2011.02.22.11:45

2月22日(旧暦1月20日 申)
いつも真心のお力添えありがとうございます。
ニセコで最終的なお祈りをしました際に、羊蹄山神様から妻に青森へ戻ったら日本海側を南下しながら祈るようにということを伝えられてきました。北海道の勉強会の際には、3月頃に津波の恐れがあるということをお伝えしましたが、時期的には、3月の前半の日付を伝えられてきております。しかしながら様々な思惑が動きます為に、上旬と言う期間で小難無難の意識をお持ちいただけますと有難く思います。

津波の起こります状況としましては、日本海側の活断層、ユーラシア大陸の活断層と勉強会でお伝えしました。最悪の状況ということで伝えられていますのが、北海道の向かい側ユーラシア大陸ハバロフスク、中国の黒龍省といった北朝鮮との国境沿いでの大きな地殻変動、断層からの地震とそれに影響されるようにその近海の海底の断層も動きます。この内陸側の地震、影響を受けた海底の動きから津波となり、西側を2構えで津波が襲うというものが最悪な状況であると見せられ、伝えられています。
このことから、改めて青森から新潟の日本海側を小難無難の祈りをしながら、山形へと参ります。
今回の地震、津波の小難無難に大きな役割を果たしますのが、山形がポイントとなり重要になります。
その後は、福島へと入ります。
また、現在世界で様々なことが起こっておりますが、これらの出来事は、ここ数年で火種が出き起こっているのではなく、30年以上の年月をかけ密かに計画されてきた事が芽を出し、世の中全体が悪い意識の存在の思惑へと動ごこうとしている状況です。
皆様にも、平和への願いの祈りのお力添えをお願いしたいと思っております。
祈り合わせの時間が決まりましたら、本日夜にでも、お力添えのご連絡をいたしたいと思います。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

比嘉良丸、りか
情報サイトリンク

◆地震情報《気象庁》
◆火山情報《気象庁》
◆台風情報《気象庁》
◆警報・注意報《気象庁》
◆海外の地震情報《JIS》
◆マーケット情報《ロイター》

イベントのお知らせ
セレモニーバナー
最近の記事
関連サイト
検索フォーム
年別アーカイブ
携帯用QRコード
QR