祈り合わせと啓示について

いつもお力添えありがとうございます。

明後日富士山の頂上にてお祈りをしますが、本日は、その際に皆様のお力添えをお願いしたく書き込みをいたします。
今回、お伝えしたいことですが、まず、私が数十年前から見ていたビジョンがあります。
これは、2013年頃から政治・経済の混乱、そして、そこから重なるように自然災害の発生と繋がり、2015年あたりに中国との紛争が起こり、2016年・17年辺りには本格的な第三次世界大戦がおきるというビジョンを見せられてきました。

そこに至るまでの要因として、国内外でのテロや紛争・政治的な駆け引き、経済をからめての駆け引きで、それらの中には、エネルギー問題・領土問題・国益をかけた政治的な観点からの駆け引きが行われてゆくなか、自然災害の地震・津波・噴火・大雨などといった、あらゆる自然災害が重なり、世界的な経済・政治の混乱から、まずは、アジアで、日本と中国、朝鮮半島(韓国、北朝鮮)、そして、ロシアを含み、台湾、フィリピン、インドネシア、ベトナム、タイ、カンボジア ラオス といった東南アジア インド、パキスタン、中央アジアから西アジア、アフリカまでの地域のエネルギー紛争と宗教戦争といった流れが一気に起き、広がってゆくと伝えられてきていました

そのような中で、本当に深刻な不安要素をつくってしまうのは、日本と中国、朝鮮半島の極東アジアの動きであり、それが一連の世界大戦までの大きな要因となると伝えられてきていました。
これは、過去にあった東南アジア全体の大東亜戦争のような状態へと進み、次第に中央アジア、ヨーロッパまで混乱に巻き込み進んでゆくと伝えられていました。

現状の世界で緊張が走っているとみているのは、イスラエル・イランの宗教争いとエネルギー問題です。
ですが、ここでもし戦争が勃発しても、先ほどの流れのように一気に第三次世界大戦になる可能性はなく、また、そのようになるとは伝えられてきておりません。
この地域でこれまで起きてきた延長として、中東戦争の流れと一緒であるとして、ヨーロッパも世界も冷静に対応しようとし、ここでの紛争から、冷静さをなくすことはないだろうと伝えられてきています。
ヨーロッパの経済の不安要素も、このイスラエル・イランの争いが起こることで安定することが大きいとも伝えられてきております。

大まかではありますが、これらは、数十年前からずっと見せられ続けている啓示の一つです。

上記の流れへと進み行く要因として、9・11や2004年のスマトラの地震やパキスタン、中国四川、日本、ハイチ等の近年の大きな自然災害・異常気象が起きることが伝えられており、経済や政治の分野では、2009年のリーマンショックや日本国内の経済金融危機、そして、日本国内での領土問題も要因として強く見せられていました。

注意すべきものとして、この流れの中、自然の驚異があり、それは、感染病・伝染病と伝えられています。これは、自然界の変化や季節的なものから、人間の故意的な細菌テロを含めて見せ伝えられております

私は、これらの要因が起こり、流れが悪い方向へとゆかないように一つひとつ、分散分割や先延ばしするご神事を行なってきております。

私自身、一昨年の暮れまでは、当初2013年頃に起きる見せられていた日本と中国の紛争危機の啓示が、2015年から2016年に先おくりになり、そこから流れてゆく本格的な戦争も、2020年あたりまで先送りができたと思っておりました。

しかし、昨年の3・11後、その流れが一気に戻されたかたちとなりました。

特に、尖閣列島・竹島・千島列島問題は、政治的な内容以上に、そこには、エネルギー経済の意味が大きく、国の領土という事、過去の因縁という事も根深くあります。この問題は、政治的・軍事的な問題を生む可能性が出てくると伝えられており、これまでも、それをなんとかしなければならないということで、皆様には、勉強会や時には、ブログにて伝えてきました。

政治的な問題は、伝え方を間違うと大変なことになります
誤解を招くので注意を払いながら話してきました。

ですが、今、私に伝えられてきている状況は、危機的な分岐点にきています。
現在の状況で進むようであれば、日本の国の政治の流れが、今年、もしくは来年に大きく動き出すという危機感を持っています

このままの状況が進んでゆくと、様々な諸問題、自然災害や異常気象・経済・政治・領土問題・病気といった災いが本当に重なって起こることによって、経済、政治、健康と精神的に追い詰められてゆきます。
冷静さを失うと、人はいっきに一極の考え方に偏り、この考え方は集団意識の中で戦争への流れを生み出す可能性があります。

このような一極の考えにまとまった集団意識は、今まで繰り返されてきた実際の歴史でもあり、何度も経験してきた事実でもあります。

私のブログやメルマガを読んでいる方は、そんな偏るようなことはないと思われるかもしれませんし、意識が高い人の考えでは、おろかな行為は気づきを得ているというかもしれません。
ですが、世の中が偏った考え方に偏ると、精神性が高い人達も、軍事的・政治的に迫害を受け、活動ができないように追い込まれてきたもの事実です

このような状況を打開してゆくには、今、多くの人達が自分達の未来を考え、そこに向かっていかなければならないという精神と行い・行動が重要になっていると伝えられています。

今回、6月から始まり、海外をも含む長老達を交えての御神事は、日本列島を縦断しての1ヶ月に渡る御神事でした。
このご神事は、これまでの悪い流れを断ち切り、未来への素晴らしい道筋を作るための御神事でありました。

長老達との後、私達は、繋ぐ御神事として日本列島を縦断するご神事をおこなってきました。

明々後日の24日、富士山頂上で朝日と共に、長老達との結びの御神事として、そして、前述しました様々なる悪い流れへの要因を断ち切る為に、これまでの過去のいらない物をあらため、新たなスタートとなる祈りを富士山の頂上でおこないます。

どうかこの祈りに、皆様の平和への願い祈りの力添えをお願いいたします。
多くの方と共に祈る事にて、大変大きな力添えとなり、新たな未来の道筋が、きちんと始まると思います。
どうか一人一人の平和への願い祈りのお力添えをいただければと思います。

今回も突然の呼びかけですが、宜しければ、私達は、須走登山入口からはいります。山頂の朝日を拝み祈りました後、改めて火口でお祈りを行ないます
簡単に登る山ではありませんが、可能ならば、現地にきて下さる方もいらっしゃいましたら現地にきていただき共に祈り下されば、幸いです

最後になりましたが、いつも力添え いただいております 桑名はるこさんから メッセージが届いております。 
これは、はるこさんのお兄さんであります 桑名正博さんのメッセージとして はるこさんが 伝えてきたものです
それも踏まえてご覧いただきまして、24日の朝の祈り合わせに力添えをいただけますようお願いいたします。

**以下 桑名はるこさんからの富士頂上での祈りにおいてのメッセージです**
皆様
いつも 心からのお祈りを ありがとうございます。
さて私の兄 桑名正博が脳幹破裂に襲われ 現在 心肺蘇生延命器具により余命二日と宣言されるや皆様の応援や祈りの力、また彼自身の生命力にて奇跡的に 5週間肉体レベルで 逝き長らえております。

しかしspiritsは すでに 肉体を 離れたりしてあらゆる所に 参っているようです。
実はある日、病室から 彼の お気に入りのブーツが 消えました(*_*)
家族は いったい何処に ブーツを はいて いってしまってるんだろうと
なかば 笑い話になっていましたが、日々の看病など忙しくブーツのことも忘れそうになった先日に、わたしは、深い瞑想の中で いま現実に起きていることを全て受け入れ、兄のspiritsのガイドさんが おられるならば、兄を正しい道に導いてくださいと祈りました。
すると夢かうつつか…兄が、病室から消えたブーツをはいて現れ、みんな気づいてないけど戦争や震災、また、この世に悲しみや怨みや思いを残したまま他界した古くからの魂…想念…が、沢山 沢山いろんな次元でさ迷っているよ。このさ迷う魂…想念を 一気に挙げるからお前も手伝え!!と いいました。
手伝えって何をしたらいいのー?と聞くと、お前は 生きてるんやろ?生きてるもののできることは供養や!!と叱られました。
私の軽率でありますがイメージでは、その悲しみや怨みや妬みや思いを浄化し、ご先祖さま御霊も含め、供養と喜びの祈りにて世界中のまた地球じたいのレベルを挙げること、個々の心の意識を挙げることにも繋がる、意識レベルの祈りが必要といっていたような気がします。

しかも、その祈りは、富士山にて実行とイメージできました。

この富士山の祈りのあと、もしかして兄は、肉体を捨てて他界するかも知れませんし、まだまだ、生き仏のように存在するかもはかりしれませんが、なんと、この夢をみた次の日に、消えたブーツが病室にもどってきたのです。

兄の友人が、やはり兄の夢をみて、ブーツが必要だからもってきてくれと言われて、変な夢だから誰にも言えず、だけど、すごく大切な夢だと思い、夢で兄にいわれたとおりのブーツを病室でみつけたので、こっそり持ち出してお祀りしていたが、やはり、盗難になるので悪かったです。と謝罪しながら返しにきたのです。

ブーツが戻ってから、私の高血圧が下がり、私や母の気分も晴れてきました。

ブーツは泥だらけで穴があき、 ブーツを履いていかなければならないような所にいっていたのだろうかと、また家族は呆れて笑い話していますが、このシンクロは、冗談みたいですが、私には、信用できるメッセージだと感じられました。

なんだか他愛もないメッセージですが、富士山で心の祈りを捧げてくださる比嘉さんに、是非、この思いも含めて心からお願い申し上げたくメールを出させていただきました。

是非 ご一考を よろしくおねがいします

いつも 心の 祈りを ほんとうに ありがとうございます!

桑名 晴子

****

祈りも一つの行動です。祈るという行為から、実際の現実の行動を起こす、きっかけを知る手段でもあります。
どうか、お力添えいただけますようお願い申し上げます。

比嘉良丸、りか

お知らせ

活動のご支援を今後とも宜しくお願い致します

啓示は常に伝えられ続けております。
比嘉夫妻の御神事は、皆様のご支援により執りおこなえております。
どうか、今後とも引き続き御神事を執り行ってゆけるよう
皆様の変わらぬお支えを何卒宜しくお願い申し上げます。

御支援用 社団法人口座

沖縄銀行 コザ支店 
普通 1887649
一般社団法人 こころのかけはし 祈りの和 代表比嘉良丸


ゆうちょ銀行
記号 17000 番号 5821671
一般社団法人こころのかけはし祈りの和
シャ)ココロノカケハシイノリノワ

ゆうちょ以外の金融機関から
七〇八店 普通 0582167

御神事支援口座に法人名義の口座を用意いたしました。
こちらの口座への御支援も、
比嘉夫妻の御神事に活かされてまいります。
他の口座は大国ミロク大社のHPに掲載しております。
(ミロク大社HPへ移動)
御都合の良い口座へ何卒ご支援を宜しくお願い致します
領収書が必要な方は問い合わせ窓口にご連絡ください


募集のお知らせ
ミロク殿本宮では、儀式で使用いたします聖水を募集しております。
全国の気をたたえ、皆様の真まごころのこもった聖水は祭壇でご祈祷をさせていただきましたのちに、風水火の儀式で使用させていただいております。
ありがとうございます。
聖水
〒904-0006
沖縄市八重島1-3-9
こころのかけはし 聖水係

ボランティアのお願い
ミロク協友会として、儀式を行うための資料を日々集め
更新し作成をしています。
皆様に各種作業のお手伝いのお願いがございます。
お力添えをいただけます方、是非ご協力をお願い致します。
詳細はicon 2016

検索フォーム

関連サイト

↓クリックで関連サイトへ icon <ミロク結びバナー icon13 隙間 icon4 隙間 時系列 隙間 祈りの和TV 隙間 隙間 itiran

↓特別掲載サイトへ itiran

年別アーカイブ

2024年 05月 【18件】
2024年 04月 【27件】
2024年 03月 【31件】
2024年 02月 【24件】
2024年 01月 【27件】
2023年 12月 【36件】
2023年 11月 【25件】
2023年 10月 【31件】
2023年 09月 【28件】
2023年 08月 【17件】
2023年 07月 【26件】
2023年 06月 【26件】
2023年 05月 【32件】
2023年 04月 【30件】
2023年 03月 【21件】
2023年 02月 【26件】
2023年 01月 【24件】
2022年 12月 【30件】
2022年 11月 【22件】
2022年 10月 【25件】
2022年 09月 【24件】
2022年 08月 【24件】
2022年 07月 【28件】
2022年 06月 【22件】
2022年 05月 【6件】
2022年 04月 【26件】
2022年 03月 【15件】
2022年 02月 【16件】
2022年 01月 【17件】
2021年 12月 【20件】
2021年 11月 【25件】
2021年 10月 【19件】
2021年 09月 【7件】
2021年 07月 【2件】
2021年 06月 【2件】
2021年 05月 【1件】
2021年 04月 【6件】
2021年 03月 【12件】
2021年 02月 【14件】
2021年 01月 【26件】
2020年 12月 【34件】
2020年 11月 【20件】
2020年 10月 【3件】
2020年 09月 【4件】
2020年 08月 【2件】
2020年 07月 【3件】
2020年 06月 【10件】
2020年 05月 【13件】
2020年 04月 【3件】
2020年 01月 【1件】
2019年 12月 【3件】
2019年 11月 【4件】
2019年 10月 【6件】
2019年 09月 【11件】
2019年 08月 【2件】
2019年 07月 【3件】
2019年 06月 【6件】
2019年 05月 【22件】
2019年 04月 【4件】
2019年 03月 【9件】
2019年 02月 【1件】
2019年 01月 【3件】
2018年 12月 【18件】
2018年 11月 【3件】
2018年 10月 【8件】
2018年 09月 【9件】
2018年 08月 【15件】
2018年 07月 【9件】
2018年 06月 【14件】
2018年 05月 【15件】
2018年 04月 【24件】
2018年 03月 【17件】
2018年 02月 【13件】
2018年 01月 【26件】
2017年 12月 【23件】
2017年 11月 【16件】
2017年 10月 【30件】
2017年 09月 【16件】
2017年 08月 【11件】
2017年 07月 【11件】
2017年 06月 【20件】
2017年 05月 【24件】
2017年 04月 【22件】
2017年 03月 【35件】
2017年 02月 【22件】
2017年 01月 【24件】
2016年 12月 【22件】
2016年 11月 【12件】
2016年 10月 【17件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【33件】
2016年 06月 【31件】
2016年 05月 【23件】
2016年 04月 【14件】
2016年 03月 【11件】
2016年 02月 【9件】
2016年 01月 【12件】
2015年 12月 【20件】
2015年 11月 【18件】
2015年 10月 【24件】
2015年 09月 【29件】
2015年 08月 【18件】
2015年 07月 【29件】
2015年 06月 【18件】
2015年 05月 【14件】
2015年 04月 【20件】
2015年 03月 【22件】
2015年 02月 【15件】
2015年 01月 【20件】
2014年 12月 【16件】
2014年 11月 【27件】
2014年 10月 【25件】
2014年 09月 【25件】
2014年 08月 【25件】
2014年 07月 【21件】
2014年 06月 【20件】
2014年 05月 【14件】
2014年 04月 【21件】
2014年 03月 【20件】
2014年 02月 【18件】
2014年 01月 【13件】
2013年 12月 【20件】
2013年 11月 【21件】
2013年 10月 【32件】
2013年 09月 【24件】
2013年 08月 【23件】
2013年 07月 【12件】
2013年 06月 【25件】
2013年 05月 【30件】
2013年 04月 【27件】
2013年 03月 【18件】
2013年 02月 【18件】
2013年 01月 【29件】
2012年 12月 【22件】
2012年 11月 【31件】
2012年 10月 【39件】
2012年 09月 【31件】
2012年 08月 【31件】
2012年 07月 【19件】
2012年 06月 【14件】
2012年 05月 【35件】
2012年 04月 【10件】
2012年 03月 【24件】
2012年 02月 【23件】
2012年 01月 【12件】
2011年 12月 【24件】
2011年 11月 【18件】
2011年 10月 【9件】
2011年 09月 【25件】
2011年 08月 【24件】
2011年 07月 【15件】
2011年 06月 【21件】
2011年 05月 【27件】
2011年 04月 【24件】
2011年 03月 【24件】
2011年 02月 【17件】
2011年 01月 【21件】
2010年 12月 【21件】
2010年 11月 【10件】
2010年 10月 【13件】
2010年 09月 【13件】
2010年 08月 【25件】
2010年 07月 【24件】
2010年 06月 【27件】
2010年 05月 【14件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【40件】
2010年 02月 【12件】
2010年 01月 【13件】
2009年 12月 【31件】
2009年 11月 【30件】
2009年 10月 【31件】
2009年 09月 【10件】
2009年 08月 【9件】
2009年 07月 【15件】
2009年 06月 【51件】
2009年 05月 【54件】
2009年 04月 【29件】
2009年 03月 【61件】
2009年 02月 【16件】
2009年 01月 【25件】
2008年 12月 【13件】
2008年 11月 【62件】
2008年 10月 【28件】
2008年 09月 【60件】
2008年 08月 【63件】
2008年 07月 【12件】
2008年 06月 【4件】
2008年 04月 【6件】
2008年 03月 【18件】
2008年 02月 【15件】
2008年 01月 【3件】
2007年 12月 【1件】
2007年 11月 【4件】
2007年 10月 【4件】
2007年 09月 【7件】
2007年 08月 【3件】
2007年 07月 【3件】
2007年 06月 【10件】
2007年 05月 【7件】
2007年 04月 【6件】
2007年 03月 【4件】
2007年 02月 【5件】
2007年 01月 【5件】
2006年 12月 【7件】
2006年 11月 【7件】
2006年 10月 【4件】
2006年 09月 【10件】
2006年 08月 【3件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【5件】
2006年 05月 【2件】
2006年 04月 【15件】
2006年 03月 【5件】
2006年 02月 【5件】
2006年 01月 【5件】
2005年 12月 【5件】
2005年 11月 【2件】
2005年 10月 【1件】
2005年 09月 【1件】
2005年 07月 【1件】
2005年 06月 【4件】
2005年 05月 【2件】
2005年 04月 【2件】
2005年 03月 【2件】
2005年 02月 【1件】
2005年 01月 【3件】