2011.04.21.09:00

おはようございます。
今日も引き続き祈り合わせの力添えいただけるよう、お願い致します。

私には、まだまだ油断大敵と常に伝えて来ております。

本当に毎回このような書き込みで申し訳なく思います。
何度もお伝えしてますように、私の見るビジョンや伝えて来る啓示の内容は、常に最悪の内容が伝えられて来ます。
私も良いビジョンや啓示を見聞きしない訳ではないのですが。それを伝えるお役目でしたら、どんなに良いか……

この世には陰陽の仕組みがあり、全て物事や物には対局があり、写し鏡になります。誰かが、陰陽の陰の役目、世の中に起こり得る災いや難局を伝えないといけない事があります。
誰かがその役目しなければならないのです。
決して、世間に不安や恐怖をあおり、騒がすためではなく、現実として今後確実に、数年先になるか今日なるかは、 起きて初めて知る状況になることがあります。

しかし、関東、東海、東南海、南海を元とする太平洋側、日本列島北から南までの地震、富士山を元とする火山の噴火はいつ起きてもおかしいくないのです。事実、大地震、大噴火は数十年から数億年周期で繰り返し起きております。それは地球が母親なる大地として、生きている証しでもあります。
必ず次の大地震、大噴火は起きます。
それを大災害にならないようにするため、命の親、母なる大地は、私達みたいな者に事前に教えて下さるのは、我々人間が自らのみらず、全ての命をに継ぎに繋いでほしいからなのです。
また、事前に大地の意志、動きを知り、それを利用しようとする存在や人々もいるのも事実です。

その事は、東京勉強会でお話しします。

今回の4月11日からの東南海地震と22日の富士山の噴火の鎮魂の祈りは突然、福島から関東にかけての神事になり、その後、高知を皮切りに四国の太平洋側、和歌山県、三重県、愛知県、大阪、兵庫県も含め淡路島、京都府、滋賀県、改めて愛知県と祈りをして参りました。わずかな時間で出来る場所が限られ来ますので、的を絞って祈りました。
本来は17日愛知県、後は岐阜県、長野県、群馬県、から栃木県に入り、東南海の海底プレートと本州の内陸部をプレートを結びのご神事を行う予定でしたが、違う働きがあり、東南海地震を回避するため紀伊半島から関西を中心に祈り、20日は10時頃から富士山の東西南北に4カ所を視点に祈り、最後は21日の朝日を迎えるまでの祈りで22日の富士山の噴火を回避出来たらと思っております。

どうか皆様の願いの祈りに込めて力添えいただけると大変心強く後押しになります。

どうかお力添え程お願い申し上げます。

比嘉良丸



※※メルマガを配信しています。是非ご登録下さい
<こころのかけはし メルマガ登録>

本日、メルマガを配信しております。
登録してもメルマガが届かない方は、ご登録時のアドレスが違っているか、もしくは、inorinowa.orgにて届くメールが迷惑メールとしてブロックされている可能性がございます。
お手数ではございますが、アドレスを改めてご登録いただくか、inorinowa.orgにて届くメールを許可するように、パソコン、携帯を設定していただけますようお願いいたします。
情報サイトリンク

◆地震情報《気象庁》
◆火山情報《気象庁》
◆台風情報《気象庁》
◆警報・注意報《気象庁》
◆海外の地震情報《JIS》
◆マーケット情報《ロイター》

イベントのお知らせ
最近の記事
関連サイト
検索フォーム
年別アーカイブ
携帯用QRコード
QR