本日出発致します

2018.02.20.09:35

新暦2月20日(旧暦1月5日 大安 みづのと 未)

いつも真心のお力添えありがとうございます。
大国ミロク大社の比嘉良丸、比嘉りかです。

本日2月20日より、急遽入りました海外御神事のイギリス、スペインへ行ってまいります。
今回の御神事は、この前に行きました、アメリカ、ニューヨーク、ペンシルベニア、ワシントンDCの御神事の内容に深く関連するものであります。
主だった内容は2つあり、一つは自然界の仕組みについてです。アメリカ大陸の東側、大西洋にありますプレートと大西洋中央海嶺による、アメリカ東海岸及び内陸部、ヨーロッパ、アフリカ大陸における地震の啓示と火山活動に対する啓示の小難無難の御神事。そして、もう一つは、大西洋の東側、ヨーロッパ、アフリカに対しての世界規模の経済についての新たな仕組みの御神事を行う事。そして、世界的な政治を中心に、世界の安定した平和へ向けての御神事になります。

さて、今回訪れましたニューヨーク、ペンシルベニア、ワシントンDCという地域は、現在のアメリカに深く関連する地域であります。その昔、アメリカが、イギリス領、フランス領、スペイン領であった時代に、イギリスからの独立戦争が起き、このイギリスとの独立戦争中にアメリカの独立宣言がペンシルベニアで宣言され、一方的に政府を宣言。その後も戦争は数年続き、正式にイギリスからの独立。フランス領、ロシア領、スペイン領と各国からその領土を買い上げ、南北戦争を経て、首都をワシントンに移転し、現在のアメリカ合衆国へと形成されてきた歴史があります。このアメリカの歴史は、次のヨーロッパにおける御神事の内容を理解する為の大きな参考になりました。
今、スペインのバルセロナ、カタルーニャ地方の独立の声があります。現実にスペイン王国からカタルーニャの独立が正式になると、イギリス、フランス、ドイツといった国々へもその流れは広がり、この問題は、ヨーロッパ全体へ広がり、深刻化してゆきます。内乱、内戦、隣国との紛争、そして世界へと飛び火する世界戦争へと進む流れを作る、大きな要因の一つでもあります。
今のヨーロッパ全体の不安定は、世界規模の不安定へと進み、大きな戦争、第三次世界大戦へと広がる要因となると伝えられております。そして、歴史の中で、第一次、第二次大戦の歴史の繰り返しとなりかねないとも伝えられております。アメリカとヨーロッパの関連からも、急遽、インドネシアの前にスペイン、イギリスの御神事が組まれた経緯があり、この啓示に基づいて、戦争回避、小難無難の御神事をおこなってまいります。

無事に良き流れに進めるよう、流れが変わってゆく事が出来るよう、精一杯御神事を進めてまいります。どうか、皆様の真心の祈りのお力添え、御神事へのお支えの力、ご支援の程を宜しくお願い致します。


比嘉良丸
比嘉りか

次の御神事に出発します

2018.02.19.08:00

新暦2月19日(旧暦1月4日 みづのえ 午 仏滅)

いつも真心のお力添えありがとうございます。
大国ミロク大社の比嘉良丸、比嘉りかです。

2月9日からアメリカ、ニューヨーク、ペンシルベニア、ワシントンと御神事にゆき、14日に沖縄に戻り、旧正月や病院の受診を終えまして、明日、19日に改めて本州に入り20日からスペイン、イギリスへ御神事に行ってまいります。このスペイン、イギリスから戻りましたら、帰国後翌日にインドネシアへの御神事に回ってまいります。
インドネシアからの帰国は3月になり、その後は、日本国内の御神事に回りまして、3月下旬からはロシアへと参ります。

今まで、国内外の御神事を皆様に支えられ、おこなってまいりました。
日本だけではなく、海外へと範囲が広がり、国内外において御神事を続けてまいりました。それは、テロ、内戦、紛争、戦争が多発化し、大きな戦争となってゆく、このままでは最終的に行き着く先は核戦争で人類の破滅へと向かうと伝えられた啓示に基づき御神事を行ってまいりました。

近年、テロから戦争までの流れが多発化し、兵器においても今までの兵器とは異なり、核弾頭を使用する戦争へと意識が変わってきました。冷戦時代には、戦争への抑止力として存在していた核兵器でありましたが、今は、通常兵器ではなく、核兵器を使うという意識や先制攻撃に核を使うという考え方へと変わってきており、今までの弾頭、爆弾と核弾頭や核爆弾へと変え、超大型から小型化までその核の開発は続けられてきております。核が多種多様な兵器へと広がり、様々な武器に使われる状況になろうとしており、一触即発の状況となってきております。世界各国の主要な指導者達や要員は、平気で核の使用について話すようになってきており、それは日本も同様です。
ロシアのプーチン大統領がウクライナ問題の後に、当時、核の使用を念頭に入れていたという発言やイギリスがロシアに核の先制攻撃も行う事を示唆した発言、そしてそれに対してロシア側からも核を使って抹殺するという発言がありました。今月に至っては、アメリカの大統領が、通常戦争に核兵器を使うという発言や新たな核兵器の開発の発言をした事に対し、日本の大臣が喜ばしいという発言がありました。 
北朝鮮、イランなどだけではなく、世界中が、軍事の強化へ進むにあたり、他の国々も核を保有しようとする国が増えてくる傾向にあります。そしてそれは、相手を倒す為に、核兵器だけではなく化学兵器や毒ガスといった分野にまで広がり、核兵器、化学兵器、細菌兵器を使用する為に実験するという事すら出てきています。
目先のことばかりになり、地球の未来を見ることが出来ない状況が進んでいるという事になっており、このことは、実際に啓示で伝えられており、その状況が確かに現実化しております。
本来、このような流れになることを阻止する為に、御神事を行い続けてまいりましたが、現状、悪い流れが先行している状況になっております。しかし、啓示は伝えられ続けており、阻止する為の流れについての御神事の指示も伝えられてまいります。それは、まだ、阻止する事、回避する事が出来るという意味でもありますことから、悪い流れを確実に断ち切る為に、私たちは今後も伝えられてくる啓示に基づき、御神事を続けてまいります。

今年、改めて組み立てました御神事の流れが、今年の国内外の御神事になり、この御神事全てが、悪い流れの先行を食い止める為に必要な御神事になります。
世の中の流れは、政治や経済、自然の動き等様々な内容全てが重なり合ってその道を作っており、その様々な内容を判断しながら、御神事を行い、流れを変えてゆかなければなりません。経済、国の政治、治安を悪化させてしまう大きな災害の発生から続く大地殻変動、この自然の動きも政治や経済の不安、治安の不安から内戦、紛争、テロ、そして本格的な核戦争へ一気に進む大きな要因の一つになります。
地球、人類、すべての命を次に繋ぐには、これら全ての要因を回避してゆかなければいけない。そのような御神事を今行っております
今年はそういった意味からも、1月から国内外の御神事が立て続けに始まりました。
インド、アメリカ、スペイン、イギリス、インドネシアと行い、3月は国内と下旬には、ロシアへと参ります。そして、それ以降も当初の予定に更にフランス、ドイツ等も加わり、国内、海外の御神事をすべて組み合わせて進めてゆきます。

いつも真心のご支援ありがとうございます。ご支援があり、このように御神事の計画を立て、国内、海外と飛び回る事が出来ております。ありがとうございます。
日進月歩の状況ではございますが、今後も、戦争回避を主軸に、その流れに進む事柄、厄災、天災を小難無難になるよう、御神事に精一杯努めて参ります。
今後更に皆様の真心のお力添えが必要になってまいります。どうか、御神事が滞りなく努める事が出来るように、お力添え、ご支援を宜しくお願い致します 

比嘉良丸
比嘉りか

**アメリカ御神事にて祈りの際に伝えられてきた御言葉**

2月10日 ニューヨーク
人々が 人々自身の調和を護れるぐらいなら
混乱の中に陥る事はなかろうに
人は せめぎあいの世 混乱 戦乱の世を繰り返してきた
自国の政治 経済を立て直すという名目から
その流れは組まれ 続いてきた
新たなる流れに 変えなければならないが
人は 極端な構想へと進もうともする
強行突破はできない
強硬政策は混乱を招くだけであり
戦 争いの種を増やすことになりゆく
人は 新たなることに慣れるまで
しばらくの時間がかかる
慎重に 変更 改正を重ねながら
争わない道へと進むことが望ましい
けれども 人々もその知識を高め
自己主張を押し通すだけではなく 全体の善き流れを努めて行くことは
今後の世の作りとしても 大切なことになる
人が 生活し つくりゆく世の中 世界である
世の中をよくするも 悪くするも 停滞のまま持続するも
人々の選択になろう

行き詰まりを打開する案が 争いなのか
その循環で本当に人間はよいのか
苦しみと悲しみを繰り返し
その魂に傷を付け続け
何も変わらないまま 時を繰り返してゆくのか
小さな出発も 大きな波や企業によって
潰されてゆく
それでは 何も解決にはならない
世の中を良くするという意識の元
互いに支え合う事 補い合う事はできないのか
潰しあいではない未来を築く事が
解決の糸口の一つになろう


2月10日 フィラデルフィア 

人は 何を求め つくってきたのか
平和や調和 安堵の地を求めてきたのであろう
そして それを叶える為に 実現する為に
人は夢を求め 進んできた
しかし 今 本当にそれはかなえられたことなのであろうか
夢は夢のままであり 理想は理想のままでもあろう
当初の目的とは 離れてしまい
今もなお 同じ所で 回り続けている
この回転を止める事も そのまま 流されてゆく事も
人の意識である
意識とは 考え そして 行動する 目的へと進ませる
そして その持続性 行動 継続性 決断でもあろう
出発の地点 原点を忘れてしまっていることは
何がきっかけになれば 思い出せるのであろうか
向き合う姿勢 意識や心
自分自身を省みる事によって 気づきがあるのだが
それもまた 思わぬ方へと進むこともある
それは 目的がずれた時
目指す方向性 目的を忘れることなく 努める事
そして 継続すること
一日にしては 何も成すことは 出来ない
持続 継続にて 変化の時は訪れる 



人は 自分自身の思いを主軸にしすぎると
周りが見えなくなり
孤立してゆく
それは 自然界からも同様であり
人間がどこに所属しているのか
地球は 人間にとって土台であり 根本であることを
忘れてしまうと
どんどん離れていってしまう
それは 人間社会にも 経済にも言える事である
人間主軸の経済に進み続けると
その先は 行き止まりである
人間が 地球に意識を向け
地球を支え 助ける道に進めば その道は
無限のものとなろう


2月11日 ワシントンDC
人の心は その行動を大きく変化させてゆく
感情は 良くも悪くも行動を変化させてゆく
様々な事柄は 発明され 改良され
今も その進化を進めてもいる
人はその流れに追いつけていない
意識 心 感情が取り残され
その隙間を埋めるように彷徨い 
その手立てを模索している
確かに 人間は 自然環境 地球に対して
現在は 悪の影響を与えてもいる
しかし 改善へと努力している者がいる事も事実である
その改善への影響が進まないのは
知識も学びも 全体へと広がっていない
一部の者のみの行動では
その影響は小さく 儚い
今 人が行ってきた歴史や争い
過去の見つめなおしと 
根本にある 平和の世への流れを見失わず
一人 一人が自らの出来る 善き流れへの行動を
起こすときでもある
全ての者が 一つでも行えば
その世は大きく変わりゆく


人々は 常に願う
しかし 過去があり 今がある
今は 未来の過去になる
今を変える事によって 未来は変わってゆく
平和とはなにか
平等とはなにか
皆が 過去も願い 今も願っていること
過去も幾度も願い 今も願っている
叶わない願いなのか
それとも かなえられない願いなのか
人は その成就について 行動しないのか
潰されてしまう程の思い 願いなのか
過去からの願いが叶うように
未来は 今の積み重ねによって成り立つ
今 未来に向けて かなえられるように行動すること
平和は 今の者が未来に向けてつくってゆく事
それが 未来に生きゆく子孫達を護る事にもなる


※写真をクリックすると少し大きくなります
御神事 アメリカ ペンシルベニア 
ペンシルベニアの議事堂です。その昔、ここで独立宣言書が作成されたり、憲法が作られた場所だそうです。
裁判所や、下院、上院の議会の部屋もそのまま残されておりました。ここでは、平和や調和の祈りをいたしました。

御神事 アメリカ ワシントンDC ホワイトハウス
ワシントンDCです。雨模様でしたが、各場所には大勢の観光客の方々がいました。現在の国会議事堂やリンカーン記念堂、キング牧師のモニュメントの場所、ホワイトハウス等にゆき、こちらでも平和、戦争回避の祈りのを行いました。

事務局掲載

2018.02.12.08:00

新暦2月12日(旧暦12月27日 きのと 亥 友引)

*乙(きのと)とは
木(五行) 
草木花を意味。擦れ合いながら抜け出す状態
*友引(ともびき)とは
「凶事に友を引く」の意。朝は吉、昼は凶、夕は大吉。可もなく不 可もなくの日。
現在あることが継続・停滞することを表し、良き事象なら継続を、 悪き事象なら対処することとし、「状況を推し量り行動する日」。


アメリカに着きました比嘉夫妻より連絡が入りました。

NYC.jpg
朝出発前のニューヨーク 

map.jpg
ワシントンDCへ

9日にアメリカ、ニューヨークに到着し、翌日10日朝6時からニューヨークからワシントンへ向かいました。
途中、ペンシルベニアなどを経由して、休みながら11日午前中にワシントンDCに到着します。
詳細につきましては改めてご報告致します。

本日も、皆様の真心のお力添え宜しくお願い致します。

比嘉良丸
比嘉りか

本日出発致します

2018.02.09.09:30

新暦2月9日(旧暦12月24日 大安 みずのえ 申)

*大安(たいあん)とは
大いに安しの意。何事においても吉、大吉日。終日吉
*壬(みづのえ)とは
水(五行) 
海や泉や大河を意味。芽が出ようとして膨らんでいる状態(十干の意味)


**********

いつも真心のお力添えありがとうございます。
大国ミロク大社の比嘉りかです。

昨日、沖縄を出発し、本日成田からアメリカ・ニューヨークへ移動します。
出発間際になり、夫が神々様と今回の御神事についてやり取りが始まり、慌ただしく出てくることになりました。成田への飛行機に搭乗中は、日本国内、関東においてのやり取りが始まったという事で、これもずっとやり取りが続き、朝まで続きました。
それは、昨夜23時台に起きておりました埼玉の地震についてのことだったそうです。この後、出発までの間、時間がありますので、成田近郊を回り関東においての御神事を行った後、搭乗へ向かいます。

インドから戻り引き続きのアメリカ御神事となっており、日々の祈りの放送が止まっており、大変申し訳ございません。現地にて、放送はできませんが、日々の祈りは行ってまいります。日々、12時と18時、その時間いらっしゃる場所からで構いませんので、良き世の中となるように共に願い祈りいただけますと幸いです。

それでは、いってまいります。

比嘉りか

本日出発致します

2018.02.08.10:15

新暦2月8日(旧暦12月23日 かのと 未 仏滅)

*辛(かのと)とは
金(五行) 
加工された金属・貴金属を意味。成長を極めて変革する状態。(十干の意味)
*仏滅(ぶつめつ)とは
仏も滅する凶日の意。何事も遠慮する日。六曜の中で最も凶の日。


*************

いつも真心のお力添えありがとうございます。
大国ミロク大社の比嘉良丸、比嘉りかです。

本日、夕方に本州へ入り、明日、成田からアメリカ・ニューヨーク、ワシントンDCへと移動致します。ニューヨークからワシントンDCへと移動の際に、アーミッシュの村を訪れる予定でおります。
このアメリカでは、経済について、そして世界政治についての祈り、御神事を行います。

アメリカより帰国次第、沖縄に戻りまして、旧正月の御神事を行います。旧正月の御神事を終えました後、18日に皆様より御返却いただきました御守りや御札のお焚きあげを行いまして、翌19日、再度本州へと移動しまして、20日には、急遽入りましたイギリス・スペインの御神事へと移動致します。こちらでも、経済、政治についての祈り、御神事を行います。
そして、27日に帰国しました後、翌日28日からはインドネシアへの御神事に出発致します。

ぎりぎりまで打ち合わせややり取りで本日渡航の準備をして、移動いたします。あまり詳しく書き添えられませんが、しっかりとおさめられるよう努めてまいります。

どうか皆様の真心のお力添えを賜りますよう何卒宜しくお願い致します。

比嘉良丸
比嘉りか


*節分祭にて伝えられた御言葉*

陰陽の父神様よりお言葉を賜ります

命達と共に 歩みゆこうとするならば 
人々の心は しっかりと 持ちゆかなければならない
弱き者 心弱き者は 押し流されゆく流れに 呑まれゆき
自らを 見失うこともあろう
強き心 強き意志 信念を持てとゆうことは 
ただ強くあれとゆうことではない
優しさと強さ 双方を兼ね備え
争うことなく 弱き者達を守り支え
命たちを 守り支え
偏ることなく 調和を持ち 
動きゆく流れを 目指しゆく方向を 失うことなく 
信念を持ち 歩みゆく
無論それには 多くの 知恵 知識 考えの深さが 
必要となりゆく
これらは決して 一日で為し得ることは出来ない
しかし 為し得ることが出来ないからといって 
諦め 逃げてはならない
逃げることはまた 悲しみを生み 苦しみを生み 負を生み 
悲惨を生みゆく
向かえゆき 乗り越え 負の流れを解消するために 
信念と 勇気を持って 解決の道を模索し 歩みゆくことにより
支えが生まれ 共に歩みゆき道を 創りゆくことも出来る
争いではない道を 選ぶことは出来る
ただ人々は 争うとゆう道へ 安易に 逃げようともしている
和解ではなく 調和ではなく
潰すとゆう行為によって ねじ伏せようともしている
それは 男性性と言われるものではない
凶暴性であり 人ではない
真に 進化し 地球人(ちきゅうびと)として 歩みゆく道を 開化の道へと 
後退することはない 進化の道を 進むためにも 
人としての理性を 失うことなく 
調和とは何かを しっかりと 受け止め 考えながら
戦ではない 新たなる歴史を 作り続けゆかなければならない


*次に、陰陽の母神様よりお言葉を賜ります。

進みゆく流れの中に 整えが入ることにより
一旦とどまり 振り返り 正しき道への 修正を乗り越え 
整え 進みゆく
人々はまた 立ち止まり 振り返り 修正の道を整え 
また新たなる道を進みゆく
その繰り返しが 善き流れ 善き歴史 善き道を 
創りゆく方法でもありゆく
立ち止まり 振り返り 自らを確認する
世の中も 一人ひとりも
この世を進みゆくために 大切なる行動でもありゆく
戦 争いは 全てを終了させゆく
歴史も 未来も 命も 星も 
全てを終わらせゆくことになる
簡単に考えるのではなく 今こそ改めて向き合うことも必要であろう
留まり 振り返り 修正し 正しき方向を改めて見つめ 進みゆく
人は その一歩一歩により 心身共の成長を遂げゆくことに繋がる

結びの神様よりお言葉を賜ります。

正しき流れへと 整えられ 結び直され
正しき流れへと 一つ歩み 確認し 一つ歩み 進む
今はもう 穏やかなる流れ ゆっくりと 進みゆくことは難しい
どれほどまでに 自分を 自らを律し 歩みゆくことが出来るか
日々の暮らし生活 人々の営み これが世の中の繁栄に繫がる
善き行いを行えば 善き流れは必ずや 世の中へと伝わりゆく
勝手なる想い 勝手なる行動を行えば
勝手なる物事へと 世の中へと 広がりゆく
人の生きる道は縮図 世の中の鏡
世の中は 人の行動の鏡 縮図 鏡である
一人ひとりが 自らを律しゆくことにより 
鏡はまた 清められ 世もまた 拭き取られゆく


大国ミロク様よりお言葉を賜ります。

命とは 人々だけのものではない
命とは 全ての生きとし生けるもの全てを指す
人もまた その中にあり
生命達もまた 生き物達もまた その中にある
互いの命 係わり合いながら 支え合いながら 
関連し 関係ありながら
この世に それぞれ 各々が 生きている
人の命 様々なる命達により支え合い 自然達がなければ 
生きゆくことは出来ない
自らも 命の源であるとゆうこと
自然が 自らの命の源であるとゆうことを 忘れることなきように
それにより 命達はまた再び 地球の下へ還り 
共に歩みゆくことが出来るように
皆 共に支え合うよう 力 その影響が 変わりゆくことになろう
人が 気付かなければ 命達は 人抜きで 進みゆくことになろう
人は 命達 生命達の支えがなければ 生きゆくことは出来ない
その意識 その考え それを忘れることなく 
これからの未来もまた 歩みゆけ

艮の大神様よりお言葉を賜ります。

人はまた 日々 学びである
どこまで理解し どこまでその懐(ふところ)奥深くまで 意識の奥深くまで 
物事を落とし込むことが出来たか
人々はまた 再び 未来へと向かい 考えること 
ただただ 日々日々 考えることがあろう
どのように生きゆけば 人々はまた歩みゆくことが出来るのか
日々暮らし生活の流れが その全てが 人々の御霊 意識 考え 行動の 
磨きにもなり 成長にも繋がる
人々が 善き流れへと進むことが出来れば それは善き磨きの結果でもあろう
悪しき流れへと進んでいるとゆうならば
それは磨きを怠っているとゆう結果でもあろう
鏡となりゆくその意識 成長
人の子らよ 善き流れへと進みゆくためにも
人の心より まず自らの心 意識 正しゆき 善き流れを創りゆけ


最後に、夫婦神様よりお言葉を賜ります。

調和とは 互いへの想いがあり 優しさがあり
そこに込められた優しさから 発展しゆくもの
想い 怒りに変わりゆけば 
さげすみ また 卑屈になりゆけば 相手へと違った形にて その想いが 伝わりゆく
口では 調和 優しさとゆっていても 奥底にある想いは 人の子の行動を反映し 相手へと伝わりゆく
それぞれの立場に立った時 人々は その者の想いを知ることになろう
けれども そうなる前に しっかりと 理解し 想いを伝え合わさなければならない
善き流れへと
調和の流れとは
一人ひとりの想い 互いへの優しさ いたわり 寄り添いにより
発展 進んでゆくものである
発する前に 内側において 考えることにより
人は 自らの正しき意識 感情を 正しき方向にて 伝えることも出来よう
そこにある思いを きちんと 伝えることが出来よう

お知らせ

2018.02.07.10:22

新暦2月7日(旧暦12月22日 かのえ 午 先負)

*庚(かのえ)とは
金(五行)
剛金を意味。変更・改まる状態(十干の意味)
*先負(せんぶ)とは
「先んずれば負け」の意味で、勝負事や急用は避けるほうがよいとされる。
午前中は凶、午後は吉。万事に平静であることが良いとされ、勝負事や急用は避けるべきとされる。


************

いつも真心のお力添えありがとうございます。
大国ミロク大社の比嘉良丸です。
昨日、インドから妻も戻り、当宮の大祭・節分祭を執り行う事が出来ました。

大祭の祈祷中に神々様より伝えられました事柄がありました。
この内容につきまして、2018年の新年の御守りをご依頼いただきました皆様にお願いがございまして本日、掲載させていただきます。


2018年の新年の御守りをご依頼くださいました皆様へ
この度は、新年企画御守りをご依頼いただきまして、誠にありがとうございました。
この御守りは、新年・節分祭・旧正月のお祈りをしたのちに、皆様へ2月20日から順次発送する予定でございましたが、昨日2月6日の節分祭においての祈りの折に神様のご指示が伝えられてまいりまして、急遽、当初予定していた海外御神事以外に追加で、新たに海外御神事を執り行わなければならない状況に陥りました。
その為、元々、皆様への御祈祷と発送の為に控えておりました時期の2月19日から次のインドネシア御神事の出発前の26日までの期間に、イギリス、スペインにて御神事を行うことを伝えられてまいりました。
新年の御守りの祈祷期間である事や3月以降も様々な海外御神事が立て込んでいるという事、時期的にも難しい事を神々様へ伝えやり取りを行いましたが、このイギリス・スペインは、どうしても早急にゆかなければいけない、他の海外御神事の予定の最後に回すことは出来ない重要な御神事であると強く伝えられてきました。

そこで、誠に勝手なお願いではございますが、2018年の新年の御守りをご依頼くださいました皆様には、ご注文いただきました御守りのお届けを、この急遽入りました海外御神事と、その後すぐに続きますインドネシア海外御神事から戻りましてから、お届けとさせていただけますようお願い申し上げます。
時期としましては、3月17日から皆様への発送を順次対応の予定をしております。

この発送までの間、皆様の御守りは当宮の祭壇にてお供えしましてご祈祷させていただきます。
そして、発送後も、名刺型、カード型御守りを御宮にてお供えさせていただきまして、夏至の期間まで引き続き、無病息災、無事息災、大願成就、福徳円満の御祈祷を日々続けさせていただきます。
また、個人様宛ではございませんが、急遽入りましたイギリス、スペインにおいての御守り御依頼者様という全体の意味にて御祈祷いたしまして、皆様共通ではございますが、祈祷時の御言葉を添えてお届けさせていただきます。

突然のお願いではございますが、何卒、どうかお許しいただきまして、ご理解賜りますよう、お願い申し上げます。


大国ミロク大社

比嘉 良丸

*********

 事務局より
新年企画御守りをご注文頂いたみなさまへ事務局より、改めてご連絡させて頂きます。
今しばらくお待ちくださりますようお願い申し上げます。
*********

本日の節分祭について

2018.02.06.13:51

いつも真心のお力添えありがとうございます。
本日の『節分祭』のご案内させていただきます

【日時】
平成30年2月6日(火)19:00~

【動画配信】
2月6日 19:30から配信予定でございます。
↓配信はこちらをクリック
http://inorinowa.org/tv/
※開始時間は前後する可能性があります。ご了承ください。

【本殿での内容】
19:00までに大国ミロク大社お宮にお越しください。
19:30から大国ミロク大社お宮にて、比嘉夫妻によるお祈りと    
   お話しがございます。 
21:00お供えものをいただきます
  (神様のご神気をいただく事になります)
22:00頃終了となります 
 
【服装】
お宮での正式参拝となりますので白い服でご参加ください。

【参加費】
ご参加者のご祈祷をさせていただきますため、
玉ぐし料を申し受けますが、お気持ちで結構です。

【駐車場】
台数に制限がございますため事前にお申し込みください。

皆さまのお越しをお待ちしております。
事務局

御神事について

2018.02.05.08:00

新暦2月5日(旧暦12月20日 つちのえ 辰 先勝)

いつも真心のお力添えありがとうございます。
大国ミロク大社の比嘉良丸です。

2月3日の20時頃沖縄に戻りました。
妻のりかは、2月6日節分祭当日の17時頃成田経由で沖縄に戻りまして19時から大国みろく大社での節分祭の祈りを妻にて行います。

さてこの25年間、自然界全体の動き及び政治経済・テロ・内戦、紛争、戦争・感染伝染病・その他幾多の内容について、回避、小難無難の御神事を行ってまいりました。
自然災害に関して伝えられている啓示では、日本列島での地震や火山の動きといった連鎖連動が起きており、地殻の動きをどんどん押し上げ、その動きは数十万年から数百万年周期の地殻変動期へかなり早く入ったと啓示では伝えられております。これから本格的に動く自然界の仕組みを出来る限り分散分割、穏やかに緩やかな流れになるよう御神事を行っております。しかしながら、2500万年~400万年頃前に日本列島が形成されてから現在に至るまで、数十年から数百、千、万、十万年とほぼ一定周期にて繰り返し起きている地震、火山噴火による超大災害、それに準ずる災害(大地の浮き沈み、津波、火山灰、溶岩、火災流、余震、前震等)を完全に抑えることは無理な事です。
これらは、長い年月かけて大地の息吹として動いております。特に日本列島に重なり合う四大プレートにおける、ぶつかり合いや沈み込んでいる海溝、これらの動き、摩擦によって出来る火山帯などから発生するエネルギーは、限界に来くると必ず定期的にその放出が行われ動きます。これらの動き対し、バランス調整が確実に出来ると神々様から伝えられ、小難無難の御神事を行っております。
御神事の中において、神々様とのやり取りを集中して行い、その発生する出来事の原因が、地震なのか、地震であれば海溝型地震、直下型地震なのか。それらに準ずる災害、火山活動、噴火、火砕流、噴煙等といった災害の発生について。構造線、活断層の動きといった他類に分類して、神々様とやり取りした内容を調べ確認した上で、内容、規模、場所、年、月、日、時間、タイミングを計画し、どのような御神事を行うのか決めます。
今は、本当に便利になりタブレット、パソコンから毎日日本列島で起きた地震の規模がわかりますが、数十年前までは、神々様とのやり取りだけで御神事を行っておりましたので本当に大変でした。
この地震や火山の動き、活動を知る上で一番重要視するのは、神々様からの啓示です。そして、次にマグニチュード、地震の規模を調べます。私は書き込みでよく分散分割と書きます。マグニチュードが1上がるとエネルギーは30~32倍に上がり、マグニチュードのエネルギーが2上がると、地震は1000倍のエネルギーなると言われています。
発生すると伝えられている規模が、マグニチュード7である場合に、このエネルギーをマグニチュード5の規模になるよう力を抜くためには、マグニチュード5の規模の地震が1000回必要になる事になります。
しかし、神々様からは、大きな地震の発生を分散分割し、大災害にならないように力抜きを行い溜まったエネルギーを落ち着かせるという分散分割は、確実に出来るという事を伝えられており、私自身も、実際に御神事で可能であり、具現化出来ると実感しております。
地震においてまず重要視するのは、マグニチュードの大きさになります。日本では、マグニチュードの数値と震度の関係を見ます。マグニチュードの数値に比べ、震度が大きいか小さいかを調べます。外国の地震に関しては、インターネットで世界中で起きた地震のマグニチュードの規模を調べます。この内容は、大変重要な内容になります。これによって地球規模での左右収縮、上下運動の動きを知ることができ、伝えられている啓示と実際に調べた情報を照らし合わせて、地震や火山などの分散分割の御神事を行います。
私は、御神事で確実に分散分割及び地殻変動の仕組みを変え、災害の規模を出来るだけ縮小する事ができると信じ御神事を行っております。

発生の危険を言われている南海トラフ地震も、地球の営みからいずれは確実に起きます。国は、実際に南海地震、東南海地震、東海地震、関東地震の四連動が起きると考え対策しております。そして、この四連動が、実際に起きると犠牲者は50万人以上をはるかに超え、この四連動の影響を受け海溝型、直下型地震の余震、前震、火山帯の活動が確実に活発化し、富士山の噴火がおきる可能性へと発展し、この様な、状況へと進むと政治経済の崩壊にまで至り、最悪の場合、マグニチュード10クラス以上が起きる可能性さえあります。
マグニチュード10クラス以上となりますと地殻変動でなく地核変動となり地球中心の核(外核・内核)が動きますと地球自体が爆発する規模に発展する可能性さえ出てきます。
この南海地震、東海地震、東海地震、関東の地震を連鎖連動ではなく、単発で発生するように、そして、最低でも5年、数十年置きといった間を空けて動くようにする事。更に、分散分割、先送り、仕組み創り、組み直しを行うため日本列島、世界各国を巡り御神事を行なうことで、被害を最小限にする事ができ、地殻変動または地核変動を穏やかに緩やかにするかとができると伝えられております。
その為にも御神事を現段階では地球規模で仕組み創りが出来上がるまでは、
国内国外を常に御神事を行う必要があるのです。

地震については、このような内容で御神事をおこなっております、そのほかの政治経済、テロ、内戦、紛争、戦争につきましても上記の内容を同等の御神事を行う事になります。・
政治経済、テロ、内戦、紛争、戦争につきましてはは改めて書き込みいたします。

常に、私共の御神事を信じ、支えくださっている方様のおかげによって、これらの御神事が行えており、その小難無難、回避へとつながっております。本当にありがとうございます。
これからも、神々様より伝えられていること御神事をおこない、善き流れになるよう努めてまいります。
深く感謝申し上げます。ありがとうございます。

それでは、インドにおります妻から伝えられております現地においての御言葉をお伝えいたします。

比嘉良丸

*2月3日 インドでの祈りの際に伝えられた御言葉*

調和とは、
どこかにあるのを探すのではなく
自分自身の中から 生み出されてゆくもの
人との調和を考え 心がけ 言動に努め
それが 己の足元から発展して 進むことになるのである
人は 探すが
自分の足元や内面からの発信において
解消 生み出すことが出来るのである
人は 気づける
しかし 恐れる事もある
自らに打ち勝つことが出来れば
人は 大きく変化してゆく
自分自身を どのように保つのか
それが 人の子の成長と
目指す方向を保つ鍵にもなりゆく

ドン・アレハンドロさんの容体・続報

2018.02.04.17:41

ドン・アレハンドロさんの容体について、グアテマラで比嘉夫妻もご神事のたびに
お世話になっている、「イツモトラベル」松本さんから続報が入りました。

以下、松本さんからのメールです。
======
今お孫さんのヘロニモ君と電話で話しました。
昨年の呼吸困難以降Don Ciriloは皆さんの善意のお蔭で回復著しく、この度も公共バス?を利用してキチェ県にセレモニーに赴き
ご自宅にお帰りの折に、不注意な車両により”撥ねられた”そうなのです。 右足大腿骨骨折、腸骨大腿靭帯断裂、又腕、或は掌にも骨折があるようです。
又、肺に炎症、初期の肺炎の兆候が現れていたためと心臓の鼓動に微弱な異常があり外科手術を見合わせていますが、来週の水曜日にご自宅のあるトトニカパン県の県立総合病院にて手術の予定だそうです。

以上
事務局

ドン・アレハンドロさんの事故について

2018.02.03.20:53

現在、2月1日から4日ムンバイで開催されているギャザリングに来ています。
会場には初めてお会いする長老や毎回顔を合わせる長老たちと話をさせていただいています。
今回はエリザベスさんのグループに比嘉りかも所属しており、ドン・アレハンドロさんが交通事故で大腿部を骨折し、痛みがひどいことと水曜日に手術を行うことをお聞きしました。
エリザベスさんがインドに入ってから起きた事故だということで、詳細が不明ですが、かなり大きな事故だったようです。

アレハンドロ長老につきまして、詳細がわかりましたらご連絡いたします。また、インドのギャザリングにつきましても、改めてご報告致します。

事務局

現在の状況より

2018.02.02.08:00

新暦2月2日(旧暦12月17日 乙 丑 仏滅)

事務局より
比嘉良丸より連絡が入りましたので追加掲載いたします。

*******************
石廊崎(奥石廊)へは今日の0時すぎに着き、岬先端はとても風が強く、私の服の着込みでは頑張って10分程が限界でした。
まずは挨拶の祈りをした後に車へと戻り、車内で身体を温め、落ち着くのに1時間程掛かりました。
その後、身体が温まったので御神事を集中して行うことが出来、5時頃まで御神事を行い、8時まで仮眠をとりまして、その後は駿河湾、富士川河口へ向かい、富士山麓水ヶ塚、山中湖をまわり、群馬県榛名山から埼玉、千葉成田に23時前に入る予定です。
今日はホテルでゆっくりお風呂に入って、2月6日の大祭・節分祭を行う為に、明日一旦沖縄に戻ります。

比嘉良丸
*******************

いつも真心のお力添えありがとうございます。
大国ミロク大社の比嘉良丸です。

31日からの野島崎での徹夜の御神事でしたので、昨日、祈りをしました後少し仮眠を取り、静岡県石廊崎へ向かい御神事を行いました。
その後、神々様が伝えてきた場所がありますので、そこで時間をかけて御神事を行いながら、数カ所を抑え関東へ戻ります。(場所に関してはお伝えする事を控えさせていただきます)

今回、行った御神事内容は、自然界全体の内容と戦争政治経済全体の内容です。詳しい内容につきましては、改めて分けてお伝えします。

それでは、現在インドにて御神事を行なっております、妻より現地にて祈りました際に伝えられました御言葉をお伝え致します。

比嘉良丸

*現在、インドのムンバイから1時間程の場所にて古からの文化を引き継いでいる女性を通しての神聖の探求を主題にした国際的な会議、儀式に来ております。この中で、日本、東という立場で、私自身のお祈りをさせていただいたり、参加されている皆さんと祈りを行なったり、お話を伺うといった事を行なっております。
初日の朝、世界の東西南北において東という役割にて儀式に参加させて頂き、祈りをさせて頂きました。
この時祈りました内容について、伝えられました言葉をお伝え致します。

2月1日 朝の祈りインドにて

人は 何のために争うのか
そこに どんな理由があるのか
そして どこまで 真実を知っているのか
どこまで 理解しているのか
人は 求める
そこには 理解と寄り添いを求めているのではないのか
人は 求める
得られない時に 諦めになるのか 怒りになるのか
しかし この時の行動は 考えて行わなければいけない
結果を想像することは出来よう
共に歩もうとする意識が 常に据え置かれていれば
その先の結果 行動の選択が変わろう
人の大切な心を忘れるな
人が 人に寄り添う時
人は 心を知り 心を取り戻し 人間性をも取り戻す



比嘉りか

現在の状況について

2018.02.01.09:15

新暦2月1日(旧暦12月16日 きのえ 子 先負)

*甲(きのえ)とは
木(五行) 
大木を意味。押さえ込まれ芽が出ない状態(十干の意味)

*先負(せんぶ)とは
「先んずれば負け」の意味で、勝負事や急用は避けるほうがよいとされる。
午前中は凶、午後は吉。万事に平静であることが良いとされ、勝負事や急用は避けるべきとされる。

**************

昨日、野島崎付近で20時から今日朝7時30分ごろまで御神事を行っておりました。
昨日は、旧暦十二月十五日、満月、皆既月食にあたりそれらの自然現象に向けて、今後の自然災害全体の動きを穏やかに、現在溜まりに溜まったエネルギー、地球内部の地核、マントル、マグマ溜りなどの動きよる地殻変動、各種の地震や火山の活動、災害が起きる事なく、緩やかに確実に力抜きとなる場所、時間、エネルギーを災害となる事なく、穏やかに緩やかにエネルギーを抜き続けて大地殻変動と成らず大災害が小難、無難となりこれから起きる南海トラフ、関東での四連動地震、津波、富士山や全国の火山、活断層などの知らず知らずにエネルギーが抜けて行く様に御神事を行いました。

比嘉良丸
情報サイトリンク

◆地震情報《気象庁》
◆火山情報《気象庁》
◆台風情報《気象庁》
◆警報・注意報《気象庁》
◆海外の地震情報《JIS》
◆マーケット情報《ロイター》

イベントのお知らせ
セレモニーバナー
最近の記事
関連サイト
検索フォーム
年別アーカイブ
携帯用QRコード
QR