聖なる杖のセレモニー2013in神奈川江の島/Japan終了しました。

2013.08.04.21:53

8月3日(土)真夏には珍しい穏やかで優しい青空、空には蛇のようなくねくねとした雲が催しが終わるまでの間、飛び交っていました。午前8時半頃比嘉夫妻が会場へ到着。実は、昨晩から江の島入りしていたのですが、警察の警戒が厳重で路肩でエンジンをかけて仮眠をとる事が叶わず、市内に場所を変えて朝を待ったそうです。

開場までの間、視聴覚教室に集まったスタッフで準備を進めます。聖なる杖のセッティング、受付の設置、入場受け付け手順の確認、スタッフの撮影した太陽や花の不思議な写真展示、祈りの和TVの放送準備、富士いのりのセレモニー映像ダイジェスト版放映の準備、待ち時間の際に追っていただく祈り鶴の準備。書き出すと結構ありますね、それを30分で済ませて開場となりました。

聖なる杖神奈川江の島にお集まり頂いた方はスタッフを含めて総勢25名。開演後、先ずは良丸さんの講話の時間。今日は予定時間に余裕があったので、啓示の話し、それを解釈するための考え方など、勉強会の如く、たっぷり1時間お話し頂きました、そして、昼のチャイムがなる頃にりかさんの祈り合わせと伝えられた言葉のが語られました。そして、第一部の終わりに休憩を挟んで行われる聖なる杖の口伝えデモンストレーションとして、代表者の口伝えの公開が行われました。ここまでの模様はこのページの巻末に録画増を公開いたしますのでそちらをご覧下さい。



情報サイトリンク

◆地震情報《気象庁》
◆火山情報《気象庁》
◆台風情報《気象庁》
◆警報・注意報《気象庁》
◆海外の地震情報《JIS》
◆マーケット情報《ロイター》

イベントのお知らせ
セレモニーバナー
最近の記事
関連サイト
検索フォーム
年別アーカイブ
携帯用QRコード
QR