祈り合わせの呼びかけ

2015.07.31.09:00

新暦7月31日(旧暦6月16日 申)

皆様 日々の祈り合わせに共にお心を合わせていただき
ありがとうございます。

本日 比嘉良丸・りかご夫婦は金沢へと入りました。
下記に祈り合わせについて掲載しております。

※ 本日の祈り合わせのお知らせ

7月31日 (金) 13時  金沢港より

祈り合わせの動画配信を祈りの和TVにて行います。
13時になりましたらパスワードを解除して 
皆様にご覧いただけるように致します。

皆様の大切な家族や大事な方々が穏やかなる日々を笑顔で過ごし
行く事が出来ますように 戦 争いなき世の中を過ごし行く事が
叶いますようにと 共に良き未来を願い祈りをしていただけます様
お願い致します。

祈りの和TVはこちらから

祈り合わせの呼びかけ

2015.07.30.09:00

新暦7月30日(旧暦6月15日 未)

皆様 日々の祈り合わせに共にお心を合わせていただき
ありがとうございます。

本日 比嘉良丸・りかご夫婦は舞鶴へと入りました。
下記に祈り合わせについて掲載しております。

※ 本日の祈り合わせのお知らせ

7月30日 (木) 13時  舞鶴港より 平和の祈り

祈り合わせの動画配信を祈りの和TVにて行います。
13時になりましたらパスワードを解除して 
皆様にご覧いただけるように致します。

皆様の大切な家族や大事な方々が穏やかなる日々を笑顔で過ごし
行く事が出来ますように 戦 争いなき世の中を過ごし行く事が
叶いますようにと 共に良き未来を願い祈りをしていただけます様
お願い致します。

祈りの和TVはこちらから

祈り合わせの時間変更のお知らせ

2015.07.29.09:00

新暦 7月29日(旧暦6月14日 馬)

日々の祈り合わせにお心を合わせていただき
ありがとうございます。

本日 比嘉御夫妻は釜山(韓国)に入られました。

呼びかけをさせていただいております
祈り合わせについての時間変更のご案内です。


13:00より 祈り合わせを行いますお知らせしておりましたが、

15:00よりと、時間を変更させていただきます。

急な時間変更、誠に申し訳ありません。
どうか 皆様の大切な家族や大切な方々が平和で穏やかな日々を笑顔で過ごせますよう
この時間、みなさまの誠真心のお力添えをお願いいたします。

よろしくお願い申し上げます。

皆様の誠真心に感謝申し上げます。
こころのかけはし事務局

祈り合わせの呼びかけ

2015.07.28.09:00

新暦7月28日(旧暦6月13日 巳)

皆様 日々の祈り合わせに共にお心を合わせていただきありがとう
ございます。

本日 比嘉良丸・りかご夫婦は長崎へと入りました。
下記に祈り合わせについて掲載しております。

※ 本日の祈り合わせのお知らせ

7月28日 (火) 13時  長崎港より 

祈り合わせの動画配信を祈りの和TVにて行います。
13時になりましたらパスワードを解除して 
皆様にご覧いただけるように致します。

皆様の大切な家族や大事な方々が穏やかなる日々を笑顔で過ごし
行く事が出来ますように 戦 争いなき世の中を過ごし行く事が
叶いますようにと 共に良き未来を願い祈りをしていただけます様
お願い致します。

祈りの和TVはこちらから

自然災害チームより

2015.07.27.09:00

新暦7月27日(旧暦6月12日 辰)

皆様 日々の祈り合わせに共にお心を合わせていただき
ありがとうございます。

本日は自然災害チームより 皆さまへ知っていただきたい記事を
掲載しております。 ぜひお読みになって下さい。

※ 以下 自然災害チームより

メルマガ読者のみなさま、こんにちは。           
地球上で起きている様々な出来事に気づき学ぶことが
大切であると、比嘉良丸氏は常々お話の中で伝えています。

そこで、私たちはいくつかのチームに分かれて学び合って得た
情報等を、メルマガ読者の皆様とも共有したいと思っております。

自然災害チームからは、地球上の様々な自然の環境や災害に関連
することをお伝えします。

改めて日本列島を成り立ちや自然界の仕組み、私たちの身の回りや
日本・世界で起きていることに目を向け、私たちが何をしなければ
ならないのかを一緒に見つめ直し考えていけたらと思います。
自然災害チームのメンバー各々が書きますので、様々な視点からの
情報発信になると思います。

ひとつでも日常生活の中で活かすことのできる情報や話題として、
また、ご家族で防災を考えるきっかけになりましたら幸いです。

今回は上記に書きましたとおり、自然災害を知る上で必要な基礎的
な知識として「地震発生の仕組み」をお伝えします。

日本は地震大国と言われていますが、日本気象協会のデータを見る
と全国で毎日何度も地震が発生していることがわかります。

http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/

そして地震に関連する様々なことを調べれば調べるほど、   
母なる大地・地球のしくみは不思議に感じられます。

<地球の構造>
まずは、地球の構造から始めたいと思います。
現在の地球科学では「プレートテクトニクス」という理論により、
プレートの動きが説明されています。

私たちが立っている大地、地球の内部構造は
「半熟ゆで卵」に例えられ、大きく分けて中心から
「①核」「②マントル」「③地殻」からできています。

* 地球:半径約6400km
①核(内核・外核): 厚さ約3500km、温度約6000度。
内核は固体、外核は液体。(卵の黄身)

②マントル: 厚さ約2800km、固体ではあるが上層が
一部高温で柔らかい。最上部がプレート。(卵の白身)
  
③地殻: 海や陸地が乗っている。(卵の殻)

<プレート>
「マントル」の最上部の約100キロメートルの厚さの岩石が
「プレート」 と呼ばれています。

海底には、地上よりも大きな山や谷があり、その多くはプレートの
動きにより作られています。
プレートは、海嶺や海膨(海嶺より低い)と呼ばれる海底の高まり
から生まれ、マントルの深い部分が核で熱せられると 上向きに
流れ(ホットプルーム)、地表で冷やされたマントルは下浮きに流れ
(コールドプルーム)、マントルの中で 円を描くような流れによって、
海嶺の両側に水平方向に移動し、海溝に沈み込むと考えられています。

地球の表面は10数枚の厚いプレートで覆われ、
日本はそのうちの4枚の上に乗っています。

海を乗せている海洋プレート
(太平洋プレート、フィリピン海プレート)と、

大陸を乗せている大陸プレート
(ユーラシアプレート、北米プレート)があり、
それぞれ1年間に数cmのスピードでバラバラの方向に水平に
動いています。
そのため境界ではプレート同士が離れたり、ぶつかったり、
ずれたりして、海底や地上に大きな山や谷を作っています。

◆両側に離れ裂けた場所(海嶺・地溝帯)
◆海洋プレートが大陸プレートに沈み込む場所(海溝・トラフ)
    ・海溝:水深6000~10000mの急斜面の溝
    ・トラフ:水深6000mより浅い緩やかな谷)
◆プレート同士がすれ違う場所(トランスフォーム断層)

<日本列島>では、日本列島やその周辺はどうなっているのかを
見ていきたいと思います。

日本列島はプレート同士がぶつかり合体して形成されており、
4つのプレートがひしめいています。(*プレートを参照)
プレート境界には海溝やトラフ、構造線などが多くあり、
大地の仕組みは複雑で、世界の中でも日本は地震が多い要因となっています。

2011年3月に発生した東北地方太平洋沖地震により、
地震と津波に襲われ、日本列島の広い範囲で被害が出ました。

また、福島第一原子力発電所事故による二次被害は、今も心と体に
大きな影響を与えていることも忘れることは出来ません。

そこで今回は、日本列島や周辺地域の中から範囲を絞り、
北海道から伊豆半島までの太平洋側を中心に調べることに
しました。

<北海道から伊豆半島東側:太平洋側>
(海溝・トラフ)
日本列島の太平洋側沖(北海道から伊豆半島東側)には、
千島列島の南側に沿って北海道南東部まで続く千島海溝、
襟裳岬で曲がり房総半島まで続く日本海溝、さらに房総半島沖
から南東方向に伊豆・小笠原海溝へと帯のように海溝が繋がっています。

房総半島沖はフイリピン海プレートが西南日本に沈み込み、
太平洋プレートにも沈み込む3つの海溝
(日本海溝、相模トラフ、伊豆・小笠原海溝)が集まり、
フィリピン海プレートと太平洋プレートの境界で双方のプレートが
北米プレートに潜り込み、プレート端面が3つ重なる
「三重会合点」と呼ばれる場所です。

◆千島海溝: 北海道東部沖合にある太平洋プレートが陸側の
プレートに沈み込む場所。

◆日本海溝: 三陸沖の日本海溝からは、太平洋プレートが
東北日本に潜り込んでいて、関東南東沖合にある日本海溝
からは、太平洋プレートが伊豆・小笠原海溝の下に潜り込んでいます。

◆伊豆・小笠原海溝: フィリピン海プレートに太平洋プレートが沈み込む場所。
  
◆相模トラフ: フィリピン海プレートが本州の大陸プレートに 沈み込む場所。

(海山)
千島・カムチャッカ海溝と日本海溝がぶつかり折れ曲がった辺りにある
襟裳海山(高さ4200m)は、太平洋プレートに乗って南側
から移動してきていることが判明しており、今後は山が崩れて  
陸のプレートに潜り沈むと考えられています。

日本海溝と伊豆・小笠原海溝がぶつかる茨城県沖にある
第1鹿島海山(高さ3300m)は、西半分が崩れて海溝に落ち込み、
付近の海山も海溝に向かっています。

また、伊豆半島南から伊豆・小笠原海溝に沿って弓なりに連なる
大きな海底山脈「伊豆・小笠原弧(幅300~400km、長さ1100km)」
には、八丈島、神津島、父島、母島、硫黄島などがあり、高いもの
は海面から出ています。ここは沢山の海底火山があり、
2013年には西ノ島付近の海底噴火で新しい島ができました。

(地震)
冒頭にも書きましたが、日本列島と周辺では、人が感じない地震
も含めて、毎日どこかで地震が起きています。
海溝などのプレートの境目に地震が多く発生していることが過去
の記録からもわかります。
プレートの動きにより、地震がどのように起きるのかを見ていきましょう。

◆内陸型地震: 沈み込む海洋プレートにより、大陸プレート中に
蓄積されたたわみが限界となり、 プレートが跳ね上がる前に
大陸プレートの内陸部が壊れて起きる。
逆断層や横ずれ断層を起こし、被害が大きくなる場合がある。 
・兵庫県南部地震(1995年、M7.2)、新潟県中越地震(2007年、M6.8)

◆アウターライズ地震: 海溝型地震発生後にプレートの沈み込み
への抵抗力が小さくなり、アウターライズ(海溝の外側隆起帯)
と海溝の間の曲がりによるプレートの引っ張る力で正断層が発達し起きる。
震源は陸から離れていて地震動は小さくても、断層が海底に
達する場合は巨大津波が発生する可能性がある。
  
・明治三陸地震(1896年、M8.5)、昭和三陸地震(1933年、M8.1)

◆海溝型地震: 沈み込む海洋プレートが大陸プレートに沈み込む
時、大陸プレートに蓄積したたわみが限界となり元に戻ろうとして
跳ねあがり起きる。
逆断層が生じて巨大地震となる場合が 多い。

・東北地方太平洋沖地震(2011年、M9.0)、
大正関東地震(1923年、 M7.9)、
昭和南海地震(1946年M8.0)、昭和東南海地震(1944年、M7.9)、
安政東海地震(東海東南海連動・1854年、M8.6)
参考(海外):チリ地震(1960年、M9.5)、スマトラ地震(2004年、M9.1)

◆深発地震: 数十から数百キロの深さに沈み込むプレートの表面
付近で発生する。プレートの自重による張引力で正断層ができることが原因。
  
・釧路沖地震(1993年、M7.5)、北海道東方沖地震(1994年M8.2)

東北地方太平洋沖地震の前震とみられる3月9日のM7.3の地震は、
2002年から2009年にかけて多くの地震が発生した場所を震源と
して発生し、この場所ではM6クラスの地震がしばしば発生して
いました。
 
また、本震発生後に広範囲で影響したと考えられるM5.0以上の
誘発地震や余震は、本震発生後の1年間で650回を超え今でも
発生しています。
地震は、同じ震源域で過去に何度も繰り返し発生しており、周期の
長さからの想定予測にも注視していかなければなりません。
なお、マグニチュード(M)は1大きくなるとエネルギーは、
なんと、32倍(2大きくなると約1000倍!)になり、地震波や津波で
言うと10倍、震度については1上がると揺れの強さは2倍となります。

(津波)
海底地下の浅い部分で地震が起きると、海底面が盛り上がったり
沈んだりする時に、海面も同時に動いて起きた波が四方八方に
広がり津波になります。津波は水深が深いと速度は速く、浅いと
遅くなり、海岸付近は遅い波に速い波が追いついて合わさり高く
なることがあります。

V字やU字型など入り組んだ湾は、色んな方向から津波が集中
して押し寄せるため一気に高くなる傾向があり、波は浅い方へ
曲がる性質のため、水深が浅い岬の先に高い津波が集中します。

東北地方太平洋沖地震では、岩手県大船渡市綾里湾で40.1m
の津波が達したものが最大と見られており、この記録は明治三陸
地震の最大記録38.2m((同じ綾里地区)を上回り、明和の大津波
(発生当時は琉球)を除けば、日本で記録された最大の遡上高
でした。

また、東北地方だけでなく北海道の太平洋岸で1-3.5m程度、
千葉~九州の太平洋沿岸で1-3m程度、日本海側でも1m未満と
広範囲で観測されました。東北大学教授の今村文彦氏は、NHKが
仙台市若林区で撮影した津波の映像を分析し、津波の速さは
沿岸から1km内陸の地点では秒速約6m・ 時速20km以上であった
と明らかにしていますが、あっという間に海から陸に到達したと
わかります。

<最後に>
「地震発生の仕組み」としてお伝えしましたが、自然界の仕組みは
複雑なため、纏まらずに読みにくい、わかりにくい点があったこと
と思います。

高校生時代の地学の授業内容さえ覚えておらず、この場をお借り
して学び直しをさせていただいたと思っております。
調べていた時に少し気になったことがありますので、
最後にお伝えしたいと思います。
 
北海道の太平洋側では、東北地方太平洋沖地震の時に津波が
確認されましたが、人工的な港湾や防潮護岸などにより海岸が
変わっている箇所では局所的に9メートルを観測しています。
人間が便利に暮らすための都合で、自然環境を変えてしまったこと
が自然災害にも影響があるということかと思います。

私たちは経験を忘れることなく、そこから学んだ教訓を活かして
いかなければとならないと感じました。
図面を入れることができないため、長文での説明となりました
ことをお許しください。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

祈り合わせの呼び掛け

2015.07.26.16:32

新暦7月26日(旧暦6月11日 卯)

7月26日(日) 18時頃   横浜港から出港し東京湾を城ケ島から
伊豆大島を進みながら祈りを行います。

※ 本日7月26日は横浜港から出向しますので電波状態によっては
動画配信が難しい状況になる可能性があります。
その為 録画が可能な場合は録画をし改めてユーチューブにて 
動画を見ていただけるように致します。

7月 28日 (火) 13時  長崎港
   29日(水) 13時  釜山(韓国)
   30日(木) 13時  舞鶴港 平和の祈り
   31日(金) 13時  金沢
8月 1日(土) 15時  青森
   4日(火) 10時  富士山麓 ← 8月3日 17時 富士山麓に変更
上記の日時で祈り合わせを行います。

動画配信を祈りの和TVにて行います。
13時になりましたらパスワードを解除して 
皆様にご覧いただけるように致します。

皆様の大切な家族や大事な方々が穏やかなる日々を笑顔で過ごし
行く事が出来ますように 戦 争いなき世の中を過ごし行く事が
叶いますようにと 共に良き未来を願い祈りをしていただけます様
お願い致します。
 
祈りの和TVはこちらから

こころのかけはし祈りの和~動画掲載~7月19日、23日、24日祈り合わせ

2015.07.25.14:30

新暦 7月 25日 (旧暦 6月10日 寅)

いつも真心のお力添えありがとうございます
本日、事務局より代理で投稿しております


本日、比嘉御夫妻は青森より横浜へと船で移動されています。
動画配信はございませんが、船上より御神事を行っております。

また、明日横浜に到着後、夕方より本州一周の御神事に向かいます。
祈り合わせ等の詳しい日時については、改めて明日お伝えします。

皆様の誠真心に感謝申し上げます。

7月19日、23日、24 日の午後1時祈り合わせの動画を掲載させていただきます。
画像をクリックして頂きますとご覧になっていただけます。

こころのかけはし事務局

●7月19日(画像をクリック)
7月19日

●7月23日(画像をクリック)
7月23日

●7月24日(画像をクリック)
7月24日

祈り合わせの呼びかけ

2015.07.24.09:00

新暦7月24日(旧暦6月9日 丑)

皆様 日々の祈り合わせに共にお心を合わせていただき
ありがとうございます。

※ 本日の祈り合わせのお知らせ

7月24日(金) 13:00より
青森県・陸奥湾夏泊崎にて祈り合わせを行います。

本日も祈りの和TVにて動画配信を行います。
13:00になりましたらパスワードを解除し
皆様へ ご覧いただけるように致します。

祈りの和TVはこちらから クリックしてください → 祈りの和TV

本日の動画配信について

2015.07.23.14:01

新暦7月23日(旧暦6月8日 子)

皆様へ

本日 14:00より 北海道函館の函館山にて
祈り合わせの動画配信のお知らせをしておりましたが
電波状況が悪く配信を行うことができない状況にあります。
お詫び申し上げます。

14:00には祈りを行いますので 
共にお心を合わせていたれば幸いでございます。

事務局より

良丸氏より 現在のご神事について

2015.07.23.12:30

本日7月23日(旧暦6月8日子)

今日午後2時から北海道函館の函館湾付近にあります函館山にて
お祈りを致します。
本日の祈りは、本日と明日の結びの御神事の意味となります。

私比嘉良丸は、竜体のエネルギーを持つ日本列島を北は北海道から、本州・四国・九州と2005年から2010年までに、日本全国を回りエネルギーを結ぶ基礎づくりをするように伝えられ、その御神事を行ってきました。

2010年の9月に北海道と本州を結ぶ基礎造りの前段取りの御神事を行いましてからすでに5年の歳月がたちました。
その間、北海道と本州、本州と四国、本州と九州、九州と四国と幾度となく回り、その後の2015年までも幾度となく回り下準備をしてきました。

最初の2005年に言われてから2010年までの5年間と2010年から
2015年までの5年間と合計10年の歳月をかけて、
日本全国を50回とはきかないぐらい仕組みを創る為に車で移動をしながら、やっとその仕組みの繋ぎ、本結びが行える段階となってきました。
本日はその繋ぎの御神事を行う為の確認の祈りでもあり、
その後しかるべき時に繋ぎ結びの御神事を行います。
その後ですが、本州と四国、本州と九州、九州と四国といった順番で結びを行ってまいります。

本来の日本列島の持つ竜体が持つエネルギーが行き渡ると、
神国、神島に変わると伝えられております。

そしてそこに住む人々が新たな人間としての目覚め、覚醒をし、
神国を中心に世界を一つにまとめ、最終的にはその理想郷である
世界を創ると伝えられております。
そうなれば、世界が平和で一つの星、一つの国となります。
それが、実現のものとなると伝えられ、やっとその段階までとなりました。
この段階に来るまでに長い歳月がかかっています。
1953年に母が始めた神開き、神結び、天地結び。
この基礎創りを1998年他界するまで行い続け、
その後私が引き継ぎ、仕組みづくりの根本や意味を教えられ
この時までに63年の歳月を費やしてきました。
やっとその仕組みを作り上げる段階までにきましたが、
まだ2020年まではかかる事を伝えらえています。

しかし、世の中は、政治経済の不安定や様々な思惑もあり、
世の中が戦争へと向かう流れ、状況がありその流れが強まっている事も事実であります。
平和の世の中への仕組みづくりが間に合うか、悪い状況が先を越してしまうか。
今は、油断できないギリギリの状況であります。
ここまで、なんとか来れた事に、感謝しますと共に、
これからも皆さんの意識と協力、力添えがあれば、善き方向へと必ず行く事は叶うと信じています。
どうか、皆様のお力添えを賜りますようお願い致します

比嘉良丸
比嘉りか

祈り合わせの呼びかけ

2015.07.23.09:00

新暦7月23日(旧暦6月8日 子)

皆様 日々の祈り合わせに誠真心にてお心を合わせていただき
ありがとうございます。

昨日 ご案内致しました本日の祈り合わせのお時間に
変更がありますので 改めてご案内致します。


本日 函館より 比嘉ご夫婦による祈り合わせを行います。

7月23日(木) 14:00より 

祈りの和TVにて動画配信を行います。
14:00になりましたらパスワードを解除し
皆様にご覧いただけるように致します。

祈りの和TVはこちらから


※ 以下 良丸氏・りか氏より

今回横浜から東京湾を出て太平洋を北上しながら北海道の釧路、
さらに北へ進み北方四島の国後、択捉をへて
サハリンのコルサコフそして小樽御神事を行ってまいりました。

この間にご依頼頂いた方々のお守りに込めた趣旨としましては、
東の大きな太陽のエネルギー、そして、プレートのエネルギー、
海流のエネルギーを身に感じ祈りを行っております。

これらのエネルギーがお守りに影響する意味としては、
持つ人が自然の中で自分の魂と生命力とを充分に活かし、
その方本来の内にある生きてゆく力、大切な人達を守り
導いてゆく力を充分に発揮しこれから先々も歩み続けることが
出来ようにという意味になります。

多くの方々が、更なる良き未来へと進み行く事が出来ますよう
心を込め祈祷しております。
是非多くの方々にお持ち頂けますと幸いです

本日の午後2時に祈り合わせを行います。
どうぞ、皆様の真心から良き未来、平和の世を願い祈るお力を
合わせ頂けますようお願い致します。

比嘉良丸
比嘉りか

祈り合わせの呼びかけ

2015.07.22.09:00

新暦7月22日(旧暦6月7日 亥)

皆様 日々の祈り合わせに共にお心を合わせていただき
ありがとうございます。

先日より ご案内しております祈り合わせの呼びかけでございます

    7月22日(水) 13:00 小樽より
    7月23日(木) 13:00 函館より
    7月24日(金) 13:00 青森より
   
上記の3日間 祈りの和TVにて動画配信を行います。
13:00になりましたらパスワードを解除し
皆様へ ご覧いただけるように致します。

皆様の大切な家族や大事な方々が穏やかなる日々を笑顔で過ごし
行く事が出来ますように 戦 争いなき世の中を過ごし行く事が
叶いますようにと 共に良き未来を願い祈りをしていただけます様
お願い致します。

クリックしてください → 祈りの和TV

☆ お知らせ ☆

NEW北海道&日本一周御神事企画御守り ご予約受付中!!
7月下旬から8月にかけて北海道と日本を海から祈り
8月末には富士山にての御神事を行います。
これに合わせてブレスレットタイプのオーダーメイドの御守りを
ご用意致しました。
貴方の為だけにお作りする この世にたった一つだけの
オリジナルブレスをりか氏が心を込めてお作り致します。

また啓示によって作られた大地・自然とつながるブレスレットも
ご予約可能です。
是非この機会にお手元にどうぞ!

御守りのお申し込みはこちらから

本日 祈り合わせの呼びかけ

2015.07.21.09:00

新暦7月21日(旧暦6月6日 戌)

皆様 日々の祈り合わせに共にお心を合わせていただき
ありがとうございます。

本日7月21日は先日より 皆様へ呼びかけをしております
合同祈り合わせになっております。

本日 比嘉良丸・りかご夫婦はロシアのコルサコフにてご神事を
行っております。
北方領土とサハリンで行う御神事の趣旨は
平和、調和、統合を祈り、政治経済と平和の祈りを行います。
この時には、動画配信は行いませんが、日々の祈りの3時の祈りの際に、このような内容で共に願い祈りいただけますようお願い致します。

皆様の大切な家族や大事な方々が穏やかなる日々を笑顔で
過ごし行く事が出来ますように 戦 争いなき世の中を
過ごし行く事が叶いますようにと 共に良き未来を願い祈りをしていただけますようお願い致します。


※ 事務局より ※
8月15日・16日 比嘉夫婦による 東京口伝えと勉強会を
開催いたします。
口伝えは人数に限りがございます。
ご希望の方は早めのご予約をお勧めいたします。
勉強会にて良丸氏に伝えられた啓示について 
皆様にいま知って頂きたい事をお伝えいたします。
この機会にぜひ参加していただき 
世の中の状況を知って頂きたいと思います。

東京口伝え 詳しくはこちらから 

東京勉強会 詳しくはこちらから

祈り合わせにお伝えいただいたお言葉

2015.07.20.09:00

新暦7月20日(旧暦6月5日 酉)

皆様 日々の祈り合わせに共にお心を合わせていただき
ありがとうございます。

本日は昨日7月19日の釧路での祈り合わせの際に
お伝えいただきましたお言葉を掲載しております。


※ りか氏 

今日の善き日にことあけて申し上げます
新暦7月19日 旧暦6月4日 申の日にことあけて申し上げます
善き道 善き未来へと 戦 争い無きように
平和・平穏・平安 安定の世の中へと 
歩み進みゆくこと叶いますよう
どうか守り 導き 支え下さりますよう心より 
願い祈り申し上げます

多くの人々と共に共存し合いながら歩み進みゆくこと叶いますよう
共に手を取り助け合いながら 人種・性別・年齢・国・宗教・文化様々なる枠を超え
共に手を取り助け合いながら進みゆくことが叶いますよう
地球に歩みゆく地球人として 共に歩みゆく一つの命達として
この星の上にて 共に住みゆくもの達として 
歩みゆくこと叶いますよう
戦 争い無きよう 調和の中歩みゆくこと叶いますように
どうかお導き お守りいただけますよう心より 
願い祈り申し上げます

※ お伝えいただいたお言葉

繋がりゆく道 共に歩みゆく道 
様々なるもの達と共に進みゆくこと 
忘れることなきように 歩みゆくがよい

人々共に進みゆくならば 
共にゆくものと共に協力し合うその結束力 大切なる力となりゆく
共に歩みゆくもの達と共に一つ固まりゆくことにより
それは 大いなる力となりゆくこととなるであろう

大切なる道のりは一つ一つ進みゆくものでありゆくが
結束一つ 団結力一つとなりゆくごとに 
それは正に大きな大いなる力の元種となりゆくものである
大切なる道のりを 忘れることなく進みゆかれよ


7月19日 釧路より祈り合わせ

2015.07.19.15:00

新暦7月19日(旧暦6月4日 申)

皆様 日々の祈り合わせに共にお心を合わせていただき
ありがとうございます。


本日 動画配信について
皆様へご案内をしていたにも関わらず
ご覧いただくことが出来ず ご迷惑をおかけしまして大変申し訳ございませんでした。

動画配信の際にインターネットの電波状態が悪くなってしまい
配信がうまくいかない状態にあったようです。
動画の録画はしていましたので、ユーチューブにて皆様へご覧いただきたいと思います。

お忙しい中 共に祈り合わせにお時間を作っていただきましたところ大変申し訳ございませんでした。

本日の祈り合わせの動画をユーチューブにて 
皆様にご覧いただけるように致しましたので、ぜひご覧ください。


クリックして下さい→ 7月19日 12時の祈り合わせの動画

動画配信時間 変更のお知らせ

2015.07.19.11:04

新暦 7月19日(旧暦6月4日 申)

日々の祈り合わせにお心を合わせていただき
ありがとうございます。

本日 先日より呼びかけをさせていただいております
祈り合わせについての時間変更のご案内です。

13:00より 祈り合わせと学の和ライブの動画配信を行います旨
お知らせしておりましたが、

12:00よりと、時間を変更させていただきます。

急な時間変更、誠に申し訳ありません。
どうか 皆様の大切な家族や大切な方々が平和で穏やかな日々を笑顔で過ごせますよう
よろしくお願い申し上げます。

皆様の誠真心に感謝申し上げます。

学びの和へ移動 クリック!

祈り合わせの呼びかけ

2015.07.19.09:00

新暦7月19日(旧暦6月4日 申)

皆様 日々の祈り合わせに共にお心を合わせていただき
ありがとうございます。

本日 先日より呼びかけをさせていただいております
祈り合わせについてのご案内になります。

7月19日 13:00より 祈り合わせを行います。
学の和ライブにて動画配信を行います。

13:00になりましたら パスワードを解除し皆様に
ご覧いただけるように動画配信致します。

皆様の大切な家族や大事な方々が穏やかなる日々を笑顔で過ごし
行く事が出来ますように 戦 争いなき世の中を過ごし行く事が
叶いますようにと 共に良き未来を願い祈りをしていただけますと
幸いでございます。

クリックして下さい ⇒ 学の和ライブ 

現在のご神事の状況と祈り合わせの呼びかけ

2015.07.17.10:00

新暦 7月17日(旧暦6月2日 午)

皆様 日々の祈り合わせにお心を合わせていただき
ありがとうございます。

大国ミロク大社の比嘉良丸です

今回台風で船が出港できないと諦めておりましたが出港が決まり
安堵しております。
しかし、海は台風の影響で大荒れの中での御神事となりますが、
逆に大きな効力のある事になります。
私共夫婦一層気を引き締め御神事に臨みます。
(今回の企画御守りにも大きな効力を得ることになります)

7月12日の沖縄での御神事から初めまして、17日、横浜から船に乗り、太平洋側を北上し北海道の釧路に入ります。

この間に東京湾を抜け、房総半島、犬吠埼の銚子沖を日本海溝
を北上しながら、宮城牡鹿半島、北海道に入ります。
北海道は、恵山、地球岬、浦河、襟裳を通って釧路に入ります。

釧路から千島列島の北方四島2島の間を通りそのままサハリンへと向かい、稚内を経て小樽、函館、そして津軽海峡を渡り青森と経由し横浜へ戻ります。

7月下旬からは、九州・四国を含む、本州一周を船で回ります。
横浜から九州長崎へと向かい、そこから韓国釜山・京都舞鶴・
金沢・青森・横浜へと戻ります。

この北海道と本州一周の御神事の中で皆様に祈り合わせの呼びかけを行います
17日の夜6時から東京湾から北上するにあたり、
東京湾内と房総半島沖、そして 銚子沖の御神事を行います。
その後、日本海溝に沿って、関東から東北、北海道まで太平洋プレート、那須火山帯、千島火山帯を祈りながら北上致します。

皆様との祈り合わせとしましては、釧路に19日に到着致しますのでその日の午後1時に祈り合わせを行います。
この時の内容は、関東から北海道までの日本海海溝と千島海溝に沿った自然災害回避の祈りを行いたいと思います

北方領土とサハリンで行う御神事の趣旨は、平和、調和、統合を祈り、政治経済と平和の祈りを行います。
この時には、動画配信は行いませんが、日々の祈りの3時の祈りの際に、このような内容で共に願い祈りいただけますようお願い致します。

その後の22日小樽、23日函館、24日青森これらの日は
午後1時に祈り合わせを呼びかけますが、こちらの内容につきましては、改めて19日にご案内を致します。

27日に横浜に到着。その日で太平洋側を南下し九州の長崎に
参ります。
釜山、舞鶴、金沢、青森と廻り8月3日に東京湾に接岸します。
この時の御神事の趣旨は、27日の出港してから、長崎・釜山・舞鶴までの御神事の意味と、金沢青森8月3日までの御神事の意味を改めてお伝えさせていただきます。

この時も、停泊する港々で祈りの呼びかけを致します。
どうか、皆様の真心のお力添えをお願い致します。

現在、毎週のように大きな自然災害の連鎖連動が動こうとしている状態でございます。
一瞬の気も緩める事が出来ない程緊迫している状態でございます。神々の御導きの元御神事でなんとか大事にならぬ

ように凌いではおりますが、現状、御神事だけでは完全にしのぐ事が難しくなり、今回の台風、9、10、11、12号と自然界の
清めの力をお借りしながら、世の中の災い、自然の動きに対しての
小難無難としている状況にあります。

台風の動きは、一つ一つが大きな意味を成しております。
9号・10号は、沖縄から台湾まで、琉球海溝、西日本火山帯、沖縄トラフの動きを何とか浄めて下さいました、特に台湾での大きな自然の動きの連鎖連動を治めて下さいました。
11号は南海トラフ、特に東南海地震、そして日本海側の大きな活断層の動き、白山火山帯、瀬戸内火山帯を含む西日本火山帯、そして中央構造線の動きを何とか浄める働きをしてくださっています。
その分、大変遅い速度で清め改めとなっております。
12号に対してお願いしている動きは、今、太平洋側で起きようとしております日本海溝及び北海道から本州までの火山帯の清め改めをお願いしておりますが、そのように神々が動きを進め下さいますと自然災害の大難を中小無難へと変わりゆく事となります。

自然の清めの働きは、大きな後押しとなっております。
常に伝えておりますが、自然界の後押しは時として、
水害、土砂災害と大きな災害になります。しかし、火山や地震とは違い、台風被害は、事前の対策が立てやすいものでもあります。
どうか、台風の動き、情報を事前に聞き、自分の大切な人の命、
ご自分の命を御守り下さいますようお願い致します。

また、台風の大きな役割として、政治経済の混乱を清め改めるという大きな力があります
日本国内の政治の混乱、経済の混乱を何とか清め改めていただく
力添えが入っております。
今回の国会の状況ですが、昨年に伝えておりましたが、昨年暮れの総選挙は、年明けて安倍政権の支持率が下がる事を予測し、
人気のある昨年中に解散し、改めて過半数を確保する為の選挙で
あり、実際に今年、支持率が下がった状況でも、国会を強制裁決行う為であるという事は伝えてまいりました。

啓示の中で、政治家の乱れ、分裂が少しずつ起こり、最終的には、最悪を回避し、良き方向へと流れる大きな道筋も出来る、どの様な状況にあっても諦めず願っておれば、必ずや良き方向になると伝えられ皆様にもお伝えしてきました。

それを含めての全体の御神事でもあります。
どうか先に伝えました自然の動きも、いつ大きな連鎖連動が起きるかわからない状況がありますが、それをしのぎながらも、
政治の動向も善き流れへ行く状況がまだできます。
どうか、皆様の真心の願い祈りのお力添えをお願い致します。 
政治経済を良き方向へ向かわせるよう、祈りという力を持って未来に繋げたいと思います。
どうかお力添え下さいますようお願い致します。

比嘉良丸

祈り合わせの呼びかけ

2015.07.16.15:00

新暦7月16日(旧暦6月1日 巳)

皆様 日々の祈り合わせにお心を合わせていただき
ありがとうございます。


本日 明日からの合同祈り合わせの呼び掛けの
案内を掲載しております。

7/17(金) 18時  横浜港から東京湾
19(日) 19時    釧路
22(水) 13時    小樽
23 (木) 13時    函館
24(金) 13時 青森県・陸奥湾夏泊崎
26(日) 18時頃   横浜港から出港し東京湾を城ケ島から伊豆大島を進みながら祈りを行います。

28 (火) 13時    長崎港
30(木) 13時    舞鶴港 平和の祈り
31(金) 13時   金沢

8/1(土) 15時    青森
 4(火) 10時    富士山麓
 6 (木)     沖縄にて船の御神事
16(日) 13時30分 東京勉強会
20(木)      富士山頂にて 
21 (金)     富士山にて 御来光に合わせて

※上記の日時で合同祈り合わせを行います。
明日のブログ・メルマガにて改めてお知らせ致します。
また お知らせ致しました日時に変更がある場合は
再度 ブログ・メルマガにてお知らせいたします。



★*★*祈りの和information*★*★

webshop ニライカナイより

★北海道&日本一周御神事企画御守り ご予約開始!!
7月下旬から8月にかけて北海道と日本を海から祈り、
8月末には富士山にての御神事を行います。
これに合わせてブレスレットタイプのオーダーメイドの御守りの ご依頼が出来ます。
啓示によって作られた大地・自然とつながるブレスでも
ご予約可能です。
是非この機会にお持ちになってください。
<<御守り予約サイト>>

食と健康の和チームより

2015.07.10.13:18

いつも誠真心のお力添えをありがとうございます。

食と健康の和チームより、最新記事のお知らせです。

今回のテーマは「水」

私達が良く知っている水のどんな事が書かれているのでしょうか?

深く掘り下げられた記事を、どうぞご一読ください!


食と健康の和チームブログへ移動!

本日 緊急祈り合わせの呼び掛け

2015.07.09.10:00

新暦7月9日(旧暦5月24日 酉)

皆様 日々の祈り合わせい誠真心をおよせいただき
ありがとうございます。

本日 皆さまへ 急なお知らせとなりますが
緊急の祈り合わせを行いたいと思います。

皆様の大切な家族や大事な方々が日々を笑顔で過ごせるように
戦 争いなき平和な日々を過ごせるようにと
願い祈りをしていただけますようお願いいたします。

日時 7月9日(木) 15:00

祝詞 「平和の祝詞」

祈りの内容
●「衆議院審議が8月まで延びますように」

●「その結果、新安保法関連法案が廃案になりますように」

●「国民、各党議員もこの法案が、アメリカの要望であり、
 海外紛争に巻き込まれるきっかけをつくる  
 ためのものと気づき、本当の平和を守ることができますように」

●「原子力発電所において事故が起きないように。
 そこで働く人々の命が守られますように」

※下記の平和の祝詞を奏上くださいますようお願いいたします。

「平和の祝詞」

わが御親(みおや) 宇宙創成の陰陽結び大神様に 
お願いの義がございまして申し上げます

生きとし生ける全ての命が共存できますように
鳥がさえずり 花がほころび 緑あふれ 大地が広がり
日の光輝く自然豊かな星でありますように

人々が心正しく良き行いをこころがけ
心穏やかに暮らして行ける世の中でありますように
笑顔があふれ 笑い声が聞こえる世の中にありますように
人種 部族 民族 文化 国 宗教の枠を超えて
お互いがお互いを理解し 思いやりをもって暮らしゆき
触れ合い 語り 分かち合い 命育み

全ての人々の心が私利私欲を離れ 平和のうちにありますように
弱きものには手を差し伸べ 支え合い
全ての命たちが 生きる幸せに満ち溢れますように

政治経済の混乱もなく テロや感染症 放射能を含め
あらゆる平和を脅かす脅威から守られますように
今ある幸せに感謝の気持ちを持って暮らしていけますように

我々日々の暮らし生活が何事もなく 
穏やかで緩やかに心安く幸福に満ち 幸せを感じ 
日々を過ごせるように お導きお守りください

すべての生きとし生ける者達と共に 
歩み行くこと叶いますように
我々人間がこの宇宙 地球の一員として 
自然や環境を破壊することなく
自然の循環 全ての生命の循環を狂わすことなく 
奪うことの無いように その道筋をお指し示し下さい

我々一人ひとりの肉体の仕組み 命の仕組みが宇宙そのもの 
地球そのものであり 一体であるということに気づき 
自分自身の天命使命を果たすことができますよう

1日24時間1年365日見守りくださり 
お導きくださいますようお願い致します

日々の祈りにお伝えいただいたお言葉

2015.07.09.09:00

新暦7月9日(旧暦5月24日 戌)

皆様 日々の祈り合わせにお心を合わせていただき
ありがとうございます。
本日 日々の祈りにお伝えいただいたお言葉を掲載しております。

りか氏
新暦7月6日 今日の善き日にことあけて申し上げます
善き道 善き未来 
人々が共に共存し 共に協力し合いながら 
歩み進みゆく未来を 繋ぎ続けゆくことが出来ますように
安心して 何不自由なく心豊かに 生きゆくことが出来ますように 
暮らし続けゆくことが叶いますように 
どうかお導き お守りいただけますようお願い申し上げます
大切な人々と共に 多くの命達と共に 
生きゆくことが叶いますように

多くの命達と共に 命豊かなる地球を 共に守り続け 
生きゆくことが叶いますように
安心して暮らしてゆく中に於いて 人々の心からの 
その 差し伸ばしゆく手 支え合う心 助け合う心が 
更に深まり 育まれてゆきましょう
どうか多くの命達と共に 安心して暮らしてゆく世の中を
人々が 築き上げ 繋ぎ続け 服し続け 起こし続け 
未来を創りゆくことが叶いますように どうかお導き 
お守り下さりますよう お支え下さりますようお願い申し上げます

※ お伝えいただいてます言葉をお伝えさせていただきます。

未来は今も尚 定まらず 迷い 人々の心に託され 
人々の心に託され 

善き未来とは 何であるのか 改めて強く願い 強く考え 
そして 強く行動し

善き未来とゆうもの 地球本来の 
その未来を 創りゆくことが出来るように
多くの命達と共に 繋ぎ続けゆくことの出来る世の中を
人々が 決して見失うことがなきように ただただ ただただ 
見守り続けている

人に気付かせるために様々な事はしてきた
後は 人がどの様に 気付き 
そして 行動しようとするかであるのだ

何も手を貸していないのではない
もう既に人間たちは 何世代にもわたり 
長い年月(としつき)の間 自然と共に生きゆく道筋を 
指し示されてきているのに
まだそれに 気付きも 歩みも 働きも 動きも 伴ってはいない

しかし もう 人間達が その答えや その意思表示を 
指し示しゆかなければならない時期に来ている
今度は 人間達の番である
どの様な行動に どの様な歩みに どの様な未来に 
人間達がしたいのか
それが今 問われているとゆうことを 忘れてはいけない


日々の祈り合わせ 動画

政治経済担当チームより

2015.07.07.09:00

新暦7月7日(旧暦5月22日 申)

皆様 日々の祈り合わせにお心を合わせていただき
ありがとうございます。

本日 政治経済担当チームより 
皆様に今 知っていただきたい記事を掲載しております。
ぜひお読みいただき共に良き未来を創っていければ幸いでございます。

政治経済担当チームのブログはこちらから

本日の合同祈り合わせについて

2015.07.05.09:00

新暦7月5日(旧暦5月20日 午)

皆様 日々の祈り合わせに共にお心を合わせていただき
ありがとうございます。
本日 毎月 第一日曜日 10:00に世界各国や全国の皆様に
呼びかけをさせていただいております 合同祈り合わせの日になります。

本日の合同祈り合わせのテーマは政治経済についての
祈りになります。
どうか 皆様の大切な家族や大切な方々が
平和で穏やかな日々を笑顔で過ごせますようにと
共に願い祈り頂けますようお願い致します。

今回 10:00より 祈りの和にて動画配信を行います。
是非ご覧下さいますようお願い致します。
※ 10:00にはパスワードを解除し 
皆様にご覧いただけるように致します。

ご神事にお伝えいただいたお言葉

2015.07.03.09:00

新暦7月3日(旧暦5月18日 辰)

皆様 日々の祈り合わせに誠真心をおよせいただきありがとうございます。

本日は6月2日の船の御神事の際にお伝えいただいたお言葉を掲載しております。
これは、訪れました島々の役目役割を聞いた時に伝えられました。
島々の意味は、御神事の中において大切な役割を果たして行きます。そしてその意味をしっかりと知り、今後の御神事に活かしてゆくという事になります。
場所場所一つ一つがその意味、働きを持ち、自然界を繋いでいます。
島々の意味を知っていただけますと幸いです。

比嘉りか

※ 慶良間諸島 慶留間にて御神事の際に伝えられた言葉 ※

(りか氏)
種 元 一番最初の 始まりでもある
種 元 始まり
最初 一歩を 踏み出しゆく
ずっと これからも 変えられない
変わらない 命の源 全ての元根
一番 最初を 司り 
次に 託し 託されゆく
今一度 ゆう
今一度 ゆう
大切なる元種 全ての内
一歩 最初の 元種
一 一歩 一歩 一歩になる
次に 託されゆくは この度の 働き
巡り 巡る時 右か左か 進むか巻き戻すか
一歩 進む 一歩 進む 一歩なり

今はでも 時に 決して 一番に ならないこと
今はまだ 残りの者達を 守らなければならない
そして 次に託しゆく者達を 選びゆかねばならない 
一歩 また一歩と 進んでいる中に於いて 
選別 分別 見極め きちんと 行い続けゆかれよ
そうでなければ 異なるぞ 
違う道 歩みゆくぞ 
決してその道 見誤ることなきように 
きちんと 全ての 大切なるもの 
生み出しゆくための対極
しっかりと結びゆかれよ


**祈りの和information**
北海道&日本一周御神事企画御守り ご予約開始!!
7月下旬から8月にかけて北海道と日本を海から祈り、8月末には富士山にての御神事を行います。
これに合わせてブレスレットタイプのオーダーメイドの御守りのご依頼が出来ます。
啓示によって作られた大地・自然とつながるブレスでもご予約可能です。
是非この機会にお持ちになってください。
<<御守り予約サイト>>
webshopより
niraikanaiicon
※このマークをクリックするとウェブショップに移動します※

日々の祈りにお伝えしていただいたお言葉

2015.07.02.09:00

新暦7月2日(旧暦5月17日 卯)

皆様 日々の祈り合わせに誠真心をあわせていただき
ありがとうございます。

※ 6月30日 日々の祈りにお伝えしていただいたお言葉 ※

人の子は皆 善き未来へと進みゆく流れを 絶とうともしている
いやしかし 人々は 自らの 身も 心も 
大切なる世の中と共に 在りゆこうともしている

今まさに 決断の時でもあり 
迷わず進みゆかなければならぬ時でもあるのだ

命達と共に進みゆく未来を 決して見失うことなく歩みゆきなさい
命は共に そなた達と共に在りゆこうとしているのだ
その心 その意識 その想いを 決して無にしてはいけない
無駄にしてはいけない

大切なる道筋を 決して見失うことなく進みゆきなさい
多くの生きとし生けるものの命があってこその
人間たちの生活であり 命であり 
世の中であり 地球である
それを 忘れてはいけない

6月30日 日々の祈り ←クリックしていただくと動画視聴画面に移動します

ご神事にてお伝えいただいたお言葉

2015.07.01.09:00

新暦7月1日(旧暦5月16日 寅)

皆様 日々の祈り合わせに共にお心をあわせていただき
ありがとうございます。

本日 6月2日の慶良間諸島のご神事にて
お伝えいただいたお言葉を掲載しております。


ここルカン礁にて、
時の流れ 止めゆくべく 一人 一人の思い 一つと成りゆき 
時にはまた それ 一つひとつの 決意 決心

これ 時戻しゆく 一秒 一秒に重なりゆく
決してそれを 忘れること無く 
今日のこの善き日に 心して進みゆかれよ
そなた達は また 明日また明後日と 祈り 
願い続けゆかねばならぬ

何故ならばそれは 戦 争い 転じる事なきように
しっかりと その 争いの心 元種となりゆく
その元 精神 欲
それらを 収めゆかねばならぬ
しっかりと それを 収めゆくことにより 
その 秒針 一秒 一分 一時間 一日 一年と
秒針 早く 戻り 回りゆき
時の 再びの戻りを 延長を 促しゆくこととなりゆく 
これを 忘れてはならない

大切なる未来 大切なる道 大切なる歩み 大切なる未来 
決して見失うことなく 進みゆかれよ
それがまた 再びの時を 刻み続けゆくことの出来る 
大切なる 根源 根底と なりゆく
決してそれを 忘れぬように
決してそれを 見失わぬように

ルカン礁 この意味
安定 平穏 平定 またそして それらを 結びゆく 
波風 落ち着かせ 波風 立たぬ様にもしゆく
落ち着かせゆくその目印となりゆく場所
そしてその目印をしっかりと結んだならば 
その善き道筋へと進みゆかせゆくための
平穏 平安 安定 安定しゆく為の
目指しゆく 道 大切なる 星 一つの目印 
目標 指針となりゆく

慶良間 また久米島と 結び繋ぎゆくことにより
これはまた 知りゆく様に 西の収め 西の 西の 大いなる西の 
大切なる 学び 大切なる収めともなりゆく
それを 今後 気を付け ゆかれよ 
人の争い 古の争い 収めゆくは久米島
自然界に於いての時の流れ また自然界に於いての調和和合 
慶良間 諸島 これら 群生の島に置きつく事により
自然の調和取れゆくものとなりゆく
自然界 西にありゆく 

しかしながら 東にもありゆく
東から西 自然の営み 自然の循環 東から西 
人間の営み 人間の循環
それぞれの巡り それぞれの流れが在りゆき 
それを落ち着かせゆかせゆく為の 大切な道標を 
決して忘れてはいけない
一つひとつ 時を戻しゆく
平定 平定 安定 落ち着かせゆくことを 為しゆかねばならない
人の子らよ 大切なる道筋を 忘れてはならない
戦 争いに転じる事がなき様に 安心して人の子ら 
人々が 住みゆく事の出来る環境
また 落ち着き 目で 愛おしむ その自然 
その人々の心 慈しみのその背景には 豊かなる自然 
そして 自然と共に調和がある世の中が
繰り広げられているとゆうことに繋がる


(良丸氏)渡名喜と粟国はどういう意味になりますか
(りか氏)
粟国 粟国 大切なるもの
渡名喜 渡名喜 これもまた大切なるもの
今一度 今一度 歯車の仕組みなり
人 自然 祖先 神
それらの巡りそれらの巡りとなりゆき
渡名喜しっかりと結ぶべき場所 
中心の西の歯車ともなりゆく 中心になりゆく
中心軸に於いて 人 祖先 神 自然 それらをしっかりと結び
そして あらぬ方へと進みゆく事がなき様に守りゆく場所


(良丸氏)粟国は
(りか氏)
粟国 粟国 これまた 人の子らとの関わり多きし場所
先祖の道 これ久米島なれば 先祖との関わりもありゆく
しかしながら そればかりではない
が しかし 神 とゆうよりも 自然界 とゆうよりも
導き また見ゆく 守りゆく 守護 守護ともなりゆく場所である
粟国 粟国 国の守護 大切なるものでもありゆく
大切なる道筋 次へと託しゆく 大切なるものを 次へと託しゆく
東の 東の方角へと 次へと託しゆく
繋ぎ 繋ぎの歯車の 繋ぎともなりゆく場所である


(良丸氏)慶良間は
(りか氏)
慶良間 自然界に於いて大切なる場所 
自然界に於いて 営みゆく場所
人 自然 祖先 それぞれの場所 それぞれに関わりゆく 
命育みゆきし場所でありゆく


(良丸氏)チービシは
(りか氏)
チービシ これ 全てを纏めゆく場所
西の 確かなる 歯車の 要 
中心 渡名喜 歯車の要 
チービシ 清め 改めゆく場所
要らなきもの全て清め改め 歯車へと繋ぎゆき
歯車から清め改められた善きものを 東へと繋ぎゆく
要ともなりゆく 入り口でもありゆく 
清め 改めの 大切なる場所でありゆく

情報サイトリンク

◆地震情報《気象庁》
◆火山情報《気象庁》
◆台風情報《気象庁》
◆警報・注意報《気象庁》
◆海外の地震情報《JIS》
◆マーケット情報《ロイター》

イベントのお知らせ
最近の記事
関連サイト
検索フォーム
年別アーカイブ
携帯用QRコード
QR