19日の中継から

2013.04.25.09:30

新暦4月25日(旧暦3月16日 酉)

いつも真心のお力添えありがとうございます。
本日は、先日19日、フィリピンからの帰国後に中継しました内容を書き起こししていただきましたので、加筆、補足しましたものをお伝えさせていただきます。
どうぞ、お読みいただけますようお願いいたします。

4月19日放送分***中継の際の話をそのまま活かし書き起こしております。ご了承くださいませ。

大国ミロク大社の比嘉良丸です。野島崎のほうに来ております。当初、先端の方から海に向かって映像を配信しようと思ったのですが、かなり風が強いです。風音で聴きづらいという指摘をうけましたので、場所を変更して放送を流したいと思います。

4月15日からフィリピンの方へ行ってまいりまして、昨日(4月18日)夜10時過ぎに成田の方に着きました。今日朝から祈りをしながらこの野島崎の方へきております。今日、当初最初に4月のはじめにお伝えしましたように、第1第3の金曜日に放送を流すというお約束を致しました。出来ましたら月に3回ほど映像を流したいと思っています。そこで今日第3金曜日、フィリピンから帰ってきた翌日にあたりますが、これからお話をさせて頂きたいと思います。

今回フィリピンのご神事は、これからの日本の流れに対して、大きな意味合いを知る事となりました。その前のイスラエルもそうでしたし、グァムもそうでしたが、やはり海外に行くことによって、その場所と日本と、そして世界の流れを垣間見ることが出来ました。伝えられる事が確認され、確信に繋がることとなりました。今回も、フィリピンに行っている間にいろいろ地震や事件などが起きましたが、それは将来、そのまま行けば近未来に大きな災害、災いをなす出来事の前兆と受け止めております。

14日にも放送で流しましたが神戸での地震は、京都、滋賀、福井、琵琶湖を中心に起こり得る大きな地震、それに基づく臨界事故の事をお話しました。その時にもお話をさせて頂きましたが、琵琶湖での大きな地震の回避、力を抜く地震だということをお話さして頂きました。そして、2週間の間に琵琶湖で起きる可能性があるという事をお伝え致しましたが、これまでの私の啓示や流れを常に見てきて下さってる方は、流れとして大体つかめるかと思いますが、日本列島を中心に環太平洋をぐるっと回る火山帯、日本の関東から、中央からマリアナ諸島に向けてニューギニアあたりに行く火山帯、日本では東日本火山帯となります。
そして九州へ流れ、ぐるっと回る西日本火山帯とあるのですが、2004年にスマトラで地震が起こりましたが、このあたりからのプレート、トラフを含めて、関連するプレートが中央アジア、アフリカ、ヨーロッパまで横たわっております。地上から見ていると解りませんが地の中では、地球上にそのエネルギーの伝達、連鎖しており、地の中ではすべて繋がっている事から、実際、どのような形であっても起こり得る形として存在しています。火山帯にしてもプレートにしてもマントルの動きにしても、地球の中で繋がっていることから何らかの形で関連性があります。

今回のイスラエルの件にしても、私もフィリピンにいたので、はっきりした情報が解りません。アメリカでもテロがあったらしいということで聞いております。やはりテロに関しても宗教的なものを偽り、2001年以降の、何て言うんですか、目に見えない駆け引きの中でのテロという物もその布石だと、伝えられております。最悪の流れとしてはイラン、イスラエル、シリアの中での衝突から大きな中東戦争からヨーロッパに飛び火するという事を啓示で受けております。最悪のビジョンとしては、北朝鮮や、パキスタンの核弾頭が盗まれテロに使われるとか、そういう啓示があるという事は14日の放送でもお話させて頂きました。

フィリピンに行き、実際にそういう事が解るかと思われる方もいらっしゃるかと思いますが、やはりあちらでの啓示、やりとりでもそういう流れがあるという事を確認というか、そういう啓示を受けてまいりました。

それと富士山の噴火に関しても、フィリピンの火山で解るかと思われる方もいらっしゃるかとおもいますが、それについてもかなりの強い啓示で伝えられております。実際に富士山が今回噴火したら、どれぐらいのレベルで大噴火が起こるのかということも啓示で伝えられてまいりました。その事については明日(4月20日)の勉強会の方で、きちんとお話をさせて頂きたいと思います。

それと、小事的な紛争から本格的な戦争に関わる情報に関しても北朝鮮、中国などの動きも啓示にありました。それに関しても、事前に伝えておりますように勉強会の方で出来る限りお伝えしたいと思います。

今日の放送で伝えたい事は、感染病、伝染病についての啓示についてお伝えしたいと思います。今中国で新型ウィルスなんでしょうか、どういう状況か解りませんが、去年もそうでしたが毎年感染病に関しては強い警告の啓示があり、日本列島を常に飛び回っております。去年も夏風邪が流行ったら怖いという事でお伝えいたしました。今年もそうです。今年も夏に入って夏風邪が流行するような事があれば、恐ろしい感染病に変化するという啓示が伝えられております。それは強い警告の啓示で伝えられております。それと同時に、皆さんには、おかしな陰謀説と受け取られるかもしれませんが、中国、東南アジアあたりから新しいウィルスでの広がりが起きる可能性が高いという事も、改めて今回のフィリピンで伝えられました。

このウィルスに関しては、実際に今年イスラエルに行った時、グァムに行った時、そして日本でのご神事の中、沖縄でのご神事の中でも伝えられてきている事ではございますが、それは自然的発生ではなく意図的な発生によるウイルス感染病、伝染病が拡がる可能性が高いという事を伝えられております。これは毎年のことですが、今回はほんとにその動きが強く出ているという警告が啓示で伝えられております。恐ろしい結果になりかねない状況があるという事で強い警告の啓示を受けております。

それらを考えて今私自身、いろんな動きをしなければなりませんが、肉体は一つであり、時間的、時間的というより、行動、意志は、これからどんどん動かなければいけない大事な時期になっております。一つ間違えればほんとに感染病が拡がる状況があります。それを完全に阻止し回避しなければいけません。それと同時に目に見えないところでの戦争へのカウントダウンは確実に進んでいるという啓示があります。それは確実に阻止し回避しなければいけません。

それら全てのものが確実に動き、最悪の状態へ突き進んでいるという事を伝えられております。それを言うといつも恐怖だけ煽っているように受け取られてもしょうがない事ではございますが、啓示は啓示として、事実そのように伝えられております。今の状況を甘く考えていると、気が付いた時には取り返しのつかない波に巻き込まれて、ほんとに最悪の事態にどんどん流され、突き進むという状況が今目先にあるという事を伝えられております。

その中で地震や経済や政治や、
地震だけでなくあらゆる自然環境による災害ですね、
それと人為的な災いを含め、いろんな事がいま一気に、今年、来年、再来年とほんとに進もうとしているところで、啓示で、ずっとそれを阻止するために何十年もご神事をしてまいりましたが、これをほんとに今大事な時期に突入して、それを全て回避するというのはすごい集中しておかなければいけないということで、今改めて仕組み作りを行っておるところでございます。そこの中で沖縄でのご神事、本州でのご神事、海外、そして大きなご神事として富士での6月夏至の時期のご神事があります。

冬至は毎年北海道旭岳に行ってまいりましたが、去年は行くことが出来ず本州でのご神事になりました。今何を行わなければならないか、伝えられてくる啓示から目に見えない部分での善い方向へのいろいろな仕組み作りを行っているところではございますが、皆様に今日お伝えしたいこととしては、これから夏にかけて、ほんとに体調をきちんと整えて欲しい。それと出来たらマスクも含めて万全な対策をとって欲しいと思います。

今日本の国で、これも関連してまいりますが、放射能の問題も含めて、環境というところで、人間の内から蝕む新しい病原菌というものが発生する可能性が高いということが伝えられております。それが北海道から流行るようなことがあれば大変なことになるとも伝えられております。しかし日本全では大きな河川や干潟や湖、渡り鳥やいろんな動物の行き来する場所というものが多くあります。動物を媒介して来る病原菌も含めて、意図的な病原菌も含めてすごく注意しないといけないのですが、今年の夏に向けては、ほんとに注意しないといけないと思います。今、夏、夏といっておりますが実際に夏に体調をくずし秋から冬にかけて本格的に流行り、病にかかり体内にその病原菌が残り、長い潜伏期間をへて実際に大流行となるのは来年の春というふうに伝えられています。ですから夏風邪や体力が落ちた時に身体の中に入った菌がそこでゆっくり成長して来年の春ぐらいに大流行する可能性が高い、という日本での起こり得る感染病か伝染病の流れのいきさつを、今回啓示で伝えられてまいりました。
しかし、中国や東南アジアの中で感染病を起こすそれは、確実に意図的な感染病だと伝えられています。

すみません、もう一度整理させてください。日本で起こり得る感染病か伝染病というものは、自然の中から発生する病原菌になります。特に5月6月の間に択捉か国後に行けと啓示で言われました。日本国土の北方領土あたりか、本来はカムチャッカなんですね、シベリア半島のカムチャッカの先端の方から、永久凍土が溶けて、そこからくる病原菌が夏風邪を流行らして、ウィルスが半年ぐらい人間の身体の中で生き続けて来年の春に大流行する可能性が高い。それを回避するためのご神事として択捉か国後へ行けという強い啓示であります。

更に伝えられている啓示の内容としては経済、政治、そして資源全ての物に対しての啓示的意味合いがあって択捉、国後という事を伝えられています。本当はカムチャッカなんですが、そこまではちょっと資金繰りを含めて厳しいかと思われます。そこで実際になんとか踏ん張って行けるかというところで国後、択捉かどちらかにというところで今考えております。それは先程もお伝えしましたが、日本で流行する感染病に関しては自然に発生する感染病と伝えられておりますが、中国や東南アジア、南アジアで流行する感染病は意図的に発生する感染病や、細菌兵器を使ったテロ、テロと言うのか、テロの範囲を超えたものだと伝えられている内容からそのように思われます。

そこで今、もう一度伝えさせて頂きます。何度も同じ事を申し訳ありませんが、今日放送でどうしても伝えたいことは、感染病、伝染病に関しての啓示についてお話をさせて頂いております。もう一度申し上げますと、これから夏場にかけて、夏風邪とか風疹、これ以前にも話をしたのですが、はしかとか本来もとからあるものに、北の方からきたウィルスが混ざり合うことにより、今でも夏風邪や風疹、はしかが流行っているんですが、それが深刻な問題化する可能性が高いと伝えられております。ほんとに恐いのは、夏を過ぎ、秋冬を超えて、体内に一時薬で抑えて落ち着いた病原菌なのかウィルスなのかわかりませんが、たぶん、ウイルスだと思います。啓示ではウィルスと言われていますので言い切ってもいいと思います。それが実際に身体の中で死んでおらず、来年の春くらいに、体内で成長し一気に活動し、大流行として恐い感染病に発展するという啓示が伝えられております。それで今日改めてその啓示の内容だけは伝えたいと思いまして配信させて頂いております。

伝えております事が実際に恐い事を言っております。危機を煽ることになっているかも知れませんが、啓示として伝えられていることとして、やはり伝えたいと思っております。そして中国に関して今あるウィルスというものは、意図的に流行させるバイオ・テロというんですか、細菌兵器を使ったテロで流行をする可能性がすごく高いという事を伝えられています。それに関してはもっと恐ろしい情報が啓示として伝えられております。それに関しても改めてきちんとした形で流したいと思っております。今簡単に伝えておきますが、日本国内で言えば、3・11以降、福島の原発事故から、いろんな大気、水の汚染から始まり、目に見えないところで体力を奪われている多くの人達がいます。そういう人達の中にまたいろんなものが重なると、ほんとに恐いことになりかねない。実際に啓示で伝えられたことを申し上げていますが、夏から風邪が流行り、実際に恐いのは来年の春から、大きな形として現れるという啓示があり、それを、改めて伝えられてきた事から、今回どうしても伝えたいと思いまして放送の中で配信させて頂きました。

詳しい啓示につきましては、改めて何らかの形でお伝えいたします。それも今月中に出来るか、遅くとも5月のゴールデンウイーク後には、もう少し詳しい内容を伝えたいと思っております。感染病に関して、そこに関しても伝えていきたいと思います。今沢山のことが伝えられております。政治に対しても、経済に対しても、自然災害、それも地震や噴火、津波だけではなく、日照りや暖冬や、ほか沢山の事を伝えられております。そういういろんなものが、一つにまとまった時にほんとに恐い事が起きる。これまで歴史の中で、何度も繰り返されてきた流れの一つでございます。それを、艮金神の立て替え立て直しの新しい世の国造りという方々もいらっしゃいますが、キリストの中にもイスラエル、ユダヤ、沢山の宗教の中にも立て替え立て直しと似た考え方、教え、預言というものがありますが、それは決して、全てのものが一気にまとまり、それが、世の中が混乱し、崩壊し、新しいものを作って、それで素晴しい未来が作れるかということは、決してありません。それは歴史を見れば、何度も同じことの繰り返しでございます。確実にそれは、立て替え建て直しではないのではないでしょうか。立て替えは物や政治やそういうものではなく、人間の考え方、価値観、こころであり、新しく作るのは新しい価値観や考え方、こころであり、今あるものを進化させる、良いものに作り変えるというものでございます。全てが崩壊し、多くの命が奪われて初めて気づくというものではございません。過去をきちんと調べれば、これまで、築き上げることは、教訓は沢山、人類の中で、歴史の中で経験してきております。それを含めて、改めて私の啓示の中で、今回は一つ、感染病、伝染病のことについてもテーマとして上げていきたいと思います。

先にもいいましたように、第一金曜日、第三金曜日を含めて、もう少し数を増やして情報を発信できればと思っておりますが、すみませんが今日は僅かな情報しか流せませんが、啓示の一部を皆様にお伝えさせて頂きました。

比嘉良丸
比嘉りか

★*★*祈りの和information★*★*

★5月28日 陰陽祭 60周年記念 特別企画御守り 準備中!
2013innyoumaturi2.jpg
情報サイトリンク

◆地震情報《気象庁》
◆火山情報《気象庁》
◆台風情報《気象庁》
◆警報・注意報《気象庁》
◆海外の地震情報《JIS》
◆マーケット情報《ロイター》

イベントのお知らせ
セレモニーバナー
最近の記事
関連サイト
検索フォーム
年別アーカイブ
携帯用QRコード
QR