製造部だより

2013.01.05.13:40

明けましておめでとうございます。

賛助会員の皆さまへ
いつも真心からのお力添えをいただきましてまことにありがとうございます。

早いものでして、「ニライカナイの焼き塩」の試作として、海水を炊いて
塩を取る作業を始めて1年が経過いたしました。

「プロジェクト つなぐ未来 賛助会」の活動といたしまして福島県、被災地支援としてきました
「ニライカナイの焼き塩」の配布も2012年12月の発送で1つの区切りとなりました。

12月分の被災地支援の発送としまして、「つなぐ未来 ニライカナイの焼き塩」プロジェクトのほうに
3件、4口の申込みをいただきまして、合計1,004個をご提供させていただきました。

これまで、私共の賛助会活動に、ご理解、ご支援いただいた皆さまには心から感謝申し上げいたします。
本当にありがとうございました。

今後の活動といたしましては、代表である比嘉良丸の啓示より、
さらなる放射能からの危険にさらされつづけている、とくにこれからの未来を担う子供達、
若者への、デトックス効果になる品物としまして、
「塩麹」、「薬用石鹸」、「薬用塩」の開発を進めております。

現在、試作の段階ではありますが、世に出る暁となりました際には、皆さまへご報告させていただきます。

基幹商品となります「ニライカナイの焼き塩」の被災地支援のほうも、
今までよりも数を増し、より多くのかたへ配布ができるよう、仕組みを考案中でございます。

あらたに設けました、新賛助会となります「つなぐ未来ニライカナイの焼き塩」プロジェクト等、
改めて、より良い方向性へと細部の仕組みを作り直している段階でございます。
詳細が明らかになりました際には、皆さまへご報告させていただきますので、
お力添えどうぞ宜しくお願い致します。

重ねまして、さらなる活動を拡げていくため、今後も皆様の温かいご理解とご協力、
ご支援のほどどうぞ宜しくお願い致します。

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

CA3I0979.jpg
画像:お宮聖地近く「ウンジングシク」からの初日の出

平成25年 1月吉日
こころのかけはし祈りの和
プロジェクト つなぐ未来 賛助会
製造部 伊豆 修
情報サイトリンク

◆地震情報《気象庁》
◆火山情報《気象庁》
◆台風情報《気象庁》
◆警報・注意報《気象庁》
◆海外の地震情報《JIS》
◆マーケット情報《ロイター》

イベントのお知らせ
最近の記事
関連サイト
検索フォーム
年別アーカイブ
携帯用QRコード
QR