ご神事巡行記録 グアテマラへ

2011.10.10.09:07

こころのかけはし祈りの和へのご賛同ありがとうございます。

比嘉良丸、りかは10月7日(金)、中米グアテマラへ向けて出立しました。空港で皆様へのご挨拶をした中継の録画を分かりやすくまとめました。

==========================================
2011年10月7日 空港より

ミロク大社の比嘉良丸です。今日(10月7日)からグアテマラへ出発します。昨日(10月6日)12時30分の祈り合わせの時間に映像を流したつもりでしたが、妻の祈りの録画が流れていたそうで申し訳ありませんでした。

北海道はなかなか厳しいことがありました。車をぶつける事故を起こしたり、昨日(10月6日)北海道の警察署からスピード違反の通知があり、14日に旭川署に出頭せよとハガキが来ていてびっくりしました。ノシャップ岬に向かってる時にカメラで撮られたようです。沖縄のほうで認定と罰金が決まるそうです。それほどスピードを出したつもりはなかったのですが・・・お恥ずかしいしだいです。

今回グアテマラに行くのは、ネィティブやアボリジニ、要は土着民族や少数民族、特に北米、中米、南米の少数民族達のカルマ(コロンブスが大陸を発見した折に、もともといた先住民族が白人に迫害され、今日に至っているという事実)を確認するため、10月12日にグアテマラでコロンブスがアメリカ大陸を発見した日にディスタンスの儀式というセレモニーが行われているのでそのお祭りを見る為に行きます。そこでドン・アレハンドロとの再開も果たす予定です。

私自身は自然界の環太平洋をぐるっと周る火山帯やプレート、民族の持つ迫害を受けた怒り、苦しみ、怨念に対して祈りを致します。また、白人は現在の経済社会が崩壊し、新たな権力社会を作ろうとしている今日、少数民族はその民族で白人社会の文明を崩壊させ改めて自分達の社会を、英知を取り戻すという思いがあります。どちらにしても世の中の崩壊というのが前提になりますので、その意味合いも含めてしっかりと受け止めて感じ、未来の形をどういう形にするかのご神事の仕組みができるのかを感じ、確かめに行きたいと思っております。

5月に行ったアラスカ、7月のニュージーランド、10月にグアテマラと神事的には厳しいご神事ですが、できる限りのことを感じ、教わり、いにしえの精霊達からの想いを知り、大地の底からの教え、思いをきちんと受け止めてこれからの新たな地球の未来、仕組みを作るために何をしたらいいか、何を行えばいいかどういう意識を持たねばならないかをしっかり感じ教わってくる予定です。見えない精霊や神々、現地のシャーマンの方々から色々な教え頂き、それを参考に新たな仕組み作りを行いたいと思っています。

出発前のドタバタした状況でのライブ放送なので、きちんとした言葉になっていないかもしれません。グアテマラでの情報は新潟の長岡での勉強会でもお話させて頂きます。どうぞよろしくお願いいたします。

帰ってきたらご神事に没頭するとおもいますがお力添えのほどよろしくお願い致します。

==========================================

こころのかけはし学びの和 長岡市

平成23年10月23日(日)
 13時~16時30分
ハイブ長岡 2F 会議室D
 長岡市千秋 3-315-11
参加費 2000円
 (祈りの際に伝えられた言葉を収録した小冊子が付きます)

参加連絡・詳細
 http://inorinowa.org/osirase/20111023.html
情報サイトリンク

◆地震情報《気象庁》
◆火山情報《気象庁》
◆台風情報《気象庁》
◆警報・注意報《気象庁》
◆海外の地震情報《JIS》
◆マーケット情報《ロイター》

イベントのお知らせ
最近の記事
関連サイト
検索フォーム
年別アーカイブ
携帯用QRコード
QR