格的に祈り合わせを多地点で開催する事は初めてです。
   色々と不都合があると思いますが、予めご了承下さい。


(いのちの和愛知 祈り合わせ)

名古屋での祈り合わせを次のとおり行いますので、ぜひ、参加してください。

場所
   熱田神宮
交通 
   名鉄本線神宮前駅下車 徒歩で10分くらい
   地下鉄名城線神宮西駅または伝馬町駅下車 徒歩で15分くらい
自家用車の場合は、東門、西門、南門にそれぞれ駐車場があります。
※申し訳ありませんが、詳細の場所は上記を便りに各自調べて下さい。
集合
   平成24年9月23日(日) 午前11時50分
   熱田神宮内楠さん
   本殿と南門の中間で、蛇が住んでいる楠で有名です。
参加方法
   会場へ直接お越し下さい。
備考 
   本格的に祈り合わせを多地点で開催する事は初めてです。
   色々と不都合があると思いますが、予めご了承下さい。




「本日の伝えられた言葉」


新暦9月22日(旧暦8月7日 戌)

いつも真心のお力添えありがとうございます。
本日日々の祈りの際に伝えられました言葉をお伝えさせていただきます。

***
日の光の中
歩むとき
命の声を聴くであろう
その時の感覚を
忘れてはならない
苦境に立ち思い出すのではなく
常に感じられよ
忘れるな
命とはぐれる時
命の事を忘れる
***


本日の言葉で伝えられたことは、日々の暮らしの中にある、ちょっとした安らぎは忘れてはならない。風で木の葉が奏でる音や小鳥のさえずり、大切な方々の笑顔やのんびりした時間。このような時は、生きるということに対して活力であり、次につなげる力になる。
しかし、このような時を忘れ、離れてしまうと世の中のことや命というものに対しての感覚を忘れてしまう。という事を伝えられているのではないかと感じています。
平和の中にいると、平和に慣れてしまいますが、平和というのは、一人一人の意識や行動から成り立っているものであり、何もしなくて繋げられてゆくものではないということだとも感じました。
意識してつくることによって、成されるものなのだと伝えてきているのではないでしょうか。

皆様はどのようにお感じになられましたでしょうか。
私の解釈は一つの参考として受け止めていただけますと幸いです。

比嘉良丸
比嘉りか

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今号の発行担当:いのちの和東京 高橋 潔

日々の祈り

2012.09.21.11:45

新暦9月21日(旧暦8月6日 酉)

いつも真心のお力添えありがとうございます。
本日は、先日夫の中継の際に伝えられました言葉の解釈をお伝えさせていただきたいとおもいます。

**9月17日 千葉中継地より**

一人一人が 共に在ることを忘れることなく
戦 争いの先に見えてくるもの 蓋してはならない
蓋をするのは何も無い

欲も見つめ 我も見つめ 
しっかりと知り そして進め
その先になにがあるのか 
先の裏にはなにがあるのか
しっかりと知れよ 
知ればわかろう
何が起きているのか 何が起ころうとしているのか
どうするかはその者しだい

しかしながら 
選ぶものは善きものにせよ
どうかその善きものと 安心と安全であたためられるように
その道は 今 
そなたたちの中で思いもよらぬ道やも知れぬ

道は間違ってはならない

平和の道はいくつでもある
戦 争いせずに繋ぎゆくことこそが
善き未来の基礎となりゆこう


・・・水の唄の後のおことば・・・

義 という言葉忘れることなく
仁 という意味忘れることなく
知る ということ恐れずに
和というものをつくりゆかれよ

仁にあり友を助け 
友を守り 命をつなぎゆけ
丁寧な歩みは次へと続けられる
決して失われず 
決して見失わず 
この命ともにあれ

平和の世をつくりゆけ
地上と共に、
この星と共に
種こそ違えど 命と共に
人も違えど 命と共に
平和の世を共にみなとつくりゆけ


***

この時に伝えられました感覚ですが、人としての生きる道や人としての行動、人としての心を説かれていたと感じました。
この時や先日も道徳の事を伝えてきていましたが、混沌としている時期だからこそ、人としての在り方をあえて伝えられているのではいかと感じております。
世の中の流れに流されてしまい、ふとすると自分というものを見失ってしまうことがあります。ですが、このような時こそ、自分というものを見失わないように、また、人としての善き心や善き行動を忘れないようにすることが大切であるという事を伝えられているのではないかと感じています。
好ましくない行動も、人間だから仕方ないという事で行うこともありますが、しかし、どのような行動を選択するかはその人の心次第です。この時に伝えられていた言葉には、人間だから仕方ないと言い訳をして行動してしまうその心に気を付けなさいという事も伝えられていたと感じます。限度や範囲がみえにくくなっている中、思わぬ方向へ世の中が流れた時に、その言い訳の範囲は、とめどなく広がります。
その限度の部分を見極めるのが人としての心だという事を伝えられてもきていると感じています。
平和・平穏・平安の世の中、安心の世の中は、戦や争いの中から生まれるものではない。そのような結果作られた世の中は、また、次も同じような事の繰り返しが待っています。
私達が行う行動が、住んでいる場所の未来を握っている。今それを新たに認識し心に留め、未来を選択してゆくということが伝えられている言葉だと感じています。そしてそれは、日本という国の範囲だけでなく、地球という範囲で考えなければならないという事を伝える為に、星という言葉や、世という言葉を伝えてるのだと感じています。

皆様はどのようにお感じになられましたでしょうか。
私の解釈は、一つの参考として受け止めていただけますと幸いです。

改めて皆様に23日・30日。10月7日。8日の祈り合わせのお願いがございます。
皆様も様々な情報源にて、現在の日本と中国や韓国との状況を御存じかと思います。
最近の日々の祈りに伝えられてくる言葉も、平和という意味や人としての意味を深く伝えられてくることが多くなっております。
祈るという行為も、大きな見えない力の一つでもあり、そこから次の行動を発見する大きなきっかけとなる一つでもあります。
23日は沖縄では、海に出て、大海から本島を見ながら、それを日本本州に例え平和をお祈りさせていただきます。
多くの方々が共に願い祈る事によって、その場に立ち会って下さった見えない方々も、多くの方々の想いを汲み取り、その後の行動を支えてくださり、後押しをしてくださいます。多くの方の願い祈りが、多くの見えない存在を動かすきっかけにもなります。
どうか、祈り合わせにお力添えをお願いいたします。

比嘉良丸
比嘉りか

下記にバナーがございますので、ご自身のブログやSNSなどにこころのかけはしのブログやメルマガのご紹介をしていただけますと幸いです。

URL
http://inorinowa.org

★*★*祈りの和information*★*★

<11月末開催グアテマラ・ツアー>
2012年・マヤを知る旅
「セレモニーと文化・遺跡探訪(8日間)」のご案内 第1弾 

多くのマヤ族の聖地が存在するグアテマラにて、ご神事を兼ねたツアーを行います。
ぜひ、ご参加ください!
icon1-9.jpg


10月7日、8日の両日、千葉&東京で「勉強会(特別編)」を開催いたします!
<日時・会場のご案内>

●10月7日(日)「千葉勉強会」
会場:千葉市生涯学習センター内「メディアエッグ」
住所:千葉市中央区弁天3-7-7
時間:開場13:15  開演:13:30 終演予定:17:30
地図:http://chiba-gakushu.jp/know/know_04.html

千葉申込みサイト下記をクリック
icon1-10.jpg

●10月8日(月・祭日)「東京勉強会」
会場:KFCホール「106号室」(両国)
住所:東京都墨田区横網(よこあみ)一丁目6番1号
時間:開場13:15 開演13:30 終演:16:30(予定)
地図:http://www.tokyo-kfc.co.jp/accessmap.html

東京申込みサイト下記をクリック
icon1-11.jpg

●ご参加費:2000円+ラブオファー
お支払い方法:当日、会場にてお支払いくださいませ。

●ご参加方法
当日、会場への直接参加も可能ですが、50名定員ですので、予めのご予約をオススメいたします。

スタッフ一同、多くの皆様のご参加を心よりお待ちしております!

日々の祈り

2012.09.20.10:45

新暦9月20日(旧暦8月5日 申)

いつも真心のお力添えありがとうございます。
本日、日々の祈りの際に伝えられました言葉をお伝えさせていただきます。

そっとそっと
慌てずに
しかし的確に急いで
人の心は慌てやすし
恐れやすし
自分の心
理解すること
大切となろう
道は忘れてはならない


本日の言葉についてですが、今の世の中の様々な情報から流されてしまい、思わぬ方向へと進むことがあると思います。ですが、落ち着いて理性を失うことないように、自分の心はしっかりと理解しておくようにすることは大切である。自分の考えや思い、感情などを冷静に見るということは、流されない対処の一つになると思います。そのことを伝えているのではないかと感じております。
そして、描く道、未来は忘れてはならない。いつも、道(みち)という言葉を使う時は、未来の事を指し示されることが多いのですが、今回は道(どう)という言葉を伝えられました。これは、道徳という意味の道を使ってきたのではないかと感じています。
それは、人としての道という事を伝えられているのではないでしょうか。
自分の心を冷静に受け止めてゆくということは、人の道としても、大切な要素の一つなのかもしれません。

さて、本日、沖縄へ一旦戻ります。
一か月以上あけておりましたので、様々な事が山積みになっています。もちろん、沖縄でしか出来ない御神事があります。
9月23日、30日。そして、10月7日。8日と祈り合わせを呼びかけさせていただいておりますが、どうか、平和への願い祈りのお力添えをよろしくお願い申し上げます。少しでも多くの方と時を合わせて祈ることによって、これから先の未来に一石を投じる事ができると考えております。また、祈るという行動から、次の動的行動へのヒントを受ける事も出来ると考えております。

下記にバナーがございますので、ご自身のブログやSNSなどにこころのかけはしのブログやメルマガのご紹介をしていただけますと幸いです。

比嘉良丸
比嘉りか


URL
http://inorinowa.org

2012.09.19.10:11

新暦9月19日(旧暦8月4日 未)

いつも真心のお力添えありがとうございます。
本日、日々の祈りの際に伝えられました言葉をお伝えさせていただきます。

となりに存在するのも
命であり
あらゆる場面に命がある
この星は命の星であり
人の子等のだけのものではない
そなた達が動いた結果は
命を大きく左右する
預けられている命
託されていることを
忘れてはならない


本日伝えられました言葉は、人としてこの命の星を守ってゆくということを忘れてはならない、人間が起こした結果は、この星にともに生きている命達に大きな影響を与える。
その事を人間として意識して未来を作りなさいということを伝えられているのではないかと感じました。
一昨日、中継でお話させていただき、また、昨日もその内容をお伝えさせていただきました。
今、私達は未来を真剣に考えなければならないと思います。
それは、日本という枠ではなく、地球の一員としての枠でです。
常々、真実を見つめよという言葉が伝えられていました。今、行動しなければならないのは、争いや諍いではない行動です。
人それぞれにできることが違ってきますが、流されることなく、考え、選択し行動することが大切なのではないかと感じております。

皆様はどのようにお感じになられましたでしょうか。
私の解釈は一つの参考として受け止めていただけますと幸いです。

比嘉良丸
比嘉りか

**ご協力お願いいたします**

皆さまのブログやSNS、様々な方法を使い、
祈りの和WEBサイト(http://inorinowa.org/)
祈りの和ブログ(http://mirokumusubi.blog115.fc2.com/)
英語圏用のサイト(http://prayer-circle.typepad.jp/blog/)をご紹介頂きますようお願いいたします。(バナー作成中。近日掲載)
昨日配信いたしました、良丸氏の今お話ししたいことに関して、皆さまのブログなどにてご紹介頂く事も可能です。但しその場合は、良丸氏のメッセージから災害や、事件の出来事のみを掲載することにより、良丸さんのメッセージが予言を目的として出されたものと誤解されないようにご配慮下さい。
私達の本当の目的は啓示として伝えられた、起こり得る災いを回避し未来へ命を繋ぐ、善き未来を創ることが目的です。その為に、今、同じ願いを持つ方を募り、多くの方と共に行動を開始する必要があります。そのアクションへのご協力をお願いいたします。

重ねまして、9月23日の12時。9月30日の午後6時。10月7日午後1時30分。10月8日午後1時30分に祈り合わせをいたします
この時の祈りのテーマとしましては、大きな意味合いを含み、いかなる災い・混乱が絡み合い、世の中が戦争の道にゆかないように。
いかなる自然の災害も、小難・無難となるように。どのような困難も、政治経済も含め善き方向へと転換するように。世の中が平穏・平安・平和であるように。ということを共に願い祈りをお願いいたします。
その際に、その時間にいる場所・ご自身が居たいと思った場所・お近くの聖地や神社仏閣などにて、願い祈っていただければ幸いです。

また、上記の日付は、出来る限り中継しようと考えております。この視聴は、祈りの和TVにてご覧いただけます。
しかしながら、中継場所の条件により、映像の乱れや音声の乱れなどが発生することが予想されます。その際、当方へご連絡いただけましたら、中継元で出来うる調整は試みさせていただきます。
しかしながら、視聴されている先での電波状況、並びにパソコンの状況からの視聴が難しいこともあるかと思います。その場合は、大変申し訳ございませんが、当方での対処では、改善されることが難しいと思います。視聴が難しい状況となりましたら、映像にこだわることなく、その時間共に願い祈っている多くの方々がいることを心に描き、また、良き未来を心に描き共に願い祈りくださいますようお願い申し上げます。

比嘉良丸  今、お話ししたいこと

2012.09.18.08:09

2012年9月17日  千葉にてのUstream放送から

・・・今伝えたいこと(比嘉良丸)・・・・・・

このメッセージは、2012年9月17日にUstreamにて放送された際に書き起こされたもの

です。放送の際に書き記した内容の抜けなどを、放送終了後に良丸氏立ち会いの上、加筆修

正を行っております。従いまして、放送時のコメントをそのまま記していない箇所もござい

ます。また、放送後短時間で加筆修正を行っております関係から、同じ表現がくり返し語ら

れている場合もございます。予めご了承下さい。

書き起こし:いのちの和 東京 高橋 潔


・・・以下、比嘉良丸氏のコメント・・・・・・


こころのかけはしいのりの和そしていのちの和として
活動しております、比嘉良丸と申します。

あらためてこの数日間、何度か映像を流しておりますが、その際の音声や映像が悪いということで今回改めて映像での動画配信として皆様へお伝えしたいことがいくつかあり、急遽動画を流すことといたしました。

わたし、比嘉は今日までいろいろな活動をしてまいりました。
それは、沖縄にてみろく大社と言うお宮をひきつぎ、母の意思をつぎ行っております。

今回は改めまして、私達が実際にご神事として何を行っているのかを皆様に理解していただ

きたく思います。

いままで、勉強会と称して、全国各地にて開催してまいりました。
それと共に、ブログやメルマガでもメッセージとして文章を書き、流して参りました。
そこで、改めて今日までどのようなことを趣旨として取り組んでいるのかを述べさせていただきます。それは、これまで受け止めてきた啓示や思いなど、皆様に十分に伝わっていないと感じたからです。

ご神事として伝えられてきた言葉の中、母の時代に行っていたごご神事の意思をつぎながら、新たに私達自身の新たなるご神事が始まりました。

自然の循環、政治の循環、精霊界の循環、わかりやすく言えば、神界、幽界、自然界、人間界と言うべきでしょうか。神の世界、そして先祖や霊の世界、自然の世界、そして人間の世界その四つの世界を中心に歯車として考えると、その四つの歯車が陰という軸、陽という軸その二つがうまくかみ合い動くことにおいて、初めてこの世界がうまく進むと言うご神事に基づき動いております。

その歯車を動かすということは、神開き、神調和、神結び、天地結び(たかみむすび)を行うことにより、宇宙大和合となる事がご神事の大きな目的でした。

しかし、それらの意味を多くの方に伝えることは難しいと考え、私としては大国みろく大社としての活動を通じてご神事を伝えるのではなく、心の架け橋としての活動から私達の取り組みをお伝えするほうがよりわかりやすいと考えました。

まず、心の架け橋

そのなかには祈りの和として見えない世界への活動。
そして、いのちの和という、現実的な仕組みについての活動。
その二つを、心の架け橋という軸を構成する要素として現在取り組んでおります。

多くの方は、私達が目に見えない世界への活動として、自然災害としての地震、噴火など自然災害を鎮めること、それを中心として私たちが行っていると思われているようです。
確かに、自然災害の鎮魂は大きな問題ですが、それのみの為にに取り組んでいるわけではありません。
そもそも、自然災害は、自然が生きているからこそ発生することであり、ある意味それはごく自然な現象とも言えます。地球自身が生きているからこそそれらの動きがあるのです。
その自然の動きが、人間の住まう地域において発生した場合、それは自然災害として捉えられてしまいます。


そこで私がなにを言いたいかといいますと、本来の祈りとして、よく私は指摘を受けることがあります。

自然が生きているのになぜその動きを妨げるのか、それを問われることが多々あります。
人それぞれ、いろいろな意見を持っているため、その考えも異なります。

私が、それを祈ることはそれなりの訳があり行っております。

まず、私が幼い頃からいろいろな経験やビジョンにより、近未来の状況を見ることが有り、また、時としてお言葉をとおして伝えられることがありました。

子供の頃見ていた事がその当時は理解できずにおりましたが、それが近年になり現実化する事から、伝えられていたことが、将来の姿として子供の頃から伝えられていたことだと理解できるようになってまいりました。

子供の頃からのビジョンを繋ぎますと、今世紀から新たな地球が生まれるために変動期に入るということがあります。
地球が生まれ変わる為に変化をきたす。数十万年数百万年の時の流れを通じ、大きな変動や地殻変動が起こり、地球を火の玉となす、その後、それが冷えた時に氷の球となる、その氷が溶け、地上に大地が現れたとき、新たなる命が地上に生まれ、新たな循環が始まる。それは、とてつもない期間を通じて変化するということでありました。
私達の人生である数十年という単位ではなく、宇宙規模の年月をかけてでの新たなる地球誕生の環境変化であります。

地球とともに、人は自然の循環の中でやるべき事に気づきその新しい地球での役割があると伝えらました。
それは、超能力ということでなく、人間がひとりひとり持つ、日々の暮らしの中で培うことが出来る力をもって、すべての命とともに生きること。それが人間の持って生まれた天命であり宿命であると伝えられました。

私達は今、決して特別な能力を求められているのではないのです。
これから数世代を経て、活動を宇宙へと拡げ、植物や動物などの意識を明確に感じられる形に進化を遂げます。
その変化(進化)は今の人間一代でなし得ることではなく、何世代もの時を経て、人間自らが、考え作り進化させていゆく、その上で初めて出来上がる。肉体的、精神的、科学的な変化はそれだけの期間を通じてなし得ることである。そう伝えられております。
また、その大きな流れの中で、今出来ることはなんなのであるか、それを悟り実行に移すことが大切であるとも啓示で伝えられております。

そのように、私自身が成長を重ね、子供の時から伝えられてきた啓示の意味がわかりました

が、近年ではその啓示に変化がおとづれている事に気がつきました。

本来ある地球の営みとしての地殻変動が10倍20倍という速さで、変化をきたしているようです。
そうした、急速な変化により、多くの生命が地球から消滅し、環境破壊が数百倍の速度にて進んでいるとも現在ではつたえられています。本来は自らが守らねばならない多くの命を人間の手で絶滅へと導いていることに気づき、それを改めること、その気づきこそが本来の人間の進化を進める鍵になる。人間として大切な心なのです。

今後、決して起こしてはならないことが第三次世界大戦、核戦争、細菌兵器を用いた争い。
意味がお分かりでしょうか、細菌兵器や中性子爆弾、等の化学兵器を使用した戦争です。
現代では新たな技術開発を通して、第二次世界大戦当時と比較して、比べものにならないとても強力な兵器が開発されています。それを使っての争いは決して起こしてはいけないのです。

新たなる地球の誕生には長い年月がかかる。
人間は何世代もの営みを通して、地上の生命を守り、新たなる地球誕生の折には、命を守護る役割があるのだと伝えられております。
しかし、人間はその意図を捉えることなく。私利私欲、狭い意味での国益などにとらわれ動いている。本来ならば、今あるすべての命を守りそれを未来へ繋ぐ役割があるが、本来守らねばならない生命を、人間はその逆に、多くの命を奪いこ消滅させる動きをしている。

人間として絶対やってはいけないこととして伝えられていることに、核兵器、化学兵器を通じた第三次世界大戦があります。それが起こった場合には、天文学的な年月をかけて育ってきた地球が一瞬の内に死滅してしまうことになるとつたえらえられております。

最後の戦争、第三次世界大戦ののちの世を常に見せられており。
その争いのあとは、焼け野原でもなく、何も存在しない無の世界でした。

そうなすも、なさぬもも、やるも、やらぬもそなたらの勝手じゃ

毎夜、病院を抜け出しお宮にて最悪のビジョンを見せられ、気がくるわんばかりでした。
その当時、入院中であった時の主治医が実際に私が気が狂ったと、云いはばからない状況でありました。

また、啓示では未来への流れとして、争いの世界へ向かう道筋を歩んでいるのか判断をするポイントとしていくつかの事柄が伝えられております。
2001年に911のビジョンを、2005年の政治の混乱から自民党の圧勝、そこから繋がる平和憲法の改正(拡大解釈)が行われていく流れとなると伝えられ、それは実際に防衛庁から省への格上げ、ガイドラインの見直しなどいろいろな軍備増強論の流れとして形となりました。リーマンショック、オバマ大統領の誕生、その他政治経済、自然災害など、戦争までの10段階のポイントの内7番目の事柄として、韓国現職大統領の竹島上陸も伝えられておりました。そして、第8番目ポイントがパキスタンの核兵器が盗まれてテロに使用される。そして、日本でも中国や韓国との問題から戦争への流れが大きく動き出してしまう。そうなると、戦争への流れを止めることが非常に困難な状態になるであろうとのことでした。

7番目の啓示が現実となった今の時点では、まだ、戦争への道を歩まない選択が可能なのです。

そのように、将来の可能性としての多くのことを子供の頃から見せられておりました。
そこで、改めて伝えさせていただきます。

私のご神事は、決して未来を言い当てるとか、地震を当てるとか、予言をすることではありません。

私の伝えれられる啓示は、近未来に起こる可能性が高いことと言えます。
大きな災害や戦争などを伝えらえ、それを受けた内容を、どう捉え、どう解釈するかが重要なことと言えるのです。
その解釈を間違わないように、そして平和への道のりを選択する事が本当に大切なことなのだと言えるのです。

啓示やビジョンを見た後に私は気が狂わんばかりになります。
日常生活もままならない状況となります。
それが落ち着き真剣に啓示の内容を考えることが出来る時となり、改めてその意味合いを考える。未来を整え、起こってなならないことを変えるために、人生をかけてその時に出来る動きをすることを考えます。

もう一度言いますと、私自身のご神事は決して予言ではありません。
見た出来事は、何もしなければ現実として起こることです。

人々の想念、思いをしっかりともち、日々の暮らしの中でそれを現実化することにより、初めてこの世の中を善きものへと変えることが出来る。そう伝えられているからこそ、全国、世界にかけてご神事を行うことができるのです。

そこで、伝えておきたいことは、近年、関東から関西だけでなく、北海道から本州、四国、沖縄台湾フィリピンとか、世界中いつどこでどのような自然災害が起きてもおかしくはない。
特に日本列島ではすぐにでも何が起きてもおかしくはない程のエネルギーが溜まっております。近年、関東で大きな災害が起きると予言をする方も多いです。実際、富士山がいつ噴火を起こしてもおかしくはない状況です。
また、関東から東海、東南海、南海の大きな地震、いつ起きてもおかしくはない状況です。
だからこそ危機感を持っています。311以降は本当に深刻です。
プレート型、内陸型、それら連鎖が発生しております。
火山の噴火も含めて地震はいつ起きてもおかしくはない、それを念頭に置き、準備をすることが大切です。

いつ何が起きても冷静に対応し、混乱することなく、自らの命、多くの命を未来へ繋ぐ、それを考えていただきたいのです。事が起こったときに、冷静に行動する。決してパニックになるのではなく、冷静に対応する事が必要とされている時代です。
ですから、いつ何が起こるのかそれに集中するのではなく。それをいかに分割分散させるか意識をして祈る、心から祈り、それに対する行動をする。多くの方がそうした観点で行動することが大切です。

その旨の啓示を受けているので、こうしてみなさんに祈り合わせへのとりくみをお願いしているのです。
私とともに、一人一人ができる形で構いません。
心からの祈りと行動を、そして、身の回りの地域の状況を知り、理解して欲しい。また、身近な聖地を知り真剣に祈ることをして欲しいと考えます。

地球の変化に関して、考え方は人によりいろいろあります。自然災害を起こしたくない。あるいは戦争を起こしたくない、みなさんの考えるそれぞれの思いを真剣に祈り、願い、誓い、行動を起こして欲しいのです。

祈りというのは自然災害だけではなく。政治経済にも当てはまります。
各地から、ともに祈り合わせにたいしてのお力添えをいただきたいと思います。


・・・途中、休憩・・・・・・


またお話にお付き合いください。

繰り返しになりますが、私の見るビジョンや啓示は決して予言ではありません。
その旨、先程伝えましたが、その部分の映像が途切れたので改めて伝えます。

啓示。それは、近未来に起こり得る、一番起きては、起こしてはならない事として、それを起こさないために私たちが流れを変えるためのヒントとして伝えられているのです。
従って、見たビジョンはすべてそれを変えられる、変えることが出来るのは、未来を創るのは、私達ひとりひとりの行いでしかないということです。
そして、この地上にくらすすべての救世主は、精霊でもなく宇宙人でもなく、人間であるということも啓示で強く伝えられています。

人から、あなたの神は高次元につながっていますか、どのような存在ですかそう問われます。
私にとっては、次元が高い低いとは大きな問題ではありません。
天の父、大地なる母、天地や全ての精霊や存在を繋ぐ役割を持つ結び神、その3神から強く伝えられます。
特に父神、母神から多くのビジョンを見せられます。
結び神様は、多くの精霊と私を繋ぎます。

結び神様は動物神などとの繋がり方、接し方もつたえてまいります。
それらの精霊は、感覚として、時にはお言葉として、戦争や災害についてのことを必死で伝てまいります。命を次の世に伝えて欲しいと必死に伝えてきます。

それは、命を繋ぐのは人間に託されているからにほかなりません。

命を次の世に繋ぐため、だからこそ自分たちの未来を託す為に人間に必死で伝えてきます。
生命の営みに次元の高い低いは意味のないことなのです。
私は、すべての方に人間に託された命を未来に繋ぐという役割を真剣に考えていただきたいと思います。地球の未来を託されたものとして、本当に真剣にかんがていただきたいのです。


話を変えます。

911などいろいろなビジョンを見ております。
私のビジョンとして1から10までの段階があり、8段階に行くと戦争は回避できないという目安がります。
第7段階として、韓国の現職大統領が竹島に上陸するということがあります。
東南アジア全体の流れの目安として、第7段階が発生するとおかしな流れにあるということが言えます。
沖縄から、米軍が流出して、それと同時に必要な装備や設備を整えるのは戦争の下準備であると、再三伝えてまいりました。実際に、私としても出来る限りのご神事を行なって参りました。
第7段階が現実化した状態で、現在は危機感があると感じています。
数年来そのことを、声を大にして伝えたつもりでしたが、それが現実化してしましまいました。


近い将来、80年代から90年代に経験したバブルを超えたことが日本に起こる可能性があります。おかしな話しと感じるかもしれませんが、数年で、最大の好景気を経験する可能性があります。
それは、大国の意図により起こされる可能性があります。そこで得たお金は、軍事増強に使われる可能性があるのです。そして、徴兵制が数年の内に復活する事があると啓示にて伝えられております。そして、今後4~5年後に中国との本格的な戦争に入るという流れです。
もう一つの流れとして、日本を取り巻く環境が今年から来年にかけて、些細な事で緊張が重なり、数年後に本格的な戦争へと流れていく。
尖閣諸島などの小さないざこざが大きな争いにつながるとも啓示により受けていることです。

これは、日本が好景気になることにより、日本は軍備増強の為の資金が得られ、逆に各国からの投資が冷え込んだ中国は景気の悪化から国自体が追い詰められるということなのです。

啓示ではそれはまだ避けられる状況なのです。そのためには人々が知恵を出し合い、争いではなく平和を願う思いから生まれます。私が受ける啓示だけではなく、その流れを察知して多くの方がご自身の立場にて戦争を起こさない行動をとっていただきたいのです。

私が伝えることをすべての人に信じて受け入れてくださいとは考えておりません。
私の話を受け入れる、あるいは賛同してくださる方に、ともに動いてくださいと願うだけです。

一人一人が考え方、それぞれ価値観が異なり、何が正しいとかいうことはできません。
が、ずっといってきた事が、現実化をして、このままの形で進むと本当に起こってしまう可能性が高いのです。
本来、私のいうことは全て外れ、嘘つき呼ばわりされることが一番望ましいのですが。
そうなってはいないのが現状です。

すこし冷静に考えれば、今の中国での暴動に日本人が巻き込まれて死亡することがあれば、日本の国民として、国として中国への反感が大きく芽生えることになりますそうなると、両国の関係が目に見えて悪化することとなります。尖閣へ上陸しようとする動きに際して、危害が加えられることがあると、更に事態は悪化の一途を辿ります。今、目先にそう言った危機があります。
韓国の政治家が竹島にグループにて乗り込もうとしている動きがあります。
今は、冷静に物事をみて判断、動く必要があるのです。こういうことが重なると、強いリーダーを求める動きが出てまいります。恐怖、不安がそれらを煽ります。

自衛隊を国軍として作り変える、そういった動きもあります。
それが、当たり前のことなのか、危機的なことなのか、大事な決断を迫られる時がくる可能性が高いのです。それらを踏まえて、政治、経済、自然を真剣に考えなければならないということを考えてください。

実際に戦争になれば、男女を問わす、60歳代までの人々が駆り出されるでしょう。

戦争が終わった時に多くの方が、後悔、苦しみに見舞われるでしょう。
なぜ、このような結果になったのだろう、なんとかこのようなことを避ける手立てはなかったのだろうか、そう言った思いが心に大きな傷を残すでしょう。

第二次世界大戦、その他の戦争においても戦争を回避する可能性はあったのです。
勇気ある政治家や軍人がその動きをしようとしたこともあります。

今、私達がどのような判断をして行動を起こすのか、自分の世だけではなく、次の世代、その次の世代、そのことを考え、真剣に自らに問いかけて欲しいのです。

私たちが取り組む事柄は、全て意味のある事からの行動です。
未来の為になり、未来に必要なことであるからこそそれを行っています。

いのちの和の活動は本来であれば多くの方に取り組んでいただき、私はご神事に集中したいのが本音です。

今回みろく会なるものを設置したく考えております。
現在それは思案中ですが。
皆様におかれましては、今までどおり祈り合わせを行っていただく方。
各地の聖地にて本格的に祈りに参加する方、合わせて募ります。

私のように自分の願いを声に出し、神にそして同席する方々に、自分の心へそれを伝え信念としてそれに取り組むことを誓うという方法でも構いません。

改めて、お願いをしますが

本日の夜(9/17)大阪に向い、20日に沖縄に向かいます。

秋分の日に沖縄にて海でのご神事を行ないます。
昼の12時にご神事として祈りを捧げます。
できましたら、その場から、あるいは沖縄にお越しくださり参加してください。

その翌週9月30日に大祭として十五夜祭りがあります。
18時に御神事として祈りを行ないます。
それに合わせて日本全国の方々とともに祈り合わせ、ご神事にご参加いただきたいと思います。
この詳細を皆様のお持ちのブログやメルマガ、いろいろな方法を使い、この祈り合わせをお伝えいただければと思います。
現在起こっている。政治、経済の不安を善き流れとして行けるように皆様のお力を頂ければと思います。

最後に、妻との祈り合わせとお言葉をいただきたいと思います


・・・比嘉りか氏の祈り合わせと、伝えられた言葉・・・・・・


テレビ等でさまざまな中国の情報が流れ、そしてその映像を見てショックを受ける方またなぜこのようになってしまったのか?と疑問に思われる方。
同じように映像からエネルギーを受け、怒りをもってしまう方もさまざまいらっしゃるかと思います。
ですが、どうか、なぜそのようになってしまっているのか?
その背景にはなにがあったのか?
もしかしたら自分たちの国の問題をすり替え、そしてどこかはけ口を求めさせられているのではないかという思いも考えていただけたらと思います。

そしてそのような映像を目にした時に、軽く目を閉じて、落ち着いて、そしてどうか良き道へと進むようにという思いをもっていただき、ふたたび目を開けた時には同じ映像が違った角度で見えるものになるかもしれません。

多くの方々が決して惑わされること無く、しっかりまことの事を見つめ、善き未来願い祈り頂きますことを

・・・伝えられたお言葉・・・・・・

ひとりひとりが 共にあることを忘れることなく
いくさ あらそいの先に見えてくるもの ふたしてはならない
ふたをするのは何も無い
欲も見つめ 我も見つめ しっかりと知り そしてすすめ
その先になにがあるのか 先の裏にはなにがあるのか
しっかりと知れよ 知ればわかろう
何が起きているのか 何が起ころうとしているのか
どうするかはその者しだい
しかしながら 選ぶものは善きものにせよ
どうかその善きものと 安心と安全であたためられるように
その道は 今そなたたちの中で思いもよらぬ道やも知れぬ
道は間違ってはならない
平和の道はいくつでもある
いくさ あらそいせずに繋ぎゆくことこそが
善き未来の基礎となりゆこう

・・・水の唄の後のおことば・・・・・・

義 という言葉忘れることなく
仁 という意味忘れることなく
知る ということ恐れずに
和というものをつくりゆかれよ

仁にあり友を助け 友を守り 命をつなぎゆけ
丁寧な歩みは次へと続けられる
決して失われず 決して見失わず この命ともにあれ

平和の世をつくりゆけ
地上と共に、このほしとともに
種こそ違えど 命と共に
人も違えど 命と共に
平和の世を共にみなとつくりゆけ


・・・以上、比嘉りか氏・・・・・・




最後にやはり
私自身の事で申し訳ありませんが

日々危機感が募ります。毎日寝た気がしません、毎夜うなされ、突然立ち上がり叫んでいる現状です。

なんとかそれを回避する為に、やりとりをする状況です。

沖縄での春分の日、十五夜祭りが執り行われます。
10月6日が音楽の和の集い、10月7日と8日にアマゾンを守られている方の集いなどあります。7日、8日にはインターネットを通じて祈り合わせを大ないます。
両日に会場へ来られる方は会場にて、またご都合が悪い方はその時にいらっしゃる場所から是非、この祈り合わせへご参加下さい。

日々、私の中では危機感を感じて暮らしております。
自分の体調を無視しご神事に向かうことにお叱りを受けていることもあります。

私と同じような方法を勧めることはありません。

しかし、今の瞬間この時間は本当に大切です。
今できることを本気で考え意識して取り組んでいただきたいと思うのです
いのりの和といのちの和このふたつを行う事が大切です。

最後にお願いとはなりますが。
いのちの和、祈りの和、ご神事に関して皆様の知識、技術、金銭的なことも含めて様々なご支援をいただたくお願い申し上げます。

本来であれば9月の初めに中国から韓国までのご神事を行う予定でしたが、諸事情から現実出来ませんでしたが、10月にはなんとかそのご神事を行いたいと考えております。

私としては、多くの皆様と祈りをとおして未来を創り上げていく思いでおります。
それを絶対の正義であると断言することは致しません。
もし、私の活動にご賛同頂き、共に取り組んで頂ける想いをお持ちでおられましたら。
誠に恐縮ではありますが、様々な形でのご支援をよろしくお願いいたしたく存じます。

本日も長時間にわたり、お話しをお聞き頂きありがとうございました。


比嘉 良丸
比嘉 りか










本日、動画配信いたします

2012.09.17.16:00

いつもお力添えありがとうございます。
本日、比嘉良丸から改めて皆様にお伝えしたいことがあるということで、本日、午後4時15分ごろから配信いたします。
下記URLにて配信いたします。どうぞ、ご覧くださいませ。

動画配信先
祈りの和TV>http://inorinowa.org/tv/

日々の祈り

2012.09.14.15:30

新暦9月14日(旧暦7月28日 寅)

いつも真心のお力添えありがとうございます。
本日日々の祈りの際に伝えられました言葉をお伝えさせていただきます。

人々よ
いつでも選択肢はある
選ぶのは
そなた達である
真と未来を見る眼にて
今を繋げてゆくがよい


本日の言葉ですが、いつも伝えられていますように、世の中を作りゆくのは、私達人間になります。
環境も変えてきました。大地も変えてきました。それが、どのような意味や理由で変えられてきたのかということを改めて考え、そして、今後は、共存してゆくための場所として変化させてゆかなければなりませんし、これからを生きてゆく命達に対しても考えないとなりません。
今を生きている命の事も考えることで、その未来に対しての行動も変わってくるのかもしれません。

何かを行う時、選択肢があります。考えも様々にでてくると思います。どちらがどのような結果を生むか。先の事は分からないということではなく、考えて選択してゆきなさい。未来を考え深く考えることが大切であるということを伝えてきているのではないでしょうか。
先の事はわかりません。しかし、だからといって、投げやりにまた、適当に考え選択するのではなく、まずは、どのように進みたいのか。そして進みゆく中において、状況からの変更が出てきた時にまた対処し変化させてゆくという事を行うことが大切なことなのだということを伝えてきているのではないかと感じました。

皆様は、どのようにお感じになられましたでしょうか。
私の解釈は、一つの参考として受け止めていただけますと幸いでございます。

比嘉良丸
比嘉りか

★*★*祈りの和information*★*★

<11月末開催グアテマラ・ツアー>
2012年・マヤを知る旅
「セレモニーと文化・遺跡探訪(8日間)」のご案内 第1弾 

多くのマヤ族の聖地が存在するグアテマラにて、ご神事を兼ねたツアーを行います。
ぜひ、ご参加ください!
icon1-9.jpg

10月7日、8日の両日、千葉&東京で「勉強会(特別編)」を開催いたします!
<日時・会場のご案内>

●10月7日(日)「千葉勉強会」
会場:千葉市生涯学習センター内「メディアエッグ」
住所:千葉市中央区弁天3-7-7
時間:開場13:15  開演:13:30 終演予定:17:30
地図:http://chiba-gakushu.jp/know/know_04.html

千葉申込みサイト下記をクリック
icon1-10.jpg

●10月8日(月・祭日)「東京勉強会」
会場:KFCホール「106号室」(両国)
住所:東京都墨田区横網(よこあみ)一丁目6番1号
時間:開場13:15 開演13:30 終演:16:30(予定)
地図:http://www.tokyo-kfc.co.jp/accessmap.html

東京申込みサイト下記をクリック
icon1-11.jpg

●ご参加費:2000円+ラブオファー
お支払い方法:当日、会場にてお支払いくださいませ。

●ご参加方法
当日、会場への直接参加も可能ですが、50名定員ですので、予めのご予約をオススメいたします。

スタッフ一同、多くの皆様のご参加を心よりお待ちしております!

日々の祈り

2012.09.13.19:00

新暦9月13日(旧暦7月27日 丑)

いつも真心のお力添えありがとうございます。
本日、日々の祈りの際に伝えられました言葉をお伝えさせていただきます。

人々よ
どこまでいっても
同じと思うか
同じと思うな
どこまでいっても
同じならば
そなた達に未来は託さない
そなた達なしで未来は創られよう
同じ思い
持つことが出来ると信じ
托されている事を
考えよ


本日の言葉についてですが、もし、人間がいてもいなくても同じ未来ならば、他の存在達は、人間なしに未来を創るのかもしれません。それほどまでに、人間の行動いかんで未来が左右されるという事をつたえてきていると思います。
また、本日伝えてきた存在は、人間に希望をもっています。共存することが出来るという事を信じて伝えてきてくれていました。
それほどまでに、私達人間の存在、行動というものは、この星に対して、この星の命に対して大きく影響しており、その行動の変化を希求し、変化出来ると信じてくれている存在がいます。
多くの命に恥じぬように、そして、その希望と期待を裏切らないように未来を創ってゆかなければならないと深く感じました。

皆様はどのようにお感じになられましたでしょうか。
私の解釈は、一つの参考として受け止めていただけますと幸いでございます。

比嘉良丸
比嘉りか

★*★*祈りの和information*★*★

<11月末開催グアテマラ・ツアー>
2012年・マヤを知る旅
「セレモニーと文化・遺跡探訪(8日間)」のご案内 第1弾 

多くのマヤ族の聖地が存在するグアテマラにて、ご神事を兼ねたツアーを行います。
ぜひ、ご参加ください!
icon1-9.jpg

10月7日、8日の両日、千葉&東京で「勉強会(特別編)」を開催いたします!
<日時・会場のご案内>

●10月7日(日)「千葉勉強会」
会場:千葉市生涯学習センター内「メディアエッグ」
住所:千葉市中央区弁天3-7-7
時間:開場13:15  開演:13:30 終演予定:17:30
地図:http://chiba-gakushu.jp/know/know_04.html

千葉申込みサイト下記をクリック
icon1-10.jpg

●10月8日(月・祭日)「東京勉強会」
会場:KFCホール「106号室」(両国)
住所:東京都墨田区横網(よこあみ)一丁目6番1号
時間:開場13:15 開演13:30 終演:16:30(予定)
地図:http://www.tokyo-kfc.co.jp/accessmap.html

東京申込みサイト下記をクリック
icon1-11.jpg

●ご参加費:2000円+ラブオファー
お支払い方法:当日、会場にてお支払いくださいませ。

●ご参加方法
当日、会場への直接参加も可能ですが、50名定員ですので、予めのご予約をオススメいたします。

スタッフ一同、多くの皆様のご参加を心よりお待ちしております!

日々の祈りと食の和について

2012.09.12.12:40

新暦9月12日(旧暦7月26日 子)

いつも真心のお力添えありがとうございます。
本日、日々の祈りの際に伝えられました言葉をお伝えさせていただきます

人々よ
誰の為に行うか
何の為に行うか
理屈ではない
欲ではない
そこに
誠の心入っているか


本日の言葉は、私達の行う行動の原動力やその奥にある思い、意識は、どのような意識で行っているのか。それは、私利私欲ではないか、様々な理由をつけて自らをごまかしているのではないか、正当化してはいないか。未来や平和の為になっているかという事を聞かれているのではないかと感じました。
中々、自分の事は見えにくいものです。また、色々と理由をつけて回避してしまうこともありますが、自分の本心はしっかりと解っていますか?という事を問われているのではないかとも感じました。
自分の本心を見失ってしまうと、進む方向さえ分からなくなります。また、思い込んでしまうことで、見えなくなることもあります。
今、どのような流れの中にいるのか、どこへと進もうとしているのか、しっかりと把握しておく時期なのかもしれません。その為にも、今一度、自分自身との確認をしてみなさいという事を伝えられているのではないかと感じました。

皆様はどのようにお感じになられましたでしょうか。
私の解釈は、一つの参考として受け止めていただけますと幸いです。

さて、本日は、夫から先日一時見直しとなりました食の和の活動についてお伝えさせていただきます。

*****

「こころのかけはし 命の和」の活動として食の和の活動が今月の開催で、一旦、全体的な見直しをすることとなりました。
改めて今年度中か、来年初めにスタートを取れるようにしたいと考えております。
「こころのかけはし命の和」の中で、食の和という位置づけは、大変重要な活動の一環でありますことから、改めて活動の主旨を理解したうえで新しい取り組みに発展させてゆきたいと考えております。

昨日、その前と配信しました生放送の中でもお伝えしましたが、食の和を行うというきっかけは、啓示に基づく重要なものでした。

当時、伝えられた内容としては、食の安全・重要性、今後起こるであろうと言われた放射能汚染といったことを踏まえ、食というものを、生産から食卓に届くまで、全体的に見直し発展させてゆくという事が食の和の原点になります。

私に伝えられた啓示の内容としましては、「今ある食という問題は、大量生産の中からくる、食の安全性に問題が発生している。これには、生産者の生活も含め様々な事があるかと思うが、実際には、企業の利益優先の体制から、命・肉体を維持する源となる食、命にかかわる食という観点ではなく、お金・利益という観点から、健康・命というものを無視した状況が現在横行している。

その為に、何十年と口から食物、飲料をとおして体内に入った化学物質や有害物質が、体内に蓄積されたことから人体障害だけではなく意識障害や身体的障害が、実際に起きている可能性が高い。それによって、すぐにキレる、物事をきちんと把握できない、人の感情、人の思いが理解出来ないといったことが発生し、精神障害が起きている。それは、教育や子育て、社会的環境だけではなく、食事の面からも来ている。」という啓示を伝えられそれに基づいて、食の和を発足しました。
またこうも伝えられました。
「すべての者が、本当に安全な食事を摂るということは、今の現在の世の中の流通や生産の仕組みにおいて難しい。しかし、肺、心臓、肝臓などの内臓で実際に解毒・体外へ排出や取り除くことが難しい場所に蓄積されたものを、解毒中和、化学分解するもの、体外に出す事が可能なものとして、水・塩・食用油・アロマオイルの類・石鹸をつくりなさい。取りあえずは、体内に蓄積されたものを緩和してゆくことができるだろう」
「食事の安全性というところで疑問があるならば、洗う・下処理するといったことが必要であり、それでも除去できなものは、蓄積しないように分解する物などを見つけ紹介してゆけ。食の精神的な面からのメンテナンスを発展させてゆけ。それだけではなく、今の農業・生産者・販売などの分野も、将来的には新しい農業の技術、新しい食を作るように」ということをいわれ、広い分野での食の和というものを伝えられました。

大きな範囲での命の源という事を言われ、その為にも、大きな視野を持って考えてゆくということが、食の和の実際の運営主旨であります。
今後、それも踏まえてきちんした主旨を持って、様々な企画や情報を得る場所として発展させてゆきたいと考えております。
その為にも、食の和は大変重要な活動の一環であり、やめるという事はありません。
もっとしっかりとした方向性を持って一個人として対応するのではなく、知識を持った方々が集まり、食という部分の大きな視野で力を合わせて発展させてゆく、基礎造りから今回改めて、動いてゆきます。

知識 情報、技術を持っている方々に 一緒に参加していただければと考えております

比嘉良丸
比嘉りか

★*★*祈りの和information*★*★

<11月末開催グアテマラ・ツアー>
2012年・マヤを知る旅
「セレモニーと文化・遺跡探訪(8日間)」のご案内 第1弾 

多くのマヤ族の聖地が存在するグアテマラにて、ご神事を兼ねたツアーを行います。
ぜひ、ご参加ください!
グアテマラ

10月7日、8日の両日、千葉&東京で「勉強会(特別編)」を開催いたします!


<日時・会場のご案内>

●10月7日(日)「千葉勉強会」
会場:千葉市生涯学習センター内「メディアエッグ」
住所:千葉市中央区弁天3-7-7
時間:開場13:15  開演:13:30 終演予定:17:30
地図:http://chiba-gakushu.jp/know/know_04.html

千葉申込みサイト下記をクリック
tiba

●10月8日(月・祭日)「東京勉強会」
会場:KFCホール「106号室」(両国)
住所:東京都墨田区横網(よこあみ)一丁目6番1号
時間:開場13:15 開演13:30 終演:16:30(予定)
地図:http://www.tokyo-kfc.co.jp/accessmap.html

東京申込みサイト下記をクリック
tokyou

●ご参加費:2000円+ラブオファー
お支払い方法:当日、会場にてお支払いくださいませ。

●ご参加方法
当日、会場への直接参加も可能ですが、50名定員ですので、予めのご予約をオススメいたします。

スタッフ一同、多くの皆様のご参加を心よりお待ちしております!

日々の祈り&【11月末に決定!グアテマラ・ツアー】2012年・マヤを知る旅「セレモニーと文化・遺跡探訪(8日間)」のご案内

2012.09.11.16:35

新暦9月11日(旧暦7月25日 亥)

いつも真心のお力添えありがとうございます。
本日、日々の祈りの際に伝えられました言葉をお伝えさせていただきます。

地図にはない
未来を描くのだから
皆 大変であろう
描く事は
大切な者との日常
平穏にこそ幸あり
それはすべての者が
そうであろう
すべての命が
そうであろう


本日の言葉は、イメージの持ち方を教えてくれた気がしております。
平和という言葉では、大きすぎて漠然としてしまい、どのようなイメージを持って願い祈るか分からない事があります。
本日の言葉には、そんな時に、大切な方々との平穏な一場面などを思い出したりするのも一つの案でもあるということを伝えていると感じています。
更に、大切な方との平穏が幸というのは、私達だけではなく、別の国の方々も同様であるということ。そして、それは命という大きな括りでも同じであるという事を伝えてきています。
きっと世界の人が、大切な方と共に居る時間を幸と感じます。争いや戦争は、その幸を奪う事になります。
そんな事にならないように、私達一人一人が、未来、世の中を意識して歩みたいと感じました。

皆様はどのようにお感じになられましたでしょうか。
私の解釈は、一つの参考として受け止めていただけますと幸いです。

さて、今年の6月にマヤ族長老であるアレハンドロ氏、エリザベスグランドマザー、テ・ポロハウ長老と山中湖にてセレモニーを行いました。
日本の富士山の麓にて、ご協力くださいました皆様、ご参加くださいました皆様と共に、世界の未来、平和の願い祈りを捧げました。
長老達と行動を共にする中、この2012年に今回の富士山の繋ぎとして、長老達と日本を繋ぎ祈ってきた結びとして、グアテマラにて祈りをするお話が出ました。
そして今回、アレハンドロ長老、エリザベスグランドマザーと共に、グアテマラで、ファイヤーセレモニーを執り行う事が決定いたしました。
マヤの聖地にて、長老と共に、より良い未来、平和への願い祈りにご参加出来ます方は、ぜひご一緒に願い祈りくださいませ。

比嘉良丸
比嘉りか

祈りの和information

<11月末開催グアテマラご神事ツアー>
2012年・マヤを知る旅
「セレモニーと文化・遺跡探訪(8日間)」のご案内 第1弾
 


ティカル遺跡
(写真上・グアテマラ「ティカル遺跡」)

「中米・南米は、海外でのご神事巡礼の重要なスポット」という啓示に基づき、祈りの和では今年から来年にかけて、中米・南米各地へのご神事・巡礼のための渡航を予定しています。
特に今年2012年は、マヤ族にとってのメモリアル・イヤーとなっていたため、6月にはマヤ族長老2名を日本にお呼びし、「正しいマヤ預言の伝道」と日本各地での祈り巡礼活動も行いました。

来日時にマヤ族エルダーたちからの支援も承諾いただけたので、今度は「祈りの和」がグアテマラ・マヤ族の地を探訪し、セレモニー体験や、遺跡のあるパワースポット等を巡礼しよう、という趣旨のツアーを開催させていただくことになりました。

●ツアー概要と主な内容・特長

【日程】
11月23日(祝)日本発~11月30日(土)日本着の8日間
【料金(予定)】
定価:369,000円+燃油サーチャージ諸税5万5000円 
合計:424,000円(税込・予定)

【内容・特長】

☆単なる観光ツアーではなく、マヤ族エルダーが同行する、「マヤの叡智と文化をより深く知ること」を目的にした祈りと学びのツアーです。
さらに現地在住の日本人ガイド&通訳者も同行する唯一のツアーです!

1)マヤ族エルダーが同行
ツアー期間中はずっと、マヤ族エルダーで「アフキフ」(マヤ族でスピリチュアル・ガイドを意味する言葉)でもあるエリザベス・アラウホさんが同行しガイド役を務めます。

IMG_1703-3.jpg
(写真上)今年6月富士山に集結し祈りを捧げた「祈り人」たち。中央がエリザベスさん。

2)マヤの神秘儀式を体験
キチェ・マヤ族大長老、ドン・アレハンドロ長老による聖地でのファイアーセレモニー体験の他、マヤ族伝統の神秘的な儀式を、本ツアーのために執り行います。
IMG_0548-3_20120907084943.jpg
(写真上)今年6月、神戸・西明石にて執り行われたファイアーセレモニー。右がドン・アレハンドロ長老。

3)マヤ神秘の遺跡を探訪!
ティカルをはじめ、できるだけ多くの遺跡巡りを計画しています。オプションで「エル・ミラドール遺跡」も探訪できます(5人乗りヘリをチャーター。ヘリ料金目安は1人4万円)。
ミラドールラダンタ遺跡図版
(図版上:エル・ミラドール遺跡郡のラ・ダンタピラミッドを中心とした古都の様子)

4)マヤ文化と占術体験!
マヤ族エルダーたちによる、「マヤ文化に関するレクチャー」、「マヤ占い」、「マヤ・ヒーリング」なども体験できます。

5)比嘉夫妻による聖地での「学びの和」を開催!
比嘉良丸・りかによるグアテマラ聖地での「学びの和」、「個人向けメッセージ」も体験できます。

6)参加のご記念に「旅の記録DVD」をご進呈!
ツアーにご参加いただいた記念に、現地での様子を記録した動画で作成する「旅の記録DVD」を後日ご進呈いたします。

7)滞在ホテルは5つ星クラス
宿泊先は旅の疲れを取るため、現地では最もリラックスできるホテルをご用意いたします。

【主なツアー探訪先】
市街:アンティグア、グアテマラ・シティ、フローレス、ソロラ、パナハッチェル
マヤ遺跡・聖地:イシムチェ遺跡、ティカル遺跡、エル・ミラドール遺跡(オプション)
セレモニー:イシムチェ遺跡にてファイアーセレモニー、ソロラにて洞窟セレモニー(予定)
自然・文化:アティトラン湖畔と周辺の村

【お申し込みの締切(予定)】
10月5日頃が募集の締切予定になります。

※ツアー主催:「いのちの和」 提携旅行代理店:「クラブワールド」

【お問い合わせ先】
icon1-9.jpg

今回はまだ告知の第一弾です。詳細が決まり次第またご連絡致します。
ツアーへの参加にご興味のある方、お問い合わせは、上記までメールをお送り下さい。
順次メールにて、詳細情報をご案内させていただきます。

10月学びの和詳細

2012.09.10.17:03

10月7日、8日の両日、千葉&東京で「勉強会(特別編)」を開催いたします!

●10月7日(日)は「千葉勉強会」@千葉市生涯学習センター
●10月8日(月・祭日)は「東京勉強会」@KFC(両国)

※時間場所の詳細は下記に。

今回の勉強会のスペシャル・テーマは「アマゾンの祈りと叡智を体験する!」です。
※千葉・東京どちらも同じ内容です。

349
(写真上)アマゾンの広大な自然。画像提供:NGO「グリーンハート」


<「アマゾンの祈りと叡智を体験する!」の主な内容>

ゲストには、日本人ながらもアマゾン・シャーマンの称号を持ち、現在、NGO「グリーンハート」代表としてアマゾンの森林保護活動を行っている、吉野安基良(あきら)さんをお迎いたします。
アマゾンの現状から、インディオの人々の暮らし、また、アマゾンのシャーマンたちの存在意義や「祈りの重要性」などについて語っていただきます。

グリーンハートのHP
http://ngo-greenheart.jp/index.html

また、吉野さんの息子さんや奥様などからは、画像などを使って、アマゾン神秘の森の様子、さらには、吉野さんたちが現地のインディオたちとフェアートレードで共同開発した「アマゾン商品群」に関するお話をしていただきます。

これらの商品群を今回「祈りの和」でご紹介するのは、全ての商品が「祈り」というプロセスを経て出来上がっている、素晴らしい商品群だからです。
その一例をご紹介しましょう。

●アマゾン健康商品「コパイバ・マリマリ・オイル」

マリマリの樹-2
(写真上)「コパイバ・マリマリ」の樹。この樹がある場所はシャーマンにのみ教えられます。

「コパイバ・マリマリ・オイル」は、日本において飲用許可も取得済みのマジカルな樹液です。
コパイバという種目の樹の中でも、「マリマリ」(マリア様の意)と現地のインディオたちが呼ぶ、特別な樹からしか抽出できないオイルです。
この特別な樹はシャーマンにしか探せません。そして決して樹を切ることなく、年に決められた量の分のオイルを、祈りの儀式を捧げた後にいただくものです。
使い方はまさに万能オイルで、身体に塗ったり、飲用水に数滴垂らしたり、また、眉間に塗るなどして瞑想効果を高めるといった活用法があります。

伝承採取法-2
(写真上)祈りを捧げながら、伝統的な採取法によって、コパイバ・マリマリ・オイルが採られます。

IMG_0155_20120905090126.jpg
(写真上)樹液をそのまま天然100%ピュアでお届けする「コパイバ マリマリ10ml」3,600円(税込)

その他にも、マリマリや他の薬効効果の高いアマゾン植物で作った「石鹸」「歯磨き」などなど、日常生活に使えるさまざまな商品があります。
全ての商品が、その製作過程において「祈り」の力を活用したとても素晴らしいものです。

今回の勉強会では、吉野さんたちのご協力により、会場に各種商品もご用意いたしますので、
ぜひ、会場でこれらの商品の素晴らしさもご体験くださいね!

<その他の勉強会の内容>

比嘉良丸・りかによる、啓示・ご神事報告と「祈り合わせ」を行います。

<日時・会場のご案内>

●10月7日(日)「千葉勉強会」
会場:千葉市生涯学習センター内「メディアエッグ」
住所:千葉市中央区弁天3-7-7
時間:開場13:15  開演:13:30 終演予定:16:30
地図:http://chiba-gakushu.jp/know/know_04.html

千葉申込みサイト下記をクリック

icon1-10.jpg


●10月8日(月・祭日)「東京勉強会」
会場:KFCホール「106号室」(両国)
住所:東京都墨田区横網(よこあみ)一丁目6番1号
時間:開場13:15 開演13:30 終演:16:30(予定)
地図:http://www.tokyo-kfc.co.jp/accessmap.html

東京申込みサイト下記をクリック
icon1-11.jpg

●ご参加費:2000円+ラブオファー
お支払い方法:当日、会場にてお支払いくださいませ。

●ご参加方法
当日、会場への直接参加も可能ですが、50名定員ですので、予めのご予約をオススメいたします。

スタッフ一同、多くの皆様のご参加を心よりお待ちしております!

日々の祈り

2012.09.10.11:31

新暦9月10日(旧暦7月24日 戌)

いつも真心のお力添えありがとうございます。
本日、日々の祈りの際に伝えられました言葉をお伝えさせていただきます。

時間の忙しさに
埋没してはならない
何処へ進もうとしているのか
しっかりと見つめよ
世の中が
どこへ進もうとしているのか
しっかりと見つめよ
全ての者に
出来る事がある
全ての者に
行うべきことがある
全ての者が未来をつくり
全ての者が命を守る
命は繋がり
この星とある
その基本は
忘れてはならない


本日の言葉は、とても重く、また、厳しく伝えられました。
誰かが、何かをしてくれるという思いは、ともすると予想もしなかった方向へと進むことがあります。
常に伝えてくる存在達は、私達一人一人に出来る事があるという事を常に伝えてきています。
今のこの時代に生きているということは、一人一人それぞれに何か出来る事があるからこそ、存在しているのではないかと感じることがあります。
出来ることは、人それぞれです。些細だと思う事がとても重要なこともあります。今、改めて平和とは何か。地球との共存とは何かということを考え、実現できるように行動を促されているのではないかと感じられました。

皆様はどのようにお感じになられましたでしょうか。
私の解釈は一つの参考として受け止めていただけますと幸いです。

現在、関東地方から動けずにおります。
当初の予定では、日本海側や九州に向かっている予定でおりましたが、今、自然災害もさることながら、政治経済の問題もあるようで、なかなか離れることができません。
どのような啓示があるのかは、夫から改めてお伝えすることがあるかと思います。
本日も、真心のお力添えよろしくお願いいたします。

比嘉良丸
比嘉りか


***祈りの和スタッフより***


10月7日、8日の両日、千葉&東京で「勉強会(特別編)」を開催いたします!


<日時・会場のご案内>

●10月7日(日)「千葉勉強会」
会場:千葉市生涯学習センター内「メディアエッグ」
住所:千葉市中央区弁天3-7-7
時間:開場13:15  開演:13:30 終演予定:17:30
地図:http://chiba-gakushu.jp/know/know_04.html

千葉申込みサイト下記をクリック
icon1-10.jpg

●10月8日(月・祭日)「東京勉強会」
会場:KFCホール「106号室」(両国)
住所:東京都墨田区横網(よこあみ)一丁目6番1号
時間:開場13:15 開演13:30 終演:16:30(予定)
地図:http://www.tokyo-kfc.co.jp/accessmap.html

東京申込みサイト下記をクリック
icon1-9.jpg

●ご参加費:2000円+ラブオファー
お支払い方法:当日、会場にてお支払いくださいませ。

●ご参加方法
当日、会場への直接参加も可能ですが、50名定員ですので、予めのご予約をオススメいたします。

スタッフ一同、多くの皆様のご参加を心よりお待ちしております!

11月グアテマラ ファイヤーセレモニーツアー

2012.09.10.10:54

祈りの和information

<11月末開催グアテマラご神事ツアー>
2012年・マヤを知る旅
「セレモニーと文化・遺跡探訪(8日間)」のご案内 第1弾
 


ティカル遺跡
(写真上・グアテマラ「ティカル遺跡」)

「中米・南米は、海外でのご神事巡礼の重要なスポット」という啓示に基づき、祈りの和では今年から来年にかけて、中米・南米各地へのご神事・巡礼のための渡航を予定しています。
特に今年2012年は、マヤ族にとってのメモリアル・イヤーとなっていたため、6月にはマヤ族長老2名を日本にお呼びし、「正しいマヤ預言の伝道」と日本各地での祈り巡礼活動も行いました。

来日時にマヤ族エルダーたちからの支援も承諾いただけたので、今度は「祈りの和」がグアテマラ・マヤ族の地を探訪し、セレモニー体験や、遺跡のあるパワースポット等を巡礼しよう、という趣旨のツアーを開催させていただくことになりました。

●ツアー概要と主な内容・特長

【日程】
11月23日(祝)日本発~11月30日(土)日本着の8日間
【料金(予定)】
定価:369,000円+燃油サーチャージ諸税5万5000円 
合計:424,000円(税込・予定)

【内容・特長】

☆単なる観光ツアーではなく、マヤ族エルダーが同行する、「マヤの叡智と文化をより深く知ること」を目的にした祈りと学びのツアーです。
さらに現地在住の日本人ガイド&通訳者も同行する唯一のツアーです!

1)マヤ族エルダーが同行
ツアー期間中はずっと、マヤ族エルダーで「アフキフ」(マヤ族でスピリチュアル・ガイドを意味する言葉)でもあるエリザベス・アラウホさんが同行しガイド役を務めます。

IMG_1703-3.jpg
(写真上)今年6月富士山に集結し祈りを捧げた「祈り人」たち。中央がエリザベスさん。

2)マヤの神秘儀式を体験
キチェ・マヤ族大長老、ドン・アレハンドロ長老による聖地でのファイアーセレモニー体験の他、マヤ族伝統の神秘的な儀式を、本ツアーのために執り行います。
IMG_0548-3_20120907084943.jpg
(写真上)今年6月、神戸・西明石にて執り行われたファイアーセレモニー。右がドン・アレハンドロ長老。

3)マヤ神秘の遺跡を探訪!
ティカルをはじめ、できるだけ多くの遺跡巡りを計画しています。オプションで「エル・ミラドール遺跡」も探訪できます(5人乗りヘリをチャーター。ヘリ料金目安は1人4万円)。
ミラドールラダンタ遺跡図版
(図版上:エル・ミラドール遺跡郡のラ・ダンタピラミッドを中心とした古都の様子)

4)マヤ文化と占術体験!
マヤ族エルダーたちによる、「マヤ文化に関するレクチャー」、「マヤ占い」、「マヤ・ヒーリング」なども体験できます。

5)比嘉夫妻による聖地での「学びの和」を開催!
比嘉良丸・りかによるグアテマラ聖地での「学びの和」、「個人向けメッセージ」も体験できます。

6)参加のご記念に「旅の記録DVD」をご進呈!
ツアーにご参加いただいた記念に、現地での様子を記録した動画で作成する「旅の記録DVD」を後日ご進呈いたします。

7)滞在ホテルは5つ星クラス
宿泊先は旅の疲れを取るため、現地では最もリラックスできるホテルをご用意いたします。

【主なツアー探訪先】
市街:アンティグア、グアテマラ・シティ、フローレス、ソロラ、パナハッチェル
マヤ遺跡・聖地:イシムチェ遺跡、ティカル遺跡、エル・ミラドール遺跡(オプション)
セレモニー:イシムチェ遺跡にてファイアーセレモニー、ソロラにて洞窟セレモニー(予定)
自然・文化:アティトラン湖畔と周辺の村

【お申し込みの締切(予定)】
10月末日最終締切予定。※定員になり次第募集終了となります。

※ツアー主催:「いのちの和」 提携旅行代理店:「AHP」

【お問い合わせ先】
icon1-9.jpg

今回はまだ告知の第一弾です。詳細が決まり次第またご連絡致します。
ツアーへの参加にご興味のある方、お問い合わせは、上記までメールをお送り下さい。
順次メールにて、詳細情報をご案内させていただきます。

日々の祈りから

2012.09.08.17:03

新暦9月8日(旧暦7月22日 申)

いつも真心のお力添えありがとうございます。
本日、日々の祈りの際に伝えられました言葉をお伝えさせていただきます。

広く広く流れ行く
人の子等の命の流れ
命の源
つつがなくつつがなく
整えて整えて
人の子等の命の源
皆が知る時期
忘れてはならない
命の源
ここにありと知れば
大地を敬い
この星を敬う
大地は命を生かせている
命は皆
生かされている


本日の言葉は、この星や大地が、命の源であるという事を忘れてはならないということ。そして、命はこの星の意思にて生かされているということ。流れ行くということから、命の源=水という事も考えられます。
水の循環により、人だけではなく、多くの命が繋げられています。伝えてきた存在は、その事を意識することによって、この星の事や環境の事を考えられるのではないか、そこを忘れている為に、自らの事だけしか考えられなくなっているのではないかという事を伝えてきているのではないかと感じております。
人間だけではない、他の命のことも考えることによって、これからの未来の選択肢も変化してくるのではないか、変化して欲しいという思いがあるのではないかと感じました。

皆様はどのようにお感じになられましたでしょうか。
私の解釈は、一つの参考として受け止めていただけますと幸いです。

さて、先日、学びの和のお知らせをしました。
今回のゲストは、アマゾンにて森林の保護を行っている方からのアマゾンの現状とアマゾンを守るためのプロジェクトのお話をしていただけます。
一年にどれだけのアマゾンの森林が無くなっているのか。日本列島分。北海道から九州までの範囲の森林が失われているのだそうです。これを聞いた時に、とても驚きました。
以前、私達がグリーンランドへの御神事に参加した際に、そこに来ていたアマゾンの方が言っていました。
「アマゾンの森林が失われている。この森を失うということは、この地球の酸素、空気を失っていることと同じです。自分達で自分達の命を縮めているんです」無くなっている森林の規模を聞いた時、改めてその重大さを感じました。
今回、現地からのフェアトレード商品もあります。
アマゾンの森林伐採は、伐採することによって、仕事であり、現地の生活の糧となっています。
現地の方に伐採をやめることは、現状では、死活問題になります。生活する為に伐採し、森を少なくし、その為に将来的には未来の命を脅かしているという矛盾と悪循環が生まれています。
今回紹介いただけるものは、直接現地の方が関わり生産しているものです。
仕事の少ない現地の仕事となり収入となります。そして、原料は伐採せずに森から得ているものであり、伐採しては成り立たないものとなります。
仕事をする為には、森を守らないとならない。逆に、森を増やさないとならない。
世界は、繋がっています。人間が区分けた国境というものがありますが、大地も空も繋がっています。遠い地の森が減ることが、この星の命、私達の命、未来を危ぶんでいます。
今回は、遠い場所の内容となりますが、私達の未来に関係する内容です。お話を聞いていただくことによって、皆様の日々の行動の参考になればと思っております。

比嘉良丸
比嘉りか

<日時・会場のご案内>

●10月7日(日)「千葉勉強会」
会場:千葉市生涯学習センター内「メディアエッグ」
住所:千葉市中央区弁天3-7-7
時間:開場13:15  開演:13:30 終演予定:17:30
地図:http://chiba-gakushu.jp/know/know_04.html

千葉申込みサイト下記をクリック
tiba

●10月8日(月・祭日)「東京勉強会」
会場:KFCホール「106号室」(両国)
住所:東京都墨田区横網(よこあみ)一丁目6番1号
時間:開場13:15 開演13:30 終演:16:30(予定)
地図:http://www.tokyo-kfc.co.jp/accessmap.html

東京申込みサイト下記をクリック
tokyou

●ご参加費:2000円+ラブオファー
お支払い方法:当日、会場にてお支払いくださいませ。

●ご参加方法
当日、会場への直接参加も可能ですが、50名定員ですので、予めのご予約をオススメいたします。

スタッフ一同、多くの皆様のご参加を心よりお待ちしております!

日々の祈りと10月7日&8日 千葉&東京「勉強会」のお知らせ

2012.09.06.21:10

新暦9月6日(旧暦7月20日 午)

いつも真心のお力添えありがとうございます。
本日、日々の祈りの際に伝えられました言葉をお伝えさせていただきます。

人々よ
生きる道を
平和に
生きる道を
その選択は
一人一人の行動
選択は
一人一人の意思
平和に生きる道を
平和に生きる道は
他の命も平和に在る世界


本日の言葉は、私達の選択の一つ一つが大きく命に影響している。人間の生きる世界が平和の世界であれば、他の命も平和に生きることの出来る世の中になるであろうという事を伝えられているのではないでしょうか。
今の世の中を他の命と共に共存してゆく方向へ選択してゆくこと。私達だけの場所ではないという事を常に意識して、行動したり開発したり、研究したり、発明したりしてゆかないとならないのかもしれません。

皆様は、どのようにお感じになられましたでしょうか。
私の解釈は一つの参考として受け止めていただけますと幸いです。

本日も、関東地域をお祈りしておりました。
夫に伝えられてきている啓示で、なかなかこの場所を動くことが出来ませんが、それだけ、大きな内容と警告を伝えられているのだと思います。
本日、お伝えする予定でおりましたが、やはり、長い時間やり取りをしており、時間を作ることが出来ませんでした。
少し、やり取りが落ち着きましたら、改めまして皆様へお伝えすることと思います。

皆様の真心からの平和への願い祈りと、少しずつの行動が、見えない力となり、未来を変化させてゆきます。
どうか、よろしくお願いいたします。

比嘉良丸
比嘉りか

***祈りの和スタッフより***


皆さん、こんにちは!

10月7日、8日の両日、千葉&東京で「勉強会(特別編)」を開催いたします!

●10月7日(日)は「千葉勉強会」@千葉市生涯学習センター
●10月8日(月・祭日)は「東京勉強会」@KFC(両国)

※時間場所の詳細は下記に。

今回の勉強会のスペシャル・テーマは「アマゾンの祈りと叡智を体験する!」です。
※千葉・東京どちらも同じ内容です。

349
(写真上)アマゾンの広大な自然。画像提供:NGO「グリーンハート」


<「アマゾンの祈りと叡智を体験する!」の主な内容>

ゲストには、日本人ながらもアマゾン・シャーマンの称号を持ち、現在、NGO「グリーンハート」代表としてアマゾンの森林保護活動を行っている、吉野安基良(あきら)さんをお迎いたします。
アマゾンの現状から、インディオの人々の暮らし、また、アマゾンのシャーマンたちの存在意義や「祈りの重要性」などについて語っていただきます。

グリーンハートのHP
http://ngo-greenheart.jp/index.html

また、吉野さんの息子さんや奥様などからは、画像などを使って、アマゾン神秘の森の様子、さらには、吉野さんたちが現地のインディオたちとフェアートレードで共同開発した「アマゾン商品群」に関するお話をしていただきます。

これらの商品群を今回「祈りの和」でご紹介するのは、全ての商品が「祈り」というプロセスを経て出来上がっている、素晴らしい商品群だからです。
その一例をご紹介しましょう。

●アマゾン健康商品「コパイバ・マリマリ・オイル」

マリマリの樹-2
(写真上)「コパイバ・マリマリ」の樹。この樹がある場所はシャーマンにのみ教えられます。

「コパイバ・マリマリ・オイル」は、日本において飲用許可も取得済みのマジカルな樹液です。
コパイバという種目の樹の中でも、「マリマリ」(マリア様の意)と現地のインディオたちが呼ぶ、特別な樹からしか抽出できないオイルです。
この特別な樹はシャーマンにしか探せません。そして決して樹を切ることなく、年に決められた量の分のオイルを、祈りの儀式を捧げた後にいただくものです。
使い方はまさに万能オイルで、身体に塗ったり、飲用水に数滴垂らしたり、また、眉間に塗るなどして瞑想効果を高めるといった活用法があります。

伝承採取法-2
(写真上)祈りを捧げながら、伝統的な採取法によって、コパイバ・マリマリ・オイルが採られます。

IMG_0155_20120905090126.jpg
(写真上)樹液をそのまま天然100%ピュアでお届けする「コパイバ マリマリ10ml」3,600円(税込)

その他にも、マリマリや他の薬効効果の高いアマゾン植物で作った「石鹸」「歯磨き」などなど、日常生活に使えるさまざまな商品があります。
全ての商品が、その製作過程において「祈り」の力を活用したとても素晴らしいものです。

今回の勉強会では、吉野さんたちのご協力により、会場に各種商品もご用意いたしますので、
ぜひ、会場でこれらの商品の素晴らしさもご体験くださいね!

<その他の勉強会の内容>

比嘉良丸・りかによる、啓示・ご神事報告と「祈り合わせ」を行います。

<日時・会場のご案内>

●10月7日(日)「千葉勉強会」
会場:千葉市生涯学習センター内「メディアエッグ」
住所:千葉市中央区弁天3-7-7
時間:開場13:15  開演:13:30 終演予定:17:30
地図:http://chiba-gakushu.jp/know/know_04.html

千葉申込みサイト下記をクリック
tiba

●10月8日(月・祭日)「東京勉強会」
会場:KFCホール「106号室」(両国)
住所:東京都墨田区横網(よこあみ)一丁目6番1号
時間:開場13:15 開演13:30 終演:16:30(予定)
地図:http://www.tokyo-kfc.co.jp/accessmap.html

東京申込みサイト下記をクリック
tokyou

●ご参加費:2000円+ラブオファー
お支払い方法:当日、会場にてお支払いくださいませ。

●ご参加方法
当日、会場への直接参加も可能ですが、50名定員ですので、予めのご予約をオススメいたします。

スタッフ一同、多くの皆様のご参加を心よりお待ちしております!

日々の祈り

2012.09.05.21:16

新暦9月5日(旧暦7月19日 巳)

いつも真心のお力添えありがとうございます
本日、日々の祈りの際に伝えられました言葉をお伝えさせていただきます。

力の限り生きる事
命の灯火光る事
時に流されようとも
目指す場所見つからず
彷徨うとも
まずは
人の子己を磨け
磨きは光り
魂磨く
それは子の魂
子の次の魂
きらりと光る
目印となる


本日の言葉ですが、今、生きている者達が、まず、善き未来を見失わず歩み、また、作る。それは、自らの御霊を磨く、内側を磨くということでもある。磨いた結果、それは、自らに対してだけではなく、次の繋がる命達の道しるべともなる。私達の善き行動が、次の未来を生きる命達の道標になり、支えになり、さらにより良い未来を創る土台になるという事を伝えられているのではないかと感じております。
日々の中、様々な事がおこります。周りの環境も自分自身の心にも。ただ、それでも、希望を失わず歩むことによって、その結果は、少しずつ変わってくのではないでしょうか。

皆様はどのようにお感じになられましたでしょうか。
私の解釈は、一つの参考として受け止めていただけますと幸いでございます。

本日も、関東周辺、特に千葉方面を祈り続けております。
夫に伝えられてきます啓示は、留まることなく、常にきております。
本日も、やり取りが長く、疲れておりました。
岬にての祈りは、大地から、海から、そして空からと様々な情報が寄せられてくるようです。
本日の言葉にもありましたように、日々の中にあっても希望を失うことなく、一つ一つを大切に生きる事が、伝えてくる存在達の希望にもなり、私達の希望にもなります。
様々な情報が飛び交う中ですが、戦争へと進むことがないように。争いは何も生みません。そして、伝えてくる存在も、争いは望んでいません。
この星の大切さと共存の大切さを常に伝えられていることを、私たちは忘れてはいけないと伝えられ続けております。

明日は、午後、夫から中継にて皆様へとお伝えしたいと考えております。どうか、皆様の真心のお力添えをどうぞ、よろしくお願いいたします。

比嘉良丸
比嘉りか

****お知らせ****

ご案内>第6回「食の和のつどい」

今回は講師に齋藤かおる先生を御招きして、Universal Diet(ユニバーサル・ダイエット)」料理をご指導いただきます。Universal  Diet料理 とは、完全に野菜・果物・穀物等 植物由来の材料 を使った料理で、コンセプトは、あらゆる文化圏のだれでもが食べられるというものです。地球と体の環境に良いだけでなく世界の平和に貢献し、エネルギーや資源の無駄使いも抑えることが出来るそうです。また、現在、心配されている放射能の内部被爆を最も抑え、地球と子どもたちの未来のために最も相応しい食事の仕方との事です。

齋藤先生は芸術家として、世界的な活動をされながら、「料理は愛のアート」という信条でUniversal Diet料理を広められています。齋藤先生がる主催されている「Art of Shanrti」のフェイスブックのページをひらいていいただきますと、その料理の美しさ(美味しさ)や※1UDCC(国際共通食協力センター)の活動をサポートされている様子がわかりますので、ぜひ、ご確認ください。
http://www.facebook.com/ArtOfShanti

今回も「食の和」というパブリック講習として、特別な価格での参加費での開催を齋藤先生にお願いしています。この機会にぜひ、Universal Diet料理をご体験ください。

※1UDCC(国際共通食協力センター)
国内外の良質の植物原料食品の選定、食べ方、育て方、のそれらの普及販売協力活動。平和的未来社会を目指す全ての人々や子どもたちの為の教育支援活動。家族の健康や環境保全意識を促す為の食にまつわる知識普及活動。各プロジェクトで得た利益を、貧困地域の安定的平和的経済発展的改善に役立てる活動。その他、緊急時における各該当地域への国際共通食の援助活動。

* *

日 時: 9月8日(土)11:00~14:00

場 所: 駒込地域文化創造館

東京都豊島区駒込2-2-2
http://www.toshima-mirai.jp/center/e_komagome/

アクセス: JR 山手線 駒込駅徒歩2分

持ち物: エプロン 三角巾

講習会費: 1500円

お申し込み&お問い合わせ先: げんき畑 担当:山下
syokunowa

講師☆斉藤かおる先生のプロフィール☆*

*東京生まれ。東京造形大彫刻科卒。** 2009年より**vegan**

*築地のマグロ問屋の長女として生まれる。病気をきっかけに**vegetarian**になる。 ***

*NGO UDCC**ソーシャルワークでインド・ネパールにおいてアートプログラムをおこなう傍ら、持続可能な未来のコンセプトを伝える**Universal
diet**料理を広めている。***

*信条: 料理は愛のアート。 趣味: インドの**GITA** 詠唱。 絵画詩など創作活動。***

*Universal Diet Cooperation Center (**国際共通食協力センター**): founder/president **・
**Project shanti kids **主宰

本日の祈り

2012.09.04.11:30

新暦9月4日(旧暦7月18日 辰)

いつも真心のお力添えありがとうございます。
本日、日々の祈りの際に伝えられた言葉をお伝えさせていただきます。

人々よ
深くを知ることは
怖いか
その恐れ
越えなければならない
何をもって深くを知るか
誠を知ること
本質を知ること
表ではない
知ることによって
驚きと苦しみが
表に出ようとも
そこから
改めて進むことができよう
それなくば
変わらぬ
未来は変わらぬ


本日の言葉は、深い洞察力にて、様々な出来事を考えなさい、真実を知ることによって、驚きやショックもあるかもしれないが、そこを乗り越えてゆくことで、今の状況から変わる事ができる。
本質を知るということは、中々難しいことでもあります。しかし、人であるなら言葉や態度、情勢であるなら事の発端などに目を向ける事で少し知ることができると思います。
なぜそうなったのか。どのような事を考えているのか。そういった事で、深い部分を知るきっかけが生まれてきます。
時間に追われて、じっくり考えるということがなかな出来ませんが、今、慌てずに、考えるということは、大切な事なのだとも感じます。
それは、知らない内に、流されている状況に陥るからです。
最近考える事を促す言葉が多いのも、そのせいかもしれません。
今、落ち着いて世の中の流れや状況を知ることが、これから先の未来を変えてゆく大きなきっかけを作る時期なのかもしれません。
今なら、本質を知り、良い未来へと変化させてゆくことの出来る時期だということを教えてくれているだとも感じております。

皆様はどのようにお感じになられましたでしょうか。
私の解釈は、一つの参考として受け止めていただけますと幸いです。

さて、一昨日、作日、本日と関東での祈りと共に、命の和スタッフとミーティングを重ねております。
昨年9月より始まりました賛助会。被災地福島を支えるということで、トルマリン・麻炭を使ったマスクや麻炭パウダーを配給してまいりました。現在は、ミネラル分の高い塩を配給しており、これも、賛助会の皆様に支えていただき配布することができております。本当に、ありがとうございます。
災害後一年を過ぎましたが、夫に伝えられている啓示では、放射線の被害が深刻化しているということも伝えられております。
発電所の事故の後、その後の人々の健康と子供の成長に対して伝えられてきました塩やもずくエキスですが、今後は、できるだけ多くの方の健やかな成長と健康の支えになるように、賛助会の仕組みを改めたいと考えております。
改めました際には、皆様へとお力添えの呼びかけをさせていただきますが、どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

(現在すでに賛助会年間会員の方につきましては、ご賛同より1年期間の終了を迎えます月までは、月々の送付の品をお届けさせていただきます。また、これまでの賛助会会費にて、責任を持って今年12月までの毎月被災地へ1000個の塩を提供させていただきます)

※塩について・・・啓示にて伝えられ、作るように指示されました塩。それがニライカナイの塩になります(現在調整中のウェブショップにて販売)。
通常、流通している塩は、良いとされているものでも、ミネラル分7%、塩分93%です。
しかしながら、出来上がりました「ニライカナイの塩」は、ミネラル分17%、塩分83%といったものになりました。
現在、ミネラルが不足している中、補給することによって、免疫力を大きく支える事が出来るものだと考えております。

今後とも、皆様のお力添えをよろしくお願い申し上げます。

比嘉良丸
比嘉りか

※※メルマガ配信をしております。是非ご登録下さい
<こころのかけはし メルマガ登録画面へ>
本日、メルマガを配信しております。
登録してもメルマガが届かない方は、ご登録時のアドレスが違っているか、もしくは、inorinowa.orgにて届くメールが迷惑メールとしてブロックされている可能性がございます。
お手数ではございますが、アドレスを改めてご登録いただくか、inorinowa.orgにて届くメールを許可するように、パソコン、携帯を設定していただけますようお願いいたします

【369コラム 001】富士山山頂でのシンクロ

2012.09.03.16:33

今月からブログを充実させる試みとして、【369コラム】という「雑感日記」スタートさせました。
執筆は「祈りの和」のスタッフが担当しますので、お時間のあるときにでもお読み下さいませ♪

第一回目のコラムは「富士山山頂でのシンクロ」です。

8月24日、富士山山頂の火口付近で「祈り合わせ」をやっていたときのことでした。

IMG_0245-2.jpg

私たち巡礼スタッフの目に、火口を囲むように並んでいく人々の姿が見えました。
もっと正確に言うなら火口ではなく、約3キロの「お鉢巡りコース」を囲んだのです。

その人たちは何やら旗のようなものを手にしていたので、
きっと何かで富士山頂をぐるっと一回りさせて囲むつもりなのかな、などと思っていました。

IMG_0250-2.jpg


そして祈り合わせが終わり、私たちスタッフが三々五々、山小屋へと帰ろうとしたとき、
その人たちは一斉に「僕らはみんな生きている」を合唱し始めたのです

合図はリーダーと思しき人物のやまびこ(反射)を利用した「大声」で行われていました(笑)。
富士山頂は広いですが、火口がちょうど反射板の役割になって、
とても原始的な手法ですが「大声」でちゃんと指示ができていたんですね。

この歌が始まると同時に、上空をヘリが周回し始めました。
それが報道関係者のヘリであろうことは、すぐにわかりました。

その翌日、WEBニュースでこの山頂をジャックした人々の正体、および、目的が判明しました。

東京新聞(web版)によると、こんなイベントだったそうです。

「東日本大震災で被災した人たちの夢が書かれたハンカチが二十二日、富士山頂に向けて、富士宮市を出発した。佐賀市在住のドリームアーティスト大志(たいし)さん(37)=本名・内山大志=が、岩手、宮城、福島県などで集めたもので、二十四日朝に山頂に着いた後、空高く掲げて成就を祈願する。」

ニュース・ソース:http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/yama/CK2012082302000233.html

これがヘリからの上空写真です。

PK2012082502100124_size0.jpg

(空撮画像は東京新聞より転載http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/yama/CK2012082502000208.html)

この画像では見えませんが、この中に、巡礼チームも写っているんですね(笑)。

たまたま私もカメラを持っていましたので、このイベントの模様を撮影することができました。

IMG_0269-2.jpg

報道によると、山頂で急遽参加した人も含めて、総勢700名のボランティアが参加して山頂約3キロの距離を
「人の和」によって囲んだそうです。

そしてそこにはこんな「夢」たちが書かれていました^^

IMG_0276-2.jpg

「セレブになる!」とか、可愛いですよね。ぜひ、なって欲しいものです。

「祈りの和」でも福島への支援を続けておりますが、「祈り合わせ」とシンクロするかのように、もうひとつの壮大な祈りのイベントが行われてた、というのがなんとも印象的な富士山巡礼でした。

また、こうした各地で行われる祈りのイベントが、いつかどんどん歩調を合わせ、
やがて大きうなうねりとなって世界中を覆っていけば、
きっと世の中も変わるのだろうな、などと思ったりもしました。

(執筆担当:撮影班 町田)


情報サイトリンク

◆地震情報《気象庁》
◆火山情報《気象庁》
◆台風情報《気象庁》
◆警報・注意報《気象庁》
◆海外の地震情報《JIS》
◆マーケット情報《ロイター》

イベントのお知らせ
最近の記事
関連サイト
検索フォーム
年別アーカイブ
携帯用QRコード
QR