こころのかけはし祈りの和

2011.12.05.12:00

こころのかけはし祈りの和へのご賛同ありがとうございます。

11月28日のライブ中継にて、お話しさせていただいた内容を文章化しましたので、掲載させていただきます。

=======================
比嘉良丸・りか イオン・アルゲイン氏
ライブ中継
=======================

【比嘉良丸より】
おはようございます。
大国ミロク大社の比嘉良丸です。
11月23日に3人の講師、東海アマさん、城屋敷さん、イオン・アルゲインさんを迎えて勉強会を行いました。
私は日頃から伝えられている自然災害等の啓示を少しお伝えさせて頂きました。
城屋敷さんからは北海道の教授のデータに基づいた情報を話して頂き、次に東海アマさんがデータと積み重ねた知識を持って放射能の話等を話してくださり、イオン・アルゲインさんが少し未来に希望を与えてくれるようなお話をしてくれました。

今日この映像を流す主旨としては、近年、2011年から2012年にかける経済や政治、自然災害に基づく啓示をもとに色々なご神事をしてきました。
啓示的にはかなり厳しい状況で、ご神事では日本列島を何度も周ったり、海に浸かって長時間ご神事をしたり山や雪の中に籠ったりして、色々やりながら多くの方々に祈り合わせを呼びかけ、妻を通しての祈り合わせもやってきました。
しかし残念ながら今年の3/11に大きな地震と大きな津波、福島第一原発の事故が起きてしまい、本来私の中では回避できることが起きてしまうということになりました。福島原発事故の放射能から人々の命を守るという行い、若い男女、被ばくした方々の全ての生命を守る為の活動が急がねばならないこととなっています。
しかしながら、私の啓示の中ではその流れもうまく善き方向に流れることなく、現状では最悪の状態に流れると知らされています。
その最悪の状況の中で今一番危惧しているのは、来月12月~1月にかけて、改めて日本列島で大きな地震が起きる可能性が高いということです。それに関しては何度も各地でお祈りをし、アラスカ、ニュージーランド、グアテマラ、台湾へも大陸プレートの関係からご神事にいきました。
その都度、12月~1月にかけての大きな地震の啓示については、何度問いかけても、回避するとか先延ばしできるとか良いご返事が貰えることができず、台湾では地震の後も戦争を回避するためのご神事をせよとのことでした。
本当に1月迄の2ヶ月間の間に房総半島沖で大きな地震が起こり、それが東北までの範囲に広がり、一番最悪なのは、その地震が東海、東南海、南海から琉球列島、台湾に至るフィリピンプレートを大きく刺激し、何千キロに渡り、マグニチュード8~9クラスの地震が連鎖的に起きる可能性があると伝えられています。それに伴い富士の噴火、中央構造線や活断層を刺激し、日本海側から東北、日本列島に連鎖的に地震が起きるという、最悪な状態になりかねないと啓示で伝えられてきています。私としては回避するため必死にご神事をしておりますが、残念ながら、回避できるとか先延ばしできるというご返事は頂けず、一時途方に暮れておりました。
今回10月にグアテマラに行った折、グアテマラの精霊たちに問いかけたところ地震に関しては、一切触れることはなかったのですが、来年12月までに1年かけてやるべきご神事を伝えられました。今はお話することはできませんが、はっきりとした教えは頂きました。そのご神事の言いつけを頂いた中で、根拠はないのですが、12月~1月の自然災害は自分の心の中では何とかなるという自信と信念が湧き出てきました。
その後台湾へ行き台湾では中国との紛争の事柄の啓示をお教え頂きました。その中でも色々教えて頂きましたが、やはりグアテマラと同様、今はお話することはできませんが、来年12月までのご神事の内容と来月向かう中国でのご神事をお伝え頂きました。台湾でもやはり、12月の地震は回避できるというお言葉は一切頂けませんでした。しかし、兵庫県の神鍋の神様が来年の1月から3月にかけて、フェリーに乗って日本列島を一周するご神事をせよと強く仰せつかった時に、12月~1月にかけての自然災害は先延ばしできる可能性ができたと、私自身認識しております。
しかし、かなり厳しい状態で自然災害は起こる可能性があります。
それと本当に注意しなければならないのは、自然災害がなんとかなっても、次に困るのは経済の問題です。
皆さん今ヨーロッパに意識を向けられていますが、本当に意識を向けてもらいたいのはアメリカです。特に金融、お金の価値や金の価値がいきなり紙屑になる可能性が、やはり来月12月~1月にかけて起きる可能性があります。これは前触れ無しに、いきなり経済が崩壊する可能性があります。これも本当に注意していかなければならないと思っています。
11/23の勉強会の中で、12月にイオン・アルゲインさんに中国に行ってもらい、私はアメリカに行きご神事をするとお話しましたが、実際的な問題で、自分の費用や経済な事柄で今回はアメリカを断念し、中国に行くことにしました。中国では上海から福建省、広東省へとの流れで、ご神事に行って参ります。その後帰ってきて1月からのご神事となります。
今私の隣にイオン・アルゲインさんが座っていらっしゃいますが、1月上旬に対談方式の「聖書の暗号とスピリットの啓示」というタイトルで、前回と同様ABC出版から本を出すことになっております。予定です。本日はその本の為の対談をするのですが、少し時間を頂いて、この映像を流しております。

11/29には東京ミーティングを行います。
このミーテイングは、グアテマラの最長老でありマヤの大神官であるドン・アレハンドロを迎えて、来年の6/17富士の麓にてファイアーセレモニーを行い、マヤの預言の真実等を語って頂く催しを考えています。現在体調を崩されているのですが、その時体調が良ければ参加してくださるということを承諾頂いています。
参加して下さることができるよう、私もドン・アレハンドロの健康が良い方向に向かうように祈り、彼に日本に来て頂き、きちんと彼の手でファイアーセレモニーを行い、天と地を結ぶ大きなセレモニーを行い、ドン・アレハンドロのメッセージを日本中に、また世界に伝えられればと思っています。

一旦11/30に沖縄に戻り、12/3まで沖縄での心のかけはし祈りの和のスタッフとの会議を行い、それから北海道のご神事に入ります。そして先ほどお話した、中国のご神事に12/12~12/16まで行き、帰国して12/29か30日まで関東と関西を行き来するご神事となる予定です。
カレンダーでは12/10に沖縄で桑名晴子さんのラッキーアイランドプロジェクトのチャリティーライブと講演、稲葉先生の瞑想という催しがあります。12/17・18桑名晴子さんの同じチャリティーライブと講演と同時に名護先生の講演、イオンアルゲインさんによる講演と催しが決定しており、私もそれに参加しなければならないのですが、12月の地震を回避する為のご神事に集中したい為、私の代わりに妻の比嘉りかから、女性の目から見た今後の未来を語り、祈り合わせをさせて頂きます。皆様にご案内していた講演内容が変更となることをご了承ください。
私もご神事を中心に、もう少し意識を深く、ご神事に深く入った状態で、12/30ギリギリまで、本州の関東、関西日本海側を周ってご神事をします。

もう一度お話しますが、来月12/6辺り、そして12/15の前後一週間が一番危ないのではないかと思っております。
自然災害が起きれば関東大震災だけでおさまることなく、来年の1月、2月に連鎖的に東海、東南海、南海から沖縄、台湾までそして中央構造線から始まり、千島火山帯、鳥海火山帯、白山火山帯、色々な構造線の刺激による地震、火山の噴火が連鎖的に起きてしまう可能性があります。
起きてしまうと、日本という国は崩壊するしかない状況になります。これは決して脅すつもりではないのですが、それを啓示で受けておりますので、何とか回避するためのご神事を行います。その為、講演の内容が変更となることをお許し頂き、私の代わりに妻が参加させて頂くことにご協力を頂き、温かくご支援、お力添えを頂ければ幸いです。
皆様からお叱りを受けることもありますが、実際私達が活動するには費用がかかり、資金の面ではかなり厳しい状況です。ご理解とご賛同を頂ける方は、ぜひご支援をよろしくお願いいたします。

現在、賛助会員という形で皆様にお願いをしておりますが、こちらは、現実的な活動として放射能の被害に遭われた方々への支援に使わさせていただいております。
今お願いしておりますのは、私たち夫婦が今回の御神事の中国も含めて、その後に伝えられております、沖縄与那国からフェリーを乗り継いで、日本列島を一周まわる御神事に、本当に大変な費用がかかります。それと日本列島を回り、災いの小難無難を平和を祈る御神事も、実際には正直なところかなりの費用がかかっているのが現実です。もし、私たちの祈り、行いに賛同してくださる方々の中で、ご支援くださる方がいらっしゃいましたら、お力添えいただければ幸いです。
映像の中で、このようなお願いをしており本当に申し訳ありません。今は恥じらいもなく、とにかく12月、1月から2月にかけての自然界の災害の回避、またそれだけでなく経済、特に金融の流れの崩壊の回避だけはなんとか、きちんと回避しなければ、本当に第三次世界大戦への流れが一気に出来上がってしまうと伝えられております。そこまで行ってしまえば、本当に戦争を止める策がなくなってしまいます。どうかお力添えいただけますよう、お願いいたします。


(ご神事巡行支援のお振込みはこちらで受けております)


もうひとつ、10月27日に隣におりますイオン・アルゲインさんが、聖書の暗号を解読するソフトを開発し、発売いたしました。そのソフトは、本当にこれから世界の、世の中の未来を変えるだけの力のあるソフトです。その最初の一歩でありますが、今後、第二弾、三弾、四弾と何回かに分けて開発していきますが、まず手引書のような第一弾のソフトが10月27日に発売されました。
これが何故大事かと言いますと、これからの未来を想像する、予知するにあたり、私たちのような霊的な活動をする人たちの予言や、一般学識の学者たちの、経済、政治、そして官僚たちなど専門家の予測というものが、今現在本やインターネットで情報として飛び交っています。多くの方が、真実と事実ではないものに振り回されながら、振り回されるだけでなく、それをうまく利用している方々もたくさんおります。そこで、今本当に自分自身で未来を知りたい、本当に大事な未来を自ら聖書の暗号から拾いだし、自分で自分の人生を自分で決めることができるというソフトは、今後色々な情報に振り回されることなく、自分自身で自分の未来を見据えゆくことができる大事なソフトだと、これは、私自身の考えというだけでなく、実際の啓示でもおりていることでありまして、今イオンさんとともに活動させていただいています。私もかなり毒のある人間なので、イオンさんにも大きな負担となるときも多々あることと思いますが、聖書の暗号というのは、今未来を救い、未来を創る大事な手引書だと思っていますから、出来るだけ自分の啓示をふまえ、自分の出来る活動をふまえて、お手伝いが出来ればと思っております。

長々とお話いたしましたが、もう一度おさらいをいたしますと、12月から、実際には2月、3月までだと思いますが、本当に大きな自然災害が起こると啓示で言われております。実際に起きれば、日本という国が立ち直ることが出来なくなります。それだけではなく、経済について、ヨーロッパではなく、アメリカで突然予兆なく、崩壊、もしくは崩壊に近い状態が起きる可能性があります。また経済の崩壊の前に金融に関しても、お金の価値がいきなりなくなる可能性があると、常にビジョンで見ており、警戒しています。それが12月から来年にかけて起きる可能性があるということで、今御神事に集中しようと思っております。どうか、皆様の真心の祈り合わせのお力添え、ご支援のお力添えをお願いいたします。
平和の未来を思い描き、願う、そして、その為に行動を起こす。それが、良き未来への一歩となります。
では、少し私とバトンタッチして、いきなりですが、イオン・アルゲインさんに少しお話いただいて、そのあと、妻の方から祈りをさせていただきたいと思います。


【イオン・アルゲイン氏】
イオン・アルゲインです。稲生雅之と申します。今日は、良丸さんとの対談を本で出すということで、その準備でここにいたのですが、いきなりここに座って、中継に映ることになりました。
現状、ここ最近の太陽の状態、宇宙の状態をチェックしている中で、エネルギーが向こうから流れてきて、特に危ない状況というのはなかったのですが、昨日一昨日辺りにちょっと活動が活発化して、今地球にいっぱいエネルギーが飛んできていますので、その想定のお願いを今日(11月28日)の午後にメルマガで流す予定でした。そのあと、結局今お話があったタイミングで流せて、今まで静穏だったところのエネルギーを使って太陽さんからいっぱいエネルギーが飛んでくるので、その対策はお願いしたいと思っています。12月、特に5日だとか、6日だとか、15日とかに向かって、活発化すると思いますので、こちらもホームページからも対策をお願いしたいと思いますので、よろしくお願いします。
前回の勉強会でも話がありましたが、危ないエリアは全世界に及ぶので、日本も危ないですが、他のエリアも危ないです。どういう形でエネルギーが分散されるかということが問題ですし、なるべく大きなものにならないよう、分散して欲しいと思っていますが、結局地球全体として、地震が増えているというのは統計的に明らかなことであり、いつまでも何も起きないで済ませるということは、どうしても出来ないところだと思います。なるべく意識のある人から、大きなものにならないように、というお願いをしていただければと思っています。まずは中国で、その後どうなるかというのは、その時点で考えることになると思いますが、来年も色々な所を回って、エネルギーのたまっている所ですとか、太平洋プレート、もしくはフィリピンプレートの調整に繋がるような所を色々見ていきたいと思っています。今日の夜、詳しいことは流しますので、ホームページの方を見ていただければと思います。どうもありがとうございました。


【比嘉りかより】
今回、主人と、またイオン・アルゲインさんとのお話を本にさせていただくことになりました。また、聖書の暗号の中から、バイブルコードとして出てきているものと、また主人が啓示として受け取っている、未来の内容、これらを違った角度から見つめることによって、未来に対しての回避の仕方、小難にする仕方、また今生きている私たちが、どのような形で歩んでいけばいいのか、どのような心構えを持っていけばいいのか、そういったこともお話の中ででできたらいいなと、私は思っています。
今、何が一番大切かというと、今を生きている方々が、未来をどのように創り上げていくか、そして次に生きてくる、また生まれてくる命たちに対し、どのような世の中、どのような地球を残してゆけるかということが、とても大切なことになってくると思っております。
どこかに逃げたり、どこかに移動したり。私たち人間が造り出したものによって住めなくなった状態を捨ててどこかに行くのではなく、しっかりと後片付けをして、そして人間がいなくなったとしても、命がまた宿るような場所にしてゆかなければなりません。それはこの星が、命あり、生きている星であるからこそであり、私たちがこの星の上に生きている、命ある住人の一人だから、その役割は課せられている、任されているものだと思っています。
また、人間だからこそ、良くも悪くもこの星を変えていくことが出来ます。今ご覧いただいている多くの方々は、本当にご自身のお子さんや、ご自身が繋いできたもの、それらをどのような形で残していくか、そして残されていく命たちに対し、どのような未来を残しゆくことが出来るかということを、一緒に考えてくださっている方々だと思います。ですので、そのようなきっかけやヒント、また行動、どのような心構えを持っていったら良いかといったことを、この二人の対談の中から、様々な角度から見つけゆくことができれば、読んでいただける方に、そのようなヒントが届けばいいな、と思っています。
多くの方々が、今この世の中に対して、どのようにしていったらよいのか、とても考え、そして悩み、迷っている方が多いと思います。思います、というより、現実に皆さんそうだと思います。そして、ご自身が出来ること、その中から模索しながら、どうやったらよい未来を残せるか、よい未来を残すために自分が出来ることは何だろう、というように考えながら、日々暮らし、また見つけたことを、小さなことであったとしても、無理なく、そして続けてくださっていると思います。
よく私が伝えられてくる啓示の中で、本当に些細なことであったとしても、ご自身が未来のことを考え、未来を、命をつなぐために決めた行動、例え小さなことであったとしても、続けてほしいと伝えられてきます。それは、最初は小さなことであったとしても、それをどんどん繋げていくことによって、幅が広がります。幅が広がるということは、続けていくことに慣れてくるということもありますが、慣れるからこそ、次の段階、次の幅へと広がりゆくことが出来るのではないかと思います。ですから、例え本当に些細なことで、こんなに些細なことでいいのかな、というような躊躇いがあるようなことであったとしても、ご自身が出来る行動を続けていくことによって、大きな道へと広がっていくことが、続けるという時間の流れから出来上がってくるものです。
最初から大きなことはしなくていいと思っています。もちろん、立場が違えば、最初から大きなことが出来る方もたくさんいらっしゃいますし、行動力のある方であれば、大きなことが出来る方も中にはいらっしゃいます。ですが、大きなことをしなければいけない、何かやらなければ行けない、という気負いに負けてしまう。それが一番もったいないことです。せっかくご自身がこれをしよう、これなら出来るかもしれない、と思ったこと、思うことが見つかったのであれば、それを躊躇することなく、恥ずかしがらずに、少しずつ行っていただければと思います。
必ずやそれは大きな道に繋がっていきます。そして、その行動を続けていくことによって、その行動に共感し、賛同し、少しずつその和が広がっていきます。それは、本当に小さなことであったとしても、すぐには広がらなかったとしても、続けていくこと、重ねてゆくことによって、それは広がっていきます。ですから、どうか挫けることなく、諦めることなく、ご自身が思いついた、考えついたこと、今の立場で出来ることを少しずつ始めていただけたら、と思っております。

また、ずっと同じことを繰り返していくというのではなく、時が経てば出来ることも広がりますし、時が経てば立場も変わりゆきます。立場が変わったときに、ひとつ段階、ひとつ大きなものが、行えるかもしれません。先ほども言ったように、慣れてくることによって、広げられる行動や広げられる範囲が広がってゆきます。ですから、どうか、本当に諦めることなく、また固執することなく、一つのことに捉われることなく、進めていっていただけたらと思っております。
また、前回の勉強会のときに、イオンさんがおっしゃっておりましたけれども、人間は本当に愚かではないです。今まで、科学や技術や様々なことを積み重ね、そしてこの社会を作ってきました。でもその社会を作るための方向性が、自分たちの欲や、他の命たちのことを考える暇もなく、考えることもなく進んできてしまった結果であります。
でも今ここで気付いて、自分たち人間という命だけではなく、動植物やこの星自体が命あるものですので、その多くの、自分だけでない命のために何が出来るのかということを考え、また多くの命を救うためにはどのような行動が出来るのか、またどのような開発、進化をすることが出来るのか、という本当に視点・方向を変えるだけで、私たちの持っている技術や感覚、そして築き上げていく力というものは大きく変化させゆくことが出来ます。ですので、今ある社会を、少しずつであったとしても、本当に視点を変えるだけで、共存してゆける社会へと変えゆくことが出来るのではないかと、思っています。
伝えられてきている啓示も、この世の中を見てほしいということ、そして私たちだけではない、多くの命たちと共存しているということに気付いてほしいということを伝えてきています。それに気付き、そして気付いたからこそ、今までの方向性を変えることで、大きく世の中は変わるのではないでしょうか。
もちろん、一人が方向性を変えた所で、世の中が全て一遍にガラッと変わる訳ではありません。ですが、誰も見なければ、誰も変わらなければ、今のまま、人間たちのためだけの世の中に進み続けてしまうだけとなってしまいます。そしてそれは、皆さんも感じ取っていらっしゃるように、目の前がどん詰まりになるのは、分かっていらっしゃると思います。薄々感じていらっしゃることだと思います。今、本当に私たちだけでない、地球上にある多くの命たちのことを考え、私たちだけが住み良い社会ではなく、住み良い星ではなく、多くの命たちが住み良い社会に変えていけるように、多くの命たちが住み良い星になるように、変えていける本当に大切な時期ではないかと、感じております。
一人一人の些細な方向の転換、考えの転換、そして向かっていく方向の転換によって、それは最初は小さな流れであったとしても、一人ずつ変わることによって、少しずつ未来が、流れが変わってゆきます。すぐに人は変わるものではありません。でも、気付いた人から変わることは出来ます。そして、その変わった人を見ることによって、少しずつであったとしても、その気付きという布石は皆に投げることができ、そしてその波紋は広がっていくことが出来ます。
どうか、周りが全く気付いてくれない、変わろうと思ってくれないと思い、嘆くのではなく、まずはご自身がとにかく思った道を進んでみる。例え周りの方々になかなか伝わらなかったとしても、それでも少しずつ変化はしていくはずだと、私は思っています。少しずつ、本当に小さな、些細な道のりであったとしても、必ずや時間をかけて変わることが出来ますし、そして一人ではなく、自分の身の回りでは変わる人がいなかったとしても、大きな社会や大きな世界を見たときには、同じような考えを持ってくださっている方は、必ずいらっしゃいます。そして、そこと繋がること、またそこから少しずつ波紋が広がるということは、段々と皆さん、その流れへと流れていくのではないでしょうか。
善き道、善き未来とは、どういうことなのでしょうか、想像がつきません、とよく聞かれます。本当にご自身や、大切な方、愛する方々が笑顔で、安心して暮らしてゆける世の中、そしてその大切な方々というのは、もちろんご家族や友人や、大切に想っている方というのもありますけれども、家族の中には、わんちゃんや、猫ちゃんや、鳥さんというように、家族と同じように、人間ではない動物と呼ばれる命たちとともにいらっしゃる方もおりますし、本当に慈しんで植物を育ててらっしゃる方もおられます。動物や植物たちが、本当に安心して呼吸できる世の中や社会、安心して暮らしていける世の中、伸びやかに過ごしてゆける世の中を創っていくために、そのようなことを描き、想い、善き未来としてお祈りしていただけたらと感じています。
止めどなく話させていただきましたが、丁度12時半になりますので、昼の祈り合わせとさせていただきたいと思います。いつもの祈り合わせからすると、少し早いですが、この時間からお祈り合わせをさせていただきますので、どうかご一緒に、人間だけではなく、多くの命たちが安心して暮らしていける世の中を思い描き、そして真心を寄せていただけたらと思います。
この日々の祈りの中で、目を開けたときに、いつもと少し違った風景が見えることを願っています。新たなる気付きがあるように。日々の暮らしの中、決して同じことの繰り返しではありません。日々変わっています。目には映らなくても、気付けなくても、日々必ず時が経っているということで、日々変化し続けています。その変化をよき方向へと向かわせゆくか、向かわせゆかないかは、今の生きているものたちの行動如何によります。ですから、どうか祈りとともに、見えない守護神、守っている方々の小さな気付き、小さなサインを見落とすことがないように、日々善き未来へと歩み行くことが出来るよう、真心からお祈りをさせていただきたいと思います。
では、お力添えをお願いいたします。

=========================
比嘉りか 伝えられた言葉
=========================
平成23年11月28日
昼の祈りにて ライブ中継

日々の暮らしの中より
人々は 間違うことも多く 迷うことも多く
戸惑いも多く また諦めも多かろう
だが 決して 挫けたままではならない
しっかりと その場所から 再び立ち上がり
歩み行く一歩を 進めてほしいのである
その一歩を進めるか否かは
その者その者の 心の強さ 意志の強さに他ならぬが
だが 決して 挫けたままでは あってほしくないのである
その一歩や その一つの力が
多くのものの 命を救う一歩であり
多くの命を救う一歩なのである
そなたたち人間の歩む一つ一つは
その一つ一つで 命を一つ一つ救うことも出来るのである
微々たるものではなく 力強いものなのである
決して 諦めることなく 進み 生きていってほしい
その願いは今や 世界の人々へと繋がり続けゆくものであるが
決して それらを止め続けてはならない
一つ一つ繋ぎゆくがよい
大切な道筋 大切な歩み
その命たちはまた 次のものたちへと命を渡し続けゆくであろう
決して 諦めてはならない
大切な道筋 その道を 一つ一つ
例え 挫けたとしても 諦めることなく進み続けるがよい


多くの命たちと共に 歩みゆける未来を
今生きゆく命たちが 次の命たちへと 繋ぎ続けゆくことが出来ますように
日々の暮らしの中にて 少しずつの方向の道筋
目指しゆく道筋を 見つめ続け
そして 平和 平穏 平安の道筋を 歩み続けゆくことが出来ますよう
どうか守り導き 支えくださりますよう 願い祈りいたします
情報サイトリンク

◆地震情報《気象庁》
◆火山情報《気象庁》
◆台風情報《気象庁》
◆警報・注意報《気象庁》
◆海外の地震情報《JIS》
◆マーケット情報《ロイター》

イベントのお知らせ
セレモニーバナー
最近の記事
関連サイト
検索フォーム
年別アーカイブ
携帯用QRコード
QR