日々の祈り

2013.06.28.09:15

新暦6月28日(旧暦5月20日 丑)

いつも真心のお力添えありがとうございます。
日々の祈りの際に伝えられました言葉をお伝えさえていただきます

対応できるよう
構えておくことは
必要であろう
突然の出来事は
困惑させ
判断を鈍らせる
思い描くことは
対処の一つともなろう
動けるように
構えるのである
動けぬ程に
構えてはならない
兼ね備えておくことは
しなやかさである


沖縄に無事到着しました。
長老達も、故郷エルサルバトルに気候が似ているという事で、とてもリラックスしています。
本日は、南部をお祈りしてまいります。

本日も、どうぞ皆様の真心のお力添えをよろしくお願いいたします

比嘉りか

日々の祈り

2013.06.27.09:00

新暦6月27日(旧暦5月19日 子)

いつも真心のお力添えありがとうございます。
日々の祈りの際に伝えられました言葉をお伝えさせていただきます

動きは小さくとも
動きは見えなくとも
その流れや 波動は
伝わりゆくもの
すぐには 見えなくとも
変化は訪れ来る


本日は、エリザベスグランマ、マリアグランマと一緒に沖縄へと戻ります。
ここ数日は、少し落ち着いた日を過ごせているようで、お二人とも元気です。
寒いより暑い方がいいとおっしゃっていましたが、沖縄の暑さは、大丈夫かな。
また、沖縄での祈りご報告させていただきます

比嘉りか

日々の祈り

2013.06.26.11:50

新暦6月26日(旧暦5月18日 亥)

いつも真心のお力添えありがとうございます
日々の祈りの際に伝えられました言葉をおつたえさえていただきます

繋ぎ続ける事
形となり 現る
その力偉大なり
動かし行くことが出来る


22日、23日の山中湖セレモニー、昨日の東京講演会を無事終える事が出来ました。
これも皆様のお力添えがあったからこそであります。本当にありがとうございました。
今年のセレモニーの模様などは、改めましてお伝えしてまいります。
本日は、移動と明日からは沖縄となります。

それでは、皆様の真心のお力添えの程をよろしくお願い申し上げます。

比嘉りか

★*★*祈りの和information*★*★

2013.06.25.14:34

201306 kouennkai3


山中湖セレモニーも滞りなく終わり、皆様には、心より感謝申し上げます。

本日、長老達の講演会を行います。前売りのお申し込みは終了いたしましたが、当日券は、まだ余裕がございます。
お時間の許します方は、ぜひ、お越しくださいませ。
こころよりお待ちしております。

★★6月25日(火)長老たちによる東京講演会★★
「未来について今伝えたい事があります・・・」
富士いのりのセレモニー最終日は、東京都品川区のスクエア荏原におきまして、長老やエルダーによる講演会を開催致します。「未来に向けて伝えたいことがあります・・・」と題して、水と女性性の時代、これからの未来を考える上で重要となる話題を中心にお話しを伺います。また、比嘉夫妻による祈り合わせと公開セッション、今夏に日本語字幕版公開予定の神聖なるマヤの預言を携えた一人の長老(アレハンドロ・シリロ・ペレス・オシュラ氏)が歩んだ軌跡を追ったドキュメンタリー映画「Shift of the Ages」メッセージ映像をご紹介します。

<会場>スクエア荏原
住所:東京都品川区荏原4-5-28
<地図>
http://www.shinagawa-culture.or.jp/hp/menu000002900/hpg000002815.htm

<時間>
開場:6時(予定) 開演:午後6時20分 午後9時終了

<参加費>現在当日券のみ5000円

21日夏至のセレモニー&25日の東京講演会がもうすぐ!

2013.06.24.11:40

IMG_7702-k.jpg

皆さんこんにちは。

昨日、無事、23日までの「富士いのりのセレモニー2013in山中湖」が終了しました。
ご来場くださいました皆様、そして、気持ちで応援下さった皆様、ご支援下さいましてありがとうございました。

その後報告といたしまして、今日は21日早朝の「夏至のセレモニー」の様子をご報告いたします。

ちょうど富士山の向から昇る朝日の姿は見れませんでしたが、「聖なる杖」が海を越えて初めて日本の地、それも富士山のおひざ元に降ろすことができたことを、エリザベス・マザー(写真いちばん右)、マリア・マザー(写真・左)共に、とても喜んでくださいました。

前回、ブログでもご紹介したように、この「聖なる杖」は訪れる場所でいろんな奇蹟を起こしています。
今回の渡航に際し、万が一通関の際にトラブルがあってはと思い、日本語の説明書も書いてエリザベスに渡してあったのです。
ロスの空港でエリザベスは職員から「これはきっと日本へは持ち込めないでしょうね」と、警告されたそうです。

しかしエリザベスとマリアにはある確信がありました。
それは「この杖は行くべき場所を知っていて、そこに天からの保護のもとに行くのだ」と。

結果、こちらで用意した日本語の説明書も、ロス職員の警告もまったく不要のものとなり、「中身を確認されることもなく」成田の税関を通過できたのでした。

これも小さな奇跡のひとつですね。

IMG_7726-2k.jpg
※写真:参加者全員で祈りを捧げました

奇蹟が起こるプロセスには、いろいろあります。
すぐ変化が起こってしまうものから、少しずつ変わっていくものもあります。
たしかなことは、祈り、行動をすることで、「確実に変わりつつゆく」ということなのでしょう。

IMG_7798-2k.jpg
写真:「聖なる杖」に祈りを捧げる國友悠一郎さん(ダンサー)。IMG_7781-2k.jpg
写真:参加者全員で、思い思いの祈りを捧げました

25日は、この「聖なる杖」が、エルダーたちと共に東京へ祝福にやって来ます。

エリザベス・マザーはこう言います。
「この杖には、個人的な思いでも、社会的な祈りでも、自由に語りかけていいんですよ」
そしてマリア・マザーは、
「この杖はワンネス、ユニティという奇蹟を具現化するもの。個人と社会のバランスを共に調整してくれるのです」と語ります。

ぜひ、あなたの想いを「聖なる杖」に託しに、会場へとお越しくださいね。

★東京講演会の詳細はこちらから
 

文・写真
セレモニー実行委員会 町田







日々の祈り

2013.06.20.09:01

新暦6月20日(旧暦5月12日 巳)

いつも真心のお力添えありがとうございます
日々の祈りの際に伝えられました言葉をお伝えさせていただきます

学びとは 知る事
勉学だけではなし
経験したこと 知ったことを
次に 活かしてこそ
始めて学びといえよう
活かしてこその
学びである
改善されてこその
学びである
次は必ずよき方向へ進むもの
学びが活かされれば
よき方向へと進むもの


昨晩、ブログに掲載されておりますが(下記にありますご参照ください)、エリザベスさん、マリアさんが来日され、聖なる杖を携えてきてくださいました。
不思議な杖です。華奢な感じがしながらもとっても強く、たくましい。夫も感じていますが、本当に多くの方々の善き願い祈りが込められているのだと感じます。
祈りは、変化を促すものだと思っています。
その促しに動くか動かないかは、その人の判断になると思います。
この杖は、多くの方々の善き願いが力となり、善き方向への促しとそれをサポートする支える、安定と安心が伝わる様な感じがしました。
この杖と一緒に祈る事が出来るという事は、とても心強く、そして、とてもありがたく感じています。

そして、この杖を日本に招く事が出来ましたのも、支えてくださいました、皆様のお蔭です。
本当にありがとうございます。

皆様にもぜひ近くで見ていただき、そして感じていただけたらと思っております。
会場に来れずとも、祈り合わせていただくその時、見えない力で、この杖と繋がっている事を思い、感じていただけると幸いです。

本日も、真心のお力添えの程をよろしくお願いいたします。

比嘉りか

★*★*祈りの和information★*★*

201306 kouennkai3

★★6月25日(火)こころのかけはし 長老達による東京講演会 ★★
「未来について今伝えたい事があります・・・」
富士いのりのセレモニー最終日は、東京都品川区のスクエア荏原におきまして、長老やエルダーによる講演会を開催致します。「未来に向けて伝えたいことがあります・・・」と題して、水と女性性の時代、これからの未来を考える上で重要となる話題を中心にお話しを伺います。また、比嘉夫妻による祈り合わせと公開セッション、そして、今夏に日本語字幕版公開予定の映画“Shift of the Ages”のメッセージ映像をご紹介しながら、制作に至った裏話などをお伝えします。。

●詳細 お申込みは下記URLより受付中
20130625 kouenkai2


●聖なる水と未来へのメッセージ募集
山中湖のセレモニーにて使います、御神水や未来への願い祈りのメッセージを募集しております
募集の詳細は、下記URLよりご覧ください。
多くの皆様のご参加をお待ちしております。
http://inorinowa.org/fuji2013/?page_id=484

●6月22日(土)奉納舞台&公開御神事
午後12時30分開演(於:山中湖きららスワンステージ)

奉納舞台出演予定:岡野弘幹·桑名晴子・曼珠沙華
瑞穂舞、小嶋さちほ、他多数出演予定
※順不同、敬称略。
山中湖の湖畔、背景に富士の御山を頂いた“山中湖交流プラザきらら”スワンステージにて、各界のアーティストが演じる音楽や舞踊などのパフォーマンスをお楽しみ頂きます。また、舞台の途中、自然信仰家の比嘉夫妻によるセッションを公開致します。テーマは富士山そしてこの地に集う意味を中心に存在よりのメッセージをお聞き下さい。・・・音霊・言霊・舞の表現が喜びの想いとして、未来への想いとして大自然に奉納されます・・・

●6月23日(日)火と水&聖なる杖のセレモニー  
午前9時開会(於:山中湖 湖畔広場)
山中湖の湖畔広場にて、ワイタハ族テ・ポロハウ長老、マヤ族エリザベス・アラウホエルダー、マヤ族マリアエルダーをお招きし、素敵な未来を願い祈り、火と水のセレモニーを開催致します。また、多くの方よりお寄せいただいた“未来へのメッセージ”と“各地の聖水”をお焚きあげする予定です。そして、このセレモニーではもう一つの大きなワークが行われます。それは「聖なるサルバドール人の杖」による、平和と調和そして人類愛のエネルギーをこの日本にもたらし、富士の御山から世界へと拡げると云う祈りの儀式です。この杖の歴史は古いものではありませんが、来たるべく未来に於いて重要となる女性性と男性性の調和を促し、杖の訪れた場所に平和・調和・そして人類愛のエネルギーを満たすと云われています。

詳細、お申し込みは、下記からどうぞ
詳細サイト
2013062223yamanakako.jpg

「聖なる杖」を携えて、エリザベス&マリアが来日!<セレモニー直前情報>

2013.06.19.23:41

みなさん、こんにちは。

本日6月19日、午後五時に成田空港にエリザベス&マリアの二人のエルダーが、
「聖なる杖」を携えて来日しました。

さっそくみなさんに、初来日となる「聖なる杖」の画像を公開しましょう。

loIMG_0111-k.jpg
写真左から マリアさん、聖なる杖、りかさん、エリザベスさん

最上部にある鹿の角の骨まで入れると、「聖なる杖」は180センチ近い高さがあります。
これを専用のキャリングケースに包み、エリザベスさんとマリアさんが運んできてくれました。

この日本に来る直前には、ロサンゼルスで「聖なる杖」を使ったセレモニーが行われました。
そして「聖なる杖」がロスに滞在していた期間に、「いくつかの奇跡が起こったのよ」と、マリアとエリザベスが報告してくれました。

その詳細はセレモニーでお伝えするとして、手短に言うならば、「家庭不和が解消した」、「手の付けられないギャング集団が更生の道を歩み始めた」、「体調に不調を抱えていた人が改善に向かった」などなど、です。

マリアさんはこの「聖なる杖」の持つパワーをこう説明します。
「この杖は、統合・調和のエネルギーを放ってくれます。私たちの無意識がそれと共鳴し、いろんな奇跡に繋がっているのでしょう」。

セレモニーでは一人ひとりが「聖なる杖」と祈りを交わしましょう

loIMG_0160-k.jpg
「聖なる杖」に額を付けて祈りを捧げるマリアさん。

エリザベス&マリアから嬉しい提案がありました。
なんと「来場した方、一人ひとりが、実際にこの杖に触り、祈って欲しい」のだそうです。

そこで祈りの和では、セレモニーの間にお客さんと「聖なる杖」が触れ合えるように致します。

22日、23日の山中湖セレモニー、もしくは25日の東京講演会に来られる方は、ぜひ、この「聖なる杖」からの祝福を受け、そして祈りを捧げてくださいね。

22日、23日の山中湖セレモニー、25日の東京講演会、共にまだ参加申し込みは受け付け中です。
天気もセレモニー日和となりそうですし、初来日の「聖なる杖」が日本でどんな奇跡を起こすか、あなたもぜひ、その奇跡の目撃者、そして具現者になってください。

loIMG_0143-k.jpg
「みなさん、山中湖でお会いしましょう!」by比嘉良丸

文・写真:セレモニー実行委員町田


6月16日放送の番組をご覧頂けます、

2013.06.19.20:14

「ご視聴にさきがけまして」

本映像におきまして、期日を特定しての発言がありますが。数ある未来の可能性のひとつを啓示に基づきお伝えしております。従いましてこの放送の内容は予言の類ではないことを重々ご承知おきください。このような内容をお伝えする意味は、起こりえる未来の出来事を如何に変えるか、大きな災いを如何に小さくするかということです。
未来の可能性としてのひとつの出来事を多くの方々が意識することにより、その災いが起こることにより皆様の大切にされている方、いや、多くの生命が困難に陥ることがないように、皆さん一人ひとりが心から願うことにより、起こりえる未来を変えるかという事が大きな目的です。

これは、言葉にしたことが起こることを目的としたものではまったくありません。逆に、言葉にしたことを起こらせないためにお知らせしているものです。
もし、それが起こったとしたら、街中で見かける幸せそうな笑顔や楽しそうに歌う小鳥のさえずり、緑豊かな山々、豊かな海、その表情が一変してしまいます。
いったい誰がそれを望むのでしょうか・・・

未来は大きな混乱で多くの人が苦しみ、命が失われ、その後にできるものではありません。この星に住まう、すべての命、すべての人々が自らの日常の生活の中で、未来を想い、それに向けてそれぞれの立場で物事を行うことにより創り上げるべきものです。

母が母として、父が父として、子が子として、企業を営む方は利益のみを追求するのではなく、社員を想い自らの企業活動を通じて本当に人々の幸せや広い意味での環境の向上を目的として業をなすこと。国や自治体に携わる人々がすべての生命の幸を願い、その優秀な知恵や知識を使うこと。
この星に生まれたすべての方がその立場において責任を持つことが、幸せな星を創り上げる唯一
の方法なのかもしれません。
つまり、ご神事とは人生そのものと言い換えることができます。人の数だけご神事があります。特定の人が祈り、行うものだけをさすのではなく、すべての命がご神事そのものなのです。

大きな混乱や災害から新しい未来が出来るのではなく、今を、社会の仕組みを私たちが持つ知恵や勇気を使い一つひとつよい形に創り変えて行くことにより生み出してゆくべきです。多くの生命の苦しみを伴わずとも人であればそれが出来るはずです。
なぜなら、この星の自然の仕組みを変えたのは人間の活動によるものだからです、その活動を改め、再考して、作り変えれば未来も必ず変わることが道理だからです。

最後に繰り返しますが、以下の放送は決して予言としてお知らせするものではありません。

こころのかけはしいのちの和 高橋 

「6月16日合同祈り合わせより」

現在の状況

2013.06.19.16:30

今日、グアテマラとエルサルバトルからの長老を迎えに行きます。

さて、6月14日に行いました、沖縄での海の御神事で伝えられた啓示の内容を6月15日に中継放送で流した分は、後程、祈りの和TVとこのブログに掲載したいと思いますのでご覧くださいませ。
この中継ですが、6月14日に沖縄本島で南海トラフから東北までの小難無難の御神事を行りました。その時に、伝えられたきた内容なのですが、10月に東京内の活断層で地震が起き、南海トラフが数日後に連鎖して動く、それによって九州から、東南海地方まで地震が発生し、それから数日後に、東海、関東、東日本のプレート型の地震が起きると啓示がありました。
その後、富士山が噴火を起こし、それにより、環太平洋地域に地震や噴火などが連鎖伝達となり、最終的には地球規模に広がってゆくという啓示が改めて伝えられました。
その内容の一部を6月15日中継でお伝えましたが、啓示を伝えている最中に、思う所があり強制的に伝えている事を中断して終えました。詳しくは、改めてお伝えしたいと考えています。

今回のセレモニーについて、以前、大きな清めの大事な御神事だとお伝えしました。大きな浄め改めが入ると、大風・台風などが来るということがあるという事もお伝えしました。
御神事をすることによって、世の中へ改めが反映される事となりますので、自然界と神々が動いての清め改めは少しひかえて欲しいという事をお願いをしてまいりました。それは、自然界が動くと、清め改めであっても、川の氾濫や山崩れなどが起こり、結果、人命が失われ、浄めという事よりも災害となる事から、富士のセレモニーでのご神事で、祈り願いの部分から清め改めとなるようにと願ってきました。
しかし、今回、富士のセレモニーの清めでは足りいということで、富士での御神事に加え自然界や神々の浄めも入いると伝えられました。
確実に未来への命を繋ぐために、我々も動き、そなた達と我々と両方からの働きで、完全に浄め改めを行う。浄め改めの作用も人命を失うことなく、最小限に確実に改めを行う。という事を伝えてきております。

その為、今回近付いてきております台風は、今後の世の中に対しての大きな清め改めの働きがあり、それに、21日、22日、23日の御神事と重ね合わせ、結び合わせる事により、皆様と共に行います富士セレモニーと神々との協力により最大限に災いを防ぎ、現在進行している未来への悪い流れを良い方向に変える、大事な御神事となっております。
そして、神々が動いたということは、確実に良い方向への流れを示唆しているということになります。
この台風が、伊豆付近で温帯低気圧に変わるという事も、大きな意味があります。
それは、フィリピンプレートと太平洋プレートの境目に浄めが入ったという意味があり、南海トラフの清め、小難無難の方向性を示唆している事を表しています。
しかし、この神々からの知らせ、示唆を、現実のものとなるように、本当の小難無難、善い方向への促しと成す為には、富士セレモニーに出来るだけ多くの方の真心の参加が必要になります。
その為にも、現地への参加だけではなく、22日に行う予定にしております、祈り合わせに、いらっしゃいます場所から真心の願い祈りのお力を頂けますようお願い申し上げます。時間は改めてお伝えさせていただきますが、どうぞよろしくお願いいたします。

このような事から、今回御神事は、台風という状況のありますが、そのまま行う事に致します。
21日の状況によっては、参加者の安全などを考え 最終的な決断をしたいと思っていますが、最悪の場合、私達だけでの御神事も考えています。 

21日の昼には実際にどうするか判断し、参加者の方皆様には、中止の場合のみ、夕方までのメール、並びに、ブログにて報告いたします。
決行の場合は、特にご連絡はなしで行います。

スタッフの皆様へは、そのまま続行の方向で動くようお願いします。
どの様になっても動けるように、21日に集合し22日を迎えたいと思っております。

今回の台風や私達の21日から23日までの御神事というものは、一つの仕組みの中で清め改めの御神事であり、そこに自然界の神々、八百万の神々、天地父母の意思が、大きく動き、未来の命を繋ぐ為の仕組みの動く御神事となっております。

どうか、皆様の力添えと共に、真心の祈り。そして、おこしになれます方は、現地に参加して真心のお力をお貸しください。

比嘉良丸
比嘉りか

日々の祈り

2013.06.19.09:30

新暦6月19日(旧暦5月11日 辰)

いつも真心のお力添えありがとうございます
日々の祈りの際に伝えらえました言葉をお伝えさせていただきます

続ける 続ける
未来に向けて
一つ 一つの判断と
一つ 一つの行動と
対処 対策 安全に
未来に向けての 判断
未来を見据えての 考え
今だけの損得ではなく
未来を見据えて
判断しなさい


昨日本州入りして、熱海へ祈りの来ています。
昨日、飛行機が遅れ、御殿場についたのは、夜だったのですが、そこから車を引き取り、東海トラフの小難無難の為に、移動しました。本日、この後、長老達のお迎えの為に、千葉へと移動いたします。

それでは、本日も真心のお力添えの程よろしくお願いいたします

比嘉りか

★*★*祈りの和information★*★*

201306 kouennkai3

★★6月25日(火)こころのかけはし 長老達による東京講演会 ★★
「未来について今伝えたい事があります・・・」
富士いのりのセレモニー最終日は、東京都品川区のスクエア荏原におきまして、長老やエルダーによる講演会を開催致します。「未来に向けて伝えたいことがあります・・・」と題して、水と女性性の時代、これからの未来を考える上で重要となる話題を中心にお話しを伺います。また、比嘉夫妻による祈り合わせと公開セッション、そして、今夏に日本語字幕版公開予定の映画“Shift of the Ages”のメッセージ映像をご紹介しながら、制作に至った裏話などをお伝えします。。

●詳細 お申込みは下記URLより受付中
20130625 kouenkai2


●聖なる水と未来へのメッセージ募集
山中湖のセレモニーにて使います、御神水や未来への願い祈りのメッセージを募集しております
募集の詳細は、下記URLよりご覧ください。
多くの皆様のご参加をお待ちしております。
http://inorinowa.org/fuji2013/?page_id=484

●6月22日(土)奉納舞台&公開御神事
午後12時30分開演(於:山中湖きららスワンステージ)

奉納舞台出演予定:岡野弘幹·桑名晴子・曼珠沙華
瑞穂舞、小嶋さちほ、他多数出演予定
※順不同、敬称略。
山中湖の湖畔、背景に富士の御山を頂いた“山中湖交流プラザきらら”スワンステージにて、各界のアーティストが演じる音楽や舞踊などのパフォーマンスをお楽しみ頂きます。また、舞台の途中、自然信仰家の比嘉夫妻によるセッションを公開致します。テーマは富士山そしてこの地に集う意味を中心に存在よりのメッセージをお聞き下さい。・・・音霊・言霊・舞の表現が喜びの想いとして、未来への想いとして大自然に奉納されます・・・

●6月23日(日)火と水&聖なる杖のセレモニー  
午前9時開会(於:山中湖 湖畔広場)
山中湖の湖畔広場にて、ワイタハ族テ・ポロハウ長老、マヤ族エリザベス・アラウホエルダー、マヤ族マリアエルダーをお招きし、素敵な未来を願い祈り、火と水のセレモニーを開催致します。また、多くの方よりお寄せいただいた“未来へのメッセージ”と“各地の聖水”をお焚きあげする予定です。そして、このセレモニーではもう一つの大きなワークが行われます。それは「聖なるサルバドール人の杖」による、平和と調和そして人類愛のエネルギーをこの日本にもたらし、富士の御山から世界へと拡げると云う祈りの儀式です。この杖の歴史は古いものではありませんが、来たるべく未来に於いて重要となる女性性と男性性の調和を促し、杖の訪れた場所に平和・調和・そして人類愛のエネルギーを満たすと云われています。

詳細、お申し込みは、下記からどうぞ
詳細サイト
2013062223yamanakako.jpg

日々の祈り

2013.06.18.09:30

新暦6月18日(旧暦5月10日 卯)
いつも真心のお力添えありがとうございます
日々の祈りの際に伝えられました言葉をお伝えさせていただきます

どこに 焦点を当てるかであろう
苦しきときも 悲しきときも
楽しきときも うれしきときも
その時々 すべて
どこに焦点を当てるかによって
その受け止め方は変わってこよう


本日、山中湖セレモニー、長老をお迎えする為に沖縄を発ち、本州入りします。
それから、祈りの和TVに、先月札幌で行われました学びの和の様子を試験的に掲載させていただいております。
祈り合わせとその後のお話となっております。
北海道についての大切さや今後の日本についてお話しております。どうぞご覧くださいませ。
合わせまして、6月14日に中継しました内容も掲載しております。
こちらもご覧くださいませ。

祈りの和TV
http://inorinowa.org/tv/

比嘉りか

★*★*祈りの和information★*★*

201306 kouennkai3

★★6月25日(火)こころのかけはし 長老達による東京講演会 ★★
「未来について今伝えたい事があります・・・」
富士いのりのセレモニー最終日は、東京都品川区のスクエア荏原におきまして、長老やエルダーによる講演会を開催致します。「未来に向けて伝えたいことがあります・・・」と題して、水と女性性の時代、これからの未来を考える上で重要となる話題を中心にお話しを伺います。また、比嘉夫妻による祈り合わせと公開セッション、そして、今夏に日本語字幕版公開予定の映画“Shift of the Ages”のメッセージ映像をご紹介しながら、制作に至った裏話などをお伝えします。。

●詳細 お申込みは下記URLより受付中
20130625 kouenkai2


●聖なる水と未来へのメッセージ募集
山中湖のセレモニーにて使います、御神水や未来への願い祈りのメッセージを募集しております
募集の詳細は、下記URLよりご覧ください。
多くの皆様のご参加をお待ちしております。
http://inorinowa.org/fuji2013/?page_id=484

●6月22日(土)奉納舞台&公開御神事
午後12時30分開演(於:山中湖きららスワンステージ)

奉納舞台出演予定:岡野弘幹·桑名晴子・曼珠沙華
瑞穂舞、小嶋さちほ、他多数出演予定
※順不同、敬称略。
山中湖の湖畔、背景に富士の御山を頂いた“山中湖交流プラザきらら”スワンステージにて、各界のアーティストが演じる音楽や舞踊などのパフォーマンスをお楽しみ頂きます。また、舞台の途中、自然信仰家の比嘉夫妻によるセッションを公開致します。テーマは富士山そしてこの地に集う意味を中心に存在よりのメッセージをお聞き下さい。・・・音霊・言霊・舞の表現が喜びの想いとして、未来への想いとして大自然に奉納されます・・・

●6月23日(日)火と水&聖なる杖のセレモニー  
午前9時開会(於:山中湖 湖畔広場)
山中湖の湖畔広場にて、ワイタハ族テ・ポロハウ長老、マヤ族エリザベス・アラウホエルダー、マヤ族マリアエルダーをお招きし、素敵な未来を願い祈り、火と水のセレモニーを開催致します。また、多くの方よりお寄せいただいた“未来へのメッセージ”と“各地の聖水”をお焚きあげする予定です。そして、このセレモニーではもう一つの大きなワークが行われます。それは「聖なるサルバドール人の杖」による、平和と調和そして人類愛のエネルギーをこの日本にもたらし、富士の御山から世界へと拡げると云う祈りの儀式です。この杖の歴史は古いものではありませんが、来たるべく未来に於いて重要となる女性性と男性性の調和を促し、杖の訪れた場所に平和・調和・そして人類愛のエネルギーを満たすと云われています。

詳細、お申し込みは、下記からどうぞ
詳細サイト
2013062223yamanakako.jpg

2013.06.14.19:26

6月14日祈りの和TV「神代の理」録画像


Video streaming by Ustream


☆ Count Down 8  ☆ Nine
◆ 富士いのりのセレモニー2013まで あと 8 日 ◆
~ 富士祈りのセレモニー2013 「調和の時代へ」 ~

母なる地球に生まれ育つ多くの命たち。人間もそのなかのひとつの生命のあらわれ・・・
空を渡る風や大地を潤す水の流れには、命を育む意思があります。
その意思の元、動物、植物、昆虫たちは命を繋ぐことが出来ます。
命を育み、繋ぐこと、それがこの星の願い・・・それは、自然の仕組み、そして無数の命たちの願いであるのかも知れません。
この星の命のひとつとし、人間だけがその願いから外れていることはないでしょう。
人間は命を滅ぼす力があります。その力は全ての命を守り、共存・共生を可能にする力ともなるのではないでしょうか。

本日は、カウントダウンへの寄稿から、運営を代表して実行委員長のセレモニーへの想いをお届けいたします。

こころのかけはし 福島仁志


☆☆千年の祭りへ向けて☆☆

今年のセレモニーが三回目の開催となります。ちょうど、来週の金曜日にはスタッフの先発組が山中湖に集まり翌日からのセレモニーの準備を開始します。
山中湖に多くの人が集い、歌や舞い、そして演奏を繰り広げる奉納舞台。そして湖畔広場にて繰り広げられる世界の古式に則り行われる平和のセレモニー。
この催しは、世の中が大きな災いや戦、混乱に陥る状況では開催する事は出来ません。ならば、このセレモニーを続ける事が今以上の混乱の世を防ぐ願掛けになるのではないか。その想いから当初は十年の開催を誓いました。その十年を、人々が平和を願い、今の世のおかしな事柄を改め、ちいさな命に目を向ける事があれば素晴らしい未来への道筋が確かに見えてくると感じたのです。

多くの人がひとつの目的の元に集い、力を合わせてセレモニーという祭りを創り上げる事。そこに籠められる想いは、全ての生命が喜びの元に暮らせる星を創り上げる事です。混乱、混沌とした世の中に於いても、人々は未来を信じて力を合わせたのだと、この初発の想いを未来へと後世へと語り継ぐために、富士いのりのセレモニーを千年続く祭りに育てる事が私たちの目標です。
人々は共通の目的を迎えると不思議と協力し合うことができます。それは、幾多の災害に於いて、特に日本という国に於いて顕著に現れています。
しかし、共通の目的、それは大きな災害である必要はありません。厄災ではなく喜びがその表現であるならばどんなにか素晴らしい事でしょうか。戦争のために人々がひとつになるのではなく、災害から立ち上がるためにひとつになるのではなく、平和を作るため、喜びの元にひとつになれるのであればどんなにか素敵な事でしょうか。

その人々がひとつになる可能性として、祭りと云う文化があります。ひとつの祭りを通して人々は協力する事が出来ます。それは日本は勿論、文化文明の違いに関わらず世界中で繰り広げられている事からも、祭りが人々をひとつにする有効な方法である事は確かな事だと思われます。
政治の事を政(まつりごと)と表しますが、本来、人がまとまる為には政治ではなく祭りと云う方法がとられていたのかも知れません。
祭りは喜びをベースとしたものですから、自然と人が集います。政は支配をベースとしますから自然であれば人は離れていくのが普通です。それを補う為に仕組まれた事が、富であり地位であり恐怖である様に感じます。それは、この地球の仕組みとしてはとても不自然な香りがします。不自然な仕組みは何れ綻び破綻するでしょう。
政は治めるもの、祭りは治まるもの、同じ治で表せますが、それは180度違った世界を導きます。子供でも分かる道理です。
縄文から弥生に移る頃に祭りが政に置き換えられていったのかも知れませんね。
そろそろ、人間は祭りを通してひとつになる事に回帰する時期が来たのかもしれません。

話しは変わりますが、このセレモニーには祈りと云う言葉を持たせています。
ここで云う祈りとは、未来への宣言を表しています。子供達が未来のために学び、技術を身につけ、知恵をつけ、力を蓄える事は祈りが形となり行動として現れたものです。将来の夢を明確に持ちそれに向けてしっかりとした行動を起こす事、それが祈りの本質だと思うのです。祈りとは、決して手を合わせ願う事だけではありません。
だからこそ、このセレモニーは祈りと云う言葉を冠しているのです。素晴らしい未来を創る事を共通の目的として、それぞれが出来る役割を持ち集う事。
富士いのりのセレモニーは未来創りのきっかけです。ネイティブに伝わる古のセレモニーにより、多くの人々が未来への想いを天地に宣言し、その想いを日々の生活に活かすこと。そこから未来創りが始まると感じます。
人は知恵を授かり、想いを受け止めるこころを持ち、差し伸べる手と自らが立つための足があります。

未来への祈り、行動を祭りとして表現したもの、それが富士いのりのセレモニーです。多くの方の起こしをお待ちしております。

富士いのりのセレモニー2013in山中湖  
2013年度実行委員長 高橋 潔



★*★*祈りの和information★*★*

201306 kouennkai3

★★6月25日(火)こころのかけはし 長老達による東京講演会 ★★
「未来について今伝えたい事があります・・・」
富士いのりのセレモニー最終日は、東京都品川区のスクエア荏原におきまして、長老やエルダーによる講演会を開催致します。「未来に向けて伝えたいことがあります・・・」と題して、水と女性性の時代、これからの未来を考える上で重要となる話題を中心にお話しを伺います。また、比嘉夫妻による祈り合わせと公開セッション、そして、今夏に日本語字幕版公開予定の映画“Shift of the Ages”のメッセージ映像をご紹介しながら、制作に至った裏話などをお伝えします。。

●詳細 お申込みは下記URLより受付中
20130625 kouenkai2


●聖なる水と未来へのメッセージ募集
山中湖のセレモニーにて使います、御神水や未来への願い祈りのメッセージを募集しております
募集の詳細は、下記URLよりご覧ください。
多くの皆様のご参加をお待ちしております。
http://inorinowa.org/fuji2013/?page_id=484

●6月22日(土)奉納舞台&公開御神事
午後12時30分開演(於:山中湖きららスワンステージ)

奉納舞台出演予定:岡野弘幹·桑名晴子・曼珠沙華
瑞穂舞、小嶋さちほ、他多数出演予定
※順不同、敬称略。
山中湖の湖畔、背景に富士の御山を頂いた“山中湖交流プラザきらら”スワンステージにて、各界のアーティストが演じる音楽や舞踊などのパフォーマンスをお楽しみ頂きます。また、舞台の途中、自然信仰家の比嘉夫妻によるセッションを公開致します。テーマは富士山そしてこの地に集う意味を中心に存在よりのメッセージをお聞き下さい。・・・音霊・言霊・舞の表現が喜びの想いとして、未来への想いとして大自然に奉納されます・・・

●6月23日(日)火と水&聖なる杖のセレモニー  
午前9時開会(於:山中湖 湖畔広場)
山中湖の湖畔広場にて、ワイタハ族テ・ポロハウ長老、マヤ族エリザベス・アラウホエルダー、マヤ族マリアエルダーをお招きし、素敵な未来を願い祈り、火と水のセレモニーを開催致します。また、多くの方よりお寄せいただいた“未来へのメッセージ”と“各地の聖水”をお焚きあげする予定です。そして、このセレモニーではもう一つの大きなワークが行われます。それは「聖なるサルバドール人の杖」による、平和と調和そして人類愛のエネルギーをこの日本にもたらし、富士の御山から世界へと拡げると云う祈りの儀式です。この杖の歴史は古いものではありませんが、来たるべく未来に於いて重要となる女性性と男性性の調和を促し、杖の訪れた場所に平和・調和・そして人類愛のエネルギーを満たすと云われています。

詳細、お申し込みは、下記からどうぞ
詳細サイト
2013062223yamanakako.jpg

日々の祈り

2013.06.14.12:30

新暦6月14日(旧暦5月6日 亥)

いつも真心のお力添えありがとうございます。
日々の祈りの際に伝えられました言葉をお伝えさせていただきます

一つ一つ重ねてゆくことによって
一つのものが 出来上がる
有形 無形
必ず 出来よう
一つ一つ重ねてゆけ
急ぎ行くが
着実に 重ねゆけ


本日、来週の金曜日は、山中湖セレモニーの為の御神事に入っていることから、中継が出来ません。
その為、本日、夕方5時から、中継をさせていただきます。
内容は、明日行います、船の御神事の事や御神事、啓示についての事となります。
下記、祈りの和TVにて配信させていただきます。
どうぞよろしくお願いいたします。

また、16日の祈り合わせですが、沖縄の御宮より、こちらも中継したします。
祈りの後には、啓示や御神事の事についてお話しさせていただく予定でございます。
こちらも、どうぞよろしくお願いいたします。

比嘉りか

★*★*祈りの和information★*★*

201306 kouennkai3

★★6月25日(火)こころのかけはし 長老達による東京講演会 ★★
「未来について今伝えたい事があります・・・」
富士いのりのセレモニー最終日は、東京都品川区のスクエア荏原におきまして、長老やエルダーによる講演会を開催致します。「未来に向けて伝えたいことがあります・・・」と題して、水と女性性の時代、これからの未来を考える上で重要となる話題を中心にお話しを伺います。また、比嘉夫妻による祈り合わせと公開セッション、そして、今夏に日本語字幕版公開予定の映画“Shift of the Ages”のメッセージ映像をご紹介しながら、制作に至った裏話などをお伝えします。。

●詳細 お申込みは下記URLより受付中
20130625 kouenkai2


●聖なる水と未来へのメッセージ募集
山中湖のセレモニーにて使います、御神水や未来への願い祈りのメッセージを募集しております
募集の詳細は、下記URLよりご覧ください。
多くの皆様のご参加をお待ちしております。
http://inorinowa.org/fuji2013/?page_id=484

●6月22日(土)奉納舞台&公開御神事
午後12時30分開演(於:山中湖きららスワンステージ)

奉納舞台出演予定:岡野弘幹·桑名晴子・曼珠沙華
瑞穂舞、小嶋さちほ、他多数出演予定
※順不同、敬称略。
山中湖の湖畔、背景に富士の御山を頂いた“山中湖交流プラザきらら”スワンステージにて、各界のアーティストが演じる音楽や舞踊などのパフォーマンスをお楽しみ頂きます。また、舞台の途中、自然信仰家の比嘉夫妻によるセッションを公開致します。テーマは富士山そしてこの地に集う意味を中心に存在よりのメッセージをお聞き下さい。・・・音霊・言霊・舞の表現が喜びの想いとして、未来への想いとして大自然に奉納されます・・・

●6月23日(日)火と水&聖なる杖のセレモニー  
午前9時開会(於:山中湖 湖畔広場)
山中湖の湖畔広場にて、ワイタハ族テ・ポロハウ長老、マヤ族エリザベス・アラウホエルダー、マヤ族マリアエルダーをお招きし、素敵な未来を願い祈り、火と水のセレモニーを開催致します。また、多くの方よりお寄せいただいた“未来へのメッセージ”と“各地の聖水”をお焚きあげする予定です。そして、このセレモニーではもう一つの大きなワークが行われます。それは「聖なるサルバドール人の杖」による、平和と調和そして人類愛のエネルギーをこの日本にもたらし、富士の御山から世界へと拡げると云う祈りの儀式です。この杖の歴史は古いものではありませんが、来たるべく未来に於いて重要となる女性性と男性性の調和を促し、杖の訪れた場所に平和・調和・そして人類愛のエネルギーを満たすと云われています。

詳細、お申し込みは、下記からどうぞ
詳細サイト
2013062223yamanakako.jpg

セレモニーについて

2013.06.12.21:09

☆☆☆16日合同祈り合わせに高知会場が加わりました☆☆☆☆☆☆

・・・高知会場・・・

●場所 潮江天満宮(うしおえてんまんぐう)(高知県高知市天神町19-20 )
http://www.ushioe-tenmangu.jp/introduction/
●交通 高知 I C より車で 約15分 JR高知駅より車で 約10分 市電 大橋通より徒歩 約15分 
・自家用車は、境内地に参拝者用の駐車スペースがあります。
●集合 午後12時50分 手水舎から楼門を過ぎて、幡龍宮の辺り。
・武吉さん(男性)がお待ちしていますので、お声をおかけください。
・午後1時になりましたら集まり具合に関わらず拝殿前に参進し祈り合わせを致します。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


今晩は、大国ミロク大社の比嘉良丸です

富士のセレモニーまで、後10日となりました。
私たちは、沖縄での御神事が一部変更になりました。

12日の船をチャーターしての御神事が、船頭さんの地元でハーリー(この時期沖縄で行われる豊漁や海の安全を願って行われる行事になります)が行われるという事で15日に変更になり、粟国への御神事は、粟国だけではなく、西の六方(御神事で、西の六方(西にある6つの島)と定める島々があり、御神事の役割として重要な島々になります)の内、粟国島、久米島、渡名喜島の順に行います。

更に、その前に、韓国へ福岡からフェリーで釜山に渡り三韓時代の伽耶国、新羅国、百済国の遺跡を巡りながら、御神事を行います。高句麗に関しては、今の北朝鮮にあたり今回は行えそうにありませんので、板門店(北朝鮮と韓国との停戦のための軍事境界線上にある村の名前)で祈りをおこないます。7月の参議院選までにこれらの行程を行います。
実際に啓示では、中国側から入り中国と北朝鮮の国境にまたがる長白山の頂上も行くようにと伝えられていますが、長老達との御神事と山中湖のセレモニーとそのまま続けて韓国、中国と続く御神事を今回全て7月20日までに行なうのは、資金的に無理な状況です。

下記に、変更となりました、行程を掲載いたします。
7月の御神事行動予定は、
7月1日エリザベスグランドマザー&マリア長老を成田で見送り
2日:成田~福岡
その以降はツアー会社に韓国の日程を組んでいただいているので、先方の状況でその後の日程が決まります。
また、一応、念の為、万が一の事も考え、韓国から、中国、長白山までの御神事を組んだ場合の見積もりと日程も出していただいています。

*現状での予定
成田~福岡:飛行機
福岡~釜山:フェリー
ソウル~沖縄:飛行機
那覇~粟国島フ:ェリー
粟国島~那覇:フェリー
那覇~久米島~渡名喜島~那覇:フェリー
那覇~東京:フェリー
といった行程を7月20までの参議院選挙前に済ますという御神事になります。

帰国後は、
*東京~成田に車を取りに戻り
東海岸線を東海第二原発~福島
福島~富山~石川~福井~京都~兵庫~鳥取~島根~隠岐島
隠岐島~島根~山口~広島~岡野~大阪~岐阜~長野~群馬~山梨
静岡と聖地・神社仏閣・原発などを周りめぐり、平和、平穏、平安の願い祈りを8月に行う予定ですが、先ずは7月参議院選挙までの御神事をしっかりと行いまして、予算的に動く事が本当に出来るのかを検討します。

何度も、繰り返し参議院選挙後に経済・政治・災害・感染・伝染病の問題が起きると啓示で伝えられていると伝えてきました。
その中でも、法律改正は、強く求めてくるとお伝えてきましたが、憲法改正に憲法第96条まで求めて来るとは、もし、憲法改正を認めてしまうと、今後の日本国にとって大変危険な方向へと導かれてしまう深刻な問題です。
今回、ここまで仕掛けてくるのには、米国の後押し以上の力が後ろに付いていると考えるべきでしょう。
そうでなければ、憲法第96条を改正求めるだけの自信は、つかないでしょう。
伝えられてきている啓示では、このままでは、政府の考え通りに事が進むみ、8月に国会召集され衆議院臨時国会が9月開催され、議案が決議され、10月の参議院国会決議案で承認される。


その後、11月中旬か12月20日まで間に経済の混乱は起き、近隣諸国との関係は、8月から関係が緊張悪化し始め、9月から近隣諸国が、政治的・軍事的・経済的、特に資源材料等に対して日本へ圧力をかけてくる事で、日本国民が政府を指示する流れになり、それが、最悪の未来へと進むと昨夜伝えられました。
そこに、自然災害・意図的な災害(自然災害に見せかけて・原発・科学施設等その他)テロ行為・感染・伝染といった事が重なる可能性がある。特に自然災害にかんしては、関東、南海トラフ、富士山の順に起きる確率は高いと伝えられました。

この様な事が重なると、もう、どうにもなりませんが、しかし、私にとって、この様な、状況でも、今回の御神事で流れが変化し、その先の未来に希望が見えたと受け止めています。、御神事を行うことで、更にその先の未来が変化するということは、確信しております。
それは、私自身に伝えてくる内容が、御神事の行った後、変わってきている事にあります。
最悪の場合でも、何らかの変化が起き、そこに、先を見いだせることできます。
だからこそ、諦めたら終わりになります。

御神事の行なう場所、時期、順序、タイミングが有ります。そのタイミングを逃すとまた新たな御神事を組み立てることになります。
この様な、御神事を私は仕組みと読んでいます。仕組みには、全ての意味合い繋ぎ結びとして行っています。御神事の中に自然災害・自然環境・平和・政治経済・感染・伝染病・テロ・その他・世の中に災いや出来事など組み込んで起こっなており、更に回る場所場所においてもその場所の示す意味やその場所のもつ意味、その場所の役割などを考慮しながら組み立ております。

今回の、富士山は大変重大な場所であり、近年に起こり得る全ての流れを変える、回避出来る場所です。
富士のセレモニー儀式はその重要な場所と繋ぎ結び、世の中に反映させ、未来を善き方向へと導く重要な御神事なのです。
常に富士での御神事は大切だということをお伝えしてきましたが、私は、1年を通して国内外、外国(キルギス・グアテマラ・韓国・中国・台湾・グアム・イスラエル・フィリピン・)国内も各離島を中心にその都度の御神事にテーマを決めてその啓示、ビジョンに基づいた行程を組み、御神事を行っております。

行っている御神事は、私は祈り人として行っております。
こころのかけはし命の和は、祈り人としてではなく、現実的な活動を行なう人達として、セレモニーを行うテーマを啓示に基づいて決め、事務局のスタッフ、協力スタッフ達がそれに企画、計画、立案をし、セレモニーの中で行なう催し、奉納者たちの選定、外国の長老達の選定、そして参加要請をしてゆくという流れになります。
事務局スタッフ、協力スタッフが力を合わせて、セレモニーを成功させる為に役割分担をして行動することが、実際の世の中に反映し、世の中を変える力見えない力になります。
私が一年かけて行ってきた御神事と皆さんが協力し作り上げたセレモニーが、セレモニー当日かみ合い、そこに参加者の願いと祈り、現場で感じとった感覚、思いが、世の中を大きく動かす力・世の中を動かす見えない力・未来を作る見えない力となります。
そして、セレモニーの主旨、セレモニーの内容、セレモニーに参加したひとすべての感想、思い、感じたこと、伝えたいこと、願い祈り、そう言ったものをブログやサイトといったものを使って、多くの方に伝え見てもらう。

その為の情報配信、DVD、冊子、紹介誌などを媒体として、多くの方に見てもらい、知ってもらい、翌年、多くの方々にいろんな形で参加してもらう。
直接現地にての参加、願い祈りする。直接来れずとも、自分の願い、祈りを、文章にして送ってもらう。聖なる水を送ってもらう。絵や折り鶴などを送ってもらう。
そうすることによって集まった願い祈り、思いを長老達との儀式に合わせます。
長老達と私達夫婦の儀式は、火、水、空気、天、大地を結ぶ儀式を行います。
長老達との儀式で皆さんからの思い、願い、祈りを合わせる事で、火、水、空気、天、大地、すべての見えない存在にその願い思いを伝え、そして、それらを世の中に見えない力ではありますが、反映させる。

そういった意味合いであり、ぜひ多くの方にこの御神事に参加してもらいたいと考えています。

現地で共に願い祈った際に、感じた事、願った事、誓った事を、この1年自分の出来る行いとして行う事で、その動きは、確実に世の中に反映し、世の中を作りかえ、その行動は、儀式で皆さんの思いを受け取った精霊達も後押しし、自然環境も含め、すべてが善き流れへ導かれてゆく形になります。
セレモニーは、イベントではなく、多くの方々でやり遂げる御神事です。

それは、未来を作り、世の中が平和で日々の暮らしが平穏、平安、安定の暮らしが営む事ができるよう、世界が一つの枠の中で本当の平和のミロクの世を創る為の重要な御神事です。
6月にセレモニーを行う準備。企画、計画、立案、準備。そしてそれを行うまでの期間の行動。更には、セレモニーが終わった後、実際に祈った、感じた、願ったそうした皆さんからの声をブログサイトで発信し、広め、知ってもらう。それを見たり、読んだり、聞いたりすることによって、新たな価値観が芽生え、そして、一人一人の出来る事を行ってもらう。
これを毎年繰り返すことで、皆さんが重ねてゆく見えない力の蓄積が世の中をよい方向へと導いてゆく為の反映となり、世の中が良くなってゆくという御神事の意味合いがあります。

さて、現状として、山中湖の22日、23日の両日を参加してくださる方が現在66名。
一日参加の方が、22日5名、23日14名。
子供さんの参加が3名。うち両日2名、1日参加1名。
東京講演会の申込総数は現状50名(未入金も含む)
今年のセレモニーは、昨年のセレモニーの繋ぎ結びとして行っています。
昨年と今年とでは、エネルギーや感じるもの、伝わるもの、一人一人の得るものが違います。

今年は今年で、とても意味のある重要な御神事です。
出来ましたら、22日・23日、現地でご参加出来ます方は、どうか参加してくださいますと幸いです。
東京講演会に関しては、平日ですので大変だとは思いますが、仕事を終えてからの途中参加でも、その場にいるという事だけでも、意味のある素晴らしい物だと思っております。
むろん強制や無理強いをするわけではありませんが、もし少しでも参加してみたい、聞いてみたいという思いがありましたら、ご参加いただけますと幸いです。

最後に現地での参加は難しい方々へのお願いとして、今回、水の儀式・火の儀式と御神事を行いますが、この聖なる水の儀式で使います水や、手紙、また、絵や折鶴といったものを送っていただき、そういった形で御神事への参加をしていただけませんでしょうか。
現地に来れない方は、是非ともそういった形でのご参加お願いします。

水や手紙、絵、折り鶴といったものは、当初6月15日までに沖縄に必着とお願いしていましたが、私達が泊まります山中湖の宿泊先でも受け取っていただけるという事になりましたので、少し期間が延びました。まだお時間がありますので、6月19日までに必着でお送りください。長老達との儀式に使わせていただきます。

*最後に、私自身の現状をそのまま、書き込みますが戸惑う方も多いかと思います
私の、恥も外分も差だけ出した上でこの様な私でも私の活動、御神事に理解、賛同してくださる方々どうか、自身の出来る履いんの行動と力添えを頂き、ともに未来の作り手として
世の中の作り手として御自身お力を発揮して頂けると幸いです

富士祈りのセレモニー 聖なる水、未来への手紙、未来への絵、願い祈りの折鶴の送付先
〒401-0502 山梨県南都留郡山中湖村平野443-2
平野屋旅館 富士山中湖セレモニー事務局宛

<<御神水、メッセージ送付について>>
2013年6月19日 必着

(それ以降に届きましたものは、お取り扱いできませんのでご了承くださいませ)
●御神水、聖水について
※お水は、50cc程度で構いません。
(様々な地域のお水が集まる事によって、調和、和合、統合といった意味合いが強まります。
儀式で使う量も、大量ではありませんので、50cc程度の量で結構です)
※出来る限り、普通郵便での送付でお願いいたします
(小包ですと受け取る事が出来ない恐れがありますので、郵便受けに入る様な形だと宿泊所の方も受け取りやすいです)
※お水は、漏れないように容器などビニールなどに入れてお送りくださいませ
(以前、中のビニールや容器がが輸送中に破損しており、お水がこぼれて無くなっていた事がありました。
折角の真心、こぼれないようにお送りくださいませ)
※※参照※※
※100円均一などで売っている旅行用詰め替え容器や空き容器にお水を入れ、ジッパー式ビニールに入れ、
送付が一番こぼれずに届きました

●メッセージについて(自分自身に対する思い、願い、などお書きください)
今回は、他人に読まれない様うに致します。
※お届けいただきました手紙は開封せずに、ファイヤーセレモニーにて焚き上げますので、
中に、燃えない物(御守りや天然石など)はお入れになりませんようお願いいたします。

●絵について
※22日の山中湖会場にて展示させていただきましてから、23日にフィヤーセレモニーで焚き上げます。
※焚き上げするものですので、額縁やキャンバスなどはご遠慮ください。画用紙や色紙などの紙でのご参加をお願いいたします
※出来る限り、普通郵便での送付でお願いいたします
(小包ですと受け取る事が出来ない恐れがありますので、郵便受けに入る様な形だと宿泊所の方も受け取りやすいです)
※セレモニー終了後、公式サイトでの後日報告の中に、お送りいただいた絵を掲載する予定としております。
掲載希望、掲載不可は、お送りいただきます際に、絵に込めた思いの文章の中でも結構でございます。掲載希望、不可を一筆添えていただけますようお願いいたします。
(記載がない方は、掲載させていただきます)

富士いのりのセレモニーカウントダウン10と合同祈り合わせ放送のお知らせ。

2013.06.12.16:28

6月16日合同祈り合わ沖縄会場から、祈り合わせの放送を配信いたします。
当日は、可能であればお近くの祈り合わせ会場へ、もしくはいらっしゃる場所からのご参加お待ちしております。
また、ご自宅から沖縄よりの配信に合わせて祈り合わせにご参加下さい。
↓配信は祈りの和TVより
http://inorinowa.org/tv/

☆ Count Down 10   ☆ TEN

 ◆ 富士いのりのセレモニー2013まで あと 10 日 ◆
   
   ~ 富士祈りのセレモニー2013 「調和の時代へ」 ~

”あらゆる自然・生命との調和、男性性と女性性との調和、異文化との調和、お互いの個性を認め合える調和。森羅万象が調和の心地良いエネルギーの中で、与えられた宿命を生きられる時代の到来を是非セレモニーで共に迎えましょう。

富士祈りのセレモニー2013スタッフの福島仁志と言います。
富士祈りのセレモニー2013まであと10日と真近に迫ってきました。
セレモニーに関わるスタッフ、着々とまたぎりぎりの状況で準備を進めております。
比嘉良丸氏に伝えらる啓示に共感して、このセレモニーが単なるイベントとしてでなく、現代を生きる人としての重要な取り組みであるとも受け止め企画をすすめています。

セレモニー22日(土)23日(日)、まだまだ、空席が多くございます。
会場は山中湖と言う土地柄、不便お掛け致しますが、今の私達の行動や考えが未来を創るという考えに、共感・共鳴して下さるのであれば、是非両日、会場へ足を運んで頂けますようお願い致します。
都内からであれば、まだバスツアーでの申し込みも受け付けております。

そして、25日(火)東京講演会へのご参加も是非お願い致します。
スタッフ一同、是非皆さまのご来場こころよりお待ちしております。
富士祈りのセレモニー2013スタッフ 福島仁志


「昨年のセレモニー参加者より」

昨年、セレモニーにご参加下さいました方から、お便りを頂きましたのでご紹介いたします。
昨年のセレモニーに東京からの宿泊ツアーで参加しました。

昨年のセレモニーの体験を振り返ってみて自分の中で大きかったと思う事は、人との出会いだったような気がします。
別に、たくさんの人と知り合いになったわけでも、セレモニー後におつき合いが継続しているわけでも人脈が広がったわけでもないのですが。
普段あまり直接人と接していないので尚更そう感じたのかもしれません。

初日に会場で隣の席に座った関西からのツアーで参加された方に、翌日のファイヤーセレモニーでお声がけいただいたり、セレモニーの1年ほど前に一度だけ、それもほんの短い時間お会いした方にお声がけいただいたり、大変驚きました。
ファイヤーセレモニー後、ネパールで活動されていたという女性の方にお声がけをいただき、少しお話が出来ました。(ネパール繋がりで、セレモニー後の6月の終わり頃から突然ネパールのヒマラヤ水晶に興味を抱き、その流れで水晶の生まれ方や地球の動きについても調べたりして趣味と視点が増えました。)特にファイヤーセレモニーは様々な方々と同じ場所、同じ時を共に共有できた事が、何より嬉しかったです。
きっと見えない存在の方々もいらしていたでしょう。
思いや由縁はそれぞれだったのかもしれません。
でもあの時あの場所で共にいた事が、とても嬉しかったです。
宿泊先での印象深かった出来事も一つ…。
同室の男性2人が共通の趣味が音楽という事で話が盛り上がっているのをぼんやりと聞いていました。
1人は鎌倉で仕事をしている方で、もう1人は(確か)千葉の方なのですが時々鎌倉へ行くらしく、2人とも鎌倉に縁があることも共通していました。

そのうち会話の中で「前にどこかで会っていないか?」という話になり、お互い記憶を辿っていました。
するとやはり以前鎌倉のとある場所で、千葉の方が仕事中の鎌倉の方に道を尋ねていた事が判明し、2人とも驚いていました。
僕もあまりの偶然に思わず笑ってしまいました。

神奈川県在住の鈴木様より

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

皆さんこんにちは、菅原と申します。
2013富士いのりのセレモニーのカウントダウンが始まりましたね。
私の話を聞いてください。
私、昨年スタッフとして 金・土・日の二泊三日で参加させていただきました。
私が参加できたのには幾つかの奇跡が重なり願いが叶ったからです。
仕事の休みが平日なので土日がセレモニーという問題が一つ、一人で参加する勇気がないという私の心の問題…私はセレモニーに参加したいと願い続けていました。
するとなぜか日曜日が休みになり、なんと実行委員の中に弟がいることがわかり、全ての問題をクリアして参加する事ができました。
セレモニースタッフとして参加した感想を延べさせて頂きます
金曜日新宿からスタッフバスで山中湖へ…車中 自己紹介をしてから談笑、初めて参加した私を皆さん暖かく迎え入れてくださり、私の心は安心と期待で一杯になりました。
宿に着き、三々五々スタッフの皆さんが到着され、その夜、最終打ち合わせが行われました。先ずは全体の流れについて話し合い、次に担当部署に分かれて最終チェックがなされました。スタッフの皆さんのセレモニーに懸ける情熱を感じ、私も頑張らなくてはと思いました。
セレモニー当日二日間はスタッフの皆さん それぞれの役割を果たされ、無事に終了しました。
セレモニー当日二日間は出演者の皆さん、会場にお越しの皆さん、スタッフの皆さん、ひとりひとりが輝き、一つになって未来への思いを天上へと願い祈り、未来へ繋ぐ想いは素晴らしかったです。
今年は当日参加することが出来ませんが、折り鶴を折り、セレモニーの成功と未来の平和を願い祈りたいと思います。
皆さん、私の拙い話を聞いてくださりありがとうございましたm(_ _)m

神奈川県在住、菅原様より


セレモニーの舞台裏では、沢山のドラマが繰り広げられています。セレモニーはこうした多くの出会いや想いから出来上がっています。

コラム担当:高橋 潔

日々の祈り

2013.06.12.09:45

新暦6月12日(旧暦5月4日 酉)

いつも真心のお力添えありがとうございます。
日々の祈りの際に伝えられました言葉をお伝えさせていただきます

未来は 
一部の人間のものではない
未来は皆に
託されている
生きとし生けるものの未来を
皆が 託されている


本日は、少し伝えられました言葉について補足させていただきます。
一部の権力者などの方々だけが、未来を創っているのではなく、一人一人に、この世の未来というのは託されている。
それは、個人の未来もあるが、この星に生きている命という存在すべての未来を皆の行動や判断が握っているという事を伝えてきていました。

皆さんは、どのようにお感じになられましたでしょうか。
私の解釈は、一つの参考としえ受け止めていただけますと幸いです。

さて、来週、山中湖でのセレモニーが始まります。
長老達による、平和への願い祈りと共に、アーティストの方や舞の方々と富士の麓から平和への思いを込め、奉納くださいます。
東京からは、バスの発着もありますので、ぜひお越しくださいませ。
同じ場所、同じ空間を共有しながら、多くの真心を祈りにのせ、未来への後押しの力を作っていただけますようお願いいたします。

比嘉りか


★*★*祈りの和information★*★*

201306 kouennkai3

★★6月25日(火)こころのかけはし 長老達による東京講演会 ★★
「未来について今伝えたい事があります・・・」
富士いのりのセレモニー最終日は、東京都品川区のスクエア荏原におきまして、長老やエルダーによる講演会を開催致します。「未来に向けて伝えたいことがあります・・・」と題して、水と女性性の時代、これからの未来を考える上で重要となる話題を中心にお話しを伺います。また、比嘉夫妻による祈り合わせと公開セッション、そして、今夏に日本語字幕版公開予定の映画“Shift of the Ages”のメッセージ映像をご紹介しながら、制作に至った裏話などをお伝えします。。

●詳細 お申込みは下記URLより受付中
20130625 kouenkai2


●聖なる水と未来へのメッセージ募集
山中湖のセレモニーにて使います、御神水や未来への願い祈りのメッセージを募集しております
募集の詳細は、下記URLよりご覧ください。
多くの皆様のご参加をお待ちしております。
http://inorinowa.org/fuji2013/?page_id=484

●6月22日(土)奉納舞台&公開御神事
午後12時30分開演(於:山中湖きららスワンステージ)

奉納舞台出演予定:岡野弘幹·桑名晴子・曼珠沙華
瑞穂舞、小嶋さちほ、他多数出演予定
※順不同、敬称略。
山中湖の湖畔、背景に富士の御山を頂いた“山中湖交流プラザきらら”スワンステージにて、各界のアーティストが演じる音楽や舞踊などのパフォーマンスをお楽しみ頂きます。また、舞台の途中、自然信仰家の比嘉夫妻によるセッションを公開致します。テーマは富士山そしてこの地に集う意味を中心に存在よりのメッセージをお聞き下さい。・・・音霊・言霊・舞の表現が喜びの想いとして、未来への想いとして大自然に奉納されます・・・

●6月23日(日)火と水&聖なる杖のセレモニー  
午前9時開会(於:山中湖 湖畔広場)
山中湖の湖畔広場にて、ワイタハ族テ・ポロハウ長老、マヤ族エリザベス・アラウホエルダー、マヤ族マリアエルダーをお招きし、素敵な未来を願い祈り、火と水のセレモニーを開催致します。また、多くの方よりお寄せいただいた“未来へのメッセージ”と“各地の聖水”をお焚きあげする予定です。そして、このセレモニーではもう一つの大きなワークが行われます。それは「聖なるサルバドール人の杖」による、平和と調和そして人類愛のエネルギーをこの日本にもたらし、富士の御山から世界へと拡げると云う祈りの儀式です。この杖の歴史は古いものではありませんが、来たるべく未来に於いて重要となる女性性と男性性の調和を促し、杖の訪れた場所に平和・調和・そして人類愛のエネルギーを満たすと云われています。

詳細、お申し込みは、下記からどうぞ
詳細サイト
2013062223yamanakako.jpg

日々の祈り

2013.06.11.10:30

新暦6月11日(旧暦5月3日 申)

いつも真心のお力添えありがとうございます。
日々の祈りの際に伝えられました言葉をお伝えさせていただきます

人間の作ったものでも
元は自然のもの
多くの命を
壊すことなく
共存することは
出来るはず
退化ではなく
智恵使い 模索し
進みなさい
多くの命の事を考え
進みなさい


昨晩、沖縄に戻りました。
6月のセレモニー用のお水、未来への手紙、思いの込められた絵が届いておりました。
ありがとうございます。
御宮にて御祈祷させていただきまして、山中湖のセレモニーで長老達に使っていただきます。
この聖なる水、未来への願い祈りの手紙、未来への絵は、15日までの必着でございます。まだ、お時間がございますので、お送りいくださいませ。
(下記「祈りの和information」にて記載ございます、ご参照くださいませ)

皆様の未来への願い、祈りの真心、ありがとうございます。

また、本日、午後1時から祈りの和TVにて、中継で夫から、今回の御神事についてお話しさせていただきます。
どうぞ、ご覧くださいませ。

祈りの和 TV
icon1-8.jpg

比嘉りか


★*★*祈りの和information★*★*

201306 kouennkai3

★★6月25日(火)こころのかけはし 長老達による東京講演会 ★★
「未来について今伝えたい事があります・・・」
富士いのりのセレモニー最終日は、東京都品川区のスクエア荏原におきまして、長老やエルダーによる講演会を開催致します。「未来に向けて伝えたいことがあります・・・」と題して、水と女性性の時代、これからの未来を考える上で重要となる話題を中心にお話しを伺います。また、比嘉夫妻による祈り合わせと公開セッション、そして、今夏に日本語字幕版公開予定の映画“Shift of the Ages”のメッセージ映像をご紹介しながら、制作に至った裏話などをお伝えします。。

●詳細 お申込みは下記URLより受付中
20130625 kouenkai2


●聖なる水と未来へのメッセージ募集
山中湖のセレモニーにて使います、御神水や未来への願い祈りのメッセージを募集しております
募集の詳細は、下記URLよりご覧ください。
多くの皆様のご参加をお待ちしております。
http://inorinowa.org/fuji2013/?page_id=484

●6月22日(土)奉納舞台&公開御神事
午後12時30分開演(於:山中湖きららスワンステージ)

奉納舞台出演予定:岡野弘幹·桑名晴子・曼珠沙華
瑞穂舞、小嶋さちほ、他多数出演予定
※順不同、敬称略。
山中湖の湖畔、背景に富士の御山を頂いた“山中湖交流プラザきらら”スワンステージにて、各界のアーティストが演じる音楽や舞踊などのパフォーマンスをお楽しみ頂きます。また、舞台の途中、自然信仰家の比嘉夫妻によるセッションを公開致します。テーマは富士山そしてこの地に集う意味を中心に存在よりのメッセージをお聞き下さい。・・・音霊・言霊・舞の表現が喜びの想いとして、未来への想いとして大自然に奉納されます・・・

●6月23日(日)火と水&聖なる杖のセレモニー  
午前9時開会(於:山中湖 湖畔広場)
山中湖の湖畔広場にて、ワイタハ族テ・ポロハウ長老、マヤ族エリザベス・アラウホエルダー、マヤ族マリアエルダーをお招きし、素敵な未来を願い祈り、火と水のセレモニーを開催致します。また、多くの方よりお寄せいただいた“未来へのメッセージ”と“各地の聖水”をお焚きあげする予定です。そして、このセレモニーではもう一つの大きなワークが行われます。それは「聖なるサルバドール人の杖」による、平和と調和そして人類愛のエネルギーをこの日本にもたらし、富士の御山から世界へと拡げると云う祈りの儀式です。この杖の歴史は古いものではありませんが、来たるべく未来に於いて重要となる女性性と男性性の調和を促し、杖の訪れた場所に平和・調和・そして人類愛のエネルギーを満たすと云われています。

詳細、お申し込みは、下記からどうぞ
詳細サイト
2013062223yamanakako.jpg

6月度合同祈り合わせのご案内

2013.06.11.09:00

6月16日(日)「全国合同祈り合わせ」のご案内


こころの架け橋では、毎月第三日曜日に日本全国、海外に至る全ての地域での祈り合わせを呼びかけております。
祈りというアクションから、多くの人が未来を真剣に考え、その想いをそれぞれの心にしっかりとどめる事により、人びとの行動が善き未来へと歩んでゆくのではないでしょうか。それこそが善き未来への道筋を成す大きな一歩であると私たちは考えます。

今月の合同祈り合わせは、次の要領で実施しますので、それぞれの会場へも足をお運びください。

★今月の祈り合わせのテーマ★

○富士山中湖セレモニー開催からいのちの調和がハッキリとした流れとなる事。

6月22日、23日の2日間にわたって行われます“富士山中湖セレモニー”がまじかに迫っています。
そこで、今月も5月に続いて同じテーマで行います。約1週間後にせまったセレモニーに参加する人も、参加しない人も
祈り合わせでみなさんの気持ちを繋いでいただくようにお願いします。

○日本海側そして南海トラフを起因とした大きな自然災害が起こる事無く、それらが分散・分割されますように。
○災害や緊張から、世界が戦・争いへ進む事無く、調和・協調の道を選択するように。


「日 時」  平成25年6月16日(日)午後1時から30分ほど

「内 容」

●地域の祈り合わせ発起人が全会場共通の祈りの言葉を奏上いたします。

●その後、ご参加下さいました皆さまテーマにそって独自の祈りを捧げてください。

●祈り合わせ終了後、ご都合がよろしければご参加の皆さま同士、親睦を深めて下さい。

「祈り合わせ開催会場」

※参加希望の方は、下記の各会場へ直接向かってください。ご予約や過去の参加実績など一切関係ございません。老若男女、誰もが自由に、いつでも気軽に参加できます。
お子様連れでのご参加も大歓迎です。


・・・東京会場・・・

●場所 葛西臨海公園 浜辺
http://www.city.edogawa.tokyo.jp/shisetsuguide/bunya/koendobutsuen/kasai/index.html
●交通 JR京葉線 葛西臨海公園駅より徒歩
●集合 午後12時
・駅改札口を出ると、左右ふたつの階段があります。右の階段を下りて50m程先に公衆トイレがありますのでその近辺にて、祈りの和のネームプレートを下げた高橋さん(男性)がお待ちです。
●注意事項
・祈り合わせは海岸にて行います。雨天の場合は、公園レストハウスまたは大テントの下で実施します。
・祈り合わせ終了後お時間のある方々で、浜辺またはレストスペースにて懇談の時間を取りたいと考えております。飲食物をご自分の分とほんの少し余分にお持ち下さい。参加者皆で食事と会話をシェアしましょう。
・浜辺に座る場合を考えて、新聞紙やシートなどのご準備をお願いします。トイレは近くにあります。

・・・神奈川会場・・・

●場所 茅ヶ崎城址公園 (横浜市都筑区茅ヶ崎東二丁目)
http://www.city.yokohama.lg.jp/tsuzuki/kusei/kouhou/midokoro-19.html
●交通 横浜市営地下鉄 ブルーライン グリーンライン センター南駅下車徒歩10分(センター南とセンター北という駅がありますのでご注意ください。)
・駅改札を出て30メートル進むと右側にコンビニ、左側に大きな周辺地図があります。その地図の後ろの窓から見えるこんもりした林が茅ヶ崎城址公園になります。
 地図で道順を確認してください。どの道を通ってもおよそ10分です。
・自家用車の場合、公園に駐車場はありません。一番便利な駐車場は、NPC24Hセンター南駅前地下パーキング になります。
●集合 茅ヶ崎城址公園 中郭 午後12時50分
・紫色デイパックをしょった冨永さん(女性)がお待ちしています。
・駅から茅ヶ崎城址公園を見て、中郭にあがる階段は左側にあります。
●注意事項
・会場にトイレはありますが、常時有人管理の公園ではありませんので、駅改札内及び駅前バスターミナル地下の駐車場トイレのご利用をお勧めします。

・・・御殿場会場・・・

●場所  御殿場仏舎利搭 平和公園(静岡県御殿場市東田中3422)
http://www.mapple.net/spots/G02200103001.htm
●交通
・JR御殿場線御殿場駅 乙女口からタクシーでワンメータ位箱根方面になります。
・東名高速御殿場インターから約15分。
●集合 午後12時50分  平和公園入口から5分くらいの仏舎利搭のところで祈りの和の旗を持って江藤さん(男性)がお待ちしています。
・平和公園は後ろに箱根、正面に富士山という 祈り合わせにはピッタリの所です。

・・・新潟会場・・・
お休みさせていただきます。

・・・名古屋会場・・・

●場所  熱田神宮
●交通
・名鉄本線神宮前駅下車 徒歩で10分くらい  地下鉄名城線神宮西駅または伝馬町駅下車 徒歩で15分くらい 。
・自家用車の場合は、東門、西門、南門にそれぞれ駐車場があります。
●集合 午後12時50分 熱田神宮内楠さん前(本殿と南門の中間で、蛇が住んでいる楠で有名です)。楠さんの前で青山さん(男性)がお待ちしています。

・・・北海道会場・・・

●場所 藻岩山山麓(札幌市中央区伏見5丁目3番7号 TEL:011-561-8177)
http://moiwa.sapporo-dc.co.jp/access/index.html
●交通 市電で来る方は、ロープウエイ入口駅降車。無料シャトルバスに乗換え。
●集合 午後12時50分
・藻岩山ロープウエイ 無料駐車場 シャトルバス停車場付近で、永井さん(女性)が待っております。

・・・青森会場・・・

●場所 サーモンパーク(青森県上北郡おいらせ町三本木 )
http://aomori-ubi.jp/nico-navi/show_d2.php?c=1&co=2569&n=&p=&lat=40.595707&lon=141.407121
●交通 青い森鉄道下田駅 徒歩3分
●集合 午後12時50分
・眼鏡をかけて白のブラウスの柏崎さん(女性)がお待ちしております。

・・・大阪会場・・・

●場所 難波宮跡公園(なにわのみやあと公園)
http://www.osaka-info.jp/jp/search/detail/sightseeing_2024.html
●交通 大阪市営地下鉄谷町線・中央線「谷町四丁目」駅下車 徒歩5分、JR大阪環状線「森ノ宮」駅下車 徒歩10分
●集合 午後12時45分  難波宮跡公園 北西角の入口付近(中央大通と上町筋の交差点)にお越し下さい。
・祈りの和のネームプレートを持った豊野さん(女性)がお待ちしております。

・・・奈良会場・・・

●場所 高鴨神社(奈良県御所市鴨神1110)
http://www5.kcn.ne.jp/takakamo
●交通 JR,近鉄御所駅から五条バスセンタ-行きバス(約20分)風の森下車、北西へ1Km(徒歩約15分)
●集合 午後12時30分 境内入口の朱色の鳥居の前(狛犬が向かい合っています)
・無料駐車場有
・祈りの和のプレ-ト、ネ-ムプレ-トをつけた仲宗根さん(男性)と西さん(女性)が皆様をお待ちしています。

・・・沖縄会場・・・

●場所  大国ミロク大社(沖縄県沖縄市八重島2-7-45 )
http://inorinowa.org/
●交通 琉球バス(TEL 098-863-2821) バス停 美里二丁目 より徒歩20分 。自家用車の場合、沖縄自動車道沖縄南インターチェンジより10分 駐車場あります。
●集合 午後1時 大国ミロク大社 お宮内
・ミロク会の方がお待ちしています。

◇上記会場へのご参加が無理な方々は、ぜひ、ご自宅あるいは外出先などより、13:00から数分で構いませんので、「祈り合わせ」にご参加くださいませ。

◇地域での「祈り合わせ」開催者(リーダー)を募っています
「祈りの和」では、全国各地域の「祈り合わせリーダー」となって下さる方を募集しております。ご関心のある方は、祈りの和HPにあります「ミロク会」のページをご一読いただき、HPメールフォームより、参加希望の旨のメールをお送りくださると助かります。折り返し詳細をお伝えさせていただきます。
このリーダーをしていただくのに、経験、資格、費用負担等は一切ございません。

◇より良き未来のために、「祈り」を合わせましょう
全国各地での合同祈り合わせも、未来への同じ想いをお持ちの方のご参加により、徐々にではありますが、その和を拡げつつあります。
今後も、各地に於いて祈りの和を拡げ、素敵な未来への流れを人の手でハッキリとした形に結びつけて参りたいと思います。
そして、お集まりの皆さまとの心の架け橋を繋ぎ、その地域での和を結んでいただければ幸いです。

よろしくお願い申し上げます。

こころのかけはし 祈りの和愛知 青山修三

日々の祈り

2013.06.08.11:52

新暦6月8日(旧暦4月)

いつも真心のお力添えありがとうございます
日々の祈りの際に伝えられました言葉をお伝えさせていただきます

空をみてごらん
いつも同じ状態であるのかね
森も
いつもあるのかね
誰かが 守らねば
誰かが 気遣わねば
その保存は難しいのだよ
いつまでも
同じままで在るわけじゃない
だが 我らはそのままでしか
存在できない
手を借りないと
居なくなってしまうのだよ


本日、高速バスで博多から鹿児島まで向い、フェリーに乗り込み与論島へと移動となります。
さて、以下は夫からです。

昨日中継の時に啓示が入ってしまい、やり取りになってしまった事を深くお詫び申し上げます。
出来るだけ、フェリーの中で書き込みして、10日あたりにお伝えできればと思っております。

ですが、フェリーの中でもやり取りが始まり御神事で書き込みが出来ないようでしたら、11日の午前中にでも配信でお伝えしようかと考えております。
どうぞよろしくお願い致します

比嘉良丸
比嘉りか

★*★*祈りの和information★*★*

201306 kouennkai3

★★6月25日(火)こころのかけはし 長老達による東京講演会 ★★
「未来について今伝えたい事があります・・・」
富士いのりのセレモニー最終日は、東京都品川区のスクエア荏原におきまして、長老やエルダーによる講演会を開催致します。「未来に向けて伝えたいことがあります・・・」と題して、水と女性性の時代、これからの未来を考える上で重要となる話題を中心にお話しを伺います。また、比嘉夫妻による祈り合わせと公開セッション、そして、今夏に日本語字幕版公開予定の映画“Shift of the Ages”のメッセージ映像をご紹介しながら、制作に至った裏話などをお伝えします。。

●詳細 お申込みは下記URLより受付中
20130625 kouenkai2


●聖なる水と未来へのメッセージ募集
山中湖のセレモニーにて使います、御神水や未来への願い祈りのメッセージを募集しております
募集の詳細は、下記URLよりご覧ください。
多くの皆様のご参加をお待ちしております。
http://inorinowa.org/fuji2013/?page_id=484

●6月22日(土)奉納舞台&公開御神事
午後12時30分開演(於:山中湖きららスワンステージ)

奉納舞台出演予定:岡野弘幹·桑名晴子・曼珠沙華
瑞穂舞、小嶋さちほ、他多数出演予定
※順不同、敬称略。
山中湖の湖畔、背景に富士の御山を頂いた“山中湖交流プラザきらら”スワンステージにて、各界のアーティストが演じる音楽や舞踊などのパフォーマンスをお楽しみ頂きます。また、舞台の途中、自然信仰家の比嘉夫妻によるセッションを公開致します。テーマは富士山そしてこの地に集う意味を中心に存在よりのメッセージをお聞き下さい。・・・音霊・言霊・舞の表現が喜びの想いとして、未来への想いとして大自然に奉納されます・・・

●6月23日(日)火と水&聖なる杖のセレモニー  
午前9時開会(於:山中湖 湖畔広場)
山中湖の湖畔広場にて、ワイタハ族テ・ポロハウ長老、マヤ族エリザベス・アラウホエルダー、マヤ族マリアエルダーをお招きし、素敵な未来を願い祈り、火と水のセレモニーを開催致します。また、多くの方よりお寄せいただいた“未来へのメッセージ”と“各地の聖水”をお焚きあげする予定です。そして、このセレモニーではもう一つの大きなワークが行われます。それは「聖なるサルバドール人の杖」による、平和と調和そして人類愛のエネルギーをこの日本にもたらし、富士の御山から世界へと拡げると云う祈りの儀式です。この杖の歴史は古いものではありませんが、来たるべく未来に於いて重要となる女性性と男性性の調和を促し、杖の訪れた場所に平和・調和・そして人類愛のエネルギーを満たすと云われています。

詳細、お申し込みは、下記からどうぞ
詳細サイト
2013062223yamanakako.jpg

日々の祈り

2013.06.07.09:35

新暦6月7日(旧暦4月29日 辰)

いつも真心のお力添えありがとうございます
日々の祈りの際に伝えられました言葉をお伝えさえていただきます

一日一日
未来は変わる
そなた達の選択肢で
行動したその結果で
確実な未来など無い
皆で 作ってゆかねばならない
誰かが作るのではない
作ってゆくのだよ


6月に入り、山中湖でのセレモニーや長老達による東京講演会が近づいてきております。
昨年、ドンアレハンドロ長老により男性的な力強いファイヤーセレモニーが執り行われました。
今年は、女性によるファイヤーセレモニーです。
何度かファイヤーセレモニーに参加させていただいておりますが、男性が主体となって執り行うものと女性が主体となって執り行うものととでは、その火のエネルギーも大きく違っているのを感じます。

男性が主体となってのセレモニーには、外に大きく知らしめるような、その場全てを改めるような感覚を受けるのですが、女性が主体となってのセレモニーは、自らの内側、個々の内側を改めてゆくそんな感じを受けてきました。
今年は、エリザベスグランドマザーとマリア長老と女性が主体となってのセレモニー。そしてそこにエルサルバトルからの聖なる杖が来てくれます。
ワイタハ族のポロハウ長老には、水の儀式を執り行っていただきますが、火を女性が、水を男性が執り行うことによって、それぞれの中の男性性、女性性のバランス、調和を長老達の儀式によって取り戻す事にも繋がります。

ファイヤーセレモニーの火と皆様から集められた聖なる水と聖なる杖の力とで、今一人一人の内側からの心の目覚め。多くの命と共に共存してゆく未来を築く為、調和の中を歩むことが出来るように。

このセレモニーや長老達の講演会によって、お一人お一人の心にその力を受け取って頂きたいと思いますので、どうぞ、ご参加ご来場くださいませ。

さて、本日、午後1時から夫比嘉良丸よりここ壱岐島より中継にてお話しさせていただきます。
内容は、日米安全保障の補足について、八丈島、壱岐島の御神事についてお話ししたいと考えております。
出来るだけ中継出来る場所を探して配信したいと考えておりますが、電波の状況などにより配信が難しい場合は、改めてお伝えさせていただきたいと考えております。

祈りの和TV
http://inorinowa.org/tv/

それでは、本日も皆様の真心のお力添えの程をよろしくお願い申し上げます。

比嘉りか


★*★*祈りの和information★*★*

201306 kouennkai3

★★6月25日(火)こころのかけはし 長老達による東京講演会 ★★
「未来について今伝えたい事があります・・・」
富士いのりのセレモニー最終日は、東京都品川区のスクエア荏原におきまして、長老やエルダーによる講演会を開催致します。「未来に向けて伝えたいことがあります・・・」と題して、水と女性性の時代、これからの未来を考える上で重要となる話題を中心にお話しを伺います。また、比嘉夫妻による祈り合わせと公開セッション、そして、今夏に日本語字幕版公開予定の映画“Shift of the Ages”のメッセージ映像をご紹介しながら、制作に至った裏話などをお伝えします。。

●詳細 お申込みは下記URLより受付中
20130625 kouenkai2


●聖なる水と未来へのメッセージ募集
山中湖のセレモニーにて使います、御神水や未来への願い祈りのメッセージを募集しております
募集の詳細は、下記URLよりご覧ください。
多くの皆様のご参加をお待ちしております。
http://inorinowa.org/fuji2013/?page_id=484

●6月22日(土)奉納舞台&公開御神事
午後12時30分開演(於:山中湖きららスワンステージ)

奉納舞台出演予定:岡野弘幹·桑名晴子・曼珠沙華
瑞穂舞、小嶋さちほ、他多数出演予定
※順不同、敬称略。
山中湖の湖畔、背景に富士の御山を頂いた“山中湖交流プラザきらら”スワンステージにて、各界のアーティストが演じる音楽や舞踊などのパフォーマンスをお楽しみ頂きます。また、舞台の途中、自然信仰家の比嘉夫妻によるセッションを公開致します。テーマは富士山そしてこの地に集う意味を中心に存在よりのメッセージをお聞き下さい。・・・音霊・言霊・舞の表現が喜びの想いとして、未来への想いとして大自然に奉納されます・・・

●6月23日(日)火と水&聖なる杖のセレモニー  
午前9時開会(於:山中湖 湖畔広場)
山中湖の湖畔広場にて、ワイタハ族テ・ポロハウ長老、マヤ族エリザベス・アラウホエルダー、マヤ族マリアエルダーをお招きし、素敵な未来を願い祈り、火と水のセレモニーを開催致します。また、多くの方よりお寄せいただいた“未来へのメッセージ”と“各地の聖水”をお焚きあげする予定です。そして、このセレモニーではもう一つの大きなワークが行われます。それは「聖なるサルバドール人の杖」による、平和と調和そして人類愛のエネルギーをこの日本にもたらし、富士の御山から世界へと拡げると云う祈りの儀式です。この杖の歴史は古いものではありませんが、来たるべく未来に於いて重要となる女性性と男性性の調和を促し、杖の訪れた場所に平和・調和・そして人類愛のエネルギーを満たすと云われています。

詳細、お申し込みは、下記からどうぞ
詳細サイト
2013062223yamanakako.jpg

6月7日(金)祈りの和TV“神代の理”放送、未来へのメッセージ募集のお知らせ。

2013.06.06.22:31

夜間の配信申し訳ございません。

明日6月7日第1金曜日は祈りの和TV“神代の理”放送日となります。
比嘉夫妻は現在、八丈島でのご神事を終えて空路九州へ渡りフェリーにて壱岐島に入りご神事を実施しています。
明日の放送では、6月22日から山中湖で開催される富士いのりのセレモニーに向けて行われているご神事の近況をお知らせする予定です。
最近の放送では、公開ご神事という形で、見えない存在とのやり取りを公開しております。
それは、この世界が現実の社会と平行して見えない世界が存在して、この地球というひとつの生命体が見えない世界、現実の世界、言うなればこころと身体を以てひとつの世界として成り立っているという事を感覚的にご理解頂きたいと云う事も含まれています。

それは、全ての事柄にとって大切な思考のバランスを意識する事にも繋がります。経済優先、効率優先だけでは、人々は環境や多くの生命を無視した独善的な社会を築きがちです。また、何もせずにただ在る事だけを善しとするなら、生命本質である、変化、進化は停滞して歩みを止めかねません。
経済や効率は父性として表され、良い意味で進化、革新、動的な活力を現します。一方、こころを中心とした精神的活動に関しては、愛、慈しみ、平穏、と云った熟成的な母性としての性質を現します。そのどちらも、生命の進化には必要な動きであり、片方を一方的に善い悪いで決めつける事は出来ません。そのどちらにも正誤、善悪、の資質は存在しています。大切な事は、その中から人が本当に望む未来へのために両極のエネルギーのどの部分を選択するかと云う事です。そのために、今私たちが常識として持っている知識や価値観がどうなのか、それを今真剣に考える必要があると思うのです。

明日の“神代の理”ではどのようなメッセージが伝えられるのかは知らされておりません。
ただ、皆さんが今お持ちの価値観を検証するために必要な事が伝えられると思います。
放送は下記の通り行われます、日中のお時間ですが、是非ご視聴下さいますようお願い申し上げます。

「“神代の理”放送予定」

日時:平成25年6月7日(金)
   午後1時より
   ※電波状況が悪い場合は、後日改めて放送となる場合がございます。
内容:最新の啓示とご神事からの情報、他
   

↓ご視聴は祈りの和TVより
http://inorinowa.org/tv/

◆富士いのりのセレモニー未来への想い募集のお知らせ◆

富士いのりのセレモニーでは素晴らしい未来を人々の想いから創り上げるために、全ての方へご参加を呼びかけております。
未来が誰か特定の存在が創り上げるとしたら、それはきっと、特定の人のための未来になってしまうでしょう。
命が命を慈しみ、ともに未来へ命を繋ぐという想いがこころの中心に治められた時、本当の意味でこの宇宙はビッグバンを起こし飛躍的な拡大を遂げると思われます。

すこし話しが大げさになりましたが、それだけ独りひとりの想いが未来を創るためには鍵になると云う事です。
その想いを是非、セレモニーにお寄せ下さい。その方法として富士いのりのセレモニーでは下記の方法を準備しております。

●会場へ直接お越しいただきご参加下さい。http://inorinowa.org/fuji2013/?page_id=111
●貴方の望む未来のイメージを手紙やイラスト、絵に描きお送り下さい。http://inorinowa.org/fuji2013/?page_id=484
●貴方の未来への想いを折り鶴に込めてお送り下さい。http://inorinowa.org/fuji2013/?page_id=484
●セレモニーの運営スタッフとしてご参加下さい。http://inorinowa.org/fuji2013/?page_id=130
●セレモニーの運営資金を協賛して下さい。http://inorinowa.org/fuji2013/?page_id=494
●いのりのセレモニーをお知り合いへお知らせ下さい、また、ご自身のブログや、ツイッター、FACEBOOKにてお知らせ下さい。
●セレモニーで開催される祈り合わせの同じ時に、いらっしゃる場所からご参加下さい。

↓詳しくは、富士いのりのセレモニー2013公式サイトをご覧下さい。
http://inorinowa.org/fuji2013/

(未来へのメッセージ送付に関して)

●貴方が祈り願う未来の姿を文字に、イラストや絵に描き下記にお送り下さい。
比嘉夫妻が一枚一枚に祈りを込めて、6月23日のセレモニーにてお焚き上げさせていただきます。
※未来へのメッセージは未開封の状態でお焚き上げさせていただきます。

●未来への想いを日本に伝わる折り鶴に込めてお送り下さい。
 言葉ではない、形でもない、見えないこころからの想いを折り鶴に込めて下さい。
 日本に伝わる、一枚の紙から作り上げられる驚く程美しい鶴、この素敵な風習は未来へ残すべき価値のある伝統のひとつです。
 ご家族で、大切な方とともに鶴を折り、未来を考えてみて下さい。

※水、手紙、折り鶴、は少量でかまいません、鶴であればお一人10羽程度、水は50cc程度、手紙は普通郵便で送れる程度でかまいません。
 多くの方が、未来を考え行動を起こす事が一番大切な事です。是非、多くの皆様のご参加をお待ちしております。

<送付先>
904-0006
沖縄県沖縄市八重島1-3-10-A
一般社団法人
こころのかけはし 祈りの和 宛

↓詳しくは富士いのりのセレモニー2013in山中湖公式サイトをご覧下さい。
http://inorinowa.org/fuji2013/

多くの皆様のご協力をこころよりお願い申し上げます。

(文責:こころのかけはし 高橋 潔)

日々の祈り

2013.06.06.09:30

新暦6月6日(旧暦4月28日 卯)
いつも真心のお力添えありがとうございます
日々の祈りの際に伝えられました言葉をお伝えさせていただきます

大地も海も
大気も
命を生み出す 
母なり
子らよ
全てを受け止め行く 
母に 何が出来るのか
今 何をしているのか


昨晩、八丈島からフェリーにて戻りました。
これから、羽田より飛行機にて福岡へと入り、博多よりフェリーに乗り換え壱岐島へと行ってまいります。

簡単ではありますが、本日も真心のお力添えの程をよろしくお願い申し上げます。

比嘉りか


★*★*祈りの和information★*★*

●聖なる水と未来へのメッセージ募集
山中湖のセレモニーにて使います、御神水や未来への願い祈りのメッセージを募集しております
募集の詳細は、下記URLよりご覧ください。
多くの皆様のご参加をお待ちしております。
http://inorinowa.org/fuji2013/?page_id=484

●6月22日(土)奉納舞台&公開御神事
午後12時30分開演(於:山中湖きららスワンステージ)

奉納舞台出演予定:岡野弘幹·桑名晴子・曼珠沙華
瑞穂舞、小嶋さちほ、他多数出演予定
※順不同、敬称略。
山中湖の湖畔、背景に富士の御山を頂いた“山中湖交流プラザきらら”スワンステージにて、各界のアーティストが演じる音楽や舞踊などのパフォーマンスをお楽しみ頂きます。また、舞台の途中、自然信仰家の比嘉夫妻によるセッションを公開致します。テーマは富士山そしてこの地に集う意味を中心に存在よりのメッセージをお聞き下さい。・・・音霊・言霊・舞の表現が喜びの想いとして、未来への想いとして大自然に奉納されます・・・

●6月23日(日)火と水&聖なる杖のセレモニー  
午前9時開会(於:山中湖 湖畔広場)
山中湖の湖畔広場にて、ワイタハ族テ・ポロハウ長老、マヤ族エリザベス・アラウホエルダー、マヤ族マリアエルダーをお招きし、素敵な未来を願い祈り、火と水のセレモニーを開催致します。また、多くの方よりお寄せいただいた“未来へのメッセージ”と“各地の聖水”をお焚きあげする予定です。そして、このセレモニーではもう一つの大きなワークが行われます。それは「聖なるサルバドール人の杖」による、平和と調和そして人類愛のエネルギーをこの日本にもたらし、富士の御山から世界へと拡げると云う祈りの儀式です。この杖の歴史は古いものではありませんが、来たるべく未来に於いて重要となる女性性と男性性の調和を促し、杖の訪れた場所に平和・調和・そして人類愛のエネルギーを満たすと云われています。

詳細、お申し込みは、下記からどうぞ
詳細サイト
http://inorinowa.org/fuji2013/
こちらからはお申込みサイトにも入れます
2013062223yamanakako.jpg

★★6月25日(火)こころのかけはし 東京講演会 ★★
「未来について今伝えたい事があります・・・」
富士いのりのセレモニー最終日は、東京都品川区のスクエア荏原におきまして、長老やエルダーによる講演会を開催致します。「未来に向けて伝えたいことがあります・・・」と題して、水と女性性の時代、これからの未来を考える上で重要となる話題を中心にお話しを伺います。また、比嘉夫妻による祈り合わせと公開セッション、そして、今夏に日本語字幕版公開予定の映画“Shift of the Ages”のメッセージ映像をご紹介しながら、制作に至った裏話などをお伝えします。。

●詳細 お申込みは下記URLより受付中
20130625kouenkai.jpg

セレモニー情報 エル・サルバドル・マヤ族エルダー マリアさんと「聖なる杖」

2013.06.04.20:31

皆さんこんにちは。

「富士いのりのセレモニー2013 in山中湖」開催まで、あと2週間弱となりました。

今回は、初めてセレモニーに参加するエル・サルバドル・マヤ族のエルダー、マリアさんをご紹介します。

MARIA-3.jpg
マリアさん

マリアさんのフルネームはMaria Auxiliadora CUADRAで、エル・サルバドルのご出身です。
エル・サルバドルは中央アメリカ中部に位置するラテンアメリカの共和制国家で、北西にグアテマラ、北と東にホンジュラスと国境を接しています。

現在、マヤの血を継ぐ末裔たちの多くはメキシコやグアテマラに住んでいますが、エル・サルバドルにも子孫の方々がいて、「ナフア-ピピル・コミュニティ評議会」という先住民族たちが集うネットワーク組織を運営されています。

この評議会の長老の一人が、タタ・エルネストさんで、「聖なる杖」に関する啓示を受けられた方です。
そしてマリアさんはタタ・エルネストさんのお弟子さんにあたり、「聖なる杖」の管理を託された女性の一人です。
タタ・エルネスト
2005年に「聖なる杖」を作るよう啓示を受けたタタ・エルネストさん

昨年秋に比嘉良丸さん、りかさんがグアテマラ訪問をした際に、エリザベスさんからこの「聖なる杖」の話を聞き、「ぜひ来年のセレモニーに招へいさせてください」とエリザベスさんにお願いをしました。
そして今回、マリアさんと「聖なる杖」を山中湖にお呼びすることができたのです。

マリアさんとはメールのやり取りをしただけですが、とても愛情あふれる言葉を使われる方だなという印象を受けました。
例えば普通なら文頭は、「Dear~」と書きますが、マリアさんはいつも「Dearest~」と最上級で親しみを込めてくれるのです。

そして締めくくりにある言葉はいつも 
In Service, Light, and Oneness
「奉仕と光とワンネス(ひとつであること)の中で」とでも訳せばいいのか、とにもかくにもそのお人柄を忍ばさせる美しい言葉です。

きっとマリアさんはとても言霊を大切にされているのでしょうね。

さて、そんなマリアさんがエリザベスさんと一緒に携えて持ってきてくれる「聖なる杖」。
この杖は Tziteという名前の樹から作られているそうです。

Tziteというのはグアテマラのキチェ語で、英訳するとBerry treeになります。
赤い実がなるのですが、その実も聖なる実としてマヤ族のアフキフ(シャーマンに代わる言葉)たちは占いに使ったりしていますね。

マヤの神話・民話を集めたマヤの古事記ともいわれる「ポポル・ブフ」によれば、神さまはTziteの樹から人類の雛形となったひとつの人種を作りだされたそうですね。

ちなみに現地ではセレモニーの際に、こんな感じで杖を飾っています。

STAFF-k.jpg

ちょっと逆光になってしまっていますが^^;
この画像の太鼓を持つ女性の横に(黄色い布でボディが覆われている)鎮座しているのが、今回初来日する「聖なる杖」です。

意外に大きいですよね。

今私がひそかに気になっているのは、日本の空港で通関する際に「なんですかこれは?」と、モメないかなということです。
というのも、中南米では当たり前の「セレモニー」という概念が日本ではかなり特殊になるので、「セレモニーグッズです」と答えても簡単には通用しないと思われるからです。
ついつい、税関職員の「はぁ???」という顔が脳裏を横切ってしまうのでした。。。
しかも聖なる杖のトップには鹿の頭蓋骨が…!

聖なる杖
こんな感じです

ということで、成田で無事にマリアさんと「聖なる杖」を出迎えられるよう、皆さんもぜひ一緒に祈って下さいね。

そしてぜひ、6月22日、23日の両日、山中湖にてこの「聖なる杖」からの祝福をお受けになってみてください!


文責:セレモニースタッフ 町田

6月の御神事と啓示について

2013.06.04.11:00

おはようございます。
大国ミロク大社の比嘉良丸です。

6月1日から、本土に上がる予定でしたが、31日の前日、啓示により身体が大変きつく1日の飛行機は変更して御神事の仕組み直しを行いました。
理由は、本土へ上がる前に行わければならない御神事を行なうことが出来ないまま上がろうとしたからなのですが、本来、御神事を何事よりも優先すべきなのでしょうが、その御神事も行なうのも人です、どうしても、いろんなものが絡み合います。
時間、都合、私自身の思い関わる人の思いや願いや生活、義理人情、常識、資金、その他いろいろなしがらみがあります。
物事を、全て御神事優先とは行きません。しかしながら、どうしても行わければならい時には、今回の様に、行けなくなる、引き戻される、変更になる、一からの仕組み直しといろいろな事が起きます。

さて、今回富士セレモ二ーへ向けて6月3日から行なう御神事といたしまして、下記のようになりました。
6月3日:沖縄~羽田空港~竹芝港22時八丈島に向けてフェリー乗り込む。
4日:9時40分に八丈島に付きレンタカーを借り八丈富士、頂上での御神事・浅間神社で祈り。その後、八丈島を巡りながら何箇所か感じた場所で祈りをします。
5日:10時に八丈島を出て東京、竹芝港に20時40分頃付き羽田空港空港付近で宿泊。
6日:羽田空港8時45分発で福岡空港へ。福岡空港に10時35分着。博多港へ移動し、フェリーにて15時頃に壱岐島に向かう。17時頃壱岐島に付きレンタカーを借り島を巡りながら御神事の場所を決めた3箇所で行ないます。壱岐宿泊。
7日:17時壱岐島~博多港19時頃に着き、タクシーでホテルに移動。
8日:朝、博多バスターミナルに移動し、高速バスにて鹿児島港へ移動。鹿児島港から18時発のフェリーで奄美諸島の与論島へ向かう。
9日:与論島13時40分着。レンタカー借り島を巡りながら御神事の場所を決めた3箇所で行なう。
10日:14時フェリーにて与論島出発。16時那覇に着き自宅へ戻る。
11日:自宅で事務処理
12日:漁船をチャターして東方の中城湾・金武湾の島々東の六方である伊計島・宮城島・平安座島・浜比嘉島・津堅島・久高島に浮原島・南浮原島・宜野座・藪地島と島々の内海から外海へと巡りながら御神事を行なう
13日:私の内蔵精密検査があり精密検査を3回すっぽかしてさすがに今回は受けなければならなくて、病院へゆきます。
14日:本島の南の先端での御神事。
15日:朝、お宮での祈り後、本島の西側3箇所を御神事。
16日:9時粟国島フェリーで行き、レンタカー借り島を巡りなから御神事の場所3箇所決め行なう。粟国宿泊。
17日:本島へ帰る
18日:東京羽田空港~静岡県御殿場高速バスで移動、車を受け取り箱根~熱海~千葉県成田と移動し、成田にて宿泊。
19日:成田空港でエリザベス女史・マリアさんのお迎え
20日:通訳の方々と合流して海ほたるで祈り、その後山中湖の宿泊所へ移動。
21日:夜明けに夏至に合わせて御神事。そこで、ポロハウ長老と合流する。
その後、富士五湖・本栖湖・精進湖・西湖・河口湖と巡り、その御神事に奉納者の方々も共に御神事行なう
22日:富士祈りのセレモニー・奉納
23日:火と水の御神事・ディスカッション
24日:東京へと移動日
25日:セッション・東京講演会
26日:成田へ移動日 
27日:成田空港~沖縄へと移動
28日:私共の御宮・天岩戸・他の聖地での御神事
29日:本島の南部での御神事
30日:沖縄~成田へと移動日
7月1日:エリザベス女史・マリアさん成田から帰途

さて、これらの行程の御神事を進めて行きますが、内容としまして、まず、7月1日までの御神事で噴火・地震・津波・政治・経済・感染、伝染病を回避する仕組みを一つ一つ組み合わせ、良い方向へと組み直し組み込んで行く御神事を行います。
その後、7月21日までの御神事・秋分までの御神事・冬至までの御神事・その間に11月15日の艮祭り・12月17日旧歴11月15日母神際・新年~1月31日旧正月~2月6日節分際までの御神事行い、今年2013年に起きると受けた最悪事態を一つ一つ回避しながら良い未来良い世の中の流れに組み直し組み込んで行き、2014年が良い年になる為に繋ぎ行く御神事であります。
また、今回の6月3日~30日までの御神事の意味合いは8日~9日にかけて鹿児島から与論島に向かうフェリーのなかで書き込み致します。

今、行っている御神事は母の代から半世紀以上結び繋ぎ続けられてきた御神事です
単に、大三次世界大戦を回避し、母なる星の命の循環・全ての生命の循環が本来の循環の速さに戻し、人と星{地球}と生命・命と結び繋ぎ続けミロク世の礎えの仕組みを組み直し創り続け、将来・未来に人々自らミロク世の世界を創り上げる事が出来る様に御神事を行っております

 それは 母の代から私の代、そして次の代にずっと結びつなぎ続ける御神事になります。
その御神事のおおまなか内容としては、過去の人類の裏表の歴史を知る・自然界の歴史を知り、現在の人類の現実の裏表を見て知る、そして現在の自然界の動きを見、知り、そして未来に起きる出来事、状況を把握し、それを良き流れへとゆくよう仕組みを組み作り結びつなぐ仕組みとなり、それは、人と神、人と祖先、人と自然、人と精霊、人と人、それが陰と陽の歯車として、両方かみ合わせ、巡りまわす事が生命、命の循環、歴史未来の循環となり、これらの循環の仕組みを見えない世界からの働きかけを行い動かすという意味合いになります
歯車の歯が一つでも狂う様な事があれば、世の中がおかしな方向へと進んでしまう事に繋がります。
私共の御神事として祈りの対象となっている内容は、自然災害・人災や政治経済・感染病・伝染病・戦争・テロなど様々に幅広い分野まで及びます。
現在、主体として私たちが行っている御神事の内容は、御神事の事での書き込み、動画、勉強会などで数年来伝えてきたことではございますが、2016年から2017年までの間に本格的な戦争へ行く流れ、本格的な戦争へ突入する可能性があるという事を伝えられており、そして、それまでの間に、大きな自然災害がいくつか重なり、政治経済の混乱・崩壊などが起き、全ての歯車の歯の仕組みが、狂ってしまい最悪の世界、第三次世界大戦へ向かってしまうという啓示の回避となっております。そして、
人々が最悪の事態を回避することにより、人類に大きく人としての覚醒が起こり、その後は、人類の手によってミロクの世を作る事が出来るという更なる啓示があり、私達は、その啓示を信じ、その啓示の回避の為の啓示に基づき御神事を行っております。

この世の中には 陰と陽の仕組みがあり、物事には対極がある 平和を望む者がいれば 戦争を望む者がいる。政治の安定を望む者がいれば、政治の混乱・崩壊を望むものもいる。
経済の安定を望む者がいれば、経済の崩壊・混乱を望むものがいる。
そして、御神事も現実も、色々な駆け引き、押し問答が見えないところで現実にはおきています。
これまで多くの人達の支えと力添えがあって、最悪の事態をこれまで何度も回避し善き方向へと仕組みづくりを行ってくることが出来ました。
善き方向に流れても、また、反対を望む存在に戻されるといった押し問答が、実際には見えないところで行われております。
私の御神事とは、一つは、目に見えない神事。もう一つはこころのかけはしとしての現実的な活動になります。こころのかけはしの活動は、世の中の仕組みのひな形作りの一環として行っており、私にとっては目に見えない御神事を行うという事同様に大事な御神事であります。
それらをこれまで、力添え、支援のお蔭でやり遂げることが出来、最悪の事態をギリギリのところで回避できている状況でございます
2011年から今年にかけて、本当にいろんな意味で苦境に追いこまれていたおり、沢山の方のご支援で、何とか御神事活動を行う事ができ、現在に至っております
本当に皆様のお力添えがあったからこそできたことであり、私は、本当に感謝いたしております
しかしながら、現在の世の中においては、私がブログや中継などで伝えてきた啓示に内容や状況が、現実に見え隠れしているなかで、現実化しようとしている動きの方が強く、現実に起こってしまう流れへと動いている状況にあるのは確かだと思います。
私自身、2005年から今年にかけて、かなりのハードスケジュールで御神事を行い何とか、回避する流れ・仕組みづくりを行い世の中の最悪の事態を回避し流れを変えて何とか未来に繋ぐ事ができたと思っております。当初啓示では、2012年に小さな軍事衝突や経済の混乱、崩壊に自然大災害は連鎖で起き日本国は大混乱に陥ている状況にある年が2013年でした。
ですから、今、現在の日々暮らしこそが、一つの啓示を回避出来た証であります。
ひとえに、皆様の真心の祈り願いの力添え、そしてご支援があったからこそであり、皆様と共に未来へ世の中を繋ぎ一歩づつではありますが確実に良き未来へ良き世の中へと進んでおります。
しかしながら、2011年に大震災は起き、今現在も流れは、後手にまわっている状況にあるのも事実であります。
中国の潜水艦と思われる潜水艦が、琉球列島全域の尖閣列島・先島列島・久米島・奄美・北、南大東島周辺の海域での確認されておりますが、それは中国の軍事作戦の情報収集一貫であり、中国は水面下見えないところで政治・外交・経済・軍事的・活発な動きしているという事をアピールしており、その動きは、隣国の国々、アジア全体に中国の力を誇示し影響及び反映しています。
この中国と同じような動きを、イスラエルが、中近東からアフリカ、ヨーロッパへと影響を及ぼそうとしていると啓示では伝えられてきます。イスラエルに関しては、宗教が絡むゆえに一層タチが悪い、最終的に世界中に悪い影響を及ぼす流れを示していると伝えられております。これらの動きを啓示にて伝えられておりましたこともあり、昨年末の中国、そして今年のイスラエルの御神事となり、小難無難の願い祈りを行ってまいりました。

日本国の動きとして、法律改正の動き・憲法第96条の改正について・・・
もしも、第96条の改正が実現し、その改正から次々と様々な憲法が変更されてゆく中、第9条や今の自衛隊法が改正され国防軍・国軍の意味合い強くなり専守防衛を破棄して、国守の為、先制攻撃を行える法律改正や軍備内容、国守の為の軍備武器配備、施設の配位といった、攻撃優先の軍備武器強化、施設{軍事基地}の配位の変更などの憲法改正を訴えるか行おうとするなら、その改正は、日本国民以上に近隣諸国の猛反発を買う事になり、それでも、強行するようならアジア全体で、日本は、孤立し、経済や外交・政治が厳しい状況に陥り、もし、この状況になった場合は、皆さん信じられないと思うのですが国民は国の方針を支持すると啓示では伝えてきています。国全体の不況で経済がかなり厳しくなった際に、その原因が近隣諸国からの圧力と感じ、それが、政治的経済的な圧力、そして最終的に、軍事的行動で日本が、中国から攻撃を受けると国民が感じ、その国に対して、攻撃、戦争をもやむを得ないという方向へと進むと伝えられております。昭和初期の、日清戦争前に似た現象となるとも伝えられております。

日本経済に関しては、アメリカで経済危機が起きるとかなりの混乱後に、経済は一時的に(2~3年程度)バブル高度経済を迎える。その状況の要因は、アメリカが意図的に経済全体・株・金融・通過・先物・資産価値・最後に金・暴落を起こし世界経済混乱・崩壊を起こさせるのが一番の目的であると伝えられております(深い意味合いは改めて報告します)
次にアメリカが行なう行動として、日本国に対して新日米安保条約の条文、第10条の予告行使か予告をちらつかせ、アメリカが作成した内容の新たな日米安保条約調印を求めてくる日本国の自衛隊の国軍化及び軍備武器、軍事施設増強強化を求め、それは、日米の軍事ガイドライン・軍事協力全面見直し。憲法第9条の破棄や専守防衛の攻撃をされてからの反撃ではなく、危険でれば先に攻撃をするような仕組みであったり、更には、日本国が世界中の地域でアメリカと共でなくとも、日本単独で軍事作戦・軍事活動・行動を行う事を求めてくる。これらは、今の日本の状況で、自然大災害やテロなどが起きる様なことがあれば、こういった状態への流れは現実のものとなり、最悪の事態が実現してしまうと伝えられてきております。
*米国は、これまれに、この新日米安全保障条約条文第10条を縦に脅し日本国を意のままに操った敬意があると伝えられております
*現代人の方々にはあまり関心なく新日米安保条約第10条言われてもわからない方もいると思われますので、補足させていただきます。
旧日米安全保障条約と新日米安全保障条約あります。
旧日米安保・1951年9月8日にサンフランシスコ講和条約で旧ソ連、中国を除く49カ国が署名した日、同日に、日米安全保障条約も署名されサンフランシスコ講和条約は翌年の4月28日に発効された。この事で敗戦国日本が、その日持って日本国として主権を承認され国際社会に復帰を果たす事となり、敗戦後、米国を中心に駐留していた連合国軍(GHQ)の撤収が決まるが、アメリカ軍は日本国の要請にで駐留を求められた事に基づき、日本国との平和条約を結び、米国軍は在日米国軍は日本国の安全保障する為として駐留したとなっている。しかしながら、現実は、当時の旧ソ連が世界中に推し進めていた共産主義国の拡大により、アジア地域には中国が共産国となりそれ以上拡大する兆候を阻止する為でもあり、アジア地域での監視・軍事作戦・軍事行動を行う為の拠点が必要としていたことから、その場所として日本が必要であった。とりわけその中でも沖縄が、大陸から東南アジアにいたる地理的に最適な場所であった為、日本国から切り離して琉球国とし植民地にし、沖縄本島全体を米軍基地にしたのが真実であり、米国の野望と国益のための在日米軍の駐留となっている。
その後、朝鮮戦争勃発に続き、米国の策略による軍事介入によってベトナム全域で戦争拡大し、本格的なベトナム戦争となる。この時期、日本国は朝鮮戦争で必要な物資、食料・機材・武器といった広範囲に及ぶに至り、ありとあらゆる分野を請け負う事で高度経済成長を遂げ、第二次世界大戦の敗戦の混乱から立ち直り、その後、経済大国へとつき登って行くこととなる。
新日米安全保障条約1960年1月19日署名6月23日発効・・・
新たな、10カ条・条文(日米地位協定)調印により在日米軍駐留延長が定まる。
条文・第10条当初の10年間の有効期間(固定期間)が経過した後は、1年前に予告する事により、一方的に破棄できる旨を定める。
いわゆる、自動延長方式のさだめであり。この破棄予告がない限り条約は存続する。
日米地位協定、米国軍に施設や地域を提供する具体的な方法をさだめ、その施設内での特権や税金の免除、兵士・軍属への裁判権の放棄など定める。要するに、アメリカは、本格的に旧ソ連との冷戦に途中入した時点で、アジアでの日本国の必要性が一層高まり、日本を守るという名目で、いわば、植民地に近い状態で経費の一部・施設・場所・物資を提供させる事となる。
これは、アジアでの軍事作戦や行動だけでは留まらず、世界中におよび、その費用を肩代わりさせ、自国の国益が一番の目的であり、いつでも日本国の必要性がなくなれば、いきなり切られる事になる。
改めて、日米安全保障条約か一部改正を求めてくる内容として、日本国に一部在日米軍駐留するものの大部分の米軍や施設の移転の費用を全面負担及び移転先での経費や施設建設費など他の全面負担を求めくる。日本国の法律改正や専守防衛の放棄・軍備拡張増強・米国軍と共同軍事作戦・共同軍事行動など求めてくる。
第10条はこのまま残し、米国が日本国を軍事的に政治的に経済をコントロールを行おうとし続けると啓示では伝えられています
もし、このような状況へと日本国が流れて行くなかで大災害・人災も重なると2017年までには中国との戦争は起き、その後、世界第三次大戦へと流れ、未来は絶望へ道へ進むと啓示では伝えられております。
今回の、御神事及び富士のセレモニーはこの最悪の状況を回避する大変大事な御神事であります。

*****


現在、夫は先に八丈富士へと登山を開始しております。
私は、フェリーで船酔いしており、船中ではまったく動けなかったので、夫が書いたものを修整して、掲載した後に、後から登山を開始します。
夫に伝えられてくる最悪の事態をどうやって回避してゆくか。それは見えない部分からの働きかけと現実の行動の働きかけが噛み合い、組み合わさることによって、善い方向への歯車が回り、動き始めます。
見えない力だけでも、すべては良い方向へとは行きません。現実の行動があってこそ、現実が変わり行きます。
先に行動があって、その行動に対して後押しがあります。後押しを見込んでの行動では、思いのほか後押しはないような気がします。それは、自然と後押しや見えない力を期待してしまい、現実の行動にゆるみが出るからかもしれません。
なので、見えない力の後押しは本当にあります。しかし、全力で考えられるだけの行動を行った最後に、その後おしは起こるのだと思っておりますし、また、これまでもそのような体験がありました。
思いつく限りの出来るだけの事を行う事は、なかなか大変な事であります。しかし、それだけ、真剣さを見えない存在の方々から見られているのだとも思います。
夫に伝えてくる最悪の状態の啓示も、どれだけ、そのような状態にならないようにと行動することが出来るのかという事を、未来への真剣さを見られているのかもしれません。
それぞれの立場にて、出来る事は違います。しかし、その中でも、必ず未来に対して出来る事はあります。
どうか、希望を失うことなく、伝えられている啓示が現実のものとならないように、お力添えの程をよろしくお願い申し上げます。

比嘉良丸
比嘉りか

日々の祈り

2013.06.03.21:35

新暦6月3日(旧暦4月25日 子)

いつも真心のお力添えありがとうございます
日々の祈りの際に伝えられました言葉をお伝えさえていただきます

いつもそばに 命があり
共に歩む 命がある
日々の暮らしの中
忘れてはならない
自らも 命であり
命の結晶であり
すべからく 
すべては 命で出来ている
命の中にある事を
忘れなければ
何を行わなければならないのか
おのずと 知る事ができよう


本日、夫と共に八丈島へと移動することとなりました。
今晩東京を発ち、船中にて1泊。明日、八丈島へと入ります。
明後日には、東京へと戻りますが、その後、また移動となります。
夫から、現在の啓示についてお話があり、今、作成中になっております。
どうか、日々の祈り願いの中に、善き方向へと進み行くこととなりますよう皆様の思いを今一度よろしくお願い申し上げます。

比嘉りか

★*★*祈りの和information★*★*

●聖なる水と未来へのメッセージ募集
山中湖のセレモニーにて使います、御神水や未来への願い祈りのメッセージを募集しております
募集の詳細は、下記URLよりご覧ください。
多くの皆様のご参加をお待ちしております。
http://inorinowa.org/fuji2013/?page_id=484

●6月22日(土)奉納舞台&公開御神事
午後12時30分開演(於:山中湖きららスワンステージ)

奉納舞台出演予定:岡野弘幹·桑名晴子・曼珠沙華
瑞穂舞、小嶋さちほ、他多数出演予定
※順不同、敬称略。
山中湖の湖畔、背景に富士の御山を頂いた“山中湖交流プラザきらら”スワンステージにて、各界のアーティストが演じる音楽や舞踊などのパフォーマンスをお楽しみ頂きます。また、舞台の途中、自然信仰家の比嘉夫妻によるセッションを公開致します。テーマは富士山そしてこの地に集う意味を中心に存在よりのメッセージをお聞き下さい。・・・音霊・言霊・舞の表現が喜びの想いとして、未来への想いとして大自然に奉納されます・・・

●6月23日(日)火と水&聖なる杖のセレモニー  
午前9時開会(於:山中湖 湖畔広場)
山中湖の湖畔広場にて、ワイタハ族テ・ポロハウ長老、マヤ族エリザベス・アラウホエルダー、マヤ族マリアエルダーをお招きし、素敵な未来を願い祈り、火と水のセレモニーを開催致します。また、多くの方よりお寄せいただいた“未来へのメッセージ”と“各地の聖水”をお焚きあげする予定です。そして、このセレモニーではもう一つの大きなワークが行われます。それは「聖なるサルバドール人の杖」による、平和と調和そして人類愛のエネルギーをこの日本にもたらし、富士の御山から世界へと拡げると云う祈りの儀式です。この杖の歴史は古いものではありませんが、来たるべく未来に於いて重要となる女性性と男性性の調和を促し、杖の訪れた場所に平和・調和・そして人類愛のエネルギーを満たすと云われています。

詳細、お申し込みは、下記からどうぞ
詳細サイト
http://inorinowa.org/fuji2013/
こちらからはお申込みサイトにも入れます
2013062223yamanakako.jpg

★★6月25日(火)こころのかけはし 東京講演会 ★★
「未来について今伝えたい事があります・・・」
富士いのりのセレモニー最終日は、東京都品川区のスクエア荏原におきまして、長老やエルダーによる講演会を開催致します。「未来に向けて伝えたいことがあります・・・」と題して、水と女性性の時代、これからの未来を考える上で重要となる話題を中心にお話しを伺います。また、比嘉夫妻による祈り合わせと公開セッション、そして、今夏に日本語字幕版公開予定の映画“Shift of the Ages”のメッセージ映像をご紹介しながら、制作に至った裏話などをお伝えします。。

●詳細 お申込みは下記URLより受付中
20130625kouenkai.jpg
情報サイトリンク

◆地震情報《気象庁》
◆火山情報《気象庁》
◆台風情報《気象庁》
◆警報・注意報《気象庁》
◆海外の地震情報《JIS》
◆マーケット情報《ロイター》

イベントのお知らせ
最近の記事
関連サイト
検索フォーム
年別アーカイブ
携帯用QRコード
QR