2012年冬至のメッセージとご神事の近況

2012.12.25.08:30

皆さんおはようございます。こころのかけはしの高橋です。
2012年の冬は寒くなりそうですね。
例年であれば、年内は秋の延長の様な気候の関東も今年の12月は寒さを肌で感じます。
子供の頃は、まだ土がたくさんあったせいでしょうか霜柱を踏んで学校に通ったものです。
いまでは、霜柱をサクサクと踏む楽しさをちびっ子達は経験する事すら難しくなってしまったのではないのでしょうか。

今の大人達は、霜柱を踏んでどろどろになった子供の靴をみてどんな反応を示すのでしょうかねぇ♪

さて、本日は長文と成りますが、冬至の日に良丸さんがUstreamで放送しましたメッセージの全文を掲載します。この書き起しにはいのちの和スタッフの有志7名にて延べ十数時間を掛けて書き起こした文章です。音源は1時間48分ほどの長さのものですので、文章としてもかなりの長文とは成りますが、今回は基本的に無編集にてお届けいたします。

比嘉さんに伝わる啓示は、日々変化をしています。
人や動植物が日々成長、変化をするように、日々の現状も刻一刻と変化を遂げています。それに合わせて、比嘉さんに伝わる啓示も修正変更が加えられます。
このメッセージが伝えられた後も啓示に変更があり、12/28日には沖縄へ戻る予定であったご神事巡礼を12月31日までは本州でのご神事に変更したとの連絡を受けています。
当初は年内での九州から三浦半島に掛けての南海トラフでの自然災害の危険性を伝えられ、それに伴うご神事を行っていたとの説明でしたが。それよりも関東での自然災害が年明けの1月に発生する危険性があるとの啓示を受けて現在は本州を南から関東の犬吠埼、房総半島、立川断層での祈りのために各地での祈りを行いながら北上している最中との事です。

年明け1月での発生の可能性を伝えられた自然災害は、新暦なのか旧暦なのかの確認が出来ていないために、2月10日までの間を対象期間として、自然災害や社会の混乱を小難・無難にするご神事を続ける様子です。自然災害に伴い、愛媛伊方原発、佐賀玄海原発、鹿児島川内原発から島根原発へ戻り、浜岡原発、東海第二原発、を経て再び関東に入り年明けて発生の危険性がある関東での自然災害の回避に向けて良丸さんは巡礼を続けています。また、島根原発を祈った際に、宮城の女川原発を祈るようにと指示を受けたという事で、関東と更に、東北まで足を延ばすことになりました。
関東で大きな自然災害が発生するとそれが引き金となり広範囲での自然災害に繋がる危険があり、それは自然災害から社会の混乱、そして戦争へと繋がる危険を秘めるために。なんとしてでも回避しなければならないと良丸さんは話します。
下記にお伝えしますメッセージはこの点に於いて修正前のメッセージとなりますことお伝え致します。
それでは、長文と成りますが冬至のメッセージ全話を掲載いたします。

・・・以下、冬至のメッセージ・・・・・・

昼の12時を過ぎてしまいましたが、今後のスケジュール、今日の意味合いをお話させて頂きます。
一部、勉強会などで、今日の12時に自然災害が起きる可能性があるとお伝えしておりましたが、今のところ何事もなく済んでいます。
実際に韓国、中国そして本州といろいろ啓示受けてまいりましたが、今回その啓示も含めて、今日の状況によって今後のご神事の流れが変わってきますので、それを含めてお話させていただきたいと思います。

<映像が流れていないので音声のみの放送となります>

改めてお話させて頂きます。
東京勉強会、名古屋勉強会の方で2012年12月21日12時に自然災害、地震が起きる可能性があるという事をお話させて頂きました。それも、おかしな話ですが、意図的に地震等の自然災害がおきるという事柄をお話させていただきました。実際、現在のところ、そういう情報が流れてきませんので、無事に12時を過ぎたかと思われます。
ただその自然災害が、日本列島の九州、中央構造線を通って岐阜から山梨、長野あたり、それと紀伊半島とお伝えいたしました。それと中国の方での自然災害ということでお話させて頂きました。
日本での自然災害に対して、地震が起きたとか、自然災害がおきたという情報は入ってきておりませんのでそれは起きなかったという事で安心しております。中国は北京あたりで日本の時間と1時間の時差がありますので、まだ油断できないと思っております。
今回のように皆さんに、いろいろ日付、時間を伝え、それが何事も起きなければいちばん有難いことです。見てる方には、なんだ自然災害起きなかったじゃないか、と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、もし今回啓示のごとく起きていたならば大変な状況になっていた事と、啓示やビジョンで伝えられ見ておりました。

そして、今日見皆さまにお話したいこととしまして、私が今度ご神事で、日本列島を飛び回ることとなりましたことを、実際には一つの啓示による出来ごとを回避したいということで、皆さまにも伝えながら、書き込みでも一部、殆ど一部ですが書き込みをさせていただき、常に身近な仲間には、伝えておりましたが、実際に伝えてきたことは、2013年に中国との衝突が起き、一時軍事衝突が起きますが、実際の本格的な戦争は、15年、16年辺りから本格的な戦争へ中国との戦争へ突入するということを伝えてまいりした。
やはりその前に、2013年に軍事衝突するまでにはいろんなきっかけ、戦争を引き起こす要因があるということで、自然災害、経済、そして政治の混乱、色々そこには要因として起きるということで全てそれを回避するためのご神事として、日本全国や外国までご神事として、行ってきたつもりでございました。
1996年に始めて、9.11のビジョンを見、2000年に啓示でそれを戦争のきっかけとなるということを伝えられました。
そして、2005年の日本の政治の混乱や、地震等色々伝えてきたことの中で、形が変わって起きた出来事、変化してですね、完全に回避出来た自分の中で、回避したことをそして現実化してしまったこと、色々これまで自分の中にいろんな体や、意識がいろんなもので、体感し感じてきたことはかなりあります。
自分の中で、自分が言った受け取った啓示のビジョンが、9割方何らかの形で起きた、もしくは回避出来たという感覚でおります。さっきも言ったように実際に現実化した形が変わって起きた、そして完全に回避出来たという感覚は、私の中でこれまでの啓示やビジョンの内の9割は、実際にそういう感覚でおります。
後の1割は実際に、私の啓示の判断ミスや、ただの取り間違いかもしれません。という思いもあります。
しかし、それはあくまでも私の意識の中での感覚ですので、体感ですので、自分としては、自分の受け取った啓示、ビジョンは9割方何らかの形で起きるという思いでおりますので、自分が発した言葉はそれを回避するためにはそれなりに真剣ということではなく、本当に全て投げ出してやっているつもりです。
それらを私一人ではなく、やはり私にも妻がおり、それだけでなく、こころのかけはしという、祈りの和、命の和という団体組織をしていますので、それと関わる事柄を重ねますと、やはり自分の全ての思い、ご神事が全て出来るというものでもございません。
そこの中でなんとか出来る限りのことは、自分が出来ることはやり続けてるつもりでございます。
それでも、やはり思うように出来ないのも事実で、自分の中での葛藤が常にあります。
しかし、今回見ているビジョンは、私の中ではこれまでのビジョンの中で、一番避けないといけない状況になります。実際には、全ての啓示、ビジョンが、全て回避し何らかの形で変化し、未来に良き流れを作るために行わないといけませんが、先ほども言いましたように、やはり私一人の行動では無くいろんなものの関わり合いの中で、私は思い通りに出来ず、途中ご神事においてもかなり断念し、実際に行わずに、そういう所から祈りでなんとか凌いで・・凌ごうとご神事を行ったこともあります。
本来のご神事ではなく、代理・・・代わりの祈りという形で行うときもありました。
やはり、言われた自分の仕組みを作ったご神事で行っていれば・・・中々自分の意図とした仕組みの中で上手く行かないと云うのが、自分の中であります。
これはあくまでも理解しづらいかと思いますが、見えない世界の、私の自分の中での体感と実際に感じたことがらから話をさせていただいております。

すいません、前置きが長くて・・・

実際に、昨年の3.11の大地震によって日本列島の地殻、太平洋プレート、フィリピンプレート、その中でも南海トラフが動くと九州から東海地方、特に関東近くまで大きく揺れる連鎖・伝達を生むという流れ。南海~東南海~東海その連鎖・伝達の地震の中であらためてまた、関東~東北三陸沖ですね、そして十勝沖、太平洋側の日本列島を太平洋側を幅広い、距離の長い範囲で自然災害を連鎖・伝達する動きがきちんと伝わってしまったと私は感じています。
自然災害が連鎖・伝達されたというのはすぐ、一週間とか一か月間とかいう短い年月なんですが、実際には一年二年三年と、この長い距離で確実にそれは繋がったと啓示などで伝えられております。そしてその地震の流れで 東日本西日本に流れてる火山帯にも伝達が伝わり 火山の噴火もこれから起きる可能性が高いというのは、それは実際には啓示だけではなく幾人かの専門的な方の意見。確認したところやはり大体同じ専門家の意見もだいたいそのように認識してるていうことを確認してあります。ですから予知はできませんが、予測としてこれから大きな自然災害の地震や津波 噴火の起きる可能性は高い、いずれ関東も大震災が起きるのは確かなことで 富士山の噴火もいずれ起きるのは確かなことです。
それが太平洋側か内陸側、日本海側でおきるのはいずれ避けられないことでございます。
それはすべての専門家が、概して実際にはその認識でいると思われます。
私のはあくまでも啓示、ビジョンでございますので受け取り方が、当たる、当たらないの話になるかもしれませんが私はそれを当たらないようにやってるつもりでございますので私の言ってることが当たらないからという受け取り方をなさる、当たるとか当たらないとか、それは本当に申し訳ない事ですが、私には本当にどうでもいいことで、こういったビジョンを決して起こさないという意識で動いております。

でも私が一人で飛び回っても皆さんの力添えをお借りして祈りの呼びかけをしておりますが、それでもやはり起きてしまうのは、すべて私と理解が一緒な方がただけではなく、本当に戦争を願う方、地震災害を願う方もいます 経済の混乱を願う方がたも実際おります。
いろんな人の価値観の中でこの世の中は生きておりますので、私が言っている内容が一人の人は決して受け入れられない内容、ようは 自然、戦争を自然災害を緩やかにし戦争を何とか回避するという思いは受け入れられずに、大きく自然災害が起きそしてそのまま戦争に流れ、その未来に新しい世の中素晴らしい未来があると考えている方々もおります。
ですので すべて私の同じ価値観ではなくいろんな人たちの想いの中でそういう人たちの本気の気持ちの中で、そういう気持ち、考えを持ってご神事をしております。
常に世の中の動向は行ったり来たりしている、流れが幾様に変化する。生き物のように今日明日で本当に流れが変わったりします。
今回、話が長くなって申し訳ありません・・・昨年の3,11から原子力発電所の臨界事故が起きそのあとの対処、対策その流れ政治の混乱、経済の停滞とそして今年になり、できることならば本来選挙、この解散総選挙は本来は任期満了まで頑張っていただければありがたかったんですが、実際に今年度中に解散し16日に自民党、公明党および、たぶんほかの方々も加わると思いますが2/3以上の議席を獲得してしまったということ。それも本当に任期満了で終わってくれたら、なんとかバランスがとれたと思うんですが2/3以上の議席を単独でその連立政権で確保したということは啓示の一番最悪のパターンを示唆しております。

政治的なことを言うのは避けたかったんですが、あえて言わさせていただきたいとおもいます。
前回の2005年総選挙をし、それから民主党が2009年に政権を奪回するまでの自民党の今の同じ過半数を超えた政権の中で、法律をどんどん変えていきました。
平和憲法も変え、いろんな法律も変え、その流れで2009年から今年までの民主党と同じ様に政権公約もコロコロ変わりながら、結局は民主党が政権を奪ったんですが、その時の平和憲法の改正の勢い。本当に危機を感じるものがありました、そして民主党に変わり、そしたら民主党は、外部からの圧力なのか、実際にはアメリカの圧力でしょうコロコロ政権公約を覆してきました。
アメリカのかなり強い圧力に民主党政権が太刀打ちできず、混乱を起こし、政治の機能、政策を含め全て失い、そこから失った政治の力で国を維持することができず混乱を招き、その後の昨年の3.11、そして原子力発電所の事故、その対応もほとんど後手に回ったと、その責任の大きいものかとは思います。しかし、もうこれは終わったことでございますが、今後自民党、公明党の連立の中で、3分の2以上の議席を確保し、そして参議院自体を今の与党が過半数を占めている以上全ての法案を一方的に決めていくことが可能になりました。
衆議院で否決したものを参議院でも今の与党の力の状況が大きい為、ほとんどの法案が一方的に、憲法改正も一方的にどんどんできる可能性がでてきました。
これは本当に真剣に捉えないといけない状況になっています。
私の啓示では2013年に徴兵制度の議論が始まり、間違ったら13年14年ぐらいから2014年、遅くても2015年から徴兵制度が開始するという啓示があります。実際には14年半ばに、それが何事もなければ、ただの戯言で済めば一番ありがたいことですが、そう戯言ですむように願っております。

しかし今本当に平和憲法は崩れる可能性が高いです。
そして隣国と仲が一層悪くなる可能性が高い、啓示ではかなりの確率で来年19日、2月19日の中国との小競り合いは起きる可能性が高い。これは、公表してますので、そこに戦争や争いが起きて欲しい人の意識が向く可能性もありますので、日付が早まるか、間違ったら日付が早まる可能性がすごく高いです。逆には半年にずれるか、後に、6月、9月にずれるかもしれません。実際には、そういったことは起こらないで欲しいという意識を向けてほしい為に公表しているのですが。
どちらにしても今年の残りと来年、再来年に中国との小競り合いから衝突は起きる可能性はすごく高くなりました。
それを急遽確認の為に韓国に行き、そして中国に行き、昨日中国から、19日の夜沖縄に着き、昨日は私、精密検査でしたので病院に行きながら今日ここに、沖縄に、宮に戻ってますが、本当に啓示の状況で見てくると一番最悪のパターンの流れを、流れとしてやっております。
本当に憲法が一方的に改正され、変わり、色んな法律がどんどん変えられ、日本の平和憲法を含め、国防・・自衛ですね、自衛が国防という意識の中で大きく変わっていくでしょう。
本当に戦争に向かって世の中が進むような状況に、その流れの形ができあがろうとしております。これからの日本の政治の行く末を真剣に見守らなければ自分達、若い人達を戦場に送ることになるということも、本当に現実化の可能性がしめてきました。

今本当に戯言と一人でただ騒いでいると思われるかもしれませんが、本当に戯言で済めば一番いいのですが、今の状況では一番最悪の流れ、その流れというのは戦争です。
これまで中にいっては私の啓示は当たる、当たらぬ話ではないです。2月19日、まず今日の2012年12月21日12時の自然災害、それも当たる当たらないではなく、実際に起きなければ、それはそれにこしたことはない、本当にありがたいことです。

そして次、12月から1月2月にかけて経済が混乱、自然災害もまだ油断できない、経済の混乱、そして2月19日の中国との小競り合い、そこからの軍事衝突、そういう啓示は全て私の戯言のごとく、はずれるべきなんです。ですから私が言っていることが嘘つきと言われようが何を言われようが私は構わない、実際にそれが起きてしまうととんでもないことになります。とんでもないところから、この世の破滅に向かいます。
しかしこれだけ皆さんに伝えていますので、その日にちの出来事が何らかの形で変化します。世の中は生き物ですから、そこへ公表することによって流れも変わります。下手すれば早まる可能性も高い、実際には現実啓示の通り起きる可能性も高い、逆に後にずれる可能性も高い。だが今の政治の中でもしこれ以上平和憲法が改正され軍事的な流れ、防衛庁が防衛省に変わり、それが国防省に名前が変わる。自衛隊が防衛軍に変わる、日本の戦略的な空母や爆撃機、その同等の戦闘機、高性能なものを配備する流れになれば、ミサイル、隣国もそれに警戒し、それに対応し、いずれは衝突という形になっていきます。その衝突する戦争するという準備をすれば、それだけ戦争に近づく訳でございます。

じゃあ、中国のやりたい放題を許すのかという人たちもでてくるでしょう、たぶん。
北朝鮮のやりたい放題を。
そこの難しさがあるからこそ一人一人の意識が高まらないといけない状況にございますが・・・
今の流れではそれに対しての武力の準備、衝突の準備をすればそれだけ高まるという事は確かになります。
防衛、自営の考え方はみんなそれぞれ違うかもしれませんが、ただいえるのは戦争が起きれば、戦争になれば、どっちが勝つ負けるという事はないと思います。両方ともとんでもない痛手をおい、第二次世界大戦とは話にならない悲劇、惨劇。どちらにしても国として立ちあがることができない状況まで陥る可能性が高いです。
そして、今の若い人たちいろんな考え方を直すために徴兵制度で精神を鍛えるのもいいという考え方をおもちの方もやはりいらっしゃいます。
しかし、これから徴兵制度がもし復活するようなことがあれば、精神の意識を鍛えるという問題ではないです。
確実に戦争に派遣するための軍事教育、そして人を殺す技術、術をたたきこむための訓練になります。人を殺すための術を教えるための訓練になります。精神以上に殺人の技術を教え、どれだけの人間を倒し、国を守るかという教育に、訓練になります。精神を鍛えるどころか意識、考え、価値観、人間性まで変わる可能性が高い。そこもふまえて認識していただければありがたいと思います。

もう一度言います。もし、戦争になればどっちが勝つか負けるかではなく、破滅しかない。
これまでの戦争、これまで見てきた、人類が経験してきた戦争とは本当に異なる戦争になり、それは破滅のひとことです。

もう一度言います。実際に戦争が起これば、どこが勝つ、負けるではなく、単なる、この日本、北海道から本州、四国、九州、沖縄まで、すべての地域が破滅となるでしょう。とんでもない惨劇を生むでしょう。
そして、実際に戦争になれば、日本、中国との戦争の中に、北朝鮮と韓国、台湾、フィリピン、ベトナム、最低その6ケ国、7ケ国が、アジアでは戦争に巻き込まれます。そこにアメリカ、ロシア、実際的に戦闘にかかわらないかもしれませんがロシアは・・・それでも戦争に大きくかかわり、そして、タイ、カンボジア、ラオス、ミャンマー、東南アジアも完全に巻き込まれてくるでしょう、軍事的に。それから、インドネシアも。そうなるとアジア全体に大きく戦争の場が広がり、最終的には第三次世界大戦に突入する可能性が高い。

実際に戦争になれば、一番信頼し安全保障条約を結んでいるアメリカを大きく頼りにしている日本。啓示では九分九厘アメリカは裏切ります、日本を。これはあくまでも啓示です。しかしアメリカは日本を平気で裏切る可能性が高い。中国を倒すために、ロシアと手を組む可能性が高いです。
で、中国を本気で倒すためには中東戦争を先に引き起こす可能性が高い。その理由をこの映像ではこの放送では理解しづらいかもしれません。
EU諸国を中国との関係性を断つために中東戦争を先にひき起こし、EUを中東戦争に巻き込み、そこで中国を思い切りたたくためのシナリオをアメリカは作っている可能性が高い。

今、今までの戦争の中で、言っておきます、正義というものはないです。
それと条約、それもいざ戦争になれば平気で覆されます。

約束なんかも平気で覆されます。

義理、人情なんて実際に戦争になれば、そんなのは存在しなくなる。こういった事はたくさんあります。
平気で約束ごと、条約ごと、裏切り、これまでの歴史で何度もくりかえされております。
中国との戦争になれば平気でアメリカ、イギリス、ロシアは日本を裏切ります。ロシアは関係ないですが。言い切って申し訳ありませんが、啓示ではそういう風に言われます。
これは、話しがかなり大きい事を云っていますので理解出来ないかも知れませんが、沖縄だけに考えても辺野古は多分推進され、辺野古の沖合に米軍基地が出来上がる可能性はかなり高いでしょう。それと宮古の下地空港は日米共同の空軍基地になる可能性が高い。そして、日本政府が負担しての米国軍基地のグアムへの移転もおきるでしょう。
なんやかんやと云いながらも、原子力発電所を推進してきたのは実際には自民党です。今の経済の元をつくったのも自民党です。原子力発電所の廃止は無くなり推進になるでしょうし。民主党が対応の後手に回った原子力発電所の臨界事故、後処理も民主党に責任を負わせてもっとひどいことになるでしょう。事故隠しもどんどん大きくなる。目先の経済だけみていれば日本はとんでもないことに、どんどん国は変化されていきます。どう判断するかはひとりひとりの判断ですが。

本当に日本という国が変わるのか変わらないのかは、政治じゃないです今は、政党でもない、このままではとんでもない方向に行くでしょう、しっかり意識をしなければ。私が言っていることは逆に人からすれば非国民かも知れない。私がみている啓示やビジョンが全て間違いであり、私の戯言であったのなら、どんなに嬉しいか・・・ありがたいか。

これから先は、自然災害や経済の混乱以上に国の政治の在り方自体、方針自体が末恐ろしい流れをつくる可能性が大きいという事を理解していただければと思います。
ただ、恐怖を煽って申し訳ないですが、今後の法の改正に私が心配している事が一切起こらず、国民のために、本当に国民のための法改正が始まり、未来に本当に隣国と仲良くし平和を維持するための仕組み作りが出来ればありがたいです。

それを期待しつついます。今の私の心境ではこの様な方向で奇蹟がおこり下さる事を願っているしだいです。

年の暮に本当に暗い話だけして申し訳ないです。
多分、私が言っているのを聞いている方は何を言っているか分からない人がかなり多いと思います。少し整理をして言わせていただきます。啓示の中では3.11そして臨界事故後の処理として、自然災害や経済の問題、政治の混乱と云う事があります。そして、政治の、国の、国会の解散が任期満了であれば良いがそれより早まる事があれば、日本の国の在り方が大きく変わってくると、ずっと云われておりました。
一番最悪は、今年度2012年の内に解散ともなれば、やはり、敢えて云うのであれば、一政党のバカ勝ちだけは何とか避けたいと思っていましたが、啓示のごとく連立政権で2/3以上の国会議員を今の自民党・公明党で確保してしまったわけです。そして、参議院の解散までに、衆議院で2/3、参議院でも自民党・公明党ほ方が民主党よりも数が多い、そうなると法改正に議員の2/3を超える数を確保していることになりますので、全ての法案を一方的に 変えようと思ってもそれが出来る状況になったという事です。
それを恐れておりましたが、そうなると確実に軍事化に進む方向へ改正が進んでしまう。実際には税金10%を民主党が上げると騒いでいますが、自民党は10%を確保したら直ぐ15%位に上げますよ。一番公約を守らないのは、何処も一緒だと考えた方が良い。そういう流れで税金を増やし一時経済は良くなるかも知れませんが。経済が上がり、税金が上がり、その利益は軍備につぎ込むという形になりかねないと云うことです。
これはあくまでも啓示です。それが起これば、来年、年開ければ中国との衝突、最終的には徴兵制度の復活から戦争へと流れるという状況に行くと云う事を伝えられております。それが、何度も言いますようにただの戯言で、私の妄想で、ただ皆さんに恐怖を煽っているくらいのバカ人間だったら一番ありがたいです。

もしそれが何らかの形で現実化になれば、戦争への流れになれば、何処の国が勝った負けたの話しでは済まない。日本はまず破滅です。第二次世界大戦と比べ話にはならない、最終的にはアジア全体を巻き込み第三次世界大戦まで突入する、そこまで突入するまでに日本という国が残っているかと云う事になります・・・

中国・・・次の戦争が、何処が勝つ負けるという事でなく、地球そのものが破滅すると云う事です。世界そのものが・・・
それを、ずっと云っててもしょうがないです・・・

自分の啓示をきちっと整理して、韓国・中国で伝えられたことも、改めてお伝えしたいと思います。

そして私自身、昨日検査を終え、医者が心配していたような状況は無かったということで一安心しております。
後は、実際に検査しないといけない所が内臓の中に肝臓や腎臓がありますが、それはどうしても私の都合で3月に検査を延ばしていただきました。
今日、このあとも祈りをし。明日、名古屋に飛び、名古屋から書き込みにありましたように渥美半島から紀伊半島、四国辺りそこから大分に渡り鹿児島へ行き、そこからまた本州に山口ら上がって行き26日には関東に入りたいと思っています。4日間で全てのスケジュールはかなりハードスケジュールですが、無理をどうのこうのと云っている場合では無いです、今は。それをやり遂げ無ければいけないと言う想いの方が強いです。そして27日、本来、宮で母神誕生祭が行われます。そのため今回のご神事から取りあえず私ひとりが飛び26日まで関東に入り27日富士山の麓にて祈りをします。

その後28日に沖縄に、飛行機のチケットがとれず、この日になりました。それで沖縄に戻り、そして1月1日に宮での祈りや新年のお祈りを済ませ、1月6日に嫁と2人で台湾に飛び、その後戻ってきた後、当初と予定が少し変わるかも知れませんが、その後久米島に飛ぶか、間違ったらそのままグアムにいったん飛ぶかたちになるかも知れません。取りあえず2月19日までには沖縄本島を中心に北は奄美、南は与那国、八重山、宮古、東は北大東、南大東、西は久米島、そこだけでも大変な距離のご神事にはなります、離島だと飛行機で飛ぶ形になり海外のご神事よりも大変な神事になるかとは思いますが、それは取りあえず私ひとりで行い、海外は妻とふたりで。本当は全ての御神事を妻とふたりで行いたいのですが、本格的には妻とふたりで行うべきでしょうが、現実の所、沖縄の事務局、沖縄の祈りの和の仕組みがまだきちっと形には出来ていませんし、結局妻が一緒に行くとご神事と事務的なこと、色々な事を一緒にせねばならず妻が倒れるような状況に成りかねなく、多分2月のご神事が終わるまではこのような状況になると思います。本当は神事に専念したいのですが、妻には事務の方に戻り処理をしてもらい、私はご神事に集中したいと思います。
本当は2人で集中したいのです。必ず19日まで、2月を終えるまではそうします。3月以降も実際にはかなりのご神事が次から次へと出てきます。2月末から3月に入ってはイスラエルに行くご神事が多分出てくると思います。

すいません、今・・・ずっと云っていて、感情がどんどん高ぶっているのできちんと言葉に出来ない状況になってきていますので、私自身、心を落ち着かせるために妻と代わって、妻に今祈りを、祈り合わせの祈りをしていただこうと思います。

比嘉りか氏・・・

すいません、長い時間お聞き頂きましてありがとうございます。また、本日、どうしても映像が出ずにこのような形で音声のみでの配信とさせていただいている事を申し訳なく思っております。
本来でしたら、映像を見ながらでしたらもう少しどういう状況かという事も、音声とまた画像とで知って頂く事が出来るかと思うのですが、ラジオのような形で聴いていただいている事と思います。
すいません、ちょっとお時間の方が1時15分ぐらいと少し半端な時間ではありますが。主人が一旦、伝えられている啓示の内容とか皆さまにお話ししなければいけない内容とか、一旦見えない方々とお話しし纏めたいという事なので、私が引き継ぎさせていただきます。またこの場を借りまして、今、かなりの方がお聞き頂いております。どうか、今、一緒にお祈りできる方はお祈りをして頂きたいと思いますし、手を合わせる事が出来ない状況に置かれながらもこの放送をお聞き頂いている方におかれましては、どうか、心の中で結構です。本当に良い未来に平和に安心して暮らしていける未来になっているようにと心を沿わせて頂けたらと思っております。よろしくお願いいたします。私たちは今、沖縄の大国ミロク大社のお宮の方からお伝えさせて頂いております。かなり風が強いので主人の音声また、私の音声の中にも風が入るような音が有り少々聞きづらい部分もあるかと思いますが、ご了承頂けたらと思います。

では、この時間をお借りしまして、本当にひとりひとりの、素直に想い願う想い、素直に思う心という物が大切に成ります。
そして、それは多ければ多いほど見えない存在に訴えることが出来、また、その想いを持っているからこそ、ご自身ひとりひとりに、支え導き守って下さっている存在の方も、どうにかしてその願いを叶えようと必死になって動いてくれます。また、この世界の中にいる見えない方々。その方々にもほんとに、真心から素直な思いで願い祈ることによって、その思いを汲み取り動いてくださる、動こうとしてくださる、そういった存在が数多くおられます。どうかその方々と共に確実な行動ができるように、そしてどうか、その方々の力添えで善き未来を進みゆくことができるように、支えてくれることができるように、一人ひとりの行動が、本当に大きな広い世の中を変えゆくことができるように、一つの行動がつながっていくことができるように。
皆さんにおかれましては、大切な方々、愛する方々、その方々の笑顔が絶やされることが無いように。そして、子供たちが大きく成長していき、今よりももっと安心して暮らしていける世の中に生活していけることができるように。生きとし生けるものが、本当に生き生きと暮らしていけるこの星であるように。そういったことを願い、思い、5年先、10年先、20年先とずっとそれが続いていくようにということを思い描いて頂けたらと思います。

では、祈り合わせをさせて頂きたいと思います。真心の力添えをお願いいたします。

今日の善き日にこと上げて申し上げます。
如何なる災いも降り注ぐことなく、心身共に健康であり、衣食住決して損なうことがありませぬよう、どうか守り、導き、支え下さりますよう願い祈り申し上げます。
多くの様々な命たちがこの星の上にて生を営み、日々を築き、歩んでおります。
どうか多くの命たちが、安心して暮らしていける世の中でありますように。
それは今日も、明日も、あさっても、日々繰りゆく日常の中、安心して一日一日をつなげ続けゆくことができますように。
生きとし生けるものと共に、共存し合いながら進みゆくことができますように。
今、この世の中において、願い祈る未来に対し改善し、改革して行かなければならない部分におき、一人ひとりが行動を起こし、未来へ向かい歩み進みゆくことができますように。
そしてその願い祈る未来を叶えゆくことができますよう支え、導き、守り下さいますよう願い祈ります。

たとえ些細な行動だったとしても、続けゆくことにより、描きゆく未来を現実のものとすることができます。くじけるこ

とがなきように、希望を失うことが無きように、どうか支え、導き守り下さいますよう願い祈り致します。
一人ひとりが多くの命たちのことを考え、共に共存しゆく未来を描き続けゆくことができますように。
一人ひとりについている、守り、導き、支えゆく存在達と共に、善き未来が叶え続けゆくことができますように。
一人ひとりがもしそのめざしゆく未来を見失い迷いしときには、その方々に分かるような形にて、めざしゆく場所、めざしゆく未来、とるべき行動を指し示し、導き下さりますよう心より願い祈り致します。
多くの命たちと共に共存し合いゆくことができますように。この星と共に歩みゆくことができますように。
平和、平穏、安定、安心して暮らしてゆける世の中に作り続けゆくことができますように。
守り、導き、支え下さりますように願い祈り致します。

・・・お伝え頂いています言葉をお伝えさせて頂きます・・・・・・

未来は今も なお見えては隠れ 逃げては隠れ
隠れてはまた現れ そしてそなたたちの心を惑わす

希望を失わせ そのような時にも 新たなる希望を生み出し
そしてそこからまた 勇気を与え続けようとする

どこへ行くのかわからぬときには
一度立ち止まり 辺りを見回し 
今自分が置かれている状況と 
見詰め 進みゆきたい状況と
それをしっかりと認識し 確認することもまた 必要なこととなりゆく

そして さらに大切なのはそこから先である

動くということは 己の意志であり 己の力である
己が自身が 何かを起こさねば 何かをしなければ 周りは変わらず
そして 周りは色あせゆくこととなりゆこう
どこへ進みたいのか はっきりとわからなければ 
分かるまでそこに立ちすくむのではなく
まずはひとつ 行いゆくことが必要となりゆこう

立ち止まるということ 

認識し確認することと ただ待ち焦がれるということとは 全く反しているものである

向きをどこへ行くかもわからなければ 
何をしてよいのかもわからぬ
それもまたひとつの理由であろう

だが決して本当にそうなのであろうか

人々は今 目隠しをし さまようよう 
何処へも行かぬとただその場を立ちつくし 
いや 孤立しようとしているのではないであろうか

今ひと度 しっかりと目を開かなければいけない時である
認識をしなければならない時である
置かれている立場 置かれている状況 
そして このままであれば 見え隠れしてくる未来がある
しっかりと見詰め そして 描きゆく方向へと進みゆくならば 
何をしなければならないのかを 残しゆかねばならぬし 伝えゆかねばならぬ

しっかりと見詰めゆく未来を 
目を見開き 心の目を見開き 
見定めてゆかねばならない

聴くがよい

恐れているからと言って 
目を伏せたところで その恐れが消えるわけではない
目を伏せ 目を凝らし 見えなくしたところで 
その恐れは 自らの内側の中にさらに増幅し 不安や恐怖さらに膨らませゆくだけではないのか
しっかりと目を見開き 何が起こり 何が伝えられ 何が現実なのかを見詰めゆき
その中から 改正せねばならぬことが 一体なんであるのか
対策をしなければならないことが 一体なんであるのかを見なければ
何も変わらなぬのではないだろうか

目を伏せることはいつでもできる 
しかし 見なければならぬものは 見なければならぬし
目を伏せたところで全てのものがなくなるわけではない
目を伏せたところで 周りのものは 時間を経過し 現状を維持し 
耐え忍んでいるだけなのである

それをどのように打開していくか 改良していくかは
見定め そして判断しゆかねばならない
それができるのは 目を見開いてからでは そのような状況でなければできないのである
見開きゆくことによって 
しっかりと改善策が見えゆくであろう
気になるものができるであろう
思いがつのるであろう 

そうすることによって 変えゆくことができるのである
心は今まさに 閉ざされようとしている
しかしながらそれは 決して起こってはならないことなのである
目を見開き 心を開き 心の目を見詰めながら 心の目を使いながら
そして 今と未来を しっかりと繋ぎ続けゆかなければならない

時を編みゆく 編み方は 
すべてのものがさまざまなる編み方を 
繋ぎ続けゆくことができるのである

かならずやひとつではなし みなが日々を 時を 日常を編み続けることによって
その未来は 変化されゆく事となるのである


・・・以上、伝えられたお言葉・・・・・・


では、みなさんに少しイメージしていただきたいことがあります。
一人一人が、この地球の上に、大地の上に、人間という形にて命を受けた存在です。
天からのエネルギー、力と、大地の力があり、エネルギーがある。
生きとし生けるものの命は、育み続けられていきます。
一人一人に天からエネルギーが注がれていることをイメージしてみてください。
降り注ぐ太陽の光でもかまいません。
ご自身に温かな光が注がれていることを思い描いてみてください。
そして、今度は足元から大地にしっかりと今足を付けていても、建物の中に、高層階の中に
居たとしても、一つ一つの命に、しっかりとその大地からのエネルギーは届けられています。
ご自身の足元から、大地からのエネルギーが届けられているイメージを持ってみてください。
天から降り注ぐ光と、大地から与え続けられている力強いエネルギー、ご自身の丁度おへその下、丹田の辺りにしっかりと噛み合わさり、混ぜ合わさり、エネルギーが充満しているイメージを持ってみてください。
蓄えられたエネルギーは、一人一人の内側から輝かせてくれます。
一人一人が、天と地とを繋ぐ一つの光となります。
天に導かれ、大地に支えられ、多くの命達と共に、この地球という星の上を歩いて行く、一つ一つの命が、一つ一つの命を守る光の柱になっています。
どうか、おひとりおひとりもまた、そのイメージを持ち、多くの命達と共に、この地球という星の上にて歩んでいることを忘れることなく、またいつも天から、大地から光が注がれていることを忘れることなく、描き行く未来へと歩み続け行く勇気を、希望を忘れないでいっていただきたいと思います。

では、改めまして主人の方に話をバトンタッチさせていただきたいと思います。
皆さま、真心の祈り合わせありがとうございました。


・・・比嘉良丸氏再び・・・・・・


すいません、長い時間お付き合いをくださいまして、私の話がかなり自分の苛立ちからの感情的な言い回しになったことをお詫び申し上げます。
1995年から母と一緒に神事の道に入りました。
実際には子供のころからいろんな啓示やビジョンを見てたのを、私の中できちんと理解出来ず、また神事を拒否していたこともありまして、意味が分らなかった、子供であったこともありましたが、幼かったこともありますが、実際には子供のころから大きないろんな出来事の啓示は受けていました。
ビジョンも見てた。そして、きちっと神事の道に入った後、その後も実際には、伝えられてきたことが全て一緒だった。
2013年中国との衝突から第3次世界大戦に至るまでの色んな啓示を見せられ、それを回避する為の祈りやご神事の仕組みを伝えられ、それを自分なりに考えてきました。
そして12年の今年、2012年の12月、年末を迎え自分自身の啓示の中で一番最悪のビジョンとなったことにより、焦りと苛立ちが重なってきちんと冷静に判断できない状況になり兼ねておるのも事実です。
私が見ていた啓示、ビジョンは要は私が生まれて来年1月27日で53歳になります。物心ついた記憶の中で常に2013年の中国との衝突から世界大戦に至る流れを教えられた、それを回避する為のご神事が伝えられてきたことを思うと自分の中ですごい焦りと苛立ちが隠せないのが事実です。それはなぜかというと、かなり自分の見ていたビジョン、最悪の流れとして現実化しているからです。
でもそれを何とか回避する為にかみごと(神事)をしております。12月16日の総選挙のそれは変えられなかったとしても、韓国、中国のご神事は決して無駄ではなかったです。特に6月から7月にかけたアレハンドロ、ポロハウ長老、エリザベス女史を招いてのご神事は、6月から7月にかけてのそのご神事がなければもぅどうすることもできなかった状況にありました。逆に今頃でしたら戦争の衝突ムードに全体が流れていた可能性が高いです。やはり6月のアレハンドロ氏、エリザベス女史、そしてポロハウ長老のご神事を含めグアテマラそして日本国内を周り、そして韓国、中国、全て最悪の事態に一気に流れるのを阻止する流れ・・・何て言うんでしょうか・・・
事態が一気に流れるのではなく、そういった流れになりそうであっても、それでも御神事を行うことによって、そういった中でも未来に良い方向に流れる可能性もつくる・・・そうった意味で、御神事をは行った意味はあります。

決して諦めることなく頑張ることによって政治や経済や最悪な事態は避け、隣国との国々とも仲良くし、アジア全体、世界全体が調和していく道はまだ閉ざされた訳ではなく、そこに1ミリでも道があるということ、まだ残ったということが私の中の支えでございます。
ですから明日からのご神事と年内の本州、そして年内帰ってきて沖縄でのご神事、そして年開けての台湾そしてグアム、それは本当全て戦争を回避する為のご神事です。
その後に沖縄本島を中心に奄美から与那国、八重山諸島、宮古、北、南大東から久米島とそのする意味も戦争を回避し、世の中を良くする為なんです。
それには自然災害、政治経済全てを含んでおります。そしてアジアだけの問題ではなく、中東の本当にそこも大きく世界大戦への流れを作るきっかけになります。3月辺りにイスラエル、そして4月はフィリピン、5月はベトナム、カンボジア辺りまで、そして6月に富士山中湖のセレモニー、それは全て自然災害や政治経済、戦争、感染伝染病全ての意味合いを含んだ、全ての災いを回避する為の全てのご神事です。
どうしても私のご神事は怖いことしか言いませんが、それを回避する為に見せ、聞かされ、それを回避する為に行動しその行動でできるだけ良い方向へ道筋をつくるという意味合いもあります。
どうかそれも含めて皆様のご理解のうえで祈り合わせの際にはどうかお力添えをいただきたいと思っております。

政治の流れで皆様の意識がどのようにあるかは一人一人の考え方です。
ですがひとこと言わせていただければ、今回戦争が起こればどの国が勝つ、負けたではなく、破滅の道へと進むということ、そしてそこに至る考え方の中で本当に気を付けなければいけないのは徴兵制度を含め、実際にその話が出るか出ないかは別として、もし意識の中で戦争に準備をするということになれば、それは戦争をおこなう危険性が高くなるということです。それも理解していただきたい、何とか戦争だけは避けたい、軍事衝突だけは避けたい、そう意識をし、絶対に避ける、戦争を回避するという、日本の国が政治が経済がアジア及び世界の中の平和への道調和への道の形作りになるよう願ってご神事を続けます。
ですから今後ご神事に際し祈り合わせの際には、どうか平和を願う祈りのお力添えを頂きたいとたいと思っております。
どうかお力添えを頂ければ幸いです。
それの意味を含み自然災害、政治経済の混乱も全て含めて全て良い方向へ流れるようできる限りの力ある限り今後もご神事を行っていこうと思っております。

それと現実問題私の命の和の活動の中で、色んなことを活動をしておりますが、ネットショップや色んなもの、それも実際では啓示で伝えられたことです、塩作り、それは本当に被ばく者の人達を中心に、また、それだけではなくこれまでの食の安全性が疑問視される中で食文化の変化により本当に子供達の健康肉体だけではなく、精神も異常をきたし、変わっていくということを伝えられ、塩というものを通し栄養分や抵抗力免疫力を高めるとか水の安全性、色んなものを言われ表に出し食が安全性が疑わしいと本当に食に安全というものが栄養を補給する為の食ではなく食を取る事によって体や精神に被害が及ぶということで言われたものを通し表に出すということでネットショップや塩作りをしております。

ただ、今の状況でご神事をやっていくために、何が言いたいかというと、表にだそうとするとすると、やはりすごくいいものすごく全て素晴らしいものだと自分でも本当に思って自信を持って紹介できるものばかりですが、本当にマリマリ、アマゾンの石鹸やこれらは全て本当に素晴らしいものです。本当に健康に良いものだと思っております。実際に薬事法という関係上で強く言えないですが検査結果は素晴らしいものもいっぱいでています。
ただそれだけにどうしても商品は高いです。でもできるだけ多くの人達に子供達になんとか渡ればと思っておりますが、そこも踏まえて、改めて来年度からもう一回全て仕組み直しをしようと思っております。

なぜならばもう一度言わせていただければ、これから起きると言う可能性がある自然災害や政治経済、戦争っていうものは、祈りや様々なものでそしてみんなの意識で未来が変わります。
そこで大きな祈りの力というのは、大きく未来に対し道筋をつけ流れを作ることができます。しかし今言った食事の安全性や放射能被ばくに関しては実際に現実問題として臨界事故・・・放射能の臨界事故被ばくに関し食の安全性というものは即対応が必要になることがあります。そして実際に起きたことをきちんと見据えないといけないことなんです。
ですから全てのものにおいて、見ざる言わざる聞かざるではなくきちんと子供達の未来を命を繋ぐ為にも放射能の問題や食の問題、全ての問題にきちんと耳を傾けきちんと自分の目で確かめ、そして自分の耳で確認し行動しそして自分の口を通し発言しそして行動を通し世の中を作って頂きたいと思います。
そして子供達を守っていただきたいと思います。今後の子供達の未来を守りそしてその環境や世の中や社会を残し未来に次に託す為にも、本来やらないといけない私達大人が大人がというよりも私達自身の意識行動によって未来を変え創り、そして子供達に未来を託しそして命をきちんと託す残す繋ぐということに繋がります。
どうか政治も経済も自然災害もそして平和もエネルギー問題も環境も沢山の問題がある中、どうか一人一人の意識が大事になってきます。
話がたくさん飛んでしまいましたが、どうか一人一人の意識の中で未来を創り世の中を作り次に命を託しそして本当に命を繋ぐことができるよう力を貸してください。
一人一人の行動でしか世の中を変えることができません。最悪の事態だけは避けられるよう祈りの力合わせと現実の行動とどうか力添え頂けますようお願い申し上げます。
長々とお話させて頂きましたがこれで一旦終わります。すいません実際に聞いている方は何を言っているのかわからないかもしれません。会場に行ってそして色んな分野でいい話もさせていただきます。
大変長いお付き合いありがとうございました。

それと今妻のほうでご神事と事務的なもので大変忙しくして、言い訳にはなりますができるだけ毎日の祈り合わせの朝の祈りの言葉は今後配信となるように頑張るつもりでございます。
いつも今月から毎月きちんとやりますと言いながら毎回できずにおりますが、できる限りやっていきたいと思います。

ありがとうございました。では配信を停止させていただきます。ありがとうございました。


2012.12.21 冬至 大国みろく大社 沖縄お宮より

比嘉良丸 比嘉りか

文字起し こころのかけはしいのちの和スタッフ

★:★:祈りの和インフォメーション★:★:

◆グアテマラ御神事お守り発売!◆

グアテマラでのご神事にマヤの聖地にてお祈りし、長老達にもお祈りをかけていただきました「マヤ・ツォルキン・ペンダント」グアテマラ産の黒翡翠で作られたペンダントトップです。自分自身のツォルキンをお守りにすることで、本来の自分が歩むべき道へと進みやすくなるでしょう!
詳細は下記写真をクリック
201211maya1-3

◆2013年新年のお守り予約開始!◆
毎年恒例の新年のお守り。今年もご予約承ります。
詳細は下記写真をクリック
sinnnenn
情報サイトリンク

◆地震情報《気象庁》
◆火山情報《気象庁》
◆台風情報《気象庁》
◆警報・注意報《気象庁》
◆海外の地震情報《JIS》
◆マーケット情報《ロイター》

イベントのお知らせ
最近の記事
関連サイト
検索フォーム
年別アーカイブ
携帯用QRコード
QR