昨日の動画より

2013.09.29.10:00

新暦9月29日(旧暦8月25日 戌)

いつも真心のお力添え、ありがとうございます。
昨日は、皆様の真心からの願い祈りのお力添え、ありがとうございました。

さて、本日は次を掲載しております。
夫より伝えられております啓示について動画では伝えきれなかったものを補足した文章
昨日沖縄での祈り合わせの動画
本日早朝に夫からの本日の行程の動画を下記に掲載いたしましたので、ご覧くださいませ。

また、動画内にもあり、以前、学びの和でお伝えしていたこともあるのですが、予知防災という事で、地震前兆をレポートしていらっしゃいます方のレポート情報がございます。この度、まとめていただきましたものをサイトに掲載いたしました。
皆様に事前の対策として日々の暮らしの中に、活かしていただけますと幸いでございます。

地震前兆と予知防災
※画像をクリックするとサイトに移動します
予知防災

八ヶ岳からの動画でもお話しておりますが、昨日は、12時半の祈り合わせを高浜原発にてと急ぐあまり、出口を間違い滋賀県まで通り過ぎため、そのまま滋賀県木之本で降りて木之本と長浜で祈り、改めて高速に乗り大阪、兵庫、福知山、綾部と祈り回り、時間関係で申し訳ないのですが高速道路のパーキングで12時30分の祈り合わせをさせて頂きました。その後、舞鶴で降りて舞鶴、高浜原発、大飯原発、美浜原発、もんじゅ、敦賀原発、志賀原発、能登半島先端で祈り、それから本日、中央高速の八ヶ岳パーキングで仮眠を取って今日八ヶ岳、諏訪湖、浅間山、赤城山、日光、その後は、女川原発に一気に向う予定と連絡を受けております。

***9月28日 石川県からの話***

おはようございます。大国ミロク大社の比嘉良丸です。
緊急に皆さんに力添えを頂きたく生放送で皆さんに呼びかけます。
朝から本当に申し訳ありません。今日12:30から妻に47都道府県の最後の総結びをお宮で行い、それに合わせて私は北海道の泊原発で祈りをする予定にしておりました。しかし昨日、秋田県入道崎から青森の十三湖、そして竜飛岬へ参りました。竜飛岬は、上の方では無くて下の漁港でお祈りさせて頂きました。その折に啓示が降りまして、先にビジョンが降り、次に啓示が降りました。
それは、急を要するという啓示で、いきなり12:30のご神事は福井県の高浜原発で祈りをせよ。その後に高浜他大飯などを祈りせよという事を伝えられました。そこで私、26日に出て1,300キロ位ほとんど睡眠を取らずに移動して、そして竜飛岬で祈りをしたのでが、とにかく急遽福井まで向かい、その途中で、啓示で言われた3か所をお祈りして今石川県におります。高浜原発で、皆様との祈り合わせに間に合うかどうかという状況にあったんですが、どうしても啓示の内容があまりにも重大な事ですので、途中啓示に背いて皆さんに報告する事にしました。
まず日本海側、秋田から福井辺りまでかなり大きな地震が起きる可能性がすごく高いです。秋田・日本海側からの地震・活断層が内陸側の鳥海山や月山あたりに連鎖する可能性がある。新潟・柏崎辺り、新潟市辺りの沖合での地震がある。実際にそれも月山や磐梯山辺りに連鎖する可能性がとても高いと伝えられています。富山の方で起きる地震は日光・那須辺りに連鎖する可能性があり、石川・福井は八ヶ岳辺り、そして御岳辺りに連鎖する可能性がすごく高いと伝えられています。
これまで伝えられて来た流れとして昨日もお伝えしましたが、今朝8:15に昨日の映像をビデオで流せと妻にお願いしましたので見て頂ければわかると思いますが、千葉から台風に合わせ清めのお祈りを致しました。それは北米プレートに沿っての祈りでした。それを祈って新潟の柏崎に向かおうとしていましたら東北の方を北上するように伝えられ、栃木の都賀辺りで取りあえずそこのインターで良いから祈るようにという事で、そこから、日光と那須へと向け祈りをさせて頂き、中央構造線が大きく内陸から大洗か日立市辺りで折れ曲がっている辺りの際(きわ)を想像して連鎖しないように杭を打てと言われました。昨日と同じ話しをして申し訳ありません。
その後、もう一度北上しようと思ったら戻されて関越道に入り、群馬の赤城のインターで構わないので赤城へ向けて祈るように、そしてそこに集中して自然の動きが連鎖しないように祈りをせよと言われました。そこから新潟の柏崎刈羽原発へ向かいました。柏崎刈羽を終え、日本海側を北上しようと思ったら舞鶴の方へ入り磐梯山と猪苗代湖を強く祈りをさせられました。そこから郡山を経て東北道に入りずっと太平洋側を北上し秋田の辺りの内陸部へと移動し、地名を忘れてしまいましたが途中のパーキングでとにかく時間が無いから祈るようにという事でお祈りをさせて頂き、日本海側に出て秋田の入道崎から上がりながら十二湖・十三湖・竜飛岬と参りました。そこから引き返して福井に向かいながら、本当は十和田湖に行かなくてはいけないんですが、どうしても行けずに時間的余裕が無く改めて御前まで上がりますという事でやり取りし、パーキングからかなり距離があるんですが、十和田湖パーキングから祈りをさせて頂きました。本当は全て御前まで行かなくてはいけないんですが、時間の指定をされておりましたこともあり、時間との戦いでございました。そこから南下しながら岩手山のパーキングを経て何箇所か祈りをしながら、改めて柏崎刈羽原発を祈りに行きました。今回はそこだけは高速から降りて祈りを致しました。そこから高速に乗り改めて福井に向かっている途中、どうしても黙っている訳にはいかない、抑えきれない状況になりまして、今の放送になっています
太平洋側を中心に東南海から関東・東北に連鎖するという事で太平洋側を中心にずっと祈りをしてまいりましたが、この対極として、日本海側で起きる地震が連鎖して起きないようにとずっと祈りをしてまいりました。
そこの中でも福井大飯原発とそこにある5つの原子力施設、大飯原発も含めて本当に危険だということを伝えられており、関西の方にはこまめにお伝えし促しているつもりですが、失礼ですが神戸の大震災の後、少し気が緩んでるのかそれとも神戸と大阪・京都その近辺の被害が大きく違うが為に神戸の震災に遭われた方はやはり気が緩んでいるのか、かなりわが身の事として3.11も受け止めていない方が多いとずっと見受けられます。私の活動を手伝って下さる方々の中にもやはり、気の緩みがある方もいらっしゃるように感じております。すみません
本当に今回ずっと言っているように福井は本当に危険です。それどころか、石川県の志賀原発・新潟県の柏崎刈羽は本当に危険で、何か策を取って欲しいと思い、昨日の放送に至っております。
神が伝えてきたのは目先の意識に欲に目を奪われ、自分の命、そして自分の子孫、これから繁栄する子孫の命。それら全てを自分の目先の欲やその目先の世の中の動きに目を奪われ、自分の本当の命、自分の次に繋ぐ全ての子孫、その延々と繋ぐ命の循環全て、未来の命まで捧げるのか?と。原発にその全ての命・命の繁栄を全て差し出すのか?捧げるのか?というぐらい、本当に、かなり強く感情を露わに伝えてきております。それはこれまで今まで私もあまり強く伝えて来なかったのですが、天の父神、大地の母神が直接そういう風に伝えてきて、私はずっとその神々の意思を受けて今日まであちこち飛び廻っている訳ですが、今回伝えられている地震の啓示は、当たる・当たらないの問題ではありません。本当に起きてしまってからでは3.11を超える大変な状況に陥ると、私はビジョンだけではなく本当に体・感情・意識全てが今そういう状況で危機を超えた状況にあります。
皆様にお伝えしておきたいのですが、日本海側で起きた時には北海道から九州まで内陸や中央構造線が動くということではなく、日本海側の地震に連鎖して、白山火山帯、鳥海山火山帯、そして旭岳火山帯といった方がいいですか、これらへの連鎖が起きます。そして、それは確実に中央構造線への連鎖に繋がって参ります。何箇所かでの連鎖に繋がります。それは一気に日本列島を縦断して参ります。西日本火山帯の連鎖を確実に神戸辺りにある火山、今まで死火山と思われている方がかなり多いでしょうが、こういった山々に確実に連鎖する可能性が高いです。すごく恐ろしい状況を見せられたのですが、その中で、まず日本海側で大きなものが起きれば内陸部を東西に、そして東西に動いた大地のひずみ柏崎構造線・糸魚川構造線も含めて動きます。それは押したり引っ張ったり変にひしゃげたり縮めたり色んな動作が日本列島で起きる事によって確実に東南海も太平洋側も動きます。それは東南海・太平洋側で起きても同じ作用が起きる可能性があります。しかし特に怖いのは日本海側で起きた時の地震は多くの活断層を刺激し、そこから東西の構造線及びプレートを引き動かす。それは押したり引っぱったり拡げたり縮めたり上に押し上げたり下に押し下げたり色んな方向へ大地が移動する状況が起きる可能性があります。
今これら一つの事が起きれば連鎖に繋がる可能性がすごく高いと感じております。そこまで皆さんにお伝えしても、当たる当たらないの話しで判断し、興味の中で判断してしまう人も居るかと思いますが、このお伝えしている事が外れれば、私はいくらけなされようが笑われようが非難されようが構わないです。逆に本当に起きてしまったら取り返しのつかない状況にあります。ですからわたしはハッキリ言って当てる為に日本中や世界を飛び廻っている訳ではなく、伝えられてくる啓示は、起こらないように伝えられてきているのでありますから、全て外す為に飛び廻っています。それでも今回は3.11同等を超える状況が私の啓示やビジョンや体感や感覚に全てに伝わって来ている。それを何とか回避したいという思いで今、皆さんに伝えております。
そこで、原さんの作った予知防災を妻にブログに上げてもらいます。これを見た人にまず空や色んな自然状況の変化がないか、これを見て頂きたい。特に日本海側、かなり強い啓示を伝えられておりますので、日本全国どこに地震雲やそういた前兆が現れているかわかりません。地震雲や何でも、色んな自然現象に予知防災に当てはまるものが無いか、すぐにそれを皆さんで意識しながらこの数日間見て頂きたい。本当に今、自分の住んでいる自宅の空を見て頂いて、地震雲などがないかという位意識をして頂きたい。気象庁が地震速報を出してからでは、かなりのパニックが起きる状況にあります。もしさっき言った自然の状況を見る事が出来て、それが本当に地震の前触れだったら対応する事が可能かと思われます。あえてそこまで皆さんに伝えたいと思います。
取りあえず予知防災をブログに上げますので、全国でそういう前兆が無いか、対策していただく為にも、皆さんに読んでもらうようにして頂きたい。それと今見ている、そして読んでいる方にそういった前兆を告知してもらいたい。前兆現象を告知する時に心配する方がいます。外れた時、当たった時、色んな事をご心配して下さる方が、ありがたい事にいらっしゃいますが、今当たる・当たらないではなく、自分が感じている事をまず伝え、何も起きなければ先程も言ったように非難しようが笑おうがけなそうがそれはもう構いません。実際に起きた時の事を考えた方が、3.11が起きてしまった時の後の苦しみの方がもっと辛いです。
私は本気で伝えられてくる啓示を伝えられている通り、全て外すつもりで動いております。実際に昨日1,300キロ余りを移動し、今日改めて色んな頃で祈り1,200キロを超えて高浜原発に行き、そこから大飯・美浜・もんじゅ・敦賀、そして志賀原発、石川の先端、そこからずっとお祈りをしながら、この行程で行けなかった女川原発まで行き、そこから戻って東北道に入り内陸部の方を縦断していく予定にしてます。10月3日は小笠原に行く船に乗る事になっていますので、それまでギリギリ出来る事をやり続けるつもりでおります。後2,000キロ3,000キロ走り回ろうが今やる事をやらなければ、後悔で済むものではないと、体全体で感じているからこそ皆さんにこの生放送で伝えています。皆様を恐怖に陥れるつもりはございませんが、本当に今自分の中で3.11を超える内容の感覚が伝えられており、いてもたってもおれない状況におります。ヒシヒシと自分の肉体・感情全てに伝わってくる感覚は3.11を超える状況におります。それを本当に回避出来るか出来ないかは皆さんの力添えが必要なのです。
ですので12:30の祈り合わせは大変重要になります。本日(28日)の祈りは、妻にはまず47都道府県廻った所を伝えておりますのでそれを全て読み上げた後に結びの祈りをして頂き、そこから、りかさん、それを本気で結び繋ぐ祈りをして下さい。そして見ている方々参加している方々に向かって一つの役割を持って祈りをするようにして下さい。今から読み上げる事、言う事をきちっと言葉に出して祈って下さい。
今地上に居る全ての人よ。その人達にどうか神の、天 神なる父の、母なる神の 大地なる神の母の力を以って 一人一人本当の神の子として 地球の子として 人間として人として 今回はほんとの意味で心から天地の御親に神の子として 地球の子として 人間として人として、その持って生まれた役割を大きく果たす意味をきちんと一人一人に与え、その与えた力を以って今回の大きな災いを防ぐ役割を担って充てる事が出来るようお力を授けその役割を果たす担い手としてお使い下さい」 と。それは一人一人がまず確実に今の状況を打開し回避する為には、まず3カ月先、きちんとその先に素晴らしい地球、素晴らしい日々、暮らし生活のビジョンを描きその自分の日々の生活暮らしがいかなる災いや災害、いかなるものにも巻き込まれる事無く、日々の暮らし生活を営み、そこの中で家族全員が笑い至福の中で暮らしを営む事が出来る、暮らしを営んでいる事を想像し描き、それをきちんと心で願い祈り、という事を皆さんにそれをきちんと言葉を通して伝えそしてその後に一人一人に大地や地上の中を想像してもらい、大きなプレートが一気に跳ね上がる事無く、大きな活断層がズレる事無く、上下にズレる事無く、左右にズレる事無く、大きな火山の流れが火山帯の流れが大きく地上に噴き出す事無く、大きなマグマ溜りに注がれ大きな火山の噴火になる事無く、そして特に原子力発電所に関しては一つ一つ描き、必ず事故も起きないように願い祈りして頂くように呼びかけて下さい。
言葉が早かったかもしれませんが、すいませんがそれをあなたの言葉で構いません。全く同じように言いなさいって訳ではなく、あなたが聞いた内容をあなたが手を合わした時に、あなたに伝えて来る、その自分自身に伝えて来る母のその意思をきちんと皆さんに伝えればいいです。それを思って12:30に祈りをして、明日もあさっても祈りを皆さんに呼びかけて頂きたいと思います。
そして皆さんに大変申し訳無いですが、ツイッターやフェイスブックなど様々な方法で祈り合わせの告知をし広めていただけますでしょうか。この3日間、本当の意味で自然災害の小難無難、緩やかな動きと、そして17施設の原子力施設、これらいかなる場所の施設も事故が起きないようにする為に、皆さんの願い祈りの力をお借りして、皆様の願い祈りとその祈る行動とそれを拡げる活動があって、本当に大きな災いを防ぐ事が本当に出来ると私も信じておりますのでどうか力を貸して頂きたいと思います。それには多くの人達の心からの祈りその願いが必要となります。どうか出来るだけ拡げそれを多くの人達と意識を合わせ祈りを行いたいと思います。
改めて申し上げます。今日本当に、何日のいつと言う日にちと時間と場所はどこで起きるかわからない状況にあります。それだけ緊迫した状況が私の中に伝えられております。特に日本海側秋田から福井、神戸兵庫辺までの日本海は本当に危険だと思っております。特に福井・石川・富山、その若狭湾そして富山湾はかなり危険だと思っております。そこから秋田・山形・福島・栃木・群馬・長野と内陸部の方での火山やそれによる地震もかなり注意しないといけない状況にあると感じております。

ただ何処でどういった事が起こるかわかりません。そこで11月から連載しようと思っていた予知防災のその告知をすぐブログそしてメルマガで流し読んでもらい、それに当てはまる現象が自分の住んでる場所に出てないかを、その現象が起きていないか、その現象が現れていないかを確認して頂きたいと思っております。どうかそれを含めて皆さんに力添えを頂きたいと思っております。何を言ったらいいのか私も、本音12:30まで伝えないつもりでおりました。高浜原発の方から祈りをして伝えるつもり予定でおりましたが、柏崎をお祈りしていたところ居ても立ってもいられなくなる状況で、福井に上がりながら、もう3.11より超えるビジョンを見せられ、本音お恥ずかしいんですが今、涙が止まらない状況にありまして、運転もままならない状況になり感情も抑えきれなくなり今、一度駐車場に停めて少し落ち着かせてから今の放送に臨んでおります。
今回12:30に皆さんと祈り合わせの中で高浜原発から祈りをする予定でございましたが、高浜原発まで一気に向かいますが時間に間に合わないかもしれません。逆に途中から妻の祈りを邪魔したくありませんので、私は集中して災害を災いを回避する為の祈りとして、自分に伝えられた事と自分がどうしても動きたい場所とそれをご神事で動く事にします。取りあえずまず高浜原発に行きましたら、報告をしてそれから動く事にさせて頂きます。
皆さん本当に突然の事で申し訳ありませんが、本当にこれだけ騒いで色んな事を言って申し訳ありませんが、私がこれまで言ってきた事の内容を思い出して頂ければ、私が騒いだ時には何かが起きています。それと同時にハッキリ言えない状況で私の放送の中には言葉の中には神々の精霊達の思いが、警鐘・告知・警告が含まれているというのが本当にあります。何回も繰り返しお話している内容の中には、警鐘として伝えてきているものがあります。啓示で伝えてられている色んな分散・分割、大きな自然の動きの中には日本で起きる事が実際には外国で起きるとか、本当にその状況が起こり得る時にやはり警鐘として流しております。
実際には9月23・24、その結びの祈り、どうしてもそれがきちんと本当は出来れば啓示が、どうしてもそれが動く時、今回のパキスタンもそういう事になります。
日本で起きる地震はスマトラから動き中央アジアとかそういう遠回しの言い方をし、ロシア辺りから内陸部を上がって中央アジアとか、そういう実際にはヨーロッパとか中近東までエネルギーが連鎖するんですが、遠回しにそういう事も実際に伝えられてきた事をハッキリ言えなくて遠回しに伝えてきた事の形として、本当は防ぎたかったけれどもどうしても出来無い状況にある場合があります。それが今回のパキスタンでありこれまで起きた外国の地震を含めて。
※補足※
9月23日に結びの御神事の中で、これから起きる日本列島での地殻変動タイミングをずらす動きが外国で起きる事を事前に伝えた上で、無難の祈りを行いたかったのですが行なえませんでした。実際に、起きたのがパキスタンであり日本列島に集結している地殻変動のエネルギーは、フリィピンプレートからスマトラプレート等して中央アジア、アフリカ大陸に繋がっており、同じくロシアユーラシア大陸を通して中近東からヨーロッパえと繋がっている事を伝えてたかったのですが、神々にそれを伝える事を止められ、あのような言葉になりました※※

ですから私は本当に起きた事を言い当てる為に動いてるんではなく、出来る限り大きな災害を本当に無難にしたい。それでもどうしても災害は起きてしまう。また災害を災いを防ぐ為の回避する為の自然界の動きも、時としては大きな災いに繋がる。その流れ、どうしても自分の中の心の中での矛盾との格闘の中で少しでも災害を災いを無難にするつもりで飛び廻っております。ですから本当に私にとっては当てる当てない、当たる当たらない、色んな人達の意見が多くあるかもしれませんが、私の中ではそういう事が重要ではなく、今全ての災い一つが全ての命、人類だけではなく全ての命の循環が失われる。次の命を繋ぐ、この地球の仕組みが途絶える状況に成りかねないという事を何とか防ぎたいという、命の循環をきちんと次に繋ぎ結ぶ為にご神事をしている訳でございます。
今回これだけ騒ぐと色んな人達の目に留まり色んな非難も受けるかと思いますが、そういう言ってる場合ではございません。出来る限り皆さんのお力を得、出来るだけ多くを告知をし、今日の12:30、明日の12:30、あさっての12:30、30日まで。1日は妻が移動しますので12:30には出来ません。その代わり夕方辺りか出来なければ2日、また関東で夫婦揃って祈りを呼びかけるつもりでございます。とりあえず今日と29・30の3日間、12:30に合わせて力添えを頂きたいと心から皆さんにお願い申し上げます。どうか皆さんのお力添えを、どうかお貸し下さいますようお願い申し上げます。
そしてさっき言った、私が皆さんに呼びかけの祈りを申し上げましたが、それはあなたの伝えられている内容で構いません。そこまで私が押しつけする事はごめんなさい出来ない事です。あなたが感じた事を皆さんに伝えて下さい。
これから向かえば12:30に高浜か大飯か何処かに間に合うと思いますので、そこに向かって移動します。そこに間に合わなくても途中には間に合うかと思います。高浜じゃないですね、大飯です。取りあえず今から向かうようにします。そこで間に合えば一緒に祈りします。どちらにしましても祈りの最中には間に合うかと思いますので、取りあえず今から向かいます。放送はこれで終わりにさせて頂きます。たぶん今自分でも伝わるように伝えられたかが自信がありませんが、見ている皆さんもどうか力添えを頂きますようどうか宜しくお願い致します。自分の妄想だけで騒いでいるだけなら本当にありがたいのですが、これは今まで何度も味わってきた感覚です。今回だけは確実に一週間でも1カ月でも出来る限りタイミングをズラし先送りをし、その間にもっときちんとしたご神事を行いそこで大きく分散分割をし大きな災いを小難無難にしていきたいと思います。どうか皆さんの力添え、どうかお貸し下さいますようお願い申し上げます。本当に突然の事で申し訳ございませんが力添えをどうか宜しくお願い致します

比嘉良丸

2013年9月28日 石川にて 緊急にお伝えしたいこと
※画面をクリックしていただきますと、動画のサイトに移ります
石川

2013年9月28日 祈り合わせ 沖縄の大国ミロク大社にて
※画面をクリックしていただきますと、動画のサイトに移ります
御宮

2013年9月29日 八ヶ岳PAより
※画面をクリックしていただきますと、動画のサイトに移ります
※途中、撮影機材を落としてしまいまして・・・画像が乱れます・・・すみません。ご了承くださいませ
八ヶ岳PAにて

長文をお読みいただきまして、ありがとうございました。
比嘉良丸
比嘉りか

日々の祈りと中継のお知らせ

2013.09.28.08:14

新暦9月28日(旧暦8月24日 酉)

おはようございます
いつも真心のお力添えありがとうございます
日々の祈りの際に伝えられました言葉をお伝えさせていただきます

繋がる未来に向けて
人が何をしてきたか
人が何をしようとしているのか
人が何が出来るのか
これは 真剣に考えなければならない
真剣に考え
命を 人だけではなく
命のこの星を
救わなければならない


本日は、12時30分より祈り合わせとなっておりますが、その前に夫から、8時30分頃から緊急で中継を流させていただきます。
今朝、かなり慌てて夫から連絡がありまして、急を要するので、8時30分から中継で皆さんにお知らせしたいという事を申しております。
詳細については、私自身も聞いておりませんので、中継にてお伝えすることと思います。
本日の祈り合わせにも関係することと思いますので、ご視聴下さいませ。

(祈りの和TVもしくはUstreamでinorinowaを検索。チャンネル:祈り合わせ等で視聴)

さて、本日も、平和、平穏、平安であり、安心して暮らして行ける世の中。また、生きとし生けるものとの共存して行ける世の中といった事などを共に願い祈りいただけますと幸いでございます。
その時間、いらっしゃる場所からで構いません。
大切な方の事を思い、皆が笑顔であるように共に願いいただけますと幸いです。

それと、ブログには昨日夫が青森の十三湖へと向かいました際の動画と十三湖での様子の動画を掲載いたします。ご覧くださいませ。

それでは、本日も、どうぞ、真心のお力添えのほどをよろしくお願いいたします


比嘉りか

20130927 秋田 入道岬にて
※下の写真をクリックすると動画のページに移ります
20130927 秋田

20130927 青森十三湖へ向かいながら
※下の写真をクリックすると動画のページに移ります
20130927青森十三湖へ向かう

20130927 青森十三湖にて
※下の写真をクリックすると動画のページに移ります
20130927青森十三湖にて

明日の祈り合わせのお知らせ

2013.09.27.22:05

夜分の配信失礼いたします。

いつも真心のお力添えありがとうございます。
明日、お昼12時30分より祈り合わせを致します。
その時間いらっしゃいます場所からで結構でございますので、平和、平穏、平安となるように、自然の動きが人間の力によって捻じ曲げられる事が内容になど、善い未来に繋がるように願い祈りいただけますと幸いでございます。
沖縄では、聖なる杖の結びの祈りも大国ミロク大社にて執り行います。

どうか皆様のお力添えをよろしくお願いいたします

比嘉良丸
比嘉りか

日々の祈り

2013.09.27.09:51

新暦9月27日(旧暦8月23日 )
いつも真心のお力添えありがとうございます
日々の祈りの際に伝えられました言葉をお伝えさせていただきます

いつか繋ぐ先
それならば しっかりと考えよ
繋いだ命が 歩む先
今の命が 繋ぎ行け
未来を見据えよ
本当にそのままか
ようく 考えよ


本日は、午後12時10分より祈り合わせとなっております。
皆様その時間にいらっしゃいます場所からで結構でございますので、どうか、平和、平穏、平安の世の中になるように、災害が起きることなく、小難無難になりますよう願い祈りいただけますと幸いでございます
また、その後、12時30分より中継にて夫から現在の状況をお伝えする予定でおります。
祈りの和TVもしくは、Ustream内 番組名:inorinowaにてご覧いただけます。

さて、本日は、昨日に引き続き聖なる杖とまわってきました47都道府県についての事を聞きましたもようを下記に掲載いたしました。ご覧くださいませ。

2013年9月23日 聖なる杖 47都道府県について:2
※写真をクリックすると動画のページに移ります
20130923 聖なる杖2


2013年9月24日 聖なる杖 47都道府県について:3
※写真をクリックすると動画のページに移ります
20130924 聖なる杖3

日々の祈り

2013.09.26.12:00

新暦9月26日(旧暦8月22日 未)
いつも真心のお力添えありがとうございます
日々の祈りの際に伝えられました言葉をお伝えさせていただきます

日々の真心 失うことなく
人の心 失うことなく
一人一人が 意味深きもの
一人一人が 命の者
忘れるな 忘れるな
人の子よ
まこと真心 忘れるな
人としての心を失うな


*****

夫より連絡がありましたので、お伝えさせていただきます
***

昨日妻を成田で見送った後、私は今回の台風に合わせて千葉にそのまま残り、10月2日から3日かけてに起きると伝えられてきた地震の浄め清め改めの祈りを致しました。
啓示で10月2日、3日と地震が起きると伝えられておりますが、この地震の小難無難への浄めという意味を、前回、そして、今回の台風が持っていると伝えられております。
この台風に伴い、更に伝えた場所を祈るようにという事を言われておりますので、単独ではありますが、本日、朝8時より移動し始め、新潟の柏崎刈羽原発、秋田の入道崎、青森の竜飛岬、そして、北海道へフェリーで渡り、石狩川付近と泊原発を祈り参ります。
その後、折り返し、青森へ移動し、改めて六ヶ所、東通原発の小難無難を祈り、宮城県女川原発を祈り参り、茨木東海第二原発付近やその他所々伝えられて来た場所を祈りながら南下して、10月1日に妻と合流します。
合流した後、改めて、10月2日、3日の地震についての祈りを行い、小笠原へ移動したいと考えております。
そこで皆様にお力添えのお願いがございます。
明日、12時10分にその時間にいらっしゃいます場所からで結構でございますので、小難無難の願い祈りのお力添えをお願いいたします。
また、明日は、祈り合わせの後、12時30分頃からになるかと思いますが、今回の御神事について、当初、四国から関東へと移動しながらの御神事という事をお伝えしておりましたが、なぜ、変わったのかという事などを中継にてお伝えしていたいと考えております。
私自身も、その時に居る場所からになりますので、中継が上手く繋ぐことが出来るのか解りませんが、出来るだけお伝えできるように努めたいと考えております。
妻と合流する10月1日までの間、12時10分~12時30分の間に祈りを行ってまいります。

どうか、皆様も、昼の祈りを行ってくださっておられる方々もいらっしゃるかと思いますが、改めましてその中に、地震災害の小難無難の願い祈りを込めていただけますと幸いでございます。また、この期間だけでも結構でございます。皆様の真心からの願い祈りのお力添えを頂けますようお願い申し上げます。

***

聖なる杖の47都道府県を訪れました意味について24日に祈りを行いましたそのもようの動画を掲載させていただきます。

比嘉りか

20130923 聖なる杖 47都道府県の意味1
※写真をクリックすると動画再生のページに移ります
47 その1


★*★*祈りの和information*★*★

★9月27日 SHIFT OF THE AGES ~マヤ族長老が旅した時間の軌跡~ 上映決定!!

2012年の富士山中湖セレモニーにも来日くださいました、マヤ・キチェー族長老アレハンドロ氏は皆様もよくご存じかと思います。
今回、長老を7年間にわたり撮影してきたドキュメンタリー映画が公開されることとなりました。
聖なるマヤの予言を携えた一人の長老が歩んだ軌跡。
今起きているこの急激な変換期を生き抜く、愛と叡智に満ちた姿が映し出されている映画です。
長老の言葉を通して、一人一人の心が、それぞれの今後の人生に対し、これからの未来に対し、大切な事を受け取れるのではないかと感じております。
ご来場いただきました皆様に、もれなく、SHIFT OF THE AGES の日本語版DVDがプレゼントされます。
ぜひこの機会に、足をお運びくださいませ。

2013年9月27日(金)17:45 開場
開場:スクエア荏原 ひらつかホール

事前の申込み制となっております。詳細、並びに、お申し込みは、下記専用サイトから、お申込み手続きをお願いいたします
※こちら下の画像をクリックしてください。専用のサイトへ移動します
映画

日々の祈り

2013.09.25.09:00

新暦9月25日(旧暦8月21日 午)

いつも真心のお力添えいただきましてありがとうございます
日々の祈りの際に伝えられました言葉をお伝えさせていただきます

人がどこまで 目を向ける事が出来るかである
人が 人だけではなく
多くの命へと 目を向ける事が出来るのか
この星そのものでもある 命に向ける事ができるのか
人は どうするのか


各地を回ってまいりました。祈りの会場にお集まりくださいました皆様、本当にありがとうございました。
皆様のおかげをもちまして、47都道府県を回ることが出来ました、ありがとうございました。
下記に先日東京で行われました聖なる杖との祈りの様子を掲載させていただきましたので、ぜひご覧くださいませ

また、23日には、47都道府県の結びの御神事を行いました。
こちらは、改めてご報告させていただきます。
15日の福島でのお伝えしました内容は、現在確認中でございます。こちらも改めて掲載させていただきます

さて、一旦、私(りか)のみ沖縄に戻り、事務的処理などの対応をしてまいります。
夫は、この後も、秋田入道岬などを周るという事です。

本日も真心のお力添えの程を宜しくお願い致します

比嘉りか

聖なる杖の御神事 東京会場1
※下記の写真をクリックすると動画視聴のページに移ります
東京1

聖なる杖の御神事 東京会場2
※下記の写真をクリックすると動画視聴のページに移ります
東京2


★*★*祈りの和information*★*★

★9月27日 SHIFT OF THE AGES ~マヤ族長老が旅した時間の軌跡~ 上映決定!!

2012年の富士山中湖セレモニーにも来日くださいました、マヤ・キチェー族長老アレハンドロ氏は皆様もよくご存じかと思います。
今回、長老を7年間にわたり撮影してきたドキュメンタリー映画が公開されることとなりました。
聖なるマヤの予言を携えた一人の長老が歩んだ軌跡。
今起きているこの急激な変換期を生き抜く、愛と叡智に満ちた姿が映し出されている映画です。
長老の言葉を通して、一人一人の心が、それぞれの今後の人生に対し、これからの未来に対し、大切な事を受け取れるのではないかと感じております。
ご来場いただきました皆様に、もれなく、SHIFT OF THE AGES の日本語版DVDがプレゼントされます。
ぜひこの機会に、足をお運びくださいませ。

2013年9月27日(金)17:45 開場
開場:スクエア荏原 ひらつかホール

事前の申込み制となっております。詳細、並びに、お申し込みは、下記専用サイトから、お申込み手続きをお願いいたします
※こちら下の画像をクリックしてください。専用のサイトへ移動します
映画

日々の祈り 福島にて伝えられた言葉

2013.09.20.09:00

新暦9月20日(旧暦8月16日 丑)

いつも真心のお力添えありがとうございます。
本日は、先日15日、福島で聖なる杖の御神事並びに、皆様との祈り合わせの際に伝えられました言葉の部分をまず抜粋してお伝えさせていただきます。
夫の啓示、御神事のついての部分は、全文の確認作業と当日では伝えきれなかった部分などの補足に時間がかかっておりまして、改めてお伝えさせていただきます。とりあえず、福島当日の模様の動画は、下記に掲載させていただきます。
ご了承くださいませ。

**祈りの後、伝えてきた部分を抜粋**
2013年9月15日 福島にての祈り

人々よ、善き道、善き未来とはどのような姿であるのか。
自らが生きていく未来を、愛する者たちが生きていく未来を、見失わないようにするためにも、今を見つめ、未来を見つめ、善き方向へと変わり続けていくことは大切なことになりゆく。蠢きゆくこの世の中の中、命たちと共に歩みゆくためにも自らを見失ってはならない。
これは強き意志を持てと言うことであり、自己中心的になれということではない。見失わないためにも今を見ることは大切なことになりゆく。不安と恐れに潰されることなく立ち上がりゆくためにも、そしてその奥底にある、根底にある、しっかりとした一人一人持たされているその勇気を見失ってはならない。
今、なぜこの世、この時代、この時に今生きているのか、それは本当に大切な役目役割があるからである。
たいそう大きな役目役割を願い、そして欲する者がおるが、そんなことではない。皆一様に次の未来を作り上げゆかねばならないと言う、この星のための、他ならぬ、人以外の多くの命のための役目役割を担っているのである。人は後回しでよいのか、そういう意味ではない。
しかしながら、人が健やかに生きてゆくことと、多くの命たちが健やかに生きてゆくことは繋がっているのである。自然が、生きとし生けるものたちが、健やかなる成長を繋ぎ続けていくために、しいてはそれが回り回り巡り巡って、人という者たちの、命たちの、生きゆく生活の中へと巡ってくる。人は人だけでは生きてはいない。多くの命たちと共に共存していることを忘れてはならない。今、忘れられようとしている。だが、それをきちんと思い出そうとしている者たちも数多くおりゆく。それはよくわかっている。
だが、しっかりと意識してほしいのは、自らの小さな行動、小さな行いだけで何も変わらないと思わないでいてほしいのである。小さな小さな命たちも常に動きゆくことと常に働きゆくことによって、その場その場を変えてゆく。人々もまた、繋ぎ続けゆく一つ一つの行動が、しいては未来を、繋ぎ続け行く未来を変えてゆくことができるのである。人はそれほどまで本当に小さなものではない。自分を大きく見せてもならないが、しかし、小さき者だと諦めてはいけない。
行動を起こすことと、動きゆくことと、意識して活動してゆくこと、人はそれをきちんと行うことができる。忘れてはならない。変えてゆくことができるのも人である。世の中を見つめ、自然を見つめ、社会を見つめ、環境を見つめ、この星を見つめ、他ならぬ多くの共存してくれている命たちのことを考えて、自らの行動を変えゆくことは、人々はできるはずである。人は多くを語りゆく。そして、人は多くを知りゆく。生かしゆかねばならない。しっかりと人々がどこへと歩めゆくのか、今、歩もうとしているところをしっかりと見つめ、少しでも一人でもそうではない方向に進みゆくことは大切なことになりゆく。
今、しっかりと意識を持つことは大切なことでありゆく。決してその意識をくじけさせないためにも、まことまごころを持ち人々の命たちの健やかなる暮らしを願いゆく多くの者がいることを改めてしっかりと心に感じ続けてほしい。一人ではないと言うことをしっかりと覚えておいてほしい。必ずやその動きゆくその動きに対し、人ではないものたちが多くを支え、導き、促しゆくこととなるであろう。
タイミングはとても大切なことである。気づきもまたとても大切なことである。人は様々な物事により気づきゆくが、しかしながらそれでも人は人によって気づくことが多くありゆく。同じ人だからである。気づくことができる。人は人により気づき、助けられ、導かれゆく。気づいた者から歩み行く道のりを決して諦めずに進んでいてほしい。そしてそこには本当に見えない存在たちからの導きと支えが常に与えられ続けゆくこととなるであろう。そして、またその導きは見えない手から見えない絆、見えない繋がりをしっかりと結び、気づきそうな者たちへと渡されていく。気づきそうな者たちはその導きから気づいた者へと変わりゆき、また次の者たちへと広げていく。少し遠回りな気がするかもしれない。だけれども人は人でしか気づくことがなかなかにしてできない。
だから人と人の関わりをしっかりと持ちゆきながら、見失うことなく繋ぎ続けてほしいのである。命はいつもなお、そなたたちと共にあろうとする。星もまたそなたたちと共にあろうとするであろう。それをどういう風に受け止めるかは人々の心である。しっかりとその渡されている、伝えられているまこと、まごころを、心の奥深くにあるまこと、まごころで受け止めてほしい。そして、その善き行いにて答えとして返してほしい。循環はそこから生まれてくる。まこと、まごころの循環を見失うことなく繋げてほしい。

(比嘉良丸氏)
では、こちらからひとつ質問いたします。
9月18、19、かなり強い言葉で伝えてきたのが、経済の混乱ということを伝えてきておりましたが、今回、その流れはどういう風に流れているのか、もしよろしければ教えて下さい。

(比嘉りか氏)
ここから先、繋がりゆく流れにおいては、再びこのような時は起きゆくこととなるであろう。変わることはない。
今、まだ変われないのがこの世である。そしてその循環の中、浮き沈みがありながらも人々はその流れにて翻弄されゆくことが多くあるであろう。今回のその流れもまた、やがて落ち着きを迎えるかもしれない。しかしながら、それでも今はまだ、断定も判断もできない状況でありゆく。落ち着きを見せていたかと思えば横槍が入り、そしてそれが流れを大きく変えてゆくからである。決してそれはあせってはならないし、安心してもならない、少しよく状況を見つめながらきちんとした判断をしていくことは大切なことでありゆく。力を抑えるような動き、押さえようと動きが入っていることは確かである。だが、それでも反発しようと、跳ね除けようとしている力もまた出ていることも明らかである。どちらが納得して押さえていくのか、明らかになるのは少し先のことである。どちらも押し合い、圧し合いしながら、その均衡を保ちゆくこととなるであろう。
けれども今回、この伝えられていた言葉のように、やがてそれはいつの日にか大きな変換を迎える時はくるかもしれない。それは、今の状況のままであったらということである。やがてそれは大きな道のりを変えていくことにも繋がるであろう。けれどもしっかりと見ていてほしいのは、そのような流れの中、困惑や喜怒哀楽、それらを全てそこに映し出すのではなく、皆、冷静に見ていてほしいのである。一喜一憂するのではなく、どのような流れへと持ってゆこうとされているのかをしっかりと見届けていてほしい。そしてその見届けている中、自らの生活をしっかりと守っていてほしいのである。どのような者たちがどのような手段を使い、どのような形にて、また覆ししようとするかはまだ明らかではない。だから今はまだはっきりとしたことを伝えゆくことは難しいことである。
けれども今、まだ流れはその楔をまだ持っているのである。鎮火、落ち着き、消滅、その言葉を伝えゆくことは少々あせりが入っているという風に考えている。だからまだそのような流れへと繋がっている。安心しろとは言えないのである。これは日々繰り返しの中、少しづつ変わっていくことであるから。だからまた明日もしばらく見届けていかねばならない。押し合い圧し合いしているその均衡のとれた狭間の中、どちらがどのように納得して引き際をきちんと引くのか、それが今とても大切なことになっている。
保っているのは人々の意識である。慌てふためく状況を、混乱に陥れる状況を、混乱の中慌てていく状況を、人々は一部の者であるが、高見の見物、見たいと思う者も中にはいるのである。だがそれでも本当にそれが自らの足元を崩すような状況に陥ったとするならば、慌ててそれを回避するように動くであろう。流れはそうやって変わっていくのである。高見の見物を決めている者たちの足元が崩れそうになった時、そのシーソーゲームと言われる上がり下がりの中、その波は少し落ち着くであろう。
人々はそのような中においても、決して無駄ではない、しっかりとした希望を持っていてほしい。失わずにゆくことができるのは、人々のそのしっかりとした希望があるからであり、それがあるからこそ、また、次の者たちが社会を立ち上げ、そして善き未来を創ろうと仕組みを作り上げていくのである。どうか、その希望だけは決して見失わないでいてほしい。
善き道、善き未来への流れとして、このような流れとなっていくであろう。今まだ少しはっきりとした状況は、本当に均衡を保ち、まだどちらも状況を見極めてから一歩引き下がろうとせめぎ合いの時である。だから、どうかそれをしばらく見ていてほしいのである。そこに、手をかけたり、力をかけたり、参入したりするのではなく、一歩引いて何もせずに今少ししばらく見ていてほしいのである。
金銭をつぎ込む者たちがその均衡を破ることとなるであろう。だから今少し落ち着いていてほしいのである。冷静な判断が必要なのである。皆が道を見失わないように、しっかりとした道を見つめ続けいくことができるように、今、当たらず障らずそこはまず放っておいてもよい。自らの足元を、自らの未来をしっかりと目を向けゆくことは大切なることになりゆく。放っておいてもそのような上がり下がり、浮き沈みの中にある者たちは、勝手に自滅をしていくし、勝手に浮上していく。そういう者たちなのである。けれどもそこに関わりゆく多くの者たちがおり、そしてまた中に翻弄されていく者もかなり多くいるのは事実である。
けれども、今、押し合い圧し合いしながら、なんとか均衡を今睨み合いながらも保っている状況になっている。落ち着く。少し、次第に、やがて、ゆっくりと落ち着きゆくであろう。そしてそれがどのような状況になるのかは、少し離れたところから見つめ、そしてそこから変えていってほしいのである。見つめたときに、その先がどちらへ動こうとしているのかは、皆見ているものであればわかりゆくであろう。
社会が、世の中が、政治がまた動くからである。政治が動くのは、この日本ではない。ヨーロッパとアメリカとそのあいだに均衡を保っている者が少しずれ込んでくることとなるであろう。だけれどもそのなか、3つめのまた国があらためてそのなかへと参入してくるはずである。良き道、良き未来への道筋、決して見失うことが無きように繋ぎ続けゆかねばならない。あらためてのその均衡を破りゆく第3の国、いや、中国ではない。けれどもその国がしっかりとしたことを行うか否かによって、結局その先に来る未来が変化を遂げてゆくことになるのである。
中国にはそれはできない。自らの足下を見なければならない、大きな仕事が待っているからである。中国においては、慌てふためくことなく、きちんと冷静に対処しゆくことによって、落ち着きを再び取り戻すことができるであろう。けれどもそれが外へ向かわすか、内へ向かわすか、その重みはたいそうなものとなってくるのである。基礎、基盤がぐらつきゆく、それはしっかりと皆理解しているはずである。皆、というのは、上層部の者たちである。その者たちは理解しており、どのようにしなければならないのかを考えあぐねていることである、だが、それを外槍、外からなにかの力によって大きく揺さぶられることにより、均衡は保たれゆくことができず、崩れてゆくこととなるのである。それをしっかりと認識しているからこそ、どのようにしてゆかねばならないのか、その揺さぶりが少しずつかけられているからこそ、どうしたらよいのかを今、上の者たちは考えている。
アフリカにおいては、中の、まだまだの災い、そしてその蠢き、一様にまとまりがつかないその流れにおいて、少しずつ変化は遂げてくるものの、まだまだその流れは大きく変化を向かえてくることとなるであろう。良き道良き未来へと進みゆくためにはまだ少し時間がかかりゆくのである。
シリアという場所、均衡を保ちゆこうと皆必死になりゆくこととなるであろう。だけれどもこの国もまた、やはり裏で操られているものでもあり、それがただ名前がおもてに出ていくだけであって、そして、実際、事実、本当に、そのような状況下にあるのかどうかということもまた、手を加えられている可能性が大きい。
それを皆、本当のこと、認識し、そして、本当に危ないと恐怖を覚え、潰しにかかろうとしゆくが、だけれどもそれは一歩待ってゆかねばならない。世の中がどのように変わろうとも、まず先に我が進むのではなく、どのような状況に流れようとするのか少し見ることはとても大切なことになりゆくのである。今、一歩先に、我先にと、足を速め、進もうとすると、待ち受けている穴に落ちるようなものである。それかかったと、皆そこから芋づる式に吊り上げようとし、そしてそれらをすべて刈りゆこうとしゆく。だからこそどうかその手に乗らないでいてほしいのである。落ち着けというのはその意味である。世の中の時間、時の流れが速く流れているということは、再三伝えてきていることであり、皆一様にそこかしこで少しずつ時間の流れが速いこと、自らの時間の感覚がとても短く感じていることはうっすらとでも理解していることであろう。
だけれどもそれだからといって、社会に対して、世の中に対して、特に世界に対しての動きを瞬時に動くという動きは、少し今待ってほしいのである。むろんそれが、きちんとした状況下のなか、はっきりとした結果がわかっているのであれば急ぎゆくことはかまわない。けれども本当にそれが正しいことなのか、良きことなのか、きちんとした結果が待ち受けているのか、罠ではないのか、それは少し考えてほしいのである。崩そうとしている力が大きくはたらいているのは、大きく蠢きゆく裏の流れの事実である。この流れのなかにおいて、どうか皆それに巻き込まれないでいてほしい。いや、生活をしていくなかでは、多かれ少なかれ、流れに巻き込まれゆくことがあるであろう。だけれども自らその流れに首を突っ込むようなことだけはしないでほしいのである。社会との関わり、世界との関わり、深いものがいるのであるならば、それは少し抑えていてほしい。なにも旅にゆくな、旅行にゆくな、そういったことではない。世界の経済において関わりがあるものがあるのであるならば、今しばらく少し落ち着いていてほしいのである。
世の中の政治経済のなかに、深い関係を持っている者がいるのならば、それは少し落ち着いていてほしいのである。とくに、社会に対する、経済に対する者がよくよく見つめ落ち着いていてほしいのである。動きは少し落ち着くことで緩和されゆく。誰も吊り上げゆくことができなければ、闇の者たちはみな、別な手段を考えてくることになるであろう。皆が吊り上げに加わってこないということは、彼らのなかにとって予想外、判定外のことになってくる。餌を吊せば皆が喰らいつく、それをしっかりと考えている。またそれは、喰らいつけるかのような、美味い餌を落としてくるからである。けれどもそれを皆落ち着きを見計らい、本当にそれが良いものかどうかを考え、見つめゆくことによって、喰らいつかない餌に一同不信感、不安感を思いゆく。はてさてそれはどのようなことなのか、どうしたらこの罠にこの餌にみな喰らいつくのであろうか。一網打尽にするためにもこれに喰らいつかなければ、もっといい餌、もっといい餌というかたちにて、逆にそれがおかしな餌に見えてくるはずである。
だからそれまで待って欲しい。それが、おかしい餌だと見破ることはかならずできるはずである。それは本当におかしいとみなが思うような状況だからである。だからこそそれが相手の者たちその者たちに、逆に足を出させる、しっぽを出させる、そういった策になるのである。今しばらく少し、経済というものに対しては落ち着いて見ていてほしい。少し落ち着いて見ることに、これから先の未来の大きな判定、判別が見えてくることとなるであろう。どうかそれをきちんと見極め、見つめ、そして、これからの世の中を創りあげていってほしいのである。ありがとうございました。

**以上**

伝えられた事につきましては、改めてお話しさせていただきたいと思います。
本日も、真心のお力添えの程をよろしくお願いいたします

比嘉りか

※※福島での聖なる杖の動画※※

2013年9月15日 福島会場:1
※下記の画像をクリックしていただくと、動画の画面に移ります
福島1

2013年9月15日 福島会場:2
※下記の画像をクリックしていただくと、動画の画面に移ります
福島2


2013年9月15日 福島会場:3
※下記の画像をクリックしていただくと、動画の画面に移ります
福島3


★*★*祈りの和information*★*★

聖なる杖 申込みサイト開設

※※ 各会場へのお問い合わせはご遠慮ください。
開催の詳細、変更は、下記サイトをご確認ください
聖なる杖 情報サイト>>http://tackk.com/raurqu

お問い合わせは
問い合わせ

聖なる杖 9月 会場>>

★9/20(金)埼玉・13時開場・13時30分開演

・武蔵浦和コミュニティセンター8階第7集会室(さいたま市南区別所7丁目20番1号 サウスピア8階)
http://www.e-map.ne.jp/pc/index.htm?cid=Saitama&kid=1166

・会場利用時間の関係で、聖なる杖の口伝えは先着30名にて終了させて頂きます。ご参加希望の方は、当日、会場にて整理券を受取り下さい。
・JR武蔵浦和駅西口下車徒歩1分・駐車場は、専用駐車場(有料)をご利用ください。
・参加費は無料です。聖なる杖の全国ご神事運営費の支援をお願いします。

★9/21(土)栃木・12時30分開場・13時開演

・宇都宮文化会館 研修室(栃木県宇都宮市明保野町7-66 )      
・参加費 2,000円+ラブオファーとしてご神事の支援をお願いします。
会場利用時間の関係で、定員40名とさせて頂きます。参加ご希望の方は、下記より、申し込み手続きを行ってくださいますようお願いいたします。

「参加方法」下記専用サイトよりお申込みくださいませ
栃木用申込みサイト
mousikomi1

★9/22(日)東京 12:30会場・13:00開演

・スクエア荏原/イベントホールC(東京都品川区荏原4-5-28)
※聖なる杖のセレモニーへの同席は、申し込み不要。参加費2000円+御神事支援金となります。
※※「口伝え」をご希望の方は、申し込み制となりますので、下記より事前にお申込みください。


下記専用サイトよりお申込みくださいませ
東京口伝え申込みサイト

mousikomi1


※※各会場へ直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。
お問い合わせは
問い合わせ

★9月27日 SHIFT OF THE AGES ~マヤ族長老が旅した時間の軌跡~ 上映決定!!

2012年の富士山中湖セレモニーにも来日くださいました、マヤ・キチェー族長老アレハンドロ氏は皆様もよくご存じかと思います。
今回、長老を7年間にわたり撮影してきたドキュメンタリー映画が公開されることとなりました。
聖なるマヤの予言を携えた一人の長老が歩んだ軌跡。
今起きているこの急激な変換期を生き抜く、愛と叡智に満ちた姿が映し出されている映画です。
長老の言葉を通して、一人一人の心が、それぞれの今後の人生に対し、これからの未来に対し、大切な事を受け取れるのではないかと感じております。
ご来場いただきました皆様に、もれなく、SHIFT OF THE AGES の日本語版DVDがプレゼントされます。
ぜひこの機会に、足をお運びくださいませ。

2013年9月27日(金)17:45 開場
開場:スクエア荏原 ひらつかホール

事前の申込み制となっております。詳細、並びに、お申し込みは、下記専用サイトから、お申込み手続きをお願いいたします
※こちら下の画像をクリックしてください。専用のサイトへ移動します
映画

日々の祈り

2013.09.19.10:15

新暦9月19日(旧暦8月15日 子)

いつも真心のお力添えありがとうございます。
日々の祈りの際に伝えられました言葉をお伝えさせていただきます

いつもの通り 以前の通りは
良いものを
改善 改良 修正し
更に善きものへと
変化させて行かれよ
それは 進化なるもの
意識も 行動も
変わることが出来る
善き方向へと
変わることが出来る


昨日、茨城県東海第二原発付近にて祈りをしてまいりました。
本日は、たまってしまっております、動画の処理をいたしたいと思います。

本日、夫よりお伝えしたいことがあるということで、午前11時ごろより中継いたします。
ご視聴いただけますと幸いでございます。

さて、下には、富山での祈りと新潟柏崎での祈りの様子を掲載させていただきます。
こちらも合わせて、ご覧くださいませ。

比嘉りか

20130912 富山 射水市内にて
※写真をクリックしていただきますと、動画のページに移ります
富山

20130912 新潟 柏崎刈羽原発付近にて
※写真をクリックしていただきますと、動画のページに移ります
新潟

★*★*祈りの和information*★*★

聖なる杖 申込みサイト開設

※※ 各会場へのお問い合わせはご遠慮ください。
開催の詳細、変更は、下記サイトをご確認ください
聖なる杖 情報サイト>>http://tackk.com/raurqu

お問い合わせは
問い合わせ

聖なる杖 9月 会場>>

★9/20(金)埼玉・13時開場・13時30分開演

・武蔵浦和コミュニティセンター8階第7集会室(さいたま市南区別所7丁目20番1号 サウスピア8階)
http://www.e-map.ne.jp/pc/index.htm?cid=Saitama&kid=1166

・会場利用時間の関係で、聖なる杖の口伝えは先着30名にて終了させて頂きます。ご参加希望の方は、当日、会場にて整理券を受取り下さい。
・JR武蔵浦和駅西口下車徒歩1分・駐車場は、専用駐車場(有料)をご利用ください。
・参加費は無料です。聖なる杖の全国ご神事運営費の支援をお願いします。

★9/21(土)栃木・12時30分開場・13時開演

・宇都宮文化会館 研修室(栃木県宇都宮市明保野町7-66 )      
・参加費 2,000円+ラブオファーとしてご神事の支援をお願いします。
会場利用時間の関係で、定員40名とさせて頂きます。参加ご希望の方は、下記より、申し込み手続きを行ってくださいますようお願いいたします。

「参加方法」下記専用サイトよりお申込みくださいませ
栃木用申込みサイト
mousikomi1

★9/22(日)東京 12:30会場・13:00開演

・スクエア荏原/イベントホールC(東京都品川区荏原4-5-28)
※聖なる杖のセレモニーへの同席は、申し込み不要。参加費2000円+御神事支援金となります。
※※「口伝え」をご希望の方は、申し込み制となりますので、下記より事前にお申込みください。


下記専用サイトよりお申込みくださいませ
東京口伝え申込みサイト

mousikomi1


※※各会場へ直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。
お問い合わせは
問い合わせ

★9月27日 SHIFT OF THE AGES ~マヤ族長老が旅した時間の軌跡~ 上映決定!!

2012年の富士山中湖セレモニーにも来日くださいました、マヤ・キチェー族長老アレハンドロ氏は皆様もよくご存じかと思います。
今回、長老を7年間にわたり撮影してきたドキュメンタリー映画が公開されることとなりました。
聖なるマヤの予言を携えた一人の長老が歩んだ軌跡。
今起きているこの急激な変換期を生き抜く、愛と叡智に満ちた姿が映し出されている映画です。
長老の言葉を通して、一人一人の心が、それぞれの今後の人生に対し、これからの未来に対し、大切な事を受け取れるのではないかと感じております。
ご来場いただきました皆様に、もれなく、SHIFT OF THE AGES の日本語版DVDがプレゼントされます。
ぜひこの機会に、足をお運びくださいませ。

2013年9月27日(金)17:45 開場
開場:スクエア荏原 ひらつかホール

事前の申込み制となっております。詳細、並びに、お申し込みは、下記専用サイトから、お申込み手続きをお願いいたします
※こちら下の画像をクリックしてください。専用のサイトへ移動します
映画

日々の祈り

2013.09.18.11:33

新暦9月18日(旧暦8月14日 亥)

いつも真心のお力添えありがとうございます。
日々の祈りの際に伝えられました言葉をお伝えさせていただきます

時の流れが早いからこそ
しっかりと 進まねばならない
慌てふためきしても
なににもならない
出来る事 行える事
目標 希望 しっかりと持たれよ
なにもないからといって
不安になるな
しっかりと生きよ
日々を大切に生きる事もまた
大切な事になり


昨日は、長野での聖なる杖の御神事でした。
平日にも関わらず、お集まりくださいました皆様、本当にありがとうございました。
皆様と少しお話しをさせていただきました後、茨城の東海第二原発へと向かいましたが、途中、河口湖付近にて、止められ、そこで過ごす事となりました。
明日、午前11時頃より、夫からの中継配信を考えております。
祈りの和TVよりご視聴いただく事が出来ると思いますので、ぜひ、ご覧くださいませ。
本日も、真心のお力添えの程をよろしくお願いいたします

比嘉りか

★*★*祈りの和information*★*★

聖なる杖 申込みサイト開設

※※ 各会場へのお問い合わせはご遠慮ください。
開催の詳細、変更は、下記サイトをご確認ください
聖なる杖 情報サイト>>http://tackk.com/raurqu

お問い合わせは
問い合わせ

聖なる杖 9月 会場>>

★9/20(金)埼玉・13時開場・13時30分開演

・武蔵浦和コミュニティセンター8階第7集会室(さいたま市南区別所7丁目20番1号 サウスピア8階)
http://www.e-map.ne.jp/pc/index.htm?cid=Saitama&kid=1166

・会場利用時間の関係で、聖なる杖の口伝えは先着30名にて終了させて頂きます。ご参加希望の方は、当日、会場にて整理券を受取り下さい。
・JR武蔵浦和駅西口下車徒歩1分・駐車場は、専用駐車場(有料)をご利用ください。
・参加費は無料です。聖なる杖の全国ご神事運営費の支援をお願いします。

★9/21(土)栃木・12時30分開場・13時開演

・宇都宮文化会館 研修室(栃木県宇都宮市明保野町7-66 )      
・参加費 2,000円+ラブオファーとしてご神事の支援をお願いします。
会場利用時間の関係で、定員40名とさせて頂きます。参加ご希望の方は、下記より、申し込み手続きを行ってくださいますようお願いいたします。

「参加方法」下記専用サイトよりお申込みくださいませ
栃木用申込みサイト
mousikomi1

★9/22(日)東京 12:30会場・13:00開演

・スクエア荏原/イベントホールC(東京都品川区荏原4-5-28)
※聖なる杖のセレモニーへの同席は、申し込み不要。参加費2000円+御神事支援金となります。
※※「口伝え」をご希望の方は、申し込み制となりますので、下記より事前にお申込みください。


下記専用サイトよりお申込みくださいませ
東京口伝え申込みサイト

mousikomi1


※※各会場へ直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。
お問い合わせは
問い合わせ

★9月27日 SHIFT OF THE AGES ~マヤ族長老が旅した時間の軌跡~ 上映決定!!

2012年の富士山中湖セレモニーにも来日くださいました、マヤ・キチェー族長老アレハンドロ氏は皆様もよくご存じかと思います。
今回、長老を7年間にわたり撮影してきたドキュメンタリー映画が公開されることとなりました。
聖なるマヤの予言を携えた一人の長老が歩んだ軌跡。
今起きているこの急激な変換期を生き抜く、愛と叡智に満ちた姿が映し出されている映画です。
長老の言葉を通して、一人一人の心が、それぞれの今後の人生に対し、これからの未来に対し、大切な事を受け取れるのではないかと感じております。
ご来場いただきました皆様に、もれなく、SHIFT OF THE AGES の日本語版DVDがプレゼントされます。
ぜひこの機会に、足をお運びくださいませ。

2013年9月27日(金)17:45 開場
開場:スクエア荏原 ひらつかホール

事前の申込み制となっております。詳細、並びに、お申し込みは、下記専用サイトから、お申込み手続きをお願いいたします
※こちら下の画像をクリックしてください。専用のサイトへ移動します
映画

日々の祈り

2013.09.17.11:30

新暦9月17日(旧暦8月13日 戌)

いつも真心のお力添えありがとうございます。
日々の祈りの際に伝えられました言葉をお伝えさせていただきます

共存とは なんであるか
知ることもまた 一つ
理解することも また 一つ
練らねば 練らねば
次なる行動を 繰り返さないための行動を
行わなければならない


15日は、祈り合わせ、ありがとうございました。
各会場にて、様々なことがあったようでございます。祈り合わせのサイトにて、各会場のようすはご報告させていただきます。
皆様の祈りのお力により、啓示も少しずつ変化しているようでございます。
こちらの内容は、改めまして夫の方からご報告させていただきます。
昨日は、群馬での聖なる杖の御神事でした。台風の中、お越しいただきました皆様本当にありがとうございました。
群馬会場終了後、そのまま、長野諏訪へと移動してゆきましたが、途中、浅間山に呼ばれ浅間山付近にて過ごしました。
本日は、長野での聖なる杖の祈りとなります。
また、祈りの前に夫からのお話を中継でお伝えしたいと考えておりますが、野外での祈りの為、きちんと配信できるかが不明でございます。
午後1時ぐらいから試みてみますが、配信が出ないようでしたら、申し訳ございません。
改めまして、撮影したものを掲載しました際に、お知らいたします。

比嘉りか

※ご相談:現在、音声書き起こしのボランティアを皆様にお声掛けしております。1時間、2時間の音声ファイルを皆様で分担して書き起こし出来るように、数十分ごとに分割しているのですが、一人の方に負担がかかっております。この分割の作業がスムーズになることで少しでも負担が軽減されるかと思いますので、、もし、自動で音声を分割するようなシステムやソフトをご存じの方がいらっしゃいましたら下記連絡先までご連絡いただけますと助かります。
※福島での話が電波状況が悪く、動画サイトに保存ができませんでした。こちらも、皆様にお伝えしたい内容でございますので、書き起こしのお手伝いをご協力いただけます方は、お力添えいただけますと助かります。
この内容を20日までには掲載したいと考えております。ご連絡は下記、連絡先にいただけますと助かります。どうぞよろしくお願いいたします。

比嘉良丸

★*★*祈りの和information*★*★

聖なる杖 申込みサイト開設

※※ 各会場へのお問い合わせはご遠慮ください。
開催の詳細、変更は、下記サイトをご確認ください
聖なる杖 情報サイト>>http://tackk.com/raurqu

お問い合わせは
問い合わせ

聖なる杖 9月 会場>>


★9/21(土)栃木・12時30分開場・13時開演

・宇都宮文化会館 研修室(栃木県宇都宮市明保野町7-66 )      
・参加費 2,000円+ラブオファーとしてご神事の支援をお願いします。
会場利用時間の関係で、定員40名とさせて頂きます。参加ご希望の方は、下記より、申し込み手続きを行ってくださいますようお願いいたします。

「参加方法」下記専用サイトよりお申込みくださいませ
栃木用申込みサイト
mousikomi1

★9/20(金)埼玉・13時開場・13時30分開演

・武蔵浦和コミュニティセンター8階第7集会室(さいたま市南区別所7丁目20番1号 サウスピア8階)
http://www.e-map.ne.jp/pc/index.htm?cid=Saitama&kid=1166

・会場利用時間の関係で、聖なる杖の口伝えは先着30名にて終了させて頂きます。ご参加希望の方は、当日、会場にて整理券を受取り下さい。
・JR武蔵浦和駅西口下車徒歩1分・駐車場は、専用駐車場(有料)をご利用ください。
・参加費は無料です。聖なる杖の全国ご神事運営費の支援をお願いします。

★9/22(日)東京 12:30会場・13:00開演

・スクエア荏原/イベントホールC(東京都品川区荏原4-5-28)
※聖なる杖のセレモニーへの同席は、申し込み不要。参加費2000円+御神事支援金となります。
※※「口伝え」をご希望の方は、申し込み制となりますので、下記より事前にお申込みください。


下記専用サイトよりお申込みくださいませ
東京口伝え申込みサイト

mousikomi1


※※各会場へ直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。
お問い合わせは
問い合わせ

北海道でお伝えしたこと:前篇

2013.09.14.12:15

「合同祈り合わせ神奈川会場開催場所変更のお知らせ」

9月15日合同祈り合わせ神奈川会場ですが、江の島の海岸にて開催の予定でしたが。悪天候が予想されますので、江の島にある神奈川女性センター第一会議室に変更いたします。ご参加の方は、12時50分に第一会議室へお越し下さい。

詳細は、祈り合わせページをご覧ください。http://inoriawase.blog.fc2.com

・・・北海道でお伝えした事『前編』・・・

新暦9月14日(旧暦8月10日 未)

いつも真心のお力添えありがとうございます。
本日は、宮城県での聖なる杖の御神事になります。

先日、お伝えいたしました、北海道でのお話の内容を書き起こしした物を、皆様のお力添えにより書き起していただけましたので、掲載させていただきます。
一部、修整、また、内容を加えてございます。
メルマガにおいては、携帯のみの閲覧の方がいらっしゃいます事もあり、4回に分けて配信させていただきます。
ブログの方も、長いので、2回に分けて掲載させていただきます
長文ではございますが、お読み下さいますようお願いいたします

** 北海道 聖なる杖 御神事から ***

「聖なる杖」によるご神事

日本全国47都道府県を回っている最中であり、これからまだあと15の県を回る予定にしております。今回の「聖なる杖」を持ってご神事を行う意味は次のとおりです。この「聖なる杖」は統合とか調和を意味し、エルサルバドルの長老が啓示によって5年位かけて作りあげたものです。それを持ってアメリカ大陸を縦断したのは、すべて女性です。
北米、中米、南米と7人の女性に回り、今回初めてアメリカ大陸から離れ、海を渡り、私の妻にその「聖なる杖」が託されました。6月の富士の山中湖のセレモニーから始まり、今日に至っております。杖は、基本的に年に4回、春分、夏至、秋分、冬至と動かせるそうなので、秋分の日にその杖をお返ししようしたのですが、エルサルバドルから返事が来まして、杖がまだ日本にいたいということなので預かってくれと言われました。実は、ちょっと心配しております。ご覧のとおり、鹿の頭蓋骨が装飾されておりますが、8月29日、30日に、私の妻が富士山に持って上がってご神事を行った時に、台風の影響で山頂はかなり強い風が吹いていたそうです。しっかりとケースに入れて、杖を持っていったのですが、ケースを開けて、お祈りをしようとしたら、この頭蓋骨が欠けていたのです。ぶつけたわけでもないのに、割れていたという事、山頂がかなり荒れていたということ、そして、なによりもご神事であったということから、この欠けたことには、深い意味があると受け止めています。ブログメルマガでもお伝えしましたが、災い回避の為に、杖がその身に受けたのではないかと受け止めています。
その後、9月2日の沖縄でのご神事に杖を使いますので、前日の9月1日に3人がかり何とか元に戻そうと修復しました。預かりものですし、これは、今後も、世界を回る杖ですので、気を使います。飛行機で運ぶこともありますので、ずっと預かっているということは、正直すごく不安ではあります。ですが、杖がまだ、日本にいたい、望んでいるということですので、必要な事をしっかりとおこないながら、もうしばらく預かることにしました。
この「聖なる杖」はこれまで色々な奇跡を起こしてきたと言われております。私が、一番強く印象に残ったのが、メキシコのギャングの争いが続いており、その話し合いの席に、杖を同席したことによって、抗争が終わり、仲直りをさせたということが現実にあったようで、色々なことがアメリカでは起きたとおっしゃっていました。今回この杖を持って日本全国を回っているというのは、私が見ている戦争に向かう流れがあるという啓示を、何とか調和の方向にもっていきたいためにご神事を行っています。
さて、何度か私の勉強会に参加したことがある方は、ご存知かと思いますが、初めての方は、少し怖いかもしれません。私の話は、よくネガティブだと言われます。ですが、私がこれから話すことは、自分自身ではネガティブとは思っておりません。3.11という大きな地震が起きましたが、関東、南海、東南海、東海という太平洋地域では、常に言われ、警戒されていることでもありますが、数百年周期、数十年周期で 自然災害が起きています。過去には、富士山も噴火しています。ですから、地球が自然が生きている限り、地震、噴火はいつかは起きます。ですから、いずれ起きるという事をしっかりと意識、認識して、実際に起きた時にどういう判断で、自分や大切な人の命を守る事が出来るのかという事を考えて欲しい。いざという時の為に、命の守る為の行動をして欲しいためのお話ですので、私はこれを決してネガティブとは思っていません。逆にきちんと受け止めて、行動に移す心構えを持つということは、ポジティブだと思います。
3.11の場合、約1万5千人の方が亡くなりましたが、それだけの方が亡くなる必要はなかったのではないかと思っています。きちんと起きた状況を理解して向き合っていれば、かなりの人が救われたのではないかと思っています。地震が起きたときに、津波が来るのに30分位待っても来ないということで引き返して、津波に巻き込まれた方がかなり多いと聞きました。また、時間があったのにもかかわらず、逃げ遅れて被害に遭った方もいらっしゃいます。国の発表では、そういうことが起きるたびに想定外のことが起きたということを言いますが、40mクラスの津波が過去に何度も押し寄せたということは、歴史上に残っています。内陸にある石碑をよく調べてみると、本当に想像できない地域まで津波が押し寄せたということが残っていて、伝えています。でも、そういった物を忘れてしまい、実際に起きてしまう。ですから、皆さんを恐がらせるつもりはないのですが、きちんと意識を持っていただきたいと言うことで自然界の話をよくお伝えしています。
もうひとつ知っていただきたいことは、日本全国回って、私が一番何を回避したいか、それは、戦争を回避したいということなのです。啓示で戦争のことを常に伝えられています。戦争が起きる要因として、自然災害もそのひとつになると伝えられています。政治経済も全てが戦争へ流れるひとつの要因として、世の中の仕組みとして絡み合って動いております。政治経済も、生き物と一緒です。人が行っていることですから、日々刻々と変わってゆく、それは、ある意味生き物です。そして、地球も生きており、刻々と変化してゆきます。そういった状況に絡み合って、物事が、世の中が動いております。
様々な状況が絡み合った状態の中、多種にわたる啓示を受け、回避と言う言い方は適切ではありませんが、本音回避と言うよりも、啓示で伝えられてくる出来事が起こらないように御神事を行って、結果、数か月から1年ずらすことがやっとの状況です。
最近の流れを時系列にまとめますと、2005年に選挙があり、自民党が圧勝しました。そしたら、平和憲法がどうも変わろうとしました。政治的な思いや政治家の発言などで流れが変わり、今度は民主党に変わりました。しかし民主党は、やはりアメリカの権力に押され、ごたごたしているうちに3.11が起きました。その前に、2009年のリーマンショックがあり、3.11いう流れがありました。
しかし、元々伝えられていた啓示では、2005年に自民党が圧勝すると一気に平和憲法が変わり、そして2009年にリーマンショックが起きれば、その後に2回から3回の大きな経済崩壊が起き、2012年の9月に中国と衝突する。その中で3.11が起きるという流れが伝えられていました。2005年から2011年までの間に、3度の経済的な危機が起きると伝えられ、必死に回避の為に飛び回っておりました。
どういうことかと言いますと、伝えられている啓示の出来事はすべて繋がって連鎖して起こった結果、戦争へと繋がる事を伝えてきます。
御神事を行ってゆくことで、地震が起きるタイミング、経済の混乱が起きるタイミングなど、伝えられている啓示の内容の時期、場所、を少しずらすことで、連鎖を切ることに繋がります。リーマンショック、3・11、福島第一原発の事故、どれをとっても大きな出来事です。これらが立ち直る時間を与えずに続けざまに連鎖で起きてゆくと、どうしても今頃は戦争に繋がってゆく状況に一気に進みます。ですが、それぞれがバラバラに起きる、それでも一つ一つは、大きな出来事でありますが、何とか起きる時期や次と次の間隔をあける、バランス、タイミングをずらすことで、大きなできごとでも、何とか戦争に繋がる連鎖を途中で食い止め、数ヶ月か数年先送りする。その間に、ご神事を続け、皆さんにこのままでは進んでしまう未来を伝えることで意識が変わり、世の中が変わると考えています。ですから、全てが一気に解決して良い方向にいくと言うよりも、そのような意識でご神事を行っているということを理解していただきたいのです。
世の中には、本気で戦争を望む方々がいます。そしてアセンションと言う言葉を使う方々もいます。すべての方ではないですが、それを迎えるためには、大きな自然災害や戦争もその一環だと言う考え方をもっている人もいます。また、本来の意図とは違う教えだと思うのですが、日月神事の建て替えと建て直しの意味も、一回全てが焼野原になって新しいものに作り変えるという考え方の方がいます。それらが確実に起きるべきだという方々も実際にいますので、私の考えと対極の考え方の方たちも、本気でそれが世の中のためになる、未来のためになると考えて、信じて、それを願ってご神事をしている人たちもいれば、現実に行動に移している人たちもいます。
本当に善悪と言うのは、人の考え方、気持ち、認識、価値観によって異なります。皆さんが言うフリーメーソンやイルミナティ、そういう方々も真剣に自分たちが悪だとは思ってないと思います。自分たちが善であり、地球の未来を考えて善い方向へ向かわすために必要だということを考えて、色々なことをしているのだと思います。ですから、どこが本当に善か悪と言うのは一人ひとりの価値観、考え方になります。
ですので、そういった事からも、私の言っていることが全て正しいと言うことにはならないと思っています。ただ私の話を聞いて、何らかの考える余地があれば、祈りに参加していただき、共に参加してお力を貸していただきたいと言うことを皆さんにお願いしています。そのために、事前に私に伝えられてくる啓示を皆さんに伝えて、それを回避するための力添えをお貸しいただきたいと言うのが、私の思いであります。やはり私一人でできるわけではなく、みなさんの力があってのことで、今言ったようにどうしても対極がありますから、私一人で良くなるということではありませんし、また私一代で良くなるものでもありません。母から私が受け継いだように、私の次に、継ぐ者がおり、また、その次に引き継ぐ者がおりと、そうやって繋いでいって、将来には、理想郷に近い地球になると言うことを信じてやっております。それは実際に、そういうビジョンを見ているから、どんな過酷な状況でもご神事を行うことができます。最悪のビジョンしか伝えられてこなければ、このような事は行ってはゆけません。希望の未来を見せられているからこそ、行ってゆけます。
ただ、どうしても皆さんにお伝えするのは最悪のビジョンをお伝えしています。それは、よく愛の世界だけを見る、光の世界だけを見て感じる、ポジティブな気持ちだけ感じる、考えると言うことは本当に素晴らしいことであるのですが、やはり一人位私みたいなものが、いないといけないと感じています。現状が変化のないまま進んだ結果、実際に起こり得ることを伝えて、それを考えていただくという人も、役割の一つであると思っております。何が起きようとも、良い意識を持っていれば地震が起きないとか、起きても自分達には何も起きないという認識は良いかもしれませんが、何かがあった時にすべての人が救われるわけではありませんので、やはり一人ひとりがきちんと認識をしてもらうように語り続けたいと思います。
私が見ているビジョンで、9月に経済がおかしくなるということを話しました。その仕掛けと言うのは、3.11の地震、福島の第一原発の事故について、当時語ることのできなかった内容のひとつではあるのですが、私は、当時3月8日、福島の第一原発が爆発すると伝えられ、そこで夜を徹してお祈りしました。前年からもこの施設は危険であるという事を伝えられていたにも関わらず、起きてしまった事故ですが、それもそのまま進めば起きると伝えられている戦争に向かう流れの一つの要因であり、次なる要因として伝えられていてどうしても回避したいのが、今年の9月の経済の危機であります。今月の18日か19日あたりに起きる可能性がすごく高いのです。
アメリカ合衆国が、シリアとは言いませんでしたが、中東において軍事介入か軍事行動に移すような行動が見られれば、戦争が起きる可能性がすごく高まると言われました。その軍事行動を行うことによって、来年の3月にヨーロッパ、中東、アメリカの3カ国で、テロが起きるということを伝えられています。そのうちヨーロッパでは、初めて核を使ったテロが起きるだろうと伝えられております。それを確認するために今年イスラエルまで行って、そういうことが起こり得るのかということを確認してきました。そしたら実際に起きるとを伝えられ、それはたぶんシリアだろうと言われました。シリアという国は、イスラエルのすぐ隣で、第一次中東戦争が起きたきっかけをつくったのです。イスラエルに宣戦布告なしに仕掛けたのがシリアで、第一次中東戦争の始まりだったのです。そのために訪れましたエルサレムをずっと回って確認させていただきましたが、やはりそういうことが起きる可能性が高いということを伝えられております。
また、日本と中国との間で戦争に向かう一連の流れも伝えられておりましたので、韓国、台湾、フィリピン、グアム、そして中国と回ってきました。その結果、やはり戦争につながる要因がすごく大きいということを認識しました。そして、自民党の圧勝も伝えられておりましたが、憲法第96条改正が自由になるようなことになれば、もう止めようがなくなる状況が来ております。衆議院、参議院選挙で圧勝し、法律を改正することが可能になってくれば、真っ先に変えたい法律として憲法第9条ではなく、第96条を改正することによって、10月の勢いでどんどん法律を改正していくという流れが見えてきたというのが事実です。
話しが突然飛びますが、9月18日、19日に起きる可能性があるのが、日本国内というより外国での出来事で、石油や化石資源、そして金融の暴落がいきなり起きる可能性があるということを強く言われました。また、10月に入ったら南海トラフが動くということを言われ、経済の混乱と自然災害をどうやって同時に回避するかということで全国を回っている次第です。
直接皆さんにお話ししている今でも、いろんな存在があれこれ、ビジョンを見せたり、伝えてきています。見えない存在とやりとりしている中で、最近、抑えきれないことがありますので、はっきり言わせていただきたいことは、3.11では皆さんも言われている地震破壊兵器というものが実際使われていると伝えられてきております。そして、今年の10月にも、それを使おうとしていると啓示で伝えられています。南海トラフが動き、九州から東北まで一気に動く可能性があるということを皆さんに伝えておりましたが、先月、妻が富士山の頂上へ上がり、私は房総半島から東海岸沿いを静岡の富士川河口まで850kmぐらいを一晩で回ったときに伝えられたことがあります。南海トラフだけを意識しているととんでもないことが起きるぞ、南海トラフと東南海、東海、関東、北陸を何とか止めよと言われ、一所懸命お祈りをしております。またこの間の桜島の噴火も関係してくるのですが、日本には、中央構造線や西日本火山帯と東日本火山帯がありますが、そこだけを意識しているととんでもないことが起きるぞ、見落としているものがある、なぜ貴方はグアムに行ったかを思い出しなさい、なぜマリアナ海溝に向けてお祈りをさせられたかをもう一度思い出しなさい、と言われました。
8月8日に地震の誤報が流れたのは、愛知の知多、渥美半島から鳥羽、紀伊半島の先端までお祈りをしたことにより、自然破壊兵器を使ってエネルギーが地下から地表へと上り地震を起こそうとしたエネルギーが、地表には上がらずに、地下深くに潜ったと30日に伝えられました。そして、改めて深く考えなさいと伝えられ、自分なりに考え、やり取りをしていき、次の通り伝えられました。
マリアナ海溝や小笠原海溝があり、その流れは、伊豆7島から本州の近くにきています。小笠原海溝を中心に太平洋から日本を見るとその左側にフィリピン海溝、琉球海溝、右側には、日本海溝があり、また、左側は、フィリピンプレート、右側が太平洋プレートになります。小笠原海溝トラフはフィリピンプレート、太平洋プレートの境目であり、北米プレートとユーラシアのアムールプレートとの重なりあいの中にもあります。そのプレートの重なりだけをずっと見ているが、本当に仕掛けをしているのはどこか、小笠原の海底に地震破壊兵器を使うということで、今、反対勢力は、動いているんだということを言われました。地震破壊兵器を使うことにより、小笠原から本州に向けてエネルギーを送ることで、4つのプレート、大陸のプレートを突き動かすと同時に、東火山帯のエネルギーを大きく揺れ動かすことによって、日本列島の活断層や火山が一気に動き出し、連鎖する伝達が走ると言われました。

~後編へつづく~

北海道でお伝えしたこと 後編

2013.09.14.12:15

~後編~
伝達という言葉を使いましたが、伝達と言うと、その意味は命令です。何かをしなさい、何かを起こしなさい、という命令です。伝達し、それを連鎖するという言い方は、それを動かそうとしている方たちが、地震破壊兵器を使うのは一箇所だけではないということです。確実に結果を出すために何箇所かで繋がるように準備している。ただ、それを打つ場所、タイミング、時間を計ってやらなければ、正確に連鎖が起きない、相手は、きちんと起こす為に、きちんと連鎖するように準備している。そういうことを改めて意識しなさいと言われました。最初の伝達が8月8日、それが、第一回目だったわけです。それが何とか、実際に起きずにおさまった。これはあくまでも啓示の上での話です。法螺みたいな話ではありますが、私は真剣に、見せられ、伝えられる啓示を受け止め、回避する為に真剣に動いています。そして、真剣に動けば、現実の世の中に反映することが出来ると伝えられて御神事しています。ですから、毎月第三日曜日に行っております祈り合わせですが、今回の9月15日に行われる合同祈り合わせは、私達は、福島で行います。
この祈り合わせを、多くの方に呼びかけていただき、様々な方法でツイッターやフェイスブックなどで告知して広げていただき、多くの方の意識で、まず経済の混乱を抑える祈りをしたいのです。
そうすることで、3カ月から4カ月先延ばしすることが可能だと、はっきり啓示で伝えられました。
そして、15日の合同祈り合わせの後、もう一度、四国から関東まで祈りをしなさい。そして22日に東京で行う全体的なお祈りの中では、政治経済も含めて、自然災害に対する祈りをきちんと行いなさい。そして23日には、最初に行った県から、ひとつひとつどういう意味でそこでお祈りしたかを、嫁さんと二人でやりとりしながら、47都道府県全て意味をだして、皆さんにもその意味をお伝えして、繋いで結ぶというご神事を行ったら、その足で四国から関東までをもう一度、9月中に行いなさい、それで自然災害を先延ばしすることができる。ただそれは、確実なものではないため、10月に入ったらすぐに小笠原に行きなさいと言われました。
見えない存在は簡単に言いますが、それを行うにはかなりの経費が必要になります。今回でも、青森から車で寝泊まりしながらフェリーで北海道に来て
北海道を御神事して回るだけで10万円以上の費用がかかりました。6月に富士祈りのセレモニーを行い、その後、「聖なる杖」によるご神事で全国を廻っているため、相当の出費を強いられています。沖縄にありましたご神事に使う船を売却し、そのお金で9月一杯はご神事が出来る状況にあります。そのような状況ですので、10月のはじめに小笠原に行けるかどうかは、躊躇しているところです。
啓示ではそのように伝えられていますが、まず、経済について伝えられている難を3カ月か4カ月先送りし、次に10月の御神事で地震の被害を半年くらい先送りし、次のご神事でまた先送りしながら、少しでも良い未来を、本当にいい方向に流れを変えていきたいとやっているのが現状です。毎日、毎日がかなり厳しい状況ですが、5月、6月頃は諦めていた状況がありました。もう私の力では及ばないと諦めていましたが、6月の富士のセレモニーのときに、ある洞窟の中でお祈りしている時、先に明るい未来がきちんと伝えられました。そこでもう一度やるという意識に切り替えて現在に至っています。
もういちどお話をさせていただくと、今月の18日、19日あたりに経済のショックがあり、それが12月から3月ぐらいにかけてかなり持ち直す状況に進む。そしてみんな安心していると3月にテロが起き、ドンと一気に暴落がある。そして、9月にはいくつかの国が経済崩壊を迎え、そこから世界中が混乱に陥る。そういった流れの中では、不思議で信じがたい話ですが、このような状況にも関わらず、来年の12月頃から徐々に、日本の株と円が高値に向かっていきます。日本だけが株高、円高になります。世界中の経済が落ち込む中、世界が持ちこたえる為頼みの綱として日本の円と株にすがります。しかし、そこを意図的に利用してきます。アメリカは敢えて自分の国の経済、ドルを崩壊、国の破綻まではゆかずとも近い状態に追い込みます。それをすることでアジアが大量に買ったアメリカ国債を紙切れにします。ドルが紙切れになることによって、中国も経済的に崩壊、酷ければ破綻に追い込まれます。そうすれば、よその国との戦争どころではなくなり、内戦が起きるようになります。アメリカは徹底的に中国を陥れます。そのためにアメリカ自身も落ち込みますが、自国が立ち直る手段として、日本が経済的に力をつけておく、それが、先程の株高、円高で、そのお金を得る為にはどうするか。アメリカは、凄く高い物を売りつけてきます。空母や軍艦やミサイルや、戦略的な軍の武器ですね、そういう高いものを一気に売りつけてきます。それによってアメリカは回復します。
このことは日本が一度経験していることです。朝鮮戦争です。第2次世界大戦で負け、何も無いときに朝鮮動乱が起き、日本の製品をアメリカが大量に買ってくれたために、日本の経済が発展したという経験があります。だからどん底から這い上がるためには、日本に買ってもらい、実際に使ってもらい、そしてそれで中国との戦争へ突入してもらうという計画があると、啓示で伝えられています。
それを何とか回避したいということが、今の私のご神事の一つです。しかし、8月30日に、10月に小笠原へ行けと言われ、ちょっと迷っています。また、10月には中国の福建省へ行け、そして四川まで足を伸ばせとあっちへこっちへ行けと伝えられてきます。

最近、私はある方から、中国を助けるようなお祈りはしてないだろうねと念を押されてお叱りを受けたことがあります。しかし、私は、日本という国には、世界の国境を無くし、平和なすばらしい世界、地球を作るという大きな役割があると信じています。そのためには、日本だけのご神事では達成できないのです。
そのためにはまず、EUのようにアジア連合を作らないといけません。どうしても中国を取りこむ必要があります。だから中国と対立したり、戦争をしてはいけないのです。中国と手を結び、仲良くしなければならないと伝えられています。そういった事をお話しすると、中国と仲良くできるはずがないと、多くの人が言いますが、本当に地球を良くしたいのならばアジアが一つにならなければなりません。地球上の人口の3分の2がいるアジアで、きちんと力を合わせて、未来に向けて協力していくことによって、まず最初にアフリカ連合、そして中南米がアジアにつきます。それでヨーロッパも無視できません。EUがつきます。アメリカやイギリスだけでいきなり何かを行おうとしても出来なくなります。
このように、地球規模で大きな変化が起きてきます。そうするにはまず、アジアが一つにならないといけません。今の中国や北朝鮮を相手にそれが出来るか疑問を持つ方もいるかもしれませんが、それは、出来ます。それは、教育が一つの鍵になります。中国は、第二次世界大戦が終わった後、共産主義になりました。その教育を受けながら、1965年に文化大革命という革命を起こし、自分の身内すら密告しないといけない状況に追い込みました。そういう政策を10年以上も続け、600万人とか1000万人の人を殺してきた最悪の革命と呼ばれる文化大革命という名のもとに、大きな策略を起こした事実があります。80年以降に、ソビエトのゴルバチョフが中国を訪問したあと、一気に近代化が始まり、今に至っていますが、本来の教育とかけ離れた教育をずっと受けてきた人たちが、本当の意味での教育を受けることにより、認識、価値観が変わってきます。日本が変わったように、教育で人間の考え方、価値観が変わります。ですから、中国においても、大きな変革が起きます。今の政権が思い通りにずっと操るようなことはできません。一般市民や農民といった層から、大きな革命が起きます。そのときには本当に正しい方向へと、国民の意識が向き合います。その時に日本が仲良くしていることによって、中国をパートナーとして進むことが出来る。一緒に進む啓示を見ています。
ただ、残念ながら北朝鮮とは戦争による統合になると思います。北朝鮮に関してもいろいろ伝えられていることをあえて今、お話させていただきます。今の政権はアメリカと手を組んでいます。その今の政権の金正恩、そのひとのお父さん、金正日さんは、自分たちの一族を生かすために組んでいます。北朝鮮のトップです。そういった人達は、国際的な政治、宗教、経済などの高い教育を受けてきた人たちです。自分たちの一族の末路というのはもう理解しています。カダフィー大佐やフセインを考えてください。一族がみな殺されています。今からどんなによい行いを受けても、自分たちの一族がどういう道に進むのは見えていますので、だから、アメリカと手を組んでいるのです。アメリカがミサイルを発射するとか、アジアに混乱を起こすためになにか仕掛ける役割を持っているのです。北朝鮮の長男は中国とのかかわりが深いために、排除されたと啓示で伝えられています。北朝鮮は、一回暴発して、戦争の中で韓国に軍事的な力で統合されていくと、啓示で見せられていますが、それが、実際に、現実として起きるかどうかは、今のところ分かりません。私は、啓示を見たことを伝えしていますが、見せられた啓示を、自分なりに描く未来へと進む為に、どのような御神事をしていったらよいのかということをやり取りしながら行動しています。
お伝えしてきたのは、最悪のビジョンです。日本では、日経平均株価で11,000円~12,000円、円もドルに対して89円~90円くらいの経済が50年、100年といった単位で続いてゆくのが理想であると伝えられています。そして、その状況が世界を変えることになると言われています。なぜ世界を変えることになるかわかりますか?これは伝えられていることだから実際にどうなるかわかりません。権力をもって世界を動かそうとしている人たちにとって、株価は鉄砲やミサイルよりも強い武器です。経済をコントロールすることによって、株や金融、そして化石燃料などをコントロールすることによって、戦争を仕向けたり、起こしたりして、国を崩壊に導くことができる、どの武器よりも怖いものです。
だからその武器を一手にコントロールするのはすごく難しいことですが、ですが、先程伝えた安定した状態が起きれば世界が変わると啓示では伝えられています。
たとえばアメリカの化学メーカー、薬剤メーカーは悪の会社であるとみんな知っています。しかし、会社の中身、何を行っているのかという事は関係なく、利益を求めて目先の欲に駆られている人たちはこういう会社に投資します。会社としてはさらに利益が上がりますので、株価も高くなり、利益も増えます。
株価を操作することによって、一部の企業にお金が流れる仕組みを作っているのです。だから、知らず知らずにそういう人たちに利益をもたらし、ドルの力を与えている形になっているのが今の仕組みであり、悪い人が本当に力を得るためのしくみです。
それが上がり下がりが少なく平均になって、どこに投資しても大きな利益が上がらなくなると、人間の考え方が変わってきます。その会社に投資するよりも、環境に良いことをやっている会社に投資しよう、未来のために本当に頑張っている会社が、力がなく、資金がなくて困っているならばそういう会社に投資をして、これを実現に向かわせようという投資家の考え方も変わってきます。そういうことによって本当に良い方向へ価値観も流れていき、経済の考え方やいろんな仕組みも変わってくるということです。それが続けば、経済も安定することが不可欠と言われています。それは実際に難しいことですが、それを願っての御神事をさせていただいております。現在伝えられている啓示とビジョンを今伝えさせていただきました。
今まで、地震破壊兵器については出来るだけ避けてまいりましたが、実際には使われていると伝えられています。これからはどんなことが起きるかわかりません。ただそれをひとつひとつ、なんとかタイミングをずらしながら、何とか良い方向に流れるようにご神事を行っていきます。そのためには皆さんの意識が本当に必要なのです。戦争が起きるとか、それをやるために陰謀があるとかを話して来ましたが、これを聞いで怖がるのではなく、聞いたからこそ、あなた方の人生の3年先、6年先、12年先の皆さんが願っている素晴らしい未来を創造し、それを願い祈って、それに近づける行動をしていただければ、世の中がほんとうに変ってきます。だからこそ皆さんの力添えをお願いしているのです。
私は、最悪のビジョンも見せられますが、善いビジョンも見せられています。最悪のビジョンはそのままでは起きてしまうものでありますので、見せられている善いビジョンへと向かう為に、御神事を続けています。善いものだけみて、御宮でお祈りしているだけならどんなに楽か。でも、それは私の役目ではないのですので、出来るだけ飛び回って御神事を続けてゆきます。
皆さんに、こういったビジョンのお話しをするのは、一緒に御神事してくださいという事ではありません。この話を聞いて、目先ではない、3年、10年先に、自身の理想を想像し、願い、それを叶える為に自分の出来る範囲の事を行って欲しいという事です。それは、大きな力になります。
そして、神は、人間に超能力というものを求めてはいません。それ以上にすでに、素晴らしい物を与えられています。創造力です。
未来を想像して、その実現の為に、考えて行動に移して行くという事は、確実にそれを現実化する力なのです。
そして、その願いが、想像が現実化すれば、本当に未来は良くなります。ただ、今は、少し違った方向性になっていますが、正しい使い方をすれば、本当に未来はよくなります。
もう一つだけ伝えさせていただきます。21世紀は、地球の数十万年規模の地殻変動期に入ったと、啓示で伝えられています。これは、この21世紀の100年の間に大きな地震や噴火といった、今までなら何年もかけて動いてきた地球の様々な自然の動きが、この100年の間に起きるということです。だから皆さんが、だんだん時間が早い、時が進むのが速いと感じるのは、当たり前のことです。地球が、この100年の間に数十万年かけて行ってきた事を動こうとしている。見えない時間の流れの中では、1年が100年分とまではいかないですが、それに近い年数を刻んでいるのです。ですから地球規模で大きな地震や火山がいろんなところで起きているのは、止めようがありません。
地球は、過去に、アイスボールとかファイヤーボールというものを経験しています。地球全体が氷に包まれる時期があったり、逆に大噴火があちこちで起こって、ドロドロになったりが繰り返された経験を何度もしています。地球、母なる神が私に伝えてきたものとして、今回の地殻変動は、一気にこれまでのように大きく生まれ変わりを繰り返してきたアイスボールやファイヤーボールまで行かずに、人間の意識と行動によって、緩やかな流れでも地球は確実に生まれ変わることができるということを言われております。長い時をかけて、緩やかに穏やかに、穏やかに、といっても地球のことですから、やはり大きな地震や噴火が起きるとしても、そういうタイミングがずれたり、それが1度に大きな動きでなく、10回とか100回に少しずつに分けて起きたりすることによって、緩やかになっていくという意味です。その間に人間は進化を遂げて、進化というのは、人間は、地球の一員であり、全ての生命の中の一員として考えていただければ、本来やるべき人としての役割に気付きます。人としての役割に気付いて、何をすべきか、どんな行動をすべきかを気付くのが覚醒です。その時の価値観というのが大きな意味を持ちます。進化というのはそういった事です。
先ほど、日月神事の中で、立て替え、立て直しと言いましたが、それは悪い人たちがいいようにその啓示を利用して扱っているだけで、世の中が焼け野原になると、喜ぶのは力を持った人たちです。一般の人は苦しく、生活ができないですから力のある人に頼るようになります。そうなりますと力や権力を持った人に、財、地位、名誉など、すべてがまた集中してしまいます。
今回はそういった、物が壊れたり、人の命が失われるという事が必要なのではなく、人間の価値観や考え方が変わればそれでいいのです。そしてものを作る場合は、新しい進化を遂げたものに作り替えればいいわけですから、壊れる必要はないのです。そういうことに意識すれば、確実に地球は穏やかに再生を遂げ、多くの命が、何一つ絶滅することなく、共に命を繋ぐことができます。人間は大きな罪を犯して、多くの命を絶滅に追いやってきましたが、今ある命をすべて守って次に繋ぎ、本来の人間の役目を果たすことができるということを伝えられております。
最後に、10月の地震の中で、南海トラフだけの話をしましたが、実際には、北海道はかなり厳しい状況にあると伝えられています。10月23日あたりに、泊原発近郊の海底の中にある活断層が、もし南海トラフ等が動いたら、そこも動く可能性があります。そうなると、泊原発は、建物の真下に確実に活断層があると言われていますので、福島の二の舞になる可能性があります。今は原発が止まっているから安心だと思っていたら大間違いです。福島の第4号炉は、燃料棒は入っていませんでした。外にあったにも関わらず、臨界事故が起きました。燃料棒は、割れるか、大きく揺らされることによって臨界事故が起きます。浮いた状態で完全に保管して、揺れにたいして対応対策されていれば、大丈夫かもしれませんが、今の状態であれば、起きる可能性が高いということを、もう一度言っておきます。
そして日本全国に、17施設の原子力発電所や六ヶ所村といった施設があります。日本は、プレートの繋がりや火山帯の流れなどから見ても、大きな地震や噴火が起きる列島です。地球の重要なプレートのすべてが集まっています。その為、この日本という場所には、プレートの動きのタイミングをずらす大きなポイント、その場所があるのです。実際には28箇所あり、そのうちの17箇所が海岸沿いであり、そのすべての大事なポイントの上に、意図的かどうかわかりませんが、原子力発電所などの施設が建っています。ですから、その下には活断層が確実にあると言われています。ですから、もしそういうことが起きたら、北海道も大変なことになるということを、伝えておきます。
やはり 放送では伝えていませんでしたが、あえてつたえさせていただきたい事があります。北海道の23日の地震というものは、地震破壊兵器の伝達の一つであると伝えられています。

*** 以上***

長文お読みいただきまして、ありがとうございました。

比嘉良丸
比嘉りか

★*★*祈りの和information*★*★

2013.09.13.14:30

9月 合同祈り合わせについて

9月15日(日)の「合同祈り合わせ」についてご案内します。
下記の会場に、ぜひご参加下さい。
なお、東京会場と奈良会場では、「聖なる杖」による祈り合わせの福島会場からの中継映像にあわせて祈り合わせを行います。

★今月の祈り合わせのテーマ★

○9月の経済危機、10月の自然災害の回避に向けて
書き込みなどでお伝えしておりますが、9月の経済危機、並びに、10月と伝えらえております自然の動きを利用した自然災害が啓示にて伝えられております。
その為、今回の9月の祈り合わせには、ぜひとも、多くの方の、平和の未来を願い祈る心、安心して暮らしてゆくことが出来る社会、未来を願い祈る心を合わせていただけますようお願いいたします。
今回、出来るだけの下記各会場へと足をお運びいただけますようご案内しております。
一人一人の願い祈りが集まることによって、見えない側面から、世の中へと大きく働きかける力となります。
皆様の真心のお力添えのほどよろしくお願いいたします。

日時:平成25年9月15日(日)午後1時から30分ほど
開催会場:
・東京会場・神奈川会場・御殿場会場・新潟会場・名古屋会場・北海道会場・青森会場・奈良会場・高知会場・沖縄会場
※東京会場と奈良会場は、福島会場で比嘉夫婦が祈りされます様子を中継いたします。

各会場の詳細は、祈り合わせ専用ページへをご確認くださいませ。
※こちら下の画像をクリックしてください。祈り合わせ詳細サイトへ移動します
祈り合わせ

★9月27日 SHIFT OF THE AGES ~マヤ族長老が旅した時間の軌跡~ 上映決定!!

2012年の富士山中湖セレモニーにも来日くださいました、マヤ・キチェー族長老アレハンドロ氏は皆様もよくご存じかと思います。
今回、長老を7年間にわたり撮影してきたドキュメンタリー映画が公開されることとなりました。
聖なるマヤの予言を携えた一人の長老が歩んだ軌跡。
今起きているこの急激な変換期を生き抜く、愛と叡智に満ちた姿が映し出されている映画です。
長老の言葉を通して、一人一人の心が、それぞれの今後の人生に対し、これからの未来に対し、大切な事を受け取れるのではないかと感じております。
ご来場いただきました皆様に、もれなく、SHIFT OF THE AGES の日本語版DVDがプレゼントされます。
ぜひこの機会に、足をお運びくださいませ。

2013年9月27日(金)17:45 開場
開場:スクエア荏原 ひらつかホール

事前の申込み制となっております。詳細、並びに、お申し込みは、下記専用サイトから、お申込み手続きをお願いいたします
※こちら下の画像をクリックしてください。専用のサイトへ移動します
映画

比嘉りか

日々の祈り

2013.09.13.09:16

新暦9月13日(旧暦8月9日 午)

いつも真心のお力添えありがとうございます。
日々の祈りの際に伝えられました言葉をお伝えさせていただきます

何度でも伝えよう
人は 命の子
この星自体も命で出来ており
この星の上には
多くの生きとし生けるものの命がある
すべてが 関連して生きている
繋がりがあることを
忘れてはならない


昨日、新潟を改めてお祈りをし、夜、宮城県へと移動を開始いたしました。
途中、雨が降り、思うようには進めませんでしたが、本日は、女川原発付近へまいります。

下記、志賀原発にて伝えらた様子を掲載しております。
17日平日ではございますが、長野での祈りの追加情報を掲載しております。

それでは、本日も真心のお力添えよろしくお願いいたします

比嘉りか

志賀原発付近にて祈り
※下記画面をクリックしていただくと、動画のページに移ります
志賀原発付近

★*★*祈りの和information*★*★

★9月15日 全国祈り合わせ
inoriawase

聖なる杖 申込みサイト開設

※※ 各会場へのお問い合わせはご遠慮ください。
開催の詳細、変更は、下記サイトをご確認ください
聖なる杖 情報サイト>>http://tackk.com/raurqu

お問い合わせは
問い合わせ

聖なる杖 9月 会場>>

★9/14(土) 仙台・12時30分開始
  

・仙台市戦災復興記念館・4階研修室(仙台市青葉区大町二丁目12番1号)
・戦災復興記念館
「アクセス」
地下鉄・・・広瀬通駅下車 西4番出口から徒歩約10分
バス・・・・・仙台駅西口バスプール15番から(全便可)「東北公済病院・戦災復興記念館前」下車徒歩5分又は、各方面から乗り合わせの上、電力ビル前下車徒歩10分     タクシー・・仙台駅から約10分

・参加費は無料ですが、ラブオファーとしてご神事の支援をお願いします。

「参加方法」下記専用サイトよりお申込みくださいませ
仙台専用申込みサイト
mousikomi1

★9/15(日)福島会場

福島テルサ 4階 研修室すりかみ(〒960-8101 福島市上町4番25号 )
「アクセス」
福島駅より徒歩15分。お車でお越しの場合は有料駐車場になります福島テルサ指定駐車場であれば2時間無料です。以後30分100円(近隣に2カ所有り)最大利用上限有りのコインパーキングのほうが安いかもしれません。

「主なプログラム」
開場・受付開始/13:00、 開演/13:30(状況をみて)、講話/13:30~15:00 休憩/15:00~15:30、聖なる杖の口伝え/16:00~

・参加費は無料ですが、聖なる杖の全国ご神事運営費の支援をお願いします。
・会場の定員により先着30名様の参加となります

「参加方法」下記専用サイトよりお申込みくださいませ
福島専用申込みサイト
mousikomi1

★群馬・申し込み終了いたしました。
9月8日をもちまして、申し込み人数に達し満員となりました。ありがとうござ
いました


★9月17日(火) 長野県 聖なる杖の御神事

集合場所:尖石縄文考古館 駐車場(長野県茅野市豊平4734-132)
※集まりやすい目印の場所という事で掲示しております。
集合:12時30分
参加費無料ですが、御神事支援金をお願いいたします。

★9/21(土)栃木・12時30分開場・13時開演

・宇都宮文化会館 研修室(栃木県宇都宮市明保野町7-66 )      
・参加費 2,000円+ラブオファーとしてご神事の支援をお願いします。
会場利用時間の関係で、定員40名とさせて頂きます。参加ご希望の方は、下記より、申し込み手続きを行ってくださいますようお願いいたします。

「参加方法」下記専用サイトよりお申込みくださいませ
栃木用申込みサイト
mousikomi1

★9/20(金)埼玉・13時開場・13時30分開演

・武蔵浦和コミュニティセンター8階第7集会室(さいたま市南区別所7丁目20番1号 サウスピア8階)
http://www.e-map.ne.jp/pc/index.htm?cid=Saitama&kid=1166

・会場利用時間の関係で、聖なる杖の口伝えは先着30名にて終了させて頂きます。ご参加希望の方は、当日、会場にて整理券を受取り下さい。
・JR武蔵浦和駅西口下車徒歩1分・駐車場は、専用駐車場(有料)をご利用ください。
・参加費は無料です。聖なる杖の全国ご神事運営費の支援をお願いします。

★9/22(日)東京 12:30会場・13:00開演

・スクエア荏原/イベントホールC(東京都品川区荏原4-5-28)
※聖なる杖のセレモニーへの同席は、申し込み不要。参加費2000円+御神事支援金となります。
※※「口伝え」をご希望の方は、申し込み制となりますので、下記より事前にお申込みください。


下記専用サイトよりお申込みくださいませ
東京口伝え申込みサイト

mousikomi1


※※各会場へ直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。
お問い合わせは
問い合わせ

音声書き起こしのお願いについて

2013.09.12.12:45

いつもお力添えいただきまして、ありがとうございます。
先日行われました、聖なる杖のご神事、北海道会場での際に自然災害と自然テロについてお話させていただきました。
前回岩手の放送もそうでしたが、様々な存在達が、その時点でそれぞれその時に伝えてほしいことを伝えてきます。伝えてきていることを言葉にするという事は大切なことになりますので、会場でのお話は、伝えてきているままにお話しさせていただきました。
現在、経済の流れが変化したことにより、自然の動きを利用した人工的に起される自然災害が、濃厚になった為、必ず阻止するようにという事を伝えられております。
その為にも、この伝えてきたことを、改めて文字にする事は、大事な意味合いがありまして、14日には、この内容の書き込みをブログメルマガへと配信したいと考えております。
しかしながら今回、音声の書き起こしをするためのお手伝いの方が、お一人手を挙げてくださっている状態でございます。
仕上げる期間が短いのですが、書き起こしのお力添えいただけますかた、いらっしゃいませんでしょうか。
本日、新潟でのご神事が終わり、仙台への移動の中、妻も書き起こしを行うことになるのですが、移動しながら車の中での作業の為、思うようにははかどらない事があるかと思います。
お力添えいただけますかたは、問い合わせ先まで、ご連絡いただけますようお願いいたします。

比嘉良丸

★*★*祈りの和information*★*★

★9月15日 全国祈り合わせ
inoriawase

聖なる杖 申込みサイト開設

※※ 各会場へのお問い合わせはご遠慮ください。
開催の詳細、変更は、下記サイトをご確認ください
聖なる杖 情報サイト>>http://tackk.com/raurqu

お問い合わせは
問い合わせ

聖なる杖 9月 会場>>

★9/14(土) 仙台・12時30分開始
  

・仙台市戦災復興記念館・4階研修室(仙台市青葉区大町二丁目12番1号)
・戦災復興記念館
「アクセス」
地下鉄・・・広瀬通駅下車 西4番出口から徒歩約10分
バス・・・・・仙台駅西口バスプール15番から(全便可)「東北公済病院・戦災復興記念館前」下車徒歩5分又は、各方面から乗り合わせの上、電力ビル前下車徒歩10分     タクシー・・仙台駅から約10分

・参加費は無料ですが、ラブオファーとしてご神事の支援をお願いします。

「参加方法」下記専用サイトよりお申込みくださいませ
仙台専用申込みサイト
mousikomi1

★9/15(日)福島会場

福島テルサ 4階 研修室すりかみ(〒960-8101 福島市上町4番25号 )
「アクセス」
福島駅より徒歩15分。お車でお越しの場合は有料駐車場になります福島テルサ指定駐車場であれば2時間無料です。以後30分100円(近隣に2カ所有り)最大利用上限有りのコインパーキングのほうが安いかもしれません。

「主なプログラム」
開場・受付開始/13:00、 開演/13:30(状況をみて)、講話/13:30~15:00 休憩/15:00~15:30、聖なる杖の口伝え/16:00~

・参加費は無料ですが、聖なる杖の全国ご神事運営費の支援をお願いします。
・会場の定員により先着30名様の参加となります

「参加方法」下記専用サイトよりお申込みくださいませ
福島専用申込みサイト
mousikomi1

★群馬・申し込み終了いたしました。
9月8日をもちまして、申し込み人数に達し満員となりました。ありがとうございました

★9/21(土)栃木・12時30分開場・13時開演

・宇都宮文化会館 研修室(栃木県宇都宮市明保野町7-66 )      
・参加費 2,000円+ラブオファーとしてご神事の支援をお願いします。
会場利用時間の関係で、定員40名とさせて頂きます。参加ご希望の方は、下記より、申し込み手続きを行ってくださいますようお願いいたします。

「参加方法」下記専用サイトよりお申込みくださいませ
栃木用申込みサイト
mousikomi1

★9/20(金)埼玉・13時開場・13時30分開演

・武蔵浦和コミュニティセンター8階第7集会室(さいたま市南区別所7丁目20番1号 サウスピア8階)
http://www.e-map.ne.jp/pc/index.htm?cid=Saitama&kid=1166

・会場利用時間の関係で、聖なる杖の口伝えは先着30名にて終了させて頂きます。ご参加希望の方は、当日、会場にて整理券を受取り下さい。
・JR武蔵浦和駅西口下車徒歩1分・駐車場は、専用駐車場(有料)をご利用ください。
・参加費は無料です。聖なる杖の全国ご神事運営費の支援をお願いします。

★9/22(日)東京 12:30会場・13:00開演

・スクエア荏原/イベントホールC(東京都品川区荏原4-5-28)
※聖なる杖のセレモニーへの同席は、申し込み不要。参加費2000円+御神事支援金となります。
※※「口伝え」をご希望の方は、申し込み制となりますので、下記より事前にお申込みください。


下記専用サイトよりお申込みくださいませ
東京口伝え申込みサイト

mousikomi1


※※各会場へ直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。
お問い合わせは
問い合わせ

日々の祈り

2013.09.12.09:00

新暦9月12日(旧暦8月8日 巳)

いつも真心のお力添えありがとうございます。
日々の祈りの際に伝えられました言葉をお伝えさせていただきます

気づいたものから
行動を起こす
それが 無ければ
難しい
世の中は 動くものが変化を起こす
小さな行動であっても
広がりゆく 可能性をもっている
変化は 動くことによって 現れる


昨日は、志賀原発付近にて、祈りをさせていただきまして、能登半島を周り、本日は、富山、改めて新潟柏崎とお祈りをする予定で移動いたします。

本日も、皆様の真心のお力添えの程をよろしくお願いいたします

比嘉りか

北海道での祈り
画面をクリックすると動画になります
聖なる杖 北海道

秋田での祈り
画面をクリックすると動画になります
聖なる杖 秋田

山形での祈り
画面をクリックすると動画になります
聖なる杖 山形


★*★*祈りの和information*★*★

★9月15日 全国祈り合わせ
inoriawase

聖なる杖 申込みサイト開設

※※ 各会場へのお問い合わせはご遠慮ください。
開催の詳細、変更は、下記サイトをご確認ください
聖なる杖 情報サイト>>http://tackk.com/raurqu

お問い合わせは
問い合わせ

聖なる杖 9月 会場>>

★9/14(土) 仙台・12時30分開始
  

・仙台市戦災復興記念館・4階研修室(仙台市青葉区大町二丁目12番1号)
・戦災復興記念館
「アクセス」
地下鉄・・・広瀬通駅下車 西4番出口から徒歩約10分
バス・・・・・仙台駅西口バスプール15番から(全便可)「東北公済病院・戦災復興記念館前」下車徒歩5分又は、各方面から乗り合わせの上、電力ビル前下車徒歩10分     タクシー・・仙台駅から約10分

・参加費は無料ですが、ラブオファーとしてご神事の支援をお願いします。

「参加方法」下記専用サイトよりお申込みくださいませ
仙台専用申込みサイト
mousikomi1

★9/15(日)福島会場

福島テルサ 4階 研修室すりかみ(〒960-8101 福島市上町4番25号 )
「アクセス」
福島駅より徒歩15分。お車でお越しの場合は有料駐車場になります福島テルサ指定駐車場であれば2時間無料です。以後30分100円(近隣に2カ所有り)最大利用上限有りのコインパーキングのほうが安いかもしれません。

「主なプログラム」
開場・受付開始/13:00、 開演/13:30(状況をみて)、講話/13:30~15:00 休憩/15:00~15:30、聖なる杖の口伝え/16:00~

・参加費は無料ですが、聖なる杖の全国ご神事運営費の支援をお願いします。
・会場の定員により先着30名様の参加となります

「参加方法」下記専用サイトよりお申込みくださいませ
福島専用申込みサイト
mousikomi1

★群馬・申し込み終了いたしました。
9月8日をもちまして、申し込み人数に達し満員となりました。ありがとうございました

★9/21(土)栃木・12時30分開場・13時開演

・宇都宮文化会館 研修室(栃木県宇都宮市明保野町7-66 )      
・参加費 2,000円+ラブオファーとしてご神事の支援をお願いします。
会場利用時間の関係で、定員40名とさせて頂きます。参加ご希望の方は、下記より、申し込み手続きを行ってくださいますようお願いいたします。

「参加方法」下記専用サイトよりお申込みくださいませ
栃木用申込みサイト
mousikomi1

★9/20(金)埼玉・13時開場・13時30分開演

・武蔵浦和コミュニティセンター8階第7集会室(さいたま市南区別所7丁目20番1号 サウスピア8階)
http://www.e-map.ne.jp/pc/index.htm?cid=Saitama&kid=1166

・会場利用時間の関係で、聖なる杖の口伝えは先着30名にて終了させて頂きます。ご参加希望の方は、当日、会場にて整理券を受取り下さい。
・JR武蔵浦和駅西口下車徒歩1分・駐車場は、専用駐車場(有料)をご利用ください。
・参加費は無料です。聖なる杖の全国ご神事運営費の支援をお願いします。

★9/22(日)東京 12:30会場・13:00開演

・スクエア荏原/イベントホールC(東京都品川区荏原4-5-28)
※聖なる杖のセレモニーへの同席は、申し込み不要。参加費2000円+御神事支援金となります。
※※「口伝え」をご希望の方は、申し込み制となりますので、下記より事前にお申込みください。


下記専用サイトよりお申込みくださいませ
東京口伝え申込みサイト

mousikomi1


※※各会場へ直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。
お問い合わせは
問い合わせ

日々の祈り

2013.09.11.10:13

新暦9月11日(旧暦8月7日 辰)

いつも真心のお力添えいただきましてありがとうございます。
日々の祈りの際に伝えられました言葉をお伝えさせていただきます

信じた誠を貫く
それは 1日にしてはできない
吟味し 確かめ 深く理解し
経験を行ったからこそ
信じ 貫けるのである
浅いと思ったのならば
経験せよ
すべてはそこから 始まろう


昨日は、新潟の聖なる杖のご神事でした。
多くの方にお集まりいただくことができ、本当にありがたい限りです。
ありがとうございました。

本日も真心のお力添えの程をよろしくお願いいたします

比嘉りか

★*★*祈りの和information*★*★

★9月15日 全国祈り合わせ
inoriawase

聖なる杖 申込みサイト開設

※※ 各会場へのお問い合わせはご遠慮ください。
開催の詳細、変更は、下記サイトをご確認ください
聖なる杖 情報サイト>>http://tackk.com/raurqu

お問い合わせは
問い合わせ

聖なる杖 9月 会場>>

★9/14(土) 仙台・12時30分開始
  

・仙台市戦災復興記念館・4階研修室(仙台市青葉区大町二丁目12番1号)
・戦災復興記念館
「アクセス」
地下鉄・・・広瀬通駅下車 西4番出口から徒歩約10分
バス・・・・・仙台駅西口バスプール15番から(全便可)「東北公済病院・戦災復興記念館前」下車徒歩5分又は、各方面から乗り合わせの上、電力ビル前下車徒歩10分     タクシー・・仙台駅から約10分

・参加費は無料ですが、ラブオファーとしてご神事の支援をお願いします。

「参加方法」下記専用サイトよりお申込みくださいませ
仙台専用申込みサイト
mousikomi1

★9/15(日)福島会場

福島テルサ 4階 研修室すりかみ(〒960-8101 福島市上町4番25号 )
「アクセス」
福島駅より徒歩15分。お車でお越しの場合は有料駐車場になります福島テルサ指定駐車場であれば2時間無料です。以後30分100円(近隣に2カ所有り)最大利用上限有りのコインパーキングのほうが安いかもしれません。

「主なプログラム」
開場・受付開始/13:00、 開演/13:30(状況をみて)、講話/13:30~15:00 休憩/15:00~15:30、聖なる杖の口伝え/16:00~

・参加費は無料ですが、聖なる杖の全国ご神事運営費の支援をお願いします。
・会場の定員により先着30名様の参加となります

「参加方法」下記専用サイトよりお申込みくださいませ
福島専用申込みサイト
mousikomi1

★群馬・申し込み終了いたしました。
9月8日をもちまして、申し込み人数に達し満員となりました。ありがとうございました

★9/21(土)栃木・12時30分開場・13時開演

・宇都宮文化会館 研修室(栃木県宇都宮市明保野町7-66 )      
・参加費 2,000円+ラブオファーとしてご神事の支援をお願いします。
会場利用時間の関係で、定員40名とさせて頂きます。参加ご希望の方は、下記より、申し込み手続きを行ってくださいますようお願いいたします。

「参加方法」下記専用サイトよりお申込みくださいませ
栃木用申込みサイト
mousikomi1

★9/20(金)埼玉・13時開場・13時30分開演

・武蔵浦和コミュニティセンター8階第7集会室(さいたま市南区別所7丁目20番1号 サウスピア8階)
http://www.e-map.ne.jp/pc/index.htm?cid=Saitama&kid=1166

・会場利用時間の関係で、聖なる杖の口伝えは先着30名にて終了させて頂きます。ご参加希望の方は、当日、会場にて整理券を受取り下さい。
・JR武蔵浦和駅西口下車徒歩1分・駐車場は、専用駐車場(有料)をご利用ください。
・参加費は無料です。聖なる杖の全国ご神事運営費の支援をお願いします。

★9/22(日)東京 12:30会場・13:00開演

・スクエア荏原/イベントホールC(東京都品川区荏原4-5-28)
※聖なる杖のセレモニーへの同席は、申し込み不要。参加費2000円+御神事支援金となります。
※※「口伝え」をご希望の方は、申し込み制となりますので、下記より事前にお申込みください。


下記専用サイトよりお申込みくださいませ
東京口伝え申込みサイト

mousikomi1



※※各会場へ直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。
お問い合わせは
問い合わせ

現在の御神事と啓示について:1

2013.09.09.13:12

先日、岩手にて中継でお話させていただきました内容を整えたものでございます。
お話している最中も、様々な存在が、その時伝えたいことを、伝えてきているため、中継中は、同じ内容の事を、繰り返しお伝えしておりました。
しかしながら、それは、伝えたい、重要である、意識して欲しいという見えない存在からの意図があります。
今回、書き起こしをお手伝いいただきましたので、その前後している部分を、内容ごとに整理しました。中継でお伝えした内容を活かしながら、わかりにくい部分の説明を加え、出来るだけお伝えできるように整えました。
今回、中継の中では、イスラエルの事と自然の動きについてお話させていただいております。
次回は、お伝えしております10月の自然の動きと、自然災害テロのお話をさせていただきたいと思い、数日後には、掲載できるように現在編集中でございます。

それでは、先日岩手からの中継にてお伝えしておりました内容を改めて修正しましたので掲載させていただきます。
長文でございますことから、3回に分けて掲載させていただきます。
よろしくお願い申し上げます。

**20130905 岩手からの中継より**

皆様にお力添えをいただきたく、この生放送で啓示の内容をお伝えさせていただきたいと思います。内容といたしましては、これまでに何度かご報告させていただいております経済についてでございますが、9月に経済の危機が起きる可能性が高いと言うことで、ブログメルマガ等でご報告させていただいております。それがどういう状況で起きるか、色々とやりとりし確認をしておりました中で、実際に起きる可能性が高い状況になる要因として、まず、アメリカが中東での軍事介入に踏み切る可能性が出てきた時と伝えられておりました。

啓示では、伝えられていた経済の混乱を、政治的な武器として、力のある国が、自分の国益を優先し、力を保持する為に、その経済、あらゆる分野の経済の元をコントロールする事によって、一種の武器として使う事になり自分の力を保持するためのものとして使っていると伝えられておりました。
今まで、そういった流れが起きないように、その流れになる出来事のタイミングを何とかずらしてきました。しかし、様々な出来事の中でも今回の9月18・19日には、世の中を更に悪い方向へと推し進める出来事が起きる可能性が強いと伝えれておりました。かなり高い確率で起きると伝えられている中、この出来事は、なんとか3・4か月先延ばしする事が出来る、それを確実にする為にも、皆で意識を集中することが出来れば、それは、可能であると伝えられたことから、9月15日に祈り合わせの中で力を貸して頂きたいというお願いでございます。ただ本当にかなり高い確率で起きると伝えられております。

9月にアメリカ合衆国が、中近東に対して軍事的な行動、介入をとる事が、公表されるか起きるかすると、そのきっかけが確実に経済の混乱を意図して起す。本格的に自分の国益を保持する為に、まず1つ目として9月に経済を武器として使うということ事を言われました。その要因がその目安となるポイントとなるものが、アメリカの中東への軍事介入であり、このたび、現実に公表された事によって、経済の混乱が起きる可能性がかなり高まったという事なのです。

9月に経済が落ち、来年の3月、9月と大きく混乱が来る、そのひとつの大きな目印としてこのアメリカの中東への軍事介入を伝えられておりました。今回、この要因として伝えられているアメリカがシリアに軍事介入する可能性というものが、実際に放映された事からも、やはり経済の混乱の起きる目印と考えられます。
そして、このシリアへの介入は、来年の3月に、イスラムのテロリストの人たちによる核を使ったテロが起きるきっかけとなるという啓示の現実化への要因としても伝えられておりました。しかし、このイスラムのテロリストという部分においては、実際には、違うという事も伝えられております。世の中へはイスラム、テロという事が広がるのですが、実際には、イスラムではない、そうしておいた方が都合のよい存在の自作自演という内容を伝えられております。

これはイスラエルに行った時、以前より伝えられている流れに実際なるのか確認しにいった中で、改めてイスラエルで詳しく伝えられてきたことです。イスラエルでは、3月にイスラム系の人達の手によって初めて核兵器をテロとして使う。実際それが本当にイスラム過激派かは、それは定かではない。本当は違う陰謀的な物だろうと、これまで、そしてこれから先に、起きる色んな中近東での出来事は、殆ど意図的陰謀的な策略により事が起きるだろうということを言われました。
そして、途中飛行機の乗り換え時間で待っていたトルコのイスタンブールでも、同じように伝えられてきました。

実際に庇うつもりはございませんが、シリアが本気で毒ガスを使ったのかどうかは、私は使ったとしてもなんらかの策略があってやったんだろうと感じております。(そのサダト大統領を庇うつもりはございません。あの方はいずれは国際裁判で罪を問われるべきだと、本当に思っております。)

ただ、伝えられてきた事だけを言わせて頂ければ、イスラエルで言われたのは、来年の3月に初めてテロリストが核兵器を使う事になるだろうという事。それは本当にイスラムの過激派がおこなうのか、本当は陰謀的に使われた事が大きいという事で伝えられました。そしてその時に、これから今年に起きる中東での色んな物は、策略陰謀的な物で闇の勢力によって、力のある国の国欲を利用した陰謀によって起された、起きた事であり、それを口実に中東を支配する形をとるだろという事を伝えられておりました。そこの中で9月にアメリカ合衆国が中近東で軍事介入に出るという、新たな軍事介入に出るという事が公表されたら、それはまずその公表した今年9月に第一歩の仕掛けとして経済を武器として使うだろう。それで混乱が起きるだろうという事を伝えられた事があります。それがこの今年の9月の18・19日に起きる可能性が高い事を示唆しており。そのままでは、確実に起きる可能性があるということを伝えられているという事です。
これまで中国と日本との戦争、中東での啓示のことを色々と話をしてまいりました。その関連で、韓国や中国、台湾、フィリピン、グァム、そして今年はイスラエルまで祈りにまいりました。イスラエルでは、先ほど伝えました来年の3月テロの出来事についての確認と、今年、今、闇の勢力が行おうとしている9月の出来事、それに対して啓示で伝えられていることが、事実として起こり得るものなかと言うことを直接現地の見えない存在達に確認するため、そして、その流れが現実化するならば、流れを変える、回避する為の仕組みづくりを行ってまいりました。
そして現地でのご神事の対話の中で、アメリカがシリアに対して、軍事介入をするということは、やはりその後のテロへと流れる可能性がすごく高い、実行する為の行動が、実際に進んでしまう事を強く伝えられておりました。
その為、イスラエルとイスラエルを訪れた際に、途中乗り換えで、トルコのイスタンブールで行きも、帰りもかなりの待ち時間があったので、この時も、そのような流れにならないように、イスラエル同様、何とか回避することが出来るように、願い、祈り、様々な存在達の力を借りてその仕組みを作ってきたつもりでございます。

政治と経済の話をするとお伝えしながら、また戦争や政治の話をしていると思われるかもしれません。しかし、政治は、人がかかわり、人の考え行動によって、流れを変えてゆくことから、生き物と同じであります。
また、政治を本格的に大きく動かす為の様々なかけひきをする時に、その手段として手を打つのがまず経済なのです。経済をコントロールし、貿易や通貨、株、金、食糧、色々なものをコントロールして相手に圧力をかける。様々な手段をもってして駆け引きし、経済を大きくコントロールするのです。経済は、現実の武器などよりも大変効力のある手段として駆け引きに使われ、そしてそれはとても、効果を上げるものでもあります。
ですから、政治も経済も常に、その上の力をもった国の人たちの意向でいいようにコントロールされ、いいようにそれを世の中を動かす手段として使われ、その一つとして投資家、一般投資家の欲、人の欲が利用されている、それが今の社会の姿でございます。

今回、闇の勢力がアメリカを使ってシリアや中東だけではなく、中国やアジア全体でも様々な圧力や駆け引きを行い、戦略として、中東とアジア両方へ経済的な圧力を仕掛けるということを行うには、どうしても世界的に大きく政治と経済の絡みが動くということを行わなければ効果がないと言うことになります。
中東の化石資源をコントロールし、アジアの経済力はどうしても潰したい。
経済力がつけば、軍事力の強化へとつながり、それは世界、国際社会での政治的な発言力の権限の強さへとつながります。そのためにも、アジア特に、中国を潰したい。このままで進めば、アメリカをしのぐ大国へ成長する為に潰そうと動いているのが闇の勢力の動きであると伝えられております。
実際に経済が、大きな駆け引きとして動くのが今年9月、来年の3月、来年の9月と伝えられております。この時期に、大きな出来事が起きる可能性がすごく高いということを常に伝えられておりましたが、これが現実化する可能性がすごく濃厚になってきたと改めて伝えられているということをまずお伝えしたいと思います。

詳しく申し上げますと、中東並びに、中国への経済の駆け引きが今年9月にまず行われることで、経済が混乱をきたします。この状態からクリスマス前から年明けて3月中期に一度持ち直しますが、この時3月に先ほどお伝えしましたテロが起き、再び暴落してゆく。そして、経済が持ち直すことが出来ず9月に本格的に経済崩壊が起きる可能性があると伝えられています。
闇の勢力はひとつの仕掛けとして、今月9月、18、19日当たりに経済的な効果のある、化石資源、農作物先物取引、通貨、金融、株などを対象に、一気にリーマンショックまではいかずとも、経済テロを仕掛けの材料として、1度、一気に株を落としてくる可能性があります。日本でしたら、9千円位まで株価が落ちる状況が伝えられています。
そして、来年の3月、9月と更に大きな仕掛けをもちいて、世界規模の経済崩壊に繋げる流れを作ってくると啓示では伝えられております。その流れで逆に、日本は来年12月から、株や円が上昇していくというビジョンも伝えられております。この状況は、闇の勢力の計画として伝えられている一番新しい啓示とビジョンの流れです。
もう一度言います。今年のこの9月、18日から19日にかけて株が9千円、及び大きく落ち込んで8千円位まで大きく落ち込む経済的な一時的な経済ショックが起きると伝えられています。
そして、今年の12月から来年の3月にかけて1度持ち直したかのように見えたその株がもう一度、落ちる要因として、先ほどお伝えしました来年の3月の核のテロが始まりとして、6月までに多発テロ、核だけではなく、色々なものが(毒ガス・細菌兵器)を使ったテロが世界の3ケ国位で起き、それが大きな引き金として政治と経済の不安を煽り一気に9月に暴落するという啓示とビジョンを伝えられております。(闇の勢力が起こす3月~6月テロ・9月経済テロであります)

そして、啓示やビジョンを伝えてくる存在達との様々な駆け引きと協力の中で現在の状況を何とか保っておりますが、来年の9月に完全に経済や国自体が、予算、財政崩壊になる位の大暴落とか経済崩壊が起きるという啓示とビジョンを常に変化の中で見せられており、今、それが一番、常に強い形で見せられている啓示、ビジョンでございます。

もう少しお伝えします、さきにもお伝えしたようにアメリカと言う国の国益を優先しますが、それはイギリスも含めて、先進国は自分の国益を優先しての様々な駆け引きをしております。代表的なのはEUやアメリカ、イギリス。そういった中で大きく、アジアと中東と言うのは、今、大きな、無視出来ない場所となっております。特にアジア。アジアの国々でこれだけの発展、経済発展がどんどん進行していく中で、その発展に対し他国は自国の国益とどう組み合わせながら、自分の国の権威、権力そしてそれを維持するかといった、駆け引きを考え、その手段として使われるのがまず経済です。貿易やそこにある化石燃料、エネルギー資源、色々な農作物。様々なものを駆使しての貿易が行われることから、経済がひとつの武器として使われてゆきます。
それに対してまた政治的な圧力や軍事的圧力といった様々なものを組み合わせて、自分の国に国益として、出来るだけ多くの分野から利益が集中するように仕組んでいくわけです。
その中で啓示で伝えられております9月、18、19日辺たりに経済がおかしくなるという出来事が起こることによって、一時ヨーロッパに混乱が起きます。その中で、シリアを含むアラブ諸国のイスラム原理主義のテロやその国の攻撃と見せかけもしくは、けしかけ、裏では闇の勢力が自身の都合の良いような流れを作るために動いており、アメリカが本格的な軍事介入を行うことによって、そのアメリカと言う国が自分の国益の力をつけるためのひとつの思惑、意図的なそういう仕組みを使って、確実に自分の国益に結ぶ流れを作る計画を今たて動いているということを伝えられております。
9月18、19日に経済の混乱が起きることによって、ヨーロッパが混乱を起こし、
そこの中で中東シリアに軍事的な行動が起きることによって、化石燃料が暴落するか、高騰するか、そういう流れを作り、その化石燃料の利益、そのような配分を自分たちの優位に事を運ぼうとする流れが起きると言うことを啓示では伝えられております。
そのためにはどうしても経済的な仕掛けが必要だと言うことを伝えられておりました、起きる目安の一つとして、中東に対してアメリカが軍事介入をとるという姿勢を見せることが起きたら、それは確実にアメリカは意図的な操作として経済を武器に使うと言うことを伝えられておりました。
これは今言っているのはちょっと意味がわかりづらいかもしれませんが、実際にはそう伝えられております。


~続く~

現在の御神事の状況と啓示について:2

2013.09.09.13:12

~続き~

さて、特に世の中が大きく動く時、それは自然が大きく動く時期でもあります。今世紀21世紀はこれまで数百年規模の地殻変動の流れ、日本列島でしたら三百年とか数百年、数十年の周期で起きてきた火山や地震プレートの動きが、今世紀はそれらの周期がほぼ揃ってしまう時期であり、数十万年規模の地核変動の出来事が日本列島で、地球上で起きてきます。
これまでは、それぞれの動きには数十年から数百年周期があり、それぞれの間隔で起きておりましたが、今年21世紀は数十万年ごとに起きる地核変動期という事を伝えらております。それは、1年、いわゆる地球誕生の0年から、数十万年周期で繰り返してきた地球の動きでもあり、地球上のほとんどの自然の動きがこの短期間で行われるという意味であり、今世紀中に一度に一気に動くという事です。この百年のうちに動くという事です。
数十万年規模の地球の動きが、21世紀の百年の間、実際には十三年過ぎていますから、あと87年、6年とちょっと、その間に十万年分に起きてきた、その地殻の動きが一気に百年で動くという事ですから、とんでもない動きになる訳です。一つの動きがあれば地球上で一気にあっちこっちで震度7クラスの地震、大型火山の噴火、それがこれからどんどん大きく世界中で動く、日本列島はその小さな島の中に、太平洋プレート、フィリピンプレート、北米プレート、アムールプレート、ユーラシアですね、それに西日本火山帯と東日本火山帯、そういったものが大きく日本の中に中心、東西に分かれて、大きく重なっております。それらの動きがこの百年の間に、一世紀の間にまとまって起きるという事は、殆ど連鎖的に起きるという事です。自然も意志があります。それが良い方向での意思が伝達、要は次起きる地震や色んな災害に対して本当にバランスよくタイミングよく、本当に調整の入った伝達ですね。伝達といったら、人に伝える命令する、そういう伝達の意味です。その自然の中の意思がそういう形できちんとしたタイミングをずらし、本当に良き方向へ行くための流れとして、それを伝達して、良いように連鎖するならば、100年という期間で動くことはせずに、長い時間をかけて緩やかに穏やかに動かし行き、そこに住む全ての命が次に未来に命が繋がるように動きゆきます。
そのために、各地を回りそれぞれの存在達に願い祈り、協力を仰ぎ、穏やかなる流れになるようにするために行っておりますのが、私達のご神事の一つでもあり、次の世代へと託し繋いでゆくご神事でもあります。
それが悪い流れで伝達し、連鎖する事は、この地上に住む全ての命が破滅の道へ行くという形になります。
これまでの歴史の中で自然が大きく地殻変動の大きな時期に、そこに人間が自分の欲をからめ、自然の動きに乗じて様々な事を政治や経済を武器に使い、権力やそういう物を得ようとする事が重なり、大きく世の中が乱れ、その結果大きな戦争へと発展し、大きな文明が失われてきた訳です。それが、これまで何度も行われた繰り返しの循環の歴史です。
それは人間、要は神や宇宙との交信していたムーやアトランテス時代から同じ事をずっと繰り返してきた人間の歴史です。今までと同じように、大きく動き始める地殻変動に乗じて自分の欲を持って行動するならば、地球は破滅、全ての命は失われていくという形になります。
今度こそそうではなく、自然と共に、環境と共に、色んな物と共に、命と共に、きちんと分かち合ながら、その循環の中で、きちんとした仕組みの中で、本当の良いタイミングの中で、地球の生まれ変わりをし、地球が生まれ変わった地上の上で、我々の命も含め、全ての命が、そこに生きる。そのためにも生きとし生けるものの命を繋ぐという事を、人間が中心に行わなければいけない訳です。この21世紀は、その時期をきちんと人間が把握し、動かなければいけない。本当に大事なその1世紀であり、一日一日が、何十年、何百年に相当する一年です。今世紀の、21世紀に起きるといわれている数十万年規模の地殻変動期、この百年に対して数十万年の規模で起きる物がここで起きるということは、どういうことかと、この一年一年が本当に十年、百年に等しい時を刻んでいるという事を皆さんに理解して頂きたい。分かりますでしょうか。

時が早いというのはそこにあります。一年が凄く早い。十年が凄く早い。それは、それだけ百年の間に数十万年の規模の地球の動きが、その百年の間に、数十年かけて動く自然の動きが凝縮され一気に、この百年の間に動こうという事ですから、それは一年が数百年の早さの、時を刻んでいるのと同じという事を理解して頂ければ、今私達がその1年、12で割って1ヵ月、それを30日で割って1日、その1日がどれだけ大事か。その1時間がどれだけ大事な時を今歩んでいるかという事を理解して頂きたいと思います。それだけ大事な時を、今私達は過している訳ですから、そこの中で出来る事として、まず自らを見つめるためにも、共に祈り、誠のその1年2年3年5年10年、その時を本当に自分の理想の願いの想いを持った未来を想像し、その想像に近づけるように、心から願い、祈り、そしてそこに近づけるように些細な事でもいいですから行動を移す事が、確実に未来を良くする大きな力となります。
逆に1年が百年に相当するのですから、本当に多くの人がそういう気持ちで願い祈り、きちんと未来を想像し、想いそして願い祈り、行動に移すという事は、1年で百年の時を変えるという事になります。意味分かりますか。理解しずらいでしょうか。
1人が1年、本気でそういう自分の未来を想像し、そして想い考え、そして願い祈り行動する、1年を通して、目指す方向への行動を続けるという事は、百年の時を変える、変えて、良き方向へ道を作ったという事になります。ですから悪い方向に行くのも早いですが、良き方向に行くのも、早いという事。確実に良き方向に一気に作り変えるチャンスでもある事を理解して頂いて、今皆が本当に未来を想像し、考え、そこを願い祈り出来る事を行動に移す、それが確実に未来を一気に良き方向へ作り変えるという事になります。
だからこそ皆さんの祈りの力をお貸し下さいという事を、皆さんにお願いしている訳でございます。どうか力添え頂きますよう、どうか9月15日、そして9月22日、そして秋分の日、その日にどうか皆さんの力添え頂けますようお願い申し上げます。
どうか多くの人に広げて、多くの方々と共に9月15日、そして9月22日、9月23日の秋分の日、どうか多くの人達の意識を持って、未来を作り変える為にも、どうか力をお貸し下さい。
特に9月15日、9月18・19日における経済の混乱を避ける為にも、どうか9月15日力添え頂けますようお願い申し上げます。

先に伝えました経済、世界の動きといった伝えられている事が100%完全に起きるのかと言えば、起きる可能性がかなり高い確率で現実化する状況にあると感じております。
しかし、9月、この今月起きると伝えられている出来事は、これまで行ってきた御神事の中伝えられてきた啓示では、回避とはゆかなくとも、なんとか先延ばしできる状況までもってこれているとも伝えられております。ただ、本当に、見せられ、伝えられているビジョン啓示と、現実の状況を照らし合わせると、最悪の状況へと流れている事は、事実であり、そのような中での、何とか先延ばしという事は、些細な事で、どちらにでも変化するという事でもあります。その為、今月の15日の祈り合わせには、皆様の真心からの善き未来を願い祈るお力添えが不可欠であると感じております。そして、この日に、力を分散させるのではなく、多くの皆様の真心のお力を集中させる事によって、世の中への見えない力の働きは、大きく働き影響を与え、その後の変化を促し動く事となります。
今までのご神事と祈り、皆様との祈り合わせによって、啓示的にも伝えられておりますが、おこる出来事を何とか3,4ケ月時期をずらすことができたのではないかと思っております。
回避ではありませんが、その時期、その時期のタイミングをずらすということも大切なことになります。
戦争への引き金となる出来事は連鎖して、一連の流れで起きることによって、転がるように進んでゆきます。
先ほどもお伝えしました流れは、一連の連鎖の流れです。その時期に、そのタイミングで、その出来事が起きるという事が、戦争への流れを作ってゆきます。しかし、9月に起きる出来事が来年の1月ぐらいちょうどひとつ時期をずらして起こる。今月起こる出来事が、今年の12月から1月に起きるという事で、流れは変わってゆきます。そして、現在3ケ月から4ケ月ずらすことができる状況にある。
実際にこれまでご神事で一気に全てを改善することができず、タイミングをずらすという形で行ってきました。今、私ができるのは、3,4ケ月から半年、1年という間隔でタイミングをずらすのにせいいっぱいで一所懸命させていただいております。それを行うにも、常に日本列島をタイミングを外すために47都道府県を回り、そのご神事を何年もずっと繰り返し、繰り返し、1年に何周も日本列島を回り、政治経済、そして自然災害は、日本国内の関わりだけではないので、外国とのご神事を組み合わせながら、経済と政治と戦争とそして自然災害のタイミングをずらし、何とか、最悪の事態に一気に流れるのを回避するために常に行ってまいりました。
行ってきたつもりではなく、実際にご神事を行っております。確実にそれで何とか最悪の事態は、先送りという形ではありますが、延ばされてきており、その先送りした中で少しづつ変化が起こり、少しづつ善い方向へ向かうように仕組みを作っております。
一つ一つのタイミングをずらすことによって、連鎖の流れを切り、現実化しないようにご神事してまいりました。
2009年のリーマンショックがありましたが、実際にはその起きる前からになりますが、リーマンショックの後、起きる可能性の高い出来事を少しづつタイミングをずらしながら、今日に至っております。そして一番大きなタイミングをどうしてもずらさないといけないのがこの9月になります。

実際に私に伝えられてくる啓示やビジョンに基づいておりますが、私は経済学者でもないし、株やそういうものを専門的にやっている人間でもございません。啓示に基づいて伝えております。
ただ、その啓示を私は自信を持って、信念をもって伝えます。
しかし、それは決して預言ではないです。私は地震にしてもそれ以外の啓示、ビジョンに対しても言い当てっこをするつもりは一切ないです。伝えられたことをまず伝えて、それが起きないように、何とかするために皆さんに伝えているわけです。そして何も起きなくて、やはりいつも当たりもしないと言われるような状態、それは私の本望でございます

今回も47都道府県を回りお祈りをして来ております。9月の7日北海道、そして9月8日は青森でお祈りをする予定でおります。そして秋田、山形、9月10日新潟、そして一気に11日に石川まで行き、戻りに富山、そしてそこから仙台に行きます。14日に仙台、次に福島、群馬、長野、20日にそこから茨城に行って、戻りながら埼玉、栃木、東京と行います。
私が、経済や自然災害について書き込みをしたことにより、様々な方が色々なことをおっしゃっているようですが、ただ私ははっきりと申したいのは、私が皆様にお伝えしているのは言い当てっこするために伝えているわけではありません。預言的に当てるために伝えているものでは一切ございません。私自身はご神事の中で、伝えられてくる啓示が現実に起きないようにということで、警鐘として皆さんに伝え、皆様の意識の中で、このままではいけない、回避するためはどうしたらよいのだろうかという意識になっていただくように伝えております。
そして、絶対に伝えられているような状況にならないように、それぞれの未来の良いビジョンを描き創造し願いの祈っていただきたい。その力をお借りするために伝えているわけです。
これから祈る場所、場所で皆さんの本当の祈りの力、真心の力をお借りしたいと思っております。その場所、場所でどうしても皆さんのお力添えを、本当にお貸し下さい。お力添え下さい。
そして、特にその地域、地域に行う日にちにお力を貸していただければすごくありがたいです。
それと同時に日にちを特定させて、確実に皆さんの意識を集中したいのが、9月15日、福島。
その福島での祈り、セレモニーの中で、その日は月に1回の合同祈り合わせです。その時に皆さんの力をお借りして、何とか回避する、確実な、タイミングをずらすしっかりとしたものに変えていきたいと思っております。
ですから9月15日。9月15日の1時から、できる限り皆さんの意識を、1時から、どうか集中して祈り合わせの中でお力添えをいただければ、本当に未来を善くする方向へ形造ることが確実にできます。
各地域のその場所、合同祈り合わせの集合場所がない地域は、各自の自宅でも自分の好きな場所でもどこからでもいいですから、祈り合わせに参加していただきたい。
もし、お近くの合同祈り合わせをする場所に足を運ぶことができるならば、どうかできる限り、足を運んで意識を、お集まりの皆さんと意識を合わせて祈りをしていただき、お力を貸していただきたいと思います。
今回、初めての試みとして、奈良で、志賀や京都、大阪、兵庫、といった地域の集まれる場所として集会所を借りて、ゆっくりときっちりとお祈りを行います。プロジェクターを使って、生中継で配信しながら会場では、同時に祈り合わせをしたいと思っております。そこに参加できる方は、どうか奈良会場に、その地域、地域で会場がある場合は、そこに足を運んでいただきたいと思います。
もし見ていただいててる方で自分の地域でもやっていただける方がいれば、今、現在やっているのが北海道、青森、新潟、そして東京、神奈川、静岡、名古屋、奈良、高知、沖縄でしたかね、もっと他にありましたでしょうか、それ以外にも手を挙げていただけるのであれば、これからでも手を挙げていただいて、その祈り合わせに力をお貸いただきたい。地域を取りまとめて呼びかけていただければ幸いと思います。すみません。今ちょっと祈り合わせの宣伝みたいになっておりますが、決してそれは宣伝ではなく、本当に、今起きると伝えられているものを何とか、まず3,4ケ月先送りをし、タイミンク゛を外し、その時期時期をずらし、はずして、全ての要因のタイミングを外すことからまず行い、そこからひとつひとつ良い未来への流れの仕組みを積み重ねていくことによって、本当に経済が安定に向かう形を作っていくという仕組み作りをご神事の中で行ってゆきます。
そのために、まず一番最初の9月、それを確実にタイミングを外すと言うことが、本当に大きな力になります。

何とか3ヵ月間か4ヵ月先に先延ばす事が可能になってきた。それは皆様からのお力添えとご支援の賜物で、長年ずっと何年も続けてご神事の中で繰り返してきたその仕組み作りの中で、やっと3ヵ月4ヵ月の先送りでございます。それでも次に繋がり次に未来を変える力になります。それを確実にするのが、9月15日の祈り合わせという事を皆さんに伝えておきたいと思います。
ただ、それでも油断するとまた起きてしまう可能性が高いです。ですから最後の最後まで油断することなく、伝えられてくる出来事を確実に4ケ月でもタイミングをずらすということ、まずそれにどうしても力を入れたいと思っております。

~つづく~~

現在の御神事の状況と啓示について:3

2013.09.09.13:11

~つづき~

それともう一つ、8月8日に起きた誤報の地震。それはいろいろ私もその場で祈りをしていろんなことをビジョンを見ながら伝えられていたもので、大きく流れが異なったことで困惑しているところがありましたが、今年の、8月の、29日から30日にかけて、夜を徹して徹夜で房総半島から東京湾、三浦半島、そして相模湾、そして伊豆半島から駿河湾、富士川河口で祈った際に伝えられたことがあります。そして、その時同時に妻が富士山に行ってご神事を行ったことによって、きちんとその理解が、啓示を受けることができました。そこで言われてきましたのが、それまで南海トラフだけすごく注意をしておりましたが、南海トラフだけとか、中央構造線だけの意識をしてたらとんでもないことが起きるぞと伝えられてきたのです。
それはマリアナ諸島、海溝から小笠原海溝、伊豆七島から来る、その火山帯の中に繋がっている海溝、それがフィリピン海溝と日本海海溝、太平洋プレートとフィリピンプレートの重なり合い、そしてアムール、北米プレートの重ねの中で、大きな刺激が起きる。この起爆剤として起きる可能性が高いのが、伊豆七島、小笠原から伊豆七島で大きな海底地震が起きるぞ、南海トラフにとらわれると、大変なことになりかねないぞということを伝えられてきました。この動きが起きた時に、一気に4つのプレートが動くぞと。それと一気に大きな重要な火山も動くぞと。それを本当に阻止しないといけないということを言われました。これは意図的な操作によって引き起こされるものであり、飛んでもない馬鹿なやつらが、自分の欲の為に行うことだが、結果、考えていた以上の事態が起きてしまうことに繋がる。そのように伝えられ、本当に凄い危機感を持っておりました。この地震の事につきましては、本当に重要な話になりますので、きちんと自然災害テロという内容で改めてお伝えさせてください。

そこで私は今日皆さんに改めて一つ、どうしてもお願いがあります。それはまた、本当に現実的な話をして本当に申し訳ないのですが、それはあくまでも現実的なものでございますので、恥を忍んでお願いをします。いま私自身、この日本全国を回るご神事を行っておりますが、それは皆様のご支援の賜物でご神事をさせていただいております。しかし今回、6月からのセレモニーいろんなもので、かなりの経費を使っております。今回のご神事を行うために、予算不足から私の持っていた沖縄でのご神事に使う船を売却して、今この費用に充てて何とか今月、来月の一部にかけてはご神事を行える状況で何とかその、ほんとお恥ずかしいのですが、先月の半ばにやっと船が売れて、何とか費用がまかなえて、今ご神事が続けられている状況でございます。
10月27日までに 数か所で、その後の動きに対する仕掛けが仕掛けられていると啓示で強く言われていることがあります。その為、10月17日までに小笠原でのご神事おさめておくように最悪でも27日までにはおさめておくように、本当に先の未来を考えるのであれば、きちんと行っておくようにと強く言われております。
まず、10月に伝えられている南海トラフを中心とした地震については、それを回避するために今飛び回っております。9月23日に聖なる杖を持ってのご神事を一旦区切りとしましたら、改めて今度はミロク大社の比嘉良丸、比嘉りかとして、9月24日に四国高知へ飛び、そこから9月いっぱいまでにもう一度、高知から東海岸沿いを上がりゆきます。室戸岬から入り、そして徳島からフェリーで和歌山に入り、そして紀伊半島を回って鳥羽からフェリーで渥美半島に入る。渥美半島からフェリーで知多半島へ入り、そこから折り返して浜岡原発、そこから関東へとお祈りしながら北上移動し、29日までにはそれら一連の御神事を行うつもりでおります。それで何とか10月2日、3日に来ると伝えられている地震、10月18、19日に起きると伝えられている地震というものの先延ばしを、何とか、回避することができると。何とかそれはできると思っております。
しかし先程言いました小笠原のご神事は、先に今年グァムでお祈りをしたことによってマリアナ海溝に対しては何とかお祈りをしてまいりましたが、ここで小笠原にもきちんとお祈りをし、杭を打つことが重要となります。
小笠原に、先ほどお伝えしました仕掛けを阻止する杭を(祈りのよっての杭でございます)打つことを行わなければ南海トラフが何とか収まっても、小笠原から伊豆七島を経て左右、東西に大きな連鎖が走りプレート型の地震や火山帯を動かして大きな火山の噴火といった動きに、繋がるということがあり、南海トラフだけではなく小笠原をきちんと抑えよと強く言われております。
そこで、本当に大変申し訳ありません。10月、南海トラフに対するご神事はなんとか行える状況で動いております。ですが、小笠原へのご神事は難しい状態であります。
どうか皆様のお力添えを得てなんとかご神事ができるよう、お力をお貸し頂ければと思います。本当に恥を忍んでの呼びかけではございますが、どうかお力添えいただきまして、何とか小笠原のご神事をやり遂げる事が出来るようにお力添えを、どうかよろしくお願いします。

本当にいろんなことをお伝えしてまいりましたが、とりあえず今、先にあるのは9月15日、合同祈り合わせにお力をいただきたいと。9月22日、そこでの祈りでも大きく皆さんのお力を貸していただきたい。それと9月23日は、小さな会場を借りてゆっくりと結びのご神事をしようと思っています。本当は野外で行いたいのですが、外でこの聖なる杖を持ってご神事を行うと、やはり制止が入ってしまい落ち着いて祈りができませんので、場所を借りて屋内で行いたいと思います。
そこでどういうご神事をするかと言いますと、6月から、私にはこういう啓示が降りて、そこでこういう祈りをしなさいと伝えられており、各地を回っております。そのことに対して私がこういう啓示を受けて、ここで祈りをしましたということを、妻に伝えてくる神様に対して伝え、場所場所で行ってきた祈りは、どういう意味があるのかを確認する。これを行うことによって対極を結ぶことになります。一つ一つその場所場所の意味を解きながら、最終的に47都道府県のすべての、その行った意味を一つにまとめて、最後に一つの結び、繋ぎ、和合というご神事を行います。ですから47都道府県、一つ一つを確認し行ってゆきますので、かなり時間がかかります。それは23日秋分の日に行おうと思っております。それを行って最後に、また皆さんに生放送でその祈りの意味とお祈りをします。その時にまた改めて祈りの力をお貸し頂ければ幸いかと思います。
大変言ってることが理解しずらいかもしれませんが、何とか自分なりに、何とかこういろんな事を伝えられて来る中、いろんなビジョンを見せられる中、できるだけ冷静にわかりやすく、伝えようと心掛けて話したつもりではございますが、やはりわかりづらい所もたくさんあるかとは思います。改めて、今日お願いしましたように、書き起こしをして、耳で聞くだけではなく、文章でどういうことをお伝えしたのかを読んで頂いて、そしてその上でお力を貸して頂きたいと思います。本当に、ありがとうございました。長い時間お付き合い下さいまして、ありがとうございました。どうかお力添えの方をよろしくお願い致します。

比嘉良丸
比嘉りか


★*★*祈りの和information*★*★

★9月15日 全国祈り合わせ
inoriawase

聖なる杖 申込みサイト開設


※※ 各会場へのお問い合わせはご遠慮ください。
開催の詳細、変更は、下記サイトをご確認ください
聖なる杖 情報サイト>>http://tackk.com/raurqu

お問い合わせは
問い合わせ

聖なる杖 9月 申込み制会場>>

★9/14(土) 仙台・12時30分開始
  

・仙台市戦災復興記念館・4階研修室(仙台市青葉区大町二丁目12番1号)
・戦災復興記念館
「アクセス」
地下鉄・・・広瀬通駅下車 西4番出口から徒歩約10分
バス・・・・・仙台駅西口バスプール15番から(全便可)「東北公済病院・戦災復興記念館前」下車徒歩5分又は、各方面から乗り合わせの上、電力ビル前下車徒歩10分     タクシー・・仙台駅から約10分

・参加費は無料ですが、ラブオファーとしてご神事の支援をお願いします。

「参加方法」下記専用サイトよりお申込みくださいませ
仙台専用申込みサイト
mousikomi1

★9/15(日)福島会場

福島テルサ 4階 研修室すりかみ(〒960-8101 福島市上町4番25号 )
「アクセス」
福島駅より徒歩15分。お車でお越しの場合は有料駐車場になります福島テルサ指定駐車場であれば2時間無料です。以後30分100円(近隣に2カ所有り)最大利用上限有りのコインパーキングのほうが安いかもしれません。

「主なプログラム」
開場・受付開始/13:00、 開演/13:30(状況をみて)、講話/13:30~15:00 休憩/15:00~15:30、聖なる杖の口伝え/16:00~

・参加費は無料ですが、聖なる杖の全国ご神事運営費の支援をお願いします。
・会場の定員により先着30名様の参加となります

「参加方法」下記専用サイトよりお申込みくださいませ
福島専用申込みサイト
mousikomi1

★9/16(月・祝)群馬・満員となりました。ありがとうございます。

★9/21(土)栃木・12時30分開場・13時開演

・宇都宮文化会館 研修室(栃木県宇都宮市明保野町7-66 )      
・参加費 2,000円+ラブオファーとしてご神事の支援をお願いします。
会場利用時間の関係で、定員40名とさせて頂きます。参加ご希望の方は、下記より、申し込み手続きを行ってくださいますようお願いいたします。

「参加方法」下記専用サイトよりお申込みくださいませ
栃木用申込みサイト
mousikomi1

※※各会場へ直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。
お問い合わせは
問い合わせ

日々の祈り

2013.09.07.10:30

新暦9月7日(旧暦8月3日 子)

いつも真心のお力添えありがとうございます。
日々の祈りの際に伝えられました言葉をお伝えさせていただきます

鳥の声も 風の音も
木々の成長も 海の音も
未来に残せるのか
残せないのか
いや 残したいのか
残したくないのか
少しの手をさし延ばすことが出来れば
その手を 望むものはおろうに
生きとし生ける存在を
きちんを 見つめられよ


先日、岩手のパーキングにて夫から皆様へとお伝えしたい、今月の15日の祈り合わせにお力添えいただきたいという事で、中継をさせていただきました。
皆様のお力添えがあり、書き起こしされました。
ご協力いただきました皆様、この場を借りてお礼を申し上げます。
本当に、ありがとうございました。

さて、確認作業をさせていただきました中で、やはり、中継という状況では、中々伝えたい内容を伝えるには難しいという事を感じております。
お話しさせていただいております最中も、様々な存在が、その時伝える事、伝えなければならない事を伝えてきます。
順番に整理して伝えてきてくれればよいのですが、そうではありません。みな一様に、それぞれが緊急事態なので、それぞれが伝えてきます。
この中継は中継で、その時、お伝えするという事は重要な事でありますので、今後も続けて行くことではあります。
しかしながら、中継中、話しながら、出来るだけその場で整理して伝えてはいるのですが、意味が通じづらいという事がございます。
改めまして、書き起こしいただきました物を確認しながら、加筆修整し、また、改めて伝えたい事を加えながら、ブログメルマガにてご報告させていただきます。

明日、8日、青森へと移動し祈りの予定でおりましたが、この中継内容の修正を行いまして、9日早朝、青森をお祈りしてから、その後の移動を開始したいと考えております。
皆様には、9日にお伝えすることが可能になりますので、お読みいただけますよう、並びに、お力添えいただけますようお願い申し上げます。

比嘉良丸
比嘉りか

★*★*祈りの和information*★*★

★9月15日 全国祈り合わせ
inoriawase

聖なる杖 申込みサイト開設

今回47都道府県を回っております、聖なる杖のご神事ですが、下記会場につきまして、申込みサイトを開設いたしました。
お手数ではございますが、参加ご希望の方は、必ず、お申込みお手続きをお願いいたします。

西日本を回り、各会場にて多くの方々にお越しいただきまして、聖なる杖に祈りを込めていただき、また、皆様のご健康をお祈りさせていただいてまいりました。
しかしながら、ご来場いただきました人数が、50名を超える場所もあり、午後1時の開催から、夜8時、9時となる事がございました。
多くの方にご来場いただくことは、大変うれしいことではございますが、会場施設を借りての場合、会場を借りられる時間の制限などがございますことから、誠に申し訳ございませんが、申込み制とさせていただきたいと思います。

収容人数、並びに、開催会場の時間の都合上、お申し込みをいただきました方限定とさせていただきます。
お申込みに際しましては、お手数ではございますが、必ずお一人ずつお申込みくださいますようお願い申し上げます。
尚、現在、各会場の担当者と受付について検討中でございます。
下記以外の会場も申込み制となりました際には、改めまして、ご連絡させていただきます。

お手数ではございますが、何卒、皆様のご理解、ご協力いただけますようお願い申し上げます。

比嘉りか


※※ 各会場へのお問い合わせはご遠慮ください。
開催の詳細、変更は、下記サイトをご確認ください
聖なる杖 情報サイト>>http://tackk.com/raurqu

お問い合わせは
問い合わせ

聖なる杖 9月 申込み制会場>>

★9/14(土) 仙台・12時30分開始
  

・仙台市戦災復興記念館・4階研修室(仙台市青葉区大町二丁目12番1号)
・戦災復興記念館
「アクセス」
地下鉄・・・広瀬通駅下車 西4番出口から徒歩約10分
バス・・・・・仙台駅西口バスプール15番から(全便可)「東北公済病院・戦災復興記念館前」下車徒歩5分又は、各方面から乗り合わせの上、電力ビル前下車徒歩10分     タクシー・・仙台駅から約10分

・参加費は無料ですが、ラブオファーとしてご神事の支援をお願いします。

「参加方法」下記専用サイトよりお申込みくださいませ
仙台専用申込みサイト
mousikomi1

★9/15(日)福島会場

福島テルサ 4階 研修室すりかみ(〒960-8101 福島市上町4番25号 )
「アクセス」
福島駅より徒歩15分。お車でお越しの場合は有料駐車場になります福島テルサ指定駐車場であれば2時間無料です。以後30分100円(近隣に2カ所有り)最大利用上限有りのコインパーキングのほうが安いかもしれません。

「主なプログラム」
開場・受付開始/13:00、 開演/13:30(状況をみて)、講話/13:30~15:00 休憩/15:00~15:30、聖なる杖の口伝え/16:00~

・参加費は無料ですが、聖なる杖の全国ご神事運営費の支援をお願いします。
・会場の定員により先着30名様の参加となります

「参加方法」下記専用サイトよりお申込みくださいませ
福島専用申込みサイト
mousikomi1

★9/16(月・祝)群馬・12時30分開場・13時開演

・ももの木保育園 体育館(群馬県館林市楠町1943-1)
・各会場共通ですが、保育園は会場を提供して下さるだけで催し詳細についてご説明、ご案内することはできません。お問い合わせがゆくことにより、保育園の運営にも支障がでてご迷惑をお掛けすることとなりますので、一切の問い合わせはご遠慮ください。お問い合わせは文末の問い合わせ先へとお願いいたします
・お車でお越しの場合、東北自動車道 館林ICより5~10分アピタ館林店近く(一心亭らーめん店 の脇の道を入って、一本目を右に曲がると右手に駐車場あり)・電車でお越しの場合、「東武伊勢崎線 館林駅下車」→路線バス「館林・板倉線」楠町(駅から約13分)のバス停より徒歩5分ほど。駐車場は保育園建物の裏にあります。
・満席は無いだろうと想定しておりますが、会場の都合で先着40名の限定参加とさせて頂きます。お手数ではございますが、必ず下記お申込みサイトにて、お手続きをお願いいたします。定員を超えた場合は入場をお断りする場合もありますので、予めご了承下さい。
・参加費 2,000円+ラブオファーとしてご神事の支援をお願いします。

「参加方法」下記専用サイトよりお申込みくださいませ
群馬専用申込みサイト
mousikomi1

★9/21(土)栃木・12時30分開場・13時開演

・宇都宮文化会館 研修室(栃木県宇都宮市明保野町7-66 )      
・参加費 2,000円+ラブオファーとしてご神事の支援をお願いします。
会場利用時間の関係で、定員40名とさせて頂きます。参加ご希望の方は、下記より、申し込み手続きを行ってくださいますようお願いいたします。

「参加方法」下記専用サイトよりお申込みくださいませ
栃木用申込みサイト
mousikomi1

※※各会場へ直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。
お問い合わせは
問い合わせ

日々の祈りと現在の状況

2013.09.05.09:00

新暦9月5日(旧暦8月1日 戌)
いつも真心のお力添えありがとうございます。
日々の祈りの際につたえられました言葉をお伝えさせていただきます

一歩 一歩の未来作り
少しずつの進歩
出来ない時に 耐えるもの
進歩は 少しずつ
あきらめることなく
続けゆかれよ


さて、まずは、先日8月29日から30日まで富士山にての御神事の状況をお伝え致したいと思います。
おおまかな状況は、夫から皆様へとメルマガブログに一部お伝えしましたので、ご存じかと思います、これまで富士山に上がり、このような状況は、久しぶりなぐらいの状況でした。
頂上へ上がりました時分は、穏やかであり、天候も恵まれておりました。多少風が強いかなという感じはありましたが、それは、台風の影響であるという事を、山小屋の方も、一緒に上がって下さった方もおっしゃられていましたので、そんなに当初は気にもしませんでした。
到着後、少し休憩してから、聖なる杖と一緒にお鉢回りに出ました。まずは、反時計まわりにて廻り、一番高い元観測所があった、剣ヶ峰にて、杖と共に祈りをしました。
この時、杖をカバーから出した時に、欠けていることに気づきました。
一番高いところでの祈りの際に、欠けているということで、一緒の方と、何かのお知らせだろうとお話し、とにかく、何事もないように、伝えられている啓示も、様々な状況も、無難であるようにと最高峰で祈りを行いました。
一旦、宿に戻り、一息つきました。同行してくださっている方が、少し具合が悪くなっておりましたので、反対周りのお鉢周りには、私一人で行くことにしました。杖も、欠けてしまったことから、これ以上動かすのが不安でしたので、一緒に宿で安静にしててもらうことにしました。

29日の富士山山頂
富士山山頂天気も良かったのですが・・・

丁度、午後2時前ぐらいから歩き始めました。だんだん風が強くなってきているのと、台風前ということで、午後は、登山客が少なくなっていました。剣ヶ峰の手前付近で、ふと小笠原の南が危ないという感覚が起きましたので、ぶつぶつと小難無難とつぶやきながら、剣ヶ峰へと進みました。
剣ヶ峰にて祈りをしたのですが、この小笠原ということについては、特に伝えられては来ず、今度は、急いで戻らないとという感覚に襲われましたので、足早に、進みました。途中、突風で前に進めなくなることがあり、うずくまって、強風をやり過ごす状態にもあり、その日は、なんとか宿に戻りました。
その夜、宿が壊れるのではないかと思うぐらいに、風と叩きつける雨とが夜通し続きました。
翌朝、待ち合わせの時間、朝4時に山小屋の前にて杖と共に強風とそれにあおられてくる砂と朝靄の中待っていました。
みんな合羽を着ているので、誰が誰だかわかりません。そのため、目印として杖を持っていたのですが、これが、この強風に煽られて、支えるのもやっと。杖を持って歩くのもやっと、杖が飛ばされないようにしておくので必死でした。
4時過ぎに、お一人、合流できた方がいらっしゃいました。
本当に、あの悪天候の中、無事に登ってくることが出来て良かったです。

日の出ですが、流れてゆく雲の切れ間から、少しのぞいては、隠れの繰り返しで、はっきりと拝むことはできませんでしたが、日の出の時間に合わせてお祈りをさせていただきました。
そのあと、少し温まってから、火口へと移動してお祈りをいたしました。
この時の火口も、強風がすごく、少しでも風よけになればと岩陰に隠れたのですが、それでも風にあおられ立っているのがやっとでした。一緒にお祈りしてくださる方が、杖と私の足を必死に掴んでいてくださったので、飛ばされずに済んだ感じです。
なんとかお祈りも終えることができ、30日に下山となりました。
30日の富士山山頂からの日の出
一瞬見えた太陽
30日の富士山山頂からの山中湖
一瞬見えた 山中湖

夫の方は、29日に私を富士で降ろした後、房総半島の野島岬から三浦半島、熱海、石廊崎、伊豆、富士川河口、芦ノ湖を徹夜にて祈り周り、30日の午後3時ごろに富士の麓で合流しました。
31日には沖縄に戻ることになっておりましたので、そのまま、成田に移動し、二人とも本当に疲れてしまっていましたのでそのまま休み、翌日沖縄に戻りました。
沖縄に戻った後、沖縄でのご神事の打ち合わせや甥っこの四十九日、9月2日は沖縄での聖なる杖のご神事、そして1か月以上不在にしているため、郵便物の受け取りとその中から手続きするものなどがあり、慌ただしく過ごし、思うように対応や仕事が出来ず。徹夜のまま昨日、成田へと移動しました。

聖なる杖 沖縄の様子
沖縄 ヤハラツカサにて 沖縄 玉城城にて

2日の沖縄での聖なる杖のもようは改めてご連絡させていただきます。
また、本日午後1時ごろより、夫から皆様へお伝えしたいことということで、中継をいたします。
昨日の配信でお伝えしておりますが、できるだけご視聴いただきまして、お力添えいただけますと幸いでございます。

祈りの和TV
icon1-8.jpg


比嘉りか

★*★*祈りの和information*★*★

※※ 各会場へのお問い合わせはご遠慮ください。
開催の詳細、変更は、下記サイトをご確認ください
聖なる杖 情報サイト>>http://tackk.com/raurqu

お問い合わせは
問い合わせ

聖なる杖 9月の予定>>

★9/7(土)札幌・12時45分開場・13時開演

・北海道クリスチャンセンター 3階301-2号室(札幌市北区北7条西6丁目)
http://www.h3.dion.ne.jp/~hcc/access.html             

・会場の都合で、先着40名限定です。      
・JR札幌駅北口から徒歩5分位ですので、できるだけ公共交通機関をご利用ください、駐車場は30台分・有料(30分100円)。      
・参加費は2,000円+ラブオファーとしてご神事の支援をお願いします。

★9/14(土) 仙台・12時30分開始  

開催場所が変更と成りました!

・仙台市戦災復興記念館・4階研修室(仙台市青葉区大町二丁目12番1号)
・戦災復興記念館の詳細はこちらをクリック!
※交通マップは上記ページの一番下に掲載されています。
「アクセス」
地下鉄・・・広瀬通駅下車 西4番出口から徒歩約10分
バス・・・・・仙台駅西口バスプール15番から(全便可)「東北公済病院・戦災復興記念館前」下車徒歩5分又は、各方面から乗り合わせの上、電力ビル前下車徒歩10分     タクシー・・仙台駅から約10分
・参加費は無料ですが、ラブオファーとしてご神事の支援をお願いします。


★9/15(日)福島会場

詳細は決まり次第専用ページにてお知らせいたします。

★9/16(月・祝)群馬・12時30分開場・13時開演

・ももの木保育園 体育館(群馬県館林市楠町1943-1)
・保育園は会場を提供して下さるだけで催し詳細についてご説明、ご案内することはできません。お問い合わせがゆくことにより、保育園の運営にも支障がでてご迷惑をお掛けすることとなりますので、一切の問い合わせはご遠慮ください。お問い合わせは下記問い合わせ先へとお願いいたします
・お車でお越しの場合、東北自動車道 館林ICより5~10分アピタ館林店近く(一心亭らーめん店 の脇の道を入って、一本目を右に曲がると右手に駐車場あり)・電車でお越しの場合、「東武伊勢崎線 館林駅下車」→路線バス「館林・板倉線」楠町(駅から約13分)のバス停より徒歩5分ほど。駐車場は保育園建物の裏にあります。
・満席は無いだろうと想定しておりますが、会場の都合で先着50名の限定参加とさせて頂きます。定員を超えた場合は入場をお断りする場合もありますので、予めご了承下さい。
・参加費 2,000円+ラブオファーとしてご神事の支援をお願いします。

★9/21(土)栃木・12時30分開場・13時開演

・宇都宮文化会館 研修室(栃木県宇都宮市明保野町7-66 )       http://www.bunkakaikan.com/index.html      
・参加費 2,000円+ラブオファーとしてご神事の支援をお願いします。
会場利用時間の関係で、聖なる杖の口伝えは30~40名にて終了とさせて頂きます。ご参加希望の方は、下記より、申し込みを行ってください。
栃木申し込み>>

http://kokucheese.com/event/index/111228/

★9/22(日)聖なる杖のセレモニー “結び” in Japan
12:30会場・13:00開演

約2ヶ月をかけて日本全国を回った聖なる杖のセレモニーもこの東京会場の開催をもって終了となります。夏至に日本の地を踏んだ聖なる杖、秋分の日を区切りとして、しばらくは静かに各地の聖地を回る事になります。“聖なる杖の口伝え”もこの東京会場が最終の開催となります、この機会に是非会場へお越し下さい。詳細は、本頁にて近日お知らせ致します。

・スクエア荏原/イベントホールC(東京都品川区荏原4-5-28)
・混乱を避けるため、聖なる杖の口伝えは事前予約制を検討しております。
・詳細は暫くお待ち下さい。

※※各会場へのお問い合わせはご遠慮くださいませ。
お問い合わせは
問い合わせ

現在の状況 

2013.09.04.12:00

おはようございます。
本日、改めて本州へ移動いたします。
夫からですが、経済の事に関して9月15日という日付を啓示で伝えられており、その事についてお伝えしたい、書き込みをしたいと考えておりますが、夫の中での情報が入り乱れており、見えない存在ときちんとした確認をするのに時間がかかり、中々お伝えすることが出来ない状況にございます。
その為明日、中継にて皆様にお伝えしたいと思っており、ぜひとも出来るだけ多くの方にご視聴いただきたいと申しております。
また、この中継に関しまして、書き起こしをして頂きまして、中継では分かりにくかった部分や補足説明の加筆をおこない、その文章を メルマガ。ブログにて更に多くの皆様へとお伝えしたいと考えております。
日付が差し迫っている事から、最優先の対応をボランティアの皆様並びに、お力添えいただけます皆様へとお願いしたいと思います。
さて、17日の休み開けが、本当に危ない状況であると伝えられている事から、夫はかなりこの先の状況を心配しております
皆様へも、以前より伝えておりましたが、アメリカがシリアに対しての軍事行動をとるようであれば、それが、悪い流れへの一つの要因になるという事を伝えられており、現在の様子では、それが現実化しそうな状況であることから、気を張ったやり取りを行い続けております。
日付が差し迫っている事から、急を要しておりますので、どうか、書き起こしのお手伝いのお力添えをお願いいたしたいと思います

このような状況に伴い、今回の15日の祈り合わせは、連休明けに経済が混乱しないようにという意味も含まれている、大変大切な祈りとなります。
どうか、出来るだけ多くの方々での祈り合わせを行っていただきまして、経済の最悪の流れが安定への方向へ変わりますよう、共にに願い祈りいただけますよう、お力添えをお願いいたします
出来ましたら各地の会場に足を運びいただきまして、意識を一つにして、願い祈りいただけますようお願いいたします。

先日の富士山での御神事の様子、並びに、沖縄での聖なる杖の祈りの様子は、改めてお伝えさせていただきます。

皆様のお力添えどうぞよろしくお願い致します。

※書き起こしのお手伝いをしていただけます方は、お手数ではございますが、下記お問い合わせまでご一報くださいませ。

比嘉良丸
比嘉りか

★*★*祈りの和information*★*★

※※ 各会場へのお問い合わせはご遠慮ください。
開催の詳細、変更は、下記サイトをご確認ください
聖なる杖 情報サイト>>http://tackk.com/raurqu

お問い合わせは
問い合わせ

聖なる杖 9月の予定>>

★9/2(月)沖縄・午前10時より
集合)午前10時百名ビーチ集合
・百名ビーチと玉城城でお祈りをして、八角堂へ移動して口伝えを行います。
・参加協力費2,000円+ラブオファーとしてご神事の支援をお願いします。

★9/7(土)札幌・12時45分開場・13時開演

・北海道クリスチャンセンター 3階301-2号室(札幌市北区北7条西6丁目)
http://www.h3.dion.ne.jp/~hcc/access.html             

・会場の都合で、先着40名限定です。      
・JR札幌駅北口から徒歩5分位ですので、できるだけ公共交通機関をご利用ください、駐車場は30台分・有料(30分100円)。      
・参加費は2,000円+ラブオファーとしてご神事の支援をお願いします。

★9/14(土) 仙台・12時30分開始  

開催場所が変更と成りました!

・仙台市戦災復興記念館・4階研修室(仙台市青葉区大町二丁目12番1号)
・戦災復興記念館の詳細はこちらをクリック!
※交通マップは上記ページの一番下に掲載されています。
「アクセス」
地下鉄・・・広瀬通駅下車 西4番出口から徒歩約10分
バス・・・・・仙台駅西口バスプール15番から(全便可)「東北公済病院・戦災復興記念館前」下車徒歩5分又は、各方面から乗り合わせの上、電力ビル前下車徒歩10分     タクシー・・仙台駅から約10分
・参加費は無料ですが、ラブオファーとしてご神事の支援をお願いします。


★9/15(日)福島会場

詳細は決まり次第専用ページにてお知らせいたします。

★9/16(月・祝)群馬・12時30分開場・13時開演

・ももの木保育園 体育館(群馬県館林市楠町1943-1)
・保育園は会場を提供して下さるだけで催し詳細についてご説明、ご案内することはできません。お問い合わせがゆくことにより、保育園の運営にも支障がでてご迷惑をお掛けすることとなりますので、一切の問い合わせはご遠慮ください。お問い合わせは下記問い合わせ先へとお願いいたします
・お車でお越しの場合、東北自動車道 館林ICより5~10分アピタ館林店近く(一心亭らーめん店 の脇の道を入って、一本目を右に曲がると右手に駐車場あり)・電車でお越しの場合、「東武伊勢崎線 館林駅下車」→路線バス「館林・板倉線」楠町(駅から約13分)のバス停より徒歩5分ほど。駐車場は保育園建物の裏にあります。
・満席は無いだろうと想定しておりますが、会場の都合で先着50名の限定参加とさせて頂きます。定員を超えた場合は入場をお断りする場合もありますので、予めご了承下さい。
・参加費 2,000円+ラブオファーとしてご神事の支援をお願いします。

★9/21(土)栃木・12時30分開場・13時開演

・宇都宮文化会館 研修室(栃木県宇都宮市明保野町7-66 )       http://www.bunkakaikan.com/index.html      
・参加費 2,000円+ラブオファーとしてご神事の支援をお願いします。
・会場利用時間の関係で、聖なる杖の口伝えは30~40名にて終了とさせて頂きます。ご参加希望の方は、当日、会場にて整理券を受取り下さい。

★9/22(日)聖なる杖のセレモニー “結び” in Japan
12:30会場・13:00開演

約2ヶ月をかけて日本全国を回った聖なる杖のセレモニーもこの東京会場の開催をもって終了となります。夏至に日本の地を踏んだ聖なる杖、秋分の日を区切りとして、しばらくは静かに各地の聖地を回る事になります。“聖なる杖の口伝え”もこの東京会場が最終の開催となります、この機会に是非会場へお越し下さい。詳細は、本頁にて近日お知らせ致します。

・スクエア荏原/イベントホールC(東京都品川区荏原4-5-28)
・混乱を避けるため、聖なる杖の口伝えは事前予約制を検討しております。
・詳細は暫くお待ち下さい。

※※各会場へのお問い合わせはご遠慮くださいませ。
お問い合わせは
問い合わせ

日々の祈りと今伝えたいこと

2013.09.02.10:16

新暦9月2日(旧暦7月27日 未)
いつも真心のお力添えありがとうございます。
日々の祈りの際に伝えられました言葉をお伝えさせていただきます

一つ伝え 一つ残す
一つずつの 未来への繋ぎ
過去を活かして 
未来を繋ぐ
犯してはならない 同じ過ち
未来を過去と同じにしては
ならない
過去を活かしゆかれよ


本日は、夫から皆様へお伝えしたい事を記載させていただきます

私は、昨年からあまりにも厳しい状況のビジョンや啓示を受け、御神事自体もハードで厳しい御神事が続いております。妻は休み無く、連日私と年間を通して、御神事や書きこみ、音声や写真、動画 事務処理等を行っており、毎日夜中までかかります。
また、私が一年近く連日連夜ビジョンや啓示にうなされ暴れたり、時にショック状態になる場合があり、毎日妻に違う世界からこの世に現実世界に戻してもらっている状況であります。

私は、年中24時間と言っていいほど、ほとんどの時間をビジョンや啓示に基づいて世の中の流れや出来事、未来ビジョンの善い流れ、悪い流れの両極を見て感じ、意識し、未来の良いあり方を描き、世の中、未来の仕組みを御神事と現実社会活動を通してどう現実化するか、常に意識して考え描き組み立てて行動に移しております。
そのような中、私が、神々とのやりとりで最終決断して実行に移すにあたり、そこには、妻が下ろす神々の御言葉が不可欠であり、常に御神事の際は妻に御言葉おろしてもらいます。

前述しましたように、年中24時間ビジョンや啓示を見て、伝えられ、その内容から善い未来に進むために行うべき御神事を常に私は考えております。そのため、妻が何か作業をしていても、すぐに呼び、御神事が優先になります。
傍にいない時は、電話をかけ、祈り啓示を聞いてもらいます。
このような事から、事務的な作業など仕事が途中になり溜まる一方になり、メールの問い合わせの返信、フェイスブックやmixiなどの返信、様々な作業対応もすぐには、出来ない状況にあります。

一番皆様に申し訳ないと思っておりますのは、皆様から頂きましたご支援金のお蔭で国内外の御神事を含め年間の御神事をさせていただいております。
本来なら、皆様に毎月のお礼や感謝をお送りしたいのですが、それも出来ずにおります。

それを打開する為に、人を雇って妻の出来ない部分を補ってもらおうとしてきましたが、私達の仕事の状況が特殊な事や、その仕事量が多い事、そして、私の動き、展開が速い事から、上手くかみ合う事が出来ずに、続けることができませんでした。
現在は、常にボランティア協力をしてくれる方の力添えのおかげと皆様のご支援のお蔭をもって御神事や様々な活動をおこなう事が出来ております。本当にありがとうございます。

今後、出来る限り事務などを改善して対応してゆきたいと考えております。

しかし、現在伝えられてくる啓示の内容では、逆に自分自身、もう少ししっかりと御神事に集中できる状況を作りたいという事。そして妻には、妻の行う御神事の状況をもっとしっかりと作って行ってゆかなければならないと考えております。
皆様へのお礼ができない中、誠に勝手ではございますが、夫婦共々御神事をしっかいと行って行くことが、皆様の真心のへ私達なりの感謝の気持ちの表し方であると考えております事から、今後も夫婦共々御神事に邁進してまります。

当初の啓示では、今の時期、隣国との争いに陥っている状況でございましたが、今の裏には、様々な事がありますが、それでも日々の暮らしを営んでいるということは、皆様の協力やお力添えによて、行う事が出来た御神事の結果、最悪の事態を回避し未来が良い方向へ少しずつでも変化しているという証になります。

しかし、自然災害や人災・政治や経済、感染病、伝染病、世の中に起こりうるすべて状況をすべて見渡し、それらを回避しながら未来へと繋ぐ御神事を計画しておりますが、これらすべてのかかわりに悪い方向へと導こうとする人達もおり、善い方向、悪い方向へと常に押し問答のような状況があるのは、事実であります。
このような中ではありますが、皆様のお力添えもあり、なんとか少しずつの変化ではありますが、確実に少しでも世の中が良い方向へと進んでおります。
それはやはり、これまで皆様からご支援いただきました賜物であり、それによって、国内外の御神事、外国から長老達を招いての御神事が行えた賜物であります。

私達の活動をささえてくださっている方々の力添えがあって、活動が出来ております。
改めて皆様に本当に感謝申し上げます。
先程も書きましたが、御神事に集中します為、様々なものに対しての返答や対応が出来ない状況ではございますが、ご了承くださいますようお願いいたします
皆様の真心に対しての誠意感謝という気持ちは、私達の活動で表させていただいていると受け取っていただけますと幸いでございます。

比嘉良丸
比嘉りか

※最後に、本日、午後1時ぐらいから(時間の変動があるかと思いますが)沖縄の聖なる杖の御神事の中継を行いたいと考えております。

★*★*祈りの和information*★*★

※※ 各会場へのお問い合わせはご遠慮ください。
開催の詳細、変更は、下記サイトをご確認ください
聖なる杖 情報サイト>>http://tackk.com/raurqu

お問い合わせは
問い合わせ

聖なる杖 9月の予定>>

★9/2(月)沖縄・午前10時より
集合)午前10時百名ビーチ集合
・百名ビーチと玉城城でお祈りをして、八角堂へ移動して口伝えを行います。
・参加協力費2,000円+ラブオファーとしてご神事の支援をお願いします。

★9/7(土)札幌・12時45分開場・13時開演

・北海道クリスチャンセンター 3階301-2号室(札幌市北区北7条西6丁目)
http://www.h3.dion.ne.jp/~hcc/access.html             

・会場の都合で、先着40名限定です。      
・JR札幌駅北口から徒歩5分位ですので、できるだけ公共交通機関をご利用ください、駐車場は30台分・有料(30分100円)。      
・参加費は2,000円+ラブオファーとしてご神事の支援をお願いします。

★9/14(土) 仙台・12時30分開始  

開催場所が変更と成りました!

・仙台市戦災復興記念館・4階研修室(仙台市青葉区大町二丁目12番1号)
・戦災復興記念館の詳細はこちらをクリック!
※交通マップは上記ページの一番下に掲載されています。
「アクセス」
地下鉄・・・広瀬通駅下車 西4番出口から徒歩約10分
バス・・・・・仙台駅西口バスプール15番から(全便可)「東北公済病院・戦災復興記念館前」下車徒歩5分又は、各方面から乗り合わせの上、電力ビル前下車徒歩10分     タクシー・・仙台駅から約10分
・参加費は無料ですが、ラブオファーとしてご神事の支援をお願いします。


★9/15(日)福島会場

詳細は決まり次第専用ページにてお知らせいたします。

★9/16(月・祝)群馬・12時30分開場・13時開演

・ももの木保育園 体育館(群馬県館林市楠町1943-1)
・保育園は会場を提供して下さるだけで催し詳細についてご説明、ご案内することはできません。お問い合わせがゆくことにより、保育園の運営にも支障がでてご迷惑をお掛けすることとなりますので、一切の問い合わせはご遠慮ください。お問い合わせは下記問い合わせ先へとお願いいたします
・お車でお越しの場合、東北自動車道 館林ICより5~10分アピタ館林店近く(一心亭らーめん店 の脇の道を入って、一本目を右に曲がると右手に駐車場あり)・電車でお越しの場合、「東武伊勢崎線 館林駅下車」→路線バス「館林・板倉線」楠町(駅から約13分)のバス停より徒歩5分ほど。駐車場は保育園建物の裏にあります。
・満席は無いだろうと想定しておりますが、会場の都合で先着50名の限定参加とさせて頂きます。定員を超えた場合は入場をお断りする場合もありますので、予めご了承下さい。
・参加費 2,000円+ラブオファーとしてご神事の支援をお願いします。

★9/21(土)栃木・12時30分開場・13時開演

・宇都宮文化会館 研修室(栃木県宇都宮市明保野町7-66 )       http://www.bunkakaikan.com/index.html      
・参加費 2,000円+ラブオファーとしてご神事の支援をお願いします。
・会場利用時間の関係で、聖なる杖の口伝えは30~40名にて終了とさせて頂きます。ご参加希望の方は、当日、会場にて整理券を受取り下さい。

★9/22(日)聖なる杖のセレモニー “結び” in Japan
12:30会場・13:00開演

約2ヶ月をかけて日本全国を回った聖なる杖のセレモニーもこの東京会場の開催をもって終了となります。夏至に日本の地を踏んだ聖なる杖、秋分の日を区切りとして、しばらくは静かに各地の聖地を回る事になります。“聖なる杖の口伝え”もこの東京会場が最終の開催となります、この機会に是非会場へお越し下さい。詳細は、本頁にて近日お知らせ致します。

・スクエア荏原/イベントホールC(東京都品川区荏原4-5-28)
・混乱を避けるため、聖なる杖の口伝えは事前予約制を検討しております。
・詳細は暫くお待ち下さい。

※※各会場へのお問い合わせはご遠慮くださいませ。
お問い合わせは
問い合わせ
情報サイトリンク

◆地震情報《気象庁》
◆火山情報《気象庁》
◆台風情報《気象庁》
◆警報・注意報《気象庁》
◆海外の地震情報《JIS》
◆マーケット情報《ロイター》

イベントのお知らせ
最近の記事
関連サイト
検索フォーム
年別アーカイブ
携帯用QRコード
QR