日々の祈りの際に伝えられました御言葉

2019.05.30.08:00

新暦5月30日(旧暦4月26日 大安 ひのと 卯)

いつも真心のお力添えありがとうございます。
大国ミロク大社の比嘉良丸、比嘉りかです。

5月24日25日に公開放送でおこないました日々の祈りの際に伝えられました御言葉をお伝え致します。

大国ミロク大社
比嘉良丸
比嘉りか

*5月24日の祈りの際に伝えられました御言葉

*主旨

新しい 令和とゆう時代が 刻まれています
一日一日を 大切に生きてゆくことが出来ますように
迷い 悩む時に 慌てることなく 
自分自身を信じ 落ち着いて向き合い 解決の道に進めますように
人が刻み続ける時間 年月の歩みが 生命 命 地球 人々 宇宙のためになる歩みとなり
地球を守る地球人 そしてミロク世のミロク人へと 進化 発展してゆくことが出来ますように 願い祈り致します

*伝えられました御言葉

その足元にある大地を 当たり前のものであると 安堵してはならない
その大地は 多くの命達の力により 支えられており
多くの命達の 支えにより 存在している
その感謝の念を 忘れることなく
一人ではない 多くの命達に 支えられていることを 忘れずに
この星に 感謝と そして 自らの命をも 多くの命達が 支えていることの感謝を忘れず
自らが その感謝 そしてその支えに応えるべく
この星や 命達に対し 何が出来るのかを 深く考え
己が出来ることを 懸命に務め上げることこそが 
この地に生きる この星に生きる者としての 役目役割
人の心を忘れず 多くの命達のことを 思い この星を思い
互いに支え合いゆくことを忘れずに 生きゆかれよ
これがこの星の 多くの生命 命達が 人々へ望み そして 希望を 託してもいる
これに応えるべく 支えられている その 願いに 応えるべく
人々は 善き未来を 創りゆかなければならない
応えるべき時は 今であり
来世でも 幾十年先でもない
今生きている者達が 今出来ることを行い 
次の世代の者達もまた 次の世代の者達が出来ることを行うのである


*5月25日の祈りの際に伝えられました御言葉

*主旨
新しい 令和とゆう時代が 刻まれています
世の中が 安心して暮らしてゆける環境になりますように
一人ひとりが そのことに心がけ 
出来る限りのことを行うことが出来る状況になりますように
また 役職や立場を持った人は 自らが担っている事柄を 深く理解し 責任を持った対応をすることが出来るようになり
平和の世の中を 皆で 続けてゆくことが出来ますように
人が刻み続ける時間 年月の歩みが 生命 命 地球 人々 宇宙のためになる歩みとなり
人々が本来の 役目役割である 地球を守る地球人となり
更に ミロク世のミロク人となりますように お導きいただけますようにと 願い祈りを致します


*伝えられました御言葉

決して 戦 争いへと 進む道は 歩んではならない
周りの者達が その道に 進みそうになっても
正しき判断を 失ってはならない
特に 命が次世代に繋がり 子や孫 更に その先の子供達
また 大切なる幼子や 大切なる年下の者達がいる者達
その 日々の笑顔や まっすぐな眼差し 生きる希望 命の輝きが
戦 争いになれば 失われてゆくことを 忘れてはならない
大切に育て 慈しみ 愛を持って関わり 日々を暮して来た中に
人を殺めることや 争いに於いて 命を落とすことは 夢にも思わなかった筈である
大切な笑顔を 守るためにも
戦 争いに 進むことがないように
幼子達の 笑顔や希望を 守ることが出来るのは
この世の中で 大人として生きている者達である
争いは 何も生まない
土地を汚し 魂を穢し 肉体が傷付き 心も傷付き 魂も傷付きゆく
決して 同じ過ちを 繰り返すことがなきように

残虐さに 変貌することがなきよう
人としての理性を 守るべき者達の笑顔を しっかりと 守り 
未来を 守るために 争いではない選択肢を 見い出し 進みゆけ


*以上*

*お水の募集について*

当宮にて執り行います火と水の儀式においては、日本各地のお水をお送りいただきまして、ありがとうございます。
神前にお供えし御祈祷させていただきました後に、聖地において儀式を執り行っております。

悪しき事は繋がらない様に、善きことが更に膨らみ、令和の時代が健やかに過ごせる、平和、調和、和合、安定、安泰の年月となるようにという祈り儀式を執り行い、新元号における日々、世の中の平和を願う事となります。

人間界の時代の移り変わりであり、自然界においては何ら変わらない事と思われるかもしれませんが、人の気と自然界は互いに影響し合っており、特に人の行動は自然に多大な影響を与えます。時代が穏やかなる時を刻みゆく事で、人の気も、行動も穏やかとなり、自然へも良い影響を与える事が出来ます。

どうか、各地のお水をお送りいただきまして、各地、各場所の神々様の益々の守護と共に、善き気が巡り令和の時代が、平和、平穏、平安、安定となるように、皆様の真心のお力添えいただけますようお願い致します。
お水の送付につきましては、下記内容をご参照の上、お送りくださいませ。

私ども夫婦にて、毎月火と水の儀式を継続的に執りおこない祈祷してまいります。次回は、6月3日を予定しております。
毎月の予定をしております。6月以降もぜひお送りくださいませ。
今後とも、お水送付のお力添えも宜しくお願い致します。

** お水の送付について **

基本として1か所500mlでお願いしておりますが、沢山の場所のお水を送りいたいというご要望もございました事から、複数個所のお水を送付の場合、500mlや1Lの容器にご自身で各地のお水を混ぜていただいて、お送りいただいても構いません。
その場合、どこのお水を混ぜたのか分かるように、お書き添えいただけますようお願い致します。
もちろん、今まで通りこの場所のお水は沢山使ってもらいたいと、1か所1か所、混ぜずに別々の容器に入れていただいての送付でも構いません。

皆様からの真心を受けまして、各地の神々様との連携と更なる御守護が広がる事を願い御祈祷させていただきます。共に善き世となるよう、お力添え宜しくお願い致します。

<送付先>
〒 904-0006
沖縄県沖縄市八重島1-3-9
こころのかけはし祈りの和 事務局 宛
※誠に勝手ながら、送料はご負担いただけますようお願い致します

*お知らせ*

自然災害対策チーム
ブログアップしました!!
今回は「箱根山について」です。
http://shizentohito.blog.fc2.com/blog-entry-64.html

*活動のご支援を今後とも宜しくお願い致します

啓示は常に伝えられ続けております。
比嘉夫妻の御神事は、皆様のご支援により執りおこなえております。
どうか、今後とも引き続き御神事を執り行ってゆけるよう
皆様の変わらぬお支えを何卒宜しくお願い申し上げます。

御支援用 社団法人口座

沖縄銀行 コザ支店 
普通 1887649
一般社団法人 こころのかけはし 祈りの和 代表比嘉良丸

ゆうちょ銀行
記号 17000 番号 5821671
一般社団法人こころのかけはし祈りの和
シャ)ココロノカケハシイノリノワ
ゆうちょ以外の金融機関から
七〇八店 普通 0582167

御神事支援口座に法人名義の口座を用意いたしました。
こちらの口座への御支援も、
比嘉夫妻の御神事に活かされてまいります。
他の口座は大国ミロク大社のHPに掲載しております。
御都合の良い口座へ何卒ご支援を宜しくお願い致します
※領収書が必要な方は問い合わせ窓口にご連絡ください

日々の祈りの際に伝えられました御言葉

2019.05.26.08:50

新暦5月26日(旧暦4月22  みずのと 亥 先勝)

いつも真心のお力添えありがとうございます。
大国ミロク大社の比嘉良丸、比嘉りかです。

5月23日に公開放送でおこなっております日々の祈りの際に伝えられました御言葉をお伝え致します。

大国ミロク大社
比嘉良丸
比嘉りか

*5月23日の祈りの際に伝えられました御言葉

*主旨

新しい 令和とゆう時代が 刻まれています
一日一日を 大切に生きてゆくことが出来ますように
迷い 悩む時に 慌てることなく 
自分自身を信じ 落ち着いて向き合い 解決の道に進めますように
人が刻み続ける時間 年月の歩みが 生命 命 地球 人々 宇宙のためになる歩みとなり
地球を守る地球人 そしてミロク世のミロク人へと 進化 発展してゆくことが出来ますように 願い祈り致します


*伝えられました御言葉

命達の道は 命達が 切り拓いてゆく
そこに 人々は 手を貸し 支えゆく
人の行いは 大きく 命達に 影響を与える
伝え続けていることであり 忘れては困ることである
幾久しく 人々は この星と共に 歩み続けてきた
さて 更にこれから 求められているは
今までとは違った 今までとは 異なる形にて 
この星を守り 生命 命達を 守りゆかなければならない
一人ひとりが 命を守ること
生命 命 そして地球を 守ること
それをしっかりと 念頭に入れられるように
意識が そこに 常にあるように
私利私欲ではなく 正しき流れ その道に進めるように
今までの 自然を壊し この星を壊し続けてきた 方向ではなく
共の共存 支え合いを しっかりと 根付かせ
根底に あるように その未来を 創れるように 
動きゆかれよ



*以上*

*お水の募集について*

当宮にて執り行います火と水の儀式においては、日本各地のお水をお送りいただきまして、ありがとうございます。
神前にお供えし御祈祷させていただきました後に、聖地において儀式を執り行っております。

悪しき事は繋がらない様に、善きことが更に膨らみ、令和の時代が健やかに過ごせる、平和、調和、和合、安定、安泰の年月となるようにという祈り儀式を執り行い、新元号における日々、世の中の平和を願う事となります。

人間界の時代の移り変わりであり、自然界においては何ら変わらない事と思われるかもしれませんが、人の気と自然界は互いに影響し合っており、特に人の行動は自然に多大な影響を与えます。時代が穏やかなる時を刻みゆく事で、人の気も、行動も穏やかとなり、自然へも良い影響を与える事が出来ます。

どうか、各地のお水をお送りいただきまして、各地、各場所の神々様の益々の守護と共に、善き気が巡り令和の時代が、平和、平穏、平安、安定となるように、皆様の真心のお力添えいただけますようお願い致します。
お水の送付につきましては、下記内容をご参照の上、お送りくださいませ。

私ども夫婦にて、毎月火と水の儀式を継続的に執りおこない祈祷してまいります。次回は、6月3日を予定しております。
毎月の予定をしております。6月以降もぜひお送りくださいませ。
今後とも、お水送付のお力添えも宜しくお願い致します。

** お水の送付について **

基本として1か所500mlでお願いしておりますが、沢山の場所のお水を送りいたいというご要望もございました事から、複数個所のお水を送付の場合、500mlや1Lの容器にご自身で各地のお水を混ぜていただいて、お送りいただいても構いません。
その場合、どこのお水を混ぜたのか分かるように、お書き添えいただけますようお願い致します。
もちろん、今まで通りこの場所のお水は沢山使ってもらいたいと、1か所1か所、混ぜずに別々の容器に入れていただいての送付でも構いません。

皆様からの真心を受けまして、各地の神々様との連携と更なる御守護が広がる事を願い御祈祷させていただきます。共に善き世となるよう、お力添え宜しくお願い致します。

<送付先>
〒 904-0006
沖縄県沖縄市八重島1-3-9
こころのかけはし祈りの和 事務局 宛
※誠に勝手ながら、送料はご負担いただけますようお願い致します

*お知らせ*

自然災害対策チーム
ブログアップしました!!
今回は「箱根山について」です。
http://shizentohito.blog.fc2.com/blog-entry-64.html

日々の祈りの際に伝えられました御言葉

2019.05.25.08:00

新暦5月25日(旧暦4月21  みずのえ 戌 赤口)

いつも真心のお力添えありがとうございます。
大国ミロク大社の比嘉良丸、比嘉りかです。

5月22日に公開放送でおこなっております日々の祈りの際に伝えられました御言葉をお伝え致します。

大国ミロク大社
比嘉良丸
比嘉りか

*5月22日の祈りの際に伝えられました御言葉

*主旨

新しい 令和とゆう時代が 刻まれています
人々が 生きている大地の上に 自分達が生きているとゆうことを 忘れることなく
地球 大地 生命 命を 意識して生きることが出来ますように
自らの命を守るために 自然の変化 変調に合わせることの出来る心 ゆとり 意識
冷静な判断を失いませんように
人々が 力を合わせ 支え合い 協力し合い 助け合いながら 生きてゆけますように
人が刻み続ける時間 年月の歩みが 生命 命 地球 人々 宇宙のためになる歩みとなり
地球人 ミロク人となりますように お導きいただけますようにと 願い祈り致します

*伝えられました御言葉

多くの 生きとし生けるもの達の命に支えられ 
この世は成り立ち 人々は 生き続けている
多くの命達が 一人ひとりの そして 一つひとつの 命を支え
その生きゆく道を 繋ぎ続け 支え続けている
このことから 忘れられ 遠く離れ
大地を省みることなく 己がだけを見つめ 歩み続けてゆけば
自ずと 命とは遠ざかり
自ずと 生きとし生けるもののことが 見えなくなりゆく
自らのまなこを開き 心の目も開き
戦 争いではなく 
緑豊かなる 生きとし生けるもの 自然豊かなる この風景 大地へと 目を移し
しっかりと それらを見つめ 受け止め
争いに これ以上 興じるのではなく
いかにして 平和を 保ち続けゆくのか
いかにして 安心と安定を 繋ぎ続けゆくのか
協力と 支え合いを 忘れることなく
生きとし生けるものも 人の世に大きく関わる
戦 争い続けゆけば 
命を支える多くの生きとし生けるものも 滅せられゆく
これ以上 命達を 汚すことなく
この地を この大地を 汚すことなく
人の子として生まれた 役目役割をしっかりと 改めて 自覚し 
地球を守る者として 命達を守る者として 
大切なるこの世を そして未来を この星を 
善き流れ 平和・平穏・平安 安定の道へと 誘(いざな)いゆけ



*以上*

2019 祈り

※クリックすると動画が始まります

*お水の募集について*

当宮にて執り行います火と水の儀式においては、日本各地のお水をお送りいただきまして、ありがとうございます。
神前にお供えし御祈祷させていただきました後に、聖地において儀式を執り行っております。

悪しき事は繋がらない様に、善きことが更に膨らみ、令和の時代が健やかに過ごせる、平和、調和、和合、安定、安泰の年月となるようにという祈り儀式を執り行い、新元号における日々、世の中の平和を願う事となります。

人間界の時代の移り変わりであり、自然界においては何ら変わらない事と思われるかもしれませんが、人の気と自然界は互いに影響し合っており、特に人の行動は自然に多大な影響を与えます。時代が穏やかなる時を刻みゆく事で、人の気も、行動も穏やかとなり、自然へも良い影響を与える事が出来ます。

どうか、各地のお水をお送りいただきまして、各地、各場所の神々様の益々の守護と共に、善き気が巡り令和の時代が、平和、平穏、平安、安定となるように、皆様の真心のお力添えいただけますようお願い致します。
お水の送付につきましては、下記内容をご参照の上、お送りくださいませ。

私ども夫婦にて、毎月火と水の儀式を継続的に執りおこない祈祷してまいります。次回は、6月3日を予定しております。
毎月の予定をしております。6月以降もぜひお送りくださいませ。
今後とも、お水送付のお力添えも宜しくお願い致します。

** お水の送付について **

基本として1か所500mlでお願いしておりますが、沢山の場所のお水を送りいたいというご要望もございました事から、複数個所のお水を送付の場合、500mlや1Lの容器にご自身で各地のお水を混ぜていただいて、お送りいただいても構いません。
その場合、どこのお水を混ぜたのか分かるように、お書き添えいただけますようお願い致します。
もちろん、今まで通りこの場所のお水は沢山使ってもらいたいと、1か所1か所、混ぜずに別々の容器に入れていただいての送付でも構いません。

皆様からの真心を受けまして、各地の神々様との連携と更なる御守護が広がる事を願い御祈祷させていただきます。共に善き世となるよう、お力添え宜しくお願い致します。

<送付先>
〒 904-0006
沖縄県沖縄市八重島1-3-9
こころのかけはし祈りの和 事務局 宛
※誠に勝手ながら、送料はご負担いただけますようお願い致します


*お知らせ*

自然災害対策チーム
ブログアップしました!!
今回は「箱根山について」です。
http://shizentohito.blog.fc2.com/blog-entry-64.html

日々の祈りの際に伝えられました御言葉

2019.05.24.08:00

新暦5月24日(旧暦4月20日 大安 かのと 酉)

いつも真心のお力添えありがとうございます。
大国ミロク大社の比嘉良丸、比嘉りかです。

5月21日に公開放送でおこなっております日々の祈りの際に伝えられました御言葉をお伝え致します。

大国ミロク大社
比嘉良丸
比嘉りか

*5月21日の祈りの際に伝えられました御言葉

*主旨

新しい 令和とゆう時代が 刻まれています
穏やかに 緩やかに 自然の動きが進み
人と 自然とが 調和しながら 共に歩みゆけるように
人間が 自然の一部であることを忘れず
その中で 生きていることを忘れず
日々の生活暮らしを 自然に寄り添う方向へと 移行させてゆけますように 
人が刻み続ける時間 年月の歩みが 生命 命 地球 人々 宇宙のためになる歩みとなり
人々が本来の 役目役割である地球を守る 地球人となり 
更にミロク世の ミロク人となりますように
お導きいただけますようにと 願い祈りを致します

*伝えられました御言葉

今の世 人々の 心 想い 映し出し 
またそれが 人々へと 返りゆく
少しでも ほのかな希望の光でも 
夢 希望 未来へと 願い 望み
一日一日の 小さき喜びでも
小さな幸せでも
つつがなきこと 感謝し
生きゆくこと 
大切なるもの達と 共にいること
今日一日の 願い 希望 達成事が 行えたこと 叶ったこと
一歩 未来へと 進んだこと
ほんの些細なことでも それを心の希望の糧とし
一日一日を 大切に生きゆくこと
それにより 人々の世の中に 希望の光と 未来への託しゆく願いが 
糧となり 守護となり 道を 切り拓きゆくものでもある
くじける心や 邪(よこしま)なる心 悪しき思いや惑わしに 陥ることなく
自らを律し 人の子として 
この星を守りゆく 地球人 
またその先にある ミロク世 そこに住まう ミロク人となりゆくためにも 
日々の 精進 心正し 善き流れを 一日一日 確かなものへと 変えゆくことが出来るように 努めゆけ
それにより 一日一日が 変化と共に過ごされゆき 
善き流れを生む 大きな力ともなりゆく
人が 創りゆく世であり
人が創りゆく 未来である



*以上*

*お水の募集について*

当宮にて執り行います火と水の儀式においては、日本各地のお水をお送りいただきまして、ありがとうございます。
神前にお供えし御祈祷させていただきました後に、聖地において儀式を執り行っております。

悪しき事は繋がらない様に、善きことが更に膨らみ、令和の時代が健やかに過ごせる、平和、調和、和合、安定、安泰の年月となるようにという祈り儀式を執り行い、新元号における日々、世の中の平和を願う事となります。

人間界の時代の移り変わりであり、自然界においては何ら変わらない事と思われるかもしれませんが、人の気と自然界は互いに影響し合っており、特に人の行動は自然に多大な影響を与えます。時代が穏やかなる時を刻みゆく事で、人の気も、行動も穏やかとなり、自然へも良い影響を与える事が出来ます。

どうか、各地のお水をお送りいただきまして、各地、各場所の神々様の益々の守護と共に、善き気が巡り令和の時代が、平和、平穏、平安、安定となるように、皆様の真心のお力添えいただけますようお願い致します。
お水の送付につきましては、下記内容をご参照の上、お送りくださいませ。

私ども夫婦にて、毎月火と水の儀式を継続的に執りおこない祈祷してまいります。次回は、6月3日を予定しております。
毎月の予定をしております。6月以降もぜひお送りくださいませ。
今後とも、お水送付のお力添えも宜しくお願い致します。

** お水の送付について **

基本として1か所500mlでお願いしておりますが、沢山の場所のお水を送りいたいというご要望もございました事から、複数個所のお水を送付の場合、500mlや1Lの容器にご自身で各地のお水を混ぜていただいて、お送りいただいても構いません。
その場合、どこのお水を混ぜたのか分かるように、お書き添えいただけますようお願い致します。
もちろん、今まで通りこの場所のお水は沢山使ってもらいたいと、1か所1か所、混ぜずに別々の容器に入れていただいての送付でも構いません。

皆様からの真心を受けまして、各地の神々様との連携と更なる御守護が広がる事を願い御祈祷させていただきます。共に善き世となるよう、お力添え宜しくお願い致します。

<送付先>
〒 904-0006
沖縄県沖縄市八重島1-3-9
こころのかけはし祈りの和 事務局 宛
※誠に勝手ながら、送料はご負担いただけますようお願い致します


*お知らせ*

自然災害対策チーム
ブログアップしました!!
今回は「箱根山について」です。
http://shizentohito.blog.fc2.com/blog-entry-64.html

日々の祈りの際に伝えられました御言葉

2019.05.23.08:00

新暦5月23日(旧暦4月19日 かのえ 申 仏滅)

いつも真心のお力添えありがとうございます。
大国ミロク大社の比嘉良丸、比嘉りかです。

5月20日に公開放送でおこなっております日々の祈りの際に伝えられました御言葉をお伝え致します。
この日は、祝詞途中で奏上が難しくなるほど、伝えられてくる御言葉がありました。
その為、一旦お伝えし、改めて祝詞を奏上し、その後もお伝えするという状況が発生した事から、2種の御言葉を掲載いたします。

大国ミロク大社
比嘉良丸
比嘉りか

*5月20日の祈りの際に伝えられました御言葉

*趣旨

新しい令和という時代が刻まれています。

この地上にいる人々全てが、自分達の未来と地球の未来、生命の未来が関連し合い、繋がっていることに気づき、環境汚染という事を理解し、地球や他の生命達を護る為の行動を起こすことができ、そういった行動や考えが当たり前のこととなりますように。

人が刻み続ける時間、年月の歩みが、生命、命、地球、人々、宇宙の為になる歩みとなり、人々が本来の役目役割である地球を守る地球人となり、更に、ミロク世のミロク人となりますようにお導きいただけますようにと願い祈りを致します

*伝えられました御言葉

一)
人の子は 山は動かぬものと 思っているが
どの山々も 大地の動きから 流れたものであり 
山 崩れゆくは 大地動き続けていることを 指し示すことである

山々の 付近にいる者は 一層 より 注意をし
動きゆく 崩れゆく兆候あれば 
一日も早く その場を動き 命を守り 
助けを求めることである
山々の動き 地鳴りであれば 時 既に遅し
これより前に 崩れゆく様の 兆候を見ゆけば 
万全を期すためにも その場を去り 
守るべきものを しっかりと 守ることである

大地は今まさに 動こうとしている
この揺るぎを 止めるには
皆での補い 分散分割が 必要であるが
どの地域に於いても その周期を 乱すことは難しく
揺れ動く時を間違えば 大きな連鎖へと 変わり果てゆく

それ故に 今までとは 思いもよらぬ場所や
今までとは 地鳴りや 揺らぎとは 縁のなかった場所にも
大地からの 救済が求められ
大きな揺らぎの 力抜きのために 
支え合いと 協力を元に 分散分割が 成されてゆくこととなる
しかしこれには 揺れ動くことがないと思われていた場所にての 揺るぎとなりゆくために
思わぬ弊害や 
人間の社会に於いて 最大 負と言われる状況へと 発展することにもなりゆく
大地の近くに住む者や 山の近くに住む者
海の近くに住む者 平地に住む者
多くの者達は 自然から 足が遠のき 文明と言われる社会の中に 生きてきているが
それでも 自然の変調や その違い 
日々の暮らしの中に於いての 違いを 気付くことが出来る筈である
自然界に近く 側に生活しゆく者は 特に 
山の変調も 海の変調も 野の変調も 気付くことは出来る筈である
気付いたならば 万が一のことを考え 対策をすること
自らの命を守ることは 転ばぬ先の杖ともなりゆく
地震 噴火 
出来るだけ 大きな 地球全体への 揺らぎの発展へ 続かぬ場所へと 助けを求め 願いを請うているが
それも今は難しく 
あるべき所にて 
行うべき所にて
力抜きを 発生させなければならない状況に 向かい合っている時である
多くの 生きとし命 生命達を 守るためにも
この星を 健やかなる姿に 変えゆくためにも
この星はもっと 善き変化を 遂げゆくことが出来
善き未来を 築き上げゆくことが出来る筈である
人の子の 願いもまた 大きく 左右することも出来る

希望を 託されていること
授け続けてきた 智恵を生かすこと
この星と共に 生きゆく未来を 見失わず 
周りをよく見 
環境 自然 世界をよく見つめ
更なる 善き状態になるよう 努め続けることである

大地が動く

大きく 揺るぐことがなきように
神々と共に 守り続け 
動かぬことなきように 収め続けてゆくが

備えはまた 人の子の命を守る


二)
自然に 耳を傾け
変化を なかったことにするのではなく 
しっかりと 見極め 気付き
受け流すことなく 受け止め
自らの身を 守りゆくため 
備えを しっかりと整え 
その後も 助け合いと共に 支え合いと共に
人としての心 精神 失うことなく
悪しき存在 邪や魔に 惑わされることなく
人としての理性を 人としてあるべき行動を しっかりと 行い続け
戦 争いに 進むことなく
平和の世を 助け合いの世を 進みゆくことが出来るように
日々 一日一日を大切に 歩みゆくこと
人の子の 役目役割である この星を守りゆく
生命 命達を守りゆく 地球人 守り人であるために
その存在に 日々 精進 心 魂を磨き 進みゆくこと
人が 今 大きな 役目役割に 向かう 
大切な 進みゆく 時を 迎えている



*以上*

*お水の募集について*

当宮にて執り行います火と水の儀式においては、日本各地のお水をお送りいただきまして、ありがとうございます。
神前にお供えし御祈祷させていただきました後に、聖地において儀式を執り行っております。

悪しき事は繋がらない様に、善きことが更に膨らみ、令和の時代が健やかに過ごせる、平和、調和、和合、安定、安泰の年月となるようにという祈り儀式を執り行い、新元号における日々、世の中の平和を願う事となります。

人間界の時代の移り変わりであり、自然界においては何ら変わらない事と思われるかもしれませんが、人の気と自然界は互いに影響し合っており、特に人の行動は自然に多大な影響を与えます。時代が穏やかなる時を刻みゆく事で、人の気も、行動も穏やかとなり、自然へも良い影響を与える事が出来ます。

どうか、各地のお水をお送りいただきまして、各地、各場所の神々様の益々の守護と共に、善き気が巡り令和の時代が、平和、平穏、平安、安定となるように、皆様の真心のお力添えいただけますようお願い致します。
お水の送付につきましては、下記内容をご参照の上、お送りくださいませ。

私ども夫婦にて、毎月火と水の儀式を継続的に執りおこない祈祷してまいります。次回は、6月3日を予定しております。
毎月の予定をしております。6月以降もぜひお送りくださいませ。
今後とも、お水送付のお力添えも宜しくお願い致します。

** お水の送付について **

基本として1か所500mlでお願いしておりますが、沢山の場所のお水を送りいたいというご要望もございました事から、複数個所のお水を送付の場合、500mlや1Lの容器にご自身で各地のお水を混ぜていただいて、お送りいただいても構いません。
その場合、どこのお水を混ぜたのか分かるように、お書き添えいただけますようお願い致します。
もちろん、今まで通りこの場所のお水は沢山使ってもらいたいと、1か所1か所、混ぜずに別々の容器に入れていただいての送付でも構いません。

皆様からの真心を受けまして、各地の神々様との連携と更なる御守護が広がる事を願い御祈祷させていただきます。共に善き世となるよう、お力添え宜しくお願い致します。

<送付先>
〒 904-0006
沖縄県沖縄市八重島1-3-9
こころのかけはし祈りの和 事務局 宛
※誠に勝手ながら、送料はご負担いただけますようお願い致します


*お知らせ*

自然災害対策チーム
ブログアップしました!!
今回は「箱根山について」です。
http://shizentohito.blog.fc2.com/blog-entry-64.html

日々の祈りの際に伝えられました御言葉

2019.05.22.08:00

新暦5月22日(旧暦4月18日 つちのと 未 先負)

いつも真心のお力添えありがとうございます。
大国ミロク大社の比嘉良丸、比嘉りかです。

5月19日に公開放送でおこなっております日々の祈りの際に伝えられました御言葉をお伝え致します。

大国ミロク大社
比嘉良丸
比嘉りか

*5月19日の祈りの際に伝えられました御言葉

*趣旨
新しい令和という時代が刻まれています。

過去よりも未来が更に自然豊かな環境に変化してゆきますように。人々がそこある山や川、海、森といった場所の役目役割を理解し、むやみに破壊することなく、人間の都合で動かすことがありませんように。人間が捨てた建物等をキチンと処理し、自然へ地球へと返すことができるようになりますように。
人間が、自然や地球に対して当たり前という意識や思いを見直し、自分達が護らなければいけないという意識を育て、その行動を起こしてゆけますように。

人が刻み続ける時間、年月の歩みが、生命、命、地球、人々、宇宙の為になる歩みとなり、人々が本来の役目役割である地球を守る地球人となり、更に、ミロク世のミロク人となりますようにお導きいただけますようにと願い祈りを致します。

*伝えられました御言葉
世の中は 見違えるほど 変わることが 出来る筈である
今も 一昔と比べれば 大きく様変わりし 
人々は 様々なることに気を配り 世の中を 創り上げてきた
真心と 優しき心 相手の立場になり 物事を考える
そのことにより 世の中は 大きく 変わってゆくことに繋がる
人は 様々なる者がおる
不自由な者も 不自由でない者も
様々な者が この世の中におり 
快適に 過ごしゆく日々の暮らしのために 
皆が心を砕き 歩みゆくこと 創りゆくことにより
皆が 快適なる世の中へと 変化を遂げてゆくことに繋がる
平和を 創り上げゆくは 人々の心であり 
それを懇求し 求め 次なる世代へと 安心を託し 渡し続けることこそが 
生きている者達の 大きな 役目役割の 一つである

*以上*

*お水の募集について*

当宮にて執り行います火と水の儀式においては、日本各地のお水をお送りいただきまして、ありがとうございます。
神前にお供えし御祈祷させていただきました後に、聖地において儀式を執り行っております。

悪しき事は繋がらない様に、善きことが更に膨らみ、令和の時代が健やかに過ごせる、平和、調和、和合、安定、安泰の年月となるようにという祈り儀式を執り行い、新元号における日々、世の中の平和を願う事となります。

人間界の時代の移り変わりであり、自然界においては何ら変わらない事と思われるかもしれませんが、人の気と自然界は互いに影響し合っており、特に人の行動は自然に多大な影響を与えます。時代が穏やかなる時を刻みゆく事で、人の気も、行動も穏やかとなり、自然へも良い影響を与える事が出来ます。

どうか、各地のお水をお送りいただきまして、各地、各場所の神々様の益々の守護と共に、善き気が巡り令和の時代が、平和、平穏、平安、安定となるように、皆様の真心のお力添えいただけますようお願い致します。
お水の送付につきましては、下記内容をご参照の上、お送りくださいませ。

私ども夫婦にて、毎月火と水の儀式を継続的に執りおこない祈祷してまいります。次回は、6月3日を予定しております。
毎月の予定をしております。6月以降もぜひお送りくださいませ。
今後とも、お水送付のお力添えも宜しくお願い致します。

** お水の送付について **

基本として1か所500mlでお願いしておりますが、沢山の場所のお水を送りいたいというご要望もございました事から、複数個所のお水を送付の場合、500mlや1Lの容器にご自身で各地のお水を混ぜていただいて、お送りいただいても構いません。
その場合、どこのお水を混ぜたのか分かるように、お書き添えいただけますようお願い致します。
もちろん、今まで通りこの場所のお水は沢山使ってもらいたいと、1か所1か所、混ぜずに別々の容器に入れていただいての送付でも構いません。

皆様からの真心を受けまして、各地の神々様との連携と更なる御守護が広がる事を願い御祈祷させていただきます。共に善き世となるよう、お力添え宜しくお願い致します。

<送付先>
〒 904-0006
沖縄県沖縄市八重島1-3-9
こころのかけはし祈りの和 事務局 宛
※誠に勝手ながら、送料はご負担いただけますようお願い致します

日々の祈りの際に伝えられました御言葉

2019.05.21.08:00

新暦5月21日(旧暦4月17日 つちのえ 午 友引)

いつも真心のお力添えありがとうございます。
大国ミロク大社の比嘉良丸、比嘉りかです。

5月18日に公開放送でおこなっております日々の祈りの際に伝えられました御言葉をお伝え致します。
各地にて大雨となっております。昨今大雨の際には地盤が崩れ、川の氾濫や山崩れなどが起き、大惨事となる事が多くなっております。事前の避難を心がけて、ご自身や大切な方々の命を御守りくださいますよう、心から願っております。

大国ミロク大社
比嘉良丸
比嘉りか

*5月18日の祈りの際に伝えられました御言葉

*趣旨
令和とゆう時代が 刻まれています
人間が自らを 見失うことないように
人としての意識を 見失うことなく
善悪の判断を 見失わないように
思いだけに駆られ過ぎることなく
人としての理性を失うことないように
世の中を生き 世の中を創り上げてゆけますように 
人が刻み続ける時間 年月の歩みが 生命 命 地球 人々 宇宙のためになる歩みとなり
人々が本来の 役目役割である地球を守る 地球人となり 
更にミロク世の ミロク人となりますように
お導きいただけますようにと 願い祈り致します

*伝えられました御言葉
善き物事が 広がる世の中を
人々が 意識をして 善き事柄を 広めることを
悪しき事柄が 広がらないような世の中を
人々が 悪しき事柄を 諌めるように
心 強く持ち
意識 強く持ち
人の心 人の判断によって 
世の中は 善の世にも 悪の世にも 変わり続けてゆく
惑わされず 流されることなく
正しき道を しっかりと見極め
善き世 平和の世となるよう
その礎となる 様々なる物事 出来事 仕組みを しっかりと 作り続けてゆけ
仕組みは 作り続けてゆかなければ 
その仕組みを 動かすことは出来ない
作り続け 動かし続けゆくことにより
仕組みは 更に形を成し続け 
反映し 善き循環へと 変わり続けてゆく



*以上*

*お水の募集について*

当宮にて執り行います火と水の儀式においては、日本各地のお水をお送りいただきまして、ありがとうございます。
神前にお供えし御祈祷させていただきました後に、聖地において儀式を執り行っております。

悪しき事は繋がらない様に、善きことが更に膨らみ、令和の時代が健やかに過ごせる、平和、調和、和合、安定、安泰の年月となるようにという祈り儀式を執り行い、新元号における日々、世の中の平和を願う事となります。

人間界の時代の移り変わりであり、自然界においては何ら変わらない事と思われるかもしれませんが、人の気と自然界は互いに影響し合っており、特に人の行動は自然に多大な影響を与えます。時代が穏やかなる時を刻みゆく事で、人の気も、行動も穏やかとなり、自然へも良い影響を与える事が出来ます。

どうか、各地のお水をお送りいただきまして、各地、各場所の神々様の益々の守護と共に、善き気が巡り令和の時代が、平和、平穏、平安、安定となるように、皆様の真心のお力添えいただけますようお願い致します。
お水の送付につきましては、下記内容をご参照の上、お送りくださいませ。

私ども夫婦にて、毎月火と水の儀式を継続的に執りおこない祈祷してまいります。次回は、6月3日を予定しております。
毎月の予定をしております。6月以降もぜひお送りくださいませ。
今後とも、お水送付のお力添えも宜しくお願い致します。

** お水の送付について **

基本として1か所500mlでお願いしておりますが、沢山の場所のお水を送りいたいというご要望もございました事から、複数個所のお水を送付の場合、500mlや1Lの容器にご自身で各地のお水を混ぜていただいて、お送りいただいても構いません。
その場合、どこのお水を混ぜたのか分かるように、お書き添えいただけますようお願い致します。
もちろん、今まで通りこの場所のお水は沢山使ってもらいたいと、1か所1か所、混ぜずに別々の容器に入れていただいての送付でも構いません。

皆様からの真心を受けまして、各地の神々様との連携と更なる御守護が広がる事を願い御祈祷させていただきます。共に善き世となるよう、お力添え宜しくお願い致します。

<送付先>
〒 904-0006
沖縄県沖縄市八重島1-3-9
こころのかけはし祈りの和 事務局 宛
※誠に勝手ながら、送料はご負担いただけますようお願い致します

日々の祈りの際に伝えられました御言葉

2019.05.20.08:00

新暦5月20日(旧暦4月16日 ひのと 巳 先勝)

いつも真心のお力添えありがとうございます。
大国ミロク大社の比嘉良丸、比嘉りかです。

5月17日に公開放送でおこなっております日々の祈りの際に伝えられました御言葉をお伝え致します。
皆様の支えになりましたら幸いです。

大国ミロク大社
比嘉良丸
比嘉りか

*5月17日の祈りの際に伝えられました御言葉

*趣旨
新しい 令和とゆう時代が 刻まれています
一人ひとりが 身近な人や 大切な人を 大切にすることが出来ますように
小さな存在や 弱い存在を 守ることが出来る強さが 育ちますように
人が刻み続ける時間 年月の歩みが 生命 命 地球 人々 宇宙のためになる歩みとなり
人々が本来の 役目役割である 地球を守る地球人となり 
更に ミロク世のミロク人となりますように
お導きいただけますようにと 願い祈り致します


*伝えられました御言葉
自らの道は 自らの生き様により 作られてゆくもの
人の世は 人の生き様により 作られてゆくもの
自らの 生きる道 生き様を 丁寧に歩み 
思い描く 未来へと 進めるように 日々 努めゆき
一日一日を ただ過ごしゆくのではなく 
作りゆくことにより 変わりゆき 変えられてゆき
後にそれは 己の生き様と変わりゆく
人の生きる道が 世の中を作っている
己を見直し 立て直し 
行うべきこと やるべきこと 務め上げること 歩みゆくべき道
行った後に 尚もその道が続き
生き様と変わり
世の中へ深く 反映してゆくのである
世の中は 今まだ続く
それはまだ 人々が 生きる希望を 見失わず
希望を胸に 平和を願い 歩みゆこうとする者が いるからである
悪しき心を諌め
平和と 調和を願い 進みゆこうとする者がいるからこそ
救いがあり 希望がある
希望は 必ずや その身の内に 正しき光を 指し示し 導きともなりゆく
決して 他国と争うことなく
過ちを 犯すことも 起こすことも行わず
調和と 協力をもって 支え合いの心と共に 歩みゆくことこそが
人の心を変え 考え 意識を変え 
世の中へと 世界へと 国へと 変わってゆく 導きになる


*以上*

*お水の募集について*

当宮にて執り行います火と水の儀式においては、日本各地のお水をお送りいただきまして、ありがとうございます。
神前にお供えし御祈祷させていただきました後に、聖地において儀式を執り行っております。

悪しき事は繋がらない様に、善きことが更に膨らみ、令和の時代が健やかに過ごせる、平和、調和、和合、安定、安泰の年月となるようにという祈り儀式を執り行い、新元号における日々、世の中の平和を願う事となります。

人間界の時代の移り変わりであり、自然界においては何ら変わらない事と思われるかもしれませんが、人の気と自然界は互いに影響し合っており、特に人の行動は自然に多大な影響を与えます。時代が穏やかなる時を刻みゆく事で、人の気も、行動も穏やかとなり、自然へも良い影響を与える事が出来ます。

どうか、各地のお水をお送りいただきまして、各地、各場所の神々様の益々の守護と共に、善き気が巡り令和の時代が、平和、平穏、平安、安定となるように、皆様の真心のお力添えいただけますようお願い致します。
お水の送付につきましては、下記内容をご参照の上、お送りくださいませ。

私ども夫婦にて、毎月火と水の儀式を継続的に執りおこない祈祷してまいります。次回は、6月3日を予定しております。
毎月の予定をしております。6月以降もぜひお送りくださいませ。
今後とも、お水送付のお力添えも宜しくお願い致します。

** お水の送付について **

基本として1か所500mlでお願いしておりますが、沢山の場所のお水を送りいたいというご要望もございました事から、複数個所のお水を送付の場合、500mlや1Lの容器にご自身で各地のお水を混ぜていただいて、お送りいただいても構いません。
その場合、どこのお水を混ぜたのか分かるように、お書き添えいただけますようお願い致します。
もちろん、今まで通りこの場所のお水は沢山使ってもらいたいと、1か所1か所、混ぜずに別々の容器に入れていただいての送付でも構いません。

皆様からの真心を受けまして、各地の神々様との連携と更なる御守護が広がる事を願い御祈祷させていただきます。共に善き世となるよう、お力添え宜しくお願い致します。

<送付先>
〒 904-0006
沖縄県沖縄市八重島1-3-9
こころのかけはし祈りの和 事務局 宛
※誠に勝手ながら、送料はご負担いただけますようお願い致します

日々の祈りの際に伝えられました御言葉

2019.05.19.08:00

新暦5月19日(旧暦4月15日 ひのえ 辰 赤口)

いつも真心のお力添えありがとうございます。
大国ミロク大社の比嘉良丸、比嘉りかです。

5月15日に公開放送でおこなっております日々の祈りの際に伝えられました御言葉をお伝え致します。
皆様の支えになりましたら幸いです。

大国ミロク大社
比嘉良丸
比嘉りか

*5月16日の祈りの際に伝えられました御言葉
*趣旨

新しい令和という時代が刻まれています。
一人一人が、正しい判断が出来るように、
平和という意識やその為のせんたくを 忘れない様にしながら
丁寧に日々の暮らし生活を営み続けてゆけますように。
人が刻み続ける時間、年月の歩みが、生命、命、地球、人々、宇宙の為になる歩みとなり、人々が本来の役目役割である地球を守る地球人となり、更に、ミロク世のミロク人となりますようにお導きいただけますようにと願い祈りを致しました。


*伝えられました御言葉

今の世は この世へと 為しゆく 目標 目的を持って 
人々が ある意味為しゆき 創りきたもの
けれども 実際の世になり そこに 不具合や 調整 並びに 不都合なことなど
全体を 広く見た時に 過去とは異なった 新しき時代への 大切なる 進化発展の道を 必要と思うことがあろう
世の中は 過去より創られて来ており
ある意味それは 過去の者達の希望や その者達の願いが込められ
今 この現実の世に 組み立てられてきている
しかし 時 時代を 進みゆくことにより 
過去の希望や 過去の目標とは 
時代の進み具合によって 中身によって 大きく変化が 必要となってくることがある
それらが 今の世や もしくは 未来に向けて
更に善き状態へとなるように 変え続けてゆかなければならない
世の中は 今のこの現状で 固まった訳でも 繰り返される訳でも 決まった訳でもない
今 生きている者達が 必要と思う
いや 人々が 戦 争いなく 歩み続けゆくにあたり 大切であることなど 
しっかりと受け止め 考え 行動を起こしゆくことにより
その淘汰されゆく 多くの人々 
並びに それを目標 目的とし 起こそうとする者達の 行い
これらを変え 悲しみを取り除き
幸多く 福徳多く 
人々が心安く 安心して 生きてゆくことの出来る世の中を 
しっかりと 創り上げゆくことが出来る
それは 今すぐではなくとも 
1年 2年 年を重ねてゆく 時代を超えてゆくことにより 叶えられるものである
また その先に その先の未来に於いても
更に善き状態になる必要性があるならば また再び 進化発展をさせてゆくことである
人は振り返り 今を見つめ直し 未来を考え 
過去と未来を 善き状態へと 変えゆくことは出来る筈である
今を変え続けてゆき 更なる 善き世となるよう 務め上げゆかれよ


*以上*

昼の祈り


*お水の募集について*

当宮にて執り行います火と水の儀式においては、日本各地のお水をお送りいただきまして、ありがとうございます。
神前にお供えし御祈祷させていただきました後に、聖地において儀式を執り行っております。

悪しき事は繋がらない様に、善きことが更に膨らみ、令和の時代が健やかに過ごせる、平和、調和、和合、安定、安泰の年月となるようにという祈り儀式を執り行い、新元号における日々、世の中の平和を願う事となります。

人間界の時代の移り変わりであり、自然界においては何ら変わらない事と思われるかもしれませんが、人の気と自然界は互いに影響し合っており、特に人の行動は自然に多大な影響を与えます。時代が穏やかなる時を刻みゆく事で、人の気も、行動も穏やかとなり、自然へも良い影響を与える事が出来ます。

どうか、各地のお水をお送りいただきまして、各地、各場所の神々様の益々の守護と共に、善き気が巡り令和の時代が、平和、平穏、平安、安定となるように、皆様の真心のお力添えいただけますようお願い致します。
お水の送付につきましては、下記内容をご参照の上、お送りくださいませ。

私ども夫婦にて、毎月火と水の儀式を継続的に執りおこない祈祷してまいります。次回は、6月3日を予定しております。
毎月の予定をしております。6月以降もぜひお送りくださいませ。
今後とも、お水送付のお力添えも宜しくお願い致します。

** お水の送付について **

基本として1か所500mlでお願いしておりますが、沢山の場所のお水を送りいたいというご要望もございました事から、複数個所のお水を送付の場合、500mlや1Lの容器にご自身で各地のお水を混ぜていただいて、お送りいただいても構いません。
その場合、どこのお水を混ぜたのか分かるように、お書き添えいただけますようお願い致します。
もちろん、今まで通りこの場所のお水は沢山使ってもらいたいと、1か所1か所、混ぜずに別々の容器に入れていただいての送付でも構いません。

皆様からの真心を受けまして、各地の神々様との連携と更なる御守護が広がる事を願い御祈祷させていただきます。共に善き世となるよう、お力添え宜しくお願い致します。

<送付先>
〒 904-0006
沖縄県沖縄市八重島1-3-9
こころのかけはし祈りの和 事務局 宛
※誠に勝手ながら、送料はご負担いただけますようお願い致します

日々の祈りの際に伝えられました御言葉

2019.05.18.08:00

新暦5月18日(旧暦4月14日 大安 きのと 卯)

いつも真心のお力添えありがとうございます。
大国ミロク大社の比嘉良丸、比嘉りかです。

公開放送でおこなっております日々の祈りの際に伝えられました御言葉をお伝え致します。
皆様の支えになりましたら幸いです。

大国ミロク大社
比嘉良丸
比嘉りか

*5月15 日の祈りの際に伝えられました御言葉
*趣旨
新しい 令和とゆう時代が 刻まれています
一人ひとりが 正しい判断が出来るように
平和とゆう意識や そのための選択を忘れないようにしながら
丁寧に日々の暮らし生活を 営み続けてゆけますように 
人が刻み続ける時間 時の歩みが 生命 命 地球 人々 宇宙のためになる歩みとなり
人々が本来の 役目役割である 地球を守る地球人となり 
更に ミロク世のミロク人となりますように
お導きいただけますようにと 願い祈り致します


*伝えられました御言葉
生きとし生けるもの達と 共に生きる喜びを 深く噛み締め 
命達と共に 歩みゆく未来
時があり 明日があり
繋ぎ続けられてゆくことを 喜びに感じ
日の光に 月の照らしに 
自らの内 外が 清められ 育てられ 育まれ 誘われ
目標とする 目的とする 正しき道へ 導かれていることを 
深く 理解 受け止めること
命達が 共にあり続けることこそが この地を 更に豊かにし
平和の世 ミロク世へと 導きゆく 大切な 道標(みちしるべ)となりゆく
自らを見直し 世の中を見直し
正しき道へと進めるように
己が 一人ひとりが 
大切な道を 一歩一歩 歩み続けること
己が出来ることを 精一杯 務め上げてゆくこと
それが 歩みの 大きな支えとなり
力強い歩みを 生み出しゆくものとなる


*以上*

昼の祈り


*お水の募集について*

当宮にて執り行います火と水の儀式においては、日本各地のお水をお送りいただきまして、ありがとうございます。
神前にお供えし御祈祷させていただきました後に、聖地において儀式を執り行っております。

悪しき事は繋がらない様に、善きことが更に膨らみ、令和の時代が健やかに過ごせる、平和、調和、和合、安定、安泰の年月となるようにという祈り儀式を執り行い、新元号における日々、世の中の平和を願う事となります。

人間界の時代の移り変わりであり、自然界においては何ら変わらない事と思われるかもしれませんが、人の気と自然界は互いに影響し合っており、特に人の行動は自然に多大な影響を与えます。時代が穏やかなる時を刻みゆく事で、人の気も、行動も穏やかとなり、自然へも良い影響を与える事が出来ます。

どうか、各地のお水をお送りいただきまして、各地、各場所の神々様の益々の守護と共に、善き気が巡り令和の時代が、平和、平穏、平安、安定となるように、皆様の真心のお力添えいただけますようお願い致します。
お水の送付につきましては、下記内容をご参照の上、お送りくださいませ。

私ども夫婦にて、毎月火と水の儀式を継続的に執りおこない祈祷してまいります。次回は、6月3日を予定しております。
毎月の予定をしております。6月以降もぜひお送りくださいませ。
今後とも、お水送付のお力添えも宜しくお願い致します。

** お水の送付について **

基本として1か所500mlでお願いしておりますが、沢山の場所のお水を送りいたいというご要望もございました事から、複数個所のお水を送付の場合、500mlや1Lの容器にご自身で各地のお水を混ぜていただいて、お送りいただいても構いません。
その場合、どこのお水を混ぜたのか分かるように、お書き添えいただけますようお願い致します。
もちろん、今まで通りこの場所のお水は沢山使ってもらいたいと、1か所1か所、混ぜずに別々の容器に入れていただいての送付でも構いません。

皆様からの真心を受けまして、各地の神々様との連携と更なる御守護が広がる事を願い御祈祷させていただきます。共に善き世となるよう、お力添え宜しくお願い致します。

<送付先>
〒 904-0006
沖縄県沖縄市八重島1-3-9
こころのかけはし祈りの和 事務局 宛
※誠に勝手ながら、送料はご負担いただけますようお願い致します

日々の祈りの際に伝えられました御言葉

2019.05.17.08:00

新暦5月17日(旧暦4月13日 きのえ 寅 仏滅)

いつも真心のお力添えありがとうございます。
大国ミロク大社の比嘉良丸、比嘉りかです。

日々の祈りの際に伝えられました御言葉をお伝え致します。
皆様の支えになりましたら幸いです。

大国ミロク大社
比嘉良丸
比嘉りか

*5月14日の祈りの際に伝えられました御言葉
*趣旨
新しい令和という時代が刻まれています。
世の中が穏やかに過ごしゆけ、人々も穏やかになり、世の中が安定してゆきますように。
政治、経済が安定し、人々の日々の暮らし、衣食住も不安なく、教育、医療、福祉も充分に行き渡り、受ける事ができ、日々を過ごせるようになりますように。
人が刻み続ける時間、年月の歩みが、生命、命、地球、人々、宇宙の為になる歩みとなり、人々が本来の役目役割である地球を守る地球人となり、更に、ミロク世のミロク人となりますようにお導きいただけますようにと願い祈りを致します。

*伝えられました御言葉
いつもの世と 思う日々の中に於いても
常に 物事は変わり続け 変化し続けている
常と思うこと 不変のものを 探すことの方が難しい
物事は 変わり続けゆく
それには いかなものをも 善き流れへと 変わることの出来る機会を 持っているとゆうことに繋がる
変化し続けている
常に 常に
変わらずに見えるようなものであっても 決して変わることはなく
同じように見えていても 決して同じではなく
長き年月(としつき)の間に 物事は 変わり続けている
変化し続けることを 恐れることなく
変わり続けゆく中に於いて 変われる時を 逃さずに
常日頃 善き流れへと進めるように 意識だて 磨き続け
善き流れを自ら 生まれいづるように 努め続け 
前進し続けゆくことが 大切である


*以上*

お水の募集について

当宮にて執り行います火と水の儀式においては、日本各地のお水をお送りいただきまして、ありがとうございます。
神前にお供えし御祈祷させていただきました後に、聖地において儀式を執り行っております。

悪しき事は繋がらない様に、善きことが更に膨らみ、令和の時代が健やかに過ごせる、平和、調和、和合、安定、安泰の年月となるようにという祈り儀式を執り行い、新元号における日々、世の中の平和を願う事となります。

人間界の時代の移り変わりであり、自然界においては何ら変わらない事と思われるかもしれませんが、人の気と自然界は互いに影響し合っており、特に人の行動は自然に多大な影響を与えます。時代が穏やかなる時を刻みゆく事で、人の気も、行動も穏やかとなり、自然へも良い影響を与える事が出来ます。

どうか、各地のお水をお送りいただきまして、各地、各場所の神々様の益々の守護と共に、善き気が巡り令和の時代が、平和、平穏、平安、安定となるように、皆様の真心のお力添えいただけますようお願い致します。
お水の送付につきましては、下記内容をご参照の上、お送りくださいませ。

私ども夫婦にて、毎月火と水の儀式を継続的に執りおこない祈祷してまいります。次回は、6月3日を予定しております。
毎月の予定をしております。6月以降もぜひお送りくださいませ。
今後とも、お水送付のお力添えも宜しくお願い致します。

** お水の送付について **

基本として1か所500mlでお願いしておりますが、沢山の場所のお水を送りいたいというご要望もございました事から、複数個所のお水を送付の場合、500mlや1Lの容器にご自身で各地のお水を混ぜていただいて、お送りいただいても構いません。
その場合、どこのお水を混ぜたのか分かるように、お書き添えいただけますようお願い致します。
もちろん、今まで通りこの場所のお水は沢山使ってもらいたいと、1か所1か所、混ぜずに別々の容器に入れていただいての送付でも構いません。

皆様からの真心を受けまして、各地の神々様との連携と更なる御守護が広がる事を願い御祈祷させていただきます。共に善き世となるよう、お力添え宜しくお願い致します。

<送付先>
〒 904-0006
沖縄県沖縄市八重島1-3-9
こころのかけはし祈りの和 事務局 宛
※誠に勝手ながら、送料はご負担いただけますようお願い致します

日々の祈りの際に伝えられました御言葉

2019.05.16.08:00

新暦5月16日(旧暦4月12日 みずのと 丑 先負)

いつも真心のお力添えありがとうございます。
大国ミロク大社の比嘉良丸、比嘉りかです。

本日も、日々の祈りの中で伝えられました御言葉をお伝え致します。
啓示についてや、今後の御神事の事をお伝えしたいところではございますが、書き込みをし始めると、神々様とのやり取りが込み入ってきてしまい、結局、まとめた内容も変化してしまい、お伝えする事が出来ない状況となっております。
予測としては、もうしばらくしたら話がまとまってくるのではないかと思っております。皆様にお伝え出来る状況になりましたら、改めてお話したいと考えております。

それでは、日々の祈りの際に伝えられました御言葉をお伝え致します。
毎日の祈りの中において、多くの方々へ善き世になる為に伝えたい事という事で、伝えられてくる御言葉でございます。
皆様の支えになりましたら幸いです。

大国ミロク大社
比嘉良丸
比嘉りか

*5月13日の祈りの際に伝えられました御言葉
*趣旨
新しい 令和とゆう時代が 刻まれています
新しい時代の中に 古き時代からの負の連鎖が しっかりと取られ
進化発展した善き事柄が拡がってゆきますように
人も 動物や植物などの他の生命も 命も
共に生きてゆく 住みよい地球となりますように
人が刻み続ける時間 時の歩みが 生命 命 地球 人々 宇宙のためになる歩みとなり
人々が本来の 役目役割である 地球を守る地球人となり 
更に ミロク世のミロク人となりますように
お導きいただけますようにと 願い祈りを致します

*伝えられました御言葉
生きゆく命 
一つひとつを 乗り越えながら 
一つひとつから 学びゆき
一日一日を 過ごしゆきながら 
一日一日を 進化させてゆき
一つひとつから学び 
自らの内側に於いて 成長させ 膨らませ 進化の道へと 進みゆけるように 
人の道は 留まることなく 広がりを見せることは 出来る筈である
人は学び 知り 自らの内側に於いて 更にそれを 進化発展させ
あくる日 また次の日は 更なる善き状態へと 保ちゆくことは 出来る筈である
人は そのように 生き続け 歩み続けることが出来る存在として この地に生きているのでもある
平和の世を成し遂げるために 今 出来ることを行い続け
更に善き状態になれるよう 留まることなく 限度を決めず
自らの進化発展を しっかりと務め上げゆくこと
この進化発展 進みゆく様が 後の者達に於いての 大きな学びともなり 導きともなり 道標ともなり
更にそれを超えゆき 広き世の中へと進み
平和の世 戦 争いのない世へと 受け継がれ 託し継がれ 進みゆくことが 出来る筈である

お水の募集について

当宮にて執り行います火と水の儀式においては、日本各地のお水をお送りいただきまして、ありがとうございます。
神前にお供えし御祈祷させていただきました後に、聖地において儀式を執り行っております。

悪しき事は繋がらない様に、善きことが更に膨らみ、令和の時代が健やかに過ごせる、平和、調和、和合、安定、安泰の年月となるようにという祈り儀式を執り行い、新元号における日々、世の中の平和を願う事となります。

人間界の時代の移り変わりであり、自然界においては何ら変わらない事と思われるかもしれませんが、人の気と自然界は互いに影響し合っており、特に人の行動は自然に多大な影響を与えます。時代が穏やかなる時を刻みゆく事で、人の気も、行動も穏やかとなり、自然へも良い影響を与える事が出来ます。

どうか、各地のお水をお送りいただきまして、各地、各場所の神々様の益々の守護と共に、善き気が巡り令和の時代が、平和、平穏、平安、安定となるように、皆様の真心のお力添えいただけますようお願い致します。
お水の送付につきましては、下記内容をご参照の上、お送りくださいませ。

私ども夫婦にて、毎月火と水の儀式を継続的に執りおこない祈祷してまいります。次回は、6月3日を予定しております。
それ以降もぜひお送りくださいませ。
今後とも、お水送付のお力添えも宜しくお願い致します。

** お水の送付について **

基本として1か所500mlでお願いしておりますが、沢山の場所のお水を送りいたいというご要望もございました事から、複数個所のお水を送付の場合、500mlや1Lの容器にご自身で各地のお水を混ぜていただいて、お送りいただいても構いません。
その場合、どこのお水を混ぜたのか分かるように、お書き添えいただけますようお願い致します。
もちろん、今まで通りこの場所のお水は沢山使ってもらいたいと、1か所1か所、混ぜずに別々の容器に入れていただいての送付でも構いません。

皆様からの真心を受けまして、各地の神々様との連携と更なる御守護が広がる事を願い御祈祷させていただきます。共に善き世となるよう、お力添え宜しくお願い致します。

<送付先>
〒 904-0006
沖縄県沖縄市八重島1-3-9
こころのかけはし祈りの和 事務局 宛
※誠に勝手ながら、送料はご負担いただけますようお願い致します

日々の祈りの際に伝えられました御言葉

2019.05.15.08:00

新暦5月15日(旧暦4月11日 みずのえ 子 友引)

いつも真心のお力添えありがとうございます。
大国ミロク大社の比嘉良丸、比嘉りかです。

本日は、日々の祈りの中で伝えられました御言葉をお伝え致します。
皆様の支えになりましたら幸いです。

大国ミロク大社
比嘉良丸
比嘉りか

*5月12日のの祈りの際に伝えられました御言葉

・趣旨
新しい 令和とゆう時代が 刻まれています
神々様へは どうか 一人ひとりに 分かるように 
正しき道 平和・平穏・平安 安定の道に お導き下さいますように
そして人々に於いては お導き下さっているその印を 見失うことなく
正しく理解し 受け止め 生きる道を進めますように
魂となった存在に於いても同様で 迷うことなく ゆくべき道 輪廻転生の道に進み その先の道へと 続けますように
人が刻み続ける時間 年月(としつき)の歩みが 生命 命 地球 人々 宇宙のためになる歩みとなり
地球を守る地球人 ミロク世のミロク人となりますように
お導きいただけますようにと 願い祈りいたします

・伝えられました御言葉
争いは 人の心が 生み出しゆき 起こしゆくもの
戦は それの 大いなるもの
人が 自らの心を 正しゆき 
整え 落ち着き 見直しゆくこと
正直に その奥の 深き感情 深き根を しっかりと 見つめ 知り 理解し 
精神 理性により 正しき出口へと 導きゆかせること
魂の 精進 磨きとは 
心の 精進 磨きとは
そのことである
感情の起伏が ないとゆうことではなく 
それを どのように 整え 
正しき 落ち着き場所 出口へと 向かわせることが出来るか
捉われ過ぎては 悪しき流れへと 転がり続ける
立ち返ることも 難しくなりゆく
それを持ち直すは 人の心
己が自身の 強さにもなりゆく
人の子が起こしゆく戦 争い
これを直しゆくも 起こさぬようにしゆくのも 人の子の 心 精神
日々の中 様々な経験をし 関わりの中から 多くを学び 
立ち返りゆく 
しっかりと 立ち 生きゆく その強さ
身に付け 争いではない選択肢を しっかりと 選べるように 努めてゆけ


*お水の募集について*

当宮にて執り行います火と水の儀式においては、日本各地のお水をお送りいただきまして、ありがとうございます。
神前にお供えし御祈祷させていただきました後に、聖地において儀式を執り行っております。

悪しき事は繋がらない様に、善きことが更に膨らみ、令和の時代が健やかに過ごせる、平和、調和、和合、安定、安泰の年月となるようにという祈り儀式を執り行い、新元号における日々、世の中の平和を願う事となります。

人間界の時代の移り変わりであり、自然界においては何ら変わらない事と思われるかもしれませんが、人の気と自然界は互いに影響し合っており、特に人の行動は自然に多大な影響を与えます。時代が穏やかなる時を刻みゆく事で、人の気も、行動も穏やかとなり、自然へも良い影響を与える事が出来ます。

どうか、各地のお水をお送りいただきまして、各地、各場所の神々様の益々の守護と共に、善き気が巡り令和の時代が、平和、平穏、平安、安定となるように、皆様の真心のお力添えいただけますようお願い致します。
お水の送付につきましては、下記内容をご参照の上、お送りくださいませ。

私ども夫婦にて、毎月火と水の儀式を継続的に執りおこない祈祷してまいります。次回は、6月3日を予定しております。
それ以降もぜひお送りくださいませ。
今後とも、お水送付のお力添えも宜しくお願い致します。

** お水の送付について **

基本として1か所500mlでお願いしておりますが、沢山の場所のお水を送りいたいというご要望もございました事から、複数個所のお水を送付の場合、500mlや1Lの容器にご自身で各地のお水を混ぜていただいて、お送りいただいても構いません。
その場合、どこのお水を混ぜたのか分かるように、お書き添えいただけますようお願い致します。
もちろん、今まで通りこの場所のお水は沢山使ってもらいたいと、1か所1か所、混ぜずに別々の容器に入れていただいての送付でも構いません。

皆様からの真心を受けまして、各地の神々様との連携と更なる御守護が広がる事を願い御祈祷させていただきます。共に善き世となるよう、お力添え宜しくお願い致します。

<送付先>
〒 904-0006
沖縄県沖縄市八重島1-3-9
こころのかけはし祈りの和 事務局 宛
※誠に勝手ながら、送料はご負担いただけますようお願い致します

御神事の際に伝えられました御言葉

2019.05.14.08:00

新暦5月14日(旧暦4月10日 かのと 亥 先勝)

いつも真心のお力添えありがとうございます。
大国ミロク大社の比嘉良丸、比嘉りかです。
本日は、4月1日から6日までおこなっておりました、九州から小笠原への御神事の中にて伝えられました御言葉を掲載いたします。

ご一読いただけますと幸いです。

大国ミロク大社
比嘉良丸
比嘉りか

*4月1日から6日までの航路*
全体的な航路
※どの写真も、クリックすると大きくなります

玄界灘の祈りの際に伝えられました御言葉
対策は受けておく
きちんと努めてゆく
しっかりと進めてゆく為に
防御をしてゆかなければいけない
これからも引き締めて進めてゆかなければいけない
守るべきことを しっかりとおこない
努めてゆく
防ぎ続け 防御し続け

玄界灘


関門海峡の祈りの際に伝えられました御言葉
守るべき繋がりが途切れない様に
支えつつ 護りつつ 見守りながら
良い状態になるように進めてゆく
往来の動き 気も 良い状態になるように
動きを見ながら 働きゆく
潮の出入りは小さいが
これが仇とならない様に
最良の結果を生めるように
風も 温度も 海流も 動きをよく見ながら
動かし続けてゆく

関門海峡へ 関門海峡へ2
関門大橋


伊方沖の祈りの際に伝えられました御言葉
人が動く事で 悪しき流れが動き出す
どうしても止められないのならば
仕方のない事が起きる事も 想定しておけ
第一 人の能力では 動かすことが出来ない原子力を
自らは 他とは違うという意識で いまだに使っている
大きく変わらないと思うのだが
何故 自分は大丈夫 と思うのだろうか
第二 第三の被害が出ない様に努めて欲しいものであるが
人間が今の意識のままでは 同じ事の繰り返しをするだけに留まるであろう
同じ事の繰り返しにならないように
違った道を進むという勇気も
未来を護る為の選択の一つなのだが
解かることなく終わるのではないかと 
繰り返しの状態にならないように 事前の動きや 知らせは努めるようにしてゆく
人が気づけばよいが その勇気があるかどうか
未来を考えられるか 今しか見れないか
 
伊方沖


足摺岬へ向けての祈りの際に伝えられました御言葉
連鎖連動は抑えてゆけるであろうが
ここから先が問題である
どの様に力加減を起こしてゆくか
問題は 力加減であり
皆には 冷静な判断を求めているが
どうしても 一気に動こうとする存在がいることも確かであり
止めようとする存在もいて 始末にならない
良い調整が出来るように調整し続けてゆきながら
皆をまとめ 良い結果が出るようにしてゆく


室戸岬へ向けての祈りの際に伝えられました御言葉
動いてしまえば どうにもならない
連鎖連動を抑えるべく 駆使してゆくが
時に 抑えが 別の場所へ強い影響を与えてしまい
違った形で 進むこともある
その為 慎重に進めつつ 危うい状況にならないように気をつけて
物事を進ませている
慎重に 慎重に 進めつつ
物事を抑えてゆく


日向灘へ向けての祈りの際に伝えられました御言葉
地震連鎖連動に対しての対策は あと少しで整う
調和和合を目標にして進み続ける
皆が 納得をしているわけでは無いが
それでも大方のもの 存在が 事の重要性を理解し
準備を整えている
仕方ないと思っている存在もいるが
人間に希望を見出せない存在は そのように捉えている
しかし 全ての存在が 同意ではないように
人間の世界もまた 同じである
だからこそ 伝え続け 見せ続け 守り続けてもいる


大地は 大きく変わろうとしている
そこに ついて来れるのか 来れないのか
人間ごときの争いなぞ 構っている事は出来ない
そのようなことに構う気がおきないほど
自然は今 瀬戸際に立っており
これからの変化を必要としている
人間がそこにどう関わってくるのか
よく考えて行動しなければ 道を誤ることがないように気をつけて行け


21時の祈りの際に伝えられました御言葉
全ての者が 気づくという事
自然と共に生きてゆく事や生命 命に対して改めての意識を持つこと
それが成し遂げられることが 平和の世の始まりになる
全ての者という事で 無理だと決めてしまうか
希望を持って進むか
この世に生かされている事は
平和の世を作る事が出来るからこそではないのか
自らが おこなえる行動をとっている者もいる
世の中を見ない者もいれば 見ている者もいる
世界の関連は 自らに返ってくる
どのような意識を持って 過ごしてゆくのか 生きてゆくのか
それが 今の人々に問われている事の一つになる



*4月2日 航海中
9時の祈りの際に伝えられました御言葉
ひとつ 一つを繰り返しながら
そこから 改善や改良 進化を遂げてゆき
新しい状態に進み続け
良い状態を保ち続ける事も大切ではないのか
常に同じ状態を保つことも 確かに大切ではある
変わらない伝統を残し続ける事も 大切な事でもある
しかし 人が 日々成長し続けてゆけば
おのずと おこなっている物事も 進化発展を遂げてゆき
古びた状態ではなく その時 その時を生きている
良い状態を現し続ける事が出来るのでないのか
人は 成長し続けることができる
そして そこからより良い状態に発展し続ける事が出来る

12時の祈りの際に伝えられました御言葉
どれだけの奇跡が起きてこの状態
この星が存在することになったか分かるか
それを 人は一瞬で無にしようとしている
自分達の存在も どれだけの奇跡が起きてのことかわかるか
貴重さを理解する事が出来れば
おのずと 大切にし 残し続けようとするのではないか
人の行動は大きい
大きく影響を及ぼしてゆく
だからこそ 負の行動ではなく 
善の行動を続け 星も 生命も 護って欲しいのである

15時の祈りの際に伝えられました御言葉
人は 多くの存在に支えられて生きている
変わらない支えを求めるのであれば
この星という存在を大切にし 生命命達を 大切にし続ける事
そうすれば その恩恵は 正しく与えられ
人は 支えられ続けることになろう


航海中

鳥島沖
※鳥島沖らしいのですが、実際の島は肉眼では見えませんでした・・・

18時の祈りの際に伝えられました御言葉
物事は そう一気には 進まない
少しずつ 少しずつの変化でしか 人もついては来れないのだから
留まることなく 変化を恐れずに
善き方向へと進み続けられよ
自分自身の目指す方向性は どこにあるのか
見失わずに進む事 見失わずに進む事


21時の祈りの際に伝えられました御言葉
大きく揺れ動くときは そう遠くはない
近々というわけではないが
段々とその準備が 整っている
地割れに関しては 地震 噴火の予知となり
次の準備の段階に入ったことを示唆している
これらは 前教えであり 事前の準備が出来る事になる


4月2日の夕日

日々の昼の祈りの際に伝えられました御言葉

2019.05.13.09:05

新暦5月13日(旧暦4月9日 かのえ 戌 赤口)

いつも真心のお力添えありがとうございます。
大国ミロク大社の比嘉良丸、比嘉りかです。

本日は、日々の祈りの中で伝えられました御言葉をお伝え致します。
皆様の支えになりましたら幸いです。

大国ミロク大社
比嘉良丸
比嘉りか

*5月10日の祈りの際に伝えられました御言葉

・祈りの主旨
令和とゆう新しい時代が 刻まれています
この昼の太陽の強い時間帯に於いて
この光が導きとなり 人々が正しき道に進めるように
人として 地球人として 正しき道を見失うことがないように
神々様の導きを きちんと見極め 落ち着いて 進んでゆくことが出来
平和・平穏・平安、安定の世の中を造りますようにという思いを込め祈りを致します
人が刻み続ける時間 年月(としつき)の流れが、
生命 命 地球 人々 宇宙の為になり
人々が 地球を守る人 地球人(びと) ミロク人(びと)と進化発展を遂げてゆきますように
お導きいただけますようにと 願い祈りを致します

・伝えられたお言葉
命の音が 聞こえぬか
風の音や 小鳥の囀り 
海の音 山の音 
日の光 夜の音
全てが 命を支え 命を守り 命を生み 育み続けている
その恩恵を 忘れてはならない
そしてまた  その恩恵を 汚してもならない
人々が この星に生きゆくことが出来るのは 
これら自然の恩恵が あるからこそである
このことを忘れず 汚したと思うのであるならば 己が出来ることを行い 善行を積み
そして 善き世へと 進むことが出来るように 務めゆけ
人の行いは 大きな力となりゆく
この星が 自然が あってこその 命であること
自らの 生きゆく道であること
人生であることを 忘れるな


※当日の動画配信です。画像をクリックすると動画サイトへ移動します
2019年5月10日11日 昼の祈り

*5月11日 昼の祈りの際に伝えられました御言葉

・趣旨
新しい 令和とゆう時代が 刻まれています
人々が 希望を持って 一日一日を 過ごしてゆくことが出来ますように
その希望を 叶えることが出来る世の中を
今の人々が 未来を考え 創ってゆくことが出来ますように
人が 刻み続ける時間 年月の歩みが
生命 命、地球 人々 宇宙のためになる歩みとなり
地球人 ミロク世のミロク人となりますように
お導きいただけますようにと願い祈りを致します

・伝えられたお言葉
失わずに 希望を持ち続け 歩みゆき 
夢を 叶えるために 行い続けゆく行動は
未来を創り 世の中を造ってゆく 一つの 行動にもなりゆく
命の人々が 未来への歩みを 見失わずに 
希望を持ち 生き続け 行動を行い続けゆくその先に
その未来 その背景には 多くの生きとし生けるものが存在し
この星とゆうものを共に 創り 歩んでいるとゆう証にもなる
命の人々よ
善き流れへと 
平和の世 平安の世 安定の世 
人が創りゆく 未来であり 世の中である
人が創りゆく 未来であり 世の中である
人が物事を起こし
人が物事を変えてゆく
希望を しっかりと持ち 見失うことなく 
一日一日 たとえ小さな一歩であったとしても 
叶えるための 何がしかの行いをし続け
それは 積もりゆき 形となり 現実へと 現れてくる


※当日の動画配信です。画像をクリックすると動画サイトへ移動します
2019年5月10日11日 昼の祈り

御神事の中において伝えられた御言葉

2019.05.12.08:30

新暦5月12日(旧暦4月8日 大安 つちのと 酉)

いつも真心のお力添えありがとうございます。
大国ミロク大社の比嘉良丸、比嘉りかです。

本日も、3月から4月にかけて行いました御神事の際に伝えられた御言葉の続きをお伝えしたいと思います。
昨日は、3月30日にフェリーで大阪に渡るまでの中で祈りをおこないました際に伝えられた御言葉を掲載いたしました。
本日は、3月30日の夜から改めて船に乗り、大阪から九州まで向かいました航路の中で、祈りをおこなった際に伝えられましたお事をお伝え致します。

大国ミロク大社
比嘉良丸
比嘉りか

3月30日 大阪から志布志に向かった航路での祈りの際に伝えられた御言葉

・四国 蒲生田岬と伊島 和歌山 紀伊日ノ御埼灯台へ向けて
流れ出す水は 清きものであるように努めてゆくが
それ以上に 要らぬものが多く 難航している
この地を通すものも 出てゆくものも
善き状態にすることが 努め
岬を 見渡し 悪しき流れが無いかを よくよく確認し
良い流れになるように 努め続けてゆく
悪しき流れが 止めようもなくなった時
その流れを変える為に 大地は動きゆく
大地は動き 我等を助ける
死に行くのではない
助けられてゆき
清き水の流れを 整えてゆくのである


・室戸岬へ向けての祈りにて伝えられました御言葉
続く道が長くとも
切るべき時に きちんと切り
繋げることなく 働きゆく
ひとつ 一つしか 乗り越えてゆけないが
それでも 繋がる事が無い様に努めてゆく
大地が揺らぐ その道を
整え 支え 見守り 導き
役目役割を努めてゆく


・足摺岬へ向けての祈りにて伝えられました御言葉
まだ 何もない
だが 次第に流れは 押し寄せてくる
しかし この動きをどのように区分けてゆくか
食い止めながら 分け 配分し やり過ごしてゆかなければ
どのようにしたらよい塩梅にしてゆくことが出来るのか
思案中である
大体 大ごとにならないように努めているにも関わらず
人の世界が 大ごとになるような方向に進めている
動きゆく大地に供え
自らも足元も しっかりと支えてゆけ


・日向灘へ向けての祈りにて伝えられました御言葉
東からの流れ 動きは まだ 見えないが
大海原に動いてゆくように 
助けと力添えを願っている
連鎖連動にならないように
強い働きによって 抑えてゆかなければいけない
大自然との闘いではない
共存の道を見つけ 人々は 進む方が
正しい道になってゆく



・都井岬へ向けての祈りにて伝えられました御言葉
ひとつ 一つを紐解き つなぎ止め
結び 次に良い結果を生むことが出来るように努め続けてゆく
自然界の動きの中で 連鎖連動は仕方のなき事でもあるが
直結してしまう事で 取り返しのつない事が起きるのはよく解かる
だからこそ 繋ぎとめる事や結ぶこと
繋がらない様にすることや 止める事をおこなってもいる
全ての力を繋がらない様にすることは出来ないが
段々と弱くしてゆき 微量の力にすることで
その影響を少なくすることは可能でもある
段々と小さくなってゆくが
これに反比例するかのように 大きくなる場所も出てくる
南の方はよし あとは 北の方である
段々と大きくならない様に
小さく出来るように ここでは全力を尽くして 努めてゆく


下船後、福岡へ向かう途中、霧島にての祈りの際に伝えられました御言葉
人の道は 人が決めてゆく事だが
何が正しく 何が悪しき事柄なのかを
不明瞭にしていては 道も見失いゆく
今の世を見つめ直した時に
正しい道であろうか 否か
人としての心の揺れは当たり前の事
それを どうやって静かなる状態に戻れるのか
感情や思い込み 偏ることない判断は取れるのか
静かなる状態になるためには 人それぞれの方法であろう
偏る事の無い判断を育てるのも 人ぞれぞれであろう
人は 他者を育てるだけではなく
自分自身をも育てる事が出来る
自らを磨いてゆくことは出来る存在でもある

2019年3月31日 霧島

2019年3月31日 霧島
※画像をクリックすると少し大きくなります

御神事の中において伝えられた御言葉

2019.05.11.09:00

新暦5月11日(旧暦4月7日 つちのえ 申 仏滅)

いつも真心のお力添えありがとうございます。
大国ミロク大社の比嘉良丸、比嘉りかです。

本日は、3月から4月にかけて行いました御神事の際に伝えられた御言葉の続きをお伝えしたいと思います。
3月30日にフェリーで大阪に渡り、その後改めて31日に九州へ戻り、4月1日に父島、硫黄島等の御神事をおこないました。この時九州から大阪に渡りました際に伝えられました御言葉が途中となっておりました。
本日は、その時の引き続きの御言葉をお伝え致します。

*お知らせ*
5月19日(満月)に、当宮の聖地にて執り行う火と水の儀式が、啓示により、6月3日の新月にとりおこなう事になりました。
是非、皆様のお近くの聖地や訪れた土地の聖水を、この儀式へとお送りいただけますと幸いです。
募集に関しましては、本記事の最後をご参照くださいませ。
皆様のお力添えを宜しくお願い致します。

比嘉良丸
比嘉りか

*本日お伝えします御言葉が伝えられました、航路です*
2019年3月 瀬戸内海航路
※クリックすると少し大きくなります※

・愛媛県松山市興居島へ向けて
まずは 一つずつ片づけてゆこう
繋がらない様に 繋げないように
自らの道をしっかりと護り続け
その働きを 常におこない続けてゆく
自らの役目役割を果たしてゆき
この地を護り 惨事とならないように努めてゆく


・今治へ向けて
ひとつ 一つ解決してゆかなければ
問題を正してゆきながら 
正しき結びを繰り返し続けられよ
繋いでは結び 結んでは繋ぎを繰り返し
結び続け 流れを整えてゆけ
狭い道であるが 正しき順序が整えば
正しき流れが付けられ
溢れることなく 良い時期に繋ぎが付けられるであろう
善き流れを続けてゆくことは
最善の道に進む事になる 当たり前の事であるが
繋ぎ続ける事を 目標とし 最善を尽くしてゆかれよ


・大島しまなみ海道へ向けて
意識してゆくと 気づく事もある
人の世の流れには 皆 気づいていても
気づかぬふりをすることが多々ある
それが善い事もあれば 悪しき事もあり
今は 悪しき事になる事が多い
正しゆく流れが来るときに 
人は大きな衝撃を受ける事になるが
それは 仕方の無い事でもある
今迄放置してきた事を突き付けられたという事
それを目の当たりにして 人はその後
どのように改善してゆくのかを問われている
人の道にあり方を 問われてゆく事になろう
人としての道のありかたを 問われることが多くなり
人の心 精神 意識の在り方を問われてゆくこととなろう
それは 今後の世の中の為に必要な事
人が 更なる善き世をつくることが 出来るかどうかの
確認をされ続ける事になる


・高松へ向けて
ここが本当に動く事になれば
目を疑うような状況になる
しかし それでは 人の子の闇を見る事に繋がってしまう
そのような事にならないように
人と自然が共にいきてゆくことが出来る世界を作る為に
人と人が歩めるように
人と自然が歩めるように
調和があるように努め続けてゆく
歩み寄る人がいる限り 支え合い 協力し合う人がいる限り
自然と共に歩む者達がいる限り
最善を尽くし 支え続けてゆく


・小豆島へ向けて
大地が生き 動き続けてゆく限り
この地域は動くであろう
しかし それは 知っていなければいけないことであり
知らぬままではすまされない事でもある
ある日突然動くのではなく
動く場所に 生きているという事
それを忘れてはいけない
動く場所に 生きているのだから
動く事は 想定しながら 生きてゆかなければいけない


・神戸明石大橋へ向けて
大地が揺れ動けば この場所はなくなる
仕方のない事
頑丈に作っているように見えても
自然の動きには逆らえない
気を付けてゆけと言っても 
自然の動きではなく
自分の生活の為に 動き続けてゆかなければならない為
人間は どうすることも出来ない
動いた時に どうするべきかをしっかりと考えておくこと
自分自身の身 命を護る為にも
備えをしておくことは 大切な命綱になる



・瀬戸内海を通り抜け大阪泉大津港へと30日入港

30日から淡路島の洲本市由良 和歌山の友ヶ島 岬町へ向けて
双方の道理はそろっている
正しき流れになるように努めてゆくのみ
自然界は 段々とその力を増してゆくが
人の世は 反対の道に進んでいるように見える
自然との調和や協力 支え合い等は どんどん薄れてゆき
人の勝手な状況だけを生きているように見える
全ての者がそうだとは言わないが
段々と 自然から この星から離れている者が多いのではないのか
地球 この星から離れては 人は生きてはゆけない
この星があってこその人間であり
この星の子なのだから 
この星の為になる事を 支え合いを 常として 全ての者がその意識になるように努めよ



** お水の送付について **

当宮にて執り行います火と水の儀式においては、日本各地のお水をお送りいただきまして、ありがとうございます。
神前にお供えし御祈祷させていただきました後に、聖地において儀式を執り行っております。

悪しき事は繋がらない様に、善きことが更に膨らみ、令和の時代が健やかに過ごせる、平和、調和、和合、安定、安泰の年月となるようにという祈り儀式を執り行い、新元号における日々、世の中の平和を願う事となります。

人間界の時代の移り変わりであり、自然界においては何ら変わらない事と思われるかもしれませんが、人の気と自然界は互いに影響し合っており、特に人の行動は自然に多大な影響を与えます。時代が穏やかなる時を刻みゆく事で、人の気も、行動も穏やかとなり、自然へも良い影響を与える事が出来ます。

どうか、各地のお水をお送りいただきまして、各地、各場所の神々様の益々の守護と共に、善き気が巡り令和の時代が、平和、平穏、平安、安定となるように、皆様の真心のお力添えいただけますようお願い致します。
お水の送付につきましては、下記内容をご参照の上、お送りくださいませ。

私ども夫婦にて、毎月火と水の儀式を継続的に執りおこない祈祷してまいります。
今後とも、お水送付のお力添えも宜しくお願い致します。

** お水の送付について **

基本として1か所500mlでお願いしておりますが、沢山の場所のお水を送りいたいというご要望もございました事から、複数個所のお水を送付の場合、500mlや1Lの容器にご自身で各地のお水を混ぜていただいて、お送りいただいても構いません。
その場合、どこのお水を混ぜたのか分かるように、お書き添えいただけますようお願い致します。
もちろん、今まで通りこの場所のお水は沢山使ってもらいたいと、1か所1か所、混ぜずに別々の容器に入れていただいての送付でも構いません。

皆様からの真心を受けまして、各地の神々様との連携と更なる御守護が広がる事を願い御祈祷させていただきます。共に善き世となるよう、お力添え宜しくお願い致します。

<送付先>
〒 904-0006
沖縄県沖縄市八重島1-3-9
こころのかけはし祈りの和 事務局 宛
※誠に勝手ながら、送料はご負担いただけますようお願い致します。

日々の祈りの際に伝えられた御言葉

2019.05.10.08:00

新暦5月10日(旧暦4月6日 ひのと 未 先負)

いつも真心のお力添えありがとうございます。
大国ミロク大社の比嘉良丸、比嘉りかです。
日々の祈りの際に、伝えられました御言葉をお伝え致します。

大国ミロク大社
比嘉良丸
比嘉りか

*5月8日に伝えられた御言葉
*趣旨
新しい令和という時代が刻まれています。
この太陽の力の強い時間帯において、過去からの悪しき習慣や惰性は、浄められ、新たなる年月に影を落とすことがないように。

善き流れの道筋をしっかりと照らしいただき、人々を平和の世へとお導きいただけますようにという思いを込め祈りを致します。

人が刻み続ける時間、年月の歩みが、生命、命、地球、人々、宇宙の為になる歩みとなり、地球人、ミロク人となりますようにお導きいただけますようにと願い祈りを致します。

*伝えられた御言葉
いつの世も 我はおり
追い続ける道を 共に あり続ける
自らの道は 世の中の道
世の中の道は 人の道
戦 争いにて 得るものがないように 
その仕組みがあれば 争うことはなくなるであろうに
得るものが 何であるのか
得るものが 人の深き欲であり
そこに 人の命を 軽むこと
そして いくつもの言い訳となし 
自らの行いではない その責務はないと 思い切り 言い切ることにより
世の中は 歯車を 違え続けてゆく
行いに責務を持つことにより 人はまた変わるであろうに
人の世は 変わりゆくことは出来る
それには 世を構成している人が 変わりゆかなければならないが
それが出来るからこそ 人は 今も存在し続けている
人が善き流れへと 作りゆく道を始めた時
人は また すぐに 留まろうとする者や
悪しき流れへと進ませようとする者も 出でくるであろう
どのようにそれを回避しながら
目的 目標となしゆく物ごと
未来を見失うことなく 進みゆくことが出来るか
人は 今もなお 自らの心 自らの精神と 
その正しき保ち 正しき状態に保ち続けることが出来るかを 見定められ続けていることを忘れてはならない


*5月9日に伝えられた御言葉
*趣旨
令和という新しい時代が刻まれています。
この太陽の力の強い時間帯において、これまでの世の中に刻まれてきた悪しき事柄や負の歴史がこれからは繰り返されないように願い、人々が、その負の連鎖を断ち切る決断をし、平和の世を選び進みゆけますようにと願い祈りをおこないます。

人が刻み続ける時間、年月の歩みが、生命、命、地球、人々、宇宙の為になり、人々が、地球を守る人、地球人、ミロク人と進化発展を遂げてゆきますようにお導きいただけますようにと願い祈りを致します。

*伝えられた御言葉
命の限り 人々が この星と共に歩みゆく
支え合い 助け合い 協力し合い
共に 道を切り拓きながら 平和の道を 作りゆく
命たちと共に 歩みゆくこと
それは この星と共に 歩みゆくこと
この星と共に 人々は 歩みゆく
それは この星に生まれた その役目役割 
この星に生まれた意味でもある
この星にいるということは この星を守り 支え 
そして この星にある命たちと共に 生きゆく
その道を 人々が 作りつつ 守りつつ 
人が 今よりも先 未来へ 
本来の魂の 
この地に この星に 生まれ出た役目役割を果たしゆく
それに気づき 未来を しっかりと 創り続けゆくこと
人が出来ることは 確かに 小さい
しかし 小さいながらも その影響は大きくありゆく
人が住みゆくこの星
地球を 住んでいるものたちが守り 支え 
みなで共に 未来へと 歩みゆかなければならない


昼の祈りの様子をご覧いただけます
Youtube
※画像をクリックすると動画配信のサイトに移動します
昼の祈り

日々の祈りの中にて伝えられました御言葉

2019.05.09.08:00

新暦5月9日(旧暦4月5日 ひのえ 午 友引)

いつも真心のお力添えありがとうございます。
大国ミロク大社の比嘉良丸、比嘉りかです。
日々の祈りの際に伝えられました御言葉をお伝えさせていただきます。
尚、本日も12時頃より昼の祈りを執りおこないます。その時間、いる場所から、共に、争いの無い、平和の世となるように願い祈りいただけますと幸いです。


大国ミロク大社
比嘉良丸
比嘉りか

5月4日の祈り
*趣旨
新しい令和という時代が刻まれています。
この時代が穏やかなる日々の暮らし生活が営まれゆき、平和、調和の時間が育ち続けますように。
人々の進む道を邪魔立てするもの、惑わせるものは、神々様のお力により祓い清められ、人々が正しき道、自らの天命使命を果たす道を歩みゆけますように。
一歩一歩進む歩みが、生命、命、地球、人々、宇宙の為になる歩みとなり、地球人、ミロク人となりますようにお導きいただけますようにと願い祈りを致しました。

*伝えられました御言葉
命の子らよ
善き流れとは 日々の積み重ねで 出来ゆくものである
たとえ1日 何かの失敗を犯しても
己が自らを 省み
そして 同じ過ちを 繰り返すことがなきように 務め 励み
次の時には 進化発展させた 善き流れへと 繋ぐことが出来るように
自らを 磨き続けゆくことが 大切なことであり
その意識 行動が 善き世の中を作ってゆく 原動力ともなりゆく
善き世の中は 一人ひとりの意識と 行動
それにより 作り上げられてゆくのである
善き世の中を 一人ひとりが そして みなで 作りゆくことにより
世の穏やかさは 保たれゆくことにもなりゆく
何故ならば まことの心を持ち 日々の精進を忘れず 務めゆく者
その者たちの その意識が 善き流れを生み続けてゆくのである



5月6日の祈り
*趣旨
世界の国々が、共に協力し支え合い、この星、地球という星、この星の上に国境が無くなり、地球という一つの国になり、事件事故、災害、不安などの心配事が一日も早く解決、改善、無くなりゆき、心安く安心して、生きゆくことが出来ますようにという思いを込め祈りをいたしました。

*伝えられました御言葉
世の中は いつも 人々の思いひとつにて 大きく 変わりゆく
戦 争いを 起こしゆくのも人
平和を保ちゆくのも人
争いの火種を作るのも人
平和の基礎を作るのも人
世の中を作りゆくのも人
地球を守りゆくのも人
人を守るのも人
助け合い 命を守るのも人
自然を 命を 生命たちを守るのも人
戦 争いをせず 調和と 支え合い 協力の道を選ぶのも人
人の思いにより 世の中は 成り立ちゆく
人の思いが この世に反映されており
この世は 人の縮図である
変えゆくこと叶えたくば 
自らが 変わりゆくことにより 変化の世は 訪れゆく
しかし 一瞬にして 変わるではない
人が 継続し 善き流れを求め
そのための行動を起こし続けることにより
世は 変化してゆく
人の心が 精神 意識が 世の中を作り
この世の中は 人の心の精神 内なるものの鏡でもある



5月7日の祈り
*趣旨
新しい令和という時代が刻まれています。
この太陽の力の強い時間帯において、過去からの悪しき習慣や惰性は、浄められ、新たなる年月に影を落とすことがないように。
目先のことにとらわれず、善い流れへの進化発展、変化を恐れることなく、善い未来に変わりゆけますように。
この時代が穏やかなる日々の暮らし生活が営まれゆき、平和、調和の時間が育ち続けますように。
人が刻み続ける時間、年月の歩みが、生命、命、地球、人々、宇宙の為になる歩みとなり、地球人、ミロク人となりますようにお導きいただけますようにと願い祈りを致しました。

*伝えられました御言葉
嫌なことも 苦手なことも 難しいことも 困難なことも 世の中には 数多くある
しかしながら それらを 乗り越え 達成し 行うことが出来るようになる
それは 自らの心の内を 自らの内側を 知恵を 精神 肉体
自らの目に見えぬ内側の 大きな成長へと 繋がりゆくものでもある
これらを回避しながら 避けながら よけながら 進みゆくことは
自らの成長を 自らによって 妨げることでもあり
自らを留めておくだけのことに 繋がりゆく
様々な事がらが 自らの成長へと 繋がるように
いつまでも回避し 逃げ続けるのではなく 
時には 向き合い 乗り越えることにより 
それは 自らの経験とし 大きな飛躍へと 繋がることにもなる
世の中にありしこと
人々の行い 行動 
これらは 世に反映されゆく
向き合い 乗り越えゆくことは 
社会や 世間 国 世界に於いて 
見ないように 蓋をされていることに 焦点 光を当て 
解決の道へと導く糸口を見つけさせる そのきっかけに繋がりゆく

大国ミロク大社
比嘉良丸
比嘉りか

お知らせ

沖縄の当宮の儀式として、火と水の儀式を執り行っております。
皆様がお住いの地域やお気に入りの地域、訪れた地域にある聖地のお水をどうかお送りくださいませ。
水の繋がりにおいて、日本全国各地を神々様に御守護いただけますように、お力添えいただけますと幸いです。

詳細はこちらからどうぞ
icon 2016

日々の祈りの際に伝えられた御言葉

2019.05.07.09:40

新暦5月7日(旧暦4月3日 きのえ 寅 赤口)

いつも真心のお力添えありがとうございます。
大国ミロク大社の比嘉良丸、比嘉りかです。

本日は、日々の祈りの際に伝えられました御言葉をお伝えさせていただきます。
また、本日も12時より日々の昼の祈りを執り行います。
いらっしゃいます場所から、世の中の平和、平穏、平安、安定を願い祈りいただけますと幸いです。

大国ミロク大社
比嘉良丸
比嘉りか

*5月2日 昼の祈り
*趣旨
太陽の清め改める力が強い時間帯に於いて、人間が自らの勝手により犯してきた罪穢れを、清め、改め、善き流れ、物事が更にこの後進化発展するように祈りを致しました。

*伝えられた御言葉
命達が 溢れいずる 緑多く 碧き地球が
この 宇宙とゆう存在に於いて 大切なること
人々は 深く 理解しなければならない
人々が この星を 守りゆくために 
その行動を 起こした時 
人の意識だけではなく 
命達の答えも
命達の存在も 
命達の行動も
地球も
また 宇宙も
大きく 変わりゆくことになる
人々の意識は 物事を 大きく 動かしゆくものとなりゆく
善き世へと 進みゆくためにも 
一人ひとりが 行うべきこと 
そして更に 行えること 広げゆき 
大切なる 生きとし生ける命達 この星を守り 
共に共存し 歩みゆき
命に於いて 輝きゆくこの星を 共に 成し遂げ続けゆく
それが 人の役目役割
大切な 役目 役割であることを 忘れなきように 伝えゆく



*5月3日 昼の祈り

*趣旨
太陽の浄め改めの強いこの時間帯において、人間が自らの勝手により犯してきた罪穢れ、これまでに続いてきた悪しき習慣や悪しき事柄、負の流れ、負の連鎖、また争いを引き起こす 流れ、道筋や世の中の政治経済の混乱への流れ、これらを祓い清め、善き流れ、善き物事、善き循環、更なる進化発展へと進みゆくように願い祈りいたしました

*伝えられた御言葉
命たちのことを思い 命たちに寄り添うということは 
相手の立場や 相手のことを思い 考えを巡らせ 行動を起こすということでもある
生きとし生けるものとの共存は 人の心を育て
人が 人と共に 命たちと共に この星と共に 生きゆくという 心 精神 意識の基礎基盤を作ってゆく
一人だけでは 人間だけでは 物ごとは 作られゆくことはない
命たち 生命たち この星の支えがあり 人は 世を作ってゆくことが出来る
善き世の中へと 支えられている感謝と 
生命 命たち この星と共に 
生きとし生けるもの この星との共存の未来を
平和の世を
今 生きているものたちが 作ることが出来るからこそ 
この時間 この時は あり続け
希望を託されているからこそ 時は流れ続けゆく
命たちに 自らの命を託されていることを忘れることなく 
この星を 善き世の中へと 変え続けてほしい

祈りの際に伝えられた御言葉

2019.05.03.08:00

新暦5月3日(旧暦3月29日 かのえ 子 先勝) 

いつも真心のお力添えありがとうございます。
大国ミロク大社の比嘉良丸、比嘉りかです。

本日は、4月29日の昼の祈りに伝えられました御言葉と新元号を迎える祈りの際に伝えられました御言葉、昨日5月2日におこないました昼の祈りの際に伝えられました御言葉と各祈りの趣旨ををお伝えさせていただきます。

*4月29日 昼の祈りにて伝えられた御言葉
世の中の道
この世の道
人の生きゆく道
人の生きゆく道 人々により その型枠がなされ 
人 その中に於いて 歩み続けゆく
社会も 世界も 今の世は 人々が作りしもの
確かに 一部の者により 作られしものでもあろう
だが これから先 人々は しっかりと その心の眼(まなこ)を開き
この世の中に於いて
改善しなければならぬことや 
助けなければならないこと
支え合わなければならないこと
それらのことを 蓋をすることなく 見つめ 改善し
さらに 人々のみならず 生きとし生けるものたちが 住みよい環境を 作りゆかなければならない
それが 人が託され そして 行わなければならない その魂の 本来の役目役割でもあろう
地球人として 生き 歩んでゆくにあたり
この地球なくしては 生きゆくことは出来ない
この 今 命たちが 窮している状況の中 
人々は 何が出来ゆくのか
先を歩み 行っている者たち 
先人たちの道 しっかりと 見つめ 見つけ
自らが出来ることを行うことも 大切な行動の一つとなりゆく
一つひとつ 道を 変えゆくことは出来る
善き世を作りゆくために 人々 一人ひとりの 意識の改善が 求められている
今のこの世の中に於いて 変えゆかなければならないことは 数多く あるであろう
出来ることから 一つづつ 勤め上げ 
今 そして 次の世代 次の世代と 共に協力し 支え合い
さらなる善き世を 繋いでゆくことが出来るように
時代を超えても なお 善き世の中が 繋ぎ続けられるように


*4月30日 平成最後の祈りの儀
趣旨
本日は平成という元号の最後の日となります。平成天皇・皇后両陛下におかれましては、これまでの月日の中、民を守り、国を守り、この星を守り、慈しみ下さいましたことに、深く感謝を申し上げます。退位し、上皇・上皇后両陛下となられました後も、どうか変わらぬ慈愛の御心にて、お守り下さりますようお願い致します。
明日より新たなる元号が始まりゆきますが、更なる善き世へと発展してゆくことになりますように、本日これより願い祈りを執り行います。
この15時の祈りの中におきましては、これまで人間が自らの勝手により犯してきた罪穢れや、続いてきた悪しき習慣や悪しき事柄、負の流れ、負の連鎖を祓い清め、断ち切り、次の世、令和の時代において、善き物事が更に進化発展するように、善き循環へと進むように祈りを致します。
そして、新たなる令和天皇・皇后陛下におかれましては、令和の時代に日本とゆう国が、平和の、世界の調和・和合・統合を担い、この国に国境がなくなり、地球とゆう一つの国となりますよう、お導きいただけますようお願い申し上げます。

伝えられた御言葉
命達と人は 手を取り 助け合いながら 支え合いながら
善き未来を 創りゆくことが出来る
人々は 命達の声に耳を傾け 
その未来を 共に歩みゆく道を 切り拓きゆくことが出来る
人々は 今 心を閉ざし 耳を閉ざし 目を閉ざし 進みゆくこと叶わず 
未来を 自らの手に於いて 滅ぼしゆこうともしている
今一度 改めて この星が どのような場所であるのかを 知ることにより 気付くことにより
善き道 善き未来への道を 進みゆくことが出来るはずである
人が改めて落ち着き
その本来の 元根の正しき心を取り戻す時に 
人々は 命達と共に この星の子供として 更に善き未来を 創りゆくことが出来るであろう


*5月1日令和最初の祈りの儀
趣旨
令和という元号の最初の日となります
この新しい元号の幕開けに際し 過去からの善き習慣や善き出来事 事柄が更に進化発展してゆき
日本とゆう国が世界の調和・和合・統合を担い 平和を実現させ 
この星に国境がなくなり 地球とゆう一つの国となりますように
人々が本来の役目役割である地球を守り 生命 命達を守りゆく 地球の守り人 地球人(ちきゅうびと)になるよう お導きいただけますように
自然と人間が 共存の道を進み 碧き緑の星 地球を大切にしてゆき 自然を再生し 豊かなる水をたたえる星であり続け
この星が 生命 命の繁栄の源である 母なる星で あり続けますようにとゆう想いを込めまして 祈り 儀を執り行わせていただきます

伝えられた御言葉
今は 昔 善き流れ 善き手振り 善き事柄を 改めて見直し
この世 今の世に どのように 善き反映としてゆくことが出来るかを
改めて 考え 行動し
この時代 この時 
そして 未来に沿うように
善き流れを 紡ぎ出しゆくことが 必要である
悪しき流れや 悪しき事柄は 戒めとし
心 意識に留め 
同じことを繰り返すことがなきように 注意してゆくことは
一人ひとりにとって 自らを磨きゆく 大切なる行いとなりゆく
二度と 同じ過ちを 繰り返すことがなきように
しっかりと 身を正し
善き世 ミロクの世を作りゆくために 日々 精進してゆくこと
人々が 生きゆく時 命達は 支えゆく
命達は 人と共にあり この星と共にありゆく 
人々が この星の命も この星に住まう 多くの命達の命をも 握っているのである
一人ひとりの行動が 小さくとも 大きくとも 他の命達 この星に 影響を与え続けてゆく
今 改めての見直しの時
善き世へと 進むことが出来るよう
身を正し 自らを改め 
善き流れへと 自らの行動をもって 変えゆく 時である


本日5月3日、昼の12時頃より日々の昼の祈りを執り行います。
祈りの和の動画配信にてご視聴いただけますので、是非、共に平和の世の実現を願い祈りいただけますと幸いです。

大国ミロク大社
比嘉良丸
比嘉りか

新元号を迎えての祈りのお知らせ

2019.05.01.08:00

新暦5月1日(旧暦3月27日 大安 つちのえ 戌)

いつも真心のお力添えありがとうございます。
大国ミロク大社の比嘉良丸、比嘉りかです。

昨日、平成最後の日であり、当大社にては、旧元号時代においての感謝と新しき元号が善き世となるようにという願い祈りの儀を執り行いました。

本日5月1日におきましても、新元号になりました初日として、過去からの善き習慣や善き出来事、事柄が更に進化発展してゆき、日本という国が世界の調和、和合、統合をにない、この星に国境がなくなり、地球という一つの国となりますように。人々が、本来の役目役割である、地球を守り、生命、命達を護りゆく、地球の護り人、地球人になるようお導きいただけますようにという思いを込めまして、祈りを執り行います。
祈りの和TVより15時よりご視聴いただけます。
平和、平穏、平安の日々の大切さを心に深く留め、日々心穏やかに過ごせるように、共に願い祈りいただけますと幸いです。

大国ミロク大社
比嘉 良丸
比嘉 りか

配信先はこちら
icon 2016
情報サイトリンク

◆地震情報《気象庁》
◆火山情報《気象庁》
◆台風情報《気象庁》
◆警報・注意報《気象庁》
◆海外の地震情報《JIS》
◆マーケット情報《ロイター》

イベントのお知らせ
セレモニーバナー
最近の記事
関連サイト
検索フォーム
年別アーカイブ
携帯用QRコード
QR