現在の御神事の状況と啓示について:3

2013.09.09.13:11

~つづき~

それともう一つ、8月8日に起きた誤報の地震。それはいろいろ私もその場で祈りをしていろんなことをビジョンを見ながら伝えられていたもので、大きく流れが異なったことで困惑しているところがありましたが、今年の、8月の、29日から30日にかけて、夜を徹して徹夜で房総半島から東京湾、三浦半島、そして相模湾、そして伊豆半島から駿河湾、富士川河口で祈った際に伝えられたことがあります。そして、その時同時に妻が富士山に行ってご神事を行ったことによって、きちんとその理解が、啓示を受けることができました。そこで言われてきましたのが、それまで南海トラフだけすごく注意をしておりましたが、南海トラフだけとか、中央構造線だけの意識をしてたらとんでもないことが起きるぞと伝えられてきたのです。
それはマリアナ諸島、海溝から小笠原海溝、伊豆七島から来る、その火山帯の中に繋がっている海溝、それがフィリピン海溝と日本海海溝、太平洋プレートとフィリピンプレートの重なり合い、そしてアムール、北米プレートの重ねの中で、大きな刺激が起きる。この起爆剤として起きる可能性が高いのが、伊豆七島、小笠原から伊豆七島で大きな海底地震が起きるぞ、南海トラフにとらわれると、大変なことになりかねないぞということを伝えられてきました。この動きが起きた時に、一気に4つのプレートが動くぞと。それと一気に大きな重要な火山も動くぞと。それを本当に阻止しないといけないということを言われました。これは意図的な操作によって引き起こされるものであり、飛んでもない馬鹿なやつらが、自分の欲の為に行うことだが、結果、考えていた以上の事態が起きてしまうことに繋がる。そのように伝えられ、本当に凄い危機感を持っておりました。この地震の事につきましては、本当に重要な話になりますので、きちんと自然災害テロという内容で改めてお伝えさせてください。

そこで私は今日皆さんに改めて一つ、どうしてもお願いがあります。それはまた、本当に現実的な話をして本当に申し訳ないのですが、それはあくまでも現実的なものでございますので、恥を忍んでお願いをします。いま私自身、この日本全国を回るご神事を行っておりますが、それは皆様のご支援の賜物でご神事をさせていただいております。しかし今回、6月からのセレモニーいろんなもので、かなりの経費を使っております。今回のご神事を行うために、予算不足から私の持っていた沖縄でのご神事に使う船を売却して、今この費用に充てて何とか今月、来月の一部にかけてはご神事を行える状況で何とかその、ほんとお恥ずかしいのですが、先月の半ばにやっと船が売れて、何とか費用がまかなえて、今ご神事が続けられている状況でございます。
10月27日までに 数か所で、その後の動きに対する仕掛けが仕掛けられていると啓示で強く言われていることがあります。その為、10月17日までに小笠原でのご神事おさめておくように最悪でも27日までにはおさめておくように、本当に先の未来を考えるのであれば、きちんと行っておくようにと強く言われております。
まず、10月に伝えられている南海トラフを中心とした地震については、それを回避するために今飛び回っております。9月23日に聖なる杖を持ってのご神事を一旦区切りとしましたら、改めて今度はミロク大社の比嘉良丸、比嘉りかとして、9月24日に四国高知へ飛び、そこから9月いっぱいまでにもう一度、高知から東海岸沿いを上がりゆきます。室戸岬から入り、そして徳島からフェリーで和歌山に入り、そして紀伊半島を回って鳥羽からフェリーで渥美半島に入る。渥美半島からフェリーで知多半島へ入り、そこから折り返して浜岡原発、そこから関東へとお祈りしながら北上移動し、29日までにはそれら一連の御神事を行うつもりでおります。それで何とか10月2日、3日に来ると伝えられている地震、10月18、19日に起きると伝えられている地震というものの先延ばしを、何とか、回避することができると。何とかそれはできると思っております。
しかし先程言いました小笠原のご神事は、先に今年グァムでお祈りをしたことによってマリアナ海溝に対しては何とかお祈りをしてまいりましたが、ここで小笠原にもきちんとお祈りをし、杭を打つことが重要となります。
小笠原に、先ほどお伝えしました仕掛けを阻止する杭を(祈りのよっての杭でございます)打つことを行わなければ南海トラフが何とか収まっても、小笠原から伊豆七島を経て左右、東西に大きな連鎖が走りプレート型の地震や火山帯を動かして大きな火山の噴火といった動きに、繋がるということがあり、南海トラフだけではなく小笠原をきちんと抑えよと強く言われております。
そこで、本当に大変申し訳ありません。10月、南海トラフに対するご神事はなんとか行える状況で動いております。ですが、小笠原へのご神事は難しい状態であります。
どうか皆様のお力添えを得てなんとかご神事ができるよう、お力をお貸し頂ければと思います。本当に恥を忍んでの呼びかけではございますが、どうかお力添えいただきまして、何とか小笠原のご神事をやり遂げる事が出来るようにお力添えを、どうかよろしくお願いします。

本当にいろんなことをお伝えしてまいりましたが、とりあえず今、先にあるのは9月15日、合同祈り合わせにお力をいただきたいと。9月22日、そこでの祈りでも大きく皆さんのお力を貸していただきたい。それと9月23日は、小さな会場を借りてゆっくりと結びのご神事をしようと思っています。本当は野外で行いたいのですが、外でこの聖なる杖を持ってご神事を行うと、やはり制止が入ってしまい落ち着いて祈りができませんので、場所を借りて屋内で行いたいと思います。
そこでどういうご神事をするかと言いますと、6月から、私にはこういう啓示が降りて、そこでこういう祈りをしなさいと伝えられており、各地を回っております。そのことに対して私がこういう啓示を受けて、ここで祈りをしましたということを、妻に伝えてくる神様に対して伝え、場所場所で行ってきた祈りは、どういう意味があるのかを確認する。これを行うことによって対極を結ぶことになります。一つ一つその場所場所の意味を解きながら、最終的に47都道府県のすべての、その行った意味を一つにまとめて、最後に一つの結び、繋ぎ、和合というご神事を行います。ですから47都道府県、一つ一つを確認し行ってゆきますので、かなり時間がかかります。それは23日秋分の日に行おうと思っております。それを行って最後に、また皆さんに生放送でその祈りの意味とお祈りをします。その時にまた改めて祈りの力をお貸し頂ければ幸いかと思います。
大変言ってることが理解しずらいかもしれませんが、何とか自分なりに、何とかこういろんな事を伝えられて来る中、いろんなビジョンを見せられる中、できるだけ冷静にわかりやすく、伝えようと心掛けて話したつもりではございますが、やはりわかりづらい所もたくさんあるかとは思います。改めて、今日お願いしましたように、書き起こしをして、耳で聞くだけではなく、文章でどういうことをお伝えしたのかを読んで頂いて、そしてその上でお力を貸して頂きたいと思います。本当に、ありがとうございました。長い時間お付き合い下さいまして、ありがとうございました。どうかお力添えの方をよろしくお願い致します。

比嘉良丸
比嘉りか


★*★*祈りの和information*★*★

★9月15日 全国祈り合わせ
inoriawase

聖なる杖 申込みサイト開設


※※ 各会場へのお問い合わせはご遠慮ください。
開催の詳細、変更は、下記サイトをご確認ください
聖なる杖 情報サイト>>http://tackk.com/raurqu

お問い合わせは
問い合わせ

聖なる杖 9月 申込み制会場>>

★9/14(土) 仙台・12時30分開始
  

・仙台市戦災復興記念館・4階研修室(仙台市青葉区大町二丁目12番1号)
・戦災復興記念館
「アクセス」
地下鉄・・・広瀬通駅下車 西4番出口から徒歩約10分
バス・・・・・仙台駅西口バスプール15番から(全便可)「東北公済病院・戦災復興記念館前」下車徒歩5分又は、各方面から乗り合わせの上、電力ビル前下車徒歩10分     タクシー・・仙台駅から約10分

・参加費は無料ですが、ラブオファーとしてご神事の支援をお願いします。

「参加方法」下記専用サイトよりお申込みくださいませ
仙台専用申込みサイト
mousikomi1

★9/15(日)福島会場

福島テルサ 4階 研修室すりかみ(〒960-8101 福島市上町4番25号 )
「アクセス」
福島駅より徒歩15分。お車でお越しの場合は有料駐車場になります福島テルサ指定駐車場であれば2時間無料です。以後30分100円(近隣に2カ所有り)最大利用上限有りのコインパーキングのほうが安いかもしれません。

「主なプログラム」
開場・受付開始/13:00、 開演/13:30(状況をみて)、講話/13:30~15:00 休憩/15:00~15:30、聖なる杖の口伝え/16:00~

・参加費は無料ですが、聖なる杖の全国ご神事運営費の支援をお願いします。
・会場の定員により先着30名様の参加となります

「参加方法」下記専用サイトよりお申込みくださいませ
福島専用申込みサイト
mousikomi1

★9/16(月・祝)群馬・満員となりました。ありがとうございます。

★9/21(土)栃木・12時30分開場・13時開演

・宇都宮文化会館 研修室(栃木県宇都宮市明保野町7-66 )      
・参加費 2,000円+ラブオファーとしてご神事の支援をお願いします。
会場利用時間の関係で、定員40名とさせて頂きます。参加ご希望の方は、下記より、申し込み手続きを行ってくださいますようお願いいたします。

「参加方法」下記専用サイトよりお申込みくださいませ
栃木用申込みサイト
mousikomi1

※※各会場へ直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。
お問い合わせは
問い合わせ
情報サイトリンク

◆地震情報《気象庁》
◆火山情報《気象庁》
◆台風情報《気象庁》
◆警報・注意報《気象庁》
◆海外の地震情報《JIS》
◆マーケット情報《ロイター》

イベントのお知らせ
セレモニーバナー
最近の記事
関連サイト
検索フォーム
年別アーカイブ
携帯用QRコード
QR