こころのかけはし祈りの和

2012.01.04.09:56

こころのかけはし祈りの和へのご賛同ありがとうございます。
12月18日の学びの和名古屋での祈りの言葉と、それに対し伝えられてきている言葉をお伝えします。

=========================
比嘉りか 伝えられた言葉
=========================
2011年12月18日
学びの和名古屋 アレックス 貸し会議室

新暦12月18日 ことあけて申し上げます
いかなる災いも 小難無難と変わりゆき
多くの命たちと共に 生きとし生けるものたちと共に
そして 多くの方々と共に
心安く 安心して暮らしてゆける世の中を 創りゆくことが出来ますよう
守り導き 支えくださりますよう 願い祈りいたします
一つひとつの力は 例え 小さくとも
共に手を取り 助け合いながら 歩みゆくことによって
大きな 動きゆく力となりゆきます
例え 小さな かすかな動きであったとしても
日々 重ねゆくことによって その動きは大きなものとなり
動かしゆく 確実なる力となりゆきます
幾久しく この星と共に この命の塊である この星と共に
そして この星を共に創ってゆく 多くの命たちと共に
共に助け合いながら
安心して呼吸が出来る 安心して生きてゆける
安心して生活できる空間を 作りゆくことが出来ますよう
この星を創り続けゆくことが出来ますよう
守り導き 支えくださりますよう 願い祈りいたします
一人ひとりに分かる形にて 分かる目印にて
その方々の創り続けゆく 繋げ続けゆく未来へと
導きくださりますよう
衣食住 決して困ることなく
そして 導き 目印を決して見失うことなく
また 間違うことなく
例え 挫けたとしても 決してそのままではなく
学び そして 次へと繋げゆく しっかりとした土台を掴み
次へと 繋ぎ続けゆくことが出来ますよう
一人ひとりを導き 守りくださりますよう
心より 願い祈りいたします

伝えられてきている言葉

そなた達一人一人は
日々の暮らしの中を歩みゆく 命である
多くの命はまた そなた達と共に
共存し合い 手に手を取り 助け合いながら
互いの命を 支え合いながら 生きている命達である
この星は その命の塊であり
そなた達はまた 再び改めて
この星の在り方を 知らねばならない
この地上は今 混沌としており
命達は今 彷徨い続けている
そなた達が今 見なければならぬものは
当たり前のように 自らの足元であり
そして 自らでもあるが
数々ある命達もまた 振り返らねばならない
それは 手に手を取り助け合いながら 進みゆく
同胞 仲間であることを
改めて認識しなければならない時なのである
今 この時を迎えている
そなた達は 多くの命の手を放してはならない
多くの命を手放してもならない
そして 一つづつ 歩み続けなければならない
今 危うき命達が多きことを
知っていることであろう
その危うき命達こそが そなた達の命を守り
そしてそなた達の命を 作っていることもまた
知らねばならない
共に生きゆくもの 人という存在だけでは無し
様々なる 大小様々なる命達が
そなた達と共に 手を取り助け合いながら
生きているということを 知らねばならぬのである
これから改めて 知りゆくことが 数多く有りゆこう
だが決して 怯んではならず
そして 諦めてもならない
また 手をつないでいることを
忘れてはならない
人という人々だけでは無し
繋いでいるのは 命である
次へと託してゆく
それも 命を繋ぐということでもあるが
見えぬ命と命の繋ぎ
大小様々なる 生きとし生けるものと共に
助け合いながら生きていることを
決して 忘れてはならない
そして その存在達のことを 忘れてはならず
その存在達を 無下にしてもならない
その存在達がいるからこそ
歩んでいることを 忘れてはならず
そして その存在達がいるからこそ
自らの命が 続けられ続けていることを
忘れてはならない
情報サイトリンク

◆地震情報《気象庁》
◆火山情報《気象庁》
◆台風情報《気象庁》
◆警報・注意報《気象庁》
◆海外の地震情報《JIS》
◆マーケット情報《ロイター》

イベントのお知らせ
最近の記事
関連サイト
検索フォーム
年別アーカイブ
携帯用QRコード
QR