こころのかけはし祈りの和

2011.12.16.13:03

こころのかけはし祈りの和へのご賛同ありがとうございます。
日々の祈りの中で、伝えられてきている言葉をお伝えします。

=========================
比嘉りか 伝えられた言葉
=========================
平成23年12月1日
昼の祈りにて 大国ミロク大社

一つ一つの事柄が
難しきことに思えてみえても
多く見ることによって
それぞれが それぞれを
活かしゆくことができるものであるということを知ろう
また 全体が難しく見えていることも
一つ一つが 活かされていないから
活かしきれていないからこそ
難しきものであるように見えるものがあろう
一つ一つを 分散し 分割し
見にゆくことによって
それらは 様々な角度から見て
大したこともないことであったり
そして とても大切なことであるということに
気付けるのであるが
大きな目 全体から見つめると
判らぬものであったり
見え難きものであったりもしよう
どうか その一つ一つを見つめること
そして 遠くから全体がまとまり
バランスが取れているかということを
見ることも 大切である
一つ一つに集中し
こだわるのでも
また全体だけを見て
小さな一つを見ないのも
バランスの崩れた見方なのである
調和の取れるように
小さきもの そして全体と
全体 そして小さきものと
しっかりと 見つめることができるように
心の豊かさ 心の目
そしてしっかりと 頭と心を繋ぎ
この大地と繋がれ
善き未来を歩みゆくことを
導き そして支えゆこうではないか


----------------------------------
平成23年12月2日
朝の祈りにて 大国ミロク大社

今の未来には 何を見つめるか
何か見つめることができなければ
今から その元種を 作らねばならない
希望を見つめるのであるならば
今から その希望に向かわなければならない
明日ではない
今である
しっかりと歩みゆかねばならない
なぜならば 明日はまた 未来であり
その次もまた 未来なのである
日々 一日一日
未来を作り出し 生み出しているならば
今 この瞬間から始めなければならない
情報サイトリンク

◆地震情報《気象庁》
◆火山情報《気象庁》
◆台風情報《気象庁》
◆警報・注意報《気象庁》
◆海外の地震情報《JIS》
◆マーケット情報《ロイター》

資料
御神事における参考資料を掲載
イベントのお知らせ
セレモニーバナー
最近の記事
関連サイト
検索フォーム
年別アーカイブ
携帯用QRコード
QR