御神事に出発しました

2011.01.09.15:07

本日から夫が本州への御神事へと参ります。

先日もお伝えしましたが、夫には、普通の状態でも様々なことを伝えられてくるのですが、昨年の暮れから現在まで、通常以上の物事が伝えられてきているといいます。
最近また、夜うなされて飛び起きることもよくあり、厳しい状態を伝えられていることは確かで、皆様にもお伝えして、お力添えをお願いしたいのですが、なにぶん、見ているビジョンがあまりにも悲惨なものである為に、年明け早々このようなことをお伝えするのもどうなのかという気持ち。また、伝えることが多すぎて、まとまらないこともあり、書き込みが出来ずにおります。

新暦の年末年始、そして、旧暦の年末から年始の間は、常に緊張しているのですが、本日伝えられてきたことは、春分の頃まで、気を引き締めておかなければならない状態が続いているということを伝えられてきたといいます。
今、本当に切り替わりの時期であり、悪い未来の道筋へ導きたい存在にとっては、安定しないこの時期に一気に悪い方向へと促そうと働きやすい時期ともなります。
さて、夫ですが、本日から本州へ渡り、その後は、九州鹿児島、そして、九州を周り、本州日本海側を周り、大阪へと入ります。
明日10日(日)は、愛媛伊方原発、その後午後3時頃に、阿蘇山にて祈りをいたします。
また、鹿児島県佐多岬にて、昨年末の北海道の北、宗谷岬と本州最南端の佐多岬にて御神事をし北と南の結びの神事をいたします。
その後、鹿児島出水地方から長崎へと移動し、佐賀玄海原発、福岡、山口、島根原発、鳥取、兵庫と日本海側を周り、大阪にて13日に合流し、15日、16日に京都大阪となります。

その後、滋賀、福井石川原発や沼、湖海岸沿いを祈り、東京入りし勉強会や御守り祈祷など行い茨城東海原発から浜岡原発を祈り29日に沖縄に一旦戻って旧正月と節分祭りを行います。その後春分までに東北北海道まで巡りご神事を春分までにご神事を行います。また昨夜12月24日から中止していました断食を春分まで行います。
持病がありますので、断食と言っても週一の割合で食事はとります。

明日、午後3時は、皆様と平和平穏への道筋の祈り合わせを行いたいと思います。
どうか、卯年という新しい始まりの年という意味を持つ今年、善き未来への流れの変化を生み出し促すことが出来ますよう、皆様の真心のお力添え、ご協力、ご支援の程どうぞよろしくお願い致します。
情報サイトリンク

◆地震情報《気象庁》
◆火山情報《気象庁》
◆台風情報《気象庁》
◆警報・注意報《気象庁》
◆海外の地震情報《JIS》
◆マーケット情報《ロイター》

イベントのお知らせ
最近の記事
関連サイト
検索フォーム
年別アーカイブ
携帯用QRコード
QR