事務局掲載

2017.02.28.09:00

皇紀2677年 西暦2017年 平成29年 ひのと酉年
新暦2月28日 旧暦2月3日 ひのえ 戌 仏滅

*丙(ひのえ)とは
火(五行)燃え上がる炎・太陽を意味。万物が明らかになる状態。(十干の意味)
*仏滅(ぶつめつ)とは
「仏も滅する凶日」との意味で、六曜の中で最も凶の日とされ、
婚礼や祝い事を避ける風習がある。
「何事も遠慮する日、病めば長引く、仏事はよろしい」ともいわれる。また『物滅』として「物が一旦滅び新たに物事が始まる」とされ、「大安」よりも物事を始めるには良い日との解釈もある。
*月齢1.5 三日月(みかづき)3日頃
通常、新月後最初に出る月であったので、「朏(みかづき・ひ)」という文字で表されることもある。
三日月には異称が多く、初月(ういづき)・若月(わかづき)・眉月(まゆづき)など。


いつも真心からのお力添えありがとうございます。
本日は国内外の地震情報・マーケット情報・ニュースを掲載しております。

*2月27日15時時点の地震情報
*画像をクリックすると少し大きくなります。
地震分布図
分布図
⑪2017年2月27日/14時20分頃/福島県沖/M4.6/震度2
⑩2017年2月27日/11時17分頃/三陸沖/M4.6/震度1
⑨2017年2月27日/8時26分頃/千葉県東方沖/M3.7/震度2
⑧2017年2月27日/8時23分頃/熊本県熊本地方/M2.4/震度1
⑦2017年2月27日/8時17分頃/小笠原諸島東方沖/M4.9/震度1
⑥2017年2月27日/6時38分頃/日高地方東部/M4.0/震度2
⑤2017年2月27日/4時11分頃/熊本県熊本地方/M2.1/震度1
④2017年2月27日/3時09分頃/福島県沖/M3.7震度/2
③2017年2月27日/0時03分頃/福島県沖/M4.9/震度4
②2017年2月26日/23時54分頃/福島県沖/M4.2/震度3
①2017年2月26日/20時34分頃/岩手県沖/M3.8/震度2
※番号は発生順であり、震度や大きさに関係はありません。
番号は震源地にあてていますが、②・③・④・⑪と⑤・⑧は番号が重なってしまうため多少ずらして掲載しております。
詳細は下記の各震源地の図をご参照くださいませ。
地震1 地震2 地震3 地震4
地震5 地震6 地震7 地震8
地震9 地震10 地震11

*2月27日15時時点の世界の地震情報
世界1 世界2
◆地震情報《気象庁》
◆火山情報《気象庁》
◆海外の地震情報《JIS》

*2月27日15時時点のマーケット情報
為替1 為替2 為替3
◆マーケット情報《ロイター》

*国内外のニュース
「表現の自由」調査 政府、国連報告者に反論
産経新聞 2/26(日) 7:55配信 Y.N
詳しくはこちらをクリックして下さい

以上 事務局より

本日出発いたします

2017.02.27.09:00

皇紀2677年 西暦2017年 平成29年 ひのと酉年
新暦2月27日 旧暦2月2日 きのと 酉 先負

*乙(きのと)とは
木(五行)草木花を意味。擦れ合いながら抜け出す状態。(十干の意味)
*先負(せんぶ)とは
「先んずれば負け」の意味で、勝負事や急用は避けるほうがよいと
される。午前中は凶、午後は吉。
かつて「小吉」「周吉」と書かれ吉日とされていたが、字面により現在のような解釈がされるようになった。
万事に平静であることが良いとされ、勝負事や急用は避けるべきとされる。
*月齢0.5 繊月(せんげつ)2日頃 二日月(ふつかづき)とも言う。
日没後1時間前後のまだ明るい空に、繊維の様に細い月が見えることがある。


いつも真心からのお力添えありがとうございます。

大国ミロク大社の比嘉良丸、比嘉りかです。
昨日夫と合流しました。
夫は、かなり体調を崩しておりましたが、何とか行ける状況ということですので、本日、イギリスへと移動いたします。

改めまして、夫からの啓示についてや御神事についての内容はお伝えさせていただきます。
取り急ぎのご連絡となってしまいましたが、何卒ご了承くださいませ。

それでは、行ってまいります。

比嘉良丸
比嘉りか

**以下事務局より**

本日は国内外の地震情報・マーケット情報・ニュースを掲載しております。

*2月26日15時時点の地震情報
*画像をクリックすると少し大きくなります。
分布図
地震分布図
⑤2017年2月26日/5時14分頃/鳥取県中部/M3.1/震度3
④2017年2月26日/5時11分頃/茨城県南部/M4.0/震度2
③2017年2月26日/2時20分頃/茨城県沖/M3.8/震度1
②2017年2月25日/18時21分頃/北海道東方沖/M4.2/震度1
①2017年2月25日/15時52分頃/茨城県北部/M3.0/震度1
※番号は発生順であり、震度や大きさに関係はありません。
地震① 地震② 地震3 地震④
⑤地震

*2月26日時点の火山情報
火山

*2月26日15時時点の世界の地震情報
世界1 世界2
◆地震情報《気象庁》
◆火山情報《気象庁》
◆海外の地震情報《JIS》

*2月26日15時時点のマーケット情報
為替1 為替2 為替3
◆マーケット情報《ロイター》

*国内外のニュース
陸自が米海兵隊と合同訓練、離島奪還を想定
TBS系(JNN) 2/26(日) 12:02配信 A.K
詳しくはこちらから

以上 事務局より

事務局掲載

2017.02.26.09:00

皇紀2677年 西暦2017年 平成29年 ひのと酉年
新暦2月26日 旧暦2月1日 きのえ 申 友引

*甲(きのえ)とは
木(五行)大木を意味。押さえ込まれ芽が出ない状態。(十干の意味)
*友引(とは)
「凶事に友を引く」との意味。かつては「勝負なき日」の意味。
勝負事が引き分ける「共引」とも呼ばれた。
朝は吉、昼は凶、夕は大吉。可もなく不可もなくという日。
ただし葬式を忌むとされる。
中国語の「留引」を「ゆういん」と読むことがルーツ。
現在あることが継続・停滞することを表し、良き事象なら継続を、悪き事象なら対処することとし、「状況を推し量り行動する日」。
*月齢29.1 新月(しんげつ)1日頃
朔のこと。陰暦の月の第一日。ついたち。月と太陽とが同じ方向にあって、地球に対して月の暗い面を向ける。
月が見えない時期のため、昔は三日月から逆に遡って、朔の日付を求めた。新月の呼び名は英語で「New Moon」。

いつも真心からのお力添えありがとうございます。
本日は国内外の地震情報・マーケット情報・ニュースを掲載しております。

*2月25日15時時点の地震情報
*画像をクリックすると少し大きくなります。
地震分布図
2月25日地震分布図
⑧2017年2月25日/13時53分頃/宮城県沖/M4.5/震度2
⑦2017年2月25日/12時02分頃/鹿児島湾/M2.5/震度1
⑥2017年2月25日/11時50分頃/奄美大島北東沖/M4.4/震度1
⑤2017年2月25日/10時19分頃/茨城県南部/M3.6/震度2
④2017年2月25日/0時48分頃/宮城県沖/M3.7/震度1
③2017年2月24日/20時32分頃/熊本県熊本地方/M3.1/震度2
②2017年2月24日/19時53分頃/和歌山県北部/M3.0/震度2
①2017年2月24日/16時11分頃/茨城県北部/M3.3/震度1
※番号は発生順であり、震度や大きさに関係はありません。
番号は震源地にあてていますが、④と⑧は番号が重なってしまうため多少ずらして掲載しております。詳細は下記の各震源地の図をご参照くださいませ。
地震2 和歌山 地震3 地震4
地震5 地震6 地震⑦ 地震⑧

*2月25日15時時点の世界の地震情報
海外1 海外2
◆地震情報《気象庁》
◆火山情報《気象庁》
◆海外の地震情報《JIS》

*2月25日15時時点のマーケット情報
為替1 為替2 為替3
◆マーケット情報《ロイター》

*国内外のニュース
「共謀罪」法案の概要判明 薬物など5分類277種類
朝日新聞デジタル 2/25(土) 7:09配信 Y.N
詳しくはこちらから

以上 事務局より

事務局掲載

2017.02.25.09:00

皇紀2677年 西暦2017年 平成29年 ひのと酉年
新暦2月25日 旧暦1月29日 みづのえ 未 大安

*癸(みずのと)とは
水(五行)雨や露や池を意味。規則正しく萌芽する状態。(十干の意味)
*大安(たいあん)とは
「大いに安し」との意味で大吉日。婚姻,移転,建築,旅行,新規
事業の開始など,何事においても吉、成功しないことはない日と
され、終日吉とされる。
本来はこの日に何も行うべきではないとする説もある。かつては
「泰安」と書き「たいあん」が本来の読みということになる。
*月齢28.1三十日月(みそかづき)新月頃。旧暦の30日頃を意味します。
旧暦の30日なので、月末を「晦日(みそか)」というのはこのため。
また「晦日(つごもり)」ともいう(大晦日を「おおつごもり」ともいう)。
月が見えない「つきこもり」が転じたもの。


いつも真心からのお力添えありがとうございます。
本日は2月24日3時の祈り、国内外の地震情報・マーケット情報・ニュースを掲載しております。



**2月24日3時の祈りに伝えられた御言葉**

大地の変動は 確かに 大きなものである
けれども それらは 事前に人々へと 知らされ続けており 
そして それは 人々の意識により 大きなものではなく 小さなものへと 
災いを小さくすることも出来るのである
身を守ること 家族を守ること 大切なものたちを守ること
その意識をしっかりと持ち 共に協力し 助け合うこと出来れば 
しっかりと その大きな災いは 
中難 小難へと 変わりゆくことが出来るのである
もちろん 揺れを変えるということではない
被害を最小限に抑えることが出来るということである
人々の意識が しっかりとしたその意識が 
動く地球に 動く大地に生きている 住んでいるという 
その意識が しっかりとあれば 
防災という名の 自らの命を守る 
大切なるものたちを守るための行動は 
出来る筈であるのだ
また 地球には 生きとし生けるものの 人々も含めた 命たちを守るため
育むための 誕生する 生まれるための 
自然の仕組みが備わっており 廻り続けている
人間のその行為により それらは大きく変わり続けてきているが
それでも 雨は降り 風は吹き そして 大地は揺れゆく
人間が 科学技術により 蓄積したその知恵 そして その技術
人間が 人間のその情報を知り 
そして 信じ 動くことは 大切なことでもある
すべての物事が 真実だということではない
しかしながら こと 自然の動きにおいては 
人々のそのデータは 確かに 確かなるものであろう
情報を操作されている
確かにそうである
意識を極限にまでもたらされ 持たされ 
そして その極限までの精神 意識 緊張により 
人々のその精神が 少しづつ ずれ 崩れてもいっているのである
けれども 災害 自然の動きにおいては 
人々のその知恵 情報 データは そう大きくは違わないものでろあう
そうではないのか
過信することなく 信じ 
そして 未然に 自らや 大切なるものの命を守る行動をとることは 
大切なことになりゆく
命たちを守るためのその行為を 恐ろしいという一言で片付けないでほしい
命たちを育むその流れを 恐ろしいという一言で片付けないでほしい
自然は 人々へと 警鐘を鳴らし続けてきている
それに聞く耳を持つか 持たないか
それに対して 行動を起こすか 起こさないか
地球と共に生きゆくか 生きゆかないか
それが今の人間への課題でもある


*動画*
*画像をクリックすると動画サイトに移動します

*2月24日 15時の祈り合わせ
20170224 15時の祈り合わせ


*2月24日15時時点の地震情報
*画像をクリックすると少し大きくなります。
地震分布図
地震分布図
③2017年2月24日/9時28分頃/茨城県北部/M3.0/震度1
②2017年2月24日/5時40分頃/千葉県東方沖/M2.6/震度1
①2017年2月23日/21時31分頃/宮城県沖/M2.9/震度1
*番号は発生順であり、地震の規模とは関係ありません。
地震1 地震2 地震3

*2月24日15時時点の世界の地震情報
世界① 世界②
◆地震情報《気象庁》
◆火山情報《気象庁》
◆海外の地震情報《JIS》

*2月24日15時時点のマーケット情報
為替① 為替② 為替③
◆マーケット情報《ロイター》

*国内外のニュース
①中国は、低高度レーザー防空システム「サイレント・ハンター」をデモンストレーションした。「サイレント・ハンター」は、アブダビで開かれた国際軍事見本市「IDEX」で展示された。「人民日報」が報じた。
スプートニク2017年2月23日(K.A)
詳しくはこちらをクリックして下さい


以上 事務局より

現在の状況について

2017.02.24.09:00

皇紀2677年 西暦2017年 平成29年 丁(ひのと)酉年
新暦2月24日 旧暦1月28日 壬(みずのえ)午 仏滅(ぶつめつ)

*壬(みずのえ)とは
水(五行)海や泉や大河を意味。芽が出ようとして膨らんでいる状態。(十干の意味)
*仏滅(ぶつめつ)とは
「仏も滅する凶日」との意味で、六曜の中で最も凶の日とされ、
婚礼や祝い事を避ける風習がある。
「何事も遠慮する日、病めば長引く、仏事はよろしい」ともいわれる。また『物滅』として「物が一旦滅び新たに物事が始まる」とされ、「大安」よりも物事を始めるには良い日との解釈もある。
*月齢27.1有明月(ありあけづき)26日頃
夜明けの空(有明の空)に昇る月。本来は十六夜以降の月の総称。この時期に限定すれば「暁月」の方が正確か。古くは二十六夜講などの風習があった。

*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*

いつも真心のお力添えありがとうございます。
大国ミロク大社の比嘉りかです。

本日夫より連絡が次のようにありましたので、皆様へお伝えさせていただきます。

**比嘉良丸より連絡**

いつも真心のお力添えありがとうございます。
大国ミロク大社の比嘉良丸です。

先日22日の御殿場から伊豆半島の先端に戻りまして石廊崎、相模湾の熱海、城ケ島、海ほたる、野島半島、犬吠崎とまわり、本日犬吠崎から常磐道へはいり、郡山を経て猪苗代湖、磐梯山に向けての祈りを行います。
その後は、新潟県柏崎へ向かい、柏崎刈羽原発にて無事故、無難の祈り、糸魚川へ行きまして構造線に沿っての小難無難の祈り、そこから上信越道を通って埼玉、東京、そして成田と移動してきます。本日24日、25日、26日と私一人で回ります。かなりのハードスケジュールの為、途中での動画配信での状況のご連絡はする事が出来ませんが、3時にあります妻の祈り合わせにてどうか、平和、平穏、平安、安定の世の中になるよう共に願い祈りいただけますと幸いです。

今回もこのようにハードではありますが、御神事が行えておりますのもご支援くださいます方様のお蔭でございます。本当にありがとうございます。
その御心に答える為にも、自分自身も無難無事故で努めてまいります。
心から感謝申し上げます。
ありがとうございます。

比嘉良丸

**以上**

下記に今回の2月14日からの夫の移動行程図を掲載しております。合わせてご覧いただけますと幸いです。

比嘉りか
※画像をクリックすると少し大きくなります。
2017年2月14日からの移動行程図

**以下事務局からの情報**

いつも真心からのお力添えありがとうございます。
本日は国内外の地震情報・マーケット情報・ニュースを掲載しております。


*2月23日15時時点の地震情報
*画像をクリックすると少し大きくなります。
地震分布図
地震分布図
⑥2017年2月23日/14時55分頃/天草灘/M3.4/震度1
⑤2017年2月23日/13時01分頃/紀伊水道/M3.7/震度2
④2017年2月23日/6時47分頃/鹿児島県薩摩地方/M2.9/震度1
③2017年2月23日/3時13分頃/日向灘/M3.4/震度2
②2017年2月22日/18時53分頃/茨城県北部/M3.8/震度2
①2017年2月22日/18時12分頃/熊本県熊本地方/M3.3/震度3
*番号は発生順であり、地震の規模とは関係ありません。
地震2 地震3 地震4 地震5
地震6 地震7

*2月23日15時時点の世界の地震情報
世界1 世界12
◆地震情報《気象庁》
◆火山情報《気象庁》
◆海外の地震情報《JIS》

*2月23日17時時点のマーケット情報
為替1 為替2 為替3
◆マーケット情報《ロイター》

*国内外のニュース
①中国の人工島、地対空ミサイル配備用とみられる構造物完成=関係筋
ロイター 2/22(水) 19:23配信 N.I K.A A.K
詳しくはこちらをクリックして下さい

以上 事務局より



事務局掲載

2017.02.23.09:00

皇紀2677年 西暦2017年 平成29年 丁(ひのと)酉年
新暦2月23日 旧暦1月27日 辛(かのと)巳 先負(せんぶ)

*辛(かのと)とは
金(五行)加工された金属・貴金属を意味。成長を極めて変革する状態。(十干の意味)
*先負(せんぶ)とは
「先んずれば負け」の意味で、勝負事や急用は避けるほうがよいとされる。
午前中は凶、午後は吉。
万事に平静であることが良いとされ、勝負事や急用は避けるべきとされる。
*月齢26.1有明月(ありあけづき)
26日頃 夜明けの空(有明の空)に昇る月。本来は十六夜以降の月の総称。
この時期に限定すれば「暁月」の方が正確か。古くは二十六夜講などの風習があった。

いつも真心からのお力添えありがとうございます。
本日は2月22日3時の祈り、国内外の地震情報・マーケット情報・ニュースを掲載しております。


**2月22日の3時の祈りに伝えられた御言葉**
人が 気付くのは 各々 それぞれにより その時 異なる
しかし その道 繋ぎ続けゆかなければ
人々は 迷い続けることにもなる
気付いた者は 知った者は 理解出来た者は
気付かぬ者 分からぬ者 迷っている者へ 伝えることも 必要である
しかし 人それぞれの 時 気づく時が あるとゆうことを 念頭におき
無理やりに 強く 押し続けるのではなく
試行錯誤しながら 伝える手段を 変えながらでも 伝え続けゆく 
それが 大切である

命の源 地球 人々 自らの命も 同じく その源に直結している
自然を理解し 地球を理解し 命達と共に 歩みゆく未来を 
繋ぎ続け 伝え続け 残し続け
自分本位ではない 他者の 他の命達のことも考えられる 
その心を 精神を 意識を 忘れてはいけない
自分本位になった時 破滅へと向かう
いや 破壊へと向かう
壊してはならない
壊してはならない


*動画*
*画像をクリックすると動画のサイトに移動します

*2月22日 15時の祈り合わせ
20170222 15時の祈り合わせ


*2月22日の地震情報
*画像をクリックすると少し大きくなります。
地震分布図
①2017年2月21日/19時41分頃/山梨県中・西部/M3.1/震度2
地震①

*2月22日15時時点の地震情報
世界① 世界②
◆地震情報《気象庁》
◆火山情報《気象庁》
◆海外の地震情報《JIS》

*2月22日15時時点のマーケット情報
為替1 為替2 為替3
◆マーケット情報《ロイター》

*国内外のニュース
<ロシア>大統領選を来年3月11日に実施
毎日新聞 2/21(火) 20:27配信 Y.N K.S
詳しくはこちらをクリックして下さい

以上 事務局より

現在の状況と御神事について

2017.02.22.10:35

皇紀2677年 西暦2017年 平成29年 丁(ひのと)酉年
新暦2月22日 旧暦1月26日 庚(かのえ)辰 友引

*庚(かのえ)とは
金(五行) 剛金を意味。変更・改まる状態。(十干の意味)
*友引とは
「凶事に友を引く」との意味。かつては「勝負なき日」の意味。
勝負事が引き分ける「共引」とも呼ばれた。
朝は吉、昼は凶、夕は大吉。可もなく不可もなくという日。
ただし葬式を忌むとされる。
*月齢25.1有明月(ありあけづき)
26日頃 夜明けの空(有明の空)に昇る月。本来は十六夜以降の月の総称。
この時期に限定すれば「暁月」の方が正確か。古くは二十六夜講などの風習があった。


*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:

いつも真心からのお力添えありがとうございます。
大国ミロク大社の比嘉良丸、比嘉りかです。
本日は、今朝夫より連絡がありました現在の状況を少しお伝えさせていただきます。
また、2月20日3時の祈りに伝えられた御言葉と事務局より国内の地震情報・ニュースを掲載しております。
合わせてご覧いただけますと幸いです。

比嘉良丸
比嘉りか

比嘉良丸からの連絡より

いつも真心のお力添えありがとうございます。
大国ミロク大社の比嘉良丸です。

20日に出雲大社にて祈りをしました後、出雲にて啓示があり、出雲から急遽紀伊水道から紀伊半島先端、潮岬にまいりまして、そこから、三重県鳥羽から伊良湖にわたり、浜名湖、浜岡原発、御前崎、富士川河口とまわり御神事を行いました。そして、先日出雲への移動中に突然右目が真っ暗になり見えなくなった事から明日23日に沖縄へ目の検査と治療の為に一旦戻る予定でおりました。しかし、昨日御殿場にての御神事の折に強い啓示があり、眼が真っ暗になり一時眼が見えなくなっている状態は失明ではなく、あなたに対して自覚してもらう為の警告だと伝えられました。
この内容については、改めてお伝えしたいと思いますが、このような事を伝えられまして、次の行程で御神事をするようにと指示がありました。現在おります御殿場から伊豆半島の先端に戻りまして石廊崎、相模湾の熱海、城ケ島、海ほたる、野島半島、犬吠崎を本日22~23日までに行い、23、24日を糸魚川、柏崎の構造線を行っておくように、そして、25日にまでに新潟の糸魚川までを行ってからイギリスへ行くようにと強い指示が伝えられましたのでそのように御神事を行ってまいります。そして、出雲到着前に起きました、私の右目が一時真っ暗になった状態については、失明では無い。あなたに警告を伝える為の事であるので、御神事をしながらゆっくり落ち着いてくる。今は、そのまま御神事を続けるように。御神事の合間に改めて病院に行くように。そのまま御神事を続けなさいとの指示もありました。
正直なところ、現在の私自身の状況、体力や目の事で日本海側も含めた行程を行えるのか、不安を抱えておりますが、神々様とやり取りをしながら進みたいと思っております。

皆様には、いつもお力添えを賜りまして、本当にありがとうございます。
この様な状況ではございますが、しっかりと御神事を行ってまいります。

また、ご支援くださいます方様には、心から感謝申し上げます。ありがとうございます。
しっかりと御神事を努めてまいります。どうか今後も御神事が出来ますように、御支えいただけますようお願い申し上げます。

比嘉良丸
比嘉りか

**2月20日の3時の祈りに伝えられた御言葉**

今もなお 人々の心は 欲や 私利私欲に 大きく支配されており
もちろん そうでない者がいることも 十分 理解はしているが
しかし 理解している者達は 
小さな 震えと共に 不安と共に うずくまり そのまま 立ち往生している
このままでは 世界が危ない
それは皆 十分 知っていることである
自分だけが 生き残るとか 自分だけが 助かるなどとゆう思いは 
捨てなければいけない
世の中は 目まぐるしく変わりゆき
生き残るすべは 厳しくなりゆく
戦 争いに進みゆけば 皆 戦場へと赴くことにもなろう
一人ひとりが 気を付けなければいけないことは
世の中が どのような流れになっているかとゆうことや
人々の 思いや意識が どこへ流れようとしているかとゆうこと
また 自分自身の その心 意識を 決して 見失うことなきように
流れに 流されることなく
しっかりと 平和で 安心して 過ごしゆく未来を 
見失うことなきように 持ち続けゆかなければならない
人々の混乱は 人が起こしゆく
人の心や 感情を 上手く操り そして大きな波を作りゆく
最初は 小さな一粒の 石かもしれない
小さな一言の 言葉かもしれない
けれどもその時 多くの その他多くの者達には 
自己の判断をすることが出来ず
流れに呑まれ また巻き込まれてゆく
それを 起こさないためにも 乗らないためにも
しっかりと 人々が 自ら 判断 基準 冷静なる考えを 
見失うことがなきように 努めゆかなければいけない
焦りと 不安と 怒りは 伝染しゆく
またそれが一度伝染すると 落ち着かせゆくことは難しい
振り返った時に 人々は その事の重大さに 責任を負うことが出来ず
逃げるために 自らを正当化しゆく
このようなことが 二度と起きないように 起きてはいけないのである
起きないようにするためにも 冷静なる者達が 
冷静なる判断をしてゆかなければいけない
今とゆう時ばかりを見つめ
現在とゆう 手前 今の身近なところだけを見るのではなく
今と そして未来を繋ぎ合わせ 中間もしっかりと考えながら
糸を紡ぐように 時間を紡ぎ続け 行動を紡ぎ続けゆかなければいけない
一つひとつの未来を 一人ひとりの未来を 潰さないためにも
戦 争いを 決して起こすことがなきように
穏やかな流れを生むよう 一人ひとりの心 冷静なる判断 しっかりと 持たれ
日々の暮らし 生活を 歩みゆかれよ


*動画*
*画像をクリックすると動画のサイトに移動します

*2月20日 15時の祈り合わせ
20170220 15時の祈り合わせ




いつも真心からのお力添えありがとうございます。
国内外の地震情報・マーケット情報・ニュース・関連画像・動画を掲載しております。

*2月20日15時から2月21日15時までの地震情報
*画像をクリックすると少し大きくなります。
2月20地震情報
②2017年2月20日/20時44分頃/和歌山県北部/M2.5/震度1
①2017年2月20日/18時48分頃/熊本県熊本地方/M2.3/震度1
*番号は発生順であり、地震の規模とは関係ありません。
地震1 地震2

*2月20日15時から21日15時までの世界の地震情報
世界地震1 世界地震2
◆地震情報《気象庁》
◆火山情報《気象庁》
◆海外の地震情報《JIS》

*2月21日15時時点のマーケット情報
為替1 為替2 為替3
◆マーケット情報《ロイター》

*国内外のニュース
①南スーダンで飢饉、人口の4割に飢えの危機
CNN.co.jp 2/21(火) 10:05配信
詳しくはこちらをクリックして下さい

以上 事務局より

事務局掲載

2017.02.21.09:00

皇紀2677年 西暦2017年 平成29年 丁(ひのと)酉年
新暦2月21日 旧暦1月25日 己(つちのと)卯 先勝

*己(つちのと)とは
土 柔らかい土を意味。絡まった糸を解す、秀でた物が更に伸びて行く状態。
*先勝とは
先んずれば即ち勝つ」の意味。
万事に急ぐことが良いとされ、午前中は吉、午後2時より午後6時までが凶。
*月齢24.1有明月(ありあけづき)
夜明けの空(有明の空)に昇る月。本来は十六夜以降の月の総称。この時期に限定すれば「暁月」の方が正確か。古くは二十六夜講などの風習があった。


いつも真心からのお力添えありがとうございます。
本日は国内外の地震情報・マーケット情報・ニュースを掲載しております。

*2月20日18時時点の地震情報
*画像をクリックすると少し大きくなります。
2月20日地震情報
②2017年2月20日/9時22分頃/熊本県熊本地方/M1.5/震度1
①2017年2月20日/1時50分頃/兵庫県南東部/M2.3/震度1
*番号は発生順であり、地震の規模には関係ありません。

地震1 地震2

*2月20日18時時点の世界で起きた地震
世界① 世界②
◆地震情報《気象庁》
◆火山情報《気象庁》
◆海外の地震情報《JIS》

*2月20日18時時点のマーケット情報
マーケット1 マーケット2 マーケット3
◆マーケット情報《ロイター》

*2月20日国内外のニュース
①米国 新たな対露制裁を準備
Sputnik 2017年02月19日 23:53 (K.N)
詳しくはこちらをクリックして下さい

以上 事務局より

事務局掲載

2017.02.20.09:00

皇紀2677年 西暦2017年 平成29年 丁(ひのと)酉年
新暦2月20日 旧暦1月24日 戊(つちのえ)寅 赤口(しゃっこう)

*戊(つちのえ)とは
土 大きな山・硬い土を意味。成長した後に変化・退化して行く状態。
*赤口(しゃっこう)とは
「赤」という字がついていることから火の元、刃物に気をつける日、「死」を連想されるものに注意する日とされる。六曜の中では唯一名称が変わっていない。
午の刻(午前11時ごろから午後1時ごろまで)のみ吉で、それ以外は凶とされる。
*月齢23.1下弦の月(かげんのつき)23日頃
月を弓に見立てての名前。暗いうち(東の空から昇るとき)に見える月の弦は下にはならないので誤解の無いように。古くは二十三夜講などの風習があった。


いつも真心からのお力添えありがとうございます
本日は国内外の地震情報・ニュースを掲載しております。

*2月19日の地震情報
※画像をクリックすると少し大きくなります
地震分布図
2月19日地震分布図
⑥2017年2月19日/19時25分頃/千葉県北東部/М3.4/震度1
⑤2017年2月19日/18時19分頃/千葉県東方沖/М5.4/震度4
④2017年2月19日/15時02分頃/福島県沖/М4.2/震度3
③2017年2月19日/14時51分頃/山梨県東部・富士五湖/М2.2/震度1
②2017年2月19日/10時53分頃/青森県東方沖/М3.7/震度1
①2017年2月19日/7時21分頃/茨城県北部/М3.6/震度2
*番号は発生順であり、地震の規模ではありません
地震1 地震2 地震3 地震4
地震5 地震6

*2月19日世界で起きた地震
海外1 海外2

*2月19日国内外のニュース

①米空母の戦闘部隊が、南シナ海の島をめぐる領有問題先鋭化を背景に、この海域でのパトロールを開始した。
スプートニク2017年02月19日(K.A)
詳しくはこちらをクリックして下さい

②「信じられない混迷」
の船出=次々と公約着手、失態続発―トランプ米政権発足1カ月
時事通信 2/19(日) 15:00配信 J.O
詳しくはこちらをクリックして下さい

*以上 事務局より



事務局掲載

2017.02.19.10:00

皇紀2677年 西暦2017年 平成29年 丁(ひのと)酉年
新暦2月19日 旧暦1月23日 丁(ひのと)丑 大安

*丁(ひのと)とは
丁:ひのと 火 蝋燭の様な弱い火・ともし火を意味。成長後に勢いが止まった状態。
*大安とは
「大いに安し」との意味で大吉日。婚姻,移転,建築,旅行,新規
事業の開始など,何事においても吉、成功しないことはない日と
され、終日吉とされる。
*月齢22.1 下弦の月(かげんのつき)23日頃
望と朔の間の半月をいう。月暦で毎月二十二日から二十四日ごろの月。下つ弓張りともいう。


いつも真心からのお力添えありがとうございます
本日は国内外の地震・火山情報・マーケット情報・ニュースを掲載しております。

*2月18日の地震情報
*画像をクリックすると少し大きくなります。
地震分布図
2月18日地震分布図
⑥2017年2月18日/23時25分頃/千葉県北西部3.5/震度1
⑤2017年2月18日/1時11分頃/茨城県南部2.9/震度1
④2017年2月18日/19時42分頃/周防灘3.6/震度2
③2017年2月18日/14時05分頃/茨城県南部3.2/震度1
②2017年2月18日/10時51分頃/福島県沖3.6/震度1
①2017年2月18日/9時47分頃/茨城県沖3.1/震度1
*番号は発生順であり、地震の規模には関係ありません
地震1 地震1 地震3 地震4
地震5 地震6

*2月18日現在の火山情報
火山

*2月18日世界で起きた地震
海外地震

*2月18日17時現在のマーケット情報
為替1 為替2 為替3

*2月18日国内外のニュース
①北朝鮮石炭、年内輸入停止=決議履行、外貨獲得に打撃―中国
時事通信 2/18(土) 20:31配信 (S.K)
中国商務省は18日、北朝鮮からの石炭の輸入を19日から年末まで停止すると発表した。
詳しくはこちらをクリックして下さい

②イランのザリフ外相は、テロ組織「ダーイシュ(IS、イスラム国)」に
武器を供与したのは米国およびその同盟国だとしてこれを非難した。
スプートニク2017年02月18日 K.A
詳しくはこちらをクリックして下さい

以上 事務局より

日々の祈りにお伝えいただいた御言葉

2017.02.18.09:00

皇紀2677年 西暦2017年 平成29年 丁(ひのと)酉年
新暦2月18日 旧暦1月22日 丙(ひのえ)子 仏滅(ぶつめつ)

*仏滅(ぶつめつ)とは
「仏も滅する凶日」との意味で、六曜の中で最も凶の日とされ、
婚礼や祝い事を避ける風習がある。
「何事も遠慮する日、病めば長引く、仏事はよろしい」ともいわれる。また『物滅』として「物が一旦滅び新たに物事が始まる」とされ、「大安」よりも物事を始めるには良い日との解釈もある。
*丙(ひのえとは
丙:ひのえ 火 燃え上がる炎・太陽を意味。万物が明らかになる状態。
*月齢21.1
下弦(かげん)望と朔の間の半月をいう。月暦で毎月二十二日から二十四日ごろの月。下つ弓張りともいう。


いつも真心からのお力添えありがとうございます。

本日は2月16日3時の祈り、17日3時の祈りに伝えられた御言葉と動画・国内外の地震情報・マーケット情報・ニュースを掲載しております。
*事務局より


**2月16日の3時の祈りに伝えられた御言葉**
外へと 意識を 向けるのではなく
内側の改善 自らの改善も 今 大切な時期
他国 外の国
しかし それらの 駆け引き 裏 表 嘘 偽り
表に出てくる物事 推し量りゆくには 大変なことになる
大変とは 人々が 情報 メディアに左右され 
本当のことを見抜くことが 難しくもなりゆく
そのためにも 人々は まず 冷静に判断をしなければいけない
冷静に しっかりと 見極めてゆかなければいけない
国と国が 今 駆け引きをし 取り引きをし
どの国に対しても 裏では 善きこと 善きことを言い
そして 手を組み 進もうともしている
皆 腹に一物(いちもつ)を抱える 狸ばかりである
嘘偽りを 申すなと言っても 顔色 裏を窺い
自らの 有益になるように 話し 語り 憶測 推測し 計算し 進んでいる
しかし 一般と呼ばれる 日々の日常 生活を 営み続けている者達は
何を秤(はかり)に掛け 信ずれば良いか
戦 争いに ならぬように 進めゆくには 人々の力も大切である
大きな流れに 惑わされ 流されることなきように
冷静に判断することは 必要不可欠となりゆく
他国の内情よりも 自らの 国の内情を見てみられよ
子供は貧困に陥り 食もままならず 栄養も偏り続けている
これを救う手立てとして 自衛隊とゆうものが 浮上してくることにもなる
自らの子供達を 救助隊ではなく 危険に晒し 
人を殺める者へと 変えてはいけない
血で血を争うことがなきように
どうすれば この国の中の 雑多となりゆく混乱が 
はっきりと整えられてゆくか
人々が今 出来ることを
人々が今 行えることを
善き国へと 変化させゆくことにより
他国は 学ぶことをするであろう
同じ問題を 同じ内情を 抱える国々が 学ぶことが出来るように 
善き手本となるように
戦 争いではない 自らの力によっての立て直しを
それまでは しっかりと 整えられるように 調和があるように
抑え 整えられるように
まずは 自らが出来ることを 手本となるよう 国を整えられよ


**2月17日の3時の祈りに伝えられた御言葉**
一人ひとりが 自らを見直し 
改善へと取り組むことが出来れば
世の中への流れと 向き合い 改善へと進もうとする 流れに変わりゆく
今日全てが出来なくとも 引き続き明日も行い また次の日も 行いゆく
一度付いた悪しき癖は そう直りゆくものではないが
直そうとする意識があるならば きちんと向き合い 
それを解消するために 進めてゆかなければならない
根気がいることであり 努力が必要であり 
何よりも 自分を 厳しく 律してゆくことが必要である
安易な意識ではなく その事柄 その癖があることにより
問題が 引き続き 続くのであるならば
それを自らにより 認識したならば 改善するその努力は 
惜しみなく続けてゆかなければいけない
人は 自分によって変わりゆくことが出来る
確かに 他者からの影響も大きくありはするが
けれどもそこに感銘し 意識し 自分で変わろうとするその意識がなければ 
その行動がなければ 変わることは出来ない
同じままのこの状態で 続けゆくのか
それとも 善き流れへと 善き未来へと 進みゆくために 
自らを律し進みゆくのか
今 この決断の年 一人ひとりが 善き状態へと進むことが出来るように
自分自身のその 負を 見つめさせられることにもなろう
きちんと向き合い そして乗り越えてゆかれよ
きちんと乗り越え そして 自らのその年月(としつき)へと 
善き流れを 進ませゆかれよ


*動画*
※画像をクリックすると動画のサイトに移動します

*2月16日 15時の祈り合わせ
2月16日 15時の祈り合わせ
*2月17日 15時の祈り合わせ
2月16日 15時の祈り合わせ


*2月17日の地震情報
*画像をクリックすると少し大きくなります。
地震分布図

⑤2017年2月17日/22時46分頃/根室半島南東沖3.8/震度1
④2017年2月17日/15時59分頃/青森県東方沖/3.2/1
③2017年2月17日/11時42分頃/大阪府北部/3.1/1
②2017年2月17日/10時18分頃/宮古島近海/4.4/3
①2017年2月17日/6時21分頃/宮城県北部/3.6/2
*番号は発生順であり、地震の規模には関係ありません
地震1 地震2 地震3 地震4
地震5

*2月17日世界で起きた地震
世界の地震

◆地震情報《気象庁》
◆火山情報《気象庁》
◆海外の地震情報《JIS》
*2月17日17時現在のマーケット情報
為替1 為替2 為替3
◆マーケット情報《ロイター》

*国内外のニュース

①トランプ大統領 米国がロシアと親しくなるのを妨げているのは何かについて語る
Sputnik 2017年02月17日 16:13 (K.N)(K.A)
詳しくはこちらをクリックして下さい

以上 事務局より
* * * * * *

事務局掲載

2017.02.16.14:00

皇紀2677年 西暦2017年 平成29年 丁(ひのと)酉年
新暦2月17日 旧暦1月21日 乙(きのと)亥 先負(せんぶ)

*先負(せんぶ)とは
「先んずれば負け」の意味、勝負事や急用は避けるほうがよいとされ午前中は凶、午後は吉。
万事に平静であることが良いとされ、勝負事や急用は避けるべきとされる。
*乙(きのと)とは
木(五行)草木花を意味。擦れ合いながら抜け出す状態。(十干)
*月齢20.1
更待月(ふけまちづき) 20日頃 夜更けに昇るのでこの名前。旧暦20日の月は月の出がだいたい午後10時頃に月の出となる。


いつも真心からのお力添えありがとうございます。
本日は国内外の地震情報・マーケット情報・ニュースを掲載しております。
*事務局より


*2月16日の地震情報
画像をクリックすると少し大きくなります
2月16日地震
③2017年2月16日/14時32分頃/網走地方/2.8/震度2
②2017年2月16日/12時34分頃/父島近海/4.2/震度1
①2017年2月16日/0時30分頃/熊本県熊本地方/2.4/震度1
*番号は発生順であり、地震の規模には関係ありません
地震1 地震2 地震3

*2月16日世界で起きた地震
海外地震

◆地震情報《気象庁》
◆火山情報《気象庁》
◆海外の地震情報《JIS》

*2月16日18時現在のマーケット情報
為替1 為替2 為替3
◆マーケット情報《ロイター》

*国内外のニュース

①トランプ氏の選対関係者、ロシア情報当局と繰り返し接触=NYT 
ロイター 2/15(水) 14:32配信  K.S  A.K
詳しくはこちらをクリックしてください

②中国、金正男氏見捨てた? 護衛チーム機能せず
産経新聞 2/16(木) 7:55配信 A.K
詳しくはこちらをクリックして下さい

※以上、事務局より。 

現在の御神事についてと3時の祈り合わせにて伝えられた御言葉

2017.02.16.09:00

皇紀2677年 西暦2017年 平成29年 丁(ひのと)酉年
新暦2月16日 旧暦1月20日 甲(きのえ)戌 友引

*友引(ともびき)とは
「凶事に友を引く」との意味。かつては「勝負なき日」の意味。
朝は吉、昼は凶、夕は大吉。可もなく不可もなくという日。
ただし葬式を忌むとされる。
*甲(きのえ)
大木を意味。押さえ込まれ芽が出ない状態。
*月齢20日頃 更待月(ふけまちづき)
夜更けに昇るのでこの名前。旧暦20日の月は月の出がだいたい午後10時頃に月の出となる。

いつも真心のお力添えありがとうございます。
本日は2月15日の良丸氏の大阪にての動画配信と2月14日3時の祈りに伝えられた御言葉と15日の3時の祈りに伝えられた御言葉を掲載しております。

*2月15 日良丸氏による大阪にての動画配信での話

(良丸氏)

おはようございます。大国ミロク大社の比嘉良丸です。
現在、本州の大阪に来ております。昨日、夜19時過ぎに神戸に入りまして、これから知人に迎えに来ていただき、大阪に行きまして預けていた車を受け取り、その後奈良県の藤原京の方へ行ってまいりました。藤原京には着いたのが夜10時か11時前位。藤原京に車を停めて、中にあります丘のような場所にゆきまして御神事を行いました。そこでの御神事ですが、藤原京は、日本の発祥、国の発祥の地の一つにもなるかと思います。

古には百済や新羅、高句麗といった今の朝鮮半島の三韓との大きな関わりがある場所で、特に百済とは深い関わりがある場所です。その為、現在としては近隣諸国、とくに朝鮮半島、中国との緊張緩和の願い祈りを行いました。古から争い、国と国の問題等、すべての近隣諸国と対立していた訳ではございません。対立してる時期もあれば、共に仲良くしてる時期もありました。そこで古からの因果因縁の解消の祈りをしてまいりました。本日(15日)大阪の堺に来ております。大阪湾の和歌山との県境になるかと思いますが、そこで改めて、大阪湾の祈りをさせていただきました。

これから和歌山の和歌山港に移動しまして、そこから改めてフェリーに乗り、四国の徳島に渡りまして、四国一周の御神事に向かいます。そこでは東南海・南海地震、南海トラフの動き、中央構造線の動き、そして瀬戸内火山帯の動きといった自然災害の動きに合わせての小難無難の御神事を行います。まず先に自然界の動きに対しての御神事を行いまして、また改めて大阪・奈良・京都の御神事を行います。本来でしたら紀伊半島の先端に行くべきではございますが、大変申し訳ございません、当初当宮の節分祭が終わりました後2月8日に本州入りをする予定でございました。しかし、沖縄で今後の外国、本州での御神事の内容をもう少しきちんと煮詰めるという事になり、14日に本州入り致しました。その為、予定しておりました紀伊半島を含め愛知県、三重県、和歌山県といった場所が今回足を延ばす事が出来ない状況となりました。

さて、この後フェリーで四国に渡ります。時刻表をまだみていないのですが、到着は夕方の16時か17時位になりそうです。到着後は、室戸岬から、土佐、足摺岬といった東南海、そして紀伊水道の入り口で御神事を行いまして、太平洋側を巡り東南海・南海地震、南海トラフの御神事を行ってまいります。
そして豊後水道の入り口で、中央構造線に沿った祈り、瀬戸内火山帯の祈り御神事を行いながら、四国から兵庫県の淡路に渡りまして、そこで改めてまた自然災害の祈りを行います。
そこから兵庫・大阪・京都・滋賀といった内陸部の瀬戸内火山帯、そして活断層の動きによる地震、自然災害の動きの小難無難の祈り、政治経済の安定の御神事を行いました後、一気に瀬戸内海側を山陽道を通りながら岡山・広島・山口とお祈りをしまして、そこから一旦萩に行き日本海側に出ます。
そして山口から島根・鳥取・兵庫・京都・福井と上がりながら、石川県・能登半島の先端まで行きまして、一旦富山・新潟まで行きまして、長野・群馬・埼玉と関東に入り25日までに千葉の成田に到着する予定で御神事を行います。10日間でかなりのハードスケジュールで回ります。本当は到着した場所場所で動画配信を行いたいのですが、期間も短く短時間で集中して御神事を行わないといけないため、動画配信や写真撮影などは出来る状況ではありません。
着いたらすぐ集中し、御神事に入るという形にさせていただきます。しかし1日に1回は、御神事の状況を動画配信で行ってまいりたいと思います。
これから和歌山に行き、和歌山港から徳島港へフェリーで移動する予定でございます。
今後、西日本での自然災害の動き、そして政治の動きというものが大きく動こうとしております。どうか皆さんの力添え、真の祈りの力添えが必要となってまいります。妻の比嘉りかが3時に祈り合わせを呼びかけ動画配信を行っておりますので、どうかそこで皆様共に祈り合わせ、力添えいただけますよう、今後の自然の動き、政治の動き、経済の動き、近隣諸国の状況というのも見据えた上で、皆さんの誠の力添えをいただきたいと思います。どうか、どうか力添えいただけますようお願い申し上げます。

今回の一連の後ですが、25日までに成田に入りますと、26日に妻と合流し、27日にイギリスに行ってまいります。今年は1月にアメリカ、ニューヨーク・ワシントン、そして次の海外御神事がイギリスと行ってまいります。今年、新しいアメリカ大統領の就任式前にニューヨーク・ワシントンと御神事を行いました。その後最初の首脳会談がイギリスの首相、そして今回、日本の安部首相も首脳会談に臨んでおります。御神事でこれらの国々をきちんと回り、今後の首脳会談の中で表に出たものと、表に出ない本音の部分、駆け引きの部分や、今後の両国や世界情勢に話し合われた内容というものが、悪い事柄は改善し、善きものを表に出すように。善きものをきちんと世の中に反映させるという流れを御神事の中で組み立てていきます。
今回イギリスの同時期に本来はロシアも行かないといけないという状況ではございましたが、どうしてもロシアは私の方で動きがとれません。啓示でイギリスと同じ時期の日にち指定があり、昨年まいりました、サンクトペトロブルグとモスクワを改めて行かないといけないという指示でした。その為、神々様と相談し代理を立てて御神事を行ってもらうことになりました。そこには私が祈りを込めた神具を持って行ってもらいます。その神具を持って御神事を代理として、私が伝えた内容を祈っていただくという形になります。本来でしたら夫婦でロシアまで行かなければなりませんので、当初はイギリスの後にロシアを続けて行こうかと思ってました。ですが、その前にどうしても行かないといけない場所がありまして、今回ロシアを急遽代理を立てるという形をとりました。
今回の日本とアメリカの首脳会談ですが、実際に表と裏の内容というものは大きく異なること。お互いの国益も含めて駆け引き、近隣諸国との防衛のあり方、軍事力のあり方等様々な事柄が短期間の中に話しあわれ、今後、専門家同士で話を詰めていくと思います。近隣諸国との関係も含めて、善き方向へ進むよう御神事をしっかりやっていきたいと思っております。

その為にも皆さんの真心の祈りの力添えがどうしても必要でございます。3時の祈り合わせにどうか真の祈りの願いというものを、お力添えいただけますようお願い申し上げます。

それではフェリーの時間もありますので移動させていただきます。ありがとうございました。また明日動画配信を試みます。よろしくお願い致します。


*2月14日の3時の祈り合わせにて伝えられた御言葉*
※自然災害回避の祝詞を奏上致しました
人間の過ちは 人間で修復し 直しゆかなければならない
この星に対しての 飽くなき探求から 犯し続けてきた 人間の過ちも
人間が 犯した 傷付けた 様々なる事柄も
人間が その優しさから いたわり 守り
自らのその行動を 変えてゆかなければならない
探求は 私利私欲と 表裏一体
あくまでもそこに 何を求めているのか
人々が 自然に対し 何をしようとしているのか
共に共存し 生きてゆくならば 
必要以上に 傷付けることなくとも よいであろう
守らねばならぬ 多くの命を
人々が 救わなければならない 多くの命を
地球を 守ってほしい
繋がる 命の循環を 生命の循環を
これ以上 傷付け 汚し 汚さないでいてほしい


*2月15日の3時の祈り合わせにて伝えられた御言葉*
命の子らよ
命は 全てが支え合い 今 この世の中に存在し 繋ぎ 育み続けている
人の行いにより 生命の循環が 傷付けもされ 救われもし
人の行いにより その多くが 大きく 作用されている
人が 多くの命達へと 意識を向けると
それは 大きな力を発揮することにも繋がる
守るべき命 救うべく命 自然界 この星
自分とゆう 自らの存在に気付き
そして その存在と その命が 多くの 生きとし生けるもの 
この星にて 支えられていることに 改めて深く気づいた時
人は 変わることが出来る筈である
私利私欲ではないその未来へと その道筋へと 
歩むことは 叶うこと出来よう
残されしは 人々の意識
どの方向へと 進みゆくのか
自らばかりではなく 今と未来を結び 意識し繋げ 
今を変え 未来へと繋ぎゆかなければならないのに
生きとし生けるものとの共存 命達はこれが無ければ 
住み 暮らしゆくことは出来ない
どうか 一刻も早く 人間達が 
生きとし生けるるもの達との共存を 気付けるように
多くの者が 方向性を 間違うことなく 進めるように
善き流れ 善き未来を 見失うことがなきように 歩み進んでほしい
一人ひとりの 意識になりゆく
逃げることなく 向き合い 解決してほしい


*動画*
※画像をクリックすると動画サイトに移動します

*2月14日 15時の祈り合わせ
2月14日 15時の祈り合わせ

*2月15日 良丸氏による大阪からの動画配信
2月15日現在の御神事について
*2月15日 15時の祈り合わせ
2月15日15時の祈り合わせ

*以上*


*2月15日の地震情報
地震分布図最新
*画像をクリックすると少し大きくなります

3・2017年2月15日/14時23分頃/群馬県南部/2.3/震度1
2・2017年2月15日/9時54分頃/鳥取県中部/3.0/震度1
1・2017年2月15日/0時09分頃/茨城県北部/2.8/震度2
※番号は発生順であり、地震の規模には関係ありません
地震1地震2地震3

◆地震情報《気象庁》
◆火山情報《気象》
◆海外の地震情報《JIS》
*2月15日マーケット情報
為替1為替2為替3
◆マーケット情報《ロイター》

*国内外のニュース

①<厚労省>保育所 3歳以上に国旗や国歌の文言
毎日新聞 2/14(火) 22:57配信 Y.N
詳しくはこちらをクリックして下さい

②<金正男氏はマレーシアの首都クアラルンプールの空港で2人組の女に毒針で刺された>
Sputnik 2017年02月14日 21:10 K.N
詳しくはこちらをクリックして下さい

*事務局より ありがとうございました*

3時の祈りに伝えられた御言葉

2017.02.15.09:00

皇紀2677年 西暦2017年 平成29年 ひのと酉年  
新暦2月15日 旧暦1月19日 みずのと 酉 先勝

*先勝とは(せんしょう)
万事に急ぐことが良いとされ、午前中は吉、午後2時より午後6時までが凶。
*癸とは(みずのと)
水 雨や露や池を意味。規則正しく萌芽する状態。
*月齢19日頃
寝待月(ねまちづき)別名、臥待月(ふしまちづき)。横になって待たないとならないくらい月の出は遅い。


いつも真心からのお力添えありがとうございます。
大国ミロク大社比嘉良丸、比嘉りかです。
本日は、3時の祈り合わせにて伝えられました御言葉をお伝えいたします。

2月13日の3時の祈り合わせにて伝えられた御言葉
※この時は、平和の祝詞を奏上致しました
整えるとは 調和とは 何であるのか
手を取り 助け合い 進みゆくことは
これより先の未来を創るにあたり 必要なことである
しかしながら 仲の悪き者もおよう
どうしても いがみ合いにしかならぬ者もおろう
無理にそれらを 繋げゆくことにより 戦 争いへと 発展するならば
適度な距離 その関わりを密着ではなく 少し離すことにより
互いの尊厳 互いへの尊重 いがみ合うことなく 協力することも 
出来る流れへにもなろう
調和とは 前提として
戦 争いなく いがみ合うことなきように
整えられるという 整然となることを伝えられているのである
全てが 笑顔で 仲良く 手を繋ぐとゆうこと
確かにそれは 理想であるが
けれども 今の世の中 その道へ進むのは 本当に 遥か遠い
それならば 順を追って 段階を経て 進んでゆくことは 
必要なことであるのだ
まずは少し ゆっくりと 時代と 世代をかけて
緩やかなる流れに 国々同士が 調和になるよう 努めてゆく
目指す方向性を 代々受け継ぎ 見失うことなきように
世代を超えて そして 時代を超えて
見失わぬように 繋ぎ続けてゆけば
人々が 精神 心 意識 今まで以上に 更に成長し
そして 更なる善き流れへと 進み続けた時に
求めている結果は 身の回りに 溢れることになる
まだ今は 途中の段階 少しずつ 少しずつ
目指す未来を 見失うことなく 進みゆくことが 必要不可欠である


*動画*
※画像をクリックすると動画サイトに移動します

*2月13日 15時の祈り合わせ
2月15日 15時の祈り合わせ

*以上*


*2月14日の地震情報
*画像をクリックすると少し大きくなります
地震① 地震② 地震③ 地震④ 
地震⑤ 地震⑥

6・2017年2月14日/18時39分頃/新島・神津島近海/2.3/震度1
5・2017年2月14日/15時50頃/福島県沖/4.4/震度1
4・2017年2月14日/14時50分頃/茨城県北部/3.0/震度1
3・2017年2月14日/13時22分頃/岐阜県飛騨地方/2.7/震度1
2・2017年2月14日/11時46分頃/鳥取県中部/2.5/震度1
1・2017年2月14日/4時19分頃/浦河沖/4.1/震度1
※番号は発生順であり、地震の規模には関係ありません

◆地震情報《気象庁》
◆火山情報《気象庁》
◆海外の地震情報《JIS》
*マーケット情報
為替1 為替2 3為替

◆マーケット情報《ロイター》

*国内外のニュース
<北朝鮮ミサイル>日米韓、安保理に緊急会合要請
毎日新聞 2/13(月) 10:35配信 A.k S.K
詳しくはこちらをクリックしてください

*事務局より*

本日の出発と日々の祈りの御言葉

2017.02.14.09:15

皇紀2677年 西暦2017年 平成29年 ひのと酉年
新暦2月14日 旧暦1月18日 みづのえ 申 赤口

いつも真心のお力添えありがとうございます。
大国ミロク大社の比嘉良丸、比嘉りかです。

本日、私比嘉良丸は、神々との話し合いが落ち着き、本州に上がる事になりました。
自然災害と近隣諸国との緊張緩和、感染病の御神事を行います。
そして、その後イギリスの御神事を行った後に関東にて政治、経済に対しての御神事になります。
先だってアメリカは、イギリス、そして日本と首脳会談を行いました。これを踏まえて国内、そしてイギリスの御神事となります。イギリスから戻りましたら、世界情勢の緊張緩和の御神事を国内、そしてその後の海外へと繋ぎ行ってまいります。

移動行程は下記にあります地図をご参照ください。

常にご支援いただき誠にありがとうございます。
本日より、本州へと上がり国内の御神事、そして月末にはイギリスの御神事に行ってまいります。
ご支援のお力添え本当にありがとうございます。

比嘉良丸
比嘉りか

今回の行程図
2月14日出発以降の移動図


2月10日の3時の祈り合わせにて伝えられた御言葉

一(いち) 始まりの一(いち)
繋ぎ続けられてゆく 最初の一歩 ゼロからの出発 
最後に到達する 大きな夢を見つめ 目的を見つめ
その手前から 一歩から 動き始めゆく
人と人の中 命達との中 調和の心 大切なる未来
心が 未来を創っている そう言っても 過言ではない
何故ならば 心が 行動を支配し 行動を表し 指し示し 
人は その考えと行動に於いて 動きゆく
命達と 共にあり続けゆくためにも
人は 何に生かされ 支えられているかを 改めて知ることが 大切である
そこから 未来への 一歩が始まる
既に進んでいる者も まだ気付かない者も 様々に於いて 人 それぞれであるが
皆が気付き 皆が歩む 命達と共存する その未来へと
どうか 日常の中 感謝を忘れず 命達と 共に生きていることを 改めて 痛感し
今日 そして明日と 意識を向け 暮らし生活ゆく中で
大きく その意識は 少しずつ 変化を 迎えてくるであろう
一度に 全ては 変えられない
日々の 努めが 大きな 変化を もたらすのである

先行き 不安になりゆく 通貨の価
上下動きゆくは まだ激しく
けれども 大きな動きはなく 落ちることなく
同じ枠の中を 右往左往することにもなろう
大地の揺らぎ 一定間隔におき 今はまだ 緩やかなるもの
けれども 決して気を緩めることなきように
志 受け止めゆくその心が 構えているその心が
穏やかなる流れを 生みゆくことにも繋がる


2月9日の3時の祈り合わせにて伝えられた御言葉

人は 現実の世を 見ることが出来ず
直視することや そこに意識を向けること 苦痛となりいった時に
夢や 希望 目的 目標へと 逃げることがある
しかしそれは 逃避であり 目の前に突き付けられている 現実の問題は 何ら解決することは 出来ない
問題を解決することが出来るのは 自らの行動や 知恵知識や 考えであり
もしくは 周りとの協力 支えでもありゆく
しかし 現実がなければ 夢 希望 目的 目標も 叶えることは出来ず
それらは 現実と表裏一体となりゆく
生きてゆく 生活をしゆく人として この社会の中の仕組みに於いて 生きゆかなければ 仕方なきことでもありゆく
その中で どのように折り合いをつけ どのように上手く働きかけ どのように上手く立ち回り どのように上手く処理をし 目指す目標 目的を 叶えるかである
目標も 目的も 夢も この現実がなければ 叶えることは出来ない物事であろう
一つずつの この現実を 乗り越えゆくことが それら目標や 夢を 手に入れる
もしくは 近付かせる いや 自分が その一つひとつの行いにより 近付いていくのである
逃げることも 諦めることも 手放すことも 簡単である
理由は いくらでもつけられ 逃げ道は いくらでも作れる
しかし 今目の前にある物事に 向き合わなければならない時 それを乗り越えることが 今しか出来ない
そして それを乗り越えたことが その夢や 現実に 希望に 目的に
どれだけの大きな力を働きかけるかは 今は分からないことである
未来に 夢 目的 目標に到達した時に 初めてそこで その大きさ 影響の大きさを 知ることになる
支え合い 協力し合うことにより 夢や 希望は 叶えられてゆく
たとえ たった一人で 行うことであったとしても
そこまで到達するために 多くの人々の支えと 多くの人々の守護と 守りと 協力と 導きがあった筈である
人は 一人ではない
周りを見つめ 支えてくれている者 協力している者 いや 協力してくれている者へ
どれだけのその心の配慮 意識を向け 歩みゆくことが出来るか
そこに意識を向け 共に進んだ時にこそ 自らの夢や希望は たった一人では 叶えられなかったことに気付きゆく
支えがあり 協力があるからこそ その夢は大きく 希望 目的は 大きく持つことが出来
進む道筋も その支え協力があるからこそ 乗り越えることが出来るものである
人は 夢や希望がなければ 確かに生きゆくことは難しい
しかし そればかりでは 生きることも出来ない
そして たった一人でも 生きゆくことは出来ず
支える 協力する 共に歩む者がいるからこそ
それらを 勇気を持って 進むことが出来るのである
一つひとつの夢を 未来を 叶えゆくためにも
周りを見つめ 自らを見つめ直すことは 歩みの一歩に 大切なものとなりゆく


*動画*
※画像をクリックすると動画のサイトに移動します

*2月10日 15時の祈り合わせ
3時の祈り合わせ

*2月9日 15時の祈り合わせ
3時の祈り合わせ

*2月6日 節分祭

1・2月節分祭 2・2月節分祭 3・2月節分祭

4・2月節分祭 5・2月節分祭


*1月28日 旧正月の祈り(長編の為5部に分かれています)
1・1月28日 旧正月 2・1月28日 旧正月 3・1月28日 旧正月

4・1月28日 旧正月 5・1月28日 旧正月

現在の状況と御神事について

2017.02.10.10:00

皇紀2677年 西暦2017年 平成29年 ひのと酉年
新暦2月10日 旧暦1月14日 つちのえ 辰 友引 

いつも真心のお力添えありがとうございます。
大国ミロク大社の比嘉良丸、比嘉りかです。

当初の8日から上がる予定でしたが、神々様より急ぎ上がるよりもきちんと組み立て、仕組みが現在重要であるとの指示があり、細かいやり取りが続いており、それが落ち着くまで沖縄から出られない感じです。内容としては国内、国外の御神事双方についてです。国内外それぞれに御神事の内容は違って来ますのでそれぞれの意味や、繋ぎ結びの意味、御神事の時期、繋ぎ結びの時期。今後アメリカやイギリス等様々な国々を回ってくる海外の意味、それは、政治経済、軍事、テロだけではなく、自然界の動き、感染病の動きといった項目をいくつかに振り分け、それぞれに対しての御神事。そして、それら一つ一つ振り分けた内容をどう結ぶか、そしてそれらが今後どう関連してくるのか、そしてその先にまたどのように繋ぎ結びするのかという事を確認し、これらについてどの様な御神事を行い、どの様な結果を出すのかという事をやり取り確認をしています。
かなり細かな内容までのやり取りを行うので後数日かかる見込みでおります。
今のところの予定としては、14日頃に大阪に上がり、その後西日本を回る御神事になる目安でおります。

14日大阪に入りましたら、その足で、和歌山、徳島、高知、愛媛、香川と四国を時計回りで太平洋側から周ります。その後、淡路から神戸に入り、山陽道で岡山、広島、山口と移動します。
山口では、日本海側に出て山口の先端を行いましたら、当初の予定では、日本海側を石川県まで上がる予定でしたが、日程が短くなったことから、ポイントを当てての御神事となります。山口を終えましたら松江自動車道を経て、島根の出雲、日御碕と移動。鳥取県宍道湖、中湖、境港。米子自動車道から中国自動車道に入り、舞鶴から高速で舞鶴若狭自動車道から北陸自動車道をへて石川県の禄剛岬にまいります。そこから、上信越自動車道から成田に向かい、27日からはイギリスに行きます。

当初は細かく回る予定でしたが、それよりも御神事の組み立て、仕組み作りの方が重要との指示からこの様な予定での行程となりました。

現状あまり詳しくお伝え出来ない状況でございますが、纏まりましたら改めて皆様へご報告させていただきます。
それでは、本日もどうぞお力添えの程宜しくお願い致します。

いつもお力添え、ご支援くださいます方様には心から感謝申し上げます。
ご支援がありますことで、今後の計画を立てたり、また、手続きをすることもできます。
御神事を進めて行く事が出来ます。本当にありがとうございます。
真心に感謝し、私達の気持ちをお伝えします方法がこのようにお伝えすることと、御神事を邁進する事でございます。
深く感謝申し上げます。
ありがとうござます。


比嘉良丸
比嘉りか


**2月8日の15時の祈りの際に伝えられました御言葉**
※この時は、自然災害回避の祝詞を奏上いたしました

命の子らよ 善き流れへと進みゆく未来を
今を安全に保つこと そして 未来をも 安全であり続けられるよう 努めること
それは 今から そして過去から学び 未来へと活かしゆかなければならない
活かしゆく時に 初めてそれは 知識が 知恵となり 守護となり 護りとなり
その働きを 活かしたことにも繋がりゆく
現実のものと 具現化されなければ 活かすこと叶わず
せっかくの情報さえも 単なる情報として終わりゆく
人々よ 命の子らよ
善き流れへと進みゆく未来には 多くの 生きとし生けるものがいなければ
それは 為し得ることは出来ない
しっかりと護り そして支え合うことを 忘れることなく 進みゆかれよ


以上

2月9日の地震の情報
全体的な地図からは、発生順や規模においてそのバランス調整がなされている事が見えると思います。また、地域の地震においては、同じ規模でもその揺れた範囲、広がりの違いから地域の地盤の様子が見えてくると思いますので、掲載いたします。
※画像をクリックすると少し大きくなります
2月9日 地震分布図
4・2017年2月9日/14時07分頃/茨城県沖/M4.0/震度2
3・2017年2月9日/11時11分頃/奄美大島近海/M4.4/震度2
2・2017年2月9日/5時08分頃/福島県沖/M4.1/震度1
1・2017年2月9日/3時31分頃/宮城県沖/M3.3/震度1
※番号は発生順であり、地震の規模には関係ありません。

2月9日 14時7分2月9日 11時11分2月9日 5時8分2月9日 3時31分

2月8日の地震の情報
全体的な地図からは、発生順や規模においてそのバランス調整がなされている事が見えると思います。また、地域の地震においては、同じ規模でもその揺れた範囲、広がりの違いから地域の地盤の様子が見えてくると思いますので、掲載いたします。
※画像をクリックすると少し大きくなります
2月8日 地震分布図
9・2017年2月8日/22時44分頃/五島列島近海/M3.4/震度1
8・2017年2月8日/22時01分頃/北海道北西沖/M3.2/震度2
7・2017年2月8日/21時28分頃/五島列島近海/M3.4/震度1
6・2017年2月8日/21時15分頃/五島列島近海/M4.0/震度3
5・2017年2月8日/10時09分頃/熊本県熊本地方/M1.8/震度2
4・2017年2月8日/9時06分頃/福島県沖/M4.3/震度2
3・2017年2月8日/4時45分頃/茨城県沖/M3.5/震度1
2・2017年2月8日/4時01分頃/沖縄本島近海/M3.6/震度1
1・2017年2月8日/3時19分頃/四国沖/M4.2/震度2
※番号は発生順であり、地震の規模には関係ありません。

2月8日 22時44分2月8日 22時1分2月8日 21時28分2月8日 21時15分
2月8日 10時9分2月8日 9時6分2月8日 4時45分2月8日 4時1分

2月8日 3時19分

今年の啓示について

2017.02.08.09:00

皇紀2677年 西暦2017年 平成29年 ひのと酉年
新暦2月8日 旧暦1月12日 ひのえ 寅 赤口 

いつも真心のお力添えありがとうございます。
大国ミロク大社の比嘉良丸、比嘉りかです。
一昨日、節分祭を終えました。
放送の中でお伝えしましたが、今年一連の御神事の中で強く伝えられているのは、今年の秋分から来年の春分にかけて北朝鮮がきっかけで、韓国と北朝鮮の問題が深刻化する。また、北朝鮮がアメリカの戦艦に対して攻撃をし、日本本土へのミサイルの着弾がおき、軍事衝突に発展すると伝えられております。しかしこの時、一気に戦闘が進む事はなく一旦おさまりを見せるが、近隣諸国の情勢が戦争状態の緊迫した状況となると伝えられております。
それに対し中国の動きが日本海から東シナ海、南シナ海までの国々を含めて戦争へ進む緊迫した状態となりいつ軍事衝突が起きてもおかしくない状況となるとも伝えられております。それらは、北朝鮮での事がきかっけとなっており、この北朝鮮の事が起きると確実に韓国、中国、日本、アメリカ、ロシアを巻き込んでの戦争に発展すると伝えられております。この時、ロシアは直ぐに参戦しませんが、2020年から勃発する事を伝えられております。
南シナ海、東南アジアの辺りでも 2020年以降に緊張が崩れ、軍事衝突から戦争へ発展すると伝えられております。
2021年頃からは中東、ヨーロッパでの軍事衝突が始まり、ロシアとEU諸国、特に以前のワルシャワ機構、ウクライナやバルト三国との軍事衝突から発展してゆきます。
その時点のEUは内部の結束が崩れている状態となっており、EU内部でも混乱からEU同士の衝突が始まり大混乱に陥る。
中東では、イスラエルが暴走し始め、とてつもない戦争が起きてしまう。それはアメリカやロシア、ヨーロッパといった関与していた国々が自国の問題から手が離せなくなり、その為、中東、アフリカなどの国々がまとまりがなくなるという事で、これは、中央アメリカ、南アメリカでも同じ事が起きるとはっきりと伝えられて来ました。
まだこれは一部です、もう少しお話ししたいのですが、改めてお伝えさせてください。もう少し整理してお伝えしたいと思います。
今年この後、国内外、特に外国への御神事は重要となってきます。
これら伝えられてきます内容をすべて回避するためにも、一層の御神事に邁進してまいります。

皆様、どうか支えいただけますよう、お願い申し上げます。
御心の支えがあり、共の祈りがあり、ご支援がありますことによって継続、繋げて行く事ができます。
皆様の真心のお力添えを何卒宜しくお願い申し上げます。


比嘉良丸
比嘉りか

以下は、2月4日の祈りの際に奏上しました祝詞それぞれに妻に伝えられました神々様からの御言葉になります

日々の祈りに対し
人の子の 善き流れとは
人の子が 日々の暮らし生活 健やかなる心持ち 健やかなる中から 生まれ来る
人の子の 生き 歩み進みゆく道のり 人の子が 創りゆく
基本 根本 その人の子の 精神 心 意識により 社会は成り立ち そして 創られてゆく
人の心の精神の縮図 それは 社会の 世界の縮図
ならば 人の子の心の反映 社会の 世界への反映
写し鏡になりゆく
その写し鏡 しっかりと 気付けゆけば
これ 即ち 自ら自身を 正しゆくことにより
世界 世の中 社会 人 変わりゆくことに繋がる


政治経済の祈りに対し
分かっているのか
政治も 経済も 人が織りなしゆくもの
社会の行く末 いや 命の行く末は その手の中にある
ならば 守らなければならぬのならば 何をすればよいのか
流されるのではなく 真意 本質 本意 しっかりとそれを見つめ そしていや 見抜き
善き流れへと 変えることが出来るよう
争うこと 戦 争いではない その世の中を 創りゆかなければ ならないのではないか
人は今も 本筋を 見忘れ 見逃し 流れとゆうもの 流行とゆうものに流され
目指す方向を 足元をすくわれ そのまま 大きな流れへと 進められようとしている
しかしながら 善き流れへと 進むこと
それは 一人ひとりの その意識の中から 生まれてくるものである
人の方向性は 一人ひとりのその内側から 発せられ来るものにより 大きく変わりゆく
個人は 全体の現れでもあり
全体は 個人の現れでもある
見抜け
惑わされることなく その本質 本意を しっかりと 知りゆけ


自然災害回避の祝詞に対して
自然の動き 自然の流れ 動くその世の中にあり 動くその星にあり
人の子の命も 全ての命も この地球 動き続けゆく 地球の上にある
動くことを前提に考えゆくならば 様々な物事に 対処対応が 出来る筈であろう
万が一 考えゆき その事柄に対し 対処対応を 最善尽くしゆくこと出来れば
人の子の命もまた 多く救われゆくことにもなろう
並びに 多くの命達に支えられ 命達と共にありゆくこと 叶わなければ
その命すらも危ういこと しっかりと理解出来ているならば
その働き その行動 その社会の仕組み 創りゆくもの これら全てに於いて
環境 並びに 命とゆうものに配慮し 創られゆくものであるが
現状 今 利益 また 金 その状況へと進みゆき 利益大きく膨らみゆくことのみ 目の前に向きゆき そこから先に進むこと 難しきものとなりゆく
そこから先 それは多くの命達のことを考え 命達 その巡り巡ってくる 自らの命への影響
これは この世代だけではなく 多くの世代を超えた 次世代の者達へも 影響を与えゆくものである
このことをしっかりと理解しなければ いつまでたっても変わること出来ず
自らの命 脅かすだけではなく 次世代の命も 今から傷付け続けゆくことになる
善き流れとは それらを回避し 善き流れへと進むよう 現状を改善し
そして 問題を浮き彫りにし 問題に向き合い 改善し
そして 変えゆかなければならないことである
初めてそこから 善き流れが生まれてくる
始めている者もおり 始めていない者 気付いていない者達
自らの足元 回り そして 未来を見つめ しっかりと気付きゆかなければ 手遅れになりゆく


平和の祝詞に対して
日々の暮らしを 歩みゆく者達
日々の暮らしを 守るために 努めゆく者達
戦 争いになりゆけば その努力もまた 報われなくなる
守り育てたものも 命を失い その危険に晒され 心も 体も 魂も 傷付けゆく
手塩にかけた その努力さえも 喜びさえも 失われゆき
自らの心にも 悲しみと傷が 付け続けられゆく
決してそれは 癒えることなく
決してそれは 消えることない
今の暮らし生活 病に対する薬も 病に対する医療も 学びも 大きく 戦 争いになりゆけば 変わりゆく
今のこの現状を 保ち続けることは出来ない
食べるものも 着るものも 持ち物も 家屋敷さえも
今を 保持することは出来ない
どのようにしゆくのか
病に 犯されし者は 戦 争いになりゆけば 薬さえも その健康を その状態 善き状態を 保つことも 出来まい
体の不調を 薬により抑えている者も 戦 争いになりゆけば 保ちゆくことは出来まい
今ある医療も 大きく変わりゆき 人々は 今のこの健康を いや 体 状態を 保つことが 出来なくなりゆく
食べることも ままならず 日々の食料も 難しくなりゆく
当たり前に 今まで食べていたものも 食べることが出来なくなり
当たり前に 飲んでいたものも 飲めなくなりゆく
鳥の囀りも 聞こえなくなり 空を舞うものは 轟音を立て続けゆく 戦闘機となりゆく
日々の中 安らぎはなくなりゆき いつ 命が絶たれるのか いつ 襲われゆくのか
その苦しみ その恐れ 不安に日々 さいなまれゆくことになりゆく
争いに駆り出された者もまた 恐ろしく厳しい訓練というものに立たされ そして戦場へと 送られゆくことになろう
機械や ゲームの遊びのように ボタンや 画面だけで 行われゆくものではない
自らが傷付き 自らのその精神が 極限までに切り詰められ
精神も再び 苦しみへと 繋がりゆく
高見の見物をするのは 官僚や上層部の者だけであり
一市民 多くの者が 傷付き 命を失い また
今のその 当たり前の状態が 出来なくなりゆくのである
子供の笑顔も 孫の成長も 見ることは出来まい
戦 争いとは そうゆうことである
誰かが 行うのではない
戦禍になれば その渦中は 自らの周りにもなり 自らもその中にいるのである
命を守るために それは 自らだけでなく 子や孫だけではなく
周りにありゆく 多くの命達のためにも 人の戦 争いは 起こしてはいけない
過去から知り得たことは 年月を 超えたところで 大地からの傷 それは生命への 命への 大きな傷痕を残しゆく
生まれてくる子供達に 健やかで 健康であるためにも
生まれてくる 育ちゆく 命達が 健やかに 正しく 成長しゆくためにも
今だけに囚われ 戦 争いへと 進むことは無きように
完全回避 避けてゆかなければならぬ道である


以上

2月3日から7日までの日本での地震
全体的な地図からは、発生順や規模においてそのバランス調整がなされている事が見えると思います。また、地域の地震においては、同じ規模でもその揺れた範囲、広がりの違いから地域の地盤の様子が見えてくると思いますので、掲載いたします。
※画像をクリックすると少し大きくなります

2月7日
2月7日 地震分布図
8・2017年2月7日/22時03分頃/青森県東方沖/M3.7/震度2
7・2017年2月7日/21時43分頃/茨城県北部/M2.9/震度1
6・2017年2月7日/20時45分頃/茨城県北部/M3.0/震度1
5・2017年2月7日/20時03分頃/茨城県北部/M4.4/震度3
4・2017年2月7日/17時56分頃/千葉県南東沖/M3.1/震度1
3・2017年2月7日/16時21分頃/大隅半島東方沖/M4.1/震度1
2・2017年2月7日/15時36分頃/長野県中部/M1.9/震度1
1・2017年2月7日/6時16分頃/福島県沖/M4.0/震度1
※番号は発生順であり、地震の規模には関係ありません。

2月7日 22時3分2月7日 21日43分2月7日 20時45分2月7日 20時3分

2月7日 17時56分2月7日 16時21分2月7日 15時36分2月7日 6時16分

2月6日
2月6日 地震分布図
7・2017年2月6日/23時57分頃/茨城県北部/M2.9/震度2
6・2017年2月6日/17時04分頃/種子島近海/M3.5/震度1
5・2017年2月6日/15時24分頃/千葉県東方沖/M3.9/震度2
4・2017年2月6日/13時46分頃/鳥取県中部/M3.2/震度1
3・2017年2月6日/11時27分頃/宮城県沖/M4.1/震度2
2・2017年2月6日/4時43分頃/兵庫県南東部/M2.9/震度1
1・2017年2月6日/0時17分頃/苫小牧沖/M3.5/震度1
※番号は発生順であり、地震の規模には関係ありません。

2月6日 23時57分2月6日 17時4分2月6日 15時24分
2月6日 13時46分2月6日 11時27分2月7日 6時16分


2月5日
2月5日 地震分布図
2・2017年2月5日/9時43分頃/熊本県阿蘇地方/M1.6/震度1
1・2017年2月5日/9時17分頃/岩手県沖/M4.3/震度1
※番号は発生順であり、地震の規模には関係ありません。

2月5日 9時17分2月5日 9時43分

*2月4日 なし

2月3日
2月3日 地震分布図
8・2017年2月3日/23時15分頃/福島県沖/M4.7/震度2
7・2017年2月3日/21時14分頃/茨城県沖/M3.3/震度1
6・2017年2月3日/20時58分頃/茨城県沖/M4.1/震度2
5・2017年2月3日/19時58分頃/熊本県熊本地方/M1.6/震度1
4・2017年2月3日/11時29分頃/茨城県北部/M3.1/震度1
3・2017年2月3日/7時10分頃/福島県沖/M3.6/震度1
2・2017年2月3日/3時17分頃/岐阜県美濃中西部/M2.0/震度1
1・2017年2月3日/2時38分頃/千葉県東方沖/M3.6/震度2
※番号は発生順であり、地震の規模には関係ありません。


2月3日 23時15分2月3日 21時14分2月3日 20時58分2月3日 19時58分
2月3日 11時29分2月3日 7時10分2月3日 3時17分2月3日 2時38分


2月3日の船上からの動画配信より

2017.02.06.15:00

皇紀2677年 西暦2017年 平成29年 ひのと酉年
新暦2月6日 旧暦1月10日 きのえ 子 仏滅

いつも真心のお力添えありがとうございます。
大国ミロク大社の比嘉良丸、比嘉りかです。

本日は、当宮の大祭、節分祭になります。日の出から祈りをしておりました為、配信が現在となりました。
この後午後6時頃から宮にて大祭の祈りを執り行います。

さて、下記は先日3日に、鹿児島からのフェリーに乗船しておりました、夫良丸が配信しました動画の内容になります。
ご一読いただけますと幸いです。

比嘉良丸
比嘉りか

2017年2月3日 辺戸岬付近船上にて

(良丸氏)
大国ミロク大社の比嘉良丸です。
今、鹿児島から沖縄本島、那覇に向けてのフェリーの中です。今、島影が映っていると思いますが、沖縄本島の最北端、辺戸岬の方を横切りながら、本部港へ向かっております。昨日(2日)夜18時に出港し、航海中、霧島火山帯、南海トラフ、琉球海溝に沿っての祈りを続けてまいりました。
その霧島火山帯の動き、かなり厳しいものがあり、この沖縄、琉球列島での火山性地震、及び南海トラフ、琉球海溝の動きが、油断出来ない状況にあると伝えられてきました。これからどのような状況に自然の動きが地殻変動へと進むかやりとりをしてまいりましたが、これは沖縄だけではなく、日本列島の北から本州・四国・九州と、大自然界の動きがかなり活発な動きを見せようとしてるという状況にあるということは確かであり、動いております。その中でもどのように穏やかに分散分割し、自然界の動きを一気に大地殻変動の動きに進むことなく、調整バランスが出来るか、毎日毎日が真剣勝負の時期にこれらから入ります。これまでもかなり厳しい状況でしたが、今後は尚一層厳しい状況に陥ってまいります。日々、日々の意識がかなり重要になってまいります。
これからの動き、自然界の動きと合わせて、政治も経済も大きく動き出すということは、確実に政治も動き出し、少しの動きで世界の情勢が一気に不安への道に突き進む状況もあり、こちらも油断出来ない状況にきております。
それらを踏まえて、隣国の韓国や中国、台湾といったその周辺の国々に、アメリカやロシアといった国々が大きく今年、来年、再来年とかかわってきます。経済を含め、特に政治の駆け引き、国の国益、国同士の領土問題なども含めて、一層厳しい時代を迎えようとしております。
今回、これらのことも大きな教えをいただきました。今日沖縄に帰りましたら、明日(3日)、朝から今回の御神事の内容を改めて放送で伝えさせていただきます。
物事を整理しないでお伝えしておりますので、きちんお伝えできているか不安ですが、動画配信にて映像を配信している場所が、沖縄本島の最北端の辺戸岬から国頭を経て、本部、大宜味村、そして、羽地、目の前にあるのが古宇利島。そして今帰仁の山々、八重岳辺りが今映っております。もう少しすれば伊江島が映ると思われますが、これからまた那覇港に着くまで御神事を再開し、集中し、やりとりを行いたいため、一旦放送を打ち切ります。今回の九州、そして大隅、トカラ、奄美、沖縄と、この御神事を行ってきた内容、及びこれまで伝えられる内容に関しては、明日(4日)改めて放送でお伝えさせていただきます。
それではまた御神事に集中させていただきます。それでは動画配信を終了させていただきます。

以上

無事に本日の大祭を迎えられました事、心から皆様に感謝申し上げます。
また、ご支援くださいます方様の御心、本当にありがとうございます。
本日の大切な宮の大祭を無事に迎える事が出来ましたのも、ひとえにご支援くださいます方様のお蔭でございます。一つ一つの御神事をしっかりとおさめながら、大祭毎に結び、繋ぎ、更にまた御神事につなげてまいります。
その一つ一つを行う事が出来ますのも、ご支援があり、御神事が出来るからこそです。
本当にありがとうございます。
深く感謝申し上げます。

比嘉良丸
比嘉りか

明日2月4日 放送の御案内

2017.02.03.17:45

いつも真心のお力添えありがとうございます。
大国ミロク大社の比嘉良丸、比嘉りかです。

明日2月4日朝9時より、今回の御神事についての動画配信を行います。
配信先は、祈りの和TVになります。ご覧いただけますと幸いです。
また、本日、沖縄本島の西側を航海中の際に島に近くなった事もあり電波が届きましたので、3時の祈り合わせの後に動画配信を行いました。

こちらも合わせてご視聴頂けますと幸いです。

比嘉良丸
比嘉りか

2月3日 良丸氏より沖縄本島西側を航海中
20170203 辺戸岬付近船上にて 良丸氏


祈りの和TV※画像をクリックすると視聴サイトに移動します。
icontv1

2月2日の桜島からの動画の内容と大南東島での祈りの御言葉

2017.02.03.09:00

皇紀2677年 西暦2017年 平成29年 ひのと酉年
新暦2月3 旧暦1月7日 かのと 酉 先勝

いつも真心のお力添えありがとうございます。
大国ミロク大社の比嘉良丸、比嘉りかです。

昨日夫良丸は、鹿児島からのフェリーに乗船し、大隅半島、トカラ列島、奄美大島、徳之島、沖永良部島、与論島、沖縄北部本部、沖縄那覇を航行しております。
本日は、2月2日に桜島にて動画配信をしました内容を書き起こししていただき整えました内容と2月1日に南大東島にての祈り合わせで伝えられました御言葉も掲載致します。
また、今回の御神事につきましては、改めましてお伝えさせていただく事となっております。その際には、ブログやメルマガにて配信いたします。今暫くお待ちくださいませ。
それでは、本日もご一読いただけますと幸いです。

比嘉良丸
比嘉りか

**2017年2月2日 桜島にて **

(良丸氏)
おはようございます。大国ミロク大社の比嘉良丸です。
今、目の前にあるのが桜島です。これから川内原発を御神事し、その後本日夕方、鹿児島からフェリーに乗り、大隅諸島、トカラ列島を含めて奄美諸島、そして沖縄に入ります。奄美の喜界島は行けませんが、奄美大島・徳之島・沖永良部・与論島、そして本島の北部にあります本部・那覇港と船で御神事を行いながら戻ります。
今回、30日に参りまして、そこから、鹿児島空港から宮崎県の日向、大分県の佐伯、佐賀関、そして大分・別府、北九州、北九州から今回は今まで渡りませんでしたが一旦本州、四国に渡りまして、そして関門海峡を渡り、壇ノ浦のパーキングでお祈りをし、そこから福岡、福岡の志賀海、佐賀県の玄海原発、長崎県は平和記念公園は行けず、島原の方でお祈りをさせていただきました。
詳しくお伝えしますと鹿児島空港から霧島の麓で霧島火山帯に対してのお祈りを致しました。そこから日向に行き、琉球海溝と南海トラフの御神事を行わさせていただきました。
そして佐伯へ移動。これは豊後水道の方で南海地震の御神事を祈りさせていただきました。佐賀関は中央構造線に沿っての祈りをさせていただきました。そして、大分、別府は瀬戸内火山帯に対しての祈りをさせていただきました。
北九州、そして山口県側の壇ノ浦、本来は彦根まで行きたかったですが時間的に厳しく、そこでは白山火山帯の祈りをさせていただきました。そして福岡の志賀海は、数十年前に起きた地震も含めて、その活断層のずれについての祈りをさせていただきました。その志賀海には志賀海神社と言いまして、古の神功皇后が朝鮮を攻める際に軍議した場所でもあります。ですから、朝鮮、北朝鮮、韓国、特に韓国との関係、北朝鮮に関しては軍事的なものも含め、政治経済、そして軍事衝突が起きないように祈りをさせていただきました。
玄海原発では、やはり臨界事故です。この志賀海と玄海原発はかなり近いです。過去に地震があったということは、また起きる可能性があります。そして白山火山帯の火山性地震、活断層のずれによる地震というのが起こりえる可能性が高く、玄海原発ではそれらの内容について祈りをさせていただきました。その為大変長くなってしまい、かなり遅くの出発となりました。
普賢岳の麓では火山の、白山火山帯の火山の動きの祈りと、島原からフェリーで天草に渡り、そこから車で移動して、天草からまたフェリーで鹿児島とフェリーを乗り継いで鹿児島に入る予定でしたが、天草から鹿児島の乗り継ぎの最終便のフェリーに乗る時間が間に合いそうもなかったので、一旦引き返し、再びフェリーで天草から島原に戻り、そしてそこから、長崎からずっと回り、昨日遅く鹿児島に入りました。
その為、かなり体力を使って疲れてしまいまして、昨晩は宿を取らせていただきまして、今その部屋から動画配信をしております。後で気付いたのですが、天草から八代辺りへ行ける道があるのを忘れてて、もしかしたら熊本へ行けたのか。きちんと調べられず長崎から高速に乗り、ぐるっと回り昨日遅く鹿児島に入りました。
私はこれから改めて川内原発に参ります。川内原発を祈り、そこから薩摩半島の先端に行きたいのですが、昨日の事もあり、沖縄へのフェリーに間に合わない可能性があるので川内原発で祈りをし、そこで沖縄トラフの祈りも同時にさせていただきます。川内原発の方から時間をかけて祈りをし、そこから桜島へ移動し祈り、フェリーに乗り込む予定にしております。
まず先にこれだけの御神事を行って参りましたが、これで終わりではありません。この後鹿児島から、大隅、トカラ列島から奄美諸島、そして沖縄という航路での祈りがあり、明日の夜7時半頃、沖縄の那覇に着く予定になっております。まだ御神事は今日、明日と残っておりますが、今年の節分祭までに何とか九州を一周回ることが出来ました。
昨日夜、妻から連絡がありまして、南大東から北大東に渡る予定で、南・北を行う予定でございましたが、南から北に渡ろうとしている時に南の方でかなり呼び止められ、長い時間を南大東でそのまま御神事となったということを伝えられてきました。それは、北・南大東という島は、私の母が神開きするのに大変苦労した場所です。そして南大東では本当に大変苦労しながら、神開きという業を行ってまいりました。その縁あってか、私の姉が南大東出身の方と結婚し、一時そこで生活するということもありました。沖縄の東に位置する南大東。東から来る大きな至福、そして、ものを教えるという場所として、北・南の大東島の中で南という島は本当に数年かけて大変苦労した場所でもございます。
母が亡くなった後は何度か参りましたが、今回、新しい世づくりを始める前に、大きな仕組みの流れをどう組み立てるかということで妻に教えがあったということです。予定では、南・北大東の御神事を行い、節分祭を迎える予定でございましたので、南で呼び止められた後改めて北に渡って沖縄本島に戻る予定を組もうとしたのですが、北から沖縄本島に戻る飛行機が2日間満席で、北大東に渡ってしまうと沖縄本島に渡る船が数日ずれる。そうなると節分祭に間に合わなくなるということで、一旦北大東島は断念し、今日(2日)本島に戻る予定にしております。
しかし、決してこれは失敗とかいうのではなく、本当の意味で節分祭で大きな意味を理解した上で、御神事、節分祭を行うために北の神様が、北・南を両方をやるのではなく、南の方できちんと教えをいただいて節分祭できちんと清め改めて、新しき世づくりをするための教えと、その仕組みを妻に渡したということになります。
今回も皆様のお力添えもありまして、御神事が行えていることに本当に心から感謝します。皆様からの真心のご支援、そして一昨年からご支援していただいている方様や、また常に支援をしていただき、本当に感謝を申し上げます。またその月々に支援下さっている方々、一人一人に本当に心から感謝申し上げて、言葉でしか言えませんが、私が出来ることとして、新正、旧正月に含めて節分祭の後にまた祈りをさせていただきます。本当に皆様のお力添え、ありがとうございます。
新年のお守り、企画お守り、私共のお守りを購入していただいて、支援としていただいている方々、本当に常にお守りを購入していただきまして、本当にありがとうございます。妻共々感謝、心から感謝しております。本当にありがとうございます。こういった力添えがあって、御神事が行えております。本当にありがとうございます。
これから改めて川内原発の方へ向かうこととします。
本当にこれから起こり得る全ての災いを回避し、一日一日が平穏で平安で平和で、日々暮らし営むことが出来るよう願い、祈り、それが確実にいかなる厄災に、災いに見舞われないよう、全ての厄災、災いを回避、そして最終的に本当の生きる力、生きる喜び、そして生きる勇気をいただき、その人生を全う、一人一人が心穏やか、緩やかに人生を全うし、その人生の中で全ての生きとし生ける命、そして地球、母体と母神と共に、母なる大地と共に共存し、生きていけるようにどうか願い祈り申し上げます。
この地球という母体があってこそ、私達が命をいただき、人生を歩むことが出来ます。大地からの恵み、そして私達は生きるために他の命を得て生きる糧とし、血を作り、肉を作り、その命というものを得ております。ですから、大地からの恵み、全ての生きとし生ける命というものに感謝を行い、日々暮らし生活を営んでいきたいと思っております。
どうか、どうか、神々様の御光、御力を以て、我々人間に新たな気付きと新たな覚醒を持って、人として、人間として成長して、地球と共に、また地球だけではこの生命が地球に宿ることは出来ません。やはり太陽があり、他の惑星があり、そして衛星・月があり、そして地球の恵み、自然、資源の恵みがあってこそ、我々がこの世に命を芽生え、そして命を次に繋ぐことが出来ております。全てに感謝を行いながら、日々暮らしの中で人として、人間として生きていければと思っております。
どうか本当に愚かな戦、戦争に進むことなく、人が人として、人間として、地球人として、新たな世の仕組みを作り、世づくりの中から新しい世の中の中で、全ての命と共に未来へ、明日へと明日へと命繋ぎ、そして明日へと明日へと新しい世づくりの中で素晴らしい世の中に創り変えていくことが出来ますよう、どうか神々の御光、御力、そして後押し、導き、そして1日24時間、1日24時間、1年365日、片時も目を離すことなく、神のご加護の懐で我々を暖かく見守り、導き、お守り下さりますようお願い申し上げます。
ありがとうございました。それでは放送を終わりにさせていただきまして、これから川内原発へ向かわさせていただきます。
*以上 2月2日 鹿児島 桜島からの動画より*

**2月1日 南大東島での日々の祈りより伝えられた御言葉**

多くの命達が この世の中に存在し 幾久しく 大切なることを 忘れることなきように
それを守ることも それを創ることも その状況 環境を整えることも 人間が出来ることである
人々が 自らを知り しっかりと 心と精神を持ち 崩れることなく 壊れることなく
自らを律し 進みゆくことが出来れば
この星と共に 生きていることを知れば 気付けば
理解をし 日々を歩みゆけば
この世の中は 大きく 変わりゆこう
人の子が 変えゆくのである
変えてゆけるのである
そのための 多くの命達と そのための 多くの この支えたちである
善き流れを 見失うことなきように
心を 失うことが なきように
自らを律し 振り返り 正しながら 一つひとつ 一日一日 その日々を過ごし
一日一日 善き状態へと進めるように
くじけることなく 進みゆかれよ 
苦労や 難は 皆 人生の中にて 持ちゆくものである
乗り越えるその力は 持たされている
しっかりと 生き 歩みゆくがよい
人が 創る 平和の 世である


以上

二人で御神事を行えますのも、ご支援くださいます方様のお蔭でございます。ありがとうございます。
確実に回避しながら、良い流れが作れるように夫婦共々邁進してまいります。
いつも、いつも本当にありがとうございます。

比嘉良丸
比嘉りか

動画
上記内容の動画になります
*2月2日 桜島にて
2月2日 桜島より

*2月1日 南大東島より祈り合わせ
2月1日 南大東島にて祈り合わせ

2月2日の地震の情報
全体的な地図からは、発生順や規模においてそのバランス調整がなされている事が見えると思います。また、地域の地震においては、同じ規模でもその揺れた範囲、広がりの違いから地域の地盤の様子が見えてくると思いますので、掲載いたします。
※画像をクリックすると少し大きくなります
2月2日 地震分布図
4・2017年2月2日/20時06分頃/沖縄本島近海/M4.1/震度2
3・2017年2月2日/9時53分頃/新島・神津島近海/M2.4/震度1
2・2017年2月2日/3時11分頃/奄美大島近海/M4.4/震度3
1・2017年2月2日/0時17分頃/茨城県南部/M2.9/震度1
※番号は発生順であり、地震の規模には関係ありません。

2月2日 20時6分2月2日 9時53分2月2日 3時11分2月2日 0時17分

現在の状況と3時の祈りにて伝えられた御言葉

2017.02.02.09:00

皇紀2677年 西暦2017年 平成29年 ひのと酉年
新暦2月2日 旧暦1月6日 かのえ 申 赤口

いつも真心のお力添えありがとうございます。
大国ミロク大社の比嘉良丸、比嘉りかです。

夫良丸は、昨日島原、鹿児島と入り、本日は鹿児島から沖縄へ行きます船に乗船します。
鹿児島、大隅諸島、トカラ列島、徳之島、沖永良部島、奄美大島、与論島、沖縄の北部の本部、そして那覇と寄港しながら南下してきます。

私りかは、昨日、南大東から北大東への移動が御神事の関係上変更となり、そのまま南大東にて御神事を行いまして、本日、南大東島から沖縄那覇に戻ります。

御神事での内容につきましては改めてお伝えさせていただきます。
それでは、本日は30日と31日の3時の祈りの際に伝えられました御言葉をお伝えさせていただきます。


**1月30日の3時の祈りの際に伝えられた御言葉**

いつまでも いつまでも
大切なるもの達との生きゆく未来を 歩みゆく人生を
この世界 この世の中を 願うのであるならば
自らが出来る限りのことを努めゆくことは 大切なる一歩になりゆく
命を救う者 命を守る者 命を育てる者
命とは 人だけではない
この星にある 生きとし生ける全ての存在が命である
命を守り 命を育み 命を生み
皆が共に協力し 助け合い 支え合うことにより
その流れは 変えゆくことも出来る
根本や 神髄を 分からぬのであるならば
きちんと 知りゆく者に 聞かなければならない
目指す方向性が 自らの内側で 見えぬのであるならば
自らの内側に しっかりと向き合うように
足元を見渡せば 身の回りを見渡せば 欠けているものは数多く
一人ひとりの働きにより 補うことは出来るもの 多々ありゆく
人の子よ
善き道 善き未来とは 一人ひとりの行動により 出来上がりゆくものでもある
それは 何も大きなことを しでかすことではない
普通の 一般の 日常の中に於いて 出来ることも 多々ありゆく
日々の暮らし営み続け 歩みゆく者ならば
その日々の中にて 行いゆくことは必ずありゆこう
しかし 神業神事に関わる者ならば また 別である
神業神事に関わる者は 別である
日常の出来事 日常の流れ
その 守りとは別に その流れが滞ることなく 進みゆくことが出来るように
見えぬ側から しっかりと 守り続けゆかなければならない
全体を見極め 全体を見つめ 見抜き
今と未来を しっかりと繋ぎ
その神髄 本筋を見極め 進みゆかなければならない
善き流れとは 様々なる働きにより 成し得ることが出来るものでもある
善き流れへと 協力し 進みゆくことは
人の子の本筋 本当の働き 役目役割に気付きゆく 第一歩でもある


**31日 南大東島にて伝えられた御言葉**

広い世の中に於いて 全ての事柄は 繋がれ そして 関連し 連鎖し 複合しながらも 関わり合い そして 今とゆうこの世 現実を 織り成している
善き世の中というものも 悪しき流れに埋もれ 見え辛くなっているが
それを掘り起こすこと 表に出すこと 主流の流れとすることも 出来はする
ここに 人々の心 人々との意識 人々の選択 人々の行動
これらが 関わり合いゆくことにより その善き流れは浮上し そして 主流となるのである
けれども 今の悪しき流れ ただただ速く
そして 人々も 日々の暮らしの中に於いて 流れ見失い また 見えにくくなり
生きることすらも慌しくなり 心 精神 意識に 余裕がなくなり
見えなきもの また 見えているものすらも 分からない状況にもなってきている
ここで一つ 人々は 一呼吸おき
未来がどのように変わりゆくのか どのような流れになりゆくのか
しっかりと 考えなければならない
忙しいと 分からないと 言うかもしれない
しかしながら 今 考えなければ 今 それを見なければ 未来へと 繋ぐことは難しく
しっかりと繋ぎゆかなければ 後悔だけが残りゆく
そしてその後悔は 決して拭うことの出来ない 負の傷跡となりゆく
そのようなことにならないためにも どうかしっかりと 今を見つめ直し
善き流れへと進むことが出来るよう 歩み続けてほしい
人々の出来ること 数々ありゆく
善き流れへと進めるよう 一人ひとり 自らが出来ることを行い
善き流れへの後押しを しっかりと行いゆかれよ
今 生きゆく 生活をしている者達 普通の生活を営み 歩んでいる者達は
力あり 行動あり 生きるとゆうその力 しっかりと持ちいってるものである
善き流れへと進めるよう
くじけることなく 進みゆかれよ


以上

本日も穏やかなる流れになるよう努めてまいります。
そして、この御神事が出来ますのもご支援くださいます方様のお蔭でございます。
今回は本当に急な変更でしたが、それに対応することが出来ますのも、ご支援のお蔭でございます。
本当にありがとうございます。
夫婦共々、更に気を引き締め邁進してまいります。
深く感謝申し上げます。ありがとうございます。

比嘉良丸
比嘉りか

祈り合わせの動画
※画像をクリックすると動画のサイトに移動します
1月30日の3時の祈り合わせ
1月30日 3時の祈り合わせ

1月31日の南大東島での祈り合わせ
1月31日 南大東島での祈り合わせ


昨日の地震の情報
全体的な地図からは、発生順や規模においてそのバランス調整がなされている事が見えると思います。また、地域の地震においては、同じ規模でもその揺れた範囲、広がりの違いから地域の地盤の様子が見えてくると思いますので、掲載いたします。
※画像をクリックすると少し大きくなります
2月1日 地震分布
5・2017年2月1日/15時46分頃/茨城県北部/M3.3/震度2
4・2017年2月1日/14時44分頃/熊本県熊本地方/M1.9/震度1
3・2017年2月1日/12時42分頃/兵庫県南東部/M3.1/震度2
2・2017年2月1日/6時41分頃/根室地方北部/M1.9/震度1
1・2017年2月1日/3時43分頃/宮城県沖/M4.0/震度1
※番号は発生順であり、地震の規模には関係ありません。

2月1日 15時46分2月1日 14時44分2月1日 6時41分
2月1日 12時42分2月1日 3時43分

現在の状況と29日の御神事の動画からの文章

2017.02.01.09:00

皇紀2677年 西暦2017年 平成29年 ひのと酉年
新暦2月1日 旧暦1月5日 大安 つちのと 未

いつも真心のお力添えありがとうございます。
大国ミロク大社の比嘉良丸、比嘉りかです。

現在、夫良丸は、九州を回る御神事、私りかは、南大東島と北大東島の御神事に来ております。
夫からの連絡ですが、本日は玄海原発を回り、島原からフェリーで鹿児島に入ります。その為、朝早くの移動となりますことから、放送は出来ないと思います。との連絡が入りました。
また、私自身も、本日午後3時過ぎの飛行機にて北大東島にわたります。その為、祈り合わせは移動しました後、午後5時頃に行いたいと思います。
どうぞ宜しくお願い致します。

本日は、先日29日に行われました渡嘉敷島での御神事の動画を書き起こしたものに補足を加えてお伝えさせていただきます。
また、その際に伝えられました御言葉も少しお伝えさせていただきます。

比嘉良丸
比嘉りか

**1月29日 沖縄の西、渡嘉敷島にての動画より**

**慶良間諸島の御神事 渡嘉敷島にて伝えられた御言葉*

よいか 善き流れとゆうものは 戦 争い無く
心 魂 精神 しっかりと 前を見据え 未来を見つめ 善き流れ
平和・平穏・平安 安心を しっかりと受け止め 感じ取り そして 進んでいる そのような 状態のことでもある
戦 争いの傷は 果てなく続きゆく
先程も伝えたよう 精神 心 そして魂 意識 歴史に 傷を付け そしてそれは 癒えることはない
歴史に そのまま 残され続けゆき 魂にもまた 残され続けゆき 心にも そして 肉体にも 意識にも 見えない傷であるが 付け続けられてゆく
それは 歴史 年代を 超えてもなお 繋ぎ続けられゆくものであるのだ
善き流れとは どうゆうことか
それらその傷も癒え そして新たなる出発 新しき仕組み 新しき世の始まり 新たなる進みも 一つのその意味を叶えゆくものである
よいか
苦しみばかりが残りゆく 戦 争い
悲しみばかりが残りゆく 戦 争い
そして 心にも 肉体にも 魂にも 傷を付け続けゆく 戦 争い
決して もう二度と 起こしてはならないものであるのだ
善き流れを掴みとりたければ  善き流れをしっかりと流したければ 現実のものとしたければ 争っている場合ではない
戦ではないのだ
歴史が どのように伝えてこようとも それは 大きく真実とは 矛盾していることも数多い
しかし 今 前を見つめ どのように解決してゆくか それもまた必要なことでもありゆく
善き流れへと進みゆくために 過去に蓋をするのではなく しっかりと見つめ直し
同じことを決して繰返すことがなきように 進みゆくことは大切である
人々が どのように 調和と 協力と 折り合いをつけ 過去から未来へと歩み進みゆこうとするのか
それが 今後これから先に 進みゆく未来の 大切なる足がかりともなりゆく


(良丸氏)
ありがとうございました。
この渡嘉敷島は1945年の3月の末に、米国を中心に連合艦隊が西の方へ集結しました。島民はその数千という艦隊の数に驚き、そしてこの島々は当時、帝国軍の徹底した教育がなされていたこともあり、住民がその教育の下で集団自決を行った島々の一つにもなっております。この件について復帰後に日本政府に問いかけると、島民の集団自決は軍が指導したものではないとか、そういう問題も起きましたが、実際に戦争によって島民が自ら命を絶つという行為、やはりそれは異常な状況な中の教育がもたらした結果であり、その当時の流れからして、軍が誘導しての集団自決というのは確かだと思われます。
今更、70年前の話をするのは、どういう意図があるか。理解していただきたいのは、戦争という方向へ進むと人間性が失われます。正しい判断が出来ず、恐ろしい結果を招く状況へ進みます。集団的な行動により国民同士の殺戮や、集団自決といった冷静に考えれば対処出来ること、決して行わない事柄を平気で起こしてしまうという状況に追い込まれます。
戦争というのは、敵との戦いだけではなく、その異常化の中で理性を失い、人間性を失う。そして戦争が終わった後に、精神を病むという、本当にこれは決して犯してはいけない、起こしてはいけないものであります。近年の科学の発展により、第二次世界大戦で初めて核兵器が使われましたが、その後も研究が進み、現在では広島の数百倍以上の破壊力があるといいます。
80年代から90年にかけて、米ソの核弾頭などの条約が結ばれましたが、千発近い核弾頭をロシアと米国は保有し、他の国々も核弾頭を、核兵器を保有しております。また実際に戦争になれば、その保有している核弾頭だけではなく、新たに、今ある核弾頭の破壊力を十倍、百倍と増す兵器を作り、投下するという、とんでもない状況に追い込まれる可能性もあります。
実際に第三次世界大戦まで行き着くと、地球の大半に住むものが消滅する可能性すらあります。母体であるその地球が死滅する可能性すら、本当に現実化を帯びております。
ですのでこれからの未来に、我々人間が本当に真剣に平和というものに向き合わなければいけない時期に来ております。それだけは、本当に確かなことです。どこに進むかは私達人間です。どうか私達の人間の判断で戦争に行かないように、平和の方向に進むように、皆様と一緒に力を合わせて平和を創るための御神事、祈りを続けていきたいと思います。
ありがとうございました。


**1月29日 渡嘉敷島上陸前の祈りの際に伝えられた御言葉*
命の流れ 大切なる物事 一つひとつ進みゆくことを 忘れることなきように
大切なる命達の未来 人々が握っていること 握りしめていることも忘れてはならない
多くの命達と共に生きゆく未来を 見失うことなく進みゆかれよ
大切なる心 失うことなきように 人としての生き様 しっかりと見失うことなきように
人としての精神 そして この世に生まれ落ちた その者の役目役割 人の役目役割
命達と共に この星を守りゆく その役目役割を 見失うことがなきように進みゆかれよ

**以上**

本日は、日々の祈り合わせの時間が変更となりますが、どうぞ共に平和、平穏、平安、安定を願い祈りいただけますと幸いです。

夫婦力を合わせ、別々の場所であってもその御神事は繋がり、関連しております。
それぞれの御神事をしっかりと行えますのも、御支援くださいます方様のおかげでございます。
本当にありがとうございます。
一つ一つきちんと整え、小難無難、調和、調整と整え穏やかなる状態になるよう努めてまいります。
心から感謝申し上げます。ありがとうございます。

比嘉良丸
比嘉りか

昨日の地震の情報
全体的な地図からは、発生順や規模においてそのバランス調整がなされている事が見えると思います。また、地域の地震においては、同じ規模でもその揺れた範囲、広がりの違いから地域の地盤の様子が見えてくると思いますので、掲載いたします。
※画像をクリックすると少し大きくなります

1月31日 地震分布図
1・2017年1月31日/9時30分頃/茨城県北部/M3.2/震度1
※番号は発生順であり、地震の規模には関係ありません。

1月31日 9時30分

渡嘉敷島での御神事の動画
※画像をクリックすると動画のサイトに移動します

渡嘉敷島上陸前の祈りの動画
1月29日 渡嘉敷島上陸前

渡嘉敷島にての祈りの動画
1月29日 渡嘉敷島にて
情報サイトリンク

◆地震情報《気象庁》
◆火山情報《気象庁》
◆台風情報《気象庁》
◆警報・注意報《気象庁》
◆海外の地震情報《JIS》
◆マーケット情報《ロイター》

イベントのお知らせ
最近の記事
関連サイト
検索フォーム
年別アーカイブ
携帯用QRコード
QR