学びの和 札幌市および個人祈祷セッションのお知らせ

2011.09.19.11:04

こころのかけはし祈りの和へのご賛同ありがとうございます。

9月24日(土)、25日(日)に札幌市で こころのかけはし学びの和(勉強会) を行います。
よろしくお願いいたします。

★9月24日(土)
こころのかけはし学びの和 札幌市
 札幌市生涯学習センター ちえりあ 研修室1 間違えておりました。正しくは 研修室5・6
 (札幌市西区宮の沢1条1丁目1-10 / 地下鉄東西線 宮の沢駅直結)
 13時10分開場、13時30分開演、16時30分終了
 参加費 2000円+ラブオファー(支援金)
 各地で行っている祈りの言葉及びその祈りに対する各聖地を司る存在からの言葉を収録した小冊子が付きます。

 ゲスト 城屋敷 氏 ~北海道の放射線量測定の旅報告~
 ゲスト イオン・アルゲイン 氏 『聖書の暗号は読まれるのを待っている』シリーズ著者

詳細:http://inorinowa.org/osirase/20110810.html

個人祈祷セッションは今回都合により取りやめとなりました。ご了承ください。
★9月25日(日)
個人祈祷セッション (まだ空きあります)
 札幌市生涯学習センター ちえりあ 研修室1
 (札幌市西区宮の沢1条1丁目1-10 / 地下鉄東西線 宮の沢駅直結)
 料金 20,000円(お一人50分程度)
 個人祈祷&お守り祈祷、お守り商品代込み

詳細・申し込み:http://inorinowa.org/mailform_kojinkitou20110925.html

====================
日々の祈りから
====================
先日大国ミロク大社での比嘉りかによる祈りの際に伝えられた言葉を記します。

日々の暮らしの中において
人々が感じ気付きゆくこと
それらの積み重ねが次の世への下地
土台となってゆく
何も感じなくなってはならない
受け止める心
受け止める意識
考える心
考える意識は
しっかりと持っておかねばならない
たくさんの世の中の人々の中において
受け流しゆかねばならぬことも多きものであろうが
たとえ多すぎたとしても受け止めること
考えることは諦めてはならない
何も考えなくなり
何も感じなくなってしまっては
この地上に
この星にいる意味
生きる意味が
何も無くなってしまおう
感じること
考えること
苦しみの中においたとしても
忘れてはならない


こころのかけはし祈りの和が広がりますように。

====================
祈り結びのお守り

情報サイトリンク

◆地震情報《気象庁》
◆火山情報《気象庁》
◆台風情報《気象庁》
◆警報・注意報《気象庁》
◆海外の地震情報《JIS》
◆マーケット情報《ロイター》

イベントのお知らせ
最近の記事
関連サイト
検索フォーム
年別アーカイブ
携帯用QRコード
QR