自然災害チームより~自然災害を考える~

2015.08.25.09:00

いつもブログ・メルマガをご覧いただき、ありがとうございます。
今回は、8月22日現在、噴火警戒レベル4(避難準備)が出されている桜島について取り上げてみたいと思います。

1.桜島の成り立ち
桜島は、鹿児島湾北奥部の姶良カルデラ南縁部に生じた東西約10km、南北約8kmの長円形の島で、その頂部は最高峰の北岳と中岳、南岳の3峰と権現山、鍋山、引ノ平などの側火山からなっています。
桜島が活動を開始したのは、姶良カルデラが大噴火した後の約26,000年前からで、初めは海底火山だったものが大規模な噴火を繰り返して、隆起して島になりました。現在までに大規模な噴火を17回繰り返しており、その中での最大の噴火は、今から約13,000年前の大噴火で、この時には現在の鹿児島市内で1m以上、鹿児島県内の殆どの箇所で10cm以上の火山灰が積もりました。
桜島の活動は大きく二つの時期に分かれており、誕生から5000年前までが北岳の活動、約4500年前からは南岳を中心とした活動期に入り、断続的な噴火と静穏な状態を繰り返しています。有史以後の山頂噴火は南岳で起こっており、その都度、溶岩流や火砕流による大災害となっています。
記録に残る主な活動としては、最古の噴火は和銅元年(708)、15世紀後半の文明大噴火、安永8年(1779)の安永大噴火があり、噴石や降灰により多数の死者を出しています。この安永大噴火は18世紀の日本最大の噴火で、海底噴火による津波が発生し、鹿児島県沿岸部でも多くの被害が生じました。更に大正3年(1914)の大正大噴火、また昭和に入ってからも噴火活動は活発で、昭和30年(1955)に爆発した南岳山頂火口は、現在まで長期にわたり毎年のように噴火を繰り返しています。

2.代表的な噴火
① 大正大噴火
大正3年(1914)1月12日午前10時5分、噴火は桜島の西側山腹に出来た割れ目で始まり、10分後には東側山腹に出来た割れ目でも噴火が起きました。これら東西の火口からの噴煙は高度8,000mに達し、東海岸では数日で2mもの軽石が降りました。また大量のマグマを噴出し、溢れ出た溶岩流が麓の集落を襲い、死者58名、負傷者112名、噴火により埋没・全焼した家屋も約2140戸となり、集落ごと埋もれてしまった村もありました。この大正大噴火により、溢れ出した溶岩流により大隅半島との間の海峡が堰き止められ、現在のように陸続きになりました。
この時は噴火の数日前から地震が頻発し、島内の井戸が枯れるなどの異常があり、当時の村役場が対岸の鹿児島市にある測候所に問い合わせましたが、「避難せよ」という意見はなく、このような結果を招いてしまいました。10年後、住民達は桜島爆発記念碑を建て、裏に「住民は理論を信頼せず、異変を見つけたら、事前に避難の用意をすることが肝要である」と刻みました。避難誘導が遅れたのは、噴火を予知できなかった測候所に頼ったためと考えたからです。これは「科学不信の碑」とも呼ばれています。
② 昭和噴火
大正噴火が終息した後の約20年間は穏やかな状態でしたが、昭和10年(1935)9月、南岳東側山腹に新たな火口が形成され、約1ヶ月間断続的に噴火を繰り返すようになりました。
昭和21年(1946)1月から爆発が頻発するようになり、同年3月9日に火口から溶岩の流下が始まりました。この時は大正噴火とは異なり、噴火前後の有感地震が殆どありませんでした。
昭和29年(1954)12月末頃から火山性地震が増加し、昭和30年(1947)10月に南岳山頂火口で大量の噴石を噴出する爆発と、強烈な空震を伴う噴火があり、死者1名、負傷者11名を出しました。昭和47年(1972)の噴火では、噴出した高温の噴石により山火事が発生。これがきっかけとなり、被害者を守る「火山活動対策特別措置法」が制定されました。
平成18年(2006)6月には、南岳の東山腹8合目の昭和火口が58年ぶりに噴火活動を再開するなど、活発な活動状況が続いています。

3.現在の活動状況
2009年10月以降、年間爆発回数が1000回を超えるほど活動が活発な桜島ですが、2007年に運用が開始された噴火警戒レベルが、初めてのレベル4(避難準備)に引き上げられました。現在は火口3km圏内に住む51世帯77人が対象ですが、これまでの噴火の規模を上回る噴火が起きた場合、噴火警戒レベル5(避難)に引き上げ、鹿児島市が桜島全域の住民を避難させる事態も想定しています。
2015年8月15日午前7時頃から火山性地震が急増し、15日は1024回、16日は71回、17日は17回、20日午前9時までに8回まで減ってきていますが、マグマが浅い所まで上昇したまま止まっているとみられ、山体が膨張した状態が続いています。陸域観測衛星「だいち2号」の観測によると、今年1月に比べて最大16cm程度の地殻変動があったことも確認されました。また15日からは桜島の二俣港で、火山性ガスが海面に湧出する「たぎり」と呼ばれる現象が出現しました。これは鹿児島湾内の若尊カルデラで通常見られる現象ですが、二俣港では初めて出来事です。
幸いなことに規模の大きな噴火の可能性は低下してきているようですが、自然の活動は私達人間の思うようにはいきません。桜島の噴火特性から「落ち着いた状態は噴火が起こらないのではなく、むしろ噴火に近付いたと考えた方がいい」と警鐘を鳴らす専門家もいます。油断をすることなく備えていきたいと思います。
最後に、桜島関連情報をまとめたサイトを紹介します。

「桜島の噴火活動に関する情報」サイトへ移動!クリック!

火山灰に対する防災情報もありますので、ご参考になれば幸いです。

食と健康の和チームより 

2015.08.21.09:00

いつも真心のお力添えをありがとうございます。
おまたせいたしました。食と健康の和便り22号です。

今回のテーマは「本当に安全な水は」です

本当に安全な水とはなんでしょう?
ご家庭でできる浄化方法とは?

今回も、気になる内容となっております。
是非、お読みください。

食と健康の和ブログへ移動 クリック!

現在の状況について

2015.08.19.17:35

いつもありがとうございます。
大国ミロク大社の比嘉良丸です。

7月16日東京勉強会を終えた後、東北道を進みながら北海道へと車で向かいました。
途中、東北道の那須サービスエリアで一旦仮眠の為車中泊となりました。
その時、啓示で7月の仙台からの戻りにも行いましたが、改めて那須の麓で祈りを行う事を伝えられましたので、その足で祈りを行いました。続いての啓示によって、そこから車での移動ではなく、一旦成田に戻り、成田から飛行機にて九州へ移動、九州を祈った後、九州から北海道へ移動し、本日夜、成田に戻り改めて関東を祈り、富士の頂上へと向かいます。

今年新年の御宮でのお祈りの際に、3月~6月にかけて東南海地震がおき、南海地震が連鎖、それによって九州から琉球列島、台湾の数千キロにわたる琉球海溝が連鎖して動く。
そして、東日本方面には連鎖した南海地震から東南海地震、東海地震、関東内陸部、富士山への連鎖が起きる。それが起きれば、数か月後に改めて関東から東北、北海道東海岸沿い、千島までの範囲でプレート型の地震が連鎖連動する。内陸部は、構造線や活断層、火山などが連鎖すると啓示で伝えられました。
流れとしては、3月~6月までに東南海がおき、プレート型の地震が西東に大きく連鎖連動、続いて富士の噴火となり、7月~9月にかけて関東内陸部、埼玉、茨城、群馬、栃木といったその周辺で大きな地震が起き、その地震がフォッサマグナ、東西の火山帯、構造線を突き動かすと伝えられ、とにかく今年は、この伝えられてきた連鎖連動の大地震の分散分割先送りをする御神事を行ってまいりました。
それは、日本列島の内陸部を車や飛行機、外洋を船を使って移動しての御神事。サイパン、インドにての御神事。沖縄での御神事。クルージグングでの神戸から台湾を一周、横浜から北方四島、サハリンを経て北海道を一周して横浜に戻り、続けて横浜から九州を経て韓国釜山、本州を一周回る御神事等、様々な御神事を行ってまいりました。

今年1月からこんにちまでに行ってきました御神事によって、世の中で起きる流れに変化がおきます。御神事を行ったことによって、啓示で伝えられていることに変化がおきるという事です。

6月5日~13日の神戸~台湾へ行きましたクルージングでの御神事の際に、7月に箱根が噴火し、それに伴い富士が噴火すると伝えられました。そして、この噴火を一時分散するのは桜島と浅間山だと伝えられ、船の御神事の中、九州を通る際にやり取りをさせていただいてき、丁度、東南海地震の震源地と思われる場所をお祈りいたしました。
東南海、南海、琉球海溝の祈りを行って、13日に神戸に帰港、その後紀伊半島から、鳥羽、渥美半島と伊勢湾をフェリーで横断し、八ヶ岳、富士の麓、箱根と御神事をさせていただきました。
その際に富士・箱根の分散分割が浅間山、桜島だと言われ、良い流れになるよう祈るように伝えられ、御神事を行いました。(浅間山は、16日に小規模噴火がおきました)
その後、関東、太平洋側をお祈りし一旦沖縄に戻り、再度、仙台勉強会の為に本州へ入り、仙台から関東に戻る際には、東北の岩手まで一回北上し、また、関東へ戻りながら幾つかの火山の麓にて 小難無難の御神事を行い、栃木を回り、7月1日、成田から北海道へ移動し祈りを行い、北海道から成田経由にて九州に入り、沖縄に戻りました。
沖縄では本来御神事を行わなければならなかったのですが、どうしても御神事と別に行わなければならない仕事が立て込み、打ち合わせやその作業を行っておりました。
その後、8月14日に沖縄から本州へ移動、15日に東京にて口伝えと16日に同じく東京で勉強会を行い、その後の流れは、上記に記載した内容になります。

さて、明日、午後2時から富士の頂上でお祈りを致します。
私達がこれからの未来に世の中が平穏、平安、平和で心豊かな社会になりますようにという祈りと、
21日の朝日に合わせて、世の中に素晴らしい時代へと進む道筋を、ご来光に合わせて願い祈りを致します。

明日午後2時には、どうか皆様も、その時間いらっしゃいます場所からで結構でございますので、共に、平穏、平安、平和で心豊かな社会になるよう願い祈り下さいませ。
何か祈る為の祝詞があった方が祈りやすい方は、当方で伝えております総合の祝詞を奏上いただけますと幸いでございます。

比嘉良丸

**祈りの和information**

いつも共の願い祈りありがとうございます。
7月17日から8月3日まで、北海道・サハリン、本州、韓国・釜山と船にて回る御神事を行ってきました
私共は、一年かけ北海道、本州、九州、四国と内陸部を数周まわり、日本列島の本来持つ竜体のエネルギー、自然界の動きを繋ぎ結ぶ御神事を行っております。
今回、船にて外洋を一周する事で、内陸部と外洋を繋ぎ、8月20日の富士山で繋ぐ御神事を行います。それは、日本列島が本来持っている自然働き、生命を生み、育み、愛しむという気・エネルギーを大地と天と結び、本来の働きが成されるよう御神事を行います。

この一連の御神事に関連したお守りを今回承っておりますが、こちらは、ゆるぎない大地の気を持って、一人一人が天と地の軸となるよう、これから歩みだす人生を正しき方向へと向かい進めるよう、持つ人一人ひとりに合わせオーダーメイドで作成し、お祈りを込めております

★8月19日まで受付 御神事企画御守り(オーダーメイドブレスレット)
申込みサイト>※下記画像をクリックしてください。申込みサイトに移動します
niraikanaiicon

御神事にて伝えていただいたお言葉

2015.08.18.20:40

新暦8月19日(旧暦7月6日 卯)

皆様 日々の祈り合わせに共にお心を合わせていただき
ありがとうございます。

本日 比嘉良丸・りかご夫婦はご神事を行いながら
富士山頂へのご神事に向け 車で移動をしております。

※7月24日 陸奥湾夏泊崎にて お伝えいただいたお言葉 ※


※ りか氏

それでは祈りを始めさせていただきたいと思います。
では、皆様におかれましては平和であるように
ほんとに大切な方々の笑顔が絶えることが無いように
みなが安心して暮らしているその姿を思い描いていただけますよう
お願い致します。


※ では伝えられております言葉を、お伝えさせていただきたいと思います。

繋がりとゆうものが 一体 どれ程までに大切なことであるのか
皆 それこそ当たり前過ぎて 気付かない者ばかりであろう
沢山のものが繋がれている
命達の連鎖も 食物連鎖も
近くてゆえば 人々の繋がりも
もっと近くでゆえば 細胞同士の繋がりも
その人間とゆう形もかたどっており その全ての部位に至り 繋がっている
それもまた 大切なる力であり働きである

頭が何処へゆこうとも 胴体が何処へゆこうとも
しっかりと繋がっていなければ 意味を為すことが出来ず 
物事を行うことも出来ない
滞りなく流しゆくことにより その循環のエネルギー 
命を生み出し 生命を生み出し 命を生み出し 

そして 魂達が再びここに戻り来るその循環 

全ての循環が回り続けゆくことにより この星は生き続けゆく
縮図としてこの場所があり 縮図としてこの島々がある
北から南までの その縮図の中に 世界全てが組み込まれているとするならば
その願い 祈りに関わりゆく者達は どの様な心づもりをしなければいけないのか 理解が出来るか

この星を守ることは 全ての生きとし生けるもの達を守ることになりゆく

全ての環境をも守りゆくことになり しいては全ての命達 生命達
そして 去り行ったもの達の また再びのその循環をも守りゆくものにもなる

この場を守らなければいけないのは ここに再び戻って来るもの達
また 生命 命 生を享け そしてここで 次の次世代を担い 
創りゆこうとしてゆくもの達の 土台を守ることにもなりゆく
命達が再び ここで会えることを 
いや この星こそが 命達が 謳歌してゆく場所でもある

善き道 善き未来とは 人間のためだけのものではない
託されているのは 目に見える生き物達もさることながら 
見えない生き物達に対しての未来もまた 課せられているのである

よいか 
守りゆかなければならないのは 全ての生きとし生けるもの達 
全てであるのだ
しっかりとした 意識を持ち 進みゆくこと叶わなければ
その手から その想いから 零れ落ちる命達を どう掬うとゆうのだ

この星を守りゆくための方法は 様々にありゆく
願う 祈るとゆうこともまた その想いとゆう形 なきものであるが
エネルギーとゆうもの 目に見えぬものでの 守りや導きを そして 守護
大切なもの達を 健やかなる方向へと 守り 促す その働きをもある
現実の行動もまた この星を守りゆくことにも 繋がることもあろう

善き未来を目指し 善き未来の方向へと進みゆかせゆく行動である
平和で安心して暮らしてゆける世の中に 在り続けることが出来るように
そのための働き 行動 人間が実際に 動き 
もしくは 語り 行動することで 守るとゆうことも出来ゆく

自らの生活 営みのなかより 少しずつ善き流れへと
変えゆかせゆくための方法をとってゆくこともまた 
未来を創り 未来を守るとゆうことにも繋がる

人間達は 多種多様な社会に関わっている
家族とゆう小さな単位も 社会とゆう大きな単位も 
国や世界とゆうさらに大きな単位にも関わっている
自然とゆう 一括りになりゆくその単位にも 関わっている
どこの中で その働きを遂げゆくことが出来るか 行いを行うことが出来るかは
その者 それぞれにかかってくる

まずは自らの周りの小さな単位である家族や 
自らの生活とゆうところから見直し 行動しゆくことは 
一番手が付けられやすく てっとり早く
また 変えゆくことも 出来ることになろう

しかし だからと言って 
全ての者がその行動を行ったことで 瞬時に変わる訳ではない
自らの行動を 変えた行動を少しずつ積み重ね 年月をかけゆくことによって
大きな流れ 大きな渦へと 変わりゆくのである
一日にして全ては出来ない

だからこそ多くの生きとし生けるもの達のことを常に考え 
働き 行動を行い続けてゆくことは 大切なのである
変わりゆく世の中に対し 更なる善き方向とは何であるのかを 
考えゆきながら 勤めゆくことは 大切である

命達と共に 歩みゆこうとするその姿勢を忘れてはいけない
生きとし生けるもの達と共に歩みゆこうとするその 
仕種 行動 考えを 怠り 忘れてもいけない
善き道 善き未来とは 一人で出来るものではない
大切なる善き流れを 大切なる未来を 一つひとつ進みゆくことが出来るよう
忘れることなく 歩みゆかれよ

ありがとうございました

日々の祈りにお伝えいただいた御言葉

2015.08.18.20:00

新暦8月18日(旧暦7月5日 寅)

皆様 日々の祈り合わせに共にお心を合わせていただき
ありがとうございます。

本日 比嘉良丸・りかご夫婦はご神事を行う為に 
車で本州を移動を移動しております。

※ 7月22日 祈り合わせ 小樽にて ※

りか氏 

今日の善き日にことあけて申し上げます
善き道 善き未来を
平和で 安心して暮らしてゆける世の中を
今の人々が その土台を担い 造り上げ 次の次世代へ 
次の世の中 世代達へと 託し 渡しゆくことが叶いますように

安心して暮らしてゆける世の中を
それは 人々だけではなく 多くの生きとし生けるものが 
共に共存し 共に安心し暮らしゆく中に於いて
成し遂げられ 重ねられゆくことであるとゆうことに再び気付き
人間が 本来の役目役割を果たし この地球を守り この星を守り生きとし生ける生命達を守り 歩み 皆で生きゆく世界 
社会を造り上げゆくことが出来ますように

生きとし生けるもの達 全ての命達と共に 自然環境と共に 
調和の中 生きゆき 共に手を取り 助け合いながら 
人間達も 性別・年齢・宗教・国の枠を超え
共に歩みゆく 一つの 地球人として 手を取り助け合い歩みゆくことが叶いますように

そのためにも 今 生きている方々に
どうか その善き未来への道筋を指し示しいただき 
後押しいただき そして何よりも 一人ひとりに 迷わぬように 見える形にてその道筋を指し示しいただけますように 
お願い申し上げます


※ お伝えいただいた御言葉

人々よ 今までの歩み 今までの歴史 世の中から
それを改善し 更なる善き世の中へと 変えゆくため 
修復しゆくためには 確かに 痛みや また それなりの苦労 
努力 勤めゆかなければならない
その 助力 様々なる働きが 必要となるであろう

痛みとは 戦 争いではない
今の生活 今の社会 今の環境を見直し 
共に共存してゆくための働きかけをしてゆかなければなるまい

しかしながら それを行うに当たり
自らの生活や 自らの考え方 自らの社会やこの世界 
世の中も 変わりゆくことに対し
合わせゆくことの難しい者 すぐには変えゆけない者も
あるであろう

その者達には変化とゆうものは 大きな痛手にもなり 
苦しみにもなりゆくかもしれない
無論 変化とゆうものを受け入れられる者達もいるであろう

しかしながら 人間は 新たなるものを受け入れ 
また 改良に改良を重ね 自らと また調和がとれる世の中を 
造りゆくための働きを行うことは 出来る筈である

何よりも 知恵 知識 そしてその技術 行動
それを 世の中 多くの生きとし生けるもの 命達の為に 
行い続けゆくことは
大切なる自らの役目役割を果たしゆくものとなるのだ

そこに気付き そこに動き そこに働きかけた時
人々は 心の底からの 魂の叫びを聞くこととなるであろう
本来やらなければならなかった事 本来やるべき事である
生きとし生けるもの達と共に 
この地球の 地球上の一員の地球人として
共にこの星を守り そして 善き未来を創りゆく 
その働き行動を 行うことが出来た時
人々は再びの輝きを増す筈である

魂の奥底から 身体の奥底からの 本来の役目へと 
気付いたその喜び 魂の役目の 本来のその輝きを再び取り戻し 
新たなる次の時代へと 進みゆくことが叶う筈である

しかしながらそのための大切なる段階 
そして気付き 歩み そして大いなる道のりは
大切なるものとなるのだ

ここを 間違ってはいけない
しっかりと その道筋を 見詰め 歩みゆかなければならない
戦 争いなどをしている場合ではない

何よりもこの地球が 自然自体が 人間の愚かなる行為によって 
様々なる破損 弊害 崩壊が起きゆき 
そして 自分達の命さえも それは 人間達の命すらも 
支えることも出来ない状況に立たされているとゆうことを 
改めて知らなければならない

その崩れそうになっている自然を守ることも 支えることも 
出来るのは 人間の働きでありゆく
そこには 人間の気付きと 人間の行動と 
人間の働きがあることによって
自然達もまた再びの支えを得られ 

そして その謳歌 命の謳歌をしゆくことが出来る筈なのである
戦 争い 小競り合い 私利私欲 そのようなものに 
満たされている場合ではない

ぬるま湯に浸かっている場合ではないのである
今 この世界が 地球が 自然が 
多くの生きとし生けるもの達が命達が 人間達が

どの様な状況に立たされているのかを 再びよく見詰め 知り 
そして 改善をしてゆかなければならない
自らが出来る事を努めてゆくこと 働きを続けてゆくこと 
それは大切なことである

願うは 共に 多くの生きとし生けるもの達と共に 
この地球と共に 歩み進みゆく未来である

善き道 善き未来とは 一日にしては出来ない
そこには 長い年月をかけての歩みと勤め 努力が必要となりゆく
働きかけが 必要となりゆく

一瞬にして出来ないからこそ 大切なる土台ともなりゆき
未来続きゆくその 確かなる歩みとなるのである
すぐに出来ないからとゆって諦めるのではなく 
続けてゆくとゆうことは 大切なことである

長い年月 積み重ねられてきたこの地球営みを 
瞬時にして壊してしまった人間達よ

そなた達が その 長きに亘る積み重ねられてきたものを
壊したその罪は大きい

しかしながらそれをしっかりと改善し 
そして善き方向へと進みゆかさなければならない
地球と共に歩みゆくことを決して忘れることなく 
働き続けゆかれよ

日々の祈りのお伝えいただいた御言葉

2015.08.17.11:15

新暦8月17日(旧暦7月4日 丑)

皆様 日々の祈り合わせに共にお心を合わせていただき
ありがとうございます。

本日 比嘉良丸・りかご夫婦は昨日東京にて勉強会を行い
その後 ご神事を行う為 車にて移動を行っております。


※ 7月16日 日々の祈りにお伝えいただいた御言葉 ※

人々の 本種となりしもの 
陰 陽 二つ重なり それが初めての一つのものとなりゆく
その想い 善き想いを 大きく持ちゆくか 
私利私欲に満ち溢れ もしくは その理由 意味さえ分からず 
悪しき流れへと 惑わされゆくか

分からない ということは 時には罪にもなりゆく
理解しようとする心が あるのであるならば 
それはしっかりと 何を意図しているのか 
何を指し示しているのかを 知ることが出来る筈である

しかしながら 分からない 知らない ということは 
それすらも 放棄し 分からぬものに 
身を委ねているとゆうことにもなり
判断をしないという選択 分からないという選択 
理解をしないようにするという
選択をとっているということになりゆく

結果が出た時に 分からなかったから 知らなかったからと 
それは 理由にはならない

それまでの年月(としつき)の間に 知ることも 理解することも 
分かろうとすることも出来た筈なのであるから
人は 余りにも偉大なるもの 大きなものや 
難しそうなものに対して 尻込みをしてしまうことが多い

しかしながら 人が編み出したものであり 
人が作り出したものであり 
宇宙の摂理の中から 宇宙の仕組みの中から人間は 
生まれてきているのである

分からないことはない

気付けないことはない

しっかりと知ることは出来る筈である
深き理解は出来ずとも 知ることは出来る筈である
忘れてはならない

分からない 知らない 時にそれは 罪にもなりゆく
それをしっかりと 分かり 留め
これから先ゆく未来の道筋の中 善き未来を切り拓きゆくための 
大切なる材料となる事柄を しっかりと理解してゆかれよ

人間が作りゆきしものである 
世の中 社会そして 人間が守らなければならないものである 

この地球 多くの命たち そして宇宙も 大地も 
人が 守りゆかなければならないことである
そのためにもきちんと理解をすることは 大切なことである


★ 祈りの和インフォメーション ★
いつも共に願い祈りありがとうございます。

7月17日から8月3日まで、北海道・サハリン、本州、韓国・釜山と
船にて回る御神事を行ってきました。
私共は、一年かけ北海道、本州、九州、四国と内陸部を数周まわり、
日本列島の本来持つ竜体のエネルギー、自然界の動きを繋ぎ結ぶ
御神事を行っております。

今回、船にて外洋を一周する事で、内陸部と外洋を繋ぎ、
8月20日の富士山で繋ぐ御神事を行います。
それは、日本列島が本来持っている自然働き、
生命を生み、育み、愛しむという気・エネルギーを大地と天と結び、
本来の働きが成されるよう御神事を行います。

また、この一連の御神事に関連したお守りを今回承っておりますが、
こちらは、ゆるぎない大地の気を持って、一人一人が天と地の軸となるよう、
これから歩みだす人生を正しき方向へと向かい進めるよう、
持つ人一人ひとりに合わせオーダーメイドで作成し、お祈りを込めております

★8月19日まで受付 御神事企画御守り(オーダーメイドブレスレット)
申込みサイト>※下記画像をクリックしてください。申込みサイトに移動します
niraikanaiicon

こころのかけはし 祈りの和
比嘉りか

祈り合わせの呼びかけ

2015.08.16.11:33

新暦8月1日(旧暦7月3日 子)

皆様 日々の祈り合わせに共にお心を合わせていただき
ありがとうございます。

比嘉良丸・りかご夫婦は本日 東京にて勉強会を行います。
勉強会会場より 合同祈り合わせを行います。

8月16日(日) 13:30 祝詞集⑮ 総合的な祈りの祝詞

祈り合わせの様子を動画配信で祈りの和TVにて行います。
13:30になりましたらパスワードを解除して 
皆様にご覧いただけるように致します。

皆様の大切な家族や大事な方々が穏やかなる日々を笑顔で過ごし
行く事が出来ますように 戦 争いなき世の中を過ごし行く事が
叶いますようにと 共に良き未来を願い祈りをしていただけます様
お願い致します。
祈りの和TVはこちらから

祈り合わせの呼びかけ

2015.08.14.15:00

新暦8月14日(旧暦7月1日 戌)

皆様 日々の祈り合わせに共にお心を合わせていただき
ありがとうございます。

比嘉良丸・りかご夫婦は本日 本州へと移動しております。
8月15日(土) 東京にて口伝え
8月16日(日) 勉強会を行います。
上記の日程で合同祈り合わせを行います。

8月15日(土) 13:30  祝詞集⑭ 平和の祝詞

8月16日(日) 13:30 
 ※祝詞は改めてお伝えいたします

祈り合わせの様子を動画配信で祈りの和TVにて行います。
13:30になりましたらパスワードを解除して 
皆様にご覧いただけるように致します。

8月15日は終戦記念日となります。
皆様の大切な家族や大事な方々が穏やかなる日々を笑顔で過ごし
行く事が出来ますように 戦 争いなき世の中を過ごし行く事が
叶いますようにと 共に良き未来を願い祈りをしていただけます様
お願い致します。
祈りの和TVはこちらから

★*★*祈りの和information*★*★

いつも共の願い祈りありがとうございます。
7月17日から8月3日まで、北海道・サハリン、本州、韓国・釜山と船にて回る
御神事を行ってきました。
私共は、一年かけ北海道、本州、九州、四国と内陸部を数周まわり
日本列島の本来持つ竜体のエネルギー、自然界の動きを繋ぎ結ぶ
御神事を行っております。
今回、船にて外洋を一周する事で、内陸部と外洋を繋ぎ8月20日の富士山で繋ぐ
御神事を行います。

それは、日本列島が本来持っている自然働き、生命を生み、育み、
愛しむという気・エネルギーを大地と天と結び、本来の働きが成されるよう
御神事を行います。

今回、16日(日)の勉強会会場では、参加される皆様と共に、
今回の御神事の働きをもって天と地に一人一人が繋がり
正しき方向へと向かう事が出来るように、瞑想、エネルギーワーク的な
事を行いたいと思っております。
まだ、会場には若干の空きがありますので、ぜひご参加下さいませ。
お待ちしております。

★8月16日(日)東京勉強会











御神事についてと伝えられた言葉~7月19日 釧路の動画より

2015.08.13.14:00

新暦8月13日(旧暦6月29日 酉)
いつもお力添えありがとうございます。
本日は、北海道並びに日本一周した際に配信しておりました動画の内容とその際に伝えられておりました言葉のをお届け致します。
(話している内容を書き起こし、分かりにくいと思われる部分に若干の加筆を行いました。話している状態を大切にしておりますので何卒ご了承くださいませ)

2015年7月19日 釧路にて1

(良丸氏)
12時2分ほど過ぎましたが、合同祈り合わせをさせていただきます。
今回、日本列島を北海道から九州・沖縄・台湾と御神事をずっと行っております。特に緊迫していた南海トラフから始まり琉球海溝までの大きな地震と火山の動きもかなり連鎖連動の危険性がありました。
実際には現在もその危険性は伝えられております。
今年に入り御神事をはじめとする勉強会や合同祈り合わせ様々な活動は、政治経済の動き、地震や火山を含めた自然災害等、起きる事によって世の中が大きく動く事柄の起きる時期に合わせ、その回避の為に日程を合わせて参りました。
勉強会や合同祈り合わせを伝えられている日付付近に合わせて行うことで、その2, 3日後、もしくは一週間後位に地震が起きます。
この地震は啓示では大きな地震への連鎖連動となる地震だと伝えられており、啓示のまま起きれば、震度7クラスを引き起こす事になります。しかし、勉強会や祈り合わせにて祈りいただく事によって、その地震が震度4や5という規模で起きる。連鎖にならず、小さな震度で何とか治まったという状況となります。
これには、はっきり自信を持って言えます。

これまでの地震で、震度2クラスの地震が広範囲に起きる事がありました。震度2, 3, 4, 5クラスが、一部地域だけではなく広範囲に連鎖連動して広がるような傾向がありましたが、本来これは震度6, 7クラスが起きてもおかしくない状況のものであった、それが何とか凌げたと伝えられています。
火山も何とか大きく一気に行かないようにバランスを保つことが出来ていると、私は自信を持って皆様に伝えておきます。
それらは皆様と共に祈った勉強会や合同祈り合わせや神子達との御神事というものの日程を常に啓示に合わせて行い、共に願い祈りいただいてきたからでもあります。
ただ、自然界の動きの実情としては、一週間おきに大きな状況が、本当に一週間おきに起きようとしている状況にあると言われ続けています。

その様な中、今、関東から東日本に意識を集中しております。
少し前まで南海トラフに対しての御神事を頻繁に行って参りましたが、確かに南海トラフの動きに関しては、油断出来ない状況がありました。
しかし、今回の台風9, 10, 11号。大きな被害をもたらしましたが、それぞれの台風の経路に注目して下さい。
9号は琉球海溝から沖縄トラフと西日本火山帯、その大きな繋ぎ目である台湾辺りを動き清め、沖縄を直接清めました。そして11号は、南海トラフの東南海地震の範囲から南海地震の辺りをきちんと時間をかけて清めて下さった形になります。
ただ、台風は、自然界の動きや社会に起きる事が大きければ大きい程、浄めなければならならい内容が大きい程、その勢力・規模も比例して大きくなります。
その為、時間をかけゆっくりと長時間清めて下さった形にはなりましたが、それだけ被害も大きく出ました。
本当に人命も失われることになりましたが、それでも、東南海地震が本当に起きていたら。今の箱根の噴火が富士山の噴火に繋がってしまったら。シミュレーションでは富士が噴火した際にの被害は32万人と政府機関は言っておりますが、実際に起きれば、その規模では話にならないぐらいの40万、50万クラスの人命が失われる可能性からある大きな大災害が引き起こされてたと考えます。
それを何とか自然界は台風という働きでお清め下さり、何とか凌いだと理解していただきたいと思います。

今、17日(7月17日)から日本海溝を北上しながら釧路に来ております。
この後1時半より釧路から千島海溝を経て、国後・択捉の間を通ってサハリンに向かいます。丁度リーマン海峡を通って、サハリンに行きます。
これまでの御神事については、内容をお伝えしますと言うよりも、これからの御神事で重要な内容もありますから、改めて数ヶ所での神々にお聞きするという形をとらせていただきます。

現在、本当に油断出来ない状況が、政治経済も自然災害も続いており、一時も気を緩めることが出来ない状況で御神事を行っております。
自然災害もほんとに毎日のように大きな出来事も起きようとしておりますが、それよりも今皆さんに強く意識していただきたいのが、やはり日本のこれからの行く末を担う国会の安保法案です。
もちろんそれだけではなく、それを通してしまうと次から次へと色んな法律を強制的に、強行採決でどんどん色んな法律を決めてゆく。勝手に決められる形になります。
ですので今重要なこととして政治経済に関心を持ち、皆さんで本当に良い未来、良い世の中は何なのかを考えた上で祈りに参加していただきたいと思います。

改めて22, 23, 24(7月22日・23日・24日:共に祈り下さいました皆様ありがとうございました)呼びかけを致します。
中継出来ない時も結構ありますが、日々の3時の祈りも行っておりますので是非参加して下さるようお願い申し上げます。では、妻に変わります。

(りか氏)
では、祈り合わせ始めさせていただきます。

今日の善き日にことあけて申し上げます
新暦7月19日 旧暦6月4日 申の日にことあけて申し上げます
善き道 善き未来へと 戦 争い無きように
平和・平穏・平安 安定の世の中へと 歩み進みゆくこと叶いますよう
どうか守り 導き 支え下さりますよう心より 願い祈り申し上げます
多くの人々と共に共存し合いながら歩み進みゆくこと叶いますよう
共に手を取り助け合いながら 人種・性別・年齢・国・宗教・文化 様々なる枠を超え
共に手を取り助け合いながら進みゆくことが叶いますよう
地球に歩みゆく地球人として 共に歩みゆく一つの命達として
この星の上にて 共に住みゆくもの達として 歩みゆくこと叶いますよう
戦 争い無きよう 調和の中歩みゆくこと叶いますように
どうかお導き お守りいただけますよう心より 願い祈り申し上げます

ではお伝えいただいています言葉がありますので、伝えさせていただきます

繋がりゆく道 共に歩みゆく道 
様々なるもの達と共に進みゆくこと 忘れることなきように 歩みゆくがよい
人々共に進みゆくならば 
共にゆくものと共に協力し合うその結束力 大切なる力となりゆく
共に歩みゆくもの達と共に一つ固まりゆくことにより
それは 大いなる力となりゆくこととなるであろう
大切なる道のりは一つ一つ進みゆくものでありゆくが
結束一つ 団結力一つとなりゆくごとに 
それは正に大きな大いなる力の元種となりゆくものである
大切なる道のりを 忘れることなく進みゆかれよ


ありがとうございました

(良丸氏)
今、妻の祈りが終わり、お言葉を終了しましたが、少し言い足りないことがありまして、改めて少し話をさせていただきます。
東南海地震を6月8日にニューギニア辺りで、受け持っていただけるということでした。ニューギニア、その外の所で今月のM7クラスの地震が起きてます。現地でどれぐらい被害があったかわかりませんが、神々は、ほんとに南海トラフが動くと日本だけではなく、地球規模での大きな地殻変動に繋がると伝えてきています。
そして今、関東の動きは、関東にあるフォッサマグナというものが壊れ、日本列島を中心に世界へ、地球規模の変動に繋がる状況が、本当にあります。だからこそ神々も外国に分散を引き受けていただいたり、外国でも引き受けて下さり、色んなバランス調整を行っている形になります。
この様な状況を含め、今本当に油断出来ない状況があり、それを祈り、御神事で何とか凌いでおります。
もし、ご理解頂けるならば、どうか、呼びかけの際には皆様の真心からのお力添えをいただきたいと思います。

それと政治経済に関してですが、実際にはもう昨年から年が明けたら安倍政権の支持率が下がるとお伝えしてきました。そのような状況で総選挙になると、今度は過半数を割るどころか、その議員の数が減ってしまいます。
だから去年の人気のある時に解散し総選挙を行い、今、強行採決に臨むことが出来るように準備を整えている事を啓示でずっと伝えられ、皆様にもお伝えしてきた内容です。
ですので、今、議員の中から色んなボロが出てくる。
そして議員同士の対立や議員の中での次を担った、次を担っての権力争いも出てくると、今度は駆け引きが出てくる。絶大なる権力を得ようとした人達の隙間に入り込み、想いを壊すことをする。

政治経済に関しても、政治経済に関してもこれから色々祈り合わせを呼びかけ致しますので、どうか力添えいただけますようお願い申し上げます。
私達は諦めない限り、必ずと政治は良い方向へ進むと信じています。どうか皆さんの力添えいただけますようお願い申し上げます。
もう一度。
政治経済も本当に良い方向へ進むことも出来ます。一人一人の政治の判断というのは異なりますが、心から平和な世の中を望む、みんなが日々の暮らし・生活を笑って営むことが出来るよう、未来を願ってお祈りをしたいと思います。これからの祈り合わせにどうか賛同し、真心をもって未来を共に祈り、創っていきたいと思います。よろしくお願い致します。
それでは失礼致します。

**以上 7月19日 釧路より**

**祈りの和information**

いつも共の願い祈りありがとうございます。
7月17日から8月3日まで、北海道・サハリン、本州、韓国・釜山と船にて回る御神事を行ってきました
私共は、一年かけ北海道、本州、九州、四国と内陸部を数周まわり、日本列島の本来持つ竜体のエネルギー、自然界の動きを繋ぎ結ぶ御神事を行っております。
今回、船にて外洋を一周する事で、内陸部と外洋を繋ぎ、8月20日の富士山で繋ぐ御神事を行います。それは、日本列島が本来持っている自然働き、生命を生み、育み、愛しむという気・エネルギーを大地と天と結び、本来の働きが成されるよう御神事を行います。

今回、16日(日)の勉強会会場では、参加される皆様と共に、今回の御神事の働きをもって天と地に一人一人が繋がり、正しき方向へと向かう事が出来るように、瞑想、エネルギーワーク的な事を行いたいと思っております。
前日の15日(土)の口伝えでは、参加されます一人ひとりに対して同様にお祈りさせていただきます。

また、この一連の御神事に関連したお守りを今回承っておりますが、こちらは、ゆるぎない大地の気を持って、一人一人が天と地の軸となるよう、これから歩みだす人生を正しき方向へと向かい進めるよう、持つ人一人ひとりに合わせオーダーメイドで作成し、お祈りを込めております

まだ、会場には若干の空きがありますので、ぜひご参加下さいませ。
お待ちしております。

★8月15日(土)口伝え 東京
申込みサイト>※下記画像をクリックしてください。申込みサイトに移動します
mousikomi1

★8月16日(日)学びの和 東京
申込みサイト>※下記画像をクリックしてください。申込みサイトに移動します
申込み

★8月19日まで受付 御神事企画御守り(オーダーメイドブレスレット)
申込みサイト>※下記画像をクリックしてください。申込みサイトに移動します
niraikanaiicon

こころのかけはし 祈りの和
比嘉りか

8月の御神事について

2015.08.12.11:15

いつも、真心のお力添えありがとうございます。
本日は、伝えられております啓示についてお話しさせていただきます。啓示をお伝えする前に、関連します情報をお読みくださいませ。
地球の歳差運動についてのリンクへ移動★

この記事(リンク先)を読んで頂ければ、地球の自然環境が長い年月をかけて変化してきており、その変化してゆく環境に全ての動植物が徐々に適応、状況に応じては進化という道をたどってきたという事が理解出来ると思います。
人間もその自然環境の中で、他の動植物の生態系を知る事によって、そこで生きてゆく智恵、叡智を自然界から得て生き残り、そして繁栄してきたと啓示は伝えてきております。

しかし、18世紀の半ばから19世紀にかけて産業革命がはじまりました。
1865年~1900年頃は、電気・石油・鉄鋼の技術開発が進んだ第二産業革命。そして、1900年頃から原子力の開発が進み、現在に至っています。
この間、生活の基準が上がったことによって人間の欲が膨らみ、地球規模での急速な自然環境破壊が進み、その結果、地球が破滅の道へ進む事を知りつつも、人間は国益や私利私欲を抑えきれず、環境破壊をやめる事が出来ない、改善する事が出来ない現状が今も続いています。
地球は長い年月をかけて、北極点の自転軸が移動することにより、自然環境が変化してゆき、その変化に応じて他の動植物も人間も適応して生きてゆくのですが、産業革命後の急激な環境破壊からくる自然環境の変化。これは、地球本来の自然環境の変化の速度を遥かに超える。想像を絶する速さに自然破壊がなされ、その影響が地球全体に進行しつづけています。
まず人間以外の他の動植物の生態系、および食物連鎖が変わり、今後もこれまで以上の絶滅種を増やす事になるでしょう。
人間自体は、現在の科学技術を使って他の動植物の遺伝子組み換えをおこない、自然環境の中で、食物連鎖を維持することによって生き抜く事は可能だと伝えられています
しかし、これは本来の自然界の生態系ではない生き物を創り、それを食する事により人間自体の遺伝子や肉体に悪影響を及ぼし、本来の自然界での人間の進化とは異なる人間の姿になるだろう。
最終的に人間は、母体からの出産ではなく、人工子宮や人工羊水を使い、機材の中で人工的に育て、子供を創る事になると伝えられております。
その状況に至るまでに人々は、水や食料の奪い合いの為、最終戦争・核戦争をおこし、その結果、多くの人達と多くの動植物が死に絶え、一部の生き残った人間が科学を駆使して生き残る事が出来たとしても、その末路は本来の人間の進化とは完全に異なるものになり、人間として生きる事が出来なくなる。そうなった時、人間は本来の姿に戻りたいと気づき、もがき苦しむ事になるだろう。
最終的には、絶滅種となるか、人間ではない種へと変化する事になると伝えられています。

地球の表面が放射能で汚染された状況でも、自然界には新たな植物が生え、新たな地球環境を造ってゆこうとする状況が起きるでしょう。
しかし、その自然界は、本来の地球が求める生態系とは完全に異なる状況となることから、地球そのものの判断で約2億5千万年前頃に起きた、地核変動が起きる。
それは、地球の内部からマグマが大量に流出した地核変動で、地上の95%が絶滅になり再び膨大な年月をかけて地上の再生が成された大地核変動です。
そのような状況が再び起きる可能性が高く、自然界は、それを阻止する為に、命の循環を護る為に、人間だけを排除する動きが起きる。未知の病原菌やウィルスが、人間だけに感染し人間を排除する流れが起きる事がつたえられております。

今上げた内容のうち、どちらかがこのままの状況では起きると伝えられています。
人間が自然界との共存の道を進むのではなく、人間本位の道に進めば上記のようになります。
人間が自然界との共存を望み、本来の人間としての覚醒。超能力等ではない、人間本来の地球人としての覚醒をした時、地球は理想郷に近い星となる。と伝えられております。

再度、伝えます。
地球の自転軸の歳差運動により、数万年かけての自転軸の移動があります
その運動によって、数万年かけて地球上に環境変化が起こり、その変化に対し全ての生命が長い年月をかけて適応・進化している事が解るかと思います。
しかし、私達人間の手によって急激な科学技術の発展により、地球や地球に住む他の生命と共存している事を忘れ、人間本位の社会の循環が本来の生命の循環、命の循環を狂わせ、生態系全体を脅かし地球上の生命を絶滅に追い込みかねない状況を作ってしまいました。
その結果、我々人間も含め、食物連鎖。特に、水と空気の奪い合いが最終戦争へと繋がる可能性があると伝えられております。ですが、愚かにもその前の段階で国益や私利私欲からの戦争へと突き進もうとしています。
今の段階で、自然界を司る神々は、もし、この世が最終戦争へと進み本来の進化の循環を狂わすような事があれば、地上に住む全ての生命が絶滅へと追い込まれる程の地殻変動が起こし、再び数千万年かけての生命の循環の仕組みの創り直しを起こす事も視野においています。
しかしその前に、自然界の命達は人間の所為で巻き添えになる事を恐れ、事前に動きます。それが人間だけに広がる感染病などの発生です。

私達はまず、今回の8月20日の御神事では、上記に踏まえた内容を理解して、御神事を行う事になります。
8月20日の富士の頂上にて自然界の神々、自然界の生命・命達に対して、自分達が行う御神事と行動で戦争への道を完全に回避する御神事を2019年まで行い、2019年までには戦争への流れを完全に回避しますと伝えます。
更に、その神々や生命、命達には、私達が出来るかどうかという事をまず、見守っていただきたい事を伝え、その結果に応じて判断していただきたいと伝えます。
私達は、完全回避すれば自然と共に生命、命と共に共存の道を歩めるよう、人として人間としての本当の意味での覚醒を促し地球と共存しながら生きゆく道を歩み行く仕組み作りを2020年から行い始め、最終的には本当に理想の星地球となるよう御神事、行動を続けてゆきますと伝え、それを聞き入れていただけますようにお願いする為の御神事です。
皆様におかれましては、この御神事に合わせての祈り合わせの呼びかけを致します。どうかその際には、平和、調和への願いを共にいただけますようお願い申し上げます。
詳細につきましては、改めてご連絡致します。
皆様のお力添えの程をよろしくお願い致します。

比嘉良丸
比嘉りか

**祈りの和information**

いつも共の願い祈りありがとうございます。
7月17日から8月3日まで、北海道・サハリン、本州、韓国・釜山と船にて回る御神事を行ってきました
私共は、一年かけ北海道、本州、九州、四国と内陸部を数周まわり、日本列島の本来持つ竜体のエネルギー、自然界の動きを繋ぎ結ぶ御神事を行っております。
今回、船にて外洋を一周する事で、内陸部と外洋を繋ぎ、8月20日の富士山で繋ぐ御神事を行います。それは、日本列島が本来持っている自然働き、生命を生み、育み、愛しむという気・エネルギーを大地と天と結び、本来の働きが成されるよう御神事を行います。

今回、16日(日)の勉強会会場では、参加される皆様と共に、今回の御神事の働きをもって天と地に一人一人が繋がり、正しき方向へと向かう事が出来るように、瞑想、エネルギーワーク的な事を行いたいと思っております。
前日の15日(土)の口伝えでは、参加されます一人ひとりに対して同様にお祈りさせていただきます。

また、この一連の御神事に関連したお守りを今回承っておりますが、こちらは、ゆるぎない大地の気を持って、一人一人が天と地の軸となるよう、これから歩みだす人生を正しき方向へと向かい進めるよう、持つ人一人ひとりに合わせオーダーメイドで作成し、お祈りを込めております

まだ、会場には若干の空きがありますので、ぜひご参加下さいませ。
お待ちしております。

★8月15日(土)口伝え 東京
申込みサイト>※下記画像をクリックしてください。申込みサイトに移動します
mousikomi1

★8月16日(日)学びの和 東京
申込みサイト>※下記画像をクリックしてください。申込みサイトに移動します
申込み

★8月19日まで受付 御神事企画御守り(オーダーメイドブレスレット)
申込みサイト>※下記画像をクリックしてください。申込みサイトに移動します
niraikanaiicon

食と健康の和チームより

2015.08.11.09:00

新暦 8月11日(旧暦 6月27日 未)

いつも真心のお力添えありがとうございます。
食と健康の和チームより、最新記事のお知らせです。

今回のテーマは「食品添加物の危険性について」です

知っているようで知らない食品添加物。
今回も、勉強になる内容をお届けします。
是非 お読みください。

食と健康の和ブログへ移動!クリック!

**祈りの和information**

いつも共の願い祈りありがとうございます。
7月17日から8月3日まで、北海道・サハリン、本州、韓国・釜山と船にて回る御神事を行ってきました
私共は、一年かけ北海道、本州、九州、四国と内陸部を数周まわり、日本列島の本来持つ竜体のエネルギー、自然界の動きを繋ぎ結ぶ御神事を行っております。
今回、船にて外洋を一周する事で、内陸部と外洋を繋ぎ、8月20日の富士山で繋ぐ御神事を行います。それは、日本列島が本来持っている自然働き、生命を生み、育み、愛しむという気・エネルギーを大地と天と結び、本来の働きが成されるよう御神事を行います。

今回、16日(日)の勉強会会場では、参加される皆様と共に、今回の御神事の働きをもって天と地に一人一人が繋がり、正しき方向へと向かう事が出来るように、瞑想、エネルギーワーク的な事を行いたいと思っております。
前日の15日(土)の口伝えでは、参加されます一人ひとりに対して同様にお祈りさせていただきます。

また、この一連の御神事に関連したお守りを今回承っておりますが、こちらは、ゆるぎない大地の気を持って、一人一人が天と地の軸となるよう、これから歩みだす人生を正しき方向へと向かい進めるよう、持つ人一人ひとりに合わせオーダーメイドで作成し、お祈りを込めております

まだ、会場には若干の空きがありますので、ぜひご参加下さいませ。
お待ちしております。

★8月15日(土)口伝え 東京
申込みサイト>※下記画像をクリックしてください。申込みサイトに移動します
mousikomi1

★8月16日(日)学びの和 東京
申込みサイト>※下記画像をクリックしてください。申込みサイトに移動します
申込み

★8月19日まで受付 御神事企画御守り(オーダーメイドブレスレット)
申込みサイト>※下記画像をクリックしてください。申込みサイトに移動します
niraikanaiicon

自然災害チームメルマガ~自然災害を考える~

2015.08.10.09:00

新暦8月10日(旧暦6月26日 午)

本日は、共に願い祈りくださっている方々による、日本という土地の成り立ちについての記事を配信いたします。
これは、比嘉良丸の啓示に基づき、私達の住んでいる地球や日本、環境、社会(政治経済等)を資料文献、現状を調べ、そこから、事前の対策、防災、共存、よき未来への道筋を探ろうと、有志により作られましたチームによる記事です。
少しでも多くの方々と共有することで、未来の地球・社会への礎になればと思い、お届けします。
比嘉良丸・比嘉りか

***日本の国土、成り立ちについて***

読者の皆様 こんにちは
いつも真心のお力添えありがとうございます。

今回は、私達の住む日本列島の成り立ちを取り上げてみたいと思います。

いまから2000万年前、日本の元になる部分は大陸に繋がっていました。大陸が割れはじめ,日本列島はしだいに現在の位置へ動いてきました。
その運動はいまから1300万年前に終わったと伝えられています。
そして西南日本は、長崎県の対馬あたりを中心にして、時計回りに40~50度回転しました。
同時に東北日本は北海道知床半島沖付近を中心に、こちらは反時計回りに40~50度回転したといいます。これが「観音開きモデル説」です。
そして開いた内側の部分に大きな窪みが出来て海が入り込み、日本海ができたのが約1500万年前だそうです。

日本の成り立ち

現在の北陸北部、岐阜県飛騨地方、山陰北部などは、大陸から運ばれてきた砂や泥が堆積しており、海洋プレートの上に堆積した珊瑚や放散虫などからなる岩石が移動してきて、それが海溝で潜り込むときに、陸からの堆積物と混合しながらアジア大陸のプレートに押しつけられて加わりました。
この付加が断続的に現在まで続いたため、日本列島は日本海側が古く太平洋側に行くほど新しい岩盤でできているのです。
1600万年前から1100万年前までは、西南日本(今の中部地方以西)のかなり広い範囲は陸地でした。
また、東北日本(今の東北地方)は、広く海に覆われ、多島海の状況でした。
その後東北日本は、太平洋プレートなどによる東西からの圧縮で隆起して陸地となり、現在の奥羽山脈・出羽丘陵が形成されました。
北海道はもともと東北日本の続き(今の西北海道)とサハリンから続く南北性の地塊(中央北海道)および千島弧(東北海道)という三つの地塊が接合して形成されたものです。
南西諸島は日本島弧の中でも最も新しく成立した島弧で、600万年前以前は大陸の一部でしたが、大陸の縁で開裂が起こり完全に大陸から切り離され、サンゴ礁を持った島弧となったのは150万年前以降です。

西南日本と東北日本の間は浅い海でしたが、この時代以降の堆積物や火山噴出物で次第に満たされながら、東北日本が東から圧縮されることで隆起し中央高地・日本アルプスとなりました。
西南日本と東北日本の間の新しい地層をフォッサマグナといい、西縁は糸魚川静岡構造線、東縁は新発田小出構造線と柏崎千葉構造線です。
島孤の東側あるいは南側は狭い大陸棚があってその沖は沈み込み帯(海溝・トラフ)であり、海溝型地震が頻繁に発生します。
この沈み込み帯に対して全体的に平行に山脈や火山帯が連なっています。
その山脈の間や海沿いに細長く盆地や平野が点在しています。日本最大の平野である関東平野は例外的に広く、その形成理由は詳しくは解明されていませんが、基盤岩の深度が深いフォッサマグナに位置する事や、3枚のプレートが重なっている事などが挙げられ、全般的に地震の発生が多く、起伏の激しい地形が多いです。

伊豆半島・伊豆諸島は、本島とは別の所から移動してきました。
元はフィリピン海プレート上の南方にありました。

2000万年~1000万年前・・・伊豆は本州から南に数百km隔たった海底火山群でした。
200万年~100万年前・・・伊豆が本州に衝突して合体しようとしていた時期になります。
60万年前・・・・・・とうとう合体し、本州から突き出た半島となりました。

このようにして、日本列島は出来上がったのです。
また、日本列島の名前の由来は日本国です。古代日本では「大八島国・大八洲国」(おおやしまのくに)などとも呼ばれていたそうです。

余談ですが、日本列島に移動してきた年代や場所はまちまちですが、黒人系のネグリート、白人系のアイヌ族、南蒙古系のツングース族(原日本人)、インドネシアの一部族=ソオ族(熊襲)、インドシナ族=ミャオ族(倭人)、漢族(原シナ人)の6人種が、日本人のルーツという説があります。

大昔の日本に思いを馳せてみるのも興味深いですね。
こうやって調べていくと、小松左京氏の小説「日本沈没」は、あながちフィクションではないのだと思います。 最後までお読みいただきありがとうございました。


***以上 自然災害チームより***


**祈りの和information**

いつも共の願い祈りありがとうございます。
7月17日から8月3日まで、北海道・サハリン、本州、韓国・釜山と船にて回る御神事を行ってきました
私共は、一年かけ北海道、本州、九州、四国と内陸部を数周まわり、日本列島の本来持つ竜体のエネルギー、自然界の動きを繋ぎ結ぶ御神事を行っております。
今回、船にて外洋を一周する事で、内陸部と外洋を繋ぎ、8月20日の富士山で繋ぐ御神事を行います。それは、日本列島が本来持っている自然働き、生命を生み、育み、愛しむという気・エネルギーを大地と天と結び、本来の働きが成されるよう御神事を行います。

今回、16日(日)の勉強会会場では、参加される皆様と共に、今回の御神事の働きをもって天と地に一人一人が繋がり、正しき方向へと向かう事が出来るように、瞑想、エネルギーワーク的な事を行いたいと思っております。
前日の15日(土)の口伝えでは、参加されます一人ひとりに対して同様にお祈りさせていただきます。

また、この一連の御神事に関連したお守りを今回承っておりますが、こちらは、ゆるぎない大地の気を持って、一人一人が天と地の軸となるよう、これから歩みだす人生を正しき方向へと向かい進めるよう、持つ人一人ひとりに合わせオーダーメイドで作成し、お祈りを込めております

まだ、会場には若干の空きがありますので、ぜひご参加下さいませ。
お待ちしております。

★8月15日(土)口伝え 東京
申込みサイト>※下記画像をクリックしてください。申込みサイトに移動します
">mousikomi1

★8月16日(日)学びの和 東京
申込みサイト>※下記画像をクリックしてください。申込みサイトに移動します
">申込み

★8月19日まで受付 御神事企画御守り(オーダーメイドブレスレット)
申込みサイト>※下記画像をクリックしてください。申込みサイトに移動します
">niraikanaiicon

こころのかけはし 祈りの和より お知らせ

2015.08.09.10:30

**祈りの和information**

いつも共の願い祈りありがとうございます。
7月17日から8月3日まで、北海道・サハリン、本州、韓国・釜山と船にて回る御神事を行ってきました
私共は、一年かけ北海道、本州、九州、四国と内陸部を数周まわり、日本列島の本来持つ竜体のエネルギー、自然界の動きを繋ぎ結ぶ御神事を行っております。
今回、船にて外洋を一周する事で、内陸部と外洋を繋ぎ、8月20日の富士山で繋ぐ御神事を行います。それは、日本列島が本来持っている自然働き、生命を生み、育み、愛しむという気・エネルギーを大地と天と結び、本来の働きが成されるよう御神事を行います。

今回、16日(日)の勉強会会場では、参加される皆様と共に、今回の御神事の働きをもって天と地に一人一人が繋がり、正しき方向へと向かう事が出来るように、瞑想、エネルギーワーク的な事を行いたいと思っております。
前日の15日(土)の口伝えでは、参加されます一人ひとりに対して同様にお祈りさせていただきます。

また、この一連の御神事に関連したお守りを今回承っておりますが、こちらは、ゆるぎない大地の気を持って、一人一人が天と地の軸となるよう、これから歩みだす人生を正しき方向へと向かい進めるよう、持つ人一人ひとりに合わせオーダーメイドで作成し、お祈りを込めております

まだ、会場には若干の空きがありますので、ぜひご参加下さいませ。
お待ちしております。

★8月15日(土)口伝え 東京
申込みサイト>※下記画像をクリックしてください。申込みサイトに移動します
mousikomi1

★8月16日(日)学びの和 東京
申込みサイト>※下記画像をクリックしてください。申込みサイトに移動します
申込み

★8月19日まで受付 御神事企画御守り(オーダーメイドブレスレット)
申込みサイト>※下記画像をクリックしてください。申込みサイトに移動します
niraikanaiicon

 

こころのかけはし 祈りの和
比嘉りか

本日の配信について

2015.08.06.13:30

いつも共に願い祈り頂きましてありがとうございます
本日、祈りの和TVにて配信を行なうというご案内をさせて頂きましたが、当方の間違いにより、学びの和にて配信を行なってしまいました。
共に願い祈る為に、時間を合わせ、配信をお待ちくださいました方々には、深くお詫び申し上げます。
誠に申し訳ございませんでした。

この動画に関しましては、youtubeにてご視聴いただけるように致しましたので、ご視聴くださいませ。

こちらからご視聴いただけます
(本日の祈り合わせの動画:クリックしていただけますとご視聴できます)
20150806 祈り合わせ

最後に、本日伝えられました言葉は、大変多くの方々へ伝えている内容でありました。
伝えられた内容からも、本日多くの方々が共に願い祈りくださっていることを深く感じました。

心より感謝申し上げますとともに、本日の配信が、中継視聴できなかったこと、深くお詫び申し上げます。

なにとぞ、今後ともに共に真心からの願い祈りのお力添えをお願い申し上げます。

比嘉良丸
比嘉りか


祈り合わせの呼びかけ

2015.08.05.18:13

新暦8月5日(旧暦6月21日 寅)

皆様 日々の祈り合わせに共にお心を合わせていただき
ありがとうございます。

比嘉良丸・りかご夫婦にて
8月6日・9日 沖縄より祈り合わせを行います。

8月6日(木) 12:00  ⑭平和の祝詞

8月9日(金) 12:00  ⑭平和の祝詞

祈り合わせの動画配信を祈りの和TVにて行います。
12時になりましたらパスワードを解除して 
皆様にご覧いただけるように致します。

皆様の大切な家族や大事な方々が穏やかなる日々を笑顔で過ごし
行く事が出来ますように 戦 争いなき世の中を過ごし行く事が
叶いますようにと 共に良き未来を願い祈りをしていただけます様
お願い致します。

祈りの和TVはこちらから

政治経済チームより

2015.08.04.09:00

新暦8月4日(旧暦6月21日 子)

皆様 日々の祈り合わせに共にお心を合わせていただき
ありがとうございます。

本日 政治経済担当チームより以下の項目について
皆様に知っていただきたい事を政治経済チームブログにて
掲載しております。
ぜひお読みになって下さい。

○ 新安保関連法案(平和安全法制整備法案) 

○ TPP、7月で合意できなかったことについて

○ 最後に、戦争になったらどうなるか。日本の空襲の話

政治経済チームのブログはこちらから

祈り合わせの呼びかけ

2015.08.03.09:00

新暦8月3日(旧暦6月19日 亥)

皆様 日々の祈り合わせに共にお心を合わせていただき
ありがとうございます。

本日 比嘉良丸・りかご夫婦は横浜港へと入りました。
その後 富士の麓へと移動いたします。

以下に祈り合わせの呼びかけをしております。

8月3日 17:00 富士の麓より

祈り合わせの動画配信を祈りの和TVにて行います。
17時になりましたらパスワードを解除して 
皆様にご覧いただけるように致します。

皆様の大切な家族や大事な方々が穏やかなる日々を笑顔で過ごし
行く事が出来ますように 戦 争いなき世の中を過ごし行く事が
叶いますようにと 共に良き未来を願い祈りをしていただけます様
お願い致します。

祈りの和TVはこちらから

祈り合わせの呼びかけ

2015.08.01.09:00

新暦8月1日(旧暦6月17日 酉)

皆様 日々の祈り合わせに共にお心を合わせていただき
ありがとうございます。

本日 比嘉良丸・りかご夫婦は青森へと入りました。
下記に祈り合わせについて掲載しております。

※ 本日の祈り合わせのお知らせ

8月1日 (土) 15時  青森より

祈り合わせの動画配信を祈りの和TVにて行います。
15時になりましたらパスワードを解除して 
皆様にご覧いただけるように致します。

皆様の大切な家族や大事な方々が穏やかなる日々を笑顔で過ごし
行く事が出来ますように 戦 争いなき世の中を過ごし行く事が
叶いますようにと 共に良き未来を願い祈りをしていただけます様
お願い致します。

祈りの和TVはこちらから
情報サイトリンク

◆地震情報《気象庁》
◆火山情報《気象庁》
◆台風情報《気象庁》
◆警報・注意報《気象庁》
◆海外の地震情報《JIS》
◆マーケット情報《ロイター》

イベントのお知らせ
最近の記事
関連サイト
検索フォーム
年別アーカイブ
携帯用QRコード
QR