啓示と富士山にて伝えられた言葉

新暦8月30日(旧暦7月13日 亥)

いつも真心のお力添えありがとうございます。

今、関東近郊を政治経済と関東の自然災害の小難無難の祈りをずっと行っており、9月の初めぐらいまで続ける予定です。
現在起きる東北方面にての地震は、3・11以降、関東から東海・東南海・南海に連鎖する要因を大きく含んでおり、その警戒をしてお祈りしております。

昨今、大きな地震が東北辺りで続いていますが、震度5強から震度6なみの地震がおきても、それが3・11なみの大きな地震に繋がるという流れの啓示はありません。

逆に今本当に注意しないとならないのは、北海道、関東を警戒することにあります。
9月に入ってからは、新潟から島根辺りまで、特に福井・京都辺りを中心に祈り回る予定です。10月半ばぐらいから11月にかけて、九州から伊豆・熱海辺りまでを中心に祈りする予定です。

その中でも、中心は紀伊半島・四国、九州の福岡から長崎までの辺りが自然災害の不安があります。 

この期間に自然災害と政治・経済が絡むと、一気に戦争への緊張が走ると啓示的には伝えられております。
その状況を回避する為に、自然災害と経済・政治の方向性を変える、流れを変える御神事が重要となっています。

何度かお伝えしてきましたが、台風などは世の中の大きな清めであります。今夏の台風の流れを見てもらえば、世の中の外交の情勢を垣間見ることが出来るでしょう。
どうか皆様の平和への願い祈りのお力添えをお願いしますと共に、私達の活動に賛同して下さる方は、今後ともどうかご支援をお願い申し上げます。

さて、以下は、妻が富士山の祈りの際に伝えられました言葉になります。

****
2012年8月24日 富士山頂火口祈り合わせ

伝えられた言葉

真実は今
何処へやらと隠されようとしている
開け来る日はまだない
まだ、しっかりと落ち着くことはできぬ
何処へゆこうとも
様々なる問題が
付いて回ってくるものであるが
だが、決してそれで
全てが解決する訳でもなく
全てが落ち着く訳でもない
何処へ、どのように動きたいのかは
わかっているつもりである
平和への道筋を進みゆくならば
どのような判断が必要なのかは
皆、理解していることでもあろう
決して挑発にのらず
騙されることなく、揺らぐことなく
しっかりと真実を見つめゆくことは
大切なことである
国が大きく揺れ動くが
その根底はまだ根深く
揺らいだところとて
表が変わるだけである
それ故
何が変わろうとも
根底が変わらぬから
結局
今まで同様
同じことが繰り返されてこよう
でもそれを
あながち
嘘、いや
失敗だとも受け取れぬのである
どのようなことになったとしても
根底が変わらないということは
どのような形になったとしても
先々進みゆく道は
ある程度わかるということであり
ある程度どのような判断が下され
ある程度どのような道筋を進みそうか
おおまかにでも
察しがつくものであろう
少しずつであるが
根底は変わりつつある
だが
決して今すぐには変わらない
どの駒を
どのように動かしゆくかは
そのもの達の手腕であるが
だからといって
決して皆がじょうずに
みなを動かせるわけではない
根底が変わらぬというのであるならば
どのような形にて根底が動くのか
しっかりと考えゆくことが必要であろう


10月までには
やはり大きな変化はない
そのまま
国と国の諍いが乱れ
少しずつでも悪しき方向へと
進んでいくように見えよう
だが決してそれは
見えているだけであり
その根底はまた
別な方へと進んでいる
あらゆる面から
様々なる角度から見ることは必要である
決して
エネルギー問題だけではない
エネルギー問題だけが浮き彫りにされ
それにおいて

自分の元へと引き寄せようとしているのではない
国の領土という問題もあるが
そればかりではない
かの土地もまた
住み難くなり
どこの国もまた
住み辛くなっている
この地に何を求めているのか
発展と
経済の発展と自然の発展である
その発展を今
見直されようとしている
だが決してそれも
権力志向に偏ってはならないのである
権力志向に偏ると
また
崩れゆくであろう
どのような形にて
緑を復活させゆくかは
大切なことであるが
この地上もまた
変化しているということを忘れてはならない
それにおいても尚
諸国の問題は複雑なものであり
そして、深いものである
この星を乗っ取ろうと思っているもの達は
数多くあるが
それでもまだまだ
手が出ぬ、足が出ぬ、そして
どのように上手くまとめてゆくかを
考えあぐねている状態である
だからこそ今
小さな国々が
自分達の国へと引っ張り込もうとしているのである
裏に隠されているものは
本当に些細なものである
実は皆が思うように
そんなに大きなものではない
何処へゆこうとも
これは変わらぬものである
知っているように
通じているものがみな
共通であるからこそ
だからこそ
何処へ言っても大差ないのである
大きく変化をしなければならないのは
一般の庶民である
その者達が、何処へゆこうとも
しっかりと歩みを減らすことなく
平和へと進みゆくことができれば
こんなに簡単なことはない
しかしそれは
難しきものであり
決して今までそれが
試されなかったというのではない
試されすぎて
そして
判らなくなってきている
しっかりと今を見つめることを
今、みな拒否しようとしている
だが、それもまた
操られているということ
操作されているということを
しっかりと認識しなければならない
どのようにしてそれを
あからさまにしてゆくか
明らかにしてゆくか
それは皆が知恵を絞り
そして
出してゆくしかない
しかしながら
根底に流れているものが
各国共通であるか
気を付けてゆかねばならない
何処をどうかいくぐり
何処をどう騙しゆき
そしてしっかりと自分達の元へと
皆の注目を引き寄せゆくか
それはしっかりと
考えてゆかねばならない
どこへゆこうとも
ついてまわりゆく
この星がある意味
一つであるのだから
繋がっている

平和へは、まだ遠いが
決してそれは
絵に描いたもちではない
描けずとも
皆しっかりと心に平和を持ちゆくことを
忘れてはならない
落ち着くこと
考えること
何が大切なのかもしっかりと
覚えてゆくこと
残してゆくこと
一つ一つ冷静に
落ち着いて考えてゆくこと
結果を記せば
今は結果について
その道筋を考える癖がついている
おかしな結果であると
伝えることにより
それはまた
おかしな道順を辿るということを
伝えられるであろう
果たしてその道順が正しいのかどうか
それをしっかりと考えることによって
その道筋はまた
新たなるものを引き出しゆくはずである
改めて問う
平和とは何であるか
しっかりと考え続けゆくがよい
明らかにそれは間違っているというものも
決して目をそらすことなく
しっかりと伝えゆくこと
恐れることなく伝えゆくことは
大きな力を有する
しかしそれを
決して侮ってはならない
今の世の中が
どのような状態になっているのかを
じっくりと判断し
上手に使ってゆくがよい
うまく使えば
うまく使えるはずである
それを
指し示されている


比嘉良丸
比嘉りか

※※メルマガ配信をしております。是非ご登録下さい
<こころのかけはし メルマガ登録画面へ>

本日、メルマガを配信しております。
登録してもメルマガが届かない方は、ご登録時のアドレスが違っているか、もしくは、inorinowa.orgにて届くメールが迷惑メールとしてブロックされている可能性がございます。
お手数ではございますが、アドレスを改めてご登録いただくか、inorinowa.orgにて届くメールを許可するように、パソコン、携帯を設定していただけますようお願いいたします

お知らせ

活動のご支援を今後とも宜しくお願い致します

啓示は常に伝えられ続けております。
比嘉夫妻の御神事は、皆様のご支援により執りおこなえております。
どうか、今後とも引き続き御神事を執り行ってゆけるよう
皆様の変わらぬお支えを何卒宜しくお願い申し上げます。

御支援用 社団法人口座

沖縄銀行 コザ支店 
普通 1887649
一般社団法人 こころのかけはし 祈りの和 代表比嘉良丸


ゆうちょ銀行
記号 17000 番号 5821671
一般社団法人こころのかけはし祈りの和
シャ)ココロノカケハシイノリノワ

ゆうちょ以外の金融機関から
七〇八店 普通 0582167

御神事支援口座に法人名義の口座を用意いたしました。
こちらの口座への御支援も、
比嘉夫妻の御神事に活かされてまいります。
他の口座は大国ミロク大社のHPに掲載しております。
(ミロク大社HPへ移動)
御都合の良い口座へ何卒ご支援を宜しくお願い致します
領収書が必要な方は問い合わせ窓口にご連絡ください


募集のお知らせ
ミロク殿本宮では、儀式で使用いたします聖水を募集しております。
全国の気をたたえ、皆様の真まごころのこもった聖水は祭壇でご祈祷をさせていただきましたのちに、風水火の儀式で使用させていただいております。
ありがとうございます。
聖水
〒904-0006
沖縄市八重島1-3-9
こころのかけはし 聖水係

ボランティアのお願い
ミロク協友会として、儀式を行うための資料を日々集め
更新し作成をしています。
皆様に各種作業のお手伝いのお願いがございます。
お力添えをいただけます方、是非ご協力をお願い致します。
詳細はicon 2016

検索フォーム

関連サイト

↓クリックで関連サイトへ icon <ミロク結びバナー icon13 隙間 icon4 隙間 時系列 隙間 祈りの和TV 隙間 隙間 itiran

↓特別掲載サイトへ itiran

年別アーカイブ

2024年 04月 【12件】
2024年 03月 【31件】
2024年 02月 【24件】
2024年 01月 【27件】
2023年 12月 【36件】
2023年 11月 【25件】
2023年 10月 【31件】
2023年 09月 【28件】
2023年 08月 【17件】
2023年 07月 【26件】
2023年 06月 【26件】
2023年 05月 【32件】
2023年 04月 【30件】
2023年 03月 【21件】
2023年 02月 【26件】
2023年 01月 【24件】
2022年 12月 【30件】
2022年 11月 【22件】
2022年 10月 【25件】
2022年 09月 【24件】
2022年 08月 【24件】
2022年 07月 【28件】
2022年 06月 【22件】
2022年 05月 【6件】
2022年 04月 【26件】
2022年 03月 【15件】
2022年 02月 【16件】
2022年 01月 【17件】
2021年 12月 【20件】
2021年 11月 【25件】
2021年 10月 【19件】
2021年 09月 【7件】
2021年 07月 【2件】
2021年 06月 【2件】
2021年 05月 【1件】
2021年 04月 【6件】
2021年 03月 【12件】
2021年 02月 【14件】
2021年 01月 【26件】
2020年 12月 【34件】
2020年 11月 【20件】
2020年 10月 【3件】
2020年 09月 【4件】
2020年 08月 【2件】
2020年 07月 【3件】
2020年 06月 【10件】
2020年 05月 【13件】
2020年 04月 【3件】
2020年 01月 【1件】
2019年 12月 【3件】
2019年 11月 【4件】
2019年 10月 【6件】
2019年 09月 【11件】
2019年 08月 【2件】
2019年 07月 【3件】
2019年 06月 【6件】
2019年 05月 【22件】
2019年 04月 【4件】
2019年 03月 【9件】
2019年 02月 【1件】
2019年 01月 【3件】
2018年 12月 【18件】
2018年 11月 【3件】
2018年 10月 【8件】
2018年 09月 【9件】
2018年 08月 【15件】
2018年 07月 【9件】
2018年 06月 【14件】
2018年 05月 【15件】
2018年 04月 【24件】
2018年 03月 【17件】
2018年 02月 【13件】
2018年 01月 【26件】
2017年 12月 【23件】
2017年 11月 【16件】
2017年 10月 【30件】
2017年 09月 【16件】
2017年 08月 【11件】
2017年 07月 【11件】
2017年 06月 【20件】
2017年 05月 【24件】
2017年 04月 【22件】
2017年 03月 【35件】
2017年 02月 【22件】
2017年 01月 【24件】
2016年 12月 【22件】
2016年 11月 【12件】
2016年 10月 【17件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【33件】
2016年 06月 【31件】
2016年 05月 【23件】
2016年 04月 【14件】
2016年 03月 【11件】
2016年 02月 【9件】
2016年 01月 【12件】
2015年 12月 【20件】
2015年 11月 【18件】
2015年 10月 【24件】
2015年 09月 【29件】
2015年 08月 【18件】
2015年 07月 【29件】
2015年 06月 【18件】
2015年 05月 【14件】
2015年 04月 【20件】
2015年 03月 【22件】
2015年 02月 【15件】
2015年 01月 【20件】
2014年 12月 【16件】
2014年 11月 【27件】
2014年 10月 【25件】
2014年 09月 【25件】
2014年 08月 【25件】
2014年 07月 【21件】
2014年 06月 【20件】
2014年 05月 【14件】
2014年 04月 【21件】
2014年 03月 【20件】
2014年 02月 【18件】
2014年 01月 【13件】
2013年 12月 【20件】
2013年 11月 【21件】
2013年 10月 【32件】
2013年 09月 【24件】
2013年 08月 【23件】
2013年 07月 【12件】
2013年 06月 【25件】
2013年 05月 【30件】
2013年 04月 【27件】
2013年 03月 【18件】
2013年 02月 【18件】
2013年 01月 【29件】
2012年 12月 【22件】
2012年 11月 【31件】
2012年 10月 【39件】
2012年 09月 【31件】
2012年 08月 【31件】
2012年 07月 【19件】
2012年 06月 【14件】
2012年 05月 【35件】
2012年 04月 【10件】
2012年 03月 【24件】
2012年 02月 【23件】
2012年 01月 【12件】
2011年 12月 【24件】
2011年 11月 【18件】
2011年 10月 【9件】
2011年 09月 【25件】
2011年 08月 【24件】
2011年 07月 【15件】
2011年 06月 【21件】
2011年 05月 【27件】
2011年 04月 【24件】
2011年 03月 【24件】
2011年 02月 【17件】
2011年 01月 【21件】
2010年 12月 【21件】
2010年 11月 【10件】
2010年 10月 【13件】
2010年 09月 【13件】
2010年 08月 【25件】
2010年 07月 【24件】
2010年 06月 【27件】
2010年 05月 【14件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【40件】
2010年 02月 【12件】
2010年 01月 【13件】
2009年 12月 【31件】
2009年 11月 【30件】
2009年 10月 【31件】
2009年 09月 【10件】
2009年 08月 【9件】
2009年 07月 【15件】
2009年 06月 【51件】
2009年 05月 【54件】
2009年 04月 【29件】
2009年 03月 【61件】
2009年 02月 【16件】
2009年 01月 【25件】
2008年 12月 【13件】
2008年 11月 【62件】
2008年 10月 【28件】
2008年 09月 【60件】
2008年 08月 【63件】
2008年 07月 【12件】
2008年 06月 【4件】
2008年 04月 【6件】
2008年 03月 【18件】
2008年 02月 【15件】
2008年 01月 【3件】
2007年 12月 【1件】
2007年 11月 【4件】
2007年 10月 【4件】
2007年 09月 【7件】
2007年 08月 【3件】
2007年 07月 【3件】
2007年 06月 【10件】
2007年 05月 【7件】
2007年 04月 【6件】
2007年 03月 【4件】
2007年 02月 【5件】
2007年 01月 【5件】
2006年 12月 【7件】
2006年 11月 【7件】
2006年 10月 【4件】
2006年 09月 【10件】
2006年 08月 【3件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【5件】
2006年 05月 【2件】
2006年 04月 【15件】
2006年 03月 【5件】
2006年 02月 【5件】
2006年 01月 【5件】
2005年 12月 【5件】
2005年 11月 【2件】
2005年 10月 【1件】
2005年 09月 【1件】
2005年 07月 【1件】
2005年 06月 【4件】
2005年 05月 【2件】
2005年 04月 【2件】
2005年 03月 【2件】
2005年 02月 【1件】
2005年 01月 【3件】