4月14日の中継 4/4

2013.04.27.18:00

~続き:4部目

ですから、実際に呼びかけております。これまであまり自分のことを祈りに関して強く言っておりませんでしたが、私自身もご神事の中でいろんな想像をし、ビジョンを見ながら、いろんな祈り、祈祷をし、意識を集中し、自分の中で意識の中で組み立てること、それは確実に具現化できると思っております。何を馬鹿なことを言っているかと思われるかもしれませんが、ご神事的に見えない力をもって、それを行う。行うことによってそれを現実化する流れ、それを現実化する、回避することができると思っているからこそ、ご神事も行えます、飛び回ります、そこで祈祷もします。初めてそういう言い方をしますが、実際に私自身、人から後ろ指さされようが、馬鹿なことを言われてると思われるかもしれませんが、ご神事の力というものは確実にあると信じています。ですから自分の行っていることは世の中に現実化し、そういうものを回避する力があると思っているから行います。ただ、自分の力だけで、はっきり言いますが、全ての戦争や地震やいろんなものを回避できるものでもない、それも確実に感じております。それを皆さまの祈りの力で後押しし、その力を借りて、自分の力及ばない、多くの人たちの願いの力を借りて、確実に現実化することができるとも思っております。ですから、自分の目に見えない能力だけで全てが解決するとも思っておりません。しかし、それを解決する、回避する、世の中の未来に善き流れを具現化する、確立するという力はあると思っております。ただ、それはひとりだけの力では及ばないとも思っております。ですから皆さまの祈りを、力をお借りしたいと。私みたいな人間が言うのもおかしいですが、本当に皆さまひとりひとりに能力があるないは関係ありません。皆さまのひとりひとりの大事な人を思いやる、思う、守りたい、助けたい、幸せにしたい、本当にそういう心というものが私の意識、体、いろんなものを通し、その世の中に反映されると思っております。・・・というよりも自分自身は確実にそれができると思っております。

だからこそ、みなさまに呼びかけをしております。本当にちょっと話が飛びますが・・・。あちこち飛んで申し訳ありません。いろんなことが頭の中を駆け巡って、本当にみなさん理解し辛いこと、あちこちに話が飛ぶので意味不明なところもあるかとは思いますが、さきに話をしましたように第1金曜日と第3金曜日、月に2回映像を流しますと言いましたが、できるかぎり映像は流していきます。そして妻との祈りのやりとりもできたら流していきたいと思います。そして、これからは、どういう風な神の仕組みの動きになるかはわかりませんが、沖縄と本州と外国をやはり行ったり来たりすることになると思います。できる限り妻には沖縄と自分の私の宮を守っていただきたいと思っております。長年、本州や外国を飛び回り、ほとんど沖縄に帰らず、地元の自分の宮を長いこと留守にしておりましたので、沖縄でも本格的なご神事が始まりますので、沖縄と本州、外国を、妻もかなりハードスケジュールになりますが、妻にはできるだけ沖縄を中心に本土、外国までのご神事。私自身は本州、本土、外国が中心となるかとは思いますが、ですが沖縄でのご神事も月に1か月に最低でも1週間は行いたいと。沖縄でも。そういう形で行っていこうと思います、

沖縄での宮でのご神事は、優先、大事な場所、大事な聖地、それほど力のある聖地だと思っておりますので、もし沖縄にいる方でもし、共に祈り参加し、共に力を貸していただける方がいらっしゃいましたら、毎月の祈り合わせに参加していただきたいと思います。できたら朝9時頃から、お宮で私なりがいる時では常に一緒に祈りができたらと思っておりますが、私も沖縄にほとんどおらず、明日からはまた出かければ帰ってくるのは23日、そして25日から5月のゴールデンウィークまではご神事で飛び回ります。しかし、できる限り沖縄の宮も皆さまと共にできれば宮で祈りができればと聖地で祈りができればと、月に1回でも宮で祈りができればと思っております。できる限り宮をあけてみなさんに祈りをしていただきたいとも思っております。

できる限り、大変申し訳ございませんが、映像を流すという形で皆さんに情報を発信させていただきたいと思います。そして、皆さまに改めてお願いしたいことがあります。全てお願いお願いで申し訳ありません。沖縄でご神事しているデータ、ICレコーダーで録音しております。それと今流している映像記録等を文字化、書き起こしして下さる方々を、力添えして下さる方々を呼びかけております。それは、月刊誌、季刊誌、年に1度の情報誌だけではなく、この書き起こししたご神事の内容そのものが次の時代を担う人たちの導きになります。どういうご神事をし、どういう啓示がおりたか、どういう流れがあったのかということを、次に残す大事な情報になりますし、一部教本にもなります。それをきちんとして記録して残すということがすごく大事なことになっております。これからひとつひとつご神事に出た言葉をICレコーダーに記録したものを全て1か所に集めて、それをできる限り文書化していきたいと思っております。どうかそこに一人二人だけでは本当に大変、数に量に大変な仕事となります。もし見ている方で昼間時間があるとか、時間的に余裕がある方や、やってみたいという方がおりましたら、実際の力添えいただきたいと思います。その件に関しましてはこのビデオの後で心のかけはしのブログや大国みろく大社のHPあたりにきちんと、また祈りの和TVというところに反映して見られるようにしておきます。

そして明日フィリピンに発つ前に朝の祈りの言葉を流す時に、その書き起こしの協力を手を挙げてくださる方々の問い合わせサイトを妻に言ってそのアドレスをのせますので、どうか手を挙げて一人でも多くお力添えいただければ本当に助かります。これからたくさんのいろんなご神事においてでてきた活動やお言葉というものを通し、多くの人たちに情報を発信できればと思っております。そこで力添えできる方がいらっしゃいましたらどうかお力添えいただきたいと思います。
本当に、今見ているビジョンを何とか全て回避するためのご神事を行うために、そしてそれを善き方向に繋げるために多くの人たちの祈りの力や、現実的な協力を共に、実際には5月か6月にかけてのご神事として海外として本当に毎月上がるような形になっておりますが、昨年から昨年の11月から毎月1ケ所2ケ所飛び回る形になって本当に大変なご神事を行うようになりましたが、当初5月にベトナムに行く予定でしたが、前回も言いましたが、ベトナムをちょっと延期し、実際に行けるかこれから確認をするのですが、日本の国土である北方領土の国後か択捉かどちらかに行き、ご神事を行えという強い啓示があります。それも含めて、実際に行けるかということをきちんと努力していきたいと思います。
実際には6月にはセレモニーでかなりの予算を使います。実際には予算が足りない状態で、その状況で今回のフィリピンや次の国後と本当に行けるかと、自分の中ではこれから先、自分の私生活の先々を考えている場合ではなく、本当に皆さんには理解しづらいと思いますが、何とか一つひとつ後先を考えず、ご神事を優先に一つひとつこなすというのがなんとか未来を作る精一杯の動きと行っております。
よく一人で世界をもっているつもりかと、そういうことを言う方もたくさんいらっしゃいます、そしてご指導を受けます。多くの方からそういうご指導も受けますし、直接伝えてきて下さる方もいます。そういう方の中にもこれまでたくさんのご支援、お力添えもいただいて今日までご神事ができました。本当に感謝をしております。言葉でしか言い表すことができませんが、感謝をしております。ただ私ひとりで世の中を背負うどうのこうのというよりも、見ているビジョン見ていること、これまでの経験でいろんなことが現実化具現化してきた、回避してきた、違う形で世の中に反映したというものを、私なりに感じ、見て、実感してきた、現実化してきたということを経験してきております。
ですから見たビジョンをおろそかにするということは決して私の中ではできません。ですので自分の今できる限り、動けるならば地をはってでも動いてやり遂げたい。今もし動けけるのならば、動けるだけの費用があれば来月のことは考えずとも、今あることはきちんとやらなければ次の未来がないという思いでやっております。それは理屈で皆さまから何を言われようが、理屈でどうこう皆さまに説明できることではございません、常に見て感じいろんなものを経験してきた中で、自分の中でどうしてもこう先に動かなければ、何かをしなければということしか言いようがありません。ですから、自分ひとりで背負っているとか、いろんなことを言われても、どう思われるかわかりませんが、私としては今動けることは確実にやりたい。で皆さまには本当に申し訳ございませんが、祈りの力添えや現実的な行動の力添え、また皆さまに活動支援の協力ということを本当に何度もお願いしてまいりまして今日までご神事を行っております。どうかどうか皆さまのお力をお貸しいただきまして、共に未来を善く、善き方向に作るためのご神事を、そしてそこにお力添えと共に意識を持って行動ができるよう、どうかお力添えをお願い申し上げます。
本当に長々とお話、1時間半近いお話をさせていただきましたが、どうか皆さまのお力添えいただけますよう、ご協力いただけますよう、どうか共に明日の未来が笑顔で作れますように、暮らせる未来が作ることができますように、共に世の中を作る者として力を合わせてできればと思っております。今私のところで、実際には心のかけはしという団体の中で、きちんとしたブログやHPを管理する状況にもありませんし、皆さんにもご迷惑をかけております。ですが、私の中では共に本当の意味でのご神事をするミロク会と、それと共にいろんな形で祈りの心の願いを共に祈って下さる方々、いろんな形で活動を協力して下さる方々、いろんな意味の中で本当にきちんとした仕組みができれば、もう一度みろく会という呼び名が新しいものとしてきちんと作り上げていきたいと思います。それも含めてきちんと形ができれば、またいろいろと呼びかけもするかとは思いますが。

今日はとりあえず、今いろいろな話をしましたが、改めて申し上げますが、昨日の地震というものは私の中では一番の最悪を回避するための力を抜くための地震であったと思っております。しかし、震度6弱の地震ということですので、何らかの形で琵琶湖や関西の活断層を刺激し、動く可能性も0(ゼロ)ということにはなりませんので、これから2週間位は本当に気をつけていきたいと思います。そこの中で明日から行くフィリピンの中でピナツボ火山での祈りの際に祈り合わせの力添えをお借りしたいということと、4月21日の祈り合わせにも皆さんの力をお借りしたいという呼びかけでございましたが、その呼びかけにたくさんのいろんな話をして、いろんな話が飛びまして申し訳ありませんでした。どうか皆さまのお力添えとご支援のほどをもって、共に未来を善き未来に、笑う未来に、生きる喜び生きる力をもって本当に足元から心から笑える未来を作れたらと思っております。
どうも長い時間ありがとうございました。今日はこれで終わらせていただき明日からはフィリピンの方に祈りのご神事にまいります。

どうもありがとうございました。

比嘉良丸
比嘉りか

4月14日の中継 3/4

2013.04.27.10:00


****つづき~3部目

今いろいろ本当にたくさんのことをいっぺんに言っていますからちょっとわかり辛いかもしれませんが。
もうひとつ、私が改めて申し上げたいことがやはりあります。福島や東北の方々には本当に失礼なことかと思いますが、決して復興を妨げるつもりはございませんし、復興が早くされて被害に遭われた方たちが、そこの人たちが本当に元の生活を取り戻すことができますように心から祈っております。

しかしながら、実際に起きた原子力発電所の事故、その放射能の問題、今改めて問題になってる放射能の汚染水が漏れ出しているという事は、もう2年もたって本当に国や県や市町村や電力は本当に安全だと言い切っていますが、もう本当に国や県を信用するなと言ったら罪になるかもしれませんが、また皆さんにすごく不安を与えるかもしれませんが、今、目先に本当に恐ろしいことが起きている、見えないところで確実にそれが子供たちやその周辺の人たちの肉体に本当に害をなしているということを、私の中ではどうしても啓示的にはそれが伝えられてきます。それを何と何かをすれば間に合うということも言われ続けていますが、言われ続けて2年、もう実際には祈りで何とかなるというものではなく、起きたことに対しては自分でその対策、対応をしなければ自分の身や大切な人たちを守ることができないということを、やはり真剣に考えないといけないという時期に、もう来て、今が分岐点だと。本当に今きちんとやらなければ大変なことになるということをあえて伝えさせていただきたいと思います。やはり現地の人たちにとっては大変な、聞きたくないことであるでしょうし、私のいう事はすごく不安を与えるし、恐怖を与えてしまいますし、復興を妨げてしまうということでお怒りを持つ方もたくさんいるかとは思います。しかし、今何とかしなければ本当に後悔ではすまない事態に陥ってからでは遅いということもあえて伝えさせていただきたいと思います。本当にお怒りを持つ方はたくさんいるかとは思います。私の言ってることはうるさいと、耳をかたむけたくないという人もいらっしゃるとは思いますが、あえて言わせていただきますと、今本当に何とか気づきを持ってやらないと後悔ではすまない状況になりかねないのが、本当に放射能の問題というものは真剣に取り組まなければいけないと、やはりそこは強く伝えておきたいと思います。

本当に今日突然の放送で皆さんの恐怖を煽いでいるような発言だけで申し訳ありません。
私の中では本当に南海トラフの危険性、富士の噴火の危険性というものがすごく高まっている、だからこそ3年前から富士でのご神事、今年で3回目の富士でのご神事も本当に何が何でも行いたいと思っております。
逆に富士のセレモニーをすることによって私の活動が6月以降、7月からは実際にはできなくなる可能性もあります。きちんとした計画をもってそのご神事を行うことには、かなりの費用もかかります。ですので7月以降の後の生活、自分の生活というものは今考える余裕がなくて、なんとか6月まで、6月までに回避する伝えられたご神事をもって今見てる最悪の事態だけは回避したいという思いでおります。

ですので、私の中では南海トラフによる大地震、大津波だけではなく、それに連鎖・伝達する関東から東北・北海道までの日本列島を縦断する太平洋側のプレート型の地震が起こることによって、大きく日本の中央構造線の範囲や鳥海火山帯、白山火山帯と言われるもの、そして羅臼から北海道から青森に抜ける大雪山を経ての火山帯など、いろんなところでのひずみが起きると伝えられています。それだけ大きな地震が起きれば内陸側での亀裂が走る。逆に日本海側に引っ張られるというか、押される、日本海側を内陸側に引き寄せられる場所があります。
そうなると日本海側でも大きな地震が連鎖伝達として起きます。

だから、大きな地震が起きれば、日本列島どこに連鎖伝達するかもう予想がつきません。それだけではなく、火山帯の刺激により多くの火山の噴火が起きる可能性がたくさんあります。実際に3.11以降、その伝達がずっと起きております。それにより火山の活発な活動も地の中、その火山の下奥深くの火山脈の中では刺激で活発化しているという事も伝えられております。

本当に自然の動きというものは大きな動きをしております。そこにある原子力発電所や原子力施設、化学工場の本当に自然災害というものによる大災害、そういう施設等の事故による大災害というものも連鎖する可能性が高いという事も啓示では言われておりますし、それだけではなく人間のかけひき、国のかけひき、欲のかけひきから起きる、経済の政治の混乱から起きる内紛・紛争、戦争、それにいたる要因となる経済の崩壊など、今、目先では本当に全てが重なろうとしています。
そこに新しい伝染病や感染病の流行というものも重なろうとしています。

私の中で本当にそれが、全部重なっての最悪のビジョンをひとつひとつ常にどうやって回避するかということで伝えられて、頭の中は常にまわっております。それを何とか先行してご神事をしようと思っておりますが、今のところははっきり言いまして、後手にまわっております。ほとんどの活動の中で、後手にまわって活動しております。私の活動というものは時間があるものではなく即動き、即対応し、即仕組みを作らなければ間に合わなくなる。今は神事(かみごと)全てのものに対して時間的な余裕というものが本当にありません。見た目は1ケ月、2ケ月、3ケ月、半年と余裕があるように思われるかもしれませんが、私の啓示的なもの、活動的なもの、動き、計画的なものは決して本当に余裕のある活動はひとつもありません。計画を立てたり、実行しようとしたものは即行わなければ、本当にそれが全て後手にまわります。その安心からその時間の余裕というものは確実に後手に後手になり、1週間でできるものが1ケ月、1ケ月が2ケ月、3ケ月、4ケ月とずっとずれていきます。
そういった事によって本当に後手にまわってしまう中、何とかそれ挽回しようと全ての活動や行動がうまくかみあい動き、即対応することによって先行することができるのですが、今の状態は先行ではなく全てが後手にまわり動いている状況にあります。

それはやはり、それだけ世の中の動きがあまりにも早いということです。見えないところの動きが。本当に見えないところの動き、かけひき、見えないところでの何かを起こそうという人たちの目論見があまりにも早く、確実に、いろんな手を先手先手に動かしている状況にあり、それに何とか先手をうつという事がなかなか厳しいということが現実的にはありますが、それはやはり人間が意識をもってすぐ対応するという形で動かなければなかなか厳しいのではございますが、今のところは申し訳ありませんが後手にまわってのご神事と、後手にまわってのいろんな動きという形になっております。

これはどうしても見えない世界の中で見えないところでのかけひき、そして、それを確実にするためにやはり見えないところの人たち、それは確実に悪い流れを作ろうとする人たちの目論見というのは確実に起こそうという意識で動いていますので、常に計画的に確実に一歩一歩手をうち、世の中に現実化して、その仕組みをきちんと組み立てていて、悪い流れを確実に先行してそれを確実に行っております。ですから、目に見えないところで悪い流れを確実に、確かなものに作りあげていく流れが先行しているということに今はなっております。それを何とか打開しようと思っておりますが、私がそういうことを叫べば叫ぶだけ、やはり見ている人、聞いている人にとってはとんでもない恐怖を煽っているように聞こえるかもしれませんし、東北やそういうところの人にとってはこれから復興に向けて一気に進もうとしているものの足を引っ張っていると思われるかもしれませんが、でも今、私自身はこれまでの啓示やビジョンいろんなものの経験を伝えてきました。で、それは、実際に私の流れとしては、今私の見ているビジョンは全ての悪いものがきちんと、きちんとという言い方はおかしいですが、それを現実化しようとしている人たちからすれば、確実にひとつひとつ組み立てて、それが現実化、本当に世の中の破滅への道を確実に組み立てて実行し現実化しようと、本当に今年、来年、再来年と本当にそれを現実化していこうという状況にある、それを何とか回避するためには本当に多くの人たちの力を借りてそれを回避することが重要になってきます。

どうかみなさんのお力をどうしてもお借りしたいと思います。
そこでこれからは私がどういうご神事をし、どういう啓示に基づいて、どういうことをしているかということをみなさまに勉強会の中で実際に一緒にみなさんに体験していただこうと思っております。もし、本当にできる方は一緒に参加していただいて、勉強会で一緒にどういうご神事をやっているのか、見て感じてそこに参加していただきたいと思います。そこには南海トラフの動きや富士山の動き、自然の動きと、北朝鮮の状況、中国の状況をできるかぎり話をしてみたいと思っております。

今後はどういう形になるかはわかりませんか、先にも言いましたように伝えたいことはたくさんあります。あまりにもたくさんありますし、それは聞けば聞くだけ皆さん嫌になる位の恐い話もたくさんあります。そういう中で私はご神事をしていますので気が狂いそうな位いろんなものも見ます。私自身本当に善いことだけ考えて、善いことだけ言うことができれどれだけ幸せか、誰もそんな、見えない恐怖を煽るようなことを言って歩きたいとは全然思いません。逆に飛び回って肉体ぎりぎりまで、時間ぎりぎりまで、精神ぎりぎりまで飛び回ることもしたくありません。沖縄から本当に祈り、みんなにインターネットや映像でいいことだけを言って、みんなに喜び、共に至福を味わいましょうと、そういう祈りができればどれだけ幸せか。

しかし、誰かが一番最悪のビジョンを見て、それを起きないように皆さんに情報を発信し、皆さんとともにそれを回避するための行いをする呼びかけをすることがやはり必要だと。
ですから、私が見てくるビジョンというものはすごく最悪なものを見せられますが、それは全部回避し、善き方向に流れるための情報だと、決して恐怖を煽るわけではなく、それを知って最悪の流れを回避するために意識を変えて皆さんの行動で善き流れを作っていくための呼びかけるための情報だと思っております。

~続く~

4月14日の中継 2/4

2013.04.26.18:00

~続き:2部目

ほんとにバカな話をしてると思われるかも知れませんが、実際に毎日そういった状況です。その中で感染病がどういうふうに拡がっていくのか、どういう状況なのか、どういう事をされているのかとか、色んな事、地震のビジョンを見ながら想像している中で感染病のビジョンが突然入ってきたり、啓示が入ってきたり、自分の中で常に色んな情報が頭の中を駆け巡り、どれを先にするのか、即判断し何を祈るか、何を想像しどういう順序で神事をするかという事を常に自分の中で状況に合わせて、意識を切り替えながら組立てながら、仕組みを作りながら、色んな事を祈り願い、そして想像の中からご神事の中から現実化する、普遍化するというようにという意識でおります。ですから、常にお宮でお祈りしてる訳ではなく、またそれだけで出来るものでなく、家にいてもどこにいても自分の身体、意識、頭、全て使ってそこに集中しております。
ですので、ほんとに皆さんには理解出来ないかも知れませんが、常に変化した情報の中で優先順位を決めてやっております。そこの中で今ほんとに世の中で起きようとしている事は、紙一重でいつどういう事が最悪の事態に導くかという事で、意識を集中しております。

実際に昨日起こった地震もこれも事前に知らされている事でもありました。3月の大阪の勉強会では、大阪・関西で起きる大きな地震は回避出来た、という事も言いました。実際に私が大きな地震という事を言わした頂ければ、3・11や、マグニチュード、震度で言った方が解り易いかな、震度7以上の地震を大きな地震、3・11クラスかそれ以上の地震を大地震と言っております。今回起きた6弱というのは、本来大きな地震ではございますが、大きな揺れをなしますが、日本の国では、とんでもない大災害を引き起こすまではいきません。今の日本の建築技術の中ではなんとか大災害に繋がらないぐらいの地震であると、私の中で、これまでの経験の中で判断させていただいております。津波にしても1mを超える津波の発生というのはなかなか起きないだろうと感じてます。もし、それ以上の津波や災害をそのクラスで大きな災害や、逆に次に伝達連鎖する、つながる地震となるということでしたら、やはり皆さまによびかけをして祈りを行いますが、今回の神戸の地震については、私には、3月に大きな地震はないと伝えられ、そして、何とか逃れたと言った後にやはり来る可能性がすごく高いと改めて啓示がありお伝えいたしました。

私も本来だったら4月に神戸方面へ淡路から入り、神戸淡路を駆けめぐり。実際移動行程としては九州からですね、車に乗って鹿児島から上がり四国から淡路を経てそのまま関西、京都、滋賀の琵琶湖から福井に入り、福井から北上し、新潟から関東に入るご神事を行う予定でございました。また、どうしてもそれを行いたいという形で書き込みにも書いておりますが、結局沖縄でのご神事がなかなか厳しく、沖縄を離れることが厳しい流れの沖縄でのご神事となりまして、実際に4月に上がることができませんでした。ですので沖縄の方からのご神事をずっと行っておりましたが、明日(14日中継の為15日の事をさしています)フィリピンにたつ前に昨日地震が起きたことは、私としては、地震に見舞われた地域の人たちはすごく不安で実際には被害に遭われた方もいらっしゃると思います。
ですから、私が言うとしていることは不謹慎かもしれませんが、昨日の地震が起きることによって、これは3月の勉強会でお話ししていることですが、もう一度言いますが、大きな地震は防げたと言われつつも後から起きる可能性が高いと改めて啓示で伝えられたその地震は、何とか今回の地震によって伝えられていた大地震の災害は、先延ばしかエネルギーの分散で何とか防ぐことができる地震がおきたのではないかと、私自身は安堵しております。
そしてフィリピンでの祈りというものは富士山の噴火の連鎖・伝達、富士山での大噴火、その富士山の噴火を起こすプレート型地震、要は南海トラフの本当に3.11を超える超大型地震、そして富士山を噴火に導く流れを何とか回避するためのフィリピンでのご神事でございます。ですから、フィリピンプレートや火山帯、火山脈の祈りに集中してまいります。

それと中国との近隣諸国のアジア全体の流れ、戦争への流れのご神事でもあります。
ですから、フィリピンでのご神事はすごく重要なご神事ではございます。
その前に神戸で起きたという事は何とか大災害を防ぐための力の分散というか、エネルギーを抜くことができたという、思いでおりますが、本当に不謹慎なことを言っていると思われる方もいるかもしれませんが、このような意味合いをご神事の中でビジョンとしてみていたのでございます。

ただ油断できないのは震度6弱の地震が神戸で起きたことにより、その断層を刺激したのは確かでございます。それで、地震が起きたということで、ガス抜き的な意味合いとして安心はしておりますが、この地震によって、琵琶湖周辺にある活断層の震源を刺激し、富士山および福井に流れている活断層が刺激され大きく動くようなことがあれば、地震以上に本当に心配なのが大飯原発、高浜原発になります。実際にはあそこには美浜、もんじゅ、敦賀という原子力発電所があります。そこは油断ができないと思います。

しかし、大飯原発が本当に事故を起こすようなことがあれば、私が見ているビジョンをはっきり言わせていただけば、その原発の事故が起きた場合には、大きなメルトダウンが起こったあとの数時間後、2時間から3時間後には、関西全体で黒い雨やそして白い灰が降るビジョンをずっと見ております。それは今回初めて言います。あまりにも刺激的な話ですので言えずにいましたが、本当に見ているビジョンはこのように見ております。
ですから、私が本当に腹がたつのがどこかのおえらいさんが黒い雨にうたれても身体被害はないということを言っていましたが、伝えられているビジョンの中では、本当に大変な状況になるということを見ております。

だからこそ、何とか回避阻止したいという気持ちで日本全国を飛びながらも、ただ福井の原発だけではなく日本全国には17施設の原子力施設がありますし、どこが先にどういう状況で起きるかわからない状況で、ご神事の中で福井の原子力発電所の事故を抑えるのに福井だけの祈りではおさまらないわけです。京都や滋賀、隣の県の石川県や京都、そういう隣の県や府やそれとかなりかけ離れている本州の下の山口県だったり青森県だったり九州だったり四国だったり北海道だったり、その地下の中ではそのエネルギーがつながってるわけですから、どういう風に連鎖伝達してそれが流れてしまうかといういろんなビジョンの中で、福井で大飯原発だけを何とか小難無難という形で大飯原発だけ祈りをすればいいというわけではありません。

ですから、日本全国を飛び回りながら全てのビジョンや啓示に基づきご神事を行っております。今回本当に危機として感じており、沖縄から本州に上がれないこと、私自身上がりたくとも上がれずにおります。
沖縄のご神事が一時ストップして本州に上がれるご神事でしたら、本当にこのようにしていきたいのですが、沖縄の方でどうしてもやらないといけない、それを怠ると逆に私が見ている最悪のビジョンが起きてしまうという流れも見ておりますので、なんとか沖縄のご神事をひとつひとつ組み立てるようにという形でやっております。

今、そういった流れで今回、一番最悪を避けるために神戸で昨日地震が起きたと、それは最悪を防ぐために力を抜いた、エネルギーを抜いた地震になると私は確信しておりますが、ただ、私に伝えられた啓示や確信が100%安全かと言われたら、やはり言い切ることができません。それで2週間位は様子を見るという形で気をつけてほしいということを伝えたくて、こうして生放送をさせていただいております。

ですので、明日(15日)、明後日(16日)、明日行って明後日でしょうか、ピナツボ火山の方へご神事に参ります。
改めて明日の沖縄からフィリピンに発つ前に祈り合わせの時間帯を時差を調べて時間帯をできるだけ流しますので、どうか祈りの力添えをお借りしたいと思っております。ただ、わたしの足で1時間位石がごろごろした所を山登りするということですが、私自身が足というか、実際にかなり貧血症で、今、正直普通の男性のヘモグロビン数値が、正常値の半分以下のレベルにあるものですから、すぐ貧血になりそうな状況にありますのでゆっくりゆっくり上って行く形になると思います。普通の人で1時間位と言いますので3倍位かかるかもしれません、下手すれば体力的に途中で上がれなくなるかもしれません。今、ご神事的に、体調がかなりきつく、何度も、変なことを言うかもしれませんが、本当にヤバいと思った時、危険の知らせ、警告として私の場合は啓示やビジョンと更に身体的に知らせがきます。身体に来る時は本当に切羽詰まった状況を知らせてきている時でして、その時にはかなり血の混ざった、食事時間で申し訳ないですが、血便というか、おしりから出血がひどくなり貧血がひどくなるのですが、今実際にそういう状況であります。ですので、フィリピンでできる限りその火山の頂上まで行ける、頂上なのかどこかわかりませんが観光コースであるらしいのでそこまで行けるようがんばってそこで祈りをしたいと思っております。

どうか、できるならば南海トラフが動かないように、そして、中央構造線の流れとして、関西から琵琶湖、そして福井あたりの活断層を刺激し、実際に大きな地震と共に大飯原発が大きな臨界事故を起こさないようにという祈りを行いたいと思います。

~続く

4月14日の中継から 1/4

2013.04.26.09:30

新暦4月26日(旧暦3月17日 戌)

いつも真心のお力添えありがとうございます。
掲載の日付が前後しますが、お伝えしておきたいという本人の意向により、書き起こししていただきました内容を4回に分けて掲載させていただきます。長文ではございますが、お読みいただけますと幸いです。

**4月14日放送分 書き起こし
※中継しました内容を書き起こししました為言葉などは話口調になっております。
※わかりずらい部分など、補足させていただいております
※内容は、14日の中継時の事につき、現在とは違っている場合もございます。ご了承くださいませ。

大国みろく大社の比嘉良丸です。
今日も突然の放送のお知らせになりましたが、明日フィリピンに発つ前に少し皆様のお力添えを頂きたく、生放送でこれから啓示に基づいたお話をさせて頂きます。
今の啓示による状況と致しましては、私自身は、かなり油断が出来ない状況だと思っています。前にもお話致しましたが、今油断出来ない本当に油断出来ない状況にあると思っているというより、危機迫る状況の中で、常に危険を知らせる啓示がきておりまして、いま確実に全ての出来事を回避し流れを変えるご神事が必要な状況になるのですが、実際には後手に回っている状況です。しかし、遅れている部分を何とか追いついて、そんな中で何とか最悪の状態を何とか回避しているという状況にあります。ずっとこの状態が続いております。本来の事をきちっとやれば、本来なら私の神事というのは、先に啓示を受けてビジョンを見せられ、それを先行してご神事を行い、回避するとともに世の中の良き方向への流れを作るというのが、本来のご神事の意味合いではございますが、当たり前の基礎の段階から後手に回っている状態です。このままでは取り返しのつかない状況になりかねない、どのようにして成功させたらいいのか、これは私一人で何やかやとするのではなく……すみません、何とかご神事を行い、今の最悪の状態を回避することが出来るよう専念するように、頑張ります。かなり危機迫る状況にあるとしか、私には言えません。皆様にはどのように伝わるかわかりませんが、今の目先にある出来事全てが啓示で数年前から言っている事でございます。

北朝鮮の事に関しましても、勉強会でしっかり伝えようと思っています。勉強会では中国の事と重なりながら関係ある日本、アメリカ、その流れで朝鮮半島、中国のことをお話しようと思っております。また、勉強会では南海トラフの話を専門家に話して頂きます。ただの専門家でなく、長年地震の予知、予防に関わってきたこの分野で研究されている第一人者の方です。勉強会では富士山のことも含めてお話をしようと思っています。

今日緊急に放送させて頂きましたのは、今、世の中で起きている出来事の中で、一つは朝鮮半島、そして中国、日本の国内の情勢、このままではほんとに今年の下半期から来年にかけて日本の法律が大きく変わり、戦争への道に突き進む流れが止めようもなく起きる可能性が強くあります。大まかにいって申し訳ありません。それに伴う経済の混乱が起きる可能性がすごくあります。

私は毎年北海道から九州、四国、本州を含めて感染病に関する警戒をして回避の祈りをおこなっています。今年は本来2月、3月、4月というのは感染病に関して日本全国を回っている段階でございます。冬から春にさしかかる2月から3月、4月にかけて感染病に大きく警戒をします。それと7月から10月あたりまでも、かなり警戒して年に2回ご神事の中で日本全国を回りながら祈りをしております。

今、私の中では、一番最悪の事態である、このままでは全てが重なる可能性がすごく高くなっています。
まず今日は大まかにお話させていただきます。皆さんには恐怖を煽っているように聞こえるかも知れませんが、私は常にこのビジョンを見て警戒して常に飛び回っています。今本州は回っておりませんが、沖縄を回りながらも、沖縄のご神事の中でも私自身の啓示に基づいた祈り、やりとりを行っておりますので、改めて申し上げます。
一つは今、上海を中心に広がりつつある鳥インフルエンザというものは、あれは自然的に発生したウィルスなのか、意図的なのか、と考える場合、啓示的には、自然的な発生ではなく意図的な発生により、それは一気に広がるという事を伝えられております。今は、広がる形になっていませんが、徐々に人間から人間に広がる可能性がすごく高いと伝えられています。私の啓示が間違ってれば一番ありがたいのですが、その通りになってしまうようなことがあれば、最悪の事態になりかねません。上海という大都会で、貿易中心の、産業中心の大都会で、多くの人達が飛行機や船で、海外へ出入りする。このような場所では、感染病が世界中に広がる可能性があります。今は徐々にという形になっていますが、これに一つ二つ手を加えることによって、一気に世界中に広がる可能性がすごく高い。実際には世界に広がるというよりも、中国国内で広がる可能性がすごく高いということを伝えられております。中国で、もしそれが意図的な流れとして実際に5月6月ぐらいから流行りだし、そのまま沈静化ではなく、一旦収まったかのように見えておきながら、一気に新しいウィルスに進化して広がる可能性がすごく高いという啓示で言われております。それが意図的な人為的に広げられたものでございます。

その意図的な流れとしましては、昨年の12月21日に、私に伝えられた啓示として、マヤの預言が現実におきたように、マヤの預言という存在を利用し何か大きな出来事を起こそう、おこなおうとする動きがあるということを言われ、その中で地震が起きる可能性が高いということも伝えられました。その啓示がなんとか変わり、次は隕石をそこに落とすという流れがあると伝えられ、その次にはウィルスという形で次々と中国に何らかの形で何か手を加えようとする存在というか組織というか、そういう者がいると、啓示で言われております。
この啓示に合わせて、私は12月中国に行き、小難無難のご神事をし、その流れでなんとか回避するというご神事をするという形をとってまいりました。そして隕石のことも含めて祈りを行ってまいりました。
今回も本当は、本州にも上がりたかったのですが、なかなか上がれずじまいではあります。
感染予知というものにおいても、一気に広がらないようにという流れのご神事を行ってはおありますが、ご神事といっても私の中での確認作業やどのような場所で祈るのが小難無難に通じるかという段階のご神事ではございますが、今おこなっております。

沖縄では団体で、私を含めて7人でご神事を行っておりますが、その内容は、いにしえからの神代の時代の過ちを解き、現代にあたってほんとの世の中の流れ、仕組みを作るためのご神事を行っています。団体でそれを行うのはこれともう一つ、自然災害の仕組みを何とかするというご神事を行いたいんですが、現実には今中心的にしてるのは、いにしえからの神代の時代から人の世に変わり、その流れの神事と間違いを正しながらこの世に新しい道筋を作るというご神事で、沖縄では行っております。その段階でやるには新しくご神事をする仲間として、そして沖縄の方でご神事をする人達をみろく会という呼び名を新しく持ちましてご神事を行っています。いまの流れではその仲間でやるのが、その神事では精一杯でございます。

私のご神事としては、それだけのご神事をやっていると全てが間に合わなくなりますので、一つは自然災害の流れ、そして政治経済の流れを見極めて、日本という国の流れの中で中国、朝鮮半島、台湾、フィリピン、東南アジアの流れを見ながら、内紛、紛争、戦争への流れがどのように起きるのか、それをどのように回避し正しい道へ流れを作るのか、そして反映するのか、自然災害がどのように関わってくるのか、その自然災害も、自然の中で起きる自然災害なのか、それを意図的に左右し人間の手によって引き起こされる自然災害なのか、そして意図的に経済を混乱する流れを見極めて、時期を確認し、それを回避するご神事をしないといけないのかを見極めてゆきます。


先程言いました細菌、ウィルスや感染病、伝染病を、自然発生や人為的発生を見極めながら、どのような流れを阻止して行くのか、回避して行くのか、いまそういうものを、頭の中では色んな物をビジョンとして啓示を見ながら、駆け巡りながら、一つひとつ何とか回避して行こうとやっておりますが、それでもやはり一人では限界があります。それで皆様に力添えの祈り合わせなどを行っておりますが、なかなか私の意図をきちっと伝えることが出来ず、また私が常にその中で危険だ、危ないと何度も言う事によって、ある人からは、逆に、言われる事によって、どうせまた起きないとか、大丈夫だとかそういう考えが持たれるという指摘がありました。そうと言われたらそうかも知れませんが、私はほんとにちょっと油断すると何が起こるかわからない状況で、常に気が高ぶっております。集中を切らしたら何が起こるかわからないという気持で気を張った状態でございます。

切羽詰って伝えてくる多くの存在の誰から先にしどのようにどう動けばいいか、常にそれだけ考えて、どのように祈りをしないといけないか、どのような意識で神事をしないといけないかということを常に意識をしております。今から言う事も皆さんにはあまり理解出来ないかも知れませんが、私は次のようなイメージを持って祈りをしております。
ビジョンや啓示を伝えられると、もし地震の啓示があれば、プレートの動きを想像し、それが跳ね上がるのか、押されている所が亀裂が入って折れてしまうのか、要は、プレートが沈み込んで抑えられているのが跳ね上がって地震が起こるのか、それが逆に押され過ぎて大陸が割れて亀裂が入ってしまうのか、沈み込む方向で大陸側の方で、内陸側で亀裂が入ってしまうのかとか、いま言っている事がちょっと解りづらいかもしれませんが、要は、プレートが太平洋側から沈み込んで押されている。そのプレートが跳ね上がればプレート型地震になりますが、それがポンと内陸側が亀裂が走ってしまうという状況になるのか、それとも活断層がずれるのかとか、色んな事を啓示で言われ、ビジョンを見せられた時に、その見たビジョンを頭の中で想像しながら、それをほんとにどのような流れが起きるのか、どのように伝達するとか、連鎖するのかという事を常に意識をしながら、その中で自分の頭の中でどう分割分散するのかという事を、常に頭の中でそれを描きながら、こんどは噴火のマグマ溜りを同時に想像しながら、火山の噴火、伝達というのもリンクしながら想像してゆきます。その中で地震が起きた時に原子力発電所の事故とか、その事故が起こった時に放射能の拡がりがどういうふうに拡がっていくのか、というものも想像する流れの中で色んなビジョンに膨らんでゆきます。
そして、そこに祈りを集中して、気を集中する事によって……理解しづらいかも知れませんが、ほんとに何を言っているんだと思われるかも知れませんが、そのような中で、実際の地震を感じながらも、それが少しずつ、大きな地震が小さな地震になったり、エネルギーが外に全然違う所に抜けたりとか、そういうものを感じた時に、実際に起きたり、見たりします。

~続く

19日の中継から

2013.04.25.09:30

新暦4月25日(旧暦3月16日 酉)

いつも真心のお力添えありがとうございます。
本日は、先日19日、フィリピンからの帰国後に中継しました内容を書き起こししていただきましたので、加筆、補足しましたものをお伝えさせていただきます。
どうぞ、お読みいただけますようお願いいたします。

4月19日放送分***中継の際の話をそのまま活かし書き起こしております。ご了承くださいませ。

大国ミロク大社の比嘉良丸です。野島崎のほうに来ております。当初、先端の方から海に向かって映像を配信しようと思ったのですが、かなり風が強いです。風音で聴きづらいという指摘をうけましたので、場所を変更して放送を流したいと思います。

4月15日からフィリピンの方へ行ってまいりまして、昨日(4月18日)夜10時過ぎに成田の方に着きました。今日朝から祈りをしながらこの野島崎の方へきております。今日、当初最初に4月のはじめにお伝えしましたように、第1第3の金曜日に放送を流すというお約束を致しました。出来ましたら月に3回ほど映像を流したいと思っています。そこで今日第3金曜日、フィリピンから帰ってきた翌日にあたりますが、これからお話をさせて頂きたいと思います。

今回フィリピンのご神事は、これからの日本の流れに対して、大きな意味合いを知る事となりました。その前のイスラエルもそうでしたし、グァムもそうでしたが、やはり海外に行くことによって、その場所と日本と、そして世界の流れを垣間見ることが出来ました。伝えられる事が確認され、確信に繋がることとなりました。今回も、フィリピンに行っている間にいろいろ地震や事件などが起きましたが、それは将来、そのまま行けば近未来に大きな災害、災いをなす出来事の前兆と受け止めております。

14日にも放送で流しましたが神戸での地震は、京都、滋賀、福井、琵琶湖を中心に起こり得る大きな地震、それに基づく臨界事故の事をお話しました。その時にもお話をさせて頂きましたが、琵琶湖での大きな地震の回避、力を抜く地震だということをお話さして頂きました。そして、2週間の間に琵琶湖で起きる可能性があるという事をお伝え致しましたが、これまでの私の啓示や流れを常に見てきて下さってる方は、流れとして大体つかめるかと思いますが、日本列島を中心に環太平洋をぐるっと回る火山帯、日本の関東から、中央からマリアナ諸島に向けてニューギニアあたりに行く火山帯、日本では東日本火山帯となります。
そして九州へ流れ、ぐるっと回る西日本火山帯とあるのですが、2004年にスマトラで地震が起こりましたが、このあたりからのプレート、トラフを含めて、関連するプレートが中央アジア、アフリカ、ヨーロッパまで横たわっております。地上から見ていると解りませんが地の中では、地球上にそのエネルギーの伝達、連鎖しており、地の中ではすべて繋がっている事から、実際、どのような形であっても起こり得る形として存在しています。火山帯にしてもプレートにしてもマントルの動きにしても、地球の中で繋がっていることから何らかの形で関連性があります。

今回のイスラエルの件にしても、私もフィリピンにいたので、はっきりした情報が解りません。アメリカでもテロがあったらしいということで聞いております。やはりテロに関しても宗教的なものを偽り、2001年以降の、何て言うんですか、目に見えない駆け引きの中でのテロという物もその布石だと、伝えられております。最悪の流れとしてはイラン、イスラエル、シリアの中での衝突から大きな中東戦争からヨーロッパに飛び火するという事を啓示で受けております。最悪のビジョンとしては、北朝鮮や、パキスタンの核弾頭が盗まれテロに使われるとか、そういう啓示があるという事は14日の放送でもお話させて頂きました。

フィリピンに行き、実際にそういう事が解るかと思われる方もいらっしゃるかと思いますが、やはりあちらでの啓示、やりとりでもそういう流れがあるという事を確認というか、そういう啓示を受けてまいりました。

それと富士山の噴火に関しても、フィリピンの火山で解るかと思われる方もいらっしゃるかとおもいますが、それについてもかなりの強い啓示で伝えられております。実際に富士山が今回噴火したら、どれぐらいのレベルで大噴火が起こるのかということも啓示で伝えられてまいりました。その事については明日(4月20日)の勉強会の方で、きちんとお話をさせて頂きたいと思います。

それと、小事的な紛争から本格的な戦争に関わる情報に関しても北朝鮮、中国などの動きも啓示にありました。それに関しても、事前に伝えておりますように勉強会の方で出来る限りお伝えしたいと思います。

今日の放送で伝えたい事は、感染病、伝染病についての啓示についてお伝えしたいと思います。今中国で新型ウィルスなんでしょうか、どういう状況か解りませんが、去年もそうでしたが毎年感染病に関しては強い警告の啓示があり、日本列島を常に飛び回っております。去年も夏風邪が流行ったら怖いという事でお伝えいたしました。今年もそうです。今年も夏に入って夏風邪が流行するような事があれば、恐ろしい感染病に変化するという啓示が伝えられております。それは強い警告の啓示で伝えられております。それと同時に、皆さんには、おかしな陰謀説と受け取られるかもしれませんが、中国、東南アジアあたりから新しいウィルスでの広がりが起きる可能性が高いという事も、改めて今回のフィリピンで伝えられました。

このウィルスに関しては、実際に今年イスラエルに行った時、グァムに行った時、そして日本でのご神事の中、沖縄でのご神事の中でも伝えられてきている事ではございますが、それは自然的発生ではなく意図的な発生によるウイルス感染病、伝染病が拡がる可能性が高いという事を伝えられております。これは毎年のことですが、今回はほんとにその動きが強く出ているという警告が啓示で伝えられております。恐ろしい結果になりかねない状況があるという事で強い警告の啓示を受けております。

それらを考えて今私自身、いろんな動きをしなければなりませんが、肉体は一つであり、時間的、時間的というより、行動、意志は、これからどんどん動かなければいけない大事な時期になっております。一つ間違えればほんとに感染病が拡がる状況があります。それを完全に阻止し回避しなければいけません。それと同時に目に見えないところでの戦争へのカウントダウンは確実に進んでいるという啓示があります。それは確実に阻止し回避しなければいけません。

それら全てのものが確実に動き、最悪の状態へ突き進んでいるという事を伝えられております。それを言うといつも恐怖だけ煽っているように受け取られてもしょうがない事ではございますが、啓示は啓示として、事実そのように伝えられております。今の状況を甘く考えていると、気が付いた時には取り返しのつかない波に巻き込まれて、ほんとに最悪の事態にどんどん流され、突き進むという状況が今目先にあるという事を伝えられております。

その中で地震や経済や政治や、
地震だけでなくあらゆる自然環境による災害ですね、
それと人為的な災いを含め、いろんな事がいま一気に、今年、来年、再来年とほんとに進もうとしているところで、啓示で、ずっとそれを阻止するために何十年もご神事をしてまいりましたが、これをほんとに今大事な時期に突入して、それを全て回避するというのはすごい集中しておかなければいけないということで、今改めて仕組み作りを行っておるところでございます。そこの中で沖縄でのご神事、本州でのご神事、海外、そして大きなご神事として富士での6月夏至の時期のご神事があります。

冬至は毎年北海道旭岳に行ってまいりましたが、去年は行くことが出来ず本州でのご神事になりました。今何を行わなければならないか、伝えられてくる啓示から目に見えない部分での善い方向へのいろいろな仕組み作りを行っているところではございますが、皆様に今日お伝えしたいこととしては、これから夏にかけて、ほんとに体調をきちんと整えて欲しい。それと出来たらマスクも含めて万全な対策をとって欲しいと思います。

今日本の国で、これも関連してまいりますが、放射能の問題も含めて、環境というところで、人間の内から蝕む新しい病原菌というものが発生する可能性が高いということが伝えられております。それが北海道から流行るようなことがあれば大変なことになるとも伝えられております。しかし日本全では大きな河川や干潟や湖、渡り鳥やいろんな動物の行き来する場所というものが多くあります。動物を媒介して来る病原菌も含めて、意図的な病原菌も含めてすごく注意しないといけないのですが、今年の夏に向けては、ほんとに注意しないといけないと思います。今、夏、夏といっておりますが実際に夏に体調をくずし秋から冬にかけて本格的に流行り、病にかかり体内にその病原菌が残り、長い潜伏期間をへて実際に大流行となるのは来年の春というふうに伝えられています。ですから夏風邪や体力が落ちた時に身体の中に入った菌がそこでゆっくり成長して来年の春ぐらいに大流行する可能性が高い、という日本での起こり得る感染病か伝染病の流れのいきさつを、今回啓示で伝えられてまいりました。
しかし、中国や東南アジアの中で感染病を起こすそれは、確実に意図的な感染病だと伝えられています。

すみません、もう一度整理させてください。日本で起こり得る感染病か伝染病というものは、自然の中から発生する病原菌になります。特に5月6月の間に択捉か国後に行けと啓示で言われました。日本国土の北方領土あたりか、本来はカムチャッカなんですね、シベリア半島のカムチャッカの先端の方から、永久凍土が溶けて、そこからくる病原菌が夏風邪を流行らして、ウィルスが半年ぐらい人間の身体の中で生き続けて来年の春に大流行する可能性が高い。それを回避するためのご神事として択捉か国後へ行けという強い啓示であります。

更に伝えられている啓示の内容としては経済、政治、そして資源全ての物に対しての啓示的意味合いがあって択捉、国後という事を伝えられています。本当はカムチャッカなんですが、そこまではちょっと資金繰りを含めて厳しいかと思われます。そこで実際になんとか踏ん張って行けるかというところで国後、択捉かどちらかにというところで今考えております。それは先程もお伝えしましたが、日本で流行する感染病に関しては自然に発生する感染病と伝えられておりますが、中国や東南アジア、南アジアで流行する感染病は意図的に発生する感染病や、細菌兵器を使ったテロ、テロと言うのか、テロの範囲を超えたものだと伝えられている内容からそのように思われます。

そこで今、もう一度伝えさせて頂きます。何度も同じ事を申し訳ありませんが、今日放送でどうしても伝えたいことは、感染病、伝染病に関しての啓示についてお話をさせて頂いております。もう一度申し上げますと、これから夏場にかけて、夏風邪とか風疹、これ以前にも話をしたのですが、はしかとか本来もとからあるものに、北の方からきたウィルスが混ざり合うことにより、今でも夏風邪や風疹、はしかが流行っているんですが、それが深刻な問題化する可能性が高いと伝えられております。ほんとに恐いのは、夏を過ぎ、秋冬を超えて、体内に一時薬で抑えて落ち着いた病原菌なのかウィルスなのかわかりませんが、たぶん、ウイルスだと思います。啓示ではウィルスと言われていますので言い切ってもいいと思います。それが実際に身体の中で死んでおらず、来年の春くらいに、体内で成長し一気に活動し、大流行として恐い感染病に発展するという啓示が伝えられております。それで今日改めてその啓示の内容だけは伝えたいと思いまして配信させて頂いております。

伝えております事が実際に恐い事を言っております。危機を煽ることになっているかも知れませんが、啓示として伝えられていることとして、やはり伝えたいと思っております。そして中国に関して今あるウィルスというものは、意図的に流行させるバイオ・テロというんですか、細菌兵器を使ったテロで流行をする可能性がすごく高いという事を伝えられています。それに関してはもっと恐ろしい情報が啓示として伝えられております。それに関しても改めてきちんとした形で流したいと思っております。今簡単に伝えておきますが、日本国内で言えば、3・11以降、福島の原発事故から、いろんな大気、水の汚染から始まり、目に見えないところで体力を奪われている多くの人達がいます。そういう人達の中にまたいろんなものが重なると、ほんとに恐いことになりかねない。実際に啓示で伝えられたことを申し上げていますが、夏から風邪が流行り、実際に恐いのは来年の春から、大きな形として現れるという啓示があり、それを、改めて伝えられてきた事から、今回どうしても伝えたいと思いまして放送の中で配信させて頂きました。

詳しい啓示につきましては、改めて何らかの形でお伝えいたします。それも今月中に出来るか、遅くとも5月のゴールデンウイーク後には、もう少し詳しい内容を伝えたいと思っております。感染病に関して、そこに関しても伝えていきたいと思います。今沢山のことが伝えられております。政治に対しても、経済に対しても、自然災害、それも地震や噴火、津波だけではなく、日照りや暖冬や、ほか沢山の事を伝えられております。そういういろんなものが、一つにまとまった時にほんとに恐い事が起きる。これまで歴史の中で、何度も繰り返されてきた流れの一つでございます。それを、艮金神の立て替え立て直しの新しい世の国造りという方々もいらっしゃいますが、キリストの中にもイスラエル、ユダヤ、沢山の宗教の中にも立て替え立て直しと似た考え方、教え、預言というものがありますが、それは決して、全てのものが一気にまとまり、それが、世の中が混乱し、崩壊し、新しいものを作って、それで素晴しい未来が作れるかということは、決してありません。それは歴史を見れば、何度も同じことの繰り返しでございます。確実にそれは、立て替え建て直しではないのではないでしょうか。立て替えは物や政治やそういうものではなく、人間の考え方、価値観、こころであり、新しく作るのは新しい価値観や考え方、こころであり、今あるものを進化させる、良いものに作り変えるというものでございます。全てが崩壊し、多くの命が奪われて初めて気づくというものではございません。過去をきちんと調べれば、これまで、築き上げることは、教訓は沢山、人類の中で、歴史の中で経験してきております。それを含めて、改めて私の啓示の中で、今回は一つ、感染病、伝染病のことについてもテーマとして上げていきたいと思います。

先にもいいましたように、第一金曜日、第三金曜日を含めて、もう少し数を増やして情報を発信できればと思っておりますが、すみませんが今日は僅かな情報しか流せませんが、啓示の一部を皆様にお伝えさせて頂きました。

比嘉良丸
比嘉りか

★*★*祈りの和information★*★*

★5月28日 陰陽祭 60周年記念 特別企画御守り 準備中!
2013innyoumaturi2.jpg

富士祈りのセレモニー2013in山中湖は和を繋ぐご神事となります。

2013.04.24.09:30

大国ミロク大社の比嘉良丸です

今回6月のセレモニー第3回目を迎えますが、富士のセレモニー開催に対する私の主旨と御神事の本来の主旨を改めて述べさせていただきます。
まず、富士のセレモニーに関しましては、富士のセレモニーは、重要なものとしては、富士の噴火を穏やかなものにするという意味合いがあります。
私の啓示では、今回起きる富士の噴火は、数百年周期で起きる噴火ではなく、数千万年規模で起きる大噴火で、それが起きる事により、地球全体での地殻変動が確実に動き出す。
そしてその地殻変動は、数億年周期の大地殻変動期に入ってしまう。この富士山の噴火を緩やかにすることによって、地球全体の地殻変動をかなり緩やかに穏やかに、長い年月をかけての地殻変動へ切り替える事が出来る。
日本の富士に大きな噴火、エネルギーが起きる時には、同時に日本国、近隣諸国、そして世界各国の政治経済の動きに大きく左右するエネルギーにも繋がります。
だからこそ、富士での祈りは自然の営みだけではなく、人間社会の世の中の仕組みに大きく関わり影響を及ぼす御山であるという啓示に基づき、それを重要視して、私は、沖縄から本州に入る時には、富士の麓から日本全国へ御神事に行き、そして海外にゆき、帰ってきたら富士の麓で祈り繋ぎ、私共の聖地でありますミロク大社の聖地にても祈り、主祭神に結んでおります。

富士の山中湖のセレモニーを実際に開催を決めましたのは、2010年に啓示がおりた事にあります。富士の御山が確実に大きく動き出す。そして世の中の乱れも確実に動き出す。という事を伝えられて、2011年に、まず4月1日に沖縄本島で第二次世界大戦の地上戦が始まった中部の中頭にある嘉手納町、読谷村での平和の御神事(セレモニー)の開催を行いました。
本来その平和のセレモニーと富士での御神事(セレモニー)を毎年行うようにと言われておりましたが、しかしながら毎年、大きな御神事を開催するには、現実的資金がかなりかかる為、沖縄での御神事は大きなものではなく、ミロク大社からの御神事として行わせていただき、富士での御神事を毎年夏至の時期の開催するという事になっております。

今伝えましたように、富士の御神事、セレモニーは人類の未来、地球という生命ある星の命の循環の仕組み。命の循環と、全ての生命、命を繋ぐ大事な御神事でございます。
これは、ただのイベントではなく、本当に重要な意味を持つ御神事でございます。
(私達の行う御神事は、目先に伝えられた御神事の内容を行うのではなく、先人の方々から引き継がれ、そして私達も次に繋いでゆくという未来に繋がる御神事でございます。地球の命、地上のすべての生命の循環の仕組みを常に先行し仕組みづくりをしておこなう御神事です)
ですから、日々の暮らしの御神事の在り方は世の中の仕組みに反映具現化する御神事であります。

セレモニーも毎回6月の時期に行うことは決まっております。
本当に計画的に企画を立てきちんと先行し、準備をしてゆくことによって、それが一つの全体の政治経済や自然、全ての宇宙の仕組みに対し先行してゆく流れになります。
ようするに私達の日々の行い、それが、確実に先行して行くことが大切であり、ギリギリ時間があるから大丈夫ではなく、常にどのように企画を立てて成功させるかという意識が大切であり、まだ余裕があるから時間があるから、まだ大丈夫という考え方で物事を行うというのは、その仕組み作りや出来たもの自体の意味が全く違ってきます。
こころのかけはしの その活動というものは、常にどのような企画においても、全てにおいて皆が いかようにしたら 良くなるか 上手くな事が運ぶか 先行するか、情報を発信できるかそういった事を常に意識し 先行し 形にすることによって 世の中に反映し 世の中をよい方向へ導く流れを確実にするというものになります。
それは 一人で考えるのではなく 皆で意識して考える事によって、その和の力、働きが現実社会に 確実に反映する、確実に実感することが出来ます。
こころのかけはしの活動は 神代の理に沿っているという事を 仕組みに組み込まれたものと理解して頂きたいと思います。
改めて 今 6月22日23日25日 の御神事講演会 これから本当に どのように仕組みをきちんと反映させるか。皆様の知恵と労力、お力添えをお貸しくださいますようお願いいたします

22日 山中湖きららにて祈りと奉納の御神事を行います。
23日 ファイヤーセレモニーと 長老達の祈りと お話を行います。
25日は東京で講演会を行います。

協力してくださいます方々に 対応対策をお願いいたします

ご神事の大まかな意味合いをお伝えしました。宣伝のように聞こえてしまうかも知れませんが。実際に富士のセレモニーへの参加、協力、会場にて参加すると云うことは善き未来を創ると云うこと。確実に創り上げると云う地球という星の循環を繋ぐ仕組みを作るご神事になります。
セレモニーに参加するという事自体に大きな意味を持つことになります。
だからこそ、多くの方にご参加いただくために、重要なご神事をこの様なセレモニーという形式として行っているのです。
こころのかけはしは善き未来を創るために先行して行動する、先行して行うことにより未来を創るご神事でございます。
今後、ブログやメルマガ、そしてメーリングリスト等を通じて、未来へのメッセージや聖地の水の募集、ボランティアスタッフのお力添え、事前の製作に関するお力添え(昨年は会場で使う雑巾の提供をお願いした経緯もございます)をお願いする事があるかと存じます。皆さまもお忙しいこととは十分承知しておりますが、なにとぞよろしくお願い申し上げます。

比嘉良丸
比嘉りか

日々の祈りとご神事の報告

2013.04.23.11:10

新暦4月23日(旧暦3月14日 未)

いつも真心のお力添えありがとうございます。
18日に海外御神事のフィリピンより戻り、20日、21日と東京での学びの和並びに口伝えがありました。
その間、千葉房総方面の繋ぎの御神事を行っておりました。
まずは、日々の祈りの際に伝えられました言葉をお伝えさせていただきます

繋げる未来は誰の為
繋ぐ命は誰の為
多くの未来の命の為
それは自らの未来の為
命の子らよ
全てが命で出来ている事を
忘れてはならない


本日は、学びの和の際にも少しお伝えしましたが、フィリピン、ピナツボ火山への道中の様子をお伝えさせていただきます
早朝、ピナツボ火山口へと向かうステーションへ移動しました。
フィリピン軍の敷地内の一部を移動しているようで、途中は、軍のキャンプなども見受けられました。
4駆ジープに乗ってゆくのですが、この走っている場所は、以前は、川だったそうです。
それが、ピナツボ火山の噴火で排出された火山灰によって川が堰き止められ、そして無くなってしまったそうです(私達が向かう前日に雨が降ったということで、川が出来ていました)

1.jpg
※このジープでゆきました。

両サイドに大きな切り立った山々の谷を走っている・・・と感じていたのですが、実は、この両サイドは、山ではなく、ピナツボ火山の火山灰でした。
ジープと山の比較をすると、それは本当に大きなものでありました。
2.jpg
※丸印がジープになります
ガイドさんの話では、火山灰は1週間降り続き、この辺に住んでいた集落は灰の中に埋もれたと話していました。
また、遠く何十キロも離れた場所へも火山が降ったとも話していました。
約2時間、川を渡り、岩場を走り、車の行けるところまで走り、そこから先は、徒歩でのトレッキングになります。
3.jpg

火口へ到着すると、大きな湖となっておりました。
4.jpg

以前は、ボートや遊泳もしていたという事なのですが、やはり、火口という事もあり、水質の関係からボートや遊泳は禁止となったそうです。

ここで、朝食としばらくお祈りをさせていただきました。夫には、なかなか厳しい事を伝えられていたという事もあり、緊迫した時間が過ぎて行きました(改めまして、お話しさせていただく事と思います)
帰りも、同じように小川を渡り、岩場を歩き降り、ジープの待つ場所へと移動。再びジープに乗って、元来た道を帰りました。
ですが、途中、軍の近くになった時、米軍との演習という事で、地上戦、戦闘機の飛行訓練、また、今、日本でも問題になっているオスプレイの訓練が行われており、しばらく足止めとなりました。
約3時間にわたる訓練が行われた後、やっと通行許可がおり、足早にその場を去りました。
ここでは、自然災害の際にどのような事が起きるのかという事。そして、戦争というものになった時にはどのような状況なのかという事を見せつけられたように感じました。
平和という事、そして、安心という事は本当に大切なことなのだという事痛感した出来事でした。

比嘉りか

4月度合同祈り合わせのご報告&富士祈りのセレモニー2013のお知らせ

2013.04.22.09:40

いつも祈り合わせへのお力添えありがとうございます。
4月度の合同祈り合わせは暦が二月ほど逆戻りしたような気温の中、各地にて祈りの集いが行われました。
合同祈り合わせの主宰、比嘉夫妻は都内での口伝え会場からの参加となりました。会場から中継された祈りの言葉、そして伝えられる言葉。
伝えられる言葉は勿論、祈りの言葉自体も、その意味は大切な理が込められています。
昨日の祈りの放送に関しては事前にお知らせしていなかったため、視聴者も少なく、せっかくの言葉をお伝えできずにとても残念でした。
この番組に関しては、後日、祈りの和TVにてご試聴いただけるようになると思います。是非、お立ち寄りの上、祈りの言葉、そして伝えられる言葉に触れていただければ幸いです。

今後も、合同祈り併せの開催日には、基本的に祈りの和TVにおきまして比嘉夫妻の祈りの模様をお届けいたします。どうぞ、開催時刻の午後1時には祈りの和TVにお越し下さい。

さて、今月も各会場から合同祈り併せの便りが届いております。ひとりひとり参加される方が増えてくると、各地の主催者の皆さまもとても勇気づけられます。これをご覧の皆さまも是非お近くの会場へお越し頂けますよう。また、新しい地域での祈り併せの開催。どうぞお力添えいただきますようお願い申し上げます。
それでは、各地からのお便りをご覧下さい。
また、ブログでは各地から届いた写真も掲載しております併せてご覧下さい。

(以上文責:こころのかけはし 高橋 潔)


《新潟会場》

こんばんは、田中です。
弥彦神社の祈り合わせ報告です。
祈り合わせに参加させて頂き、感謝しています。
今日は、主婦の方が参加され、2名の祈り合わせになりました。
祈り合わせの和が、広がりますように。
祈り合わせが、終わり、御茶をしながら、いろんな事を話題にお話しました。
私の周りでは、なかなか話できない。見えない世界の話など。
ありがとうございました。
その後、川田薫先生の講演会に。
川田薫先生曰く、新潟が変わる。
と日本が、変わる。
と世界が、変わる。
と宇宙が、変わる。

先頭に立つのは、新潟。新潟を見て下さい。との事でした。


《名古屋会場》

祈り合わせの名古屋会場からの報告です。
冬が戻ってきたような強い北風が吹く中での祈り合わせとなりました。
今回は、新しいメンバーが参加してくれました。近藤さんというIT関係の仕事を仕事をしている方で、4名で行いました。
今日の熱田神宮は結婚式が多かったようで、ちょっと変わった衣装の新郎新婦を見かけましたので、写真を添付します。
また、「信長歴史ウォーキング」が行われ、桶狭間古戦場公園(おけはざまこせんじょうこうえん)がスタートで熱田神宮がゴールとなっており、18kmを3時間半かけて歩いてこられた方、武者姿で歩いてこられた方(写真参照)などでにぎわっていました。
またまた、昨日の東京勉強会では「命をつなぐ」ということも話題となりましたが、祈り合わせの場所からふと見上げたところに「歴史と伝統を次代につなぐ~熱田神宮は1900年をむかえました~」という幕がはってありました。
シンクロを感じたひとときでした。

いのちの和愛知 青山修三

幕
新郎新婦
武者姿



《神奈川会場》

冬が戻って来たかのような寒さの中、NMさんのブログを通じてお二人が初参加して下さり、鈴木さん、冨永の4名で祈り合わせ参加となりました。
場所を移しお茶をいただきながら、昨日の『学びの和 東京』での比嘉ご夫妻の言葉や初参加お二人の話をうかがったりして楽しい時間を過ごすことができました。

ありがとうございました。

《静岡-御殿場会場》

祈り合わせ報告 初の御殿場会場から・・・これが平和公園仏舎利塔だ~!
ここ高台にある平和公園では小雨が微妙な感じで、その湿り気が程よく、発起人 江藤さんと福島との二人集っての祈り合わせとなりました。
この平和公園の仏舎利塔、でっかく立派であり、この前での祈りは二人だけありましたが平和の祈りが大きく共鳴されたことでしょう。
とても良い感じの所です。
その後は、場所を移動して昼食を取り解散となりました。

Fukushima

御殿場御胎内仏舎利


《東京会場》

いのちの和の高橋です。

本日は真冬に戻ったかの様な気温に空から冷たい雨が降る、寒い一日となりました。
本日はいつものメンバーさんの都合が悪く、二人での祈り合わせとなりました。
いつもの様に、画面に映る比嘉りかさんの祈りに合わせて、祈りを捧げます。
祈りの後に伝えられる言葉、今日も宝物として頂きました。
祈り合わせの際に伝えられるお言葉は、とても柔らかく暖かな想いを感じます。
本来はこのあたたかさ、やわらかさは全ての命から発せられものなのでしょう。少なくとも、人から受け取る想いはそうあって欲しいものです。
祈り合わせの後、持ち寄ったおにぎりとコロッケ、お菓子を頂き色々な話しをしました。
お金と云う仕組みのおかしなところ、その仕組みは人を幸せにする以上に人を不幸にしている。それを、ただしゆく事。先ずは小さな範囲からでも取り組まなければ。そんな話しをさせて頂きました。
今日もこうして、祈り合わせを出来る現実や環境に感謝の念がたえません。

全国の皆様、いつもありがとうございます。

《奈良会場》

本日は風強く、オーバーが必要なくらい寒い日でしたが、神宮さんは賑わっており、多くの方々に祈りの和のプレートを見ていただき、会釈を交わしながら、いつか共に祈り合わせる事が出来たらと想いを馳せました。
今日は高原さんという方が来られ、3人での祈り合わせとなりました。私たちが参加させて頂いた、大阪の勉強会に同席されていたそうです。こんな形での再会となり又今後も祈り合わせに参加してくださるとの事、嬉しく思いました。
 又先月橿原神宮で会った方々とは本日お会い出来ませんでしたが、今日も共に祈り合わせて頂いた事を心強く思っております。
また、よろしくお願いいたします。

仲宗根 浩、西 惠子

奈良第1回目の祈り合わせ(橿原神宮にて)
奈良第2回目の祈り合わせ(石上神宮)
奈良第2回祈り合わせ(石上神宮にて)


《札幌会場》

札幌の報告です。
今回も、琴似神社でいつもの3名で祈りました。
琴似神社は北海道開拓に関わる神社で、境内はその時代の空気を感じます。
琴似神社で実施している理由は、昨年12月から自然食の料理教室を、向かいにある施設で始めたので、料理教室が終わったら、神社へ向かうというパターンが続いています。
北の大地にもやっと春の兆しがあり、先月まで雪で埋まっていた境内も、ほぼ普通に歩けるようになりました。
祈りあわせの時に、ちょうど人通りが消えたので、本殿前で祈りました。
一人ひとりの祈りの言葉が集まって良い祈りとなり、合わせることの大切さを確認できた気がします。
今日は、その後に、3・11後に北海道で初めに原発反対の街頭デモを立ち上げた女性が、3月に癌でなくなり、お別れ会が行われ参加しました。私は、福島の子供たちを守る会で一緒に活動していました。
外国や日本全国から彼女に会いに集まった方たちの話を聞いて、形や方法が違っていても、思いは同じと感じました。
長文になり失礼します。

ながい

《大阪会場》

21日、大阪会場としては3回目の祈り合わせとなりましたが、3人の方がお越しくださいました。4人での祈り合わせは、想像以上に心強いものであったと感じております。
冷たい突風が吹く中でも、前日の雨とはうってかわって晴天のもと、太陽の日差しを浴びながら祈り合わせができましたが、その間、かなりのパワーを伴っていたようです。お一人、エネルギーを感じやすい方がおられましたので、一時、違う次元にいるかのような状況になり、この大阪会場である難波宮跡が、パワースポットと呼ばれる由縁を実感した次第でした。
特に関西地区は、先日、阪神淡路大震災以来の大きな地震を体験したため、今回、祈りの念が一層強かったように思います。
その後、有志の方々とカフェへ直行し、再び楽しいひとときを過ごさせていただきました。
今回も遠方から来られた皆様、誠にありがとうございました。今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

豊野


●●●5月度合同祈り合わせのご案内●●●●●●

開催期日:平成25年5月19日(第三日曜日)
     午後13時より
開催場所 5月初旬にこころのかけはしブログ、メルマガにてお知らせいたします。


●●●富士いのりのセレモニーのお知らせ●●●●●●

今年で3回目を迎えます、富士いのりのセレモニーin山中湖。
今年の開催は6月22(土)23(日)の2日間の開催です。
また、中1日をはさみ25日(火)には都内にてセレモニー参加による開催記念講演会が開催されます。
詳しくは近日オープンします公式サイトをご覧下さい。
取り敢えず、日程の準備の方をよろしくお願いいたします。

先ずは、富士いのりのセレモニー2012in山中湖の模様をスライドショーにてご覧頂けます。





(文責:高橋 潔)

学びの和東京会場より祈り合わせ放送を配信いたします。

2013.04.20.13:00

いつも祈り合わせへのお力添えありがとうございます。

本日(4/20)、午後2時50分頃から学びの和東京会場で祈り合わせを開催いたします。
それにあわせまして、皆様いらっしゃる場所から祈り合わせへのお力添え頂けますようよろしくお願いいたします。
尚、学びの和東京会場より祈り合わせの模様を下記祈りの和TVにて放送配信いたします。

↓祈りの和TVはこちら
http://inorinowa.org/tv/
※放送時間は若干遅れる場合がございます、予めご了承下さい。

多くの方のご参加お待ちしております。

文責:こころのかけはし 高橋 潔

4/19放送の祈りの和TV‘神代の理’こちらでごらんいただけます。

2013.04.19.17:59

本日、祈りの和TV‘神代の理’を放送いたしました。
取り急ぎブログに本番組を埋め込みましたのでご視聴いください。

本日の内容は、伝えられる自然災害、政治経済、作為的な災害それらの多くの啓示の中から感染症に焦点を当ててお話をさせていただきました。

感染症に関する啓示として、日本で現実化する可能性の高いものは自然発生的なものである。
カムチャッカなどの永久凍土の溶解から永い眠りからウイルスが目覚めそれが北のほうから日本に拡がっていく可能性がある。この夏から夏風邪、風疹、麻疹として日本に広まり、一時は薬品により抑えられているようにみられたものが来春に大流行となる可能性がある。
一方、中国や東南アジアにておこる感染症は人為的な作為による感染症である・・・
その様な内容が放送にて語られております。

↓詳しくは、明日の学びの和東京にてお話させていただきます。
http://kokucheese.com/event/index/70528/


↓‘4/19放送 神代の理はこちら’


Video streaming by Ustream


文責:こころのかけはし 高橋 潔

日々の祈り

2013.04.19.09:30

新暦4月19日(旧暦3月10日 卯)

いつも真心のお力添えありがとうございます
日々の祈りの際に伝えられました言葉をお伝えさえていただきます

繋ぐ未来は誰のものぞ
描く未来は誰のものぞ
その先に在る 
存在すること 繋げる事は
自らの為に返る事
忘れてはならない


昨晩、海外御神事のフィリピンから戻りました。
この御神事の事に尽きまして、本日夕方5時、千葉にあります野島崎にて今回の御神事との繋ぎの祈りがあり、その折に中継で少しでもお伝えさせていただきたいと思っております。
下記祈りの和TVにて中継配信する予定でございます。
ご覧いただけますと幸いでございます

比嘉りか

★祈りの和TV

icon1-8.jpg


★*★*祈りの和information★*★*

★4月20日 東京学びの和開催!!
詳細、参加申し込みは下記より
syousai.jpg

4月21日(日)「全国合同祈り合わせ」のご案内

2013.04.17.22:17

4月21日(日)「全国合同祈り合わせ」のご案内

★富士山を正面に祈り合わせを~御殿場会場が増えました~

こころの架け橋では、毎月第三日曜日に日本全国、海外に至る全ての地域での祈り合わせを呼びかけております。
祈りというアクションから、多くの人が未来を真剣に考え、その想いをそれぞれの心にしっかりとどめる事により、人びとの行動が善き未来へと歩んでゆくのではないでしょうか。それこそが善き未来への道筋を成す大きな一歩であると私たちは考えます。

今月の合同祈り合わせは、次の要領で実施しますので、それぞれの会場へも足をお運びください。

★今月の祈り合わせのテーマ★

○日本海側そして南海トラフを起因とした大きな自然災害が起こる事無く、それらが分散・分割されますように。
○災害や緊張から、世界が戦・争いへ進む事無く、調和・協調の道を選択するように。

3月14日の祈りの和TVの中で、新潟から山口辺りまでの日本海側が動くと啓示で伝えられているという発表がありました。
この辺りには、現在稼働している大飯原発ばかりでなく、高浜原発もあれば、少し離れたところに美浜、敦賀、もんじゅとあります。
一方、最近になって、日本の近くでの緊張状態の内容が報道されています。自然災害における大難を小難、無難に、そして緊張状態の緩和を
一人ひとりの祈りを通じて達成しましょう。


「日 時」  平成25年4月21日(日)午後1時から30分ほど

「内 容」

●地域の祈り合わせ発起人が全会場共通の祈りの言葉を奏上いたします。

●その後、ご参加下さいました皆さまテーマにそって独自の祈りを捧げてください。

●祈り合わせ終了後、ご都合がよろしければご参加の皆さま同士、親睦を深めて下さい。

「祈り合わせ開催会場」

※参加希望の方は、下記の各会場へ直接向かってください。ご予約や過去の参加実績など一切関係ございません。老若男女、誰もが自由に、いつでも気軽に参加できます。
お子様連れでのご参加も大歓迎です。


・・・東京会場・・・

●場所 葛西臨海公園 浜辺
http://www.city.edogawa.tokyo.jp/shisetsuguide/bunya/koendobutsuen/kasai/index.html
●交通 JR京葉線 葛西臨海公園駅より徒歩
●集合 午後12時
・駅改札口を出ると、左右ふたつの階段があります。右の階段を下りて50m程先に公衆トイレがありますのでその近辺にて、祈りの和のネームプレートを下げた高橋さん(男性)がお待ちです。
●注意事項
・祈り合わせは海岸にて行います。雨天の場合は、公園レストハウスまたは大テントの下で実施します。
・祈り合わせ終了後お時間のある方々で、浜辺またはレストスペースにて懇談の時間を取りたいと考えております。飲食物をご自分の分とほんの少し余分にお持ち下さい。参加者皆で食事と会話をシェアしましょう。
・浜辺に座る場合を考えて、新聞紙やシートなどのご準備をお願いします。トイレは近くにあります。

・・・神奈川会場・・・

●場所 茅ヶ崎城址公園 (横浜市都筑区茅ヶ崎東二丁目)
http://www.city.yokohama.lg.jp/tsuzuki/kusei/kouhou/midokoro-19.html
●交通 横浜市営地下鉄 ブルーライン グリーンライン センター南駅下車徒歩10分(センター南とセンター北という駅がありますのでご注意ください。)
・駅改札を出て30メートル進むと右側にコンビニ、左側に大きな周辺地図があります。その地図の後ろの窓から見えるこんもりした林が茅ヶ崎城址公園になります。
 地図で道順を確認してください。どの道を通ってもおよそ10分です。
・自家用車の場合、公園に駐車場はありません。駅前・駅地下に大規模駐車場があります。
●集合 茅ヶ崎城址公園 中郭 午後12時50分
・紫色デイパックをしょった冨永さん(女性)がお待ちしています。
・駅から茅ヶ崎城址公園を見て、中郭にあがる階段は左側にあります。
●注意事項
・会場にトイレはありますが、常時有人管理の公園ではありませんので、駅改札内及び駅前バスターミナル地下の駐車場トイレのご利用をお勧めします。
・土日・祝日には、周辺の複合ビルの駐車場待ちの渋滞が起こる場合があります。電車のご利用がよいかと思われます。

・・・新潟会場・・・

●場所 弥彦神社 (西蒲原郡弥彦村弥彦駅前)
・弥彦村観光協会案内マップ参照http://www.e-yahiko.com/kankou/kankou.html
●交通
・JR弥彦線弥彦駅
・関越道三条燕ICより13Km  国道8号線三条より15km
●集合 弥彦神社境内 午後12時50分
・弥彦神社の拝殿向かって右側に、「こころのかけはし いのりの和」と書いた旗を持って田中さん(男性)がお待ちしています。

・・・名古屋会場・・・

●場所  熱田神宮
●交通
・名鉄本線神宮前駅下車 徒歩で10分くらい  地下鉄名城線神宮西駅または伝馬町駅下車 徒歩で15分くらい 。
・自家用車の場合は、東門、西門、南門にそれぞれ駐車場があります。
●集合 午後12時50分 熱田神宮内楠さん前(本殿と南門の中間で、蛇が住んでいる楠で有名です)。楠さんの前で青山さん(男性)がお待ちしています。

・・・静岡会場・・・

●場所 富士市岩本山公園山頂パノラマ展望台【富士市岩本字花立木1605】
http://www.city.fuji.shizuoka.jp/hp/page000011800/hpg000011777.htm
●交通 新富士駅から車で約25分。JR富士駅から車で約20分。富士IC から車で約20分。
●集合 午後12時45分 富士市岩本山公園山頂展望台。
●注意事項
・雨天の場合は中止しますので、各自で祈り合わせを行ってください。
・展望台は風が強いので、ジャンパーを持参してください。
・五色の吹流しを持った金刺(かねざし)さん(男性)がお待ちしています。

・・・北海道会場・・・

●場所 琴似神社(札幌市西区琴似1条7丁目1番30号 TEL:011-621-5544)
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Momiji/1970/
●交通 地下鉄東西線琴似駅から山の手方面に徒歩5分。 市営バス「西区役所前」下車
●集合 午後12時55分
・鳥居近くに、ラベンダー色のダウン(3月は)を着た永井さん(女性)が立っています。
(急に暖かくなったら違うものを着ているかもしれませんが、鳥居前に立っている人はあまりいないと思いますので、分かるかと思います。)

・・・青森会場・・・

●場所 サーモンパーク(青森県上北郡おいらせ町三本木 )
http://aomori-ubi.jp/nico-navi/show_d2.php?c=1&co=2569&n=&p=&lat=40.595707&lon=141.407121
●交通 青い森鉄道下田駅 徒歩3分
●集合 午後12時50分
・眼鏡をかけて作務衣(さむい)を着た柏崎さん(女性)がお待ちしております。

・・・大阪会場・・・

●場所 難波宮跡公園(なにわのみやあと公園)
http://www.osaka-info.jp/jp/search/detail/sightseeing_2024.html
●交通 大阪市営地下鉄谷町線・中央線「谷町四丁目」駅下車 徒歩5分、JR大阪環状線「森ノ宮」駅下車 徒歩10分
●集合 午後12時45分  難波宮跡公園 北西角の入口付近(中央大通と上町筋の交差点)にお越し下さい。
・祈りの和のネームプレートを持った豊野さん(女性)がお待ちしております。

・・・奈良会場・・・

●場所 石上神宮(天理市布留町384)
http://www.isonokami.jp
●交通 近鉄またはJR天理駅 奈良交通バス苣原<ちしはら>行きで石上神宮前バス停下車 徒歩5分
●集合 午後12時50分 本殿への入口の扉前(鳥居をぬけて50m程直進すると左手に社務所、右手に休憩所、池がありますが、そのまま直進し階段を上がっ
て左手が本殿入口です)
・無料駐車場有 鳥居前を左折し、一つ目の筋を右折。すぐに駐車場があります。駐車場にWC有
・祈りの和のプレ-ト、ネ-ムプレ-トをつけた仲宗根さん(男性)と西さん(女性)が皆様をお待ちしています。

・・・御殿場会場・・・

●場所  御殿場仏舎利搭 平和公園(静岡県御殿場市東田中3422)
http://www.mapple.net/spots/G02200103001.htm
●交通
・JR御殿場線御殿場駅 乙女口からタクシーでワンメータ位箱根方面になります。
・東名高速御殿場インターから約15分。
●集合 午後12時50分  平和公園入口から5分くらいの仏舎利搭のところで祈りの和の旗を持って江藤さん(男性)がお待ちしています。
・平和公園は後ろに箱根、正面に富士山という 祈り合わせにはピッタリの所です。

・・・沖縄会場・・・

●場所  大国ミロク大社(沖縄県沖縄市八重島2-7-45 )
http://inorinowa.org/
●交通 琉球バス(TEL 098-863-2821) バス停 美里二丁目 より徒歩20分 。自家用車の場合、沖縄自動車道沖縄南インターチェンジより10分 駐車場あります。
●集合 午後1時 大国ミロク大社 お宮内

◇上記会場へのご参加が無理な方々は、ぜひ、ご自宅あるいは外出先などより、13:00から数分で構いませんので、「祈り合わせ」にご参加くださいませ。

◇地域での「祈り合わせ」開催者(リーダー)を募っています
「祈りの和」では、全国各地域の「祈り合わせリーダー」となって下さる方を募集しております。ご関心のある方は、祈りの和HPにあります「ミロク会」のペー
ジをご一読いただき、HPメールフォームより、参加希望の旨のメールをお送りくださると助かります。折り返し詳細をお伝えさせていただきます。
このリーダーをしていただくのに、経験、資格、費用負担等は一切ございません。

◇より良き未来のために、「祈り」を合わせましょう
全国各地での合同祈り合わせも、未来への同じ想いをお持ちの方のご参加により、徐々にではありますが、その和を拡げつつあります。
今後も、各地に於いて祈りの和を拡げ、素敵な未来への流れを人の手でハッキリとした形に結びつけて参りたいと思います。
そして、お集まりの皆さまとの心の架け橋を繋ぎ、その地域での和を結んでいただければ幸いです。

よろしくお願い申し上げます。

こころのかけはし 祈りの和愛知 青山修三

日々の祈り

2013.04.15.10:40

4月15日(旧暦3月6日 亥)

いつも真心のお力添えありがとうございます
日々の祈りの際に伝えられました言葉をおつたえさせていただきます

日々の営みの中にて
その幸あり
幸福とは
日々の中に見つけよ
それなくば
何を見ても
幸の意味
解らぬであろう


本日より、海外フィリピン御神事へと参ります。
一昨日の夜より、夫に強い啓示が伝えられており、本人、かなりの体調不良となっております。
これが、フィリピンへ行くことで軽減されるのか、もしくは、帰国してもそのの状態なのかというのは、本人は何も言わないのでわかりませんが、御神事の祈りの中において、皆様の日々の祈りの真心というものは大変重要になってまいります。
善き未来を願い祈る方々が多いという事が、見えない存在にも伝える事ができ、そして、その事により、善い方向への流れの後押しを頂けます。
どうか、真心のお力添えの程をよろしくお願い申し上げます。

昨日、夫が中継致しました内容は、下記祈りの和TVにてご視聴いただけます。
どうぞ、ご覧くださいませ

比嘉りか

★*★*祈りの和information★*★*

★4月20日 東京学びの和開催!!
詳細、参加申し込みは下記より
syousai.jpg

★祈りの和TVにて中継配信中!!

icon1-8.jpg

4月14日祈りの和TV放送を掲載します。

2013.04.14.23:02

4月15日比嘉夫妻はフィリピンのご神事へ出発します。
出発に先立ちまして、ご神事の近況、4月13日の関西での地震に関して、フィリピンご神事に関して、その他様々な事柄が語られております。放送時間は1時間24分ほどとなります。是非ご視聴下さい。

この一連の放送ですが。現在、比嘉夫妻のご神事をはじめこころのかけはしへの活動に多くの方のお力添えご支援を頂いております。現在、こころのかけはしは少数の有志により支え合い活動を継続しております。その関係から、行き届いたご支援へのお礼、報告などが出来ておりません。心苦しい所ではありますが、せめて、比嘉夫妻の活動の現状、近況を放送という形で速報する事が、今できる精一杯の形となります。託された想いに対して行った活動を報告する事が唯一出来る事になります。そういった考えから、放送が多くなっております。




Video streaming by Ustream

★4月20日 東京学びの和開催!!

4月14日の放送にもお知らせいたしましたが、今回の学びの和東京では、新しい試みとしまして「公開ご神事」の時間を持たせていただきます。時間の関係から短時間のご神事となると思いますが。
比嘉夫妻が数々のご神事を通して行っている方法をそのまま、学びの和の席上に於いて執り行わせていただきます。その場にて伝えられること、そしてその意味を問い、確認する一連の作業にお立ち会い下さい。
今、一人でも多くの方が啓示に触れ現状を知り、どのような未来を望むのか考えていただく事が重要です。
出来るだけ多くの方にお越し頂けますよう、よろしくお願い申し上げます。

尚、フィリピンご神事に関しても学びの和東京ではご報告をさせていただく予定です。


詳細、参加申し込みは下記より
">syousai.jpg

学びの和の収益は、比嘉夫妻のご神事、いのりのセレモニーの運営費など、善き未来を創る活動に大切に使わせていただきます。

文責:こころのかけはし 高橋潔

本日 中継のお知らせ

2013.04.14.15:51

新暦4月14日(旧暦3月5日 戌)

いつも真心のお力添えありがとうございます。
本日、夕方5時頃から下記URLサイト、祈りの和TVにおいて、比嘉良丸氏からのお話しがございます。
明日から海外御神事という事でフィリピンへと渡られます。また、昨日まで、沖縄の聖地を周り御神事を続けられておりましたことから、伝えられております啓示の変化や今後の事などもお伝えいただけると思います。

お時間のあります方は、どうぞ、ご覧下さいませ。

祈りの和TV
icon1-8.jpg

★4月20日 東京学びの和開催!!
詳細、参加申し込みは下記より
syousai.jpg

日々の祈り

2013.04.12.09:30

新暦4月12日(旧暦3月3日 申)
いつも真心のお力添えありがとうございます
日々の祈りの際に伝えられました言葉をお伝えさえていただきます

遠くに 遠くにあったものも
今は 近くになりゆこう
少しずつ 少しずつ
成長しながら 登りゆく
人の子らの流れは
少しずつの 成長と時の刻み
天体と共に この星と共に
命の源と共に 歩み行け
人の子らの流れは 
成長と共に在り
明日もまた 得られよ
精神の 肉体の 魂の成長を
それは その内側の受け止め方よ
受け止め方よ


本日は、旧暦の3月3日。この日は、沖縄では、浜下り(はまおり)といって、引き潮に合わせ、海に行き、心身の清め改めを行う日となっております。
御神事も今日は、海へと向かいます。
自らの清め改めと共に、祈りの中にて、世の中が善き方向、流れへ進む事が出来るように、その為の清め改めがなされるよう願い祈りいたします。

本日も日々の祈りのお力添えの程をよろしくお願い申し上げます。

比嘉りか

★*★*祈りの和information★*★*

★4月20日 東京学びの和開催!!
詳細、参加申し込みは下記より
syousai.jpg

★祈りの和TVにて中継配信中!!
3月29日、4月6日に中継しました動画を祈りの和TVにてご視聴いただけます。
現在伝えられている啓示の事などお伝えしております。ぜひご覧くださいませ。
icon1-8.jpg

学びの和東京開催プログラム他のお知らせ

2013.04.11.20:33

みなさんこんばんは、本日は近々開催されます“学びの和東京”のプログラムを中心にご案内をさせていただきます。
今、私たちに必要な事。
今の私たちの立ち位置をしっかりと理解すること。
どのような未来への道を歩んでいるのか・・・
歩む道が、どこへ続くものなのか・・・
その道は何のために敷かれた道なのか・・・
それは、様々なことを知り始めて理解し得るものだと思います。

私たちの進む道がどんな未来へと続き、今どこを進んでいるのか。
それを知るからこそ、望む未来へ進む智慧が、力が、勇気が湧くと思うのです。
今を知り、どの道を進むのか自らが決め自らが歩く。その為の情報をお伝えすることが学びの和の大きな目的のひとつです。
どうぞ、学びの和東京にお越し下さい。


・・・4月20日学びの和、主なプログラム・・・・・・


1.地球は生きている

講師:角 英雄 氏
講演テーマ:切迫性のある南海地震の現状

角英雄氏は長年専門的な立場から地震の研究に携われてきました。
地球はひとつの生命として、変貌を遂げています。それは地球上全ての場所で起こるものであり。特に複数のプレートの終着点が重なり合う日本では、母体の如く地球の胎動を感じる事になります。
今、地球は大きな活動期を迎えており、その中でも南海トラフを基因とする南海地震の発生に注目が集まっております。
今回は、南海地震の現状を専門的な立場から詳しく解説していただきます。

2.最新、啓示からのご報告

講師:比嘉良丸

近隣諸国と日本の動向、何が行われているのか。
今回は、北朝鮮の動向に隠された意図や目的に関して啓示にて伝えられた情報を中心にお話しいたします。


3.祈り合わせと公開ご神事


伝え手:比嘉りか
聞き手:比嘉良丸

学びの和にて必ず行われております、祈り合わせ。
今回もプログラムのひとつとして会場を中心に多くの人達と善き未来への祈りを繋ぎたく思っております。
また、今回は初めての試みとして学びの和会場にて比嘉夫妻のご神事を公開させていただきます。

通常、比嘉夫妻が行われているご神事のひとつとして、様々な存在から啓示を受ける、そしてそれを紐解き解釈してゆくと云う作業があります。その一連のやりとりを、学びの和参加者の皆さまに公開しようという試みです。
啓示とは人々が知るべきものであるからこそ伝えらられる情報です。
時間的な制約もありあまり多くの事柄についての確認は難しいと思いますが。ポイントを絞り、今私たちに必要な事を確認させていただく予定です。

※祈りの和テレビでの映像配信は祈り合わせとその際に伝えられるお言葉の配信のみとさせていただきます。予めご了承下さい。


・・・祈りの和TV“神代の理”第2回目放送のお知らせ・・・・・・

学びの和東京の前日、4月19日には祈りの和TVを通じて、近況ご神事報告番組、神代の理を配信いたします。
今回の番組テーマは“経済の動きとその影”と題しまして、この急激な円安と株高、そして啓示で伝えられている平成バブルをこえる大型バブルの再来。その発生に隠されていること、そして今後の経済の流れを、伝えられる啓示に基づきお話しさせていただきます。

放送開始時間は、心の架け橋ブログにて前日、又は当日にお知らせさせていただきます。

↓ご視聴は祈りの和TVより
http://inorinowa.org/tv/


「学びの和東京の日程他」

開催日時:平成25年4月20日(土)

 開場/正午
 開演/午後12時30分
 終演/午後4時予定


会場:綿商会館1F (東京都中央区日本橋富沢町8-10)
参加費:2000円+ラブオファー

※ラブオファーとは、お渡しする封筒にお気持ちカンパをお願いするシステムです。
※ 比嘉夫妻のご神事は皆さまの真心からのご支援に支えられています。
※参加申し込みはこちら 
 http://kokucheese.com/event/index/70528/


・・・富士祈りのセレモニーイメージスライド配信のお知らせ・・・・

・・

富士祈りのセレモニー2013in山中湖予告vol.1《手のひら編》の高画質版を下記からご覧頂けます。
祈りのセレモニーってどんな催しなの・・・?
今回は、2012年のセレモニー画像を使い催しの概略をご紹介いたします。
今後もシリーズものとして出演者のプロフィール、プログラムや宿泊交通他、様々な情報をご提供して参ります。



文責:こころのかけはし 高橋 潔

日々の祈り

2013.04.11.09:30

新暦4月11日(旧暦3月2日 未)

いつも真心のお力添えありがとうございます
日々の祈りの際に伝えられました言葉をお伝えさせていただきます

繋ぐ未来へ
何を残すか
小さな意味と大きな意味と
自分の証やこの星の事
多くの様々な事があろう
小さな事と大きな事
自分の事とこの星の事


本日、本島北部へと御神事の移動になります。
聖地にはそれぞれの働きがあります。
それは、一つだけでは成り立たず、その働きに関連する聖地をその仕組み仕組みで繋ぎ結びます。
願い祈る働きによって、その回る順番は変わり、また、回る聖地も変わります。
何度も行き来し、その仕組みごとに回り、働きかけてゆきます。
私達の行う御神事は、そのように行う事を伝えられそして、回り、祈りをしております。
本日も、真心の願い祈りのお力添えをえどうぞよろしくお願い申し上げます。

比嘉りか

★*★*祈りの和information★*★*

★4月20日 東京学びの和開催!!
詳細、参加申し込みは下記より
syousai.jpg

★祈りの和TVにて中継配信中!!
3月29日、4月6日に中継しました動画を祈りの和TVにてご視聴いただけます。
現在伝えられている啓示の事などお伝えしております。ぜひご覧くださいませ。
icon1-8.jpg

日々の祈り

2013.04.10.10:45

新暦4月10日(旧暦3月1日 午)

いつも真心のお力添えありがとうございます。
日々の祈りの際に伝えられました言葉をお伝えさせていただきます

伝える言葉
一つ一つ 
光となる 光である
導きにもなり
後押しにもなる
力は善きものを
善き方法を
心と共に
真心を添えて


本日から、本島内の移動御神事となります。
真心のお力添えがあり、祈りの願いの中にて、善き未来を伝える事ができます
本日も日々の祈りのお力添えを宜しくお願い致します

比嘉りか

★*★*祈りの和information★*★*

★4月20日 東京学びの和開催!!
詳細、参加申し込みは下記より
syousai.jpg

★祈りの和TVにて中継配信中!!
3月29日、4月6日に中継しました動画を祈りの和TVにてご視聴いただけます。
現在伝えられている啓示の事などお伝えしております。ぜひご覧くださいませ。
icon1-8.jpg

現在の御神事について

2013.04.09.16:30

大国みろく大社の比嘉良丸です。

当初の予定とは大きく御神事の内容予定が変更となりまして、3月4月は、殆ど沖縄での御神事を行っております。
本日は、この御神事の事と北朝鮮の事について少しお話しさせていただきます。

明日10日、私どもの聖地であります天岩戸、地上・宇宙創成の母なる神の元根まで行き御神事を行う事としております。宇宙創成の母なる神の働きを持って、今後の御神事の新たな始まりという大事な意味合いを持つ御神事を行います。
その際に、今緊張の走っている隣国韓国、北朝鮮、中国、台湾そして、ロシア、アメリカなどによる駆け引き、陰謀等による行動や出来事が起きないように、回避する為の祈りも明日おこいます。

この大事な御神事に合わせ、朝鮮半島における北朝鮮とアメリカの陰謀による駆け引きや陰謀による出来事が、明日以降起こらないようにと祈ることは、命を生み出す母神、全ての根源となる母神のその仕組み、働きにて、啓示で伝えられている緊張の状態が緩和されるように、戦争という多くの命が失われる事がないように、最善の流れへと進む事が出来るようにという意味合いがあります。

さて、現在沖縄で行っております御神事の事について、一つずつお伝えしたいと思います。
私の書き込みをお読みいだきましたら、様々な事柄についての祈りをしているという事にお気づきかと思います。
御神事の中心となりますのは、戦争、第三次世界大戦にならないようにという事が、御神事の中心となっているものであり、その要因、原因となる様々な事柄を小難無難、回避という結果になるよう、その関連のある場所、関係、働きのある場所を祈り繋ぐ御神事を行い、見えない存在に働きかけ、見えない部分から現実の世の中へと反映することが出来るようにと祈り回っております。
中心の戦争回避という事と同時に、引き金、要因、原因となる出来事の小難無難、回避の祈りも行います事から、様々な事柄に対しての祈り、御神事が同時進行で進んでおり、その結果、御神事に訪れる場所が、多くの場所になっております。
今回、現在沖縄で行っております内容は大きくは下記の内容になってまいります。

(1)
まず一つ目の御神事の内容といたしましては、近隣諸国との軍事的な緊張から戦争への流れの回避という事を、今沖縄で行っております。
古(いにしえ)の神代時代から人の世に移るにあたって、人の発祥、そして広がり、文化文明の発生から広がり、現在に至る歴史についての真実と偽りが啓示的に伝えられてきます。

その中で、過去からの因果因縁が、現在に至るまでの人の歴史の中、権力争いの中に反映されており、その為、繋がれてきた歴史の流れを解き、そして、絡まってきた因果因縁を清め改め、歴史を啓示的に解き明かすという御神事を行っております。
解き明かすことによって、沖縄から離島、本土、近隣諸国との歴史的な因果因縁、そして、今日現在までの因果因縁、現在の政治や経済といった駆け引き、陰謀に至るまでも解き明かすことになり、今までの因果因縁を清め改め、善き未来作り、善き未来へ流れる仕組み造りを導くため、その道筋を創る事が出来るようにと御神事しております。

(2)
そして、回避しないとならないものとして、私利私欲、権力と支配の欲からの策による陰謀、その様々な策によって起きる内乱紛争、そこから発展する本格的な戦争に行く流れを阻止する御神事を行っております。
陰謀や策による細菌兵器(ウィルスや伝染病)の使用、現在の科学に高度な科学を用い自然の仕組みを利用しての地震・噴火、意図的な自然災害、台風や大雨、日照りなどの災害といった意図的なものから、原子力発電所や化学工場といった施設の破壊的行為やテロといったものに至るまでの広い範囲の回避・阻止になります。
そして、本来の自然の営みの中で起きる自然の動きの地震・噴火・津波といったあらゆる自然現象からくる災害の大難を小難・無難にするための祈り御神事を行っております。

(3)
更なる御神事といたしまして、今、地球母なる星、命ある星が、新たな命の宿る星として生まれ変わる時期に来ていると伝えられております。実際に伝えられている内容といたしましては、数億年周期の地殻変動が起ころうとしていると啓示では伝えられております。
通常、地殻変動の周期は、数年数十年という単位ではなく、かなりの年月をかけて地球に地殻変動が起き、そこに自然環境や生命の循環の新たな循環が生まれると伝えられております。
しかし、現在人間の社会の在り方から、当たり前の地球の生命の仕組みづくりではなく、人間の環境破壊による流れで、地球の本来の命の循環の仕組みづくり以上に破壊が進み、地球そのものも地上に生命が宿ることが出来ない程の環境破壊が進もうとしています。
ですが、そのような中、啓示として伝えられているのは、今であれば、まだ、その自然の環境や気の流れ、命の循環の仕組み作りの立て直しは間に合う。きちんと命の循環は、命を繋ぎ、未来に繋ぎ、宇宙の空間の中で全てを結びあらたな地球の再誕生は出来ると伝えられております。

その為、地球の自然環境や大気や海流、プレートといった、全ての自然環境の仕組みを上手く未来に循環させる事が出来るようにという事を御神事にて行う事により、地球・母なる星へと反映すると共に人の価値観を動かし、確実に環境を整えてゆくことが出来ると伝えれられております。
地球という星に命の循環をきちんと行う為の自然環境の仕組みづくりという意味合いの御神事も行っております。

御神事は、世の中の流れ仕組みを作り、未来を自らの行いで善き未来を創ってゆくというひな形となります。

この御神事の内容の祈りを確実に現実のものとする為に、まず、ひな形としてのこの沖縄から意味解き、仕組みづくりの為の御神事を行い、世の中へ反映し現実化する為に、本土との繋ぎ結びを行い、世界へとその祈り御神事が反映されるようにするために世界とを繋ぎゆくという御神事を続けております。

現在4月の御神事といたしまして、沖縄中心の沖縄本島での御神事を5月初めゴールデンウィークまで行います。
途中4月15日から4月22日まで間、フィリピンと本土の関東での御神事を行います。
フィリピンでの御神事は、4月15日から18日までとなり、中国との関連、東南アジアの緊張を解く為の御神事。そして、南海トラフで起きる地殻変動の分散分割・無難になる為の御神事。
火山帯、火山脈に対しての祈りとして、特に富士山を中心に東西に広がる火山の噴火・連鎖伝達の大きな動きの分散分割・無難の祈りの御神事。
そして、これから起きる台風や自然の海流の動きの確認とそれによる被害の無難の祈りを行ってまいります。
その後、19日と22日は、関東での御神事を行います。
関東でも、先ほどお伝えしました南海トラフや関東から北海道までのプレートの動き、日本・火山富士を中心とした火山の動きの分散分割、小難無難も含め、政治の安定、善き方向への流れが生まれるように祈りを行います。
これらの御神事を行いました後、もう一度、沖縄でゴールデンウィークまで御神事を行うと共に、5月6月までの御神事を行う事によって、政治・経済、そして近隣諸国との緊張緩和の足掛かりが作られるように見えない部分から働きかけ、良い流れへと進むようにする御神事となります。

また、5月6月にかけては、当初ベトナムへ御神事を予定しておりましたが、日本領土である国後島か択捉へ御神事しに行くようにと変更を伝えられ、確実に行うように強く伝えられております。
これはいうまでもなく、ロシアとの関連、資源、政治的な事を含む良い解決への流れを生むようにという内容、火山帯、火山脈の流れ、海流の流れは、日本の火山脈、火山帯、海流とも大きく関係しております事もあり、その動きの分散分割、小難無難の御神事となります。
そして、6月の夏至の時に、富士の麓山中湖にては、富士の大きな噴火が起こらないように分散分割され、災害は小難無難となるようにという祈り。富士を中心に全ての神々の仕組み、世の中の仕組み、自然の仕組みが良い方向へと流れゆき、善い未来、地上天国への流れへと進むようにという御神事を行います。これは、6月21、22、23と行い、25日には東京で講演会を執り行います。

更には、前回訪れた後から更に御神事が進んだ事から、7月に改めて韓国へ行くようにと強く伝えられてきております。
5月に沖縄を終わった後、本土へ上がり、九州から北海道を太平洋側と日本海側という形で回り巡り、日本の中央部分、内陸部への御神事を6月にまたがり行ってまいります。

現在このような内容の意味合いを持った御神事を執り行い、善き未来の為、見えない部分からの働きかけ仕組みづくりを行っております。

そこで皆様にお願いとしまして、その間月に1回の合同祈り合わせを含め、何度か祈り合わせの呼びかけを致します。その際には、どうか皆様の真心の祈りのお力添えをよろしくお願い致します。
また、私の御神事に賛同して下さいますようでしたら、ご支援、ご協力をどうか宜しくお願い致します。

最後に、4月の勉強会では北朝鮮の事と南海トラフの事について、もう少しくわしくお話しさせていただきます。

長文をお読みいただきまして、誠にありがとうございました。

比嘉良丸
比嘉りか

★*★*祈りの和information★*★*

★4月20日 東京学びの和開催!!
詳細、参加申し込みは下記より
syousai.jpg

★祈りの和TVにて中継配信中!!
3月29日、4月6日に中継しました動画を祈りの和TVにてご視聴いただけます。
現在伝えられている啓示の事などお伝えしております。ぜひご覧くださいませ。
icon1-8.jpg

日々の祈り

2013.04.09.09:35

新暦4月9日(旧暦2月29日 巳)

いつも真心のお力添えありがとうございます
日々の祈りの際に伝えられました言葉をお伝えさせていただきます

未来へ 続く
何を続けるのか
何を繋げるのか
考えよ 考えよ
このままで良いのか
変え行くのか
繋ぐ未来を
作り行かれよ


常に未来の事を伝えられてきますが、日々の暮らしに追われているとなかなか難しい事もあるかと思います

ですが、今だからこそ、未来を考える事が必要なのかもしれません。
3・11が起こり2年が経ちました。
今の復興とそして未来にどういった事があるのか、考え行動する必要があるのかもしれません。
今、この時代にそれぞれの年齢で今という時を生きているという事は、それぞれに出来ることがあるのではないでしょうか。
そして、平和の未来へと繋げ行くことが出来る存在であるからこそ、今という時代を生きているのかもしれません。
見つめる先を少し変える事や少し深く考えるそういった事から少しずつ何をすることが出来るのかという事が解るのかもしれません。
皆様はどのように受け止められましたでしょうか。
私の解釈は一つの参考として受け止めていただけますと幸いです。

本日も日々の祈りのお力添えよろしくお願い申し上げます。

比嘉りか

★*★*祈りの和information★*★*

★4月20日 東京学びの和開催!!
詳細、参加申し込みは下記より
syousai.jpg

★祈りの和TVにて中継配信中!!
3月29日、4月6日に中継しました動画を祈りの和TVにてご視聴いただけます。
現在伝えられている啓示の事などお伝えしております。ぜひご覧くださいませ。
icon1-8.jpg

日々の祈り

2013.04.08.09:30

新暦4月8日(旧暦2月28日 辰)

いつも真心のお力添えありがとうございます。
日々の祈りの際に伝えられました言葉をお伝えさせていただきます

繋がりは 大切にし
今と未来を 繋げられよ
その繋ぎは 
次に来る者の助けとなろう
しっかり繋ぎ そして
託されよ
それによりまた そこからの縁
伝わり また ひろがり行こうぞ


本日、明日と一旦御神事の予定調整があり、お休みとなりました。
この間に、フィリピンへの移動の準備や沖縄事務局を閉鎖しました為後片付けになります。
また、夫より、先日中継をお話しさせていただきました内容を祈りの和TVへと掲載いたしましたので、ご覧くださいませ。

祈りの和TV
http://inorinowa.org/tv/

今月4月20日(土)に東京での学びの和が開催されます。
現在伝えられております啓示の事や今回ゲストをお招きして、日本近郊のプレートの動きの事など科学的見解からお話ししていただきます。
諸事情より、今回の学びの和の全容の中継は行いませんので、当日会場にて、どうぞお話をお聞きいただきますことをお勧め致します。
当日、会場にての祈り合わせもございます。
共に現地での真心の祈りのお力添えを頂けますと幸いでございます。

それでは、本日も真心のお力添えの程をよろしくお願い申し上げます。

比嘉りか



★*★*祈りの和information★*★*

★4月20日 東京学びの和開催!!
詳細、参加申し込みは下記より
syousai.jpg

★花粉の季節 環境汚染にこのマスク!!
ゼオライト&活性炭フィルターで微粉をブロック!
詳細は 下記 ウェブショップへ
niraikanai

ご神事放送「神代の理」放送のお知らせ。

2013.04.06.10:45

ご神事報告「神代の理」放送のお知らせ。

いつもこころのかけはしの活動にご賛同、ご支援頂きましてありがとうございます。

「放送案内」

本日、午後7時より祈りの和TVにおきまして、「神代の理」と題した番組を配信致しますので、お知らせ致します。
また、今後は、基本的に毎月第1・3金曜日を「神代の理」の放送日とし、海外或いは電波状況の悪い地域での国内ご神事の最中など、放送が困難な場合を除き定期放送を行います。配信時間は前日、或いは当日改めてお知らせ致します。

「放送内容」

人が作り上げたの様々な仕組みを社会の理とするならば、神代の理とは星の運行や生命の進化といった宇宙普遍の法則と言えます。この番組では見えない存在から伝えられる神代の理、その他様々なご神事の状況報告を通じて、宇宙の法則とも云える、理を中心にお伝えして参ります。

今までの放送では、ひとつの番組が長時間に渡り続くなどご覧の皆様に大きなご負担をお掛けしておりましたが、今後はテーマ毎に放送を区切り、30〜60分の時間を使いひとつのテーマを詳しくお伝えさせて頂きます。尚、お伝えするテーマが複数ある場合。また、詳しくお伝えする必要がある場合などは、休憩を挟み複数の番組に渡り放送させて頂だく場合もございます。

「本日4/6の番組内容」

今年から、新な展開として始まりました、沖縄ご神事の近況報告と現状。その間に伝えられました啓示から、毎月開催されています合同祈り合わせの重要性を詳しくお伝えさせて頂きます。

「ご視聴は祈りの和TVにて」

http://inorinowa.org/tv/


文責:こころのかけはし 高橋 潔

ご神事の内容と6月のセレモニーについて

2013.04.04.10:00

新暦4月4日(旧暦2月24日 子)

昨日に引き続き、3月29日に中継にてお話させていただきました内容を補足、追加してのお話をお伝えさせていただきます

***(以下、)***

この場所場所の意味することは、沖縄のその地域を天と地と地の底・核と龍宮(海)とを結ぶことにより、万物の命を生み出す母の理、宇宙創成の命、身ごもり、生み出し、万物を生み出す母の理をひな形である沖縄でまず核となる仕組みづくり、未来への仕組みづくりを行い、そして、本土や外国に繋ぎ結び、富士で結び、更には、最終的に沖縄我宮大国ミロク大社で、天地、天軸地軸の結び和合を行い、世の中へと反映させてゆくという御神事を行っております。

今回の御神事は、人間の行動から平和を生み出す、人間の心にそういった心を芽生えさせるという意味が含まれている御神事になります。

もう一度申し上げますと、啓示では、この地球こそが、天国であり、この地上こそが、命溢れる地上こそが、天国、本当のミロクの世の根本であり、それを、人間が知ることが出来なければ、いつまでも争い、欲の中で戦を繰り返し、同じ過ちを繰り返して行くという教えが伝えられております。
そして、今回、この母の理を結んでゆくその行程の中に、一つ、人類の発祥からの意味を説きながら、昔の神世時代から現在に伝えられている、伝承・言い伝え・口伝えの中で、真実と嘘を御神事の中で、伝えられてくる啓示を聞きながら改め直して行くという事も含まれています。
それは、人間の本来の歴史の中での在り方もキチンと真実を嘘ときちんとより分けしながら、昔の因果因縁を解き、人間の争いのもとを正して行くという事も神事の一つにあるからでございます。

言っている事が分かりにくいかもしれませんが、よく神事の中で、世の中が乱れてくるときにたて替え・たて直しの啓示や予言が伝えられてきます。
それは、一度、すべて焼き野原、無になり、そこから、新しいものが生まれてくると受け取られ事が多いです。
悪いものは一回崩壊させて、自分の新しい考えで新しい世の中を創るという意識が存在する中で世の中が乱れれば、たとえその時、政権が変わり、文明が終わり、新しい政権や新しい文明を創っても、結局同じことを繰り返す。作っては壊し、作っては壊しといった繰り返しを何千年も繰り返してきています。
その繰り返しは、何万年、何十万年の歴史の中で、同じことを何回も繰り返し行い、数千年周期で繰り返されてきたものが、2000年、1000年、500年、そして100年とその周期が短くなり、大きな戦・大きな災いが悪化してきている状況になっている。
本来なら、第二次世界大戦で大きな戦・争いは終わっていないといけない。本当に、この世で起きてはならない。
争い事は、第二次世界大戦で全ての学びを得て、本当は終わらなければいけないものを、その後、朝鮮戦争やベトナム戦争、ソ連とアメリカとの冷戦時代からアフリカ、中東、中央アジアから南アジア、中南米まで、常に紛争を続け悪化してきた。
わずか70年の間に、第二次世界大戦後も数えきれない程の争いを繰り返しているのが現実です。

それは決して、学びを得たという事ではなく、学びを得ていないという事になります。
そしてそれは、学びを得る、得ないという問題ではなく、根本的な歴史の年周りの意味を解き、カルマを修正し、きちんとした本来の神の世の仕組みに作り変えないといけないという教えがありました。
昔の歴史の中で、昔から勝った者が正義であり、勝った方の言い分が正論になり、その伝承や古文書なども勝った方の良いように作り書き、書かれているものが殆どであります。

ですから、本当の真実というものが、そこに見え隠れしております。
ですので、啓示の中で、本当はどうゆう意味があったのか、どのような世の中の流れがあったのか、歴史があったのかという事を御神事をしながら、神のお言葉を通して啓示を頂き、そこから意味を解き、昔の因果因縁を解きほぐし、この世に人間の争い、因果因縁を解くという事をこれからは始めなければいけないと伝えられました。
そして、それを行って正して行くことによって、年周り、因果因縁の絡みが解きほぐされれば、次に繋ぐ世に、それらが引き継がれることはないとも伝えられました。更には、その解きほぐしをおこない因果因縁が解かれることによって、真の政治経済、理想とする政治経済が生まれてくるとも伝えられました。

ですが、その御神事を行いに本州や世界にいきなり行くととんでもない御神事になります。
まずは、ひな形として、この沖縄に宇宙全体の仕組みや自然や歴史といった、因果因縁を解きほぐす糸口があり、沖縄で御神事をし、意味を解き、意味を本当に理解した上で、本州と繋ぎ結び、その上で外国へと向かうことによって、外国では大きなポイントでの御神事、大きな御神事を行う。
本当の根の底から意味を解き、それを理解する為に、まずは、沖縄の地で行うという事を今回、我宮の神様から伝えられ沖縄での御神事の再開を強く言われました。

では、沖縄で、すべてを治めることが出来るかと言いましたら、それは無理です。
意味を解き、そこでどうゆうことが起きるかという事を知る事により、その実際の場所に行き祈る。
そして、分割分散や因果因縁を解きほぐす為の願い祈りをする。
沖縄で意味を解き、ひな形の沖縄でまず御神事をし、下準備をしてから、そこからまた大きな、大きいという言う言い方が適切ではないのですが、その地域、本州や外国の地域まで行き、きちんと繋ぎ結び、仕組みづくりをし、また沖縄で、天と地の結びをするという事により、調和和合という意味合いになってまいります
それが、今年から始まった、仕組み作りの御神事でございます。
沖縄だけですべてが通る、すべて出来るのかというとそうではありません。皆さんに理解していただきたいのは、世界のひな形は日本、そして、日本のひな形が琉球と言われるように、本州と沖縄というのは対極であります。先程もお伝えしましたように、沖縄は母の国、本州は父の国と教えられており、その事からも、決して沖縄だけではできず、本州は対極としてキチンと繋ぎ結びをしいといけない場所になります。

北と南という事になりますと、沖縄と北海道に例えられるかと思いますが、その対極の結びという意味合いを持って、北海道にも何度も足を運んでおります。しかし、命の繋ぎ、万物の命の創生という父・母の結びとなりますと、実際には、富士と沖縄という意味合いになります。
私自身、自分の聖地を自画自賛してと思われるかもしれませんが、私は自分の宮は、天と地と龍宮と地の核と全てを結ぶ場所として、母が啓示を受けて、神開きをし天地陰陽結大神様を表に出した場所です。
そして、天岩戸。天岩戸というのは沢山ありますが、私は、自分の聖地、天岩戸こそが地上の母、そして、地球の核の母の場所であり、その母を守護するものが、全ての龍神・龍王の働きである。そのすべての龍神様の働きは、地上及び龍宮、地の核を守りながら、母の理を叶える為に働いている。そして、母を大きく守護する存在として、艮金神様が天の岩戸におられるという母からの教え、啓示の中、本当に私は子供のころからその聖地に関わってまいりましたし、本当にそういった場所であると、私自身も自負し、誰に聞かれても、心からそれを言いきることが出来る。自信を持って発言が出きます。
それだけ、素晴らしい聖地だと思っておりますが、ただそれは、私の思いであります。
しかしながら、ここに沢山の人達が、昔から聖地として認め、沢山の人達が、足を寄せております。
実際に、古文書には載っておりませんが、私達の宮の周辺地域は、八重島、八つ重なる島という書き方を漢字で書きますが、この場所は、昔は誰も住むことが出来ないぐらい、聖なる場所でした。
それが、第二次世界大戦の後に、米軍が開いて繁華街を作った場所になっております。
ですが、この八重島という場所は、ここの地域の方々が、うちの母が当時この地に引っ越してきたのが、30半ばです。その時に、80歳を超えるおじいちゃん、おばあちゃんから聞いた話として、昔はここに首里から行列を成して、そのこのガマ(洞窟)に(今でいう天岩戸の洞窟)参拝していたと聞かされています。
昔、琉球王府が、斎場御嶽で、国の安泰の祈りなどの儀式を行い、国の権威、そして神事の権威を持って、国民に知らしめる、そういった場所が斎場御嶽であると、しかし、八島という場所、天岩戸という場所には、神様から王様としての資格を一年頂く為、今年一年、王としての役割をさせてくださいという、神様に認めてもらうための挨拶、参拝としてきていた場所であったと聞いております。
古文書には載っておりませんが、古くからそのように伝えられている場所です。
だからこそ、この母の天岩戸という場所から祈りをし結ぶという事は、すごく大きな意味があります。
ここの神様が伝える教え、啓示に、地上こそが天国であり、母の理を持って全ての命を身ごもり産み落とす、全ての万物を産み落とす 母の理、そこに、天の父が導くという教えがあります。
このような場所に結ぶという事で、天地と結ぶという形になります。
ちょっと話が飛びましたが、その流れの中で、どうしても琉球と大和という国は、琉球が母の理でありましたら、父の理もなければなりません。
実際には、琉球の中に父と母の理というものがある聖地は沢山ありまして、沖縄で父と母の理を神結び繋ぎすることも出来ます。ですが、大きな宇宙の仕組み、次の世の中の仕組みとしては、日の元日本と琉球を結ぶという事が、万物の命を繋ぐ、未来を創る父・母の理になります。
そうなると私の御神事の中で、琉球沖縄で聖地を回りながら繋ぎ結びをし、大和の国で、北は、北海道から南は、九州 四国と本州を繋ぎ結びをし、最後に富士と結ぶことにより、父・母の結びをし、その父・母の最終的な結びが、八島この宮だと、私は、そのように自信をもって御神事を行っております。

母達の長年の御神事の基礎がある事から、沖縄の地での御神事より大和の国を中心に外国に飛び回っておりましたが、今後は、大和の国日本、外国を御神事をしながら、沖縄もきちんと御神事を行ってゆくこととなります。

私は、御殿場にいらっしゃる方のご厚意により、そこに車を預かっていただき、私達は、沖縄からまず本州に飛んだら、車を取りに御殿場に行きます。それは富士の麓になります。
沖縄から、まず、富士の麓に行き、麓で祈りをし、日本全国そして、外国まで行き、帰りにまた車を預ける為に、また、御殿場に戻ります。
その際に、必ず、富士の麓で祈りをし繋ぎ結び、そして、沖縄に戻り、宮できちんと天地の祈りをして結んできた御神事でございました。しかしそれでは、母の亡き後、解散して、私一人で飛び回っている御神事では、今後、次の世の仕組みにおいて、本当の意味での天地陰陽結大神様の理を叶える為には、しっかりとした仕組みづくりが出来ないという事が伝えられ、今年 1月から 新たなスタートを切る事になりまして、心新たに今行っております。
次の段階に進んだというのでしょうか、そのようにご理解いただきまして、今後も皆様の力添えを頂ければ幸いでございます。

改めまして、皆様にお願いしたい事がございます。
今年の6月の夏至に、昨年山中湖にてマヤのドンアレハンドロ長老と共にセレモニーをしてくださいました、エリザベスグランドマザーが、今回、エルサルバトルのシャーマンが作った聖なる杖を携えて日本に来られます。
この杖は、始めてアメリカ大陸から日本に参ります。杖は女性のシャーマン達が預かり御神事をしているという事で、この6月はその杖と一緒に、富士の麓で御神事を行います。
この御神事を行う前に、女性のシャーマンが啓示を受けて作った杖と一緒に御神事をするということから、沖縄で母の理の御神事をきちんと行い、その聖なる杖を富士の麓で結び、そして、その御神事の結びを沖縄に結ぶという形で行おうと思っております。

さて、ここ毎年、6月21日の夏至の日に富士の麓の山中湖で祈りのセレモニーを行っております。
富士のお山に奉納として御神事を2日間にわたり行っておりますが、今回、その御神事を行うのも本当に大切な意味があります。
今本当に地の中は、大きく動きを始めております。実際に、南海トラフが動こうとしております。
そして、関東と房総沖、犬吠埼の沖合のプレートも動こうとしております。
東京湾、立川断層辺り、中央構造線と地の中では大地が、大きく動こうとしています。
それと同時に、火山が動こうとしている。それは、富士山が、本当に動きだしております。
いつ大きな地震、噴火が、起きてもおかしくない状況が、今目先にあります。
そのこともあり、4月15日からフィリピンへ行き、富士山の噴火の分割分散を願い祈をする為に行きます。
本当に今、富士山が動こうとしております。
しかし、今、富士山が動くと日本列島のプレートや活断層が、連鎖し一気に動くことになります。
そしてそれは、逆に環太平洋地域で、一気に世界中、地球中にその動きが広がってゆく可能性が、すごく高いという事で、これまでの300年周期の富士山の噴火ではなく、数万数十万年周期の大噴火となる可能性が高いという事が伝えられており、とんでもない地球の地殻変動が、動き出す可能性があり、それが、いつ起きてもおかしくないという状況になっております。
だからこそ、3年前から富士山の麓で御神事、セレモニーをすることによって、富士山の噴火のエネルギーを分割分散し、一気に大きな力を噴出するのではなく、本当にバランスよく噴火をして頂くという流れを作っていただくように、それと同時に、その流れで大きくプレートや活断層や中央構造線などの伝達連鎖を一気に広まるのではなく、本当に穏やかに緩やかに、連鎖伝達し大きな大災害、地球規模での大災害、日本列島での大災害にならないようにと意味を込めて行っております。
今回、その富士でのセレモニーをするのに、どういった意味があるのかとか、皆さん分からない。去年のドンアレハンドロ長老が来た時よりも、今回は御神事の意味が、大きくないとか思われる方々もいるかと思いますが、決してそうではありません。去年以上に、今年の富士のセレモニーというものは、すごく重要になります。
これからの未来に関わる自然の流れ、地の流れ、海の流れ、大地の流れ、火山の流れ、大気の流れ、火山灰の流れ、全ての動きが、今年13年から本当に大きく動いております。
だからこそ、自然界の大きな動きの流れを、大難を中難、小難、無難にする為の御神事として、実際には、富士のセレモニーは、年々大きな意味合いを持つことになります
ですから、今年の富士での祈りというものは、次世代への命の循環を繋ぐという意味や地球の命の営みとしての自然の動きが穏やかなものとなるようにという意味が込められており、これからの未来・地球の未来が関わる大変重要な内容の大きな祈りとなります。
そしてそこに、今回、エルサルバトルから聖なる杖を持って来られる。それは、北米では沢山の少数民族の女性のシャーマンが扱って儀式をしたと言われています。
その聖なる杖は、女性・母・そしてグランドマザー、おばあちゃんといった、女性性や母性、今回の命という意味、人だけではなく、万物の命の繋ぎの祈りを行うには欠かせない役割を含んだものが訪れます。そして、その祈りを富士にしっかりと結び、そこから日本とう国から本当の母の理を持って、新しい母の理と天の理ときちんと陰陽の御働きの結び、そこから世界中に新たな繋ぎ結びが行われ、人間の意識が変化する方向へと促されるのです。
この儀式を行う事により、政治や経済、様々な国の駆け引き混乱が無くなるように、そこから改めて昔の過去、いにしえから来る因果因縁、歴史の間違いを改め解き直しながら、新しい世づくりが始まるという大事なスタートが6月の富士の祈りになります。
夏至の日の21日、22日、23日の御神事というものが、すごく大きな意味を持っております
どうか、ご理解頂きましてお力添えをお願いいたします。

これからの御神事の意味合いは、出来る限り文章で伝えてゆきたいと思っております。
どうか今後の御神事を見守り頂きまして、お力添えを頂きますようお願いもうあげます

長文をお読みいだきましてありがとうございました。

比嘉良丸
比嘉りか

★*★*祈りの和information*★*★

★4月20日 東京学びの和開催!!

今回4月に行われます東京学びの和には、地震についての詳しいお話をしていただけるゲストをお招きし現在の大地の在り方をお話ししていただこうと思っております。
また、夫からもフィリピンでの御神事や沖縄での御神事のその後の事などをお伝えできればと考えております。
今後の未来に対してのお話しとなります。
是非のご参加をお待ちしております。

詳細、参加申し込みは下記URLより
http://kokucheese.com/event/index/70528/


★花粉の季節 環境汚染にこのマスク!!
ゼオライト&活性炭フィルターで微粉をブロック!
詳細は 下記URL ウェブショップへ
http://nirai-kanai.ocnk.net/



沖縄のご神事と6月のセレモニーについて

2013.04.03.18:00

新暦4月3日(旧暦2月23日 亥)

いつも真心のお力添えありがとうござまいす。
先日3月29日に夫が中継にて、今回の御神事の事や6月の山中湖でのセレモニーの事についてお話をさせていただいたのですが、この内容を、改めまして、中継では伝えきれなかった部分、補足をいたしましたので、下記に記載させていただきます。中継したものを書き起こしての補足となっております事から、そのままの話口調になっている部分、また、中継当時そのままの部分もありますが、どうかご了承くださいませ。
長文となりますことから、本日、明日と2回に渡りお伝えさせていただきます。
どうか、ご覧いただきますようお願いいたします。

比嘉良丸
比嘉りか

(以下、2013年3月29日 中継より・・・)

おはようございます。
大国ミロク大社、天地陰陽結大神様を御祭します、御宮から、今日、3月29日に、少しお話をさせて頂きたいと思っております。

もう、3月も下旬に入りましたが、今年2013年に入りまして1月から沖縄で、母の時代のお弟子さんや協力してくださる方々と沖縄での御神事を再開しており、1月、2月、3月と途中本州や外国へも行き来しながら、沖縄の御神事を中心に回っているところでございます
この期間、以前より啓示で言われておりました2月19日の中国との争いや、経済についての災い、政治についての災い、自然災害についてなど、様々な啓示を伝えられ、そしてそれら回避、小難無難にする為の御神事を行うように伝えられてきまして、引き続き2月19日以降も御神事を行っております

さて、話は少し遡りますが、私の母が亡き後、2002年に、一度、この団体(母の時代にミロク殿本部というものがありました)を解散しまして、私は、2002年から単独で本州に上がり、沖縄と本州や外国を行き来する御神事を行うようになりました。
それから今年で約11年経ちますが、2013年、我宮の天地陰陽結大神様の御教えにより、改めて、沖縄本島、離島、本州、そして、外国での御神事を団体で行って行くこととなりました。
ですが、現実的には、沖縄は団体での御神事が出来ますが、本州は、私単独か夫婦で、外国は夫婦での御神事を行っております。
その根本の教えは、戦後、私の母が神がかりし啓示をうけたことから始まり、この時の啓示で、ミロクの世を創るということで、戦後の1953年に行った神開きから始まりました。
母達は、記録に残っているもので、当時沖縄本島、離島含め50年という年月を費やし6000ヶ所近い聖地の神開き結びを行い続け、戦の世を無くし、平和の世を創る為の御神事を行ってまいりました。
今年、改めましてその御神事の形式の引き継ぎをきちんと行うという時期になったと教え、啓示をうけました。
母達は、私の母が、地球母の役割、天の父の役割の男性、そして、すべての仲介、間を取り持つ役割の方を中心に、12の干支にそれぞれの役割があると教えられ、干支や干支以外にも自分の島の役割を担っている方もいますので、様々な役割を持つ方が集まり、その働きを御神事という場、見えない存在に働きかけて、世の中へ反映させるという御神事を行っていました。
2002年にその団体を解散し、ずっと、単独、もしくは、妻と共に行動してきました。その間、私は、団体の時にそれぞれの干支の方々が担っていた全ての役割を担いながら、御神事を続けてきました。
しかしながら、今年改めて啓示にて、以前のように沖縄での団体で行う時期になったという事を伝えられました。

それは、今後2013年から新たな世の中の動きに合わせ、地球そのものの自然環境、政治・経済、そして、地震や噴火といった自然災害。そして、世の中に起こる、大きな事故、様々な化学工場や原子力発電所などの事故・災害というものの発生が、今後、新たな流れを生み、この世の中、環境が、本当に人の住めない状況を生み出す、と同時に戦争という第三次世界大戦というものも、その裏には、見え隠れしてきているという事も伝えられております。
今までは、戦争回避という事を重点におき、それに繋がる様々な災害、出来事を小難無難になるようにと回避、小難無難を中心に御神事を行ってきました。今後、今まで母達の作ってきた土台の上に、新たな仕組み作り、未来作りを行う。回避や小難無難という御神事に加え、、見えない世界の部分、現実の部分からミロクの世を創るという教えを加え、御神事を行うようにと教えられ、その為にも単独もしくは夫婦では背負いきれない大きさになったことから団体での御神事を伝えられました。

さて、まず今行っている御神事の内容、その意味をお伝えしたいと思います。
天と地という結びの中で、地球という星、この地球という星こそが、宇宙空間に浮かぶ一つの生命ある、命ある星であり、その地上に、何億を超える、実際には、何兆という何兆と言ってもいいでしょう。微生物という命まで含めると。この地上にどれだけの生命があるか計り知れない所があります。
この生命の宿る星であり、星そのものも命を持った命の星で、その母なる命を生み出す、身ごもる 生み出し・育み育てる愛しむ仕組みのある、この大宇宙、その地球、母なる星こそが、神の教えでは、天国であると伝えられております。
地球こそが、天国であり、その天国を本来人間は、その人間の心、行いで創らなければならない役目・役割があるが、本来の役割を忘れ、自分の私利私欲で環境や地球にある資源を含め、その環境を破壊し、自分の私利私欲で、争いを繰り返してきた。
こういった流れ、命の宿る星であるという事、そして、人々の行動やその意識に未来への鍵があるということ、今年13年からの改めて焦点におき御神事をすることによって、人間の意識が変わり、本当の地上天国・地球こそが天国だという事を、人間が理解し、その人間の行いを持って、世の中をミロクの世を創るという新たな神の世での仕組み作りの御神事がスタートするという事になりました。

多くの方がおっしゃられますので御存じの方の多いと思いますが、世界のひな形が日本であり、日本のひな形が沖縄・琉球という言い方をされます。私達自身も沖縄という地域は、その地上天国、母なる星、地球のひな形であると捉えております。また、御神事の中で、沖縄・琉球は母の国、本州・大和は父の国とも伝えられております。

ですから、その沖縄・琉球という地域で祈りをするという事は、母の理(ことわり、道理)この世に万物の命を生み出す仕組みを新たなる時代にも続くことが出来るように見えない部分から改めて整え作り出し、その母の理(ことわり、道理)が整ってゆくよう御神事をすることで、現実の世の中へも母の理が広がる、人々の中にその意識が芽生える、本来の命とうもの、本当に命というものがどれだけ大切なものかということを促し気づかせる御神事であり、そしてそれが出来る場所が、この沖縄・琉球であると捉えております。

命こそが宝(方言では【ぬちどぅたから】)という言葉が、沖縄の言葉にありますが、本当の意味で命というものの深い意味を理解し、人間の一人一人の行いから本当に自覚が変わってくる。それは、今後、御神事での事、その伝えられた事、神の教えなどを皆さんへお伝えして行くことも一つの大きな働きかけになり、御神事の流れとなると伝えられました。

そのスタートを今年1月から行ってきたのですが、これを行うのに、どうしても沖縄本島で、沖縄本島を中心に東西南北をかけ結び十字を切るという御神事をすることが、大変大きな、大事な意味がありました。
その為、1月に与那国から、八重山・宮古、そして、奄美・喜界島、北・南大東島、久米島と 回り繋ぎ結びの御神事を、南の方から始め祈り、神結びを致しまして北に参りました。

奄美・喜界島、そして東の北・南大東で結び、西の久米島に繋いでまいりました。本来なら、母に伝えられました神の教えで、北で起こし、南に結び、東で受付、西で実行という言葉があるのですが、その啓示に従うと、今回私達が移動した順序は、北からではなく南から結んでいるから逆じゃないかと思われる方もいるかと思いますが、今回の神の仕組みは、南から結ぶ事に意味がありました。

今回、御神事で繋ぎ結ぶ範囲の意味として、地上だけではなく、地の底、地球の核。そして 龍宮という海の底を含め、更には、天を含めて結ぶ御神事であります。

何度か、お伝えした事がありますので覚えている方もいるかと思いますが、南十字星というものは、母なる星、その十字には、天の母の仕組みがあると啓示で伝えられておりました。

そして御神事の中では、南という方角は、母や大地を意味する方角でもあると伝えられております。
今回の御神事が、新たな仕組みという事、それには、まずは、次世代へ繋ぎゆく命、万物すべての命に対しての狂うことなくその仕組みが繋がってゆくようにという事が土台となっております。

そこで、沖縄で唯一南十字星の見られる、南の方から、南十字、天と結び。そしてそこから、北、東、西と結び、御宮のあります八重島(私達は、八島とも言いますが)沖縄で結び、今度は、沖縄本島内で南、北、東、西と繋ぎ結ぶ御神事を行ってまいりまして、実際には、まだ現在も行っている最中でございます。

////明日に続きます・・・

★*★*祈りの和information*★*★

★4月20日 東京学びの和開催!!

今回4月に行われます東京学びの和には、地震についての詳しいお話をしていただけるゲストをお招きし現在の大地の在り方をお話ししていただこうと思っております。
また、夫からもフィリピンでの御神事や沖縄での御神事のその後の事などをお伝えできればと考えております。
今後の未来に対してのお話しとなります。
是非のご参加をお待ちしております。

詳細、参加申し込みは下記URLより
http://kokucheese.com/event/index/70528/


★花粉の季節 環境汚染にこのマスク!!
ゼオライト&活性炭フィルターで微粉をブロック!
詳細は 下記URL ウェブショップへ
http://nirai-kanai.ocnk.net/



日々の祈り

2013.04.03.10:00

新暦4月3日(旧暦2月23日 亥)

いつも真心のお力添えありがとうございます
日々の祈りの際に伝えられました言葉をお伝えさせていただきます


人々との繋がり
人との繋がり 命との繋がり
積み重ね 積み重ね
そして 次へと 
繋ぎ続けられてゆく
その言葉に 間違いはないか
その言葉に 訂正はないか
素直に 誠をもって生きる事
次なる世代へも
誠をもって 歩み続けるよう
伝え 残さねばならぬ


本日は、一時、御神事はお休みになります。
続いてきていおりますことからも、一旦の休養となります。
今、御神事の中で伝えられていることは、次の未来において何をしないといけないか。伝えられているのは、次の時代も命ある星であるようにということ。そして、その為に、見えない部分の仕組みから作るという御神事になっております。
日々の祈りの中、繋ぎ行く未来にも、様々な命の宿る、命の星、地球であるようにという願い祈りも込めていただけますと幸いです。

本日も、日々の祈りのお力添えをどうぞよろしくお願いいたします

比嘉りか

★*★*祈りの和information★*★*

★4月20日 東京学びの和開催!!
詳細、参加申し込みは下記より
syousai.jpg

★花粉の季節 環境汚染にこのマスク!!
ゼオライト&活性炭フィルターで微粉をブロック!
詳細は 下記 ウェブショップへ
niraikanai

日々の祈り

2013.04.01.09:36

新暦4月1日(旧暦2月21日 酉)

いつも真心のお力添えありがとうございます
日々の祈りの際に伝えられました言葉をお伝えさせていただきます

導きの光は
天でもあり
次の世への導きの光は
一人一人の内側から
発せられるもの
磨かれよ 磨かれよ
次の世が迷わぬように
内側の光
磨かれよ


本日も沖縄本島内での御神事となります。
小さな島ではありますが、本当にたくさんの聖地があり、様々な見えない仕組みによってその働きをされています。
土地の区画整理や整地によって、以前はあった聖地も姿を消しているものもあります。
それでも、そこの近くにて祈り、このような状態であってもその御働きをしていただけるように、見守っていただけるようにという事をお祈りさせていただいています。
変わり行く世の中でありますが、それでも、失う事がないように守りたいものの一つであると感じています。

それでは、本日も真心のお力添えよろしくお願いいたします

比嘉りか

★*★*祈りの和information★*★*

★4月20日 東京学びの和開催!!
詳細、参加申し込みは下記より
syousai.jpg

★花粉の季節 環境汚染にこのマスク!!
ゼオライト&活性炭フィルターで微粉をブロック!
詳細は 下記 ウェブショップへ
niraikanai
情報サイトリンク

◆地震情報《気象庁》
◆火山情報《気象庁》
◆台風情報《気象庁》
◆警報・注意報《気象庁》
◆海外の地震情報《JIS》
◆マーケット情報《ロイター》

イベントのお知らせ
最近の記事
関連サイト
検索フォーム
年別アーカイブ
携帯用QRコード
QR