お知らせ

2013.03.29.11:02

新暦3月29日(旧暦2月18日 午)

いつも真心のお力添えありがとうございます
本日、11時から夫より、ネット中継にて、富士の御神事を行う意味とその流れについてお話しさせていただきます。
お時間のあります方は、ご覧いただけますと幸いです。

中継先:祈りの和TV
icon1-8.jpg

比嘉りか


日々の祈り

2013.03.28.10:30

新暦3月28日(旧暦2月17日 巳)

いつも真心のお力添えありがとうございます
日々の祈りの際に伝えられました言葉をお伝えさせていただきます

日々の繰り返し
日々の繰り返し
しかし その繰り返しも
大切な事あり
積み上げ 積み重ね
その先に 形や形とならずとも
うまれるものあり
大切なことぞ
大切なことぞ


本日は、夫の精密検査の為、御神事は一旦お休みになりました。
明日以降、改めて出発となります。
数々の聖地にて伝えられている言葉は、意味深いものでありました。改めまして皆様へとお伝えできればと考えております。

本日も、日々の祈りのお力添えの程をよろしくお願いいたします

比嘉りか

日々の祈り

2013.03.27.09:45

新暦3月27日(旧暦2月16日 辰)

いつも真心のお力添えありがとうございます
日々の祈りの際に伝えられました言葉をお伝えさせていただきます

日々の中において
つらき時も
くじける時も
その中にて 気づことあり
人々の心
揺れ動くけれども
大切なこと
忘れることなく進みゆけば
その道筋
開き繋ぎゆくことできようぞ


本日、雨が降っていること、また、明日、一旦お休みになり、その後また改めて沖縄本島内をご神事に回りますことから、今日は、お宮にて今回御神事にて伝えられている内容を改めて確認し、明後日以降のご神事に繋ぎ行きます

本日も日々の祈りのお力添えをどうぞよろしくお願い申し上げます

比嘉りか

日々の祈り

2013.03.26.09:30

新暦3月26日(旧暦2月15日 卯)

いつも真心のお力添えありがとうございます
日々の祈りの際に伝えられました言葉をお伝えさせていただきます

間違ったと思ったならば
修整すればよい
逃げではなく
深く確認し
違ったと思えば
修整すればよい
それが道の直し
道を正すの意


昨日は、山の頂上にある聖地へ行きました。
母の時代に啓示があり開いた聖地ですが、山の頂上という事や舗装されている道ではなく、獣道のような場所でもある事から、あまり人が行きません。その為、草を刈りながら、記憶をたどりながらの歩みとなりました。
その為時間がかかりましたこともあり、本日も、東の聖地へとまいります。

本日も、真心の願い祈りのお力添えを頂けますと幸いでございます。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

比嘉りか

日々の祈り

2013.03.25.09:36

新暦3月25日(旧暦2月13日 丑)

いつも真心のお力添えありがとうございます
日々の祈りの際に伝えられました言葉をお伝えさえていただきます

繋がる 繋がる
一つの循環
巡り巡って 
足元に
訪れる日には
また 繋ぎゆこうか
繋がる 繋がる
一つの循環
この星と共に
命のかけらと共に
在りましょう


3月20日春分の日、午前中、賛助会の皆様ならびに昨年のお守り購入者の方へお呼びかけしまして返送いただいたお守りのお焚き上げを行い、午後は、沖縄御神事として御宮の周辺、聖地傘軸、東の御嶽、御神体発祥地、御宮とお祈りを致しました。翌日より母の代から神子(みこ)として御神事されていました方々を含め総勢8名で出発しました。
21日には、首里周辺の聖地、御嶽を6カ所、22日は、北部の東側、辺野古や名護市を7か所、23日も引き続き、北部東側名護市、東村を6か所、昨日も北部国頭村3か所と祈り回りました。
それぞれの聖地にて、御神事の事、そして、各聖地の役目を改めてお伺いしながら、御神事の組み立てに対して御立合いいただきます神様へと教えを伺い回ります。

各聖地にて教えていただきました見えない存在、神々様からの教えは改めて書き起こしをしましてから、その意味を解釈し皆様へとお伝えさせていただきたいと思っております(というのも、その現場では理解できても、文章にすると説明を入れないと何の事をさしているのかが分からない事が多いのです。)

おおむね一つの聖地で、お祈りから教えを伺うまで30分ぐらいかかりますが、その聖地にて、祈りに際し立ち会って下さった神々様から、未来に対し知らなければならない事や更に伝えたい事、そして、次の聖地へ行くのに足りない事などを教えていただく事があると更に時間はかかりました。
特に北部へは、大国ミロク大社から車で片道約2時間ぐらいかかりますので、朝8時から出発し夜9時頃に沖縄市の大国ミロク大社へ戻ってくるという日が続きました。
朝から晩まで、車で移動しては、山道や川沿い、海沿いの岩場を歩き聖地へゆき祈ります。
母比嘉ハツと共に何十年と歩んだ御神事を思い出しながら歩まれる神子の方や、今回、縁があり一緒に御神事を行ってくださいます方と様々ですが、殆どが60代、70代の方々です。
ですが、皆さん、次の世代へと繋ぎ行く未来に対し、次の世が安心して暮らして行くことが出来るようにと願い祈り、未来へと世の中の繋ぎ、命の循環を繋ぐ願い祈りを行ってくださっております。

さて、明日は東の聖地になります。
東は、始まりや闇に光を当てるといった意味のある方向として御神事では受け止めています。
ブログ、メルマガをご覧いただいております皆様におかれましては、今週の日々の祈りの中に、希望の光が失せないように、目指し行く未来への導きに気づけるようにという事も一緒に願い祈っていただけますと幸いです。
皆様の真心の願い祈りの力が、御神事成就の後押しになります。

それでは、本日も日々の祈りのお力添えを宜しくお願い致します

比嘉りか

日々の祈り

2013.03.22.09:30

新暦3月22日(旧暦2月11日 亥)

いつも真心のお力添えありがとうございます。
日々の祈りの際に伝えられました言葉をお伝えさせていただきます

歩み 進み行くことによって
その流れは 変化しゆく
留まることにて
その変化を望むことなかれ
反動は 動き行くことによって
起こり行くもの
たとえ とどまっていたとしても
見える行動を
起こさなくとも
心の磨きは
忘れるなかれ


20日春分の日の祈りより、沖縄本島の御神事に動いております。
沖縄の事務局の閉鎖の事などの事務手続きの時間と思い準備しておりました月末でしたが、今月いっぱい御神事となりました。
それぞれの聖地の神々様へ願い祈り感じます事は、この世の中の未来というのは、人間の行動にかかっているという事をひしひしと感じます。
人間という命の存在として、この地球に対して、他の命達に対して何が出来るのか。また、次につながってゆく生まれてくる命達に対して何を残して行くのか。
様々な事を問われまた、託されているという事を感じてきます。
改めまして、皆様へと御神事の状況をお伝えできればと思っております。

本日も真心のお力添えの程をよろしくお願い申し上げ

ます。

比嘉りか

3月の合同祈り合わせのご報告です

2013.03.21.08:30

いつも祈り合わせへのお力添えありがとうございます。

今年は風の強い日が例年より多くなっている感じがします。
でも、吹く風は確実に春を呼び、あたたかな春も目の前です。
さて、合同祈り合わせも大阪と奈良会場が加わり9会場での開催となりました。
そして、来月からは新たに青森会場が加わり、少しずつその和を拡げております。
本日は、3月の合同祈り合わせの模様をお届けいたします。
冒頭にご紹介します、青森会場からは素敵なお話と写真が届いておりますので、どうぞご覧下さい。


・・・名古屋会場、青森会場からの話題・・・・・・

いのちの和愛知の青山です。

名古屋での祈り合わせは2人と寂しい祈り合わせとなりました。
そこで、今回初めて青森で祈り合わせをしていただいた柏崎さんから貴重なお話をお聞きしましたので紹介します。
柏崎さんのおばあちゃんは澤頭トミ子さんといい、89歳になります。伊良部島出身です。
40年前頃に比嘉ハツさん、柏崎さんの叔母さんの浜川シズさんらと沖縄の島々を神開きしていたそうです。
その頃の写真をいただきましたので、添付します。
また、現在比嘉リカさんが行っているように、神様からのお言葉をつたえていただいた方も当時からいらっしゃったようです。
「こんな年寄りでも元気出して青森でがんばってるよ。 みなさんは神の子、がんばってくださいね。」
青森で祈り合わせできるようになり、みなさんといっしょにやれてうれしいとおばあちゃんが喜んでいるとのこと。
40年前と現在が、祈りを通じてつながり、不思議な縁を感じます。
ばばちゃん2


・・・東京会場・・・・・・

合同祈り合わせのご報告です。

今月の東京会場は明治神宮の北池の畔にての開催となり、本日は総勢5名の参加者がありました。
少し風があるのですが、ポカポカと云う気候の中、広い芝生広場にはところどころ家族連れがシートを広げて、子供達の歓声が辺りを優しく包んでいます。
明治神宮は人の手により造られた森ですが、植樹の後は木々たちが自由に育ち、そこには狸や雉、様々な小鳥が住まう豊かな森になっています。そこに集まる人たちも自然と笑顔が溢れ、やはり、この森は 優しさ溢れる豊かな所なんだなぁ、そう思わせます。
定刻をすこし回り、こちらで今月のテーマの話しを始めた所で、沖縄からの放送が開始されましたので、沖縄に合わせて祈り合わせを行いました。祈りという形により、こうして多くの場所が繋がり、未来に向けての想いが拡がる事を嬉しく、そしてまた少し誇らしく感じました。
祈り合わせの後、見慣れたメンバーと歓談を過し、6/25の講演会会場の下見に向かいました。武蔵小山駅より徒歩10分の会場はこの4/1にオープンの真っ新な会場です。6/25には沢山の方に長老達のメッセージをお伝え出来る様に準備をしっかりと進めております。
ひとりひとりの力はちっぽけに見えるかも知れません。でも、それがたくさん集まると、凄く強い力となります。そしてその強い力はひとりひとりの思いに他ならないのです。
祈り合わせもやはりちっぽけな力、そのひとつひとつが大切なのだと思います。
さて、来月の東京会場は葛西臨海公園での開催です。桜は新緑になっていると思いますが。ピクニックがてらどうぞ起こし下さい。

東京会場 高橋潔

・・・大阪会場・・・・・・

大阪会場の豊野です。

本日は汗ばむほどの陽気の中、永間さんにご参加いただき、二人での祈り合わせとなりました。
その後、会場をあとにしながらすっかり話がはずんでしまい、そのままカフェに居座ること数時間、あっという間に夕方になってしまいました。本日も良い祈り合わせができ、とても嬉しく思いました。ありがとうございました。
いつか奈良の会場にも伺いたいと思っておりますので、その際はどうぞよろしくお願いいたします。

・・・静岡会場・・・・・・

こんばんは、静岡会場の金刺です。
本日の、祈り合わせは、晴天の中で出来ました。
また、会場の公園では来園者が多く見られました。
本日は、伊豆の国市より中野様が参加されました。
私を入れて、二名での祈り合せと成りました。

・・・神奈川会場・・・・・・

皆様へ

春のお彼岸入りと重なった3月17日。近藤さん、鈴木さん、冨永の3名で祈り合わせ参加となりました。
いつものように『一日の祈りの言葉』を参加者で奏上した後、今月のテーマ 『東日本大震災二周年を迎え、鎮魂と再生』 を各々で祈りました。
その後、コーヒーを飲みながらお互いの体験や情報交換などをしましたが、あっという間に2時間半たっていました。
他人は変えられないと言いますが、自分が変わったら今まで見解が相違していた家族が変わっていた!etc.
また【天然石お守り】【コパイバ・マリマリ・オイル】にまつわる体験談もお聞かせいただきました。花粉症対策もありましたので、ぜひ投稿して下さいね。

今月もありがとうございました。 冨永

・・・札幌会場・・・・・・

札幌の永井です。

今日は、琴似神社で祈り合わせをしました。
昨日は吹雪いていましたが、今日は暖かく感じる良い天気でした。
メンバーは3人でした。
連絡不行き届きで、もう一人は間に合わず、自宅で祈り合わせをしてくれたそうです。
次回は、確認連絡をしたいと思います。
本殿に参拝者がいたため、どこが良いかと探していましたところ、良さそうな社があり、良く見ると安全神社となっていました。今回のテーマには良かったかもしれません。震災で亡くなった方々のご冥福と、未来への安全と平和を祈りました。
また、5月~11月は、私が畑作業のため、リーダーは難しいと思っていましたが、いつも参加してくれている方が代わって担当してくださることになりました。もっと沢山の方に参加してほしいけれど、一歩ずつ仲間を増やしていこうと確認しました。
田中さん、弥彦神社は大勢の参拝があるのですね。確かに、祈り合わせ以外の参拝者も神様からは同じですね。
良いことに気付かせていただけました。ありがとうございます!
来月も同じ場所で行います。よろしくお願いします。

・・・奈良会場・・・・・・

こんにちは。奈良会場の西です。今日の橿原神宮は、結婚式が何組もあって、活気つき、忙しく走り回る宮司さんや巫女さんが、祈りの和のプレ-トを見て笑顔で会釈してくださり、風も心もポカポカとした一日でした。今日は一組のご家族(お母さん、娘さん、息子さん)とそのご友人の4人が参加してくださり、橿原神宮の神様に場所をお借りすることをお願いしてから、合計6人で祈り合わせをさせて頂きました。
東日本大震災2周年の鎮魂と再生の祈りも其々の言葉で述べ、その後お話をしているうち、初対面にもかかわらず、旧知の友のような感覚で、あっという間に1時間が過ぎ,又来月も宜しくお願いしますと、其々帰途につきました。有難うございました。
赤いつばきの写真を添付したかったのですが、仲宗根さんがこのすぐ後に石川県に出張で仕事に出かけてしまい、(私はやり方を知らないので) のせられません。

・・・新潟会場・・・・・・

こんにちは。弥彦神社祈り合わせ報告です。
今日は、快晴で、祈り合わせの最中に思った事を書きます。
祈り合わせは、一人でしたが、祈りの時に、すべては、つながっていると。神様から観れば、祈り合わせをやっている私と、お参りしている人々と区別は、ないのではと。
祈り合わせが、終って10分間参拝者を数えてみると103名でしたので。祈り合わせの30分間で約300名の方々とお祈りをした事になります。
最中に思った事でした。

田中

日々の祈り

2013.03.20.10:00

新暦3月20日(旧暦2月9日 酉)春分

いつも真心のお力添えありがとうございます
本日は、春分になります。
午前中は、一つの節目として昨年1年間賛助会の方々へとお配りしておりました御札を守護のお礼を込め、お焚き上げし、皆様の願い祈りを煙にて天へそして、灰を大地へと繋ぎます。
午後は、春分の祈りとして大国ミロク大社とその周辺の聖地をお祈りに回ります。

そして、明日から31日までは、沖縄本島内を引き続き御神事で回ります。

どうか、日々の暮らしの中、平穏、平安、平和であるようにと真心の願い祈りのお力添えをいただけますようお願いいたします。

日々の祈りの際に伝えられました言葉をお伝えさせていただきます。


幾久しく
平穏は人々の
心の中にあり
心のあらわれが
世のあらわれ
心の中の平穏を
日々繋ぎ
命の灯火を
輝き行かせられよ


それでは、本日も真心のお力添えをどうぞよろしくお願い申し上げます。

比嘉りか

食と健康の和便り 2号

2013.03.19.09:00


,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵
・・・目次・・・・・・

※ 2/16(土)”食と健康の和カレッジ” 報告

① 良丸さんからのメッセージ
② カレッジ報告
③ 参加者からの感想

※ 編集後記

∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

1.カレッジ開催への良丸さんからのメッセージ(挨拶文)
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
皆様へ
こんにちは、大国ミロク大社の比嘉良丸です。
このたび、改めて食の和、健康の和を再開できます事を感謝申し上げます。

食の和の原点、食の和をおこなおうと思ったきっかけは、私に伝えられた啓示によるものでした。
人間がこの世の中で、暮らしを営む為のもっとも重要なものとして「食」について啓示が伝えられました。
伝えられた内容としては、鼻から吸い込む、空気や口から入る食べ物、飲み物。そして、皮膚から吸収する物質といった、
生きてゆく中で避けては通れない、重要なものが、現在は、命を繋ぐ大切なものとしてではなく、営利目的が優先となり、
飲食材の安全性が欠け、本当に人間の命を繋ぐものではなくなってしまっており、肉体に害を及ぼすものとなり、結果、
命を繋ぐものではなく、命を脅かすものと本来の役割とは変わってしまっていると伝えられました。

使われている素材や原料となるものの安全性が欠ける事により、その飲食材を体内に入れたことで、
親から子へと体内へ引き継がれてゆくものや、胎児の時期において、また、成長過程において、
肉体の成長や感情、精神といった身体の仕組みに対して大きな影響を与えるものとなってしまっているとも伝えられました。

そして、これからいっそう深刻になる環境破壊や、現実に起きるであろう原子力発電所の臨界事故を含め、
それらを想定して伝えられた事が、蓄積したものや新たに鼻や口から取り入れたものを、吸着、分解といったことで体外に排出、
もしくは中和して害のないものとへ変える事が出来るように、それは、正しい飲食材を取り入れる事によって行うようにと伝えられました。

この中で強く伝えられましたのが、水、塩、食用油、甘味料、皮膚に塗布する油、石鹸の良い物を探す若しくは、
作るといった行動で広めるように、未来に命をつなぐためには、今から取り組んでゆかなければならないと伝えられました。
それが、最初の食の和の原点、出発となりました。
ご参加いただきます皆様には、今後も、食の和に対して、出来る限りの範囲のご協力をお願い致します。

比嘉良丸
比嘉りか
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

2.2/16(土)”食と健康の和カレッジ”報告

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

平成25年2月16日 スッキリとした快晴の下、とても冷たい空気も心地良く、関東は多摩川駅に隣接する緑地公園施設において
参加者16名、スタッフ10名の総勢26名にて第一回"食と健康の和”カレッジを開催することが出来ました。

① 沖縄ニライカナイの焼塩についてとモンサントの不自然な食べ物について

・ モンサントの不自然な食べ物について~メンバーの坂本より食について詳しくお話しさせて頂き、食の現状から明るい未来やフリーエネルギーまで参加者と話が弾みました。

・ニライカナイ焼塩について~良丸さんへの啓示にて、”東の海=沖縄の塩”と”西の海=ヒマラヤ岩塩”を配合し焼くことにより
ミネラル分17%と他に類を見ない豊富なミネラル含有塩となり、体内へは免疫力が高いデトックス効果の期待できるお塩になった等お話させて頂きました。

・塩プロジェクトについては~昨年6月から12月まで賛助会から福島県のレイコさんへ毎月千個の焼塩を送り、レイコさんから被災地の方々へ焼塩を配布して頂いた中で
お応え頂いたアンケートと被災地の様子を話しました。

② 整体師 慧介さんによる 整体ワーク タイトル 「こころとからだとの対話……般若”身”経」

・慧介さんご指導のもと、二人向き合い体の歪み傾きをチェック後、操体法にて整えると殆どの方が体の歪が取れていました。

※「整体ワーク」を担当して~ 小西慧介~
今回「食と健康の和」のなかで私の「整体ワーク」を取り入れていただき、共に学び会えたことに感謝します。
「般若心経」は265文字のお経であり、仏教のエッセンスが入っていると言われています。
今回紹介した「般若身経」はそれにあやかって操体法の世界で名付けられた操体法の基本運動であり、平均集約運動です。
「操体法」は健康的な生活を送るため体系化されているのですが、「般若身経」はそのエッセンスでもあります。
生命はそのバランスの法則の下に生かされていて、身体の不調の根源は身体の歪みがあり、そしてその歪みの原因は「息食動想+環境」
の総合的なバランスにあると、橋本敬三先生は60年ほど前に喝破されています。
現在の過酷な社会に生きる私達だからこそ、橋本先生の「先見の明」に耳を傾けることが大切ではないでしょうか。

(後半に続く)

祈り合わせのお知らせ

2013.03.17.10:00

新暦3月17日(旧暦2月6日 午)

いつも真心のお力添えありがとうございます
本日、午後1時より、祈り合わせを行います。
世の中の平和、平穏、平安、安心で生活出来る世の中、大切な方々と共に笑顔で生活しているイメージをお持ちいただきまして、願い、祈りのお力添えいただけますと幸いでございます。
戦争や争いなどなく、政治経済も、私利私欲ではない、安定と安心して暮らして行ける世の中であるように。
啓示で伝えられてくる最悪のビジョンやそれ以外にも様々な不安になる情報が飛び交う中ではございますが、願い、祈る際には、そのような事が、現実になる事無く、一人一人が冷静に向き合い、問題を解決し、乗り越え、平和で安心して暮らして行ける世の中を残し行くことが出来るように。そして、どうか、その解決に力を貸していただけるように、迷う事がないように、自分とそして多くの人へもその導きがあるように願い祈りいただけますと幸いでございます。

下記は、本日祈り合わせの会場になります。会場におこしになれます方はぜひご参加くださいませ。
また、会場におこしになれずとも、その時間、いらっしゃいます場所からでも結構です。
どうか、祈りのお力添えいただけますようお願い申し上げます。

最後に、先日、沖縄のお宮から中継でお話させていただきました動画を祈りの和TVへ掲載しております。
こちらも合わせて、ご覧いただけますようお願いいたします。

比嘉良丸
比嘉りか

****

3月17日(日)「全国合同祈り合わせ」のご案内

※大阪会場と奈良会場が追加になりました。

こころの架け橋では、毎月第三日曜日に日本全国、海外に至る全ての地域での祈り合わせを呼びかけております。

祈りというアクションから、多くの人が未来を真剣に考え、その想いをそれぞれの心にしっかりとどめる事により、人びとの行動が善き未来へと歩んでゆくのではないでしょうか。
それこそが善き未来への道筋を成す大きな一歩であると私たちは考えます。

今月の合同祈り合わせは、次の要領で実施しますので、それぞれの会場へも足をお運びください。

★今月の祈り合わせのテーマ★

東日本大震災二周年を迎え、鎮魂と再生をお祈りします。

人々が、この災いに飲み込まれ、希望を失う事なく。
今のために、今すべき事。
未来のために、今すべき事。

目をそらし、耳を塞ぎ、闇雲になるのではなく。
その両の手に、赤子を抱く事を想い、その命、安心し、育み慈しみ行ける未来を祈り願い、お願いいたします。


「日 時」  平成25年3月17日(日)午後1時から30分ほど

「内 容」

●地域の祈り合わせ発起人が全会場共通の祈りの言葉を奏上いたします。

●その後、ご参加下さいました皆さまテーマにそって独自の祈りを捧げてください。

●祈り合わせ終了後、ご都合がよろしければご参加の皆さま同士、親睦を深めて下さい。

「祈り合わせ開催会場」

※参加希望の方は、下記の各会場へ直接向かってください。ご予約や過去の参加実績など一切関係ございません。老若男女、誰もが自由に、いつでも気軽に参加できます。
お子様連れでのご参加も大歓迎です。


・・・東京会場・・・

●場所 明治神宮 北池ほとりの亀石辺り
http://www.meijijingu.or.jp/access/index.html
●交通 最寄り駅は小田急線 参宮橋より徒歩10分程度 JR代々木駅から15分程度、原宿駅からは20分程度かかります。
●集合 午後12時50分 北池ほとりの亀石にお越し下さい。
・宝物殿入り口前の芝生広場を池の方へ歩き左前に見える大きな石が亀石(池のほとり)です。祈りの和のネームプレートを下げた方がお待ちです。
●注意事項
・この祈り合わせと、明治神宮とは一切関係ありませんので、明治神宮内の方にお問い合わせいただいても事情はお分かりになりませんので、ご注意ください。
・今月は、一品持ちよりの現地での懇親会は控えます。祈り合わせ終了後、場所を変えてお茶でも飲みながら懇親の時間を設けますのでご都合の良い方はご参加下さい。

・・・神奈川会場・・・

●場所 茅ヶ崎城址公園 (横浜市都筑区茅ヶ崎東二丁目)
http://www.city.yokohama.lg.jp/tsuzuki/kusei/kouhou/midokoro-19.html
●交通 横浜市営地下鉄 ブルーライン グリーンライン センター南駅下車徒歩10分(センター南とセンター北という駅がありますのでご注意ください。)
・駅改札を出て30メートル進むと右側にコンビニ、左側に大きな周辺地図があります。その地図の後ろの窓から見えるこんもりした林が茅ヶ崎城址公園になります。
 地図で道順を確認してください。どの道を通ってもおよそ10分です。
・自家用車の場合、公園に駐車場はありません。駅前・駅地下に大規模駐車場があります。
●集合 茅ヶ崎城址公園 中郭 午後12時50分
・紫色デイパックをしょった冨永さん(女性)がお待ちしています。
・駅から茅ヶ崎城址公園を見て、中郭にあがる階段は左側にあります。
●注意事項
・会場にトイレはありますが、常時有人管理の公園ではありませんので、駅改札内及び駅前バスターミナル地下の駐車場トイレのご利用をお勧めします。
・土日・祝日には、周辺の複合ビルの駐車場待ちの渋滞が起こる場合があります。電車のご利用がよいかと思われます。

・・・新潟会場・・・

●場所 弥彦神社 (西蒲原郡弥彦村弥彦駅前)
・弥彦村観光協会案内マップ参照http://www.e-yahiko.com/kankou/kankou.html
●交通
・JR弥彦線弥彦駅
・関越道三条燕ICより13Km  国道8号線三条より15km
●集合 弥彦神社境内 午後12時50分
・弥彦神社の拝殿向かって右側に、「こころのかけはし いのりの和」と書いた旗を持って田中さん(男性)がお待ちしています。

・・・名古屋会場・・・

●場所  熱田神宮
●交通
・名鉄本線神宮前駅下車 徒歩で10分くらい  地下鉄名城線神宮西駅または伝馬町駅下車 徒歩で15分くらい 。
・自家用車の場合は、東門、西門、南門にそれぞれ駐車場があります。
●集合 午後12時50分 熱田神宮内楠さん前(本殿と南門の中間で、蛇が住んでいる楠で有名です)。楠さんの前で青山さん(男性)がお待ちしています。

・・・静岡会場・・・

●場所 富士市岩本山公園山頂パノラマ展望台【富士市岩本字花立木1605】
http://www.city.fuji.shizuoka.jp/hp/page000011800/hpg000011777.htm
●交通 新富士駅から車で約25分。JR富士駅から車で約20分。富士IC から車で約20分。
●集合 午後12時45分 富士市岩本山公園山頂展望台。
●注意事項
・雨天の場合は中止しますので、各自で祈り合わせを行ってください。
・展望台は風が強いので、ジャンパーを持参してください。
・五色の吹流しを持った金刺(かねざし)さん(男性)がお待ちしています。

・・・北海道会場・・・

●場所 琴似神社(札幌市西区琴似1条7丁目1番30号 TEL:011-621-5544)
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Momiji/1970/
●交通 地下鉄東西線琴似駅から山の手方面に徒歩5分。 市営バス「西区役所前」下車
●集合 午後12時55分
・鳥居近くに、ラベンダー色のダウン(3月は)を着た永井さん(女性)が立っています。
(急に暖かくなったら違うものを着ているかもしれませんが、鳥居前に立っている人はあまりいないと思いますので、分かるかと思います。)

・・・大阪会場・・・

●場所 難波宮跡公園(なにわのみやあと公園)
http://www.osaka-info.jp/jp/search/detail/sightseeing_2024.html
●交通 大阪市営地下鉄谷町線・中央線「谷町四丁目」駅下車 徒歩5分、JR大阪環状線「森ノ宮」駅下車 徒歩10分
●集合 午後12時45分  難波宮跡公園 北西角の入口付近(中央大通と上町筋の交差点)にお越し下さい。
・祈りの和のネームプレートを持った豊野さん(女性)がお待ちしております。

・・・奈良会場・・・

●場所 橿原神宮(橿原市久米町934)
http://www.naranet.co.jp/kashiharajingu/index.html
●交通
・近鉄橿原神宮駅下車 徒歩約15分で鳥居に着きます。
・鳥居前及び右手奥に駐車場があります(料金500円かかります)。
●集合 午後12時40分  橿原神宮お札お守り、お札授与所前(正面大鳥居をぬけ直進10分程、突き当り右手の境内、本殿への入口を入ってすぐ左)
・赤のコートを着た西さん(女性)と仲宗根さん(男性)がお待ちしております。

・・・沖縄会場・・・

●場所  大国ミロク大社(沖縄県沖縄市八重島2-7-45 )
http://inorinowa.org/
●交通 琉球バス(TEL 098-863-2821) バス停 美里二丁目 より徒歩20分 。自家用車の場合、沖縄自動車道沖縄南インターチェンジより10分 駐車場あります。
●集合 午後1時 大国ミロク大社 お宮内 繋ぐTシャツを着た伊豆さん(男性)が、お待ちしています。


◇上記会場へのご参加が無理な方々は、ぜひ、ご自宅あるいは外出先などより、13:00から数分で構いませんので、「祈り合わせ」にご参加くださいませ。

◇地域での「祈り合わせ」開催者(リーダー)を募っています
「祈りの和」では、全国各地域の「祈り合わせリーダー」となって下さる方を募集しております。ご関心のある方は、祈りの和HPにあります「ミロク会」のペー
ジをご一読いただき、HPメールフォームより、参加希望の旨のメールをお送りくださると助かります。折り返し詳細をお伝えさせていただきます。
このリーダーをしていただくのに、経験、資格、費用負担等は一切ございません。

◇より良き未来のために、「祈り」を合わせましょう
全国各地での合同祈り合わせも、未来への同じ想いをお持ちの方のご参加により、徐々にではありますが、その和を拡げつつあります。
今後も、各地に於いて祈りの和を拡げ、素敵な未来への流れを人の手でハッキリとした形に結びつけて参りたいと思います。
そして、お集まりの皆さまとの心の架け橋を繋ぎ、その地域での和を結んでいただければ幸いです。

よろしくお願い申し上げます。

こころのかけはし 祈りの和愛知 青山修三

祈り合わせのお知らせ

2013.03.16.10:45

新暦3月16日(旧暦2月5日 巳)
いつも真心のお力添えありがとうございます。
先日、中継配信しました話を祈りの和TVに掲載いたしました。保存状態の都合上、最初の1部が掲載が出来ませんでしたが、ご覧いただけますと幸いでございます。

明日、17日は全国合同祈り合わせが、午後1時から開始となります。
どうぞ、善き未来への願い祈りのお力添えをいただけますようお願い申し上げます。
また、この時、沖縄の祈り合わせでは、祈り合わせ終了後、大国ミロク大社にて引き続きお話し会を執り行います。
終了予定は午後5時を予定しておりますが、沖縄では、久しぶりの話の為延長が予想されます。
お時間の許します方は、最後までお聞きいただけますと幸いです。

比嘉りか

祈りの和TV
icon1-8.jpg

日々の祈り

2013.03.14.11:56

新暦3月14日(旧暦2月3日 卯)
いつも真心のお力添えありがとうございます。
日々の祈りの際に伝えられました言葉をお伝えさせていただきます

歩む道
歩む道
探し行く道
確かなる道
少しずつの進み
確認しながら
進み行く
確かなる道作りゆくは
一つ一つの作業なり


昨日は、祈りの和TVにおきまして、夫からお伝えしたい事ということで、お話しさせていただきましたが、途中、啓示が伝えられ、中断させていただきました。
本日、午後3時頃より再度お話しさせていただく予定でおります。
どうぞよろしくお願いいたします

比嘉りか

祈りの和TV
icon1-8.jpg

2013.03.13.08:21

『最新情報放送/イスラエルのご神事とこれからの日本!放送のお知らせ』

本日、3月13日(水) 午後3時頃から祈りの和テレビにおきまして下記の最新情報を放送いたします。

現在、比嘉良丸・比嘉りかはイスラエルのご神事を終え、その足で関東での祈り巡礼を続けております。その後311の祈りを東日本で行い、予定ですと本日、沖縄に戻る事となっております。
比嘉夫妻が、これら海外や国内でのご神事を続けられる事も、皆さまのご支援があるからこそです。本日は、皆さまからのご支援による活動の報告、そして御礼と云う意味も含めてご神事から得られた情報をお伝えいたします。
日々のご神事などで、事前にご案内出来ず今回も急なお知らせとなりますが、ご都合のつく方は是非ご視聴下さいませ。

「放送内容」

1.東日本大震災から2年を向かえて・・・
2.これからの日本、そして世界の中の日本・・・
3.イスラエルのご神事を終えて・・・



「ご視聴は」

・祈りの和TVから

 http://inorinowa.org/tv/

・放送開始は午後3時を予定しておりますが、諸事情により放送開始が遅れる場合がございます。予めご了承下さい。

・時間の関係から、全ての項目に関してお伝えできない場合がございます、予めご了承下さい。

文責:こころのかけはし 高橋 潔 

3月17日(日)「全国合同祈り合わせ」のご案内

2013.03.12.11:39

3月17日(日)「全国合同祈り合わせ」のご案内

※大阪会場と奈良会場が追加になりました。

こころの架け橋では、毎月第三日曜日に日本全国、海外に至る全ての地域での祈り合わせを呼びかけております。

祈りというアクションから、多くの人が未来を真剣に考え、その想いをそれぞれの心にしっかりとどめる事により、人びとの行動が善き未来へと歩んでゆくのではないでしょうか。
それこそが善き未来への道筋を成す大きな一歩であると私たちは考えます。

今月の合同祈り合わせは、次の要領で実施しますので、それぞれの会場へも足をお運びください。

★今月の祈り合わせのテーマ★

東日本大震災二周年を迎え、鎮魂と再生をお祈りします。

人々が、この災いに飲み込まれ、希望を失う事なく。
今のために、今すべき事。
未来のために、今すべき事。

目をそらし、耳を塞ぎ、闇雲になるのではなく。
その両の手に、赤子を抱く事を想い、その命、安心し、育み慈しみ行ける未来を祈り願い、お願いいたします。


「日 時」  平成25年3月17日(日)午後1時から30分ほど

「内 容」

●地域の祈り合わせ発起人が全会場共通の祈りの言葉を奏上いたします。

●その後、ご参加下さいました皆さまテーマにそって独自の祈りを捧げてください。

●祈り合わせ終了後、ご都合がよろしければご参加の皆さま同士、親睦を深めて下さい。

「祈り合わせ開催会場」

※参加希望の方は、下記の各会場へ直接向かってください。ご予約や過去の参加実績など一切関係ございません。老若男女、誰もが自由に、いつでも気軽に参加できます。
お子様連れでのご参加も大歓迎です。


・・・東京会場・・・

●場所 明治神宮 北池ほとりの亀石辺り
http://www.meijijingu.or.jp/access/index.html
●交通 最寄り駅は小田急線 参宮橋より徒歩10分程度 JR代々木駅から15分程度、原宿駅からは20分程度かかります。
●集合 午後12時50分 北池ほとりの亀石にお越し下さい。
・宝物殿入り口前の芝生広場を池の方へ歩き左前に見える大きな石が亀石(池のほとり)です。祈りの和のネームプレートを下げた高橋さん(男性)がお待ちです。
●注意事項
・今月は、一品持ちよりの現地での懇親会は控えます。祈り合わせ終了後、場所を変えてお茶でも飲みながら懇親の時間を設けますのでご都合の良い方はご参加下さい。

・・・神奈川会場・・・

●場所 茅ヶ崎城址公園 (横浜市都筑区茅ヶ崎東二丁目)
http://www.city.yokohama.lg.jp/tsuzuki/kusei/kouhou/midokoro-19.html
●交通 横浜市営地下鉄 ブルーライン グリーンライン センター南駅下車徒歩10分(センター南とセンター北という駅がありますのでご注意ください。)
・駅改札を出て30メートル進むと右側にコンビニ、左側に大きな周辺地図があります。その地図の後ろの窓から見えるこんもりした林が茅ヶ崎城址公園になります。
 地図で道順を確認してください。どの道を通ってもおよそ10分です。
・自家用車の場合、公園に駐車場はありません。駅前・駅地下に大規模駐車場があります。
●集合 茅ヶ崎城址公園 中郭 午後12時50分
・紫色デイパックをしょった冨永さん(女性)がお待ちしています。
・駅から茅ヶ崎城址公園を見て、中郭にあがる階段は左側にあります。
●注意事項
・会場にトイレはありますが、常時有人管理の公園ではありませんので、駅改札内及び駅前バスターミナル地下の駐車場トイレのご利用をお勧めします。
・土日・祝日には、周辺の複合ビルの駐車場待ちの渋滞が起こる場合があります。電車のご利用がよいかと思われます。

・・・新潟会場・・・

●場所 弥彦神社 (西蒲原郡弥彦村弥彦駅前)
・弥彦村観光協会案内マップ参照http://www.e-yahiko.com/kankou/kankou.html
●交通
・JR弥彦線弥彦駅
・関越道三条燕ICより13Km  国道8号線三条より15km
●集合 弥彦神社境内 午後12時50分
・弥彦神社の拝殿向かって右側に、「こころのかけはし いのりの和」と書いた旗を持って田中さん(男性)がお待ちしています。

・・・名古屋会場・・・

●場所  熱田神宮
●交通
・名鉄本線神宮前駅下車 徒歩で10分くらい  地下鉄名城線神宮西駅または伝馬町駅下車 徒歩で15分くらい 。
・自家用車の場合は、東門、西門、南門にそれぞれ駐車場があります。
●集合 午後12時50分 熱田神宮内楠さん前(本殿と南門の中間で、蛇が住んでいる楠で有名です)。楠さんの前で青山さん(男性)がお待ちしています。

・・・静岡会場・・・

●場所 富士市岩本山公園山頂パノラマ展望台【富士市岩本字花立木1605】
http://www.city.fuji.shizuoka.jp/hp/page000011800/hpg000011777.htm
●交通 新富士駅から車で約25分。JR富士駅から車で約20分。富士IC から車で約20分。
●集合 午後12時45分 富士市岩本山公園山頂展望台。
●注意事項
・雨天の場合は中止しますので、各自で祈り合わせを行ってください。
・展望台は風が強いので、ジャンパーを持参してください。
・五色の吹流しを持った金刺(かねざし)さん(男性)がお待ちしています。

・・・北海道会場・・・

●場所 琴似神社(札幌市西区琴似1条7丁目1番30号 TEL:011-621-5544)
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Momiji/1970/
●交通 地下鉄東西線琴似駅から山の手方面に徒歩5分。 市営バス「西区役所前」下車
●集合 午後12時55分
・鳥居近くに、ラベンダー色のダウン(3月は)を着た永井さん(女性)が立っています。
(急に暖かくなったら違うものを着ているかもしれませんが、鳥居前に立っている人はあまりいないと思いますので、分かるかと思います。)

・・・大阪会場・・・

●場所 難波宮跡公園(なにわのみやあと公園)
http://www.osaka-info.jp/jp/search/detail/sightseeing_2024.html
●交通 大阪市営地下鉄谷町線・中央線「谷町四丁目」駅下車 徒歩5分、JR大阪環状線「森ノ宮」駅下車 徒歩10分
●集合 午後12時45分  難波宮跡公園 北西角の入口付近(中央大通と上町筋の交差点)にお越し下さい。
・祈りの和のネームプレートを持った豊野さん(女性)がお待ちしております。

・・・奈良会場・・・

●場所 橿原神宮(橿原市久米町934)
http://www.naranet.co.jp/kashiharajingu/index.html
●交通
・近鉄橿原神宮駅下車 徒歩約15分で鳥居に着きます。
・鳥居前及び右手奥に駐車場があります(料金500円かかります)。
●集合 午後12時40分  橿原神宮お札お守り、お札授与所前(正面大鳥居をぬけ直進10分程、突き当り右手の境内、本殿への入口を入ってすぐ左)
・赤のコートを着た西さん(女性)と仲宗根さん(男性)がお待ちしております。

・・・沖縄会場・・・

●場所  大国ミロク大社(沖縄県沖縄市八重島2-7-45 )
http://inorinowa.org/
●交通 琉球バス(TEL 098-863-2821) バス停 美里二丁目 より徒歩20分 。自家用車の場合、沖縄自動車道沖縄南インターチェンジより10分 駐車場あります。
●集合 午後1時 大国ミロク大社 お宮内 繋ぐTシャツを着た伊豆さん(男性)が、お待ちしています。


◇上記会場へのご参加が無理な方々は、ぜひ、ご自宅あるいは外出先などより、13:00から数分で構いませんので、「祈り合わせ」にご参加くださいませ。

◇地域での「祈り合わせ」開催者(リーダー)を募っています
「祈りの和」では、全国各地域の「祈り合わせリーダー」となって下さる方を募集しております。ご関心のある方は、祈りの和HPにあります「ミロク会」のペー
ジをご一読いただき、HPメールフォームより、参加希望の旨のメールをお送りくださると助かります。折り返し詳細をお伝えさせていただきます。
このリーダーをしていただくのに、経験、資格、費用負担等は一切ございません。

◇より良き未来のために、「祈り」を合わせましょう
全国各地での合同祈り合わせも、未来への同じ想いをお持ちの方のご参加により、徐々にではありますが、その和を拡げつつあります。
今後も、各地に於いて祈りの和を拡げ、素敵な未来への流れを人の手でハッキリとした形に結びつけて参りたいと思います。
そして、お集まりの皆さまとの心の架け橋を繋ぎ、その地域での和を結んでいただければ幸いです。

よろしくお願い申し上げます。

こころのかけはし 祈りの和愛知 青山修三

3/11午後4時頃から東日本大震災の追悼、鎮魂、再生の祈り合わせを開催します。

2013.03.11.15:28

こころのかけはしの高橋です。

本日この後、午後4時から東日本大震災の鎮魂と再生を願い、祈り合わせを開催いたします。

比嘉良丸さんりかさんの祈りの模様を祈りの和TVにて配信します。
※今回は電波状況などを考慮し、音声のみでの配信になる見込みです。

祈りの和テレビ→http://inorinowa.org/tv/

皆さま、いらっしゃる場所より比嘉夫妻の祈りに合わせてのご参加よろしくお願いいたします。

日々の祈りとご神事について

2013.03.07.13:30

新暦3月7日(旧暦1月26日 申)

いつも真心のお力添えありがとうございます。
日々の祈りの際に伝えられました言葉をお伝えさせていただきます

慌てることなく
進みゆくには
知識や経験
仕組みの理解が必要
なせば成るのは
努力 行動あってこそ
無きことに対しては
伝えること
難しき


5日にイスラエルから無事に戻ってきました
出発の前に書き込みをさせていただきましたが、かなり体調がきつい状態でイスラエルに向いました。乗り継ぎも含めて、十数時間の飛行機での移動で、かなり体調はきつく、飛行機の中では、ずっと胸と背中がきつく、妻にずっとさすってもらっている状態でした(実際の体の体調もありますが、啓示で伝え教えられている状態でもございました)
イスラエルのエルサレムに着くと、少しらくになり、すぐに旧市街地をまわる事ができました。
このエルサレムでは、1日半という時間の中、色々と回り、感じる事ができ、様々な確認したい啓示の情報や確認を得る事ができました。
たった1日半ではございましたが、私にとっては、1日半で得た情報は、かなり重要な情報を得る事ができ、そして、祈ることができました。
エルサレムの事につきましては、あすには、書き込みをしたいと思っております。
さて、5日に、日本に戻ってきましたが、逆にエルサレムの時よりも、帰国後すぐ、お腹と頭がきつく、妻も、同様にきつくしており、体調は思わしくなく、帰国した5日や翌日6日に、帰国後のご神事をしたかったのですが、2日間寝込んでしまいました(これも、実際に体の不調というものばかりではなく、啓示的な事も含まれておりました)
それは、自然災害の教え、知らせもあり、このような体調になっているのですが、こちらも改めてお伝えしたいと思っております

最後に、再度お伝えしたい事がございます。
先日もお伝えしました経済の事についてですが、昨年から一時、株が12000円台やそれを超えると同時に円安になるという啓示があるとお伝えしてまいりました。
その後のアメリカを中心に暴落、そして、通貨の混乱、さらに日本が円高、株高の好景気になる啓示を伝えられているとお話してまいりました。

現在その前兆として、12000円台こえが見えてきた状況でございますが、私が伝えてきましたのは、あくまでも啓示でございます。
一般の方から講演などを行う方、ディーラーさんと様々な方に経済の事を聞かれ、伝えられている啓示のお話をする事もございます。

しかし、見せ伝えられる啓示は、これによって未来を見据える為の情報であり、営利目的の情報ではございません。
突然、啓示の通りにならない、御神事として行動しないといけない状況もございますし、啓示と全く違った祈りをしないといけない状況になる事もございます。
株などを扱っていらっしゃる方におかれましては、堅実に現実をみながら運営していただけますようお願いいたします
啓示で伝えられているということは、この高騰に対し注意を促されているということでございます。
どうか、啓示の真意をご理解いただきまして、ご自身の判断で行っていただけますようお願いいたします。

比嘉良丸
比嘉りか

社団法人について

2013.03.04.12:30

大国ミロク大社の比嘉良丸です。

今日は、私どもの活動についてお話をさせていただきます。
今、私達の動きといたしまして、大国ミロク大社の主祭神である神々から啓示をいただき、そして 様々な精霊達から情報を受け取り御神事をおこなっております。

それと同時に、現実的な活動で世の中に形として反映するようにという啓示から、こころのかけはし祈りの和という一般社団法人を立ち上げ、塩を作ったり、様々な商品をご紹介したり、学びの和や食の和、また健康の和といった活動を実際に行ってまいりました。

現実的な社会、世の中に反映する動きを広げながら、そして、御神事といった見えない世界の祈り、御神事という形を広げながら、世の中が善き方向へと向かうように、動いてゆくように、二つの行動を、現在、実際に行っております
その中に、今年で3回目になりますが、富士山中湖セレモニーがあり、今年も6月の開催を予定しております。
夏至の時期に、毎年山中湖で行うという意味の一つは、日本の中である富士山の噴火、そして火山性地震の連鎖伝達に繋がることなく、様々なプレート型地震や活断層型地震、そして、日本全国、世界に連鎖伝達しないようにという祈りの中心がございます。
富士山を本当にきちんと緩やかな自然の流れの中で、大噴火を起こすことなく、それにつがなる 地震の誘導も起こすことなく、緩やかに自然の動きをしていただきたいという思いと、その富士という日本の中心から、日本全国、世界、多くの場所へと平和や平穏、平安が広がるように願い祈る御神事として、毎年行うという事を計画しております
お蔭様で今年で3回目になります

さて、ここで皆様に、一つご報告をすることがございます。
今までこころのかけはし 祈りの和の活動の事務局として、沖縄や東京で、多くのボランティアさんやご協力して下さる方々のお力添えもあり、活動してまいりました。
しかし、この度、本当に残念ながら、沖縄の塩づくり、塩プロジェクトを含めて、沖縄での活動を停止しなければならない状況となりました。
このことから、賛助会活動は、一旦中止させていただきまして、改めて、来年の春ぐらいから再開できればと思っております。
そして、本州の事務局も一旦閉める事となりました。
こちらも、今後の学びの和やネットショップ、 イベントの管理といったことが今後どのように対処できるのか、今、それに至るまでの流れや管理体制を作るにはどうしたらよいかという事の段階に入っております。
ですが、これまで行ってきました、食の和や健康の和、そして、一部学びの和は継続してまいります。
ネットショップにつきましては、どのような形になるのか、3月一杯、色々と検討しまして引き続き継続できるのかも判断しようと思っております

このような状況になりましたのも、伝え方が難しいのですが、今後のこころのかけはしの活動にたいする、経済負担を、私、比嘉良丸が維持してゆくことが困難な状況になり、現実的問題として、このまま継続していては、私達の活動である御神事も行う事が出来るのか難しい状況となり、実際に4月から御神事活動を行うことが出来るかどうか、本当に先が見えない状況となりました。

今回のイスラエルと帰国後の3月半ばまでの御神事は、しっかりと行う事が出来る状況であります。しかしながら、長引けば長引く程、社団法人に関する経費がかかることもあり、沖縄の事務所や閉鎖に関わる整理、備品や物を整理、売却できるものは売却を行う為、3月11日に一旦沖縄に戻ります。
東京では、今ネットショップを3月に一旦整理し、そして、東京の方の管理も一時整理し、今後、4月以降、どのような形で運営してゆくかも踏まえて考えてゆきたいと思います。
私達の力不足から、このような状況となり、沖縄と東京と整理し、また改めまして4月から行ってゆくか、どうしたらよいかを3月中に色々考えようと思っております

現実的に、先程もお伝えしましたが、正直なところ、4月以降の私達の御神事の活動を行うことが難しい状況という事態に陥っております。
経済的にはギリギリのところで進んでまいりましたが、伝えられてくる啓示は、段々と切羽詰ったものになり、とにかく、この御神事を行わなければならない、何とか、3月半ばまで出来る限りの御神事を行い、出来れば4月以降も御神事が行え、自分に見せられているビジョン、啓示の全ての災いを回避、先延ばししながら、この日本が、善き方向へ本当に住みよい国として、進んでゆけるよう、自分の出来る限りを尽してゆこうと行ってまいりました。

しかしながら、今本当にお恥ずかしい話ですが、現状といたしましては、イスラエルから返ってきた後、私自身の活動も本当にできるのかどうかという事も検討しなければならない状況にあり、帰国後は、関東での打ち合わせをし、栃木の勉強会を終わった後、沖縄に戻り、色々整理をし、新たな再出発に向けて、進んでまいります。もちろん再出発が実際に出来るのかという事を見極めながらではございますが、もし、どのような状況に陥ろうとも、私の出来る事はどんなことでも行ってゆきたいと思っております。

そこで、本当にお恥ずかしい話で皆様にはお力添えをお願いするしかございませんが、もし可能であれば、4月以降の御神事が行えるようご支援いただけますようお願い申し上げます。

本当にこのようなお願いしか出来ないのですが、もし、私の活動や啓示に基づく動きに、賛同して下さる方がおられましたら、どうかお力添えをお願いいたしと思います。
どうか、御神事をさせていただけませんでしょうか。よろしくお願いいたします
私自身、皆様には、常に支えていただいておりますことに感謝を申し上げたい、何か表したいのですが、私に出来る感謝の表現は、皆様からお力添え、ご支援いただきましたことで、しっかりと御神事を行う。自分の出来る限りの行動と御神事を行う事であると考え、邁進させてさせていただいております。ご連絡いただきますメールの返信や対応などそういった事が出来ませんが、皆様へのお礼としての気持ちは、私が出来る限り自分の行動、御神事でお返しするということしか出来ません。
もし可能であれば、4月の御神事、そして、フィリピン、5月のベトナム、6月の富士セレモニー といった御神事、その間に大きな御神事への繋ぎとして日本全国を回りゆく御神事、そして、沖縄での御神事とが、全て滞りなく行えるように、どうかお力添え頂けますよう、心からお願い申し上げます
本当に、いつもこのようなお願いで大変申し訳ございませんが、これまで、私自身が出来る事は、精一杯行ってきたつもりでございますが、それでも、至らない部分は沢山ございます。
ですが、どうか、今後の御神事へもご支援いただき、御神事が続けられますよう、お力添えいただけますようどうかお願い申し上げます。

どうか、宜しくお願い申し上げます

比嘉良丸
比嘉りか

ご支援のあて先はこちらになります

syousai.jpg

啓示と聖書の暗号について

2013.03.03.09:00

最初に・・・
啓示について、お伝えしたいことがございます。
私が以前、啓示で、円安、株高になった後に、12000円ぐらいまで上がり、その後株が暴落するとお話ししましたが、それを聞いた数人の方が、今回、改めて私にその内容について、それは、いつごろ上がるのか?という事を確認にこられました。
そこでお伝えしたいのですが、私は、株や証券のプロではございません。私がお伝えしていますのは、あくまでも啓示であります。私の啓示に基づいて株や証券といった事を行われますのでしたら、申し訳ないのですが、ご自身の責任において行って頂けますようお願いいたします。
現在、金融、通貨、株、金などで利益を出している方も多いと思いますが、私の啓示を元にして、ばくち的なところまで売り買いを引っ張るのではなく、現実を確認しながら安全圏の中で行われた方がよいかと思います。 
あくまでも啓示で伝えられた事をお伝えしたことであり、私の啓示内容を信用して運用されます際には、ご自身の責任で行っていただけますようお願いいたします

******

今回お伝えしたい事は、今まで行ってきた外国の御神事と日本国内の御神事、そして、聖書の暗号との因果関係について少しお話しさせていただきたいと思います。

一つ、一昨年から中国上海や北京、そして台湾、グアテマラ、サハリン、ウラジオストック、その後のドンアレハンドロ氏、エリザベス女史、ポロハウ長老との日本での御神事。キルギス、そして、妻はインド に行ってもらいましたが、その後、11月にかけてのグアテマラ、そして、年末の韓国、中国、台湾、沖縄本島を中心とした、先島諸島、奄美、北・南大東、久米島。そして、グアム、この間に、日本列島を原子力発電所を中心に何周か祈り回ってまいりました。
これは、自然災害の動向を知り、一気に起きることがないように分散分割の祈りと政治経済を含んだ平穏、平安、平和への祈りの御神事だという事は、何ども伝えてきたことではあります。
そして、自然災害も、常にいつどこで起きてもおかしくない状況の中であり、常に火山の噴火や地震や津波といった内容の啓示も伝えられてもおります。
2月の半ばにグアムへ御神事に行った理由の一つには、自然災害の流れがあり、これは、最近起きた栃木の地震との係わりも大きく関係しております。これに関しては、今回3月8日に栃木での学びの和のおり、お伝えさせていただこうとも思っております。
ただ、栃木の方には地震も含め火山の噴火も含めて、常に注意を促している状況でもあります。
このあと、フィリピン、桜島、富士といった火山の連鎖が起きる可能性が強いという啓示も実際には受けております。

さて、話がかなりとび別な話になるかと思いますが、昨年の2012年12月21日という日にマヤの予言という事が、すごくクローズアップされていました。
マヤの長老であるアレハンドロ氏は、マヤの予言とは一切関係ないという事を伝えておりましたが、実際に啓示では、このマヤの予言に合わせて世界中の人達を煽り、意識を向けて実際に何らかの形が起きる可能性があると伝えられておりました。

私達は、昨年、この12月21日の前に、ギリギリではありましが、年末、中国に祈りに参りました。
その間に伝えられた啓示の内容は、現在のハープという自然破壊兵器の原型となるものが、古来には存在し、現在のハープはそれに似せて作られている。このもととなる装置は、世界中の古代遺跡を含めて存在していると伝えられました。
そして、この装置の位置関係は、三角地点の表と裏の合わせを合わすことによって六芒星の形が二つ。陰の六芒星と陽の六芒星があると伝えられました。
これを上手く使うと、大きな地震や噴火、あらゆる自然現象や彗星、隕石を引き寄せ、地球にピンポントでぶつける事も可能であると伝えられました。
そしてその装置は、逆に、地球に来る彗星や隕石を排除することも可能だとも伝えられました。 
このような装置を古来の地球上の人は、現実に作り使っていたと啓示では伝えられております

突拍子もない話になりますが、これまで起きた大きな地震や火山の噴火、様々な災害や、現象にも、自然の営みの自然な動きの流れで起きたものもあれば、この古来の装置に似せて作ったハープというものを使って起こしたものもあり、古来の遺跡として残されている装置をある一部の組織の人達と宇宙の組織の人達、宇宙の人達が、上手く使いこなして、今後様々なものを引き起こし、自然界をコントローるすることによって、世の中をもコントロールしようとしている。そういった人達が存在するという事も啓示で伝えられております。
ただ、話があまりにも突拍子し過ぎて、私自身、本音それを本当に信じて良い物か、まだ、半信半疑でおります。

ですが、啓示によると、聖書の暗号を組み込んだ人達とこの古来の装置を生み出した人達は、大きなかかわりがあり、今後起こり得る様々な出来事は、聖書の暗号の中に情報として組み込まれており、その情報を事前に知る事により、最悪の事態や様々な目論み、陰謀を阻止することが出来ると 伝えられました。
私は、イオンアルゲインさんに2度目に合った際に、聖書の暗号をきちんとしっかりとしたものに作り上げる為に、全ての情報を伝えろと啓示で伝えられました。
ただし、その者に伝える情報は、伝えた内容すべてを完璧に伝えるのではなく、自分で聖書の暗号を常に解析し、その中から、情報を引き出すという事をさせよ。それによって、その聖書の暗号の情報が、しっかりとしたもの、しっかりとした情報を引き出す仕組みづくり、システムを確立すると伝えられました。その事が、今回中国で伝えらえた内容に繋がる事でした。
実際に、昨年12月に今まで御神事を行った海外も含めて、御神事の流れ、御神事の意味というものは、啓示をもとに、その啓示の中の情報から聖書の暗号をきちんと解読すれば、おおよその事が殆ど情報として出てくる内容でもあり、また、そのように伝えられておりました。

本当に突拍子もないことを伝えておりますが、昨年の12月に21日に、実際、中国北京で大きな自然災害が起きる可能性があると伝えられておりましたが、その機械、システムを初めて使って 引き起こすと、実験をするぞと。そして、マヤの予言に合わせて、人々を不安に陥れるという計画 であると伝えられました。
それは、12月21日にその装置を使って中国北京に地震を起こそうと計画されていたが、計算操作のがうまくいかず計画の失敗となり、改めて計画、計算を見直し、12月21日ではなく、2月に地震ではなく、隕石を中国の北京に落下させるという事へ変更した、しかし、実際には、それはロシアに落ちた失敗となったと、本来はそういったシナリオであったという事を啓示では伝えられております
そして、今の光化学スモックの件に関しても、今、このシステムが、使われているという啓示も伝えられております。
ただ、それが、私の中では、まだ完璧にその啓示の内容を理解しているのではなく、今はまだ、きちんと色々と確認を取らなければいけない状況ではありますが、今、世の中の流れ、自然災害の流れも、自然の当たり前の動きに対して、そういったシステムを使い、より大きく、より幅広くと意図的な出来事を起こす為に引き起こし、世の中の流れをコントロールする為に動いてる人たちがいる。
それを本来は、起きる前に解析をどんどん行い、それを、情報として発信することによって、いらない動きを阻止してゆくことが出来ると伝えられております。
それは、私の御神事も常に先を行った御神事を行い、しっかりとした情報を知り、御神事として行うという事、情報を配信伝える事、大変重要な事でもありますが、この聖書の暗号、解析も、本来は、現地で確認し、実際にはどうであるのか、現実の状況を確認し分析してゆくことは大切な事になります。
古から来ている聖書の暗号というものは、地球の未来を警鐘するものであり、そして、古からの因縁を解消し、善き素晴らしい未来を創る為の手引書でもあると伝えられております


この件に関しましては、栃木の勉強会で詳しく話をしようと思っております
今伝えております内容は突拍子もなく、今までは表に出したくない啓示の情報の一つでもあります
あまりにも話が大きすぎる為、現実から意識が離れる事を考えるとあまり、伝えたくない、表に出したくない情報の一つであります。しかしながら、これから先は、そういうことを言えず、出来るだけこのような啓示も伝えさせていただこうと思います
ただ本当に、その伝えてくる内容が、100%信用できるかは、まだ私の中で100%というより、実際にはまだきちんとした確証がない、半信半疑のところがあるのも事実ではあります。
取りあえず強く啓示で伝えてくることでございますので、そういった際には、状況をお伝えさせていただこうと思います。

**********

これまで、話した内容は様々な啓示に基づき、これまで多くの御神事を行ってまいりました。私の中では、様々な啓示に基づいた様々な出来事が、起きたものもあれば、回避できたこともあると思っております。
しかし、自然災害は、蓄積した自然のエネルギーの放出として、地震や地殻変動、火山の噴火というのは起こり得ることであり、これは、生命の活動として、周期的に起きているわけでございます。
その動きを意図的にコントロールしようとするものを、聖書の暗号を書き残した人たち、いにしえの学者、科学者たちが、こういった装置を作り失敗した。というよりも、地球の再生を図ったというべきかもしれませんが、装置を動かして何らかの影響を地球に与えていたという事を啓示でつたえられております
本当に、おかしな話をして申し訳ございません
私に出来るのは、自分に言われてきた啓示をできるだけしっかりとお伝えすることですので、そのようにしたいのですが、御神事の中、様々な情報をキチンをまとめるには、やはりすぐ来た啓示を お伝えすることは出来ず、ある程度、やり取りをして確認して整理してからお伝えしますので、月に1、2回。多くて、3回か4回ぐらい流せればと思っております。

本当にこれから先、いろんなことが世の中で自然の中で、かつ、現実に起きてくる。
それを一つ一つ回避し分散分割する流れを作るというものは、常に、意識を高め行動を行う必要があります。
今の内容は本当に信じがたい話をしていると思いますが、啓示えられた内容として正しいか正しくないかは、私自身判断は、つきにくい事ではありますがお伝えしておきます

聖書の暗号に隠されている内容は、未来への警鐘であり、未来を善き流れに創る為の情報であり ます。それをきちんと先に情報を流すことによって、悪い流れを変えて行く、断念させるという大きな目標があります
しかしまだきちんとした解析するシステムが、出来ていない為、啓示では、私の出来るだけの啓示の内容を表に出し、それを多くの人達が、解析すれば良いよいと言われました。
その解析のシステムの確立は、自ら解析を何度も繰り返しひたすら解析してゆくしかないと伝えられております。
自分の意識を越えた解析を多くの人が行い、そこから正しい聖書の暗号の引き出し方、システムを確立してゆく必要があると。
要は、いろんな解析の方法があるという事で、言われております。
私自身は、自分で出た啓示をこれまでもブログやメルマガ、ユーストリーム、勉強会などで情報を発信してまいります
それが、多くの人たちの考え方、捉え方、受け取り方で、聖書の暗号で深く探ってゆく。
とりあえず私が出来る事としては、情報を発信することであり、今後も伝えられた啓示をお伝えしてまいります。
内容をどう受け取るかは、一人一人の受け取り方で構いません
ですが、どうか一人一人の意識の中で、どう受け取るか、どのように言われているのかという事をしっかりと意識し考えていただければ幸いです。

比嘉良丸
比嘉りか
情報サイトリンク

◆地震情報《気象庁》
◆火山情報《気象庁》
◆台風情報《気象庁》
◆警報・注意報《気象庁》
◆海外の地震情報《JIS》
◆マーケット情報《ロイター》

イベントのお知らせ
最近の記事
関連サイト
検索フォーム
年別アーカイブ
携帯用QRコード
QR