祈り合わせの呼びかけと動画配信

2014.06.30.15:30

新暦6月30日

いつも真心からのお力添え有り難うございます。

本日は7月7日に予定している平和の祈り合わせのご案内、参加の呼びかけと昨日沖縄で行われた勉強会の様子を掲載させていただきます。

(1)7月7日平和の祈り合わせについて

(以下、ミロク会担当者からのご案内となります)

皆さまへ

来る7月7日(月)全世界で平和の祈りあわせがおこなわれます。

比嘉良丸氏りか氏の呼びかけにこたえて頂きエリザベス・グランドマザーや

ドン・アレハンドロ氏、エルネスト長老が世界中に呼びかけてくださいます。

富士のセレモニ-の成功によりマヤ族、アイヌ民族、沖縄民族、大和民族

の調和・統合が叶い世界平和への一歩となりました。

マヤ民族の火のセレモニ-により日本とマヤの神々さまの調和が叶いました。

アイヌ民族の火のセレモニ-により、古き時代の意識体の怨念が解き放たれ

浄化され、ご先祖さまたちの想いが昇華されました。


私達の想いや意識は人々と地球と又目に見えない意識体と繋がっています。

良き道善き未来を実現するために想いを一つにして祈りゆきたいと思います。


祈り合わせの時間帯ですが日本時間は夜遅いので場所等はご考慮ください

ませ。(安全な場所等)

中国・西 安(良丸氏ご夫婦・午後10時から)
日 本 (午後11時から)・ ロスアンゼルス (午前7時から)
グアテマラ・エルサルバドルでは (午前8時から)です。

皆さまの想いと意識は善き未来のつくりてとしていつも共に繋がっています。

そしてこの祈り合わせは重要な御神事です。 


又28日は皆さまの祈りのお力添えを頂き本当にありがとうございました。

29日午後15時1分頃に硫黄島近海(小笠原諸島)でM6.2の地震がありました。

ここは昨年来、危険をはらみ4大プレ-トに繋がりかねないエネルギ-があり、

今回はそれがプレ―トに繋がってしまう所をギリギリで17時21分頃南太西洋

(サウスサンドウイッチ諸島M7.2の地震)で持って頂くことが出来ました。

これが起きなければ6月30日に震度5~6、7月1日に震度6強、2日に本格的

な災害になるという啓示から南大西洋に振って頂きましたが本当に回避でき

たのかはまだ分からないそうです。

比嘉良丸氏の言う等価交換が起きる故、事が起きてしまうまでは言えない事、

皆さまにお知らせできなかったことをご理解くださいとの事です。

まだ予断はできません。不安をあおるつもりはございませんが皆さまもご存じ

のように昨今地震が頻発しており政治経済に於いても戦争へむかう要因が

山積となっております。

大切なことは、私達は比嘉良丸氏の後押しをしているわけではないという事

です。其々の人がご自分の役目を果たすために御神事を通して使命天命を

行っているということです。何をしたらよいのか、どうすればよいのか、どの様

に果たしゆけばよいのか。そのために共に集まり考え行動して行きたいと思

っております。祈りの日々が其々の方々の、ご自分の使命であるとの自覚の

もとに最善をつくし、比嘉ご夫妻のもとに共に歩みゆくことが叶います様に。


(2)6月29日沖縄勉強会の様子

昨日沖縄で行われた勉強会の様子を公開します。
画像をクリックしてご覧ください。

6月29日(1)
6月29日(1)


6月29日(2)
6月29日(2)

こころのかけはし事務局

現在の状況について

2014.06.26.12:00

おはようございます。大国ミロク大社の比嘉良丸です。
21、22日の富士山中湖でのセレモニー儀式を無事終え、23日に駒ヶ岳と芦ノ湖にて長老達と御神事を行い、24日に長老達を無事にお見送りし、その足で最後の御神事として、北関東での御神事を行ってまいりました。
26日、一旦沖縄に戻ります。
長老達、関係者の皆様 奉納いただきました皆様、御協力頂きました皆様には、力添えいただきありがとうございました。深く感謝申し上げます。
今回の大きなテーマである、琉球、アイヌ、大和の調和と和合、統合から世界の民族、人種の調和和合がこの世界の国々の調和と和合に繋がるという一番重要な内容、御神事の意味は、皆様のお力添え、真心からの願い祈りがあり、ひな形を作る事ができ、それが、7月の中国の御神事、それ以降の日本国内、外国の御神事に大きく繋がって行く事となりました。
本当に心から力添えいただきましたこと、深く感謝しております。
ありがとうございました。

私達夫婦は昨年のセレモニーの際に聖なる杖をお預かりした時から1年かけての今年のセレモニーを行う為、御神事を行ってまいりました。
まず、日本全国47都道府県に聖なる杖を持ち周り、場所場所の皆様に祈りを込めていただく事から始まり、その後、再度儀式として夫婦で47都道府県を廻り、8月には、富士山の頂上で妻がお鉢周りを、右回り、左回りを廻りました。
今回の御神事(セレモニー)、6月13日~25日に繋がり、一年間かけての全体のセレモニー、仕組みづくりの御神事でした。

14~19日まで、沖縄での東西南のファイヤーセレモニー・儀式から始まりました。ですが、東・西・南をファイヤーセレモニーを行い、北に結ぶ予定が、北と南の順番が逆になった事により、富士でのセレモニーで作る仕組みが本当に重要な局面を迎えておりました。
御神事というものは、御神事で行う儀式、行う場所・回る順番、そして、儀式の意味などが大きく世の中に反映します。
沖縄での日付、順番、その儀式の意味。そして富士での、アイヌの火の儀式、マヤの火の儀式、21日の祈り、奉納すべてが、大きな意味をもった御神事の仕組みでした。
それらを、本当に最後にきちんとした儀式として、仕組みとして、成功するか仕組みが作れるかは、きちんとした、それぞれの噛み合わせ、組み合わせであり、今回は、山中湖での火の儀式が重要なカギとなっておりました。

その儀式の重要な最後のカギは、セレモニー後の火の管理になります。
火の儀式全体を仕切るのは、執り行っている長老であり、アイヌではアシリレラさん、マヤでは、エルネスト長老でした。
儀式最中にその火を、よそからいじる、棒や物でかき混ぜたり、指示とは違う勝手な事をしたりすることは危険であり、儀式自体をおかしくする事となります。
そして、終わった後の火の管理が最も重要です。
その時も、長老が最後に作った形を、火を早く消す為にかき混ぜたり、長老の指示に従わず火をいじるまたは、火を消すという事は、儀式自体を水の泡にしかねない状況になりえる行動である事を深く理解していただきたいのです。
なぜなら、その火には、神が精霊が宿っており、くすぶっている状態も、まだ宿っているからです。
火を任されたものは、最後まで責任を持って、指示においての火を消す時期や、消えたかを確認する、最後までその責任を与えられたものは、簡単に離れてはならない。それは、御神事の締めくくりを託されたからです。
そういうものが儀式・御神事であることを理解していただきたいのです。

今回は、マヤから長老達を呼び、沖縄・富士とその仕組みの流れを作っての御神事でした。
今後、私と関わり、その仕組み作りに、御神事として参加している方は、深くその意味を理解して最後まで責任を持って参加していただきたいのです。

今回はアイヌのアシリレラさん・マヤのエルネスト長老・エリザベスグランマ・マリアグランマ、そして、多くの奉納された方々、協力スタッフの活動、会場までお越し下さった方々、祈り合わせに参加下さった方々により、ギリギリのところで伝えられていた大きな災いを回避することが出来ました。本当にギリギリの所でした。
23日に最後の駒ヶ岳の頂上にて東西にての御神事、そして東西南北に祈りを捧げ、富士に祈りを捧げたのですが、その時までは、本当にギリギリでした。

なぜならば、沖縄の北の火の神にお祈りした際に伝えられた啓示で、24日の夜中、明け方の4時から5時過ぎ頃、三河湾・伊勢湾にて大きな地震が起きる。そしてそれから、5時から6時にかけて栃木・群馬・埼玉近郊での大きな内陸部での地震が起きる。その後、銚子沖での地震が起きると、伝えられ続けていた大きな災いの内容を沖縄の北の御神事から常に言われておりました。
19日から20日かけて久米島付近で地震が起きたら24日には災害が起きるという事であるということも伝えられてきました。その為、実際に、19日に久米島付近で地震があった事から、24日には、伝えられている大きな災いが本当に起きてしまう可能性がとても高い状況でありました。
それを回避し、先延ばしすることが出来るのが、富士のセレモニーでござました。

そのようなギリギリの状況であった中、富士の終了後に行きました駒ヶ岳にて、東は、北にて難を防ごう、西は、南にて難を防ぐと伝えられてきました。
そして、しかし、東を防ぐには、大きな水の浄めが必要となり、その水の浄めが動くだろう。と伝えられてきまして、それが、関東近郊での大雨と繋がっていると思います。

実際これを読んでどう受け取るかは、皆さんの受け止め方ではあります。
しかしながら、常に私は、ビジョンと啓示を伝えられ、様々な神の仕組みや様々な内容をやり取りしながら、大難を小難・無難にするために、御神事の日にちや場所・時には時間・順番を定め、そして、本当に力を持った人たちの祈り、儀式をお借りして大難を小難無難にしてゆく為、御神事を組み立て行っております。

今回、本当にアシリレラさん、マヤの三人の長老、そして、奉納下さった方々の祈り、参加して下さった方々の祈りが、富士で行えたからこそ、今回、本当にギリギリの所の大難が北と南で引き受けていただき、国内での大惨事・大災害、究極は戦争への流れを防ぎ、先送りできたと思います。
しかし、まだ自然・経済・政治と油断できない状況も沢山のいろんな事柄が、山積しております。
この後、体力的にキツイ為に8月は休みを取る予定でおりましたが、今の状況では、やはり引き続き御神事をきちんと組み立てて行かなければならず、今、気を抜くことが出来ない状況であると思っております。
8月・9月の秋分、12月は冬至まで御神事を組み立て、更には、現実にそれが行えるように頑張ってゆかなければいけないと、今回、北関東の御神事を行って改めて実感した次第です。
今回7月末までは、何とか、中国の西安や船での本州外洋を回ってのプサンまでの御神事を行う仕組みは、借り入れも含めて、そこまでは確実に行うよう組み立てております。

来る7月7日・8日、私達は、西安・昔の秦の始皇帝が初めて都を開いた長安に行き、御神事を行います。

その際、富士にてドンアレハンドロ氏の映画を製作された監督から頂きました旗とアシリレラさんから頂きました神具パスリを使って御神事をしたいと思っております。
※※富士セレモニーの会場では、1200年前のパスリを持参され、その封印を解き、火の儀式の際に、私に使わせて下さいました。
レラさんからは、この1200年前のパスリは差し上げる事が出来ないので、こちらを渡しますと、四代レラさんの家系に伝わってきた貴重な神具を頂きました。この頂戴しましたパスリにて中国で御神事させていただきます。
※※スティーブ監督よりいただきました旗は、1930年代から平和のシンボルとして世界で掲げられて来た由緒ある旗であるという事をお聞きしております。詳細については後程ご報告致します。

そしてこの中国の日程に合わせ7月の7日・8日のどちらかに、エリザベスグランマの提案で、ご本人が、ロスアンゼルス、エリザベスグランマが声をかけて下さり、ドン・アレハンドロ長老がグアテマラで火のセレモにー、そして、エルネスト長老にも声をかけていただいて、ファイヤーセレモニーを、出来るだけ時間を揃え、祈り・御神事を行おうと思います。
その際には、平和の旗とレラさんから頂きました神具パスリを使わせていただき、祈りと儀式を行いたいと思っております。

そこで 皆さんにお願いがあります
この合わせます時間に、どうか日本のメルマガ・ブログを呼んでくださっている方々も、ぜひ祈りに参加していただきたいと思います。

そして出来るならば、改めて正式な時間を呼びかけますので、ツイッターや フェイスブックで告知いただき、祈りの輪を広げていただきたいと思います
本当に中国と日本が戦争をすることなく、アジアから世界が一つになるように、また、世界中で戦争の火種がくすぶっておりますことからも、祈りを通して儀式を通して、戦争が起きない実現に向けて、行動したいと思います。
どうか力添えいただけますようお願い致します。

比嘉良丸・比嘉りか

Webショップ ニライカナイからのお知らせ

2014.06.24.09:00

新暦6月24日

いつも真心からのお力添え有り難うございます。

事務局よりWebショップ ニライカナイに関するお知らせがございます。

ニライカナイでは6月27日(金)より商品在庫の整理作業を行います。

この作業に伴い勝手ながら、お守り以外の商品のご注文の受付を6月26日午後6時までとさせていただき、27日からはお守り以外の商品はご注文をお受けできません。

26日午後6時までにご注文いただいた分に関しては27日以降順次発送いたします。

なお、この作業の期間は未定です。再開の準備が整いましたら改めてご案内させていただきます。

ニライカナイをご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、何卒ご理解ご協力くださいますようお願い申し上げます。

6月20日記事中の動画再生の問題を修正しました

2014.06.23.16:01

新暦6月23日

いつも真心のお力添えありがとうございます
21日からの2日間にわたる富士いのりのセレモニー2014 IN 山中湖が無事終了しました。
ご参加いただいた皆様に厚く御礼申しあげます。

6月20日に掲載した記事中の動画の再生に問題がありました。
問題が解決しましたので、あらためて掲載させていただきます。

6月20日(1)
6月20日(1)  


6月20日(2)
6月20日(2) 


話の内容は多岐にわたっておりますが、その中の一つとして昨日の久米島で起きた地震のことに触れています。この地震が今後、東南海地震をはじめとする各地での大地震の引き金となる可能性があるとのことです。

また、この内容に関連して6月8日東京勉強会の様子も公開しますので、あわせてご覧ください、

6月8日(1)
6月8日(1)


6月8日(2)
6月8日(2)




どうか一人でも多くの皆様の真心のお力添えをお願い致します。

こころのかけはし事務局

お詫び

2014.06.20.10:59

皆様へ

先ほど掲載しました動画のうち、6月8日東京勉強会のものが非公開の設定のままになっていました。
この設定変更には時間を要するのですが、本日はこれから山中湖の向かいますので、作業が来週になります。

大変申し訳ございません。
こころのかけはし事務局

動画配信のお知らせ

2014.06.20.10:21

新暦6月20日

おはようございます

本日早朝、成田から良丸氏による動画配信がありましたので掲載させていただきます。
(各画像をクリックしてください)

6月20日(1)
申し訳ございませんが、この前半部分の動画のYoutubeへのアップロード作業が原因不明ですがうまく行えず、ご覧頂くことができません。後日再度試みてみます。(2)は問題ございません。

6月20日(1)  

6月20日(2)
6月20日(2) 


話の内容は多岐にわたっておりますが、その中の一つとして昨日の久米島で起きた地震のことに触れています。この地震が今後、東南海地震をはじめとする各地での大地震の引き金となる可能性があるとのことです。

また、この内容に関連して6月8日東京勉強会の様子も公開しますので、あわせてご覧ください、

6月8日(1)
6月8日(1)


6月8日(2)
6月8日(2)




どうか一人でも多くの皆様の真心のお力添えをお願い致します。

こころのかけはし事務局

「富士いのりのセレモニー2014」最終のご案内

2014.06.19.08:30

いつも真心からのお力添え有り難うございます。
さて、富士いのりのセレモニーの開催も2日後となりました。山中湖のセレモニーを前に比嘉夫妻、長老やエルダーの皆さまによる、沖縄でのファイヤーセレモニー他、沖縄を中心としたご神事がはじまっております。
本日はセレモニー開催前の最終のご案内として、セレモニーのテーマ曲を担当している璃明日さんからのメッセージをご紹介させて頂きます。今年、新に“伝えてよ”という曲がセレモニーを飾ります、その曲が生まれたいきさつ、曲にこめられた想い、ご一読下さい。

その前に!
◆富士いのりのセレモニー2014in山中湖 最後のご案内です。
実行委員としては非常に哀しいのですが、まだまだ、お席に余裕がございます。
どうぞ、善き未来づくりの為に、皆さまのご参加ご支援をお願い申し上げます。
●セレモニーご参加の皆さまへ
セレモニー参加の諸案内をサイトに掲載しております。又、宿と催し会場を記載したマップも掲載しております、ご一読下さい。
↓諸案内は
http://inorinowa.org/fujiceremony/?page_id=1375

↓MAPは
こちらをクリック!!


●セレモニー当日券のご案内
当日、会場受付で当日券を販売致します。
どうぞ、ご参加下さいますよう宜しくお願い申し上げます。
《当日販売チケット》
1日券(21日22日同額)
大人6,500円/1人
中・高校生3,250円/1人
 ※当日販売の2日通し券の発売はございません。
 ※小学年生迄無料(但し、保護者同伴に限ります)

●支援金のお願い
比嘉夫妻のご神事に関する様々な経費をご支援下さい。
夫妻の活動はブログやメルマガにてお伝えしておりますとおり、すべての活動は善き未来をつくる為にあります。この純粋な活動にたいしてご賛同頂けます方は、是非ご支援の程宜しくお願い致します。
《ご支援は》下記をご参照下さい。
http://inorinowa.org/fujiceremony/?page_id=494

●未来へのメッセージを本日(6/19)午後5時まで受付けます。
セレモニー公式サイトでの未来へのメッセージ募集を本日午後5時まで延長致します。
それまでにご投稿頂きましたメッセージは実行委員にてプリントアウトの上、ファイアーセレモニー会場にてお焚きあげさせて頂きます。
※以降のご投稿に関しては、準備の関係からお焚きあげが出来ませんので予めご了承下さい。
ご投稿は、セレモニー公式サイト“大募集しています”頁または下記より。
http://inorinowa.org/fujiceremony/?page_id=964


皆さまのご参加、ご支援お待ちしております。
宜しくお願い申し上げます。
(文責:高橋 潔)

◆富士いのりのセレモニー2014のテーマ曲「伝えてよ」が生まれました。

今年、新たに曲ができあがりました。「伝えてよ」というタイトルでお披露目をさせていただくことになりましたので、この曲のいきさつをお話させていただきます。
わたしが17歳の頃ににさかのぽります、初めて広島にある平和祈念館を訪れたときのことでした。
行く前の新聞記事で(影の状態に)なってしまった人のことを知り私はその展示を探しましたが、係りの人にも聞いても、どうしても見つかりませんでした。そこで心の中で「私はあなたに会いにきたの、どこですか?私からみて右ですか?左ですか?」と聞いてみました、すると消え入りそうな声で「左よ!」と声がしました。声の方を見るともう目では確認できないくらいの色で石段の一部に影が残っていたのでした。
しかしそれでも必死でに存在していると感じました。私は肉体が影になってしまったことがすぐに理解できませんでした。戦争とはなんて酷いのだろうと、突きつけられた思いでした、それからこう続けました「あなたは女性ですか?男性ですか?」と聞いてみました。
消え入りそうなその声はこう言いました。「わたしは女性よ、このことを伝えてほしいの」、「わかりました、必ずあなたの意思を伝えますから」とわたしは約束をしたのでした。涙がとめどなく溢れ出て止まりませんでした。
あれから、ずっと彼女と交わした約束のことが脳裏から離れませんでした。いつか約束をはたさなければという思いができました。そして偶然にも音楽に導かれ曲作りをはじめることとなり、昨年の12月上旬あの「機密保護法」が可決された直後に冒頭のメロディと詩が出てきました。たぶんこれは約束した戦争の犠牲者の方々の想いが手伝ってわたしにインスピレーションを通して降ろしたのだと思います。
今年、日本の政府は集団的自衛権を容認しようと進めており、また同じ過ちの道を進もうとしています。
奇しくもこの時期に曲「伝えてよ」が完成したことは、偶然ではなく強いメッセージが含まれていると思えてなりません。過去の歴史の中で繰り返してきた、そして今、未来への人類への警告も含めてのメッセージを発しているのだと思っております。全体をしっとりとしたおちついたメロディにしようと思いましたが暗くなってしまうので途中からテンポのよい感じのリズムを入れることにしました。
もうここいらへんで、人類は戦を繰り返さず回避できるくらいに意識を高め、平和への道を選択し、調和の世の中のイメージを持ち、創り手になることを、この富士の裾野で大自然に向かって祈りとともに宣言させていただきます。

テーマソング「遥かなる今へ」と約束の曲「伝えてよ」を奉納させていただきます。

2014.6・21 璃明日

5月18日合同祈り合わせの様子

2014.06.18.09:00

新暦6月18日

おはようございます。
大国ミロク大社の比嘉良丸、りかです
先月5月18日に東京で行われました合同祈り合わせのもようを掲載致します。
ご覧下さいませ。

私のブログをよく見て頂いている方は、ご存知かと思いますが、動画で時間をかけてお伝えする内容や同じような内容を繰り返しお伝えしたり、多種に及ぶ内容を伝えるのは、対極にいる見えない存在へ見えない存在同士の駆け引きや警鐘、警告として伝えています。
その為、皆様には大変分かりにくい事もあるかと思います。

伝えられている内容は、お伝えする時期、タイミング、伝えて良い内容がありますことから、全てを伝えることはできませんが、今回の東京での祈り合わせでは久米島の噴煙についての事も含め、幾つかの内容をお伝えしています。

5月18日合同祈り合わせより
(各画像をクリックして動画をご覧ください)


5月18日(1)
5月18日(1)


5月18日(2)
5月18日(2)



5月18日(3)
5月18日(3)



★*★*祈りの和information*★*★

★★2014年富士祈りのセレモニー公式サイト申込み開始!
詳細は随時掲載してまいります。
今年も皆様のご参加お待ちしております
公式サイトは下記画像をクリックしてください
fujiceremoiconbig

★富士いのりのセレモニーin2013 DVD!!
富士セレモDVD
今年2013年 富士いのりのセレモニーのDVDが出来ました
聖なる杖の日本到着から富士麓での御神事、もちろん山中湖でのセレモニーと長老達の叡智が聞ける講演会と盛り沢山の内容です。
4巻セット・各巻とご購入いただけます。
ウェブショップ ニライカナイ内 書籍・DVDコーナーにて販売中!!
niraikanaiicon

明日の動画配信の日時変更

2014.06.15.19:58

読者の皆様へ

先ほど、明日16日の予定についてお知らせしましたが、動画配信の予定が変更になりました。明日は中止し、18日の午後1時より沖縄本島の最南端玉城にある八角堂より中継致します。

なお、明日午前7時からの祈り合わせは予定通り実施します。

よろしくお願い致します。
こころのかけはし事務局

明日16日の予定

2014.06.15.15:09

新暦6月15日

いつも真心からのお力添え有り難うございます。

事務局より明日16日の予定について2点お伝えさせていただきます。

(1)祈り合わせご参加のお願い

明日午前7時より祈り合わせを行います。

13日から沖縄に長老方がお越しになり比嘉夫妻と共に御神事を行っています。明日、日本時間の午前7時には彼らの国エルサルバドルでも同時刻に祈り合わせが行われます。

日本の多くの方々もこの祈り合わせにご参加ください。
祈り方は自由ですが「世界の平和、世界の調和」を願っていただけますでしょうか。

早朝ではありますが、どうぞよろしくお願い致します。

(2)動画配信

14日、15日とファイアーセレモニーの様子などを配信してまいりましたが、明日も午前中に配信の予定です。

ただし、放送開始時刻につきましてはお宮で午前7時の祈り合わせをおこなった後場所を移動するため、現時点では正確なご案内ができません。明日、放送直前になってしまうかもしれませんが、わかり次第後連絡させていただきます。

なお、2日間動画を配信していますが現地の電波状況が悪く映像が見づらくなっていることをお詫び申し上げます。

こころのかけはし事務局

日々の祈り

2014.06.11.13:15

新暦6月11日(旧暦5月14日 丑)

昨日、こころのかけはしの事務局から愛媛県の火災の事が掲載されていたと思いますが、この文章だけでは、ことの経緯が解りずらいと思いますので、改めて経緯をお伝えさせていただきます

6月5に行いました急遽動画配信の中で、翌6月6日に祈り合わせを呼びかけました。
その内容としては、ずっと伝えられている啓示の中で、化学工場やコンビナート、原子力施設の火災、爆発事故、テロの起きる可能性が高いという事が強く伝えられてきた事から、急遽祈り合わせの呼びかけをさせていただきました。
この経緯から、8日の愛媛の火災の事を掲載させていただきました。
こちらに情報を提供して下さった方のお話しでは、この施設には、昨年までウランが格納されていたというお話がありました。(劣化ウランだという話もあります)
実際に、大学などの実験の倉庫であったという事であり、どういった状況なのかは、不明ですが、火災で燃えた化学物質の中に、有毒ガスの発生する物質があったのではないかと心配をしております。
この事について、何か詳細を御存じの方がおられましたら、ご連絡いただけますと助かります。

6月6日、8日、10日の祈り合わせを行いましたが、今後も世の中に災いが起きる事が無きよう御神事を続けてまいります。

一歩 一歩の 人の道
人の道 進み行く流れ
早め 早めに落ち着いて
見誤ることなく 正しき道へ
正しき対処へ
善き未来へ


本日も真心のお力添えの程をよろしくお願い致します。

比嘉りか

★*★*祈りの和information*★*★
★★富士&西安御神事企画御守りご予約開始!
詳細は、ウェブショップへどうぞ
niraikanaiicon

★★2014年富士祈りのセレモニー公式サイト申込み開始!
詳細は随時掲載してまいります。
今年も皆様のご参加お待ちしております
公式サイトは下記画像をクリックしてください
fujiceremoiconbig

富士セレモニーに向けて~6月8日東京勉強会より

2014.06.10.12:21

新暦6月10日

いつも真心からのお力添え有り難うございます。

本日は6月8日に東京で行われた勉強会の中での良丸氏による富士セレモニーへの参加呼びかけを掲載させていただきます。

東京勉強会より(クリックして音声をお聞きください)

~以下、お話の要約~

セレモニーはただのお祭りではありません。

富士のセレモニーは本当に立派な御神事であり、未来を作るための、世の中、地球を一つにするための第一歩の始まりとして、意識をもって動いています。もし参加できるならば参加していただきたい。

そこでファイアーセレモニーを行います。自分の過去からの要らないものを火の力で全部改めてください。そこに参加するならば私は「未来からの手紙」というものをお願いしました。その手紙に自分の中の要らないものを書き出してください。それを火の中にこめて、火の力で悪いものを切って、また、良いものを自分の中にとり入れる儀式です。

その儀式の中で悪いものを改めて、自分の願いを天に父に母につないで、そしてあたらしい自分の人生を導いてくださるその方向性を決めてくださるののが聖なる杖です。参加して自分の新たな人生、門出の一歩を踏み出してください。そこから未来を作っていただくものとして、日々の生活の中でできる範囲のことを、誓いを立てたことを行っていただくことで世の中が良くなります。

ありがとうございました。

(参考情報)

ご参考までに6月8日付けで以下のニュースが伝えられていましたので紹介させていただきます。

「8日午前2時25分頃、新居浜市の住友化学愛媛工場の敷地内にある子会社の倉庫で火災が起きた。倉庫には大学や研究機関などから出た使用済みの試験薬などが保管してあったという。周辺住民によると、火は複数回にわたって爆発音を伴い、激しく燃えたという。
 この火災で、倉庫2棟、計約500平方メートルが全焼した。ケガ人はいなかった。倉庫は、普段は火の気はないということで消防などが火災の原因を調べている。」 日本テレビ系(NNN) 6月8日(日)14時6分配信より

本日「緊急祈り合わせ」を開催致します。

2014.06.10.03:04

いつも真心からのお力添え有り難うございます。
昨日のブログ・メルマガにてもご案内申し上げましたが、本日、緊急にて祈り合わせを開催致します。
既にご存知の事と思いますが、今回の祈り合わせは、関東での発生が伝えられている6月13日の地震の完全回避が目的となっております。また、今回の祈り合わせにつきましては、下記の通り祈りの方法を決めさせて頂きます。この方法は6月8日の学びの和東京に於きまして、ご参加の皆さまそしてお越し頂いた見えない方々との間で、祈る内容、イメージの方法、開始時刻など、祈り合わせの一連に関してコンセンサスがとられた方法となります。どうぞ、皆さま、いらっしゃる場所から時、方法を合わせて13日の災害の完全回避の為の祈り合わせにお力添え宜しくお願い申し上げます。

「祈り合わせ方法」
◆開始日時:平成26年6月10日 午後1時30分より。
多くの方の思いをひとつとするために開始時間を出来る限り合わせて下さい。祈り合わせは約1時間としますが、お時間の許すかぎりにてご参加宜しくお願い申し上げます。
◆テーマ:6月13日の関東での地震の完全回避
◆祈る場所:その時にいらっしゃる場所からご参加下さい。特別の場所へ赴く必要はありません。
◆祈り方、イメージと心、言葉での祈り方

(ビジュアル的なイメージ方法)
  関東近県に於ける火山へのマグマの上昇を押さえ、戻し、地球の核に一旦、マグマのエネルギーを戻す。その戻されたエネルギーは核を通じて、世界中の数百数千の火山から少しばかりの噴煙に分散されすべてのエネルギーが開放される。地球の中心にあるゴム毬、風船の様なマグマの球から関東に向け昇るエネルギーが下降に転じ、地球の核から、少ない所へ集中するのではなく、地球のすべての活火山に向け小さな噴煙として分散開放されるその様なイメージを思い浮かべて下さい。

 (言葉としてのイメージ方法)
今、この地震が起こるとすべての命にとって困ったことになる。社会は大きく混乱しそれが戦への流れとなり、人のみならず多くの命が失われる事になります。地球の母(内核)地球の父(外核)そして、世界中の活火山の存在へ真摯に助けを求めて下さい。多くの命が健やかに暮らせる未来への路が閉じることの無いように。助けを求めて下さい。

「祈り合わせの前に読み聴きして頂きたい事」
◆6月8日の祈り合わせにて伝えられた言葉をお聞き下さい。音声ファイルを準備しました。
 ※名前を告げることはありませんでしたが、我が子達という表現から地球の母の心からのメッセージが届けられたようです。
 音声ファイルはこちらをクリック
◆関東へのマグマのエネルギーをすべての活火山へ分散させることが選択された経緯(文字と音声)
  詳細はこちらをクリック
◆地震を緩やかに開放する為のイメージ方法。地震と人の関連性。
 詳細はこちらをクリック

「多くの方へお知らせ下さい」
本日の祈り合わせは関東だけの問題ではありません。日本は勿論、全世界、そしてこの星以外の全ての命に関連する問題です。是非、皆さまのお知り合いへご自身のブログ・メルマガ、SNSなどを使い祈り合わせへの参加を呼びかけて下さい。

こころのかけはし 高橋潔

昨日はありがとうございました

2014.06.09.12:30

新暦6月9日(旧暦5月12日 亥)

昨日は、急遽開催されました、東京での祈り合わせ、並びに、その時間居る場所からお心、祈りを合わせて願いいただきました事、心よりお礼申し上げます。
ありがとうございました。
祈りいただきました結果については、10日や13日を迎えないと何とも言えない状況ではございますが、それでも、皆様のお力添えが大きな力となっております事を改めてお伝えさせていただきます。
ありがとうございます。

さて、現在、朝、富士の麓にて祈り、その後、御神事の為に奈良に向っております。
それでは本日、祈りの際に伝えられました言葉を下記に掲載いたします。

生きとし生けるものの命とは
人々の命も混ざりし
その心は 忘るるな
忘るるな
人々の心 忘るるな 忘るるな
人々の命 脅かすも 脅かさぬも
人間の仕業 人間の仕業


明日10日にも、皆様に呼びかけての祈り合せがございます。
昨日の会場でもお伝えしましたが、今月13日に東京で震度6クラスの前震が起き、大きな被害が出る可能性があると夫に啓示で伝えられております。
この地震は、分散分割の為の動きや溜まっている力を抜くという内容のものではなく、起きる事で、周囲の活断層への影響や歪みが起き、大きな地震、本震に繋げてしまうという事を伝えられております事から、この13日に伝えられている地震については、完全回避で無難にしたいと思っています。

祈る際のイメージについては、改めてお伝えさせていただきます。
無難となりますように、どうか、皆様の平和を思う、お心のお力添えを頂けますようお願い致します。

比嘉りか

★*★*祈りの和information*★*★
★★富士&西安御神事企画御守りご予約開始!
詳細は、ウェブショップへどうぞ
niraikanaiicon

★★2014年富士祈りのセレモニー公式サイト申込み開始!
詳細は随時掲載してまいります。
今年も皆様のご参加お待ちしております
公式サイトは下記画像をクリックしてください
fujiceremoiconbig

皆様へ祈り合わせの呼びかけ

2014.06.06.06:00

新暦6月6日
いつも真心のお力添えありがとうございます

昨日、良丸氏の動画配信がございましたので掲載させていただきます。

6月5日放送
0607.jpg

(画像をクリックすると動画をご覧いただけます)


この動画では主に5月以降の一連の御神事の内容・目的、夏までの予定等についてお伝えしています。

さらに、以下の日時にそれぞれの祈りの趣旨で皆様が共に祈ってくださることを呼びかけています

・6月6日(午後1時30分)
 日本のコンビナ-ト化学工場の事故、火災。テロによる大災害を防ぐ
・6月8日(午後1時30分)
 関東全域及び中央構造線に沿っての自然災害。東西での政治経済の混乱を防ぐ
・6月10日(午後1時30分)
 北海道の噴火湾(内浦湾)のなかでの火山、活断層、関東から北海道までの大きな
 プレ-ト型の地震の誘発、連鎖連動を促す状況を回避する

ご自分の祈りを通して少しでも世の中を良くし、未来につなげたいという気持ちをお持ちの方はご一緒に祈っていただけないでしょうか。

お祈りの内容・言葉は下に掲げた「日々の祈りの言葉」に絞らせていただきます。

自分の想いや願い、自分が使われている神々の言いたい事もあるかと思いますが、今回は大変申し訳ありませんがその祈りの言葉を通して「我々人類が本当に先に進みすべての人種、民族、人類が調和和合し本当にすばらしい未来に進むことが出来るように」ということだけを願っていただけますでしょうか。


こころのかけはし事務局


◆◆◆ 日々の祈りの言葉 ◆◆◆

私たち、一人ひとりが人としての生きる意味に気付き、
日々の生活の中に
「愛・幸せ・喜び・豊かさ・平和」があることを知り、
一人ひとりが、神の心を知り、自然のありがたみを心で感じ、
祖先の思いを心で受け止め、また人の心の大切さを知り、
一人ひとりが良き世の中、良き未来の作り手として、
次の世代への導き手となれるよう、心より願い祈りいたします 。

神・自然・祖先・人に対する、
「罪穢(けが)れ、身の過(あやま)ち、行いの過ち、言葉の過ち」を
お許し下さい。
そして神、自然、祖先、人に対する、
「命、恵(めぐみ)、愛、支え、導き」を頂きまして感謝申し上げます。

宇宙の仕組み、自然の仕組み、命の循環の仕組みが狂うことなく、
私たち人間が、日々の暮らしの足元に、
「愛、幸せ、喜び、豊かさ、平和」が有ることに気づき、
人として遣(や)るべきこと、成しえることに気づき、
「人として覚醒すること」を導き下さりますよう、
お願い申し上げます。

人々が眠りについた時、
その日に憑(つ)いた、いかなる、因果、因縁も清め、改め、洗い流し、
心と身体の疲労を取り除き下さいまして、
翌朝、目覚めたときには、「生きる喜び、生きる力」に満ち溢れた心持ちで
新たな朝を迎へ入れることが出来ますよう、
見守り、導き下さりますことを願い祈り申し上げます。

人々の心が、平穏、平安、安定、平和に。
そして、この世の中が、平穏、平安、安定、平和でありますように。

富士祈りのセレモニー特集vol-3&学びの和東京のお知らせ

2014.06.05.08:30

いつも真心からのお力添え有り難うございます。

この特集では、富士祈りのセレモニーに関して様々な情報をお届けしております。
本日は、セレモニーを支える多くの運営スタッフを代表して、福島仁志さんの寄稿をご紹介致します。スタッフとしての立場から見るセレモニーの意義、ブログやメルマガをご覧の皆さまへのお誘い。ご一読下さい。
尚、昨年2013年のセレモニーの動画ダイジェスト版part2へのリンクを文末に記載致します。part2もセレモニー初日の奉納舞台より舞や音楽を中心にご覧頂きます。

こころのかけはし 高橋 潔

『セレモニーには皆さまの力が必要です』

富士いのりのセレモニー2014実行委員の福島仁志と申します。
富士いのりのセレモニーでは初年度より実行委員としてお手伝いさせて頂いており、今回で4年目の参加となります。
2010年秋、比嘉良丸氏の講演会で初めてお話を聞き、これはただ事でないことされておられると衝撃を受け、自分が何か出来ることは無いだろうかと考え、その後勉強会等でお手伝いさせて頂くようになりました。
その衝撃事は、ある意味、生活を犠牲にしてまでも平穏・平安・平和を願われ全国を祈り歩まれる姿であり、その2010年秋の講演会で尖閣諸島での危惧を語られて、当時一般ではまだ尖閣諸島って何処?と言う状況でありましたし、翌年3.11も、その前から伝えられる大地震と原発事故発生を危惧されご夫妻は福島原発へ何度もご神事に行かれていました。

比嘉夫妻へ伝えられる様々な災いが現実となる事は良くない事だと思います。
富士祈りのセレモニーは重要なご神事として、善き未来へ向け全ての災いを回避していくよう執り行われる、皆が参加するご神事です。
こう言った話は宗教事として、身近な人へ話そうにも真に受け止めて貰えないのが常ですし、自分が奇異な目で見られてしまうことがあります。
ですから、このこころの架け橋メルマガを見られておられる皆さまへは、同じ想いを秘める仲間としての親近感を強く感じています。
その中で、この富士いのりのセレモニーに関しては、毎年、参加人数にて気を揉んでいます。
正直、山中湖での開催と云うことで、普通の催しと比較して条件的に難しいことも多々あるかとは思います。
遠い、交通不便、参加費、天候不順、仕事、家庭・・・等々・・・
しかし仮に、皆さんのお気に入りのアーチストの催しやご自身の趣味や生きがいとされている事に関連することであれば、多少の無理は何とか調整をして・・・という事もあるのではないでしょうか?

富士いのりのセレモニーは善き未来を創る催しです。見えない世界の方々と現実の世界の私たち人間が思い一つに、未来へと命を繋ぐためのご神事です。
だからこそ、心の架け橋の活動に何かを感じ、何かをしたい、そう感じている皆さまのご参加には、たとえようもない大きな価値があると私は感じています。
この富士祈りのセレモニーへも、その様に皆さんが大切にしたいこと、真剣に取り組むべき事、その一つとして思って下されば幸いであります。

比嘉ご夫妻の多くの行動や活動に共鳴して下さっておられます皆さまが頼りであります。
決して、無理を強いることは出来ませんが、ちょっと頑張って是非、富士祈りのセレモニー2014へ足を運んで下さればと思い、ここにお願い申し上げます。

富士祈りのセレモニー2014実行委員 設営責任者/福島仁志


『富士祈りのセレモニー2013DVDダイジェスト版part2』

mizuhomai3

『口伝え&学びの和東京のご案内』

今週末の6月7日(土)8日(日)に東京口伝え及び学びの和が開催されます。

◇口伝え東京/6月7日(土)・・・キャンセル空枠があります。

第二枠にキャンセルが発生したため、お一人様のみご参加を募集しております。
10:30~11:20 ご予約は→  http://kokucheese.com/event/index/176259/
※一枠のみの応募となりますので、ご予約が入り次第受け付けは終了となります。

◇学びの和東京/6月8日(日)

今回は、伝えられている6月前半の関東での災害を防ぐための祈り合わせを中心としての開催となります。
後半は質疑応答の時間として、私たちが今気付くべき事は何か、今出来る事は何か?を考えます。
 その他、ご参加頂きます皆さまからの質問に関しても比嘉夫妻よりお応えさせて頂きます。
この8日の集いを待ち、13日に関東で発生すると伝えられている動き(前震)が小難無難いかなるものが決まります。
※下記動画の17分辺りにその旨を伝えるメッセージが収録されています。
http://www.ustream.tv/recorded/48117689
集う者の数では無いと云われておりますが、心より、大きな災害を防ぎ未来へ命を繋ぎたいと願う皆さまのお越しをお待ちしております。今回の学びの和は学ぶと云うよりも、私たち人間の未来への意思を示す日として大切な集いとなります。
どうぞ、善き未来への強い想い、歩む意思を持ちご参加下さいますよう、心よりお願い申し上げます。

↓詳しくは祈り合わせサイトより
http://inoriawase.blog.fc2.com/

文責:こころのかけはし 高橋 潔

日々の祈り

2014.06.04.09:00

新暦6月4日(旧暦5月7日 午)
いつも真心のお力添えありがとうございます
日々の祈りの際に伝えられました事をお伝えさせていただきます

人の子が動けば
世の中が動く
世の中動けば
命も動く
流れは いくつもあるが
希望を忘れず 歩む事
生きとし生けるものと共に歩む事
地球と共に 歩む事
忘れてはならぬ


ここ数日配信されておりますが、今月夏至に富士の御神事があります。
これに合わせる為、現在は沖縄本島内にての前段階の御神事を行っております。そして、これから本州と移動の前段階の御神事と動いてゆきます。
富士での祈り、長老達との祈りがしっかりと届き、世の中に反映することが出来るように、見えない力、側面からの働きかけとなるよう努めてまいります。

本日も真心のお力添えの程をよろしくお願い致します。

比嘉りか

★*★*祈りの和information*★*★

★★2014年富士祈りのセレモニー公式サイト申込み開始!
詳細は随時掲載してまいります。
今年も皆様のご参加お待ちしております
公式サイトは下記画像をクリックしてください
fujiceremoiconbig

★富士いのりのセレモニーin2013 DVD!!
富士セレモDVD
今年2013年 富士いのりのセレモニーのDVDが出来ました
聖なる杖の日本到着から富士麓での御神事、もちろん山中湖でのセレモニーと長老達の叡智が聞ける講演会と盛り沢山の内容です。
4巻セット・各巻とご購入いただけます。
ウェブショップ ニライカナイ内 書籍・DVDコーナーにて販売中!!
niraikanaiicon

お詫び

2014.06.03.13:31

お詫び

大国ミロク大社の比嘉良丸、りかです

昨日公表しました、冊子送付の件につきまして、内容に誤りがございましたので、訂正させていただきます。

インターネットでの閲覧、及びダウンロードでの各自の印刷は、無料とさせていただきますが、当方から冊子形態での送付をご希望される場合は、誠に申し訳ございませんが、経費がかかりますことから、有料とさせていただきます。
1冊につき、500円+送料+振込み手数料

代金につきまして、下記口座へとお振込みいただけますようお願い致します。振込み手数料もご負担をお願いします。

一般社団法人こころのかけはし祈りの和
  ゆうちょ以外の銀行からの場合 七〇八店 普通 0582167 
  ゆうちょから振込の場合 記号-番号 17000-5821671
  口座名義 : シャ)ココロノカケハシイノリノワ

また、講演会やセレモニーでも販売を検討しておりますので、そちらでもお求めいただけます。
なにとぞ、皆様にご理解賜りますようお願い申し上げます。

比嘉良丸、比嘉りか

富士セレモニーに向けて~聖なる杖のこと

2014.06.03.12:03

新暦6月3日

いつも真心からのお力添え有り難うございます。

本日は比嘉りかより「富士セレモニーに向けて」と題し、主に聖なる杖についてお話しさせていただきます。

富士セレモニーに向けて
富士セレモニーに向けて~聖なる杖のこと
(画像をクリックすると動画をご覧いただけます)

~以下、お話の要約~

比嘉りかです。富士セレモニーに向けて比嘉良丸がお話する予定でしたが体調が思わしくないため、私からお話させていただきます。

いま映しているのは聖なる杖です。今回啓示にもとづいてこの杖を作られたエルネスト長老がお越しになります。

この杖は昨年、エリザベスグランドマザーとマリアグランドマザーが日本に持ってきてくださいました。
そして、この杖と共に47都道府県日本全国をお祈りのために回りました。それがもう1年も前のことなのだと思うと時間が経つのはとても早いと感じます。

今回、エルネスト長老と直接お会いして、この杖をどのような思いで啓示にもとづいて作ることになったのか、どのような場所を回ってきたのか、この杖には平和と調和をもたらす役割があると聞いているがそれ以外の役割もあるのかなど、詳しくお聞きしたいと感じています。

もちろん、セレモニーに参加される皆様にも長老から直接伝えていただければと思います。やはり、杖を作られた長老が一番、杖のエネルギー、杖の役割を知っているはずですので、その方から直に生の声でお聞きしたいです。

もう今年でこの杖ともお別れだと思うと本当に名残惜しい気がいたします。
富士山のときには杖が目の下からパックリと壊れてしまったのを忘れられません。でも杖が本当に日本を守ってくれているのを感じます。この杖が良い道筋を指し示してくれているように感じることが多いです。

今年の富士セレモニーで杖はエルサルバドルに戻ります。
また別の誰かに手渡され、世界各国を回る役割をこの杖は果たしていきます。

また日本に来るのがいつになるのかはわかりません。日本ではない所で会うことになるかもしれません。
この杖は日本の皆様が込めてくださった多くの願い・祈りを携えてこれから世界に旅立って行きます。

日本でこの杖に会うのは多分この山中湖が最後かもしれません。だから、どうか世の中が平和であり続けられるように、富士山のふもと山中湖でこの杖にその願いを託していただけたらと思います。

現地山中湖に来ていただき、皆様の大切なる真心の思いをこの杖に託し、未来へとその願い祈りをかなえゆくことができるよう、共に願い祈っていただけたらと思います。

今回の山中湖の「調和と和合」「世界人類の調和」という大きなテーマにとてもふさわしい、この聖なる杖のエネルギーだと思います。どうかこの杖と共に山中湖で皆様と共に願い祈りすることを願ってやみません。

本日は夫の代わりに富士セレモニーのことをお話させていただきました。久しぶりに杖の映像が見えたのではないかと思います。

この杖と今回の夏至で最後になると思います。どうか会いに来て頂けるとうれしいです。

冊子を作成しました

2014.06.02.13:46

新暦6月2日

祈りの和ブログでは日々比嘉夫妻が受けた啓示の内容をお伝えしていますが、自然災害・政治経済問題・戦争など最近では伝えられてくる内容は日に日に緊迫の度を増してきています。

こころのかけはしではこれらの内容をより多くの方に知っていただきたく、ブログに掲載された重要な啓示をテーマ別にまとめ冊子のまとめていくプロジェクトを開始しました。

その第一弾が「社会情勢編(臨時号)」です。

プロの編集者の力を借りずに有志の方々と事務局だけで作り上げた手作りの冊子であり、冊子としての読みやすさの面では工夫の余地があるかと思います。しかし、書かれている内容はどれも重要なことばかりです。

どうぞ下のリンクをクリック(右クリックすれば保存)してじっくりとお読みください。プリントアウトすると、A4サイズで見開きの冊子スタイルになります。

冊子をダウンロード(ここをクリック)

★この記事を読まれている皆様へのお願い

この冊子はもともと一般の方に配布することを目的に印刷物として制作したものです。今回の「社会情勢編(臨時号)」は無料ですが、続く「御神事編」以降は有償で配布させていただく予定です。

事務局では「社会情勢編(臨時号)」配布先のリストを作成中で、6月以降随時送付の予定です。

冊子をご覧いただき、「この人にも読んで欲しい」「この団体にも送ったらどうだろうか」という配布先を思いついた方は、その配布先の情報を事務局( 369musubi@gmail.com )までお知らせいただけないでしょうか。配布先リストに加えさせていただきます。(配布は当団体名で行い、情報をお寄せいただいた方の個人名を出すことはありません。)

あるいは、直接知人に手渡ししたいという場合にも、送付部数・送り先をお知らせいただければ郵送致します。

どうか皆様のお力添えをお願い致します。
こころのかけはし事務局
情報サイトリンク

◆地震情報《気象庁》
◆火山情報《気象庁》
◆台風情報《気象庁》
◆警報・注意報《気象庁》
◆海外の地震情報《JIS》
◆マーケット情報《ロイター》

イベントのお知らせ
最近の記事
関連サイト
検索フォーム
年別アーカイブ
携帯用QRコード
QR