啓示と聖書の暗号について

最初に・・・
啓示について、お伝えしたいことがございます。
私が以前、啓示で、円安、株高になった後に、12000円ぐらいまで上がり、その後株が暴落するとお話ししましたが、それを聞いた数人の方が、今回、改めて私にその内容について、それは、いつごろ上がるのか?という事を確認にこられました。
そこでお伝えしたいのですが、私は、株や証券のプロではございません。私がお伝えしていますのは、あくまでも啓示であります。私の啓示に基づいて株や証券といった事を行われますのでしたら、申し訳ないのですが、ご自身の責任において行って頂けますようお願いいたします。
現在、金融、通貨、株、金などで利益を出している方も多いと思いますが、私の啓示を元にして、ばくち的なところまで売り買いを引っ張るのではなく、現実を確認しながら安全圏の中で行われた方がよいかと思います。 
あくまでも啓示で伝えられた事をお伝えしたことであり、私の啓示内容を信用して運用されます際には、ご自身の責任で行っていただけますようお願いいたします

******

今回お伝えしたい事は、今まで行ってきた外国の御神事と日本国内の御神事、そして、聖書の暗号との因果関係について少しお話しさせていただきたいと思います。

一つ、一昨年から中国上海や北京、そして台湾、グアテマラ、サハリン、ウラジオストック、その後のドンアレハンドロ氏、エリザベス女史、ポロハウ長老との日本での御神事。キルギス、そして、妻はインド に行ってもらいましたが、その後、11月にかけてのグアテマラ、そして、年末の韓国、中国、台湾、沖縄本島を中心とした、先島諸島、奄美、北・南大東、久米島。そして、グアム、この間に、日本列島を原子力発電所を中心に何周か祈り回ってまいりました。
これは、自然災害の動向を知り、一気に起きることがないように分散分割の祈りと政治経済を含んだ平穏、平安、平和への祈りの御神事だという事は、何ども伝えてきたことではあります。
そして、自然災害も、常にいつどこで起きてもおかしくない状況の中であり、常に火山の噴火や地震や津波といった内容の啓示も伝えられてもおります。
2月の半ばにグアムへ御神事に行った理由の一つには、自然災害の流れがあり、これは、最近起きた栃木の地震との係わりも大きく関係しております。これに関しては、今回3月8日に栃木での学びの和のおり、お伝えさせていただこうとも思っております。
ただ、栃木の方には地震も含め火山の噴火も含めて、常に注意を促している状況でもあります。
このあと、フィリピン、桜島、富士といった火山の連鎖が起きる可能性が強いという啓示も実際には受けております。

さて、話がかなりとび別な話になるかと思いますが、昨年の2012年12月21日という日にマヤの予言という事が、すごくクローズアップされていました。
マヤの長老であるアレハンドロ氏は、マヤの予言とは一切関係ないという事を伝えておりましたが、実際に啓示では、このマヤの予言に合わせて世界中の人達を煽り、意識を向けて実際に何らかの形が起きる可能性があると伝えられておりました。

私達は、昨年、この12月21日の前に、ギリギリではありましが、年末、中国に祈りに参りました。
その間に伝えられた啓示の内容は、現在のハープという自然破壊兵器の原型となるものが、古来には存在し、現在のハープはそれに似せて作られている。このもととなる装置は、世界中の古代遺跡を含めて存在していると伝えられました。
そして、この装置の位置関係は、三角地点の表と裏の合わせを合わすことによって六芒星の形が二つ。陰の六芒星と陽の六芒星があると伝えられました。
これを上手く使うと、大きな地震や噴火、あらゆる自然現象や彗星、隕石を引き寄せ、地球にピンポントでぶつける事も可能であると伝えられました。
そしてその装置は、逆に、地球に来る彗星や隕石を排除することも可能だとも伝えられました。 
このような装置を古来の地球上の人は、現実に作り使っていたと啓示では伝えられております

突拍子もない話になりますが、これまで起きた大きな地震や火山の噴火、様々な災害や、現象にも、自然の営みの自然な動きの流れで起きたものもあれば、この古来の装置に似せて作ったハープというものを使って起こしたものもあり、古来の遺跡として残されている装置をある一部の組織の人達と宇宙の組織の人達、宇宙の人達が、上手く使いこなして、今後様々なものを引き起こし、自然界をコントローるすることによって、世の中をもコントロールしようとしている。そういった人達が存在するという事も啓示で伝えられております。
ただ、話があまりにも突拍子し過ぎて、私自身、本音それを本当に信じて良い物か、まだ、半信半疑でおります。

ですが、啓示によると、聖書の暗号を組み込んだ人達とこの古来の装置を生み出した人達は、大きなかかわりがあり、今後起こり得る様々な出来事は、聖書の暗号の中に情報として組み込まれており、その情報を事前に知る事により、最悪の事態や様々な目論み、陰謀を阻止することが出来ると 伝えられました。
私は、イオンアルゲインさんに2度目に合った際に、聖書の暗号をきちんとしっかりとしたものに作り上げる為に、全ての情報を伝えろと啓示で伝えられました。
ただし、その者に伝える情報は、伝えた内容すべてを完璧に伝えるのではなく、自分で聖書の暗号を常に解析し、その中から、情報を引き出すという事をさせよ。それによって、その聖書の暗号の情報が、しっかりとしたもの、しっかりとした情報を引き出す仕組みづくり、システムを確立すると伝えられました。その事が、今回中国で伝えらえた内容に繋がる事でした。
実際に、昨年12月に今まで御神事を行った海外も含めて、御神事の流れ、御神事の意味というものは、啓示をもとに、その啓示の中の情報から聖書の暗号をきちんと解読すれば、おおよその事が殆ど情報として出てくる内容でもあり、また、そのように伝えられておりました。

本当に突拍子もないことを伝えておりますが、昨年の12月に21日に、実際、中国北京で大きな自然災害が起きる可能性があると伝えられておりましたが、その機械、システムを初めて使って 引き起こすと、実験をするぞと。そして、マヤの予言に合わせて、人々を不安に陥れるという計画 であると伝えられました。
それは、12月21日にその装置を使って中国北京に地震を起こそうと計画されていたが、計算操作のがうまくいかず計画の失敗となり、改めて計画、計算を見直し、12月21日ではなく、2月に地震ではなく、隕石を中国の北京に落下させるという事へ変更した、しかし、実際には、それはロシアに落ちた失敗となったと、本来はそういったシナリオであったという事を啓示では伝えられております
そして、今の光化学スモックの件に関しても、今、このシステムが、使われているという啓示も伝えられております。
ただ、それが、私の中では、まだ完璧にその啓示の内容を理解しているのではなく、今はまだ、きちんと色々と確認を取らなければいけない状況ではありますが、今、世の中の流れ、自然災害の流れも、自然の当たり前の動きに対して、そういったシステムを使い、より大きく、より幅広くと意図的な出来事を起こす為に引き起こし、世の中の流れをコントロールする為に動いてる人たちがいる。
それを本来は、起きる前に解析をどんどん行い、それを、情報として発信することによって、いらない動きを阻止してゆくことが出来ると伝えられております。
それは、私の御神事も常に先を行った御神事を行い、しっかりとした情報を知り、御神事として行うという事、情報を配信伝える事、大変重要な事でもありますが、この聖書の暗号、解析も、本来は、現地で確認し、実際にはどうであるのか、現実の状況を確認し分析してゆくことは大切な事になります。
古から来ている聖書の暗号というものは、地球の未来を警鐘するものであり、そして、古からの因縁を解消し、善き素晴らしい未来を創る為の手引書でもあると伝えられております


この件に関しましては、栃木の勉強会で詳しく話をしようと思っております
今伝えております内容は突拍子もなく、今までは表に出したくない啓示の情報の一つでもあります
あまりにも話が大きすぎる為、現実から意識が離れる事を考えるとあまり、伝えたくない、表に出したくない情報の一つであります。しかしながら、これから先は、そういうことを言えず、出来るだけこのような啓示も伝えさせていただこうと思います
ただ本当に、その伝えてくる内容が、100%信用できるかは、まだ私の中で100%というより、実際にはまだきちんとした確証がない、半信半疑のところがあるのも事実ではあります。
取りあえず強く啓示で伝えてくることでございますので、そういった際には、状況をお伝えさせていただこうと思います。

**********

これまで、話した内容は様々な啓示に基づき、これまで多くの御神事を行ってまいりました。私の中では、様々な啓示に基づいた様々な出来事が、起きたものもあれば、回避できたこともあると思っております。
しかし、自然災害は、蓄積した自然のエネルギーの放出として、地震や地殻変動、火山の噴火というのは起こり得ることであり、これは、生命の活動として、周期的に起きているわけでございます。
その動きを意図的にコントロールしようとするものを、聖書の暗号を書き残した人たち、いにしえの学者、科学者たちが、こういった装置を作り失敗した。というよりも、地球の再生を図ったというべきかもしれませんが、装置を動かして何らかの影響を地球に与えていたという事を啓示でつたえられております
本当に、おかしな話をして申し訳ございません
私に出来るのは、自分に言われてきた啓示をできるだけしっかりとお伝えすることですので、そのようにしたいのですが、御神事の中、様々な情報をキチンをまとめるには、やはりすぐ来た啓示を お伝えすることは出来ず、ある程度、やり取りをして確認して整理してからお伝えしますので、月に1、2回。多くて、3回か4回ぐらい流せればと思っております。

本当にこれから先、いろんなことが世の中で自然の中で、かつ、現実に起きてくる。
それを一つ一つ回避し分散分割する流れを作るというものは、常に、意識を高め行動を行う必要があります。
今の内容は本当に信じがたい話をしていると思いますが、啓示えられた内容として正しいか正しくないかは、私自身判断は、つきにくい事ではありますがお伝えしておきます

聖書の暗号に隠されている内容は、未来への警鐘であり、未来を善き流れに創る為の情報であり ます。それをきちんと先に情報を流すことによって、悪い流れを変えて行く、断念させるという大きな目標があります
しかしまだきちんとした解析するシステムが、出来ていない為、啓示では、私の出来るだけの啓示の内容を表に出し、それを多くの人達が、解析すれば良いよいと言われました。
その解析のシステムの確立は、自ら解析を何度も繰り返しひたすら解析してゆくしかないと伝えられております。
自分の意識を越えた解析を多くの人が行い、そこから正しい聖書の暗号の引き出し方、システムを確立してゆく必要があると。
要は、いろんな解析の方法があるという事で、言われております。
私自身は、自分で出た啓示をこれまでもブログやメルマガ、ユーストリーム、勉強会などで情報を発信してまいります
それが、多くの人たちの考え方、捉え方、受け取り方で、聖書の暗号で深く探ってゆく。
とりあえず私が出来る事としては、情報を発信することであり、今後も伝えられた啓示をお伝えしてまいります。
内容をどう受け取るかは、一人一人の受け取り方で構いません
ですが、どうか一人一人の意識の中で、どう受け取るか、どのように言われているのかという事をしっかりと意識し考えていただければ幸いです。

比嘉良丸
比嘉りか

お知らせ

活動のご支援を今後とも宜しくお願い致します

啓示は常に伝えられ続けております。
比嘉夫妻の御神事は、皆様のご支援により執りおこなえております。
どうか、今後とも引き続き御神事を執り行ってゆけるよう
皆様の変わらぬお支えを何卒宜しくお願い申し上げます。

御支援用 社団法人口座

沖縄銀行 コザ支店 
普通 1887649
一般社団法人 こころのかけはし 祈りの和 代表比嘉良丸


ゆうちょ銀行
記号 17000 番号 5821671
一般社団法人こころのかけはし祈りの和
シャ)ココロノカケハシイノリノワ

ゆうちょ以外の金融機関から
七〇八店 普通 0582167

御神事支援口座に法人名義の口座を用意いたしました。
こちらの口座への御支援も、
比嘉夫妻の御神事に活かされてまいります。
他の口座は大国ミロク大社のHPに掲載しております。
(ミロク大社HPへ移動)
御都合の良い口座へ何卒ご支援を宜しくお願い致します
領収書が必要な方は問い合わせ窓口にご連絡ください


募集のお知らせ
ミロク殿本宮では、儀式で使用いたします聖水を募集しております。
全国の気をたたえ、皆様の真まごころのこもった聖水は祭壇でご祈祷をさせていただきましたのちに、風水火の儀式で使用させていただいております。
ありがとうございます。
聖水
〒904-0006
沖縄市八重島1-3-9
こころのかけはし 聖水係

ボランティアのお願い
ミロク協友会として、儀式を行うための資料を日々集め
更新し作成をしています。
皆様に各種作業のお手伝いのお願いがございます。
お力添えをいただけます方、是非ご協力をお願い致します。
詳細はicon 2016

検索フォーム

関連サイト

↓クリックで関連サイトへ icon <ミロク結びバナー icon13 隙間 icon4 隙間 時系列 隙間 祈りの和TV 隙間 隙間 itiran

↓特別掲載サイトへ itiran

年別アーカイブ

2024年 02月 【23件】
2024年 01月 【27件】
2023年 12月 【36件】
2023年 11月 【25件】
2023年 10月 【32件】
2023年 09月 【28件】
2023年 08月 【17件】
2023年 07月 【26件】
2023年 06月 【26件】
2023年 05月 【32件】
2023年 04月 【30件】
2023年 03月 【21件】
2023年 02月 【26件】
2023年 01月 【24件】
2022年 12月 【30件】
2022年 11月 【22件】
2022年 10月 【25件】
2022年 09月 【24件】
2022年 08月 【24件】
2022年 07月 【28件】
2022年 06月 【22件】
2022年 05月 【6件】
2022年 04月 【26件】
2022年 03月 【15件】
2022年 02月 【16件】
2022年 01月 【17件】
2021年 12月 【20件】
2021年 11月 【25件】
2021年 10月 【19件】
2021年 09月 【7件】
2021年 07月 【2件】
2021年 06月 【2件】
2021年 05月 【1件】
2021年 04月 【6件】
2021年 03月 【12件】
2021年 02月 【14件】
2021年 01月 【26件】
2020年 12月 【34件】
2020年 11月 【20件】
2020年 10月 【3件】
2020年 09月 【4件】
2020年 08月 【2件】
2020年 07月 【3件】
2020年 06月 【10件】
2020年 05月 【13件】
2020年 04月 【3件】
2020年 01月 【1件】
2019年 12月 【3件】
2019年 11月 【4件】
2019年 10月 【6件】
2019年 09月 【11件】
2019年 08月 【2件】
2019年 07月 【3件】
2019年 06月 【6件】
2019年 05月 【22件】
2019年 04月 【4件】
2019年 03月 【9件】
2019年 02月 【1件】
2019年 01月 【3件】
2018年 12月 【18件】
2018年 11月 【3件】
2018年 10月 【8件】
2018年 09月 【9件】
2018年 08月 【15件】
2018年 07月 【9件】
2018年 06月 【14件】
2018年 05月 【15件】
2018年 04月 【24件】
2018年 03月 【17件】
2018年 02月 【13件】
2018年 01月 【26件】
2017年 12月 【23件】
2017年 11月 【16件】
2017年 10月 【30件】
2017年 09月 【16件】
2017年 08月 【11件】
2017年 07月 【11件】
2017年 06月 【20件】
2017年 05月 【24件】
2017年 04月 【22件】
2017年 03月 【35件】
2017年 02月 【22件】
2017年 01月 【24件】
2016年 12月 【22件】
2016年 11月 【12件】
2016年 10月 【17件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【33件】
2016年 06月 【31件】
2016年 05月 【23件】
2016年 04月 【14件】
2016年 03月 【11件】
2016年 02月 【9件】
2016年 01月 【12件】
2015年 12月 【20件】
2015年 11月 【18件】
2015年 10月 【24件】
2015年 09月 【29件】
2015年 08月 【18件】
2015年 07月 【29件】
2015年 06月 【18件】
2015年 05月 【14件】
2015年 04月 【20件】
2015年 03月 【22件】
2015年 02月 【15件】
2015年 01月 【20件】
2014年 12月 【16件】
2014年 11月 【27件】
2014年 10月 【25件】
2014年 09月 【25件】
2014年 08月 【25件】
2014年 07月 【21件】
2014年 06月 【20件】
2014年 05月 【14件】
2014年 04月 【21件】
2014年 03月 【20件】
2014年 02月 【18件】
2014年 01月 【13件】
2013年 12月 【20件】
2013年 11月 【21件】
2013年 10月 【32件】
2013年 09月 【24件】
2013年 08月 【23件】
2013年 07月 【12件】
2013年 06月 【25件】
2013年 05月 【30件】
2013年 04月 【27件】
2013年 03月 【18件】
2013年 02月 【18件】
2013年 01月 【29件】
2012年 12月 【22件】
2012年 11月 【31件】
2012年 10月 【39件】
2012年 09月 【31件】
2012年 08月 【31件】
2012年 07月 【19件】
2012年 06月 【14件】
2012年 05月 【35件】
2012年 04月 【10件】
2012年 03月 【24件】
2012年 02月 【23件】
2012年 01月 【12件】
2011年 12月 【24件】
2011年 11月 【18件】
2011年 10月 【9件】
2011年 09月 【25件】
2011年 08月 【24件】
2011年 07月 【15件】
2011年 06月 【21件】
2011年 05月 【27件】
2011年 04月 【24件】
2011年 03月 【24件】
2011年 02月 【17件】
2011年 01月 【21件】
2010年 12月 【21件】
2010年 11月 【10件】
2010年 10月 【13件】
2010年 09月 【13件】
2010年 08月 【25件】
2010年 07月 【24件】
2010年 06月 【27件】
2010年 05月 【14件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【40件】
2010年 02月 【12件】
2010年 01月 【13件】
2009年 12月 【31件】
2009年 11月 【30件】
2009年 10月 【31件】
2009年 09月 【10件】
2009年 08月 【9件】
2009年 07月 【15件】
2009年 06月 【51件】
2009年 05月 【54件】
2009年 04月 【29件】
2009年 03月 【61件】
2009年 02月 【16件】
2009年 01月 【25件】
2008年 12月 【13件】
2008年 11月 【62件】
2008年 10月 【28件】
2008年 09月 【60件】
2008年 08月 【63件】
2008年 07月 【12件】
2008年 06月 【4件】
2008年 04月 【6件】
2008年 03月 【18件】
2008年 02月 【15件】
2008年 01月 【3件】
2007年 12月 【1件】
2007年 11月 【4件】
2007年 10月 【4件】
2007年 09月 【7件】
2007年 08月 【3件】
2007年 07月 【3件】
2007年 06月 【10件】
2007年 05月 【7件】
2007年 04月 【6件】
2007年 03月 【4件】
2007年 02月 【5件】
2007年 01月 【5件】
2006年 12月 【7件】
2006年 11月 【7件】
2006年 10月 【4件】
2006年 09月 【10件】
2006年 08月 【3件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【5件】
2006年 05月 【2件】
2006年 04月 【15件】
2006年 03月 【5件】
2006年 02月 【5件】
2006年 01月 【5件】
2005年 12月 【5件】
2005年 11月 【2件】
2005年 10月 【1件】
2005年 09月 【1件】
2005年 07月 【1件】
2005年 06月 【4件】
2005年 05月 【2件】
2005年 04月 【2件】
2005年 03月 【2件】
2005年 02月 【1件】
2005年 01月 【3件】