日々の祈り

2014.04.30.09:00

新暦4月30日(旧暦4月2日 未)

いつも真心のお力添えありがとうございます
日々の亥祈りの際に伝えられました言葉をお伝えさせていただきます

生きるということは
皆 一緒
命達は 皆
生きようとしている
生きとし生けるものは
皆 生きようとしている
命達は皆 共に生きようとしている
生きるために居る
人間もその命でもある
思い出してほしい
すべてのものと繋がっていることも
思い出してほしい


昨日は、奈良と沖縄を結んでの御神事でもあり、祈り合せでもありました。
真心をお寄せいただきました皆様ありがとうございました。
奈良は雨降る中、愛知からもお越しいただけての、祈りとなり、皆さんと共に、改めて啓示について話を聞き、そこから、伝えられている災いが、小難無難となるように、多くの生きとし生けるものが共存出来る世の中となるように願い祈りいたしました。
伝えられた事は、改めてお伝えさせていただきたいと思います。

本日、沖縄に一旦戻ります。
本日午後3時の祈り合わせの配信は、丁度飛行機に搭乗の為、取りやめとさせていただきます。ご了承くださいませ。

それでは、本日も真心のお力添えの程をよろしくお願い致します。

比嘉りか



★*★*祈りの和information*★*★

5月御神事企画御守り 予約受付中!!
5月の東京から台湾への御神事に合わせて企画御守りが出来ました
動く、活動といったテーマを元に作成しております。
現在予約受付中です!!締切がありますので、ご予約はお早めに!
5月御神事企画御守り

★★201年富士祈りのセレモニー公式サイト申込み開始!
詳細は随時掲載してまいります。
今年も皆様のご参加お待ちしております
公式サイトは下記画像をクリックしてください
fujiceremoiconbig

★富士いのりのセレモニーin2013 DVD!!
富士セレモDVD
今年2013年 富士いのりのセレモニーのDVDが出来ました
聖なる杖の日本到着から富士麓での御神事、もちろん山中湖でのセレモニーと長老達の叡智が聞ける講演会と盛り沢山の内容です。
4巻セット・各巻とご購入いただけます。
ウェブショップ ニライカナイ内 書籍・DVDコーナーにて販売中!!
niraikanaiicon

明日の祈り合わせのお知らせと動画配信のお知らせ

2014.04.28.14:20

新暦4月28日(旧暦3月29日 巳)

いつも真心のお力添えありがとうございます
25日より、沖縄離島久米島での御神事にゆき、27日には、渡名喜島という島に渡り、本日、一度沖縄本島へ戻ってまいりました。

この後、本州、奈良へと飛行機で移動しまして、明日、祈りの御神事を行います。

奈良での御神事の内容は下記となります。

****奈良・東大寺結びの御神事****

2014年4月29日(火・午)午後1時頃より
比嘉御夫婦をお迎えし奈良県、東大寺大仏殿前の近くの広場に於いて、結びの御神事を執り行います。沖縄、大国ミロク大社の結びの神様を通し3月3日に五望星の仕組みを頂き、鳴門の渦潮より印南龍法寺までの其々の場所を繋ぎ回らせて頂き奈良の東大寺に繋ぎ結ばせて頂きます。結ばせて頂く事により、いにしえより封印されていた調和、和合という意識が解き放たれる事を教えて頂きました。

調和、和合という在り方が再びこの日本の中心としての奈良の地に蘇えることが叶い封印された意識が解き放たれ人々の心が善き道、善き未来へと変わりゆきますように。共にあり共に生きるという想いが一つに結ばれ、すべての命達と、この大地とこの星と共に歩みゆく事が叶います様に。
自然と共に、人々と共に多くの命達と共に調和の中で暮らしてゆく事、共に生きてゆくという想い、共に友であり兄弟であるという考え方、生き方は人々を繋ぐ要(かなめ)となります。

その為にも自然災害やテロ、政治経済の混乱、戦争等が起きる事なく、大難は中難に小難に無難にと変わりゆき命を繋ぎゆく事ができますように。今日起きています地震は過去のエネルギ-が先送りされてきたものであり返し縫のように常に起き続けてゆくのだという事を心の中に留め置かなければなりません。
今人々の意識は大きく変わろうとしています。それは又大きな災害や災難が起きる時期でもあるということです。

日本の雛形としての大地、母なる沖縄の地に於いて又全国の地に於いて、それぞれが居られる場所に於いて奈良東大寺に於いて調和、和合が結ばれますように皆様と共に祈り、その想いを一つにさせて頂きたいと思います。

*当日は午後1時頃より御神事を行っております。午前10時頃よりは近くの場所を祈らせて頂いております。お気兼ねなくお声をかけてください。

*6月の21日、22日は富士の麓山中湖に於いて「全人類の調和」をテ-マとした御神事「富士のセレモニ-in山中湖」が開かれます。こちらにも是非ご参加ください。詳細は、こころのかけはしのブログよりご覧ください。

****大国ミロク大社御神事・奈良対応一同より****

本日、下記に先日お話ししました動画を掲載いたします。
ご視聴いただけけますと幸いでございます

比嘉りか 

2014年4月24日 動画配信
※下の画像をクリックすると動画配信の画面に移動します
2014年4月24日

本日の配信について

2014.04.23.14:24

本日、午後3時からの放送中継を予定しておりましたが、大変申し訳ございません、急遽変更となり、明日の午前中、予定としては10時頃から配信させていただきたいと思います。

急な変更となり誠に申し訳ございません。
何卒ご了承くださいませ。

比嘉りか

本日、動画配信のお知らせ

2014.04.23.09:00

新暦4月23日(旧暦3月24日 子)

いつも真心のお力添えありがとうございます
本日、沖縄に戻ります。
午後3時から大国ミロク大社にて、お話しさせていただきますと共に、祈りの言葉もそちらにてお伝えさせていただきたいと思います。
※配信は、祈りの和TVもしくは、ユーストリーム内、祈りの和ライブ等にて配信します

慌ただしい内容で申し訳ございません。
それでは、本日お力添え、よろしくお願い致します。

比嘉りか

★*★*祈りの和information*★*★

5月御神事企画御守り 予約受付中!!
5月の東京から台湾への御神事に合わせて企画御守りが出来ました
5月の東京から海上を南海トラフ、琉球海溝と移動してゆく御神事に合わせて企画御守りを作りました。

今回のテーマは、自分自身から動きを起こすです

トラフ、海溝という動きの元となっている場所が一気に動き出さないように、緩やかなる穏やかなる、小難無難の動きに変わるように願い祈り御神事してまいります。

この動くというエネルギーを御守りに込め、お持ちになる方の動的エネルギーの支え、促しになるようにと願い込めてまいります。

今回は、ブレスレットタイプとストラップタイプとなります。

活動するという意味や目標、希望、真実といった意味の石にて製作致しました。
また、ストラップには、金竜、銀龍と一番上には鳳凰が施されている石を使い、天地、地核を表します。
それは自分自身の内なるエネルギーの活性化、また、本来持っている本質に気づき、自分自身が進む道、目指す方向性へと歩むように促されるようにとの意味も込めました。

更にご希望の方には、5月28日に執り行われます大国ミロク大社の年間行事、陰陽祭においての祈祷も致します。

ウェブショップニライカナイにてご予約いただけます。
是非御検討くださいませ。

お届は、6月初旬になります。
※下の写真をクリックするとウェブショップに移動します
5月御神事企画御守り

★★201年富士祈りのセレモニー公式サイト申込み開始!
詳細は随時掲載してまいります。
今年も皆様のご参加お待ちしております
公式サイトは下記画像をクリックしてください
fujiceremoiconbig

配信しました動画から:2

2014.04.21.12:00

4月21日(旧暦3月22日 戌)

いつも真心のお力添えありとうございます。
昨日は、合同祈り合わせ、並びに、学びの和にご参加下さいました皆様本当にありがとうございました。
昨日メイン会場となりました新潟では、休日&快晴とイベント日和で、様々なイベントが行われている中、25名の方がご来場くださいました。
合同祈り合わせ終了後、柏崎刈羽原発付近にて祈りをさせていただきました。
その後、女川原発を今朝祈り、福島、いわきと祈り、東海第二原発から明治神宮へ移動します、そこから、熱海へゆき、富士山を祈りました後、改めて関東周辺を廻り祈り、沖縄へと戻ります。
(関東の場所は、富士山にて伝えられるそうです)
また、明治神宮での祈りは、その後の移動と沖縄への戻りの予定もありますので、夫婦で祈りましてから、すぐに移動とさせていただきます。祈りの呼びかけは致しませんので、ご了承くださいませ。
本日の3時の祈り合わせの動画配信は、御神事に集中したい為、中止となります。こちらも何卒ご了承くださいませ。
今回のこの祈りで、日本での23日から25日、特に24日の首脳会談に向けてのテロの阻止のための御神事となります。
更には、原子力施設や、核施設に対しての地震とテロの阻止の祈りとなります。

さて、先日より何回かに分けて掲載しております、八重山諸島を中国にあえて渡し、そこから戦争を考えている自衛隊の作戦についての話を改めて掲載させていただきます。

※続きとなっておりますので、初めてこの文章をご覧になりました方は、こちらの掲載記事を合わせてご覧くださいませ

★下記文章の1部目はこちらをクリック★

******続き

八重山諸島を先に占領させた後の奪回作戦として、前述の理由からアメリカの総合的な軍の力を借りることができない。アメリカに対し、先頭を切って八重山諸島に軍隊を送るよう要求できない。
その為、日本の海上自衛隊、この時には軍隊ですが、尖閣列島、八重山諸島等の奪回作戦を行い、アメリカはこの動きの後方支援という形を取ると思われることが書かれています。(事実、昨年2013年12月に安倍総理は自衛隊に、離島の奪還作戦という内容の練習をさせ、海兵隊に変わる部隊の構成を指示しています)

ここから分かるのは、尖閣列島、八重山諸島は、まず見捨てられるということです。
中国にあえて侵略させて、沖縄八重山諸島が中国の一時支配下に置かれる事は、自衛隊というより、日本国がめざす対応として重要な、必要だということになっているからです。
第二次世界大戦の際に、連合軍が沖縄を侵略し、日本本土を攻めるという戦争で得た経験やデータ、それら全てを見直した結果、立てた戦略が、沖縄本島にいる2~3万の自衛隊員、戦闘員に対して、八重山諸島が占領され、沖縄本島に戦争が及んできた際に、自衛隊は自分の身を守りながら、沖縄本島に侵攻してくるのを防ぐ事に専念すると伝えています。
本土から支援部隊が来るまで耐え忍びながら、その侵略を何とか防ぐというのが沖縄本島自衛隊の大きな目的であり、その目的の中には、日本国民である沖縄県民を守るということに重点はおかない。国民、いわゆる沖縄県民を守るという行動は一切行われない。
それは、沖縄県民を守るために沖縄の軍事力を分散してしまうと、中国から来る軍事力に対する日本の戦闘能力を落とす恐れがあるからです。沖縄県民の生命、財産を守るという行為はまず一切しない。それは、最初から県民を守る考えはないことが組み込まれているということです。
更に啓示で伝えられている事ですが、実際に、戦争になった際には、沖縄本島に住む、だいたい18歳から60、65位までの男女に火器使用の訓練をし、それを民間兵隊として動員するという計画も組み合わせて、中国と戦わせる状況を作ろうとしていると伝えられています。

それが、この文頭に掲載した、アメリカが先陣を切って海兵隊を導入して沖縄や八重山諸島を奪回ないし守ろうとしないならば、沖縄県民を海兵隊に作り上げればいいという発言を石破幹事長が言ったと書かれていますから、元々そういう意識しかないということです。
沖縄県民の人達を率先して軍人として使い、主力の自衛隊とアメリカの陸海空軍の総力戦、海兵隊を含めての支援を何とか取り付けて、いったん中国を押しのけるということを考えていると思われます。

日本の自衛隊だけで中国とまともに戦って勝てることはない。アメリカの支援がないといけない。ただ、自衛隊が沖縄を守り、沖縄戦で戦っている間に、中国との戦争が日本本州まで及ばないように、軍備を形作りながら、本格的なアメリカの支援も受けながら、本格的な軍備ができるまでは日本国土を守ろうというシナリオですね。
ですから、沖縄本島から八重山、その周辺は捨て石に使う可能性があるということです。
最終的には何とか八重山諸島を奪回する作戦を取って、アメリカの支援を得て、自衛隊が率先して戦い、八重山諸島をまた取り戻す形を考えていると思われます。

それがこの文書の内容になるかと思われます。
沖縄、八重山諸島、琉球列島での日中の紛争という形で、半年から1年位続き、何とか中国を押し返して、奪還しその後、琉球列島に、本格的な日米の軍事作戦の基地として形が取られていくと思われます
おそらく、与那国から八重山、西表、宮古、幾つかの島から島民を移動し、確固たる海軍基地、空軍基地、陸軍の基地として、最終的には日本軍がそこに大きな基地を設ける形になるでしょう。それは一旦中国との紛争が終った後ですね。
それが今のシナリオの形、自衛隊が描いている形だと思われます。

ただ、先にも書きましたが、政府は、中国との戦争を行うにあたり、今の段階で日本と中国でまともに戦っても勝てないというのは分かっていると思われます。ですから、早い内に法律を変えて、日本を本格的な軍事大国にし、アメリカとの協調性を強化し、アジアの中で中国と闘う為の体制を作り、最終的には中国との戦争を本格的に行い、中国を手に入れるというシナリオを今の政府や自衛隊は持っているかと思われます。

私の啓示の中で伝えられてきているのも、ほぼ数十年前からこのようなビジョンをずっと見てきました。1990年代からずっと見続けてきて、それが年々、今度はこれらが本当に現実化する状況になるビジョンを常に見せられ続けてきました。
翌月、翌月と月が替わる度にそれが現実化するという危機感を超えて、本当にひしひしと何とかしなければいけないという思いで神事しております。
しかし、どうしても今の時代の流れもあり、国民のほとんどが今の経済状況も含めて、経済が少し良くなって、今やっと生活が安定し、良くなる、これからももっと大きく経済も発展していくだろうと期待し、今の世の中の状況に満足している。
しかし、その感覚や期待が、実は、危機的な世の中の流れを後押ししている形になっています。
今の政府などの考えを後押ししていることになっている、国民が知らず知らずの内に中国との戦争に繋がる流れを後押しし、促進させ、早めているという状況に陥ってるというのが、今起きていることです。
そして、年を追うごとに、戦争へと近づき向かっているというのです。
年々、悪い方向に行く流れを、国民が知らず知らずに後押しし、どんどん悪い状況へ流している形を作っていると、そのように伝えられております。

今の状況で私がいくら、戦争になりうる状況があると言っても、本当に起こるのだろうかとか、そういうものに初めから興味がないとか、そういった事よりも、株でどれだけ利益を上げるかとか、自分の給料が、ボーナスがどれだけ上がるかとか、どれだけ収入が上がるかといったことを優先されている方もいるかと思われます。

確かに経済は株価1万4千円から5千円代をいったりきたり、求人募集は本当に上がっている、ボーナスも上がっている、目に見える形で経済が上がっているように実際見えますし、様々なものが向上している、世の中がいい方向へ向かっていると感じられているのも、当たり前のことだと思います。
しかし、その本当の深い中身を知っていただきたいのです。本当はその先に大きな落とし穴があるということを、皆さんにはもう少し知っていただきたいと思いますが、なかなか伝えることが厳しいというのが本音です。

自衛隊というものは、書き込みました文書にもありますように、日本国を守るためには、再度第二次世界大戦と同じ形で沖縄を切り捨て、道具に使うかと思われます。

日本政府も3.11が起きた際の福島や様々な災害も含めて、大変なことが起ったにもかかわらず、それをうまいように便乗して使い、福島第一原発のメルトダウン[臨界事故]被曝による人体への被害という情報を極力隠し、事実を隠し、抑え、逆に安全だということをアピールし、そこで復興をアピールしながら東京オリンピックの誘致に成功し、復興というものに大きく世論・意識を向かわせることに成功し、そのイメージをもって、実際の被ばく状況、被ばくの汚染状況と全てにおいての本当の情報を伝えることなく、人体被害に対しても隠しに隠していると伝えられていますし、実際それも事実でしょう。更には、確実に被ばく被害は関東から東北に広がっており、それも隠しに隠しております。

今の日本の政権には、日本がアジアで、世界で、大きく生き残るために、アメリカと協力して中国を潰さなければいけないという意識が中にあり、その為、中国との戦争に向けて、今の政権は動き出しているとしか思えない状況があります。
そのような動きがあるという事は、啓示でずっと言われてきた内容でもあります。
今、ちょっとしたことで本当に日本の経済、そして日本だけではなく世界の経済が、一瞬にしてどん底に落ちる状況です。経済を武器に、まず、混乱へ導く大きな武器として経済暴落を仕掛け、そこから本格的な戦争へ向かわせるなど、様々な形でそこに仕向ける流れが今、本当に世界の仕組みの中で動き出しているのです。そのような中で、それら全てを回避し、戦争になる全ての要因を回避し、逆にいい方向へ向けていくという行いが大変重要になっていきます。

今はっきり言って、日本という国、政府は、戦争へ向う意識を持っているという事です。そして、その戦争に向かっている流れにありながらも、発端となる中国との戦いでは、最初から勝てるとは思っていない。
ぎりぎりのところで押し返すという作戦で、アメリカと連携して行うという計画で動いている。
加えて、2011年に起きた臨界事故やその後の様々な状況も、国民に隠しに隠し、何とか日本国民をうまく騙しながら、いざという時に日本という国を大きく昔の軍事国家に作り上げていくというシナリオを作っていると、そのように啓示で伝えらてきます。
今の流れ(計画)では、戦争というものがまず先にあり、そこに確実に戦争に勝つというシナリオを描き、それには、どのような形でその戦争に勝ち、アジア全体で日本の影響力を保つか、武力と経済をもってしてアジアでの影響力を得るためにどういうことをしなければいけないかと模索しております。
しかし、その中には日本国民の生命、財産を守る国民主権という考えはありません。国民の命、財産よりもまず、国益を優先するというシナリオを描いているとしか言いようがないのです。このままでいけば、いずれ戦争になります。確実に戦争になる形を作る要因の中で、特に経済が、日本を戦争へ導く大きな武器として使ってくるでしょう。
そしてもう一方で、自然災害というものが、戦争を後押しする形で起きてくる可能性が高いです。南海トラフや直下型の地震、富士山の噴火といった様々な形で起こる自然の動きが、悪いことに中国との戦争の大きな要因となり、後押しする形になりかねない、というのが今の現状です。
何度も同じ話をしていますが、実際にそうとしか言えません。今、経済や自然災害や、テロ(4月に日米首脳の会談期間中と、世界数か国でのテロが伝えられています)といった、今後において大きな影響力もつ出来事が、この3月、4月の短期間に大きく動き出そうとしています。それを何とか回避しても、今度は5月、6月と待ち構えています。本当に常に毎月、何らかの形で起きようと不安定な状態が連続しています。それらを集中して回避していく事は大変大きく、大切な活動になり、その活動の一つが御神事であり、その御神事の中でいろんな情報をきちんと配信していく事は重要になっていくかと思われます。

****以上 動画配信より******

啓示は、大変な内容を伝えてきています。しかし、今、この時、この時代に生きている人々で、現在の状況を回避し、打開し、安心して暮らして行ける環境を作る事が出来るからこそ、啓示は伝えられてきます。
簡単ではないかもしれません。それでも、現在の状況を打開して行く力が備わっているからこそ、この状況でも啓示が伝えられているのだと思います。
まずは、自分に何が出来るだろうかと考えてみる事。そして、出来そうな事があったら行動してみる事。少し慣れてきたらもう少し枠を広げてみる事。人それぞれ役割が違います。様々な役割があるからこそ、成り立ちます。

打開、解決することが出来るからこそ、啓示は伝えられてきています。

長文をお読みいただきましてありがとうございました。
本日も、どうか、真心のお力添えの程をよろしくお願い致します。

比嘉良丸、比嘉りか


****以下は、上記内容の元となりました提供頂いた資料****

※自衛隊の隊内誌FUJI 2012,388号「離島の作戦における普通科の戦い方」における記述等から見られる、今後沖縄・八重山・宮古で計画されている自衛隊の作戦について

自衛隊の隊内誌(FUJI 2012,388号)で、自衛隊幹部が書いた論文では、(太平洋戦争の反省を踏まえ)沖縄は地形上、防衛が困難であるため、島嶼防衛戦は、敵に離島(南西諸島)を占領させた後、強襲上陸し奪還するものであるとしている。そして、占領などの際は、「領域保全を優先」するため「住民混在」の「国土防衛戦」を行うと記載されている。
 また、同誌別の論文では、沖縄戦を含む太平洋戦争中の島嶼防衛戦を分析し、教訓にしている。その中で、沖縄戦は「特別攻撃、進攻遅延海・空戦闘と地上戦闘により一定の(米軍を沖縄に引き止める)遅延効果は認められた」としている。(これは沖縄戦時の八原博通陸軍高級参謀の「戦略持久作戦」と酷似する。)
 これらの最近見られる自衛隊内部における戦略では、「本土」防衛のために「沖縄県民」を組み入れることを想定している。

 そして、石垣島・宮古島に配置する自衛隊には、敵の攻撃を受けても増援部隊が到着するまで『残存』できる防護能力と機動力、火力を装備させる」としている。(つまり、中国軍に勝つこと及び住民を防衛することを目的としていない。)
 そのため、現在、防衛省では、旧石垣空港、石垣港、下地島空港等を自衛隊基地にする計画を持っており、すでに自治体等と調整が行われている。(「総合防災訓練施設」などの名称が使われる。)

 また、実際に最近(2013年11月)約3万4千人の自衛隊員を動員して沖大東島で離島奪還訓練が行われたが、これに住民の避難誘導が含まれていないのは、この作戦において、住民混在の国土防衛戦を行い、中国軍を沖縄に引き止める遅延効果を狙うためである。
(つまり、この作戦に沖縄県民を防衛する考えはなく、遅延効果を出すためにむしろ利用することを想定している。)

 また、実際自衛隊を配備したところで、自衛隊が中国が台湾を想定している戦力に勝てるシナリオはない。(※1参照)

 本来は、これを避けるために、まず台湾、韓国、ロシア、フィリピン、タイ、ベトナム、カンボジア、インドを巻き込み、中国に侵略させる機会を与えない取組が必要である。(対中包囲網を作り、国際世論を味方につけることで、1対1で押さえ込まれることを防ぐ。
 いかに中国といえども、日本・ロシア・東南アジアなどと同時に戦争することはできない。
 それと同時に、相手と会わずに軍備増強していくのでなく(過去200年の戦争の統計によると、「待ちの姿勢」を放置すると戦争になるケースが多い。(※2参照)早急に相手の話、要望を聞き、提案を行い、落としどころを探ることである。

 沖縄としては、まず文化交流、民間交流、貿易開始、企業進出でよいので、相手と話し合う機会を作ること、相手の実情を把握し、どこまでそれに沖縄として妥協できるかなど、合意形成をすることが生き残る道である。(相手もこちらの情報、本音をとりたいはずである。)

 また、ここ1,2年の問題として、石垣市・宮古島市の住民が有事に利用される恐れがあるので、今のうちで、防災対策として、住民が宮古・八重山地域以外へ移動できるような取り決めを、運送会社、国、県などと交わし、市民を犠牲にさせないための担保をとるべきである。

 沖大東島で訓練した離島奪還作戦が実際有人島でなされるとき、石垣島・宮古島等は「第二の沖縄戦」のように住民混在型の紛争になる可能性が高い。自衛隊が最近導入した強襲揚陸艦は砂浜を上がるもので、尖閣諸島には使えないものであり、八重山・宮古作戦を想定している。
(自衛隊の海兵隊化をここ数年来アメリカが求めている。(中国との戦争による米人の犠牲を免れたいため)石破茂氏も沖縄県民を海兵隊化すれば、米軍問題は解決されると発言している。

※1 中国は、戦闘機330機、駆逐艦16隻、通常動力潜水艦55隻を尖閣に動かすことができ、自衛隊にはとてもこれに対抗できる力はない。すでに軍事費は日本の1に対し、中国は3倍近い。装備面では、日中の格差は8倍から10倍に拡大していく。また、2005年10月に締結された日米同盟(日米同盟 未来のための変革と再編)では、「島嶼部への侵攻への対応」は、自衛隊の役割としており、米軍は巧妙に島嶼防衛の義務から逃れている。(「不愉快な現実」孫崎享著 125,135ページ等より)

※2 (「戦争回避のテクノロジー」 ジェイムズ・F・ダニガン、ウイリアム・マーテル著 155ページ等より)

*****以上******

★*★*祈りの和information*★*★

5月御神事企画御守り 予約受付中!!
5月の東京から台湾への御神事に合わせて企画御守りが出来ました
動く、活動といったテーマにて作成しております。
現在予約受付中です!!締切がありますので、ご予約はお早めに!
5月御神事企画御守り

★★201年富士祈りのセレモニー公式サイト申込み開始!
詳細は随時掲載してまいります。
今年も皆様のご参加お待ちしております
公式サイトは下記画像をクリックしてください
fujiceremoiconbig

★富士いのりのセレモニーin2013 DVD!!
富士セレモDVD
今年2013年 富士いのりのセレモニーのDVDが出来ました
聖なる杖の日本到着から富士麓での御神事、もちろん山中湖でのセレモニーと長老達の叡智が聞ける講演会と盛り沢山の内容です。
4巻セット・各巻とご購入いただけます。
ウェブショップ ニライカナイ内 書籍・DVDコーナーにて販売中!!
niraikanaiicon

奈良 御神事レポート

2014.04.20.11:45

新暦4月20日(旧暦3月21日 酉)
いつも真心のお力添えありがとうございます
本日は、本州での御神事について掲載させていただきます
昨年暮れ、沖縄で一緒に御神事をしている方々と共に、奈良に入りました。その奈良にて、奈良の方々と沖縄の方々と共に御神事を行ました事が発端となります。

啓示により、古の事が伝えられ、これからの世の中に必要な調和、和合の働きが閉ざされているという事が伝えられてきました。
いつも啓示は、詳しく伝えられてはきません。しかし、奈良の方々は、啓示と歴史を照らし合わせ深く考え、そして、以下の場所を提示するに至りました。
再び、神々から伝えられた事をお伝えし、やり取りをしながら、それぞれの場所場所の意味が伝えられました。
更に、各場所の意味から、今度は、奈良の方々がそこで祈る意味、祈る内容を考られご連絡いただきました。

真心から、共に同じ願いを持って祈っていただく祈り合わせとは、異なった、さらに深く踏み込んだ行動になります。
これは、私共の大国ミロク大社の啓示を基本とし、私達と連携を取りながら、共に御神事を行った形になり、一緒に御神事をするという基本にも繋がります。

比嘉りか

***以下 一緒に御神事している奈良からのレポート***

2014年4月29日〈火〉・奈良東大寺結びの御神事
 奈良を中心とした五芒星の御神事は2014年2月17日に奈良東大寺での御神事の際に
比嘉良丸氏、比嘉りか氏を通して、遥か古(いにしえ)の人々の想い、見えない存在達の想いが語り明かされ、その真実を聞かせて頂いたことから始まりました。
大和には、古(いにしえ)から自然と共に生き、多くの命達との調和があり和合がありました。外国は中国から朝鮮から沖縄の地から、又遥か遠くの地からと人々が大和をめざし来て暮らし、共に生きてゆくという事ができました。そこには、しっかりとした意識、しっかりとした想いがあり、大いなる和があったからです。
大和にあった思い。全てのものが、次なる子供たち次なる世代の者達が大切であり、友であり兄弟であり、一緒に歩んでゆく者達であるという思い。
その意識が潰され、淘汰されてしまったのは何故なのでしょうか。
それはこの地を支配したいと思う者達による欲によって、その心を上手く利用されてしまったからです。その共存するという心、兄弟であるという心を共に支え合い生きてゆくものである、それが当たり前であるという心に、その心の底に間違った思い、間違った考えを埋めこまれてしまったからです。そして、その事は残る者達に、後世の者達に伝えられることはありませんでした。その和があっては邪魔なもの、困るものによって上手く利用されてしまったからです。
父としての奈良、母としての沖縄。奈良の意識と沖縄の意識が調和、和合することによって封印は解かれ、そしてそれは全ての地へと伝達されてゆきます。
 人々との調和、和合。多くの命たちとの調和、和合。国と国との調和、和合。それを再び思い出せるように。その和、その和合、その調和が決して崩れることが無いように。二度と封印されるという事が起きないように。人の誠、真心を持って、善き道、善き未来へと進みゆく事が叶いますように。
 奈良は龍体としての背骨、中央構造線の腰ともなり、中心となる場所でもあります。この地に封印されているものが解き放たれることにより、人々の意識は変わり行き、善き道へと、善き未来へと歩み進み、命を繋ぎ続けることが叶います。

4月29日(火)奈良東大寺において比嘉御夫妻のもと結びの御神事がおこなわれます。
 この結びは琉球と大和の結びでもあります。神代の時代より、沖縄をへて、この大和の地に集まった様々な文化。兄弟として共に暮らす調和・和合という意識。それらに掛けられた封印が解かれるかどうかは皆様の意識にかかっています。この封印を解くのは皆様の意識です。善き道、善き未来を願い祈る思いです。どうか一人でも多くの方々の誠、真心からの想い、お力をお貸しください。現地にて、あるいは居られる場所にて祈り合わせていただけますよう心よりお願い申し上げます。奈良と沖縄が結ばれることにより善き意識が繋がりゆき富士の山へと結ばれ、そして全世界へと結ばれてゆきます。

**五芒星の場所と祈り**

1. 鳴門の渦潮 (徳島県鳴門市) 新暦3月8日・旧暦2月8日(寅の日)
(この場所の意味)勢力を纏め上げる。反対勢力を整える。相反するものを混ぜ行く。
(ここでの祈り)人々の意識や想いが自然の意識とこのように渦を巻き溶け合いながら共存することが叶います様に。中央構造線やトラフが動きます時は大難を中難に、中難を無難にしていただけますよう願い祈ります。

・ ランプロファイア-岩石(香川県)新暦3月8日・旧暦2月8日(寅の日)
(この場所の意味)大きな自然の動き。海底は動き常に躍動している。その大自然との調和、和合とは。自然の循環しくみを理解し受け入れる事。自然は教えてくれている。察知できるはず。
(ここでの祈り)自然の有り様から自然の動きを読み取れます様に。感じ取れることができ、思い至る事ができますように。自らの命、守る事叶いますように。

* 播磨国分寺跡(兵庫県姫路市) 新暦3月8日・旧暦2月8日(寅の日)
(この場所の意味)入口に於いての場所。最初に行かねばならぬ場所。此処から全てのものが発信してゆく。この地においての出来事は全ての場所へと広がり行く事になる。先に続く場所においての多くの力を、次の場所へと、次の場所へと繋ぐための大切な力を貸し往く。
(ここでの祈り)人々の暮らしが平安、平穏、平和でありますように。人々の意識が地球人としての意識へと変わりゆき成長してゆきます様に。人々の調和和合、多くの命達との調和和合が叶います様に。

2. 丹後国分寺跡(京都府宮津市) 新暦3月23日・旧暦2月23日(巳の日)
(この場所の意味)大黒天のいる所。破壊、全てを壊し往く。今までの良くない事、悪しき事をきちんと壊し、清め、改め、善き時代へと繋ぎ行かねばならない大切なものが繋がれゆくように。一度しっかりした清め、改めをする。
(ここでの祈り)今までの悪しき事、良くない事を壊し、清め、改め、新たな時代へと世の中へと変わり行きます様に。人々の意識が変わり、戦争いに向かう事無く善き道、善き未来へと繋ぐ事、叶います様に。その思い、その力をお貸しください。

*小浜の神宮寺(福井県小浜市)新暦3月23日・旧暦2月23日(巳の日)
(この場所の意味)清き水、湧き出ずる所。その水を貰ってくる。繋ぎゆく命のための大切なる神事に使う水。
(ここでの祈り)清き水、清き湧水。奈良の地へと送られています様に、其々の地へと、天へと、人々の心へと流ゆき、地に於いては自然の動きが、人々にとって災害となる事無く、天に於いては、父母の仕組みが、自然の循環が狂う事無く、滞る事無く、この清き水が送られ流れゆく事により、人々の心、意識、暮らしに潤いが行き届き、明日への活力となります様に。

3.美濃国分寺 (岐阜県大垣市)新暦3月23日・旧暦2月23日(巳の日)
(この場所の意味)全て一つに結ぶ。ひとつに結ぶための最初のひと滴。ひとしるべ。清め改められた後の、ある意味、ふるいかきゆくことにより、本当に清め改めゆくものが次へと繋がりゆくこととなる。
(ここでの祈り)御神事に於いても、今は試験、試練と言われています。人々が本当に誠、真心から真剣に命というものを考え、日々歩むこと叶いますように。

4.志摩国分寺 (三重県志摩市)新暦4月13日・旧暦3月14日(寅の日)
(この場所の意味)大地と潮のきちんとした繋がりを願い祈り思う事は大切。
(ここでの祈り)大地と海、そして人々との調和和合が、繋ぎ続けられゆきます様に。大きな流れが、意識が、戦争へと向かっている事に気づき、止めるべく意識に変わりゆきます様に。多くの失敗から学び、過去の過ちを教訓として意識の内に留める事が出来ます様に。

・鳥羽港 (三重県志摩市)新暦4月13日・旧暦3月14日(寅の日)
(この場所の意味)海上と港からトラフの動きが大きくならない事を願い祈る。
(ここでの祈り)東海、東南海、南海、琉球トラフ、それに繋がるプレ-ト、中央構造線、又火山帯が動きます時にはどうか穏やかに緩やかにと変わりゆきますように。

花の窟(三重県熊野市)新暦4月13日・旧暦3月14日(寅の日)
(この場所の意味)大地の場所。大地と震源地。自然の鉱石であり人々にとっては傷痕となっている。善き道、善き未来とはどのようなことが起きるかは分からないが、それでも人々は自らを守り生き抜き、多くの命達と再びの時をむかえ共存しゆくことができる。
(ここでの祈り)自然を見ることで、自然の動きがどの様なものかを知り自らの命を守り行く対策を講じゆく事ができますように。何が起ころうとも、この不動の窟の姿に見られるように、強い意志と多くの命を預かっているという意識を持ち続けられますように。

・ 産田神社 (三重県熊野市)新暦4月13日・旧暦3月14日(寅の日)
(この場所の意味)花の窟に同じ。
(ここでの祈り)人々が生き続けられます様に。其々の命を全うする事が叶います様に。

・ 鬼が城  (三重県熊野市)新暦4月13日・旧暦3月14日(寅の日)
(この場所の意味)自然の力、動いた結果を見る事で、どうすれば自らの命を守る事ができるかを考え、常に準備しておくという事を思う。
(ここでの祈り)目の前に広がる海と南海トラフ。どうか大きく動きませんように。この岩に示されたように自然の力に押しつぶされることの無いように。人々が善き道、善き未来へと繋ぎ続けること叶いますように。

5.印南龍法寺(和歌山県高群)新暦4月27日・旧暦3月28日(辰の日)
(この場所の意味)全てのものを統一する。最後の東大寺に繋ぐまえにきちんと纏め上げる場所。纏める事によってそこから、ある意味の中心である場所に結ぶための、しっかりした最後の基盤を作る事になる。回ってきた場所をきちんと唱えそしてきちんと伝え、これがひとつに纏まりゆくように、意識し、思いながら最後の場所へと結びゆく事が大切であるという場所。
(ここでの祈り)奈良の封印を解くための御神事として、ここは五芒星最後の場所となります。人々の調和、和合。自然や多くの命達との調和、和合。共に生きゆくための方法を学び、考え作りだしゆき、善き道、善き未来へと繋げ続けるという意識、強い意志を奈良の中心、東大寺に結び繋げゆき、そこから全ての地に発信しゆく前に、ここに於いて、この場所にて、改めてその意味、その意識、その意志を確認し、人々と共にある多くの命達の願い、自然の循環が狂う事無く、全ての命が繋ぎ続けることが叶いますようにと願い祈らせて頂きます。


(五芒星 1.2.3.4.5.と * * * 合計8カ所)
1. 鳴門海峡の渦潮は、反対勢力を纏める事、整える事ができる場所。
(ランプロファイア-)は、自然の働きが形になり、見ることが出来る場所。
* 播磨国分寺跡は、次の場所へと繋ぎ行くための大切な力を貸してくれる場所。
2. 丹後国分寺跡は、これまでの悪しき事柄をきちんと壊し清め、改めて繋ぐ場所。
小浜の神宮寺は、清き水のある所。命を繋ぐ水。御神事に使う水が在る場所。
3. 美濃国分寺は、全てを一つに結ぶ。清め改めゆくものが次へと繋がりゆく為に、ふるいかきゆく場所。
4. 志摩国分寺は、大地と潮のきちんとした繋がりがある場所。潮の流れを受け止める大地の場所。
花の窟は、不動の姿。不動の意識がある場所。
(産田神社)は、更地。清められた場所。
(鬼が城)は、海の底南海トラフを思い自らの命を守る事を思う場所。
5. 印南龍法寺は、これまで結んできたものを、ひとつに纏め上げる場所。

***以上****

長文お読みいただきまして、誠にありがとうございました。
本日も真心のお力添えの程を宜しくお願い致します。

比嘉りか


★*★*祈りの和information*★*★

5月御神事企画御守り 予約受付中!!
5月の東京から台湾への御神事に合わせて企画御守りが出来ました
動く、活動といったテーマを元に作成しております。
現在予約受付中です!!締切がありますので、ご予約はお早めに!
5月御神事企画御守り

★★201年富士祈りのセレモニー公式サイト申込み開始!
詳細は随時掲載してまいります。
今年も皆様のご参加お待ちしております
公式サイトは下記画像をクリックしてください
fujiceremoiconbig

★富士いのりのセレモニーin2013 DVD!!
富士セレモDVD
今年2013年 富士いのりのセレモニーのDVDが出来ました
聖なる杖の日本到着から富士麓での御神事、もちろん山中湖でのセレモニーと長老達の叡智が聞ける講演会と盛り沢山の内容です。
4巻セット・各巻とご購入いただけます。
ウェブショップ ニライカナイ内 書籍・DVDコーナーにて販売中!!
niraikanaiicon

日々の祈り

2014.04.19.11:00

新暦4月19日(旧暦3月20日 申)

いつも真心のお力添えありがとうございます
日々の祈りの際に伝えられました言葉をお伝えさせていただきます

真実 真を見る眼とは どういったことか
それは 好奇心では理解は出来ない
勇気を持たねば 出来ぬもの
平均 平衡の考え 大切なり


本日午後3時から動画配信をさせていただきます
祈り合せと共に夫からのお話も検討しております。
皆様の真心のお力添えの程をよろしくお願い致します。

比嘉りか

★*★*祈りの和information*★*★

5月御神事企画御守り 予約受付中!!
5月の東京から台湾への御神事に合わせて企画御守りが出来ました
動く、活動といったテーマを元に作成しております。
現在予約受付中です!!締切がありますので、ご予約はお早めに!
5月御神事企画御守り

4月20日 合同祈り合わせご予約受付中!!
今回のメイン会場は 埼玉になります
詳細は、下記をクリックしてください
inoriawase2

★★201年富士祈りのセレモニー公式サイト申込み開始!
詳細は随時掲載してまいります。
今年も皆様のご参加お待ちしております
公式サイトは下記画像をクリックしてください
fujiceremoiconbig

★富士いのりのセレモニーin2013 DVD!!
富士セレモDVD
今年2013年 富士いのりのセレモニーのDVDが出来ました
聖なる杖の日本到着から富士麓での御神事、もちろん山中湖でのセレモニーと長老達の叡智が聞ける講演会と盛り沢山の内容です。
4巻セット・各巻とご購入いただけます。
ウェブショップ ニライカナイ内 書籍・DVDコーナーにて販売中!!
niraikanaiicon

配信しました動画から

2014.04.18.10:15

大国ミロク大社の比嘉良丸です。
昨日(3月28日)5時からの行った放送内容を御協力頂いております方々の力添ええて書き起こし、一部校正いただきましたものを私どもで最終校正を行った文章を掲載させていただきます。
お力添え頂いた方々には心より感謝申し上げます。
3月27日メルマガ、ブログで配信しました内容で、自衛隊の内部誌の一部について記載させていただきました。これは、尖閣列島を足掛かりとして、八重山諸島の自衛隊の軍事的行動について、大きな戦略の内容を示す文書だと思います。
新たに、以前新聞に掲載された内容で、ご連絡いただいた内容があり、下記に掲載させていただきます
**地方新聞(琉球新報 2011年8月13日3面掲載記事)**
移設促す天命と思った 県民による「郷土部隊」提案
事故当時防衛庁長官 石破 茂氏

[東京]2004年8月の米軍ヘリ沖国大墜落事故当時、小泉内閣で防衛庁長官を務めた自民党の石破茂政調会長が12日、琉球新報のインタビューに応じ、事故を振り返って「早く移設しなさいという天命だと思った」と語り、実現間近だった辺野古移設を壊したとして民主党政権を批判した。
また、米中の軍事的均衡が崩れ、将来的に在日米軍が撤退する可能性があると示唆した上で「何十年後になるか分からないが、沖縄に県民で構成する海兵隊があったらどうかと思う。それで日米地位協定の問題もなくなる」とし、国土防衛の抑止力として「郷土部隊」を組織する構想を明らかにした。
 郷土部隊について、石破氏は「日米安全保障条約はいつでも一方的に破棄できる。米国の都合で(日本が)捨てられる可能性もあり、抑止力を維持するため自分たちでできることはやる必要がある」と説明。「島しょ国で海兵隊がないのは日本だけ。北海道など全国でも郷土部隊を構成できればいい」とした。
 普天間飛行場の県外移設については「朝鮮半島に近い日本海側の自治体で、飛行場だけでなく訓練施設を含めて全て受け入れるところがあれば理論的には可能だ」とする一方「沖縄だけに押し付け、差別だと感じるのは当然のことだと思う。だが、最善を主張し続けて最悪な結果が残るより、一歩ずつでも状況を改善させることを目指すべき。辺野古がその一歩だった」と述べ、移設問題の膠着状態が危険性の固定化を招くとの見方を示した。
 自民党県連が党本部の方針に反し、県外移設を主張している件については「県民の利益を代弁する沖縄の議員として当然のことだ」と理解を示した。その上で「朝鮮半島や台湾海峡で有事の恐れもある。海兵隊が必要な理由がある以上、すぐには解決しないが、将来的に沖縄の要望をどうやって実現するか話し合う」と述べた。

※新聞記事切り抜き:画像をクリックすると大きくなります

2011年琉球新聞

**記事 以上**

さて、尖閣列島について、中国と日本の中で大きく動き出したのは、1972年の沖縄本土復帰の年からで、中国が、尖閣列島に対して色々言い出してきたのは、沖縄が本土復帰して日本国となった時期ぐらいからです。
なぜなら、1972年以前は、沖縄は戦後すぐにアメリカの植民地として位置づけされ、その時期にこの問題を出せばアメリカとの話となります、しかし、72年の復帰からは日本一地域となったことから、尖閣諸島を含めはっきりとした地域の位置づけ、尖閣列島地域の地下資源という事があり、色々と言い始めました。

復帰から、今年で42年になりますでしょうか。復帰してから今まで、日本国というのは歴代の総理、政治状況と変わり続けてきました。
1972年当時でしたら、自衛隊の方々が防衛についていろいろ発言をすると首(職)が吹っ飛ぶようなくらい、防衛等に関する発言に対してかなり厳しい時代がありました。1970年代は、政治家や自衛隊の幹部、職員達が、防衛やその内容について意見を述べることが即、大きな問題となり、仕事、職を解かれるような時代でした。それがだんだん変わり、80年代、90年代、そして2000年以降と、年代を重ねる中で、日本の国の状況も大きく変わってきております。
しかし、この42年間の間に、自衛隊の内部では、実際に中国との戦争状態に陥った時に、どのような戦争、どのような状況に陥るのか、何度も何度もシミュレーションしながら、その防衛計画は練り直されてきたものと思われます。それは当たり前のことだと思いますが。
3月27日に配信しました文章を読まれて、人それぞれ受け取り方は違うと思いますが、どのように受け取りましたでしょうか。
その内容から、陸、空、海のすべての自衛隊の総力を踏まえてシミュレーションした内容だと思われます。
あの内容は現在の中国と日本との軍事力を踏まえて、どのように日本という国土を守るかといった想定での計画・内容を示したことになると思います。そこを踏まえ、文書の中身を改めて理解していただきたいと思います。
あの文書にある作戦の中では、今現在、中国やロシアと日本がまともに戦争になった時には、日本は中国に勝ち目がないという判断が、自衛隊内部でなされていることが示されていると思われた方がよいです。今の戦力、武器、戦闘要員や戦闘、総合戦争になった時の戦闘総合力を考えると、今の日本と中国が、(日米合わせてではなく)まともに戦ったら日本には勝ち目がないという判断がなされている内容だと思います。
あくまでも自衛隊の総合戦力であって、だからこそ本格的な軍隊としての総合戦力を装備を行おうと動いている。
そこには、実際に中国との戦争となった際に、日米安保条約の中で、アメリカがどれだけ日本に対して力を貸してくれるか、アメリカの総合協力、支援というのが、完全にあり得るかというと、自衛隊の想定としては、不安があると思われます。それは、アメリカ自体がこれまでのベトナムやアフリカ、中東等での戦争、戦闘によって、自国の兵隊、戦闘員が命を落とすということに対し、国内世論の圧力が年々強くなっており、在日米軍などアメリカの兵隊が亡くなることに対し、自分の国の支持率、支援が得られないという状況だからです。
そのような状況で、日本のために米軍が先陣を切って戦闘に立ち、日本を守るということは、まずあり得ないという実情になっているということです。
このため、戦争になる際には、まず自衛隊が先に中国と戦闘をし、アメリカはその後方支援や日中戦闘後の領土奪回作戦として動くものと思われます。
内部誌の内容にある日本側の戦争のシナリオとして、自衛隊の考えている中国との戦争の一連の流れは、日本と尖閣列島や他の政治経済が発端となり戦争になった際、とにかく中国は、尖閣列島、八重山諸島を侵略してくる。
侵略したら、更に、沖縄本島に攻撃し侵攻してくると見込んでいます。
自衛隊としては、中国の侵略に対し、そのままいったん尖閣列島、八重山諸島を占領させる戦略をとる事で、日本が侵略されたという状況をつくり、本格的軍隊をもってして正式に中国と本格的な戦争を行うための大義名分をまず、国際的に、そして、日本国民にも、日本の軍事力強化の必要性をきちんと認めさせ、本格的な戦争に持ち込める軍隊を作る方法を考えていると読み取れます。
なぜならば、今の日本の非核三原則、自分の国から侵略はしない、集団自衛権を行使しないという法律の中で、日本が本格的な軍隊をもって他の国と戦争をするためには、日本が先に侵略され、やむを得ず軍隊を持ち、そこに防戦するという大義名分が必要になってくるということです。
軍隊を作るための流れを作るには、まず八重山諸島をそのまま侵略させるということが、世界に一番大きく大義名分をアビールできる方法だと計画していると思われます。
そして、日本国内に対しても、自分の国が侵略されたということが実際に起れば、国民の間でも危機感が高まり、専守防衛としてとしての自衛隊ではなく、軍隊をもってして対抗していかなければいけないといった意識を高める。自分の国を守るため、しっかりと組織化した軍隊にすることが必要だと認識させる為にも、尖閣列島、八重山諸島を中国に侵略させるというのは、日本に軍隊を作る口実として重要なポイントとなります。

******続く~

本日は、文字数の関係から、ここまでの掲載とさせていただきます
明日、改めまして、続きの文章を掲載させていただきます。

本日も、どうか、真心のお力添えの程をよろしくお願い致します。

比嘉良丸、比嘉りか



★*★*祈りの和information*★*★

5月御神事企画御守り 予約受付中!!
5月の東京から台湾への御神事に合わせて企画御守りが出来ました
動く、活動といったテーマを元に作成しております。
現在予約受付中です!!締切がありますので、ご予約はお早めに!
5月御神事企画御守り

4月20日 合同祈り合わせご予約受付中!!
今回のメイン会場は 埼玉になります
詳細は、下記をクリックしてください
inoriawase2

★★201年富士祈りのセレモニー公式サイト申込み開始!
詳細は随時掲載してまいります。
今年も皆様のご参加お待ちしております
公式サイトは下記画像をクリックしてください
fujiceremoiconbig

★富士いのりのセレモニーin2013 DVD!!
富士セレモDVD
今年2013年 富士いのりのセレモニーのDVDが出来ました
聖なる杖の日本到着から富士麓での御神事、もちろん山中湖でのセレモニーと長老達の叡智が聞ける講演会と盛り沢山の内容です。
4巻セット・各巻とご購入いただけます。
ウェブショップ ニライカナイ内 書籍・DVDコーナーにて販売中!!
niraikanaiicon

4月度『合同祈り合わせ』のご案内

2014.04.17.09:00

いつも真心からのお力添えありがとうございます。
毎月第3日曜日は全国にて、善き未来を願い祈る合同祈り合わせを開催しています。
今月は、4月20(日)新潟会場を主会場として、比嘉夫妻を会場に向かえ各地の開場を結び開催されます。
まだまだ、小さな祈りの和ではありますが、善き未来をめざし回を重ねています。どうぞ、お近くの会場へお越し下さいますようお願い申し上げます。

↓詳しくは祈り合わせサイトをご覧下さい。↓
http://inoriawase.blog.fc2.com/blog-entry-169.html

さて、本日は少し長文となりますが昨年の6月23日山中湖で開催されました、富士いのりのセレモニーにて伝えられました見えない世界からのメッセージをお届け致します。文末には、同じ時に伝えられた、地球からのメッセージも再掲載させて頂きます。
一人ひとりの想いや行動は決して小さなものではない・・・そんなメッセージを感じて頂けるかも知れません。

以上文責:こころのかけはし 高橋 潔


『我が名は地球』


想いは届く 想いは届く 想いや 願いは 届き続けゆくものである
人々により 運ばれ続け 人々により 現実のものとなり
人々により この世に現われ出で この世はまた 変わりゆく
人々は この世に生きる 見えないもの達も この世にありゆく
人々はいま 一つとなろうとしている
共に手を取り 助け合いながら 進みゆこうとしている
まず 気付かねばならぬこと
この世において 共に歩むべきしものたちは 数多くあれども
だけれども 隣にあるもの 隣にいるもの 多くのもの達と共に 歩みゆかねばならず
そして 歩みゆかねば この世は形成されてゆかぬ
そなたたち一人ひとりが たった一人で歩んでいくことは できないのである
多かれ少なかれ 様々なるものたちと 共存しあいながら 進みゆく
この 山中湖での祈り この 富士での祈り
天 地 陰陽の和合のもとにおいて
すべてが混ざりあい すべてが一つとなり 調和 和合をなされゆく
山の頂には 氷があり 山の麓奥深くには 火がある
調和するものとして 氷 溶けゆき 火 その力により 水となり
調和 和するもの この世の中にあり
ちょうど 天 地 その狭間において 水 があり
ここ すべての場所において 調和和合の意味を成しゆくものとなりゆく
大切なるもの この地上の上に 数多くあり
子らよ どうか聞いていてほしい
この星は今 そなた達が知るように 窮地にありゆく
だけれども その手の中に 未来がある
その手の中に 考えがある
その手の中に 創りゆく 生み出しゆくものがある
忘れてはならない
その手は いかに 何に使うものなのか
覚えておいてほしい その 知恵 頭は 何に使うものなのか
この地上にありしものは 天 地 火 水いや 火 氷
それは 調和和合をなされしもの
融合和合 されしものとなり 水となりゆく
天空へ上がりゆけば そなた達が知るように 水もまた氷となりゆく
水滴に戻りゆくは この地上の上なり
しかしながら火もまた この上にて 炎により燃え盛りゆくが
奥深くの 地球のコア 地球の核となるもの
すべてのものを燃やし尽くしゆくものなりゆく
しかしながらその 硫黄 氷 炎 核
これらが 調和和合のなされし時により
この空間 そなた達が 生きとし生けるものが いのち達が 生み出されゆく
生み出しゆく 育ちゆくこの空間を つくっているのである
これは まさに 和合なりしとき
これは まさに 産み落とされし子ら
これは まさに いのち達の喜び
天の父 天の母 大地の父 大地の母
そしてそれらすべてが生み出した この地を和するもの
この空間にありしすべての命
生み出されしものなのである
忘れないでいてほしい
そのためにもそなた達に授けられたものは
いのち すべてを 失うことではない
いのち すべてを 失いゆくためのものではない
はたしてどのようにしたら その命を 絶やすことなく続けゆくことができるのか
その命とは 人だけではなし 人は 人だけでは生きてゆくことはできない
そなた達の身体の中に 様々なる 命のかけらがあるように
この星の上に 様々なる命たちのかけらがあり
そしてそなた達は その命たちと 同じである
だからこそすべてが一つと 伝えられているのである
だからこそすべてが 全は一 一は全
伝えられているのは そのような意味である
かけらはそなた達の中に詰まりゆく
たくさんたくさん 詰まってゆく
数多くの命が そなた達の身体を使っている 創っている 形成している
忘れてはならない
そなた達の命は 一人だけのものではないことを
多くの様々なる命が そなたたちを 育てゆくために 生かしゆくために
明日へと向かわせるために かけらとなり
そなた達の身体の中にあるのである 存在しているのである
だからこそ 忘れないでいてほしい
この宙(宇宙)を和するこの空間を いかに続けゆくのか いかに残しゆくのか
いかに共存しゆくのか
どうか その掌(手のひら)によって潰さないでいてほしい
どうかその頭によって 殺さないでいてほしい
宙を和する者達よ そなた達は 平和の中にいなければならない
いや 平和の中にこそ いるべきなのである
調和和合の中において 生み出すべしものなのだから
だからこそ必ずや その手は 平和を生み出すことができ
その頭は 平和を生み出す知恵を 考え抜くことができるのである
忘れないでいてほしい
そなた達は 宙を和すものである
すべての中において この空間の中を 正しく 元通りにし
そして 次へと 繋ぎゆくことのできる
力をしっかりと 持たされ そして与えられ 託され
生きゆくことができるものたちなのである
どうか 忘れないでほしい
この鳥たちもまた(舞台の背後では小鳥たちが一層、元気良く歌っていました) そなた達と同じである
そなた達の足元にある草木もまた そなた達と同じである
すべてが調和和合された その結果生み出されたものたちである
忘れないでいてほしい この命たちの楽園を
忘れないでいてほしい この命たちの元根を
どうかこの星を護り この地球を護り この世を護り この時代を護り
この時代を更なる 住みやすき世へと 変え行ってほしい
すべての命たちが 生きとし生けるものたちが
安心して暮らしていく世の中へと 変えていってほしいのであり
これが 宙を和するものたちすべてに 託されたものである
これを忘れてはならぬ 忘れてはならない

・・・地球からのメッセージ・・・・・・

育みゆきしものたちよ・・・
わが名は地球
忘れてはならない 命の星であることを
そなたたちが 共に歩みゆく時に
この星は 生きゆくことができるのである
共にすさみゆくことはならない
けしてそれはあってはならないことである
限りなき 空へと向かい 限りなき 大地へと向かい
大地と共にあり 星と共にあり 命と共にあり
それは そなた達であり しかし 我でもある

・・・・・・・・・

伝 え 手:大国ミロク大社 比嘉りか
文字起こし:こころのかけはし 書き起しチーム

日々の祈り

2014.04.16.10:00

新暦4月16日(旧暦3月17日 巳)

いつも真心のお力添えありがとうございます
日々の祈りの際に伝えられました言葉をお伝えさせていただきます

いつの世も 人の子の仕業にて
変化 変革 余儀なくされておる
人はなぜ 地球との共存を望まぬのか
共存とはなにか
地球の動きを知り
それに合わせて 創り行く事ではないのか
地球は多くを変えてきた
変えざるを得ない状況を求められてきた
そして命を削りながら対応してきた
人は なぜ 
何も分かろうとしないのか


夫に伝えられている状況がいつもよりも切羽詰っているからか、最近伝えられてくる言葉は、いつもにも増して、気付いて欲しいという内容が多いです。
ずっと伝えてきているのに、気づいてもらえないという苛立ちも感じる事もあります。
まだまだ気づく人、そして、気づいて行動に起こしている人が少ない、伝えてきている存在達の枠では、まだまだ少ないという事なのかもしれません。
この地球が人という存在だけで成り立っているのではない事を、深く理解し、そこから社会を作ってゆければいいと感じています。

さて、明日から本州へと移動します。
準備もありますが、沖縄を離れるとなると諸作業が出来なくなるので、今のうちにやっておかないとと思い、出先では、中々出来ない事もありますので慌ただしくしております。
とにかく、なんとかして良い状況になるよう、出来る限りの努力をしてまいります。

それでは、本日も真心のお力添えの程をよろしくお願い致します。

比嘉りか



★*★*祈りの和information*★*★

5月御神事企画御守り 予約受付中!!
5月の東京から台湾への御神事に合わせて企画御守りが出来ました
動く、活動といったテーマを元に作成しております。
現在予約受付中です!!締切がありますので、ご予約はお早めに!
5月御神事企画御守り

4月20日 合同祈り合わせご予約受付中!!
今回のメイン会場は 埼玉になります
詳細は、下記をクリックしてください
inoriawase2

★★201年富士祈りのセレモニー公式サイト申込み開始!
詳細は随時掲載してまいります。
今年も皆様のご参加お待ちしております
公式サイトは下記画像をクリックしてください
fujiceremoiconbig

★富士いのりのセレモニーin2013 DVD!!
富士セレモDVD
今年2013年 富士いのりのセレモニーのDVDが出来ました
聖なる杖の日本到着から富士麓での御神事、もちろん山中湖でのセレモニーと長老達の叡智が聞ける講演会と盛り沢山の内容です。
4巻セット・各巻とご購入いただけます。
ウェブショップ ニライカナイ内 書籍・DVDコーナーにて販売中!!
niraikanaiicon

本日の配信のお知らせ

2014.04.14.13:15

お力添えいただきありがとうございます。
本日朝配信しました内容に、本日午後3時からの夫からの配信をお伝えする事をお知らせしておりましたが、急遽、伝えることをやめるようにという知らせ(啓示)が入り、やむなく取りやめとなりました。
誠に申し訳ございません。
改めまして、お話しします時期が参りましたらお話しさせていただきます。
その際には、どうぞよろしくお願いいたします。

また、本日3時からの祈り合わせの配信は、丁度、私自身の免許切り替えの講習の為配信することが出来ません。

動画の配信はありませんが、その時間、平和、平穏、平安の願い祈りのお心をお寄せいただけますと幸いでございます。

比嘉りか

日々の祈りと3時の祈り合わせのお知らせ

2014.04.14.10:45

新暦4月14日(旧暦3月15日 卯)

いつも真心のお力添えありがとうございます
日々の祈りの際に伝えられました言葉をお伝えさせていただきます

真実とは何か 世の中も
人の内も 本当の思いがあろう
なぜ見ない なぜ知ろうとしない
一体いつになればその思いに気づくのか
人は 安心の得方を
忘れている


一昨日、昨日と祈り合わせにお力添えいただきまして、誠にありがとうございました。
また、三重県にお集まりいただき、御神事を行ってくださいました皆様も、ありがとうございました。

昨日の祈り合わせの動画配信をご覧いただいていました方々は、ご存じかと思いますが、22日と伝えられておりました大きな自然の動きは少しですが、先延ばしの状態になったという事を伝えられました。
しかしながら、伝えられてきました内容は、完全に安心する状態になったということではないから、気は抜いてはいけないということも伝えられてきました。
別の・・・※注
その事から、今月29日に急遽、私達夫婦は、奈良県に入る事を指示されました。
これは、今回の12、13日に祈りいただきました流れの中の一つの通過点となり、これを繋いで5月の台湾までの船での御神事、そして大きくは、9月の秋分までの御神事に繋がります。
取り敢えず29日まで、気を抜く事が無いようにしてゆかなければなりませんし、この一つの区切りを迎える事によって、変化を伝えられてくると思います。
その際には、改めましてお伝えしたいと思っております。

地球の、自然の動きである地震を止めたいという事ではありません。
溜まっているエネルギーを一気に出すのではなく、緩やかに穏やかにでも噴出することが出来るのであれば、そうしていただきたいと伝えています。
それは、人間が作った建屋や施設などがその噴出するエネルギーに耐えられず、倒壊したりすることによって、多くの動植物の命を脅かす事に繋がり、しいては、地球の更なる汚染にも繋がるからでもあります。
環境を考え、地球の動きを考え様々な取り組みがなされていると思います。
でもまだ万全になるまでには、時間がかかります。
だから、今しばらく、穏やかな流れで動いて欲しいと願い祈っております。
人間も変化します。考えも変わります。多くの命の事を考えて人間が生活することは出来るのではないかと思います。
人間は、この地球を守り、多くの命を守る使命役割を担っています。
その事を思い出す事が出来れば、世の中はもっと変化することが出来ると信じております。

さて、本日3時の祈り合わせの放送がありますが、この後、夫からお伝えしたい事があるという事で、引き続き放送致します。
ご視聴いただけますと幸いです。

それでは、本日も真心のお力添えの程をよろしくお願い致します。

比嘉りか

※注:夫からこの部分に関してこのように追加記載して欲しいと強い希望がありましたことから、記載いたしました。
夫が何らかの意図、そして啓示指示を受けてのこのような文字記載のようです。
特に説明がなく大変申し訳ございませんが、ご了承くださいませ。


★*★*祈りの和information*★*★

5月御神事企画御守り 予約受付中!!
5月の東京から台湾への御神事に合わせて企画御守りが出来ました
動く、活動といったテーマを元に作成しております。
現在予約受付中です!!締切がありますので、ご予約はお早めに!
5月御神事企画御守り


★★201年富士祈りのセレモニー公式サイト申込み開始!
詳細は随時掲載してまいります。
今年も皆様のご参加お待ちしております
公式サイトは下記画像をクリックしてください
fujiceremoiconbig

★富士いのりのセレモニーin2013 DVD!!
富士セレモDVD
今年2013年 富士いのりのセレモニーのDVDが出来ました
聖なる杖の日本到着から富士麓での御神事、もちろん山中湖でのセレモニーと長老達の叡智が聞ける講演会と盛り沢山の内容です。
4巻セット・各巻とご購入いただけます。
ウェブショップ ニライカナイ内 書籍・DVDコーナーにて販売中!!
niraikanaiicon

4月11日 3時の祈り合わせより&本日の祈り合わせのお知らせ

2014.04.13.11:00

新暦4月13日(旧暦3月14日 寅)

いつも真心のお力添えありがとうございます
3時の祈りの際に伝えられました言葉を祈りと共にお伝えさせていただきます

***
140411-3時の祈り合わせ

新暦4月11日 旧暦3月12日 子の日にことあけて申し上げます
幾久しく 善き道 善き未来へと 人々が歩み進みゆくこと 叶いますように
戦 争い 決して進むことなく 
その道筋 決して見失うことなく 
共に願い 共に 多くの命達と共に 
善き道 善き未来 
安心して暮らしてゆける世の中を 進みゆくこと叶いますよう 
どうかお導き お守り下さりますよう 願い祈り致します
日々の暮らしの中 導きが 見えなく また迷いし時には 
その方の 分かる形にて 目指しゆく道 歩みゆく道 指し示しいただけますように
戦 争い 決して転じることなく 
どうか 平和・平穏・平安 安心の世の中へと 歩み進みゆくこと叶いますよう 
善き道 善き未来 多くの生きとし生けるもの達と共に 
歩み進みゆく未来へと 叶うことできますよう 
どうかお導き下さりますよう お願い申し上げます

伝えていただいてます言葉がありますので、伝えさせていただきます。

命の元根 命の根源 
どこにあるのか 忘れてはならない
そなたたちの命も 身の回りにある命も 
天と 地 その間(はざま)にありしことにて 
育まれ そして育ちゆく
この 命達は 同じ 血を分けた兄弟であり 
これは 生きとし生けるもの全てに 共通している
人の 人の 人の血を分けた 兄弟だけではなく 
多くのこの世にある 生きとし生けるもの達と共に 
そなた達は 共に この 血を分け 
そして この天と地の間(はざま)に 存在しているのである
共にある その存在と 平和で 安心して暮らしてゆく為には 
何ができゆくのか 
どうかそれを 考え そして 成し遂げ 実行し 
進めて欲しいのである
何故ならば 人が 動くことができ 行動することができ 
その目標に際し その目標に向かい 叶えゆこうとする 
その力を 行動を 発揮することができるからである
人は 目指す方向へと 意図したものへと 考えへと 
目指しゆき それを叶えゆく為に 
様々な努力を惜しまない
どうか 人々が 生きとし生けるもの達と共に 
歩み進みゆくことができるように
命のカケラ達と共に 共にある多くの命達と共に 進み続けて欲しい

****

ありがとうございました。

今日、今伝えられて来た言葉に対してなんですけれども、伝えていただいて来る内容としては、本当に人の考えや人の行動そういったことによって、多くの命が生きるも死ぬも懸って来ているということ。そしてその選択は本当に人間に、人間に託されているといったら、人間にとても大きく関わっており、だからこそどうかその考えや意識や行動というものを、自分、人間という枠組みではだけではなく、大きな枠組みで考えて欲しい、地球にある命としての立場で物を考えて、そして物を作ったり、行動したり、開発したり、実行したり、そういったことをおこなっていって欲しいということを伝られていたのではないかと思います。
常日頃から本当に、この地球にある命というのは、同じ、形は違えども、同じ物、同じ存在、同じ命であるということはとても伝えられて来ます。
今日も、その人間の本当に行動一つによって、人間の命だけではなくて、多くの動植物の命も失わせることもできるし、生かすこともできるし、守ることもできる、殺してしまうこともできる。だからどうか、人間という小さな枠ではなくて、地球の命としての大きな枠で物事を考えて、そして未来を考えて欲しいということを伝えられていたのではないかという風に感じました。

皆様と一緒に祈りをさせていただくことで、やはり伝えたい、聞いて欲しい、そういった存在が、詳しくまたいろんなことを教えて伝えて来て下さっています。また改めまして、祈り合わせの際にいろいろとお話できたらと思います。
本日は本当にありがとうございました。では失礼します。

***以上3時の祈り合わせより***

本日(4月13日)、先日夫からお伝えしました文章内にもありましたが、午後3時から祈り合わせを行います。
自然災害の緩やかなる動きとなるようにという事を共に願い祈っていただけますと幸いです。
今月は、改めて皆様にお力添えを頂きたく祈り合わせを設定しております。
下記日付ではありますが、どうか皆様の平和、平穏、平安の願い祈りのお力をお貸しいただけますようお願い申し上げます。

今月の祈り合わせ

4月の12、13日
この自然界の災いをできるだけ小難無難に、そして、大きく未来が変化する流れを作るためのお祈りを私共はお宮で行いたいと思っております。

19、20日。
19日は、福島もしくは秋田から、20日は、新潟から、合同祈り合わせにて行いたいと思っております。
19、20日はテロといった物事が起こらないようにといった祈りになります。

26、27日
26日は、久米島の御神事中となります。自然災害と近隣諸国と世界の軍事緊張の緩和自然災害の政治的な祈りを行います。
27日、渡名喜島から前日と同じ内容にて祈りいたします。
29日、私共の宮から自然災害とテロ及び、経済、そして、政治問題、平和についてまとめて祈りを行います。
上記すべての日程で、午後3時から祈り合わせを行います。

祈り合わせに際し、下記の文章も合わせてお読み下さいませ

*2014年4月9日配信:自然の動きに対して伝えられている事と祈り合わせのお願い
記事掲載URL>http://mirokumusubi.blog115.fc2.com/blog-entry-2141.html

本日も真心のお力添えの程をよろしくお願い致します。

比嘉りか

★*★*祈りの和information*★*★

★5月御神事企画御守り 予約受付中!!
5月の東京から台湾への御神事に合わせて企画御守りが出来ました
動く、活動といったテーマを元に作成しております。
現在予約受付中です!!締切がありますので、ご予約はお早めに!
5月御神事企画御守り


★★201年富士祈りのセレモニー公式サイト申込み開始!
詳細は随時掲載してまいります。
今年も皆様のご参加お待ちしております
公式サイトは下記画像をクリックしてください
fujiceremoiconbig

★富士いのりのセレモニーin2013 DVD!!
富士セレモDVD
今年2013年 富士いのりのセレモニーのDVDが出来ました
聖なる杖の日本到着から富士麓での御神事、もちろん山中湖でのセレモニーと長老達の叡智が聞ける講演会と盛り沢山の内容です。
4巻セット・各巻とご購入いただけます。
ウェブショップ ニライカナイ内 書籍・DVDコーナーにて販売中!!
niraikanaiicon

日々の祈り

2014.04.11.09:11

新暦4月11日(旧暦3月12日 子)

いつも真心のお力添えありがとうございます
日々の祈りの際に伝えられました言葉をお伝えさせていただきます

どこに進むかも解らずに
善き方向へは 難しかろう
何をするべきなのか
何をしてはいけないのか
人間にはその判断は 出来るはずである
人は 大切な命を預かっている
人だけの命ではなく 多くの生きとし生けるもののである
全てを護りながら 進む事を考えなければ
それらを護る事は 難しかろう
選択を迫られた時 道が解らなくなるはずである
人間は 人間を含めての
多くの命を預かっている事を
忘れてはならない


最近、本当に鬼気迫る内容を伝えられていると感じます。
多くの方にお伝えする事、また、同じように感じていただく事は難しいかと思います。
それでも、少しでも同じ感覚を持っていただける方に、少しでも、よい未来を考えて下さいます方に、伝えられてくる内容が届き、共によい方向性を見つけ、切り開き、跡をつけ残し、次世代に安心して暮らして行ける世の中を残すきっかけを育て残して行けたらとかんがえております。

本日も、どうか、皆様の真心のお力添えの程をよろしくお願い致します。

比嘉りか

★*★*祈りの和information*★*★

食の和カレッジ開催
4月13日(日)の食と健康の和
今回は~デトックスしやすいからだをつくろう~をテーマにお伝えします
詳細は下記画像をクリックしてください
syokunowa

★5月御神事企画御守り 予告!!
5月の東京から台湾への御神事に合わせて企画御守りが作成中です
動く、活動といったテーマを元に作成しております。
近日webshop ニライカナイにて販売開始予定です!!
5月御神事企画御守り


★★201年富士祈りのセレモニー公式サイト申込み開始!
詳細は随時掲載してまいります。
今年も皆様のご参加お待ちしております
公式サイトは下記画像をクリックしてください
fujiceremoiconbig

★富士いのりのセレモニーin2013 DVD!!
富士セレモDVD
今年2013年 富士いのりのセレモニーのDVDが出来ました
聖なる杖の日本到着から富士麓での御神事、もちろん山中湖でのセレモニーと長老達の叡智が聞ける講演会と盛り沢山の内容です。
4巻セット・各巻とご購入いただけます。
ウェブショップ ニライカナイ内 書籍・DVDコーナーにて販売中!!
niraikanaiicon

自然の動きに対して伝えられている事と祈り合わせのお願い

2014.04.09.09:00

いつも真心のお力添え、ありがとうございます

大国ミロク大社の比嘉良丸です。
4月から、5月にかけての御神事についてお伝えしたいと思います。

常に皆様には、地球の地殻変動期のお話しはお伝えしてきております。
富士の噴火の事や、南海トラフ、東南海、東海沖などのお話もお伝えしてきました。
いくつか、地震、噴火の危険性があるという事で、分散分割、小難無難の祈りもしてまいりましたが、その中でも緊急性が高いと伝えられ、4月の下旬に久米島に行く事になりました。緊急性の高いという内容は2通りあったのですが、今回、久米島を最優先にと伝えられました。
まずは、その2通りの内の久米島の事をお伝えさせていただきます。
この久米島の沖合には、日本列島から九州を経て続いている、西日本火山帯が流れています。
九州の普賢岳や阿蘇山、霧島、桜島、沖縄近くにある硫黄鳥島、西表島、海底火山などもこの火山帯内にあり、久米島自体、その昔、大きな火山活動によって出来た島になり、この時の活動もこの西日本火山帯が関与していたと考えられます。

今回、この久米島に向かいますのは、ここでの動きが、日本にある西日本火山帯と東日本火山帯だけではなく、それに関連するプレートを刺激して動かしてしまう、地球規模の動きに繋がるという啓示に基づく事からです。
日本周辺だけではない、火山帯や海溝、断層を伝わり、世界へと広がってしまうという事を伝えられているからなのです。

啓示で伝えられている内容ですが、まず、久米島沖を震源とする地震や火山帯の活動が起きると、これは、東西にその動きを伝えます。
北は、奄美、もしくは、九州辺りまで連鎖連動し、地震や火山帯に位置する火山の噴火(桜島や普賢岳、霧島、阿蘇山など)へ伝わり火山活動を促します。
沖縄の東側には、琉球海溝があり、久米島沖での動きは、この琉球海溝を刺激します。その為、琉球海溝から連動し、フィリピン海溝を刺激、スマトラへと連鎖連動して地震などの動きが繋がります。
スマトラ付近から、一つは、中近東やイタリア、ギリシャへとその火山活動や活断層の動きを刺激して繋がり、もう一つは、ニューギニアや南アメリカ、中央アメリカを経て環太平洋を回ると共に、中央アメリカからアフリカへとその火山、プレートの動きを伝え刺激してゆくと伝えられております。
久米島の震源から、これだけの範囲に広がるのですが、この伝わった先から、その先更に動きが繋がってしまいます。
まず、先程、琉球海溝からフィリピン、スマトラ、そして、2方向へと別れるという事をお伝えしました。
一つは、久米島、琉球海溝からプレートの刺激を受け、この刺激は、台湾のプレートを刺激します。この刺激は、琉球海溝を伝い、台湾と九州に地震を誘発するのですが、この誘発された地震が、日本の東南海を刺激します。
この時刺激されて、誘発するのが、昨年誤報が起きた辺り、和歌山の沖合の地域と伝えられております。この沖合の刺激されたエネルギーは、地震となって発散されますが、この地震が1~2週間後に、富士の噴火を誘発する動きとなります。
これは、本格的な富士の噴火ではないのですが、この富士の動きによって、再び3通りの動きが誘発されます。一つは、先日、四国と九州大分の間で起きた地震発生の辺りで、再び地震が引き起こされます。これが起きると、琉球海溝、台湾へとそのエネルギーが舞い戻ります。
もう一つは、日本海溝、小笠原へとそのエネルギーが流れ伝わります。
3つ目は、東海が動き、関東、東北、そして北海道十勝へと連動すると伝えられています。
これら一連の動きによって、富士が再度2度目の噴火をすることになり、2度目の噴火は、本格的な地殻変動の動きになると伝えられております。
そして噴火は、北海道羅臼、旭岳、青森秋田の十和田湖へも伝わり、秋田付近の鳥海山、白山火山帯を刺激して、千島火山帯を経て、サハリンへと繋がり、地震噴火を誘発してゆきます。
伊豆七島、小笠原、グアム、ニューギニアの火山帯も刺激され、連動。
更には、旭岳は、アメリカのイエローストーンに直結し、十和田湖は、中国、朝鮮の長白山を刺激して動きだすと伝えられており、文字通り、世界へと繋がると伝えられておりました。

さて、もう一つですが、これは、中央構造線の動きについてです。
九州には、地下にマグマが溜まり、地震の力が大きく溜まっていると伝えられております。
何度か桜島にも赴いておりますが、桜島が出来た時ぐらいの大きな力の噴出を伝えられており、これが実際に動くと、普賢岳が連動し、中国、上海へとその力が連動し、大きな地震や噴火を引き起こすと伝えられております。
霧島に至っては、中央構造線を刺激する可能性が大きいと伝えられております。
なかでも、大分で大きな動きがあると、九州全域の大きな火山が動くもしくは、四国に大きな地震が起きるかのどちらかであると伝えられており、四国への連連動であれば、四国から先、近畿や東海、関東への動きはないが、九州全域の火山が動くとなった場合、中央構造線の連鎖連動になり、日本全域に伝わるという事を伝えられておりました。

私共が、何度も、本州を回り続け、中国や台湾、北海道、サハリンといった海外を行き来するのは、上記の意味が伝えられていた事もありましたが、近年、御神事を続けてきた中、久米島の動きが早まっているという事を啓示によって伝えられてきました。

後に述べました、大分からの九州全域や四国といった場所への連鎖連動は、そこが動いても四国から先に連動しないようにと奈良、愛知、和歌山などを昨年は集中的に御神事してまいりましたので、何とか先には繋がらないのではないかと思っております。
しかし、久米島に至っては、沖縄での御神事の流れや順序があった事もあり、中々進まず、今回、急を要するという事が改めて伝えられた事から、急遽、東京湾から神戸へ寄港し、台湾までゆく船に乗船し御神事をすることとなりました。
この船での移動によって、東京湾では、東京湾内を祈る御神事と南へと繋がる日本海溝やプレートの祈りが出来ます。
神戸までの航路では、東海、東南海、南海の直下型の地震に対しての小名無難の祈りが出来ます。
そこから、台湾までの航路は、東海から、九州、琉球海溝、そして、プレート型の地震に対しての小難無難の祈りが出来ます。
そして、台湾では、台北にあります、陽明山の中の七星山に行き、久米島の動きが台湾に繋がる事が無いようにという祈りをすることが出来ます。

陸地からの祈りだけではなく、海からの祈りをするという事は、大切な事になります。
陸地からの祈りは、陸地から外に向かって祈りをします。それは、外からの災いが陸地に及ばぬようにという意味が重ねられます。
海からの陸地に向かっての祈りは、陸地内に災いが広がらないように、そして、海の中にある海溝に更に近い場所にて祈る事によって、その動きが穏やかになるようにという事を近くで祈る事ができます。

久米島の御神事には、地震噴火、地殻変動の小難無難の意味がありますが、合わせて、西という方角でいらない物事を清め改めるという意味の力を借りております。
私達の御神事では、東西南北に意味があります。
その中の西には、物事を治める、次へと繋ぐという意味合いがあります。
この久米島の御神事で、一連の繋がりが繋がらないようにという意味を込めて御神事を行い、更に、東京から台湾への御神事を行う事で、おさめた動きが一気にではなく、緩やかなる穏やかなる動きへと変化するように願い祈り参ります。

久米島沖の火山帯にある大きなマグマ溜まりが、大噴火することで、東西南北にあるプレートや構造線、火山帯を大きく突き動かし、日本列島の中央にある四つの大きなプレート、大きな火山帯、そして、富士を突き動かして地球規模の地殻変動の引き金に広がる可能性が実際にかなりの高い確率であります

そうなると、沖縄本島から琉球諸島、南西諸島は、ほぼ壊滅的なことになると思われます。伝え見せられているビジョンのように起きるならば、政治経済や戦争といったことなど言っていられない状態になると伝えられております。
それだけ大きな意味を持つ事態になると伝えられております。

しかし、先月3月の春分の日までに行いました北海道から八重山諸島での御神事を行ったことによって、今後の動きで大きく変化させることが可能とも伝えられております。
これに伴い、下記に書いております、関東から台湾までの航海御神事、7月の日本列島九州四国本州を一周し釜山にゆく航海の御神事、北海道の外洋とサハリンに赴く航海の御神事を確実に行う事を前提に5月6月7月8月9月、特に6月の夏至、山中湖の富士山の麓でのセレモニーは大変重要な御神事の一つとなります。

できる限り多くの方々のお力添えが必要となります。
そして9月の秋分の御神事、これも重要な御神事となります。
さらに、日本列島を5月から秋分の日までに その御神事を行う事で、上記の一連の流れを変化させることが出来ると伝えられております。
その為にも、これら御神事を確実に行うとともに、政治、及びテロの危険性も同時に回避し、経済、及び近隣諸国、外国との緊張をも回避しなければなりません。
その為にも、どうか今月4月以下の日程において、皆様のお力をお借りしたいと思っております。
4月の12、13日
この自然界の災いをできるだけ小難無難に、そして、大きく未来が変化する流れを作るためのお祈りを私共はお宮で行いたいと思っております。
御神事の都合上時間が3時以降にずれる可能性がありますが、その場合は、事前にご連絡させていただきます。
19、20日
19日は、福島もしくは秋田から、20日は、新潟から、合同祈り合わせにて行いたいと思っております。
19、20日はテロといった物事が起こらないようにといった祈りになります。

26、27日
26日は、久米島の御神事中となります。自然災害と近隣諸国と世界の軍事緊張の緩和自然災害の政治的な祈りを行います。
27日、渡名喜島から前日と同じ内容にて祈りいたします。
29日、私共の宮から自然災害とテロ及び、経済、そして、政治問題、平和についてまとめて祈りを行います。

上記すべての日程で、午後3時から祈り合わせを行います

沖縄の宮にて参加していただけます方がいらっしゃいましたら、宮にて共に祈りをお力添えをいただけますようお願い致します。
また、日本全国、外国どこでも、どこかの日付で構いません。参加出来ます方は、お力添えいただけますと幸いです。
先日の放送中に私共から、祈っていただきたい場所を指定するという事をお伝えしましたが、上記の時間に居る場所でしたら、どこかご自身が聖地だとお感じになる場所に移動されても、ご自身のお心の休まる場所でもどこでも構いません。どこにも移動が出来なければ、ご自宅ででも結構です。

何卒、お力添えいただけますようお願い致します。

ここまでの長文をお読みいただきまして、誠にありがとうございました。

比嘉良丸、比嘉りか

★*★*祈りの和information*★*★

食の和カレッジ開催
4月13日(日)の食と健康の和
今回は~デトックスしやすいからだをつくろう~をテーマにお伝えします
詳細は下記画像をクリックしてください
syokunowa

★5月御神事企画御守り 予告!!
5月の東京から台湾への御神事に合わせて企画御守りが作成中です
動く、活動といったテーマを元に作成しております。
近日webshop ニライカナイにて販売開始予定です!!
5月御神事企画御守り


★★201年富士祈りのセレモニー公式サイト解禁!
詳細は随時掲載してまいります。
今年も皆様のご参加お待ちしております
公式サイトは下記画像をクリックしてください
fujiceremoiconbig

★富士いのりのセレモニーin2013 DVD!!
富士セレモDVD
今年2013年 富士いのりのセレモニーのDVDが出来ました
聖なる杖の日本到着から富士麓での御神事、もちろん山中湖でのセレモニーと長老達の叡智が聞ける講演会と盛り沢山の内容です。
4巻セット・各巻とご購入いただけます。
ウェブショップ ニライカナイ内 書籍・DVDコーナーにて販売中!!
niraikanaiicon

3時の祈り合わせから

2014.04.08.19:00

新暦4月8日(旧暦3月9日 酉)いつも真心のお力添えありがとうございます。
3時の祈りの合わせの様子を書き起こししていただきましたので、祈りの部分と伝えられました言葉、また、その際にお話ししました内容をまとめましたので、配信させていただきます。

**********
140407-3時の祈り合わせ
祈り>>
今日の善き日に ことあけて申し上げます
善き道 善き未来 戦 争い 決して起きることなく 
災い 決して 大きくなることなく 小難 無難と変わりゆき
幾久しく 多くの人達と共に 多くの命達と共に
善き道 善き未来へと進みゆくこと叶いますよう
守り 導き 支え下さりますよう心より願い祈り致します
大切なる流れ 大切なるこの世の中の命の循環と共に 
多くの生きとし生けるものと共に 進みゆくこと叶いますよう
どうか守り 導き 支え下さりますよう 願い祈り致します
一人ひとりが わかる形にて その 目印 その道 指し示しいただき
どうか 一人ひとりにわかる形にて 惜しみなき後押しをいただけますように 願い致します
人が 気付き 人が この世と共に この星と共に 多くの命と共に進みゆくこと
気付き 歩み続けゆくことにより この星もまた変わりゆき
そして 多くの命達と共に 共存しゆく未来 世の中を 
作り続けゆくことが叶うことと 信じております
どうか 多くの命達と共に 一人ひとりが気付き 歩み続けゆくこと叶います様に
守り 導き 支え下さりますよう心より 願い祈り致します


伝えていただいてます言葉を伝えさせて頂きます。

人は今 大切なる世の中の流れを 見失おうとしている
しかしながらそれでも人々は その 失いそうになっていることすらも 
気付かぬ者が数多くありゆく
何故なのだ
何故それほどまでに 自らの未来を見ることに 難しさを感じているのか
なぜ自らの歩みを見失うことを わからずにいるのか 
人は どのようにして進みゆこうとしているのか 
どこへ 参ろうとしているのか
どうか 気付いて欲しい 
人が今 どれだけ どれ程までに 危うき道に 進みゆこうとしているのか
危うき道にあるのかを
どうか 気付かずに 進もうとしている その足元を
どうか気付いて欲しいのである 


ありがとうございました

******

日々の祈りを行う際に、3時に居る場所からお心を合わせて頂くということで、全然構いません。その時間に皆で同じ様な意識を持って善い方向に進むようにという思いを届け合う、重ね合う、それを思い合うということが、とても大切なことになります。
大切なる思いを持って、そして本当に善き未来に進みゆくことが出来るように、戦争がないようにという思い、それもとても大切です。でもそれをさせないために、どの様にすればさせない事が出来るのかというのは、人がその戦争の道を選ばないようにすることが一番大切なことになります。
分からないまま進むのではなくて、一体今どんな状況にあるのかということを本当に知ることは、大切だと思います。世知辛い世の中ですし、皆さん本当に忙しい慌ただしい日常の中で、世の中の流れなんて中々見る事は難しいかもしれません。それでも、自分達が今一体どんな世の中に生きているのかということに気づく事はとても大事な事だと思います。そして本当にこのままでいいのか、いつか誰かがいい方向に変えてくれる、子供達に安心の世の中を残してくれるではなく、子供達に自分達が残さなければ他の誰もいい世の中を残すことは出来ません。誰かが何かをしてくれる、ではなくて本当に自分達が、少しずつでも小さなことでも積み上げて重ねていく事によってそれはそれは拡がってゆき、大きな大きな世の中を変える一つの小さな波紋になりゆきます。その一歩として何か出来る、何かする為の一つとして、この祈り合わせに参加して頂けますと、とてもとても感謝致します。

明日、改めまして、夫から自然災害の内容についてメルマガ、ブログの配信をさせていただきます。
啓示は、変化することが出来るからこそ、伝えられて参ります。
どうか、皆様の真心のお力添えの程をよろしくお願い致します。

比嘉りか


★*★*祈りの和information*★*★

食の和カレッジ開催
4月13日(日)の食と健康の和
今回は~デトックスしやすいからだをつくろう~をテーマにお伝えします
詳細は下記画像をクリックしてください
syokunowa

★5月御神事企画御守り 予告!!
5月の東京から台湾への御神事に合わせて企画御守りが作成中です
動く、活動といったテーマを元に作成しております。
近日webshop ニライカナイにて販売開始予定です!!
5月御神事企画御守り


★★201年富士祈りのセレモニー公式サイト解禁!
詳細は随時掲載してまいります。
今年も皆様のご参加お待ちしております
公式サイトは下記画像をクリックしてください
fujiceremoiconbig

★富士いのりのセレモニーin2013 DVD!!
富士セレモDVD
今年2013年 富士いのりのセレモニーのDVDが出来ました
聖なる杖の日本到着から富士麓での御神事、もちろん山中湖でのセレモニーと長老達の叡智が聞ける講演会と盛り沢山の内容です。
4巻セット・各巻とご購入いただけます。
ウェブショップ ニライカナイ内 書籍・DVDコーナーにて販売中!!
niraikanaiicon

“食と健康の和カレッジ2014春”開催のお知らせ

2014.04.08.08:30

4月13日(日)開催 「食と健康の和カレッジ2014春」 ご案内とお誘い!

”食と健康の和”の福島仁志と申します。
先月にもお知らせしております「食と健康の和カレッジ2014春」、ご承知して頂けてますでしょうか?・・・

今回テーマは ”デトックスしやすいからだをつくろう” と言うことでの二部構成で行ないます。
このデトックス、私たち食と健康の和チームの活動目的であります。
一般に安全で安心できる食材少なく、防ぎようもないため、対応としてデトックスできることを行ないましょうと言うことであります。
その為にもまず、安全でないことを知ることも大切です。

カレッジ第一部では放射能被害を考えるドキュメント、様々な放射能被害・汚染起きているにも拘らず一般報道されていない実態を、こころの架け橋メンバーの方が実際に取材された内容と、首都圏近郊ホットスポットで起きている現状をスライド・DVD用いて語って頂き、ご参加の皆さんと共に、これらから如何していったらよいのかを考える場にしたいと企画しています。

カレッジ第二部では整体師お二方による実技講習です。
食と健康の和ブログでも実技動画発信しておるより詳しい内容です。

小西整体師による”水平足踏み体操”指導にて、ふくらはぎを柔らかくし血液とリンパの流れを良くし、続く河野整体師による”くるくるつぼ療法”にて、足から体各所へくるくるマッサージ行い、更に体全体の筋肉がほぐれデトックス効果あります。
簡単であり、この効果は絶大です!
実際この私自身、昨年フルマラソン後に痛めていた足の筋肉、これで解消できました!!
これを、カレッジではより詳しく、そして日々役立てて頂けれるよう健康棒付きでご指導いたします。

カレッジ、こころの架け橋活動活性化の為にも、回を重ねながらより魅力あるものへと、飛躍できるよう努めていきたいと思っております。
今回も有意義な場に出来るよう力尽くしていきますので、皆さまのご参加こころよりお願い申し上げます。

食と健康の和代表:福島仁志

※ “食と健康の和カレッジ2014春”申し込み↓
 http://kokucheese.com/event/index/153900/

※ 食と健康の和ブログ↓
 http://shokutokenkounowa.blog.fc2.com/
                                                                        以上

日々の祈り

2014.04.07.09:45

新暦4月7日(旧暦3月8日 申)

いつも真心のお力添えありがとうございます
日々の祈りの際に伝えられました言葉をお伝えさせていただきます

人は 流れに乗る事を望むが
その流れが どこに行くのかは
後回しになる
どにこゆくのか 向かうのか
大切な事であろう


昨日は、御神事を行う方を中心にした勉強会を行いました。
この中で、皆様に祈り合わせをお願いする内容がでました。
日付は、今月の12日、13日、19日、20日、26日、27日、29日です。
各日とも、午後3時から、お心を合わせていただけますよう、お願い致します。
また、改めてご連絡いたしましすが、各日、私共が指定します場所において、祈り合わせをしていただけます方も募集致します。

どのような状況が訪れようとしているのか、動画をご視聴いただきまして、ご理解いただき、是非とも、少しでも多くの方の祈りのお力添えがいただけまようお願い致します。

比嘉りか

20140406 御神事勉強会 伝えられている自然の動きについて
※下記の画像をクリックすると動画のページに移動します

4月6日御神事勉強会1


★*★*祈りの和information*★*★

食の和カレッジ開催
4月13日(日)の食と健康の和
今回は~デトックスしやすいからだをつくろう~をテーマにお伝えします
詳細は下記画像をクリックしてください
syokunowa


★★201年富士祈りのセレモニー公式サイト解禁!
詳細は随時掲載してまいります。
今年も皆様のご参加お待ちしております
公式サイトは下記画像をクリックしてください
fujiceremoiconbig

★富士いのりのセレモニーin2013 DVD!!
富士セレモDVD
今年2013年 富士いのりのセレモニーのDVDが出来ました
聖なる杖の日本到着から富士麓での御神事、もちろん山中湖でのセレモニーと長老達の叡智が聞ける講演会と盛り沢山の内容です。
4巻セット・各巻とご購入いただけます。
ウェブショップ ニライカナイ内 書籍・DVDコーナーにて販売中!!
niraikanaiicon

今 お伝えしたい事

2014.04.03.14:00

こんにちは。
大国ミロク大社の比嘉良丸です。
4月1日朝に動画配信を行ないました。本日は、その動画をブログに掲載させていただきます。
以下お伝えします話と合わせてご覧くださいませ。
さて、私は伝えられてくる啓示とビジョンに基づき、これまで日本列島の太平洋側のプレート型地震の分散分割回避、及び、日本海側、中央構造線の火山性地震と直下型地震の分散分割回避の御神事を常に行ってまいりました。
今年初めには、再度今年の起きる災害として伝えらえた地震があり、これらの分散分割回避の為の御神事も行ってきました。
この伝えられた中に、中央構造線による自然災害があると伝えられ、同時に、東海岸沿いの地震は強く警戒しなさいとも言われました。そして、この地震の誘発原因が沖縄の久米島で起きる地震であると伝えられました。
昨年2013年、久米島にて行いました御神事の中で、亀の甲羅の浜という場所で祈った際に、島が沈んで隆起するぐらいの大きな規模の地震が起きるという事を伝えられ、その場にいた、神子も同様に伝えられておりました。
この久米島地震の内容は、そう遠くない時期であるということもあり、この地震が、南海トラフ、中央構造線への誘発原因になる事からも、沖縄でも善き流れへと進む為の御神事を組み立ててきましたが、予定通り御神事ができない状況が続き、今年の3月は、この地震に対する意味も含めて沖縄本島の東西を結ばなければならなかったのですが、天候(天候が荒れると海に出る事が出来ないので)などによって、行う事が出来ませんでした。

この久米島の啓示同様、南海トラフについての警告もずっと伝えられ続けてきておりましたことから、沖縄での御神事が出来なくとも、何とか、一気に本州に繋がり動く事は避けられるようにと、本州を回りその回避に努めてきました。去年12月は、先島に入り、御神事を行いましたが、それ以外の予定は行えず、沖縄での御神事が後手後手になっておりました。

そのような中、今年に入って、久米島が前知らせの余震として動く、その後の動きは、避けられないという事を伝えられてきました。これが起きたら、日本の中央構造線に沿って、本州の内陸部で地震、噴火が起きると警告されてきました。
自然界からも、沖縄の御神事が滞っている事でずっと警告が伝えられ続けていた中、最終警告が出されました。
それが、3月3日に久米島沖が震源で起こった地震でした。
この時の揺れは、久米島沖が震源地で、沖縄の東側で揺れるという地震でした。
これは、このままの状態が続けば久米島で地震が起きる。その影響で、南海トラフ、中央構造が動くと伝えられていた内容を表すものでした。

事前に、久米島沖の地震が起きたら、3日以内に本州の中央構造線の要の場所にて押さえなさい。入口となる、奈良、和歌山、三重、愛知、その中でも、強い要となる奈良和歌山に行きなさいという啓示が、伝えられておりました事もあり、この補修の抑え、予防の抑えとして、啓示で伝えられた奈良、和歌山にてすぐに御神事を行いました。
この時の久米島沖での地震は、神々からのかなり強い警告であるということは、一緒に御神事する方々にもお伝えしておりました。

しかし、沖縄での東西の仕組みの御神事が噛み合う事が出来ず、一旦は4月に変更したものの、それも動く事が出来ない状況になっておりました。
3月4月の沖縄での御神事が出来ない状況となったことから、私の判断で、3月30日に夫婦で沖縄本島を一周し、神々と相談する事としました。
最初、沖縄本島東にあります、浜比嘉島へと行きました。ここの島には、人間を排除する動きを一気に行おうとする存在・神々と、その反対に緩やかに穏やかに調整しながら進もうとする存在・神々と両方存在しており、そこでまずやり取りを行う事としました。

一気に誘発する事を望む側は、4月2日に久米島沖にて地震が起きるその地震は受け入れろという事を、警告ではなく、告知してきました。この地震というのは、先程も書きましたが、島が沈んで、また、浮き上がるぐらいの大きな地震が起きるというものであります。(この久米島の地震の連鎖連動は4月1日の放送の中でもお伝えしております。その状況内容は、以前久米島を訪れた際の御神事でも、また、久米島の近くにある粟国島という島での御神事でもとんでもない事が起きるといった内容でしたので、なんとかそのような事にはならないように出来ないかと相談してみたのですが、この存在達は、聞く耳を持ってはくれませんでした。
その為、私は、緩やかに調整しながら進むという働きをする存在、神々に、何とかならないかと伺いを立てました。
これは、私が生まれる前、母が御神事をしていた際に、子宝を授けようと伝えてきた神や、私に名前を良丸と付けるようにと伝えてきた神々でもあるのですが、この方々に相談しました。

結局この場所での答えは出ず、私達は、沖縄一周をする為に移動をし始めたのですが、進むにつれ、私が腹痛をおこし、トイレから出る事が難しくなる程酷い状況になってしまった事から、一旦自宅に帰り、自宅にて、神々とやり取りをすることとしました。

多くの神々が力添えするという事で、動いて下さった結果、それでも、完全に地震を止める事は出来ないという事が伝えられてきました。
それは、御神事が予定通りに進んでいないという事だけではなく、行う側の意識の足らなさ、意識の統一が成されていない事も問題であると伝えられてきました。
私は、とにかく最悪の状態へ進む事は逃れられないのかと問いましたところ、久米島が動けば、日本列島すべてに連鎖連動し、地殻変動のスイッチが入ってしまい、誘発され、10年足らずで、地球が大きく変化してしまう。
このような一気に起こる事態を先延ばしして、最悪の状態を避けるためには、対極の場所(日本の向側にあたる地域)でこのエネルギーを引き受けてもらうしかない。それでも事態の先送りにしかならないと伝えられてきました。
それは、中南米にて、大きな地震が起きるということであり、実際には、過去にも何度も溜まった力を引き受けてくれており、今回も同様に引き受ける事を示唆していました。
再度私が、多くの被害が出てしまうのですかと問いかけると、出来るだけ最小限に対応するが、この提案を拒否するのであれば、エネルギーの溜まっている久米島にて、そなたに伝えているような状況が起きると返答されました。
これには、私自身、解りましたとしか返すことができませんでした。

これは、物事が起きるまで、手出しをしてはいけないという事でもあり、事が起きるまで、何もできません。
皆さんへの事前の小難無難の呼びかけも出来ない。ただただ、被害が最小限になるように願うしか出来ない状況でした。

そして、加えて伝えられたのが、2010年にチリで津波が起きる程の地震があったであろう、これが起きた時に、原子力発電所の不具合を伝えたのと一緒に、翌年日本で地震が起きるという事も伝え、2011年3月11日にあのような事態が起きた。
今回もこの時と同様でありそれ以上である。先延ばしであり、分散分割の回避ではない。
もう一度、神事の内容を組み立て直し、滞りなく行ってゆかなければ、先に伝えた状況と同様になるであろう。
小笠原で引き受けている火山帯のエネルギーも含めて、しっかりと神事を行うようにという事を強く警告されました。
3月30日・31日とこのような内容をやり取りしておりました中、この沖縄での地震、火山のエネルギーの肩代わりというのでしょうか、エネルギーが表に出ないように、私のリンパが腫れあがり、かなりの痛みを伴う事となりました。

4月1日、あの時点で私の出来る事として、動画配信をおこないました。
それは、南米での地震は止める事が出来なくても、それでも、少しでも私を支え、支援してくださっている神々に被害が少なくなるように、人命が護られるようにという事を伝えたかったという事があります。
何度かお伝えした事がありますが、私の中継配信は、実際に見ている人だけではなく、見えない存在達にも伝えております。ネットは、全世界に繋がっています。母達や私達が訪れた事のない場所の存在達に、この仕組みを使って伝えております。

今回のチリ沖で起こった地震によって、今後の私達の行動が変わる事となりました。
日付の変更があるかもしれませんが、予定しておりました、4月の久米島は参りますが、秋分の日にも、改めて久米島に訪れなければならない事となりました。
その他、奄美、北南大東島への御神事の予定が変更となります。詳細の日程は、現在は未定です。

最後に、久米島への御神事があれだけ後手になっていたのに、先延ばしという形でも取れたのは、3月の北海道からの最北端、最東端、最南端、最西端を結んだ、北極星と南極星を意味した御神事が出来たからこそで、それには多くの方のお力添えがあったからこそです。チリ沖での地震がどれだけの被害が出ているのかわかりませんが、ただ言えるのは、先延ばしであるという事を私達はしっかりと理解し、行えることをしっかりと行ってゆくという事です。

ここまでお読みいただきまして、ありがとうございました。
これからも、真心のお力添えの程をよろしくお願い致します。

比嘉良丸・比嘉りか

20140401 動画 4月1日事務所神棚にて感染病地震について
※下記画像をクリックすると動画のページに移動します
4月1日事務所の神棚より感染症の話

日々の祈り

2014.04.02.10:00

新暦4月2日(旧暦3月3日 卯)

いつも真心のお力添えありがとうございます
日々の祈りの際に伝えられました言葉をお伝えさせていただきます

続くのか続かないのか
そなた達の流れ 幾久しく
自然と共に在るとは
多くの命を共に在る事
この星と在る事
命の為に何が出来るのか
自然の為に何が出来るのか
何をおこしゆけるのか
人間よ


本日は、沖縄においての今後の御神事の流れなどの打ち合わせとなります。
刻々と変化してゆく世の中の流れに対して、御神事の予定も変化してゆきます。
大まかな予定は、変わりませんが、自分達夫婦で行うものについては、その都度の変更や変化が伴いますので、その話合いとなります。

それでは、本日も真心のお力添えの程をよろしくお願い致します。

比嘉りか

★*★*祈りの和information*★*★

食の和カレッジ開催
4月13日(日)の食と健康の和
今回は~デトックスしやすいからだをつくろう~をテーマにお伝えします
詳細は下記画像をクリックしてください
syokunowa


★★201年富士祈りのセレモニー公式サイト解禁!
詳細は随時掲載してまいります。
今年も皆様のご参加お待ちしております
公式サイトは下記画像をクリックしてください
fujiceremoiconbig

★富士いのりのセレモニーin2013 DVD!!
富士セレモDVD
今年2013年 富士いのりのセレモニーのDVDが出来ました
聖なる杖の日本到着から富士麓での御神事、もちろん山中湖でのセレモニーと長老達の叡智が聞ける講演会と盛り沢山の内容です。
4巻セット・各巻とご購入いただけます。
ウェブショップ ニライカナイ内 書籍・DVDコーナーにて販売中!!
niraikanaiicon

食と健康の和便り 第6号 のご案内

2014.04.01.08:30

:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*

食と健康の和便り 第 6 号 (平成26年4月1日) 発行

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵

・・・目次・・・・・・

1.ご挨拶

2.マーガリンは体に悪い!

3.情報の検証を始めましょう!

※ 編集後記

∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
1.ご挨拶
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
記録的な大雪に見舞われ 厳しかった冬を終え、桜開花時期に第6回食と健康の和便りを発行できる運びとなりました。
暖かな日差しにほっと幸せを感じられる中、世界や国内を見渡せば落ち着かない心境になります。
ロシアからウクライナ自治区編入による欧州諸国との対立、中国から尖閣諸島への変わらずの挑発、
前代未聞の憲法解釈を変えての集団的自衛権容認への動き、誰しも平和を求めつつ、それら根本問題は
国家及び個人利益獲得の為に他者を犠牲にしてしまうが故ではないでしょうか?
商業優先の食においても、如何に多く売れるかが第一目的で、食の安全性はほどほどと言うのが現状でありましょう。
そのため比嘉良丸氏を通じて、食に対して警鐘を発せられていることであります。
その様なことで今回はマーガリンについてと、一般的な情報に対して鵜呑みにせず検証していこうということで
記事を書かせて頂きました。ご覧下さい。     
                        
                  食と健康の和代表:福島仁志
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
2.マーガリンは体に悪い!
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
朝食には食パンにマーガリンと言う方、少なくないと思われます。
トーストしたパンにマーガリンはぬり易く、相性もよくたっぷりつけて美味しく頂けます・・・
ところがこのマーガリン、植物油が原料だから体にも良いだろうと思っていたら大間違い!

液体の植物性油に水素添加という方法で固められているため、脂肪酸の分子構造が天然のシス型というものから不自然な人工のトランス型に変化してしまいます。
私たち人間の生体細胞膜はシス型脂肪酸であるため、このトランス型脂肪酸を取り続けていると、心臓疾患やアトピー、慢性病の原因になってしまいます。
そのため日本以外の諸外国、特にアメリカや韓国では、飲食店でのトランス脂肪酸の使用が禁止されていたり、給食での使用が制限されています。

けれども日本のスーパーでは、品豊富なマーガリンやショートニングが並んであり、そう思えば、以前ほどテレビCMでマーガリンのコマーシャル見かけないのはこの事実から積極的に売り込みにくくなったからでしょうか・・・

脳はもっとも脂質を必要とする器官であり、特に成長期の子供がトランス型脂肪酸を取り込むと、脳の発育にダメージを与えると懸念されています。
と言うことで、食パンにはバターと言うことになるでしょうか・・・。
食パンにつけるよりも、よりマーガリンを大量に摂取してしまうのが子供が大好きな菓子パンやお菓子類です。
大手のパンメーカーや菓子メーカーなど、外袋原材料表示欄の上位に、マーガリンやショートニング使用を明記されています。
だからと言って、ではバターが良いのかと言うと、バターも手放しで良いと言いきれないのが現状です。
バターの原材料となる乳牛には、より多くの乳を搾りとるためにホルモン剤が投与されていたり、そのために牛が乳腺症を起こし、
それを防ぐために牛は抗生物質を打たれているのです。

では次に油の成分で分けてみますと、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に分けられます。
牛や豚、羊などの油は”飽和脂肪酸”で構成されているのに対し、陸上の動物の中で馬と人間は”不飽和脂肪酸”であります。
なにか人間と馬を一緒にするのは可笑しい気もしますが、実際、馬油として火傷した時はもちろん美容にも用いられていますね。
通常、この不飽和脂肪酸を多く含んでいるのは回遊する魚、にしん・サバ・秋刀魚・鮭・イワシなど。
かつての日本人は常時食べられていたので 今ほどの病気がなかったのもうなずけるところです。

ところが、四方を海に囲まれて体にもいい海の幸に恵まれている私たちですが、原発事故による海の汚染も進んでいます。
東北から関東にかけての海産物の汚染は解決がついていないものが多く、ゴマ鯖は特に注意が必要とのことであります。
また鮭ですが、遺伝子操作されたチリ産の鮭が市場に多くでまわっており、安価なお弁当に入れられている鮭は殆んどこれだと思ってよいでしょう。
私たちは肉よりこの不飽和脂肪酸を多く含んだ魚の方を多く食べるのが良いのですが、産地にはより注意が必要です。

更に油の質に関する分け方で”オメガ3”と”オメガ6”とがあります。
以前、国から食生活に関する指導で”動物性の油を減らし、リノール酸系の植物油を取ろう”と言われたのがサラダ油・サフラワー油・
ごま油・綿花油などの油であり、リノール酸系油を多く含まれている、これらが”オメガ6”です。
”オメガ3”は先に述べた回遊魚や青背の魚、アジなどがそうであり、植物ではシソ油・フラックスオイル・インカインチオイルなどです。
私たち細胞膜にはオメガ6と並んでオメガ3系の油も必要とされています。
要はそのバランスであり、現在、日本人の摂取する油はオメガ6に片寄りすぎお 、オメガ3とのバランスが崩れていると言われています。
オメガ6は細胞膜を硬くする働きがあるのに対して、オメガ3は柔らかくする働きがあり、お互い長所を発揮して不足する性質を補い合っています。
ということで、食用油に関しては体に良い”オメガ3系不飽和脂肪酸”を多く含んだ食生活を心がけられると良いでしょう。

比嘉良丸さん通じての啓示を受けて始めた"食と健康の和"、一般的に安全安心な食べもの無いと言うこと、分かって頂けると思います。
                           文:福島
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
3 .情報の検証を始めましょう!(健康の和)第2話
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
昭和の時代は、情報といえばテレビ、ラジオ、新聞でした。
今は、インターネットというものがあります。世界中の様々な情報を個人で集めることができます。
知りたいことがあれば、検索するとたちどころにわかります。

ですから、大抵のことは専門家の手を借りるまでもなく知ることができるようになりました。
また、一個人が全世界に向かって情報を発信することもできます。

このように、今私たちはテレビ、ラジオ、新聞、専門家に伝えられるがままではなく、きちんと自分で情報を比較できます。
さらには自分でニュースの特派員になって生の情報を発信することが出来ます。

そして、マスコミ発表を検証することができます。
それは今、私たちが食と健康を守るために、適切な行動を日々選択するため必要なことです。

福島原発爆発事故直後、緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム(SPEEDI:スピーディ)のデータは放送されませんでした。
ひどいじゃないですか!こともあろうに、スピーディーに隠してしまうとは!
いったいどういうことか、説明してもらおうじゃありませんか。
私たちにはそのように追求できる資格があります。
お金を出しているのは、私たち一般市民ではないですか?
どれだけの放射能がやって来るのか自分で計測しようと、私はすぐに線量計をインターネットで注文しました。
ところが受注しましたという確認メールを受け取った後で、向こう側からキャンセルされてしまいました。
その後で、外国から日本に大量の放射線量測定器を寄贈して来たのに、成田でずっと足止めされていたというニュースを耳にしました。
これが果たしてトラブルか意図的なものかどちらにせよ、
私たちは結果として命にかかわる情報や測定道具をタイムリーに得ることなく、命の危険にさらされました。

情報は、タイムリーでなければ意味がありません。
思い切りわかりやすく申し上げましょう。
昨日限りの特売のチラシを今日もらったところで、特売は終わってるんですよ!!

こっそり後出ししないでいただきたい!

事故前、東京電力は、原発は絶対安全だとテレビで宣伝していました。
安全だったでしょうか?
それに、大飯原発が2013年9月に定期検査(参考記事:http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS1501N_V10C13A9000000/)に
入りましてから日本の電力は原発無しですが、計画停電、どうして継続してやらないのでしょうか。

やるべきではないでしょうか。電力は今現在足りないはずです。
何でやらなくて大丈夫なんですか。
今大丈夫ということは、原発稼動しないと電力足りなくなるぞとテレビで言っていたのは何なんですか。
つじつま、合いませんよね。

何の疑問も持たない方は、ちょっと半沢直樹見習ったほうがいいと思います。
背広を脱ぎ、一庶民に戻った半沢ならこういうでしょうね。
「いわれたら調べ返す。検証だ!覚えておいていただこう。これが3.11後を生きる 我々庶民の流儀なんでね。」

今、私たちの手による検証が必要ではないでしょうか。行政やマスコミ、専門家達について!私たちの食と健康について!
食と健康の和ブログでは、食と健康について皆様が情報検証できるような記事を掲載していこうと考えております。
その上での行動の選択は皆様にございます。どうぞよろしくお願い申し上げます。
                                                               文:河野
*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*
※ 編集後記

待ち遠しかった桜前線が活発に動き始めました。
前回の発行から2ヶ月、食と健康の和も大きく動き出しております。
皆様食と健康の和ブログはご覧頂けましたでしょうか。
気になることから、気付いたことから、出来ることから少しずつ生活の習慣を見直していけたら、普段の生活も大きく前進出来るような気がして参ります。
春です。どなたにとっても新しい出会いの季節でもあります。
今月13日は第2回食と健康の和カレッジを催します。そこで皆さまとお会いできること期待しております。
                                                                文:野本
*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*

発行:こころのかけはし祈りの和 食と健康の和チーム
発行責任者:福島 仁志
------------------------------------
情報サイトリンク

◆地震情報《気象庁》
◆火山情報《気象庁》
◆台風情報《気象庁》
◆警報・注意報《気象庁》
◆海外の地震情報《JIS》
◆マーケット情報《ロイター》

イベントのお知らせ
最近の記事
関連サイト
検索フォーム
年別アーカイブ
携帯用QRコード
QR