6月7日(金)祈りの和TV“神代の理”放送、未来へのメッセージ募集のお知らせ。

2013.06.06.22:31

夜間の配信申し訳ございません。

明日6月7日第1金曜日は祈りの和TV“神代の理”放送日となります。
比嘉夫妻は現在、八丈島でのご神事を終えて空路九州へ渡りフェリーにて壱岐島に入りご神事を実施しています。
明日の放送では、6月22日から山中湖で開催される富士いのりのセレモニーに向けて行われているご神事の近況をお知らせする予定です。
最近の放送では、公開ご神事という形で、見えない存在とのやり取りを公開しております。
それは、この世界が現実の社会と平行して見えない世界が存在して、この地球というひとつの生命体が見えない世界、現実の世界、言うなればこころと身体を以てひとつの世界として成り立っているという事を感覚的にご理解頂きたいと云う事も含まれています。

それは、全ての事柄にとって大切な思考のバランスを意識する事にも繋がります。経済優先、効率優先だけでは、人々は環境や多くの生命を無視した独善的な社会を築きがちです。また、何もせずにただ在る事だけを善しとするなら、生命本質である、変化、進化は停滞して歩みを止めかねません。
経済や効率は父性として表され、良い意味で進化、革新、動的な活力を現します。一方、こころを中心とした精神的活動に関しては、愛、慈しみ、平穏、と云った熟成的な母性としての性質を現します。そのどちらも、生命の進化には必要な動きであり、片方を一方的に善い悪いで決めつける事は出来ません。そのどちらにも正誤、善悪、の資質は存在しています。大切な事は、その中から人が本当に望む未来へのために両極のエネルギーのどの部分を選択するかと云う事です。そのために、今私たちが常識として持っている知識や価値観がどうなのか、それを今真剣に考える必要があると思うのです。

明日の“神代の理”ではどのようなメッセージが伝えられるのかは知らされておりません。
ただ、皆さんが今お持ちの価値観を検証するために必要な事が伝えられると思います。
放送は下記の通り行われます、日中のお時間ですが、是非ご視聴下さいますようお願い申し上げます。

「“神代の理”放送予定」

日時:平成25年6月7日(金)
   午後1時より
   ※電波状況が悪い場合は、後日改めて放送となる場合がございます。
内容:最新の啓示とご神事からの情報、他
   

↓ご視聴は祈りの和TVより
http://inorinowa.org/tv/

◆富士いのりのセレモニー未来への想い募集のお知らせ◆

富士いのりのセレモニーでは素晴らしい未来を人々の想いから創り上げるために、全ての方へご参加を呼びかけております。
未来が誰か特定の存在が創り上げるとしたら、それはきっと、特定の人のための未来になってしまうでしょう。
命が命を慈しみ、ともに未来へ命を繋ぐという想いがこころの中心に治められた時、本当の意味でこの宇宙はビッグバンを起こし飛躍的な拡大を遂げると思われます。

すこし話しが大げさになりましたが、それだけ独りひとりの想いが未来を創るためには鍵になると云う事です。
その想いを是非、セレモニーにお寄せ下さい。その方法として富士いのりのセレモニーでは下記の方法を準備しております。

●会場へ直接お越しいただきご参加下さい。http://inorinowa.org/fuji2013/?page_id=111
●貴方の望む未来のイメージを手紙やイラスト、絵に描きお送り下さい。http://inorinowa.org/fuji2013/?page_id=484
●貴方の未来への想いを折り鶴に込めてお送り下さい。http://inorinowa.org/fuji2013/?page_id=484
●セレモニーの運営スタッフとしてご参加下さい。http://inorinowa.org/fuji2013/?page_id=130
●セレモニーの運営資金を協賛して下さい。http://inorinowa.org/fuji2013/?page_id=494
●いのりのセレモニーをお知り合いへお知らせ下さい、また、ご自身のブログや、ツイッター、FACEBOOKにてお知らせ下さい。
●セレモニーで開催される祈り合わせの同じ時に、いらっしゃる場所からご参加下さい。

↓詳しくは、富士いのりのセレモニー2013公式サイトをご覧下さい。
http://inorinowa.org/fuji2013/

(未来へのメッセージ送付に関して)

●貴方が祈り願う未来の姿を文字に、イラストや絵に描き下記にお送り下さい。
比嘉夫妻が一枚一枚に祈りを込めて、6月23日のセレモニーにてお焚き上げさせていただきます。
※未来へのメッセージは未開封の状態でお焚き上げさせていただきます。

●未来への想いを日本に伝わる折り鶴に込めてお送り下さい。
 言葉ではない、形でもない、見えないこころからの想いを折り鶴に込めて下さい。
 日本に伝わる、一枚の紙から作り上げられる驚く程美しい鶴、この素敵な風習は未来へ残すべき価値のある伝統のひとつです。
 ご家族で、大切な方とともに鶴を折り、未来を考えてみて下さい。

※水、手紙、折り鶴、は少量でかまいません、鶴であればお一人10羽程度、水は50cc程度、手紙は普通郵便で送れる程度でかまいません。
 多くの方が、未来を考え行動を起こす事が一番大切な事です。是非、多くの皆様のご参加をお待ちしております。

<送付先>
904-0006
沖縄県沖縄市八重島1-3-10-A
一般社団法人
こころのかけはし 祈りの和 宛

↓詳しくは富士いのりのセレモニー2013in山中湖公式サイトをご覧下さい。
http://inorinowa.org/fuji2013/

多くの皆様のご協力をこころよりお願い申し上げます。

(文責:こころのかけはし 高橋 潔)
情報サイトリンク

◆地震情報《気象庁》
◆火山情報《気象庁》
◆台風情報《気象庁》
◆警報・注意報《気象庁》
◆海外の地震情報《JIS》
◆マーケット情報《ロイター》

イベントのお知らせ
最近の記事
関連サイト
検索フォーム
年別アーカイブ
携帯用QRコード
QR