現在の状況について

2015.10.31.11:45

新暦10月31日(旧暦9月19日かのえ辰 先負)

いつもまごころのお力添えありがとうございます。
大国ミロク大社の比嘉良丸です。

今朝早めに宿を出て、東北太平洋海岸沿いをご神事しながら北上しております。
今回のご神事の目的の一つとして、原子力施設でのご神事と自然災害(プレート型、火山帯、構造線、活断層)のあらゆる自然災害の鎮魂を現在行いながらご神事しております。

その中で毎年この季節は渡り鳥を含む感染症、伝染病が拡がらないようにというご神事は
春、夏、秋は集中してご神事を行っております。

今回この仙台でのご神事は政治と経済に絡む重要な場所として祈っております。
実際のご神事としては多種多様にあります。
これから向かいます六ヶ所ウラン最終処分場、東通原発、大間原発新設施設での祈りを行ってから明日(できれば今夜中に渡りたいのですが)北海道に渡るかたちとなります。

そこで皆さんにはこれまで何度か動画配信を試みておりますが、不慣れなためうまく操作ができず配信ができておりません。今回生放送を試みますが、うまくいかなければ申し訳ありませんが録画を見ていただく予定です。
妻が15時に祈り合わせを行っていますので、皆様のまこと真心をいただけますようお願いいたします。

比嘉良丸

※移動行程※(参照)
宮城から青森

18・女川原発〜19・六ケ所再処理工場まで 435km
六ケ所〜20・東通原発 34km
東通原発から大間港フェリー乗り場 72km

*本日の地震*

20151031地震

こころのかけはし祈りの和~福島 口伝え・学びの和のご案内!

2015.10.30.17:21

いつも真心のお力添えをありがとうございます。

本日は、開催決定した福島での学びの和のお知らせです。
また、福島では二年ぶりとなる口伝えも行われます。
時間の指定がございますので、ご希望の時間をお取りするためにも
早めの申し込みを推奨いたします。

詳細、お申し込みサイトは本日20時より公開!
下記リンクから御覧下さい
こころのかけはし事務局
************************************

・11月28日(土)福島勉強会

ブログ・メルマガ・動画では、お伝えできない啓示の内容を
勉強会にて 良丸氏の啓示に基づいて現在の世の中の状況を
皆様へお伝えいたします。
他では聞くことができない貴重な勉強会になると思います。

11月28日(土)勉強会 参加申し込みサイトはこちら!

・11月29日 (日)福島口伝え

人には守護する存在 導く存在がおります。
守護する存在・導く存在から ご自身が気づけるように促したり
人や出来事の縁を結ぶという役割の結びの存在がおります。
口伝えとはこの存在からの言葉を伝えていただく事です。
これらの事をお聞きになることで、現在の状況や直面している
問題を良き方向へと進むきっかけにも繋がります。
ご自分の人生をより良き未来となるように
この機会にぜひ口伝えご参加下さい

☆11月29日(日) 口伝え申し込みサイトはこちら!


なお、口伝え in 横浜の開催予定日が12月5日に変更になりました。
詳細は後日お知らせいたします。

現在の御神事の状況

2015.10.30.11:30

新暦10月30日(旧暦9月18日 己酉 友引)

いつも真心のお力添えありがとうございます
大国ミロク大社の比嘉良丸です
今、御神事をしながら移動しており、本日30日、お昼前後に女川原発の到着に向けて移動しております。

太平洋側を北上して御神事を行って参りまして、昨日の夜中は、福島県南相馬市での祈り御神事を行い、そこでかなり時間を費やしての祈りやり取りとなりました。
当初は、本日30日の朝日を女川原発にて行いたいと思ったのですが、明け方まで相馬市でのやり取りが続き朝日が過ぎるまで御神事していました。

そこで伝えられてきた内容を大まかに伝えますと次のような内容でした。

原発事故の被害というものは、確実に恐ろしい状況が起きているにもかかわらず、人間は 本当に目先しか見ることが出来ないのか。
平和、健康、命があってこそ日々の暮らし生活、至福の中で暮らし、営むことが出来るという事を知らないのか。

今、確実に多くの人達の健康を蝕まれている状況が、本当にないと思っているのか。
現実の実態を知らぬふりをしている、医者、医療関係者、学者等は、政治家及び政治的な圧力に屈し、結託して見て見ぬふりをしている状況が、本当に恐ろしい結末を招くという状況を知っていながら、なぜ、目を閉ざすのか、耳を閉ざすのか、口を閉ざすのか。

多くの人の命の結末を、これまでの公害で病に見舞われた人達を見殺しにしてきた状況と同じような事、同じ過ちを繰り返すのか。
本当に その放射能の事を真剣に考える事が 風評被害になるのか
未来に命を繋ぐ 子供の 将来を 未来を考えるうえで 本当に 風評被害などと考えているのか。
人間は、放射能や今後の問題を取り組まなければいけない。
環境や全ての食材が、全て害をなすとは言わないが、害をなす物も確かにあるという事も 知らなければいけない。
環境も本当に安全だというレベルにあるのか、本当の事を知らなければいけない。
本当に、それでこのままで、本当にいいと思っているのか。
という事を強く突き付けられ言われました。そして、
自然の災害というものは、再び改めて大きな災害が、今後来ると知りつつ、全国で原発の再稼働をしようとしているが、本当に恐ろしい結末があるということを知っての行動なのか。我々には理解できない。
人間の理解が出来ない。
我々が、本当に命というものを存続し、未来に繋げる為に、働き動いている事が、人間にとっては無意味なのか。


という内容を、夜中1時半から明け方6時半頃まで伝えられてくるやり取りとなりました。

本日は、これから女川原発に12時前後に到着するよう向かっております。
はっきりとした時間は見えておりませんが、そのころを目指して現在移動しております。
これまでの御神事中に何度か動画配信を実際に試みましたが、うまくゆきませんでしたので、もう一度、女川原発付近にて動画配信を試みます。
到着時間がまだ、読めないので、中継放送は見れないかもしれませんが、配信が上手くいきましたら、録画にて、本日の午後以降に視聴できるようにしたいと思います。

予定では、ここまでの行程をゆっくりとしたペースで動くつもりでしたが、昨日までかなりのハードなペースで動く事になったので、一旦今夜は宿を取り、ゆっくり休みまして、明日改めて出発したいと思います。
明日朝は、太平洋側を宮城、岩手、青森と北上し青森県大間から北海道へ入る行程で移動します。
今現在このように御神事を滞りなく行えますのも、皆様のご支援、支えの御蔭でございます。心より感謝申し上げます。
今後とも、出来ますならば皆様のご支援、ご協力、祈り合わせのお力添えをお願いいたします。

比嘉良丸

*10月26日以降の御神事移動の軌跡*

南相馬まで

1・成田/2・富士麓/3・富士五湖/4・芦ノ湖・箱根/5・千葉県野島崎/6・静岡県御殿場/7・静岡県御前崎/8・浜岡原発/9・富士川河口/10・伊豆半島石廊崎/11・熱海/12・江ノ島/13・三浦半島城ヶ島14・千葉県野島崎/15・千葉県犬吠埼/16・茨城県東海第二原発/17・福島県南相馬市 以降 北海道へ移動
※番号の位置は大まかな目安です※

*10月27日から30日に日本国内でおきた地震*

20151026から30の地震

現在の状況について

2015.10.28.19:00

新暦10月28日(旧暦9月16日 丁丑 赤口)

いつも真心のお力添えありがとうございます。
大国ミロク大社の比嘉良丸です。
先日10月26日に妻を成田から沖縄に見送りました後、私はそこから富士に向かい27日にかけて富士五湖を一周し御神事いたしました。
27日は、満月の御神事がありました。この時私は、富士五湖、および富士の麓より、朝日、正中、日没と祈り神事を行い、夜21時からの御神事は、一緒に行う方々や沖縄にいる妻や皆さんと一緒に行いました。満月においての満たすという働きをもって善き世となるよう、負の連鎖を断ち切り、戦争へと向かわないようにという事を願い祈りいたしました。
この御神事が夜0時30分に終わりまして、その後、私は、芦ノ湖を経て箱根から房総半島の野島崎に行きました。野島崎で朝日を祈ろうと日の出の時間を目標に進みましたが、間に合わず、日の出を過ぎました28日朝6時30分頃に房総半島野島崎にてお祈りを致しました。

野島崎から冬用のタイヤに履き替える為に、タイヤを預けている静岡県の御殿場へ向かい、午後1時半頃タイヤを取り換え、14時頃に、静岡県御前崎と浜岡原発に向かいました。
このまま進めば、御前崎を17時に祈り、その後、浜岡原発の無難無事故を願い祈りいたします。浜岡原発からは、富士川河口へと向かい祈り、静岡県伊豆半島先端の石廊崎、熱海、神奈川県の江の島、三浦半島先端の城ヶ島と祈り周り、再度改めて、千葉県の野島岬と千葉県の犬吠埼、茨城県の東海第二原発までのルートを本日28日と29日で行って参ります。

このルートは9月から何度も行っている御神事ではございますが、東南海・東海・関東沖・東北にかけての連鎖連動が起こり得るとの大きな啓示があり、何度も続けております。
明日までこの御神事を行いました後は、東北に向けて太平洋側の海岸沿いを北上し、青森県の大間岬からフェリーにて北海道函館へ移動します。
10月31日までには、北海道に渡りたいと考えており、遅くて31日から日付の変わった11月1日の夜中には、フェリーの中で仮眠をとるようにして、北海道に渡っておきたいと考えております。函館到着後は、北海道一周の御神事に向かいます。

本日、動画配信をする予定でおりましたが、なかなか時間通りには進まず、配信をする事が出来ませんでした。この調子で進むと、明日29日、千葉県野島崎の日没合わせ到着し動画配信が出来ればと思って移動しております。
配信時間の告知をしてしまいますと、その時間に合わせる為に仮眠を1時間ぐらいしか取れない為、車中泊にて進んでおりますが、やはり体力がついてゆきません。
妻がおりますと、交代で運転を変わりながら、その時間に向けて進めますが、妻が沖縄に戻り、この後、私は、11月13日まで日本列島の半周を御神事して行きますので、妻といる時のように移動してゆきますと体力が持たないので自分が出来るペースで行ってゆきます。
皆様にも一緒に祈っていただいたり、皆様へお伝えしたいことなどもありますので、動画配信は行ってゆきたいと考えております。

前日には翌日の移動の目安が見えてきますので、その日の朝には、大まかな目安ではございますが、配信の御連絡を行いますので、どうかその際には、ご視聴いただきまして、共に願い祈りいただけますと幸いです。ただ、どうしても、私のペースで進みますことから、途中で啓示のやり取りが長くなったり、体調等により配信が不可能な場合は、録画にて視聴出来るよう致します。

日本列島、北海道を周り、伝えられております自然災害の回避・意図的に引き起こそうとしている自然災害の回避・意図的に画策されている政治経済の混乱の回避・世の中の混乱を防ぐための御神事を行ってゆきます。
どうか皆様の真心のお力添えの程をよろしくお願い致します。

比嘉良丸
比嘉りか

東海第二まで

1・成田/2・富士麓/3・富士五湖/4・芦ノ湖・箱根/5・千葉県野島崎/6・静岡県御殿場/7・静岡県御前崎/
8・浜岡原発/9・富士川河口/10・伊豆半島石廊崎/11・熱海/12・江ノ島/13・三浦半島城ヶ島
14・千葉県野島崎/15・千葉県犬吠埼/16・茨城県東海第二原発/ 以降 北海道へ移動

*本日日本で起きた地震*
20151028本日の地震

こころのかけはし祈りの和~現在の状況とこれからの行程について

2015.10.27.09:00

いつもお力添えいただきまして、ありがとうございます
大国ミロク大社の比嘉良丸です
9月13日に本州に上がり、14日の0時から移動を開始し御神事をはじめまして、北は北海道から本州、四国、南は九州まで、関東 東京、奈良を中心に
日本列島を、今、巡っております。
10月27日の満月の御神事を、私 比嘉良丸は富士山麓から、妻 りかは我が宮の祭壇前から、日の出、正中、日の入り、夜、と4回の御神事を行います。

今、世界中で戦争へと流れる負の連鎖が起こっております。
その負の連鎖に政治経済の混乱、自然災害の動き、意図的自然災害の動き等が連鎖の中に組み込まれてしまい、政治経済 及び自然災害のどのような動きが起こっても第3次世界大戦を引き起こす負の連鎖の要因になります。
それらの動きを、負の連鎖を断ち切る為、今現在御神事を、私 比嘉良丸と妻りかとで日本列島を祈りながら、まず自然災害の完全回避、鎮魂の御神事、政治の混乱の回避、経済の混乱の回避、そして感染病、伝染病の広がりの回避、戦争へと流れるすべての負の連鎖の断ち切り、戦争を完全回避する御神事を行っております。

まず、10月27日の満月の御神事は、いかなる負の連鎖を断ち切り、全ての災いを完全回避になる魔なる物・邪なる物を祓い断ち切り、より分け、そして良きものを繋ぐ、という御神事になります。
27日の御神事が終わりましたら、28日に富士山の麓から浜岡原発に向かい、太平洋側を海岸沿いに北上し青森の大間から北海道の函館に入り、時計回りで北海道を海岸沿いに一周します。
北海道の中心の旭岳、黒岳で御神事を行い、また海岸沿いを通って函館に行きフェリーで青森に渡り、津軽 竜飛岬から日本海側を南下していきます。
石川県能登半島の先端を始め、京都 舞鶴まで行きます。
舞鶴から京都、大阪までの御神事を11月12日まで行い、その後、13日に沖縄へ戻ります。

今回、自動車を修理に出す予定でしたが、このまま続行いたします。
これまでの9月からの御神事は、大きな自然の動き、前震となる地震を先送り、分散分割として、なんとかしのぎきっております。
その事については、改めて地図と地震の場所と照らし合わせてご報告させて頂きます。

そして、11月15日は沖縄の我が宮の艮祭です。
これは、我が宮にて艮光明大神様の封印を解き、この世に改めてあらわれて頂いた復活祭になります。
その為、この日向けての御神事をも改めて行いまして、本当の意味の立て替え立て直しの為の仕組みづくりを行ってゆきます。

今回は、出来る限り動画配信を含めた祈り合わせの呼びかけの呼びかけをしたいと思います。
その際には、メルマガ。ブログにて呼びかけさせていただきます。
どうか多くの方々の祈り合わせの賛同をお願いいたします。
また、ご支援、ご協力を頂けますようお願い申し上げます。


地震一覧表
10月27日

こころのかけはし祈りの和~現在の状況とこれからの行程について

2015.10.25.20:41

いつもお力添えいただきまして、ありがとうございます
大国ミロク大社の比嘉良丸です
今回、大阪の勉強会後の御神事のルートが当初予定していた内容とは急遽変更を伝えられ異なるルート、御神事となりました(地図参照)
10月25日現在、青森の八戸から十和田湖まで祈りを行い、先ほど11時に終え、
東北自動車道を利用して所々祈りを行いながら関東へ戻ります。
これは、本州の中央部の御神事を行うようにという指示を受け東京から青森へ
東北自動車道を利用して内陸部の御神事を行うという事に変更を伝えられて
行っております

戻りました後には、一度東京で祈りを行い、明日26日、妻は沖縄に戻ります。
当初私も戻り、27日の満月の御神事を沖縄の我宮にて行う予定でしたが、
後の御神事を考えると私はこのまま本州に残り、タイヤを冬用に取り換え改めて日本海側から北上し、北海道を一周して、北海道から大間岬、東海岸沿いを関東まで移動する御神事を距離的にはハードですが、行う事に致しました。

27日の満月の御神事は、朝、富士山の麓から祈りを行い、
その後朝、昼、夕方、晩と御神事を行います。
電波が、届くか届かないかぎりぎりの所ですので、電波が繋がらなければ、
電話にてやり取りを行い全体の流れを妻に移行しながらの御神事となります
27日を終え翌28日は、日本海側から北海道へ移動しながらの御神事となります。
移動してゆく際に2日に一回は、動画配信を行ってゆきたいと考えております。
ですが、割り当てられている配信の容量7Gという数値があり、前回容量を
気にせずに配信しておりましたら、半月でこの枠を使い果たしてしまい
残りの半月は、動画放送する事が出来ない状況がありました。
前回同様の状況に陥ると放送が途中出来なくなりますので、様子を見ながら、
日本海から北海道を一周、関東から関西までの御神事の中の要所要所で
お伝えしてゆきたいと考えております。
配信の際には、前日に何時頃から配信するというご案内をメルマガ、ブログにてお伝えしてゆきますので、告知されましたその時間にいる場所からで構いませんので、共に平和、平穏、平安、安定の願い祈りを行っていただけますようお願いいたします。

最後に、この度ご支援いただきました方々には心より感謝申し上げます。
このような形にての御礼で大変申し訳ございませんが、感謝の気持ちとして
私共が表せるのは、御神事を邁進して行く事でございます。
まだまだ、伝えられております内容からしても御神事が続く状況にありますが、
今後ともお力添えご支援の程を賜りますよう、お願い致します。

11月12日には、一旦沖縄に戻り、11月15日の我宮の大祭であります、
艮光明大神様の誕生祭になる艮祭を執り行います。

それでは、皆様、誠真心ありがとうございます。

比嘉良丸
比嘉りか

参考資料※ 移動行程地図

1変更した行程
1・奈良/2・和歌山県紀ノ川河口/3・徳島県フェリー/4・岡山県鷲羽山/5・大山/6・神鍋/7・鳥取県白兎海岸/8・福井県常神岬/9・石川県金沢/10・富山県富山湾/11・新潟県糸魚川/12・長野県諏訪湖/13・静岡県御前崎/14・静岡県富士川河口/15・埼玉県/16・千葉県野島岬/17・東京
10月19日以降の行程1

2・上記地図の東京以降の行程
1・東京/2・青森県八戸/3・青森県青森港/4・十和田湖/5・岩手県岩手山/6・宮城県蔵王/7・福島県磐梯山/8・福島県猪苗代湖/9・栃木県那須
10月19日以降の行程2

本日の地震一覧
10月25日地震一覧表

こころのかけはし祈りの和~本日3時の祈り合わせ

2015.10.23.09:50

新暦 10月23日(旧暦 9月11日 壬申 先勝)

いつも真心のお力添えをありがとうございます。

本日は、千葉より3時の祈り合わせの呼びかけをお知らせします。
動画配信は、現在新システムに移行中の為行えませんが、
どうぞ、その時間おられる場所からで結構ですので、
共に願い祈りいただけますようお願いいたします。

祈りの内容は、自然の大きな動きがなきように、鎮魂の願いになります。
諏訪湖は中央構造線と糸魚川構造線、フォッサナグナと関わりますので、
これらの動きからあらゆる自然の動きへと繋がら無いように、
火山噴火や地震といったあらゆる連鎖連動がなきようにという祈りになります。
どうか、平穏、平安、平和、安定の世の中が続くように、
安心して暮らして行くことが出来るようにと、心合わせて頂けますよう、
真心のお力添えをお願いいたします。
こころのかけはし 事務局


行程図
①奈良 ②和歌山県 紀ノ川河口 ③串本 潮岬 ④三重県 鳥羽
⑤愛知県渥美半島伊良湖崎 ⑥知多半島師崎
⑦岐阜県金山遺跡・長野県 御嶽山 ⑧諏訪湖 ⑨埼玉県 数カ所
⑩東京都数カ所 ⑪静岡県 富士山水ヶ塚
⑫長野県 八ヶ岳 ⑬滋賀県 琵琶湖 ⑭京都府数カ所 ⑮大阪府数カ所
10月20日行程図

昨日に起きた地震
地震発生一覧2

こころのかけはし祈りの和~本日3時の祈り合わせ

2015.10.22.12:00

新暦 10月22日(旧暦 9月10日 辛未 大安)

いつも真心のお力添えをありがとうございます。

本日は、諏訪湖より3時の祈り合わせの呼びかけをお知らせします。
動画配信は、現在新システムに移行中の為行えませんが、
どうぞ、その時間おられる場所からで結構ですので、
共に願い祈りいただけますようお願いいたします。

祈りの内容は、自然の大きな動きがなきように、鎮魂の願いになります。
諏訪湖は中央構造線と糸魚川構造線、フォッサナグナと関わりますので、
これらの動きからあらゆる自然の動きへと繋がら無いように、
火山噴火や地震といったあらゆる連鎖連動がなきようにという祈りになります。
どうか、平穏、平安、平和、安定の世の中が続くように、
安心して暮らして行くことが出来るようにと、心合わせて頂けますよう、
真心のお力添えをお願いいたします。
こころのかけはし 事務局


行程図
①奈良 ②和歌山県 紀ノ川河口 ③串本 潮岬 ④三重県 鳥羽
⑤愛知県渥美半島伊良湖崎 ⑥知多半島師崎
⑦岐阜県金山遺跡・長野県 御嶽山 ⑧諏訪湖 ⑨埼玉県 数カ所
⑩東京都数カ所 ⑪静岡県 富士山水ヶ塚
⑫長野県 八ヶ岳 ⑬滋賀県 琵琶湖 ⑭京都府数カ所 ⑮大阪府数カ所
10月20日行程図
☆昨日より諏訪湖までの距離

奈良~和歌山 紀ノ川河口 92.6Km
紀ノ川河口 ~ 串本 潮岬 155Km
潮岬     ~ 三重県鳥羽 190.3KmKm
鳥羽     ~ 愛知県渥美半島伊良湖崎Km
伊良湖崎  ~ 知多半島師崎        148KmKm
師崎     ~ 岐阜県金山遺跡・御嶽山 170KmKm
御嶽山    ~ 長野県諏訪湖        189KmKm

総走行距離     966.7KmKm



昨日に起きた地震
地震発生一覧




こころのかけはし 事務局

こころのかけはし祈りの和~現在の状況とこれからの行程について

2015.10.21.09:51

平成27年 新暦10月 21日 旧暦9月 9日 (かのえ うま 大安 )

お早うございます。
大国みろく大社、比嘉良丸・りかです
10月16日四国一周の御神事から奈良に入り、奈良で御神事を地元の方及び関東方々と行いました。
17日口伝え
18日勉強会を行い
19日歯の治療
20日御神事の打ち合わせ後18時に次の御神事へと出発しています。

今回の御神事ルート>
奈良県・和歌山県紀ノ川河口・串本潮岬・三重県鳥羽・鳥羽からフェリー航路で愛知県渥美半島伊良湖崎
・知多半島師崎・岐阜県金山遺跡
・長野県御嶽山・諏訪湖・埼玉県数か所・東京都数か所・静岡県富士山水ヶ塚・長野県八ヶ岳
・滋賀県琵琶湖・京都府数か所・大阪府数か所で御神事を行います。

自動車の点検修理の為、車を5日間程預けることになりました。
その為、一旦夫婦共に沖縄に戻り27日の満月の御神事、そしてそれ以外にも沖縄での御神事を行ないます。

その後、10月31日に大阪に戻り、自動車を受け取り、
車移動で大阪から北上して北海道一周の御神事に向かいます。

今回の全体的な御神事の大まかな主旨>
現在、自然界の動きが大規模な天災を引き起こす動きがあり、それを収めると共に政治経済の安定と
良い流れの仕組み作りの御神事となります。

行程図
①奈良 ②和歌山県 紀ノ川河口 ③串本 潮岬 ④三重県 鳥羽
⑤愛知県渥美半島伊良湖崎 ⑥知多半島師崎
⑦岐阜県金山遺跡・長野県 御嶽山 ⑧諏訪湖 ⑨埼玉県 数カ所
⑩東京都数カ所 ⑪静岡県 富士山水ヶ塚
⑫長野県 八ヶ岳 ⑬滋賀県 琵琶湖 ⑭京都府数カ所 ⑮大阪府数カ所
10月20日行程図



昨日に起きた地震
10月20日地震


比嘉良丸
比嘉りか

動画のお知らせ

2015.10.16.15:30

新暦10月16日(旧暦9月4日 乙 丑 赤口)

いつも真心のお力添えありがとうございます。
下記サイトに先日の四国足摺岬での動画とこの度の宮城県女川原発での祈りの動画を掲載いたしました。
試験段階の為。ログインIDとパスワードの入力がありますが、ID、パスワード共、半角数字のゼロを4つ入力いただく事でご視聴いただけます。

どうぞご視聴くださいませ。

比嘉良丸
比嘉りか

動画閲覧サイト
※下記画像をクリックするとサイトに移動します
syousai.jpg
http://vdg.jp/4633/

ログインID 0000
(半角数字のゼロを4つ)
パスワード 0000
(半角数字のゼロを4つ)

**祈りの和information**

★★政治経済情報★★
こころのかけはし 政治経済チームからの記事が掲載されています。
マイナンバーについてや安保法案が通った事からどのようの展開が考えられるのか。良丸氏の啓示と現状を照らし合わせまとめたレポートです。戦争の道へと進む事が無いようにするには。
どうぞご覧下さい
政治経済チーム記事サイト※下記の画像をクリックしていただくとページに移動します
icon-seikei1

まだ、会場には若干の空きがありますので、ぜひご参加下さいませ。
お待ちしております。

★10月17日(土)口伝え 大阪
申込みサイト>※下記画像をクリックしてください。申込みサイトに移動します
mousikomi1

★10月18日(日)学びの和 大阪勉強会
申込みサイト>※下記画像をクリックしてください。申込みサイトに移動します
申込み

現在の状況について

2015.10.15.15:00

新暦10月15日(旧暦9月3日 子 甲)

いつも真心のお力添えありがとうございます
大国ミロク大社の比嘉良丸です。
10月8日の18時に関空にて一緒に御神事をする方と合流しそのまま四国を一周する御神事を行い、10月11日の朝に奈良に到着。そのまま、奈良を御神事。
12日には奈良での勉強会、翌日13日には新月の御神事を終えた後、23時30分頃より九州の普賢岳へ向けて出発しましたが、運転途中に、九州へ行く前に当初の予定とは異なるが、必ず立ち寄り祈りをするようにといくつかの場所を伝えられました。その為、当初の順序を飛び越えての行程となりました。
まず、琵琶湖(長浜)比叡山、京都鞍馬山、大阪城までの御神事を行い、14日の20時に大阪から九州の普賢岳へ向かいました。翌15日、朝6時から普賢岳にて祈り、そこから玄海原発へと移動、9時に玄海原発付近にて祈りを行いました。
玄海原発から島根原発に向かい、途中、高速道路上の壇ノ浦にて祈りを行い島根原発に午後3時過ぎに到着。無難無事故の祈りを行いました後、17時30分頃には、島根を出発。米子自動車道を通って岡山の大山を祈り、福井の高浜原発に向かいます。
当初は、一か所一か所にてじっくりと祈りを行う予定でしたが、それですと、どうしても大阪口伝えの時間に間に合わない為、高浜、美浜と現地では挨拶の祈りを行い、敦賀原発に向かい、敦賀にて両原子力施設の無難無事故を祈ります。
敦賀原発からは、石川県志賀原発へ向かい、その後は、新潟県柏崎刈羽原発へ移動し祈ります。
そこからは、磐梯山を経由して、宮城県の女川原発へと移動。小さな地震が頻繁に起きておりますことからも、無難無事故の祈りを行います。
宮城県女川原発から、茨城の東海第二原発へ向かい、無難無事故を祈り、その後は、静岡県浜岡原発へ移動。浜岡原発から大阪の口伝え会場へと移動。夫婦で、交互に運転して周ってゆきます。
各原発においては、無難無事故、人災無きように、天災の被害が無きようにという事を願い祈りしてまいります。
現在伝えられておりますのは、日本の東と西で、自然の動きが大きく動こうとしている事。その影響もあり、政治経済といった世の中の動きも一気に動こうとしております。この連鎖が、悪しき流れ、戦争に進むことが無いように、流れを断ち切るための御神事になります。

最後に、大変恐縮ではございますが、御神事が滞りなく務めることが出来ますようご支援いただけますと大変ありがたく思います。
急な行程の変更、再度行程の行い直し、追加を伝えられ、9月10月の1か月半で1万5千kmを超える距離を走り、車のオイル交換を月に2回は交換しなければならない状況となってしまいました。
総走行距離25万kmを超え、メンテナンスは、しっかりと行っておかないと心配な面が多々あると共に、燃料費や高速料金も膨らみ厳しい状況となっております。
この後も、滞りなく御神事を努めて行く事が出来るよう、どうか皆様の真心のお力添えいただけますよう。
よろしくお願いいたします。

比嘉良丸
比嘉りか

参考地図*概ねの移動行程となります

20151015移動行程

1・奈良/2・滋賀県琵琶湖(長浜)/3・京都比叡山/4・京都鞍馬山/5・大阪府大阪城
6・長崎県普賢岳/7・佐賀県玄海原発/8・壇ノ浦/9・島根県島根原発/10・鳥取県大山
11・福井県高浜原発/12・福井県美浜原発/13・福井県敦賀/14・石川県志賀原発
15・新潟県柏崎刈羽原発/16・宮城県女川原発/17・茨城県東海第二原発/
18・静岡県浜岡原発/19・大阪口伝え会場

**参考資料:各場所の走行距離と時間**

・奈良~滋賀県琵琶湖(長浜)>127km/約2時間
・滋賀県琵琶湖(長浜)~京都府比叡山>103km/約1時間36分
・京都府比叡山~京都府鞍馬山>25km/約1時間 
・京都鞍馬山~大阪府大阪城>68km/1時間30分
・大阪府大阪城~長崎県普賢岳>723km/10時間
・長崎県普賢岳~佐賀県玄海原発>144km/約3時間
・佐賀県玄海原発~島根県島根原発>514km/約7時間
・島根県島根原発~福井県高浜原発>356km/5時間
・福井県高浜原発~福井県美浜原発>71km/1時間30分
・福井県美浜原発~石川県志賀原発>211km/3時間
・石川県志賀原燃~新潟県柏崎刈羽原発>253km/3時間30分
・新潟県柏崎刈羽原発~宮城県女川原発(猪苗代経由)>417km/5時間30分 
・宮城県女川原発~茨城県東海第二原発>298km/約4時間30分
・茨城県東海第二原発~静岡県浜岡原発>364km/約5時間
・静岡県浜岡原発~大阪口伝え会場まで>319km/4時間

*今回奈良からの御神事の移動距離>3993km

**祈りの和information**

★★政治経済情報★★
こころのかけはし 政治経済チームからの記事が掲載されています。
マイナンバーについてや安保法案が通った事からどのようの展開が考えられるのか。良丸氏の啓示と現状を照らし合わせまとめたレポートです。戦争の道へと進む事が無いようにするには。
どうぞご覧下さい
政治経済チーム記事サイト※下記の画像をクリックしていただくとページに移動します
icon-seikei1

まだ、会場には若干の空きがありますので、ぜひご参加下さいませ。
お待ちしております。

★10月17日(土)口伝え 大阪
申込みサイト>※下記画像をクリックしてください。申込みサイトに移動します
mousikomi1

★10月18日(日)学びの和 大阪勉強会
申込みサイト>※下記画像をクリックしてください。申込みサイトに移動します
申込み

こころのかけはし祈りの和~大阪 口伝え 締め切りせまる!

2015.10.15.14:18

いつも真心のお力添えをありがとうございます。

10月17日(土)に行われる 口伝え in 大阪の申し込みが、本日21時に、締め切りになります。
ご自身を守護する存在 導く存在。
ご自分の人生をより良き未来となるように
現在の状況や直面している問題を良き方向へと進むきっかけを 
存在から伝えていただいてはいかがでしょうか?

残りあと1席!

是非お申し込みくださいませ。
こころのかけはし事務局

☆ 大阪口伝え 本日締め切り!
お申し込みはこちらをクリック!

現在の状況について

2015.10.13.12:15

新暦10月13日(旧暦9月1日 戌 壬 先負)

いつも真心のお力添え、ありがとうございます。
これまでの御神事の行程をお伝えさせていただきます

10月9日18時・足摺岬、22時・桂浜、0時・室戸岬、夜中3時・蒲生田岬、10月10日の明け方5時35分に徳島のフェリー乗り場へ到着し、和歌山へと移動しました。

足摺岬から桂浜に向かっている途中、神々のやり取りが始まり、私自身、意識がそちらへと移行したので、運転を妻に変わってもらい、やり取りを始めました。
かなり長い間行われ、桂浜では、私自身は祈りには参加せず、そのままやり取りをしておりました。妻達が祈りから戻りましたが、やり取りが終わらず、妻にそのまま運転してもらい、室戸岬の方へ向けて出発をしました。
室戸岬にて祈り御神事の後は、徳島県蒲生田岬へ出発しました。
蒲生田岬から徳島フェリー乗り場へ移動中に、再び、やり取りが始まりそちらへ意識が移行した為、妻と再度運転を変わり、やり取りに集中する事となりました。
神々とのやり取りですが、足摺岬では、九州の日向灘、大分佐伯、高知の柏島、足摺岬、唐人駄場、豊後水道、琉球海溝、南海トラフ、その結び目にて連鎖連動の動き、バランス調整、九州と四国の豊後水道による海流の仕組みについて、愛媛の佐田岬、大分県佐賀関の中央構造線の動きの連鎖連動について、更に、愛媛県佐多岬は瀬戸内の繋ぎについて、
愛媛県松山市大浦(伊予とお伝えしておりましたが、祈りましたポイントとしてはこの地域になります)にては、瀬戸内火山帯と瀬戸内海、豊後水道についてといった、これらの連鎖連動の状況、バランス調整等を中心にやり取りをしました。

土佐桂浜では、かなりやり取りが込入った為なにも出来ませんでした。
次の室戸岬では、南海地震、東南海地震についてやりとりをしました。
それらの地震が起きた時の津波の動きやそれに関連する動きの流れ、紀伊水道の四国と紀伊半島の間、紀伊水道の沖合で東南海地震が起きた時は、15分ぐらいのかなり長い地震が 起きて想像をはるかに超えた津波が起きるビジョンを見せられました。
室戸岬から蒲生田岬に移動した際には、蒲生田岬は紀伊水道の入口ですので、地震が起きた際には、そこでどういった抑えをするのか、津波に対しては、どうのようにエネルギーを分散するのかという事を聞かされました。
蒲生田岬から徳島のフェリー乗り場に移動している際に、改めて強くこの内容を伝えてきました。その為、妻と運転を変わり、また、やり取りに入りました。

徳島のフェリー乗り場では、四国側で中央構造線の祈りをしなければならなかったのですが、蒲生田岬からのやりとりが終わらず、ずっとやり取りが続き、和歌山に着くまで続きました。
徳島から和歌山へ10月10日の早朝に到着。和歌山県紀ノ川河口での祈りの際には、徳島から紀伊水道のフェリーの移動の中に引き続き、中央構造線と東南海地震、瀬戸内火山帯の事(地震の事に焦点を当てて)を伝えられてきました。

神々から、13日新月の御神事を行うにあたって、今回伝えていることを含めて欲しいという事を伝えてこられましたので、今後の御神事に取り込むことなります。

どうか、皆様の真心のお力添えを頂けますようお願い申し上げます。

大国ミロク大社
比嘉良丸

14日からの行程

**14日午前1時からの行程***
1・奈良/2・岡山県久須美鼻/3・広島尾道/4・長崎県普賢岳/5・長崎県野母崎/6・玄海原発/7・福岡県しかうみ/8・山口県長門市青海島/9・島根県日御碕/10・鳥取県大山
11・京都府久美浜湾/12・福井県高浜原発/13・大飯原発/14・美浜原発/15・もんじゅ
16・敦賀原発/17・滋賀県長浜琵琶湖/18・大阪(口伝え・勉強会)


**祈りの和information**

★★政治経済情報★★
こころのかけはし 政治経済チームからの記事が掲載されています。
マイナンバーについてや安保法案が通った事からどのようの展開が考えられるのか。良丸氏の啓示と現状を照らし合わせまとめたレポートです。戦争の道へと進む事が無いようにするには。
どうぞご覧下さい
政治経済チーム記事サイト※下記の画像をクリックしていただくとページに移動します
icon-seikei1

まだ、会場には若干の空きがありますので、ぜひご参加下さいませ。
お待ちしております。

★10月17日(土)口伝え 大阪
申込みサイト>※下記画像をクリックしてください。申込みサイトに移動します
mousikomi1

★10月18日(日)学びの和 大阪勉強会
申込みサイト>※下記画像をクリックしてください。申込みサイトに移動します
申込み

こころのかけはし祈りの和~現在の状況について 10月9日

2015.10.09.17:22

新暦10月9日(旧暦8月27日 戊 午 仏滅)

皆様 日々の祈り合わせに誠真心をおよせいただきありがとうございます。
本日は、比嘉御夫妻の現在のまでの行程を紹介させて頂きます
こころのかけはし 事務局

************************************

一昨日、千葉県野島岬から東海地方の伊豆半島を移動している際に、
富士五湖での地震の力を抜く祈りをするようにと伝えられ石廊崎にて
祈りを行いました。
その御神事の後、昨夜18時から大阪で一緒に御神事を行う方を迎えて、
その足で兵庫県淡路島、香川県白鳥、愛媛県伊予まで御神事を行いました。
朝日は、愛媛県石鎚山のパーキングにて行い、7時30分に愛媛県伊予で祈り御神事を行いました
愛媛県佐田岬の先端まで行き、中央構造線の力の分散分割を祈り、
12時に御神事を行いました。
その後、高知県柏島、唐人駄馬、足摺岬、土佐港、徳島県蒲生田、
徳島からフェリーで中央構造線のラインを祈りながら和歌山県に渡り、紀ノ川、そして奈良へと移動します。
唐人駄馬にて琉球海溝、南海トラフ、中央構造線、瀬戸内火山帯、白山火山帯、霧島火山帯、西日本全体の自然界のエネルギーの分散分割の祈り御神事を行ってまいります。。
どうか、真心のお力添えをいただけますようお願いいたします。
また、ご支援、ご協力を頂けますようお願い申し上げます。

比嘉良丸

*地図の番号と場所*赤字追加
1大阪関西空港 2淡路島の明石大橋下 3ランプロファイヤ岩石 4石鎚山 5伊予灘 6佐多岬 7柏島 8唐人駄馬 9足摺岬 10土佐港 11蒲生田 12徳島 13フェリーにて和歌山 紀ノ川 14奈良
※唐人駄馬は、ほぼ、足摺岬と同じ場所です。

①大阪関西空港 ~ ②淡路島明石大橋下 169Km 4時間25分
②明石大橋下 ~ ③ランプロファイヤ岩石 45Km      58分
③ランプロファイヤ岩石 ~ ④石鎚山     130Km  3時間20分
④石鎚山 ~ ⑤伊予灘             88.7Km  2時間 7分
⑤伊予灘 ~ ⑥佐多岬             67.2Km  1時間35分
⑥佐多岬 ~ ⑦柏島               178Km 3時間54分
⑦柏島  ~  ⑧唐人駄場           60.9Km 1時間34分
⑧唐人駄場 ~ ⑨足摺岬            8.3Km    24分
⑨足摺岬  ~  ⑩土佐港            165Km   3時間32分
⑩土佐港 ~ ⑪蒲生田             63.3Km 1時間34分
⑪蒲生田 ~ ⑫徳島              102Km 2時間 7分
⑫徳島 ~ ⑬フェリー乗り場           24.1Km   40分   
⑬フェリー乗り場 ~ ⑬和歌山紀ノ川    61.6Km   3時間12分
⑬和歌山紀ノ川 ~ ⑭奈良           101Km   2時間16分

☆ 総走行距離  1264.1Km  
           
10月9日行程

こころのかけはし祈りの和~現在の状況について

2015.10.08.10:32

新暦10月8日(旧暦8月26日 丁 巳 先負)

皆様 日々の祈り合わせに誠真心をおよせいただきありがとうございます。
本日は、比嘉御夫妻の現在のまでの行程とこれからの予定、
10月5日3時の祈り合わせで伝えられたお言葉を紹介させて頂きます
こころのかけはし 事務局
*********************************************************************************************
いつも真心のお力添えありがとうござます
大国ミロク大社の比嘉良丸です
10月に入ってから東北での地震が多く、宮城県沖だけで震度1~3の間ですが、
10月3日:1回/4日:3回/5日:1回/6日:4回/7日:2回と
頻繁に起きております

今回、東海第二原発に行く前に、女川原発に行った方が良いのではないかと
神々と相談しておりましたが 
東海第二原発の朝日に合わせて動くようにと強い支持を受け、
そのように致しました。
東海第二原発にて朝日の御神事を行い、その後、大洗・千葉の犬吠埼、
九十九里浜、野島岬、海ほたると
御神事をしながら移動しました。城ヶ島までは、体力も限界にきており
行くことが出来ませんでした。
妻と合流し、御神事を行い、6日の晩は、一旦宿を取りましたが、
結局、一晩中神とのやり取りとなりました。

何故なら、先ほど書きました、宮城県で地震が群発して起きていることに
私自身不安を取り除くことが出来ず、妻も合流した事ですので
女川に行った方が良いのではないかと思い、そのことを神々に打診しました。
すると、東海から東南海に向けての御神事を伝えた指示通りに動けという
返答が返ってきました。
野島岬・海ほたる・城ヶ島・真鶴・熱海・下田・石廊崎・堂ヶ島・富士川河口・
三保の松原・御前崎・浜岡原発・
天竜川河口・渥美半島伊良湖のルートを行えと強く伝えられてきました

しかし、どうしても宮城県が心配だという事を伝えたところ、では、
お前は宮城まで行ったら北海道まで足を延ばすことが
出来るのかと聞かれました。
北海道まで足を伸ばして、10日には奈良に戻るという事は
可能なのか問われました。
10月中旬には、何かが起きる可能性が高いと伝えられておる。
根室や釧路、襟裳、有珠山辺りで動く事が連鎖となり、泊原発が大爆発すると
啓示で伝えられているのは忘れたのか。
肉体が一つしかないのに奈良と北海道と同時に出来るのか。
今回我らが、台風等の形で清め改めを行おうとしている。と伝えてきました。
これに対して私は、茨城・常総では、あれだけの被害が起き、
その被害が収まっていないのに台風の清めの働きが動くと、
人間の希望の心を折ってしまいます。
北海道は、きちんと行きますので、清めをあまり強いものと
ならないようにと願いました。
すると、本当に、緩やかなる動きにして、それで今抱えている自然災害の回避
、先送りと政治の混乱、経済の混乱の回避し、
善きものにするという事が出来るのか。
事前に台風の動きというのは予測がつき解るのであるから、
自らの命、大切なものを守る、
防災という事を行う事で被害を小さくすることが出来るであろう。
今の形では出来ないのでやり直しを伝えられたのに忘れたのか。
つべこべ言わず、指示した場所を動け、と神からたしなめられました。
その為、女川原発は、断念し、伝えられている東海、東南海、南海地方、
四国と残りの西日本の全体の動きを先に行う事となりました。

さて、北海道には18日の大阪の勉強会が終わった後、
19日は病院で、その後、向かう事になります。
北海道を一周し、本州に戻り東日本を太平洋側から時計回りに一周し日本海側、
竜飛岬へと上がる御神事になります。

神々より、台風という形で自然災害や人災、政治経済の混乱などの要因を、
まず先送りしておくから、今言われていることを行いなさいと、
改めて強く指示され、その通りに行動御神事しておりますが、
宮城県沖の地震の群発が大変心配なので、
私たちは毎日の祈りの際に、無事を祈っております。
皆様には、どうか共に平穏・平安・安定の祈り合わせに
参加していただけますようにお願い致します。
呼びかけました時間に、いる場所からでかまいませんので、
どうか、お力添えいただけますようお願いいたします。
ご支援、ご協力を頂けますようお願い申し上げます。

走行距離
東海第2原発 ~ 千葉県犬吠埼 100 Km 2時間21分
千葉県犬吠埼 ~ 九十九里浜  49.9 Km 1時間12分
九十九里浜 ~ 野島岬       107 Km 2時間30分
野島岬 ~ 海ほたる(東京アクアライン)  163Km 4時間 6分
海ほたる ~ 神奈川県城ケ島  82.8 Km 2時間40分
城ケ崎 ~ 静岡県錦ヶ浦     89.2 Km 2時間54分
錦ヶ浦 ~ 静岡県石廊崎     87.7 Km 2時間16分
石廊先 ~ 富士川河口      112 Km 3時間 2分
富士川河口 ~ 静岡県御前崎 99.1 Km  1時間57分
御前崎 ~ 浜岡原発       11Km       19分
浜岡原発 ~ 静岡県天竜川河口 35.2Km   52分
天竜川河口 ~ 愛知県伊良湖 80.1Km 1時間40分

総走行距離  927.8Km

10月8日地図


比嘉良丸
比嘉りか

10月5日 3時の祈りのお言葉

今は正に 正念場の時 
善き未来へと願い 祈る 人 未来 決して忘れることなく 進みゆかれよ
きちんとした 日々の暮らし 歩みなれば 
人の子の 日常 当たり前のように 思えるその日常が 大切なことである
それを 決して忘れることなく 歩みゆかれよ
それが 今を以てしても 分からないとゆうのであるならば 人々は 自らにおいて それを知るための 
恐ろしき状況へと 進みゆかなければなるまい
けれどもそれは 人のみならず 多くの生きとし生けるものをも 巻き込み しいては 地球をも 巻き込み 
混乱を 招きゆくものとなるのだ

これには 傍観視するものはなく もれなく皆 巻き込まれゆくことに繋がるであろう
人々よ 善き未来へと 進みゆくにあたり 大切な物事が 何であるのかは 決して忘れてはいけない
しっかりと 物事に 目の前にあるものや うわべだけのもの
それらに 踊らされることなく 真髄 真偽を しっかりと見極めることは大切である
惑わされることなきように 本来 一体 何故そのようなことが起きたのか 
その真偽 真髄は 理解 知らなければいけない

よいか 善き未来へと 進みゆく道のりを 
生きとし生けるものと共に 歩みゆく未来を 決して忘れてはいけない
そこから離れた後に 人々は まるで浮き草のように 方々へと 根無し草のように 漂いゆく
掴まる所も 根を下ろす所もない場所 そのような世の中 そのような未来に ならないためにも
目指す未来へ向かうための 今を準備すること 大切であろう

人の子らよ
自尊心 プライド
それらに 流されることなきように
謙虚さと 慎ましやかなるその心 精神 意識は
しっかりとした土台と 希望を作りゆくものでもある

今日が 学びであろう
人の子らは 生涯 学びであろう
善き未来を 見失うことなく しっかりと 進みゆかれよ



こころのかけはし祈りの和~10月3日 3時の祈り合わせ

2015.10.06.15:18

10月6日(旧暦8月24日 乙卯 先勝)

皆様 日々の祈り合わせに誠真心をおよせいただきありがとうございます。
本日は、10月3日3時の祈り合わせで伝えられたお言葉を紹介させて頂きます。

***********************************************

何故 調和というものが 夢物語のように 捉えられてしまうのであろうか
いや 何もかもが 人間に 人々に 何故 現実味をもたらすことが出来ず 
そして まるで絵空事のように 思われてしまうのであろうか
人々は これから先も 自らの未来を 作り上げゆかなければなるまい
生きるとゆうことは そのような意味であろう
それは 今とゆうこの 現実であり 時 時代であり 今の この世の中であるのに
そして これから先に進みゆくにあたり それもまた いつしか時が経てば 自らの現実になりゆくのに
時が経ちゆき 子や孫が出きゆけば その者達の現実にも なりゆくのに
今とゆう現実を見つめずして 今とゆう世の中の流れを しっかりと受け止めること出来ずして 
どのような未来を 創るとゆうのか
今という時 この流れを しっかりと その心の眼(まなこ)を開き 見ゆかねばならない
戦 争いではない世の中へと 進みゆかせゆくためにも 
何よりもそれは 人間だけではなく 生きとし生けるもの全てのための 回避になりゆくのである
人間達は 出来る筈であるのに
争いごとを 起こさずして 共に協力し合い 未来を切り開きゆくことを 
利益の優先ではない 協力とゆう形において 未来を 切り開きゆくことを 人間は 出来る筈であるのだ
善き道 善き未来へと 進みゆく未来を 
それは 自らだけではない 繋ぎ続けられてゆく 命達のための 現実 世の中 未来であるのだ
善き未来を しっかりと進みゆくためにも 今を 変えてゆかなければいけない
守るべきものは しっかりと守りゆかなければなるまい
今を見つめ 未来を想い 善き未来へと進ませゆくための行動を 今 起こさなければならない
きちんと 知るということ 大切なことになりゆく

more...

現在の御神事の状況について

2015.10.06.09:00

10月6日(旧暦8月24日 乙卯 先勝)
東海第二原発の日の出 5:36
近くの日立の潮:03:59干潮/12:17満潮

いつも真心のお力添えありがとうございます。
大国ミロク大社の比嘉良丸です。

昨日10月5日。九州のやり直しの御神事を終えて、その御神事で九州最後の場所となる佐賀関にて、九州から四国に繋がる中央構造線のラインに沿って祈り、御神事を行い、10時のフェリーの便で、佐賀関から愛媛県の佐田岬に向かいました。
佐田岬には、11時20分に到着。ここで中央構造線に沿った祈り御神事を四国側より再度行った後、伊方原発に向かいました。
伊方原発でPRセンターの駐車場から動画配信をしながら祈りをする為配信をしましたが、突然の鼻血と強い啓示で、そこから出るように言われ、その場を去りました。
その後、改めて強い啓示が来て伝えられてきたのは、その足で、関東茨城県の東海第二原発の浜にて、朝日の祈りを行えという御神事の変更の指示が来ました。
いきなり四国から関東までの変更の指示でしたが、
その内容は、先月9月17日の東海第二原発での祈りを行った際、大きな自然災害が起きるが、外国で引き受けると伝えられチリでの地震がありました。
しかし、完全に回避、解消ではないという事から、その後の御神事で、何とか分散分割・先送りとなるよう、御神事を行ってきましたが、それでも今月の新月の前10月10日辺りが、危険であると伝えられてきました。
それをきちんと抑える為、急遽茨城県まで足を延ばして、御神事を行え、確実に日の出に合わせよ、と強く伝えられてきました。
この時の私の感覚、啓示を受け取った感覚なのですが、2004年12月26日、丁度今回のように、日の出を浜岡原発の前の浜で行えといわれた時と同じ感覚がしました。
この2004年の時には、日の出に間に合わず、途中で意識を取られ、それがスマトラ地震に繋がったのですが、この時の感覚と類似した感覚を受けており、危機感を感じ、自分自身は危機感と緊張した状況にあります。

東海第二原発の朝日5時半の日の出に合わせてひたすら関東へ戻っておりますが、行く途中、中央高速から諏訪湖を寄り、東海第二に入るようにとの事なので、カーナビでは 4時40分ごろ到着予定と出ており、交通状況やトイレを考えるとぎりぎりの状況で戻っております。

さて、東海第二原発が終わりましたら、そのまま千葉県の犬吠埼、房総半島の野島崎、海ほたる、神奈川県城ヶ島と移動します。
そして、急遽、妻を呼びよせました。
さすがに、連続で長距離の運転と御神事を行っておりますので、体力が限界にきており、妻に予定を変更して本州入りしてもらい、この後は、運転を交互で御神事を続けてゆきます。
6日に、妻と合流した後、千葉で休憩し、朝一番に相模湾の真鶴、熱海、下田、伊豆半島の石廊崎、堂ヶ島、富士川河口、三保の松原、御前崎、浜岡原発、天竜川河口、渥美半島伊良湖、名古屋港、師崎、琵琶湖、大阪と進み、大阪で御神事を行う方と合流し、そこから次の御神事に向かいます。
今回は、九州をやりなおしした事によって 琉球海溝と南海トラフを抑える事が出来ました。特に伝えられてきておりませんので、なんとか出来たと思っております。急な御神事変更の啓示で、四国が動けませんでしたが、南海・東南海は、九州を行ったことにより何とか11月までは先送りできたと思っております。
今回は、関東、銚子沖、茨城沖、東京湾、相模湾、相模トラフ、駿河湾、駿河トラフ、富士火山帯、東海地震が起きて南海トラフと関東から東北・北海道までの連鎖連動を抑える為の御神事となります。

6日から祈り合わせを呼びかけて参りますので、呼びかけがありました際には、その時間に共に願い祈りいただけます方は、どうかお力添えいただけますようお願いいたします。

比嘉良丸
比嘉りか

※補足※移動距離※
20151005 良丸 変更後移動行程

赤線:伊方原発後変更の行程/伊方原発~(770.3km)~諏訪湖~(324.5km)~東海原発:以降紫線~(97.5km)~犬吠埼~(173.2km)~房総半島野島崎~(151.5km)~城ヶ島・・・ここまで1517km

合流後青線:海ほたる~(111.7km)~真鶴~(13.7km)~熱海~(73.6km)~下田~(16.6km)~石廊崎~(38.3)~堂ヶ島~(90.3km)~富士川河口~(31.5km)~三保の松原~(74.1km)~御前崎~(8.6km)~浜岡原発~(38km)~天竜川河口~(80.9km)~伊良湖~(143.4km)~愛知県師崎~(153.7km)~琵琶湖~(120.9km)~大阪・・・合流後ここまで883.6km

・伊方原発から大阪まで:約2400.6km

★★政治経済情報★★
こころのかけはし 政治経済チームからの記事が掲載されています。
マイナンバーについてや安保法案が通った事からどのようの展開が考えられるのか。良丸氏の啓示と現状を照らし合わせまとめたレポートです。戦争の道へと進む事が無いようにするには。
どうぞご覧下さい
政治経済チーム記事サイト※下記の画像をクリックしていただくとページに移動します
icon-seikei1


**祈りの和information**

まだ、会場には若干の空きがありますので、ぜひご参加下さいませ。
お待ちしております。

★10月11日(日)学びの和 奈良勉強会
申込みサイト>※下記画像をクリックしてください。申込みサイトに移動します
mousikomi1

★10月17日(土)口伝え 大阪
申込みサイト>※下記画像をクリックしてください。申込みサイトに移動します
mousikomi1

★10月18日(日)学びの和 大阪勉強会
申込みサイト>※下記画像をクリックしてください。申込みサイトに移動します
申込み

本日の3時の祈り合わせについて

2015.10.05.14:30

新暦10月5日(旧暦8月23日 甲寅 赤口)

先ほど夫より連絡があり、3時の祈り合わせにて次の内容を祈ってほしいと伝えられましたので、皆様へとご連絡いたします。

**夫良丸より連絡**

私の見たフェリーの時間が間違っており思ったより早く伊方原発に着きました。
フェリーが到着した愛媛の佐田岬では、豊後水道と瀬戸内海の祈りを行いました。
佐多岬は中央構造線の上にありますので、中央構造線と瀬戸内火山帯の両方の祈り、御神事を行った後、伊方原発へ向かい、施設のPR館の駐車場にて動画配信を行いました。
配信している途中で、鼻水が出てきたと思ったらいきなり鼻血が出てきました。
動画配信中だったので、一旦配信を打ち切り、鼻血がおさまってからもう一度配信しようとしたら、
その場から早く立ち去れ、早く移動せ、と強い啓示が伝えられ、今、伊方原発を後にしています。
立ち去る前に、何故、立ち去らなければならないのか立ち去る理由をしつこく確認したのですが、何も返答が なく、ただ、立ち去れとしか伝えられてこない。
地震や事故ならば、小難無難の祈りをしたいと伝えたのですが、いや早く立ちされと、それ以上の事は伝えられてきませんでした。
動かずにいようとすると鼻血がまた増え、挙句に節々が痛くなってきたので、解りましたと伊方原発を後にしました。
移動したら、鼻血がおさまり、体の痛みもおさまりまして、今もそのまま移動しております。

理由が解らないために何を祈っていいのか、焦点が当てられないのですが、とにかく、天災、人災、テロを含め、事故事件、その厄災、災いが起きないように。もし、災いが起きるのであれば、無難になるようにという事を思いながら移動しております。
3時の祈り合わせにて共に願いいただけます方々におかれましては、どうか、この内容において、無難無事故、いかなる厄災、災いが起きないようにと共に願い祈りいただけますようお願いいたします。

**以上**

上記の連絡が入りました事を受けて、3時の祈り合わせはこの内容について祈りを行います。
その時間に、いる場所からでかまいません。
伊方原発の無難無事故。人災厄災が起きないようにという事を願い祈りいただけますと幸いでございます。
皆様の真心のお力添えのほどを宜しくお願い致します。

比嘉りか

**祈りの和information**

まだ、会場には若干の空きがありますので、ぜひご参加下さいませ。
お待ちしております。

★10月11日(日)学びの和 奈良勉強会
申込みサイト>※下記画像をクリックしてください。申込みサイトに移動します
mousikomi1

★10月17日(土)口伝え 大阪
申込みサイト>※下記画像をクリックしてください。申込みサイトに移動します
mousikomi1

★10月18日(日)学びの和 大阪勉強会
申込みサイト>※下記画像をクリックしてください。申込みサイトに移動します
申込み

こころのかけはし 祈りの和
比嘉りか

こころのかけはし祈りの和~奈良 学びの和のご案内!

2015.10.05.14:30

皆様 日々の祈り合わせに誠真心をおよせいただきありがとうございます。

本日は、10月1日3時の祈り合わせで伝えられたお言葉、
ブログ・メルマガにてお伝えいたしております奈良勉強会のご案内をさせて頂きます。
*************************************************************************

比嘉りか氏の10月1日 3時の祈り合わせにて伝えられた言葉

人々よ 世の中とは そなた達はどのように思っているのか
誰かが為しているもの 一部の者が 決めておるものと 決めつけているのではないか
よいか 決してその様なものではない
一人ひとりが 民衆 一人ひとりが
平和であること 安心して暮らしてゆくことのできるその世の中 社会を求めることは
命として 当たり前のことであろう
これより更に未来へと進みゆくにあたり 平和や 調和 協力 
心や 精神の安定とゆうものは 大切なものになりくる
そう 何故ならばこれより先 人々の 精神の安定 安らぎ 
とてもそれは大切なのだ
今でこそ 皆 薄々感じ 大切であるとも理解していよう
けれども 本当に これから先 心の平安や 安定 精神の穏やかさ 安定とゆうものは 大切なことになりくる
つつがなく日々を過ごし続けゆくためにも そしてそれを得るために
人々が 為さねばならぬことは 戦 争いではない
そのような状況下に置かれ 人々の心が 穏やかなるものであるなどと
決して 訪れないものである
よいか 調和と 協力により 
人々は 安心と安定を得ることが出来る
人々は 国の枠を超えて 繋がることも出来よう 協力することも出来よう
一部の者達の 私利私欲や しがらみに囚われることなく
人々よ 国の枠を超え 人種の枠を超え 
共に 平和を愛する 安心して暮らしてゆくことの出来る世の中を目指す 同志として 友として 
育みゆく 命達を 守るもの達として 友として 協力し合うこと 
国 人種 性別 年齢 宗教の枠を超えて 出来る筈である
これを 行わなければならない
よいか 人々よ 国の枠を超えて しっかりと 協力し合うことは
他ならぬ 多くのもの達もまた 心より 願うものでもある
一部の 権力の者達 そのような者達が すべてを動かしゆく訳ではない
自らの この星に生まれた その命の意味を知り
共にこの 星に生きゆく 一つの 友として 
枠を超えた協力を 共に進めゆくことは 大切なことになりゆこう

******************************************************************

今週 10月11日(日)奈良勉強会を開催いたします。

皆様の大切な家族や大切な方々が平和で穏やかな日々を笑顔で過ごせますように
良き未来を願い祈り、共にお心を合わせていただけますようお願い申し上げます。
皆さまの誠真心からの願い祈りは、大きな後押しとなり良き未来へと繋ぎ行く事が出来ます。

ブログ・メルマガ・動画では、お伝えできない啓示の内容を
勉強会にて 良丸氏の啓示に基づいて現在の世の中の状況を皆様へお伝えいたします。
他では聞くことができない貴重な勉強会になると思います。

是非、御参加下さいませ

奈良勉強会 詳しくはこちらから クリック!

こころのかけはし祈りの和~昨日~今日にかけての行程と予定と9月30日のお言葉

2015.10.05.12:05

新暦10月5日(旧暦8月23日 甲寅 赤口)

いつも真心のお力添えをありがとうございます。
本日は、良丸氏の昨日~今日にかけての行程と予定をお知らせします。
こころのかけはし 事務局
********************************

いつもお力添えありがとうございます。
比嘉良丸です。
昨日、九州で御神事を行い、大分県佐伯、佐賀関から愛媛に渡る予定でした。
しかし、佐伯で日の出の御神事を行っていた際に、御神事のやり直しを伝えられました。
そのままやり直しをせずに強行すれば、沖縄本島を中心に琉球列島全域に
とてつもない被害が起きると伝えられてきました。
それは、琉球列島火山帯から霧島火山帯及び沖縄トラフに繋がり、九州から沖縄に繋がるもので、
震源地は、沖縄本島西海岸寄りで起こると伝えられてきました。
それが起こると、九州鹿児島から四国、沖縄南西諸島の奄美からトカラ列島までの
大きな被害をもたらす引き金になる、と伝えられてきました。

何度か、琉球列島を中心に沖縄~九州にかけての火山帯で地震が頻発する。
そして、10月9日か10日辺りに八重山諸島辺りで地震が起きたら、
数分から数時間後に琉球海溝がプレート型の地震を引き起こし、これが南海トラフと連鎖連動し、
台湾から関東までの2000キロを超える距離に渡る大きな地震が連鎖連動して起きる。
これまでに類のない大きな災害が起こる事になるがよいかと言われました。

やり直しの理由は、私が日付の干支「子」を「亥」と間違えたからでした。
私は、10月2日から徹夜で、神に言われた時間に大隅半島佐多岬に到着できるよう仮眠もとらず、
足もつりながらの強行軍でなんとか指示された時間に指示された場所に到着し、御神事を行いました。
言われた時間に大隅半島佐多岬に到着することが出来、達成感の中御神事を行いました。
その強行軍での疲れと寝不足、運転する事での緊張で間違えたと、説明をしましたが、
神は、このような間違いが起きるのは、私の確認不足、認識不足、危機感不足だと言われました。
もしも、やり直しを行わずに強行するなら、前記した災害が起こるがよいかと伝えられました。

その為、昨日、朝の祈りを済ませた後、10月2日から御神事を行ってきた九州の行程を逆回りに
、佐伯~日向~都井岬~大隅半島佐多岬と周りました。
佐多岬では夜になっており、展望台に入ることが出来ず、また足もつっている事から、
何とか進める場所まで進み、その場所での御神事を神にお願いし、祈り神事をいたしました。

佐多岬から戻り、桜島そして薩摩半島開聞岳で祈り南下、川内原発~長島へ行きお祈りし、
熊本阿蘇山で祈り、再度、大分の佐賀関から本日伊方原発へ向かいます。
午後1時30分頃に伊方原発に到着予定ですので、そこから動画配信を行う予定でおります。
愛媛宇和島では宿をとり、仮眠と啓示の整理を行いたいと思いますが、
ここまで、睡眠をほとんどとっていないので、熟睡してしまう可能性があります。
明日、正午に足摺岬で動画配信を予定しておりますが、
熟睡してしまった場合は、到達していない場合がありますが、その際には、正午にはいる場所から祈りを行います。
何卒ご了承頂けますようお願いいたします

比嘉良丸

*比嘉りか氏の3時の祈り合わせにて伝えられた言葉*
(9月30日の午後3時の祈り合わせより)

人の子らよ 善き未来へと 進みゆくに当たり
足元 支えてくれているもの その存在 それらを決して 忘れてはいけない
その足が 大地から離れた時 
人々は 全てを忘れることとなるであろう
自らの命の根源も 自らの命の在り方も 自らの命の進み方も
人生に於いての全てを 忘れることとなりゆくであろう
人々は 今を以てしても 命の存在や 空気 そしてこの 空 太陽 月 雨
全ての自然のものに対し 当たり前であるとゆう認識が まかり通っている
けれどもそれら全てが 本当に 意味あるものであり 
そして そなた達の命を 様々なる循環の流れに於いて 
支えているとゆうことを 忘れてはいけない
雨が降り注ぐ時も 命の水を与え続け 
山に雨が降り注ぎゆく時 山もその雨を受け取り
そしてそこから水が出り その水が 命を潤している 支えているものである
山を切り崩しゆけば その水を受け取る場所がなくなり 
命を支えゆくその水の湧き出(いずる)ものもなくなろう
掘り起しゆけば 水脈を変えゆき その水も 再び同じ所から出ることはなかろう
よいか 自然を 良く知るとゆうことは 
全ての物事に対し この地球上のことに対し
自然の営み 循環に対し 深き理解をするとゆうことでもあり
それは 何故ゆえに 水が湧き出のか
何故ゆえに 山に雨が降り注ぎゆくのか
そして その降り注いだ その雨が 多くの命を支える 泉となりゆくのか
その雨もまた 海が 太陽に熱せられ そして そこからの水蒸気に於いて 雲が発生し
雨が 山にぶつかり 雲が 山にぶつかり 雨が降りゆく
海が 汚れてゆけば 海の水が 少なくなりゆけば 海の塩分が 変わりゆけば
魚も 海藻も 貝類も 全ての物事が 変わりゆくのである
何でもかんでも 海が全てを綺麗にすると 思ってはいけない
底に溜まりゆくヘドロもまた 多くの命達の 食物にもなりゆく
微生物 貝類 魚類 哺乳類
海からの恵を 命に受けているのである

おのが命を 汚していることを よく理解するがよい
人の子らよ 自然界に対し 無知なまでに 何も考えずに行ってきた事は
巡り巡り 自らの命や身体を 汚していることになるのだ
もういい加減 これには気付かなければいけない
何でも 海に流せば 川に流せば 水に流せば 自らの目の前は 綺麗になりゆこうが
けれども 巡り巡りその汚れは 自らの身へと降りかかり来るのだ
どの様にしたら 自然を壊すことなく 汚すことなく
更には 浄化し 健全なるその自然を取り戻すことが出来るのか 
よく考えて 世の中を造りゆかなければなるまい
人間達よ 人の子らよ よく理解し 進みゆかなければいけない
自然との調和 自然との共存
これが 当たり前にならなければ 世の中は決して 救われることはなかろう

現在の御神事状況について

2015.10.04.10:30

新暦10月4日(旧暦8月22日 丑)
いつも真心のお力添えありがとうございます。
本日は、夫良丸より昨日までの御神事の状況について聞きました事と本日4日の朝に改めて連絡がありました内容を掲載いたします。
(連絡のまま掲載しておりますので、日付が前後しておりますが、ご了承くださいませ)

比嘉りか

**以下 連絡が来た内容です**

いつもお力添えいただきまして、ありがとうございます。
今日10月3日の動きは次のようになります。
昨日10月2日羽田空港から朝8時30分に出発し、皆様にもお伝えしましたが、本日の正午に宮崎県佐多岬へと向かうべく下関の壇ノ浦で御神事を行い移動しました。
啓示で時間指定があったのは、10月3日阿蘇山の夜中の3時、そして佐多岬の正午でした。 阿蘇の夜中3時の時間指定は、川内原発の近くにて本震が起きる前に前震が起きる。前震、本震と立て続けに起きる。前震が震度4か5が起き、その後に本震が来る。それを何とか抑えよと言われて、とにかく移動し、なんとか阿蘇で夜中3時から6時まで御神事を行いました。
その後、大隅半島の佐多岬を終えた後に、念の為に川内原発へ行こうとしたのですが、どうしても行くことが出来ず、とにかくいる場所から御神事を行いましたが、現実に震度2が起きてしました。(川内原発の北阿久根市にて震度4の地震がありました)
※実際に起きたこの地震については、現在その後の状況をやり取りして聞いております。しっかりと啓示が伝えられてきましたら改めて皆様へとお伝えしたいと考えております。

さて、今回の御神事は、本来9月29、30日に関東・茨城沖で本格的な地震が起きる完全回避せよという啓示に基づき、9月28日に満月の御神事を行い、翌29日、30日と関東でのご神事を行って地震の完全回避を行おうと29日に本州入りする予定でしたが、搭乗予定の飛行機の故障で欠航となり、振りかえて翌日30日に本州入りしようと変更しましたが、今度は、沖縄本島で大きな地震が起きると啓示があり、29日、30日は沖縄で回避の御神事の祈りとなりました。
30日に本州入りし上記の行程を行っております。一つは、霧島火山帯の動きに対しての御神事であり、桜島・普賢岳を抑える御神事であります。佐多岬からの祈りは、トカラ列島から沖縄までを抑える意味合いのある御神事でもあります。
都井岬、日向より日向灘を祈り、佐伯・佐賀関・愛媛の佐田岬・伊方原発の祈りは、琉球海溝と南海トラフの連鎖連動を防ぐ為でもあり、中央構造の動きを抑える為の御神事でもあります。

ここで明日からの御神事の移動行程をお伝えします。

大隅半島から都井岬・日向灘・佐伯(大分)・佐賀関・愛媛の佐田岬・高知の足摺岬・海岸沿いを移動しながら高知の室戸岬・徳島からフェリーに乗り和歌山県紀伊半島先端の潮岬・鳥羽から渥美半島伊良湖・名古屋第二京阪を通って御在所・奈良・8日に関西国際空港にて妻と合流・その後、琵琶湖・京都・大阪・奈良の御神事・勉強会(10月11日)を予定しております。 この8日までの一連の行程が、南海地震・東南海地震を抑える御神事となります。

奈良の勉強会が終わった後、神戸から淡路に入り、鳴門から愛媛の松山、豊後水道と瀬戸内の境目で御神事をして、今治に戻り、今治からしまなみ街道渡り、広島から再び九州に入ります。熊本の八代・川内原発と祈り、薩摩半島の先端まで御神事を行います。 鹿児島と熊本の県境の長島から天草・島原・普賢岳へとフェリーにて渡り、長崎の先の端野母岬・佐賀県玄海原発にて祈り、本州へ移動、下関から日本海側方面へ周り、福井まで移動、琵琶湖に行き、大阪に入り大阪の勉強会を行うという流れになり、この行程が、白山火山帯と瀬戸内火山帯を本州側と四国側に対しての御神事、西日本の御神事になります。

**10月4日の朝の連絡**

おはようございます。
いつも真心のお力添えありがとうございます。
今朝、昨日行った祈りの中で、その日の干支(日々の中にも十二支の干支があります)を間違っていたと神よりお叱りを受け、まだ、九州にいるのだからもう一度逆回りで御神事を行ってきなさいと伝えられ、これから、逆まわりで行った場所場所と追加で薩摩半島と川内原発も行くようにと指示されましたので、そちらへも祈りに行ってまいります。

九州を逆回りに回った後には、大分の佐賀関より愛媛へとフェリーで入り、その後の行程は先にお伝えしている内容のルートを進みます。

都井岬で配信を行おうと思っておりますが、再度周るので集中して神々に謝罪と再度の御神事を行いたいので、放送は、落ち着いた後に配信出来るところで行いたいと考えております。

比嘉良丸

※行程図※(簡単にルートを地図に記しております。手書きの為、見辛い部分もあるかと思いますが、移動行程の把握にご参照ください)

・10月8日までの南海・東南海地震を抑える御神事行程
10月8日までの南海・東南海地震を抑える御神事行程
赤=羽田〜阿蘇/ 紫=阿蘇〜宮崎県佐多岬/ 青=佐多岬〜四国〜伊良湖〜御在所〜奈良・関西

・10月4日に伝えられた再度の行程
再度の行程
祈りの際の干支の間違いにより、再度行うことになった行程、10月4日朝大分県佐伯より逆回りで、昨日行った場所プラス、薩摩半島と川内原発を周り四国へ向かう。四国以降は下記の図の行程になります

・10月19日までの白山火山帯・瀬戸内火山帯を本州&四国側に対しての御神事
10月19日までの白山火山帯・瀬戸内火山帯を本州&四国側に対しての御神事
・奈良勉強会以降の御神事移動行程

※動画にても御神事について話しております。ご視聴くださいませ※
画像をクリックしていただくと動画の再生画面に移動します

・10月3日 良丸氏による朝の祈り
パーキング

10月3日 良丸氏による祈り 桜島を望み
桜島

10月3日 良丸氏による 日没の祈り
日没


10月4日 大分県佐伯にて 現状のお伝え
朝の祈りの前に

10月4日 良丸氏による朝の祈り
朝の祈り

現在の状況について

2015.10.02.17:23

新暦10月2日(旧暦8月20日 亥)

いつも真心のお力添えありがとうございます。
昨日、夫が沖縄より出発しましたが、その後の内容について連絡がありましたので、ご連絡いたします。

比嘉りか

**以下、比嘉良丸より**

飛行機の故障での欠航、急な啓示により、昨晩23:30頃に本州、羽田空港に入りました。
そこから、筑波へと移動を開始しようとしたところ、突然、左足が痙攣を起こし、その場(駐車場の車の中)から動けなくなり、強い啓示が来ました。
暫くの間、痛みをこらえながらのやり取りとなり、夜中4時から明け方6時まで、その場で啓示の指示に従い祈りを行いました。
その時、更に啓示が伝えられ、明日10月3日の正午までに九州の佐多岬(鹿児島県大隅半島の先端)へ行けと指示があり、朝7時に再度いる場所から祈りを行いまして、8時30分頃から移動を開始しております。

現在、羽田から九州佐多岬へと約1700kmの距離を移動中です。
足の力の入れ加減ですぐに痙攣をおこしてしまうので、気を付けながら進むしかないのですが、時間指定がありますので、一睡もしないで進んでおります。
もう少し進みましたら、どこかで仮眠を取り、3日の正午までに佐多岬に着くように移動いたします。

さて、皆様に祈り合わせのお力添えをいただきたくご連絡いたしました。
明日10月3日、時間は、朝6時、正午、午後3時です。
朝6時は、その時間にいる場所から朝の祈りを行います。
正午の佐多岬ですが、あまり電波の状態が良くなかったはずなので、ここでの動画配信はせず、祈りを行います。
そして、午後3時の祈りは、通常妻が行っておりますが、その際に、3時より私がいる場所から祈りの配信を行い、終了後妻の3時の祈りに変わりたいと思います。

皆様におかれましては、朝6時、正午、午後3時といる場所からで結構ですので、自然災害の完全回避と政治経済の安定を共に願い祈りいただけますと幸いです。

何卒、皆様の真心のお力添えいただけますよう、共に、平和、平穏、平安、安定を願いいただけますようお願いいたします。

また、朝、私が行っております祈りの動画がございます。
この動画も御視聴頂きまして、現在の神事の内容をご理解いただけますと幸いです。

比嘉良丸

*良丸氏による朝の祈り*

9月29日 良丸氏による朝の祈り
9月29日朝の祈り

9月30日 良丸氏による朝の祈り
9月30日朝の祈り

10月1日 良丸氏による朝の祈り
9月30日朝の祈り

10月2日 良丸氏による朝の祈り
10月2日朝の祈り

こころのかけはし祈りの和~十五夜祭の動画ご紹介とご案内

2015.10.02.09:33

平成27年 新暦10月 2日 旧暦8月 20日 先負 かのと 亥

いつも真心のお力添えをありがとうございます。
本日は、9月27日に行われた十五夜の御神事の映像をご覧いただきます。
どうぞご視聴下さい。

9/27十五夜祭 正中の祈り1
十五夜祭


9/27十五夜祭 正中の祈り2
十五夜祭



いよいよ今週末に開催となりました!
毎回、とても好評を頂いております「食と健康の和 カレッジ」
みなさまも、楽しく体に良い時間をお過ごしになりませんか?
皆様の御参加、お待ちしております。

☆ 食と健康の和 2015年秋カレッジ開催案内
2015年10月4日(日)・テーマ 「「覚えて・語って楽しく免疫力UP!」

詳細・お申込みは、下記画像をクリックして下さい。
秋のカレッジ


こころのかけはし祈りの和~十五夜の御神事の動画

2015.10.01.09:08

平成27年 新暦10月 1日 旧暦8月19日 友引 かのえ 戌の日

いつも真心のお力添えをありがとうございます。
本日は、9月27日に行われた十五夜の御神事の映像をご覧いただきます。
どうぞご視聴下さい。
こころのかけはし 事務局
9/27十五夜祭 日の出の祈り1
十五夜祭

9/27十五夜祭 日の出の祈り2
十五夜祭

9/27十五夜祭 日の出の祈り3
十五夜祭

情報サイトリンク

◆地震情報《気象庁》
◆火山情報《気象庁》
◆台風情報《気象庁》
◆警報・注意報《気象庁》
◆海外の地震情報《JIS》
◆マーケット情報《ロイター》

イベントのお知らせ
最近の記事
関連サイト
検索フォーム
年別アーカイブ
携帯用QRコード
QR