〜今月の状況と今後について〜

2016.01.31.10:45

新暦1月31日(旧暦12月22日 みづのえ 子)

いつも真心からのお力添えありがとうございます。
大国ミロク大社の比嘉良丸です。

本日は、今年1月1日~1月31日までの御神事についてまとめてみます。

2016年1月1日:前日の31日の23時30分から年越しの祈りを行い、日付の変わった0時より、お宮で年初めの祈りと2016年に世の中で起きる出来事や状況を例年通り主祭神様にお伺いしました。
その後、初日の出の御神事を行いました際、前年2015年より強く伝えられ続けていた、年明け仕事初めの1月4日にアメリカ、中国で株価が急落し、その後5日以降、世界全体に大暴落が起きるという啓示が再度伝えられてきました。
日本については、1月6日の朝から株価や通貨、先物相場等の大暴落が起きると伝えられ、その啓示に基づき、当初予定していました1月1日の昼1時から~3日の間の御守りの祈りを経済と政治の安定の御神事に変更して行いました。4日は、漁船をチャーターして沖縄本島から西に約100キロにある久米島周辺の海上で御神事を行いました。そこでは東西の仕組みとして、善き循環が続くようにという意味から経済の混乱が無いようにと祈り、更に、自然界へは、霧島火山帯、沖縄トラフの自然災害の小難無難の祈りを行いました。
5日~6日は、お 宮で関係者及び支援金を頂いた方々の御祈祷を行いました。
7日は、私(良丸)は、千葉県成田に入り当初予定しておりました東北の御神事を変更し、関東地域一都六県にて御神事を行いました。

当初は、2月~3月に関東、東南海で大地震を引き起こす引き金となる前震が起きる。1月に福島、伊勢湾で震度5強が起きるそのうごきがそれにあたる。そのため、福島、伊勢湾での動きを日本全体で分散分割する御神事を行うように、福島、伊勢湾で何事も起きず、その場所以外で震度5弱以下に抑えろと強く指示を伝えられておりました。
そして、当初の予定であった東北については、次のように伝えられました。
1月7日~9日午後まで東北地方で行なう予定であったが、今、経済が緊迫しており、こちらは油断してはいけない状況にある。まず、関東全域で経済の安定に対する御神事を行い、東北については、伊勢湾周辺の御神事で一緒に東北の祈り行う事により、東北は一時の時間稼ぎはできる。後に北海道に上がる時、東北を行っても間に合う。
と変更を受けましたことから、まずは、啓示通り関東を行い、その後、9日に妻と中部国際空港で合流し、翌日知多半島の師崎から伊勢湾を一周し、奈良県までの1月10日~11日(新月)に行った御神事で伊勢湾の地震、自然災害と政治経済の安定に対する御神事を致しました。

1月12日、私と妻は、歯の治療を受け、1月12日午後から東北へ向け移動。13日~15日に東北で祈り、15日~16日に、仙台~苫小牧をフェリーにて移動。その後、16日~22日まで北海道で御神事を行いました。途中、妻は、18日千歳空港新から沖縄へ戻り、私は車で移動しながら、自然災害の回避に集中して、札幌、旭岳、根室、釧路、襟裳岬、浦河、苫小牧と祈り御神事を行いました。
北海道からは、名古屋までフェリーで移動を行い、その後、1月25日~26日間、今度は、大阪から鹿児島へフェリーで海上の祈りを行い、鹿児島から九州を回りました。行程は、大府南港~鹿児島県志布志港~鹿児島~桜島~佐多岬~南大隅根占~山川~指宿~開聞岳~川内原発~阿久根~フェリー航路で熊本県天草~フェリー航路で長崎県島原~長崎平和(原爆)祈念公園~佐賀玄海原発~福岡県志賀島~熊本県阿蘇山~大分県佐伯~別府と御神事を行いました。自然災害回避の内容と共に、政治経済の安定について祈り、特に経済に関してはかなり時間をかけ御神事を行う状況でした。
1月30日~31日は、大分県別府~大阪府南港までをフェリーで移動します。この間、白山火山帯瀬、瀬戸内火山帯、中央構造線に対しての祈りを行い、31日大阪南港に着き次第、伝えられております目的の場所へ移動し、2月1日の朝日まで政治、経済の安定の御神事を行います。
沖縄に帰る日を早め2月1日に戻り、その後、2月6日大祭となります節分祭。8日旧正月までミロク大社で御神事を行い、その後は、沖縄本島を車で巡る御神事になります。14日は、漁船をチャーターして沖縄本島から西に約100km沖合にある久米島周辺で御神事行います。
15日は私と妻の病院の検査と外来日となっており、診察してもらい、16日に本州大阪から乗り継ぎ、北海道へ渡り17日、18日と北海道での御神事を行います。18日中には本州に渡り、21日まではどうしても夫婦で本州での御神事を行うように伝えられており、その後、22日妻は沖縄へと戻り、27日までに新年の御守りを送り、28日に成田で落ち合い29日アメリカニューヨークへの御神事へと向かいます。
今回の沖縄での御神事と今後行う海外御神事は、今後の日本列島と地球規模全体の自然災害と政治、経済の重要な御神事となります。
その意味は、2011年~2015年の間で行った海外御神事と関わりがあります
その内容に 関しまして改めて節分祭までに文章をプログに連載いたします。

今後も2月16日から、日本列島を車で巡り御神事を行いながら、海外御神事も毎月行ってまいります。
決定した海外御神事は、2月29日~3月4日アメリカニューヨーク。3月11日~13日中国上海。4月6日~11日ロシア、モスクワ、サンクトペテルブルク。5月8日~16日神戸~台湾を船にて海上からの御神事。この時途中鹿児島を経由する為、鹿児島でも御神事。7月8日~17日横浜~北海道~国後、択捉、サハリンと船にて海上の御神事。北海道では下船して一部陸上での御神事。17日に横浜に到着後、そのまま乗船し17日~25日横浜~本州、四国、九州を一周し、韓国の釜山に立ち寄る船にて御神事。韓国釜山では、下船しての御神事を行います。
7月8日~17日~25日船の神事と、2013年から1年間妻が預かっておりました聖なる杖のギャザリングが、6月にボリビアで予定されております。このギャザリングに妻へ参加の話が来ておりますが、この2件については、まだ、はっきりとは決定しておりません。

皆様にご支援ご協力を頂きました支援金で、まず先に海外御神事を行う為のツアーを購入させて頂きました。
おかげをもちまして御神事を行えることが出来ます。これもひとえに皆様からのお力添え、ご支援からでございます。皆様に、心から感謝申し上げます。誠にありがとうございます。

比嘉良丸
比嘉りか

1月の行程参考図
良丸行程北海道から九州

**祈りの和information**

new!!
★食と健康の和チーム ブログ
健康で健全ないのちを繋げていく為に、安全で安心な食や健康であるための情報を収集し、また、デトックスについて調べそれらを配信する活動をしています。
「食と健康の和チーム ブログ」は
↓こちらをクリック↓
syokunowa

new!!
1月28日政治経済のチームより、現在の政治や経済といった事についての内容の記事が掲載されております。
こちらのチームのブログもどうぞご参照ください。下記画像をクリックするとブログがご覧になれます。
↓こちらをクリック↓
icon-seikei1

伝えられたお言葉

2016.01.29.13:15

新暦1月29日(旧暦12月20日 かのえ 戌 先勝)

いつも真心のお力添えありがとうございます。
夫良丸は、現在九州地方を御神事しております。
さて本日は、今年初めに朝日の祈りを行いました際に伝えられました御言葉をお伝えさせていただきます。
動画ではすでにご視聴いただけますが、文字にすることによって、更に深く伝えられる事があります。また、この日の伝えられた言葉は、年の初めに大切な言葉でありました。2月を間近に迎え、新暦旧暦共に2016年申年が始まろうとしている事からも、本日掲載する事と致しました。
また、こころのかけはしの活動、食と健康の和から新しい記事の投稿、政治経済のブログにも新しい記事の掲載がございます。
今後の善き未来を作りゆく為にも、ご一読いただけますようお願い致します。

比嘉りか

**2016年1月1日 元旦朝日の祈りより伝えられました言葉**

命の尊さ 命の大切さ 
人々が この世に 命ある者として 
人として 生まれて来たからには
この星の一部であり この星と共にあり 生きゆくその時間 生きゆくその時の流れを 歩みゆき
多くの生きとし生けるものと共に 自らの内 外 調和を果たし 歩み続けられるように
人々がその恩恵を忘れ この地上より足元離れた時 
戦 争いは再び 大きなものへと 転じゆくこととなるであろう
人々は この星の子であり この星と共に歩みゆく存在である
それは 地球上に在りし全ての生きとし生けるものが皆 同じである
共に住ゆく 命達と 善き環境を 善き流れを 共に分かち合うためにも
行動出来ゆく 人間達が 生きとし生けるもの達のことを考え 最善を計らい 最善の道へと 共に歩みゆかなければならない
それが この星に生まれ 人間として生まれた 役目役割でありゆこう
多くの 生きとし生けるもの達と共に そこには 国や 宗教 人種 性別 年齢
それら全ての枠を超え 人間という その枠の中にて 調和し 歩みゆくことも 含まれ
支え合うことも 含まれている
人間が この星を立て直しゆき 人間が この星を 調和と 導くことが出来よう
自然界もまた 支えゆくが 人々の 人間達の 共の協力 支え合いから 
人々の道が 切り開きゆかれるのである
人間達よ 地球人として 誇りある 行動を 
地球人として 支え合い この星を守り
この星を この星の命達を守り 進めるよう 未来を 創れるように
全ての命達の 家 巣 それはこの星であり この星にて 生きてゆくものになる
命達と共にあることを 決して忘れることなきように
命達にて 支えられていることを 忘れることなきように
地球人として 誇りある行動を 地球を守り 命を守り 生きとし生けるもの 人々をも守り
地球の上に生きゆく 一つの命として この星を守り 育み 慈しむこと 出来るように
その心が 再び 湧き上がり 生まれ帰り
新たなる精神にて 地球人としての 歩みを進めるように
人々が 忘れかけている道を 人々により 思い出すこと出来るように
人々が今 守らねばならぬのは この星であり
巡り巡っての それは自分達 子々孫々の 命であるということを 気付けるように
願い続け 伝え続け 誘い続け 導き続けよう
命達の根本が どこにあるのか 決して忘れることがなはように
この星を 整えること 守ること 命が 生まれ続けゆく 緑あふれる 循環の流れの整う この星を 守り続けることが出来なければ
例えどの星に移ったとしても 同じ事を繰り返しゆく
何よりも ここまで 同じ事を 繰り返し続けて来たからである
二度と 同じ過ちを繰り返してはいけない
どこに行こうとも 今のままでは 何も変わることは出来ない
地球と 同じ環境を 例え見つけたとしても 同じ過ちを繰り返し続けることになる
この星を この 今ある 生きているこの星を 支え 立直すことが出来なければ
どの様に 同じ様に 似せて創ったとしても 同じ過ちを人々は 繰り返しゆく
人としての主張と 人としての固まった精神である限り 同じ過ちを繰り返し続けよう
地球人としての この星にあってこその目覚めと 
この星に生きてこその目覚めを 迎えることが出来なければ 
人間はどこに移動しても 変わることは出来ない
今この星にて この星を守り 再び 緑あふれる 自然豊かな 共存出来ゆく 星にさせることが出来なければ
自然を食い尽くし 資源を食い尽くし 全てを吸い尽くし
また 一つの星を ミイラのようにし 別な星を捜すことになるであろう
この様な星は そうあるものではない
この様な星は そう創れるようなものではない
計算され 奇跡の連続にて 成り立ちきた この地球を 守ることが出来なければ
人間達は いつになっても 変わることは出来ない
気付けるその魂を 自らでしっかりと目覚めさせよ
生きとし生けるものとの共存を しっかりと目覚めさせよ
未来を続けゆくためにも 戦 争いとゆう 暴力や 殺戮ではない道を選べ
それを選ぶことが出来なければ どの様な星に移ったとしても 同じ事の繰り返しである
変わることは出来ない
今ここで変わることが出来なければ 人間達は 同じ過ちを繰り返し続ける
地球に ここで生きることが出来ないからと 宇宙を探索し 探したとしても 同じ事を繰り返しゆく
何故ならばそれは 精神と意識が 成長していないからである
育っていないからである 芽吹いてもおらず 
その様な状況にて 新しき所に移ったとしても 同じ過ちを繰り返すだけである
ここにて 変わりゆくことが叶わなければ
ここにて 理解をすることが出来なければ
皆 同じことの繰り返しになろう
この星を守りゆくこと
循環の流れを 整わせ 最後の楽園を 育てゆかれよ
この星を再び 循環の整う 清らかな星へと 
そしてその星の循環に 人間達の生きゆく環境が上手く順応し 
人間達もまた 地球人として 成長しているその星 それを現実のものと 引き寄せられよ


**以上**

**祈りの和information**

new!!
★食と健康の和チーム ブログ
健康で健全ないのちを繋げていく為に、安全で安心な食や健康であるための情報を収集し、また、デトックスについて調べそれらを配信する活動をしています。
「食と健康の和チーム ブログ」は
↓こちらをクリック↓
syokunowa

new!!
1月28日政治経済のチームより、現在の政治や経済といった事についての内容の記事が掲載されております。
こちらのチームのブログもどうぞご参照ください。下記画像をクリックするとブログがご覧になれます。
↓こちらをクリック↓
icon-seikei1

現在の状況

2016.01.26.10:35

新暦1月26日(旧暦12月17日 ひのと 未 仏滅)

いつも真心のお力添えありがとうございます。
大国ミロク大社の比嘉良丸です。

昨日25日、大阪湾から鹿児島県志布志の港へ向かう間に、淡路島、和歌山、徳島、紀伊水道入り口、室戸岬、土佐湾、足摺岬、豊後水道入り口、日向灘、都井岬、志布志港の御神事を行いました。
この御神事の内容は、瀬戸内火山帯、中央構造線、南海トラフに沿って東南海地震と東海地震、南海地震に対してと琉球海溝への連鎖連動を防ぐことが目的でした。
そして、都井岬では朝日の御神事を行い、志布志港に入り、その後は、霧島火山帯、中央構造線、沖縄トラフに対しての御神事をになります。

本日も、皆様の真心のお力添えの程をよろしくお願い致します。

比嘉りかです。
24日の祈り合わせは、皆様の真心のお力添えありがとうございました。
25日は皆様のお力添えもあり、株価が17000円台となっておりました。本当にありがとうございます。
しかしながら、本日はすでに16000円台からの始まりとなっており、気を引き締めてゆかなければならないと改めて痛感しております。
日々の祈りとして3時に祈り合わせを執り行っております。
動画配信をしております。
御神事等の都合により配信が出来ない場合もございますが、どうかお時間の許す方は、世の中が安定、平和となるように、次世代の子供達に安心して暮らして行く事の出来る世の中を繋ぐ事が出来るようにと、いる場所からで構いませんので、共に願い祈りいただけますと幸いです。

比嘉良丸
比嘉りか

現在の行程の参考地図
1月26日行程

現在の状況と24日の祈り合わせの動画

2016.01.25.09:00

新暦1月25日(旧暦12月16日 ひのえ 午 先負)

大国ミロク大社の比嘉良丸です。
前回、2012年海外御神事の内容を書き込み致しまして、その後の2013年、14年、15年の海外御神事についての内容をブログに書き込み連載を行うと申し上げましたが、私が現在行っております御神事が、重要な局面を迎え、御神事に集中して行わなければならない状況に入りまして、皆様には、大変申し訳ありませんが、状況が落ち着くまでもうしばらくお待ちください。
昨日、1月24日は満月の日にあたりまして、沖縄から妻が東京時間に合わせた朝日、正中、日の入りと祈りを行いまして、今日週明け(1月25日)に株価等が17000台を維持して徐々に18000~20000台へと株価が上がる様に祈りを行いました。
日の入りの祈り終了後、次の祈り合わせのお知らせとして今月27日に阿蘇山から祈り合わせを行うとお伝えしましたが、啓示の変更と御神事に更なる集中する事が重なり、時間的に27日は厳しく、28日へと変更したいと思います。
28日に阿蘇山で私は、動画配信を行いまして、沖縄から妻が祈る形で行なう予定でおります。
この28日にも東京の正中時間に合わせて祈り合わせを行いますので、どうか多くの方々にご参加いただけますようをお願いします。
祈りの内容や祈りを合わせます正中時間は27日に改めてお伝えします。
何卒、皆様の真心のお力添えの程をよろしくお願い致します。

比嘉良丸
比嘉りか

**朝日の祈りの動画と昼の正中、日の入りの祈り合わせの動画を掲載いたします**
(画像をクリックすると動画視聴サイトへ移動します)

2016年1月24日 朝の祈り
1月24日 朝の祈り

2016年1月24日 昼 祈り合わせ
1月24日 昼の祈り合わせ
※沖縄からの放送に、skypeにて比嘉良丸氏が参加しております。その為一部音声が聞き取りずらい部分があります。
また、途中、当会の政治経済ブログの記事を書いている方より、この日の宜野湾市長選挙においての内容と、この日の朝の祈りの参加者より、朝の祈りの言葉が大切だということから、その一部を読み上げていただいている部分があります。

2016年1月24日 日の入り 祈り合わせ
1月24日日の入り

現在回っている行程の参考地図です
良丸行程北海道から九州

本日の祈り合わせの動画

2016.01.24.16:35

新暦1月24日(旧暦12月15日 きのと み 友引)

本日は、昼の時間に共に願い祈りいただきまして、ありがとうございました。
本日の朝日の祈りの動画と昼の正中の祈り合わせの動画を掲載いたします。
(画像をクリックすると動画視聴サイトへ移動します)

2016年1月24日 朝の祈り
1月24日 朝の祈り

2016年1月24日 昼 祈り合わせ
1月24日 昼の祈り合わせ
※沖縄からの放送に、skypeにて比嘉良丸氏が参加しております。その為一部音声が聞き取りずらい部分があります。
また、途中、当会の政治経済ブログの記事を書いている方より、この日の宜野湾市長選挙においての内容と、この日の朝の祈りの参加者より、朝の祈りの言葉が大切だということから、その一部を読み上げていただいている部分があります。

現在の状況と祈り合わせのお知らせ

2016.01.23.13:15

2016年1月23日(旧暦12月14日 きのえ 辰 先勝)

いつも真心からのお力添えありがとうございます。
大国ミロク大社の比嘉良丸です。

21日に北海道苫小牧からフェリーに乗り込み仙台経由で愛知に移動致しました。
その間、21日~22日の日の出に合わせ、北海道から仙台までの間は、千島海溝、日本海溝プレート型地震に対しての祈りと千島火山帯、那須火山帯、鳥海火山帯の祈り行いました。
22日8時~22日17時までの間は、経済について株価が17000円台を取り戻すよう祈り行い、その後23日までの間は週末の経済の安定に対して祈りを行い続けました。
改めて現在の状況ですが、株が一時16000円まで値を下げたが、もし16000円割れし15000台に入れば、14000、13000円まで値が崩れ、崩れるとどこまで下がるか、リーマンショックを超える世界的大暴落となり世界中が大混乱が起き、今以上に内戦、紛争、戦争、テロが広がる事になる。今は、17000円台を保つように、為替は110円でとどまる様に御神事を行えと強く伝えられ、そのように経済の祈りを中心に行いました。
24日日曜日は、満月になり御神事を行います。内容は、週明け月曜日の株価の動きが17000台を維持し、株価の値上げになるように祈ります。
私の予定としては、愛知に下船後、奈良県で御神事を行う予定でいますが、啓示の状況によっては場所変更もあり得ることから、24日は妻が沖縄から朝、東京の日の出時間、正中時間に祈りを行います。皆様へ祈り合わせは、正中の時間に呼びかけを致します。どうぞ、共の世の中の安定の願い祈りのお力添えをお願い致します。
※時間は下記に記してあります。

この正中時間に動画配信を試みますが、これまでなかなか上手く行かずにおりますので、もし動画の配信が無くとも、この東京の正中時間に合わせ皆様の真心のお力添えをお願いします。

今日、23日の予定としては、名古屋から知多半島を巡り、渥美半島伊良湖からフェリーで鳥羽に渡り、紀伊半島先端・串本の潮岬を経て、和歌山、奈良県に入る予定でおりました。しかしながら、今日朝日出る前の7時前か祈りを行っておりましたら啓示がありました。
伊勢湾一周の御神事は、行わなくても良い。伊勢湾は、先の1月10日新月と今回のフェリの甲板から祈りました、伊勢湾入口から名古屋港までの祈りでよい。それよりも、紀伊半島先端・串本の潮岬から和歌山。そして、特に奈良は指定の場所にて沖縄と朝日に合わせて行うようにと伝えられました。

この啓示に沿い、移動と御神事を続けて参ります。
どうか、皆様の真心のお力添えの程をよろしくお願い致します。

比嘉良丸
比嘉りか

1月24日祈り合わせ
東京の正中時間:11時53分
この時間に合わせて、お祈りを開始致します。
動画配信先:祈りの和TV
icontv1

もしくは、動画サイト
icon1-8.jpg
になります。
(こちらは、動画サイトの画面内に書かれているIDとパスワードをご入力ください)

内容
政治経済が安定し、日々の暮らしが平穏、平安、安定、平和となるように。

皆様の真心のお力添えの程をよろしくお願い致します。

★*★*祈りの和information★*★*

New!!☆自然災害チーム 最新記事!
今回は地震についてのお話です。
先日1月17日、阪神淡路大震災の日でしたが、私たちの住んでいる日本という場所について、そして原子力発電所ついて、今一度見つめ直してみませんか。
「自然災害チーム ブログ」はこちらをクリック↓
iconshizen

★政治経済チーム ブログ
今世界の中の日本はどんな状況なのでしょうか?戦争へ向かわせない為に私たちが何ができるのか。
その一歩として、現状を知る、見つめる事から始めましょう。
「政治経済チーム ブログ」はこちらをクリック↓
icon-seikei1

過去の海外御神事との関連

2016.01.22.09:00

新暦1月22日(旧暦12月13日 みずのと 卯 赤口)

いつも真心のお力添えありがとうございます。現在北海道で御神事を行っておりました夫より、昨日連絡がありましたので、ご連絡致します。

*********

大国ミロク大社の比嘉良丸です。
今日、1月21日根室、釧路、襟岬を御神事を行って、何とか苫小牧に着き19時発名古屋に向けのフェリー乗り込むことが出来ました。

先日皆様へお伝えしました今回のアメリカ、ニューヨーク・中国、上海、西安・ロシア、モスクワ、サンクトペテルブルク・ギリシャ等の御神事を行う意味についてお話したいと思うのですが、この内容は、2012年からの御神事に遡ってお伝えしなければ、その内容の理解が難しいと思いますので2012年からの御神事の内容からご説明いたします。

◆2012年海外御神事

*2012年3月1日~9日インド(妻のみ)
<御神事の内容の意味>この2012年から母なる地球自身が、新しい生命、命の仕組みを作る為、地球本体が生まれ変わる為、本格的に地球規模での地核膨張、収まりの繰り返し、地殻の大変動が、天・地の意思により核・殻が動きだし地球規模での数百年~数千年周期の大地殻変動期に入ると啓示にて伝えられました。
前年の2011年に行きました北半球の北極圏の近いアメリカ、アラスカと南極圏に近いニュージーランドでの御神事の際にも、地球規模での動きが大きな災害とならず、穏やかにゆっくりとした動き流れで確実に地球が、地殻変動と地球環境のバランスを整えるよう努めなさいと伝えられておりました。この関係からインド、チベット、ネパールの御神事を2012~2015年までに行うようにとも伝えられておりました。
当初は、2012年・2013年・2014年とこの啓示に基づいて外国の御神事を行う予定でしたが、実際には、2012年3月1日~9日と2015年2月妻が、エルサルバドルのエルダーエリザス女史とインドでのギャザリングに参加。私は、沖縄で日本列島の厄災を祓い清める抑えの御神事を行うという対応になりました。
その後、インド以外のチベット、ネパールの御神事は予算不足の為行えずにおりました。2015年には、再度、この御神事を行おうと繰り越し計画を立て直しましたが、結局、妻がインドでのギャザリングに参加するだけにとどまり、予算不足もありチベットやネパールといった関連する場所の御神事は行うことが出来ませんでした。今年は、何とかチベット、ネパールの御神事を行えるよう努力します。

*2012年4月:ロシアのサハリンとウラジオストク
(私共夫婦と他2人)
サハリンは、ロシアと緊張緩和、領土問題、感染病について、ウラジオストクは、政治経済の御神事でした。この年、9月には、首脳会議がありました。
「9月に行われる第20 回 APEC 首脳会議、2012 年9 月8~9 日成長のための統合,繁栄のための革新。我々,アジア太平洋経済協力(APEC)の首脳は,2012 年9 月8~9 日,この地域の繁栄と世界経済におけるリーダーシップを強化するための道筋を明らかにする目的でAPEC2012 のテーマ「成長のための統合,繁栄のための革新」の下、第20 回APEC 首脳会議のため,ロシア・ウラジオストクに集った」(インターネットから引用)
このような政治関連の事柄がありましたことから、よき流れとなるよう御神事を指示されました。そして、そのウラジオストクの御神事後に、2013年の3~4月までにモスクワとサンクトペテルブルクでの御神事するように指示されました。
こちらの内容については、2015年に東ヨーロッパと中央アジア、中東で戦争、紛争が起き、それが中央アジア・中東・アフリカ・ヨーロッパ・アジア全体に広がり、そこには、日本・中国・アメリカも確実に巻き込まれ全世界に広がると伝えられまして、それを阻止する為の御神事を行うよう啓示、指示を受けました。

*2012年6月、富士山中湖セレモニー
グアテマラのマヤ族民族長老評議会議(詳しくは、マヤの伝統的文化を正しく継承する275人の男性長老と175人の女性長老から構成される)の儀会代表であり、デイキーパーである「マヤ族」のドン・アレハンドロ・シリロ・オクスラ長老とエリザベス・アロヨ女史、さらにはシリウスから来た先住民族「ワイタハ族」のテ・ポロハウ長老、そして私たち夫婦と6月16日~17日の2日間、古代より「宇宙湖」と呼ばれていた大陸プレートの交差点である山中湖にて御神事を行いました。
このセレモニーは2011年の3・11~3・13、東北地方太平洋沖における地震と福島の原子力発電所のメルトダウン原発事故の後から、6月の夏至に合わせ富士山中湖セレモニーを開催いたしました。2011年~2014年にかけて開催いたしました。実際には、行い続けて行く御神事ではありましたが、私の力不足で2015年から続けて行く為の資金不足により、この御神事は出来なくなりました。

<セレモニー行う内容と意味>
2011年3月11日の地震、13日には原発臨界事故が起きましたが、その前年2010年に福島の発電所について、深刻な事故を起こすが市町村並びに住民にその事実を隠し2011年に至ると啓示で伝えられていました。炉の定期検査の直後の事故のことで、そのことは、当時の啓示をプログなどで皆様にはお伝えしておりました。そして事前に知らされていた啓示で、2011年の3月11日・13日に起きた後に世の中が本格的に戦争への方向に進む、まず、沖縄で4月1日に平和の御神事を行い、つぎに6月夏至に合わせて富士の麓で世の中(全世界)の平穏平安平和の御神事を行いなさいという内容があり、この啓示が2011年セレモニーを行うきっかけになりました。
2011年4月1日に、沖縄県嘉手納町で平和の御神事のセレモニー行いました。ここは、沖縄戦で4月1日に連合軍が沖縄上陸した場所であり戦争ということには大変意味深い場所であります。そして、同年6月に山中湖で夏至のセレモニーを行いました。
2011年セレモニーを終えた直後に、このセレモニーを続けて行くようにということが伝えられました。それは、日本の富士山の本格的な破壊的大噴火が起きると、数千万年周期の地球規模での大地殻変動を動かすスイッチが入る事になる。それらの動きを穏やかに緩やかにバランスをうまくとることが出来るように、富士を中心に地球規模での御神事を行えと伝えられました。
また啓示では、日本の列島を取り巻く大自然界の仕組み。環太平洋を北半球、南半球の火山帯、プレート海溝型、海嶺型といった多種多様な海流や気流の仕組みがある。それらが、大陸及び島々から地球全体へと繋がり、ユーラシア、アジア大陸・アフリカ大陸・ヨーロッパ大陸と地球の隅々まで地殻変動の連鎖連動が、広がり動き行く。
もう一つ、人間の愚かな行為による、自然環境破壊と自然界の意思に反しての自然を動かす意図的自然災害といった行為。戦争に繋がる政治経済の不安定、地球規模での感染病、意図的な感染病の広がり等が起きぬように、バランス調整と改善、回避を行い、大自然が動き出したとき人間が生きとし生ける命を未来に繋ぐため、人間が生き残る為に先住民の原住民の英知が必要になる、その英知の知る長老、シャーマンの者たちを呼び寄せ、多くの者たちへ気づきを与えなさいと伝えられて、長老たちをお招きして行ったセレモニーでした。
ですから、6月夏至時期のセレモニーを行なえないことには神々にはお詫びしても詫びきれないことですので、再開出来るよう頑張っていくつもりです。

*2012年6月:キルギス
富士セレモニーが終了後、そのまま、ドンアレハンドロ長老、エリザベス女史と共に行かせていただきました。
キルギスに到着するとすぐに、来年(2013年)出来るだけ早くイスラエルとトルコに行くように伝えてきました。
内容は、イスラエルで国内問題(パレスチナ人)が勃発するということ、近隣諸国でアラブの春で起きた内戦紛争に、新たな動きが起きるということ。宗教問題、イスラム教とキリスト教、ユダヤ教、ヒンズー教の対立に、新たな宗教内の問題、各宗教内の戒律が争いの元になってのテロの動き、これまでの内戦紛争とは違い、これまで以上に問題が難しくなる。また、世の中の混乱が大きくなると、単なるテロの攻撃行為がとんでもないことに進む、テロに核兵器が使用され、これまでの国と国の争いとは違い、収拾のつかない状況になる。必ず行き、御神事を行うようにと強く言い渡されました。
現地キルギスでは、ユーラシア、アジア大陸を始め、赤道、南半球の島々、大陸や南アメリカ大陸、北、中央アメリカ等に、人が広がる出発点であり、人のルーツにそって御神事を行うようにと伝えられました。
このキルギスでの啓示によって、イスラエルや中国は、西安や敦煌いった御神事を組むことになりました。
翌年2013年にイスラエルでは、エルサレムにて祈り、また、トルコにおいては、イスラエルへの乗り継ぎ地点であったことから、イスタンブールの空港で行き返りの待ち時間(12時間ありましたので)に祈り御神事を行いました。シルクロードの発信地となる中国西安(長安)、中継地点の敦煌。インドといった古の因果因縁の解消の御神事も行ってまいりました。

*11月:グアテマラ
この年は、世の中では、2012年12月マヤの予言で騒いでいる年でした。私達は、6月夏至セレモニーでマヤの長老をお迎えして御神事を行った際に、13バクトゥーン5番目の太陽が死に6番目の太陽が生まれる教えに基づき、2012年、古から今日までの因果因縁や悪き物事を清め改め2013年素晴らしい世の中の始まりとなりますようにと御神事を行いました。

このように啓示があり、訪れる場所で、さらに新たなる啓示が伝えられ、それに基づき御神事を行い続けております。自然災害、政治、経済、古の因果因縁といった様々な事柄について、その土地土地で祈り御神事を行い、調和の世の中となるよう願い祈り続けております。
すべてが関連し、連鎖しております。日本も諸外国とかかわりを持っており、また、地球という大きな枠組みで考えると全世界が関連して、今の世の中を作っております。
2015年の富士のセレモニーについては、資金面において困窮した状態であったこともあり、断念いたしました。2015年はかなり厳しい状況であり、10月からは、本来の御神事事態も行なって行けない状況に陥いりました。その際には、皆様からのご支援、定期的なご支援をいただくこともでき、10月・11月・12月・2016年1月と御神事が行える事ができております。皆様のご支援に心から感謝いたしております。
これまで、ご支援を頂きました方々へ心から感謝申し上げます。ありがとうございます。
改めまして、2013年以降の外国での御神事の内容もお伝えし、現在の御神事についてお話させていただきたいと思います。
本日は、ここまでとなりますが、長文をお読みいただきましてありがとうございました。

比嘉良丸
比嘉りか

★*★*祈りの和information★*★*

New!!☆自然災害チーム 最新記事!
今回は地震についてのお話です。
先日1月17日、阪神淡路大震災の日でしたが、私たちの住んでいる日本という場所について、そして原子力発電所ついて、今一度見つめ直してみませんか。
「自然災害チーム ブログ」はこちらをクリック↓
iconshizen

★政治経済チーム ブログ
今世界の中の日本はどんな状況なのでしょうか?戦争へ向かわせない為に私たちが何ができるのか。
その一歩として、現状を知る、見つめる事から始めましょう。
「政治経済チーム ブログ」はこちらをクリック↓
icon-seikei1

現在の状況と今後の御神事について

2016.01.18.09:01

新暦1月18日(旧暦12月9日 つちのと 亥 友引)

いつもお力添えいただきありがとうございます。
大国ミロク大社の比嘉良丸です。

一昨日16日仙台から苫小牧に着き、そのまま札幌で用事を済ませ、その後旭岳に向かい旭岳、黒岳の御神事を行いました。
今日18日、天候不良によってまだ見込みが立っていない状況でありますが、妻が沖縄に戻ります。

妻を送り出した後、啓示で間に合わないと強く伝えらている、今月中に作らなければいけない仕組みをきちんと作る為、根室の納沙布岬から釧路、襟裳岬、浦河、苫小牧、地球岬、噴火湾までご神事を行い、23日にフェリーで名古屋に入りその足で渥美半島伊良湖へ向かい伊良湖からフェリーで鳥羽に向かい、湾岸線を愛知に向かい、途中から奈良へと進みます。
24日、奈良県内を4カ所祈り、その足で大阪へ移動、25日に大阪からフェリーで紀伊水道を進み鹿児島の志布志へ移動します。
26日に志布志に入り、桜島、大隅半島の先端を祈り、指宿へフェリーで渡り開聞岳の麓、川内原発、長島から天草、島原とフェリーで乗り継ぎ進みます。
島原から以降の予定として、長崎先端から玄海原発、志賀海、別府と御神事して周り、30日の夕方7時30分に出港するフェリーに乗り、31日に大阪に到着、滋賀県琵琶湖へと向かいます。この行程によって1月中に伝えられた御神事をギリギリ行うことが出来ます。

御神事の内容としては、納沙布岬から噴火湾までを行うことで、千島火山帯と那須火山帯、鳥海火山帯を抑える御神事となります。
苫小牧から仙台、名古屋とフェリーで海上での御神事にて北海道の千島海溝と日本海溝を行う事になり、北海道から東北、関東までのプレート型地震を抑える御神事になります。
関東から名古屋までのフェリーの御神事で、伊豆大島付近での伊豆七小笠原海溝、東京湾、富士火山帯、相模原トラフ、駿河トラフ、南海トラフといった東海地震、富士噴火を抑える御神事になります。
名古屋に入ることによって、東海地震、東南海地震を抑える御神事になり、名古屋から渥美半島の伊良湖から鳥羽に渡るフェリーの中での祈りは、中央構造線を抑える御神事になります。
奈良は、瀬戸内火山帯と中央構造線を抑える御神事になります。
大阪から紀伊水道を通り、鹿児島の志布志へと向かう行程では、瀬戸内火山帯、中央構造線、東南海地震、南海地震を抑える意味と南海トラフと琉球海溝との結び連鎖連動を切る御神事になります。
桜島、大隅半島の先端、開聞岳は、霧島火山帯の動きを抑える御神事、中央構造線の動きを抑える御神事、川内原発の事故を抑える御神事になります。
開聞岳、天草、島原は、沖縄トラフを、島原、長崎の先端、玄海原発、福岡の志賀海は、白山火山帯の九州での動きを抑える御神事になり、玄海原発の御無難無事故の祈りになります。
阿蘇山は、九州全体の厄災の祓いと自然界のバランス調整の祈りを行います。
別府で霧島火山帯と中央構造線と瀬戸内火山帯の祈りを行います。
大阪湾へ向けての航海中に、中央構造線と瀬戸内火山帯の抑えとバランス調整の祈りを行いながら移動します。
31日中に琵琶湖まで移動し、白山火山帯の抑えと関西近畿全体の自然界のバランス調整の御神事を行います。

これらが今月いっぱいで行うように指示された御神事になります。

九州から大阪に戻りました後、2月1日2日を福井県の5カ所の原子力施設の無難無事故を祈る予定でおりますが、
場合によっては2月1日に沖縄に戻り、沖縄の東西南北を左周り、右回りする御神事になるかもしれません。この内容は九州を回ってからの状況によりますので、まだ未定です。
また、この1月31日までの御神事の中には、政治と経済の安定の祈り、感染病の拡大防止を含めたの祈りも含んでおります。

そしてもう一つ改めて強く指示された御神事が、外国での御神事になります。予算がない状況ではございますが、再三にわたり間に合わない、危ないと伝えられ続けている為、とにかく2月にアメリカニューヨーク、3月に上海、4月にロシアのモスクワとサンクトペテルブルクに向かう手続きをしました。
何とか伝えられている事柄に対応対処し、世界経済、近隣諸国との安定、戦争回避に努めてゆきます。

どうか、祈り合わせの呼びかけをしました際には、皆様の真心の力添え、また、ご支援ご協力をお願い致します。

比嘉良丸
比嘉りか

*今回の行程、参考地図*
20160118

現在の御神事の状況について

2016.01.14.21:15

新暦1月14日(旧暦12月5日 きのと 未 仏滅)
大国ミロク大社の比嘉良丸です。
年明けて半月が経とうとしております。
年明けから経済の混乱の啓示がありました。仕事始めとなる4日から世界で大暴落があり、日本は6日、10日にその影響を受けて大暴落が起きると啓示で伝えられました。そして、最低ライン17000円台を何とか維持するようにとも伝えられ、伝えられている暴落が起きないように、最低ラインの台を維持する状態となるように年末年始と御神事を行い、今も続けております。実際にはかなり厳しい状況であり、10日以降も油断できない状況が未だに続いております。
これに加えて、1月14日以降として東日本、西日本での大きな地震の前震となる、プレート型地震が起きると伝えられてもおります。この前震ですが、震度5強以上であれば前震に、震度5弱であれば後に続く地震を分散する動きであると伝えられています。今のところは、震度5弱のエネルギーを逃がす地震の発生があり、なんとか祈りが通っていると思っております。
気になっておりますのは、瀬戸内側での地震と九州の薩摩といった九州の太平洋側、奄美といった地域です。この地域での地震は、発生場所によって分散にも、大きな地震を誘発する動きにもなる微妙な場所であり、気の抜けない、集中を必要とする地域となっております。
昨年から北海道、九州等にて御神事を行っておりますが、東北から北海道までの地震、九州、中国、四国側での地震が発生しており、これらは、沖縄トラフ、中央構造線、霧島火山帯、瀬戸内火山帯といった場所に関連した地震になっています。これら地域の地震が引き金となり、西日本のプレート型地震を誘発する可能性も高まっており、自然界も油断できない状況があり、先日までは西日本での御神事を行ってもおりました。
政治経済といった世の中も自然界も、常に動き変動しております。
些細な事がきっかけで、大きくどのようにも動くのが世の中、社会です。自然界も常に大きな地殻の動き地殻変動によって、エネルギーは溜められ、その溜まりにたまったエネルギーが、いつどこで放出するか動き出すか先を読んで、それを一か所ではなく分散分割し、穏やかにそのエネルギーを出して行かなければいけません。そういった事柄に集中しながら、現状何とかしのいでいる状態であります。
ここ数日は、関東から離れる事が出来ずにおり、関東一沿を御神事しております。明日以降は、仙台へ移動し北海道へと向かいます。

今回当初の予定を大きく変更となりました。当初は、内陸部を車で北上してゆく予定でしたが、本州の海沿いを御神事しながら仙台まで車で移動し、15日仙台からフェリーに乗って北海道に入ります。
16日午前中に苫小牧に入港し、札幌で大事な用事を済ませた後、夫婦で旭岳へ行き御神事を行い、その足で襟裳岬まで夫婦で行きたいと考えております。
妻は18日に沖縄に戻り、私は、21日に苫小牧からフェリーに乗り仙台を経由し名古屋まで参ります。
これによって、行きは東北から北海道までの日本海溝の祈り、そして襟裳岬まで祈る事で、北海道から日本海溝、千島海溝を祈る事になります。そして、苫小牧から名古屋のルートは、相模トラフ、駿河トラフ、南海トラフの祈りを行いながら名古屋に入港します。
23日に名古屋に入港しましたら、念の為、1月10日におこなった伊勢湾一周をもう一度行います。伊勢湾を一周し、紀伊半島をめぐり奈良に入り、奈良で4ヶ所の場所を御神事し、奈良から兵庫淡路を経て四国へ移動します。四国は、太平洋側の海沿いを西へ南下し、愛媛の佐田岬の先端からフェリーで大分に入り、大分から太平洋側を回り、鹿児島の大隅から向かいの指宿へ渡り、そこからまた長崎へフェリーで渡り繋ぎ東シナ海側を御神事しながら移動、九州に入ったように大分から四国に渡ります。
帰りの四国は、瀬戸内側沿いを回り最終的に愛媛、香川、徳島から淡路に行き、兵庫神戸と周り、その時点で時間があれば京都舞鶴、福井の原子力発電まで足を延ばしたいと思います。
しかし、日にちが無ければ、大阪から一旦沖縄に戻り、2月6日の沖縄で宮の大祭になります節分祭と同じく大祭になります2月8日の旧正月の祈りを行います。
この時、妻と共に新年の御守りの最終的な祈りとまとめを行い、私は2月11日から本州に再び上がり、本州での御神事を再開します。

今、更に伝えられている啓示があります。今の経済を本当に落ち着かせるための御神事として2月末から3月にかけて、海外に飛ぶようにと伝えられております。場所は、中国とアメリカで、2月は中国で上海、北京の2都市。3月はニューヨークで、それぞれにて経済の安定と平和を中心とした御神事を行うようにと強く伝えられておりますが、正直なところ、そこまでの予算が無く向かう事が出来ない状況にあります。
昨年は、強く言われた海外御神事を自分の予算不足から行くことが出来ず、自然災害や戦争への道が出来てしまいました。4月のネパールの地震、ロシアとトルコの中東問題を抑える為のモスクワ、サンクトペテルブルク、トルコへと御神事に行くように伝えられておりましたが、資金を工面する事が出来ず日本から何とか御神事を行って参りましたが、やはり完全にそれを回避する事は出来ず、社会情勢が戦争への悪しき流れへと進んでいるのが実情です。
昨年末、皆様に支援を頂き、何とか今年1月2月の御神事を行えるようになりました。おかげ様で、現在の総走行距離が30万キロになる今の車をローンで買い替える事もでき、今後も日本での御神事が出来る道は出来ました。
このように皆様にお力添えを頂きながら、再びのご支援の御願いを致しますのは、大変心苦しい限りではございますが、私共夫婦をどうか、上海、北京、ニューヨークにて御神事が出来るよう、伝えられております世界同時経済崩壊を防ぐための御神事をさせていただけませんでしょうか。
出来るだけの日本での対応、御神事は行っておりますが、それでも現地に直接足を入れ、その流れを変えるようにと伝えられております。
いつも勝手なお願いで大変申し訳ございません。どうか皆様のお力添えいただけますようお願いいたします

比嘉良丸
比嘉りか

*この度の行程の大まかな参考地図*
20160115地図

現在の御神事について

2016.01.08.09:30

新暦1月8日(旧暦11月29日 つちのと 丑 先負)

いつも共の願い祈りのお力ありがとうございます。
大国ミロク大社の比嘉良丸です。
昨夜成田へ入りまして、そのまま福島に行き地震に対する御神事の予定でしたが、急遽変更を伝えられまして、経済に対しての事をもう一度しっかりとしないといけない、関東での御神事に変更せよと伝えられまして、今、経済の中心となる東京で経済の安定に対する御神事を行っております。
福島へと向かいますのは、14日の発生を伝えられております啓示に基づく地震の抑えの為でございます。この件については、北海道に上がる際の13日に、茨城から福島、宮城まで御神事を行って北海道に入る行程を取る事で対応してまいります。

本日もどうか、皆様の真心のお力添えの程をよろしくお願い致します。

**昨年12月17日の3時の祈り合わせで伝えられました言葉を掲載します**

一つずつ 一つずつ 
道は進みゆき 大切なる流れを 整え続けてゆこう
人は 未来を見据え続け 見失うことなく 
繋ぎ続けゆくが良い
大切なる 日々の暮らし生活 
それを 守ることが出来るか 出来ないかも 
自らの判断 選択 行動に かかってくるものである
人は 調和をとり 協力し合いながら 生きゆくこと 
叶う筈である
多くの命達と共に この星の上にて 共に生きゆく命として 
協力し合いながら 共存し続けゆかれよ


****

比嘉良丸
比嘉りか

**祈りの和information**

new!!
1月7日政治経済のチームより、現在の政治や経済といった事についての内容の記事が掲載されております。
こちらのチームのブログもどうぞご参照ください。下記画像をクリックするとブログがご覧になれます。
↓クリック↓
icon-seikei1

本日から御神事について

2016.01.07.11:40

新暦1月7日(旧暦11月28日 つちのえ子 友引)

いつもお力添えありがとうございます。
大国ミロク大社の比嘉良丸です。

今日1/7日。私比嘉良丸は、沖縄から千葉県成田空港に入り、預けている車を受取り福島県南相馬、宮城県女川原発へと御神事を行う為進みます。
その後、9日の愛知県中部国際空港に23時30分頃に到着する便で本州入りをする妻を迎えに向かいます。この迎えに行く途中、福島県磐梯山、猪苗代湖、静岡県天竜川、浜名湖と御神事を行いながら向かいます。
10日の朝日の時間に合わせ、知多半島師崎で新月の御神事を行います。その後は、三重県二見浦、鳥羽から愛知県渥美半島伊良湖、東谷山と御神事を行い、11日の朝、奈良県に移動します。
今回の御神事は、1月4日年明けの仕事始めが、世界規模の株安の動きで始まり、翌5日は、大規模な下落。
日本はその時点で17000円から18000円台の値となっており、6日の朝から大規模下落が始まり、最終値が12000円から13000円までといった約5000円台の下落が起こる。その後、1月7日から9日の間は、何とか小幅な動きとなるが、1月10日の3時頃にいきなりの下落が起き株の値が7000円台まで落ち込むといった内容が、昨年の始めに啓示で伝えられて来ていました。
その為、昨年の10月頃からは、伝える時期になったという事を受け、共に御神事を行う方々や書き込みなどで皆様にも年明け早々に経済の混乱起きると伝えまして、御神事を昨年から今年までの間に行い、何とか今年1月4日と6日は大きな下落と混乱は避けられましたが、1月10日に伝えられている内容がまだ残っている事。そして、この日は、新月の御神事を執り行う日でもあり、その為、この新月の御神事は、これまで以上の行動力、集中力、意識力、祈る力が必要になります。

更に、経済の混乱を回避後には、今度は、自然災害の危険が迫り来きます。
1月14日宮城県と福島県の間の沖合いで大地震の前震(銚子沖での本震に続く地震)と、15日から16日かけ伊勢湾、三河湾内周辺で前震(東南海地震、中央構造線での本震に続く地震)が起きる。
これら前震が起きると2月から3月かけて各本震が起きると伝えられており、これら回避の御神事を行います。
この自然の動きについての御神事を行いました後、1月12日は、大阪での歯の治療を受け、13日青森まで移動、14日に北海道に渡り、札幌で大事な用事を済ませて、15日に北海道旭岳で御神事を行うという予定でおります。

北海道での御神事内容は改めてお伝えします。

どうか、今年も皆様の真心のお力添えの程をよろしくお願い致します。

比嘉良丸
比嘉りか

*今回の行程(大まかな参考です)*
20160107良丸行程

**祈りの和information**

new!!
1月7日 本日、政治経済のチームより、現在の政治や経済といった事についての内容の記事が掲載されております。
こちらのチームのブログもどうぞご参照ください。下記画像をクリックするとブログがご覧になれます。
↓クリック↓
icon-seikei1

新年の啓示について

2016.01.05.19:50

新暦1月5日(旧暦11月26日 ひのえ 戌 赤口)

今日、1月5日になりました。
12月31日よりお宮で年越しの御神事を行い、翌日1月1日には、朝日の御神事を御宮で行いました。この時年明けから強く注意を伝えられている内容の啓示について、どの様に御神事を行い回避してゆくかというやり取りの再確認と御神事を行いました。

2日、3日は昨年一年を通して支援してくださいました方々のご家族の繁栄と健康祈願をさせていただきました。御宮で行うべきではございますが、来客がありますと集中が途切れてしまいますので、私達の神棚より祈願させていただきました。

昨日4日は、昨年の10月から伝えていました内容ではございますが、1月6日に日本の経済がとんでもない状況に陥る、その前に年明け早々アメリカを中心に世界の株が暴落し、最終的に1月6日に日本でバブル崩壊、リーマンショックを超える大打撃を受ける状況になると伝えられておりました。
そのことは昨年1月から伝えられ続けている事で、10月頃から神子達に伝えてきました。
この啓示を打開するために、昨年中は自然災害も含めて日本列島を回ってきました。
そして今年2016年1月4日に船で沖縄の西の沖合に3時間かけて向かい、今年一年に起こる厄災、とにかくまず目の前の厄災を取り除く御神事を行いました。
まだ暗いうちの出港でしたので、朝日の出る時間から正午にかけての間、厄災を祓い清める祈りを致しました。午後3時には、経済が混乱する事無く、世の中の人々が衣食住決して困ることなく、医療や福祉、教育を十分に受ける事が出来るように。食に困る人、住む所に困る人、医療を受ける事が出来ず困る人、福祉を受ける事が出来ずに困る人等が出ないようにと願い祈りを致しました。
この間には、よく誤解を受けるのですが、御神事の一環として、次の祈りの時間までの待ち時間に釣りを行います。魚を釣るという事は、海の幸を頂くという事であります。そして、その幸を頂き港に戻り、港に入る直前にこの海の幸、即ち、至福、衣食住の神徳を頂きました。この神徳をもって上陸する事により、この神徳が陸地全て、世界全てへと広がりますようにという祈りを行いました。
更に、今日の朝日では、太陽があがるその直前に、昨日の西にて、今日の日に悪い物が入らないように清めを行い、西から海の幸、衣食住、神の進徳をいただいてまいりました。
朝日と共にその進徳全てを世界中の人々に分け与えていただけますようにと願い祈り致しました。
神子の中の3人の姉妹が、東の朝日を望む聖地から、朝日の時間に祈りをしていただき、私達は、皆様に海の幸と五穀の進徳がありますようにと願い祈りをさせていただきました。

実際には、年明けに経済は本当に厳しい状況に陥ると伝えられています。世界中で衣食住に困る人が出てくるとも伝えられております。すでに、年明けから株価が安値になりましたが、これによって、財産をなくす人も出た可能性もあります。企業や会社、老後の為に株を行っている人たちが、本当に生活に困らないようにと願い祈りを致しました。
しかし、当初伝えられていた内容よりも、暴落せずに済んでいると思われます。
伝えられている6日の日本での暴落は、6日に5000円規模の急激な株安まで行き、2、3日上げ下げを繰り返しながら、10日に更に5000円安くなり、トータルで10000円の暴落になると伝えられてきております。そのような状況にならないようにと、昨年中も御神事を行って参りました。

昨日の4日の海上で朝日の清め改めが、悪い状況が世の中に反映するのを抑える御神事でありました。何とか当初の原因は、大きく抑えられたと思っております。
明日6日の朝日、東京の日の出に合わせて御神事をさせていただきます。日本時間でまだ株式が始まらない時間に願い祈る事で、どれだけ世の中に悪いことが反映しないように、起きないようにすることが出来るかが鍵になります。
何とか明日、きちんとできるように全力を尽くしてまいります。

このように御神事が出来ますのも、一年通してご支援してくださいました方々の御蔭でございます。
改めて感謝申し上げます。ありがとうございます。
昨年10月の窮地に支えてくださいました方々、本当にありがとうございます。

今年からは、2月6日の節分祭、5月28日の陰陽祭、11月15日の艮祭の当宮大国ミロク大社の3回の大祭と新年を迎える御神事に合わせて、支援していただきました皆様とそのご家族様の健康祈願をさせていただきます。
私達の感謝の気持ちとして、いただきましたお力添えを自分自身の御神事を邁進してゆくという事、きちんと役割を果たしゆくという事で表してまいります。

今年もどうぞ、よろしくお願い致します。

比嘉良丸
比嘉りか

2016年1月1日の朝日に祈りを行いました動画になります。
※画像をクリックすると動画の画面に移動します※

2016年1月1日 新年 朝日の祈り

2016年1月1日

2015年12月31日 年越しの祈りと啓示

2015年12月31日
情報サイトリンク

◆地震情報《気象庁》
◆火山情報《気象庁》
◆台風情報《気象庁》
◆警報・注意報《気象庁》
◆海外の地震情報《JIS》
◆マーケット情報《ロイター》

イベントのお知らせ
最近の記事
関連サイト
検索フォーム
年別アーカイブ
携帯用QRコード
QR