募集のお知らせ

2020.11.30.15:30

いつもブログをお読みいただきありがとうございます。
本日は、皆様にお願いしたいことがございます。 
今年もあとひと月を残すこととなりました。
ミロク殿本宮では、本年、2020年の大晦日に今年一年の大厄祓いを行います。
つきましては、今年一年間に起きた、災害や事件、事故で、今年中に祓いたいものを、皆様からお手紙で募集させていただくこととなりました。
そして大晦日に、そのお手紙をひとつひとつ読み上げて、護摩焚きを行い、今年一年間に起きた、世の中の厄災や負の出来事をしっかりと祓い浄めて来年に持ち越すことないようにご祈祷いたします。
どうか、皆様が、心から厄払いしたいと願っている世の中の出来事を、お送りいただけますようにお願い申し上げます。

また、新年の1月3日には、来年丑年の一年間、世の中に反映したい至福を、呼び込むための護摩焚きを行います。
こちらも、皆様より、来年呼び込みたい善きことを、お手紙にてお送りいただき、一年の始まりに読み上げさせていただきたいと思っております。どうか皆様の心からの願いによる、お力添えをお願い申し上げます。

また、護摩焚きでは、火にくべます前に護符矢で印をきった聖水で、護摩木に祈りを込めております。
この聖水は、皆様が全国各地から送ってくださっているものでございます。
この聖水を湯釜に入れて、風水火の儀式を行ったのち、護摩焚きを行っております。
ひきつづき、聖水のご協力も、合わせてお願い申し上げます。

聖水募集について
大国ミロク殿本宮では「火と水の儀式」「護摩焚きの儀式」の中で、御聖水を使用いたします。旧年中についた悪しきもの・要らなきものの祓い浄めとして、また「火」(カ)と「水」(ミ)が噛み合い、新しい年が善きものであるようにとの願いを込め儀式を行います。
どうか皆様のお住まいの地域の御聖水をお送りください。

募集要項:
① 「御聖水」は水道水ではなく、湧水や天然水をお送りください。
② 350~500mlペットボトル一本程度
③ 採水地をペットボトルに御書き添えください。
*ご注意* ペットボトルはもともとお水が入っていたペットボトルか市販の詰め替え用の容器にてお送りくださいますようお願いいたします。
儀式に使用いたします大切なお水でございます。皆様の真心がきちんと儀式の中で活かされますよう、どうか破損や漏れなどなきようにお気をつけてお送りください。

御聖水送付先
〒904-0006
沖縄市八重島1-3-9
一般社団法人こころのかけはし「御聖水」係

お手紙
今年2020年一年間に起きた、災害や事件、事故で、今年中に祓いたいものや呼び込みたいことを下記を参考に思いをしたためてください。       
例)
① 出来事の発生日時(2020年〇月〇日)
② タイトル・国名(死者数など)
③ 記事やニュースの内容
※祈る内容(この出来事にたいして願うこと)
※祓いの内容、呼び込み、至福の内容を分けていただけますと、内容に集中でき御祈祷しやすくなります。

※お手紙はすべて御神前にて読み上げます。多くの方の願いを読みあげてまいります事から、
一件につき便箋2枚程度におまとめくださいますと、儀式の制約がある時間内に様々な願いを読み上げる事が可能となります。

どうか、皆様のご協力をお願い致します。

手紙送付先
〒904-0006
沖縄市八重島1-3-9
一般社団法人こころのかけはし「手紙」係

** ご要望にお応えしまして、メールでの受付を開始いたしました。**
manabinowa789*gmail.com
*印を@に変えて送信してください。

** 12月24日更新 **
お手紙をお寄せいただき、ありがとうございます。
文字に込められた思い・願いをしっかりとお祈りをさせていただきます。


長野県 M.F様
東京都 J.H様
東京都 Y.U様
東京都 H.T様
東京都 S.M様
東京都 H.T様
東京都 K.T様
東京都 Y.Y様
東京都 T様
岡山県 C.O様
和歌山県 A.T様
岩手県 E.K様
兵庫県 H.K様(メールにて)
兵庫県 K.Y様(メールにて)
S.N様 (メールにて)

現在の状況について

2020.11.30.09:15

新暦11月30日(旧暦10月16日 ひのと 丑 先勝)

いつも真心のお力添えありがとうございます。
大国ミロク殿本宮の比嘉良丸です。
本日は、九州鹿児島に来ています。
一昨日の晩に、北海道小樽からフェリーに乗り、京都の舞鶴に到着。28日に大阪にて一旦宿をとりまして、翌日の29日に大阪から一気に鹿児島・桜島へと向かってきました。

本日30日は、鹿児島県桜島を中心に川内原発を祈ります。

鹿児島へ
鹿児島へ向かう途中

11月28日から11月29日の行程
ここまでの行程
※クリックすると少し大きくなります

本日掲載記事は、11月22日禄剛岬にて祈り、やり取りをしました内容を掲載いたします。

比嘉良丸
比嘉りか

11月22日 禄剛岬にて *

(良丸氏)
今、能登半島先端にまいりました。ここから降りて少し山を登り、先端に禄剛埼灯台という場所があり、お祈りをしようと思っておりましたが、今日は日曜日でかなりの観光客が来ております。大型バスも数台停まり、かなりの人混みようでして、ゆっくりやりとりしながらの祈りは到底厳しいです。一旦少し場所を移動して祈りをさせていただきます。灯台の下、海岸沿いに下りた所で祈りをさせていただこうかと思っております。大変申し訳ないのですが、そのように儀式をさせていただきます。
この禄剛岬が終わりましたら、ブログにも書きましたように、志賀原発を祈り、福井の敦賀、もんじゅ、ふげん、もんじゅ、美浜とその4ヶ所を1箇所でまとめてお祈りをし、このまま和歌山の潮岬に向かおうと思っております。
ここで神々にお願いをしようと思っていることがあります。和歌山先端の潮岬をおこなった後、今一度、静岡の富士川河口からもう一度行うようにと言われております。それは東南海地震の東海と東南海の地震の小難無難の念押しでございますが、潮岬を行う事で少しの猶予が出来るかと思います。最低でも1ヶ月は先延ばしが出来るかと思います。そこで、一旦静岡の富士川河口ではなく紀伊半島和歌山から徳島にフェリーで渡り、そこから四国の太平洋側、東海岸沿いを横断しながら、九州へ大分から入りたいと思っております。四国の伊方原発、九州から東海岸沿いを回り、鹿児島、川内原発と回りフェリーで乗り継ぎしながら長崎に入り、長崎から佐賀、玄海原発を回り、そのまま北上していこうかと思っており、その行程でお願いできないかと直談判をしようと思っております。
では、一旦場所を移動して、祈りの方をおこなわさせていただきます。

201122-禄剛埼にて2

(良丸氏)
今、禄剛埼の灯台の下の方に来ております。実際ここの沖合いに、佐渡島が見える筈なのですが、霧がかかっていて見えません。何度もここは祈りにきており、一番多いのは夜中に来ることが多いです。今回、日曜日の昼間とあって観光バスも6台ぐらい停まっていて、観光客も多く、大変な状況になっております。上で落ち着いてお祈りすることが出来ず、ここ灯台の下でお祈りしようと思い降りてきましたが、先程から結構訴えてくる神がおりまして、この状態ですと祝詞をあげることが困難かもしれません。もしかしますと祝詞を奏上するのではなく、神とのやりとりに時間を割き、その結びになる可能性もあります。
本日(22日)の書き込みにも書きましたが、当初の予定通り変更なしであれば、この後、福井の原発を敦賀からもんじゅ、ふげん、そして美浜を回り、祈りは1ヶ所でおこない、そこから一気に和歌山の潮岬に行く予定にしております。その後1度大阪に寄り、そこから改めて静岡の富士川河口に行く行程でおりますが、私としては、潮岬から四国に渡り九州へ向かわせていただきたいと思っております。しかし、またこれと異なる内容を言ってきている神がいます。

この禄剛岬は、北と南の結び、能登半島先端と紀伊半島先端を結ぼうと思ってきております。
灯台の下に降りてきたところ、先程から来て伝えてきている存在がおりまして、その存在は、紀伊半島に行くのは改めて先延ばしにして、一旦ここで結び、そのまま先に進んで欲しいと言ってきています。紀伊半島から、東南海、東海・関東までは一つの形が出来た。糸魚川と静岡構造線、柏崎と千葉構造線のフォッサマグナの間の火山に対しても何とか形になったと。そして、紀伊半島から始まりまして、伊良湖、富士川河口、石廊崎、城ヶ島、三浦半島、房総半島、犬吠埼、東海第二原発、筑波山、中禅寺湖、磐梯山、猪苗代湖、山中湖、埼玉といった場所、富士山の麓、関東から中部地方、そして近畿の紀伊半島と今回の儀式で回ってきた場所の鎮静化は何とかなったと伝えてきます。
そこで、ここで強く言ってきているのが、やはり九州に行く前に先に北海道をして欲しいと言うのです。さっきから強く言ってきていまして、北海道が本当に間に合わない。北海道も動けば、東日本は本当に一気に動き出す。だから北海道を、九州よりも北海道に来て欲しい。当初の目的、予定通りに北海道に行って欲しい。北海道から改めて東北に下って欲しいが、取り敢えず北海道を先にやって欲しい。その後の北海道から東北へ進む事がもし無理ならば、北海道と九州を必ずやってほしい。だから北海道を先に来てほしいと、ずっと言っている存在がおります。これはもう私の判断ではなく、ここで神々に立会いしてもらって、やりとり、話し合いを行い、その結果で決めてもらおうと思っております。他の神々が力を合わせ、紀伊半島をせめて来年の2月まで先延ばしてくれるならば私も安心して行けるのですが、とにかく、神々とのやりとりをここで時間をかけて行う状況に陥りました。
北海道、九州と祈りにまわり、自然界の祈りだけではなく政治の安定についての祈りも行わなければなりません。日本だけではなく世界中が混乱しております。アメリカの大統領が代わったことにより、隣国の韓国を含め日本もこの先どのように変わるか。ましてやトランプ大統領が落選したことを認めずかなり強硬手段に出ているという状況があります。トランプ大統領を推している支持派がかなり強硬に今回の敗戦を認めず、不正があったと。その内容によっては政治的だけではなく、アメリカの国が本当に大変なことになりかねない。世界のリーダーとして君臨してきたアメリカの政治の混乱は、世界の混乱に結びます。そのことも含めて安定してゆくよう儀式を行わなければなりませんが、今、北海道、東北、中国、関東、近畿、四国、中国、九州と広い範囲の自然界が、大きく本当に動き出そうとしており、各地域の神々が、自分の所を優先して何とか地殻の動きを抑えようとしております。
その勢いに巻き込まれると、私自身が混乱してしまいます。今日はここで、ここが終わって原子力発電所の無難無事故の祈りをおこなって紀伊半島向かうのか。時間をかけやり取りをおこないますが、あまりにも時間を割くと、紀伊半島に行く時間もなくなります。その事も含めまして、祝詞を奏上しての儀式ではなく、神々とのやりとりに入らさせていただきます。
書き込みでは、今回は変更なしで進みますとお伝えしましたが、結局ここでの神々の想いがかなり強く様々な事柄を伝えられ、私もどのように対処したら良いのか、動きが取れなくなっている状態です。神々同士が納得していただかなければ、私もこの後が動けません。神々が納得し、力を合わせる事で初めて世の中にいい形として具現化するため、まず神々がお互いに納得する形で儀式をおこなわせていただきます。
それでは、大変申し訳ございません。祝詞を奏上しての儀式は中止しまして、動画配信を一旦切り、神々とのやりとりに参加し、どのように進めていくかを決めさせていただきます。大変恐縮ですが、このようにさせていただきますことをお許し下さい。
では、よろしくお願いします。

201122-禄剛埼にて3

(良丸氏)
現在、禄剛埼の灯台のある岬の先端に来ております。先程は、灯台の下から現在の状況説明を簡単にさせていただきました。本来、この禄剛埼を行った後、福井の敦賀原発、もんじゅ、ふげん、そして美浜と無難無事故を祈った後に、和歌山、紀伊半島先端、潮岬に行く予定を伝えて、そのように計画して進んでおりました。これはもう揺るぎないルートとして、このように進もうとまいりました。それには、潮岬とこの能登半島先端の禄剛岬を結ぶという意味がありました。一度11月16日に潮岬では儀式を行ってまいりましたが、もう一度きちんと杭を打つために向かう予定でございました。しかし、ここに来てすぐ、九州に行ってくれとゆう神々もいたり、やりとりをしていると、北海道からが先だという存在が来まして、話が埒が明かない状態になっておりました。そして先程、灯台の下から上に上がれと指示がありまして上がってまいりました。私の体力で上がれるか心配でしたが、何とか上がれました。かなり人も減りましたが、新たな集団旅行者も来まして、また賑わい始めております。今日(22日)ここに上がるのは2度目です。最初に上がった時には、今の4倍、5倍ぐらいの人がいまして、灯台の所はもう人で埋め尽くされているような状態でした。
改めて上がって来ましたが、結構空いている状態ですので、ここでもう少しやりとりを行うことになります。ここで祝詞奏上での儀式はやはり無理そうです。やりとりが中心の儀式になるかと思われます。
先程、一つ、強く決まったことが一つあります。本音ちょっと途方に暮れている内容が決まりました。具体的にどのような場所で儀式をするのかは、またこれからやりとりが始まります。私にとってはかなり無茶な内容を、神々は勝手に決めてくれました。本当に私の意見は無視しての神々の決定、私ははっきり言って不服ですが。本音不満ですが、今回、儀式を行うと約束した以上、行うつもりであります。
一つ一つどこを回るという細かい所は今から決まってゆきますが、取り敢えずおおまかに決まったことをお知らせします。
明日、大阪分支社に一旦入ります。大阪分支社にて、今回の状況説明と、今後の儀式の説明を行った後に、まず世の中の平穏を祈っての儀式をさせていただきます。自然災害の厄災の鎮魂、回避、そして新型コロナ感染症の消滅、経済の安定、政治の安定、そして今本当に急増している自殺者につきまして、確実に0に持っていくよう儀式を行おうと思っています。
政治に関しては、私自身の好き嫌いでは儀式が成り立ちません。まずアジア全体の安定と、それに欠かせないアメリカについて祈りをおこないます。今アメリカでは大統領選挙の後の混乱が続き、ある人からの情報では本当に国を真っ二つにする状況になりかねないという情報をいただいております。その情報を真剣に受け止めて、アメリカが早く政治的に安定するように。世界を纏めるリーダー国として手腕を発揮するか、自分の国だけを優先する政治を行うか、これからどのように行くか分かりませんが、アメリカの動向を見守るというだけではすみません。1日も早くアメリカが政治経済の安定から、世界を纏めるリーダーとしてその役割果たしていただきたい。私自身もアメリカが世界のリーダーとして1日も早く政治を安定して欲しいと本音、少し思うところがあります。アメリカのやり方が私は好きになれないところもあります。これまでの歴史の中で、アメリカがおこなってきたこと全てが正しいとは思えません。しかし今、世界をもう一押し安定するには、アメリカの力はやはり必要不可欠になります。そして、隣国の韓国に関しては、見せられているビジョンを含めて様々に思うところがあります。しかし、まさか韓国が嫌いだからと戦争するわけにはいきません。やはり友好国として何とか仲直り出来るものならそこに進みたいとは思いますが、ただ日本が全て妥協して受け入れるのだけは私は反対でございます。とにかく、世界の政治、経済の安定につきまして、大阪分社にて祈りをおこないます。

さて、今回の神々が勝手に、お互いで納得して決まったことをまず説明します。明日、大阪に入りまして、先程の内容を祈りました後、北海道に入ることになりました。明後日(24日)23時50分のフェリーで舞鶴から北海道小樽に入ります。そして、実は、先程妻に連絡を取りました。舞鶴から北海道に入るのに急遽、妻を呼び寄せるということを神々が勝手に決めて指示が来ました。それに基づいて、妻は24日中に大阪に入り合流し、夫婦でフェリーに乗船し北海道へまいります。そのフェリーでの移動中、何ヶ所かで海上で祈りをするようにと言われましたが、フェリーは夜中、安全対策の為、甲板に出ることが出来ません。そこで神の言うことを聞き入れるならば、海側の個室、一等客室を取らなければいけないという事になります。フェリーと車代と妻の飛行機代諸々を足すと北海道に行くだけで12万ぐらいかかることになります。神々は人の懐は一切考えてくれない。それでも取り敢えず、24日23時50分の便で北海道に向かいます。
灯台から下りながら喋ります。北海道で儀式を行いましたら、北海道から青森にフェリーで渡り、そこから車で儀式を行いながら南下して、鹿児島の桜島まで行くことになりました。それも夫婦で儀式を行うようにということになりました。本音、私もちょっとはっきり言って、腹の虫が収まらないというか、不服ではありますが、もうやるからにはしっかり行いたいと思います。
そこで、北海道のどことどこを回り、青森から本州をどのように南下して鹿児島まで行くのかを、今、神々がやりとりしている状況です。それに関してはまた改めて明日(23日)報告をさせていただきます。取り敢えず今回、急遽、フェリーで北海道に渡り、北海道から本州に渡ったら一気に九州、鹿児島まで儀式を行うという事になり、それに妻を呼び寄せての儀式になりました。ここまでを報告しまして、これからまた、実際にどこを回ってゆくのか等のやりとりに入ります。一旦これで放送を打ち切ります。明日(23日)大阪から放送を開始します。

以上

29日の地震
国内の地震
1.2020年11月29日2時04分ごろ 石川県加賀地方
M2.6 震源深 10km 最大震度2
海外の地震
1.2020年11月29日22時42分ごろ 台湾付近 M4.9 震源深さ40km 最大震度1

コロナ状況
データ更新 11月30日 午前6時00分
累計感染者数 147467(+2057)
累計死亡者 2125(+16)
(累計回復者数)123126(+1514)
(要入院・療養者数)22216(+536)

11月30日 コロナ情報
※クリックすると少し大きくなります

※関連記事
11/30(月) 0:39配信
全国で新たに2065人感染 東京は“日曜最多”
29日に全国で確認された新型コロナウイルスへの感染者は、2,065人だった。。。続き


11/29(日) 16:42配信
米国の新規感染、1日20万人超 過去最多、急増に危機感
 【ワシントン共同】米ジョンズ・ホプキンズ大の集計によると、米国で27日に確認された新型コロナの新規感染が20万人を超えた。。。続き


11/29(日) 7:00配信
190大学、年度末に休退学増加を予想 コロナで生活苦
コロナ禍でキャンパスへの立ち入りが制限された東京大=5月、東京都文京区。。続き


11/29(日) 19:03配信
ブラジルの新型コロナウイルス感染症死者、17万人超す
先週、ブラジルの新型コロナウィルス感染症による死者数が17万人を超えた。「オ・グローボ」、「G1」、「エシトラ」、「フォーリャ・ヂ・サンパウロ」、「UOL」、「エスタード・ヂ・サンパウロ」 によるメディア連合が各紙で伝えている。。。続き


現在の状況と11月21日那須岳の動画より

2020.11.29.11:45

新暦11月29日(旧暦10月15日 ひのえ 子 赤口)

いつも真心のお力添えありがとうございます。
大国ミロク殿本宮の比嘉良丸です。
昨日、北海道から京都舞鶴へと戻りまして、大阪に一旦戻り、本日は、鹿児島・桜島へと移動しております。
詳しい内容は、改めてお伝えしたいと思います。

本日は、11月21日に那須岳麓にて放送しました内容をまとめました記事を掲載いたします。

比嘉良丸
比嘉りか

2020年11月21日 那須岳麓より配信した動画より *

(良丸氏)
我が御親 ことあけて申し上げます
今日、那須岳の麓にあります知人宅にまいりました。この屋敷内には数年、数十年経つかと思いますが、青森県に在住の方が精魂こめて作っておられます土偶を神の神具、依り代として御霊を込め、この地に埋めております。その土偶はこの那須岳が将来噴火するようなことが起きた際には、この地を護る働きをなさっていただくため、この地の守護神として祀っております。
そして、関東全域のフォッサマグナという全体的な地域にて大きな地殻変動が起きた際に、この地は逆に多くの人の命を救う場所となると教えられております。普通では那須岳が噴火し、この地は溶岩や火山灰、火山石などが飛んで来る地となり、逆に避難しないといけない場所になるかと思っておりましたが、神の御教えでは、日本列島が本格的な地殻変動に入った際には、この地域に多くの人が集い、多くの人の命を救う場所になると教えられています。
そのような場所に神の宮代とした土偶を埋めて神の聖地とした後、殆ど足を寄せておらず、今回神からかなりお叱りを受けました。何のためにここを聖地にしたのか忘れたのかと、本当にかなり強いお叱りを受けて、このたび改めてまいりました。本当に長いこと足寄せることなく放置した状態になりましたことを、心からお詫び申し上げます。そして、神のお働きとして、この地から、この地域、そして関東全体を護るためにお働きしていただいていることに心から感謝申し上げます。そしてこの場所を提供していただきました方においては、数年前に肺癌に罹りましたが、無事、手術を済み、手術後2年経過して、完全に完治しているということで本当に安心しております。長女の方も数年前に子宮癌に罹りましたが、無事手術をし、今は仕事に復帰しているということでございます。
この地を提供していただき、この場所を守っていただいていることに心から感謝し、神からもどうかこの一家、家族をお守りいただくことを願い祈り申し上げます。親子共々健康を取り戻し、そして末永く神の真の神徳であります命、健康徳、長寿徳を与え下さりまして、これからの人生、何事も不安なく、心安く、心清らかに人生を至福の中で日々暮らし営むことが出来るように、どうか見守り下さりまして、衣食住の徳、そして仕事の御徳を与え、何不自由なく人生をきちんと歩みゆく、至福の時与え下さりますことを願い祈り申し上げます。

今日ここにまいりましたのは、まずはこの長いこと放置したことをお詫び申し上げますと共に、その間この地を護っていただいたことに本当に感謝申し上げ、そしてこの地から改めて関東だけではなく、中部地方、静岡、山梨、長野、石川、富山、新潟、栃木、茨城、千葉、東京、神奈川、埼玉、群馬までの区間、柏崎刈羽原発があります柏崎から千葉構造線、糸魚川から静岡構造線に挟まれたフォッサマグナ、富士火山帯から始まりまして、富士、伊豆七・小笠原、硫黄島までの区間。そして南海トラフから駿河湾・富士川河口に伸びてくる駿河トラフ、そこから神奈川の静岡熱海から伸びる相模トラフ、そして関東房総半島沖合いにあり、伊豆七・小笠原海溝と日本海溝と繋がる三重会合点。プレート、トラフ、海溝、そしてその歪に大きな力が加わり、関東内にある多くの活断層や火山といった大きな地殻の動きで出来た活断層、火山の動きも含めて、大きな地殻変動が今後一気に連鎖して動き出すことを、内陸部から完全に調整する場所として、この地にその働きをおこなう神が据え置かれました。この神はこの地域の神々と共に協力し、一気に大きく動き出す大地殻変動を調整し、この日本が真っ二つに割れることなく、沈むことなく、そしてこの地が動き、東・西に大きく連鎖し、日本列島全体が大地殻変動に大きく揺り動かされることなく、関東のこの場所から、大きく仕事をされ、護ってくださっているその神の働き、これからもこの地域、山々、火山、地下に溜まるマグマ溜まり、周辺にある活断層や日本海側にある海底地形、その中にある海盆や海嶺、海丘、太平洋側にある海溝や海嶺といったプレート型の地震の動き、地殻の動きを、この地域の全ての神々と共に力合わせバランスを整えていただけますよう、今後ともそれを調整し続け、大きく揺れる力を最小限に整え、最大限軽減していただき、人間のみではなく、多くの生きとし生ける命を救い賜ることを願い祈り申し上げます。
この地に住まうこの御夫婦は、動物を大事にする、愛するご夫婦です。この地にて救いを求める多くの命、猫や犬をしっかりと育てています。この地に多くの生きとし生ける御魂達、人間だけではなく全ての獣も含めて魂が集い、命の循環をしっかりと守りゆく働きをなされる場所として存在しています。その為、未だに多くの獣の魂もここには集います。しかし、それは邪や霊とではなく、神と共に働く精霊として多くの命がここには集い、働いております。神だけではなく、そういった精霊も集まり、その地から多くの命を救い、命を未来に繋ぐためのお働きをする、その循環の場所としても大きく重要な働きを為す場所となっております。
この地における様々な働き、生命の循環、生命、命の循環が途切れることなく、常に常に循環してゆきますように。今の世にて全うした御魂は改めて来世へと輪廻転生し、循環し循環の仕組みが狂うことなく、働いていただけますよう、どうか願い祈り申し上げます。

この関東、地下ではマグマ、プレートの動きが大きく動き出そうとしております。様々な場所の動きが互いに加わり、互いに押し合い、四方八方十二方に押す力、引く力、押し上げる力、押し付ける力が続いている事で、一気に地震といったものが動かず、何とか保っておりますが、近い将来、大きな力がプレートの方で大きく動き、そのプレートが動くことにより、太平洋側にプレートが押し伸びるという形で、日本列島の大地のプレートが太平洋側に一気に伸び、内陸部の構造線や断層、そしてマグマ溜まりが大きく影響を受け、活断層、構造線がずれ、マグマ溜まりが大きく揺すられ、火山の噴火や直下型の地震、プレート型の地震、津波といった被害が連鎖連動として繋がってゆくという流れに動こうとしているという啓示が教えられており、私自身の目の前に常に現れてきます。しかしながら、この動く力、動きを完全に回避して止めてゆきますと、動こうとする力は大きく増すばかりとなり、起きた時には途方もないエネルギーとして表れます。その為、いつまでもそのエネルギー、力を抑える訳にはゆかず、どこかで力を抜かなければなりません。取り敢えず起きる、動くとしても、単独で出来るだけ被害を最小限縮小し動かしていただき、多くの力もしこの地域、関東、太平洋側、その内陸部の活断層や構造線、火山といった大きく動く連鎖連動を左右、東、西に繋がる動きを完全に連鎖を止め、単独、単発で地震や噴火は起きていただき、最小限に被害を縮小し、確実に力は大きく抜いていただきたいと願い申し上げます。2011年3月11日のように一気に地震が続けて連鎖し動くと、地震の規模も範囲も力も増し、途轍もない被害を引き起こします。このようなことがなく、単独で起きて、地震の規模も大きさも最小限にしていただき、被害を最大限縮小していただきたく、願い申し上げます。
それを含めてここに祈りを、祝詞を奏上し、祝詞にこめた想いをもって音魂言霊とし、この地域の神々、集まった神々の力を借り、この願いを現実化、具現化していただきたく、ここで改めて祈りをさせていただきます。
まず私自身の清めを、禊祓いをさせていただき、そしてここを改めて神々が宿る聖地として祝詞を奏上した後、ここに八百万の神々を常に天下ることが出来るよう、降神の儀行った後、本格的な祈りに入ってまいります。

それではまず今日の暦を読み上げさせていただきます。

皇紀2680年 令和2年 庚子の年 
西暦2020年 新暦11月21日 旧暦10月7日 戊 辰 仏滅となっております

今日、この栃木那須岳の麓にあたります、その地にて、どうかこれから祝詞を奏上し、この地に(音声がおかしくなり中断)

(良丸氏)
すいません、何度も何度も祝詞を止めてしまいました。この地の祈りだけではなく、動画配信を行い、多くの人達にその祈りを見ていただき、心を一つにしていただくために動画配信をしております。大変申し訳ございませんが、もう一度奏上させていただきます。
(禊最要神通自在心源清浄祓願詞)

そして、現在この世に起こる全ての厄災、災い、難を、祓い清め改め直し、これから起きようとする全ての厄災を回避し、この先の未来に、笑い、福徳を願うがために、ここにてこの全ての厄災を祓う祈りと致しまして大祓いの祈りを奏上させていただきます。
(祝詞奏上)

祖霊拝詞
(祝詞奏上)

この世の全ての災いを引き起こす本種を全て大浄化致す想いを込め、大浄化の祝詞を奏上させていただきます。これから起きる全ての災い、自然界の天変地異、そしてこの世の経済の混乱、多くの人達の混乱からくる治安の悪化、そして戦の世へ行く流れ、多くの人達の心の乱れ、それらの全ての災い為す本種、そして新型コロナ感染症といった、それに類似する全ての感染症、流行病など、全ての災いの本種を断ち切り、浄化する想いを込めて大浄化の祝詞を奏上させていただきます。
(祝詞奏上)

それら神々の力を、我々人間に神の真の四魂の魂、神の御霊、御力を与えいただくことを願い、四魂御魂拝願詞を奏上させていただきます。
(祝詞奏上)

私達人類の全ての人々が神の御心に叶う、人として、人間として、そして自分の役目を精進していくことが出来るよう願い、御魂正進救誓詞を奏上させていただきます。
(祝詞奏上)

国安泰の祝詞
(祝詞奏上)

全ての人々に至福をいただかんことを願い、至福の祝詞を奏上します。
(祝詞奏上)

最後に、大神大意明光照頂一念未生教祝詞
(祝詞奏上)

どうか、ここに集まりいただきました大神々様、神々の御力をもって、我が願いを聞き賜りまして、この地から、この関東や日本の中心から、東、西、どうか如何なる災いが繋がることなく、この他にて全て無難にしていただきますことを願い祈り申し上げます。
それは自然の全ての厄災、そしてこの世で起きる全ての災い、そしてこの世で起きて流行る全ての流行病、それら全てを含む、全ての災い、厄災を、この地から、大難を小難、無難にいたし、全ての物事を善き方向へ導き賜りますことを願い祈り申し上げます。
災いなす本種すべて祓い清め改め直し、どうかこれからの明日へ明日へと繋がる未来へ進む時を至福の道へ、ミロクの世へと導き賜りますことを願い祈り申し上げまして、この祈り終わらさせていただきます。どうか我が願い聞き賜りますことを心からお願い申し上げます。
ありがとうございました。

以上

11月28日の国内の地震
1.2020年11月28日21時28分ごろ 長野県南部 M2.8 震源深さ10km 最大震度2
2・2020年11月28日17時23分ごろ 長野県南部 M2.3 震源深さ10km 最大震度1
3.2020年11月28日 7時33分ごろ 秋田県沖 M2.9 震源深さ10km 最大震度1
4.2020年11月28日 5時59分ごろ 千葉県東方沖 M2.6 震源深さ30km 最大震度1
5.2020年11月28日 5時06分ごろ 岩手県沖 M 3.2 震源深さ30km 最大震度1

海外の地震
1.2020年11月28日 3時45分 北クリル諸島のパラムシル島沖 M5.5 震源深さ55km

コロナ情報
データ更新 11月29日 午前0時00分
累計感染者数 145401(+2684)
累計死亡者 2109(+14)
(累計回復者数)121612(+1340)
(要入院・療養者数)21680(+1330)

11月29日 コロナ情報

11/28(土) 18:39配信
全国で過去最多2685人がコロナ感染 千葉など5県で最多
新型コロナウイルスの国内感染者は、28日午後9時現在で新たに2685人が確認され、過去最多を更新した。。。続き


11/28(土) 14:40配信
「17秒に1人が死亡」アメリカより深刻なヨーロッパのコロナ第2波
<一方で新規感染者数が減少しているという、明るい兆しも見えている>。。。続き


11/28(土) 19:58配信
狩猟されたイノシシから「アフリカ豚熱ウイルス」検出=韓国京畿道加平郡
韓国環境部(日本の環境省に相当)は28日、カピョン(加平)郡カピョン(加平)邑で捕獲されたイノシシ4頭からアフリカ豚熱(以下、ASF)ウイルスが感染したと明らかにした。。。。続き

現在の状況について

2020.11.27.09:00

新暦11月27日(旧暦10月12日 みずのと 酉 先負)

いつも真心のお力添えありがとうございます。
大国ミロク殿本宮の比嘉良丸、比嘉りかです。
24日に舞鶴からフェリーにて25日夜に北海道小樽に入りました。
本州とは打って変わっての気温で、いつ来ても北海道は他の地域とは違う場所だと感じる寒さです。

本日は、ここ北海道にての動画と11月18日に海ほたるにて話をさせていただきました内容を掲載いたします。
少々、話の内容が現在と異なり、前後する部分もございますが、ご一読いただけますと幸いです。

11月26日 北海道にて 泊原発
11月26日 泊原発にて

11月26日 神威岬へ向かって
11月26日 神威岬へ

11月18日 海ほたるより
(良丸氏)
今、御神事を行うために海ほたるにまいりました。これから屋上に上がって祈りを行おうと思っておりましたが、少しここでやりとりを行うことになりまして、今日は祈りは行わず、神々とのやりとりを行うことになりました。このやりとりの内容と言いますと、今後の儀式の方向をどのように進めていくかという内容になります。当初の予定とは異なり、神々からの儀式の内容、行く場所の変更が色々伝えられてきております。今日は元々海ほたる、野島岬、九十九里浜、犬吠埼を本日中におこない、明日、那須岳の方へ向かう予定としておりましたが、神々から御神事の順番の変更が伝えられてきました。
11月15日に艮祭りという宮の大祭がありまして、その最中に急遽、16日に和歌山県、紀伊半島先端潮岬へ行き、17日に起きる地震を抑えよ、100%回避せよと、確実に回避する儀式を行えという啓示を受けまして、沖縄から本州に入り現在の御神事に続いております。しかしながら、大変お恥ずかしいのですが、これまで火山や活断層等の読み上げてきた様々な資料があります。私達はこれらの資料を作り、間違いがないかこれまでにもう数十回確認をしてきました。その都度確認する人を変えたりしながら済ませてきましたが、儀式を行うと、神から内容が間違っているということが伝えられ、実際に訂正箇所が出てきました。何度も確認をし訂正訂正してきましたが、先日15日の艮祭りの際も、読み上げたのですが途中で読み上げることが出来ずに、結局資料がおかしいということでストップがかかりました。
その時の資料も、前々日の13日に確認を済ませて、15日を迎えたのですが、結局間違いだと言われ、そして16日に改めてもう現地へ来い、和歌山、紀伊半島の先端潮岬に、現地に来いと。出来たら早い、明るい内に来いと伝えられました。しかし、どんなに早く沖縄から飛行機に乗りどんなに走く車を走らせても、実際に現地に着くのは16時半が限界でした。今、コロナの関係上、飛行機も欠航が多く、以前のように本数がありません。出来るだけ早い飛行機で入りましたが、それでも到着後1時間経たない内に日が暮れ始めました。それでも暗い中儀式を行っていましたが、途中やはり私の足が攣り始めました。座って祈りをしていましたが、足が攣り始めたため、立ったり座ったり、足をほぐしながら続けていましたが、それがきつくなり妻に祝詞の奏上をお願いしました。しかし、私も忘れていましたが、妻は、暗い所で観たり、読んだり等眼を酷使すると失明に繋がる発作が起きる眼の状態でありまして、この時、代わりに祝詞を読んでもらっていると、突然、目が痛く、見えなくなってきたと言われまして、急遽、また、私の方で祝詞を引き継ぎ祈りを続けました。その後、私の方で妻のことが気になり、途中集中出来なくなりまして、神々にお詫びをして早めに儀式を終えて一旦戻りました。その時、神々より改めて1週間は先送りする、だから1週間後にもう1回来い。関東で一度祈りをしてからもう1回ここに戻って来いと教えられ23日に再度紀伊半島に行くことになりました。その段取りで昨日、17日の朝、9時に羽田に入りましてバスで成田に移動し、ホテルに預けている御神事用の車を受け取って行ってまいりまして、今日、海ほたる、野島岬、九十九里浜、そして犬吠埼を行い、明日(19日)那須岳に行き、改めて城ヶ島、熱海、そして夜中までかかるかと思いますが石廊崎。20日に富士川河口、そして御前崎から浜名湖まで何とか進みまして、21日渥美半島の伊良湖からフェリーで鳥羽に入るという計画をしておりましたが、この今回の神々とのやりとりの中で、今、実際に紀伊半島が動けば、いきなり東南海が動くということにはならない。動きは、前震になり、この前震は、仏像構造線、中央構造線、並びに活断層、活断層を刺激すると伝えられました。
紀伊半島を中心に、愛知、三重、滋賀、奈良、そして大阪、京都、岐阜、福井、近畿地方にある活断層を刺激する。それにより、それらの動きは、次に繋がる連鎖の前震となる。連鎖は、静岡、東海地方にまで遡り、長野、石川、富山、新潟、そして関東辺りの活断層や構造線、仏像、中央構造線、糸魚川・静岡構造線、柏崎・千葉構造線といった幾多の構造線やプレート、トラフ等、様々な場所に連鎖連動として繋がり、最終的には本格的な東南海・南海地震、南海トラフが動き、改めて紀伊半島沖、伊勢沖で東南海地震が起きる。この紀伊半島で起きた地震は、室戸岬から土佐湾、足摺岬、大分、佐伯、日向、宮崎、日南、志布志、九州まで下り、志布志、日南辺りでの琉球海溝と南海トラフの繋ぎ目、九州・パラオ海嶺との繋ぎ目、そして四国、近畿辺りではパレスベラ海盆、そして伊豆七・小笠原海溝、日本海溝と繋がってゆくと教えられました。
更にこの紀伊半島先端、そして伊勢湾沖で起きた地震は、伊勢湾から伊豆、関東へ繋がる。相模トラフ、伊豆七島、日本海溝、三重会合点と繋がり、関東から東北へ、日本海溝へと本格的な連鎖連動に繋がるということを教えられました。
この大きく繋がる要因として、私達のミロク殿本宮の下にミロク協友会という祈り人の団体を作っておりますが、その人達の行動があると教えられました。
ミロク協友会の方々と私自身が動いたものと併せて、今回の地震を完全回避するための仕組みのまず枠を作り、11月15日、沖縄でおこなう艮祭にて祈り100%回避する予定でございました。その為に、柏崎、糸魚川、能登半島の一番先端にあります禄剛岬を協友会で回り、私の方では浜名湖、御前崎、富士川河口、伊豆半島先端石廊崎、熱海、城ヶ島、東海第二原発、茨城、筑波、大洗、千葉県犬吠埼、九十九里浜、野島岬、埼玉、紀伊半島から鳥羽、伊良湖、そして富士川河口から上がり、長野の諏訪湖と何箇所かで祈り儀式をおこなってまいりました。
しかし、そうやっておこなってきた儀式の中で読み上げていた資料に間違いがあり、その間違いではきちんとした仕組みが作れないと教えられました。神々より起きると教えられた場所の活断層の名前や位置、都道府県、呼び名に間違いがあると、儀式の中で実際に仕組みを作った場所と異なることとなり仕組みがきちんと作れず、いくらそこで儀式をおこなっても噛み合わず、場合によっては地震を引き起こす場所すら出てくるということで、15日の儀式は中止、急遽16日に紀伊半島にまいりました。
実際これまでの数年間、十回と資料を確認しながらおこなってきたのですが、お恥ずかしながら儀式を読み上げるたびに注意を受け、修正、確認、修正、確認、修正を繰り返してきました。1回、2度ではなく、何十回と修正確認をしてもなお間違いが出てくる。今回の16日にも間違いが出てしまい、途中で私も妻も祈りが出来ない状態になり、一旦止め、東京を抑えてから改めて23日までに来るようにと1週間先延ばしとなり、東京に戻り海ほたるにて祈り儀式を行う予定でおりました。しかし、繰り返しの説明になってしまいますが、私が今回動いていない地域、新潟、柏崎、糸魚川、富山、そして能登半島先端、金沢、敦賀原発、そこから福井、ここでも原子力発電所を回り、京都、神戸から大阪、紀伊半島に入るようにと神々より指示されました。
ですが、そのような行程では到底23日には間に合わないと、神々とやりとりをしまして、今日1日かけて神々と折り合いを付け、儀式を行うため、ここでしばらくやりとりをし、一旦落ち着くところで落ち着いて、もう一度しっかりと計画を練り直し明日から動く予定にしております。
取り敢えず明日(19日)は朝一番に成田からの移動になりますが、那須岳へ向かいます。明日(19日)ホテルを6時、体調によっては8時位に成田を出て、那須に向かおうと思っています。そこから、犬吠埼に向い九十九里浜、野島岬、海ほたる、城ヶ島と同じ所を2度おこなう形になりますが、回りまして、熱海、石廊崎、駿河湾から御前崎、浜名湖、天竜川河口、伊良湖からフェリーに乗り、下船後、九州まで海岸沿いを進み南へ下るかもしれません。
元々は、北海道に上がる予定でしたが、今のところ南海トラフの方をしっかり抑えるという形になり、関東と東北の繋ぎ目から、東海、東南海、南海、そして九州との繋ぎ目をきちんと抑えるようにという内容を聞いておりましたが、今日、柏崎・千葉構造線、糸魚川・静岡構造線、仏像構造線、中央構造線といった場所を一旦収めるために、まず那須祈り関東のフォッサマグナを一時凌ぎ、そして柏崎・千葉構造線、糸魚川・静岡構造線の日本海側を抑えるように、そこはまだ私が今回の儀式で抑えてないためそこを抑えるようにとの指示でした。能登半島先端の禄剛岬と紀伊半島、本州の最北端と本州の最南端を抑える事。今回一度回ったところは、もう一度抑えなくてよい、他の場所を抑えると教えられました。

話が分かり辛いかもしれませんが、地震は、震源地から数百キロや数千キロ離れた所で大きく揺れる場合もあります。その場合、震源の深さは10kmから50kmではなく、100km~150、200kmといったとても深い場所の深さになることもあります。発生の時間もかなり時間がずれて発生し、時間がずれて起きる場合には、震源地の震度より遠く離れた場所の方が震度が大きくなる場合があります。震源地では震度5弱であったとします。震源の深さも数百キロ、数千キロ深い所の場合、500km離れた所で数分後、数十分後に地震が起きた場合には、震度6、7クラスが起きてもおかしくないとゆうこともあります。
今回の紀伊半島沖で地震が起きると、このような状況になるという事なのです。遠く離れた関東の栃木を中心に内陸部では起きる可能性があるという教えなのです。そこで中禅寺湖は先に抑えておりますが、那須周辺もきちんと抑えておくようにということなのです。そして以前に東海第二、犬吠埼、九十九里浜、野島岬は私がおこなってきたこともあり、新潟の柏崎、糸魚川、そして富山、能登半島に行くように、ここを優先すべきだという存在と、いや南海トラフが動くから太平洋側をもう一度、犬吠埼から九州、鹿児島まで太平洋側の海岸沿いを抑えておくべきだという存在がおり、意見が分かれやりとりが続いておりまして、今日はここをはっきりするために一日時間をいただきます。

地震は必ず揺れた所で起きて、ずれた所で動くとは限りません。かなり離れた所でも起きるし、逆に震源地よりも離れた所が大きく揺れるということもあります。そして一つの地震が起きると、断層のずれにしても、プレートのずれにしても、1回ずれるとこれまでお互いに押したり引っ張ったり、押し付けたり押し上げたり様々な方向にかかっていたエネルギーの均衡が崩れることによって、一気に幾多の方向へエネルギーがずれ、伝わる。そして。今年の年末に今年一年の最後の祓い清めを考えています。12月31日には宮でも行いますが、会場を借りて祈りを行い、1年の大厄祓いとそこに集まった人達の個人の厄祓いも含めておこないたいと考えています。その場に集まった人達の後押しも力を借り、この日本国の今年一年にあった全ての厄を祓い清め、来年に素晴らしい年を迎えるための祈りを日本国の首都である東京で行いたいと思っています。今のコロナの状況の中で本当に不信をかうかもしれませんが、今のこの状態だからこそ、コロナの消滅の祈り、国の政治の経済の安定の祈り、神々の力を借りて、皆の真心の力、祈りの力をもって、今年の全ての厄を祓い未来に進みたいと思っています。先に会場探しから始まり、実際に今、どれだけの人が集まるかも分かりませんが、私一人では何も進めることが出来ません。その祈りを成功させるために協力者を募る形になります。ボランティアでその儀式、会場をセッティングしたり、受付をしてくれたり、呼びかけをしたり、様々なボランティア協力をして下さる方を募ることにもなります。もう11月も2/3が過ぎようとした状況で、これから準備して実際に出来るか分かりませんが、取り敢えずそこを目指して頑張りたいと思います。いきなり思い付きで言っていると思っているかもしれませんが、思い付きではそういうことは出来ません。実際には、色々言ってくる存在がいまして、今年の日本国の厄祓いを東京と沖縄で行う形をとろうと思っております。
では今日儀式とゆうよりも、今後のやりとりを神々と行おうと思っております。そして今後の祈りの移動をどのようにするか考えていきたいと思っています。よろしくお願いします。
では今日は祈りではなく、報告という形でさせていだたきました。ありがとうございました。

以上

11月26日の地震情報
国内の地震
1.2020年11月25日18時54分ごろ 奄美大島近海 M3.3 震源深さ70km 最大震度1
2.2020年11月25日11時20分ごろ 茨城県南部 M4.3 震源深さ10km 最大震度3
3.2020年11月25日 3時11分ごろ 宮城県沖 M3.6 震源深さ50km 最大震度1

海外の地震は観測されませんでした。

現在の状況 **事務局より掲載しています。**

2020.11.26.11:52

11月26日10時

現在、北海道で儀式を行っております、比嘉良丸より連絡が入りました。


昨夜、舞鶴からフェリーに乗り、儀式を行いながら、21時に小樽港に着きました。
その間、儀式を行っている最中、若狭湾から能登半島を経て日本海側を北上しながら、小樽に入る際に、日本海で起きるといわれていた地震と、北海道西方沖で起きるといわれている地震が、どうしても起きるということで、特に日本海側は確実に起きるということで、もう一度、強く念を押せ、もう一度杭を打てと言われ、小樽から舞鶴まで一旦戻ることになりました。
また改めて同じ儀式を行います。
本日は北海道西方沖の地震を防ぐために、石狩川河口あたりまで向かって、そこで西方沖の抑えの儀式、地震の抑えの儀式を行います。
明日23時30分に改めて舞鶴に向かうフェリーに乗って同じ航路を戻り、舞鶴に向かいながら改めて強く阻止するための儀式を行います。
舞鶴に着いたら一旦、関西、奈良・大阪で儀式を行い、できたら大阪分祀社で改めて儀式を行ったのち、29日に沖縄に一旦戻ります。
沖縄の正殿にて私たちの主祭神のもとで、今回儀式を行った所をもう一度、総結びをし、もう一度沖縄でしっかり杭を打って、あらためて、また本土に上がるということになりました。
今日、石狩川河口まで行って儀式を行い、本来、泊原発は押さえたいのですが、たぶん、今回は泊原発、旭岳に行く時間はなく、とりあえず、日本海を抑えるために、明日23時30分に舞鶴に向かい、その間に儀式を行います。
29日20時に沖縄に戻り、沖縄でこれまでまわった所すべて結びを行った後、改めて12月5日あたりに本州に上がります。
その際にはあたらめて北海道になるとは思いますが、そこはもう一度沖縄で、どのようになるかわかりません。
今の予定は12月5日に上がり、あらためて北海道に行き、北海道から行って本州、青森に降りて鹿児島まで下るという儀式になると思います。
急遽儀式が変更になったため、このような儀式を執り行います。


皆様からの温かい後押しを感謝申し上げます。
厚く御礼申し上げます。
事務局

11月20日の放送より

2020.11.23.09:50

新暦11月23日(旧暦10月9日 かのえ 午 赤口)

いつも真心のお力添えありがとうございます。
大国ミロク殿本宮の比嘉良丸です。
現在は、日本海側を祈り回っております。

本日の掲載は、20日に祈りを行いました内容につきまして、掲載いたします。
この時の話の内容にございます、東京においての祈りの会ですが、現在、会場を仮予約をしまして、開催に向け調整中でございます。感染防止の配慮をしっかりとおこない、会を行いたいと思っております。つきましては、詳細が決まり次第改めご案内いたします。

また、ご協力いただけます方のご案内につきましても、ぜひ、お力添えいただけますようお願い申し上げます。こちらも同様に詳細が固まり次第、ご案内をしてまいります。

11月20日 成田の宿泊所より放送

皇紀2680年 令和2年 庚子の年 
西暦2020年 新暦11月20日 旧暦10月6日 己 卯 先負の日

祈りの前に
大国ミロク殿本宮の比嘉良丸です。
昨日(19日)成田にありますホテルから、千葉県房総半島先端、野島岬にまいりまして、そこで生放送を録りながら祈りをしようと思っておりましたが、外では風が強くて出来ずにおりました。取り敢えず野島岬の先端に向かうと、祈りよりも先に神々とのやりとりが始まりました。その為一旦車に戻り、まずはやり取りよりも祈りが出来るか、動画配信をして祈りが出来るか試みておりましたが、やはり、神々とのやりとりに入ることになりまして、結局、次の勝浦、九十九里浜では、神へ挨拶のみになり、野島岬にて犬吠埼と九十九里浜の神々とのやりとりをすることとなりました。野島崎が終わり犬吠埼に着いたのが8時過ぎ。野島崎でやり取りもありました事から、挨拶の祈りだけでもしようかと思い準備をしましたが、外がかなり風も強い状況だった事や長時間の運転をした結果、また足も攣り始めていた為、犬吠埼でも祈りではなく、神々とのやりとりに専念させていただきました。
犬吠埼では10時頃にやり取りが終わりまして、ここから次へすぐには動けず、戻ることにしまして成田のホテルに着いたのは1時を過ぎていました。しかし、23日までに能登半島の禄剛岬と潮岬を結ばなければならないという約束事があり、本当は今日(20日)はどうしても先に進みたかったんですが、どうしても体力がついていけず今回休みしました。この体調で、明日どこまで頑張って出来るか。出来るだけ長距離運転で居眠りせずに、集中して最後まで儀式を行えるように頑張ってみます。
今回、10月26日から11月11日まで儀式をおこない、沖縄に戻り、11月15日、沖縄本島で大祭を行い、そしてその翌日、大祭にての啓示に基づき、急遽16日、和歌山の先端、潮岬にゆき祈り儀式を行うことになりました。大変お恥ずかしい話ですが、数年かけて作った資料に間違いあるということで、もう一度出直す形になりました。その出直しての祈りに対して、関東を中心に両向かいのこれまでの太平洋側の各岬とこれからの日本海側、新潟、柏崎、糸魚川、禄剛岬を回り、結ぶ事が条件になり、現在に至っております。
何故このようになったかと言いますと、17日の夜中2時に紀伊半島先端潮岬の沖合、約10km辺りの海底で海底地震が起きるという教え、啓示がありました。それはマグニチュード6から6・5の間、震度にして6弱から震度7クラスが起きる可能性がある。津波は1m前後のものが発生するということを言われました。
しかし、この地震発生による被害よりも、次に控えている南海トラフによる東南海地震、南海地震、東海地震、関東沖、関東内陸部の関東大震災を引き起こす前震となると言われました。紀伊半島で地震が起きることにより、南海トラフだけではなく紀伊半島全体にある幾つかの活断層、沖縄本島の西にあります慶良間諸島辺りから続いている仏像構造線、九州から四国、和歌山を通って、本州、関東まで続いている長い構造線の中央構造線。それら大きな構造線や九州、四国、近畿にある途方もない数の活断層群、断層群といったものを刺激する。そして今は存在するとは言われておりませんが瀬戸内火山帯や白山火山帯、静岡の富士山も含め、富士火山帯や乗鞍火山帯、関東の那須火山帯、東北、北海道の鳥海火山帯といった日本列島各地にある火山帯。九州や四国、中国地方にある火山群、カルデラ、九州の巨大カルデラや四国の火山群、神戸などにある火山群、関東の火山群といったものを刺激する。ここの大地が動く事で影響が及ぶ様々な地形、大地の内部へ連鎖連動となってしまうと、南海トラフだけの連鎖連動でも先に起きた3.11を遥かに超える大震災になるという教えがありました。
そして今、関東の千葉、茨城を回っていますが、改めてこの地域が動けば、東北、関東、北海道まで連鎖連動が起きるということを言われております。そのような事が起きれば火山帯や活断層、火山やカルデラ、プレート、構造線が受けた刺激は、結局、北海道から本州・四国・九州・沖縄まで全地域への巨大な連鎖連動となり、日本全国にある巨大カルデラの噴火や地域によっては破局的噴火が起きる可能性があります。この影響は東京の伊豆大島から伊豆七、小笠原、硫黄までの地域にも及びゆく形になります。
警告として教えられている今回の地震が実際に起き、それが広範囲に及ぶ連鎖連動の前震となれば、その動きは九州・沖縄全域、四国から近畿、日本海、四国、中部地方、中国地方全域、近畿に及び、近畿から中部地方、太平洋側、内陸部、日本海側、関東、東北、そして北海道といった日本全国へ影響を及ぼし繋がってゆく事になります。各地の主要となる様々な地形の分け目分け目で大きく動き、連鎖し、繋いでいくという形になる為、連鎖しないよう、影響を及ぼさないように何とか回避したい為に回っております。

ここで皆さんにお願いがあります。この動画配信を見た方で、本当に祈りというものに、そして儀式というものに興味があり、参加賛同したいという方、協力したいという方がいたら、是非力をお借りしたいと思っています。火山や火山群等の細かい資料をきちんと調べる事やプレートにも海溝、海嶺、多肢多彩に亘り多くの種類があります。そういったものの資料を調べて纏める方。それと実際に、私の儀式を支えて下さる方。共に祈りをして下さる方。多種多様に協力を願いたいと思います。そして私が常に儀式を行えるようにご支援していだたける方も含めて、お力添えをお願いしたいと思っています。
今年、12月に、以前勉強会や個人祈祷で利用しておりました東京の両国国技館の近くにある施設が、もし借りられるならば、会を開催したいと思っております。コロナ禍の事もありますので、100人が集うスペースを借りて、実際の可能人数は約50人。本当はもっと広いスペースを借りたいのですが、民間の運営の為、かなり費用が高いのです。
この会場にしっかりとした祭壇を作り、これまでの状況と今後の見通しを少し話させていただきまして、今年一年、2020年、令和2年、皇紀2680年の一年間を通した全ての厄災、そして現在続いてる内容、自然災害、新型コロナ、そして経済、政治といった類を出来るだけ考えられる全ての分野に視野を向けて、まず一年の厄祓いを祈り、それから来年を迎えるための祈りを行いたいと思っております。
基本はお祈りが主体になります。祈り、儀式が主体となりますが、今回もし可能であるならば開催したいと思っています。コロナが第三波と猛威を奮い始めているのにも関わらず、開催するのかとお叱りを受けるかもしれませんが、このような時期だからこそ皆の力、祈りの力で、これで何とか最大限縮小したいと心から願い、その儀式を執り行いたいと思っております。
またこちらも実際に出来るか分かりませんが、11月24日は大阪辺りで、これまでの新型コロナ感染症で亡くなった方の供養の祈りを含め、様々な災害で亡くなった方々の全体的な供養の祈りも行いたいと思っております。急遽ですので、たぶん大阪分社で私と身内数人のみで動画配信にて祈りをするという形になるかと思います。その際には、録画放送ではなく、生放送で配信をしたいと思っております。こちらも可能ならば行おうと思っています。

さて、お力添えのお願いの話に戻りますが、現状11月17日の午前2時に起きると教えらえた地震は、取り敢えず24日の明け方5時までは先延ばしをしてる状況であり、23日までに禄剛崎と潮岬を結ぶという儀式をどうしても行わなければいけないのですが、今日(20日)本当に体調が悪く先に進めない状態にあります。だからといって、間を飛ばしていきなり那須や新潟の柏崎を中止して禄剛岬には行けません。今、火山の動き、プレートの動き、活断層、構造線の動きと様々な動きが絡み合い、九州、北海道、東北、関東、中部から近畿、中国、四国といった広範囲の至る所で大きく動き出そうとしていると教えられてきています。
ですから今、動いているのは、17日から先延ばしした和歌山県、紀伊半島先端の沖合いで起きる地震だけについての事ではなく、その他にも起きる可能性がある場所の杭を打つというか、連鎖を起こさない、単独で動かさない。影響無く動けるように、まずバランスを整えてから動いてもらうという形にしなければならず、体調が悪いからと省くことが出来ない所を回っておりますので途中を飛ばして先に進むことが出来ません。そして儀式を行うのに祈る資料が間違っていたら意味をなしません。儀式が成立しないというのでしたら、それはそれでまだいいですが、間違った内容の資料を読み上げ、意識して儀式を執り行ってしまうと、場合によっては逆にその場で地震や噴火などの厄災を引き起こしかねない状況にもなりかねないため、大変慎重になります。ですから資料は適当に作ればいいというものではありません。本当に何度も確認したのですが、それでも間違いがあるということを指摘されました。これまで何年もかけて作り上げ、何度も確認した上でおこなったにも関わらず間違いが出てくるということは、何度も同じ人がおこなうことで、結局、同じところで間違いを起こす可能性があり、人の目、耳、意識を変えないといけない状況にあるのかと思います。取り敢えず、多くの人達に資料作りや、共に祈り合わせを行ってもらえる人達だけではなく、本格的に祈りに参加したい人等、諸々の募集をかけて協力を願っていきたいと思います。どうか力添えをいただければと思っております。

祈りの主旨
今日(20日)は、本来那須岳にて、北海道から繋がる那須火山帯や北海道、東北、そして関東の火山の動きに影響を与える活断層、構造線なども含め連鎖連動、破局的噴火を抑える内容や自然災害回避、関東での新型コロナ感染症の完全撲滅、消滅の祈りも含め、儀式の中で行う予定でございましたが、今行えない状態であります。この後もこれら地域を祈りながら、今後の儀式の中で、間違いのないデータに基づいた中での儀式が執り行えるように心がけてまいります。昨日、本当に出来なかったその心の思いを残したまま、先に進めず、この成田から祈りをさせていただきます。ホテルの客室からで本当に申し訳ございませんが、祈りをさせていただきます。

まず、私の禊祓い、過去までに、前世、過去世に至るまでの全ての罪を清め、祓え禊祓いをさせていただきます。
禊最要神通自在心源清浄祓願詞を奏上

大祓いの祝詞の奏上前に
今、この世に猛威を奮い、また第三波として日本各地の大都市圏から猛威を奮い始めております新型コロナ感染症、その拡大を出来る限り早く収め、完全にこの世から消滅し、滅し致していただきまして、多くの人達の未来、命を救い賜りますことを願い祈り申し上げます。
このコロナ感染症の恐ろしいのは、単に流行り病、インフルエンザと違い、医療、全ての機関でのパニックを起こし、医療や各地の様々な分野で混乱がおき、医療崩壊、事業の縮小、倒産、就職難だけではなく、社員の解雇などが相次ぎ、経済に対して途轍もない混乱が起き始めております。一日も早い、経済の復興とこれらの改善も含めて、この日本という国を本当に守らなければなりません。どうか一日も早くこの新型コロナ感染症が消滅するよう、願い祈り申し上げます。
それと同時に、経済の復興、発展、我が国、日本国の繁栄をもたらしいただきまして、この日本という国が世界をリードし、政治経済をリードし、世界のミロクの世、平和の世を創るための礎を作る国として、国民として、神々の御力によって、神愛、神力、神光、神の光にて導きいただきまして、神の子として、地球に役立つ人々としてお遣い下さるようお願い申し上げます。
そして自然界に起こる全ての天変地異を、厄災を無難にし、未来に本当に心から晴れやかに、安らかに、全て平等に、日々暮らし生活営みが不安なく、恐れなく、心安らかに、心安く、至福に満ちた幸せと、笑い福徳の日々の中で、心から幸せを感じ、心から喜びを味わい、その味わった喜びを心、体全体で表現出来るぐらい、素晴らしい日々を暮らすことが出来るよう、見守り、導き、そして与え下さりますようお願い申し上げます。
それを願い、それらを全て無にしてしまう厄災、災いを、そして災い為すものを祓い清めるため、大祓いの祝詞を奏上させていただきます。
(祝詞奏上)

祈りの後に
今回、本来なら那須岳の近くにて祈りをするべきではございますが、今日、本当に体調が思わしくなく、少しでも明日に繋げることが出来ればと思い、この場にて奏上を述べさせていただきました。全て祈りを奏上すること出来ませんでしたが、どうか我が願いを聞き賜りまして、明日から確実に出来ることを精一杯頑張らせていだきますので、どうかどうか最後の最後まで望みを、私達に望みをおかけいただきますよう、どうか心から願い祈り申し上げます。
本当にありがとうございました。

以上

最後に、来年新年の御守りのご予約も近日中に開始いたします。
皆様の一年の御健康、御幸福を祈願いたしまして、ご好評いただいております、その年、御一人御一人への御言葉もお届け致します。
こちらのご案内も準備が整い次第ご案内してまいります。

比嘉良丸
比嘉りか

11月19日 犬吠埼にて
11月19日 犬吠埼にて

11月20日 成田にて
11月20日 成田からの放送

11月21日 那須岳麓にて
11月21日 那須岳より

11月22日 禄剛岬にて
11月22日 禄剛岬より

コロナ状況

データ更新 11月23日 午前0時00分
累計感染者数 133018(+2166)
累計死亡者 1987(+7)
(累計回復者数)111867(+912)
(要入院・療養者数)19164(+1247)

11月23日 コロナ状況
※クリックすると少し大きくなります

関連記事
※続きをクリックすると掲載記事へ移動します

11/22(日) 22:33配信
コロナ重症者323人「第1波」の最悪に迫る 死者累計2000人超す
新型コロナウイルスの感染再拡大に歯止めがかからず、全国の重症者数が21日時点で323人に上り、過去最多だった第1波(4月30日、328人)に迫っていることが22日、分かった。。。続き


11/22(日) 15:16配信
北海道で245人感染 旭川で過去最多 累計感染「7000」超
新型コロナウイルスの感染者が22日、北海道内は245人であることがわかりました。5日連続の200人超えです。。。。続き


11/22(日) 18:44配信
「欧州、来年初めに新型コロナ『第3波』の可能性」=WHOが懸念を示す
世界保健機関(WHO)は、欧州における新型コロナウイルス感染症の「第3波」が、来年初めに本格化する可能性があると予測した。。。。続き


11/22(日) 12:07配信
首都直下で震度7想定し訓練 新型コロナ感染対策も
新型コロナウイルスの感染が拡大するなかで首都直下地震が起きたらどうなるか、それを想定した大規模な訓練を東京都が行いました。。。。続き


11/23(月) 1:33配信
すべての人のワクチン接種へ「いかなる努力も惜しまない」 G20首脳宣言
日米中など主要20カ国・地域(G20)は22日夜、前日に引き続きテレビ会議形式で首脳会議(サミット)を開いた。会議では、欧米を中心に新型コロナウイルスの感染拡大が再び深刻化する中、すべての人々がワクチン接種などを安価かつ公平に受けられるよう「いかなる努力も惜しまない」ことや、世界経済回復のため「全ての利用可能な政策手段を用いる」ことなどを盛り込んだ首脳宣言を採択し、閉幕した。。。。続き


11/22(日) 20:49配信
オランダの養鶏場で鳥インフル、約19万羽を殺処分
【AFP=時事】オランダ農業省の22日の発表によると、国内少なくとも2か所の養鶏所で感染力の強い鳥インフルエンザの発生が確認され、当局が鶏およそ19万羽を殺処分した。。。。続き

現在の状況について

2020.11.22.12:00

新暦11月22日(旧暦10月8日 大安 つちのと 巳)

いつも真心のお力添えありがとうございます。
大国ミロク殿本宮の比嘉良丸でございます。

先日、成田から野島岬、九十九里浜、犬吠埼、成田と移動し、昨日、成田、那須岳、昨晩、柏崎刈羽原発を祈り、儀式をおこなってまいりました。

昨日成田を出発し那須岳の麓へ向かいました。数年前、那須岳の麓の知人宅に神の依り代として土偶を埋めまして、そこを神の聖地とした場所があります。依り代とした土偶は、青森県五所川原にある夢の温泉の主人の柴谷さんという方が手作りで作っている物になります。今回は、そこに参りまして御神事をさせていただきました。
現地では、かなり風が強かった為、動画配信をおこないましたが、音声がしっかりと撮れているのか不安ではありますが、現地での様子は、youtubeに掲載する予定でおります。祈りの内容も協力者の方に書き起こしていただきまして、こちらも改めてブログに載致します。
那須岳麓での祈りは、約2時間近くとなり、終了後は、新潟県の柏崎刈羽原発へ向かい、夜となりましたが、原発の小難無難の祈りを行いました。かなり夜遅くとなりました事や、ここまでの移動距離、時間が長かった為、祈りの後、少し休憩をとりまして、柏崎付近にて宿泊しました。柏崎刈羽原発終了後に、糸魚川まで行きたかったのですが、成田から栃木の那須、そして、新潟の柏崎刈羽原発への移動時間だけでも8時間近く掛かかった事や外での祈りで、少し体調がきつくなった為、宿を取りました。本日、朝早く 宿を出まして糸魚川で祈り、今、石川県の能登半島先端・禄剛岬へ向かっております。

今日の予定は、繰り返しになりますが、糸魚川河口を行い、石川県の能登半島の禄剛岬、石川県の志賀原発、福井県の敦賀原発、ふげん、もんじゅ、美浜原発と進みます。しっかりと一つ一つの場所にて祈りをおこないたいのですが、大変申し訳ございません、この後の場所に日付指定がある事や福井県の原発は、近隣にかなり密集していることからも、神々からの指示があった場所で、まとめて祈りを行います。そして、福井県の原子力発電所を終えた後、一気に和歌山県の紀伊半島先端の潮岬に進みます。ここは神々から期限指定がありまして、明日(23日)までに儀式をおこなわなければならない為、急ぎ移動してゆきます。
今回11月15日宮の大祭にて伝えられ、翌16日、沖縄から急遽大阪へ入り、紀伊半島先端の潮岬へゆき、祈り儀式をおこないました。そして、大阪から飛行機で関東へ移動し、私は、成田を拠点として千葉県の房総半島先端・野島岬から始まり、海岸沿いを東へ北上し、勝浦、九十九里浜、犬吠埼と儀式を行い、一旦、成田へ戻り、那須へまいりまして儀式を行いました。以前より何度かお伝えし続けております、関東における地震回避の祈りも今回の御神事に加えております。一昨年からこの関東での地震は、発生ぎりぎりのところで抑えております。今回まず、神奈川県横浜、茨城県の内陸の方での地震を抑えてゆき、柏崎千葉構造線、中央構造線、仏像構造線、そして、関東内にあるフォッサマグナ、その内にある那須火山帯、富士火山帯を抑える儀式となります。そして 明日、潮岬にての儀式祈りをおこなうことで、能登半島先端、紀伊半島先端、伊豆半島先端、三浦半島先端、房総半島先端を結ぶことになります。東と西の要、中心となる仕組みを作り、太平洋側のプレートからの連鎖連動を内陸部に繋がることを抑える一連の儀式となります。
日本海側においては、数年前、2007か2008年の時、私は急遽石川県に飛び、そこから 石川県、新潟県を御神事して飛び回った事があります。その時も、急遽地震が起きるという啓示が教えられての事でした。一通り儀式が終わった直後、石川県と新潟県にて地震が起き、新潟県では、柏崎刈羽原発において放射能が漏れた事故まで発生しました。それは、記憶に新しいかと思います。今回、その時の地震の再来が新潟から起きるという啓示あり、それに基づきまして、地震を抑える為の今回の儀式でもあります。

一通りの儀式をおこないました後、24日に改めて大阪から祈りを行いたいと思っております。内容としては、日本列島の自然界の厄災回避、新型コロナ感染症の拡大の鎮静、経済の安定、政治の安定の祈り儀式をおこないます。この時、可能であれば録画放送ではなく、現地からの中継配信にて儀式を行いたいと思っています。この24日の大阪での祈りをおこないました後、改めて糸魚川・静岡構造線をもう一度しっかりと結ぶ為に 富士川河口まで一気に行き、祈りをおこないまして、戻りながら浜岡原発、天竜川、浜名湖、そして、伊良湖と祈り儀式をおこなってゆきます。そこから今度は、四国へ移動しまして、四国の東海岸沿いから儀式を行ってゆく予定としております。この四国までは、変更なしで儀式を執り行います。これまで何度か、儀式の途中、神々とのやり取りで儀式の方向を変えることが多いのですが、今回は、四国までは変更なしで儀式を執り行うことになります。

24日の大阪での祈りにおきましては、皆様にはできるだけ御賛同していただけますよう、真心からの願い祈りの後押しをお願い致します。
並びに、大変厚かましいお願いではございますが、私が、これら一連の祈り儀式を執り行う事が出来るよう、私に儀式をおこなわせていただけますように、どうかご支援いただけますよう、何卒宜しくお願い申し上げます。

比嘉良丸

* 追伸 *
本日、変更は無しという事で、上記の内容をお伝えしましたが、現在、神々とのやり取りで改めて変更が出るような話し合いになってきております。先日、他界した弟の自宅整理を終えた妻が沖縄に戻りましたが、再度妻を呼び、同行する話が出ております。
話し合いが決まりましたら、改めまして掲載いたします。

今回の行程
11月21日と22日の行程図
※クリックすると少し大きくなります

21日の地震
国内の地震
1.2020年11月21日21時06分ごろ 石川県能登地方 M3.0 震源深さ10km 最大震度1
2.2020年11月21日14時44分ごろ 岩手県沖 M3.4 震源深さ40km 最大震度 1
3.2020年11月21日 7時20分ごろ 宮城県北部 M4.1 震源深さ100km 最大震度2
4.2020年11月21日 3時01分ごろ 岩手県沖 M4.4 震源深さ30km 最大震度2
5.2020年11月21日 2時54分ごろ 日向灘 M3.1 震源深さ30km 最大震度1

海外の地震
1.2020年11月21日 11時11分 チリ中部 M5.6 震源深さは記載されていません

コロナ感染症状況

データ更新 11月22日 午前0時00分
累計感染者数 130852(+2594)
累計死亡者 1980(+12)
(累計回復者数)110955(+1093)
(要入院・療養者数)17917(+1489)

11月22日 コロナ
※クリックすると少し大きくなります

関連記事
※続きをクリックすると本文へ移動します

11/22(日) 3:04配信
新型コロナ 国内感染者13万人を超える
21日、全国で新たに2590人の新型コロナウイルスへの感染が確認され、国内の感染者数が13万人を超えました。
今月17日に12万人を突破してから13万人に達するまでは、わずか4日で、「第2波」に見舞われた8月上旬を上回るスピードで、感染が急拡大しています。。。続き


11/22(日) 2:21配信
一日の新規感染者、初の19万人超え 米国
アメリカの新型コロナウイルスの1日あたりの感染者数が、初めて19万人を超えました。。。。続き


11/21(土) 18:21配信
海外から到着の20人感染
厚生労働省は21日、海外から羽田、成田、関西の各空港に着いた20人が新型コロナウイルスに感染していたと発表した。。。。。続き


11/20(金) 9:12配信
WHO、レムデシビル不使用を勧告 コロナ患者に効果実証されず
【ベルリン時事】世界保健機関(WHO)は20日、日米などで新型コロナウイルスの治療薬として承認されている抗ウイルス薬「レムデシビル」について、症状の軽重にかかわらず新型コロナ患者には使用しないよう勧告した。
。。。。。続き

現在の状況 **事務局より掲載しています。**

2020.11.20.10:32

11月20日9時

現在本州で儀式を行っております、比嘉良丸より連絡が入りました。

昨日は成田のホテルから房総半島先端、野島岬、勝浦から九十九里浜、そして犬吠埼と祈りをしてまいりました。
当初、野島岬では祈りを動画配信で行う予定でしたが、野島岬でもやり取りが始まり、そのまま勝浦、九十九里浜では挨拶だけで、犬吠埼でまとめて立会して、やり取りを行うということでしたので、挨拶だけで犬吠埼の方に向かいました。
約5時間くらいかけて犬吠埼の方につきまして、一旦、かなりきつい状態になっていましたので、犬吠埼灯台だけ少し動画配信で流しながら、これから神様とのやり取りを行うというだけの趣旨を放送して、やり取りに入りました。
約3時間半くらいでやり取りが終わって、22時頃終わり、そこから30分くらい体を車の中でほぐしながら、ホテルに着いたのが夜中の1時前くらいでした。
そのやり取りが終わった時点で今日(11月20日)、一日体を休めることに専念しますということをブログに上げるように指示し、今日は体を休めることに専念したいと思っておりました。
しかし、どうしても那須に行けなかったことが心残りで、今日の14時から録画をしながらお祈りをいたします。
動画は生配信ではなく、録画を一度確認してもらい、少し校正をかけたものを改めてアップいたします。
明日あたりに校正した動画を配信する予定ですので、どうかご視聴をお願いいたします。

皆様からの温かい後押しを感謝申し上げます。
厚く御礼申し上げます。
事務局

11月16日 和歌山潮岬にての御神事より

2020.11.20.08:30

新暦11月20日(旧暦10月6日 ひのと 卯 先負)

いつも真心のお力添えありがとうございます。
大国ミロク殿本宮の比嘉良丸、比嘉りかです。
本日は、先日急遽本州へ上がり、儀式をおこないました和歌山の潮岬にての御神事の様子を掲載いたします。

現在は、体調的な事から少し休養を入れさせていただいております。神々様と相談しながら、今後の御神事も確実にしっかりとおこなってまいります。

いつも皆様の真心のお支え、本当にありがとうございます。

比嘉良丸
比嘉りか

11月16日 和歌山県潮岬にて

皇紀2680年 西暦2020年 令和2年 庚子の年 
新暦11月16日 旧暦 10月2日 癸亥 大安の日となります

良丸氏
今(16日)和歌山県紀伊半島先端の潮岬に来ております。この場所は本州の最南端に当たる場所で、今日ここに祈りにまいりましたのは、明日(17日)夜中の2時にこの潮岬沖合い10kmにて海底地震が起き、津波が1mから2mの間。実際には1m少しの津波の発生と、マグニチュード6から6.5の間の地震、震度にすれば震度6弱から6強、場所によっては7クラス。震源地からの周辺は震度7、少し内陸部に入れば震度5強から震度6強の範囲で地震が起きると伝えられた為、この啓示の回避の為に参りました。
今回この儀式を行う前に、愛知県出身と大阪の方が、儀式を行いました。まず大阪に入り、大阪から京都の鞍馬山、奈良の藤原京、その後、和歌山を回り、中央構造線、仏像構造線をに対して小難無難の祈りをおこない回り、この潮岬から玉置神社といった場所を回ってまいりました。そして鳥羽から愛知の伊良湖に渡る際には、神島を拝みながら伊勢湾の入り口、紀伊水道を祈り儀式してまいりまして、天竜川から遡り、諏訪湖までゆきました。
そして奈良に住んでいる方が、茨城、鹿島、香取、犬吠埼、千葉まで回り、新潟にいる方が新潟、柏崎・糸魚川、そして能登半島先端禄剛岬と回り、諏訪湖にて全員が終結し儀式を行いました。
日本列島の東西南北、東日本・西日本、そして本州の最北端・最南端と儀式を行い、諏訪湖で結んだ意味は、この地に前震が起きることにより、柏崎構造線や糸魚川構造線、仏像構造線や中央構造線、そして火山帯や活断層が刺激されて連鎖連動が起き、その後に本格的な南海トラフが動く。そのことにより、日本列島、東は北海道・本州、北海道まで、西も本州・四国・九州・沖縄まで、大きく連鎖連動し火山の噴火、プレートの動き、活断層のずれが連鎖連動で起きる。この前震は完全に抑えなければならないという啓示で儀式を前倒し、計画を立てておこないました。
この儀式を行うことによってミロク協友会の方々が今後、ミロク殿本宮の宮を使っての儀式を行うことを認めてもらい、以降も儀式をさせていく流れも含めて準備しておりました。艮祭りにては、この一連の儀式の最後の祈りをし、今回の地震を100%回避し、そして今後の儀式を重ね確実に一つ一つ抑えていく予定で儀式を行っておりましたが、昨日、神からお叱りを受けました。奏上した日本の人口の資料が間違っているとの教えがありました。それと古いとゆうことと、人口の数字も間違っている場所がある、地名も違っている。活断層にも間違いがあると、かなり強くお叱りを受けました。儀式の中で読み上げる資料は間違いがあってはなりません。この資料を読み上げて儀式を行う際に、そこに間違いがあると仕組みに狂いが生じ、地震を抑えるのではなく、地震を引き寄せる原因にもなりかねないと、かなり強いお叱りを受けました。
その為、これを補うために今日(16日)急遽沖縄からこの和歌山の紀伊半島潮岬にまいりまして、儀式を今日(16日)の0時、24時を超えないように、今日の23時30分ぐらいまでには確実に儀式を終えるように神々と話が進み、この潮岬にて儀式を行うことになりました。本当にぎりぎりのところで、0時を過ぎないように儀式を行ってまいります。
それではまず、ミロク殿本宮の代表をさせていただいております比嘉良丸、子年生まれ。そして私の妻になりますが、ミロク殿本宮の斎主になります比嘉りか、子年生まれ。そして大阪分社を守る松枝良和、丑年生まれ、大阪分社を守る護り人として、今はミロク協友会の一員として今日この地に参加しております。そしてこの儀式を行う前に、この地を巡り回った本人でもあります。私共と共に沖縄にて4人の方が、日本の全国の資料を読み上げます。そしてこの和歌山の現地では私の妻が活断層、構造線、プレートを読み上げます。
それでは儀式の方に入らせていただきます。入る前に、全ての人の禊祓願詞を奏上させていただきます。

禊祓願詞、天下斎庭願詞の奏上、降神の儀、大祓詞の奏上
各種資料、人口の読み上げを同時に行う


(良丸氏)
今回のこれまでの儀式にて、神のお力をもって、今日、明日と起きるこの世の大災いを祓い清め賜りますことを願い祈り申し上げます。この地の沖合い、10kmにて海底地震が起き、マグニチュード6クラス、震度にしては大きい所では震度7クラスが起きる可能性がある。津波も1mクラスの津波が発生すると言われております。これは東南海地震ではなくそれの前震となるもの。そしてこの地震が起きると日本列島、東に西、東海岸沿いから西海岸沿い、本州内部にあるプレートや活断層、構造線、火山といった多くの連鎖連動に繋がる緩みを作り、本格的な東南海地震と南海トラフが動くこととなり、本当に末恐ろしい連鎖連動が起きてしまうという啓示に基づいての儀式でございます。どうかこのような災いの本種を決して起こすことなく、確実に、確実に回避し無難にしていただけますようお願い申し上げます。
一切の地震、噴火、決して、決して明日、午前2時、神から伝えられている災害が確実に回避し、次の時代へ善き未来が繋ぎゆくことを願い、本当に心から願いこの地にまいり祈っております。私共、至らぬところはたくさんありますが、確実に一つ一つ神から言われた儀式を執り行いながら、この地の自然界の天変地異の無難、回避、そして新型コロナ感染症のこの世からの消滅、経済政治の安定を願い、この日の本日本の栄え、繁栄、安定、安泰、この世の世界の礎を守り、世界の平和を創るために儀式を執り行っていきます。確実に一つ一つ執り行ってまいります。どうか、どうかこの願いを聞き賜り下さいますことを、神々に強く強く、平にお願い申し上げます。どうか願い賜りますことを、聞き賜りますことをどうかどうか願いまして、叶え下さりますことを願い祈り申し上げます。
今日この日が終わりますと、明日関東に飛びまして、1日車の整備を終わらせた後、今一度富士川河口に行き海ほたる、那須岳から新潟、柏崎、糸魚川、そして富山、石川能登半島先端禄剛岬、志賀原発、金沢港から北海道へ上がる儀式をおこなう予定で移動します。一つ一つ確実に儀式を執り行いまして、確実な、儀式が成功するよう、私自身の健康と安全を守り、確実に一つ一つ儀式を行うために、導きくださいますよう願い祈り申し上げます。確実にその場その場の儀式を心込めて、想いを込めて行ってまいります。どうか確実に、確実に、我が願い叶え賜りまして、この世から新型コロナ感染症の消滅、政治経済の特に経済の安定、戦に繋がるその政治の混乱、近隣諸国の軍事緊張といった諸々のこの世の厄災をもたらす全ての本種。自然災害の全ての天変地異の本種を回避し、ミロクの世を作る礎を作るため、一日一日確実に儀式を行ってまいります。どうかどうか私の願い聞き賜りまして、叶え下さることを願い祈り申し上げます。
どうか我が御親、宇宙創成陰陽母大神様、宇宙創成陰陽父大神様、宇宙創成陰陽結び大神様、宇宙創成核大神様、我が願いとしまして、今、沖縄と和歌山の紀伊半島の先端とを通信にて結び儀式をおこなっておりますが、殆ど沖縄の人達の声が聞こえず、儀式になりません。昨日、この地域の神々をその地に、神結びをしております。改めて沖縄の人達を最初から祭壇に向け、日本全国の人口を読み上げさせますゆえ、この地と結びとさせていただき、儀式がきちんと成功となるよう仕組みを組み立てていただけますことをお願い申し上げます。
本来、もっと早くこの地に来て、神が言うように早い内に儀式を終わらすべきではございますが、周りが暗くなり、祈りの資料の文字もはっきり見えない状況の中で儀式を執り行いました。今日、そして明日2時に起きる地震、その地震だけは確実に回避していただけますことを願い祈り申し上げます。
どうかこの願い聞き賜りまして叶え賜り、この地の無難、そしてこの世に住む人達の命救い賜りますことを願い祈り申し上げます。どうか全ての人々の命、そして人生をお守り下さりますようお願い致します。

以上

11月16日 和歌山県潮岬での動画
和歌山潮岬

現在の状況 **事務局より掲載しています。**

2020.11.19.22:53

11月19日22時

現在本州で儀式を行っております、比嘉良丸より連絡が入りました。

先ほど、犬吠埼での祈りを終えました。夜中までかかりそうでしたが体がきつく、明日予定しておりました、栃木県の那須、新潟の柏崎、糸魚川構造線は延期し、明日は体を休めることといたします。

皆様からの温かい後押しを感謝申し上げます。
厚く御礼申し上げます。
事務局

現在の状況 **事務局より掲載しています。**

2020.11.18.21:04

11月18日21:00

現在、移動中の比嘉良丸より連絡が入りました。
今後の儀式について、神々様と話し合い、決まりました日程をお知らせいたします。

■19日(木)
千葉・野島岬 動画配信予定
千葉・九十九里浜*
千葉・犬吠埼*
*通常の儀式とは異なり、神々様とのやり取りを行いながらの仕組みづくりのため動画配信は致しません。

■20日(金)
栃木・那須 14時ごろから動画配信予定
午前中に那須岳での祈りを済ませ、午後は那須岳から少し離れた場所より配信を行います。
その後、新潟・柏崎、糸魚川へ向かい、構造線に対する祈りを行います。那須での儀式に時間がかかりますので新潟到着は夜になると思われます。
ここでも祝詞を奏上する通常の儀式とは異なるため、動画配信は致しません。

■21日(土)
富山・禄剛崎
能登半島先端にて、本州の最北端の祈り、その後、志賀原発へと向かいます。

■22日(日)
和歌山・潮岬
本州最南端の祈り、そして最北端の禄剛崎との結びを行います。神からは24日24時までに儀式を行うようにと言われております。
南海トラフが動けば、東南海から西日本そして東日本へと連鎖連動し、フォッサマグナ内にある火山や火山帯、中央構造線、仏像構造線、糸魚川-静岡構造線、柏崎-千葉構造線をはじめとするすべての構造線や、活断層を刺激してしまいます。
これらを抑える儀式を行った後、太平洋に沿って、富士川河口、浜岡原発、御前崎を祈って参ります。
そして、戻る形になりますが太平洋沿いに九州へと車を走らせ儀式を行う予定ではございますが、この九州での儀式を12月中に終えられなければ途中でも北海道に飛び、旭岳を抑える儀式を行わなくていけません。来年は北海道から儀式をスタートするという流れになります。

さて、ここでお知らせでございます。
世間では新型コロナウィルス蔓延の折、あらゆる集会が自粛の中、あえて「大国ミロク殿本宮」主催の祈りの会を東京にて催したいと考えております。
ひんしゅくを買うかもしれません、お叱りもあるかもしれません、ですが、このような時期だからこそ、新型コロナ完全終息の祈りと政治経済安定の祈りをしっかりと行いたいと思います。
そしてお集まりくださいました方々の、2020年に起きたすべての厄災を祓うという意味合いもございます。
諸事情があり、まだはっきりとしたことは申せませんが、可能でしたらボランティアでお手伝いくださる方を10名程度募集させていただく予定です。

それでは、本日放送いたしました動画をご覧ください。
https://youtu.be/KxEANei1mk4
書き起こしが出来次第、追ってこちらに掲載をいたします。

事務局
代理掲載

11月11日の動画配信より

2020.11.18.08:30

新暦11月18日(旧暦10月4日 きのと 丑 先勝)

いつも真心のお力添えありがとうございます。
大国ミロク殿本宮の比嘉良丸です。
本日は、11月11日、沖縄に戻る前に放送をいたしました内容を掲載いたします。
ご一読いただけますと幸いです。

比嘉良丸

********

皇紀2680年 令和2年 庚子の年 
西暦2020年11月11日 旧暦9月26日 戊 午の日

祝詞奏上前の言葉
昨日、海ほたるにて東京湾から東京方面に向かい、自然災害、天変地異の祈りと新型コロナ感染症の縮小、そして経済回復の祈りを行う予定でおりましたが、やはり足に痙攣が起きるというアクシデントにみまわれ途中中断したため、改めて今日、沖縄に入る前に祈りをさせていただきます。
まず昨日も読み上げましたが、東京都62市区町村の人口を読み上げさせていだきます。人口を読むことによって、各地域の平安、平穏、安定を願います。本来なら東京及びその周辺の神奈川県、埼玉県、千葉県、最低それだけの県の人口を読み上げたいのですが、今回は東京のみとさせていただき、今日沖縄に戻った後、正殿から改めてしっかりと祈りをしたいと思っております。
では、東京都人口、2019年10月の段階での人口となります。1394万2856人。東京都の人口が多い順に読み上げさせていただきます。

祈りの主旨
本来でしたら関東全域の東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬、山梨までは読み上げないとならないと思いますが、こちらも沖縄に帰り、改めてしっかりと読み上げましての祈りをさせていただきます。
先ほど申し上げましたが、今回、自然災害の天変地異の小難無難と新型コロナの鎮静化、そして経済の安定、政治の安定に対しての祈りを行う予定でございましたが、昨日は私の体調不良のため途中で中断してしまいました。その為、本日、沖縄に戻ります前にこのホテルの客室からではございますが、動画配信にての祈りをさせていただきます。

禊祓願詞を奏上する前に
まず私自身の禊、清めを行った後、祈りを、この世の中の大祓いと、この世の中に至福、大祓いと、そしてみんなが自らの役割を果たすために御霊正進、そして全ての人に至福がもたらされるようにとゆうことで、その祈りをさせていただきます。
(祝詞奏上)

天下斎庭祓詞、大祓の祝詞、御霊正進救誓詞、至福の祝詞、氣味が代、大神大意明光照頂一念未生教祝詞の奏上

祝詞奏上後の言葉
どうかここに立会いする全ての神々様、今日、天下斎庭にてこの地、我が主祭八神の神々と共に、大和の国八百万の大神達、外国の八百万の大神達共々、調和和合いただきまして、この地、この日本の国、日本国の首都である東京、その東京から全世界の平和と進みますように。また全世界のいかなる天変地異も無難、回避となりますように。そして新型コロナ感染症が1日も早く縮小消滅となりますと共に世界の経済の安定、政治の安定が訪れますように。そして、平和の世を、ミロクの世を創るその発信の地として、どうか守り導き賜りますことを願い祈り致します。そして、この日本国家が世界へミロクの世を創る為の礎を作る御光、御力、御神光を賜りますことを願い祈りまして、この祈りを終わらさせていただきます。

ありがとうございました。
今日(11日)これから沖縄に戻ります。その後、着いた日は少し休ませていただきまして、明日より、日本全国、北海道から本州・四国・九州、北海道、青森、秋田、岩手、宮城、山形、そして福島、新潟、茨城、栃木、富山、群馬、千葉、埼玉、山梨、神奈川、千葉、東京、そして静岡、長野、石川、福井、岐阜、愛知、そして三重、和歌山、奈良、兵庫、大阪、京都、滋賀、岡山、鳥取、島根、広島、山口、徳島、香川、愛媛、高知、福岡、佐賀、長崎、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄と47都道府県に対して毎日儀式を執り行ってまいります。
11月15日は艮大神様、艮光明大神、艮金神大神様の神開きをいたしました誕生祭となる艮祭り。その大祭を行った後、沖縄での全国を結ぶ仕組みの祈りを行った後、20日頃、成田に入りまして、車を一日整備のために預け、整備を終わった後、まず、海ほたるから儀式を再開させていただき、その後、まず那須岳へまいります。ですが、今のところやりとりでは栃木那須岳の後がはっきり決まっていません。
新型コロナ感染症に関しましては数年前に、もう年の暮れの暮れに日本列島の最北端、そこにあるノシャップ岬の朝日の祈りの際に、精霊達によって「我々は動く」と伝えられました。それは感染症を拡げるという話でございました。そこで2年間何とか抑えてきたつもりですが、昨年の10月、警鐘、警告として感染症が流行りました。これにつきましては中国の細菌兵器だとか様々な事が言われます、それはそうかもしれません。しかしその感染症を拡めた意図は、自然界の精霊達の想いによるものと理解していただきたいと思います。
そして新型コロナ感染症に対する御神事をするならば、まずは北海道からおこないます。自然災害、天変地異をに対する御神事については、改めて関東を巡った後、いきなり九州に渡れと言ってくる存在や、東北、日本海や四国、紀伊半島を回れという存在もあります。確かにそれら全てが危機に面している重要な場所です。新型コロナにしても、自然災害の天変地異にしても、経済にしても、政治の混乱にしても、近隣諸国との国家関係にしても、全てのことが本当に油断ならない時期に来て、どこが先と言われても、全て真っ先にしないといけないことでございます。しかし私は肉体が一つしかありません。一気に5ヶ所も6ヶ所も行くわけにはいきません。1ヶ所1ヶ所行きながら、そこで一つ一つしっかり祈りをする、儀式を行うしかありません。
取り敢えず沖縄で引き続きの儀式を行いながら、場所をきちんと定めた上、まず約束をした海ほたるから今度は内陸部、千葉、東京、埼玉、神奈川、そして静岡、山梨、群馬、栃木、茨城に向けての関東、一部中部地方にかけての祈りを行い、栃木、那須岳まで行き、その後、沖縄で行く場所を決めた場所から動きます。
今のところは北海道を巡り、その足でいったん東北、青森から岩手、宮城と回りたいと思っておりますが、沖縄に帰って数日儀式を行いながら、神々とやりとりをおこない一番いい儀式の流れを定めて、20日に本州に戻ります。入ってすぐに一旦車の整備の為に20日に車を預けます。その間はレンタカーを借りまして、海ほたるの御神事。翌日車を受け取り、栃木の那須岳に向かい、その後の御神事を進めてゆくという計画でおります。
今回10月26日から上がり、昨日11月10日までの御神事を行った総移動距離は、26日から10日までの14日間、約半月で27,300kmに達しました。半月で27,300kmの移動となりました。これからまた一日一日の距離がもっと伸びてくるかもしれません。ただ一つ一つ日にちをかけながら儀式をしっかりおこなってゆきます。以前は、一日で何千キロ、1,600kmを一日で移動するという時もありましたが、今回は出来るだけ1ヶ所1ヶ所に時間をかけてしっかりお祈りをしながら移動する形となります。沖縄に帰っている間にもう一度体調を整えて、本土に上がります。今回は、1日儀式を行っては体調を崩し休んだりという状況になりましたが、そういうことがないように、体調を整えて、今度は万全の形で上がっていきたいと思います。
今日はありがとうございました。

*以上*

11月10日の御神事の様子

2020.11.17.08:30

新暦11月17日(旧暦10月3日 きのえ 子 赤口)

いつも真心のお力添えありがとうございます。
大国ミロク殿本宮の比嘉良丸です。

昨日より、急遽本州へ入り、和歌山の潮岬にての御神事を行いました。
この度の事につきましては、改めてお伝えしてまいります。

本日は、11月10日に行いました海ほたるでの祈りの内容を掲載いたします。
ご一読いただけますと幸いです。

海ほたるにて

皇紀2680年 令和2年 庚子の年 
西暦2020年 11月10日 旧暦 9月25日 丁巳 先負の日

お祈りの前の言葉
今、東京湾アクアラインの海ほたるに来ております。先ほど着いて上の方でお祈りをしようと思ったのですが、ちょっとお祈りするには騒がしくて断念しまして、今、駐車場の方に来ています。
これからお祈りに入りたいと思います。画面ではちょっと分かり辛いかもしれませんが、アクアラインから東京湾を内陸部に向けて動画配信をしております。ここで祈るのは東京湾及び関東、東京大震災、神奈川、千葉、東京、埼玉、茨城、栃木、群馬、山梨、そして静岡といった場所に対して、災害を事前に縮小、無難、回避するために祈りをさせていただきます。それとコロナ感染症の祈りも続けて含めさせていただきます。

祈りの主旨
ここは東京湾、アクアライン海ほたるという場所でございます。海にトンネルと橋を架け、その中央部分、海の真ん中に建物、施設が造られており、その建物からは360度東京湾を見渡すことが出来ます。今回はここから内陸部、東京都の方へ向けて祈りをさせていただきます。今、正面に向かって祈りをさせていただきますが、右手に千葉県房総半島、左に神奈川県、先ほど行きました三浦半島城ヶ島と、そして東京湾の入り口の方になります。
今回は、東京湾の外ではなく、内へ向けまして東京大震災、および東京と神奈川、千葉、埼玉における大自然界の厄災による大きな被害がないよう、災いを回避、無難にするための祈りをおこないます。そしてコロナ感染症による多くの感染者の拡大、死者の増大がないように、出来るだけ早く、1日も早くコロナ感染症が縮小、消滅しますようにとゆう願いを込めて祈りさせていただきます。
更に東京は日本の首都であり、経済の要、政治の要ともなります。1日も早く政治経済、特に経済の安定を願い祈ります。今、多くの人達が、コロナ感染症による経済の落ち込みの影響を受け職を失った方、会社を倒産に追いやられた方、店や商売を閉店に追い込まれた方、ホテルや宿が閉店に追い込まれた方、そしてそこで働く社員、従業員、実際には第一次、第二次、第三次、第四次産業で働く多くの人達が職を失っています。そして高校、大学を卒業の人達の就職口が見つからないという、本当に大変な状況にも陥っております。一日も早くそういったものがなくなるよう、早く安定し、平穏の暮らしを取り戻せるように願い、祈りをさせていただきます。

それではまず、東京都の区市町村を人口の一番多い順番に読み上げてまいります。この人口を読み上げる事で、全ての人々に善き流れが訪れるように、全ての地域に厄災回避、災い回避が及ぶように願い祈りをいたします。東京都は日本で一番人口の多い都市で、1394万2856人の人が東京都に住んでおります。区市町村は62区市町村があります。それをまず読み上げさせていただきます。
(人口の読み上げは省略)
62区市町村がありまして、2019年10月段階で1394万2856人の人口となっております。今回は千葉、埼玉も読み上げたいところではございますが、大変申し訳ございません、今日は東京都だけにさせていただきます。

コロナ感染者数の読み上げ
コロナ感染者の数を人口別に読み上げてまいります。コロナ感染症現在の状況。
東京都、1384万3503人、現在32,067人が感染し、新たに149人増え、死者の方が462人、1人増えてしまいました。462人の方が亡くなっております。
神奈川県、917万9835人の人口に対し、9,367人、現在35人増えてしまいました。そして、死者178人。
次、大阪、882万4566人の人口に対し、13,849人の方が感染し、78人現在増え、死者253人、4人死者が増えてしまいました。
愛知県、753万9185人の人口に対し、これは大変申し訳ないです、愛知県の感染者が実際に記入漏れになっております。
資料がちょっと正確に記載されてないため、読み上げるのは逆によしておきます。大変申し訳ないです。途中まで読み上げて、途中中断させてしまいました。大変申し訳ないです。

大浄化の祝詞を奏上する前に
新型コロナ感染症、本当に多くの人達が感染し、多くの人達が命を失っております。これが一気にまた拡がろうとしております。感染が一気にまた大きく増え始めています。それに伴い、確実に死者の方も多くなってまいります。出来るだけ早く感染症が収まるよう、その想いを込めて祈りをさせていただきます。
ここでは、もう完全に消し去るという想いをこめて大浄化祝詞をさせていただきます。
(祝詞奏上)

・・・この後、身体の状態が悪くなり、継続が難しいため中断になりました

海ほたるにての動画
11月10日 海ほたる

その前におこなっていた城ヶ島にての動画
11月10日 城ヶ島

緊急ご神事のお知らせ

2020.11.16.09:56

比嘉良丸より、緊急ご神事のお知らせです。


昨日15日、ミロク殿本宮の正殿と宮にて67年目の艮祭、天地艮大神(艮光明大神・艮金神大神)の誕生祭を行いました。
その誕生祭のなかで、紀伊半島の沖合、先端にて17日の午前2時に地震がおき、規模はマグニチュード6クラスで震度が7クラスに達する可能性があると伝えられました。
大津波ではありませんが津波の発生も予想されます。
これは東南海地震ではなく、東南海地震を引き起こす前震となる地震であり、先送り分散分割ではなく、完全回避を行えと伝えられ、このための儀式が実際には艮祭りの日の祈りでありました。
それまでにこの仕組みを作るために、ミロク協友会の5人が各々の地域、近畿・紀伊半島をめぐりご神事行った者、茨城・千葉で儀式を行った者、新潟から石川までをまわり儀式を行った者たち全員が9日に諏訪湖に集結し儀式を行いました。
そしてそれを11月15日の艮祭で私の方で祈りを行うことで、その地震を100%回避する手はずで儀式に臨みましが、儀式の中で読み上げた資料に間違いがあり、これまで行った儀式が意味をなさない状況となり、神から強いお叱りを受けました。
それにより、本日急遽、できるだけ早く紀伊半島先端潮岬まで行き、儀式を行い、どんなに遅れても今日16日の24時を越えないうちに儀式を終えるようにと最終内容を伝えられました。
当初は日の明るいうちに終えよと言われましたが、それは時間的・内容的に厳しいと神にお伝えいたしました。
最終的には23時半までは確実に儀式を終えることとなりました。
そして読み上げる資料は、日本全国の人口などですが、この資料を18時19時から現地での儀式で読み上げたとして、4、5時間かかるため、終了が0時を超える可能性があります。
読み上げは日本の人口の他、活断層、構造線、プレートの4つのデータがあり、24時を超えないというのははっきり今のところ厳しい状況にあるため、まだ神とのやり取りを行っております。
私たちだけで24時前に儀式を終えるのは厳しく、ミロク協友会のもの数人に読み上げを行わせたいということをお願いしておりますが、今のところ許可は下りておりません。
しかし何としてでも神が言った24時までに儀式を終える状況で仕組み作りを行うことにします。
今日、一番早い便で那覇から関西国際空港に到着次第、潮岬へ向かいます。
到着は18時を予定しております。
18時から5時間半、ご神事のできる時間がありますが、今のところ、24時を超えてしまう状況にあり、なんとしてもミロク協友会のものに一部読み上げを行わせ、それがだめなら日本全国の人口を近畿地方だけに絞って読み上げさせていただくという形で、今、神と交渉している状況です。
儀式は動画配信を行う予定ですが、現地はかなり暗くなりますので、最初の部分のみ放送配信を行い、途中から放送を切り、儀式に集中する形にさせていただきます。
今日これから自宅を8時半に出て、那覇空港へ向かい関空に向けて出発します。
どうか今回の儀式がしっかりと成功するように、皆さんの心からの願いの後押しをお願いいたします。

比嘉良丸
比嘉りか

以上
事務局が掲載いたしました。

中継放送のご案内

2020.11.15.10:15

新暦11月15日(旧暦10月1日 みずのえ 戌 仏滅)

いつも真心のお力添えありがとうございます。
本日、当宮の大祭「艮祭」となります。
この後11時(正殿)と18時(御宮)より中継配信をおこないます。
下記サイトにてご視聴いただけます。
ご都合が宜しければご視聴くださいませ。

視聴サイト
icon 2016

https://lve.jp/369musubi/
(視聴サイトの画面に表示されているパスワードをご入力いただきますと視聴の画面に移動します)
(本日の配信の様子は後日改めてyoutubeにてご視聴もいただけます)

比嘉良丸
比嘉りか

現在の状況について

2020.11.11.08:45

新暦11月11日(旧暦9月26日 つちのえ 午 仏滅)

いつも真心のお力添えありがとうございます。
比嘉良丸氏より連絡がありましたので、下記に掲載いたします。

*比嘉良丸より*

昨日、アクアラインの海ほたるで東京方面に向かい、自然災害、天変地異、新型コロナに対して災害回避と縮小消滅と経済・政治の安定の祈りを行いました。この動画配信中に左脚が痙攣を起こした為、祈りの配信を中止し痙攣が治るまで約10分ほどかかりました。
その後、一旦沖縄に戻る為に成田に向いました。現在の自分自身の状態も考えまして、通常の運転時間と運転中に痙攣が出る可能性も考えて、海ほたるの後に成田に向かいました。途中、休憩もかねて木更津で車の状態を説明し整備の予約を入れる為、30分ほど寄り、その後成田のホテル向かいましたが、案の定、脚に違和感がではじめ、時より軽く攣り始めたりした為、足の様子をみながらパーキングエリアに寄りながら進みました。普段なら木更津から2時間ちかくで行ける距離ですが、今回は4時間程かかりました。

今日11日、15日の大祭がある為、一旦沖縄に戻りますが、戻る前にホテルの客室からではありますが、朝7時頃より祈りをおこないました。この時の動画は近いうちに改めて掲載いたします。本来であれば、東京湾の海ほたるから関東の内陸部、東京へ向かって祈ることに意味ありますが、今回は、このような方法で対応させていただきまして、20日頃に再度沖縄から戻りました際に、車を整備に出し、引き取った後、22日頃に改めて海ほたるでの御神事を行います。
今回10月26日から11月10日までの総合移動距離は、27300キロの移動なりました。
それでは、本日沖縄に戻ります。
皆様の真心のお力添え、本当に感謝いたします。ありがとうございます。

比嘉良丸

*以上*

これまでの動画
11月7日 山中湖
11月7日 山中湖:1

11月7日 山中湖
11月7日 山中湖:2

11月7日 水ヶ塚
11月7日 富士麓 水ヶ塚

艮祭緊急企画
オーダーメイドの御守りの企画をいたします。詳細は、近日中に掲載します。
2021年新年御守りのご予約も近日中に開始いたします。

是非ご検討くださいませ。

本日のコロナ情報
累計感染者数 110512(+1341)
累計死亡者 1850(+15)
(累計回復者数)99060(+775)
(要入院・療養者数) 9602(+551)
データ更新 11月11日 午前0時00分
11月11日 コロナ情報
※クリックすると少し大きくなります
※関連記事
11/10(火) 18:00配信
「9割に効果」ワクチン報道 都医師会・尾崎会長「まだ効果が分からない。早計に言う話ではない」続き。。。

11/10(火) 17:32配信
GoToで感染131人 加藤官房長官
加藤勝信官房長官は10日の記者会見で、観光支援事業「Go To トラベル」キャンペーンを利用した人のうち、新型コロナウイルス感染が確認されたのは9日時点で131人だったことを明らかにした。続き。。。


11/10(火) 17:10配信
10月自殺、2000人超 昨年比39%増 警察庁
10月の自殺者数が2153人(速報値)となり、昨年同月比で39.9%増(614人増)だったことが10日、警察庁の集計で分かった。続き。。。


11/11(水) 5:57配信
欧州でコロナ死者30万人超、世界全体の4分の1=ロイター集計。。。続き。。。

11/10(火) 16:02配信
速報 北海道、新たな感染166人…6日連続100人超え、札幌の特養ホームで50人超えるクラスター発生。。続き。。。

11/10(火) 17:42配信
【速報】大阪で新たに226人が感染 200人超は8月7日以来 吉村知事「まさに第3波に入っている」続き。。。

11/10(火) 19:24配信
関西空港 南海トラフ巨大地震による津波を想定した訓練行う コロナ禍での避難誘導などについて確認。。。続き。。。

現在の状況について

2020.11.09.10:00

新暦11月9日(旧暦9月24日 ひのえ 辰 友引)

いつも真心のお力添えありがとうございます。
本日、夫比嘉良丸より連絡がありました内容をお伝えさせていただきます。

比嘉良丸より

7日に福島の郡山から神々様から伝えられました山梨県の山中湖に入り、富士の麓の新富士宮入り口付近にある水ヶ塚にて祈りを行いました。昨日は、富士から静岡の伊豆半島先端にある奥石廊崎にて午前中から祈りをしようと動いてゆきましたが、現地に着くと、立つこともままならない強風で、そこでの放送は断念しまして、神とのやり取りと 祈りをしました。そこで3時間程かかったと思います。終わった頃には、風の影響からかなり冷え込み、体も冷え切ってしまいした。車に戻り、車のヒーターを全開にしたのですが、冷えは中々おさまらず、ここ数日、体が痙攣や攣り等をおこしていた事もあり、祈りを終えた後、ここからの移動が途中、痙攣したり、攣ったりを繰り返すようになってしまい思うように進みませんでした。かなり厳しい体調だったこともあり、妻に宿の手配をお願いしまして、昨日夜遅くに熱海に入ることが出来ました。
そこから再び、神々様とのやり取りが始まりまして、一晩中、やり取りと痙攣や攣りを繰り返しながら、一睡も休むことは出来ず、朝を迎えることになりました。
明け方4時半から、宿泊した宿のベランダから海が見えましたので、このベランダから、熱海の相模湾を見渡しながら朝日に向かい祈りをおこないました。

本日ですが、昨日のアメリカの大統領選の結果に基づいて、急遽、諏訪湖と八ヶ岳にての御神事を伝えられ向かう事になりました。終わりましたら、再び、太平洋側に戻り三浦半島の城ヶ島にて祈りを行います。

現在、急遽、諏訪湖へと移動して、御神事をする予定となりました。

以上 比嘉良丸より


と報告がありました
これまでの各地での動画配信はyoutubeにて、ご視聴いただけます
また、放送ではお聞き苦しい点などもあることから、遅れ気味ではございますが、文章にてもこの内容をお伝えしてまいります。

比嘉良丸
比嘉りか

*これまでの現地からの動画配信*
※ 通信状況や現地の環境などにより御聞き苦しい事もございますが、何卒ご了承くださいませ。

11月3日 東海第二原発付近
11月3日 東海第二原発付近にて:1

11月3日 東海第二原発付近
11月3日 東海第二原発付近にて:2

11月5日 中禅寺湖
11月5日 中禅寺湖にて

11月5日 猪苗代湖
11月5日 猪苗代湖にて

11月5日 磐梯山
11月5日 磐梯山にて

現在の状況について

2020.11.07.10:45

新暦11月7日(旧暦9月22日 きのえ 赤口 寅)

いつも真心のお力添えありがとうございます。
地方にて御神事をおこなっております、夫比嘉良丸より連絡がありましたので、下記に掲載いたします。

* 比嘉良丸より *

皇紀2680年 令和2年庚(かのえ)子年 旧9月20日壬(みずのえ)仏滅 西暦2020年 11月5日・木

昨日4日、体調を崩した為、成田まで行きホテルにて体を休めていました。今日の朝は低血糖を防ぐ為に食事を取り5時30分にホテルを出て茨城県中禅寺湖に向かいましたが、お腹を崩し何度もトイレに行く状況に成りました。一度は、下痢止め飲み治まりましたが、中禅寺湖での祈りの後に脱水症状と低血糖症状出た為、水分と栄養剤・ブドウ糖を服用しました。しかしこれが、逆にそれがお腹を刺激してしまい、猪苗代湖につく頃には、朝からのトイレ回数が40回を超える程となり、それも原因となり内臓運動が激しくなってしまいました。猪苗代湖での祈りの最中に小腸あたりが軽い痙攣をおこしてしまい、痛みで祈りを中断する状況になりました。何とか猪苗代湖を終え磐梯山に向かいましたが、運転中に再び軽い痙攣が起きた為、磐梯山の麓へ向かうのを諦め猪苗代湖の湖畔から磐梯山を観て祈りをしました。

この内臓に対しての症状ですが、私の手術の経験が一因しています。30年程前に私は大腸の一部を摘出する手術を行なう為に入院していたのですが、その際に大腸が破裂してしまい緊急手術を受け、かなり危ない状況でしたが無事終える事が出来たという事がありました。
1度目と2度目の手術では、大腸のほぼ全部を摘出してお腹の中にある脂、脂肪を取り除かなければ手術が出来ない状況にありました。それは、体内で大腸が破裂した為、体内に汚い膿や病原菌が広がってしまい、それを取り除くため、先に脂肪を体内から取り除き、次に内臓を体内から取り出して、体内と腹膜を綺麗に洗い消毒し、病原菌を除去した後に、残していた直腸の先を閉じ、体外へ取りだしておいた内蔵を綺麗に洗い消毒し菌を除去した後、体内に戻し、小腸で人工肛門を作り、おなかを閉じるという、10時間を超える手術をおこない無事に終えることができたという経緯があります。

それ以外にも胆嚢や他の臓器の摘出手術も受けました。大腸は殆どの部分を摘出しましたが、2週間程で退院する事になり、当時、本当にうれしい気持ちでいっぱいだったことを覚えています。しかし、1週間程して院内の売店で買い物して病室に戻る途中、いきなり何の前振り感覚もなく尿を垂れ流す状態になり、その後、数週間経ったころ今度は下腹部から傷みが出て、次第に激しい痛みとなり、体熱も常に38度ある状態になりました。時には、突然40度近く熱が上がる事もありました。その為、かなり強い痛み止めを注射で打つか、薬の服用をして痛みを押さえていました。
当時、中々すぐに原因が判明せず、介護用の紙おむつと男性用の尿取りパットをすることになり、痛みを堪えていました。原因が分からない状況で4年ほど入院生活が続きました。30年前ですから、長期入院が出来ていましたが、このように原因が分からない状態が4年も続くと一部の看護士は、本当は治っているのに、私が痛み止めの薬が欲しい為に自分自身で病気にしているとか、酷かったのは、痛み訴えて痛み止めを要求した時、痛み止めの薬を手渡しする直前に嘲笑いながら薬を渡さないように、何度も手を引っ込められる事もあり、怒りを覚えたことがありました。いまだにその看護士の顔と名前は忘れる事ができません。また、一部の心無い看護師から、間違った情報を吹き込まれた私の姉と兄夫婦に、本当は治っていて、熱や痛みは自分で起こしているのでしょう。いい加減にしろと言われたことは、本当につらく、心の底から落胆したと同時に、この言葉で私自身の何とか保っていた精神、心が壊れ崩れ、病院から抜け出し、2度自殺をはかったことがあります。ただ、自殺の紐を括り付けた太い枝が折れてしまうなどして、神は死なせてはくれませんでした。看護師の事も、兄弟からの言葉も今もはっきりと心が、精神が覚えています。それらは、決して忘れる事無いでしょう。しかし、自殺を食い止めてくれた神の行為は、今では、感謝をしています。
その後、人工肛門、ストーマでの入院生活と入退院の5年間を生活しました。大腸の手術の際に直腸をほんの少しだけ残して頂いたことから、再びの手術で小腸と直腸を繫ぐことができまして、それによってこれまでの痛みも次第に消え、尿失禁も治っていきました。
当時の痛みと尿失禁の原因は、2度目の手術で大腸の全部摘出と体内の脂肪を取り去ったことで、腹部に大きな隙間ができ、小腸を支える事が出来ず、小腸が下腹部へずれ落ちて、下腹部で絡み合ってしまい小腸が癒着し、炎症を起こし、このことから何らかの影響を膀胱がうけてしまい尿失禁や下腹部の激しい痛みを引き起こしていたとわかり、私としては安堵しました。
しかし、術後、それが想わぬ副作用となってきました。普通、人が食事を摂ると胃で溶かして十二指腸に送ります。その時に小腸と他の臓器も分泌液を出し、小腸で栄養分を取り込み肉体の活動源となります。
栄養を取り終えた水分とカスは大腸に送り込み、水分と電解質は大腸で体内に取り込まれ、カスは便として体内から外へ排出されます。私の場合は、大腸が無い為、便になる前の小腸液が外に排出されてしまいます。この小腸液が、直接肛門を刺激して一日中、本当に24時、トイレに行きたいという状況になり一日中トイレに篭る状態が続きました。又、小腸液は、一日に2L位が出て大腸から取り入れられるのですが、大腸が無いため、それをそのまま体の外に排出してしまいます。液体には、肉体に必要な栄養分や食した栄養分も含まれている為、吸収されずに体外へ出てしまうという事は、脱水症状や低血糖、四肢がつったり、内臓が痙攣を起こしたりします。そのため、当時は、肛門を刺激しない様に栄養は点滴と鼻から管を入れ栄養流動を小腸に流し込む治療受けましたが、数年経っても中々症状が良くなりませんでした。でもどうしても、退院したくて、自分自身で管を鼻から入れ栄養食を機械で小腸へ流し込むことが出来る事が条件で、退院させてもらえましたが、状況は何ら変わらず、自宅でも殆どトイレにこもりきり状態で、結局、毎日、時には夜中に病院に行き、症状緩和の為に1Lの点滴を処置してもらっていました。この様な状態が数年続いたのですが、これでは普通に生活が出来ません。打開する為に私が取った粗治療は、刺激しないように微小を摂取しても激しい下痢を起こすなら、逆に無理やり多くの食事を取って、無理矢理、直腸や肛門を食事に慣らす方法を取ることにしました。まぁ最初の数年は、かなりきつい思いをしましたが。。。この荒治療は、絶飲食から水分補給、おもゆ、三分がゆ、そして具合が悪くなり又絶飲食に戻るという入院生活を10年近く繰り返していた体には酷で、食べては吐く、食べては吐くという行為を繰り返しておりました。
今は、吐く行為はなくなり、暴飲暴食の影響が残り、肥満と糖尿病を煩う結果になっております。また、時より、紙おむつや尿とりパットが必要になる場合もありますが、昔の事を思うと、本当に天地の差程の違いがあり日常生活と各地での御神事が行えております。

ここで、何故、この様な今回の御神事とは直接関係の無い内容を書込みをするのか言うと、本当は正直、私自身もよく分かりません。
昨日、中禅寺湖・猪苗代湖と御神事にまわりました。本来は、中禅寺湖の次に那須岳、猪苗代湖、磐梯山を一箇所一箇所、時間をかけて御神事を行なう予定でいましたが、茨城県の東海第二原発から千葉県房総半島、野島崎間での間の御神事で体調を崩し、翌日は、御神事を休み、ホテルで体を休めて、今後の計画を練り直した結果、現在の持ち合わせ資金では、御神事を最後まで行なう事が出来ない事と、私自身の体力が持つのかを考えて、御神事に訪れる場所の数と御神事時間を調整した計画と支援金のお願いの書き込みを4日夜に掲載させていただきました。
5日朝ホテル出る時から体調が崩れ、中禅寺湖・猪苗代湖・磐梯山と祈りの最中に軽くつったり痙攣が起きたりしていまいた。時には、かなり強い痛みがあり、祈りを中断しながら何とか祈りを終えて、妻にお願いして郡山で宿を取ってもらっていたので出来るだけ早く宿に入るように移動してゆきました。移動途中、攣ったり痙攣が起きる事なく宿にチェックインが出来、安心したところで右足全体と両腕が攣り、かなり強い痛みが伴い直ぐに浴槽に入り湯を溜めながら、つった所を温めほぐしていきまして、落ちついたところで、明日の御神事は無理だと判断し、妻に連絡をして宿の延長してもらいました。
22時頃、又突然右足全体が攣り、それを庇うように体を動かすと、今度は左足も攣り、次に左横腹、右脇腹、右腕と全身が攣り、あちらこちら内臓や様々な所で痙攣が起きました。湯船に浸かり体を温めながら体をくっねたり、反対側に反らせてみたり、湯船の中、立ち上がり体くねったり湯船から出て床に横になったり、又立ち上がったり、再び、湯船にはいったりと痛みをやわらげる為にいろんな姿勢をとりましたが、中々おさまらず、夜中の3時過ぎまで続きました。本当に、どうしようもない痛みで、泣き喚きながら楽になるように姿勢を変え続けたと思います。正直あまりの痛さで、その時の記憶があまり覚えていません、只々痛い苦しいだけが続き、治まった頃に様々な神々様や存在が言い寄って伝えてきて、様々な過去の出来事などを見せ、伝えてきました。
この時、見せ伝えられてきたのは、子供頃から現在まで時で、見たくなかった、思い出したくはなかった病気入院中の事などについて、好き放題に見せ、伝えてきて、かなり腹が立ち、喧嘩腰の受け答えとなりました。本当に沢山の事柄を思い出させられ、特に印象があるものを、一部ではありますが、今、書き込み書いている病気入院中の出来事です。
伝えてきた神々やいろんな存在がそれぞれに様々な事を伝えてきましたが、その中で一同が類似している内容がありました。それが、入院中の時のことです。
こう伝えてきました。「貴方が、病にかかり入院中に神の道、神業へと入ることになったのだが、あなたの病は、そのきっかけだった。病気になったのも、あなたが犯した罪からのもの。聖地の御山を破壊するきっかけを作ったのはあなたであり、自ら出たサビであり、その後の12年間の苦しみも自ら蒔いた種である。あの時の行い、御山の破壊は、神罰に値する行為であったが、我々神の代表を通して、神の道に入り母親と共に神業を行うかと言う問いに、あなたは自ら「行う」と答えた。それにより我々は改めてあなたに試練与えてみることにした。その上の結果で、そこから先を決めることになった。
実は、あなたの母親は、ずっと見ていた。あなたの母親は、本当に我々の要望を確実に行なった者であり、真の神の使いであった。
そなたの母である初には、6人子がいたが、皆、跡を継ぐ者にあたいせず、跡を継がせるに至らず、あなたは本来は輪廻転生時期ではなかったが、輪廻転生を行い名を良丸とつけた。その為、33歳までの命で、それ以降の人生は33歳の年にある試しを行い、それに合格すれば新たな人生を与える事にしたが、あなたは、御山を破壊し見事に落ちた。その為、改めて神世での厳しい修行を行う為33歳で命を閉じるはずあったが、あなたの母親の強い願いとあなたの他に跡を継ぐ者が居らず、あなたに12年間の試練を乗り越えるか試した。その12年間を乗り越えたから、あなたは今ここにいる。
あなたは、母親の死について、我々に対してかなり怒りをぶつけて来るが、それは間違いである。
あなたの母親が、我々にあなたの救いを願い申し入れた時、あなたが受ける試練の運勢のかなりの部分を母親が引き受けたのであり、母親の事に関しては、あなたが自ら巻いた種の一つであり、我々に怒りをぶつけるはお門違いである。母親に感謝しなさい。
今回の御神事で、先一昨日、昨日と自身に起きた、筋肉のつりや痙攣で神事は無理と言っているが、あなたが病にある時、母親と神事行なっていたことを思い出しなさい。あの頃は、今以上に激しい痛みや全身の攣り、痙攣でありながら、病院を抜け出して神事行い、周りから気が狂った等と言われ放題言われながら、経営する会社が倒産の危機など、体、肉体で味わう、本人しか分らない激しい痛みや生活を過ごし、人の裏表や苦悩、人生でのこの世にある全ての苦悩、生き地獄を経験してきたはずだ。我々が与えた試練に比べたら、今この状況は、比べるに値すらしないだろう。
あなたが、儀式を行う意味、祈りの意味を知った時を思い出せ。
病の折に一時病院を退院して、宮で寝泊まりしていた時、毎日必ず夜中2時に、あなたの心、感情、感覚に、多くの人の感情が入りこみ、死への恐怖、苦しみ、悲しみ、未練、怒り、恨み等、数知れない感情が入り込み、泣き喚いていたことを。
その時に見たビジョンが、数日後に実際に現実のものとなること、その後にニュースや新聞などで現実起きた事、これらの事を事前に知らされる意味がわからず、心が折れ、苦死んだ事。のちに、垣間見たビジョンに対して祈り、神事を行うと回避できることを知った時を。そのことを知るにあたり、この世の中、世界、この地球で起こる事を知り、苦しんだ挙句に決断したことをお前は忘れているのではないか。
此れぐらいの痛みで騒ぐな。今回神事を行うと決めたなら、やり遂げろ、弱音を吐くな。最後まで責任を持ってやり遂げろ。明日は、まず富士五湖の山中湖、河口湖のどちらかに行き、富士山の入り口の水ヶ塚を巡り、伊豆半島先端・石廊崎、熱海、三浦半島の城ヶ島まで神事をおこないに戻り、15日には艮大神誕生祭を行い、その後、再び本州入りし、必ず那須岳をしっかりと時間かけて神事を行うこと。
という内容を伝えられました。他にもかなり様々な事柄を沢山伝えられました。こう言っては何ですが、伝えられた中には、結構、腹が立つ内容もありましたが、言われた内容について、私自身、かなり反省しないといけないと思うところが多々ありました。このような啓示、教えがありまして、明日7日、山中湖に向かう事にします。

今回、この教え伝えられた中で、私が1番印象に残っている言葉は、「我々は、あなたが生まれる前から、神界にいる時から知って居るし、この世に産まれた後も常に見ている。子供時代、青年時代、大人になってからも若い時代、中年、今現在と、常にあなたを見て、あなたの悪行も罪も、全て知っている。その上で我々の願う未来の仕組み作りは、あなたが行うと決めている。
あなたの側に常にいることを忘れるな。我々が常に見ている。」
と言われたことが印象に残っています。
この世の中で起きると伝えられた内容、これから起こり得る陰の世界の未来・陽の世界の未来・この先の未来、陽の世界の未来の仕組みづくりを行う為には、一つ一つをできる限り確実にやり遂げてゆく事が大切になります。それには、かなりの時間が必要になります。世の中の状況や直近の変化、時々の状況に合わせて御神事を行う事が必要になります。その為、今回のように突然の場所移動にも対応してゆく事が必要になります。以前に突然の指示、啓示が伝えられおこなった御神事では、その時いた場所から北海道へ飛行機で移動して御神事をおこなったり、海上での御神事も必要だという啓示からフェリーで車ごと移動しました。海上を移動中の深夜も御神事を行うために個室を取ったりもしましたし、いきなり明日から外国の御神事に行けと伝えられたりという事もありました。車、飛行機やフェリー等の移動で、かなりの費用がかかります。1人で月に確実に50万以上かかる事もあり、多い時には100万を超えることもあります。御神事の多くが、夫婦で動きますので、費用も倍近くかかることになります。また、今回もそうですが、必ずしもその時いる現場近隣の都道府県への指示が伝えられるのではなく、神々様の意図、仕組みや関連の流れがあり、突然遠くの地へとゆくようにとの啓示が伝えられ動かなければならない事もあります。それを思うと今だけではなく、常に、毎日、いかなる時も対応出来るように、御神事がおこなえるようにと考えると、現状では不安になってくることがあります。先日、皆様へ呼びかけさせていただきまして、皆様の真心のお支えに深く感謝申し上げます。ありがとうございます。今おこなっている御神事を精一杯努めてゆきます。まずは、私自身、御神事がしっかりとおこなえるように常に体調を整え、確実におこなうと誓った以上やれるところまでおこなうしかありません。

今回、体調の事もあり、また、神々様より個人的な内容ではありますが、思うところがあり、このような内容を掲載いたしました。
御神事を行ってゆくには、皆様からの真心のお支えが、本当に大切になってまいります。いつもお支えくださる方、見守りながら窮地に手を差し伸べてくださる方、皆様の真心、深く感謝申し上げます。
とにかく、やれるところまでおこなってまいります。
今後ともどうぞお支えくださいますよう、何卒宜しくお願い致します。

* 比嘉良丸より *

*11月さきたま古墳にて

2020年10月31日 さきたま古墳にて
1 前半

2020年10月31日 さきたま古墳にて
2 後半

現在の状況について 比嘉良丸より

2020.11.04.18:45

新暦11月4日(旧暦9月19日 かのと 亥 先負)

いつも真心のお力添えありがとうございます。
大国ミロク殿本宮の比嘉りかです。
夫比嘉良丸より、下記の連絡があり、急ぎでありましたことから、そのまま掲載いたします。
動画の追加情報が文末にございます。

* 比嘉良丸より *

これまでの行程と明日からの予定内容。
先月、大阪に入り大阪分祠社で新型コロナ感染症・経済の安定と復興・政治力をもって国家の安全・安定・発展復興・自然災害天変地異の回避無難の御神事行い。その後に巡る各場所で同じ内容の祷り御神事行なった。
滋賀県琵琶湖では活断層群・愛知県渥美半島伊良湖から静岡県浜名湖・天龍川河口迄は東南海地震の祈りをおこなった。御前崎灯台・富士川河口で神事を始めようとした時に宿泊したホテルから私の財布が忘れていると連絡があり、戻る。財布を受取った後、改めて御前崎と浜岡原発で祈り、浜岡原発では、放送をしながら東南海地震と現発の臨界事故の御神事を行なう。その後、改めて富士川河口では駿河トラフ・北米プレート(オホーツク海プレ-ト)とアムールプレートの重なり合う場所に対する小難無難の御神事を行った。その後の予定として、伊豆半島石廊崎・熱海・神奈川県江ノ島・三浦半島城ヶ島を回る行程であったが、これらを次回に変更して、埼玉のさきたま古墳群で祈る。ここではホォッサマグナ全体・糸魚川静岡構造線・柏崎千葉構造線・中央構造線・仏像構造線・火山帯・活断層に対する、小難無難の御神事を行う。その後、東京都へゆき妻が、他界した弟の住まいの片付ける為別行動となった。丁度、その家の近くが、横田基地周辺であったことから、近隣諸国と世界の平和の祈りをおこなった。その後、茨城県筑波山・東海第二原発・大洗・鹿島神宮・千葉県香取神宮・犬吠埼から野島崎までと、その間に九十九里浜二箇所にて、静岡県熱海相模湾から相模トラフと富士火山帯から繋がる伊豆七火山帯・海溝と日本海溝の三重会合点に対する小難無難の御神事をおこない、神々様とのやり取りをおこいました。かなりの時間集中していたことから、気づくと低血糖症に陥っており、体調を崩してしまい、今日11月4日は、御神事に向かう事ができず千葉に居ます。
明日からは、栃木県中禅寺湖・福島県磐梯山・猪苗代湖・福島第二原発・南相馬辺り・宮城県女川原発・岩手県宮古・青森三沢基地周辺・十和田湖・六カ所村原子力施設・東通原発・大間原発建設中周辺と関東から東北へと北上してゆきながら大間港から北海道函館港にフェリー渡り、室蘭・苫小牧・千歳に向かいます。そこで、一旦沖縄に宮の大祭である艮大神誕生祭を行う為に戻ります。

大祭終了後の17日頃、北海道の千歳に戻り、日高・襟裳岬・釧路・納沙布岬・宗谷岬までの間に、網走を含め二、三箇所、神々様の指示があった場所にて災いの小難無難の祈りを行う。
その後、稚内大沼・ノシャップ岬・留萌・旭岳・札幌岳・小樽・積丹岬・カムイ岬・泊原発・せたな町までの間でこちらも重要と言われ指示があった場所を祈る。白神岬・函館山函館港から青森港に入り竜飛岬・秋田県男鹿半島入道崎・石川県録剛崎灯台と北海道から移動し、本州を南下してゆきながら、ここまでの間に原発柏崎仮羽原発と志賀原発と他に多分5箇所ぐらいにて、災いの小難無難を願い御神事を行う。福井県東尋坊・敦賀原発・ふげん・もんじゅ・美浜原発・大飯原発・高浜原発・京都舞鶴・大阪と巡る予定にしています。

今年は、年初めから御神事を行なうにあたり、神様から「体調崩し御神事に向かえば、必ず新型コロナ感染症にかかり、命に関わる状況になる」と待ったがかかっていました。実際に沖縄では、かなり体調を崩して私生活もままならない状況でしたが、今回の本州に赴く頃にはかなり良くなりました。ただ、毎日3〜5回低血糖を起こしてしまい、その為、食事を取るのですが、そうすると今度数十回以上トイレに通う状況となっておりまして、思うように進まない中、御神事を行っていいます。
万全といえない体調ではありますが、それでも沖縄を出てきたのは、今回は、目には見えない所で世の中状況が危ないと強く伝えられており、新型コロナ感染症のウィルスが変異する可能性が高まる。天変地異や経済の混乱、場合によっては崩壊する国もあり得る。そうなるとそこから戦争へと向かう流れが起きるといった啓示も強く伝えられてきた為であります。その為、以前のようには行程が進みませんが、今回は神々様も私の体調を見守り支えて下さりながら御神事行う事になっております。

ここで、皆様に大変心苦しいお願いですが、今、私が、御神事を続けるだけの費用が足りません。どうか、私に、御神事を続けさせていただけませんでしょうか。このような世の中の状況の中、心苦しい限りではございますが、何卒、皆様のご支援を賜りますよう、どうかどうかお願い申し上げます。

比嘉良丸

各地にての動画*
現地にて放送をおこなっておりますと共に、更にお伝えしたいことなどを含め、書き起こし後、ブログへと文章の掲載をおこなってまいります。

2020年10月29日 浜岡原発
10月29日に浜岡原発付近にておこないました放送の様子です。
電波状況が思わしくなく、御聞き苦しい点がございますが、ご了承くださいませ。

現在の状況について

2020.11.04.12:15

新暦11月4日(旧暦9月19日 かのと 亥 先負)

いつも真心のお力添えありがとうございます。
大国ミロク殿本宮の比嘉良丸、比嘉りかです。

現在、関東近郊を御神事して回っております。
随時、御神事の様子をお伝えしてまいりたいと思っております。

本日は、10月27日に大阪入りしました際に、分支社にて祈りをおこないました内容をお伝えいたします。

**2020年10月27日 大阪分支社にて

(良丸氏)
皇紀2680年 令和2年 庚子の年 
西暦2020年 新暦10月27日 旧暦 9月11日 癸 卯 先勝の日でございます

これより大国ミロク殿本宮代表・比嘉良丸、並びに斎主・比嘉りかにて、ここ大阪分社にて新型コロナ感染症の消滅を願う儀式、並びに関西、活断層群が決して動かないようにという祈り。そして最後に政治経済の安定を祈りさせていただきます。
この大阪・近畿は、日本でもまれにみる大活断層群の場所でございます。活断層が網目のように入り組んでおりますことから、一つの活断層が動くとドミノ倒しのように断層がずれて、途轍もない災害を引き起こしかねない場所でございます。その断層の大きな中心となります基が、この大国ミロク殿の分支社があるビルの地下にあると啓示によって伝えられました。
ここは神々様の導きにてビル所有者と縁を持つことが出来まして、ここに大国ミロク殿本宮の分社を構えることが出来ました。この場にて祈祷することにより、大地揺るぐ事無きように願い祈りをおこなってまいります。

それでは、これより、この場に御集りいただきました方々のご協力をいただきまして、近畿地方、大阪・兵庫・京都・滋賀・和歌山・奈良の2府4県を人口の多い順序に全市町村の名と人口の数を読み上げていただきます。近畿地方にて新型コロナ感染症に罹った多くの方々、また、まだ沈静化していないためにこれからも罹る可能性が多くあります。それらをしっかりと排除するために、近畿各県全市町村の人口を読み上げまして、地域に住む全ての人々を守護するためのお祈りとさせていただきます。
そして、近畿地方にて大きな災いが起きた際には、出来る限り生命を守り、財産を守り、災いの大災害が出来る限り縮小し無難へとなることを願い、出来る限りの被害者を還元するために祈りをさせていただきます。私の進行、祝詞と同時に都道府県を読み上げますので、聞き取りにくい所あるかと思いますがどうかお許しいただきまして、お聞きいただけますようお願い申し上げます。
ではこれから大阪分社にて、新型コロナ感染症撲滅、完全なる消滅、そしていかなる天変地異、いかなる災いの無難、そして政治経済の安定を願う祈りの儀を執り行いさせていただきます。
以下、祝詞の奏上をおこなってまいりました。途中、奏上前に次のような内容を伝えて祝詞を奏上してまいりました。

祝詞奏上前の言葉
先程も申し上げましたが、昨年の10月頃から初めて新型コロナという名がこの世に広まってゆきました。そして今年の1月、日本で初めて感染者が出ました。大型外国の客船、クルージング船から始まりまして、現在日本全国に亘り猛威を奮っております。多くの人達がこの病に罹り、命を落とすことになりました。この近畿だけでも今日27日現在、大阪82万4566人の人口の内、感染者が12,089人、死者235人、兵庫県548万3450人の人口の内、感染者が3,148人、死者61人、京都府259万1079人口の内、感染者1,981人、死者30人、滋賀県141万2881人、感染者539人、死者9人、奈良県、134万70人の人口に対し、感染者610人、死者9人、和歌山県93万4051人の人口に対し、感染者272人、死者4人となっております。
この病は北海道・本州・四国・九州の隅々までに猛威を奮い、多くの企業に影響を及ぼしました。そして、多くの会社が倒産に追い込まれ、多くの人が職を失い、今や路頭に迷う人すら出ております。先の見えない状況が続き、このままこの病、感染症が改善、消滅しなければ、今年、来年と日本の経済は本当に混乱に陥る可能性が出てきております。逆に世間ではこの病への意識が慣れ始め、マスクもしない、その対策をしない人々も出てきております。そのような状況下からも改めて二次、三次、四次と、再びの感染の拡大もあります。また他の感染や病とウィルスが統合し、新たな感染症の変異をするようなことがあれば、感染力、死亡率が2倍、3倍と一気にその力を増す可能性すらあります。
これまで何十年も感染症蔓延に対して縮小、小難無難の儀式を行ってきました。地球に住む全ての生きとし生きる存在の精霊達へ、何とか感染症を起こすことなく、人間にもう少し時を与えていただけるように願い祈りしてまいりましたが、「もう待てぬ」「人間に警告・警鐘を促す」と言われ、私自身も神々様や精霊達の邪魔をすることなく、当分は見るということで、神々達、精霊達と約束をさせられ、今日まで儀式を行うことなく黙って見ておりました。今年子年、10月が終わろうとしております。あと11月、12月の2ヶ月で今年が終わり来年を迎えます。今年一年にて、この感染症の猛威が和らぐことなくこのまま拡大していくと、日本だけではなく世界の国々で大きな混乱が今以上に発展していき、政治不安、経済不安から戦の道に行く可能性すら出てきます。
今日、神々様というよりも生きとし生けるその生命を守護する精霊達との約束を破りますが、今日の日から私、日本全国を駆け巡り、感染症の完全消滅を願い儀式を行っていくことに致します。そうしなければ経済・政治の混乱から、世の未来、国の未来、それは戦への流れを作ってしまうという啓示も受けているからです。
それと同時に今、日本列島ではというよりも、この地球では大きな変換期、大地殻変動の時期に入っており、日本だけではなく環太平洋並びに地球隅々まで大地震、火山の大噴火が毎年、毎月、どこかの国で起きております。特にこの日本は大きなプレートのぶつかるその中に日本という島国が存在しています。そこに約1億3000万近い人間が住んでおります。今ここで大きな災いが起きるようなことがあれば、日本国民の将来、日本国の将来が危うい、日本国という国自体がなくなる可能性すら出てきております。場合によっては大きく連鎖連動をしてしまうような流れで自然災害が繋がってしまうと、地球そのものを消滅させるだけの力を持ったシャツキー海台、オントンジャワ海台とゆう場所に連鎖し、動き破局的な大爆発を起こしかねない状況すら出てきております。連鎖してゆく活断層、断層群全てを突き動かす要因となる断層があると教えられたのが、ここ、ミロク殿本宮大阪分祀社の地下にある断層だと言われ、縁ありここに宮を構えて、一連の動き、厄災を抑えるための宮としております。
それも含めまして今日ここにて祈りを捧げます。先程申し上げましたが、神々様、どうか我が願いをお聞き届けいただきまして、これから日本全国巡りながら御神事を行ってまいります故、どうか、どうか、万分の一でもお聞きいただきまして、確実にこの世に具現化しいただきますことを願い祈り申し上げます。

祓いの祝詞の前には、次のように願いました。

祓いの祝詞を奏上する前に
大祓いにてあらゆる災いを、そして、この大浄化にて砂粒一つ残さず、厄災、災い全てを無に致していただきますように。
これからの世に、災い為し、この地球、母なる星をも消滅致しかねない戦、争い、それらの元を作る元凶、災いを作る国、人々へ神々からまず、浄罪の道を差し伸べていただきまして、それでも改心なきものは大祓い致しまして、それからも逃げ、まだ悪行なすものは大浄化していただけますようお願い申し上げます。
これまではこのような願いは一切してまいりませんでしたが、このままでは確実に隣国との戦の発生、そして世界各地で戦が大きくなり、最終的には第三次世界大戦、核戦争、最終戦争へと突き進む流れと相成ります。
その道へ突き進むことのないように、全ての悪行改めないものの大浄化を願い祈り申し上げます。。。(祝詞奏上)

御魂正進救誓詞の奏上の前に
この祝詞を奏上する事で、全ての人々が心を磨き、心を改心し、精進の道へと進み、心優しき心を持ち、地球とその地上に住む全ての生きとし生ける全ての命、生命を救い導きくださいますよう祈ります。
人々が、神の子として、地球の母なる子として、この地球上に生きる全ての生きとし生ける生命、命を代表する人間として、全ての命を守り、導くものとして、歩みだすことを願い祝詞を奏上させていただきます。。。(祝詞奏上)
(言葉の奏上は省略)(1:47:38)

至福の祝詞を奏上する前に*
この地球、地上に住む全ての命、生命、人間のみならず全ての命持つものに至福をお与えいただきますことを願い、至福の祝詞を奏上させていただきます。。。(祝詞奏上)


以上が11月27日に大阪入りしました後に、分支社にて祈りを行いました内容になります。
全ての祝詞などは、動画をご視聴いただけます。

この後も御神事の状況をお伝えしてまいります。
皆様のお支えを何卒宜しくお願い致します。

比嘉良丸
比嘉りか

2020年10月27日 大阪にての祈り

大阪にて
大阪にての祈り:1

大阪にて
大阪にての祈り:2

本日の地震
国内の地震
1.2020年11月3日 10時29分ごろ 熊本県熊本地方 M3.2 震源深さ10km 最大震度3
2.2020年11月3日 6時40分ごろ 熊本県熊本地方 M2.9 震源深さ10km 最大震度3
3.2020年11月3日 4時38分ごろ 茨城県沖 M3.5 震源深さ50km 最大震度1

海外の地震
1.2020年11月03日 10時51分 インドネシア・シボレガ M5.0 震源深さ18.9km
2.2020年11月03日 03時01分 インドネシア・アマハ M5.2 震源深さ8.8km

本日の感染症
データ更新 11月4日 午前2時21分

累計感染者数 103304(+866)
累計死亡者 1794(+7)
(累計回復者数)94426(+756)
(要入院・療養者数) 7084(+103)

11月4日 コロナ状況

※関連記事
11/3(火) 22:38配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/0a045711345c0cba678c640686dc3e34aad85536
北朝鮮が「コロナ怠慢罪」を新設、幹部を死刑に…流入への強い恐怖心から国境に地雷。。。続き

11/3(火) 11:30配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/72b9961c9bfe47f5f1945545f2121e2733dce693
電線、ケーブル…根こそぎ消えた 南アフリカの鉄道、略奪天国に コロナで停止。。。続き

11/4(水) 4:08配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/ed5aaad9ec67d387addab1e5fbb88e2e4b207ef1
アルジェリア大統領、コロナ感染 ドイツで治療継続。。。続き

11/3(火) 20:51配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/9d0964e13135d2df94f6c5236244f290f8d66889
【新型コロナ】岡山県わずか9日間で100人増 感染12人、県内302人に。。。続き
情報サイトリンク

◆地震情報《気象庁》
◆火山情報《気象庁》
◆台風情報《気象庁》
◆警報・注意報《気象庁》
◆海外の地震情報《JIS》
◆マーケット情報《ロイター》

資料
御神事における参考資料を掲載
イベントのお知らせ
セレモニーバナー
最近の記事
関連サイト
検索フォーム
年別アーカイブ
携帯用QRコード
QR