本日の祈り

2012.08.31.16:00

新暦8月31日(旧暦7月14日 子)

いつも真心のお力添えありがとうございます。
本日、日々の祈りの際に伝えられました言葉をお伝えさせていただきます。

風を雨を命を
支えの大地を感じてくれ
それで何が出来るか
共に生きる事の為に
何が出来るか
共に生きる為に
何が出来るか
命はこの星からできており
人々もまた同様であり


本日の祈りの際に伝えられた言葉は、切なる思いが伝えられてきました。
この星に存在する命は、この地球から育まれたものであるということ、そして、それは、形が変われども、命あるのものは皆同じであるということ。人だけでは、生きてゆくことが出来ず、地球の様々な命と共存してゆかなければなりません。
地球は、人だけのものではないということ。では、何が出来るのか。
その人それぞれの立場によって、出来る事は変わってきます。何も出来ないと、諦めるのではなく。共存しているものがいる事を忘れないで欲しい。共に生きているものの為にも、世の中を次の時代へと繋げて欲しいという事を伝えられているのではなかと感じました。

皆様はどのようにお感じになられましたでしょうか。
私の解釈は、一つの参考として受け止めていただけますと幸いでございます。

本日も、関東を回っております。
世の中の情勢が大きく動いておりますが、物事を深く見つめる事を忘れる事無く、また、様々な情報にあおられることなく、平和への願い祈りを忘れずに、一人一人、出来る行動を行っていただきたいと思います。

比嘉良丸
比嘉りか

※※メルマガ配信をしております。是非ご登録下さい
<こころのかけはし メルマガ登録画面へ>
本日、メルマガを配信しております。
登録してもメルマガが届かない方は、ご登録時のアドレスが違っているか、もしくは、inorinowa.orgにて届くメールが迷惑メールとしてブロックされている可能性がございます。
お手数ではございますが、アドレスを改めてご登録いただくか、inorinowa.orgにて届くメールを許可するように、パソコン、携帯を設定していただけますようお願いいたします
情報サイトリンク

◆地震情報《気象庁》
◆火山情報《気象庁》
◆台風情報《気象庁》
◆警報・注意報《気象庁》
◆海外の地震情報《JIS》
◆マーケット情報《ロイター》

イベントのお知らせ
最近の記事
関連サイト
検索フォーム
年別アーカイブ
携帯用QRコード
QR