日々の祈りと昨日祈り合わせ後のお話

2012.12.31.09:25

『追加のお知らせ』

本日、午後6時から放送を予定しておりました、比嘉良丸さんの最新の掲示に関するメッセージ放送ですが。年末の混雑に伴い、お宮への移動に遅れが発生したため、放送時間を変更して、午後11時からの放送とさせて頂きます。尚、その放送に続き、年越しのお祈りも引き続き放送させて頂きます。
直前の変更となりご迷惑をお掛け致しますが、御了承の程よろしくお願い申し上げます。

こころのかけはし 高橋 潔

本日の記事後半に掲載しておりますが、葛西臨海公園にて収録したメッセージですが、話しの途中にも見えない存在の方々とのやり取りなどがあり、整理のつかないままに話しが終了してしまった様子です。
良丸さんは本日沖縄に戻り大晦日と年明けのお宮での祈り、沖縄や海外での祈り巡礼に向かう事になりますが。
昨日にお伝えする予定でしたメッセージを整地して本日の午後6時頃から改めまして沖縄のお宮より放送させて頂きます。

また、本日、午後11時45分頃からは、年越しのお祈りの模様をライブ放送させて頂きます。

どちらも、祈りの和TVにてご視聴頂けますので、お忙しい時間ではありますが、是非ご視聴頂けますようお願い申し上げます。

祈りの和TV
http://inorinowa.org/tv/



新暦12月31日(旧暦11月19日 寅)

いつも真心のお力添えありがとうございます。
日々の祈りの際に伝えられました言葉をお伝えさせていただきます

今 時の流れが早く
進展 意識に追いつかぬ時あろう
しかしながら
その中において
深き部分を見つめる事は
忘れてはならない
その時々に応じて
核となる部分が見えてこよう


本日、2012年最後の日となります。
旧暦で事が進むことの多い沖縄ですが、私達大国ミロク大社は、新暦の大晦日も一つの区切り、節目の日として迎えています。
2012年様々な事がありました。
伝えられてくる啓示も、多種多様であり、皆様のお力添えもあり、アレハンドロ長老やエリザベスグランドマザーやポロハウ長老との御神事をも、行えることも出来ました。
本当にありがとうございました。

旧暦では、まだ、11月ですので、来年2月、新暦、旧暦共に2013年になった時に、本格的な2013年が始まるのではないでしょうか。
本日夫が、沖縄に戻ってきますが、伝えられてきている啓示も落ち着くことなく、様々な状況が伝えられてきているようです。

下記は、昨日、葛西臨海公園にての祈り合わせの後、夫からお伝えいたしました中継になります。

来年も、変わらぬ皆様の真心のお力添えをどうぞ、よろしくお願いいたします。

比嘉良丸
比嘉りか



Video streaming by Ustream

★:★:祈りの和インフォメーション★:★:

◆2013年新年のお守り予約受付中!◆
毎年恒例の新年のお守り。今年もご予約承ります。年内にご依頼になりますと、新暦元旦、旧暦元旦とお持ちになる方への祈りの言葉が届けられます。詳細は下記写真をクリック
sinnnenn



風も無く、そぼ降る雨と云う言葉がそのまま葛西臨海公園に現れたような空の下、集った16名により祈り合わせが行われました。
普段であれば沢山の人で賑わう公園には家族連れの姿も無く、この日ばかりは片手で数えられるほどの訪れに静まり返っていました。
観覧車の上部は霧に隠れ辺りの空気は冷たくもあるのですが、波間に漂う鳥達、そして空気に満ちる水分が私たちを柔らかく包み込み、身体が感じる寒さとは対照的に私たちの心はあたたかなものに包まれ、そこには時折増す雨脚が大屋根を打つ音と良丸さんの声だけが存在しているような不思議な空間が創られていました。
その暖かさは、集う仲間の心から感じるものなのか、目にする鳥達の生命の躍動なのか、それとも満ち満ちる命の息吹を感じたものなのかは今でも分かりません。
でも、たしかにその場に集い、たたずむだけで感じる何かがそこにはありました。
2012年最後の祈り合わせは、葛西臨海公園の東の浜にて不思議な静けさの中で行われました。

・・・以下、2012年12月30日 葛西臨海公園の浜辺にて
祈り合わせでの比嘉良丸さんの祈りと啓示のお話し

今日、お祈りをするという事で来ましたが。
大変勝手で申し訳ないのですが。祈りの視線に入るとちょっととんでもない所をお見せする事になりそうなので、少しお話をさせていただきます。
普段、私が先ず全国を回りながら最初に挨拶として云っている言葉を祈りの言葉に代えさせていただきます。実際に今回12月22日、その前に中国、韓国と行って参りました。それからずっと、中部、愛知から四国、九州と入って、女川原発まで廻り今日に至っていますが。場所場所で先ず挨拶として言葉を発しそれから語る、変な話ですが見えない存在と話をさせていただいて5分で終わったり、1日掛かったりしますが、取り敢えずどういう挨拶をしているかという事を話しそれを祈りの言葉に代えさせていただきます。

私、比嘉良丸、子年でございます。沖縄県沖縄市八重島にあります、陰陽、みろく大神様の御教えによって日本全国、外国まで祈りをして廻っております。
この度、この地にて先ずご挨拶として、全ての神々、生命達にことあけて願い申し上げます。先ず命の循環、海山川の仕組みに感謝申し上げます。それは、命の仕組みは水の仕組みとなります。私達の住んでいる沖縄は海に囲まれた小さな島でありますが。昼、太陽が海を照らし雲となり、夕方、山に雨を降らす、その草木を通し、木の葉っぱ、幹、根を通し大地に水を蓄え、それがまた大地の上に湧き水となり、それが川となり海に流れ、その水の循環の仕組みの中に多くの命が育み、生を受け生きる。そしてその森自体がまた雨をもたらします。深い森ほど、木の根、苔、そういうところに水を蓄えそれがまた森の中で水の循環を作り多くの命を生み、そしてその森は空気を、酸素を作っています。それはまた水の循環と異なり大気の循環となります。その当たり前の仕組みに多くの命が生を受け、そこから育み次の命を繋ぐと云う仕組みが続く訳でございますが、それは小さな沖縄だけではなく、その大きな仕組みとして、地球、地球の大きな仕組みとしましては公転があり、自転があり、そして北半球、南半球へと別れ、そこの中に北極、南極のその中心に海流が生まれ、暖流、寒流、深層海層流、その海の循環が多くの大気を、そして季節を生み出してそこに多くの命を育む仕組みがあります。それには太陽、月の仕組みが重なり、多くの奇跡の仕組みが重なり初めて地上に多くの命が育まれる訳でございます。
我々人間がここに生を受け、自らの行いにより環境を破壊し多くの動植物を絶滅に追いやったのも事実でございますが、しかしこれから起きようとする事柄に、人間が本気で人としての役割に目覚めるのならば、地球に新たな命の循環、仕組みを育み全ての生命とともに、地球とともに次に命を繋ぐ大きな役割の軸となります。
我々人間がこれまで起こした罪汚れそして全ての行いに、どうか改めて、これから人として人間として、地球の一員としてひとりひとりが本来の役割に気づき、行動を起こし、地球とともにこれからも多くの生命とともに歩む事が出来ますように、どうか全ての罪、汚れをまとめお許し下さいまして、新たなる気付き、意識、そして行動力を与え導き、人の子として自然の子として神の子として、見守りお使い下さいますよう祈りお願い申し上げます。
今、本当に簡単に、当たり前の事ではございますが、自然の仕組みの中でこの私の住んでいる沖縄という地域は、本来、月の旧暦に合わせいろんな行事を行い、水に先祖に、そして自然、神々に祈りを行っている島でございます。常に水に感謝する・・・

すみません、祈りがちょっと言葉になりませんので、これまで伝えられ12月に入っておこなって来たご神事の流れの中で伝えられた重要な事をお伝えさせていただきます。
私に伝えられた事で、来年の2月19日に中国との衝突が起きると啓示を伝えられてご神事をしております。その流れは今私の行い、ご神事の中で実際に回避できるかは紙一重の状況にあると伝えられております。実際にはかなり厳しいと伝えられております。それは、実際に回避できたとしても今の日本という国が軍備に走れば5年の内に中国との衝突は確実に起きると強く伝えられております。
改めて伝えさせていただきますと、私自身政治に口を挟むつもりはありません。どこの政党が良い悪いと云うつもりもありません。今、アジアの国々の流れとして日本が軍備に走ると隣国を刺激して確実に衝突する方向に走ります。ここでひとつ云えるのは、何処が勝つ、負けるではない、実際戦争まで発展すると第三次世界大戦まで発展します。
先ず中国との戦争に発展しますと。
ひとつ、九州の玄海原発は確実に攻撃を受けます。
そして、ひとつ、新潟の柏崎刈羽原発も攻撃を受けます。
大飯原発、女川原発、そして青森の六ヶ所村、これは確実に攻撃を受けると今回啓示にて伝えらてきました。それは脅すつもりはございません。改めて申し上げますが、私は予言者ではありません。あてる、あてない、外れた当たったは私には意味のない事です。来た啓示を回避する為に行動している訳で、それを当てる為にやっている訳ではないです。今伝えられた啓示の中でその大きな意味合いを感じて理解していただきたい。日本が今、何処に進もうかという国の方向性が大きく来年から変わってゆきます。それをきちんとした目で監視するのは、ひとりひとり日本国民の目で監視し決して行ってはいけない事は阻止しなければいけない事自体もこれからあり得る筈です。改めて云わせていただきますと、今後の日本の動向で確実に戦争は起こりえると認識していただきたいと思います。それを回避するのは隣国と仲良くする事です。
これまでの啓示で動いて来た中国、ロシア、韓国、台湾。
これまで動いて来た啓示の中で、ロシアとは経済できちんと結ばれることができます。
韓国は政治掲載、文化できちんと結ぶ事ができます。
台湾も結ぶ事が出来ます。
そして、東南アジアともきちんと結ぶ事がで来ます。
先ずそこから、きちんと政治経済、文化で結び中国との関係を、深く、これから結んでゆかなければ、アジアで大きな衝突が確実に起こります。それは、アメリカ、ヨーロッパが望んでいるからです。アジアでそれ以上力をつけ、経済大国、政治的にも大きな影響力を持つようになる事自体、欧米諸国が危機感を持っている事を理解していただきたいと思います。そこの中でアジアの一員として、日本もその一員ですが。アメリカははっきり言って日本を平気で裏切ります。
大変年の暮れに申し訳ないですが。年明けて、来年2013年は大きく国の方向性が変わり隣国との関わりが大きく動こうとする年です。そのスタートを間違えるととんでもない事となる。後悔では済まないのです。勝った負けたではなく、地球そのものは破滅に進む・・・それを回避できるかは、中国にあるのではなく、あそこの国に求めるのではなく、我々日本から世界の平和に向けて行動を起こさなければ、近い将来に戦争への道に突入する流れになります。
これをずっと今年のご神事の中でいわれてきた流れの中で、それを伝えてくるという事は、

戦争が起きるという事でなく、戦争を回避し日本という国から世界に、本当の平和を創ることができるという事を示唆しているという事を理解していただきたいと思います。

今、日本の私たち一人一人がきちんとした、平和をもたらす為の行動というものに本当の意義を真実を、そして、行動を起こせば、アジアだけではなく地球規模での本当の平和というものをもたらすことができる事を伝えている事を理解していただいて、今私が行っている戦争と云うものが起きるという事は、起きるのではなく起こさない、そしてそれを回避し本当の意味での平和をもたらす行動を起こして欲しいということ。啓示では2017年~2018年までに、実際には2016年~2017年、それが少し先延ばしになり2017年~2018年までに戦争を回避することができれば、その後は12年を掛けて、本当に人間の価値観が変わり2030年辺りからは、本当に地球がひとつになる流れに動き始める、その切っ掛けが日本からスタートする。日本という国がそれを起こす原動力になります。
そこを云われて、2011年に3.11、あれだけの自然災害が起こり、いろんな事が起こりこれから日本という国も、復興に向けて色々な動きが始まると思いますが、実際に復興とともに失われるのが・・今後、平和や環境や健康や福祉という本当に大事な側面が失われて行く事も事実です。ですからこれからの未来を、自分たちの手でどのような未来を創り、どのような未来に住みたいか。そして自分たちの行動で次の世代にどう引き継ぐのか考えていただきたいと思います。

すいません、祈りをしようと思っていましたが、なかなか言葉が出ずに・・・ずっとそのビジョンだけ見せられていますのであえてそこを云わせていただきました。それと、もう少しそれとはまた別に環境についても理解していただきたいところがあります。
私たちの沖縄はもともと細い島でございますがら雨が降っても、水はすぐ海に流れます。ですから水に対しては凄く苦労をして来た島国であります。ですから水の祈りと云うのは凄く大事な、重要な儀式の一つでもありますが、今の人たちが水を祈るという事を申してみますと。沖縄で云う井戸、本土で云う井戸を沖縄ではカーと云いますが。本土では掘って水を出しますが、沖縄では湧き水を整備して飲み水として使ったり生活用水に使って来ました。ですので水に対しての、命の元である水に対しての祈りというのは、そのカーと云うものを中心に祈りをしますが、私たち祈る側としましては、先ず海、そして河口、川、カー、そして部落であるあさぎ(※21:59付近、判別不能)そして、もりになるうたき、いしくら、そして洞窟・・洞窟は、要は鍾乳石から落ちてくる水滴が溜まる、そういうものを目で見て分かる場所でございます。そこから一番山のてっぺんでお祈りをし水の循環をお祈りします。そしてそれを1月から12月まで3ヶ月くらいの周期でその水の循環の、大気の流れに対してのお祈りもします。雨期だったり台風だったり。ただ、今までは沖縄でそういう形のお祈りで済んでたものが、沖縄だけではなく本土本州そして中国と、そこまでお祈りの幅が広がったということを理解できないかも知れませんが。これまでは大事な季節にもたらす雨期の雨が、命の恵みの水ではなく、大切な森を枯らしてしまう酸性雨をもたらしてしまう雨に変わりつつあるという事からなのです。では、大陸から来た雨雲がスモッグを含んだ酸性雨をもたらし森を枯らすという事態に発展しております。そこで、なにを伝えたいかと申しますと、祈り、自然の環境も時代とともに変わります。それに合わせて,私たちの祈り、行動も変わって行きます。そしてそれは世の中も一緒です。そこにある政治や経済、特に経済が中心に政治が動きます。そこに自然災害が重なったりする事によって大きく世の中が変わって来ます。今、経済や技術が発展し秒単位で経済が動いていますので、一瞬に経済がどう動くかというのが先には読めない時代に    なっています。ですから、経済も政治も生き物として考えていただきその世の中というものは常に変化した生き物と一緒で、そこの中で私たちは暮らしを営んでいる事を先ず理解し自然の環境だけでは無く、全てのもに対応しそれを混乱する事なく冷静に対応対策できる知識と認識を持っていただきたいと云うのが、話が遠回りではございますが、分かりづらいかもしれませんが、そこを理解していただきたいと思います。

自然災害もいつ起きるか分かりません。それに伴うものとして、工業地帯であれば、原子力発電所の臨界事故だけが怖いのではありません。その地域にある化学工場やそういう施設の中には、とんでもない化学物質が、それが大気に触れて有毒ガスを発生したり水に混ざる事によって多くの人たちを一瞬に死に追いやったり、逆に長い年月をかけて体内(人体)を破壊する、そういう事も一つの大きな地震や事故で起こりえる事であり、それは現実に今まで起きた事実でもあると云う事を理解し、今自分たちが住んでいる環境というものが本当に一瞬にして地獄に変わるという事を理解し、それを想定した上で対応対策、その情報をきちんと・・間違いなく正しい情報を自分の知識として、実際にそれが起きたときの対処方法として行動できるように認識、準備して頂きたい。どんな事が起こっても決してパニックが起きる事なく冷静な対応が出来る事。その場だけではなく、そこから将来、未来を見据えた行動をひとりひとりが出来るように心がけていただきたいと思います。

話がとびとびで、私の頭の中が混乱しておりますので、話が理解しづらいかと思いますが。
これから、来年、本当に政治も経済も自然も大きく動いてくる、何が起きるか分からない状況の中で、いろんな情報に振り回される事なくきちんとした対応対策そして行動によりどんな事が起きようとも、戦争への道を回避し。そしてどんな災害が起きようとも、次に自分の大切な未来を創る子供達を守りその子達を次ぎに繋ぎ、またその子達が次に繋げる事が出来るように、今いる大人達が冷静な対応を行い行動し次に命を繋ぐことができるよう心がけて頂きたいという事が、伝えられている存在の想いでございます。
要は、この大地の母、その大地の母は地上に全ての多くの命があるからこそ母なる大地であり、そこにはその命を育む多きな母体として地球そのものも生きています。
その母体の本当の願いとして、地上に永遠に多くの命を育み、次に・・永々と命を繋ぐ事が本来の願いでございます。
その想いを私たち人間が、本当に人間としての役目を理解し次に命を繋ぐ為の行動をどう起こすか、今真剣に考えなければ子の地球と云う母体そのものが死滅するという状況にあると云う事を理解していただきたいと思います。これは決して戯言ではなく、一瞬にしてそのようになってしまう現実もある事を理解していただきたいと思います。  

語り:比嘉良丸
書き起し:高橋 潔
※本文は一部言い回し等を修正しております。


◆グアテマラ御神事お守り発売!◆

グアテマラでのご神事にマヤの聖地にてお祈りし、長老達にもお祈りをかけていただきました「マヤ・ツォルキン・ペンダント」グアテマラ産の黒翡翠で作られたペンダントトップです。自分自身のツォルキンをお守りにすることで、本来の自分が歩むべき道へと進みやすくなるでしょう!
詳細は下記写真をクリック
201211maya1-3

12月30日葛西臨海公園での比嘉良丸さんの祈りの言葉とメッセージ放送はこちら

2012.12.30.19:24

本日も祈り合わせへのご支援、ご参加ありがとうございました。
本日、葛西臨海公園にて収録しました、比嘉良丸さんの祈りの言葉と最新の啓示に伴うメッセージの放送をこのブログに掲載しておきます。
このページに収録しました放送は後ほど祈りTVにも転載致します。
今回の放送は約30分の放送です。是非、ご視聴下さい。




Video streaming by Ustream

12月30日葛西臨海公園祈り合わせ待ち合わせ場所に関して

2012.12.30.08:40

本日開催の葛西臨海公園での祈り合わせですが、会場付近は雨天が予想されます。
従いまして、待ち合わせ場所を葛西臨海公園駅改札口前に変更致します。
勿論、当初予定場所の公衆トイレ付近も適宜確認させていただきますが、このメッセージをご覧の方は葛西臨海公園駅改札前にてお待ち頂くようお願い申し上げます。

それでは、充分にあたたかな服装でお越し下さい。

尚、本日は正午より沖縄ミロク大社お宮より祈り合わせの放送を行い、その後カメラを葛西臨海公園にて引き継ぎ良丸さんよりのお話を中継の予定です。
遠方の皆様も是非2012年最後の祈り合わせにご参加下さい。

祈りTV  http://inorinowa.org/tv/

それでは皆様本日もよろしくお願い申し上げます。

こころのかけはし 高橋 潔

日々の祈り

2012.12.29.10:52

新暦12月29日(旧暦11月17日 子)

いつも真心のお力添えありがとうございます
本日、伝えられました言葉をお伝えさせていただきます

人は繋ぐ者
多くのものを繋ぎ
そして 託し行く
それは 次の時代が善きように
次自分が生きゆく場所が善きように
託す命に 更に託し
次へと向かってゆく
命の繋ぎだけではない
人の子の繋ぎは
次世への繋ぎであろう


本日の言葉は、伝えられた言葉のままの感覚を受けました
生きる命だけではなく、様々なものを繋いでいるという事。自分が生まれ変わってくる時に更に、平和の世界であるように、そういった事も托しているという事を伝えてきているのではないかと感じました。
皆様はどのようにお感じになられましたでしょうか。
私の解釈は一つの参考として受け止めていただけますと幸いです。

明日、東京で集まっての祈り合わせがあります
年末のお忙しい時期ではございますが、共に願い祈りいただけますと幸いでございます。
また、お越しになれずとも、その時間に、お心を合わせていただく事で、見えない後押しの力となります。
どうぞ、お力添えの程をよろしくお願いいたします。

比嘉良丸
比嘉りか

★:★:祈りの和インフォメーション★:★:

明日の祈り合わせの会場のご案内
syousai.jpg

◆2013年新年のお守り予約開始!◆
毎年恒例の新年のお守り。今年もご予約承ります。年内にご依頼になりますと、新暦元旦、旧暦元旦とお持ちになる方への祈りの言葉が届けられます。詳細は下記写真をクリック
sinnnenn

◆グアテマラ御神事お守り発売!◆

グアテマラでのご神事にマヤの聖地にてお祈りし、長老達にもお祈りをかけていただきました「マヤ・ツォルキン・ペンダント」グアテマラ産の黒翡翠で作られたペンダントトップです。自分自身のツォルキンをお守りにすることで、本来の自分が歩むべき道へと進みやすくなるでしょう!
詳細は下記写真をクリック
201211maya1-3


12月30日 葛西臨海公園での祈り合わせののご案内

2012.12.28.21:50

皆さんこんばんは、本日は今年最後の比嘉良丸さん同行の合同祈り合わせのごんあんないをさせていただきます。

明後日、12月30日正午に葛西臨海公園にて祈り合わせを開催します。
今回は祈り合わせ会場としての開催は一カ所になりますが、当日、会場にお越しいただけない方はいらっしゃる場所から時を同じくして祈り合わせにご参加下さい。

今回の祈り合わせに於いては、新しい一年を迎えるにあたり、今年一年の感謝と来る年に、戦、争い、経済の混乱、自然災害に生きとし生けるものが苦しむ事なく。また、生命のそれぞれが互いを尊重し調和の元に暮らせるようにとの願いをこめて開催致します。

また、年明けてのご案内になると思いますが。
祈りの和と平行して、素敵な未来を見据えて、現実社会での取り組みをおこなう、いのちの和の活動に関して、祈り合わせの後に話し合いの時間を持ちたいと思っております。
当日、会場に来られる方は是非ご参加頂けますようお願い致します。
尚、当日は、電波状況が許せば祈りTVにて祈り合わせのライブ放送を配信させていただきます。

「開催内容」

時:平成24年12月30日 午後12時より(集合:午前11時)
所:葛西臨海公園
  http://www.city.edogawa.tokyo.jp/shisetsuguide/bunya/koendobutsuen/kasai/index.html
集合:同日、午前11時に葛西臨海公園前公衆トイレ付近。※雨天実施
葛西臨海公園下車、改札を出て階段をおり、1階に降りて右側に進むと公衆トイレがあります。
その近辺にて、こころのかけはしのネームプレートを首から下げた高橋(男性)がお待ちしております。

参加申し込み:
絶対ではありませんが、集合場所等での人数把握をしたいので下記連絡先へお名前をご連絡下さい。
その上で当日、集合場所にお越し下さい。
集合場所から祈り合わせ場所へは徒歩での移動となりますので集合時間に遅れないようにお願い致します。
※連絡先 a@santanokuni.net

「お知らせ」

祈り合わせは、臨海公園の海岸沿いにておこないます。
海岸は冷たい風が吹いていると思いますので、充分に暖かい服装をして来て下さい。
充分にとのお知らせをしても、さほど気に留めない方がいらっしゃいますが。
風を避けるところがない海岸にて祈りを行いますので、充分な防寒着のご準備をお願いします。

以上、当日葛西臨海公園にてお待ちしております。
 
こころのかけはしいのりの和 高橋 潔

日々の祈り

2012.12.28.10:38

新暦12月28日(旧暦11月16日 亥)

いつも真心のお力添えありがとうございます。
昨日、母神誕生祭を無事に終える事が出来ました。
また、7時からの祈り合わせにも、お力添えいただきまして本当にありがとうございました
この時、伝えられました言葉は、改めましてお伝えさせていただきます
では、本日、日々の祈りの際に伝えられました言葉をお伝えさせていただきます

いつも流れの中にあり
人びとは 彷徨い歩く
しかしながら その流れの方向は
見失ってはならない
その道は 見失ってはならない
その道を見失ったら
その先は 翻弄されるだけ
ただ それだけであろう
自分の足にて 立て
そして 目指す道を忘れるな
それは 大切な事になりゆこう


本日、伝えられました言葉は、世の中の流れに流され、自分を見失わないようにという事を伝えられているのではないかと思います。
中々難しい事ではありますが、世の中の流れが一体どのような流れに進んでいるのかという事は知っておくようにということ、そして、 自分自身の目標があればその目標を、特にない状態であっても、世の中の善き方向とはいったいどういった方向なのかという事を見失ってはならないという事を伝えられていると思いました。
翻弄されてしまう事と目標や目的をもっている事では、意識や行動が違ってくるという事を伝えているのかもしれません

皆様はどのようにお感じになられましたでしょうか
私の解釈は一つの参考として受け止めていただけますと幸いでございます。

さて、今朝夫より連絡がありました。現在の状況になります。

****

昨日は、夜7時頃女川原発で付近での祈りとなりました。
実際には、朝の10時に宮城県に入ったのですが、そこから運転している車のブレーキの利きが悪くなり、カーナビなども不具合が重なった事から、一旦修理に立ち寄りました。修理後、夕方5時頃に仙台方面から女川に向かいました。

しかしながら、やはり途中カーナビが不具合になり、女川原発の付近に来ているのですが目的の場所に到着することが出来ず、また、震災後周辺の道路も変わったようで、分からなくなり、周辺をぐるぐる回り最終的には、発電所の煙突の見える場所からの祈りとなりました。

その後は、山梨を抜けて浅間山に向けて移動しております。途中、猪苗代湖によりました。そして、那須に行きたかったのですが、時間的に難しく断念することになってしまいました。
本日、朝にとにかく、日光までは、足を延ばし、浅間山へ向かうことにしました。
一気に浅間山に行きまして、その後、戻りながら、群馬県の妙義、榛名、赤城を祈り、もう一度犬吠崎に来いと伝えられていますので、犬吠崎に向かうつもりでおります
その後は、30日の祈り合わせに向けて移動してゆく予定です。

気にかかる場所としては、筑波山が気にかかります。出来たら年内、筑波山にも足が伸ばせれたらと思っています。

****

本日も皆様のお力添えよろしくお願いいたします

比嘉良丸
比嘉りか

★:★:祈りの和インフォメーション★:★:

◆グアテマラ御神事お守り発売!◆

グアテマラでのご神事にマヤの聖地にてお祈りし、長老達にもお祈りをかけていただきました「マヤ・ツォルキン・ペンダント」グアテマラ産の黒翡翠で作られたペンダントトップです。自分自身のツォルキンをお守りにすることで、本来の自分が歩むべき道へと進みやすくなるでしょう!
詳細は下記写真をクリック
201211maya1-3

◆2013年新年のお守り予約開始!◆
毎年恒例の新年のお守り。今年もご予約承ります。
詳細は下記写真をクリック
sinnnenn

比嘉良丸 祈り巡礼便りと年末祈り合わせのお知らせ

2012.12.27.08:30

皆さんおはようございます。
早いもので、山中湖での富士いのりのセレモニーから約半年が過ぎ、新しい年が目の前に迫って参りました。
セレモニーの場所にてドン・アレハンドロさんが直接お伝えしていた通り、冬至のその日を無事に過ごし新しいサイクルを迎えることができました。
この新しいサイクルが全ての生命にとって素晴らしいものとなるように、今を生きる私たちが果たす役割はとても大きなものだと感じます。
この一年を締めくくりますこの時期に、新しい一年を迎えることが出来る事。また、来る年が戦、争い、災害などで全ての命が苦しむ事のないように。一年の感謝と新たな年への願いを込めて、下記の通り年末の祈り合わせをご案内致します。
可能な方は是非、その場所にて祈り合わせにご参加下さい。また、お越しいただく事が叶わない方も、是非同じ時にいらっしゃるその場所から祈り合わせへのご参加をお願い致します。
尚、本日は大国ミロク大社にて母神誕生祭が開催されます。
可能な方は是非会場にお越し下さい。詳しくは昨日のブログ記事をご覧ください。

・・・2012年 年末祈り合わせ会場・・・・・・

1.12月27日 午後3時頃
  比嘉良丸氏祈りの巡礼の地にて
  ※時間を合わせて、いらっしゃる場所から祈り合わせにご参加下さい。
  ※祈りの和TVにて放送予定ですが、電波状況により
   放送できない場合がありますのでご了承下さい。

2.12月27日 午後7時より
  沖縄ミロク大社 お宮にて
  ※一般参加可能
  ※祈りの和TVにて放送予定

3.12月30日 午後12時より
  葛西臨海公園
  「集合」
  下記集合場所に午前11時
  JR京葉線「葛西臨海公園」駅下車 階段を下りて右手に進むと公衆トイレがあります。
  その近辺にて、こころのかけはし祈りの和のネームプレートを下げた高橋(男性)が
  お待ちしております。

「祈りの和TV」 http://inorinowa.org/tv/

以上、文責:こころのかけはし 高橋

・・・比嘉良丸さんからの祈り巡礼便り・・・・・・

2012年12月27日

いつもお力添えありがとうございます。
先日、島根をお祈りしまして、兵庫県のパーキングで一晩あかし、琵琶湖を祈り、そのまま富士山の麓水ヶ塚へゆき、昨日の朝は房総半島の野島崎を祈り、海岸沿いに犬吠埼へ移動しました。
その後は、ゆっくり祈りながら、夕方6時すぎに羽田で打ち合わせをし、夜10時過ぎから、宮城県の女川原発に向かいました。
当初は、東北道から北上しようと思っていましたが、常磐道から上がり、東海第二原発をお祈りした後に、女川原発まで行くことになり、本日は出来るだけ近くまで移動してゆきます。
その後、女川原発の小難無難を祈り、そこから那須、群馬の赤城、出来れば、山梨の浅間山へ足を延ばし、29日までに東京に戻れるように御神事の動きを取りたいと思います。
さて、本日の午後3時、当初は、女川原発から中継で祈り合わせの映像をながそうかと考えていましたが、ここ最近の啓示の動向から、午後3時のその時間にいる場所からの中継配信をしたいと思います。
どうか、平和、平穏、平安の願い祈りのお力添えよろしくお願いいたします。
また、30日の11時に、東京湾の葛西臨海公園に11時待ち合わせで、今年最後の祈り合わせをいたします。
お越しになれます方は、どうかご一緒に祈り合わせをしていただけますと幸いです。
お越しになれない方も、祈りの時間に、来年、善き未来へとなるように、共に願い祈りいただけますと幸いです。

比嘉良丸

明日の祈り合わせのお知らせ

2012.12.26.20:26

新暦12月16日(旧暦11月14日 酉)

いつも真心のお力添えありがとうございます。
明日、27日は、今年の11月15日の艮祭の折に、改めて再開するようにと啓示で伝えられました、旧暦11月15日になります。
以前は、この旧暦11月15日を海山祭(かいざんまつり)と称して行っておりましたが、旧暦ですと、新暦で大晦日やお正月三が日などにあたってしまうこともあり、一時期行っておりませんでした。
ですが、改めて今度は艮金神様が、お守りする天岩戸。私達の聖地の中でも重要な一番大事な聖地になりますが、その天岩戸に、2008年に姿を現しました母神様の母神像が表に現れた記念として、母神誕生祭と名前を改めて大祭をするようにと伝えられ、この度、初の母神誕生祭として祈りをさせていただきます。

この日、大国ミロク大社にて夜7時に祈りを行います。
皆様にも祈り合わせの呼びかけをさせていただきますが、お越しになる事が可能な方は、どうか、大国ミロク大社にて共に祈りにご参加いただけますと幸いでございます。

祈り合わせに際しましては、中継も行おうと思っております、どうか、平和、平穏、平安への願い祈りのお力添えをお願いいたします。

比嘉りか

★:★:祈りの和インフォメーション★:★:

◆グアテマラ御神事お守り発売!◆

グアテマラでのご神事にマヤの聖地にてお祈りし、長老達にもお祈りをかけていただきました「マヤ・ツォルキン・ペンダント」グアテマラ産の黒翡翠で作られたペンダントトップです。自分自身のツォルキンをお守りにすることで、本来の自分が歩むべき道へと進みやすくなるでしょう!
詳細は下記写真をクリック
201211maya1-3

◆2013年新年のお守り予約開始!◆
毎年恒例の新年のお守り。今年もご予約承ります。
詳細は下記写真をクリック
sinnnenn

2012年冬至のメッセージとご神事の近況

2012.12.25.08:30

皆さんおはようございます。こころのかけはしの高橋です。
2012年の冬は寒くなりそうですね。
例年であれば、年内は秋の延長の様な気候の関東も今年の12月は寒さを肌で感じます。
子供の頃は、まだ土がたくさんあったせいでしょうか霜柱を踏んで学校に通ったものです。
いまでは、霜柱をサクサクと踏む楽しさをちびっ子達は経験する事すら難しくなってしまったのではないのでしょうか。

今の大人達は、霜柱を踏んでどろどろになった子供の靴をみてどんな反応を示すのでしょうかねぇ♪

さて、本日は長文と成りますが、冬至の日に良丸さんがUstreamで放送しましたメッセージの全文を掲載します。この書き起しにはいのちの和スタッフの有志7名にて延べ十数時間を掛けて書き起こした文章です。音源は1時間48分ほどの長さのものですので、文章としてもかなりの長文とは成りますが、今回は基本的に無編集にてお届けいたします。

比嘉さんに伝わる啓示は、日々変化をしています。
人や動植物が日々成長、変化をするように、日々の現状も刻一刻と変化を遂げています。それに合わせて、比嘉さんに伝わる啓示も修正変更が加えられます。
このメッセージが伝えられた後も啓示に変更があり、12/28日には沖縄へ戻る予定であったご神事巡礼を12月31日までは本州でのご神事に変更したとの連絡を受けています。
当初は年内での九州から三浦半島に掛けての南海トラフでの自然災害の危険性を伝えられ、それに伴うご神事を行っていたとの説明でしたが。それよりも関東での自然災害が年明けの1月に発生する危険性があるとの啓示を受けて現在は本州を南から関東の犬吠埼、房総半島、立川断層での祈りのために各地での祈りを行いながら北上している最中との事です。

年明け1月での発生の可能性を伝えられた自然災害は、新暦なのか旧暦なのかの確認が出来ていないために、2月10日までの間を対象期間として、自然災害や社会の混乱を小難・無難にするご神事を続ける様子です。自然災害に伴い、愛媛伊方原発、佐賀玄海原発、鹿児島川内原発から島根原発へ戻り、浜岡原発、東海第二原発、を経て再び関東に入り年明けて発生の危険性がある関東での自然災害の回避に向けて良丸さんは巡礼を続けています。また、島根原発を祈った際に、宮城の女川原発を祈るようにと指示を受けたという事で、関東と更に、東北まで足を延ばすことになりました。
関東で大きな自然災害が発生するとそれが引き金となり広範囲での自然災害に繋がる危険があり、それは自然災害から社会の混乱、そして戦争へと繋がる危険を秘めるために。なんとしてでも回避しなければならないと良丸さんは話します。
下記にお伝えしますメッセージはこの点に於いて修正前のメッセージとなりますことお伝え致します。
それでは、長文と成りますが冬至のメッセージ全話を掲載いたします。

・・・以下、冬至のメッセージ・・・・・・

昼の12時を過ぎてしまいましたが、今後のスケジュール、今日の意味合いをお話させて頂きます。
一部、勉強会などで、今日の12時に自然災害が起きる可能性があるとお伝えしておりましたが、今のところ何事もなく済んでいます。
実際に韓国、中国そして本州といろいろ啓示受けてまいりましたが、今回その啓示も含めて、今日の状況によって今後のご神事の流れが変わってきますので、それを含めてお話させていただきたいと思います。

<映像が流れていないので音声のみの放送となります>

改めてお話させて頂きます。
東京勉強会、名古屋勉強会の方で2012年12月21日12時に自然災害、地震が起きる可能性があるという事をお話させて頂きました。それも、おかしな話ですが、意図的に地震等の自然災害がおきるという事柄をお話させていただきました。実際、現在のところ、そういう情報が流れてきませんので、無事に12時を過ぎたかと思われます。
ただその自然災害が、日本列島の九州、中央構造線を通って岐阜から山梨、長野あたり、それと紀伊半島とお伝えいたしました。それと中国の方での自然災害ということでお話させて頂きました。
日本での自然災害に対して、地震が起きたとか、自然災害がおきたという情報は入ってきておりませんのでそれは起きなかったという事で安心しております。中国は北京あたりで日本の時間と1時間の時差がありますので、まだ油断できないと思っております。
今回のように皆さんに、いろいろ日付、時間を伝え、それが何事も起きなければいちばん有難いことです。見てる方には、なんだ自然災害起きなかったじゃないか、と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、もし今回啓示のごとく起きていたならば大変な状況になっていた事と、啓示やビジョンで伝えられ見ておりました。

そして、今日見皆さまにお話したいこととしまして、私が今度ご神事で、日本列島を飛び回ることとなりましたことを、実際には一つの啓示による出来ごとを回避したいということで、皆さまにも伝えながら、書き込みでも一部、殆ど一部ですが書き込みをさせていただき、常に身近な仲間には、伝えておりましたが、実際に伝えてきたことは、2013年に中国との衝突が起き、一時軍事衝突が起きますが、実際の本格的な戦争は、15年、16年辺りから本格的な戦争へ中国との戦争へ突入するということを伝えてまいりした。
やはりその前に、2013年に軍事衝突するまでにはいろんなきっかけ、戦争を引き起こす要因があるということで、自然災害、経済、そして政治の混乱、色々そこには要因として起きるということで全てそれを回避するためのご神事として、日本全国や外国までご神事として、行ってきたつもりでございました。
1996年に始めて、9.11のビジョンを見、2000年に啓示でそれを戦争のきっかけとなるということを伝えられました。
そして、2005年の日本の政治の混乱や、地震等色々伝えてきたことの中で、形が変わって起きた出来事、変化してですね、完全に回避出来た自分の中で、回避したことをそして現実化してしまったこと、色々これまで自分の中にいろんな体や、意識がいろんなもので、体感し感じてきたことはかなりあります。
自分の中で、自分が言った受け取った啓示のビジョンが、9割方何らかの形で起きた、もしくは回避出来たという感覚でおります。さっきも言ったように実際に現実化した形が変わって起きた、そして完全に回避出来たという感覚は、私の中でこれまでの啓示やビジョンの内の9割は、実際にそういう感覚でおります。
後の1割は実際に、私の啓示の判断ミスや、ただの取り間違いかもしれません。という思いもあります。
しかし、それはあくまでも私の意識の中での感覚ですので、体感ですので、自分としては、自分の受け取った啓示、ビジョンは9割方何らかの形で起きるという思いでおりますので、自分が発した言葉はそれを回避するためにはそれなりに真剣ということではなく、本当に全て投げ出してやっているつもりです。
それらを私一人ではなく、やはり私にも妻がおり、それだけでなく、こころのかけはしという、祈りの和、命の和という団体組織をしていますので、それと関わる事柄を重ねますと、やはり自分の全ての思い、ご神事が全て出来るというものでもございません。
そこの中でなんとか出来る限りのことは、自分が出来ることはやり続けてるつもりでございます。
それでも、やはり思うように出来ないのも事実で、自分の中での葛藤が常にあります。
しかし、今回見ているビジョンは、私の中ではこれまでのビジョンの中で、一番避けないといけない状況になります。実際には、全ての啓示、ビジョンが、全て回避し何らかの形で変化し、未来に良き流れを作るために行わないといけませんが、先ほども言いましたように、やはり私一人の行動では無くいろんなものの関わり合いの中で、私は思い通りに出来ず、途中ご神事においてもかなり断念し、実際に行わずに、そういう所から祈りでなんとか凌いで・・凌ごうとご神事を行ったこともあります。
本来のご神事ではなく、代理・・・代わりの祈りという形で行うときもありました。
やはり、言われた自分の仕組みを作ったご神事で行っていれば・・・中々自分の意図とした仕組みの中で上手く行かないと云うのが、自分の中であります。
これはあくまでも理解しづらいかと思いますが、見えない世界の、私の自分の中での体感と実際に感じたことがらから話をさせていただいております。

すいません、前置きが長くて・・・

実際に、昨年の3.11の大地震によって日本列島の地殻、太平洋プレート、フィリピンプレート、その中でも南海トラフが動くと九州から東海地方、特に関東近くまで大きく揺れる連鎖・伝達を生むという流れ。南海~東南海~東海その連鎖・伝達の地震の中であらためてまた、関東~東北三陸沖ですね、そして十勝沖、太平洋側の日本列島を太平洋側を幅広い、距離の長い範囲で自然災害を連鎖・伝達する動きがきちんと伝わってしまったと私は感じています。
自然災害が連鎖・伝達されたというのはすぐ、一週間とか一か月間とかいう短い年月なんですが、実際には一年二年三年と、この長い距離で確実にそれは繋がったと啓示などで伝えられております。そしてその地震の流れで 東日本西日本に流れてる火山帯にも伝達が伝わり 火山の噴火もこれから起きる可能性が高いというのは、それは実際には啓示だけではなく幾人かの専門的な方の意見。確認したところやはり大体同じ専門家の意見もだいたいそのように認識してるていうことを確認してあります。ですから予知はできませんが、予測としてこれから大きな自然災害の地震や津波 噴火の起きる可能性は高い、いずれ関東も大震災が起きるのは確かなことで 富士山の噴火もいずれ起きるのは確かなことです。
それが太平洋側か内陸側、日本海側でおきるのはいずれ避けられないことでございます。
それはすべての専門家が、概して実際にはその認識でいると思われます。
私のはあくまでも啓示、ビジョンでございますので受け取り方が、当たる、当たらないの話になるかもしれませんが私はそれを当たらないようにやってるつもりでございますので私の言ってることが当たらないからという受け取り方をなさる、当たるとか当たらないとか、それは本当に申し訳ない事ですが、私には本当にどうでもいいことで、こういったビジョンを決して起こさないという意識で動いております。

でも私が一人で飛び回っても皆さんの力添えをお借りして祈りの呼びかけをしておりますが、それでもやはり起きてしまうのは、すべて私と理解が一緒な方がただけではなく、本当に戦争を願う方、地震災害を願う方もいます 経済の混乱を願う方がたも実際おります。
いろんな人の価値観の中でこの世の中は生きておりますので、私が言っている内容が一人の人は決して受け入れられない内容、ようは 自然、戦争を自然災害を緩やかにし戦争を何とか回避するという思いは受け入れられずに、大きく自然災害が起きそしてそのまま戦争に流れ、その未来に新しい世の中素晴らしい未来があると考えている方々もおります。
ですので すべて私の同じ価値観ではなくいろんな人たちの想いの中でそういう人たちの本気の気持ちの中で、そういう気持ち、考えを持ってご神事をしております。
常に世の中の動向は行ったり来たりしている、流れが幾様に変化する。生き物のように今日明日で本当に流れが変わったりします。
今回、話が長くなって申し訳ありません・・・昨年の3,11から原子力発電所の臨界事故が起きそのあとの対処、対策その流れ政治の混乱、経済の停滞とそして今年になり、できることならば本来選挙、この解散総選挙は本来は任期満了まで頑張っていただければありがたかったんですが、実際に今年度中に解散し16日に自民党、公明党および、たぶんほかの方々も加わると思いますが2/3以上の議席を獲得してしまったということ。それも本当に任期満了で終わってくれたら、なんとかバランスがとれたと思うんですが2/3以上の議席を単独でその連立政権で確保したということは啓示の一番最悪のパターンを示唆しております。

政治的なことを言うのは避けたかったんですが、あえて言わさせていただきたいとおもいます。
前回の2005年総選挙をし、それから民主党が2009年に政権を奪回するまでの自民党の今の同じ過半数を超えた政権の中で、法律をどんどん変えていきました。
平和憲法も変え、いろんな法律も変え、その流れで2009年から今年までの民主党と同じ様に政権公約もコロコロ変わりながら、結局は民主党が政権を奪ったんですが、その時の平和憲法の改正の勢い。本当に危機を感じるものがありました、そして民主党に変わり、そしたら民主党は、外部からの圧力なのか、実際にはアメリカの圧力でしょうコロコロ政権公約を覆してきました。
アメリカのかなり強い圧力に民主党政権が太刀打ちできず、混乱を起こし、政治の機能、政策を含め全て失い、そこから失った政治の力で国を維持することができず混乱を招き、その後の昨年の3.11、そして原子力発電所の事故、その対応もほとんど後手に回ったと、その責任の大きいものかとは思います。しかし、もうこれは終わったことでございますが、今後自民党、公明党の連立の中で、3分の2以上の議席を確保し、そして参議院自体を今の与党が過半数を占めている以上全ての法案を一方的に決めていくことが可能になりました。
衆議院で否決したものを参議院でも今の与党の力の状況が大きい為、ほとんどの法案が一方的に、憲法改正も一方的にどんどんできる可能性がでてきました。
これは本当に真剣に捉えないといけない状況になっています。
私の啓示では2013年に徴兵制度の議論が始まり、間違ったら13年14年ぐらいから2014年、遅くても2015年から徴兵制度が開始するという啓示があります。実際には14年半ばに、それが何事もなければ、ただの戯言で済めば一番ありがたいことですが、そう戯言ですむように願っております。

しかし今本当に平和憲法は崩れる可能性が高いです。
そして隣国と仲が一層悪くなる可能性が高い、啓示ではかなりの確率で来年19日、2月19日の中国との小競り合いは起きる可能性が高い。これは、公表してますので、そこに戦争や争いが起きて欲しい人の意識が向く可能性もありますので、日付が早まるか、間違ったら日付が早まる可能性がすごく高いです。逆には半年にずれるか、後に、6月、9月にずれるかもしれません。実際には、そういったことは起こらないで欲しいという意識を向けてほしい為に公表しているのですが。
どちらにしても今年の残りと来年、再来年に中国との小競り合いから衝突は起きる可能性はすごく高くなりました。
それを急遽確認の為に韓国に行き、そして中国に行き、昨日中国から、19日の夜沖縄に着き、昨日は私、精密検査でしたので病院に行きながら今日ここに、沖縄に、宮に戻ってますが、本当に啓示の状況で見てくると一番最悪のパターンの流れを、流れとしてやっております。
本当に憲法が一方的に改正され、変わり、色んな法律がどんどん変えられ、日本の平和憲法を含め、国防・・自衛ですね、自衛が国防という意識の中で大きく変わっていくでしょう。
本当に戦争に向かって世の中が進むような状況に、その流れの形ができあがろうとしております。これからの日本の政治の行く末を真剣に見守らなければ自分達、若い人達を戦場に送ることになるということも、本当に現実化の可能性がしめてきました。

今本当に戯言と一人でただ騒いでいると思われるかもしれませんが、本当に戯言で済めば一番いいのですが、今の状況では一番最悪の流れ、その流れというのは戦争です。
これまで中にいっては私の啓示は当たる、当たらぬ話ではないです。2月19日、まず今日の2012年12月21日12時の自然災害、それも当たる当たらないではなく、実際に起きなければ、それはそれにこしたことはない、本当にありがたいことです。

そして次、12月から1月2月にかけて経済が混乱、自然災害もまだ油断できない、経済の混乱、そして2月19日の中国との小競り合い、そこからの軍事衝突、そういう啓示は全て私の戯言のごとく、はずれるべきなんです。ですから私が言っていることが嘘つきと言われようが何を言われようが私は構わない、実際にそれが起きてしまうととんでもないことになります。とんでもないところから、この世の破滅に向かいます。
しかしこれだけ皆さんに伝えていますので、その日にちの出来事が何らかの形で変化します。世の中は生き物ですから、そこへ公表することによって流れも変わります。下手すれば早まる可能性も高い、実際には現実啓示の通り起きる可能性も高い、逆に後にずれる可能性も高い。だが今の政治の中でもしこれ以上平和憲法が改正され軍事的な流れ、防衛庁が防衛省に変わり、それが国防省に名前が変わる。自衛隊が防衛軍に変わる、日本の戦略的な空母や爆撃機、その同等の戦闘機、高性能なものを配備する流れになれば、ミサイル、隣国もそれに警戒し、それに対応し、いずれは衝突という形になっていきます。その衝突する戦争するという準備をすれば、それだけ戦争に近づく訳でございます。

じゃあ、中国のやりたい放題を許すのかという人たちもでてくるでしょう、たぶん。
北朝鮮のやりたい放題を。
そこの難しさがあるからこそ一人一人の意識が高まらないといけない状況にございますが・・・
今の流れではそれに対しての武力の準備、衝突の準備をすればそれだけ高まるという事は確かになります。
防衛、自営の考え方はみんなそれぞれ違うかもしれませんが、ただいえるのは戦争が起きれば、戦争になれば、どっちが勝つ負けるという事はないと思います。両方ともとんでもない痛手をおい、第二次世界大戦とは話にならない悲劇、惨劇。どちらにしても国として立ちあがることができない状況まで陥る可能性が高いです。
そして、今の若い人たちいろんな考え方を直すために徴兵制度で精神を鍛えるのもいいという考え方をおもちの方もやはりいらっしゃいます。
しかし、これから徴兵制度がもし復活するようなことがあれば、精神の意識を鍛えるという問題ではないです。
確実に戦争に派遣するための軍事教育、そして人を殺す技術、術をたたきこむための訓練になります。人を殺すための術を教えるための訓練になります。精神以上に殺人の技術を教え、どれだけの人間を倒し、国を守るかという教育に、訓練になります。精神を鍛えるどころか意識、考え、価値観、人間性まで変わる可能性が高い。そこもふまえて認識していただければありがたいと思います。

もう一度言います。もし、戦争になればどっちが勝つか負けるかではなく、破滅しかない。
これまでの戦争、これまで見てきた、人類が経験してきた戦争とは本当に異なる戦争になり、それは破滅のひとことです。

もう一度言います。実際に戦争が起これば、どこが勝つ、負けるではなく、単なる、この日本、北海道から本州、四国、九州、沖縄まで、すべての地域が破滅となるでしょう。とんでもない惨劇を生むでしょう。
そして、実際に戦争になれば、日本、中国との戦争の中に、北朝鮮と韓国、台湾、フィリピン、ベトナム、最低その6ケ国、7ケ国が、アジアでは戦争に巻き込まれます。そこにアメリカ、ロシア、実際的に戦闘にかかわらないかもしれませんがロシアは・・・それでも戦争に大きくかかわり、そして、タイ、カンボジア、ラオス、ミャンマー、東南アジアも完全に巻き込まれてくるでしょう、軍事的に。それから、インドネシアも。そうなるとアジア全体に大きく戦争の場が広がり、最終的には第三次世界大戦に突入する可能性が高い。

実際に戦争になれば、一番信頼し安全保障条約を結んでいるアメリカを大きく頼りにしている日本。啓示では九分九厘アメリカは裏切ります、日本を。これはあくまでも啓示です。しかしアメリカは日本を平気で裏切る可能性が高い。中国を倒すために、ロシアと手を組む可能性が高いです。
で、中国を本気で倒すためには中東戦争を先に引き起こす可能性が高い。その理由をこの映像ではこの放送では理解しづらいかもしれません。
EU諸国を中国との関係性を断つために中東戦争を先にひき起こし、EUを中東戦争に巻き込み、そこで中国を思い切りたたくためのシナリオをアメリカは作っている可能性が高い。

今、今までの戦争の中で、言っておきます、正義というものはないです。
それと条約、それもいざ戦争になれば平気で覆されます。

約束なんかも平気で覆されます。

義理、人情なんて実際に戦争になれば、そんなのは存在しなくなる。こういった事はたくさんあります。
平気で約束ごと、条約ごと、裏切り、これまでの歴史で何度もくりかえされております。
中国との戦争になれば平気でアメリカ、イギリス、ロシアは日本を裏切ります。ロシアは関係ないですが。言い切って申し訳ありませんが、啓示ではそういう風に言われます。
これは、話しがかなり大きい事を云っていますので理解出来ないかも知れませんが、沖縄だけに考えても辺野古は多分推進され、辺野古の沖合に米軍基地が出来上がる可能性はかなり高いでしょう。それと宮古の下地空港は日米共同の空軍基地になる可能性が高い。そして、日本政府が負担しての米国軍基地のグアムへの移転もおきるでしょう。
なんやかんやと云いながらも、原子力発電所を推進してきたのは実際には自民党です。今の経済の元をつくったのも自民党です。原子力発電所の廃止は無くなり推進になるでしょうし。民主党が対応の後手に回った原子力発電所の臨界事故、後処理も民主党に責任を負わせてもっとひどいことになるでしょう。事故隠しもどんどん大きくなる。目先の経済だけみていれば日本はとんでもないことに、どんどん国は変化されていきます。どう判断するかはひとりひとりの判断ですが。

本当に日本という国が変わるのか変わらないのかは、政治じゃないです今は、政党でもない、このままではとんでもない方向に行くでしょう、しっかり意識をしなければ。私が言っていることは逆に人からすれば非国民かも知れない。私がみている啓示やビジョンが全て間違いであり、私の戯言であったのなら、どんなに嬉しいか・・・ありがたいか。

これから先は、自然災害や経済の混乱以上に国の政治の在り方自体、方針自体が末恐ろしい流れをつくる可能性が大きいという事を理解していただければと思います。
ただ、恐怖を煽って申し訳ないですが、今後の法の改正に私が心配している事が一切起こらず、国民のために、本当に国民のための法改正が始まり、未来に本当に隣国と仲良くし平和を維持するための仕組み作りが出来ればありがたいです。

それを期待しつついます。今の私の心境ではこの様な方向で奇蹟がおこり下さる事を願っているしだいです。

年の暮に本当に暗い話だけして申し訳ないです。
多分、私が言っているのを聞いている方は何を言っているか分からない人がかなり多いと思います。少し整理をして言わせていただきます。啓示の中では3.11そして臨界事故後の処理として、自然災害や経済の問題、政治の混乱と云う事があります。そして、政治の、国の、国会の解散が任期満了であれば良いがそれより早まる事があれば、日本の国の在り方が大きく変わってくると、ずっと云われておりました。
一番最悪は、今年度2012年の内に解散ともなれば、やはり、敢えて云うのであれば、一政党のバカ勝ちだけは何とか避けたいと思っていましたが、啓示のごとく連立政権で2/3以上の国会議員を今の自民党・公明党で確保してしまったわけです。そして、参議院の解散までに、衆議院で2/3、参議院でも自民党・公明党ほ方が民主党よりも数が多い、そうなると法改正に議員の2/3を超える数を確保していることになりますので、全ての法案を一方的に 変えようと思ってもそれが出来る状況になったという事です。
それを恐れておりましたが、そうなると確実に軍事化に進む方向へ改正が進んでしまう。実際には税金10%を民主党が上げると騒いでいますが、自民党は10%を確保したら直ぐ15%位に上げますよ。一番公約を守らないのは、何処も一緒だと考えた方が良い。そういう流れで税金を増やし一時経済は良くなるかも知れませんが。経済が上がり、税金が上がり、その利益は軍備につぎ込むという形になりかねないと云うことです。
これはあくまでも啓示です。それが起これば、来年、年開ければ中国との衝突、最終的には徴兵制度の復活から戦争へと流れるという状況に行くと云う事を伝えられております。それが、何度も言いますようにただの戯言で、私の妄想で、ただ皆さんに恐怖を煽っているくらいのバカ人間だったら一番ありがたいです。

もしそれが何らかの形で現実化になれば、戦争への流れになれば、何処の国が勝った負けたの話しでは済まない。日本はまず破滅です。第二次世界大戦と比べ話にはならない、最終的にはアジア全体を巻き込み第三次世界大戦まで突入する、そこまで突入するまでに日本という国が残っているかと云う事になります・・・

中国・・・次の戦争が、何処が勝つ負けるという事でなく、地球そのものが破滅すると云う事です。世界そのものが・・・
それを、ずっと云っててもしょうがないです・・・

自分の啓示をきちっと整理して、韓国・中国で伝えられたことも、改めてお伝えしたいと思います。

そして私自身、昨日検査を終え、医者が心配していたような状況は無かったということで一安心しております。
後は、実際に検査しないといけない所が内臓の中に肝臓や腎臓がありますが、それはどうしても私の都合で3月に検査を延ばしていただきました。
今日、このあとも祈りをし。明日、名古屋に飛び、名古屋から書き込みにありましたように渥美半島から紀伊半島、四国辺りそこから大分に渡り鹿児島へ行き、そこからまた本州に山口ら上がって行き26日には関東に入りたいと思っています。4日間で全てのスケジュールはかなりハードスケジュールですが、無理をどうのこうのと云っている場合では無いです、今は。それをやり遂げ無ければいけないと言う想いの方が強いです。そして27日、本来、宮で母神誕生祭が行われます。そのため今回のご神事から取りあえず私ひとりが飛び26日まで関東に入り27日富士山の麓にて祈りをします。

その後28日に沖縄に、飛行機のチケットがとれず、この日になりました。それで沖縄に戻り、そして1月1日に宮での祈りや新年のお祈りを済ませ、1月6日に嫁と2人で台湾に飛び、その後戻ってきた後、当初と予定が少し変わるかも知れませんが、その後久米島に飛ぶか、間違ったらそのままグアムにいったん飛ぶかたちになるかも知れません。取りあえず2月19日までには沖縄本島を中心に北は奄美、南は与那国、八重山、宮古、東は北大東、南大東、西は久米島、そこだけでも大変な距離のご神事にはなります、離島だと飛行機で飛ぶ形になり海外のご神事よりも大変な神事になるかとは思いますが、それは取りあえず私ひとりで行い、海外は妻とふたりで。本当は全ての御神事を妻とふたりで行いたいのですが、本格的には妻とふたりで行うべきでしょうが、現実の所、沖縄の事務局、沖縄の祈りの和の仕組みがまだきちっと形には出来ていませんし、結局妻が一緒に行くとご神事と事務的なこと、色々な事を一緒にせねばならず妻が倒れるような状況に成りかねなく、多分2月のご神事が終わるまではこのような状況になると思います。本当は神事に専念したいのですが、妻には事務の方に戻り処理をしてもらい、私はご神事に集中したいと思います。
本当は2人で集中したいのです。必ず19日まで、2月を終えるまではそうします。3月以降も実際にはかなりのご神事が次から次へと出てきます。2月末から3月に入ってはイスラエルに行くご神事が多分出てくると思います。

すいません、今・・・ずっと云っていて、感情がどんどん高ぶっているのできちんと言葉に出来ない状況になってきていますので、私自身、心を落ち着かせるために妻と代わって、妻に今祈りを、祈り合わせの祈りをしていただこうと思います。

比嘉りか氏・・・

すいません、長い時間お聞き頂きましてありがとうございます。また、本日、どうしても映像が出ずにこのような形で音声のみでの配信とさせていただいている事を申し訳なく思っております。
本来でしたら、映像を見ながらでしたらもう少しどういう状況かという事も、音声とまた画像とで知って頂く事が出来るかと思うのですが、ラジオのような形で聴いていただいている事と思います。
すいません、ちょっとお時間の方が1時15分ぐらいと少し半端な時間ではありますが。主人が一旦、伝えられている啓示の内容とか皆さまにお話ししなければいけない内容とか、一旦見えない方々とお話しし纏めたいという事なので、私が引き継ぎさせていただきます。またこの場を借りまして、今、かなりの方がお聞き頂いております。どうか、今、一緒にお祈りできる方はお祈りをして頂きたいと思いますし、手を合わせる事が出来ない状況に置かれながらもこの放送をお聞き頂いている方におかれましては、どうか、心の中で結構です。本当に良い未来に平和に安心して暮らしていける未来になっているようにと心を沿わせて頂けたらと思っております。よろしくお願いいたします。私たちは今、沖縄の大国ミロク大社のお宮の方からお伝えさせて頂いております。かなり風が強いので主人の音声また、私の音声の中にも風が入るような音が有り少々聞きづらい部分もあるかと思いますが、ご了承頂けたらと思います。

では、この時間をお借りしまして、本当にひとりひとりの、素直に想い願う想い、素直に思う心という物が大切に成ります。
そして、それは多ければ多いほど見えない存在に訴えることが出来、また、その想いを持っているからこそ、ご自身ひとりひとりに、支え導き守って下さっている存在の方も、どうにかしてその願いを叶えようと必死になって動いてくれます。また、この世界の中にいる見えない方々。その方々にもほんとに、真心から素直な思いで願い祈ることによって、その思いを汲み取り動いてくださる、動こうとしてくださる、そういった存在が数多くおられます。どうかその方々と共に確実な行動ができるように、そしてどうか、その方々の力添えで善き未来を進みゆくことができるように、支えてくれることができるように、一人ひとりの行動が、本当に大きな広い世の中を変えゆくことができるように、一つの行動がつながっていくことができるように。
皆さんにおかれましては、大切な方々、愛する方々、その方々の笑顔が絶やされることが無いように。そして、子供たちが大きく成長していき、今よりももっと安心して暮らしていける世の中に生活していけることができるように。生きとし生けるものが、本当に生き生きと暮らしていけるこの星であるように。そういったことを願い、思い、5年先、10年先、20年先とずっとそれが続いていくようにということを思い描いて頂けたらと思います。

では、祈り合わせをさせて頂きたいと思います。真心の力添えをお願いいたします。

今日の善き日にこと上げて申し上げます。
如何なる災いも降り注ぐことなく、心身共に健康であり、衣食住決して損なうことがありませぬよう、どうか守り、導き、支え下さりますよう願い祈り申し上げます。
多くの様々な命たちがこの星の上にて生を営み、日々を築き、歩んでおります。
どうか多くの命たちが、安心して暮らしていける世の中でありますように。
それは今日も、明日も、あさっても、日々繰りゆく日常の中、安心して一日一日をつなげ続けゆくことができますように。
生きとし生けるものと共に、共存し合いながら進みゆくことができますように。
今、この世の中において、願い祈る未来に対し改善し、改革して行かなければならない部分におき、一人ひとりが行動を起こし、未来へ向かい歩み進みゆくことができますように。
そしてその願い祈る未来を叶えゆくことができますよう支え、導き、守り下さいますよう願い祈ります。

たとえ些細な行動だったとしても、続けゆくことにより、描きゆく未来を現実のものとすることができます。くじけるこ

とがなきように、希望を失うことが無きように、どうか支え、導き守り下さいますよう願い祈り致します。
一人ひとりが多くの命たちのことを考え、共に共存しゆく未来を描き続けゆくことができますように。
一人ひとりについている、守り、導き、支えゆく存在達と共に、善き未来が叶え続けゆくことができますように。
一人ひとりがもしそのめざしゆく未来を見失い迷いしときには、その方々に分かるような形にて、めざしゆく場所、めざしゆく未来、とるべき行動を指し示し、導き下さりますよう心より願い祈り致します。
多くの命たちと共に共存し合いゆくことができますように。この星と共に歩みゆくことができますように。
平和、平穏、安定、安心して暮らしてゆける世の中に作り続けゆくことができますように。
守り、導き、支え下さりますように願い祈り致します。

・・・お伝え頂いています言葉をお伝えさせて頂きます・・・・・・

未来は今も なお見えては隠れ 逃げては隠れ
隠れてはまた現れ そしてそなたたちの心を惑わす

希望を失わせ そのような時にも 新たなる希望を生み出し
そしてそこからまた 勇気を与え続けようとする

どこへ行くのかわからぬときには
一度立ち止まり 辺りを見回し 
今自分が置かれている状況と 
見詰め 進みゆきたい状況と
それをしっかりと認識し 確認することもまた 必要なこととなりゆく

そして さらに大切なのはそこから先である

動くということは 己の意志であり 己の力である
己が自身が 何かを起こさねば 何かをしなければ 周りは変わらず
そして 周りは色あせゆくこととなりゆこう
どこへ進みたいのか はっきりとわからなければ 
分かるまでそこに立ちすくむのではなく
まずはひとつ 行いゆくことが必要となりゆこう

立ち止まるということ 

認識し確認することと ただ待ち焦がれるということとは 全く反しているものである

向きをどこへ行くかもわからなければ 
何をしてよいのかもわからぬ
それもまたひとつの理由であろう

だが決して本当にそうなのであろうか

人々は今 目隠しをし さまようよう 
何処へも行かぬとただその場を立ちつくし 
いや 孤立しようとしているのではないであろうか

今ひと度 しっかりと目を開かなければいけない時である
認識をしなければならない時である
置かれている立場 置かれている状況 
そして このままであれば 見え隠れしてくる未来がある
しっかりと見詰め そして 描きゆく方向へと進みゆくならば 
何をしなければならないのかを 残しゆかねばならぬし 伝えゆかねばならぬ

しっかりと見詰めゆく未来を 
目を見開き 心の目を見開き 
見定めてゆかねばならない

聴くがよい

恐れているからと言って 
目を伏せたところで その恐れが消えるわけではない
目を伏せ 目を凝らし 見えなくしたところで 
その恐れは 自らの内側の中にさらに増幅し 不安や恐怖さらに膨らませゆくだけではないのか
しっかりと目を見開き 何が起こり 何が伝えられ 何が現実なのかを見詰めゆき
その中から 改正せねばならぬことが 一体なんであるのか
対策をしなければならないことが 一体なんであるのかを見なければ
何も変わらなぬのではないだろうか

目を伏せることはいつでもできる 
しかし 見なければならぬものは 見なければならぬし
目を伏せたところで全てのものがなくなるわけではない
目を伏せたところで 周りのものは 時間を経過し 現状を維持し 
耐え忍んでいるだけなのである

それをどのように打開していくか 改良していくかは
見定め そして判断しゆかねばならない
それができるのは 目を見開いてからでは そのような状況でなければできないのである
見開きゆくことによって 
しっかりと改善策が見えゆくであろう
気になるものができるであろう
思いがつのるであろう 

そうすることによって 変えゆくことができるのである
心は今まさに 閉ざされようとしている
しかしながらそれは 決して起こってはならないことなのである
目を見開き 心を開き 心の目を見詰めながら 心の目を使いながら
そして 今と未来を しっかりと繋ぎ続けゆかなければならない

時を編みゆく 編み方は 
すべてのものがさまざまなる編み方を 
繋ぎ続けゆくことができるのである

かならずやひとつではなし みなが日々を 時を 日常を編み続けることによって
その未来は 変化されゆく事となるのである


・・・以上、伝えられたお言葉・・・・・・


では、みなさんに少しイメージしていただきたいことがあります。
一人一人が、この地球の上に、大地の上に、人間という形にて命を受けた存在です。
天からのエネルギー、力と、大地の力があり、エネルギーがある。
生きとし生けるものの命は、育み続けられていきます。
一人一人に天からエネルギーが注がれていることをイメージしてみてください。
降り注ぐ太陽の光でもかまいません。
ご自身に温かな光が注がれていることを思い描いてみてください。
そして、今度は足元から大地にしっかりと今足を付けていても、建物の中に、高層階の中に
居たとしても、一つ一つの命に、しっかりとその大地からのエネルギーは届けられています。
ご自身の足元から、大地からのエネルギーが届けられているイメージを持ってみてください。
天から降り注ぐ光と、大地から与え続けられている力強いエネルギー、ご自身の丁度おへその下、丹田の辺りにしっかりと噛み合わさり、混ぜ合わさり、エネルギーが充満しているイメージを持ってみてください。
蓄えられたエネルギーは、一人一人の内側から輝かせてくれます。
一人一人が、天と地とを繋ぐ一つの光となります。
天に導かれ、大地に支えられ、多くの命達と共に、この地球という星の上を歩いて行く、一つ一つの命が、一つ一つの命を守る光の柱になっています。
どうか、おひとりおひとりもまた、そのイメージを持ち、多くの命達と共に、この地球という星の上にて歩んでいることを忘れることなく、またいつも天から、大地から光が注がれていることを忘れることなく、描き行く未来へと歩み続け行く勇気を、希望を忘れないでいっていただきたいと思います。

では、改めまして主人の方に話をバトンタッチさせていただきたいと思います。
皆さま、真心の祈り合わせありがとうございました。


・・・比嘉良丸氏再び・・・・・・


すいません、長い時間お付き合いをくださいまして、私の話がかなり自分の苛立ちからの感情的な言い回しになったことをお詫び申し上げます。
1995年から母と一緒に神事の道に入りました。
実際には子供のころからいろんな啓示やビジョンを見てたのを、私の中できちんと理解出来ず、また神事を拒否していたこともありまして、意味が分らなかった、子供であったこともありましたが、幼かったこともありますが、実際には子供のころから大きないろんな出来事の啓示は受けていました。
ビジョンも見てた。そして、きちっと神事の道に入った後、その後も実際には、伝えられてきたことが全て一緒だった。
2013年中国との衝突から第3次世界大戦に至るまでの色んな啓示を見せられ、それを回避する為の祈りやご神事の仕組みを伝えられ、それを自分なりに考えてきました。
そして12年の今年、2012年の12月、年末を迎え自分自身の啓示の中で一番最悪のビジョンとなったことにより、焦りと苛立ちが重なってきちんと冷静に判断できない状況になり兼ねておるのも事実です。
私が見ていた啓示、ビジョンは要は私が生まれて来年1月27日で53歳になります。物心ついた記憶の中で常に2013年の中国との衝突から世界大戦に至る流れを教えられた、それを回避する為のご神事が伝えられてきたことを思うと自分の中ですごい焦りと苛立ちが隠せないのが事実です。それはなぜかというと、かなり自分の見ていたビジョン、最悪の流れとして現実化しているからです。
でもそれを何とか回避する為にかみごと(神事)をしております。12月16日の総選挙のそれは変えられなかったとしても、韓国、中国のご神事は決して無駄ではなかったです。特に6月から7月にかけたアレハンドロ、ポロハウ長老、エリザベス女史を招いてのご神事は、6月から7月にかけてのそのご神事がなければもぅどうすることもできなかった状況にありました。逆に今頃でしたら戦争の衝突ムードに全体が流れていた可能性が高いです。やはり6月のアレハンドロ氏、エリザベス女史、そしてポロハウ長老のご神事を含めグアテマラそして日本国内を周り、そして韓国、中国、全て最悪の事態に一気に流れるのを阻止する流れ・・・何て言うんでしょうか・・・
事態が一気に流れるのではなく、そういった流れになりそうであっても、それでも御神事を行うことによって、そういった中でも未来に良い方向に流れる可能性もつくる・・・そうった意味で、御神事をは行った意味はあります。

決して諦めることなく頑張ることによって政治や経済や最悪な事態は避け、隣国との国々とも仲良くし、アジア全体、世界全体が調和していく道はまだ閉ざされた訳ではなく、そこに1ミリでも道があるということ、まだ残ったということが私の中の支えでございます。
ですから明日からのご神事と年内の本州、そして年内帰ってきて沖縄でのご神事、そして年開けての台湾そしてグアム、それは本当全て戦争を回避する為のご神事です。
その後に沖縄本島を中心に奄美から与那国、八重山諸島、宮古、北、南大東から久米島とそのする意味も戦争を回避し、世の中を良くする為なんです。
それには自然災害、政治経済全てを含んでおります。そしてアジアだけの問題ではなく、中東の本当にそこも大きく世界大戦への流れを作るきっかけになります。3月辺りにイスラエル、そして4月はフィリピン、5月はベトナム、カンボジア辺りまで、そして6月に富士山中湖のセレモニー、それは全て自然災害や政治経済、戦争、感染伝染病全ての意味合いを含んだ、全ての災いを回避する為の全てのご神事です。
どうしても私のご神事は怖いことしか言いませんが、それを回避する為に見せ、聞かされ、それを回避する為に行動しその行動でできるだけ良い方向へ道筋をつくるという意味合いもあります。
どうかそれも含めて皆様のご理解のうえで祈り合わせの際にはどうかお力添えをいただきたいと思っております。

政治の流れで皆様の意識がどのようにあるかは一人一人の考え方です。
ですがひとこと言わせていただければ、今回戦争が起こればどの国が勝つ、負けたではなく、破滅の道へと進むということ、そしてそこに至る考え方の中で本当に気を付けなければいけないのは徴兵制度を含め、実際にその話が出るか出ないかは別として、もし意識の中で戦争に準備をするということになれば、それは戦争をおこなう危険性が高くなるということです。それも理解していただきたい、何とか戦争だけは避けたい、軍事衝突だけは避けたい、そう意識をし、絶対に避ける、戦争を回避するという、日本の国が政治が経済がアジア及び世界の中の平和への道調和への道の形作りになるよう願ってご神事を続けます。
ですから今後ご神事に際し祈り合わせの際には、どうか平和を願う祈りのお力添えを頂きたいとたいと思っております。
どうかお力添えを頂ければ幸いです。
それの意味を含み自然災害、政治経済の混乱も全て含めて全て良い方向へ流れるようできる限りの力ある限り今後もご神事を行っていこうと思っております。

それと現実問題私の命の和の活動の中で、色んなことを活動をしておりますが、ネットショップや色んなもの、それも実際では啓示で伝えられたことです、塩作り、それは本当に被ばく者の人達を中心に、また、それだけではなくこれまでの食の安全性が疑問視される中で食文化の変化により本当に子供達の健康肉体だけではなく、精神も異常をきたし、変わっていくということを伝えられ、塩というものを通し栄養分や抵抗力免疫力を高めるとか水の安全性、色んなものを言われ表に出し食が安全性が疑わしいと本当に食に安全というものが栄養を補給する為の食ではなく食を取る事によって体や精神に被害が及ぶということで言われたものを通し表に出すということでネットショップや塩作りをしております。

ただ、今の状況でご神事をやっていくために、何が言いたいかというと、表にだそうとするとすると、やはりすごくいいものすごく全て素晴らしいものだと自分でも本当に思って自信を持って紹介できるものばかりですが、本当にマリマリ、アマゾンの石鹸やこれらは全て本当に素晴らしいものです。本当に健康に良いものだと思っております。実際に薬事法という関係上で強く言えないですが検査結果は素晴らしいものもいっぱいでています。
ただそれだけにどうしても商品は高いです。でもできるだけ多くの人達に子供達になんとか渡ればと思っておりますが、そこも踏まえて、改めて来年度からもう一回全て仕組み直しをしようと思っております。

なぜならばもう一度言わせていただければ、これから起きると言う可能性がある自然災害や政治経済、戦争っていうものは、祈りや様々なものでそしてみんなの意識で未来が変わります。
そこで大きな祈りの力というのは、大きく未来に対し道筋をつけ流れを作ることができます。しかし今言った食事の安全性や放射能被ばくに関しては実際に現実問題として臨界事故・・・放射能の臨界事故被ばくに関し食の安全性というものは即対応が必要になることがあります。そして実際に起きたことをきちんと見据えないといけないことなんです。
ですから全てのものにおいて、見ざる言わざる聞かざるではなくきちんと子供達の未来を命を繋ぐ為にも放射能の問題や食の問題、全ての問題にきちんと耳を傾けきちんと自分の目で確かめ、そして自分の耳で確認し行動しそして自分の口を通し発言しそして行動を通し世の中を作って頂きたいと思います。
そして子供達を守っていただきたいと思います。今後の子供達の未来を守りそしてその環境や世の中や社会を残し未来に次に託す為にも、本来やらないといけない私達大人が大人がというよりも私達自身の意識行動によって未来を変え創り、そして子供達に未来を託しそして命をきちんと託す残す繋ぐということに繋がります。
どうか政治も経済も自然災害もそして平和もエネルギー問題も環境も沢山の問題がある中、どうか一人一人の意識が大事になってきます。
話がたくさん飛んでしまいましたが、どうか一人一人の意識の中で未来を創り世の中を作り次に命を託しそして本当に命を繋ぐことができるよう力を貸してください。
一人一人の行動でしか世の中を変えることができません。最悪の事態だけは避けられるよう祈りの力合わせと現実の行動とどうか力添え頂けますようお願い申し上げます。
長々とお話させて頂きましたがこれで一旦終わります。すいません実際に聞いている方は何を言っているのかわからないかもしれません。会場に行ってそして色んな分野でいい話もさせていただきます。
大変長いお付き合いありがとうございました。

それと今妻のほうでご神事と事務的なもので大変忙しくして、言い訳にはなりますができるだけ毎日の祈り合わせの朝の祈りの言葉は今後配信となるように頑張るつもりでございます。
いつも今月から毎月きちんとやりますと言いながら毎回できずにおりますが、できる限りやっていきたいと思います。

ありがとうございました。では配信を停止させていただきます。ありがとうございました。


2012.12.21 冬至 大国みろく大社 沖縄お宮より

比嘉良丸 比嘉りか

文字起し こころのかけはしいのちの和スタッフ

★:★:祈りの和インフォメーション★:★:

◆グアテマラ御神事お守り発売!◆

グアテマラでのご神事にマヤの聖地にてお祈りし、長老達にもお祈りをかけていただきました「マヤ・ツォルキン・ペンダント」グアテマラ産の黒翡翠で作られたペンダントトップです。自分自身のツォルキンをお守りにすることで、本来の自分が歩むべき道へと進みやすくなるでしょう!
詳細は下記写真をクリック
201211maya1-3

◆2013年新年のお守り予約開始!◆
毎年恒例の新年のお守り。今年もご予約承ります。
詳細は下記写真をクリック
sinnnenn

日々の祈りと祈り合わせのご連絡

2012.12.23.12:00

新暦12月23日(旧暦11月11日 午)

いつも真心のお力添えありがとうございます。
昨日冬至の祈り合わせも、皆様のお力添えありがとうございました。
本日、日々の祈りの際に伝えられました言葉をお伝えさせていただきます

日々の繰り返し
その中から発展あり
対する思いを
重ねれば
更なる発展あり
意識の向き方
意識の在り方
考え方
取り組み方
日々の日常
全くの同じ繰り返しではなし
繰り返しの中より
新たなる発見の日
日々の暮らし
埋没するなかれ


伝えられた言葉の解釈ですが、毎日というのは、全く同じ繰り返しの日々ではなく、同じ繰り返しの中から、発展させてゆくことに気づく時間を持たされているということに気づいて欲しい。
気づく為には、取り組む意識の持ち方や在り方、物事の考え方や行動の取り組み方になってくる。
毎日がやってくるということは、同じことの繰り返しではなく、日々行っていることが一体どのようなことなのか。意識をもって見てみる事で、変えてゆくことが出来るという事を伝えてきていると感じました。
時間に追われている日々に、どのように向き合うかという事を問われているのかもしれません。だからといって、のんびりするようにという事を伝えてきていたわけではなく、日々というものを大切に意識をもって行動して欲しい、行動することによて、その結果は、どういった事に繋がってくる、繋がっているのかという事を意識して欲しい、そうすることによって、意義がある行動であれば、やる気が、修整するのであれば、変更、改善をすることになるのではないかという事を伝えてきていたと思います。未来の変化は、日常の些細な変化から生まれてくるのかもしれません。

皆様はどのようにお感じになられましたでしょうか。
私の解釈は、一つの参考として受け止めていただけますと幸いでございます。

昨日、夫は、改めまして本州へと移動し、年内伝えられております啓示の小難無難の祈りに回りゆきました。
私の方は、沖縄に残りまして、社団法人にも決算がありますので、その準備と事務作業の指導、お守りのお祈り、お守りの準備、27日母神誕生祭の準備と年末年越しの準備になります。
夫婦で陰陽の意味があり、一緒に回る事で御神事の結果の動きも大きく変わってくるのですが、夫一人では、回避ではなく数か月の先延ばしになると伝えられたと言っていました。

さて、今朝、夫から、連絡がありましたので、お伝えさせていただきます。
****

冬至の日に合わせて 韓国、中国と御神事をおこない、そして、19日 中国から経由し沖縄に夜戻りました。
翌日20日、精密検査を受けました。
お蔭様で、医者が心配していた内容や症状はなく、腸については良い結果が出ました。
ですが、その他の器官も、気になる結果が出たということだったのですが、3月の半ばまでに御神事の一つの仕組みをやり遂げないといけない状況があります事から、私の都合から、改めてに検査を来年に先延ばししてもらいました。。

翌日21日、冬至の御神事を致しました。
22日の朝、中国に行く前に預けていた車を名古屋にて受取り、そのあしで、紀伊半島から四国を西へ移動し、東南海、南海といった南海トラフに関わる地震と中央構造線、火山帯に関わる場所場所を小難無難の祈りをしながら、今日、愛媛に来ました。

これから、大分に渡り、阿蘇、霧島、桜島へと祈りながら移動してゆきます。
もし、可能でありましたら、午後1時頃祈り合わせを行いたいと思います。
私は移動しながら、その時間いる場所から祈りを致します、皆様の願い祈りのお力添えを頂けますと幸いです。
今回の祈りは、先日もお話ししましたように、12月から1月にかけて、自然災害が起きる可能性があるという事を伝えられた啓示に基づく小難無難の祈りになります。
実際には、昨年の3・1以降、連鎖しての自然災害は、何時どこで、起きてもおかしくない状況があるなか、連動する災害の一つとして、伝えられた啓示となり、小難無難の御神事をしております。

また、他にも経済と政治の祈りもおこないます。

先日、選挙がありましたが、当選の結果、与党野党も同じ党が多いという事から、政治に関しては、これから、様々な法案が強行採決で、来年の9月まで一気に行われると伝えられており、重要な大切な法律が、あまり審議されずに変えられてしまうという事も伝えられています。
その中には、基地問題や、原子力発電所の問題なども強行的に国の意向で一気に進むと伝えられています。
沖縄では、普天間基地の辺野古移設、下地空港が自衛隊の空港となる可能性があるなどがあり、その他にも原子力発電所稼働再開の許可なども降りるだろうと伝えられています

このような様々な流れが、一気に進むと伝えられており、御神事としては、多種多様な祈りとなりますが、皆様におかれましては、不安をイメージして祈るのではなく、数年先に今ある問題をうまく回避し平和に暮らしている良いビジョンを描いていただきまして、そのような状況になるように祈りをしていただきたいのです。
私に伝えてきている様々なビジョンは、回避しないといけないという事で伝えられ、見せられています。
そしてその回避の仕組みづくりの御神事として、様々なところを回って祈りをしておりますが、皆様は、どうか素晴らしい未来を描いて祈っていただく事が、祈りの大きな力となります。

本日、午後1時、どうか皆様の真心のお力添えどうかお願い致します。

比嘉良丸
比嘉りか

★:★:祈りの和インフォメーション★:★:

◆グアテマラ御神事お守り発売!◆

グアテマラでのご神事にマヤの聖地にてお祈りし、長老達にもお祈りをかけていただきました「マヤ・ツォルキン・ペンダント」グアテマラ産の黒翡翠で作られたペンダントトップです。自分自身のツォルキンをお守りにすることで、本来の自分が歩むべき道へと進みやすくなるでしょう!
詳細は下記写真をクリック
201211maya1-3

◆2013年新年のお守り予約開始!◆
毎年恒例の新年のお守り。今年もご予約承ります。
詳細は下記写真をクリック
sinnnenn

冬至の祈りに関してのメッセージと祈り合わせ放送のお知らせ

2012.12.21.11:37

本日、このあと昼の12時より冬至の祈りに関してのメッセージと祈り合わせを行います。放送設備の関係で、配信が不安定になる可能性がありますが、祈りの和テレビにて放送を行う予定です。是非ご試聴いただけますようお願いいたします。

※下記のどちらかにて放送をご試聴いただけますように配信を行います。

祈りの和テレビ
http://inorinowa.org/tv/

Ustreamチャンネル(予備)
http://www.ustream.tv/channel/inorinowa


こころのかけはし  高橋 潔

ご神事について

2012.12.17.09:00

大国ミロク大社の比嘉良丸、比嘉りかです。
14日に、韓国の御神事から戻り、翌日15日に名古屋市内にて学びの和を行いました。
学びの和の後、知多、渥美半島の御神事を行い、本日、朝から夜9時すぎまで、口伝えのセッションを行い、明日、中国の天安門、紫禁城への御神事に向かいます。
そして、19日、羽田経由にて沖縄に戻ります。
20日、私(良丸)の検査があり、21日冬至には、私共の宮から祈り合わせの呼びかけをしたいと思います。
その時に、韓国、そして、中国、今回の選挙の啓示の流れに対してのお話もさせていただきたいと思っており、出来たら中継にてお伝えしたいと考えております。
22日には、出発した中部国際空港に預けております車を取り、再度渥美半島から、鳥羽にフェリーで渡り、和歌山から徳島へもフェリーで渡り、徳島から、四国を縦断し、愛媛、
三崎からフェリーで大分に入り、鹿児島に行きます。
鹿児島から、祈りながら北上し、関西をへて、28日に沖縄に戻ります。

その後は、年越し年明けを沖縄で御神事をし、1月は、年明けて、新年の1月4日から6日までが台湾、その後、沖縄での、沖縄巡礼を取りやめ、台湾近くの与那国や先島、八重山諸島、宮古、西に360km先の久米島、北南大東島、奄美諸島を2月5日ぐらいまでに強行ではありますが、御神事の変更がなければ、このまま計画通りに行いたいと思います。

今回、見ていたビジョンの一番最悪な状態で世の中が進み、本当に起こしてはならない状況に本当に目の前まで迫っている危機感がヒシヒシと肉体、感情を通して伝わってきます。
これまでは、自分の御神事の活動を様々な意味で、断念してきたことも多々ありましたが、今回は、必ずや自分に伝えられた啓示に基づく御神事は、行おうと決意いたしました。
まず、3月までの御神事は、すべて行おうと思っております。

奄美諸島から琉球諸島の御神事は、2月5日までに終え、2月10日の旧正月までには、沖縄での御神事は、すべて終えようとおもっております。
その後、啓示で中国との摩擦が伝えられております19日までに、グアムの御神事を終えたいと思います。
それで中国との最悪のビジョンを回避したいと思っております。

取りあえず、私自身が見ている最悪のビジョンは避けたいと思い現在行動しております。

さて、改めてまた冬至の日にもお伝えさせていただきますが、今回の名古屋の学びの和、知多半島、渥美半島の御神事は、東南海から、中部、そして、岐阜までの自然災害の小難無難を兼ねておりました。
21日、冬至の祈りも、九州か岐阜、長野、山梨あたりの自然災害の小難無難も含め、中国大陸の災害の鎮魂も含んでおります

12月から1月までの自然災害の鎮魂の祈り、2月下旬までの経済の混乱、そして、中国との衝突の回避の御神事、その他にも、様々な事を伝えられておりますが、私自身、これらは起こり得ること柄として、真剣に受け取り、その回避の御神事をしており、回避する、出来るものとし御神事、行動しております。
また、啓示、ビジョンで御神事を伝え、指示してくるということは、伝えている事は回避することが出来るからこそ伝えてきていると信じて行動しております。
どうか、今後、各地から祈り合わせの呼びかけをさせていただきます。
皆様の真心と共に、善き未来を想像し、善き未来への願いを込めていただきたいと思います。
私の伝える事は、皆様にとって、恐怖を与える内容もあるかと思いますが、どうか、善き未来を想像し、願う、そして、そういった未来を創る、未来へ向かう行動こそが、原動力となって最悪の事態を回避する事に繋がりますので、皆様の願い、祈りのお力添えをお願い致します。

また、どうか、御神事を続け行えるように皆様のお力添えの程も、どうぞ、お願いいたします。

比嘉良丸
比嘉りか

★:★:祈りの和インフォメーション★:★:

◆グアテマラ御神事お守り発売!◆

グアテマラでのご神事にマヤの聖地にてお祈りし、長老達にもお祈りをかけていただきました「マヤ・ツォルキン・ペンダント」グアテマラ産の黒翡翠で作られたペンダントトップです。自分自身のツォルキンをお守りにすることで、本来の自分が歩むべき道へと進みやすくなるでしょう!
詳細は下記写真をクリック
201211maya1-3

◆2013年新年のお守り予約開始!◆
毎年恒例の新年のお守り。今年もご予約承ります。
詳細は下記写真をクリック
sinnnenn

12月16日合同委乗り合わせのお知らせ

2012.12.15.18:28



〜〜〜12月16日(日)「全国合同祈り合わせ」のご案内〜〜〜

こころの架け橋では、毎月第三日曜日に日本全国、海外に至る全ての地域での祈り合わせを呼びかけております。
祈りというアクションから、多くの人が未来を真剣に考え、その想いをそれぞれの心にしっかりとどめる事により、人びとの行動が善き未来へと歩んでゆくのではないでしょうか。それこそが善き未来への道筋を成す大きな一歩であると私たちは考えます。

啓示で伝えられていることのひとつに、3.11以降の被ばくの危機があります。また、2013年は自然災害とともに福島と同様の事故が伝えられています。そこで、次に示している会場以外では、原子力発電所がこのまま何も起きないように祈りたいと考えています。福島以外で近くにお住まいの方は、原子力発電所に向って、祈り合わせをしていただくよう、お願いします。

現在定期点検中の原子力発電所は、次の通りです。
泊(北海道古宇郡泊村:3基)、東通(青森県下北郡東通村:1基)、女川(宮城県牡鹿郡女川町:3基)、福島第一(福島県双葉郡双葉町:2基)、福島第二(福島県双葉郡楢葉町:4基)、東海第二(茨城県那珂郡東海村:1基)、柏崎刈羽(新潟県柏崎市:7基)、浜岡(静岡県御前崎市:3基)、志賀(石川県羽咋郡志賀町:2基)、敦賀(福井県敦賀市:2基)、美浜(福井県三方郡美浜町:3基)、大飯(福井県大飯郡おおい町:4基、2基は運転再開)、高浜(福井県大飯郡高浜町:4木)、島根(島根県松江市:2基)、伊方(愛媛県西宇和郡伊方町:3基)、玄海(佐賀県東松浦郡玄海町:4基)、川内(鹿児島県薩摩川内市:2基)、もんじゅ(福井県敦賀市:1基)

さて、今月の合同祈り合わせは、次の要領で実施しますので、それぞれの会場へも足をお運びください。
また名古屋会場からは、比嘉さんの祈り合わせの模様を「祈りの和TV」で配信します。
祈りの和TVはこちら http://inorinowa.org/tv/

なお、12月16日は衆院選です。期日前投票を使うなどして、祈り合わせで投票ができないことがないようにしてください。

★今月の祈り合わせのテーマ★

『大地(ガイア)への感謝』

生命を育む大地、私たちはこの大地なしでは一瞬たりとも生きることができません。
今月の祈り合わせのテーマはこの大地への感謝とさせていただきます。
この星には深淵な宇宙からのエネルギーが降り注いでいます。そのエネルギーは時計回りで降り、反時計回りで大地から昇るエネルギーと結ばれ大きな循環を始めます。この宇宙からのエネルギーと大地のエネルギーを結ぶのが人間の役割のひとつでもあると啓示では伝えられています。大地への感謝と共に、天から時計回りで降り注ぐエネルギーと大地から反時計回りで昇るエネルギーが、自身の中で繋がり天地を結ぶ大きなエネルギーの和が出来上がる。そんなイメージを持ち祈り合わせをおこなっていただければ幸いです。イメージを思い浮かべる事が苦手な方は、心の中で“天地のエネルギーが私の中で結ばれて大きな循環を始めます“とささやいていただく事でもかまいません。



「日 時」  平成24年12月16日(日)午後1時から30分ほど

「内 容」

●地域の祈り合わせ発起人が全会場共通の祈りの言葉を奏上いたします。

●その後、ご参加下さいました皆さまテーマにそって独自の祈りを捧げてください。

●祈り合わせ終了後、ご都合がよろしければご参加の皆さま同士、親睦を深めて下さい。

「祈り合わせ開催会場」

※参加希望の方は、下記の各会場へ直接向かってください。ご予約や過去の参加実績など一切関係ございません。老若男女、誰もが自由に、いつでも気軽に参加できます。
お子様連れでのご参加も大歓迎です。

・・・東京会場・・・

●場所 瀧泉寺(目黒不動尊)(東京都目黒区下目黒3-20-26)
http://park6.wakwak.com/~megurofudou/top.htm
●交通 渋谷駅からバス、東急目黒線 不動前駅から徒歩10分位
●集合 午後12時50分 竜泉寺仁王門を入り正面左手にある独鈷の滝前にて
・黄色い旗を持った福島さん(男性)がお待ちです。

・・・神奈川第1会場・・・

●場所 茅ヶ崎城址公園 (横浜市都筑区茅ヶ崎東二丁目)
●交通 横浜市営地下鉄 ブルーライン グリーンライン センター南駅下車徒歩8〜10分(センター南とセンター北という駅がありますのでご注意ください。)
・駅改札を出て30メートル進むと右側にコンビニ、左側に大きな周辺地図があります。その地図の後ろの窓から見えるこんもりした林が茅ヶ崎城址公園になります。
 地図で道順を確認してください。どの道を通ってもおよそ10分です。
・自家用車の場合、公園に駐車場はありません。駅前・駅地下に大規模駐車場があります。
●集合 茅ヶ崎城址公園 中郭 午後12時50分
・紫色デイパックをしょった冨永さん(女性)がお待ちしています。
・駅から茅ヶ崎城址公園を見て、中郭にあがる階段は左側にあります。
●注意事項
・会場にトイレはありますが、常時有人管理の公園ではありませんので、駅改札内及び駅前バスターミナル地下の駐車場トイレのご利用をお勧めします。
・土日・祝日には、周辺の複合ビルの駐車場待ちの渋滞が起こる場合があります。電車のご利用がよいかと思われます。

・・・神奈川第2会場・・・

●場所 江島神社 (藤沢市江の島2丁目3番8号)
http://www.enoshimajinja.or.jp/
●交通 小田急線片瀬江ノ島駅、または江ノ島電鉄江ノ島駅から徒歩約15分
●集合  奥津宮 午後12時50分
・高橋さん(男性)がお待ちしています。

・・・新潟会場・・・

●場所 弥彦神社 (西蒲原郡弥彦村弥彦駅前)
・弥彦村観光協会案内マップ参照http://www.e-yahiko.com/kankou/kankou.html
●交通
・JR弥彦線弥彦駅
・関越道三条燕ICより13Km  国道8号線三条より15km
●集合 弥彦神社境内 午後12時50分
・弥彦神社の拝殿向かって右側に、「こころのかけはし  いのりの和」と書いた紙を持って田中さん(男性)がお待ちしています。

・・・富山会場・・・

●場所 櫛田神社 富山県射水市串田字大沢6838
http://takaoka.zening.info/Imizu/Kushida-jinja_Shrine/
●交通 ・電車&バス:JR越中大門駅→  射水市コミュニティバス&櫛田・大門経由小杉駅線(コミュ ニティセントー行き) 「JR越中大門駅」から乗車→「松原公民館前」下車→すぐ
・北陸自動車道小杉ICから車で約10分
●集合 櫛田神社駐車場 午後12時30分 軽く打ち合わせ後、正門から境内に入ります。
・車の窓に「こころのかけはし いのりの和」の紙を貼って、野坂さんご夫妻がお待ち です。
●注意事項
・雨天でも行いますので雨具(傘など)を各自ご用意ください。大雪の場合は中止しますので、各自で祈り合わせを行ってください。
・集合時間を15分過ぎた時点で神社正門から拝殿へ移動致します。
・時間に間に合わない方は、無理をせずに各自、途上のその場所から祈り合わせにご参加ください。

・・・名古屋会場・・・

●場所  熱田神宮
●交通
・名鉄本線神宮前駅下車 徒歩で10分くらい  地下鉄名城線神宮西駅または伝馬町駅下車 徒歩で15分くらい 。
・自家用車の場合は、東門、西門、南門にそれぞれ駐車場があります。
●集合 午後12時50分 熱田神宮内楠さん前(本殿と南門の中間で、蛇が住んでいる楠で有名です)。楠さんの前で中村さん(女性)がお待ちしています。

・・・静岡会場・・・

●場所 富士市岩本山公園山頂パノラマ展望台【富士市岩本字花立木1605】
●交通 新富士駅から車で約25分。JR富士駅から車で約20分。富士IC から車で約20分。
●集合 午後12時45分 富士市岩本山公園山頂展望台。
●注意事項 
・雨天の場合は中止しますので、各自で祈り合わせを行ってください。
・展望台は風が強いので、厚着をしてきてください。
・こころのかけはし祈りの和ののぼりを立てて金刺(かねざし)さん(男性)がお待ちしています。

・・・山中湖会場・・・

●場所 山中湖湖畔ファイアーセレモニーをした辺りhttp://www.kirarayamanakako.jp/contents/facility/#a00
●集合 午後12時50分 山中湖交流プラザ「きらら」の管理棟前
●注意事項
・駐車場は、「きらら」にもありますが、村外者は有料です(300円)。少し離れた湖畔などを探されてもよいかもしれません。
・白いマフラーをした丸山さん(女性)がお待ちしています。

・・・沖縄会場・・・
●場所  大国ミロク大社 沖縄県沖縄市八重島2-7-45 http://inorinowa.org/
●交通 琉球バス(TEL 098-863-2821) バス停 美里二丁目 より徒歩20分 。自家用車の場合、沖縄自動車道沖縄南インターチェンジより10分 駐車場あります。
●集合 午後1時 大国ミロク大社 お宮内 繋ぐTシャツを着た伊豆さん(男性)が、お待ちしています。

◇上記会場へのご参加が無理な方々は、ぜひ、ご自宅あるいは外出先などより、13:00から数分で構いませんので、「祈り合わせ」にご参加くださいませ。


◇より良き未来のために、「祈り」を合わせましょう

全国各地での合同祈り合わせも、未来への同じ想いをお持ちの方のご参加により、徐々にではありますが、その和を拡げつつあります。
今後も、各地に於いて祈りの和を拡げ、素敵な未来への流れを人の手でハッキリとした形に結びつけて参りたいと思います。
そして、お集まりの皆さまとの心の架け橋を繋ぎ、その地域での和を結んでいただければ幸いです。

よろしくお願い申し上げます。

こころのかけはし 祈りの和 青山修三

学びの和名古屋からの、ご神事報告と祈り合わせ放送のお知らせ

2012.12.14.18:00


韓国でのご神事を終え本日の午後、比嘉夫妻は無事帰国しました。
比嘉夫妻は明日の学びの和名古屋にて、啓示により急遽向かった韓国でのご神事の報告。そして、数十年前から伝えられている啓示の流れ、そして、先週末に開催された東京学びの和最中での啓示により変更されたご神事の流れ。その大まかなお話しを明日の学びの和名古屋の冒頭にてお話しさせて頂き、その後学びの和名古屋の会場から祈り合わせを開催させて頂きます。
この報告は多くの皆さまにご理解頂きたい報告となりますので、学びの和冒頭から祈り合わせ終了迄の模様を下記の祈りてれびにてネット放送させて頂きます。是非、多くの皆さまにご覧頂き、比嘉さんからの報告と祈り合わせへのご参加をお願いいたします。

祈りの和TVはこちら→ http://inorinowa.org/tv/


学びの和名古屋は日付が変わりまして午前0時まで予約受付を受け付けております。
詳しくは→http://kokucheese.com/event/index/61441/

文責:こころのかけはし 高橋 潔

緊急祈り合わせのお知らせ

2012.12.13.11:29

韓国にてご神事中の比嘉夫妻から連絡が入り、このあと日本時間午後12時より祈り合わせの依頼がありました。
政治、経済の混乱、自然災害が小難無難となりますよう。
直前でのご案内でありますが、12時丁度に始められない方は時間がずれても構いません。皆さまのいらっしゃる場所から祈り合わせにご参加頂けますようよろしくお願いいたします。
12/8の東京学びの和にて啓示がありました韓国の祈り合わせに関しましては、12月15日の学びの和名古屋にてご説明させて頂く予定です。

学びの和名古屋の詳細は http://kokucheese.com/event/index/61441/

皆さま、お忙しい時間ではありますが、お力添えの程よろしくお願いいたします。

こころのかけはし 高橋 潔

ご神事について

2012.12.10.16:51

こんにちは 比嘉良丸です

先日 今月から来年6月までの予定を報告いたしましたが、今月の御神事が変更がありましたので、改めて報告させていただきます

先日12月8日の東京勉強会の際に、勉強会中に啓示がおりまして、韓国への御神事を伝えられました。勉強会後に、改めてその啓示を伝えてきた存在や様々な存在に確認しましたところ、日本の選挙の投票日前までに韓国を訪れる意味があるということを伝えられましたので、急ではありましたが、ご神事にゆくことを決断いたしました。

先日の9日は、朝から夜の0時近くまでくちづたえ(個人祈祷)を行い、終了後、愛知県へ向かいましたが、途中、改めて房総半島と葛西臨海公園へゆくように伝えられました。
房総沖、犬吠沖にて起きる可能性の高いプレート型地震の事と立川断層の小難無難の祈りを強く指示されました事から、伝えられた房総半島と葛西臨海公園へと引き返しました。
本日、午前中から午後3時まで祈り、中部国際空港へ移動しております。
韓国へのご神事と帰国後すぐに続く、愛知での学びの和や口伝えがありますことから事前の移動となりました。

今回の韓国には、大きなポイントを3箇所考えており、また、実際に現地の方にもお聞きしながら、現地での御神事の場所を決めて行きたいと思います。
1つは、百済時代の首都をソウルも含めて何ヶ所かと聖地をお祈りする予定でおります
そして、2つ目、これも昔のしらぎの首都があった場所やその聖地を数箇所祈りをする予定でおります
3つ目は、北朝鮮との軍事境界線で、そこでも祈りをする予定でおります
希望としては、昔の高句麗のあった場所も祈りをしたいのですが、現代では、北朝鮮内になりますので今回は断念します。

明日、11日から14日まで韓国でのご神事を行い、14日に戻り15日名古屋で勉強会を行ないます
今回は、グアテマラでの話や啓示、ハープや地震の内容、そして今回の韓国の御神事のお話、啓示の話もお伝えしたいと思います。
まだ席に余裕があるということなので、皆様お誘い合わせの上 ご参加いただけますと幸いです
翌日16日は、名古屋でのくちづたえ(個人祈祷)並びに、祈り合わせの呼びかけをしております。
どうか、この祈り合わせに、皆様の真心のお力添えをお願い致します。
日にちが近くなりましたら、改めて呼びかけをさせていただきます。

この日のくちづたえ(個人祈祷)ですが、朝から夜までとなり、途中祈り合わせを行いながら、終了後は、協力してくださった方をお送りし、九州へと移動します。
九州へ向かいながら、関西、中国地方を祈り移動しながらまいりまして、18日の午前中に桜島、そして、福岡の志賀海のほうから自然災害の無難の祈りをさせていただきます。
19日に沖縄に一旦夫婦戻り、20日、私(良丸)が検査を受けます。
翌日の冬至の祈り合わせですが、こちらはできましたら、日本だけではなく外国でも祈り合わせを呼びかけようと思っております。このご連絡は改めて行ないます。

22日、私(良丸)が一人福岡に入り車を受け取り、大分からフェリーで四国の岬から入り伊方原発を祈り、四国を横断しながら淡路にて関西、関東へ祈りながら移動してゆきます。
25日まで本州を祈り、26日に富士の麓で祈りをし、御殿場に車を預け、26日中に沖縄に戻ります。
27日、母神誕生祭を行い、その後、年の暮に向けてご神事なります。

さて、27日の母神誕生祭と新年のお祈りに、今年一年、ご支援をしていただいた方々への感謝の祈りを行いたいと思います。
ご支援いただきました方々には、今年一年のお礼といたしまして、お宮で祈祷します御札のお守りと大晦日にお供えしたお米を健康長寿の意味を含めて1月にお送りしたいと思います。
こちらのお米は、ご飯を炊くときに食していただけますと幸いです

ご支援くださいましたの中には、住所がわからない方もおられますので、お手数をおかけしますが、お名前と干支、ご住所のご連絡をいただけますと助かります。
ご連絡先は、下記問い合わせへとお伝えくださいませ。

来年は、前回おつたえしましたように 久米島、先島、八重山の御神事を含めて行ってゆきます

この度は、皆様の真心のお力添え、ありがとうございます。
今後共、皆様のおちから添えよろしくお願い申し上げます。

比嘉良丸
比嘉りか

<ご連絡先>
inorinowaorg1

★:★:祈りの和インフォメーション★:★:

◆グアテマラ御神事お守り発売!◆

グアテマラでのご神事にマヤの聖地にてお祈りし、長老達にもお祈りをかけていただきました「マヤ・ツォルキン・ペンダント」グアテマラ産の黒翡翠で作られたペンダントトップです。自分自身のツォルキンをお守りにすることで、本来の自分が歩むべき道へと進みやすくなるでしょう!
詳細は下記写真をクリック
201211maya1-3

◆2013年新年のお守り予約開始!◆
毎年恒例の新年のお守り。今年もご予約承ります。
詳細は下記写真をクリック
sinnnenn

◆12月15日(土)13:00-16:00 今年最後の「学びの和」@名古屋開催です!◆
詳細・ご予約はこちらから。
syousai.jpg

製造部便り

2012.12.10.09:00

賛助会の皆さま、ご支援いただいております皆さま、
いつも真心のお力添えをいただきまして
まことにありがとうございます。

この場をお借りいたしまして恐縮でございますが、今年1年お世話になった方々へ
感謝の気持ちをお伝えさせてください。

今年1年、本当にありがとうございました。

11月の「プロジェクト つなぐ未来 賛助会」、被災地支援となります「ニライカナイの焼き塩」の発送を無事終えました。
今月は、企画商品となっております「海の恵み ミラクル3点セット」ご購入が1件
「新賛助会」のほうに1件、3口の申込みがありまして、合計1,004個の焼き塩を送らせていただくことができました。

このような、活動が続けていけますのも賛助会の皆さま、ご支援いただいた皆さま、
ご協力いただいている皆さまのおかげさまでございます。

●来年より、毎月3000個の「ニライカナイの塩」を無償提供へ!

来年1月からは、「身体への放射能の影響、被害をより軽減させる必要がある」との啓示より、「祈りの和」にできることとしまして、これまでの3倍にあたる月3000個の「ニライカナイの塩」提供を、必要としている方々に届けようと考えております。

これからもさらなる皆さまのご理解、ご協力、ご支援のほど、どうぞよろしくお願い申し上げいたします。

●塩麹、開発プロジェクトも始動へ!

また、製造部といたしましては、比嘉良丸の啓示より、さらなる「デトックス効果」を求めた品物といたしまして、「薬用石鹸」、「塩こうじ」、「薬用塩」の商品開発に取り組む運びとなりました。
現在、いのちの和の一環であります「食の和」の有志の方々に、薬草のご意見や苛性ソーダを使わない「薬用石鹸」、「塩こうじ」、「薬用塩」の試作品づくりに取り組んでいただいており、沖縄のほうでも、「マスクフィルター」でお世話になっております、麻福さんよりご提供いただいておりました麻チップを燃して灰をとり、それを石鹸作りに使用できないかなど、さまざまに検討を進めております。
こちらの新商品開発の進行状況も、追って製造部便りにてご報告させていただきます。

最後のなりますが、これまで福島県への被災地支援にてお世話になりましたREIKOさんが、先月でございますが新刊書籍とCDを発売されました。
詳しくは、インターネット http://reikoworks.com/hikarulandpark/ をご参照くださいませ。

皆さま、良いお年をお迎えになさりますよう、心よりお祈り申し上げいたします。


CA3I0920 (1)
沖縄本島、東にあります浜比嘉島の聖地「比嘉グスク」より東方の海を望む。
「ニライカナイの焼き塩」は、ここの沖の海水を汲み使用しています。


こころのかけはし祈りの和
製造部 スタッフ
伊豆 修


啓示について

2012.12.07.13:50

大国ミロク大社の比嘉良丸です。

今年の残りと、来年の予定を少しお話しさせていただきます
現在、大まかに私に啓示で伝えられていることは、何度も繰り返してお話ししておりますが、一つは昨年の3.11以降におきている放射線の体内外汚染に関してです。
特に成長期のお子さんから20代までの男女、若い方々、幼い子供達の被曝の危険を強く伝えられ続けており、その事に関して、国や学会、そういった機関から安全だという指摘がされ、本当の意味での放射能に関して汚染に関して、なんら対応対策がなされていない事に対してもその危機を伝えられています。
現状が続く事に対して、子供達、若い人たちの人体に大きな影響をもたらしているだろうということを強く伝え続けてきています。
それと、経済や政治の混乱です。
これは国際的な経済そして、政治的な混乱が起こり得る状況であるという啓示と、そこに、リンクしての日本と中国との関係の悪化、戦争、そこに至ると、実際に日本と中国との衝突、軍事的な衝突。この事が現実に起きた場合、拡大して台湾を巻き込み、フィリピンから東南アジアまでまきこむ形になりかねません。そして、韓国と北朝鮮、ロシアといったアジア全体での紛争が高まり、最終的には第三次世界大戦まで進むとという啓示があります。

更には、感染病、それと広く自然災害とを含めて伝えられております。それらの小難無難となるように御神事を行っております。

順番的に言いますと、自然災害、地震、津波、火山、噴火、異常気象といった自然災害がおき、次に経済や政治の混乱が始まる。
日本では、自然災害からの新たな原子力発電所の施設の福島同様の臨界事故がおき、そして、現在起こっている臨界事故の放射能の汚染の増大から、政治的、経済的な混乱が起きる。
自然災害の混乱に乗じて巻き起こる、隣国との領土問題も含めた衝突へと繋がり、それが、最終的には大きな大戦に繋がるという啓示が伝えられ続けており、その啓示に基づき、小難無難となるように御神事をおこなっております。

最終的な状態にまで至ると、実際、細菌兵器を使われる人為的なものや、自然界の自己防衛的に起こしうる伝染、感染病の脅威と。不安を言えば、きりがないぐらいの不安があります。

実際にこれまで歴史上に起こってきた流れの中で、いくつかの災いが重なった結果として大きな文明や大きな文化が失われ、新たな時代を創るという事が何度も繰り返されてきました。

しかし、近年にもし同じような事、自然災害や臨界事故、そして、戦争や感染伝染病といったながれが起きますと、過去の歴史とは違い、本当に地球破滅、死滅に繋がる大きな問題となると伝えられてきています。
そのような事になれば、全ての生命の存続に関わる事になります。
ですが、こういった一連の流れを、現状のまま、変化が無ければ迎える未来として私の中で、啓示的にビジョン的に何度も見せられ、なんとかそれを回避する為に御神事を行っております。

見せられているその先を変化させてゆく為に御神事を行い、行うことにより啓示の変化があり、その都度、常に御神事の行程の変化や御神事自体も変化し、変化の度に仕組みを組み立て変えながら、常に御神事を行ってゆく続けてゆくという事が重要となっております。

さて、帰国後の御神事の流れをご報告させていただきます。
先日11月の30日にグアテマラの御神事から帰ってまいりました。
グアテマラでは、様々な啓示が伝えられてくる中で、それらを確認しまして、伝えてくるその内容を受け止めてまいりました。
そして、日本に着いた翌日12月1日は、千葉の内陸部にて自然災害を含め集中的に祈りをさせていただくために、外部との連絡を一切断ち切り、祈りに集中するという御神事を致しました。
内容は改めて、勉強会や色々な形で報告させていただきます。 

1日は集中的な祈りをし、2日午前中は、今回沖縄巡礼で来られた方のシェアを午前中行い、午後からは、一般社団法人こころのかけはしの今後のあり方の相談打ち合わせとなりました。
そして翌日、本来歯医者に行く予定でしたが、変更し、東京湾でのお祈りをし、そのまま一気に北海道に向かいました。
北上しながら、所々祈りをし、翌日、北海道に渡り、北海道旭岳に向かいましたが、途中、情報を確認したところ、旭岳のロープーウェイが定期工事点検中のため運営してないという事から、急遽黒岳の中腹にロープーウェイで行きお祈りに変更し移動いたしました。
しかし、進んで行きますと、黒岳も、突風や風が強い為にロープーウェイが運休しておりましたので、黒岳の麓、そして旭岳の麓にて祈りをし、その足で戻り、移動しながら、8日の勉強会に向けて南下をしながら祈りをしている状況でございます。
8日に勉強会。9日の個人祈祷をかなり遅くまで行いました後、10日から一気に桜島まで行く予定です。
桜島へ行きながら九州を何ヶ所かのお祈りと、九州にゆくまで、関東、関西でも祈りをし、中国地方山口県辺りで祈りをし、九州に渡り桜島を祈りした後、大分から四国に渡り、四国を上り淡路から神戸に入り、そこから、15日の学びの和愛知に入る予定です。
愛知では16日の個人祈祷の合間に、祈り合わせを行う予定でございます。
この間、私の中では、本来避けたかった今年度中の国会の解散が実際に行われ、16日日曜日は、投票日となっております

この解散のこともあり、急遽北海道から九州、本州、四国と回り、どのような政治、政党が勝とうとも、未来に国の本当に良い方向へ平和の方向へ流れ、安定、平穏、平安、平和の中で国民、世界中が善き方向へ進むように、どの政党が勝とうとも良い方向に行くようにという祈りを行っております。

それと同時に、自然災害も油断できないという事から、自然災害の小難無難の祈りも一緒に祈り合わせに込めたいと思います。
自然災害の小難無難に関しましては、関連しての伝染病、感染病の拡散の小難無難も含まれます。
私のブログを数年間見ていただいている方は、何度か見聞きしたと思いますが、毎年12月北海道に足を運び、感染病伝染病拡散の小難無難に対し祈りをしております。

今回も、感染伝染病の小難無難の祈りも含めて北海道、九州、本州、四国を祈り回ってもおります。
同時にすべての施設は回れませんが、原子力発電所の臨界事故や様々な災いからの回避の祈りを16日まで全国を周り行います。

これらの祈りの内容の祈り合わせの呼びかけを16日に行いますが、各勉強会の時間の中でも出来たら生放送を使い皆様に祈り合わせを呼びかけようとも思っております。善き未来を願い、投票日に向けて祈り合わせをするという流れです。

その後、20日に長年病院の検査を怠っていたため、20日に私は本格的な検査を行います。
検査が終わった翌日は冬至となり、今回グアテマラ、マヤの予言とうことを騒がれきました2012年12月21日であり、この日は、冬至にあたります。
この日は、御宮にてお祈りをしようかと思っております。
そして、その後、沖縄巡礼の日程を組んでおりますが、巡礼を取りやめて、今自分達の抱えています仕事を22から25日まで事務的な仕事を行おうと思っております。
27日は、今回11月15日の艮祭りにて、改めて再開するようにと言われました日、旧暦11月15日になります。
以前は、海山祭りと書いてかいざん祭と称して行っておりましたが、一時期行っておりませんでした。
ですが、改めて今度は艮金神様が、お守りする天岩戸。私達の聖地の中でも重要な一番大事な聖地になりますが、その天岩戸に、2008年に姿を現しました母神様の母神像が表に現れた記念として、母神誕生祭と名前を改めて、初の大祭として祈りをさせていただきます。
その時に大きく皆様にも祈り合わせの呼びかけをさせていただきます。

暮れの12月31日の大晦日から新年にかけての祈り、そして、新年の2、3日の祈りをさせていただきます。
祈りをさせていただきました後、7日、8日、9日と、最初の日は6日か7日からになると思いますが、沖縄本島から 西に300kmぐらいでしょうか、飛行機で久米島に渡り祈りをさせていただき、戻りって来て、沖縄巡礼を行い、1月の16日、17日あたりから10日から2週間を沖縄本島の台湾が本当に肉眼で見えます一番の最西端であります与那国、そして、その手前であります、八重山諸島、石垣島から始まって西表の各島々を渡り祈りをし、宮古島まで渡って祈りをします。
そこから本島に戻り、沖縄本島の祈りをした後、2月6日の節分祭を迎え祈りを行います。
その後、今度は、沖縄本島から東へ約500kmでしょうか北大東南大東島を祈りをしにゆきます。
また、琉球王朝時代の北琉球列島でありました、奄美、喜界島。そして、徳之島、沖永良部、与論島に祈り回ります

2月19日までに沖縄本島を中心に北琉球列島、現在の奄美諸島、南琉球列島の与那国から八重山、宮古、そして、西の久米島、東の大東島とまわります。
2月19日、この日は、私が啓示にて伝えらえている第一回目の中国との衝突を伝えられている日となります。
この日までに、上記の各場所の御神事を終えておくように行動してまいります。

それは、沖縄本島を中心に琉球列島を地十字をかけた祈りを行う事になり、これは宇宙にたとえますと、沖縄は唯一日本列島で南十字星が見える島々を抱えた県であります。
南十字星は、御神事では天の母の印と受け取ります。その天の南十字星が見える琉球列島で、島々をまわり、地上の南十字星を祈りかける事によって、南十字星を大地に現すこととなり、その結びが地上に天の鏡として地上の南十字星が結ばれ、祈りかけることにより、命を生み出す、命を育む、そして、愛しむ、育てるという役目の命の循環を司る母なる命を生み出す、母の力を現る事になります。
この御神事を行う事によって、多くの命を失う戦争、争いが起きる事が無いように、命の大切さを忘れないように、失うことが無いようにといった事に繋がります。

この御神事を持って、2月19日に伝えられております中国との衝突を避けようと御神事してまいります。

2月の末から3月にかけては、次に韓国、北朝鮮を含めた朝鮮半島と日本。韓国、北朝鮮の緊張や日本との緊張、衝突を避けるため、九州から対馬を経て韓国を祈りします。
北朝鮮まで行けなくとも、軍事境界線まで行ければと考えています。
そして出来たら、本当は、百済、新羅の首都と言われていたところまで行きたいのですが、新羅の首都がどこにあったのかもう一度調べて、韓国の祈りの旅を行います。
戻ってきてからは、フィリピン。これは、フィリピン海溝プレート、火山を含めての祈りではございます。また、もう一つは、日本とは直接関係はありませんが、南南沙諸島です。この場所は、中国と沖縄の尖閣列島と同じ問題を抱えている場所でもあります。
フィリピンや南沙諸島、ベトナムといった場所で中国との領土問題の緊張が走り、そこから中国との衝突が始まっても日本へ大きな影響が起きる為、中国との衝突を避ける為の祈り、平和の祈りを行うように強く伝えられています。
今回、一連の啓示により、ベトナム、カンボジア、タイ辺りまでその3か国への祈りが4月5月あたりまでに行わなければならないと強く来ております。
その後には、グアムも強く啓示にて伝えられております。
グアムは沖縄本島に在ります米軍基地の移動先として、グアムに決定しておりますが、それも後に、これからの将来にかける軍事衝突を含め、平和的な流れを創る為に、グアムに行かなければならないと啓示が来ております。

一連の流れですが、12月15日までの流れとしては、北海道、本州、九州、四国を縦断しての祈り。そして、年明けて、1月から2月にかけての沖縄、琉球列島の南琉球列島、与那国から八重山、宮古、そして、西の久米島、東の北大東、南大東島、北琉球列島の奄美諸島、奄美、喜界島。それらを周りながら、また、奄美、喜界島などは、フェリーで沖縄本島から与論から遡りながら祈りをしてまいります。
それが2月18日{旧1月8日}までに終える御神事です。
2月から3月は、九州から対馬列島を経て、韓国への御神事。
戻りはフェリーで、九州ではなく、日本海側の福井でしたかへの戻りになるかもしれません。
そのような流れで祈りをした後、次は、フィリピン4月、そして5月に、タイ、ベトナム、カンボジアとっいた東南アジアの祈りとグアムを5月6月までに行うようにと御神事を常に言い伝えられております
それらを、来年の6月までに行うことにより、アジア全体の平穏と自然災害、政治経済の安定、そして紛争、衝突の回避、そして、原子力発電所の臨界事故や化学工場の事故の回避、そして、伝染感染病の回避といった類の大きな御神事になります。

これらの御神事を行いますが、祈りの中で自然災害といった類の祈りを出来る限り尽してまりいます。
それを行ってゆく意志と体力はございます。
ただそこで皆さんに一つだけご理解していただきたいのは、やはりそれをやり遂げる為には、皆様のお力添えとご支援が無ければできないというのも事実でございます。

本当に何度も、申し訳ございませんが、成し遂げる為にも今後とも皆様のお力添えもいただけますと幸いです。

もう一つ、皆さんも耳を塞ぎたいと思いますが、昨年の3月に臨界事故が起こってから、今年も年が明けようとしております。来年3月には2年を迎えますが、実際に臨界事故での放射能汚染に対して、国や各機関が、本当の意味でその放射能の安全性を理解し、その対応対策を本当にしているのかと、私の中では本当に理解できません。
私に伝えられてくる啓示では、放射能汚染から子供たちが病気にかかり、倒れてゆくというビジョンが日に日に強くなっております。

今、日本全国で原子力発電所の廃止の声が高まっている中、まず、原子力発電所を無くすこともすごく大事な事でございます。しかし、現実に起こった臨界事故では、放射能汚染から子供や若人を守るということが最優先事項であります。

それを私の祈りや皆様と共に行う祈り合わせといった祈りだけでは解決できません。
 
やはり、自分自身の子、孫を救うには、特に小さなお子さんを守るには、親御さんの意識が重要になってきます。

見ざる、聞かざる、言わざる、では子供達は守れません。
親御さん、そして、自分自身の意識を持って、放射能汚染から子供達をどうか守っていただきたい。
それが出来るのは、祈りだけではなく、本人達、そして、小さなお子さんを守るのは、その親御さんが、中心になって行ってゆかなければ、国やそういった類で保障してくれるのは期待できません。
どうかそこのところを理解していただき、お子さんたちを守る為にも、もう一度意識を現状を認識していただき、最低限放射能汚染から自分の身を守るといった行動。それは体内外の汚染から身を守るという事を行っていただきたいと思います

今回は一連の大きな流れをお話しさせていただきましたが、本日の東京での「学びの和」、そして15日の名古屋での「学びの和」で出来るかぎり伝えられるところは伝えるようにと思っております。
どうかよろしくお願い申し上げます

比嘉良丸
比嘉りか

★:★:祈りの和インフォメーション★:★:

◆グアテマラ御神事お守り発売!◆

グアテマラでのご神事にマヤの聖地にてお祈りし、長老達にもお祈りをかけていただきました「マヤ・ツォルキン・ペンダント」グアテマラ産の黒翡翠で作られたペンダントトップです。自分自身のツォルキンをお守りにすることで、本来の自分が歩むべき道へと進みやすくなるでしょう!
詳細は下記写真をクリック
201211maya1-3

◆2013年新年のお守り予約開始!◆
毎年恒例の新年のお守り。今年もご予約承ります。
詳細は下記写真をクリック
sinnnenn

◆沖縄巡礼開催!!◆

12月今年最後の沖縄巡礼を行います。
比嘉良丸、りかが、沖縄の聖地をご案内させていただきます。
聖地のエネルギーを直接感じませんか。
詳細、お申し込みは下記をクリック
syousai.jpg

◆12月8日(土)12:30-16:00 今年最後の「学びの和」@東京開催です!◆

詳細・ご予約は下記をクリック
syousai.jpg


◆12月15日(土)13:00-16:00 今年最後の「学びの和」@名古屋開催です!◆
詳細・ご予約はこちらから。
syousai.jpg

日々の祈り

2012.12.06.15:50

新暦12月6日(旧暦10月23日 亥)

いつも真心のお力添えありがとうございます。
本日は、北海道に渡る前に立ち寄りました十和田湖にて伝えられた言葉をお伝えさせていただきます。

十和田湖

今 時の流れの中
人の子の意識 意思 考え 行動が問われている
どうしてもそこから 動くことが出来なければ
また 同じように 繰り返しが始まろう
どこから どこまでをよしとするか
どうやって その巡りから 変更できるか
今 問われている
そのような時である事を 
忘れるな


今回伝えられた言葉についてですが、環境についても、世の中について、そして、今の政治についても伝えられている言葉ではないかと感じました。
漠然と思うだけと、意識して考えているのとは、そのチャンスが来た時の行動に変化がきます。
巡りから変化出来るかという事は、変化のタイミングが来たら動くという事でもあると思いますし、しっかりと意識をしておきなさいという事でもあると思いました。
相変わらず何をどうという具体的な事は伝えられてきませんが、これは、以前もお伝えしましたように、その人その人の立場や環境が違う事から一概に何を行動するという事が言えないからではないかと感じます。
出来る事を行う。それは、一人一人が忘れてはいけない事で、また、心に留めておくことなのかもしれません。
どうやったら、変える事が出来るのか、その事を考え事を忘れなければ、その誠実さに応じ、変化の答えへと導いてくれるのではないでしょうか。

皆様はどのようにお感じになられましたでしょうか。
私の解釈は一つの参考として受け止めていただけますと幸いです。

比嘉良丸
比嘉りか

★:★:祈りの和インフォメーション★:★:

◆グアテマラ御神事お守り発売!◆

グアテマラでのご神事にマヤの聖地にてお祈りし、長老達にもお祈りをかけていただきました「マヤ・ツォルキン・ペンダント」グアテマラ産の黒翡翠で作られたペンダントトップです。自分自身のツォルキンをお守りにすることで、本来の自分が歩むべき道へと進みやすくなるでしょう!
詳細は下記写真をクリック
201211maya1-3

◆2013年新年のお守り予約開始!◆
毎年恒例の新年のお守り。今年もご予約承ります。
詳細は下記写真をクリック
sinnnenn

◆沖縄巡礼開催!!◆

12月今年最後の沖縄巡礼を行います。
比嘉良丸、りかが、沖縄の聖地をご案内させていただきます。
聖地のエネルギーを直接感じませんか。
詳細、お申し込みは下記をクリック
syousai.jpg

◆12月8日(土)12:30-16:00 今年最後の「学びの和」@東京開催です!◆

詳細・ご予約は下記をクリック
syousai.jpg


◆12月15日(土)13:00-16:00 今年最後の「学びの和」@名古屋開催です!◆
詳細・ご予約はこちらから。
syousai.jpg



今年最後の学びの和東京のご案内です。

2012.12.05.21:51

・・・学びの和東京開催のご案内・・・・・・

12月2日(日)に都内にてこころのかけはしの運営会議が開催されました。
その日の良丸さんの顔つきはいつに無く険しく、言葉の端々に並々ならぬ決意を感じるところがありました。

グアテマラでは期待する応えが得られなかったのか?その様に想像したのですが。その後の話しを聞くとさに在らず、一筋の光明を手にして帰国したようでした。

しかし、それはあくまでも一筋の光明であり、それを確かなものにかえるのはこれからの行い次第でもあるらしいのです。
その事を現したのが、良丸さんの険しい表情であり、言葉つかいの理由でした。

この原稿を打つその時も、比嘉夫妻は関係者との連絡さえも遮断してご神事に集中しています。今頃は、本州の何処かを北から南下しながら各地にて祈りの巡礼をしている事と思います。
会議での、その険しい顔つきからは、諦めでは無く希望を掴むための力強い決意を感じました。

東京では今年最後の開催となります学びの和が今週末の8日(土)に開催されます。

グアテマラにて手にした光明とはどの様な事だったのでしょうか?私自信も詳細は伝えられておりません。当日、どの様なメッセージが聴けるのか。まだ、20名様程のお席がございます。また、比嘉夫妻のご神事を支える為にも、皆様のお越しをお待ちしております。

尚、今回より始めての試みとして、入場時に参加費を領収させて頂きます。これは、今迄の開催を通じて、参加費のお支払いをうっかりとお忘れになる方がいらっしゃった関係で、皆様への公平を期すために今回よりこの様にさせて頂きます。尚、従来通り講演をお聞きになり、比嘉夫妻の活動にご賛同頂けます場合は、お帰りの際にラブオファーをお受けいたします。

また、事前予約の方の入場後に当日受付もさせて頂く予定ですが。その場合、立席参加または、入場頂けない場合もありますので、事前申し込みをお願いいたします。

参加申込書や詳細は下記をご参照下さい。

http://kokucheese.com/s/event/index/60810/

・・・グアテマラからご神事ツアーの一場面・・・・・・

約半年ぶりのドン・アレハンドロさんとエリザベスさん。お元気そうです♪
IMG_2008-3.jpg

山中湖でみたセレモニーの炎と同じ、とてもあたたかな炎。
IMG_1984-3.jpg

マヤのピラミッドも間近に見るととても大きいのですね。
IMG_2298-3.jpg

祈りの旅は終わる事がありません・・・
IMG_2305-3.jpg




写真:こころのかけはしいのちの和 町田 光
文責:こころのかけはしいのちの和  高橋 潔

日々の祈り

2012.12.04.15:33

新暦12月4日(旧暦10月21日 亥)

いつも真心のお力添えありがとうございます。
本日日々の祈りの際に伝えられました言葉をお伝えさせていただきます。

大地の声を聞け
聞こえないものはいないであろう
気候の変化と
作物の変化
天候の変化
環境の変化
自然の変化を
分からぬものは
いないであろう
そこをそのままにするのか
しないのか
共に命を育んでゆくためには
何ができるのか
共存する一つの命として
考え行動するがよい


北海道にいるからでしょうか。大地の力強い印象を受けました。
雪に埋もれていますが、この下では、春の為の命を育んでいます。
大地の声を聞けとよく伝えられていますが、本日は、その意味を少し教えてくれました。
自然環境の変化というものも一つの大地の声であるということです。
私達の日常の中で、気候の変化や環境の変化は気づいているものではあります。でも、何か変だねで終わってしまう事が多いかもしれません。
本日伝えられていたのは、変だねで終わらせてはいけないという事を伝えてきていたと思います。
様々な状況は、地球や大地が訴えてきている一つの手段であり、そこに気づいたのであるなら、どうか、考えて、何か策を行動をして欲しいという訴えであると伝えてきているのではないかと感じました。
あまり深く考えずに終わらせてしまうことが多いかもしれません。でも、この地球上に生きている人間という一つの命として、共存している多くの命に対し何か変だねで終わらせてはいけないことが起きていることを伝えてきているのではないかと感じました。
すぐに行動が起こせる方もいるでしょう。すぐに行動を起こせなくても、今、何が起こっているのか気にしておくことや、何ができるかと考える事によって、行動に移す時がきたら、すぐにでも行動できるのではないでしょうか。
また、伝えられていた言葉には、何も考えず、何もしないといった状態を脱して欲しいという願いが込められていると感じました。

皆様は、どのようにお感じになられましたでしょうか。
私の解釈は、一つの参考として受け止めていただけますと幸いです。

さて、現在、北海道を移動しております。
旭岳を予定しておりましたが、ロープーウェイの点検の為に、本日は上がれないそうで、急遽、黒岳へと変更して移動しております。
昨日から北海道へ上がる間も、夫には、啓示が伝えられ続けております。

今回、12月の投票日の16日までに北海道、本州、九州、四国と日本列島を御神事を行え、2月19日まで、奄美を含めて琉球列島を廻る事ができますのは、本当にありがたいことであり、皆様のご支援がなければ、叶うことではありませんでした。
その後の韓国の御神事も含め、執り行うことが出来る様に努めてまいります。
皆様のご支援とお力添えに対して、私達ができますのは、自分の出来る御神事を精一杯行い、皆様と共に、すべてのいらない災いを回避し、善き未来への礎を作り上げることです。
皆様から頂きましたご支援やお力添えに対し、私達自身、全身全霊でご神事を行うことが、皆様への感謝の意思表示であると思い行ってまいります。

本当に心から感謝申し上げます。ありがとうございます。

比嘉良丸
比嘉りか

★:★:祈りの和インフォメーション★:★:

◆グアテマラ御神事お守り発売!◆

グアテマラでのご神事にマヤの聖地にてお祈りし、長老達にもお祈りをかけていただきました「マヤ・ツォルキン・ペンダント」グアテマラ産の黒翡翠で作られたペンダントトップです。自分自身のツォルキンをお守りにすることで、本来の自分が歩むべき道へと進みやすくなるでしょう!
詳細は下記写真をクリック
201211maya1-3

◆2013年新年のお守り予約開始!◆
毎年恒例の新年のお守り。今年もご予約承ります。
詳細は下記写真をクリック
sinnnenn

◆沖縄巡礼開催!!◆

12月今年最後の沖縄巡礼を行います。
比嘉良丸、りかが、沖縄の聖地をご案内させていただきます。
聖地のエネルギーを直接感じませんか。
詳細、お申し込みは下記をクリック
syousai.jpg

◆12月8日(土)12:30-16:00 今年最後の「学びの和」@東京開催です!◆

詳細・ご予約は下記をクリック
syousai.jpg


◆12月15日(土)13:00-16:00 今年最後の「学びの和」@名古屋開催です!◆
詳細・ご予約はこちらから。
syousai.jpg



帰国しました

2012.12.03.16:54

新暦12月3日(旧暦10月20日 戌)

大国ミロク大社の比嘉良丸、比嘉りかです。
無事、30日にグアテマラの御神事から帰国致しました。

翌日の12月1日にかけて、千葉の内陸部のご神事に集中させていただきました。
そして、2日は、今、こころのかけはしの実行運営のあり方を模索しながら、打ち合わせを東京にて朝から、夜10時過ぎまで行っておりました。
本日は、改めて午前中、東京湾をお祈りさせていただき、その後、夜通し移動し、明日中には、北海道まで上がる予定でおります。
明日、9時に函館に到着しレンタカーを借り、函館から6時間走らせ旭岳には、16時前後の祈りになるかと思います。そのあとに、函館へ戻り、5日のフェリーで青森に入り青森を祈り、南下しながら8日の東京勉強会、

9日個人祈祷を行い、その後、鹿児島までゆく予定です。
九州、四国を廻り、15日の愛知の学びの和と個人祈祷を行い、17日に富士の麓で祈りをして、18日に沖縄に戻ります。

12月16日の投票日までに、北海道、本州の青森、関東、関西、本州の山口県、九州、愛知で祈りを行い、政治の行方の良き方向への祈りと、12月に自然災害が起こりうるという啓示に基づいての無難の祈りと、年明けて経済の混乱という啓示に対しての無難の祈りをいたします。
本州での今年最後の祈りは、17日の富士の麓の祈りとなります。
その後は、18日に沖縄に戻り沖縄での祈りとなります。

19日に休み、20日に検査があり、21日冬至の日には、政治経済、自然災害の無難の祈りを行いたいと思います。

この度、グアテマラにゆきます際に、私のメッセージを書き起こしていただき、ブログなどでお伝えさせていただきました。
本日皆様のご支援がありました事を確認する事ができました。
ありがとうございました。
皆様のお力添えがあり、1月の7、8、9日に久米島。16から1週間か10日夫婦で、与那国、八重山諸島、宮古島へのご神事を行う事ができます。
これも、ひとえに皆様のおかげでございます。戦争へ流れる悪い流れを、回避するための御神事を行う事ができます。本当にありがとうございます。

皆様のお力添えがあり、御神事も改めて、12月日本列島のお祈り、そして、1月から2月にかけて沖縄本島を中心に先島から大東、奄美と日本、沖縄列島をお祈りする事がなんとかできることとなり、本当に感謝申し上げます。

また、2月から3月にかけて、大東島とフェリーで奄美列島を祈りし、鹿児島から福岡に入り韓国までのご神事を行おうと考えております。

2月19日までになんとか、沖縄を中心に、旧北琉球列島、南琉球列島、北南大東島、久米島を廻り、戦争を回避するための祈りを収めることが可能ではないかと兆しが見え、本当に、ありがとうございました。

移動行程はかなりのハードスケジュールではありますが、自分のできる事は全てやりつくそうと思っております

今後共、ご支援の程を賜りますようお願い申し上げます。

重ねまして、皆様のお力添え心より感謝申し上げます。
ありがとうございました。

比嘉良丸
比嘉りか
情報サイトリンク

◆地震情報《気象庁》
◆火山情報《気象庁》
◆台風情報《気象庁》
◆警報・注意報《気象庁》
◆海外の地震情報《JIS》
◆マーケット情報《ロイター》

イベントのお知らせ
最近の記事
関連サイト
検索フォーム
年別アーカイブ
携帯用QRコード
QR