今後の予定について

2011.04.11.17:30

新暦4月11日(旧暦3月9日 申)

本日、沖縄から本土へと入りました。
今日中に四国の足摺岬へ車で移動し、ここでの祈りを皮切りに、啓示にあります東南海、南海地震を大難から小難、無難にするべく、太平洋の沿岸を祈り、まわっていくつもりです。

啓示では、今月17日、東南海、南海地方で強い地震があると伝えられております。
東北関東大震災で政治経済が大きく混乱している今、再び大きい地震が起きてしまうと、日本はひとたまりもありません。これだけはなんとしても防がなくてはならないのです。

私、良丸は、12日から15日にかけて、足摺岬から、室戸岬、紀伊半島、潮岬、知多半島、静岡へと回っていき、啓示で伝えられている前日の16日、東南海地方の経済の中心である、名古屋へと移動します。

その間、妻りかは、以前から啓示で伝えられております御神事を沖縄にて継続して行ないます。これは沖縄を本土に見立て、船で右回り、左回りと周回して聖地を結んでいく御神事です。いのちをうみだす働きを循環させ、動かしていくという意味合いがあります。本土を男性とするなら、沖縄は女性であり、これは母の仕組みともいえるものです。

これらの御神事に関しまして、12日(10時)と、16日(15時)、祈り合わせを行ないます。
明日12日は四国の足摺岬で、16日は良丸は愛知から、りかは沖縄から、本土と沖縄を繋ぐという形で、祈りを行ないます。特に、16日の沖縄に関しては、ライブ中継ということで、皆様と祈りを共有していこうと考えています。
どうか、伝えられております東南海、南海地震が大難から小難無難へとなりますよう、日本の政治経済が一日も早く安定を取り戻すよう、私どもと共に、どうか願い祈り下さいますよう、よろしくお願いいたします。


また、それ以降の予定といたしましては、東南海、南海地震と連動する、富士の噴火の啓示も強く伝えられております。
今月22日あたりで、富士で小規模の噴火が起こり、夏至あたりに大噴火の可能性がある、というものです。
そのときの噴火の火口は、周辺で最近強い地震のあった地域で、もし噴火が起こると、富士の形はほとんど残らないとまで伝えられているのです。したがって17日以後は、富士の噴火を抑えることを意識においた祈りとなります。

愛知のあとは、岐阜から栃木へ向けて移動していき、関東を中心に回って、富士の収めの祈りを行ないます。
そのための24日栃木、29日東京の講演会でもあり、それぞれの講演会にとても重要な意味があります。
この2つの講演会に関しましては、やはり実験的にライブ中継を行なう予定でもおります。
講演会の合間の25日~28日は、関東を回っていくつもりでいます。その先、4月以降の予定といたしましては、啓示で伝えられましたアラスカへの祈りの旅も企画しています。


未来を変えていくには、皆様の意識の変化、実際の行動が大切になっていきます。私どもの祈りの力だけではどうすることもできないのです。どうか、お力添えとご支援のほど、よろしくお願いいまします。

一部内容の重複になりますが、明日12日(火)午前10時、16日(土)午後3時の祈り合わせ、24日、29日の勉強会は、インターネットからのライブ中継も予定しています。こころのかけはしの講演会としては、初の試みとなります。会場にお越しになれない方は、ご自宅からの参加を心よりお待ちしています。


こころのかけはし 祈りの和
比嘉良丸、りか


-------------
お知らせ
-------------

祈り合わせ
4月12日 10時から
4月16日 15時から(インターネットライブ中継)

講演会のインターネットライブ中継
5月24日 宇都宮講演会 13時あたりから
5月29日 東京講演会  
インターネットでのライブ中継は下記アドレスで行う予定です。

http://inorinowa.org/live.html
情報サイトリンク

◆地震情報《気象庁》
◆火山情報《気象庁》
◆台風情報《気象庁》
◆警報・注意報《気象庁》
◆海外の地震情報《JIS》
◆マーケット情報《ロイター》

イベントのお知らせ
最近の記事
関連サイト
検索フォーム
年別アーカイブ
携帯用QRコード
QR