こころのかけはし祈りの和

2011.12.03.20:31

こころのかけはし祈りの和へのご賛同ありがとうございます。
日々の祈りの中で、伝えられてきている言葉をお伝えします。

=========================
比嘉りか 伝えられた言葉
=========================
平成23年11月30日
昼の祈りにて 大国ミロク大社

日々の暮らし 歩みゆく中にて
山もあり 谷もあり
楽もあれば 苦もありゆくが
どのように生きゆくか
どこに目を持ちゆくかは
その者によって違い
それによって
山は谷に見え
谷は山に見え
なだらかであっても 坂に見え
坂であっても 平坦に見えることがある
人の子らよ
一人一人の心によって
見方は全て変わりゆく
どれを主とするか
何を主とするかによって
目の前にあるものは
意味を変え 形を変え 印象を変えゆく
そのどれにするかである
どこになるかである
人々の心である
意識の持ち方なのだよ
何処に進むか否かも
人の心持次第
揺らぐことが無きように
しっかりと 根付かせておかねばならない
今からしっかりと
この地球という星
この星の上にある
命という生きている御霊
多くの生きている生き物達
しっかりと繋げておけ
心はいつも どこか遠くへと
飛びゆきがちであり
突然 いなくなったかと思えば
突然 見えたりもする
だからこそ
不安定なものであるからこそ
楽しみゆくこともでき
これもまた 一つの心持ち次第である
とにかく しっかりと 見つめてゆくこと
そこからまた
大切な出発が 生まれ出ることであろう
情報サイトリンク

◆地震情報《気象庁》
◆火山情報《気象庁》
◆台風情報《気象庁》
◆警報・注意報《気象庁》
◆海外の地震情報《JIS》
◆マーケット情報《ロイター》

イベントのお知らせ
最近の記事
関連サイト
検索フォーム
年別アーカイブ
携帯用QRコード
QR